Alexandrian Theologyアレクサンドリアの神学

Clement of Alexandriaアレクサンドリアのクレメント

General Information 総合情報

Clement of Alexandria, whose full name was Titus Flavius Clemens (150?-215?), was a Greek theologian and an early Father of the Church.アレクサンドリアのクレメント、その完全な名前は、ティトゥスフラウィウスクレメンス( 150ですか? -215ですか? ) 、神学者とは、ギリシャ語の早期の父の教会です。 He was probably born in Athens, Greece, and was educated at the catechetical school in Alexandria, where he studied under the Christian philosopher Pantaenus.彼はおそらく生まれ、アテネ、ギリシャ、とは、学校で教育を受けては、問答式のアレクサンドリア、ここで彼は、キリスト教哲学pantaenus検討されています。 Some time after Clement's conversion from paganism, he was ordained a presbyter.クレメントした後のコンバージョンからいくつかの時間ペイガニズム、彼は、長老命じられる。 In about 190 he succeeded Pantaenus as head of the catechetical school, which became famous under his leadership.彼は成功したpantaenusで約190頭の問答式の学校として、彼のリーダーシップの下に有名になった。 Origen, who later achieved distinction as a writer, teacher, and theologian, may have been one of Clement's pupils.原産地、 whoへ達成作家としての区別、教師、および神学者は、 5月の生徒もクレメントの1つです。 During the persecution of the Christians in the reign of Septimius Severus, emperor of Rome, Clement moved from Alexandria to Caesarea (Mazaca) in Cappadocia.迫害の中には、キリスト教徒の統治のセプティミウスセウェルス、ローマ皇帝、アレキサンドリアのクレメントから移動caesarea ( mazaca )でカッパドキアです。 Little is known of his subsequent activities.彼のその後の活動はほとんど知られています。 At times, he was considered a saint; his name appeared in early Christian martyrologies.先回、彼は考えられているサン; martyrologies初期キリスト教彼の名前が掲載されています。

Many scholars regard Clement as the founder of the Alexandrian school of theology, which emphasized the divine nature of Christ. It was Alexandrian theologians such as Saint Cyril and Saint Athanasius who took the lead in opposing Adoptionism and Nestorianism, both of which emphasized Christ's humanity at the expense of his divinity.クレメントに関して多くの学者は、アレクサンドリアの創始者として大学院神学、 神の性質強調し、イエスキリストです。アレクサンドリアの神学者のようなことは、サンシリルと聖アタナシウスwho養子論に反対主導したとネストリウス派、どちらキリストの人間性を強調彼の神性を犠牲にしています。 According to Clement's system of logic, the thought and will of God exhorts, educates, and perfects the true Christian.クレメントのシステムのロジックによると、神の思想との意志をexhorts 、啓発活動をし、キリスト教の真のパーフェクトに仕上げる。 This process is described in A Hortatory Address to the Greeks, The Tutor, and Miscellanies, Clement's major works.このプロセスは、 アドレスを激励に記載されて、ギリシア人家庭教師、およびmiscellanies 、クレメントの主な著作物です。 The first work is addressed to the educated public with an interest in Christianity; it is modeled on the Hortatory Address of Aristotle, a lost work in which Aristotle addressed the general reader with an interest in philosophy. The Tutor is designed to broaden and deepen the foundation of Christian faith imparted in baptismal instruction. Miscellanies is a discussion of various points of doctrinal theology, designed to guide the mature Christian to perfect knowledge.アドレスの最初の仕事は教育の公共性をキリスト教に興味を持つ;ことが激励のアドレスをモデルにして、アリストテレス、アリストテレスは、紛失した、仕事では対処全般に興味を持つ読者を哲学の家庭教師に設計さを広げると深めるキリスト教の信仰の基盤の洗礼命令を付与します。 miscellaniesは、議論の様々なポイントの教義神学、キリスト教に設計されガイドの中高年の知識を完璧に遂行する。 Clement was also the author of a number of tracts and treatises, including Slander, Fasting, Patience, and Who Is the Rich Man That Is Saved?クレメントはまた、著者は、いくつかのパンフレットや論文など、誹謗中傷、断食、忍耐力、およびwhoは、金持ちの男には保存さですか?

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Clement of Alexandriaアレクサンドリアのクレメント

Advanced Information 高度情報

(ca. 150-ca. 215) (約150 -カリフォルニア。 215 )

Titus Flavius Clemens, Greek theologian and writer, was the first significant representative of the Alexandrian theological tradition.ティトゥスフラウィウスクレメンス、ギリシャ語神学者や作家が、最初の重要なアレクサンドリアの神学的伝統を代表する。 Born of pagan parents in Athens, Clement went to Alexandria, where he succeeded his teacher Pantaenus as head of the Catechetical School.生まれの異教の両親にはアテネ、クレメント行ったアレキサンドリア、ここで彼は教師pantaenusとして成功した彼の頭の問答式の学校です。 In 202 persecution forced him to leave Alexandria, apparently never to return.彼の迫害を余儀なくさを残す202アレキサンドリア、明らかに帰ってこない。

Of Clement's writings four are preserved complete: Protreptikos (an exhortation addressed to the Greeks urging their conversion); Paedagogos (a portrayal of Christ as tutor instructing the faithful in their conduct); Stromata (miscellaneous thoughts primarily concerning the relation of faith to philosophy); "Who Is the Rich Man That Is Saved?"クレメントの文章の4つは、保存完了: protreptikos (ギリシアするよう促す勧告宛てに変換) ; paedagogos (キリストの描写として、教師の指示に忠実な行為) ; stromaの複数形(雑感信仰の関係について、主に哲学) ; " whoは、金持ちの男には保存さですか? " (an exposition of Mark 10:17-31, arguing that wealth, if rightfully used, is not un-Christian). (博覧会のマーク10:17-31 、と主張して富を、正当に使用される場合、国連-キリスト教ではない) 。 Of other writings only fragments remain, especially of the Hypotyposes, a commentary on the Scriptures.の他の作品の断片のみ残る、特に、 hypotyposes 、経典の解説をします。

Clement is important for his positive approach to philosophy which laid the foundations for Christian humanism and for the idea of philosophy as "handmaid" to theology.クレメントが重要なのが彼の家の積極的なアプローチを哲学のための基盤をキリスト教のヒューマニズムや哲学のアイデアを"お手伝いさん"を神学です。 The idea of the Logos dominates his thinking.ロゴのアイデアを支配していた。 The divine Logos, creator of all things, guides all good men and causes all right thought.神のロゴ、創作のすべてのものは、ガイドのすべてのすべての権利が原因で善良な人たちと考えています。 Greek philosophy was, therefore, a partial revelation and prepared the Greeks for Christ just as the law prepared the Hebrews.ギリシャ哲学は、したがって、ギリシアの部分を準備してキリストの啓示と同じように、法律を準備してヘブル人への手紙です。 Christ is the Logos incarnate through whom man attains to perfection and true gnosis.イエスキリストを通して人の化身のロゴは、完璧な男と真の霊知を実現する。 Against the Gnostics who disparaged faith, Clement considers faith the necessary first principle and foundation for knowledge, which itself is the perfection of faith.反対するgnostics who disparaged信仰、クレメント考慮するために必要な信仰の基盤を第一原理と知識、それ自体は、完璧な信仰です。 Man becomes a "true Gnostic" by love and contemplation.男が、 "真のグノーシス主義の"愛と熟考されています。 Through self-control and love man rids himself of passions, reaching finally the state of impassibility wherein he attains to the likeness of God.セルフコントロールを通じて自分自身の情熱と愛男のRID 、そこに到達impassibilityの状態を最後に、彼は神の肖像を実現します。 With this idea Clement profoundly influenced Greek Christian spirituality.この考えに深く影響を受けたクレメントギリシャ語キリスト教の精神です。

WC Weinrichトイレバインリヒ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
EF Osborn, The Philosophy of Clement of Alexandria; SRC Lilla, Clement of Alexandria: A Study in Christian Platonism and Gnosticism; RB Tollington, Clement of Alexandria: A Study in Christian Liberalism, 2 vols.; E. Molland, The Conception of the Gospel in the Alexandrian Theology; J. Quasten, Patrology, II: The Ante-Nicene Literature after Irenaeus; WH Wagner, "The Paideia Motif in the Theology of Clement of Alexandria" (Diss., Drew University, 1968); WEG Floyd, Clement of Alexandria's Treatment of the Problem of Evil; DJM Bradley, "The Transfiguration of the Stoic Ethic in Clement of Alexandria," Aug 14:41-66; J. Ferguson, "The Achievement of Clement of Alexandria," RelS 12:59-80. efオズボーンは、アレクサンドリアの哲学クレメント; srcリラ、アレクサンドリアのクレモン:プラトン哲学とキリスト教の研究でグノーシス主義; tollington rb 、アレクサンドリアのクレモン:キリスト教の自由主義を研究し、 2 vols学です。 ; molland e. 、という概念は、福音書は、アレクサンドリアの神学; j. quasten 、教父学、 2世:エイレナイオスした後、事前-ニカイア文学; whワグナーは、 " paideiaクレメントモチーフは、アレクサンドリアの神学" ( diss. 、ドリュー大学、 1968 ) ; Wegのフロイド、アレクサンドリアのクレメントの治療の悪の問題; djmブラッドリーは、 "禁欲的な倫理の変容は、アレクサンドリアのクレメント、 " 08月14:41-66 ; j.ファーガソン、 "アレクサンドリアのクレメント達成するための、 "家族12:59 -80です。



Alexandrian Theologyアレクサンドリアの神学

Advanced Information 高度情報

It is probable that Christianity came to Alexandria in apostolic times, though the tradition that it was first brought by John Mark cannot be verified.キリスト教のことが予想さアレキサンドリアでローマ教皇の回来て、かかわらず、伝統をもたらしたことが初めてであることが確認さジョンマークすることはできません。 The indications are that Christianity was well established in middle Egypt by AD 150 and that Alexandria was its port of entry and supporting base.の兆候としては、キリスト教はよく真ん中に設立されたエジプトアレキサンドリア広告は、そのポート150およびその支持基盤のエントリとします。

Clement of Alexandria became head of the Catechetical School about 190.アレクサンドリアのクレメントは約190頭の問答式の学校です。 A philosopher throughout his life, Clement saw Greek philosophy as a preparation for Christ, even as a witness to divine truth.彼の人生哲学を通して、ギリシャ哲学として見たクレモンイエスキリストの準備も、神の真理を証人としての役目をします。 Plato was a cherished guide. Sin is grounded in man's free will.プラトンは、大切なガイドをご覧ください。 接地に罪は人間の自由意志です。 Enlightement by the Logos brings man to knowledge. enlightementされた知識のロゴをもたらす男です。 Knowledge results in right decisions. 知識の結果を右側の意思決定します。 These draw a man toward God until he is assimilated to God (Stromata iv. 23). これらの描画する男に向かっ神に同化されるまで彼は神 ( stromaの複数Ⅳ 。 23 ) 。 The Christian lives by love, free from passion.愛は、キリスト教の生活を、無料より情熱です。 His life is a constant prayer.彼の人生は、定数の祈りです。 Clement set forth its pattern in minute detail in the Paedagogos.クレメント規定は、そのパターンを緻密にpaedagogosです。 He took an optimistic view of the future of all men, but knowledge would be rewarded in the world to come.彼は将来を楽観するのすべての男性、しかし、世界の知識が報わしています。 An allegorical exegesis of Scripture supported these views.啓典の寓話の評釈のサポート、これらの再生回数です。

Around 202 Clement was succeeded in the Catechetical School by the much abler Origen. A biblical student and exegete of great ability, Origen produced the Hexapla text of the OT. 成功すると、約202クレモンは問答式の学校abler原産地されるくらいです。 exegete 、聖書の偉大な能力の学生や、原産地のテキストを制作し、 6カ国語対訳書、 otです。 He wrote commentaries, scholia, or homilies on all the biblical books; but they were based on three senses of Scripture, the literal, moral, and allegorical.論評を書いた、 scholiumの複数形か、または上のすべての聖書の書籍を発する;しかし、彼らは3つの感覚の啓典に基づいて、リテラル、道徳的、および寓話です。 The Bible was inspired, useful, true in every letter, but the literal interpretation was not necessarily the correct one.聖書は、インスピレーション、役に立つ、該当するすべての文字を、リテラルが、 1つの解釈が正しいとは限りません。 Indebted, like Clement, to the Greeks, Origen was not as admiringly dependent upon them.債務のようなクレメント、ギリシア、原産地はないとしてadmiringlyに依存します。

His conception was of a great spiritual universe, presided over by a beneficent, wise, and personal being.彼の大きな精神的な宇宙の概念は、慈悲深き主宰される、賢明な、と個人ている。 Alexandrian Christology makes its beginnings with Origen.アレクサンドリアchristology原産地をその始まりとします。 Through an eternal generation of the Son, the Logos, God communicates himself from all eternity. There is a moral, volitional unity between the Father and the Son, but an essential unity is questionable .を通じて世代の永遠の息子に、ロゴ、自分自身からのすべての永遠の神と通信します。 には、道徳的、父との間の意志の結束の息子ではなく、本質的な結束は疑問がある The world of sense provides the theater of redemption for fallen creatures who range from angels through men to demons. By the incarnation the Logos is the mediator of redemption.センスの世界を提供して劇場の生き物の特典交換who範囲から落ちた男性を悪魔の天使たちを通してです。 されたロゴは、調停の化身の特典交換します。 He took to himself a human soul in a union that was a henosis. 彼は、人間の魂を自分自身ですることは、 henosis組合です。

It was, therefore, proper to say that the Son of God was born an infant, that he died (De princ. II. vi. 2-3). By teaching, by example, by offering himself a propitiatory victim to God, by paying the devil a ransom, Christ saves men .それは、したがって、適切なことを言ってやるが神の息子が生まれたの乳児、その彼が死亡した(デprincです。 Ⅱ 。 Ⅵ 。 2-3 ) 。 を教え、例では、犠牲者を提供し、自らを神の機嫌取り、身代金を要求する悪魔を払って、イエスキリストの男性に保存します。 Men gradually free themselves from the earthy by meditation, by abstinence, by the vision of God.徐々に男性土臭いから無料で瞑想し、禁欲、神のビジョンです。 A purging fire may be needed in the process.火災をパージする過程が必要な場合があります。 Although this world is neither the first nor the last of a series, there will ultimately come the restoration of all things.この世界はどちらも、最初のも、シリーズの最後の、あるが最終的に来るの復元のすべてのものです。 Flesh, matter, will disappear, spirit only will remain, and God will be all in all.肉、問題が消え、精神だけは引き続き、そして神はすべてのすべての。 How long human freedom will retain the power of producing another catastrophe is not clear, but ultimately all will be confirmed in goodness by the power of God's love.人間の自由はどのくらいの生産力を保持するには、別の破局明らかではありませんが、最終的に確認されたすべての善良される神の愛の力をされています。

After Origen's departure from Alexandria his disciples diverged.原産地の出発した後弟子よりAlexandriaそれた。 One group tended to deny the eternal generation of the Logos.永遠の傾向を否定して1つのグループの世代のロゴです。 Dionysius, Bishop of Alexandria (247-65), sympathized with this party and declared the Logos to be a creation of the Father, but the future in Alexandria belonged to the opposite wing, which emphasized the divine attributes of the Logos.ディオニュシオス、アレクサンドリアの司教(二百四十七から六十五) 、同調、この党と宣言し、ロゴを作成することは、父親が、アレキサンドリアの中で、未来に属して反対の翼、これ神の属性を強調して、ロゴです。 The Sabellian party was strong in Cyrenaica and Libya, and this influence affected Alexandria. When the presbyter Arius began, perhaps about 317, to proclaim that the Logos was a creation in time, differing from the Father in being, he attracted disciples, but Bishop Alexander opposed Arius.パーティーのサベリウス主義に強いcyrenaicaは、リビア、影響を受けると、このアレキサンドリアに影響を与える。 アリウス祭司が始まったときに、おそらく約317 、ロゴにあることを宣言するのは、創作の時間、異なるの父にしているから、彼の弟子に魅力が、司教アリウスアレクサンダーに反対します。 As Emperor Constantine found it impossible to restore harmony by exhortation and influence, he called for a general meeting of bishops. 皇帝コンスタンティヌスが見つかりましたとして復元することはできないとの調和を勧告と影響力を、彼は、総会の司教と呼ばれる。 The resulting Council of Nicaea in 325 was attended by an Alexandrian delegation which included the deacon Athanasius. その結果325ニカイア公会議に代表団が出席されたアレクサンドリアの助祭アタナシウスに含まれるものです。 For the remaining years of his life Athanasius was to champion the Nicene conclusion that the Son was homoousios with the Father. The adoption of this term in spite of its checkered Gnostic and Sabellian background was a work of providential genius.彼の人生の残りの年のチャンピオンのニカイアをアタナシウスは、結論にhomoousiosの息子は、父親の養子縁組は、次の用語にもかかわらず、その数奇なグノーシス主義とサベリウス主義の背景は、仕事の摂理の天才です。

In 328 Athanasius succeeded Alexander as the Alexandrian bishop.アレクサンダーに成功したとして、 328アレクサンドリアの司教アタナシウスです。 In spite of some dictatorial tendencies he possessed a superb combination of the talents of a successful administrator with great depths of theological insight.いくつかの独裁傾向にもかかわらず、彼の才能を組み合わせて保有する優れた管理者で大成功の神学的洞察力の深さからです。 From this time on, Alexandria emphasized vigorously the identity in being of the Father and the Son. Athanasius presented, in his On the Incarnation of the Logos, the indispensability of the union of true God with true man for the Christian doctrine of salvation through the life and death of Christ. Wholly God and wholly man the Saviour must be. Through many false charges and five periods of exile Athanasius maintained his insistence upon one God, Father and Son of the same substance, the church the institute of salvation, not subject to the interference of the civil state. Athanasius also set forth the view that the Spirit is homoousios likewise with the Father and the Son, thus preparing the way for the formula miaousia, treis hypostaseis.この時間を、 精力的にアレクサンドリアのアイデンティティにしていると強調、父と息子です。アタナシウス提示、彼の化身のロゴを検索するのに必須であることが真の労働組合の真の神の救いのために男性は、キリスト教の教義生と死のイエスキリストです。 100神と100人の救い主しなければならない。を通して多くの偽の請求額と5つの期間の亡命者アタナシウス彼の主張を維持する1つの神、父と息子と同じ物質は、同研究所の救いの教会ではなく、アジ研干渉して、市民状態です。 アタナシウスも定めるとの見解をhomoousiosの精神には、父と息子と同様に、このように、数式の道を準備してmiaousia 、 treis hypostaseis 。

That Christ need not be wholly divine and wholly human was a view which Apollinaris of Laodicea did not succeed in fastening upon Alexandria in spite of his efforts in that direction.完全に神のものである必要はありませんがイエスキリストと完全に人間は、対象をラオディケアアポリナリスの締結に成功しなかった時アレキサンドリアにもかかわらず、彼の努力にその方向です。 His view that the pneuma of the Logos replaced the human spirit was rejected.彼の対象は、霊のロゴに置き換え、人間の精神が拒否された。 His emphasis upon the unity of the personality of Christ, however, became increasingly an Alexandrian emphasis and was strongly stressed by Cyril, who became bishop in 412. The Logos took a full human nature upon himself, but the result was henosis physike, and Cyril loved the formula miaphysis, one even though originally ek duo.彼の人格の結束を強調するキリストの、しかし、アレクサンドリアがますます重要視するとシリルが強く強調され、 whoなった司教は412です。 のロゴは完全な人間の本性に自分自身、 henosis physikeしかし、結果は、およびシリル愛しの数式miaphysis 、 1つのにもかかわらず当初ekデュオです。 The incarnation was to the end of salvation. God became man that we might become God.の化身の最後には救いです。 神なった男が私たちの神になるかもしれない。

Cyril supported this by allegorical exposition of the Scripture of both testaments, especially the Pentateuch.シリルサポートするには、啓典の両方の寓話に付随するtestaments 、特に、五します。 The phenomenal allegory of the facts is designed to yield the noumenal meaning.アレゴリーの驚異的収率は、基本に設計され、実体の意味です。 His most famous writing is his series of twelve anathemas against Nestorius, attacking what appeared to him to be denials of the unity and full deity of Christ and of the crucifixion and resurrection of the Word.彼の最も有名な書き込みが彼のシリーズの12 anathemas反対nestorius 、どのような攻撃が登場し、彼を否定し、キリストとの団結と、完全な神のはりつけと復活という言葉です。 In 433 Cyril accepted, with the Antioch leaders, a profession of faith which declared that a unity of the two natures of Christ had come into existence (henosis gegone) and used the term for which Cyril had so vigorously contended against Nestorius, Theotokos, as a description of the Virgin Mary. シリルは433 受け入れられなくても、指導者のアンティオキアは、職業の信仰を宣言して団結の2つの性質をイエスキリストが来たの存在( henosis gegone )とシリル用語を使用していたので積極的に反対nestoriusに対し、神の母、聖母マリアて説明しています。

Dioscurus continued the Cyrillian emphasis on unity in the person of Christ but pushed it to an extreme. At the Council of Chalcedon (451) the Alexandrian radicals suffered defeat with the adoption in the Chalcedonian Definition of the phrase en dyo physesin. 継続的に重点を置いてdioscurusユニティcyrillianの人は、イエスキリストがそれを極端なプッシュします。は、カルケドン公会議( 451 ) 、アレクサンドリアの養子縁組の敗北に苦しんで過激派のカルケドンアンdyo physesinという言葉で定義されています。 The final Alexandrian tendencies produced schism after Chalcedon. The great bulk of Egyptian Christendom rejected Chalcedon and became monophysite.分裂した後の最後のアレクサンドリアchalcedon生産の傾向です。 キリスト教の大部分を拒否エジプトchalcedonとなったキリスト単性論者です。 Monothelitism proved to be only a temporary enthusiasm in Alexandria. The arrival of Islamic rule ended it. キリスト単のみ証明される一時的な熱意をアレキサンドリアのご到着予定のイスラムルールを終了します。

The Alexandrian school with its Platonic emphasis was the popular school of its time. In its more moderate form it set the Christological pattern for many centuries. The love of allegorical interpretation was characteristic.プラトニックを強調するがアレクサンドリア派は、人気の学校の時間をします。 、そのほかの穏健なフォームchristologicalに設定してパターンを何世紀にもわたっています。の愛の寓話の解釈が特徴です。 The intervention of the divine in the temporal was stressed, and the union of the natures of Christ with over-riding emphasis on the divine component was dangerously accented.の介入は、神は、頭が強調し、 キリストの労働組合の性質を超える-乗馬を重視し、神のコンポーネントが危険なアクセントです。

P Woolley pウーリー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
ER Hardy, Jr., Christian Egypt; E. Molland, The Conception of the Gospel in the Alexandrian Theology; EF Osborn, The Philosophy of Clement of Alexandria; RB Tollinton, Clement of Alexandria; J. Danielou, Origen; A. Robertson, Select Writings and Letters of Athanasius, NPNF 2nd series, IV; JEL Oulton and H. Chadwick, eds., Alexandrian Christianity; ER Hardy, ed., Christology of the Later Fathers, LCC, III; RV Sellers, Two Ancient Christologies; C. Bigg, The Christian Platonists of Alexandria; RB Tollinton, Alexandrian Teaching on the Universe. er耐寒性、ジュニア、キリスト教のエジプト; e. molland 、という概念は、福音書は、アレクサンドリアの神学; efオズボーンは、アレクサンドリアの哲学クレメント; rb tollinton 、アレクサンドリアのクレメント; j.ダニエルー、原産地; a.ロバートソン、文章やアタナシウス文字を選択し、 npnf第2シリーズ、 4 ; oulton jelと笠原チャドウィック、のEDS 。 、アレクサンドリアキリスト教; er耐寒性、エド。 、 christologyへの父親の、 lcc 、 3世;右心室売り手、 2つの古代christologies ; cです。ビッグ、アレクサンドリアのプラトン学派は、キリスト教; rb tollinton 、アレクサンドリア、宇宙教育をします。


Also, see:また、参照してください:
Origen 原産地
Sabellianism サベリウス主義
Arianism アリウス主義
Council of Nicaea ニカイア公会議
Athanasius アタナシウス
Nicene ニカイア
Apollinarianism apollinarianism
Nestorianism ネストリウス派
Adoptionism 養子論
Council of Chalcedon カルケドン公会議
Monophysitism キリスト単
Monothelitism キリスト単


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです