Agnosticism不可知論

General Information 総合情報

Agnosticism is the philosophical position that it is impossible to know about the nature or existence of God. The term was coined in 1869 by Thomas H Huxley from the Greek agnostos ("unknowable") to refer to his own conviction that knowledge is impossible on many matters covered by religious doctrines. 不可知論は、哲学の位置を知ることは不可能であることについては、自然や神の存在をします。という用語は1869年には鋳造され、ギリシャのトーマスhハクスリーからagnostos ( "不可知" )を参照するには自分自身の信念に基づいて、多くの知識は不可能宗教上の教義の問題カバーされています。 Agnosticism is therefore concerned with questions of Epistemology, the examination of human knowledge; it considers valid only knowledge that comes from ordinary and immediate experience. Agnosticism is distinct from Atheism on the one hand and Skepticism on the other. Atheists reject belief in the existence of God.不可知論は、その気に質問の認識論は、人間の知識の試験;のみ有効な知識があると考えると、瞬時の経験が普通です。 不可知論無神論上で明確に区別し、他の1つの手と懐疑的な見方をします。無神論者が存在するの信仰を拒否する神。 Skeptics hold the strong suspicion or probabilistic estimate that God does not exist.強い疑念を保持するか懐疑的な確率論的推定では、神は存在しません。 Agnostics refuse to make such judgments. agnosticsを拒否するような判断をします。

The agnostic position is as old as philosophy and can be traced to the pre Socratics and to the skeptics of ancient Greece.不可知論者の位置は、古いとしての哲学とsocraticsが追跡可能なため、事前に、古代ギリシャの懐疑的です。 In modern times, agnosticism became prevalent during the 18th and 19th centuries, mainly because of the growing mass of scientific data that seemed to contradict the biblical position and because of the disagreement of theologians and church authorities over the use of textual and historical criticism in the interpretation of the Bible.現代では、不可知論は18日と19日世紀中に流行し、主に成長するため、大量のデータを科学的に矛盾するように聖書の位置との意見の相違のための神学者と教会当局の使用は、テキストや歴史的な批判聖書の解釈です。 Many of the best known philosophers have been agnostics.哲学者の多くは、最もよく知られagnosticsもします。 Among them are Auguste Comte, William James, Immanuel Kant, George Santayana, and Herbert Spencer.その中にはオーギュストコント、ウィリアムジェームズ、イマヌエルカント、ジョージサンタヤナ、およびハーバートスペンサーです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Thomas E Wrenトーマスメールミソサザイ

Bibliography 書誌事項
RA Armstrong, Agnosticism and Theism in the Nineteenth Century (1977); S Budd, Varieties of Unbelief: Atheists and Agnostics in English Society,1850 - 1960 (1977); EA Burtt, Types of Religious Philosophy (1951); J Collins, God in Modern Philosophy (1959); TH Huxley, "Agnosticism" and "Agnosticism and Christianity," in Collected Essays (1902); B Lightman, The Origins of Agnosticism (1987); G Mavrodes, Belief in God (1970); D Mills, Overcoming Religion (1980); B Russell, Why I Am Not a Christian (1957). raアームストロング、不可知論と有神論は、 19世紀( 1977 ) ;秒バッド、種類の不信心: agnostics無神論者と英語で社会、 1850 -1 960( 1 977) ;会E Ab urtt、種類の宗教哲学( 1 951) ;無しコリンズ、神現代哲学( 1959 ) ;回ハクスリー、 "不可知論"や"不可知論とキリスト教、 "随筆集( 1902 ) ; b lightman 、不可知論の起源( 1987 ) ;グラムmavrodes 、神への信仰を( 1970 ) ; dミルズ、克服宗教( 1980 ) ; bラッセル、なぜ英語I am not aキリスト教( 1957 ) 。


Agnosticism不可知論

Advanced Information 高度情報

Agnosticism is a term generally used for the view that we do not know either in practice or in principle whether there is a God or not.不可知論は、一般的に使用される用語との見解を知ることはありませんかどうかのどちらかでの練習や、原則には、神かどうかです。 Although etymologically the term is applicable to any kind of skepticism, TH Huxley coined the term to signify religious skepticism.語源は、どんな種類の項に該当するものを懐疑的に、木ハクスリー作り出したという用語は宗教的な懐疑的な見方を示す。 Huxley first used the word in 1869 at a meeting of what later became the Metaphysical Society.ハクスリーは1869年に最初の単語を使用して会議室の形而上学は後に、どのような社会です。 There are conflicting accounts of how Huxley came to use the term.競合するには、アカウントの用語を使用してどのようハクスレー来た。 He said that he used the word as antithetical to the Gnostics of early church history.彼によると、彼は相反して使用してgnostics言葉としての早期の教会の歴史です。 Agnosticism is to be contrasted with atheism and pantheism, as well as theism and Christianity. The theist asserts God's existence, the atheist denies it, while the agnostic professes ignorance about it, the existence of God being an insoluble problem for him.不可知論無神論とは対照的に汎神論されるだけでなく、有神論とキリスト教の神の存在をアサート有神論、無神論者否定しているのは、無知が、不可知論について公言すると、神の存在を不溶性の問題は、彼がする。 RH Hutton remembers the origin of the term as related to the reference which Paul made to the inscription on the altar to the unknown God (Acts 17:23). rhハットンという用語としてよく覚えているの起源に関連して参照形で行われたポールに、祭壇の碑文に未知の神(行為17:23 ) 。

Agnosticism is now used in a number of senses: (1) as the suspension of judgment on all ultimate issues, including God, free will, immortality; (2) to describe a secular attitude toward life, such as the belief that God is irrelevant to the life of modern man; (3) to express an emotionally charged anti Christian and anticlerical attitude; (4) as a term roughly synonymous with atheism.不可知論は、現在使用されて、いくつかの感覚: ( 1 )懸濁液としての最終的な判断をするすべての問題を含め、神、無料、フリーは、不朽の名声、 ( 2 )の生活を描写するの世俗的な態度を取るなど、という信念を持って神は不適合現代人の生活をし、 ( 3 )感情的に帯電防止を表明するとキリスト教の教権反対の態度、 ( 4 )無神論としての任期とほぼ同義です。

While Huxley has been credited with giving the term its present popularity, there were many historical antecedents.ハクスリー功績があるとされながら与えるという用語は、現在の人気は、多くの歴史的な家系です。 Socrates in Plato's Republic is praised by the oracle of Delphi as the wisest man in the world because he was aware of what he did know and what he did not know.ソクラテスはプラトンの共和国は、称賛されたデルポイの神託で最も賢い者として、世界を認識していたので、彼は何を知っていては何を彼は知らなかった。 By far the most important and immediate precursors of modern agnosticism were David Hume and Immanuel Kant.群を抜いて最も重要な近代的かつ即時の前駆細胞の不可知論がイマニュエルカントヒュームとします。 In Hume's Enquiry Concerning Human Understanding he examines the notion of a "cause".ヒュームの人間の理解に関するお問い合わせは彼の概念を検討"原因"です。 He argues that one cannot know the cause of anything a priori.彼を知っていると主張することはできませんが原因で発生する1つの先験的な何か。 The idea of a cause arises primarily from the constant conjunction of two objects or things.主な原因が発生するという考えを組み合わせてからの定数の2つのオブジェクトまたはものです。 Moreover, Hume rejects the possibility of belief in miracles.また、ヒュームの信仰を拒否する可能性が奇跡です。

Such a belief is based upon testimony.このような信念に基づいて証言します。 The testimony for a miracle is always counter balanced by the universal testimony to the regularity of the natural law.奇跡の証言は、常にカウンターバランスのとれた、普遍的な証言をされた規則は、自然の法則です。 In Dialogues Concerning Natural Religion Hume thoroughly criticizes the argument from design.自然宗教に関する対話ヒュームを徹底的に批判の引数からのデザインです。 Two of his most important points are that the order observable in the universe may be the result of a principle inherent in matter itself rather than external to it and imposed upon it, and that the argument can never establish the moral attributes of God because of the widespread presence of evil in the world. 2つの彼のために最も重要なポイントが目につくのは、宇宙の5月にその結果を原則的に内在する問題ではなく、自分自身の外部に課したこととし、引数は、道徳的な属性を確立することは神のため、広く世界には邪悪な存在です。

Kant was concerned with the limits of human knowledge.カントは、人間の知識の限界を懸念しています。 He argues that we cannot have any knowledge of things that are not possible objects of experience.彼はあることはできないと主張し知識のことをされていない可能性のオブジェクトを経験します。 Since God is not a possible object of our experience, we have no knowledge of him based upon pure reason.以来、神ではないのオブジェクトをする可能性が我々の経験は、私たちの知識を持たない純粋な理由に基づいて彼です。 There may be practical reasons for believing in God, but classical theistic proofs were in principle doomed to failure.実用的な理由かられる場合がありますに、神の存在を信じ、しかし、古典的証拠は原則として有神論運命にエラーが発生します。

Thus, by the end of the nineteenth century there were a number of factors which contributed to the intellectual respectability of agnosticism.したがって、 19世紀の終わりまでに、数多くの要因があったの貢献をして、知的世間体の不可知論です。 The limits of human knowledge had been widely set at the limits of sense experience.人間の知識の限界を広く設定されていた経験の限界を意味します。 Further, it was generally accepted that natural theology had failed, leading to a critical attitude toward standards of evidence and argument in religious matters.より詳細な、それは一般的に認められている自然神学は失敗し、批判的な姿勢を基準につながるの証拠との引数に宗教的な事柄です。 Religious beliefs could not meet the rigorous standards applied to scientific beliefs.宗教的信念できませんでした厳格な基準を満たして適用される科学的な信念です。 Moreover, the physical sciences seemed to be at odds with biblical history and cosmology.また、物理学のようには聖書の歴史と宇宙論でもめています。 Finally, questions were being raised about the divine government of the world.最後に、質問が行われたが政府の引き上げについては、神の世界です。 John Stuart Mill, for instance, argued that the world was poorly made and arbitrarily managed.ジョンスチュアートミル、例えば、悪いと主張して作られ、世界は恣意的管理します。 The goodness of God was questioned since he was the creator of hell.善は、事情聴取以来、彼は神の創造の地獄です。

In the present intellectual climate agnosticism has taken a somewhat different form in the English speaking world.は、現在の知的気候不可知論コラボレーションフォームを少し違う世界の英語を話す。 Many logical positivists and analytic philosophers have argued that the problem with theism is not one of evidence or argument, but of meaning and logical coherence.多くの論理実証主義と分析哲学の問題があると主張しては有神論ではない証拠の1つ、または引数が、しかし、コヒーレンスの意味と論理です。 If religious discourse is understood as quasi scientific statements about the nature of reality and a transcendent being, insoluble problems arise.宗教的な談話理解される場合は、準自然科学的ステートメントについては、現実と、並外れたが、不溶性の問題が発生します。 "God exists" and "God loves me" should be understood as meaningless about reality. "神が存在する"と"神を愛して"無意味な会社として現実を理解すべきである。 That is, there is nothing in sense experience that will count for or against their truth.これは、ある意味での経験ではないことが賛成か反対か、真実をカウントします。

Many who reject theism and Christianity prefer to characterize themselves as agnostics rather than atheists. The perceived advantages are twofold. 多くのwho拒否有神論とキリスト教の特性を好むagnostics自体ではなく、無神論者としての認識は、二重の利点です。 First, agnosticism avoids the social stigma associated with atheism.第一に、社会的不名誉を回避することに関連付けられて不可知論無神論です。 Socially, atheism is not as respectable as agnosticism.社会的に、無神論ではないとして不可知論として尊敬します。 Second, agnosticism at least appears to avoid the burden of proof.第二に、不可知論を避けるために、少なくともその立証が表示されます。 To assert or deny anything requires a reason.または拒否することを主張するには、何かの理由です。 The profession of ignorance, however, needs no reasons.無知の職業、しかし、必要がない理由が考えられます。

While there may be a certain intellectual respectability to embracing agnosticism, William James points out there is great practical danger.ながら、特定の知的れる場合があります世間体を容認不可知論、ウィリアムジェームズには、大きな実用的な危険性が指摘するようです。 James notes that there are some questions that are live, momentous, and forced.ジェームズノートでライブには、いくつかの質問には、重大な、と強制します。 One must believe or disbelieve, even if the evidence is ambiguous, or risk great loss. 1つ必要があります。信じるか信じない、たとえているという証拠はあいまいな、または危険性の大きな損失です。 The question of God's existence is such a question for James.神の存在の問題は、このような質問をジェームズです。 For Christians, however, the evidence for God's existence and the truth of Christianity is decisively decided in God's self revelation in the Bible and the incarnation of Jesus Christ.のキリスト教徒は、しかし、その証拠に、神の存在とキリスト教の真実性を決定的に決定さは神の自己啓示は、聖書とイエスキリストの化身です。

PD Feinberg pdフェインバーグ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
RA Armstrong, Agnosticism and Theism in the Nine - teenth Century; J Collins, God in Modern Philosophy; TH Huxley, "Agnosticism" and "Agnosticism and Christianity," in Collected Essays, V; J Pieper, Belief and Faith; R Flint, Agnosticism. raアームストロング、不可知論と有神論は、ナイン-t eenth世紀;無しコリンズ、神現代哲学;回ハクスリー、 "不可知論"や"不可知論とキリスト教、 "随筆集、 v ;無しピーパー、信念と信仰;研究フリント、不可知論です。


Agnosticism不可知論

Catholic Information カトリックの情報

A philosophical theory of the limitations of knowledge, professing doubt of or disbelief in some or all of the powers of knowing possessed by the human mind.哲学の理論知識の限界を、いくつかのprofessing疑うのか信じられない、またはすべての所有者の権限を、人間の心を知っています。

I. EXPOSITION i.博覧会

(1) The word Agnostic (Greek a, privative + gnostikós "knowing") was coined by Professor Huxley in 1869 to describe the mental attitude of one who regarded as futile all attempts to know the reality corresponding to our ultimate scientific, philosophic, and religious ideas. ( 1 )という言葉不可知論者(ギリシャ語で、欠如+ gnostikós "知らない" )が作り出したハクスリーは1869年に教授の精神的な態度を説明するwhoと見なされて1つのすべての無益な試みを知って私たちの現実に対応して究極の科学的、哲学、および宗教的なアイデアです。 As first employed by Huxley, the new term suggested the contrast between his own unpretentious ignorance and the vain knowledge which the Gnostics of the second and third century claimed to possess.ハクスリーとして最初に雇用され、新学期を提案してコントラストの無知との間に自分自身の気取らないgnostics無駄な知識は、 2番目と3番目の世紀の主張を所有しています。 This antithesis served to discredit the conclusions of natural theology, or theistic reasoning, by classing them with the idle vapourings of Gnosticism.このアンチテーゼを提供する自然神学を落とす結論を出すか、または有神論推論、アイドル状態のvapouringsされておくと、度数のグノーシス主義です。 The classification was unfair, the attempted antithesis overdrawn.の分類は、不公正は、当座貸越アンチテーゼを試みた。 It is rather the Gnostic and the Agnostic who are the real extremists; the former extending the bounds of knowledge, and the latter narrowing them, unduly.とはいえ、グノーシス主義と不可知論whoは、本物の過激派;の元の知識の範囲内で延長し、後者の狭小化し、不当にします。 Natural theology, or theism, occupies the middle ground between these extremes, and should have been disassociated both from the Gnostic position, that the mind can know everything, and from the Agnostic position, that it can know nothing concerning the truths of religion.自然神学か、または有神論、グラウンドの真ん中を占め、これらの両極端の間に、両方の解除れていく必要があるグノーシス主義の立場から、その心は、何もかも承知している、と不可知論者の位置から、何も知らないことができるの宗教の真理です。 (See GNOSTICISM.) (グノーシス主義を参照。 )

(2) Agnosticism, as a general term in philosophy, is frequently employed to express any conscious attitude of doubt, denial, or disbelief, towards some, or even all, of man's powers of knowing or objects of knowledge. ( 2 )不可知論、哲学として一般的な用語で、任意の意識が頻繁に採用さを表現する姿勢を疑い、拒否、または不信に向けていくつかの、あるいはすべての人間の力をまたはオブジェクトの知識を知っています。 The meaning of the term may accordingly vary, like that of the other word "Scepticism", which it has largely replaced, from partial to complete Agnosticism; it may be our knowledge of the world, of the self, or of God, that is questioned; or it may be the knowableness of all three, and the validity of any knowledge, whether of sense or intellect, science or philosophy, history, ethics, religion.したがって、その単語の意味をヴァリ年5月、他の言葉のような" scepticism " 、それが大幅に置き換え、より部分を完了する不可知論;ことがありますが私たちの世界の知識を、自己、あるいは神の、それは尋問;またはそれknowablenessのすべての3つのかもしれない、との妥当性のあらゆる知識、センスや知性かどうかは、科学や哲学、歴史、倫理、宗教です。 The variable element in the term is the group of objects, or propositions, to which it refers; the invariable element, the attitude of learned ignorance it always implies towards the possibility of acquiring knowledge.変数の要素をし、その用語は、グループのオブジェクトのか、または命題、それを参照し、不変の要素の無知な態度を学んだことは常に買収の可能性に向かって知識を意味します。

(3) Agnosticism, as a term of modern philosophy, is used to describe those theories of the limitations of human knowledge which deny the constitutional ability of the mind to know reality and conclude with the recognition of an intrinsically Unknowable. ( 3 )不可知論、現代哲学の任期を全うするとして、それらの理論を説明するが使用され、人間の知識の限界を否定する憲法の精神能力を現実と結論を知っているとの認識を本質的に不可知のです。 The existence of "absolute reality" is usually affirmed while, at the same time, its knowableness is denied.の存在を"絶対的な現実"は、通常アファームドながら、それと同時に、そのknowablenessが拒否されました。 Kant, Hamilton, Mansel, and Spencer make this affirmation an integral part of their philosophic systems.カント、ハミルトン、マンセル、この肯定アンドスペンサーの哲学のシステムの不可欠な部分です。 The Phenomenalists, however, deny the assertion outright, while the Positivists, Comte and Mill, suspend judgment concerning the existence of "something beyond phenomena".のphenomenalists 、しかし、国債の主張を否定するが、実証主義、コントとミル、中断、停止に関する判断が存在する"何かを超える現象"です。 (See POSITIVISM.) (参照実証します。 )

(4) Modern Agnosticism differs from its ancient prototype. ( 4 ) 、古代から近代的不可知論異なる試作品です。 Its genesis is not due to a reactionary spirit of protest, and a collection of sceptical arguments, against "dogmatic systems" of philosophy in vogue, so much as to an adverse criticism of man's knowing-powers in answer to the fundamental question: What can we know?創世記のためにその反動ではないの精神を抗議し、引数のコレクションを懐疑的、反対"独断的なシステム"の哲学流行して、多くの批判を不利にする男のを知って-大国に答えての基本的な質問:どのようなこと私たち知ってですか? Kant, who was the first to raise this question, in his memorable reply to Hume, answered it by a distinction between "knowable phenomena" and "unknowable things-in-themselves".カント、 whoは、この質問を高めるための最初の、彼の記憶に残るヒューム返信して、それを答えたの間に差別を"知り得る現象"と"不可知のもの-さ-自身"です。 Hamilton soon followed with his doctrine that "we know only the relations of things".その後すぐに彼の教義ハミルトンは、 "私たちの関係だけのことを知って"です。 Modern Agnosticism is thus closely associated with Kant's distinction and Hamilton's principle of relativity.近代的不可知論は、このように密接に関連付けられてカントの区別とハミルトンの相対性原理です。 It asserts our inability to know the reality corresponding to our ultimate scientific, philosophic, or religious ideas.私たちがアサートできないことを知って私たちの現実に対応して究極の科学的、哲学、あるいは宗教的なアイデアです。

(5) Agnosticism, with special reference to theology, is a name for any theory which denies that it is possible for man to acquire knowledge of God. ( 5 )不可知論、特別の参照を神学理論は、任意の名前を否定することは可能であるが男を取得するための知識を、神です。 It may assume either a religious or an anti-religious form, according as it is confined to a criticism of rational knowledge or extended to a criticism of belief.のいずれかを想定ことがあります反宗教的、または宗教上のフォームによるとの批判をして閉じ込められたことが合理的知識や信念の批判を拡張しています。 De Bonald (1754-1840), in his theory that language is of divine origin, containing, preserving, and transmitting the primitive revelation of Good to man; De Lammenais (1782-1854), in his theory that individual reason is powerless, and social reason alone competent; Bonetty (1798-1879), in his advocacy of faith in God, the Scriptures, and the Church, afford instances of Catholic theologians attempting to combine belief in moral and religious truths with the denial that valid knowledge of the same is attainable by reason apart from revelation and tradition.ドボナルド( 1754-1840 )は、彼の理論にその言語には、神の起源を含む、保存、および送信のプリミティブを啓示の良い男;デlammenais ( 1782-1854 ) 、彼の説を唱えている個々の理由は無力な、と社会的な理由だけで有能な; bonetty ( 1798-1879 ) 、彼の信仰、神の存在を唱道することは、経典や教会、カトリック神学のインスタンスをしようと余裕を組み合わせることで道徳的、宗教的信念の否定には、有効な真理の知識を、同じ啓示を理由には達成可能と伝統を離れています。 To these systems of Fideism and Traditionalism should be added the theory of Mansel (1820-71), which Spencer regarded as a confession of Agnosticism, that the very inability of reason to know the being and attributes of God proves that revelation is necessary to supplement the mind's shortcomings.これらのシステムの信仰主義の理論と伝統が追加されるはずのマンセル( 1820年から1871年) 、これを自白のスペンサーと見なされて不可知論、理由があるのは、非常にできないことを知っていると属性が神の啓示が必要であることの証明を補完する心の欠点です。 This attitude of criticising knowledge, but not faith, was also a feature of Sir William Hamilton's philosophy.このような態度をcriticising知識が、信仰する機能もウィリアムハミルトン卿の哲学です。 (See FIDEISM and TRADITIONALISM.) (信仰主義や伝統を参照。 )

(6) The extreme view that knowledge of God is impossible, even with the aid of revelation, is the latest form of religious Agnosticism. ( 6 )極端な見方をするのは不可能神の知識を、啓示の助けを借りても、宗教的不可知論は、最新のフォームです。 The new theory regards religion and science as two distinct and separate accounts of experience, and seeks to combine an agnostic intellect with a believing heart.宗教と科学の新しい理論についてはっきりと2つの別々のアカウントとしての経験をし、不可知論シークを組み合わせることで心臓の知性と信じています。 It has been aptly called "mental book-keeping by double entry".ことが適切と呼ばれる"精神的な予約のエントリをダブル維持"です。 Ritschl, reviving Kant's separatist distinction of theoretical from practical reason, proclaims that the idea of God contains not so much as a grain of reasoned knowledge; it is merely "an attractive ideal", having moral and religious, but no objective, scientific, value for the believer who accepts it.リッチュル、復活カント理論からの分離独立の区別は実用的な理由から、 proclaimsは、神のアイデアが含まれ〜ほどではない一粒の理路整然と知識;それは単に"魅力ある理想的な"は、道徳的、宗教的なことが、客観的、科学的、値信者は、 who受け付けています。 Harnack locates the essence of Christianity in a filial relation felt towards an unknowable God the Father.キリスト教の本質ハルナックの位置関係を感じた向けに不可知の神の子の父親です。 Sabatier considers the words God, Father, as symbols which register the feelings of the human heart towards the Great Unknowable of the intellect.サバティエ神の言葉は、父、シンボルとして登録するには人間の心の感情の知性に向かって大きな不可知のです。

(7) Recent Agnosticism is also to a great extent anti-religious, criticizing adversely not only the knowledge we have of God, but the grounds of belief in Him as well. ( 7 )最近の不可知論しても大部分は反宗教的、批判不利な知識だけでなく、私たちは神の、しかし、彼の信仰を理由としてです。 A combination of Agnosticism with Atheism, rather than with sentimental irrational belief, is the course adopted by many.不可知論、無神論を組み合わせて、感傷的ではなく、非合理的な信念には、多くのコースに採用されています。 The idea of God is eliminated both from the systematic and personal view which is taken of the world and of life.神は排除という考えの両方からの体系的かつ個人的な対象では、世界との生活です。 The attitude of "solemnly suspended judgment" shades off first into indifference towards religion, as an inscrutable affair at best, and next into disbelief.その態度は"厳粛に判断停止"無影オフに向け最初の宗教、不可解な事件としては最高の、そして次へを信じられない。 The Agnostic does not always merely abstain from either affirming or denying the existence of God, but crosses over to the old position of theoretic Atheism and, on the plea of insufficient evidence, ceases even to believe that God exists.単に、不可知論者が必ずしも肯定または棄権のいずれかから神の存在を否定して、しかし、古い位置を交差して理論的無神論とは、不十分な証拠と称して、神が存在すると考えているにも停止します。 While, therefore, not to be identified with Atheism, Agnosticism is often found in combination with it. while文、したがって、特定される識別無神論、不可知論は、しばしば見られる組み合わせです。 (See ATHEISM.) (無神論を参照。 )

II. Ⅱ 。 TOTAL AGNOSTICISM SELF-REFUTING総不可知論自己反論

Total or complete Agnosticism--see (2)--is self-refuting.合計または完全な不可知論-詳細については、 ( 2 ) -が自己反論します。 The fact of its ever having existed, even in the formula of Arcesilaos, "I know nothing, not even that I know nothing", is questioned.そのまでに存在したという事実を、数式のarcesilaosでも、 "私は何も知らない、私の知る限りですらない"は疑問です。 It is impossible to construct theoretically a self-consistent scheme of total nescience, doubt, unbelief.理論的に構築することは不可能であることを自己無撞着スキームの合計不可知論、疑い、不信仰です。 The mind which undertook to prove its own utter incompetence would have to assume, while so doing, that it was competent to perform the allotted task. undertakeの過去過去分詞の心を証明するには、独自の全くの無能さを想定し、そうすることによって、それは、有能なタスクを行うには、割り当てられた。 Besides, it would be Impossible to apply such a theory practically; and a theory wholly subversive of reason, contradictory to conscience, and inapplicable to conduct is a philosophy of unreason out of place in a world of law.また、このようなことが一つの説が事実上不可能に適用するとの理論を完全に破壊の理由から、良心の矛盾を、および不適用を行うことは、哲学の不条理が場違いな存在で、世界の法律です。 It is the systems of partial Agnosticism, therefore, which merit examination.それは、システムの部分的不可知論、したがって、審査のメリットです。 These do not aim at constructing a complete philosophy of the Unknowable, but at excluding special kinds of truth, notably religious, from the domain of knowledge They are buildings designedly left unfinished.これらの構築を目的としない完全な哲学は、不可知のは、特別の種類の真実を除くしかし、特に、宗教的、ドメインの知識からdesignedly彼らは尻切れトンボの建物です。

III. Ⅲ 。 KANT'S DISTINCTION BETWEEN APPEARANCE AND REALITY EXAMINEDカントの外観と現実との区別検討

Kant's idea of "a world of things apart from the world we know" furnished the starting-point of the modern movement towards constructing a philosophy of the Unknowable.カントの考えを"世界のことを知って私たちの世界は別に"家具の出発点は、現代へ向けた動きは、不可知の哲学を建設する。 With the laudable intention of silencing the sceptic Hume, he showed that the latter's analysis of human experience into particular sense-impressions was faulty and incomplete, inasmuch as it failed to recognize the universal and necessary elements present in human thought.サイレンシングの意図は称賛に値するの懐疑論ヒューム、彼は後者の分析によると、人間の経験を特定の感覚の表示回数は、不完全な欠陥と、それに失敗しましたと認識して普遍的に存在する人間の思考に必要な要素です。 Kant accordingly proceeded to construct a theory of knowledge which should emphasize the features of human thought neglected by Hume.カントの理論を構築するための知識を進めこれは人間の思考の特徴を強調するヒューム無視されています。 He assumed that universality, necessity, causality, space, and time were merely the mind's constitutional way of looking at things, and in no sense derived from experience.彼は想定して普遍性、必要性、因果関係、空間と時間の憲法の精神は単に物の見方、および意味から派生した経験はない。 The result was that he had to admit the mind's incapacity for knowing the reality of the world, the soul, or God, and was forced to take refuge against Hume's scepticism in the categorical imperative "Thou shalt" of the "moral reason".その結果はしていたのを認める無能力の心を知って、現実の世界は、魂のか、または神とは反対に避難を余儀なくさscepticismヒュームの断定的な命令は、 "なたshalt "は、 "道徳的な理由"です。 He had made "pure reason" powerless by his transfer of causality and necessity from the objects of thought to the thinking subject.彼は"純粋理性"自分の無力さと必要性から移転の因果関係のオブジェクトを、思考件名と考えられています。

To discredit this idea of a "reality" inaccessibly hidden behind "appearances", it is sufficient to point out the gratuitous assumptions on which it is based.このアイデアを落とすは、 "現実"の背後に近づき難い隠された"外見" 、それは前提条件を十分に指摘する上でいわれのないことがベースです。 Kant's radical mistake was, to prejudge, instead of investigating, the conditions under which the acquisition of knowledge becomes possible.カントの過激な間違いは、予断ではなく、捜査は、今回の買収の条件の下での知識が可能となる。 No proof was offered of the arbitrary assumption that the categories are wholly subjective; proof is not even possible.提供の証拠がないと仮定し、任意のカテゴリーは、完全に主観的;証拠ではないにも可能です。 "The fact that a category lives subjectively in the act of knowing is no proof that the category does not at the same time truly express the nature of the reality known", [Seth, "Two Lectures on Theism" (New York, 1897) p. "という事実にあるカテゴリーの生活を知って主観的な行為は、証拠は何もないより作成カテゴリはありませんは、真にそれと同時に、現実の既知の性質を表現して" 、 [セス、 " 2つの講義を有神論" (ニューヨーク、 1897 ) p. 19.] The harmony of the mind's function with the objects it perceives and the relations it discovers shows that the ability of the mind to reach reality is involved in our very acts of perception. 19 。 ]心の機能との調和のオブジェクトのそれとの関係を知覚する能力のことを発見によると、心に達するに携わる私たちの現実は非常に行為を認識します。 Yet Kant, substituting theory for fact, would disqualify the mind for its task of knowing the actual world we live in, and invent a hinterland of things-in-themselves never known as they are, but only as they appear to be.まだありませんカント、代替理論を実際には、そのタスクは失格させるための心の世界を知って、実際の私たちが住む、と後背地を発明する-さ-自身のことを決して知られて彼らは、彼らとして表示されるだけです。 This use of a purely speculative principle to criticize the actual contents of human experience, is unjustifiable.この原理を使用する純粋な投機を批判する人間の経験の実際の内容は、不当な。 Knowledge is a living process to be concretely investigated, not a mechanical affair for abstract reason to play with by introducing artificial severances of thought from object, and of reality from appearance.生活の知識は、具体的に検討される過程ではなく、機械的な事件を抽象的な理由を再生するとの考えから導入により、人工severancesオブジェクト、および現実からの外観です。 Once knowledge is regarded as a synthetic act of a self-active subject, the gap artificially created between subject and object, reality and appearance, closes of itself.一度の知識は合成行為と見なされて、自己アクティブアジ研は、アジ研とオブジェクト間のギャップ人工的に作成、現実と外観、明日はそれ自身のです。 (See KANT, PHILOSOPHY OF.) (カント、哲学のです。 )

IV. Ⅳ 。 HAMILTON'S DOCTRINE OF RELATIVITY EXAMINEDハミルトンの学説の検討相対性理論

Sir William Hamilton contributed the philosophical principle on which modern Agnosticism rests, in his doctrine that "all knowledge is relative".ウィリアムハミルトン卿の哲学的原理上で貢献した近代的不可知論休符、彼の教義は、 "すべての知識は、相対的"です。 To know is to condition; to know the Unconditioned (Absolute, or Infinite) is therefore, impossible, our best efforts resulting in "mere negations of thought".を知っては、を条件;を知って、無条件(絶対か、または無限)は、したがって、不可能な、最善の努力の結果、 "単なる否定の思考"です。 This doctrine of relativity contains two serious equivocations which, when pointed out, reveal the basic difference between the philosophies of Agnosticism and of Theism.この教義の相対性理論には2つの深刻なequivocationsは、ときに指摘したように、基本的な違いを明らかにする不可知論との間の哲学有神論です。 The first is in the word "relativity".は、単語の最初の"相対性理論"です。 The statement that knowledge is "relative" may mean simply that to know anything, whether the world or God, we must know it as manifesting itself to us under the laws and relations of our own consciousness; apart from which relations of self-manifestation it would be for us an isolated, unknowable blank.知識の声明では"相対的" 5月だけでは意味を知って何でも、神かどうかの世界や、しなければならないとして、相手方に自分自身を知って問い合わせの下に法律との関係を私たち自身の意識;の関係を離れて自己症状問い合わせは孤立したため、不可知の空白にします。 Thus understood, the doctrine of relativity states the actual human method of knowing the world, the soul, the self, God, grace and the supernatural.このように理解され、その教義の相対国の実際の人間の方法を知って、世界は、魂、自己、神、超自然の恵みとします。 Who would hold that we know God, naturally, in any other way than through the manifestations He makes of Himself in mind and nature? who保持することは知って、神は、当然のことながら、他の方法よりも自分自身の症状を呈して彼を念頭に置いて、自然のですか?

But Hamilton understood the principle of relativity to mean that "we know only the relations of things"; only the Relative, never the Absolute.しかし、ハミルトン相対性原理を理解してということで"我々との関係だけのことを知って" ;のみの相対的、絶対の絶対です。 A negative conclusion, fixing a limit to what we can know, was thus drawn from a principle which of itself merely affirms the method, but settles nothing as to the limits, of our knowledge.否定的な結論として、固定には制限を知って何ができるのはこのためにはそれ自身の原理から引き出されるだけを肯定する方法が、何も和解の限界を、我々の知識です。 This arbitrary interpretation of a method as a limitation is the centre of the Agnostic position against Theism.この任意の解釈を制限する方法としては、中心部に位置する不可知論有神論です。 An ideally perfect possible knowledge is contrasted with the unperfect yet none the less true, knowledge which we actually possess.完璧に理想的な知識は対照的に、不完全な可能性はまだありませんそれにもかかわらずtrueの場合、私たちの知識を実際に保有します。 By thus assuming "ideal comprehension" as a standard by which to criticize "real apprehension", the Agnostic invalidates, apparently, the little that we do know, as at present constituted, by the more we might know if our mental constitution were other than it is.このように仮定され"理想的な理解"として、標準のはこれを批判する"本物の不安"は、不可知論を無効に、どうやら、その小さなことは承知のとおり、現在の構成としては、他の私たちの精神的な憲法のかもしれない私たちが知っている場合以外それは。 The Theist, however, recognizing that the limits of human knowledge are to be determined by fact, not by speculation, refuses to prejudge the issue, and proceeds to investigate what we can legitimately know of God through His effects or manifestations.の有神論、しかし、人間の知識の限界を認識してによって決定さを実際には、憶測ではなく、予断を拒否して、問題を調査し、収益を調査する合法的にどのようなことを知って神の彼の効果や症状を呈している。

The second serious equivocation is in the terms "Absolute", "Infinite", "Unconditioned". 2番目の深刻なあいまいな言葉を使うの条件は、 "絶対的" 、 "無限" 、 "無条件"です。 The Agnostic has in mind, when he uses these terms, that vague general idea of being which our mind reaches by emptying concrete reality of all its particular contents.を念頭に置いて、不可知論者は、これらの用語を使用時に彼は、それがどの漠然とした基本的な考えは我々の心を空に達するとされ具体的な現実のすべての特定の内容です。 The result of this emptying process is the Indefinite of abstract, as compared with the Definite of concrete, thought.その結果は、次の排出不定の抽象化のプロセスは、明確なのと比較し、具体的には、考えています。 It is this Indefinite which the Agnostic exhibits as the utterly Unrelated, Unconditioned.このことは不定不可知論展示会としては、全く関係のない、無条件です。 But this is not the Absolute in question.しかし、この問題ではない、絶対にします。 Our inability to know such an Absolute, being simply our inability to define the indefinite, to condition the unconditioned, is an irrelevant truism.このような絶対できないことを知って私たちは、私たちができないことを定義するのが、単に不定、条件の無条件、不適合とは、自明の理です。 The absolute in question with Theists is the real, not the logical; the Infinite in question is the actual Infinite of realized perfection, not the Indefinite of thought.絶対にtheists質問には、本物の、特定の論理;の無限の無限の実現、実際の問題は完ぺきではなく、無期限の考えです。 The All-perfect is the idea of God, not the All-imperfect, two polar opposites frequently mistaken for each other by Pantheists and Materialists from the days of the Ionians to our own.アイデアのすべてを完全に覚えては、神のではなく、すべての不完全な、 2つの対極お互いに頻繁に間違えられたpantheistsとmaterialistsからの日中には、独自のioniansをします。 The Agnostic, therefore, displaces the whole Theistic problem when he substitutes a logical Absolute, defined as "that which excludes all relations outer and inner", for the real. 、不可知論、したがって、全体の有神論displaces代わりに彼の論理絶対的な問題が発生、として定義されて"それを除いたすべての関係の外側と内側の"リアルのためのです。 Examination of our experience shows that the only relation which the Absolute essentially excludes is the relation of real dependence upon anything else.審査の関係だけでは、我々の経験は、絶対的な本質的に除外さは、それ以外の関係をリアルに依存します。 We have no right in reason to define it as the non-related.私たちを定義する権利はないことを理由として、非関連しています。 In fact, it manifests itself as the causal, sustaining ground of all relations.実際には、それ自体としてマニフェストの因果関係は、地上のすべての関係を維持します。 Whether our knowledge of this real Absolute, or God, deserves to be characterized as wholly negative, is consequently a distinct problem (see VI).この本物かどうか私たちの知識を絶対的な、あるいは神は、完全に値するされる否定的な特徴として、問題はその結果をはっきりと( 6 )です。

V. SPENCER'S DOCTRINE OF THE UNKNOWABLE EXAMINED v.スペンサーの学説は、不可知の検討

According to Herbert Spencer, the doctrine that all knowledge is relative cannot be intelligibly stated Without postulating the existence of the Absolute.ハーバートスペンサーによると、その教義のすべての知識は、相対的に記載することはできませんintelligiblyの絶対postulatingが存在する。 The momentum of thought inevitably carries us beyond conditioned existence (definite consciousness) to unconditioned existence (indefinite consciousness).必然的に思考の勢いを運ぶ問い合わせを超える条件の存在(明確な意識)を無条件の存在(無意識)です。 The existence of Absolute Reality must therefore be affirmed.絶対的な現実が存在する必要があります。そのために維持します。 Spencer thus made a distinct advance upon the philosophy of Comte and Mill, which maintained a non-committal attitude on the question of any absolute existence.スペンサーは、このように明確な哲学と進軍するコントやミル、これ以外のcommittal的な態度を維持するの問題を任意の絶対的な存在です。 Hamilton and Mansel admitted the existence of the Infinite on faith, denying only man's ability to form a positive conception of it.ハミルトンとマンセルの存在を認めて無限をうのみに、人間の能力を否定を形成するだけの構想を肯定してください。 Mansel's test for a valid conception of anything is an exhaustive grasp of its positive contents--a test so ideal as to invalidate knowledge of the finite and infinite alike.マンセルの有効なテストを網羅的に把握した概念を得るのは、何も前向きな内容-のテストとしては理想的な知識を無効に似ている有限と無限です。 Spencer's test is "inability to conceive the opposite".スペンサーのテストは、 "不妊症の反対"です。 But since he understood "to conceive" as meaning "to construct a mental image", the consequence was that the highest conceptions of science and religion--matter, space, time, the Infinite--failed to correspond to his assumed standard, and were declared to be "mere symbols of the real, not actual cognitions of it at all".しかし、彼は理解されて以来"を構想"を意味する"精神的なイメージを構築する" 、その結末は最高の概念は、科学と宗教-物質、空間、時間、無限-彼の仮定に失敗しましたに対応して標準、およびが宣言している"単なるシンボルの本当のではなく、実際のcognitionsのことはすべて"です。 He was thus led to seek the basis and reconciliation of science, philosophy, and religion in the common recognition of Unknowable Reality as the object of man's constant pursuit and worship.彼はそのための基盤と和解を求めて主導科学、哲学、宗教は、共通の認識と現実不可知の男の定数としてのオブジェクトを追求すると崇拝される。 The non-existence of the Absolute is unthinkable; all efforts to know positively what the Absolute is result in contradictions.絶対の存在を非は思いも寄らぬ;すべての努力を知って積極的には、結果的にどのような矛盾の絶対です。

Spencer's adverse criticism of all knowledge and belief, as affording no insight into the ultimate nature of reality, rests on glaring assumptions.スペンサーの不利な批判のすべての知識や信念、洞察力を与える、究極の自然のない現実には、明白な仮定に依拠します。 The assumption that every idea is "symbolic" which cannot be vividly realized in thought is arbitrary as to be decisive against his entire system; it is a pre-judgment, not a valid canon of inductive criticism, which he constantly employs.と仮定してすべてのアイデアは、 "象徴的"を実現することはできませんがありありとされるとして、任意の決定的な思考は、システム全体に対する彼のことは、事前に判断ではなく、キヤノンの誘導に有効な批判、これを採用彼は常にです。 From the fact that we can form no conception of infinity, as we picture an object or recall a scene, it does not follow that we have no apprehension of the Infinite.という事実から無限遠見当もつかないことフォーム、または召還するオブジェクト画像として私たちの一場面、それはありません次は私たちの無限の不安がない。 We constantly apprehend things of which we can distinctly frame no mental image.私たちが常に私たちは、はっきりと理解することのない精神的なイメージのフレームです。 Spencer merely contrasts our picturesque with our unpicturable forms of thought, using the former to criticize the latter adversely.スペンサーの絵のように美しいコントラストを単に私たちの思考unpicturableフォームを使用して、後者の逆元を批判する。 The contradictions which he discovers are all reducible to this contrast of definite with indefinite thoughts and disappear when we have in mind a real Infinite of perfection, not a logical Absolute.彼の矛盾が、この発見は、すべての還元を無期限の考えとのコントラストをはっきりと姿を消すときは無限の完全性を念頭に置いて、リアルではなく、絶対的な論理です。 Spencer's attempt to stop finally at the mere affirmation that the Absolute exists he himself proved to be impossible.スペンサーの試みを停止する最後には、単なる肯定彼自身は、絶対的な存在証明を実現不可能です。 He frequently describes the Unknowable as the "Power manifesting itself in phenomena".彼は頻繁に説明して不可知として、 "電力の現象に現れ"です。 This physical description is a surrender of his own position and a virtual acceptance of the principle of Theism, that the Absolute is known through, not apart from, its manifestations.この物理的な説明書は、降伏を自分自身の位置と、仮想有神論の原則を受け入れ、それが知られを通じての絶対ではなく、別に、その症状を呈している。 If the Absolute can be known as physical power, surely it can be known as Intelligent Personal Power, by taking not the lowest, but the highest, manifestations of power known to us as the basis for a less inadequate conception.の場合、物理的な力として知られるように絶対的なことは、確かに個人的なことができますインテリジェントパワーとして知られるように、撮影は最も低いが、最高の、症状を呈しての権力基盤として知られて問い合わせを減らすことで不十分な概念です。 Blank existence is no final stopping-place for human thought.空白の存在する場所がない人間の思考-最後の停止します。 The only rational course is to conceive God under the highest manifestations of Himself and to remember while so doing that we are describing, not defining, His abysmal nature.思い付くだけを合理的コースは、神の下には自身の最高の症状を呈している間、そうすることを覚えて記述することは、特定の定義、彼の底抜けの自然です。 It is not a question of degrading God to our level, but of not conceiving Him below that level as unconscious energy.分解の問題ではないことを神に私たちレベルでは、しかし、彼の下に理解のないレベルに無意識のエネルギーです。 Spencer's further attempt to empty religion and science of their respective rational contents, so as to leave only a blank abstraction or symbol for the final object of both, is a gross confusion, again, of the indefinite of thought with the infinite of reality.スペンサーのより詳細な試みを空には、それぞれの宗教と科学の合理的内容のみを残すために、空白の抽象化またはシンボルの最後のオブジェクトの両方のため、混乱は、グロス、再度、無期限の思想は、現実の無限のです。 A religion wholly cut off from belief, worship, and conduct never existed. 100の宗教から切り離されている信念、崇拝し、決して存在を行う。 Religion must know its object to some extent or be mere irrational emotion.宗教を知る必要がありますまたはそのオブジェクトにある程度の非合理的な感情に過ぎない。 All religion recognizes mystery; truth and reality imperfectly known, not wholly unknowable.すべての宗教の認識の謎;真理と現実と不完全既知のではなく、完全に不可知のです。 The distinction of "knowable phenomena from unknowable reality behind phenomena" breaks down at every turn; and Spencer well illustrates how easy it is to mistake simplified thoughts for the original simplicities of things.その違いを"不可知の現実を知り得る現象の背後から現象"事あるごとにブレークダウン;アンドスペンサーよく示してどのように簡単なことは間違い簡体字を、元のsimplicitiesのことを考えています。 His category of the Unknowable is a convenient receptacle for anything one may choose to put into it, because no rational statement concerning its contents is possible.彼のカテゴリは、不可知のためのレセプタクルは、便利に何か1つを選択して5月には、合理的ステートメントに関するていないため、その内容が可能です。 In fact, Spencer calmly affirms the identity of the two "unknowables" of Religion and Science, without appearing to realize that neither in reason nor according to his own principles is there any foundation for this most dogmatic of statements.実際には、スペンサーの2つのアイデンティティを冷静に肯定" unknowables "宗教と科学、どちらの理由で表示されることに気づいても自分自身の原則によると、このほとんどは、どの財団の独断的な機関です。

VI. Ⅵ 。 THE POWER TO KNOWのパワーを知って

The primary fact disclosed in our sense-knowledge is that an external object exists, not that a sensation has been experienced.私たちの主な事実センス-知識が開示され、外部のオブジェクトが存在する場合は、経験豊富な特定して感覚されています。 What we directly perceive is the presence of the object, not the mental process.私たちの存在を直接知覚は、オブジェクトのではなく、精神的なプロセスです。 This vital union of subject and object in the very act of knowledge implies that things and minds are harmoniously related to each other in a system of reality.この重要な労働組合のアジ研とオブジェクトは、非常に法律の知識を意味して心が調和のとれたものと関連して、お互いに現実のシステムです。 The real is involved in our acts of perception, and any theory which neglects to take this basic fact into account disregards the data of direct experience.本当の行為は、私たちの知覚に関与、および、すべての理論をneglectsアカウントを取るこのような基本的事実を無視するのデータを直接経験です。 Throughout the whole process of our knowing, the mind has reality, fundamentally at least, for its object.弊社のプロセス全体を通して全知にして心が現実には、根本的に、少なくとも、そのオブジェクトを作成します。 The second fact of our knowledge is that things are known according to the nature of the knower. 2番目の事実を我々の知識は、物事が既知の性質をして全知によるとします。 We can know the real object, but the extent of this knowledge will depend on the number and degree of manifestations, as on the actual conditions of our mental and bodily powers.本当のことを知っているオブジェクトは、しかし、この程度の知識は、ある程度の数に依存して症状を呈して、上の実際の条件として弊社の精神的かつ肉体的大国です。 Whatever be the results reached by psychologists or by physicists in their study of the genesis of knowledge or the nature of reality, there can be no doubt of the testimony of consciousness to the existence of a reality "not ourselves".心理学者にその結果をどのように達したか、物理学者の研究では、創世記の知識や、自然の現実には、疑いの余地はないの証言の存在を意識してを現実の"自分"です。 Knowledge is, therefore, proportioned to the manifestations of the object and to the nature and conditions of the knowing subject.知識は、そのため、症状の調和をオブジェクトとして自然と条件をして全知でアジ研です。 Our power to know God is no exception to this general law, the non-observance of which is the weakness of Agnosticism, as the observance of it is the strength of Theism.私たちも例外ではない神の力を知って、この一般法では、これは、非遵守の不可知論にふけってしまって、その遵守のことは有神論の強さです。 The pivotal assumption in agnostic systems generally is that we can know the existence of a thing and still remain in complete ignorance of its nature.不可知論システムの極めて重要な前提で、通常は、我々の存在を知っていることが残ることと、その性質を完全に無知です。 The process of our knowing is contrasted with the object supposedly known.私たちのプロセスを知っては対照的に、オブジェクトたぶん知られている。 The result of this contrast is to make knowledge appear not as reporting, but as transforming, reality; and to make the object appear as qualitatively different from the knowledge we have of it, not, therefore, intrinsically unknowable.その結果は、次のコントラストを作る知識がないとして表示されるレポートではなく、形質転換、現実;として、オブジェクトとして表示されるからの知識を私たちは質的に違うことではなく、したがって、本質的に不可知のです。 This assumption begs the whole question.この仮定宣伝全体の問題です。 No valid reason exists for regarding the physical stimulus of sensation as "reality pure and simple", or as the ultimate object of knowledge.正当な理由が存在するための物理的な刺激の感覚については、 "現実に純粋で単純な"か、または、究極のオブジェクトとしての知識です。 To conceive of knowledge as altering its object is to make it meaningless, and to contradict the testimony of consciousness.構想としての知識を改変してそのオブジェクトは、無意味な、との意識の証言に矛盾する。 We cannot, therefore, know the existence of a thing and remain in complete ignorance of its nature.ことはできない、したがって、ものの存在を知っていると、自然のままの完全な無知です。

The problem of God's knowableness raises four more or less distinct questions: existence, nature, possibility of knowledge, possibility of definition.神のknowablenessの問題を提起多かれ少なかれ異なる4つの質問:存在、自然、可能性の知識、可能性を定義します。 In treating these, the Agnostic separates the first two, which he should combine, and combines the last two, which he should separate.これらの治療は、最初の2つの分離不可知論、これを組み合わせばならないし、最後の2つの組み合わせで彼は別のです。 The first two questions, while distinct, are inseparable in treatment, because we have no direct insight into the nature of anything and must be content to study the nature of God through the indirect manifestations He makes of Himself its creatures.最初の2つの点がございましたら、ながらはっきりとは切っても切れない治療のため、洞察力を行っておらず、直接の性質を何としなければならないのコンテンツを、神の本質を研究するを通じて間接的には自身の症状を呈して彼はその生き物です。 The Agnostic, by treating the question of God's nature apart from the question of God's existence, cuts himself off from the only possible natural means of knowing, and then turns about to convert his fault of method into a philosophy of the Unknowable. 、不可知論、治療の問題は、神の性質の問題を離れ、神の存在を、自分自身の削減のみ可能なことから、自然の手段を知って、と入力し、ターンについては断層に変換する方法を彼の哲学は、不可知のです。 It is only by studying the Absolute and the manifestations together that we can round out and fill in the concept of the former by means of the latter.それだけでは絶対的と検討して症状を呈して一緒にラウンドを選択してアウトと記入してコンセプトを元に、後者の手段です。 The idea of God cannot be analyzed wholly apart from the evidences, or "proofs".神のアイデアを分析することはできません証拠から完全に離れ、または"証拠"です。 Deduction needs the companion process of induction to succeed in this instance.控除を必要としてコンパニオンを成功させるプロセスのこのインスタンスに誘導します。 Spencer overlooked this fact, which St. Thomas admirably observed in his classic treatment of the problem.スペンサー見落とさこのような事実は、どのセントトーマス見事に観察される彼のクラシックの治療に問題です。

The question of knowing God is not the same as the question of defining Him.の問題を知って、神と同じではない彼の質問を定義します。 The two do not stand or fail together. 2つのスタンドや失敗はありません一緒です。 By identifying the two, the Agnostic confounds "inability to define" with "total inability to know", which are distinct problems to be treated separately, since knowledge may fall short of definition and be knowledge still.を識別する2つのは、不可知論混乱"ができないことを定義する"と"トータルできないことを知って" 、これが問題に扱われることをはっきりとは別に、 5月以来の知識に知識を下回るとまだ定義されています。 Spencer furnishes the typical instance.スペンサーfurnishesの典型的なインスタンスです。 He admits that inquiry into the nature of things leads inevitably to the concept of Absolute Existence, and here his confusion of knowing with defining compels him to stop.彼に調査することがあると認めリード必然的に物事の本質を絶対的な存在の概念を、そしてここで彼の混乱を知って、彼を停止するcompelsを定義します。 He cannot discover in the isolated concept of the Absolute the three conditions of relation, likeness, and difference, necessary for defining it.彼は、孤立した概念を発見することはできませんが絶対的な関係の3つの条件を、似ている、との違いは、必要なことを定義します。 He rightly claims that no direct resemblance, no agreement in the possession of the same identical qualities, is possible between the Absolute and the world of created things.彼は当然の直接似ていると主張し、契約書がないのと同じと同じ性質の保有する、が可能との間に絶対的なものの世界を作成します。 The Absolute cannot be defined or classified, in the sense of being brought into relations of specific or generic agreement with any objects we know or any concepts we frame.絶対に定義や分類することはできません、という意味が持ち込まれる汎用的な合意に関係の特定のまたは任意のオブジェクトまたは任意の概念を知って私たちのフレームです。 This was no discovery of Spencer's.このスペンサーの発見はなかったのです。 The Eastern Fathers of the Church, in their so-called "negative theology", refuted the pretentious knowledge of the Gnostics on this very principle, that the Absolute transcends all our schemes of classification.東部の教会の長老たちは、彼らいわゆる"負の神学" 、反論の仰々しいgnostics上の知識を、この非常に原則として、すべてのスキームは、絶対的な超越の分類します。 But Spencer was wrong in neglecting to take into account the considerable amount of positive, though not strictly definable, knowledge contained in the affirmations which he makes in common with the Theist, that God exists.しかし、スペンサーは、間違って無視を考慮に入れるのかなりの量の肯定的ではありませんが厳密に定義、知識affirmationsに含まれているのが彼の共通点は有神論、その神が存在する。 The Absolute, studied in the light of its manifestations, not in the darkness of isolations, discloses itself to our experience as Originating Source.絶対、その症状を呈して勉強に照らして、暗闇の中で特定のisolations 、開示に自分自身を発信源として我々の経験です。 Between the Manifestations and the Source there exists, therefore, some relationship.症状との間に、ソースが存在する場合は、そのため、いくつかの関係です。 It is not a direct resemblance, in the very nature of the case.似ていることではないことを直接、事件の本質をします。 But there is another kind of resemblance which is wholly indirect, the resemblance of two proportions, or Analogy.しかし、別の種類の類似性にはこれは完全に間接的に、類似の2つの割合か、または類推です。 The relation of God to His absolute nature must be, proportionally at least, the same as that of creatures to theirs.彼の絶対的な神の関係を自然しなければならない、比例少なくとも、同じことをかれらの生き物です。 However infinite the distance and difference between the two, this relation of proportional similarity exists between them, and is sufficient to make some knowledge of the former possible through the latter, because both are proportionally alike, while infinitely diverse in being and attributes.しかし無限の距離と2つの違いは、この関係が存在するそれらの間の類似性に比例し、いくつかの知識を十分には前者後者の可能性を通して、比例ため、両方ともなく、多様性を無限にしていると属性を設定します。 The Originating Source must precontain, in an infinitely surpassing way, the perfections dimly reflected in the mirror of Nature. 、元のソース必要があります。 precontainは、 1,551億の無限ようにして、おぼろげに完成自然の鏡に反映されています。 Of this, the principle of causality, objectively understood, is ample warrant.このため、因果関係の原則を、客観的理解を得るため、令状は十分です。 Spencer's three conditions for knowledge--namely: relation, likeness, and difference--are thus verified in another way, with proportional truth for their basis.スペンサーの3つの条件を知識-すなわち:関連して、似ている、との違い-は、このように検証を別の方法では、真理の根拠に比例します。 The conclusions of natural theology cannot, therefore, be excluded from the domain of the knowable, but only from that of the definable.自然神学の結論を出すことはできない、したがって、そのドメインから除外されるの知り、定義だけしているからです。 (See ANALOGY.) (参照類推です。 )

The process of knowing God thus becomes a process of correcting our human concepts.そのためのプロセスを知って、神が私たち人間の概念を是正するプロセスです。 The correction consists in raising to infinite, unlimited significance the objective perfections discernible in men and things.構成の補正を無限に引き上げ、無制限の意味を識別する目的で男性と完成だ。 This is accomplished in turn by denying the limiting modes and imperfect features distinctive of created reality, in order to replace these by the thought of the All-perfect, in the plenitude of whose Being one undivided reality corresponds to our numerous, distinct, partial concepts.これが達成されて制限モードや不完全な機能を否定して作成した独特の現実は、これらの思考に置き換えるために、すべてを完全に覚えて、 1つは、潤いの非分のが私たちの現実に対応して多く、はっきりと、部分的な概念です。 In the light of this applied corrective we are enabled to attribute to God the perfections manifested in intelligence, will, power, personality, without making the objective content of our idea of God merely the human magnified, or a bundle of negations.矯正に照らしては、次の適用が有効になって私たちを神の属性を明らかに知能の完成は、電力、人格、文句を言わずに、目的の内容を単に私たちの神、人間の考えを拡大か、またはバンドルを否定します。 The extreme of Anthropomorphism, or of defining God in terms of man magnified, is thus avoided, and the opposite extreme of Agnosticism discounted.神人同形の極端なのか、または用語の定義で神を人間の拡大は、避けては、このように、極端なの不可知論と反対の割引です。 Necessity compels us to think God under the relative, dependent features of our experience.問い合わせの必要性を考えるcompels神の下に、相対的に依存する機能を我々の経験です。 But no necessity of thought compels us to make the accidental features of our knowledge the very essence of His being.しかし、ないの必要性を考えcompels問い合わせを作るの不慮の特徴を我々の知識の本質であると彼ている。 The function of denial, which the Agnostic overlooks, is a corrective, not purely negative, function; and our idea of God, inadequate and solely proportional as it is, is nevertheless positive, true, and valid according to the laws which govern all our knowing.拒否の機能を、見下ろすは、不可知論者は、是正ではなく、純粋に否定的な、機能、およびアイデアを私たちの神、比例単独としては不十分とは、肯定的にもかかわらず、 trueの場合、および法令に規定によれば、有効なすべての知っています。

VII. Ⅶ 。 THE WILL TO BELIEVEの意志を信じる

The Catholic conception of faith is a firm assent, on account of the authority of God to revealed truths.の構想を立てるのは、カトリックの信仰は、会社の同意で、 [アカウントの権威を神の真理を明らかにします。 It presupposes the philosophical truth that a personal God exists who can neither deceive nor be deceived, and the historical truth of the fact of revelation.哲学的真理が前提の個人的な神が存在してもwhoをだますこともだまされる、との歴史的真実を暴露したという事実をします。 The two sources of knowledge--reason and revelation--complete each other.の2つのソースの知識-理性と啓示-完了のたびに他のです。 Faith begins where science ends.信仰の始まりで科学を終了します。 Revelation adds a new world of truth to the sum of human knowledge.新世界の真実を追加する啓示の合計は、人間の知識をします。 This new world of truth is a world of mystery, but not of contradiction.この新しい世界の真理は、世界の謎、矛盾がないのです。 The fact that none of the truths which we believe on God's authority contradicts the laws of human thought or the certainties of natural knowledge shows that the world of faith is a world of higher reason.という事実をなし、真理を私たちは神の権威矛盾の法律に基づいて人間の思考や知識の確信によると、世界の自然信仰は、世界の高い理由です。 Faith is consequently an intellectual assent; a kind of superadded knowledge distinct from, yet continuous with, the knowledge derived from experience.信仰は、そのための知的同意; superadded知識を明確に区別できるような、まだ継続的には、知識経験に由来します。

In contrast with this conception of faith and reason as distinct is the widespread view which urges their absolute separation.これとは対照的に、この概念をはっきりと信仰との理由としては、広範な対象に絶対的な分離を要請します。 The word knowledge is restricted to the results of the exact sciences; the word belief is extended to all that cannot be thus exactly ascertained.という言葉の結果を知識が制限され、正確な科学;という言葉の信念は、すべてを拡張してこのように正確に確認することはできません。 The passive attitude of the man of science, who suspends judgment until the evidence forces his assent, is assumed towards religious truth.男の消極的な態度は、科学、 who中断の判断に同意するまで、彼の証拠軍は、宗教的な真理を想定します。 The result is that the "will to believe" takes on enormous significance in contrast with the "power to know", and faith sinks to the level of blind belief cut off from all continuity with knowledge.その結果は、 "信じようとする意志"対照的には、上において大きな意義がある"パワーを知って" 、と信仰シンク盲信してレベルの継続性から切り離されているすべての知識です。

It is true that the will, the conscience, the heart, and divine grace co-operate in the production of the act of faith, but it is no less true that reason plays an essential part.これは事実だが、良心には、心臓、神の恵みと協力するという行為は、信仰の生産を、それほど真実ではないしかし、そのために不可欠な一部分再生します。 Faith is an act of intellect and will; when duly analyzed, it discloses intellectual, moral, and sentimental elements.信仰は、法の知性とは;ときに正式に分析し、それ開示知的、道徳的、と感傷的な要素です。 We are living beings, not pure reasoning machines, and our whole nature cooperates vitally in the acceptance of the divine word.我々は生物ではなく、純粋な推論のマシンでは、全体の自然と私たちは、極めて協力を承認した旨を神の言葉です。 "Man is a being who thinks all his experience and perforce must think his religious experience."--Sterrett, "The Freedom of Authority" (New York, 1905) p. "男は、 who考えが必然的にすべての彼の経験と彼の宗教的な体験を考える必要があります。 " -ステリットは、 "権限の自由を" (ニューヨーク、 1 905) p . 56.--Where reason does not enter at all, we have but caprice or enthusiasm. 56 .--ここで入力されない理由はすべて、当社はしかし、気まぐれや熱意です。 Faith is not a persuasion to be duly explained by reference to subconscious will-attitudes alone, nor is distrust of reason one of its marks.信仰ではない説得をするの参照を潜在意識に基づいて正式に説明さ-態度だけでは、また1つの理由は、不信感をマークします。

It is also true that the attitude of the believer, as compared with that of the scientific observer, is strongly personal, and interested in the object of belief.ことも事実だが、その態度は、信者として比較して、科学的な観察者は、個人が強く、およびそのオブジェクトの信念に興味があります。 But this contrast of personal with impersonal attitudes affords no justification for regarding belief as wholly blind.しかし、この旨のコントラストを個人的に非人格的な態度について何ら正当性を完全に視覚障害者としての信念です。 It is unfair to generalize these two attitudes into mutually exclusive philosophies.それはフェアではない態度を一般的にこれらの2つの理念を相互に排他的です。 The moral ideal of conscience is different from the cold, impartial ideal of physical science.良心の道徳的な理想的な寒さとは異なる、公平な理想的なの物理的な科学です。 Truths which nourish the moral life of the soul, and shape conduct, cannot wait for acceptance, like purely scientific truths, until theoretical reason studies the problem thoroughly.道徳的な人生の真理を、魂の栄養を与える、と形で実施する、受け入れれるまで待つことはできない、純粋に科学的真理のような、問題を徹底的に研究してまで、理論的な理由です。 They present distinct motives for the conscience to appreciate actively, not for the speculative reason to contemplate passively.現在のはっきりした動機について彼らに感謝の良心を積極的にではなく、投機的な理由は、受動を沈思黙考する。 Conscience appreciates the moral value of testimonies, commands their acceptance, and bids the intellect to "ponder them with assent".道徳的価値を高く評価して良心の証言は、コマンドの受け入れ、およびクリック単価の知性を"熟考して同意"です。

It is wrong, therefore, to liken the function of conscience to that of speculative reason, to apply to the solution of moral and religious questions the methods of the exact sciences, to give to the latter the monopoly of all certitude, and to declare the region beyond scientific knowledge a region of nescience and blind belief.それは間違って、したがって、この関数の呵責に例えるの投機的な理由を、道徳的に適用すると宗教的な問題を解決する方法は、正確な科学、後者の独占を与えるのすべてのを確信、と宣言し、リージョンリージョンの科学的知識を超え不可知論と盲目の信念です。 On the assumption that the knowledge and the definable are synonymous terms, the "first principles of thought" are transferred from the category of knowledge to that of belief, but the transfer is arbitrary.と仮定しての知識と同義語の用語の定義は、 "第一原理の思想"に転送してからの作成カテゴリの知識の信念が、転送は任意です。 It is too much to suppose that we know only what we can explain.それが多すぎると仮定して私たちを知って何ができるのみ説明します。 The mistake is in making a general philosophy out of a particular method of scientific explanation.その誤りは、一般的な哲学を制作する際に、特定のメソッドの科学的説明します。 This criticism applies to all systematic attempts to divide the mind into opposite hemispheres of intellect and will, to divorce faith completely from knowledge.このような非難のすべての体系が適用さをしようと心に分けて反対半球の知性とは、信仰から完全に離婚する知識です。 Consciousness is one and continuous.意識が一つだけで、連続です。 Our distinctions should never amount to separations, nor should the "pragmatic" method now in vogue be raised to the dignity of a universal philosophy.私たちの区別は決してセパレーションの金額を、または、 "実用"メソッド流行して今すぐに引き上げられたときには、普遍的理念の尊厳です。 "The soul with its powers does not form an integral whole divided, or divisible, into non-communicating compartments of intellect and will; it is a potential inter-penetrative whole". "の魂とその権限はありません積分全体の分裂を形成するか、または可分、コミュニケーションを非区画の知性とは;ことが全体の浸透する可能性の間"です。 (Baillie, "Revue de Philos.", April, 1904, p. 468.) In the solidary interaction of all man's powers the contributions furnished by will and conscience increase and vivify the meagre knowledge of God We are able to acquire by reasoning. ( baillie 、 "レヴューデ理念です。 " 、 4月、 1904 、 p. 468 。 )は、連帯の相互作用のすべての人間の力の貢献家具を生き生きさせる意志と良心のmeagre増加し、我々は神の知識を取得できるように推論されています。

VIII. Ⅷ 。 AGNOSTICISM AND THE DOCTRINE OF THE CHURCH不可知論や教会の教義

The Agnostic denial of the ability of human reason to know God is directly opposed to Catholic Faith.不可知論者の否定をする人間の能力の直接の理由を知って、神はカトリックの信仰に反対しています。 The Council of the Vatican solemnly declares that "God, the beginning and end of all, can, by the natural light of human reason, be known with certainty from the works of creation" (Const. De Fide, II, De Rev.) The intention of the Council was to reassert the historic claim of Christianity to be reasonable, and to condemn Traditionalism together with all views which denied to reason the power to know God with certainty.厳粛に、バチカンの評議会を宣言し"神は、始めと終わりのすべてのことは、自然光された人間の理由から、確信を持ってからの作品で知られる創作" ( const.デfide 、 2世、デ改訂)の意図を主張しようとする評議会は、キリスト教の歴史的な主張を合理的、およびすべての再生回数を非難と一緒に伝統を理由に拒否されました神の力を知って確信を持っています。 Religion would be deprived of all foundation in reason, the motives of credibility would become worthless, conduct would be severed from creed, and faith be blind, if the power of knowing God with rational certainty were called in question.宗教財団ではすべてを奪われる理由のために、信頼性の動機となるworthless 、信条から切断を行うが、視覚障害者と信仰に、もし神の力を知って合理的確実性を疑問視された。 The declaration of the Council was based primarily on scripture, not on any of the historic systems of philosophy.この宣言は、主に啓典をベースに協議会が、特定のいずれかの歴史的なシステムの理念です。 The Council simply defined the possibility of man's knowing God with certainty by reason apart from revelation.同会議の可能性を単純に定義されて男のを知って神の啓示離れを理由に確信を持っています。 The possibility of knowing God was not affirmed of any historical individual in particular; the statement was limited to the power of human reason, not extended to the exercise of that power in any given instance of time or person.神はないの可能性を知ってアファームドのあらゆる歴史的な個々の特定;の声明は人間の理性の力を制限され、特定の拡張に力を行使して任意の時間や人のインスタンスを与えられた。 The definition thus took on the feature of the objective statement: Man can certainly know God by the "physical" power of reason when the latter is rightly developed, even though revelation be "morally" necessary for mankind in the bulk, when the difficulties of reaching a prompt, certain, and correct knowledge of God are taken into account.の定義を主導するための機能で、客観的ステートメント:男は、確かに知って神し、 "物理的な"力の理由により、後者は、当然開発にもかかわらず、啓示が"道徳的に"人類は、バルクに必要な、時の難しさに達してプロンプトで、特定し、神は、正しい知識を考慮する。 What conditions were necessary for this right development of reason, how much positive education was required to equip the mind for this task of knowing God and some of His attributes with certainty, the Council did not profess to determine.この権利は、どのような条件の開発に必要な理由から、どれくらいの前向きな教育が必要となり、このタスクの装備の心を知って、神と彼の属性のいくつかの確信を持って、同会議を決定する公言しなかった。 Neither did it undertake to decide whether the function of reason in this case is to derive the idea of God wholly from reflection on the data furnished by sense, or merely to bring out into explicit form, by means of such data, an idea already instinctive and innate.どちらを承諾しやったかどうかを決定する機能を理由に、この事件は神の全額を引き出すという考えから提供されたデータを検索する反射感覚か、または単に明示的なフォームを引き出すには、このようなデータを用いて、既に本能のアイデアと生来のです。 The former view, that of Aristotle had the preference; but the latter view, that of Plato, was not condemned.元ビューで、アリストテレスは、選好が;しかし、後者のビューで、プラトンが、死刑囚はない。 God's indirect manifestations of Himself in the mirror of nature, in the created world of things and persons, were simply declared to be true sources of knowledge distinct from revelation.神の間接的症状を呈しては自身の自然の姿を鏡で、世界のことを、作成すると人は、宣言しているが、単に知識の真の源泉からはっきりと啓示です。

Publication information Written by Edmund T. Shanahan.出版物の情報執筆者エドモンドt. shanahanです。 Transcribed by Rick McCarty.リックマッカーティ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです