Amyraldianism amyraldianism

Advanced Information 高度情報

Amyraldianism is the system of Reformed theology propounded by the French theologian Moise Amyraut and associates at the Saumur Academy in the seventeenth century. Its distinctive teachings vis-a-vis other systems (eg, orthodox Calvinism, Arminianism, Lutheranism) focused on the doctrines of grace, predestination, and the intent of the atonement.神学amyraldianismは、システムの改革提唱された、フランスの神学者モイーズアミローアンドアソシエーツ社は、アカデミーは、 17世紀のソミュールです。 その独特な教え向かい合っている人の他のシステム(例えば、正統派カルヴァン主義、アルミニウス主義、ルーテル教会)の教説に焦点を当てたグレースは、宿命、との意図の償いです。

Fundamentally Amyraut took issue with contemporary Calvinists who shaped their system of theology around the decree of predestination.アミロー現代の問題を根本的にはそのシステムの神学形calvinists who令の周りの宿命です。 The entire body of divinity in much of seventeenth century Reformed theology was subsumed under the doctrines of sovereign election and reprobation.神性体全体の17世紀の多くの地域においては、改革派の神学教説の主権の下に従属選挙と非難。 Amyraut insisted that the chief doctrine of Christian theology is not predestination but the faith which justifies.アミローと主張してキリスト教の教義神学の首席宿命ではないが、信仰を正当化します。 Commitment to justification by faith as the overarching theme denoted a theology as truly reformational.他力本願コミットメントを全体のテーマとして神学として、真の改良を表わしています。 Moreover, Amyraut rightly argued that Calvin discussed predestination not under the doctrine of God but following the mediation of salvation blessings by the Holy Spirit.また、カルバンアミロー当然と主張して議論されていない宿命の教義しかし、次の調停の神の祝福された聖霊の救いです。 For Amyraut predestination is an inscrutable mystery, which offers an explanation of the fact that some accept Christ whereas others reject him.アミロー宿命は、不可解な謎を、説明を提供するという事実を受け入れるイエスキリスト一方、他のいくつかを拒否した。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Amyraut also developed a system of covenant theology alternative to the twofold covenant of works, covenant of grace schema propounded by much of Reformed orthodoxy.アミローも開発するシステムの契約神学の代わりに、二重契約の作品は、約束の恵みを受けて提唱された多くの改革派正統主義のスキーマです。 The Saumur school postulated a threefold covenant, viewed as three successive steps in God's saving program unfolded in history.ソミュール学校の仮定の約束を3倍に、 3つの連続するとして人気の手順を実行プログラムを展開し、神の履歴を保存します。 First, the covenant of nature established between God and Adam involved obedience to the divine law disclosed in the natural order.まず第一に、自然の確立の間に契約関係の服従をアダム、神と神のための自然の法則に開示されます。 Second, the covenant of law between God and Israel focused on adherence to the written law of Moses.第二に、神とイスラエルの間に契約法の遵守に集中して書かれたモーゼの法則です。 And finally the covenant of grace established between God and all mankind requires faith in the finished work of Christ.そして最後に、約束の恵みを受けて、神と全人類の間に確立する必要の信仰は、キリストの仕事を完成します。 In Amyraldianism the covenant of grace was further divided into two parts: a conditional covenant of particular grace.約束の恵みを受けて、 amyraldianismのは、 2つの部分に分かれてより詳細:特定の猶予を条件付き契約です。 For actualization the former required fulfillment of the condition of faith.実現するための条件を履行するために元の信仰が必要となります。 The latter, grounded in God's good pleasure, does not call for the condition of faith; rather it creates faith in the elect.後者は、神の良い接地喜びではありません信仰の状態を求めるのではなく、信仰を選出することを作成します。

Amyraut's covenant theology, particularly his division of the covenant of grace into a universal conditional covenant and particularly undiconditional covenant, provided the basis for the unique feature of Amyraldianism, namely, the doctrine of hypothetical universal predestination.アミローの契約神学、特に部が実施して彼を普遍的条件付き契約の恵みを受けて、特にundiconditional約束を誓約し、提供してamyraldianism基づいて、ユニークな機能、すなわち、その教義の仮想的な普遍的宿命です。 According to Amyraut there exists a twofold will of God in predestination, a universal and conditional will, and a particular and unconditional will.アミローによると、二重のは、神が存在するの宿命は、普遍的かつ条件付きで、かつ無条件のは、特定のです。 Concerning the first, Amyraut taught that God wills the salvation of all people on the condition that they believe.に関する第一に、アミロー教えられ、神の救いの意志を前提にしてすべての人々は信仰します。 This universal, conditional will of God is revealed dimly in nature but clearly in the gospel of Christ.この普遍的、条件付きの意志を明らかにおぼろげに神は自然界しかし、イエスキリストの福音を明確にします。 Implicit in this first will is the claim that if a person does not believe, God has not, in fact, willed his or her salvation.この最初の暗黙的な主張している場合がある人は、されないと信じ、神さんは、実際には、彼または彼女の意志を救いです。 Without the accomplishment of the condition (ie, faith) the salvation procured by Christ is of no avail.なしの状態の達成(すなわち、信仰の)イエスキリストの救いではないの調達されたのでご了承願います。 Amyraut based his doctrine of hypothetical universal predestination on such biblical texts as Ezek.彼の教義アミローベースの仮想的な普遍的ezek宿命としてこのような聖書のテキストです。 18:23; John 3:16; and 2 Pet. 18:23 ;ジョン3:16 ;と2のペットです。 3:9. 3時09分です。

Amyraut contended that although man possesses the natural faculties (ie, intellect and will) by which to respond to God's universal offer of grace, he in fact suffers from moral inability due to the corrupting effects of sin upon the mind.アミローに対し保有することが男の自然学部(すなわち、知性とは)これに対応して、神の普遍的提供の恵みを受けて、彼は実際に被害を被ってできないことのために道徳的な罪の破損時の心の影響をします。 Thus unless renewed by the Holy Spirit the sinner is unable to come to faith.このようにリニューアルされた場合を除き、聖霊に来て信仰している罪人はできませんでした。 Precisely at this point God's particular, unconditional will, which is hidden in the councils of the Godhead, comes to bear.この時点で正確に神の特定の、無条件のは、これは委員会が隠されている神性、なるとクマです。 Since no sinner is capable of coming to Christ on his own, God in grace wills to create faith and to save some while in justice he wills to reprobate others.能力があるので、罪人は、イエスキリストを彼自身に来て、神の恵みを保存する遺言を作成するいくつかの中に信仰と正義の意志を神に見捨てられた彼は他人です。 Amyraut underscored the fact that God's particular, unconditional will to save is hidden and inscrutable.アミロー神の特定の事実を強調し、無条件を保存するには隠されて、謎に包まれた。 Finite man cannot know it.有限男か知ることはできません。 Hence the creature must not engage in vain speculation about God's secret purposes of election and reprobation.それゆえ、この生き物に従事する必要があります根拠のない憶測については、神の秘密の目的のための選挙と非難。 In practice the Christian preacher must not ask the question whether a given individual is elect or reprobate.キリスト教の説教での練習をする必要がありますかどうかを与えられたことは望めないの問題を選挙、または個々は神に見捨てられた。

Rather he must preach Christ as the Savior of the world and call for faith in his sufficient work.むしろ彼はイエスキリスト必要があります。説教の救世主として信仰の世界と彼のに十分な仕事を求める。 Only the universal, conditional will of God is the legitimate object of religious contemplation.は、普遍的、条件付きの神の意志を合法的なオブジェクトは、宗教的な熟考します。 Amyraldianism thus involves a purely ideal universalism together with a real particularism.そのためには、純粋に理想的な普遍amyraldianismと一緒に、本物の排他です。

The issue of the intent or extent of Christ's atonement is implicit in the foregoing discussion.この問題は、故意またはキリストの償いの範囲が暗黙的には、前述の議論です。 Amyraldianism postulated a universalist design in the atonement and a particular application of its benefits.ユニバーサリストデザインamyraldianism仮定すると、特定のアプリケーションは、その償いの利点があります。 The salvation wrought by Christ was destined for all persons equally.イエスキリストの救いによってもたらされた運命にあるすべての人が平等にします。 Christ legitimately died for all.イエスキリストのすべての合法的に死亡した。 Nevertheless only the elect actually come into the enjoyment of salvation blessings.にもかかわらず、実際に生まれてくるのでは、当選者救済の恵みを享受します。 Amyraldianism thus upheld the formula: "Jesus Christ died for all men sufficiently, but only for the elect efficiently."したがってamyraldianism支持の数式: "イエスキリストのすべての男性が死亡十分ではなく、効率的に選出する。 "

Amyraut believed that his teachings on the twofold will of God and twofold intent of the atonement were derived from Calvin himself.アミローと信じて彼の教えを、神との二重の意志を二重の意図を自分自身の償いはカルビンから派生した。 He viewed his theology as a corrective to much of seventeenth century Calvinism, which denied the universal, conditional will of God in its preoccupation with the unconditional decree.彼は彼の神学としての人気の大半を17世紀の是正カルヴァン主義、これを否定して普遍的、条件付きでの最大の関心事は、神の命令の無条件です。 And he disputed with Arminianism, which failed to see that a person's salvation was effectively grounded in the absolute purpose of God conceived on the basis of his own sovereign pleasure.アルミニウス主義と係争中で、これに失敗しましたを参照して効果的に接地の人の救いは、神の目的は、絶対的な考えに基づいて自分自身の主権喜びです。 And finally Amyraldianism provided a rapprochement with Lutheranism and its interest in justification by faith and the universality of Christ's atoning work.そして最後にamyraldianism提供するルーテル教会との関係改善に関心を他力本願と普遍性をキリストのatoning仕事です。 Some later Reformed theologians such as Charles Hodge, WGT Shedd, and BB Warfield insisted that Amyraldianism was an inconsistent synthesis of Arminianism and Calvinism.神学者への改革など、いくつかのチャールズホッジ、 wgtシェッド、およびbbウォーフィールドamyraldianismは、矛盾すると主張してアルミニウス主義とカルヴァン主義の合成です。 Others, however, such as H Heppe, R Baxter, S Hopkins, AH Strong, and LS Chafer maintained that it represents a return to the true spirit of Holy Scripture.その他、しかし、このようなh heppeとして、研究バクスター、秒ホプキンス、ああ強いし、維持することは、 lsコガネムシの真の精神に戻って教典です。

BA Demarest ba demarest
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
BG Armstrong, Calvinism and the Amyraut Heresy; RB Kuyper, For Whom Did Christ Die?; BB Warfield, The Plan of Salvation; Encylopedia of Christianity, I.背景アームストロング、カルビン主義とアミロー異端; rbカイパーは、イエスキリスト死ぬ誰ですか? ; bbウォーフィールド、その計画の救い; encylopediaキリスト教、 i.


Amyraldianism amyraldianism

Additional Information 追加情報

(We received the following two texts from Dr. Alan C. Clifford, an author who has published works on Amyraldianism. These two texts are letters in response to inquiries on Amyraldianism, which we feel are enlightening.) (私たちは、次の2つの文章から受け取ったアランc.クリフォード博士は、著者が公開に取り組んでwho amyraldianismします。これらの2つの文章は、お問い合わせをamyraldianism文字に対応して、私たちは、啓発的な感じです。 )

ANGLICANISM, AMYRAUT AND AUTHENTIC CALVINISM英国国教会の教義、アミローと本物のカルヴァン主義

The Editor, English Churchmanエディタ、英語聖職者
6 June 2000 2000年6月6日

Sir, - In an otherwise valuable sermon (parts of which I thank him for), the Revd Edward J. Malcolm has supplied some highly flawed information ('The Death of Christ', The Journal, May 2000, pp. 23-8).卿、 -は、他の貴重な説教(の部分を彼に感謝)は、エドワードj .r evdマルコムは、いくつかの非常に欠陥のある情報を提供( 'イエスキリストの死を'の場合、ジャーナル、 2 000年5月、 p p。二三〜八)です。 I refer to his dubious assessment of Amyraldianism.私の評価を参照して彼の怪しげなamyraldianismです。 Concerned to reaffirm John Calvin's authentic teaching in the face of ultra-orthodox 'high' Calvinism', the French Reformed theologian, Moïse Amyraut (1596-1664) also distanced himself from semi-Pelagian Arminianism.ジョンカルビンの関係を再確認する本物の教育に直面し超正統派'高'カルヴァン主義' 、 、フランスの改革派神学者、 moïseアミロー( 1596-1664 )にも自分自身から距離を修正ペラギウスアルミニウス主義です。 His concern was to avoid unbiblical extremism.彼の懸念を避けるためには、非聖書的過激主義です。 Had his teaching been as compatible with Rome's as is suggested, the Edict of Nantes (1598) might possibly have stood.いたとしても彼の指導と互換性がローマの提案には、ナントの勅令( 1598 )可能性が立っていたかもしれない。 It was revoked by Louis XIV (in 1685) precisely because of the continuing incompatibilities between the Reformed churches and Rome!取り消されることは、ルイ14世( 1685 )の継続のために正確に改革派教会とローマの間の非互換性! The internal Reformed debates over the extent of the atonement had nothing to do with it (for further information, see my book Calvinus: Authentic Calvinism, A Clarification).内部改革の範囲を巡る議論は、償いは何の関係もないこと(のより詳細な情報を参照してください私の本カルウィヌス:本物のカルヴァン主義は、明確化) 。

As for the Huguenot refugees who settled in this country [England], those who agreed with Amyraut simply reinforced the original sixteenth-century 'Anglican Calvinism' of the Prayer Book and the Thirty-nine Articles (see Arts. 2, 15 and 31). who定住難民としては、この国でユグノー[イングランド]は、これらのwho合意を強化アミロー単に、元の16世紀の聖公会のカルヴァン主義'は、祈りの予約と39の記事(参照芸術です。 2 、第15項、および31 )です。 Notwithstanding clear teaching on predestination (see Art. 17), the doctrine of limited atonement is as alien to Reformation Anglicanism as it is to the teaching of Amyraut and Calvin.にもかかわらず明確な授業を予定説(アートです。 17 )は、初回限定の原則は、外国人の償いとして英国国教会の教義を改革して授業のことがカルヴィンアミローとします。 In the seventeenth century, scholastic influences in Reformed theology affected this country as well as France.は、 17世紀、修学神学の影響を受ける影響を受けた人がこの国の改革だけでなくフランスです。 Thus the 'over-orthodox' distorted Calvinism of Dr John Owen and many (but not all) of the Westminster divines was rejected by Richard Baxter and others.したがって、 '以上-正統派'歪曲カルヴァン主義の博士ジョンオーウェン、多くの(すべてではない)で否決さ、ウェストミンスター神学者リチャードバクスターしている。 In the eighteenth and nineteenth centuries, the balanced biblicism of Calvin, the other Reformers, Amyraut and Baxter was maintained by the Nonconformists Matthew Henry, Isaac Watts and Philip Doddridge, and the Anglicans John Newton, Charles Simeon and Bishop Ryle.は、 18と19世紀、聖書主義のカルバンのバランスのとれた、他の改革派、保守管理しているアミローとバクスターnonconformistsマシューヘンリーは、アイザックワットとフィリップドッドリッジ、とanglicansジョンニュートン、チャールズシメオンとライル司教です。 While I regret Ryle's espousal of episcopacy, his authentic Calvinism is unquestionably on target!残念ながら私の婚約のライルbishopの職、彼の本格的カルヴァン主義は、紛れもなく目標に向かって! According to this view of the New Testament, while ultimately only the elect effectually partake of salvation, the universally designed and sufficient atonement of Christ makes the gospel available to the whole world.このビューを表示するによると、新約聖書、最終的には、当選者に効果的に参加中の救いは、キリストのユニバーサルデザインと十分な償いを利用できるように、全世界の福音です。 This is true Christianity and true Calvinism!これは真のキリスト教と真のカルヴァン主義!

AC CliffordのACクリフォード

ANGLICANISM, AMYRAUT AND THE ATONEMENT英国国教会の教義、アミローと償い

The Editor, English Churchmanエディタ、英語聖職者
3 July 2000 2000年7月3日

Sir, - Dr George Ella asks me, "Which Anglican reformer did not believe in limited atonement?"卿、 -博士ジョージエラ要求私は、 "聖公会の改質を限定しなかったの償いを信じるか? " Apart from John Bradford who clearly did, several may be listed.ジョンブラッドフォードwhoはっきりとは別に、いくつかが表示される場合です。

Archbishop Thomas Cranmer stated that Christ 'by His own oblation...satisfied His Father for all men's sins and reconciled mankind unto His grace and favour...'トーマスクランマー大司教ことイエスキリスト'を自分自身の奉納...満足し父親と仲直りのすべての人類の男性の罪かれの恵みと恩恵... ' Bishop John Hooper affirmed that Christ died 'for the love of us poor and miserable sinners, whose place he occupied upon the cross, as a pledge, or one that represented the person of all the sinners that ever were, be now, or shall be unto the world's end.'イエスキリストの司教ジョンフーパーアファームドが死亡した'私たちの愛を非常に悪いと悲惨な罪人で、その場所占領下の十字架上で彼は、公約として、または1つの代表の人がこれまでのすべての罪を犯した者は、今すぐに、またはしなければならないかれ、世界の終わりにします。 Bishop Nicholas Ridley declared that the sacrifice of Christ 'was, is, and shall be forever the propitiation for the sins of the whole world.'司教ニコラスリドリーキリストのいけにえを宣言して'は、は、永遠にしなければならないとの和解は、全世界の罪をクリックします。 Bishop Hugh Latimer preached that 'Christ shed as much blood for Judas, as he did for Peter: Peter believed it, and therefore he was saved; Judas would not believe, and therefore he was condemned.'司教ヒューラティマー説教を'キリストのために血を流すほど上屋ユダ、彼はピーター:ピーターと信じて、そのため彼は保存;ユダはないと信じ、およびそのため彼は死刑囚です。 ' Even Bradford admitted that 'Christ's death is sufficient for all, but effectual for the elect only.'ブラッドフォードを認めているにも'キリストの死はすべてのに十分な、しかし、当選者にのみ有効です。 ' The Elizabethan Anglicans were no different in their understanding.別のではないのエリザベス女王anglicansに対する理解します。 Bishop John Jewel wrote that, on the cross, Christ declared "It is finished" to signify 'that the price and ransom was now full paid for the sin of all mankind.'司教ジョン宝石書いたが、十字架上のは、イエスキリスト宣言"これが完了したら"を意味する'は、価格と身代金を要求するのは、今すぐ完全な有料のすべての人類の罪です。 ' Elsewhere, he made clear that 'The death of Christ is available for the redemption of all the world...'他の、彼を明確にし、 'イエスキリストの死をご利用いただけますが、世界のすべての交換... ' Richard Hooker stated an identical view when he said that Christ's 'precious and propitiatory sacrifice' was 'offered for the sins of all the world...'リチャードフッカー記載に同じカテゴリーのときに彼によると、キリストの'貴重なと機嫌取りの犠牲'が'提供を、世界のすべての罪... ' (Parker Society details witheld to save space). (パーカーの詳細witheld社会の容量を節約する) 。

As for Amyraut's supposed semi-Pelagian denial of the Canons of Dordt, Dr Ella is simply misinformed.アミローのものとしては修正ペラギウス主義の否定をドルト参事は、博士エラは、単に誤解に基づいたです。 The French Reformed professor specifically affirmed the teaching of Dordt at the National Synod of Alençon (1637), his orthodoxy being confirmed in his 'Defensio doctrinae J. Calvini' (1641).特に、フランスの改革派の教授の指導の肯定ドルトは、国民会議のalençon ( 1637 ) 、彼の正統性が確認された彼の' defensio doctrinae j. calvini ' ( 1641 ) 。 As for the canons themselves, they are more moderate than many realise.自身の参事として、彼らは他の穏健派よりも多くの実現します。 Indeed, the word 'limited' nowhere appears, thus making the mnemonic TULIP rather doubtful!確かに、単語'限定'どこが表示されたら、このようにメーカーのニーモニックチューリップむしろ疑わしい! They state that 'death of the Son of God is...abundantly sufficient to expiate the sins of the whole world...many perish in unbelief [not] because of any defect or insufficiency in the sacrifice of Christ...but through their own fault...the saving efficacy of the most precious death of [God's] Son...extend[s] to all the elect' (Second Canon, Arts. 3, 6, 8).彼らの状態が'の息子の死の神は...豊富に罪を十分に罪滅ぼしをするのは、全世界で死ぬ...多くの不信仰[特定]のためにすべてを犠牲に欠陥または不全は、イエスキリストを通して...しかし、自分の断層...の節約の効果を最も貴重な死を[神の]息子...延長[秒]を選出のすべての' ( 2番目の、キヤノン、芸術です。 3 、 6 、 8 ) 。

The Revd Edward Malcolm virtually concedes that Articles XV and XXXI are universalist when he admits that the compilers 'are merely quoting Scripture'.エドワードマルコムrevdな概念であることを事実上の記事を15と31はユニバーサリストことがあると認めときは、コンパイラ'は、単に言葉を引用啓典' 。 He then charges with having a 'preconception' those who take them in their natural sense!彼は罪を持つ入力し、 '先入観'それらwho取るかれらの自然な感覚! If he thinks this is an Arminian view, the Anglican Clement Barksdale objected in 1653 that 'You are mistaken when you think the doctrine of Universal Redemption Arminianism.これは、もし彼と考えアルミニウス説の対象は、聖公会の反対で1653クレメントbarksdaleが'あなたが誤った教義を考えるときにアルミニウス主義の普遍的交換します。 It was the doctrine of the Church of England before Arminius was born.それは、イングランドの教会の教義の前にarminiusが生まれた。 We learn it out of the old Church Catechism: 'I believe in Jesus Christ, who hath redeemed me and all mankind.'学ぶことが私たちの古い教会の教理問答: '私イエスキリストを信じる、 whoかれら換金私と全人類のです。 ' And the Church hath learned it out of the plain scripture, where Christ is the Lamb of God that taketh away the sins of the world.'かれらの教会と、平原に啓典を学んだんだから、ここでは、神の子羊イエスキリストが、世界の罪taketh込む。 ' Richard Baxter surely hit the nail on the head when he wrote, 'When God saith so expressly that Christ died for all [2 Cor.リチャードバクスターのくぎの頭を確実にヒットを書いたときに、 '神sayの三人称単数直説法現在形時に明示的にイエスキリストが死亡したためのすべての[ 2コーです。 5:14-15], and tasted death for every man [Heb. 5:14-15 ] 、およびすべての人間の死を味わう[なしです。 2:9], and is the ransom for all [1 Tim. 2時09分]とは、身代金のすべての[ 1ティムです。 2:6], and the propitiation for the sins of the whole world [1 Jn. 2時06分] 、との和解は、全世界の罪[ 1日本人です。 2:2], it beseems every Christian rather to explain in what sense Christ died for all, than flatly to deny it.' 2:2 ] 、キリスト教ということを説明するbeseemsごとにどのような意味でイエスキリストのすべての死亡し、それを拒否するよりもきっぱりとします。 As for Mr Malcolm's citation of Calvin's seeming support for limited atonement, his partial quotation of this isolated statement ignores the fact that the reformer is discussing the implications of the Lutheran theory of consubstantiation rather than the extent of the atonement. mrマルコムの文献としてはカルバンの見せかけの初回限定の償いのサポートを、彼の部分的引用は、次の孤立した声明の事実を無視して議論して改質装置は、ルター派の理論共在説の意味するものではなく、償いの範囲です。 Numerous other statements are consistently universalist (see my 'Calvinus').数多くの他のステートメントは常にユニバーサリスト(マイ'カルウィヌス' ) 。

Before the Revd Peter Howe gets too excited by Carl Trueman's 'The Claims of Truth', he should know that the author - apart from resorting to the kind of triviality mentioned - misunderstands and misrepresents my case against Dr John Owen's scholastic high Calvinism (as my forthcoming reply will make clear).ハウを取得する前にあまりにもrevdピーターカールで励起さトゥルーマンの'の主張の真実' 、彼が知っておくべきは、著者-このページを離れt rivialityのような言及- mi sunderstandsとm i srepresentsマイ法違反訴訟を起こす博士ジョンオーウェンの修学高カルヴァン主義(としてマイ今度の返信はクリア)です。 Dr Trueman actually admits that Owen did not rely on the sola scriptura principle in his theological polemics, a point which rightly disturbed Ewan Wilson (see his EC review, June 4, 1999).オーウェン博士トゥルーマン実際にしなかったことがあると認めsola scripturaの原理に依存して、彼の神学論争術は、障害のポイントを正しくイワンウィルソン(彼のECの日、 1999年6月4日) 。 Since he disclaims any attempt to decide whether Owen is right or wrong, the title of Dr Trueman's book is a misnomer.以来彼はオーウェンかどうかを決定するいかなる試みについては、正しいか間違って、博士のタイトルの本はトゥルーマンには誤った呼称です。 It should be 'The Claims of Scholasticism.'それは'の主張のスコラです。 ' Owen's Aristotelian rationalism also ruins the exegesis of John 3:16.オーウェンの遺跡アリストテレスの解釈も合理ジョン3:16です。 He tampers with the text in a manner Calvin would anathematise.彼はタンパーにする方法は、テキストanathematiseカルバンがします。 As for CH Spurgeon's sermon 'Particular Redemption', the same doubtful exegesis emerges.あなたのスパージョンの説教としては'特定の交換'は、同じ疑問評釈現れることがあります。 On the other hand, Bishop Ryle - rightly described by Spurgeon as 'the best man in the Church of England' - handled Scripture with greater integrity.その一方で、司教ライル-スパージョンとして正しく記述され'最高の男がイングランドの教会の' -処理啓典の整合性を大きくします。 Having little sympathy for Arminianism, Ryle was equally aware of the threat posed by high Calvinism.リトル同情することアルミニウス主義、ライルは、同様に脅威を認識して高カルヴァン主義です。 Commenting on John 1:29, he wrote that 'Christ's death is profitable to none but to the elect who believe on His name...But...I dare not say that no atonement has been made, in any sense, except for the elect...When I read that the wicked who are lost, "deny the Lord that bought them," (2 Pet. 2:1) and that "God was in Christ, reconciling the world unto himself," (2 Cor. 5:19), I dare not confine the intention of redemption to the saints alone.コメントするジョン1:29 、彼が書いた'イエスキリストの死は、収益性を選出してwhoと信じなししかし、彼の名前を...でも… …やってみろないこと言わないで償いされ、いかなる意味を除き、の選出を読んだときには、邪悪な... whoは失われ、 "否定して主に購入して、 " ( 2ペットです。 2:1 )とは"神は、キリストは、和解の世界わたし自身、 " ( 2コーです。 5:19 ) 、やってみろ特定の意図を監禁するだけで交換して聖人です。 Christ is for every man.'イエスキリストは、すべての男です。 ' Commenting on John 3:16 and appealing to Bishop Davenant, Calvin and others, he concludes: 'Those who confine God's love exclusively to the elect appear to me to take a narrow and contracted view of God's character and attributes....I have long come to the conclusion that men may be more systematic in their statements than the Bible, and may be led into grave error by idolatrous veneration of a system' (Expository Thoughts on John's Gospel, Vol. 1).コメントを魅力的に司教とジョン3:16ダベナント、カルバンおよびその他、彼は最後: 'それらwho監禁神の愛を選出するだけのために、私を取るように狭いとの契約の対象の神の文字と属性を....私は長い男性だという結論に達するにステートメント年5月に他の系統に聖書よりも、重大なエラーが発生する場合があります主導偶像崇拝尊敬され、システム' (解説ジョンの考えを、ゴスペル、第1巻) 。 In short, all that Christ is and did was for all mankind conditionally though for the elect effectually.手短に言えば、すべてがイエスキリストは、人類のすべての条件付きだったかかわらず、当選者に効果的です。 Mr Howe will be pleased to know that this truly biblical Calvinism motivates Norwich Reformed Church to reach out to the people of the city every Saturday through its all-weather, all-season, city-centre evangelistic bookstall. mrハウこれは本当に聖書を知ってうれしく思うノリッジカルヴァン主義の動機を改革派教会の人々の手を差し伸べようとするシティ-毎週土曜日を通じて、すべての天気予報、すべてのシーズンは、市の中心部伝道ブックストールです。

AC CliffordのACクリフォード

Bibliography 書誌事項
AC Clifford, Atonement and Justification: English Evangelical Theology 1640-1790 - An Evaluation (Clarendon Press: Oxford, 1990); AC Clifford, Calvinus: Authentic Calvinism, A Clarification (Charenton Reformed Publishing, 1996); AC Clifford, Sons of Calvin: Three Huguenot Pastors (Charenton Reformed Publishing, 1999)のACクリフォード、償いと正当化:英語福音主義神学1640年から1790年-の評価(クラレンドンプレス:オックスフォード、 1 990) ;のA Cクリフォード、カルウィヌス:本物のカルヴァン主義は、明確化( c harenton改革パブリッシング、 1 996) ;のA Cクリフォード、サンズオブカルバン: 3つのユグノー牧師( charenton改革パブリッシング、 1999 )

See also:参照:
Writings of John Calvin Which Support Amyraldianism 文章のジョンカルビンをサポートするamyraldianism


Also, see:また、参照してください:
Sanctification 神聖
Justification 正当化
Conversion コンバージョン
Confession 告白
Salvation 救世
Various Attitudes 様々な態度
Supralapsarianism supralapsarianism
Infralapsarianism 定論
Arminianism アルミニウス主義

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです