因習打破

総合案内

因習打破(ギリシャeikonは、 "画像" ; klaein 、 "を破る" ) 、いかなる宗教的な反対運動の画像を使って、特に、 1つのことに動揺しては、 8日と9日ビザンチン帝国世紀にもわたっている。

726と730は皇帝レオ3世は、 isaurian 、令公布怖いの尊敬のイメージです。

この決定は法王に非難されるのは、厳密に施行されたが、因習打破の教義をコンスタンティノープル(現ýstanbul日間)でレオと、彼の息子や後継者をもっとコンスタンティノスv 、崇拝者は、偶像崇拝のイメージとしては、死刑囚の教会で開かれた理事会hieria郊外の宮殿では、 754 。

皇后両陛下の即位のアイリーン政策に変化をもたらしたことでは、との非難を順番iconoclastsが2番目のニカイア公会議では、 787 。

因習打破が発足する第2期の皇室の主催の下では、 9世紀前半;て終わった因習打破して、最終的な非難は、評議会の正統性は、後援の下で開かれた843皇后シオドーラⅡ 。

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
因習打破する最も深刻な定式化反対論の父とされるシリアの神学者ヨハネ教会のダマスカスの1つだったことを否定し、キリスト教信仰の根本的な教義は、教義の権化。

守備の画像によると、キリストの人間の誕生が可能となった彼の表明で、これはいくつかの意味では、神は彼らのプロトタイプを共有します。

これらの画像の拒絶反応、したがって、その原因を自動的に拒否を運んだ。

その神学的な側面に加えて、深刻な影響を及ぼすの因習打破ビザンティン美術運動です。

しかも、その運動の立場を弱体化さfomenting帝国内部分裂してローマ教皇の争いとは、ビザンチン帝国から始まったの忠誠を放棄フランクスとの同盟関係を求める。

にもかかわらず、勝利には、神学的球は、東の教会ではないの皇室の権威に挑戦し成功しても、ジョンのダマスカスの主張をして、天皇がなかったの信仰の問題に干渉する権利を有する。

因習打破の導入とその両方の非難は、 787と843の委員会が最終的に皇室のではなく、教会の意思決定の結果は、皇室のための委員会の命令に会った上でのみです。

したがって、天皇の権威と世俗の両方で、精神的な分野、そして彼のコントロールは、教会は、このような論争から浮上perceptibly強化します。

因習打破

カトリック情報

因習打破( eikonoklasmos 、 "イメージを破り" )は、その名の異端の8番と9番で動揺して、平和の世紀にもわたって東方教会では、最後には、多くの違反が原因で、ローマの道を用意してphotius分裂のは、とは規模が小さい上にエコーは、西フランク王国です。

その物語は、東は、 2つの別々に分けられ、カトリック教徒の迫害は、年末にはそれぞれのスタンドの図のイメージを崇拝皇后(アイリーンとシオドーラ) 。

i.迫害の最初の聖像

反対運動の起源を崇拝する(この言葉を使用するための画像を参照して、尊敬の)の画像をずっと議論されています。

されてmoslemの効果に影響を与えるとして表されます。

イスラム教徒には、どんな種類の画像、彫像、あるいは人間の形で表現は、忌まわしいアイドルです。

それは事実だが、ある意味で、全体の擾乱が始まったハーリファダマスカスでは、聖像とは、天皇が熱烈な称賛と激励されたキャンペーンは、彼らのライバルはダマスカス。

その半面ことが原因である可能性は低いというの主任に対する熱意の天皇の例では、彼の写真を不倶戴天の敵は、ライバルの頭の部分を教えています。

概起源は、もっと反対して画像に見られるいくつかの時間の中に存在していたキリスト教徒。

毛嫌いしてきたがあるようだが、神聖な絵は、自分の使っていた疑いがある、あるいはなるかもしれない、偶像崇拝のキリスト教徒の間で特定の聖像の前世紀にもわたって多くの迫害を始めた。

そのpaulicians 、異端の一環として行われた彼らのすべての問題(特に人間の体内)は悪いですが、外部のすべての宗教的なフォームは、秘跡、儀式は、特に材料の写真や遺跡、廃止すべきである。

名誉の十字架には、特に非難されるべきは、本当にされて以来、キリストが十字架につけられていない。

7世紀以降、これらの異端が認められていたコンスタンティノープル不定期で断続的に大きな影響力を非常に残酷な迫害の苦しみ( pauliciansを参照してください) 。

しかし、いくつかのカトリック信者は、あまりにも自分が嫌いなの写真や遺跡の共有です。

8世紀の初めには、いくつかの司教は、コンスタンティンのnacoliaでphrygia 、テオドシウスのエフェソス、トーマスのclaudiopolis 、およびこれらの意見を他人には取り上げられている。

ネストリウス派の司教には、ヒエラポリスxenaeasのは、先人のは、目立つiconoclasts (アルドゥアン4世、 306 ) 。

それは、この党を手に入れたときは、耳大帝3世( isaurian 、七百十六から四十一まで)は、迫害が始まった。

物語の中では最初の行動は、似たような迫害では、ドメインには、ダマスカスハーリファ。

私yezid ( 680から683 )と彼の後継者、特にyezid 2世(七百二十から二十四まで)は、思考は、イスラム教徒のようにいい、そのすべての画像は、偶像は、使用しようとしたのを防ぐため、彼らの間でさえキリスト教の科目です。

しかし、このmoslem迫害は、それ自体が1つだけのような断続的な頭痛には多くのキリスト教徒のシリア、取るに足りないものを除いては、先駆者としての悩みは、帝国です。

レオのは、勇敢な兵士をisaurian独裁気性。

どんな運動をして興奮した彼は確かに同情と厳しく無情にも施行される。

彼はすでに、ユダヤ人迫害とpauliciansむごくています。

彼はまた、イスラムの疑いがある態度に向かっています。

オマル師のハーリファ2世(七一七〜二〇 )に変換しようとした彼は、成功せずに限り彼を説得することを除いては、偶像の画像です。

キリスト教の敵の画像、特にnacoliaコンスタンティノスのは、それから彼の耳を簡単に得ている。

天皇に来たという結論には、最高の画像への変換の妨げにユダヤ人とイスラム教徒は、その原因の迷信、脱力感、そして彼の帝国課では、との最初の命令に反対しています。

画像への反対運動の一環としての全般的な改革は、教会と国家です。

レオ3世の考えは、教会を清めるためには、中央に集中することを可能な限りのコンスタンティノープル総主教の下で、中央集権強化し、もって同州のエンパイア。

合理主義的な傾向があったにも強い帝聖像の中には、反応に反対するビザンチンの形態の各世紀の信心深さがより鮮明にした。

この合理主義を説明するのに役立つ憎しみの僧侶。

説得に1回、情け容赦レオ始めた彼のアイデアを実施する。

コンスタンティヌスの首都に来たnacolia月初旬に彼の治世; synnadaそれと同時にヨハネの手紙を書いた私の古老オセール(七百十五から三十) 、コンスタンティノス警告していた彼の前にある障害のうち、州によっては、他の司教説教の神聖な画像の使用に反対です。

オセールは、最初の英雄崇拝のイメージ(アルドゥアン彼の手紙で、 4世239から62 ) 、国防書きましたが、その後の練習は、別の教会の聖像宛には、トーマスのclaudiopolis ( lcを245から62まで) 。

しかし、トーマスは、皇帝コンスタンティヌスとして自分たちの側です。

726レオ3世日付の勅令で宣言されるイメージの偶像は、禁止されてエクソダス、 XXを、 4 、 5 、このようなイメージで教会と指揮をすべて破棄してください。

一度、彼の命令を遂行する兵士を始めたことで、全体の攪乱挑発された帝国。

有名なキリストの像があった、と呼ばれるantiphonetesクリストスは、宮殿の門の上でコンスタンティノープル。

この絵の破壊挑発する人々の間で深刻な暴動。

オセールは、家父長は、抗議の勅令を不服として、ローマ法王( 729 ) 。

しかし、天皇退位裏切り者としての彼とは( 730 )アナスタシオス(七百三十から五十四)は、かつての家父長syncellus裁判所は、楽器と喜んでは、政府は、彼の所に任命した。

不動の反対派の大半は、僧侶たちは、この物語を通してiconoclasts 。

があったことは事実だが、いくつかの側面を誰でも天皇は断固として体東部に忠実な修道院生活習慣は、古い教会です。

レオ因習打破するために参加して彼の激しい迫害を試みたが、最終的に修道院修道院生活を完全に抑制する。

その時点では、法王グレゴリー2世(七一三から三一) 。

控訴前にもかかわらず、彼は、オセールの手紙を受け取ったから来た彼の指揮天皇の勅令を受け入れることは、ローマを破壊するイメージで、総務会を召喚すると彼らの使用を禁止しています。

グレゴリー答えは、 727 、国防の画像によって、長いです。

彼はそれらの違いを説明し、偶像、レオ驚くことではないが、すでにいくつかのことを理解する。

彼は、合法的な使用を記述し、畏敬の念を払って、画像をキリスト教徒です。

彼のせいで、天皇の干渉の問題と彼の教会の礼拝の迫害のイメージです。

指名手配の理事会ではありません;すべてのレオを停止しなければならないことは、平和の心をかき乱す教会です。

レオの脅威としては彼が来ることをローマでは、聖ペテロの銅像を破る(どうやら、有名な聖ペテロのブロンズ像が) 、ローマ法王捕虜を取ると、それに対する回答グレゴリーのだということを指摘することによって簡単に逃げ込むのカンパーニャは、天皇と思い出させて無益なそして今どのようにしてすべてのキリスト教徒は、コンスタンスの忌まわしい迫害のマーティンi.彼はまた、すべての人々によれば、西の方では、天皇の行動を嫌悪するとは決して自分のイメージで彼の同意を破棄するコマンド( greg. 2世は、 "欧州。 leonem私の広告"を参照) 。

天皇答えは、彼の議論を継続していないと言っていた総務会によると、単語を支持していないことは彼自身のイメージとは、天皇の司祭(バシレウスlereusカイ)で、そのためには、 1つの権利を作るような事柄については政令。

レオグレゴリーの書き込みではないことを悔やんだ背面の過ちを悟らせるを参照してください。

元総長は、協議会としては、議論するふりをしていない点は、すべての信仰;それは不必要なものを守るその当時は誰も攻撃しています。

天皇のタイトルや司祭を褒めていたいくつかの譲歩としての血筋を守るため、彼らの熱意は非常に信仰して、今すぐに攻撃レオ。

法王自身の決意を宣言し、天皇の圧政に耐える石にかじりついても、国防しかしかかわらず、彼はないことを祈って悪魔を送信するには、キリストの拷問の体天皇に保存して彼の魂は、 1コリンチャンスによると、午前5時05分です。

一方で、東の迫害盛んです。

修道院が破壊、僧侶死刑、拷問を受け、あるいは追放した。

彼らの原則を適用するのiconoclastsを始めた遺跡にも、神社ややけどを破るオープン聖人の遺体の教会の中に埋めている。

いくつかの仲裁を拒否されたすべての聖徒。

これらおよびその他のポイント(遺跡の破壊や拒絶反応の祈りを聖人)は、必然的に関与するわけではありませんが、元のプログラムには通常、この時期から(いえないいつも)因習打破に追加されます。

一方、ダマスコの聖ヨハネ( d. 754 ) 。

天皇の怒りをより安全なルールの下では、書面でハーリファは彼の有名な修道院聖サバ謝罪"を破壊する者に対する神聖なアイコン"だ。

西の方では、ローマ、ラベンナ、ナポリ、バラの人々に対して、天皇の法則です。

この運動は、反帝国の要因の1つは、イタリアとの間の不和旧帝国は、ローマ教皇の独立性、および州の最初の教皇。

グレゴリーを拒否し、すでに2世コンスタンティノープルと自分自身を送信して税金を任命したのは、インペリアルデュックスducatos romanus 。

この時から、法王が事実上の主権ducatus 。

天皇崇拝の怒りに対するイメージが強化されることが勃発しました。反乱については、この時期にヘラス、表向きのアイコンを支持しています。

特定のcosmasがセットアップされるゲリラとしての天皇です。

暴動はすぐに押しつぶさ( 727 ) 、およびcosmasはbeheaded 。

この後、新しい画像が公開さと深刻に反対勅令( 730 ) 、および、大荒れの迫害は倍増した。

731グレゴリウス2世が死亡した。

彼は一度に成功したグレゴリー3世は、誰運ば防衛の神聖なイメージを表現して正確には、前任者の精神です。

新法王の司祭に送った、ジョージ、因習打破に反対して手紙をコンスタンティノープル。

しかし、彼が到着する際、ジョージは、かれらが怖かったを提示し、彼の任務を達成せずに帰ってきた。

彼は、 2回目に送信して、同じ用事が、逮捕され、収監される皇室はシチリア州知事。

彼の政策を今すぐに進み、天皇の拡大と強化には、自分の正教会コンスタンティノープル。

彼というアイデアを思い付いたのすべてのと同じくらいすごいことを彼はまだ実際に帝国を支配する。

イサウリア、レオの発祥の地、アンティオキアから取られたとされる追加してビザンチン帝国勅令正教会、メトロポリス増加することによって、セレウキア、およびその他の目は約20 。

レオのさらなるイリュリクムふりを撤回してから、ローマ正教会のコンスタンティノープルを追加して、すべての財産を押収し、ローマで彼がレイを参照してください彼の手は、イタリア南部シチリアとします。

この自然増加キリスト教東洋と西洋の恨み。

グレゴリーIIIの731で93の会議を開き、聖ペテロの司教では、すべての人が浮上すると、 defiled 、またはキリストのイメージは、彼の母親は、使徒や他の聖人が破門を宣言した。

別の使節、コンスタンティンは、そのコピーが送られて令とは、天皇への応用が、再び逮捕され、収監されたシチリア。

レオそれから艦隊を派遣するイタリアのローマ教皇を罰する;しかし、それは嵐の難破と分散された。

一方で、あらゆる種類の災難罹災帝国;地震、疫病、飢饉で荒廃と地方の間、イスラム教徒のキャリアを続けて勝利するとさらなる領土征服。

レオ3世が死亡した今年6月、 741は、これらの悩みの中で、政策を変更することなく。

彼の作品は、彼の息子のコンスタンティノスによって運ばしてv ( copronymus 、七四一〜七七五)は、さらに大きな迫害者になった人の画像-礼拝ていたよりも彼の父親だ。

レオ3世は、できるだけ早く死んで、 artabasdus (結婚していたレオの娘)の機会を押収したとの評判の悪さに付け込まれたの聖像を政府に反乱を提起する。

宣言は、自分自身の守護聖所持彼は、首都のアイコンは、自分自身が天皇カンムリクマタカアナスタシオス家父長されるとすぐに復元、しなやかなイメージです。

アナスタシオス、侵犯されていた場所は、オセールの聖像の候補としては、今すぐビザンチンV字形ラウンドで、いつものように、そのイメージの回復を助けたとexcommunicatedコンスタンティノスvとして、キリストの異端とデニール。

しかしコンスタンティノス市街地を行進して、それは、目が見えなくなるとartabasdus猛烈な復讐を開始するすべての反政府勢力とのイメージの崇拝( 743 ) 。

アナスタシオス彼の治療方法は、典型的な例では、これらの後に天皇に向かって行儀patriarchsを通して彼らは教会を支配しようとした。

アナスタシオスfloggedでは、公共、目が見えなくなる、駆動恥ずかしいほどの通り、彼の前に戻るには家父長としての因習打破そして最後に再度。

754までの悲惨な男に住んでいます。

復元された写真artabasdus再び削除されます。

754コンスタンティンで、彼の父親のオリジナルのアイデアを取りに大きな会議で召喚されたコンスタンティノープル総評議会第7回としてカウントしています。

司教約340人が出席;としてのコンスタンティノープルを参照してください空席だったアナスタシオスの死によって、テオドシウスのエフェソスperge大統領とのpastilias 。

ローマ、アレクサンドリア、アンティオキア、エルサレムlegates送信を拒否し、それははっきりして以来召喚司教が単に天皇のコマンドを実行することです。

このイベントによると、正しく判断patriarchsいた。

司教会議は、奴隷のようにすべてのコンスタンティノスの要求に合意しています。

かれらに定められたキリストのイメージはキリスト単性論やネストリウス派のどちらか、を-以来彼の神性を表すことは不可能-彼らのどちらかまたは離婚を混同する彼の2つの性質です。

合法的な表現だけでは、キリストの聖体。

聖人の画像には、等しくabhorred ;不敬を表すことは木材や石で死者を抱えて生きる人たちの神です。

画像はすべての発明、多神教徒-偶像は、実際には、 X Xを元に表示されて、 4 、 5 ; d eut。

v 、 8 ;ジョン4世は、 24 ; ROMのです。

私は、 23-25 。

特定の教科書には、父の因習打破にも支持を引用しています。

画像の礼拝は、多神教徒は、木材や石adorers ;の皇帝コンスタンティヌスレオとは、ライトは、正統派の信仰は、私たちの偶像崇拝からsaviours 。

発音に対しては、 3つの特別な呪いのチーフ守備のイメージ-オセールは、元のコンスタンティノープル総主教、ジョンダマスコのは、僧侶と、ジョージのキプロスです。

会議宣言して、 "これらの3つのトリニティが破壊" ( "行為には、会議の聖像754 " mansi 13世は、 205 sq 。 ) 。

最後に、司教の後継者を選出するの空席を参照してくださいコンスタンティノープル、コンスタンティンは、司教のsylaeum (コンスタンティノス2世、七五四から六六)は、生き物のある人はもちろん、政府は、そのキャンペーンの準備をして運ぶ。

この政令は、フォーラムで公開された8月27日、 754 。

この画像を破壊した後、新たな熱意をもっつづけました。

すべての司教は、帝国が必要に署名する行為は、会議を誓うとは、アイコンを廃止するdioceses 。

今すぐに扱われたのpauliciansうーん、礼拝中に画像や僧侶迫害が激しくています。

教会の代わりに、聖人の肖像画が飾られていた花の写真が、果物、そして鳥のように、彼らのような人々によると、鳥の食料品店やショップです。

僧侶scourgedピーターは6月7日に死亡し、 761 ; monagriaのアボットは、ジョンは、アイコンを踏みつける人を拒否し、袋が縛り付けられているが、海に投げ込まれると6月7日、 761 ; 767アンドリューでは、クレタ島の僧侶、 floggedと破裂するまでは、彼が亡くなった( ss acta参照してください。は、 10月8日;ローマ殉教史のため10月17日) ;は同年11月に、多数の僧侶たちは、さまざまな方法で拷問を受けて死亡(殉教史は、 11月28日) 。

天皇を廃止しようとした修道院生活(国防の中心部としてのイメージ) ;修道院が変わる兵舎;の僧院の習慣は禁じられて;のコンスタンティノス2世総主教は前に誓うアンボは、以前にもかかわらず、彼の教会の僧侶が、彼は教区司祭は今すぐに加わった。

遺跡から掘り出され、海に投げ出されるとは、聖人の呼び出しを禁じられています。

ファウルで766天皇落ちた彼の家父長は、 scourgedいた彼と私beheadedと置き換えられてnicetas ( 766-80 )は、人は、自然に従順な召使いにも、政府は、聖像です。

いっぽう、皇帝の権力をしなかった国の保管に達すると、古い慣習を破った聖体拝領のコンスタンティノープル総主教と彼の司教聖像です。

アレクサンドリアのcosmas 、セオドアのアンティオキア、エルサレムとセオドアは全員守備では、アイコンの神聖ローマ聖体拝領している。

死亡した皇帝コンスタンティヌスv 775 。

息子レオ4世(七七五から八〇 )は、廃止していないにもかかわらず、彼はそれをずっと軽症では、法執行因習打破してください。

彼のおかげで、亡命中の僧侶たちに戻ってきて、少なくとも容認聖人の仲裁のすべての政党と和解しようとした。

私が死んだときには780古老nicetasに成功した彼はポールのIV (七百八十〜八十四)は、僧侶たちcypriote運ば因習打破して、中途半端な恐怖が、政府の政策を通じてのみです。

しかし、レオ4世の妻アイリーンは、不動のイメージに崇拝。

夫の人生の中でさえ隠しホ) y彼女は彼女の部屋のアイコンです。

彼の治世の終わりには、バーストが激しくレオ因習打破。

courtiersに置き換えていた彼は罰せられるのは、マンションのイメージを追放すると皇后については、彼が死亡した時9月8日、 780 。

完全な反応を一度にセットします。

Ⅱ 。

2番目の総評議会( nicea 2世、 787 )

皇后アイリーンは、彼女の息子コンスタンティノス6世の摂政(七八〇 〜九七)氏は、 9歳の時、父親が死亡した。

彼女は、すぐに設定を元に戻す作業については、帝聖像です。

復元された遺跡の写真や教会、修道院が再オープンした。

軍隊への恐怖は、今や熱狂的聖像は、彼女のために保管する時間を取り消すための法律;しかし、彼女だけのための機会を待っていたようで、ローマの聖体拝領を復元すると、他の壊れたpatriarchates 。

コンスタンティノープル総主教のは、ポール4世は、定年退職を辞任すると修道院は、彼の理由として公然と悔恨の念を与えて彼の元政府が譲歩して、聖像です。

彼は成功したと発音される画像の崇拝、 tarasius 。

今の皇后tarasiusとの交渉でローマにオープンします。

かれらは大使館に送られるローマ法王エイドリアン私(七七二から九五)の優位と認め托鉢に来る彼自身、あるいは少なくともlegatesを送信することは、評議会の仕事を元に戻すことは、会議の聖像754 。

法王は答えましたされた2つの文字、 1つ1つのためには、皇后と家父長です。

これらの引数が繰り返されるため、彼のイメージを崇拝する理事会の提案に同意する、と主張して、聖なる権威を参照してください、と返還を要求してレオ3世の財産を没収された。

彼のせいには、突然の高度tarasius (誰から急になっていたが、素人家父長)は、彼のタイトルの総大主教と拒否するが、彼は自分の正統性と熱意を高く評価し、聖なるイメージです。

最後に、彼は、これらすべての問題をコミットして自分の判断legates 。

これらlegates長司祭は、聖ペテロとアボットピーターローマサバ近くです。

その他の3つのことができませんでしたpatriarchsに答えて、かれらさえしなかったtarasiusの手紙を受け取るため、今回の障害は、その時点でmoslem状態です。

しかし、 2つの僧侶たちは、トーマス、アボットは、エジプトのアンティオキアsyncellus修道院とジョンは、彼らのコミュニティが登場してからの手紙の状態を説明するということを示すものとし、常に残っていたpatriarchsに忠実なイメージです。

これらの2つのようだが、何らかの行動をlegatesアレキサンドリアとして、アンティオキアとエルサレムのです。

tarasius会議を開いたのは、教会で、使徒コンスタンティノープル。

昨年8月、 786 ;しかし、それは聖像の兵士を一度に分散される。

皇后解散されたこれらの部隊と交代して他;手配していたニカイア会議で会うbithyniaすべきは、その場所の最初の総務会です。

ここで会ったの司教の夏787 、数の上では約300人。

審議会から10月24日から23日まで続いた。

現在は、ローマlegates ;彼らの行為を最初に署名したとは、第1位は、いつものメンバーリストではなく、実施tarasius論文は、どうやらlegatesので、ギリシャ語を話すことができなかった。

最初の3つのセッションでは、アカウントのtarasiusイベントを主導していた同会議は、教皇やその他の文字が声を出して読む、そして多くの司教が仲直り後悔の聖像です。

法王の手紙を受け入れた、父親の真の数式としては、カトリック教徒の信仰です。

tarasius 、手紙を読むときには、取り残されているの通路については、返還は、押収したローマ法王のプロパティでは、彼自身に対する非難して使用する高度の突然の総大主教のタイトル、および更新(基本的にはない)の主張の優位性です。

4番目のセッションを確立する理由は、合法的な使用を神聖なイメージは、旧約聖書の言葉を引用し通路についてイメージからは、寺(出エジプト記25:18-22 ;番号7:89 ;エゼキエル41:18-19 ;ヘブル人への手紙9 : 5 ) 、また大きな理由は、父の番号です。

euthymiusのsardes読んで、セッションの終わりにその意味な信仰告白する。

5番目のセッションで因習打破tarasius説明してから来たユダヤ人は、サラセンズ、および異端; misquotationsにさらされたいくつかの聖像は、自分の本を焼き、セットアップすると、アイコンのホールで、父親の真っただ中にいる。

6番目のセッションが占領して会議の聖像754 ;その主張を否定したが、総務会では、法王のためにも、また他の3つを共有していたpatriarchs 。

この会議令(上記参照)していた条項反論した条項だ。

第7回のセッションを作ったのシンボル( horos )は、評議会は、これは、後の更新を繰り返してニカイア信条と非難あらゆる種類の元異端、 ariansをmonothelitesからは、彼らの祖先を定義します。

画像は尊敬の念を受け取る( proskynesis )ではなく、礼拝( latreia ) ;の名誉を支払ったことが相対的にのみ( schetike )は、彼らのための試作品です。

因習打破の指導者に対しては、発音anathemas ;オセール、ジョンダマスコのは、ジョージのキプロスとは、賞賛した。

公式に反対して、父親の宣言は、聖像会議: "トリニティは、これら3つの栄光" (彼用Trias tous treis edoxasen ) 。

皇后を代表して、送信された行為は、宗教会議;コンスタンティノープル手紙の知り合いの聖職者の意思決定しています。

22規範が策定、そのうちこれらは、主任:

規範1と2のすべての規範を確認して元総長協議会;

キヤノンの教会の3人を任命することを禁じます状態;のみ他の司教司教を選出する可能性;

4と5の規範に反対する聖職売買;

キヤノンを主張して6年間の地方synods ;

キヤノン7することを禁じます司教は、罰を受けて沈着、教会を奉献なし遺跡;

キヤノン10プリーストを変更することを禁じますparishes彼らの同意なしに自分の司教;

キヤノン13修道院を冒涜されるすべてのコマンドを復元;

修道院の乱用を規制する規範18-20 。

そして最後の8番目のセッションが行われた10月23日、コンスタンティノープルは、アイリーンと彼女の息子の存在です。

tarasius後の談話で、声を出して読むと署名された行為をすべて含め、天皇皇后両陛下とします。

この会議は正式に閉鎖して、いつものpolychroniaや拍手、そして聖エピファニオスは、ディーコンシチリアのカターニアでは、父親の説教するような説教を組み立てています。

エイドリアンtarasius法王のアカウントに送られるすべてのことが起こったのは、その行為を承認したとエイドリアン(チャールズに手紙を偉大な)とはラテン語に翻訳されています。

しかし、財産は、神聖な質問には、南部のイタリアとの友情を参照してください法王の原因はまだフランクスに向かって東と西の間の感情;しかもまだ存在するパーティーでコンスタンティノープル聖像は、特に、陸軍。

Ⅲ 。

2番目の聖像の迫害

27年後のニカイア会議は、因習打破再び勃発しています。

再び、聖なる滅ぼされた画像、およびそれらの守備を激しく迫害した。

28年前の話は素晴らしい正確に繰り返される。

その場所のレオ3世、コンスタンティノスVやレオ4世がとられる新しい行の聖像帝-レオv 、マイケル2世は、テオフィロス。

法王パスカリス2世グレゴリーは私と同じような行為は、忠実な家父長は、オセールnicephorus私は、命を再びダマスコの聖ヨハネの聖セオドアstudite 。

1つのアイコンが再び会議を拒否し、もう一つは、次のことは、それらを守る。

再び、皇后両陛下は、彼女の幼い息子を摂政は、 Answersは、嵐に終止符を打つと、古い習慣に戻す-この時期にやっとです。

この2番目の発生の起源を求めるまでに寄付さではない。

あるがまま、特に陸軍は、かなりの聖像党です。

vコンスタンティンは、彼らのヒーローが成功すると全般に対する勇敢なイスラム教徒は、私のマイケル(八百十一から十三)は、 2番目の人の信仰を飼っていましたニカイア公会議は、非常に不幸なことに彼は、帝国を守るための試みだ。

残念そうに振り返ったの輝かしいiconoclastsキャンペーンの前任者は、かれらの驚くべき進化の概念として、聖コンスタンティンは、彼らは、巡礼の旅をするうちに彼の墓と彼は叫んだ: "を付けて保存生じるべらぼうに戻ってくるの帝国" 。

マイケルとき私は、今年6月、 813 、惨敗したが、彼の資本bulgarsと逃亡して、兵士たちは彼の辞任せざるをえませんでしたクラウンセットアップすると、 1つのアルメニアレオ将軍(レオv 、 813〜20 )ぎをたしなめる。

ある将校( theodotus cassiteras )とモンク(ジョンアボットgrammaticus )を説得して、新しい天皇は、帝国のすべての不幸を判断するのは、偶像崇拝のイメージの神を崇拝しています。

レオは、一度説得し、自分の力をこき下ろそう使用されるすべてのアイコンが、今のすべての苦労が始まったとしてください。

814の組み立てには、宮殿とiconoclasts精巧な攻撃を準備する画像は、ほぼ正確に繰り返しては、会議の引数754 。

コンスタンティノープル総主教のは、私のnicephorus ( 806から15まで) 、守備の人が1つの画像には、この2番目のチーフ迫害です。

彼には、天皇を招待しての議論の質問iconoclasts ;彼を拒否されていたので、すでに解決される第7回総務会です。

この仕事を始めたの取り壊しをイメージしてください。

復元されたキリストの絵アイリーンは、宮殿の鉄の扉は、再び削除された。

815の家父長を召喚し、天皇の存在だった。

彼は司教に囲まれて、 abbots 、と僧侶たちは、長い議論が行われたとレオと彼の聖像の信者です。

彼は同じ年に旅館を召喚する天皇の司教会議は、人は、彼の命令に従う、と退陣の家父長に選出さtheodotus cassiteras ( theodotus私は、八一五〜二一)に成功した。

ボスポラス海峡横断nicephorus追放された。

彼の死は829まで、彼のイメージを守って物議を醸すの原因を記述する( "小謝罪" 、 " antirrhetikoi " 、 "大謝罪"は、パプアニューギニアなどで、カップ、二〇一から八五〇まで;ピトラは、 " spicileg 。 solesm 。 "と、私は、三〇二〜五〇三;静脈内、 233 、 380 ) 、彼自身の歴史を書いてある時間( historia syntomos 、パプアニューギニア、カップ、 876〜994 )とアダムから全般的chronography ( chronographikon syntomon 、パプアニューギニア、カップ、 995 -1060 ) 。

僧侶たちの伴奏を務めたnicephorusのうち、天皇の存在感を815セオドアは、アボットの修道院では、留学コンスタンティノープル( d. 826 ) 。

この2番目の迫害を通して聖像聖セオドア( theodorus studita )は、僧侶たちのリーダーは、忠実には、アイコンの主任弁護人です。

彼は彼の慰めと励ましの抵抗力をnicephorus天皇は、追放された3回政府は、数多くの論文を書いた手紙物議を醸す、および画像をさまざまな形で謝罪した。

彼の主なポイントは、 christological異端iconoclastsは、必要不可欠な要素を否定するので、キリストの人間の本性は、すなわち、そのグラフィカルに表現することができます。

この金額は、現実を否定する材料の品質とは、キリスト単性論異端では、古いiconoclasts復活。

聖セオドアエールハルト裁判官に"たぶん最も独創的[デアscharfsinnigste ]は、守備の教団のイメージ" (クルムバハーの" byz 。リット"と述べた。 、 p. 150 ) 。

いずれにしても自分の立場だけでできることrivalledダマスコの聖ヨハネ。

(彼の作品を参照してくださいパプアニューギニアでは、九十九;かれらのために、アカウントを参照してくださいクルムバハー、 opです。 cit 。 、 147〜151 、 712から715 ;彼の人生を、現代の僧侶は、パプアニューギニア、九十九、 9 sq 。 )彼の宴会では、 11ビザンチンの儀式は、 11月、 11月12日、ローマで殉教史。

まず、新しいtheodotus家父長会議を開催することだったが、評議会の死刑囚787 ( 2番目のニカイア)と宣言した754付着している。

司教は、 abbots 、聖職者は、誰とでも、政府職員の法令はないが退陣を受け入れるのは、追放、拷問を受けています。

セオドアの聖体拝領を拒否して留学古老因習打破し、国外追放に入った。

数多くのあらゆる階層の人々が死刑を現時点では、と彼のリファレンス;滅ぼされたすべての種類の写真があふれている。

セオドア不服として、ローマ法王(復活祭の私は、八一七から八二四)の名の下に迫害東部-崇拝イメージです。

それと同時に、聖像theodotus総主教は、ローマに送られるlegatesには、人が、しかし、法王を認めていないため、侵入者は、 theodotusはschismaticalを参照してくださいnicephorusの合法的な司教はまだです。

しかし、復活祭の僧侶たちによって送られるtheodoret受け取ったとあきらめた修道院聖praxedesをしていた他の人からの迫害で、東に逃げた。

法王は818 legates送った手紙を弁護して、天皇のアイコンと反論またもや告発偶像崇拝の聖像です。

この手紙で彼は私たちの必要性を主張して、主に外部の目に見えないものの標識:秘跡は、言葉では、十字架の印です。

そしてこのようなすべての有形の兆し;方法については、その後、これらを認めることを拒否する人々のイメージですか?

(この手紙の断片が保存されてきたピトラ日付で、 " spicileg 。 solesmです" 。 2世、 p. xi sq 。 ) 。

その手紙には何の効果もない天皇;しかし、それは、特にこの時期からは、カトリック教徒で、東の電源をこれまでよりもより多くの忠誠心をローマの指導者として、自分たちの最後の避難所は、迫害です。

よく知られたテキスト聖セオドアは彼の可能性を守る最強の言語での優位性-例えば、 "どのような目新しさは、教会に入っていくことをさまよう人々から真実をしなければ、きっと彼の後継者に言及したり、ピーターです。 。 。 。保存する私たちは、教会の主任牧師は、天の下に" ( ep.私は、 33 、以上観覧可。 、 99 、 1018 ) ; "を手配して、昔のローマから受け取った意思決定には、カスタムとして伝承されてから開始される私たちの祖先の伝統" ( ep. 2世、 36 ;同じです。 、 1331 -この迫害の中に書かれた) 。

昔の抗議に忠誠を作ったローマカトリックの正統派やキリスト教徒は、ギリシャ正教会時点では、彼女の最後の証人の直前に大分裂。

それから2つの別々の政党があったが、お互いに聖体拝領がない東日本:迫害者の聖像の下で、彼らの反天皇theodotus家父長は、カトリック教徒主導したと認めstuditeセオドア、上記の合法的な家父長nicephorusと彼の遠い者ラテンビショップかれらは、 "天国の主任牧師は、教会の下に" 。

クリスマスの日、 820 、レオv終わった彼の暴虐な治世中に殺害され、セットアップして1つの革命宮殿の家臣、マイケル2世(吃音、八百二十から二十九まで)として天皇です。

マイケルは、彼の前任者でもある聖像や政策の継続が、彼は最初は心配していないしかし、迫害を調停するごとに1つです。

しかし、彼は、何も変わっtheodotus因習打破法と、反総主教が死亡したとき( 821 )彼を拒否してセットアップすると別の復元nicephorus強奪者は、アントニーは、かつての司教sylaeum (アントニー私は、三二一から三二) 。

822総長のスラブで、特定の人種、トーマスは、危険な革命をセットアップするアラブ人の助けを借りています。

それがないように見えるが、この革命は何かという問題にしているイメージです。

むしろ、党代表のトーマス殺害天皇、レオ対しかし後に恥をかかせることが、 824は、マイケルがはるかに深刻なイメージに向かって礼拝。

大勢の僧侶たちが、西側に逃亡して、有名な手紙を書いたとマイケルは完全に彼らの偶像崇拝の激しい非難して、彼のライバルであるルイ敬虔な彼を説得して(八百十四から二十)これらの亡命者を引き渡すビザンチン正義(牧師館では、 14世、 417から22まで) 。

他のカトリック信者たちが投獄され、拷問を受けたエスケープはない、との間で誰がeuthymiusシラキュースmethodiusのは、首都圏のsardes 。

セオドアが死亡し、 studite聖( 11月11日、 826 )とは、合法的な家父長nicephorus ( 6月2日、 828 )が大きな損失を現時点では、正統派だ。

マイケルの息子と後継者は、テオフィロス、 (八百二十九から四十二まで)は、まだ続きがもっと激しく迫害した。

僧侶は、ラザロは、近くにいた彼が死亡するまでscourged ;別の僧侶、 methodius 、閉じるべきでは、 7年間の刑務所で共通ruffians ;マイケルは、エルサレムsyncellus 、とヨセフは、ある有名な作家の賛美歌、拷問いた。

二人の兄弟のセオドアtheophanesとしていた200打とscourgedブランドとしての顔をして熱いアイアンズ多神教徒( martyrol. ROMのです。は、 12月27日) 。

この時点ですべての画像が削除されてから、教会や公共の場所では、刑務所に満ちていた彼らの守備は、忠実なカトリック教徒が隠れている教派の減額については、帝国をすると、群衆の中で、西側の亡命者です。

しかし、天皇の妻と母親のシオドーラtheoctista忠実には、第2回ニカイア会議と待って良いです。

テオフィロスできるだけ早く来た人が死亡した回( 1月20日、 842 ) 。

左側にある彼の息子は、 3歳で、マイケル3世(酔っぱらいのは、人の暮らしの大分裂を引き起こすphotius 、八四二から六七) 、および、摂政は、マイケルの母親、シオドーラ。

アイリーン末のように、最初の迫害は、一度にシオドーラ状況を変更し始めた。

彼女は、刑務所にオープン、 confessorsせてイメージを守るためにこもっていた、と振り返るの亡命者です。

彼女のために時間を取り消すには聖像の法律ためらったが、すぐ彼女は彼女の心とするすべての条件を持ち帰ったは2番目の評議会nicea 。

ジョン7世の家父長(八百三十二から四十二)は、成功したアントニーていた私は、彼の選択肢が与えられたイメージを復元するとの間に退職した。

彼は引退を推奨しています。

と彼は、撮影された場所methodius 、僧侶たちはすでに年間の懲役刑を受けたのは、アイコンを引き起こす( methodius私は、八四二から四六) 。

同じ年には、 ( 842 ) 、コンスタンティノープル会議で承認済みのジョン7世の沈着は、新たに2番目のニカイア公会議令とexcommunicated iconoclasts 。

これは、昨年のこの物語の中では異端行為です。

四旬節の第1日曜日には( 2月19日、 842 )のアイコンが持ち帰った教会厳かな行進している。

その日(四旬節の第1日曜日には)永遠の記憶は前には、勝利の末に正教の聖像の迫害長いです。

それは、 "ごちそうの正統性"は、ギリシャ正教会依然として非常に厳粛に保管さuniatsと正統派の両方です。

20年後の大分裂を始めた。

今は、この大規模な、最後には、古いheresies 、 loomed東部のキリスト教徒の目には、ギリシャ正教会が見えるようにすることにある種のタイプの異端の正統性全般のごちそうは、設立を記念し、因習打破の敗北となって祝宴の勝利は、すべての教会やり直すheresies 。

それはこの意味では現在保管しています。

大きな声を出して読むsynodikonその日anathematizesすべての異端(ロシアでも反政府勢力とnihilists )のうちの一つとしてのみ表示されますiconoclasts誰の何分の一か、大規模で多様なクラスです。

復旧後には、 842のアイコンが、まだ残ってパーティーには、東聖像が、それは決して再び耳を手に入れたの天皇は、徐々に減少し、最終的に死亡したのでアウト。

4 。

西の方では因習打破

これらのトラブルがあったエコーフランク王国では、主にギリシャ語の意味を誤解を通して表現で使用される2番目のニカイア公会議。

早ければコンスタンティノス767 vの共感を確保しようとしたが、彼のフランク司教への反対運動をせずに画像のこの時期に成功した。

会議では宣言文を送ったgentillyパウルス私( 757から67まで)が彼にかなり満足です。

エイドリアン私の苦労が始まったときに、非常に不完全( 772から95まで)送ら行為を翻訳した2番目のニカイア公会議にチャールズの偉大(シャルルマーニュ、 768 - 8l4 ) 。

このエラーは、このバージョンは明白ラテン語から引用することによって、フランク司教から作られる。

例えば、第3セッションでは、理事会のコンスタンティノスは、司教のコンスタンシアは、キプロスが言った: "私は由緒ある画像を受信すると、聖なる;崇拝を与えると私によると、これは本物の礼拝[ kata latreian ]のみを同本質と人生-トリニティを与える" ( mansi 、 12世、 1148 ) 。

このフレーズいた翻訳: "私は、由緒ある画像を受信して、聖なる礼拝をしてあげると、同本質生命トリニティ" ( " liberの複数carolini " 、 3 、 17 、 pl 98 、 1148 ) 。

他の理由が考えられますがあったこれらのフランク司教は、審議会令に反対しています。

その人たちは偶像崇拝から変換されたばかりだし、だからかどうかは疑わしいもののように思われるかもしれないことに戻ります。

何もないのを知っていたドイツビザンチン精巧な形態の尊重; prostrations 、キスは、そのような兆候がギリシアや線香を常に使用されて天皇に向かって、皇帝の像に向かっても、それゆえに神聖な自然の画像に適用さは、これらのフランクス卑屈なように、分解でも、偶像崇拝。

フランクスproskynesisの言葉によれば、 (これだけで意味の敬意の念を崇拝と尊敬)とadoratio翻訳としての意味を理解することにより、敬意を神のみです。

最後に、彼らの憤りがあったの政治的行為に対しては、皇后アイリーンは、同州の摩擦を主導してシャルルマーニュの戴冠式はローマとのライバル帝国の設立。

すべての疑いで、ギリシアで行われ、すべての税関が嫌いなのは、拒絶反応を主導していないということでは、評議会の司教とシャルルマーニュフランク両面でiconoclasts 。

彼らを受け入れることを拒否した場合、同様に拒否されたニカイア公会議には754の教会会議聖像です。

神聖なイメージと保管していた:しかし、かれらの祖先と考えていたニカイア行き過ぎだが、本当の偶像礼拝が奨励さは何でしょう。

その答えを令第2ニカイア公会議で、この不良翻訳された送信エイドリアン反論で、私は85の支部で790法王へ連れて行かれるフランクアボット、 angilbert 。

この反論は、それ以降の拡大と強化の祖先からの引用やその他の引数は、有名な" liberの複数carolini "または" capitulareデimaginibus "で表されるシャルルマーニュは、自分の信念を宣言(最初に出版されたジャンデュtilletパリでは、ビショップ聖-ブリュー、 1549 、 pl 98 、九百九十から千二百四十八) 。

この作品の信ぴょう性には、いくつかの係争中の時間があり、今に設立。

司教は、それを拒否するの754と787の両方のsynods 。

彼らを認めることで画像の聖人として保管しなければならないだけでなく、教会や装飾品で、聖人の遺物や、特定の適切な尊敬を受けることは、 ( opportuna veneratio ) ;だがかれらの神のみを宣言して礼拝を受け取ることができます( adoratioの意味は、 proskynesis ) ;画像自身は無関心では、信仰がないのに必要なconnexionでは、どんな場合では、遺跡の下には、十字架には、聖書とします。

法王は、 794で、これら85の支部に答えて、長い万博では、教団のイメージと防御(欧州hadriani 。広告キャロル。 reg 。 " pl 、 98は、 1247年から1292年)は、彼に言及し、この他のポイントは、 12フランク司教が出席して、合意していたとは、ローマ教会会議の731です。この手紙が到着する前に、フランクビショップ;開かれたこの会議のフランクフォート( 794 )に存在する2つのローマ法王legates 、スティーブンtheophylactusとは、誰かこれまでに何もしていないように誤解を明らかにする。この2番目の審議会の会議を正式に非難nicea 、表示、それと同時に、それを完全にmisunderstandsの決定ニカイア。フランクフォートの本質では、 2番目の政令キヤノン: "と質問され、次の会議の繰越に関するギリシアで開かれた彼らコンスタンティノープル[フランクスよいかさえ分からないのはどこの会議が開かれたことを非難する] connexionを崇拝のイメージでは、会議ではそれらのことが書かれたあこがれの人に移さないサービスとちょうど同じくらいの写真がセインツには、神の三位一体アナテマされる。

しかし、我々の最も神聖な名前を持つ父親は、上記のは、礼拝と奉仕を拒んで、この会議を軽蔑と非難しています。 "シャルルマーニュ送られるこれらの行為を非難ローマと要求したとコンスタンティノスviのアイリーン。法王のコースを拒否して、問題は依然と時間としては、かれらは、 2番目のニカイア公会議には、フランク王国を拒否した。

因習打破中2番目の迫害、 824で、皇帝ミハエルは信心深いルイ2世の手紙を書いたのは、ほかに要求していた僧侶ビザンチンエスケープを移譲しなければならないの西にいても、質問を入力すると、全体のイメージを崇拝長さと猛烈な非難を相手に守備に含まれる。

その手紙には、引用部分leclercq -ヘーフェレ、 " histoireデconciles "は、 3世、 1 、 p.

612 。

法王は許しを請うルイ(ユージン2世、八百二十四から二十七)を受信するように策定された文書のフランク司教が、テキストは、件名には、父の軸受収集しなければならない。

ユージンで合意した、と825司教はパリで出会った。

次の例では、この会議の会議フランクフォート正確です。

真ん中の司教を提案する方法を試みるが、きっぱりとiconoclastsの方に傾いている。

これらのいくつかの文章を生み出す彼らに対しては、さらに多くの反対のイメージに仕えています。

画像を単なる飾りとしてしか許されないかもしれません。

エイドリアン私は、彼に同意するニカイア2世を非難した。

2つの司教は、ジョナスのorlénsイェレミアスのサンスとは、ローマでは、この文書に送られる;彼らは、特に注意して可能な限りのあらゆる法王の治療に畏敬の念と謙虚さ、そして任意の文章を目立たないようにして彼を怒らせるかもしれない。

ルイは、また、法王を書いて、抗議行動を提案して彼を手伝ってくれるだけで、彼のいくつかの有用な議論を引用してビザンチン裁判所;それだけではないという考えを口述筆記して、聖なる参照してください(ヘーフェレ、 1 。 c. ) 。

ユージンの答えは何もないのか知られては、今回の事件のさらなる発展のです。

継続のための対応については、いくつかの画像を参照してください時間との間の神聖な教会のフランク;徐々に、令第2ニカイア公会議を通して西ローマ帝国が受け入れた。

ローマ法王ヨハネviii (八七二〜八二)に送信する行為は、より良い翻訳は、評議会を助けて非常に誤解を削除しています。

こちらは、いくつかの例因習打破西の方では孤立しています。

クラウディウス、司教のトリノ( d. 840 )は、すべての画像やクロスで破壊さ824彼の監督管区禁じたpilgrimages 、償還請求を仲裁のセインツは、尊敬の遺跡でも、火のついたろうそくを除いて、実用的な目的のためです。

多くの司教は、帝国とフランクアボット、 theodomir 、彼に不利に書きました( PL法cv ) ;彼は地元の会議に非難される。

それと同時にライオンズagobardのない外部の兆候と考えて畏敬の念を払って画像をしなければならない;しかし、彼はいくつかの信者です。

walafridスト( "デです。エクルズ。 incrementis et rerum exordiis " pl 、 cxiv 、 916〜66 )とランスのアンクマール( " opusc 。 hincmarum lauden c. 。 " 、 XXのは、 pl cxxvi )と弁明したカトリックの練習に貢献して例外的に終止符を打つフランク司教の原則です。

しかし、 11世紀の司教遅ければまだjocelinのボルドーは因習打破のためのアイデアを厳しくしかられる彼は教皇アレクサンデル2世です。

エイドリアンフォーテスキュー書かれた文献の情報です。

マイケルc. tinkler転写された。

カトリック百科事典、第VIIボリュームです。

日付1910 。

ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。

公認は、 10年6月1日。

レミlafort 、規格は、検閲しています。

許可します。

+ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです