Angel天使

General Information 総合情報

An angel (Greek: angelos, "messenger") is a celestial being believed to function as a messenger or agent of God in Christianity, Islam, Judaism, and Zoroastrianism.天使の(ギリシャ語:アンゲロス、 "メッセンジャー" )は、天人としての役割を果たすと考えられて神のメッセンジャーやエージェントに、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ゾロアスター教です。 In the Near Eastern antecedents to Judaism, angels were often understood to be gods or lesser divinities.ユダヤ教の素性を、近い東部、天使たちが頻繁になり小なり神の神々に理解される。 Their existence was taken for granted by the biblical authors.その存在は当たり前の聖書の作者に帰属します。 The use of the word angel may have been a way of describing what was believed to be an appearance of God himself in human form.天使という単語を使用する方法を記述するかもしれないと考えられて何が神に姿を見せて人間の姿を自分自身です。

In the Old Testament, angels are called "messengers," "men," "powers," "princes," "sons of God," and the "heavenly host."で、旧約聖書の、天使と呼ばれる"使徒" 、 "男性" 、 "力" 、 "君主" 、 "神の息子、 "と"天国のホストです。 " They either have no body or one that is only apparent.彼らのいずれかまたは1つのボディがないことは明らかです。 They come as God's messengers to aid or punish, are assigned to individual persons or nations, and often have a name (Michael, Gabriel, Raphael, Uriel).彼らは神の使徒として処罰を支援するかは、個々人または国に割り当てられている、と多くの場合は、名前(マイケル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル)です。 New Testament statements about angels reflect Jewish views of these beings.新約聖書のステートメントについてはユダヤ人の再生回数の天使たち、これらの生き物を反映します。 Angels, for example, announced Christ's birth (Luke 2) and resurrection (Matt. 28).天使たち、たとえば、イエスキリストの生誕100周年を発表(ルーク2 )と復活( matt. 28 ) 。

Ancient and medieval peoples widely accepted the influence of good spirits, or angels, and evil spirits, or fallen angels (see Demon; Satan).古代や中世の人々の影響を受けて上機嫌で広く受け入れられ、または天使と悪霊を退散させるか、または落ちた天使(悪魔;サタン) 。 During the Middle Ages, theologians developed a hierarchy of angels.中世の間に、天使の神学を開発した。 They were classified in the following nine ranks (beginning with the lowest): angels, archangels, principalities, powers, virtues, dominations, thrones, cherubim, and seraphim.彼らは、以下の9つのランクに分類される(を始めとした最低) :天使、アークエンジェル、君主は、パワーズ、美徳、 dominations 、偉大なる、ケルビム、セラフィムです。 Angels are a popular subject in folklore, literature, and art.天使たちに人気のアジ研では、民俗学、文学、芸術です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J. SaldariniアンソニーJ saldarini

Bibliography 書誌事項
Davidson, Gustav, A Dictionary of Angels (1967); Field, MJ, Angels and Ministers of Grace (1972); Heidt, WG, Angelology of the Old Testament (1949); Regamey, Raymond, What Is an Angel?, trans.デビッドソン、グスタフ、辞書の天使( 1967 ) ; ]フィールドに、 mj 、天使と閣僚の恵みを受けて( 1972 ) ;ハイト、 WGのは、天使は、旧約聖書( 1949 ) ;レガメ、レイモンド、天使は何ですか?は、トランスです。 by Mark Pontifex (1960).マーク司教( 1960 ) 。


Angels天使たち

General Information 総合情報


An'gel an'gel

Advanced Information 高度情報

Angel is a word signifying, both in the Hebrew and Greek, a "messenger," and hence employed to denote any agent God sends forth to execute his purposes.天使は、単語を暗示、ヘブライ語、ギリシャ語の両方では、 "メッセンジャー" 、およびそれゆえ雇用を示す任意のエージェントを実行する彼の目的のため神様が人間に記載します。 It is used of an ordinary messenger (Job 1:14: 1 Sam. 11:3; Luke 7:24; 9:52), of prophets (Isa. 42:19; Hag. 1:13), of priests (Mal. 2:7), and ministers of the New Testament (Rev. 1:20).使用されることがふつうのメッセンジャー(仕事1:14 : 1サムです。 11 : 03 ;ルーク7 : 24 ;午前9時52分) 、預言者( isa. 42:19 ;くそばばあです。 1:13 ) 、司祭( malです。 2時07分) 、および閣僚は、新約聖書(改訂1:20 ) 。 It is also applied to such impersonal agents as the pestilence (2 Sam. 24: 16, 17; 2 Kings 19:35), the wind (Ps. 104:4).このような人間味のないことも適用されるエージェントとしての疫病( 2サムです。 24 : 16 、 17 ; 2王19:35 ) 、風( ps. 104:4 ) 。 But its distinctive application is to certain heavenly intelligences whom God employs in carrying on his government of the world.しかし、その独特なアプリケーションが従業員を特定の天国の知性を神に彼の政府の帳簿上の世界です。

The name does not denote their nature but their office as messengers.その性質の名前はありませんが、事務所として示す使徒です。 The appearances to Abraham at Mamre (Gen. 18:2, 22. Comp. 19:1), to Jacob at Peniel (Gen. 32:24, 30), to Joshua at Gilgal (Josh. 5:13, 15), of the Angel of the Lord, were doubtless manifestations of the Divine presence, "foreshadowings of the incarnation," revelations before the "fulness of the time" of the Son of God.アブラハムは、外見をmamre ( Gen 。と18時02分、 22 。のCOMPです。 19時01分) 、ジェイコブはpeniel ( 32:24 Gen 。と、 30 ) 、ジョシュアはギルガル( josh. 5:13 、 15 ) 、天使のは、主よ、神の存在は疑いの症状を呈し、 " foreshadowingsの化身、 "啓示の前に"時間fulnessは、 "神の息子です。

From that time onward there are frequent references to their ministry on earth (Gen. 18; 19; 24:7, 40; 28:12; 32:1).その時以降から頻繁に参照して省には、地球上で( Gen 。と18 ; 19 ; 24:7 、 40 ; 28:12 ; 32:1 ) 。 They appear to rebuke idolatry (Judg. 2:1-4), to call Gideon (Judg. 6:11, 12), and to consecrate Samson (13:3).偶像崇拝を非難されます( judg. 2:1-4 ) 、を呼び出すにギデオン( judg. 6:11 、 12 ) 、および奉献サムソン( 13時03分) 。 In the days of the prophets, from Samuel downward, the angels appear only in their behalf (1 Kings 19: 5; 2 Kings 6:17; Zech. 1-6; Dan. 4:13, 23; 10:10, 13, 20, 21).は、日中には、預言者、サミュエル下方から、その代わりに、天使たちにのみ表示されます( 1キングス19 : 5 ; 2王6:17 ;ツェッヒ。 1-6 ;ダン。 4:13 、 23 ; 10:10 、 13 、 20 、 21 ) 。 The Incarnation introduces a new era in the ministrations of angels.新しい時代の化身を導入するのは、天使たちministrations 。 They come with their Lord to earth to do him service while here.彼らは、かれらの主を地球にこれを行うに彼のサービス中です。 They predict his advent (Matt. 1:20; Luke 1:26-38), minister to him after his temptation and agony (Matt. 4:11; Luke 22:43), and declare his resurrection and ascension (Matt. 28:2-8; John 20:12, 13; Acts 1:10, 11).彼らを予測する彼のアドベント( matt. 1:20 ;ルーク1:26-38 ) 、彼の後に彼の誘惑部長官と苦悩( matt. 4:11 ;ルカ22:43 ) 、と宣言する彼の復活と昇天( matt. 28 :2 - 8 ;ジョン20:12 、 13 ;行為1:10 、 11 ) 。 They are now ministering spirits to the people of God (Heb. 1:14; Ps. 34:7; 91:11; Matt. 18:10; Acts 5:19; 8:26; 10:3; 12:7; 27:23).彼らは今の人々が神の霊ministering ( heb. 1:14 ; psのです。 34:7 ; 91:11 ;マットです。 18:10 ;行為5:19 ; 8:26 ;午前10時03分、 12時07分; 27:23 )です。 They rejoice over a penitent sinner (Luke 15:10).彼らを喜ぶ後悔している罪人(ルカ15:10 ) 。 They bear the souls of the redeemed to paradise (Luke 16:22); and they will be the ministers of judgement hereafter on the great day (Matt. 13:39, 41, 49; 16:27; 24:31).彼らは、クマの魂を天国に換金(ルカ16:22 ) ;とかれらは来世を判断するの閣僚の偉大な日( matt. 13:39 、 41 、 49 ; 16:27 ; 24:31 )です。

The passages (Ps. 34:7, Matt. 18:10) usually referred to in support of the idea that every individual has a particular guardian angel have no such meaning. They merely indicate that God employs the ministry of angels to deliver his people from affliction and danger, and that the angels do not think it below their dignity to minister even to children and to the least among Christ's disciples. の通路( ps. 34:7 、マットです。 18:10 )通常で参照されて支援をするというアイデアには、特定の守護天使ごとに個々のこのような意味がない。彼らだけの神を示して採用して彼の人々に配信省の天使たちより苦痛と危険、とは思わないが、天使たちの尊厳を大臣の下にあることを子供たちにも後発としてキリストの弟子です。 The "angel of his presence" (Isa. 63:9. Comp. Ex. 23:20, 21; 32:34; 33:2; Nu,m. 20:16) is probably rightly interpreted of the Messiah as the guide of his people. "天使の彼の存在感" ( isa. 63:9 。のCOMPです。例です。 23:20 、 21 ; 32:34 ; 33:2 ;ヌナヴット、男性20:16 )は、おそらく正しい解釈は、救世主としてのガイド彼の人々です。 Others have supposed the expression to refer to Gabriel (Luke 1:19).その他は仮定の表現を参照するにはガブリエル(ルカ1:19 )です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Angel天使

Advanced Information 高度情報

Angelos, from which "angel" derives, is in itself a colorless word like its main Hebrew equivalent.アンゲロスからは"天使"派生は、それ自体がその主なヘブライ語のように無色の言葉に相当します。 It may denote either a human or a heavenly "messenger."人間のいずれかを示すことがありますか、天の"メッセンジャーです。 " Yet in the NT, except in Luke 7:24; 9:52; and perhaps Rev. 1:20, it is used only for heavenly beings.まだありませんが、 NTでは、ルークを除いて午前7時24分;午前9時52分、および改訂1:20たぶん、それは天人でのみ使われています。 Rightly, therefore, the Vulgate introduced a distinction between angelus and nuntius which modern renderings and usage have maintained.当然、そのため、お告げの祈りとの間に差別を導入ウルガタ聖書のメッセージを現代のレンダリングや利用方法が維持されます。

The term chosen by Scripture to denote angels gives us the clue to the function by which they are primarily to be known and understood.選ばれた啓典を表す用語の天使たちの手掛かりを与えてくれる機能を主にされていることで知られ、理解されています。 They are God's messengers or ambassadors.彼らは神の使徒や大使です。 They belong to his heavenly court and serice.彼らに属してserice彼の天国の裁判所とします。 Their mission in heaven is to praise him (Rev. 4:5).天国の彼らの使命は彼を称賛(改訂4時05分) 。 They devote themselves to doing his will (Ps. 103:20) and in this activity they behold his face (Matt. 18:10).彼のことに専念しては( ps. 103:20 )と彼の顔はこの活動にかれら( matt. 18:10 )です。 Since heaven comes down to earth, they also have a mission on earth.以来天国のとばりが降りるを地球に、彼らの使命は、地球上でも。 They accompany God in his work of creation (Job 38:7), though they themselves are also creatures (Ps. 148:2, 5).彼らに仕事に取り組んで同行神の創造(仕事38:7 ) 、かれら自身にも生き物( ps. 148:2 、 5 ) 。 They also assist in God's providential ordering of affairs (Dan. 12:1).また、神の摂理の順序を支援する業務( dan. 12時01分) 。 Above all they are active in the divine work of reconciliation (from Gen. 19:1-2 onward).上記のすべての彼らは神の仕事で活躍して和解( Gen 。と19:1-2以降から) 。 In fulfillment of their mission they declare God's word (eg, Luke 1:26-27) and do his work (eg, Matt. 28:2).彼らの宣言を履行するために彼らの使命神の言葉(例えば、ルーク1:26-27 )とは彼の作品(例えば、マットです。 28:2 ) 。 There seems to be some ordering in their ranks; some are referred to as archangels, as over against those who are referred to as simply angels (1 Thess. 4:16; Jude 9).発注があると思われるいくつかの階段を上る;いくつかの大天使と呼ばれるが、反対にすると呼ばれるこれらのwhoは、単に天使たち( 1 thess 。 4:16 ;ジュード9 ) 。

The function of angels may be seen clearly from their part in the saving mission of Jesus Christ.天使5月に見られるの機能をより明確にその部分は、イエスキリストの使命を節約します。 They are naturally present when this both begins with the nativity (Matt. 1; Luke 1-3) and ends with the resurrection (Matt. 28:2 and pars.) and ascension (Acts 1:10ff.).彼らはこの両方の開始時に自然に存在するのキリスト降誕( matt. 1 ;ルーク1-3 )で始まりの復活( matt. 28:2と側面です。 )と昇天(行為1:10 FFを指定します。 ) 。 They also assist the church in its early ministry (eg, Acts 5:19; 10:3).また、教会での早期部を支援する(例えば、行為5:19 ;午前10時03分) 。 They will play an important part in the events of the end time (Rev. 7:1ff., etc.).かれらはプレイの重要な部分は、イベントの終了時間(午前7時01分改訂FFを指定します。 、等) 。 Finally they will come with Christ when he returns in glory (Matt. 24:31) and separate the righteous and the wicked (Matt. 13:41, 49).最後に彼らは彼を返すときに付属してイエスキリストの栄光( matt. 24:31 )と別々の正義と邪悪な( matt. 13:41 、 49 ) 。 They do not do the real work of reconciliation, which is Christ's prerogative.彼らはありません和解には、実際の作業は、イエスキリストの特権です。 But they accompany and declare this work, praising the God of grace and glory and summoning men and women to participate in their worship (Luke 1:46).しかし、この仕事に同行と宣言し、賞賛の神の恵みと栄光と召喚男性と女性に参加して、礼拝(ルカ1:46 )です。 Interestingly, there seem to be only two angelic appearances between Christ's birth and resurrection: at the beginning of his way to the cross in the temptation (Mark 1:12) and then before the crucifixion itself in Gethsemane (Luke 22:43).興味深いことに、あるようだ。のみイエスキリストの生誕100周年の間に2つの天使のような外見と復活:の冒頭に彼の道を交差さの誘惑(マーク1:12 )と入力し、自分自身をはりつけの前にゲッセマネ(ルカ22:43 ) 。 This is perhaps because Jesus had to tread his way of atoning self-giving alone, and in his humiliation he is made a little lower than the angels (Heb. 2:9), though exalted far above them by nature (Heb. 1).これはおそらく、イエスキリストが自分の道を踏むのatoning自己犠牲だけでも、彼の屈辱と彼は少しよりも低く、天使たちに( heb. 2時09分) 、上記のことまでは高貴な自然( heb. 1 )です。 Yet angels did not withdraw from the scene, for they rejoice at sinners repenting (Luke 15:10) and will hear the Son of man confess those who confess him (Luke 12:8-9).天使はまだありませんしなかったから撤退するシーン、かれら喜ぶ罪人repenting (ルカ15:10 )とは、それらの告白を聞くの息子の男who告白彼(ルーク12:8-9 ) 。

The Bible offers only a few hints about the nature of angels.聖書の提供のみにいくつかのヒントについては、自然の天使たちです。 Belonging to the heavenly sphere, they cannot be properly conceived of in earthly terms.天体に属している、彼らのことはできませんがこの世の条件が適切に考えています。 They are mostly described in relation to God, as his angels (eg, Ps. 104:4).彼らは主に関連して、神に記載され、彼の天使たち(例えば、 psのです。 104:4 ) 。 The two angelic names, Michael and Gabriel, emphasize this relationship with the el ending. 2つの天使の名前を、マイケルとガブリエルは、この関係を強調するエルエンディングです。 It is as God's angels, perhaps, that they are called "elect" in 1 Tim.これは神の天使として、おそらく、かれらは"当選"に1ティムです。 5:21. 5:21です。 Heb.なしで。 1:14 describes them as "ministering spirits" in a conflation of the two parts of Ps. 1:14説明して、 " ministeringスピリッツ"を融合は、 2つの部分のpsです。 104:4. 104:4 。 Elsewhere, in Job and Psalms, they figure as the "heavenly ones" (Ps. 29:1) or the "holy ones" (Job 5:1) who are set apart for God's service; both these terms occur in Ps.他の、詩篇を授けたの仕事や、彼ら図としての"天国のもの" ( ps. 29:1 )または、 "聖なるもの" (仕事5:1 ) whoは、神のサービスを際立たせる; psの両方のこれらの条件が発生します。 89:6-7, though "sons of God" is here another rendering of "heavenly ones" in vs. 6 (cf. Ps. 29:1). 89:6-7 、かかわらず"神の息子"がここにもう一つのレンダリングを"天国のもの"と対6 ( cf. psのです。 29:1 ) 。 The "gods" of Ps.の"神"のpsです。 82:1, in whose midst God holds judgment, are often thought to be angels too. 82:1 、判断力を保持し、その中に神は、天使たちが多いと考えられているが判明しました。 Since Christians can also be called God's children, we need not infer from this usage, as did some of the apologists, that the angels are lesser deities.以来、キリスト教徒と呼ばれることもできますが、神の子供たちは、私たちを推測する必要はありませんから、この利用方法は、いくつかの擁護者としては、レッサーは、天使たちが神々です。 Indeed, the Bible clearly warns us not to worship them (Col. 2:18; Rev. 19:10).確かに、聖書の問い合わせしないように警告を明確に仕えてはならない( Col 。 2:18 ;改訂19:10 )です。

Among the heavenly beings mention is made of the seraphim (Isa. 6:2) and, more frequently, the cherubim.天人間の言及は、セラフィム( isa. 6時02分)と、より頻繁には、ケルビムです。 Cherubim guarded Eden after the expulsion of Adam and Eve (Gen. 3:24).ケルビム警備エデンを追放しようとした後、アダムとイブ( Gen 。と3:24 ) 。 They form God's chariot at his descent (Ps. 18:10).彼らは自分のフォームを神の戦車降下( ps. 18:10 )です。 Figures of cherubim adorned the ark (Exod. 25:17ff.) and Solomon's temple (I Kings 6:23ff.), so that Yahweh is said to be enthroned above the cherubim (I Sam. 4:4; Ps. 80:1).ケルビムのフィギュアが飾られたの箱舟( exod. 25:17 FFを指定します。 )とソロモンの寺(私の王6:23 FFを指定します。 )ように、ヤハウェの上にあるといわれてenthronedケルビム(私サムです。 4 : 04 ; psのです。 80:1 ) 。 Ezekiel offers an elaborate visionary description (Ezek. 1:10; 9:3; 10:15-22) in which their form is human (1:5) but symbolical traits stress their glory and spiritual excellence.エゼキエル書は、精巧な先見の明の説明書( ezek. 1:10 ;午前9時03分; 10:15-22 )では、フォームは、人間の( 1:5 )しかし、その栄光の象徴的特徴と精神的ストレス優秀です。 Common paradise traditions may underlie Assyro-Babylonian parallels.根底にある共通のパラダイスassyro -バビロニア類似の伝統があります。

Of the angels named, Michael is called "the great prince" (Dan. 12:1) and the other angels seem to be led by him (Rev. 12:7), though God himself, of course, is the Lord of hosts and Prince of the host (Dan. 8:11).天使たちの名前が、マイケルは"偉大な王子" ( dan. 12時01分)と、他の天使たちを率いるように見える彼(改訂12時07分) 、神自身、もちろん、主のホストは、とプリンスオブのホスト( dan. 8時11分) 。 The man who appeared to Joshua in Josh.その男をジョシュアのジョシュwho登場します。 5:13ff., usually taken to be an angel, says that he has come as commander of the army of the Lord, Gabriel, the other angel named in canonical Scripture, is the angel of the annunciation (Luke 1:26). 5:13 FFを指定します。 、 24時間撮影されると天使によると、彼は来るの陸軍司令官として、主よ、ガブリエル、天使にちなんで、他の正規の啓典は、天使の受胎告知(ルカ1:26 )です。 Distinctions seem to be indicated in Rev. 4-5 with the references to the beasts and the elders, but the exact significance of these terms is disputed.改訂されるように見えるの区別に示されて4-5と動物との長老を参照し、これらの用語が、正確な意義については、係争中です。 The apocryphal writings provide three more angelic names, Raphael, Uriel, and Jermiel.うその記述を提供する3つの他の天使の名前、ラファエル、ウリエル、およびjermielします。 Tob.公開買付です。 12:15 calls Raphael one of the holy angels who present the prayers of the saints (cf. the seven who stand before God in Rev. 8:2 and the possible link between these seven and the "chief princes" of Dan. 10:13). 12:15の呼び出しのいずれかの神聖な天使ラファエルwho現在の祈りの聖人( cf.神の前に7つの改訂whoスタンド8時02分との間に、これらの7つのリンクの可能性と"最高君主"のダン。 10 : 13 ) 。

From the various statements about the nature of angels, and Paul's use of the terms "principalities," "powers," "thrones," "dominions," and "forces," early and medieval theology evolved a complex speculative account of the angelic world.様々な機関からの性質については、天使とポールの使用する用語"君主" 、 "力" 、 "偉大なる" 、 "領土" 、および"軍は、 "早期中世の神学と進化し、複雑な投機筋のアカウントは、天使の世界です。 Pseudo-Dionysius found separate entities in these, and he grouped them with the seraphim, cherubim, archangels, and angels in a threefold hierarchy of nine choirs.偽ディオニシウスこれらの独立した団体が見つかりました、と彼はまとめておくと、セラフィム、ケルビム、大天使と天使たちの合唱団を3倍に9つの階層です。 Aquinas, the Angelic Doctor, adopted a similar scheme in his full and acute discussion but was more interested in the nature of angels as individual, spatial, spiritual substances engaged primarily in the work of enlightenment and capable of rational demonstration (Summa contra Gentiles 91; Summa Theologica 50-64).アクィナスは、天使の医師、採択された彼のフルと同様のスキームでは、他に興味が急性ディスカッションしかし、天使としての性質を個々の、空間的、精神的な物質の啓発の仕事を主に従事する能力があると合理的デモ(コントラgentiles総合的研究論文91 ;総合的研究論文theologica五〇から六四まで) 。

As Calvin saw, the error in so much angelology was to deal with angels apart from the biblical witness.カルバン見たとして、多く天使のようにエラーが発生への対処の天使たちは、聖書の証人から離れています。 Even regarding their function there was a tendency to rationalize or to focus interest on the idea of the guardian angel (cf. Matt. 18:10 and perhaps Acts 12:15).についても、その機能を合理化する傾向があったかのアイデアに関心の焦点は、守護天使( cf.マットです。 18:10そしておそらく行為12:15 ) 。 An inevitable reaction came in the age of the Enlightenment and liberal Protestantism when angels were either dismissed as fantastic, submitted to reinterpretation, or explained away as the relics of an original polytheism.反応は避けられない時代に来たのは、リベラルなプロテスタント啓発と解任されるときに幻想のいずれかの天使たちが、提出を解釈し直すか、または説明awayの遺物としては、元の多神教です。

Some legitimate deductions may certainly be made from the biblical data.確かにいくつかの正当な控除年5月の聖書のデータで作られています。 Though they come in human form, the angels are essentially noncorporeal.かれらは人間の姿を、天使たちは基本的にnoncorporealです。 Present at creation, they are still creatures (Ps. 148:2, 5).現在は創作、彼らはまだ生き物( ps. 148:2 、 5 ) 。 They form an ordered unity, yet their plurality entails the existence of individuals within the totality, with a possible gradation in function.秩序を形成する彼らの結束は、まだその手続きが存在する複数の個人の総体、グラデーションに機能する可能性があります。 As compared with humans they have the advantage of being in God's immediate presence and serving as his direct messengers.人間と比べると利点が、彼らは、神の存在とすぐに彼の直接の使徒として配信します。 They also guard the proprieties, if that is the meaning of I Cor.また、警備隊の作法、もしそれが私の意味をコーです。 11:10, and seem to play some role in or over the nations (Dan. 10). 11:10 、およびいくつかの役割を果たすかを再生するように見えるの国( dan. 10 ) 。 But when men and women respond to God's saving work in Christ they are raised above them, enjoy their ministry (Heb. I:14), and will finally judge them (I Cor. 6:3), for even angels are not faultless in God's eyes (Job 4:18; 15:15).しかし、男性と女性に対応するときに、神の節約で働く彼らはイエスキリストの上提起して、お楽しみに省( heb.私: 14 )とは、最後に判断して(私コーです。 6時03分) 、天使たちをも完全無欠ではない神の目の(仕事4:18 ; 15:15 )です。

Has there been a fall of angels?天使たちにはあるが、秋のですか? Jude 6 suggests this, and Irenaeus (Against Heresies iv. 37.1) and many fathers took this view.このジュード6を示唆し、エイレナイオス(反対heresies Ⅳ 。 37.1 )と多くの父親がこのビューを表示します。 Certainly the Bible speaks of the dragon and his angels (Rev. 12:7) and also of powers of evil (Eph. 6:12), so that while we cannot be too dogmatic on the subject, we have to assume that there is a real kingdom of evil in grotesque caricature of the angelic kingdom.確かに、聖書話すオブザドラゴンと彼の天使(改訂12時07分)と悪の力も( eph. 6:12 ) 、してはあまりにも独断的なことはできないもので、被写体、私たちにあると仮定しては、王国の悪さをリアルにグロテスクな天使の王国の似顔絵です。 These angels and their leader were defeated at the cross (Col. 2:15) and will finally be condemned (Matt. 25:41).これらの天使たちとその指導者が敗北は、クロス( Col 。 2:15 )とは、最後に死刑囚( matt. 25:41 )です。

A last question concerns the so-called angel of the Lord.最後の質問を懸念するいわゆる天使の主です。 In Judg.でjudgです。 13:2-3 this seems to be identical with God. 13:2-3この神と同一と思われる。 Many have thought, then, that in the OT at least the reference is to the preincarnate Logos.多くを考えて、次に、それは、 ot 、少なくともpreincarnateロゴの参照がしています。 Liberals have explained it as a softening of theophany to angelophany but without showing why this does not always apply.自由党はそれを説明する神の顕現を軟化を表示中angelophanyしかし、なぜこれは、常に適用されます。 Another possible interpretation is that God speaks so fully through the angel that he himself is virtually speaking.別の解釈は、神の可能性を完全に話すように彼自身が事実上の天使話す。 Certainly the "angel of the Lord" of Luke 2:9 is not Christ, but this does not in itself rule out such an equation in the OT.確かに、 "天使の主"イエスキリストのルーク2時09分ではないが、これはありませんそれ自体を否定するような方程式は、 otです。

GW Bromiley gw bromiley

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
K. Barth, Church Dogmatics III/3, 51; H. Cremer et al., SHERK, I, 174-78; HDB, I, 93; W. Grundmann et al., TDNT, I, 74-87; JM Wilson, ISBE (rev.), I, 124-27. k.範囲は、教会の教義学3 / 3 、 51 ;笠原クリーマーら、 sherk 、私は、一七四〜七八; hdb 、私、 93 ;ワットgrundmannら、 tdnt 、私は、七十四から八十七; jmウィルソン、 isbe (改訂) 、私は、 124から27です。


Angel of the Lord天使の主

Advanced Information 高度情報

In the OT and NT the angel of the Lord (mal'ak yhwh) is represented as acting on behalf of the nation of Israel as well as of individuals.は、 otとNTの天使の主( mal'ak yhwh )は、演技として表現され、国に代わって、イスラエルだけでなく、個人します。 The lack of precise data in the OT with regard to the identification of this figure and his relationship to Yahweh has given rise to a number of conclusions.正確なデータが不足しotに関しては、以下の身分証明書は、次の図と彼の関係をヤハウェに上昇するには、いくつかの結論を与えられた。 Eichrodt understands the presence of this figure in the literature of the OT as an attempt to express the concept of theophany in a less direct manner because of the early realization that it is impossible to see God.アイヒロートの存在を理解して、この図は、文学の試みとして、 otのコンセプトを表現するのは、あまりダイレクトな方法で神の顕現の早期実現のために神を見ることは不可能です。 Von Rad suggests that the figure may have been inserted into some of the older traditions in place of an original Canaanite numen.フォンrad示唆して、図5月にも挿入されたいくつかの古い伝統の代わりに元のカナンの天分です。 However, this presupposes an already concrete idea of the concept and does not explain its origin or the nature of the concept in early Israelite religion.しかし、この前提に、すでに具体的なアイデアの概念ではありませんかの性質を説明する起源初めにイスラエルの宗教の概念です。

Many understand the angel of the Lord as a true theophany.天使の多くの理解して、主として、真の神の顕現です。 From the time of Justin on, the figure has been regarded as the preincarnate Logos.ジャスティンからの時間をオンにすると、図のpreincarnateロゴと見なされてきた。 It is beyond question that the angel of the Lord must be identified in some way with God (Gen. 16:13; Judg. 6:14; 13:21-22), yet he is distinguished from God in that God refers to the angel (Exod. 23:23; 32:34), speaks to him (II Sam. 24:16; I Chr. 21:27), and the angel speaks to Yahweh (Zech. 1:12).ことは疑う余地は、天使の主しなければならないいくつかの方法で識別さ神( Gen 。と16:13 ; judg 。 6:14 ; 13:21-22 ) 、神はまだありません彼は、その神の区別を参照して、エンジェル( exod. 23:23 ; 32:34 ) 、話す彼( 2サムです。 24:16 ;私chrします。 21:27 ) 、と話すの天使をヤハウェ( zech. 1:12 ) 。 The evidence for the view that the angel of the Lord is a preincarnate appearance of Christ is basically analogical and falls short of being conclusive.その証拠は、天使の対象は、主イエスキリストは、 preincarnateの外観は基本的に短いが決定的な類推と滝です。 The NT does not clearly make that identification. NTのはありませんが、身分証明書を明確にします。 It is best to see the angel as a self-manifestation of Yahweh in a form that would communicate his immanence and direct concern to those to whom he ministered.天使のことは最善を参照して、自己の現れとしては、フォームヤハウェそれは彼の内在と直接通信を懸念してこれらの御心に適うministeredです。

TE McComiskey te mccomiskey

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
H. Bietenhard et al., NIDNTT, I, 101-5; W. Eichrodt, Theology of the OT; P. Heinisch, Theology of the OT; G. von Rad, OT Theology.笠原bietenhardら、 nidntt 、私は、一〇一から五まで;ワットアイヒロート、神学は、 ot ; p. heinisch 、神学は、 ot ; g.フォンrad 、 ot神学です。


Angel天使

Advanced Information 高度情報

Angel, "a messenger" (from angello, "to deliver a message"), sent whether by God or by man or by Satan, "is also used of a guardian or representative in Rev. 1:20, cf. Matt. 18:10; Acts 12:15 (where it is better understood as 'ghost'), superior to man, Heb. 2:7; Ps. 8:5, belonging to Heaven, Matt. 24:36; Mark 12:25, and to God, Luke 12:8, and engaged in His service, Ps. 103:20. "Angels" are spirits, Heb. 1:14, ie, they have not material bodies as men have; they are either human in form, or can assume the human form when necessary, cf. Luke 24:4, with v. 23, Acts 10:3 with v. 30. "They are called 'holy' in Mark 8:38, and 'elect,' 1 Tim.エンジェル、 "一人の使徒" (よりangello 、 "メッセージを配信する" ) 、送られるかどうか、または神、または悪魔の男"にも使用された代表者の後見人または改訂1:20 、継続前誌です。マットです。 18 : 10 ;行為12:15 (ここで理解される方が良い'ゴースト' ) 、に優れている男は、なしです。 2時07分; psのです。 8時05分、天国に属して、マットです。 24:36 ;マーク12:25 、神と、ルカによる12時08分、および彼のサービスに従事し、 psのです。 103:20します。 "エンジェル"はスピリッツ、なしです。 1:14 、すなわち、彼らがない素材として男性が遺体;彼らは人間をフォームのいずれかか、または、人間の形を想定は必要に応じて、継続前誌です。ルーク24:4 、 v. 23日、 v. 30行為で午前10時03分です。 "と呼ばれる彼らは'聖なる'をマーク8:38 、および'選出、 ' 1ティムです。 5:21, in contrast with some of their original number, Matt. 5:21 、これとは対照的にいくつかのオリジナルコード、マットです。 25:41, who 'sinned,' 2 Pet. 25:41 、 who '罪を犯し、 ' 2ペットです。 2:4, 'left their proper habitation,' Jude 6, oiketerion, a word which occurs again, in the NT, only in 2 Cor. 2時04分、 '左の各々の適切な住まい、 'ジュード6 、 oiketerion 、単語が再び発生は、 NTでのみで2コーです。 5:2. 5時02分です。 Angels are always spoken of in the masculine gender, the feminine form of the word does not occur."天使たちは、常に話さの性別は、男性は、女性形という言葉は発生しません。 "

From Notes on Thessalonians, by Hogg and Vine, p.よりノートをthessalonians 、ホッグとつる、 p. 229. 229 。

Note: Isangelos, "equal to the angels," occurs in Luke 20:36.注: isangelos 、 "平等に、天使たちに、 "ルカ20:36が発生します。


Jewish Angelology and Demonologyユダヤ人の天使と悪魔
The Fall of the Angelsの秋には、天使たち

Advanced Information 高度情報

(from Appendix XIII From Life and Times of Jesus the Messiah ( 13からの人生と時代から付録の救世主イエスキリスト
by Alfred Edersheim, 1886)アルフレッドedersheimされ、 1886 )

(See vol. i. Book III. ch. ip 306.) (参照!します。 i.予約Ⅲ 。あなたのです。 IPの306です。 )

WITHOUT here entering on a discussion of the doctrine of Angels of devils as present in Holy Scriptures, the Apocrypha, and the Pseudepigrapha, it will be admitted that considerable progression may be marked as we advance from even the latest Canonical to Apocryphal, and again from these to the Pseudepigraphic Writings.ここで議論をせずに入るのは、天使たちは悪魔の教義として存在する聖書の外典、偽典と、それはかなりの進行を認めている5月にスパムとして私たちよりも、最新の標準を事前に作り話し、再びよりpseudepigraphicして、これらの作品を紹介します。 The same remark applies even more strongly to a comparison of the later with Rabbinic literature.もっと強く、同じ発言を適用して比較して後にラビ文学です。 There we have comparatively little of the Biblical in its purity.ある私たちは、聖書のほとんどは、比較的純度です。 But, added to it, we now find much that is the outcome of Eastern or of prurient imagination, of national conceit, of ignorant superstition, and of foreign, especially Persian, elements.しかし、追加されて、今では多くの結果を見つける東部の好色な想像力や、国家うぬぼれ、無知な迷信、および外国人、特にペルシャ語、要素です。

In this latter respect it is true, not, indeed, as regards the doctrine of good and evil Angels, but much of its Rabbinic elaboration, that 'the names of the Angels (and of the months) were brought form Babylon ' (Jer. Rosh. haSh. 56 d; Ber. r. 48), and with the 'names,' not a few of the notions regarding them.後者の尊重、このことは事実ではなく、実際のところ、教義については善と悪の天使たち、しかし、多くのラビの精緻化、その'の名前を、天使たちに(とは、ヶ月)が連れて来らフォームバビロン' ( jer.ロッシュです。ハッシュです。 56 d ; BERを計算します。 r. 48 ) 、および、 'の名前、 '特定したいくつかの概念についてです。 At the same time, it would be unjust to deny that mush of the symbolism which it is evidently intended to convey is singularly beautiful.それと同時に、それは不当な感傷的には、象徴性を否定することは、明らかに意図を伝えるそれは非常に美しいです。

I. ANGELOLOGY. i.天使です。

1. 1 。 Creation, Number, Duration and Location of the Angels.創作、数字、時間と場所を、天使たちにします。

We are now considering, not the Angel-Princes but that vast unnumbered 'Host' generally designated as 'the ministering Angels'.我々は今すぐ検討し、特定の天使-君主しかし、その膨大な番号が付けられて'ホスト'一般的に指定され' 、 ministering天使' 。 Opinions differ (Ber. R. 3) whether they were created on the second day as being 'spirit,' winds' (Ps. civ. 4), or on the fifth day (Is. vi. 2) in accordance with the words of Creation on those days.意見が食い違う( ber. Rに合わせる3 )上で作成されるかどうか彼らは2日目されて'精神、 '風' ( ps. civ 。 4 ) 、または第5日( is. Ⅵ 。 2 )の言葉に従ってこれらの日中に創作のです。 Viewed in reference to God's Service and Praise, they are 'a flaming fire': in regard to their office, winged messengers (Pirge de R. El. 4).の人気を参考に、神のサービスと称賛、彼らは' 、燃え盛る火' :これと関連してオフィス、翼の使徒( pirgeデr.エルです。 4 ) 。 But not only so: every day ministering Angels are created, whose apparent destiny is only to raise the praise of God, after which they pass away into the fiery stream (Nahar deNur) whence they originally issued [1 This stream issued from under the throne of God, and is really the sweat of the 'living creatures' in their awe at the glory of God (Ber. R. 78).] (Chag. 14a; Ber. R. 78).これだけでなく:毎日ministering天使が作成され、見掛けの運命は神の称賛を上げるだけに、後に帰らぬ人となる彼らの熱烈なストリーム( nahar denur )そこから彼らもともと発行[ 1このストリームから発行されて王位継承神は、汗をかくとは、実際には、 '生き物'で彼らは、神の栄光の畏怖の念( ber. r. 78 ) 。 ] ( chag. 14a ; BERを計算します。 r. 78 ) 。

More than this, a new Angel is created to execute to every behest of God, and then passeth away (Chag. us).これ以上に、新しい天使が作成を実行するすべての要請を受けて、神と入力し、 passeth不在です( chag.問い合わせ) 。 This continual new creation of Angels, which God, and then passeth allegory, partly savours of the doctrine of 'emanation,' is Biblical supported by an appeal to Lament.この新しい創造の絶え間ない天使たちは、どの神よ、と入力し、 passethアレゴリー、教義の部分をsavours '放射能、 'は、聖書の訴えを込めて嘆くでサポートされています。 iii. Ⅲ 。 23. 23 。 Thus it may be said that daily a Kath, or company of Angels is created for daily service of God, and that every word which proceedeth from His mouth becomes an 'Angel' [Messenger, mark here the ideal unity of Word and Deed], (Chang. 14 a).このようにするかもしれないkathによると、毎日、または会社の天使たちは神のサービスを日常的に作成、およびそのすべての単語がどのproceedethから彼の口からは'天使' [メッセンジャー、マークここでは理想的な結束を言葉と行動] 、 ( chang. 14 )です。

The vast number of that Angelic Host, and the consequent safety of Israel as against its enemies, was described in the most hyperbolic language.天使の膨大な数のホストを、イスラエルの帰結としての安全性をその敵に対して、双曲は、ほとんどの言語に記載されています。 There were 12 Mazzaloth (signs of the Zodiac), each having 30 chiefs of armies, each chief with 30 legions, each legion with 30 leaders, each leader with 30 captains, each captain with 30 under him, and each of these things with 365,000 stars, and all were created for the sake of Israel! 12 mazzalothがあった(の占いの干支)は、各軍の参謀本部が30日、各軍団長が30日、それぞれの在郷軍人会と30の指導者、それぞれの指導者を30キャプテン、それぞれのキャプテンに30されて彼は、これらのものを、各365000星印、およびすべてのが作成のためのイスラエル! (Ber. 32. b.) ( ber. 32 。 b. )

Similarly, when Nebuchadnezzar proposed to ascend into heaven, and to exalt his throne above the stars, and be like the Most High, the Bath Qol replied to this grandson of Nimrod that man's age was 70, or at most 80 years, while the way from earth to the firmament occupied 500 years, [a In Jer.同様に、登る時にネブカドネザルを提案して天国、と彼の王座を称賛の上にある星のようにして至高にして、このバスはこう答えた。 qolの孫のニムロデあの男の年齢は70か、またはほとんどの80年間、中の道大空から地球を占領500年、 [ Aのjerです。 Ber 2 c it is 50 years.] a thickness of the firmament was 500 years, the feet of the living creatures were equal to all that had preceded, and the joints of their feet to as many as had preceded them, and so on increasingly through all their members up to their horns, after which came the Throne of Glory, the feet of which again equaled all that had preceded, and so on (Chag. 13 a [b See also Pes. 94 b.]).これは50年のBER 2 cです。 ]大空は、 500年以上の厚さは、フィートのすべての生き物に等しいていたが先行し、その足の関節をできるだけ多くの先行していたとして、ますますしてすべてのメンバーを通じて角アップして、後に来たの玉座の栄光は、再び足をequaledていたすべての先行などが( chag. 13 B詳細ペスも参照ください。 94 b. ] ) 。

[1 Some add the Cherubim as another and separate class.] In connection with this we read in Chag. [ 1ケルビムとしていくつかの追加して別のと別のクラスです。 ]での接続を、この私たち続きを読むchagです。 12 b that there are seven heavens: the Vdon, in which there is the sun; Riqia, in which the sun shines, and the moon, stars, and planets are fixed; Shechaqim, in which are the millstones to make the manna for the pious; Aebhul, in which the Upper Jerusalem, and the Temple and the Altar, and in which Michael, the chief Angel-Prince, offers sacrifices; Maon, in which the Angels of the Ministry are, who sing by night and are silent by day for the sake of the honour of Israel (who now have their services); Machon, in which are the treasuries of snow, hail, the chambers of noxious dews, and of the receptacles of water, the chamber of wind, and the cave of mist, and their doors are of fire; lastly, Araboth, wherein Justice, Judgment and Righteousness are, the treasures of Life, of Peace and of Blessing, the soul of the righteous, and the spirits and souls of those who are to be born in the future, and the dew by which the dead are to be raised. 12 Bのには7つの天: vdonは、これには、太陽; riqiaされるのは、お日様や月、星、および惑星は固定; shechaqimは、これは、マンナをmillstonesを作る信心深い; aebhul 、エルサレムの上では、と同寺と、祭壇の、とではマイケルは、最高の天使-プリンス、オファーの犠牲を払う; maonされるのは、天使たちの部には、 whoを、夜とは、サイレントを歌う1日の名誉のためにイスラエルの( who今すぐにはサービス) ; machonは、これは、債券の雪、雹は、チェンバースの有害dews 、とのレセプタクルの水を、この箱の風、との洞窟霧、およびそれらのドアは火災;最後に、 araboth 、そこ正義、判断力と正義には、人生の宝物、祝福の平和とは、正義の魂を、魂と魂とされるこれらのwho生まれ、将来的には、露では、死んだとされる発生します。

There also are the Ophanim, and the Seraphim, and the living creatures and the ministering Angels, and the Throne of Glory and over them is enthroned the Great King. ophanimは、また、とセラフィム、との生き物とministering天使と栄光の玉座にはenthroned以上の偉大な王です。 [For a description of this Throne and of the Appearance of its King, see Pirqe de R. Eliez. [は、説明書は、次の王位継承とその王の外観を参照してくださいpirqeデr. eliezです。 4.] On the other hand, sometimes every power and phenomenon in Nature is hypostatised into an Angel, such as hail, rain, wind, sea &c.; similarly, every occurrence, such as life, death, nourishment, poverty, nay, as it is expressed: there is not stalk of grass upon earth but it has its Angels in heaven 'Ber R. 10). 4 。 ]その一方で、時にはすべてのパワーと自然の現象hypostatisedには天使のような雹、雨、風、海& c. ;同様に、すべての出来事のような生活、死、栄養、貧困、いや、として表明したことは:茎の草がない時地球しかし、それには、天国の天使'のBER r. 10 ) 。 This seems to approximate the views of Alexandrian Mysticism.このようにおおよその神秘主義の再生回数のアレクサンドリアです。 So also, perhaps, the idea that certain Biblical heroes became after death Angels.これも、おそらく、特定の聖書の英雄するというアイデアになった後、死の天使たちです。 But as this may be regarded as implying their service as messengers of God, we leave it for the present.しかし、この5月にサービスを示唆したと見なされる神の使徒として、私たち置いて、現在のです。

2. 2 。 The Angel-Princes, their location, names, and offices.の天使-君主、その場所、名、およびオフィスです。

Any limitation, as to duration or otherwise, of the Ministering Angels does not apply either to the Ophanim (or wheel-angels), the Seraphim, the Cayoth (or living creatures), nor to the Angel-Princes (Ber. R. 78).任意の制限、または他の期間に、天使たちには適用されませんのいずれかをministeringのophanim (またはホイール-天使たち)は、セラフィムは、 cayoth (または生き物) 、また、エンジェル-プリンセス( ber. r. 78 ) 。 [2 According to Jer Ber. [ 2によると、 jer BERを計算します。 ix. 9 。 1, the abode of the living creatures was to an extent of 515 years' journey, which is proved from the numerical value of the word 'straight' (Ezek. i. 7).] In Chag. 1日の生き物のすみかだとの範囲は515年の旅、これは証明という言葉からの数値の値を'ストレート' ( ezek. i. 7 ) 。 ]でchagです。 13 a, b the name Chashamal is given to the 'living creatures.' 13日に、 Bの名が与えられたchashamalの生き物です。 ' The word is explained as composed of two other which mean silence and speech, it being beautifully explained, that they deep silence when the Word proceeds out of the mouth of God, and speak when He has ceased.という言葉で説明できる事を意味し、他の構成の2つの沈黙と演説で、説明することが美しく、深い沈黙して収益をするときに口の中の単語の神となり、話すときに彼はやんだ。

It would be difficult exactly to state the number of the Angel-Princes.それは難しい状態の数を正確に、天使-君主です。 The 70 nations, of which the world is composed, had each their Angel-Prince (Targ. Jer.on Gen xi.7, 8; comp. Ber. R. 56; Shem. R. 21; Vayyi. R. 29; Ruth R. ed. Warsh. p. 36 b), who plead their cause with God. 70カ国、そのうちの世界は、彼らはそれぞれの天使-王子( targ. jer.on世代xi.7 、 8 ;のCOMPです。 BERを計算します。 r. 56 ; shem 。 r. 21 ; vayyi 。 r. 29 ;ルースr.エドです。 warsh 。 p. 36 b )項、 who嘆願その原因の神です。 Hence these Angels are really hostile to Israel, and may be regarded as not quite good Angels, and are cast down when the nationality which they represent is destroyed.したがって、これらの天使たちが実際にイスラエルに敵対する、と見なされていない場合があります非常に良い天使と落胆させるときには国籍を表すものでは破棄されます。 It may have been as a reflection on Christian teaching that Israel was described as not requiring any representative with God, like the Gentiles.を反映することがありますが、キリスト教の教えをイスラエルには、任意の代表者に説明が必要ではない神のように、 gentilesです。 For, as will soon appear, this was not the general view entertained.で、まもなく表示されますが、これは特定の一般的見解を楽しませています。

Besides these Gentiles Angel-Princes there were other chiefs, whose office will be explained in the sequel. Of these 5 are specially mentioned, of whom four surrounded the Throne of God: Michael, Gabriel, Raphael, and Uriel.また、これらのgentiles天使-君主があった他の首長、そのオフィスの続編が説明されています。 五アール、これらの特別な言及したように、周囲の人王座の4つの神:マイケル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル。 But the greatest of all is Metatron, who is under the Throne, and before it. These Angels are privileged to be within the Pargod, or cloudy veil, while the others only hear the Divine commands or councils outside this curtain (Chag. 16 a, Pirque d. R. El. iv.). しかし、最大のすべてのは、メタトロン、 whoは、玉座の下に、と前にしてください。これらの天使たちが特権的にpargodされるか、または曇りのベール、耳にするだけで、他の神のコマンドまたは外部この協議会のカーテン( chag. 16 、 pirque d. r.エルです。 Ⅳ 。 ) 。 It is a slight variation when the Targum Pseudo-Jonathan on Deut.それがわずかに変化するときにジョナサンターガム疑似deutです。 xxxiv. 34 。 6 enumerates the following as the 6 principal Angels: Michael, Gabriel, Metatron, Yopheil, Uriel, and Yophyophyah. 6列挙としては、次の6校長の天使たち:マイケル、ガブリエル、メタトロン、 yopheil 、ウリエル、およびyophyophyahです。 The Book of Enoch (ch. xx.) speaks also of 6 principal Angels, while Pirque d.この本のイノック(第イグゼクスです。 ) 6話す校長の天使たちも、 pirque d. R. Eliez. r. eliezです。 iv. Ⅳ 。 mentions seven. 7言及しています。

In that very curious passage (Berakhoth 51 a) we read of three directions given by Suriel, Prince of the Face, to preserve the Rabbis from the Techaspith (company of Evil Angels), or according to others, form Istalganith (another company of Evik Angels. In Chag. 132 b we read of an Angel called Sandalpon, who stands upon the earth, while his head reaches 500 years' way beyond the living creatures. He is supposed to stand behind the Merkabah (the throne-chariot), and make crowns for the Creator, which rise of their own accord. We also read of Sagsagel, who taught Moses the sacred Name of God, and was present at his death. But, confining ourselves to the five principal Angel-chiefs, we have,非常に好奇心を通過さ( 51 berakhahの複数形)を読むの3つの方向で与えられたsuriel 、プリンスオブの顔は、律法学者からのtechaspithを維持するため(会社の邪悪な天使) 、またはその他によると、フォームistalganith (別の会社のevik天使。 chag 。 132 b私たちは、天使と呼ばれる読み取りsandalpon 、 whoスタンドに、地球、彼の頭に達する500年間の生き物をはるかに超えています。彼は仮定に立つの背後にmerkabah (王位継承-戦車) 、およびクラウンは、創作者に、自分の合意が上昇します。 sagsagel私たちにも読んで、 whoの神聖なの名前を教えムーサーの神となり、彼の死は存在します。しかし、自分を閉じ込めの5つの主要な天使-参謀本部は、私たちは、

a. Metatron, [1 On the controversy on the meaning of the name Metatron, whether it means under the throne, or behind the throne, or is the same as Meatator, divider, arranger, representative, we will not enter.] who appears most closely to correspond to the Angel of the Face, or the Logos. a. メタトロン、 [ 1上の論争をメタトロンの名前の意味を、王位継承されてことを意味するかどうか、または玉座の背後に、またはと同じmeatator 、デバイダ、編曲、代表者、我々は特定入力してください。 ] whoが表示されたら最も近いものを顔に対応して、天使のか、またはのロゴです。 He is the representative of God.彼は神の代表です。 In the Talmud (Sanh. 38 b) a Christian is introduced as clumsily starting a controversy on this point, that, according to the Jewish contention, Exod.は、タルムード( sanh. 38 b )あるとしてキリスト教が導入さ不器用この点について議論を開始する、それによると、ユダヤ人、競合、 exodです。 xxiv. 24 。 1 should have read, 'Come up to Me.' 1必要が読み取り、 '息をするためだ。 '

On this R. Idith explained that the expression referred to the Metatron (Exod. xxxiii. 21, but denied the inference that Metatron was either to be adored, or had power to forgive sins, or that he was to be regarded as a Mediator. In continuation of this controversy we are told (Chang. 15 a, b) that, when an apostate Rabbi had seen Metatron sitting in heaven, and would have interfered from it that there were two supreme powers, Metatron received from another Angel 60 fiery stripes so as to prove his inferiority! In Targ. Ps.-Jon. on Gen. v. 24 he is called the Great Scribe, and also the Prince of this world.本報告では認idithに言及しているという表現は説明してメタトロン( exod. 33 。 21日、しかし、メタトロンは、どちらかを否定して推論を崇拝されるか、または電源を許していたの罪か、またはしていたと見なされるの調停をします。この論争の継続を、私たちは言われた( chang. 15 a 、 b )のは、背教のラビ見たときに座って天国メタトロン、および干渉からは2つの最高権力があったことが、別の天使メタトロンから受け取った60熱烈なストライプス彼の劣等を証明するために!にターグ。 ps. -ジョンです。上Gen 。とv. 24彼は偉大な筆記体と呼ばれる、とも、王子は、次の世界です。

He is also designated as 'the Youth,' and in the Kabbalah as 'the Little God,' who had 7 names like the Almighty, and shared His Majesty.彼はまたとして指定さ'の若者、 'とは、カバラとして'の小さな神、 ' whoは7名のようにして偉力ならびなき、国王陛下と共有します。 he is also called the 'Prince of the Face,' and described as the Angel who sits in the innermost chamber (Chang. 5 b), while the other Angels hear their commands outside the Veil (Chang. 16 a).彼はとも呼ばれる'プリンスオブの顔、 'と記述されwho座っは、最も奥の天使箱( chang. 5 b )項、その間、他の天使たちの外にかこつけて、コマンドに聞く( chang. 16 ) 。 He is represented as showing the unseen to Moses (Siphre. p. 141 a), and as instructing infants to the Midrash on Lamentation there is a revolting story in which Metatron is represented as proposing to shed tears in order that God might not have to weep over the destruction of Jerusalem, to which, however, the Almighty is made to refuse His assent.彼は、幽玄界に表され、表示中に、ムーサー( siphre. p. 141 )は、幼児と指示をしてミドラーシュ深い悲しみには、胸がむかむかする話ではメタトロンが表され、提案をするために涙を流すことを、神がない可能性がエルサレムの破壊を嘆き悲しむがあります。これは、しかし、彼の同意を拒否する全能の神が行われる。

We hesitate to quote further from the passage.より詳細なから私たちをためらうの通過を引用しています。 In Siphre on Deut. siphre上でdeutです。 (ed. freidm. p. 141 a) Metatron is said to have shown Moses the whole of Palestine. (編freidm 。 p. 141 )によるとメタトロンはムーサーには、全体のパレスチナ表示します。 He is alos said to have gone before Israel in the Wilderness.のALOSによると彼はイスラエルには荒野の中に過ぎ去った。

b. Michael ('who is like God?'), or the Great Prince (Chag. 12b). b. マイケル ( ' whoは神のようですか? ' )か、または偉大な王子( chag. 12b ) 。 He stands at the right hand of the throne of God.彼は、右手でスタンドの玉座の神です。 According to Targ.ターグによるとします。 Ps.-Jon. ps. -ジョンです。 on Exod.上exodです。 xxiv. 24 。 1, he is the Prince of Wisdom. 1 、彼は、プリンスオブ知恵です。 According to the Targum on Ps.ターガム上によると、 psのです。 cxxxvii. cxxxvii 。 7, 8, the Prince of Jerusalem, the representative of Israel. 7日、 8日、エルサレムのプリンスオブは、イスラエルの代表者です。 According to Sebach. sebachによるとします。 62 a he offers upon the heavenly Altar; according to some, the soul of the pious; according to others, lambs of fire. 62時、彼は天国の祭壇;によると、いくつかのは、魂は、信心深い;によると、その他、子羊の火のです。 But, although Michael is the Prince of Israel, he is not to be invoked by them (Jer. Ber. ix. 13 a).しかし、マイケルは、プリンスオブものの、イスラエル、彼はしないようにして起動される( jer. BERを計算します。 9 。 13 ) 。 In Yoma 77 a we have an instance of his ineffectual advocacy for Israel before the destruction of Jerusalem. yoma 77で、私たちは彼の無駄な擁護のインスタンスを破壊する前に、イスラエルエルサレムです。 The origin of his name as connected with the Song of Moses at the Red Sea is explained in Bemidb.彼の名前の起源は歌として接続してムーサーは、紅海bemidbで説明されています。 R. 2. r. 2 。 Many instance of his activity are related.彼の活動に関連した多くのインスタンスをします。

Thus, he delivered Abraham from the fiery oven of Nimrod, and afterwards, also, the Three Children out of the fiery furnace.それゆえ、彼はアブラハムからの熱烈なオーブンの配信ニムロッドし、その後、また、子供たちの3つのアウトは、燃え盛る炉です。 He was the principal or middle Angel of the three who come to announce to Abraham the birth of Isaac, Gabriel being at his right, and Raphael at his left.彼は、校長や天使の真ん中の3つのアブラハムwho来るを発表するにして生まれたかをアイザック、ガブリエルが彼の右、左とラファエルは彼です。 Michael also saved Lot.マイケルもたくさん保存します。 Michael and Gabriel wrote down that the primogeniture belonged to Jacob, and God confirmed it.マイケルとガブリエルは、長子相続に属して書き留めたジェイコブ、そして神を確認してください。 Michael and Gabriel acted as 'friends of the bridegroom' in the nuptials of Adam.マイケルとガブリエル行動として'友達とは、花婿'は、アダムnuptials 。 Yet they could not bear to look upon the glory of Moses.だがかれらはできませんでしたクマを探す時、ムーサーの栄光のです。 Michael is also supposed to have been the Angel in the bush (according to others, Gabriel).マイケルはまたされたはずの天使は、ブッシュ大統領(他によると、ガブリエル)です。 At the death of Moses, Michael prepared his bier, Gabriel spread a cloth over the head of Moses, and Sagsagel over his feet.ムーサーは、死亡した、マイケル準備彼の棺台、ガブリエル以上の頭の布を広めるムーサーよ、と彼の足sagsagel以上です。

In the world to come Michael would pronounce the blessing over the fruits of Eden, then hand them to Gabriel, who would give them to the patriarchs, and so on to David.マイケルは、世界に来るの祝福に発音するエデンの果物、それらを手入力し、ガブリエル、 whoがして、 patriarchs与えるなどして、デビッドです。 The superiority of Michael over Gabriel is asserted in Ber.マイケル以上の優位ガブリエルがアサートさBERを計算します。 4 b, where, by an ingenious combination with Dan. 4 b 、どこに、ダンされた独創的な組み合わせです。 x. Xで 13, it is shown that Is. 13日、ことが示されているのです。 vi. Ⅵ 。 6 applies to him (both having the word, one). 6適用さ彼(の両方を持つ単語、 1つ) 。 It is added that Michael flies in one fight, Gabriel in two, Elijah in four, and the Angel of Death in eight flights (no doubt to give time for repentance).これは1つ追加されましたがマイケルハエと戦う、ガブリエル、 2つ、 4つのイライジャと死の天使は8便(時間を後悔を与える間違いない) 。

c. Gabriel ('the Hero of God') represents rather judgment, while Michael represents mercy. c. ガブリエル ( 'の英雄神' )を表すという判断し、マイケルの慈悲を表しています。 Thus he destroyed Skodom (Bab. Mex. 86 b, and other places).こうして彼は破壊さskodom ( bab.メキシコ風味です。 86 B 、および他の場所) 。 He restored to Tamar the pledges of Judah, which Sammael had taken away (Sot. 10 b).彼の公約のユダタマルに復元さ、これが連れ去らsammael ( sot. 10 b )です。 He struck the servants of the Egyptian princess, who would have kept their mistress from taking Moses out of the water (Sot. 12 b); also Moses, that he might cry and so awaken pity.彼を襲った召使は、エジプトの王女、 whoが愛人を取らずに保管するモーゼスの水( sot. 12イ) ;もムーサーよ、と彼は目を覚まさせるかもしれないので泣くと残念なことです。 According to some, it was he who delivered the Three Children; but all are agreed that he killed the men that were standing outside the furnace.によると、いくつか、それは、彼who配信の3つの子供たち;しかし、彼はすべての人は合意して死亡した男性の炉の外に立っていた。 He also smote the army of Sennacherib.彼はまた、陸軍のsennacherib smiteの過去形です。

The passage in Ezek. ezekの通過にします。 x. Xで 2, 7 was applied to Gabriel, who had received from the Chureb two coals, which, however, he retained for six years, in the hope that Israel might repent. 2 、 7が適用されるガブリエル、 who chureb 2つの石炭を受けてから、これは、しかし、彼は6年間保管し、イスラエルを期待して後悔するかもしれない。 [a Gabriel was also designated Itmon, because he stops up the sing of Israel (Sanh. 45 b).] He is supposed to be referred to in Ezek. [ itmon指定するガブリエルも、停止するため、彼はイスラエルの歌( sanh. 45 b )です。 ]彼はezekはずで参照されています。 ix. 9 。 4 as affixing the mark on the forehead which is a drawn, in the wicked, in blood (Shabb. 55 a). 4として、マークを付けることが描か額は、邪悪な、血液中の( shabb. 55 )です。 We are also told that he had instructed Moses about making the Candlestick, on which occasion he had put on an apron, like a goldsmith; and that he had disputed with Michael about the meeting of a word.我々はまたムーサーは指示していたメーカーの燭台については、機会上で芝居をしていたエプロンのようにゴールドスミス;と係争していたマイケルについては、会議室は、単語のです。 To his activity the brining of fruits to maturity is ascribed, perhaps because he was regarded as made of fire, while Michael was made of snow (Deb. R. 5).彼の活動をbriningの果実の成熟度は、生得的に、おそらくと見なされて作られていたので、火災、雪の中のマイケルが行われた( deb. r. 5 ) 。

These Angels are supposed to stand beside each other, without the fire of the one injuring the snow of the other.これらの天使たちがお互いにスタンドの横に、 1つの火の中の雪を傷つけようとする、他のです。 The curious legend is connected with him (Shabb. 56 b, Sanh. 21 b), that, when Solomon married the daughter of Pharaoh, Gabriel descended into the sea, and fixed a reed in it, around which a mudbank gathered, on which a forest sprang up.彼の不思議な伝説がインターネットに接続( shabb. 56 b 、 sanh 。 21 b )項、その時フィルアウンソロモンの娘と結婚、ガブリエルの子孫となって海に、と固定するために、葦では、そこを中心に、泥が集まり、上で森springの過去形です。 On this site imperial Rome was built.インペリアルローマ本サイト上に建てです。 The meaning of the legend, or perhaps rather allegory, seems (as explained in other parts of this book) that, when Israel began to decline from God, the punishment through its enemies was prepared, which culminated in the dominion of Rome.の意味の伝説か、あるいはむしろアレゴリー、思わ(の他の部分の説明にあるとおりこの本)は、イスラエルが始まったときに、神を拒否するよりは、それに対する懲罰準備を通じて、敵は、これは、ドミニオンの頂点に達し、ローマです。 In the future age Gabriel would hunt and slay Leviathan.ガブリエルは、将来の年齢はリバイアサン殺しハントとします。 This also may be a parabolic representation of the destruction of Israel's enemies.これも放物線で表現した場合は、イスラエルの破壊の敵です。

d. Of Uriel ('God is my light') and Raphael ('God heals') it need only be said, that the one stands at the left side of the Throne of glory, the other behind it.ウリエル ( '神は私の光' )とラファエル ( '神が癒' )ことが必要と述べたのみで、スタンドは、 1つは、栄光の玉座の左側に、他の背後にしてください。 [1 The names of the four Angel-Princess, Michael, Gabriel, Uriel, and Raphael, are explained in Bemid. [ 1の名前の4つのエンジェル-プリンセス、マイケル、ガブリエル、ウリエル、ラファエル、 bemidが説明されています。 R. 2.] r. 2 。 ]

3. 3 。 The Ministering Angels and their Ministry.天使たちとその省のministeringです。

The ministry of the Angels may be divided into two parts, that of praising God, and that of executing His behests.省、天使たちが5月2つの部分に分かれて、それを賞賛の神となり、彼のことを実行behestsです。 In regard to the former, there are 684,000 myriads who daily praise the Name of God.これと関連し、元には、毎日who 684000無数の神の名前を称賛する。 From sunrise to sundown they say: Holy, holy, holy, and from sundown to sunrise: Blessed bore the Glory of God from its place.日の出から日没までかれらは言う:聖なる、聖なる、聖なる、日没から日の出から:神の栄光の祝福がうんざりするその場所からです。 In connection with this we may mention the beautiful allegory (Shem. R. 21) that the Angel of prayer waves crowns for God out of the prayer of Israel.これに関連して言及することがあります美しい寓意( shem. r. 21 )は、天使の祈りの波にクラウンを祈り、イスラエルの神です。 As to the execution of the Divine commands by the Angels, it is suggested (Aboth d. R. Nathan 8, that their general designation as ministering Angels might have led to jealousy among them.として、神のコマンドを実行され、天使たちに、それは提案( aboth d. r.ネイサン8日、天使たちが彼らの一般的な種別としてministeringつながってしっとこのうちかもしれない。

Accordingly, their names were always a composition of that of God with the special commission entrusted to them (Shem. r. 29), so that the name of each Angel depended in Yalkut (vol. ii. Par. 797), where we are told that each Angel has a tablet on his heart, in which the Name of God and that of the Angel is combined.したがって、自分の名前がいつもの組成を神の特別委員会に委託して( shem. r. 29 ) 、天使のように、それぞれの名前を依存しyalkut (日本語Ⅱ 。パーです。 797 ) 、ここで我々はタブレットは、各天使には、彼の心をされるのは、名前を神と天使が複合している。 This change of names explained the answer of the Angel to Manoah (Bemidb. R. 10).この変更の名前を説明して答えは、天使manoah ( bemidb. r. 10 ) 。 It is impossible to enumerate all the instance of Angelic activity recorded in Talmudic writings.を列挙することは不可能天使の活動のすべてのインスタンスに記録されtalmudic作品を紹介します。 Angels had performed the music at the first sacrifice of Adam; they had announced the consequences of his punishment; they had cut off the hands and feet of the serpent; they had appeared to Abraham in the form of a baker, a sailor, and an Arab.天使たちの音楽を実行していたアダムの最初の犠牲;ていた彼の罰の結果を発表;ていた手と足を切断するのヘビ;ていたアブラハムの形で登場し、ベイカーは、セーラーと、アラブのです。

120,000 of them had danced before Jacob when he left Laban; 4,000 myriads of them were ready to fight for him against Esau; 22,000 of them descended on Sinai and stood beside Israel when, in their terror at the Voice of God, they fled for twelve miles. 120000ジェイコブの前にしていたときに彼が去った後で踊りを催す; 4000無数のために戦う準備がかれらの多くは彼に対してエサウ; 22000人の子孫をシナイ半島とイスラエルの横に立っていたときに、その恐怖は、神の声、彼らの12逃走マイルです。 Angels were directed to close the gates of heaven when the prayer of Moses with the All-powerful, Ineffable Name in it, which he had learn from Sagsagel, would have prevented his death.天使たちは天国の門を閉じるには監督の祈りの時、ムーサーの全権力を握って、言いようのない名前では、どのsagsagelから学ぶ彼は、彼の死は阻止します。 Finally, as they were pledged to help Israel, so would they also punish every apostate Israelite.最後に、支援を約束していたとして、イスラエル、これはまた、イスラエルを罰するすべての背教者です。 Especially would they execute that most terrible punishment of throwing souls to each other from one word to another.特に彼らは最も恐ろしい罰を実行することをお互いに投げの魂を別の1つの単語からです。

By the side of these debasing superstitions we come upon beautiful allegories, such sa that a good and an evil Angel always accompanied man, but especially on the eve of the Sabbath when he returned from the Synagogue, and that for every precept he observed God sent him a protecting Angel.これらのdebasingされる側の迷信私たちの美しい襲うallegories 、このようにして善と悪の天使、常に同行する男だが、特に、安息日の前夜、ユダヤ教の礼拝堂から返されるときは、すべての指針として送られる彼は神の観測彼を守る天使です。 This is realistically developed in Pirke d.これは現実的に開発されたpirke d. R. El. r.エルです。 15, where the various modes and time which the god Angels keep man from destruction are set forth. 15日、ここでの様々なモードでは、神の天使たちと時間を保つ男から破壊が定める。

It is quite in accordance with what we know of the system of Rabbinism, that the heavenly host should be represented as forming a sort of consultative Sanhedrin.それは非常に基づき、私たちには、システムのラビの教義知って、ホストは、天を形成する必要が表され、並べ替えの協議サンヘドリンです。 Since God never did anything without first taking counsel with the family above (Sanh. 38 b,) [2 According to Jer.以来、神は何の役に何もなく最初の撮影は、家族の助言を上記の( b sanh. 38 ) [ 2によると、 jerです。 Ber. BERを計算します。 ix. 9 。 7 (p. 14 b), God only takes counsel with His Sanhedrin when He takes away, not when He giveth (Job i. 21), and it is argued that, wherever the expression 'and Jehovah' occurs, as in the last clause of 1 Kings xxii. 7 ( 14頁b )項、神のみが彼の弁護人サンヘドリンとき彼はawayではなく、彼は与えられるときに(仕事i. 21 ) 、と主張したことは、どこの表現'とエホバ'が発生すると、のように、最終更新節の1キングスxxii 。 23m ut n eabs God His Sanhedrin.] it had been so when He resolved to create man.彼のサンヘドリン二三メートルユタn eabs神です。 ]ていたのでマニュアルを作成するときに解決します。 Afterward the Angels had interceded for Adam, and, when God pointed to his disobedience, they had urged that thus death would also come upon Moses and Aron, who were sinless, since one fate must come to the just and the unjust.その後、天使たちにはアダム準備をし、神を指して彼の指示に従わないとき、彼らはこのように死を促したこともまた、ムーサーとアロン襲う、 whoがsinlessので、 1つの運命をしなければならないとの不当なだけです。 Similarly, they had intercede for Isaac, when Abraham was about to offer him and finally dropped there tears on the sacrificial knife, by which its edge became blunted.同様に、彼らはイサクの仲を取り持つ、アブラハムは約を提供するときに彼と最後に涙をのいけにえにナイフを落とし、そのエッジが鈍化なった。 And so through the rest of Israel's history, where on all critical occasion Jewish legend introduces the Angels on the scene.イスラエルの残りの部分などの歴史を通じて、ここですべての重要な機会に、天使たちがユダヤ人の伝説のシーンを紹介します。

4. 4 。 Limitation of the power of the Angels.天使たちのパワーを制限します。

According to Jewish ideas, the faculties, the powers, and even the knowledge of Angels were limited.によると、ユダヤ人のアイデアは、学部は、権限、およびさえ、天使たちの知識が限られている。 They are, indeed, pure spiritual beings (Vayyikra R. 24), without sensuous requirements (Yoma 75 b), without hatred, envy, or jealousy (Clhag. 14), and without sin (Pirqe d. R. El. 46).彼らは、実際のところ、純粋な精神的な生き物( vayyikra r. 24 ) 、感覚的な要件( yoma 75 b )項、第なし憎悪、羨望か、またはしっと( clhag. 14 ) 、およびせず罪( pirqe d. r.エルです。 46 )です。 They know much, notably the future (Ab. d. R. Nath. 37), and have in the Divine Light.彼ら知りません、特に将来の( ab. d. r.ナスです。 37 ) 、しては、神の光です。 Tyey live on the beams of the Divine Glory (Bem. R. 21), are not subject t our limitatious as to movement, see but are not seen (A bd R. Nath. us), can turn their face to any side (Ab. d. R. Nath. 37), and only appear to share in our ways, such as in eating (Bar. R. 48).ビームtyeyに住んでいるのは、神の栄光( bem. r. 21 ) 、私たちがlimitatiousアジ研トンに運動を参照してくださいだが見られる( bd r.ナスです。問い合わせ) 、自分の顔をすることが可能側(アルバータします。 d. r.ナスです。 37 ) 、および当社の方法でのみ表示さを共有する、などのように食べて( bar. r. 48 ) 。

Still, in many respects they are inferior to Israel, and had been employed in ministry (Ber. R. 75).それでも、彼らは多くの点で劣るイスラエル、日本、および省で採用されていた( ber. r. 75 ) 。 They were unable to give names to the animals, which Adam did (Priqe d. R. El. 13).彼らの名前を与えることができませんでした。動物、アダムは( priqe d. r.エルです。 13 ) 。 Jocob had wrestled with the Angel and prevailed over him when the Angel wept (Chull. 95 a). jocobいた以上に取り組んだの天使と彼が勝っていたときに、天使の涙( chull. 95 )です。 Thus it was rather their nature than their powers or dignity which distinguished them from man.そのため、これは、その性質というよりも権力や人間の尊厳を識別してからです。 No angel could do two messages at the same time (Ber. R. 50).天使が行う2つのメッセージは、同じ時間( ber. r. 50 ) 。 In general they are merely instruments blindly to do a certain work, not even beholding the Throne of Glory (Bemidb. R. 14), but needed mutual assistance (Vayyikia R. 31).一般的に彼らは単に楽器をやみくもにこれを行うに、特定の作業ではなく、栄光の玉座にもbeholding ( bemidb. r. 14 ) 、しかし、必要に応じて相互援助( vayyikia r. 31 ) 。

They are also liable to punishments (Chag. 16 a).彼らは処罰も責任を負いません( chag. 16 ) 。 Thus, they were banished from their station for 138 years, because they had told Lot that God would destroy Sodom, while the Angel-Princes of the Gentiles were kept in chains till the days of Jeremiah.したがって、彼らはその駅から追放さの138年間、たくさんのために、神は彼らを破壊する聞かさソドム、天使の君主の中gentilesが保存されてジェレマイア日間のチェーンまでです。 As regards their limited knowledge, with the exception of Gabriel, they do not understand Chaldee or Syriac (Sot. 33 a).この点に関しては限られている、ガブリエルを除いて、理解していないchaldeeやシリア語( sot. 33 )です。 The realistic application of their supposed ignorance on this score need not here be repeated (see Shabb. 12 b).仮定の現実的アプリケーションの無知をここで繰り返されるこのスコア必要はありません( shabbています。 12 b )です。 As the Angels are inferior to the righteous, it follows that they are so to Israel.として、天使たちには、正義の下に、それを次のようにしては非常にイスラエルです。 God had informed the Angels that the creation of man was superior to theirs, and it had excited their envy.神は、天使たちには、インフォームドコンセントの創造に優れている男はかれらは、その羨望と興奮していた。 Adam attained a place much nearer to God than they, and God loved Israel more than the Angels.アダム達成を神に近いくらいの場所よりも、イスラエルを超えると、天使たちに愛さ神です。 And God had left all the ministering Angels in order to come to Moses, and when He communicated with him it was directly, and the Angels standing between them did not hear what passed.そして神は左のすべてのministering天使たちのために来てムーサーよ、と彼は彼に直接伝達、およびそれらの間の、天使たちに立ってどのように渡さ聞こえなかった。

In connection with this ministry of the Angels on behalf of Biblical heroes a curious legend may here find its place.接続部がこの聖書に代わって、天使たちに好奇心英雄伝説年5月、ここにその場所を検索します。 From a combination of Ex.元の組み合わせからです。 xviii. 18 。 4 with Ex. 4件例です。 ii. Ⅱ 。 15 the strange inference was made that Moses had actually been seized by Pharaoh. 15の奇妙な推論が行われたが、ムーサーが、実際に押収され、フィルアウンです。 Two different accounts of how he escaped from his power are given.彼のエスケープ処理方法の異なる2つのアカウントから彼の力が与えられた。 According to the one, the sword with which he was to be executed rebounded from the neck of Moses, and was broken, to which Cant.によると、 1つは、剣での彼は首から反発を実行するのムーサーよ、とは、ブロークン、どのできない。 vii. Ⅶ 。 5 was supposed to refer, it being added that the rebound killed the would-be executioner. 5は、仮定を参照、それが追加されました反発して殺害し死刑執行したいと思っている。 According to another account, an Angel took the place of Moses, and thus enabled him to fly, his flight being facilitated by the circumstances that all the attendants of the king were miraculously rendered either dumb, deaf, or blind, so that they could not execute the behest of their master.別のアカウントによると、ムーサーの代わりに天使のは、このように有効になって彼を飛ぶと、彼の飛行が促進される状況でのすべての参加者は、王のが奇跡のいずれか間抜けなレンダリング、耳が聞こえないか、またはブラインド、それでかれらできませんでした。それぞれのマスタを実行して要請を受けています。

Of this miraculous interposition Moses is supposed to have been reminded in Ex.ムーサーは、次の奇跡の介入は訓戒されたはずの例です。 iv. Ⅳ 。 11, for hid encouragement in undertaking his mission ot Pharaoh. 11日、激励の事業を自分の使命hid otフィルアウンです。 In the exaggeration of Jewish boastfulness in the Law, it was said that the Angels had wished to receive the Law, but that they had not been granted this privilege (Job xxviii. 21).言っても過言では、同法のユダヤ人の自慢、それは、天使たちによると、この法律の受信を希望していたが、その彼らは、この権限を付与されていない(二十八の仕事です。 21 ) 。 And sixty myriads of Angels had crowned with two crowns every Israelite who at Mount Sinai had taken upon himself the Law (Shabb. 88 a). 60無数の天使たちと2つの王冠が飾らすべてのイスラエルにあるマウントサイナイwho撮影時は自分自身の法( shabb. 88 )です。 In view of all VOL.で対象のすべての!です。 ii. Ⅱ 。 this we need scarcely mention the Rabbinic prohibition to address to the Angels prayers, even although they bore them to heaven (Jer. Ber. ix. 1), or to make pictorial representations of them (Targ. Ps-Jon. on Ex. xx. 23; Mechilta on the passage, ed. Weiss, p. 80 a).このほとんど言及する必要がラビのアドレスを禁止し、天使たちに祈り、彼らも退屈して天国( jer. BERを計算します。 9 。 1 ) 、またはを使用して絵を表現して( psのtarg. -ジョンです。上例です。イグゼクス。 23 ; mechilta上の通過に、エドです。ワイス、 p. 80 ) 。

5. 5 。 The Angels are not absolutely good.確実に、天使たちにはない良いです。

Strange as it may seem, this is really the view expressed by the Rabbis.奇妙に見えるかもしれません、これは実際には表示されるラビを表明します。 Thus it is said that, when God consulted the Angels, they opposed the creation of man, and that, for this reason, God had concealed from them that man would sin.そのためによると、これは、相談したときに、天使たちに、神は、彼らの創造に反対して男、とし、この理由から、神から隠していたあの男は罪です。 but more than this, the Angels had actually conspired for the fall of man (the whole of this is also related in Pirqe d. R. El. 13).しかし、これ以上、天使たちの秋には、実際に共謀の男(これもまた関連して全体のpirqe d. r.エルです。 13 ) 。 Nor had their jealous and envy been confined to that occasion.また彼らは嫉妬と羨望をその場に閉じ込めれています。 They had accused Abraham, that, when he gave a great feast at the weaning of Isaac, he did not even offer to God a bullock or a goat.彼らは被告人アブラハム、そのとき彼は大きなごちそうは、離乳のアイザック、彼は神をも提供するか、ヤギのブロックします。 Similarly, they had laid charges against Ishmael, in the hope that he might be left to perish of thirst.同様に、彼らは告発するlaidイスマーイール、期待して彼は、左から死ぬかもしれないの渇きを癒す。

They had expostulated with Jacob, because he went to sleep at Bethel.彼らは、ジェイコブexpostulatedため、彼はベテルをスリープ状態にします。 But especially had they, from envy, opposed Moses' ascension into heaven; they had objected to his being allowed to write down the Law, falsely urging that Moses would claim the glory of it for himself, and they are represented, in a strangely blasphemous manner, as having been with difficulty appeared by God.しかし、彼らは特に、より羨望、反対ムーサー'アセンションを天国;ていた彼が認められて反対して同法を書き留めておいて、虚偽の主張するよう促すことムーサーは自分自身の栄光のことを、と彼らは表現は、不敬は奇妙にように、難しされているかを神が登場します。 In Shabb.でshabbです。 88 b we have an account of how Mosses pacified the Angels, by showing that the Law was not suitable for them, since they were not subject to sinful desires, upon which they became the friends of Moses, and each taught him some secret, among others the Angel of death how to arrest the pestilence. 88 b私たちはどのようにアカウントコケpacified 、天使たちに、表示中は、法が適していないし、以来彼らは罪深い欲望の対象を、基づいて作られ、友達とのムーサー彼らは、それぞれの教えと彼いくつかの秘密、その中他人の死の天使の疫病を逮捕する方法です。 Again, it is said, that the Angels were wont to bring charges against Israel, and that, when Manasseh wished to repent, the Angels shut the entrance to heaven , so that his prayer might not penetrate into the presence of God.再び、それはによると、いつもは、天使たちが起訴反イスラエル、とし、マナセを希望して後悔するときに、コンピュータをシャット、天使たちが天国の入口にあるように、彼の祈りを見抜くかもしれないが、神が存在する。

Equally profane, though in another direction, is the notion that Angels might be employed for magical purposes.不敬に等しく、別の方向にかかわらず、その概念は、魔法の天使かもしれない者の雇用を目的にします。 This had happened at the siege of Jerusalem under Nebuchadnezzar, when, after the death of that mighty hero Abika, the son of Gaphteri, Chananeel, the uncle of Jeremiah, had conjured up ministering Angels, who affrighted the Chaldees into flight.これが起きたのは、エルサレムの包囲されてネブカドネザル、いつ、その偉大な英雄の死亡後、 abika 、 gaphteriの息子、 chananeelは、叔父のジェレマイア、天使たちはconjuredアップministering 、 who affrightedのchaldeesを飛行します。 On this God had changed their names, when Chananeel, unable any longer to command their services, had summoned up the Prince of the World by using the Ineffable Name, and lifted Jerusalem into the air, but God had trodden it down again, to all which Lam.この神は自分の名前を変更するときchananeel 、もはやできませんでしたが、そのサービスのコマンドは、王子が召喚する、世界を使用して、筆舌に尽くし難い名、および解除エルサレムを空中に、神が再びダウン踏みつぶされたことは、すべてのどのラムです。 ii. Ⅱ 。 1 referred (Yalk. vol. ii. p. 166 c and d, Par. 1001). 1参照( yalk. !です。 Ⅱ 。 p. 166 CとD 、パー。 1001 ) 。

The same story is repeated in another place (p. 167, last line of col. c, and col. d), with the addition that the leading inhabitants of Jerusalem had proposed to defend the city by conjuring up the Angels of Water and Fire, and surrounding their city with walls of water, of fire, or of iron; but their hopes were disappointed when God assigned to the Angel names different from those which they had previously possessed, so that when called upon they were unable to do what was expected of them.同じストーリーが繰り返さを別の場所( p. 167 、列の最後の行です。 C 、および列です。奥行) 、に加えエルサレムの住民たちは、リードを守るために市が提案され、天使たちに手品の水をすると火災、および周辺の都市と壁の水を、火災、または鉄;しかし、その期待は失望に割り当てられているときに、神の天使の名前は異なるが、以前は次の保有していた、と呼ばれるようにするときに何が彼らを行うことができませんでした。期待しています。

6. 6 。 The Names of the Angels.天使たちの名前をします。

Besides those already enumerated, we may here mention, [1 Akhtariel , perhaps 'the crown of God,' seems to be the name given to the Deity (Ber. 7 a).] the Sar ha-Olam , or 'Prince of the World' (Yeb. 16 b); the Prince of the Sea, whose name is supposed to have been Rahab , and whom God destroyed because he had refused to receive the waters which had covered the world, and the small of whose dead body would kill every one if it were not covered by water. Dumah is the Angel of the realm of the dead (Ber. 18 b).すでに列挙さに加え、ここで言及することがあります、 [ 1 akhtariel 、おそらく'神のクラウン、 'と思われる、神から与えられた名前( ber. 7 ) 。 ]のSARハ- olamか、または'プリンスオブ世界' ( yeb. 16イ) ;のプリンスオブの海で、その名が仮定されラハブし、破壊神を拒否して受信するため、彼はカバーしていた世界のために尽くす、と小さいのが、その死体殺すごとに1つの場合には水でカバーされない。 dumahは、天使のレルムオブザデッド( ber. 18 b )です。 When the soul of the righteous leaves the body, the ministering Angels announce it before God, Who deputes them to meet it.ときに、正義の魂が肉体を離れると、天使たちのministeringを発表する前に、神、 who deputesそれらを満たしています。

Three hosts of Angels then proceed on this errand, each quoting successively one clause of Is.天使たちのホストの3つの手順を入力し、この用事、それぞれの引用句の1つの連続です。 lvii. 57 。 2. 2 。 On the other hand, when the wicked leave the body, they are met by three hosts of destroying Angels, one of which repeats Is.その一方で、邪悪なときに体のまま、彼らは満たされる3つのホストを失墜天使たちは、 1つの繰り返しです。 xlviii. 48 。 22, another Is. 22日、別のです。 1. 1 。 11, and the third Ezek. 11日、および3番目のezekです。 xxxii. 32 。 19 (Keth. 104 a). 19日( keth. 104 )です。 Then the souls of all the dead, good or bad, are handed over to Dumah. Yorqemi is the Prince of hail.すべての死者の魂を入力し、良いか悪いかは、移譲をdumahです。 yorqemiは、プリンスオブ雹です。 He had proposed to cool the fiery furnace into which the Three Children were cast, but Gabriel had objected that this might seem a deliverance by natural means, and being himself the Prince of the fire, had proposed, instead of this, to make the furnace cold within and hot without, in order both to deliver the Three Children and to destroy those who watched outside (Pes. 118 a and b) [1 It is said that Gabriel had proposed in this manner of deliver Abraham when in similar danger at the hands of Nimrod.彼は、燃え盛る炉の温度が下がるまで提案されての3つの子供たちが出演、しかし、ガブリエルに反対していたように見えるかもしれない救出され、自然を意味し、自分自身のプリンスオブの火が、が提案したのではなく、これは、炉を作る寒さに、ホットせず、両方を提供するための3つの子供たちとそれらを破壊するwho見た外部( pes. 118 aとb ) [ 1それによると、ガブリエルは、このような方法での配信が提案したときに同様の危険性は、アブラハムニムロッド手にします。

And, although God had by His own Hand delivered the patriarch, yet Gabriel had obtained this as the reward of his proposal, that he was allowed to deliver the Three Children from the fiery furnace.] Ridya , or Rayda is the Angel of rain.と、彼自身の手は神が配信され、家長、まだありませんガブリエルの報酬が得られるこの彼の提案として、許可を提供していた子供たちの3つの炉からの熱烈な。 ] ridyaか、またはraydaが、天使の雨です。 One of the Rabbis professed to describe him from actual vision as like a calf whose lips were open, standing between the Upper and the Lower, Let you waters springs up.ラビのいずれかの公言を説明するより実際のビジョンとして彼の唇が開いてふくらはぎののように、上部と下部の間に立って、水スプリングスせていただきます。 The representation of this Angel as a calf may be due to the connection between rain and ploughing, and in connection with this may it be notices that Rayda means both a plough and ploughing (TAan. 25 b).天使の表現としては、次のふくらはぎの年5月に雨との間の接続のために除雪、およびそれに関連して、この5月に通知をraydaと意味の両方を除雪プラウ( taan. 25 b )です。

Of other Angels we will only name the Ruach Pisqonith , or Spirit of decision, who is supposed to have made most daring objection to what God had said, Ezek.我々は他の天使たちの名前ruach pisqonithのみ、または意思決定の精神を、 whoは、最も大胆な仮定には反対するのは、神がどのようによると、 ezekです。 xvi. 16 。 3, in which he is defended by the Rabbis, since his activity had been on behalf of Israel (Sanh. 44 b); Naqid , the Angel of Food; Nabhel , the Angel of Poverty; the two Angels of Healing; the Angel of Dreams, Lailah ; and even the Angel of Lust. 3日では彼はラビ擁護されるので、彼の活動に代わっていたイスラエル( sanh. 44イ) ; naqidは、天使の食品; nabhelは、天使の貧困;の2つの天使たちの癒しの天使夢は、 lailah ;とさえ、天使の欲望です。 [a See also the names of the five angels of destruction of whom Moses was afraid on his descent from the mount. [をも参照してくださいの5つの天使たちの名前を誰が破壊さムーサーが怖かったから彼の降下をマウントします。 Against three of them the thrice Patriarchs were to fight, God Himself being asked , or else proposing, to combat along with Moses against the other two (Sanh. R. 41; 44) 3つのpatriarchs反対して、三度と戦うが、神がわたしたち自身頼まれもしないのに、または他の提案は、反対を防止するとともに、他の2つのムーサー( sanh. r. 41 ; 44 )

It is, of course, not asserted that all these grossly materialistic superstitious and profane views were entertained in Palestine, or at the time of our Lord, still less that they are shared by educated Jews in the West.これは、もちろん、肉眼で見ていないと主張し、これらの唯物論のすべての迷信と不敬再生回数は、パレスチナを楽しまか、または時点で、わたしたちの主は、まだ少ない共有されることが教育を受けたユダヤ人の西です。 But they certainly date from Talmudic times; they embody the only teaching of Rabbinic writings about the Angels which possess, and hence, whencesoever introduce, or however developed, their roots must be traced back to far earlier times than those when they were propounded in Rabbinic Academies.しかし、彼らより確かに日付talmudic回;彼らを体現する教育のラビのみ記述については、天使たちが保有し、それゆえ、 whencesoeverを導入するか、または開発しかし、彼らのルーツをはるかにさかのぼるしなければならない以前の倍提唱していたときに比べてラビアカデミーです。 All the more that modern Judaism would indignantly repudiate them, do they bear testimony against Rabbinic teaching.現代のユダヤ教の他のすべてのことを拒むと憤然とし、かれらに対してラビ教育証言します。 And one thing at least must be evident, for the sake of which we have undertaken the task of recording at such length views and statements repugnant to all reverent feeling.少なくとも1つのことを明らかにしなければならないのために、実施していきたいと考えてタスクを記録再生回数や文の長さは気に食わないようなすべての敬けんな感じです。

The contention of certain modern writers that the teaching about Angels in the New Testament is derived from, and represents Jewish notions must be perceived to be absolutely groundless and contrary to fact.競合の特定の近代作家の教育については、天使たちは、新約聖書に由来し、ユダヤ人を表す概念を確実に認識しなければならない事実に反対する根拠とします。 In truth, the teaching of the New Testament on the subject of Angels represents, as compared with that of the Rabbis, not only a return to the purity of Old Testament teaching, but, we might almost say, a new revelation.実際には、新約聖書の教えを表すもので、被写体の天使たち、律法学者と比べるとしている、というだけではなく純度戻るには、旧約聖書の教えは、しかし、私たちかもしれないほぼ言ってやるが、新たな啓示です。

II. Ⅱ 。 SATANOLOGY AND FALL OF THE ANGELS.悪魔と秋の天使たちです。

The difference between the Satanology of the Rabbis and of the New Testament is , if possible, even more marked than that in their Angelology.悪魔の違いは、律法学者や、新約聖書は、もし可能であれば、さらに多くのスパムに比べて、その天使です。 In general we note that, with the exception of the word Satan, none of the names given to the great enemy in the New Testament occurs in Rabbinic writing.一般的に私たちに注意して、悪魔という言葉を除いて、いずれの名前を与えられた偉大な敵は、新約聖書ラビの書き込みが発生します。 More important still, the latter contain no mention of a Kingdom of Satan.もっと重要なことは、後者に含まれていない王国の悪魔に言及した。 In other words, the power of the evil is not contrasted with that of good, nor Satan with God.言い換えれば、悪の力を利用しているといい対照的ではない、神も悪魔です。 The devil is presented rather as the enemy of man, than of God and of good.悪魔は人間の敵として提示というよりも、神との良いです。

This marks a fundamental difference.この点に根本的な違いです。 The New Testament sets before us two opposing kingdoms, or principles, which exercise absolute sway over man.新約聖書の問い合わせを設定する前に2つの国に反対か、または原則、絶対的な影響力を行使男です。 Christ is 'the Stronger one' who overcometh 'the strong man armed,' and taken from him not only his spoils, but his armour (St. Luke xi. 21, 22).イエスキリストは'の強力な1つの' who overcometh 'の強い男の武装、 'から彼と彼の戦利品だけでなく、彼の武具(聖ルカXI 。の21日、 22 ) 。 It is a moral contest in which Satan is vanquished, and the liberation of his subjects is the consequence of his own subdual.これは道徳的なコンテストでは打ち負かさ悪魔は、彼の科目との解放は、彼自身の征服の結果です。 This implies the deliverance of man from the power of the enemy, not only externally but internally, and substitution of a new principle of spiritual life for the old one.これは、救出の敵から来た男は、パワーだけでなく、外部しかし、内部的には、交代の新たな原則と精神的な生活を、古い1つです。 It introduces a moral element, both as the ground and as the result of the contest.道徳的な要素を導入すること、の両方で、地上との結果として、このコンテストです。

From this point of view the difference between the New Testament and Rabbinism cannot be too much emphasized, and it is no exaggeration to say that this alone, the question here being one of principle not of details, would mark the doctrine of Christ as fundamentally divergent from, and incomparably superior to, that of Rabbinism.この観点からの違いはラビの教義は新約聖書と強調し過ぎることはできませんし、これはこれも過言ではないだけでも、ここでの問題の1つの原則が特定の詳細については、キリストの教義を記念して、根本的に発散より、とは比較に優れている、とのラビの教義です。 'Whence hath this Man this wisdom?' 'そこからこの男このかれらの知恵ですか? ' Assuredly, it may be answered, not from His contemporaries.確かに、答えたことがありますが、彼のコンテンポラリーないからです。

Since Rabbinism viewed the 'great enemy' only as the envious and malicious opponent of man, the spiritual element was entirely eliminated.ラビの教義の人気以来の大きな敵'としてのみの羨望のと、悪意のある対戦相手の男は、精神的な要素は、完全に除去されます。 [1 An analogous remark would apply to Jewish teaching about the good angels, who are rather Jewish elves than the high spiritual beings of the Bible.] Instead of the personified principle of Evil, to which there is response in us, and of which all have some experience, we have only a clumsy and, to speak plainly, often a stupid hater. [ 1 、類似の発言が適用されるユダヤ人の教育については、良い天使、 whoは、ユダヤ人のエルフというよりも、聖書の高い精神的な生き物です。 ]の代わりに、悪の権化のような人の原理、問い合わせに回答さには、およびすべてのいくつかの経験は、私たちの場合は、不器用なとは、端的に言うには、多くの場合愚かな嫌いです。 This holds equally true in regard to the threefold aspect under which Rabbinism presents the devil: as Satan (also called Sammael); as the Yester haRa, or evil impulse personified; and as the Angel of Death, in other words, as the Accuser, Tempter, and Punisher.これは等しく真の側面に関連して3倍にプレゼントされて悪魔のラビの教義:としてサタン( sammaelとも呼ばれる) ;として、昨日の原か、またはインパルス悪の権化のような人;と死の天使として、換言すれば、告発人として、誘惑する、とパニッシャーです。 Before explaining the Rabbinic views on each of these points, it is necessary to indicate them in regard to:ラビの再生回数を説明する前にこれらの各ポイントを示すことが必要であることを表明する:

1. 1 。 The Fall of Satan and of his Angels.サタンの秋に、彼の天使たちです。

This took place, not antecedently, but subsequently to the creation of man.これが行われ、特定antecedently 、しかし、その後に男の創出にします。 As related in Pirqe de R. Eliezer, ch 13, the primary cause of it was jealously and envy on the part of the Angels. pirqeデr.エリエゼルに関連して、あなたの13日、ねたんでの主な原因で発生すると羨望を検索することが、天使たちに部分です。 [2 As a curious illustration how extremes meet, we subjoin the following from Jonathan Edwards. [ 2イラストどのように極端な好奇心を満たし、私たちは、次のsubjoinジョナサンエドワーズからです。 After describing how 'Satan, before his fall, was the chief of all the angels ...方法について説明した後'悪魔の前に、彼の秋、天使たちは、チーフのすべての... nay, ...いや、 ... the Messiah or Christ (!), as he was the Anointed, so that in the respect, Jesus Christ is exalted unto his place in heaven'; and that 'Lucifer or Satan, while a holy angel ...イエスキリストのメシアまたは( ! ) 、彼は、聖なるので、尊重して、イエスキリストは、かれの高貴な場所に天国' ;とその'ルシファーやサタン、中に神聖な天使... was a type of Christ,' the great American divine explains his fall as follows: 'But when it was revealed to him, high and glorious as he was, that he must be a ministering spirit ot the race of mankind which he had seen newly created, which appeared so feeble, mean, and despicable, of vastly inferior not only to him, the prince of the angels, and head of the created universe, but also to the inferior angels, and that he must be subject to one of that race which should hereafter be born, he could not bear it, This occasioned his fall' (Tractate on 'The Fall of the Angels,' Works, vol. ii. pp. 608, 609, 610).は、イエスキリストの種類、 ' 、グレートアメリカン神の説明を次のように彼の秋: 'しかし、ときには彼を露呈し、高と輝かしいとして彼は、それをしなければならない彼の精神ot ministering人類のレースを見た彼は新たに作成されると、これが弱いので、を意味し、卑劣な、非常に劣るだけでなくをしてしまったら、王子は、天使と頭をユニバース作成だけでなく、下の天使たちを、その彼の1つを対象にしなければならないレースでは、来世に生まれる、彼はクマできませんでしたし、これにより引き起こさ彼の秋' (論文を'の秋に、天使たちが、 '作品、 !です。 Ⅱ 。 pp 。 608 、 609 、 610 ) 。

Could Jonathan Edwards have heard of the Rabbinic legends, or is this only a strange coincidence?ジョナサンエドワーズがいると聞いたのは、ラビの伝説か、またはこれは不思議な偶然の一致だけですか? The curious reader will find much quaint information, though, I fear, little help, in Prof. W. Scott's vol.読者の好奇心は多く古風な趣の情報については、かかわらず、私の恐怖、リトルヘルプは、スコット教授ワット'秒!です。 'The Existence of Evil Spirits,' London, 1843.] Their opposition to man's creation is also described in Ber. 'が存在する悪霊を退散させる、 'ロンドン、 1843 。 ]に反対しても人間の創造のBERに記載されています。 R. 8, although there the fall of man is not traced to Satanic agency. r. 8日、秋がある男ではない悪魔の代理店を追跡します。 But we have (as before stated) a somewhat blasphemous account of the discussions in the heavenly Sanhedrin, whether or not man should be created.しかし、私たちが(前に記載)で、いくぶん冒とく的なアカウントを議論し、天サンヘドリン、男かどうかを作成する必要があります。 While the dispute was still proceeding God actually created man, and addressed the ministering Angels: 'Why dispute any longer?神の間の紛争処理手続はまだ実際に作成したマニュアル、および対処のministering天使: 'なぜ紛争もはやですか? Man is already created.'男は既に作成されます。 ' In the Pirqe de R. Eliezer, we are only told that the Angels had in vain attempted to oppose the creation of man.は、 pirqeデr.エリエゼル、我々は、天使たちにだけはいたが無駄になることに反対して作成しようとした男です。 The circumstance that his superiority was evidenced by his ability to give names to all creatures, induced them to 'lay a plot against Adam,' so that by his fall they might obtain supremacy.彼の優位性は明らかな状況で、彼の能力を与えるすべての生き物の名前を、引き起こされるして'を敷設するの陰謀をアダム、 'ように彼の秋を入手する彼らの覇権を握るかもしれない。

Now of all Angel-Princes in heaven Sammael was the first, distinguished above Taking the company of Angels subject to him, he came down upon earth, and selected as the only fit instrument for his designs the serpent, which at that time had not only speech, but hands and feet, and was in stature and appearance like the camel.今すぐ天国の君主のすべての天使- sammaelは、第一に、その会社の識別上記の撮影の天使たちアジ研をしてしまったら、彼がダウンする地球、および選定された彼のデザインのみを合わせるための器具のヘビ、これはその時しかなかった演説で、しかし、手と足、身長と外観とは、ラクダのようにします。 In the language of the Pirqe de R. Eliezer, Sammael took complete possession of the serpent, even as demoniacs act under the absolute control of evil spirits.の言語では、 pirqeデr.エリエゼル、 sammaelが完了するのヘビの所持も、法の下に絶対的な支配力としてdemoniacs悪霊を退散させるのです。 Then Sammael, in the serpent, first deceived the woman, and next imposed on her by touching the tree of life (although the tree cried out), saying, that he had actually 'touched' the tree, of which he pretended the touch had been forbidden on pain of death (Gen. iii. 3) [1 The Rabbis point out, how Eve had added to the words of God.入力しsammaelは、ヘビ、最初にだまさの女性、彼女に触れると次の課税され、ツリーオブライフ(とはいえ、ツリーは叫んだアウト) 、と述べ、実際にしていた'感動'のツリー、そのうちのタッチが彼のふり死の痛みを禁じられている( Gen 。とⅢ 。 3 ) [ 1のラビ指摘し、どのようイヴは神の言葉を追加しています。

He had only commanded them not to eat of the tree, while Eve added to it, that they were not to touch it.彼はそれらを食べないように命じられただけのツリーで、前夜に追加されましたことながら、それに触れないようしていた。 Thus adding to the words of God had led to the first sin with all the terrible consequences connected with it.], and yet he had not died!このように、神の言葉を追加して、最初の罪につながっていたのすべてのひどい結果に接続してください。 ] 、およびまだありませんが死亡した彼はない! Upon this Eve followed hi example, and touched the tree when she immediately saw the Angel of Death coming against her.この前夜に続くハワイ例では、ツリーに触れたとき、彼女はすぐに来る反対を見た彼女の死の天使です。 Afraid that she would die and God give another wife to Adam, she led her husband into sin of disobedience.彼女は死ぬと神を恐れて別の妻を与えるアダム、彼女は彼女の夫に主導的不服従の罪をします。 The story of the Fall is somewhat differently related in Ber.その話の関連での秋には多少異なるBERを計算します。 R. 18, 19. r. 18日、 19 。 No mention is there earlier of Sammael or of his agency, and the serpent is represented as beguiling Eve from a wish to marry her, and for that purpose to compass the death of Adam.何も言及があるsammaelまたはそれ以前の彼の代理店、およびとして表現され、ヘビは、前夜からの魅力的な彼女と結婚を希望し、そのためにアダムをコンパスが死亡した。

Critical ingenuity may attempt to find a symbolic meaning in many of the details of the Jewish legend of the Fall, although, to use moderate language, .重要な創意工夫を探す試行が5月の象徴的な意味での詳細は、ユダヤ人の多くは、伝説の秋に、しかし、穏健派の言語を使用し、 。 they seem equally profane and repulsive.不敬と反発等しくているように見えます。 But this will surely be admitted by all, that the Rabbinic account of the fall of the Angels, as connected with fall of man, equally contrasts with the reverent reticence of the Old testament narrative and the sublime teaching of the New Testament about sin and evil.しかし、これは必ず認められたすべてのアカウントは、ラビの秋に、天使たちに、フォールオブマンとして接続し、敬けんなコントラストを控えめに等しく、旧約聖書の物語と新約聖書の崇高な教育の罪と悪についてです。

2. 2 。 Satan, of Sammael, as the accuser of man.サタン、 sammael 、人間として告発します。

And clumsy, indeed, are his accusations.と不器用な、実際のところ、それが彼の非難です。 Thus the statement (Gen. xxii. 1) that 'God tempted Abraham' is, in Jewish legend, transformed (Sanh. 89 b) into a scene, where, in the great upper Sanhedrin (Ber. R. 56), Satan brings accusation against the Patriarch.したがって、ステートメント( Gen 。とxxii 。 1 )が'神の誘惑アブラハム'は、ユダヤ人の伝説、形質転換( sanh. 89イ)の一場面を、ここでは、偉大なアッパーサンヘドリン( ber. r. 56 ) 、サタンもたらす告発するの家長です。 [2 In BerR. [ 2でberrです。 56 the accusation is stated to have been brought by the ministering angels] All his previous piety had been merely interested; and now when, at the age of one hundred, God had given him a son, he had made a great feast and not offered aught to the Almighty. 56の告発が記載されてministeringもたらした天使]すべての彼の前の信心深さに興味ていただけ;とするときに、 100歳の時に、神が彼に与えられたの息子、彼は素晴らしいごちそうとは、特定提供いやしくもにして偉力ならびなき方です。 On this God is represented as answering, that Abraham was ready to sacrifice not only an animal but his own son; and this had been the occasion of the temptation of Abraham.この神は応答として表現されて、その準備アブラハムは、動物を犠牲にするだけでなく、彼自身の息子しかし、この機会を誘惑していたアブラハムのです。

That this legend is very ancient, indeed pre-Christian (a circumstance of considerable importance to the student of this history) appears from its occurrence, though in more general form, in the Book of Jubilees, ch.この伝説は非常に古く、実際に事前にキリスト教(かなりの重要性を、学生の状況は、次の履歴)が表示されたら、発症から、かかわらず、他の一般的な形で、その本のjubilees 、あなたのです。 xvii. 17 。 In Ber.R.でber.r. 55 and in Tacchuma (ed. Warsh p. 29 a and b), the legend is connected with a dispute between Isaac and Ishmeal as to their respective merits, when former declares himself ready to offer up his life unto God. 55とtacchuma (編warsh p. 29 aとb ) 、の伝説がインターネットに接続ishmealイスハークとの間の紛争はそれぞれのメリットとして、自分自身を宣言するときに元彼の人生の準備を提供するまで、かれの神です。 In Tanchuma (us) we are told that this was one of the great merits of man, to which the Almighty and pointed when the Angels made objection to his creation.でtanchuma (問い合わせ)は我々はこれは人間には大きなメリットの1つ、と指摘にして、全能の神に反対するときに、天使たちには彼の創作です。

3. 3 。 Satan, or Sammael, as the seducer of man.悪魔か、またはsammael 、人間としての色魔です。

This statement in Baba B. 16 a which identifies Satan with the Tester haRa, or evil impulse in man, must be regarded are a rationalistic attempt to gloss over the older teaching about Sammael, by representing him as a personification of the evil inclination within us.このステートメントを識別するにババb. 16サタンのテスター原か、または邪悪な衝動に男は、しなければならないと考えは、合理言い逃れをする試みをsammael古い教育については、代表は彼を擬人化され、邪悪な性向に問い合わせです。 For, the Talmud not only distinguishes between a personal Satan without, and evil inclination within man, but expressly ascribes to God the creation of the Yester haRa in man as he was before the Fall, the occurrence of two in the word ('and He formed,' Gen. ii. 7) being supposed to indicate the existence of two impulses in us, the Yester Tobh and the Yester haRa (Ber. 61 a).ために、タルムードだけでなく、個人的な悪魔の間で区別せず、と邪悪な性向に男が、神の創造を明示的にascribes原の男としては、昨日の前に彼は秋には、発症の2つの単語は、 ( 'と彼は形成、 ' Gen 。と2世です。 7 )が存在することを示すはずの2つのインパルスの問い合わせは、昨日と昨日tobh原( ber. 61 )です。 And it is stated that this existence of evil in man's original nature was infinite comfort in the fear which would otherwise beset us in trouble (Ber. R. 14).と記載して存在することが邪悪な男の元の自然は、無限の快適さを他の恐怖に悩まさ問い合わせは苦境に立たさ( ber. r. 14 ) 。 More than this (as will presently be shown), the existence of this evil principle within us was declared to be absolutely necessary for the continuance of the world (Yoma 69 b, Sanh. 64 a)これ以上(としては、現在表示される) 、悪の原理が存在するには、次の問い合わせは、宣言して確実に継続する必要があるの世界( yoma 69 b 、 sanh 。 64 )

Satan, or Sammael, is introduced as the seducer of man in all the great events of Israel's history.悪魔か、またはsammael 、女たらしの男が導入され、すべてのイスラエルの歴史の偉大なイベントです。 With varying legendary additions the story of Satan's attempts to prevent the obedience of Abraham and the sacrifice of Isaac is told in Sanh.さまざまな伝説を追加しようとする悪魔の話を服従させるのを防ぐためのいけにえのイブラーヒームやイスハークには、 sanhです。 89 b, Ber. 89 b 、 BERを計算します。 R. 56, and Tanchuma, p. r. 56 、およびtanchuma 、 p. 30 a and b. 30 AとBの Yet there is nothing even astute, only a coarse realism, about the description of the clumsy attempts of Satan to turn Abraham from, or to hinder him in, his purpose; to influence Isaac; or to frighten Sarah.抜け目のないものはないにもまだありません、粗リアリズムのみを、不器用な試みについては、説明書は、悪魔を有効にアブラハムからか、またはを妨げる彼には、彼の目的;に影響を与えるアイザック;またはサラを驚かせています。 Nor are the other personages in the legend more successfully sketched.また、他の人物では正常にスケッチの他の伝説です。

There is a want of all higher conception in the references to the Almighty, a painful amount of downright untruthfulness about Abraham.には、選択のすべての上位概念は、参照してして偉力ならびなき方は、痛みを伴う量の実に約アブラハム不正直です。 Lamentable boastfulness and petty spite about Isaac, while the Sarah of the Jewish legend is rather a weak old Eastern woman that the mother in Israel, To hold perversions of the Old Testament by the side of the New Testament conception of the motives of lives of the heroes of old, or the doctrinal inferences and teaching of the Rabbis by those of Christ and His Apostles, were to compare darkness with light.悲しむべき自慢と小口にもかかわらず、約イスハーク、ユダヤ人の伝説が、サラは、旧東部はかなり弱い女性は、母親が、イスラエル、 perversionsを保持され、旧約聖書の概念の側面には、新約聖書の動機の命を奪うのは、ヒーローズオブ古いか、または推論の教義と指導者のラビは、イエスキリストとその使徒、光が暗闇を比較する。

The same remarks apply to the other legends in which Satan is introduced as seducer.同じ発言を適用する、他の伝説では悪魔の誘惑が導入されています。 Anything more childish could scarcely be invented than this, that, when Sammael could not otherwise persuade Israel that Moses would not return from Mount Sinai, he at last made his bier appear before them in the clouds (Shab. 89a), unless it be this story, that when Satan David he assumed the form of a bird, and that, when David shot at it, Bath-Sheba suddenly looked up, thus gaining the king by her beauty (Sanh. 107 a).何か他の子供のほとんどが発明されるよりも、それはそれは、他の説得するときにイスラエルができませんでした。 sammaelムーサーはないマウントシナイ山から戻り、彼は彼の最後に表示される前にして、雲の棺台( shab. 89a )は、この限りで物語は、悪魔のデビッド彼と仮定したときのフォームは、鳥、とし、ときにデビッドショットでは、バス-シバ突然、顔を上げ、このように王を獲得して彼女の美しさ( sanh. 107 )です。 In both these instances the obvious purpose is to palliate the guilt whether of Israel or of David, which, indeed, is in other places entirely explained away as not due to disobedience or to lust (Comp. Ab. Zar. 4 b, 5 a).明白なの両方で、これらのインスタンスを目的にして、罪悪感を緩和するかどうかや、イスラエルのデビッド、これは、実際のところ、他の場所は完全にawayではないと説明を欲望のために反抗または( comp.アルバータです。 zarです。 4 b 、 5 、 ) 。

4. 4 。 As the Enemy of man, Satan seeks to hurt and destroy敵の男として、サタンシークを傷つけると破壊
him; and he is the Angel of Death.彼と彼は、死の天使です。

Thus, when Satan had failed in shaking the constancy of Abraham and Isaac, he attacked Sarah (Yalkut, i. Par. last lines p. 28 b).したがって、悪魔が失敗したときの恒常性を揺るがすのイブラーヒームやイスハーク、彼は攻撃サラ( yalkut 、 i.パーです。最後の行p. 28 b )です。 To his suggestions, or rather false reports, her death had been due, either from fright at being told that Isaac had been offered (Pirqe de R. El. 32, and Targum Ps.- Jon.), or else from the shock, when after all she learned that Isaac was not dead (Ber. R. 58).彼の提案を、というかむしろ虚偽報告書、彼女の死ていたため、いずれかの恐怖を受けてからは提供していたアイザック( pirqeデr.エルです。 32 、およびpsのターガム.-ジョンです。 ) 、または他からの衝撃、すべての彼女を学んだことにした後アイザックときは、まだ死んで( ber. r. 58 ) 。 Similarly, Satan had sought to take from Tamar the pledges which Judah had given her.同様に、サタンはタマルを模索してきたの公約を取るより彼女のユダが与えられた。 He appeared as an old man to show Nimrod how to have Abraham cast into the fiery oven, at the same time persuading Abraham not to resist it, &c.彼は老人のように見えたニムロッドを表示するにはどのように熱烈なオーブンキャストアブラハム、アブラハムは、同じ時間説得に抵抗することは、 & c. Equally puerile are the representations of Satan as the Angel of Death.同様に幼稚な表現は、死の天使としてのサタンです。

According to Abod. abodによるとします。 Zar. zarです。 20 b, the dying sees his enemy with a drawn sword, on the point of which a drop of gall trembles. 20 bは、死にかけている彼の敵は抜刀して、上のポイントのこぶの震えをドロップします。 In his fright he opens his mouth and swallows this drop, which accounts for the pallor of the face and the corruption that follows.彼は彼の恐怖とツバメポップアップ彼の口から、このドロップ、これのアカウントを、顔面蒼白との腐敗を以下のとおりです。 According to another Rabbi, the Angel of Death really uses his sword, although, on account of the dignity of humanity, the wound which he inflicts is not allowed to be visible.によると、別のラビは、彼の死の天使本当に使用して剣を抜き、ものので、 [アカウントの人間の尊厳を、彼の傷inflictsではないが許可されるようになります。 It is difficult to imagine a narrative more repulsive than that of the death of Moses according to Deb.物語を想像することは困難に比べて他の反発によると、ムーサーの死をdebです。 R. 11. r. 11 。

Beginning with the triumph of Sammael over Michael at the expected event, it tells how Moses had entered rather to be changed into a beast or a bird than to die; how Gabriel and Michael had successively refused to bring the soul of Moses; how Moses, knowing that Sammael was coming for the purpose, had armed himself with the Ineffable Name; how Moses had in boastfulness recounted to Sammael all his achievements, real legendary; and how at last Moses had pursued the Enemy with the Ineffable Name, and in his anger taken off one of his horns of glory and blinded Satan in one eye. sammaelの勝利を始めとしたマイケルは、予想以上のイベント、それは、ムーサーがどのように入力するビーストを変更するというか、鳥よりも死ぬ;どのようガブリエルとマイケルが相次いで魂を持ってムーサーを拒否して;どのようムーサーよ、 sammaelが来るのを知っているの目的のために、自分自身の言いようのないが武装名;どのようsammaelムーサーは、すべて彼の業績を自慢recounted 、本当の伝説;と最終更新ムーサーはどのように敵を追求して筆舌に尽くし難い名、および彼の怒り1つの角が没収される彼の栄光と悪魔の1つ目の目が見えなくなる。 We must be excused from following this story through its revolting details.中座をしなければならないから次のように、この物語の詳細を通じて、胸がむかむかする。

But, whether as the Angel of Death or as the seducer of man, Sammael has not absolute power.しかし、死の天使かどうか、または色魔の男として、絶対権力sammaelていない。 When Israel took upon themselves at Mount Sinai, they became entirely free from hie sway, and would have remained so, but for the sin of the Golden Calf.自身をマウントするときにシナイ半島のイスラエルは、彼らが完全に無料でより日吉スウェイさせる、とはが残っては、しかし、罪は、黄金のふくらはぎのです。 Similarly, in the time of Ezra, the object of Israel's prayer (Neh. vii.) was to have Satan delivered to them.同様に、エズラの時に、そのオブジェクトのイスラエルの祈り( neh. Ⅶ 。 )は、悪魔には配信しています。 After a three day's fast it was granted, and the Yetser haRa of idolatry, in the shape of a young lion, was delivered up to them. 1日の高速の後に3つのことが与えられた場合、原の偶像崇拝とyetser 、若き獅子たちの形をした、アップは、配信しています。 It would serve no good purpose to repeat the story of what was done with the bound enemy, or now his cries were rendered inaudible in heaven.それが何の目的を繰り返していいの物語の束縛の敵は何が行われたか、または今すぐ彼の叫び声が聞き取れない天国のレンダリングします。 Suffice it that, in view of the requirements of the present world, Israel liberated him from the ephah covered with lead (Zech. v. 8), under which, by advice of the prophet Zechariah, they had confined him, although for precaution they first put out his eye (Yoam, 69 b).十分なことが、ビューの要件を、現在の世界、イスラエルからの解放彼に覆われてephah鉛( zech. v. 8 ) 、されて、預言者ゼカリヤ助言を、彼に閉じ込めていたが、彼らの予防策最初に彼の眼を出す( yoam 、 69 b )です。 And yet, in view, or probably, rather, in ignorance, of such teaching, modern criticism would deprive the Satanology of the New Testament an the history of the Temptation from Jewish sources!とはまだありませんは、ビュー、または、おそらく、むしろ、無知で、このような教育は、近代的な批判を奪う悪魔は、新約聖書のユダヤ人の歴史のソースからの誘惑!

Over these six persons, Abraham, Isaac, Jacob, Moses, Aaron, and Miriam, with whom some apparently rank Benjamin, the Angel of Death, had no power (Baba. B. 17 a).以上、これらの6人、イブラーヒーム、イスハーク、ヤアコーブ、ムーサー、ハールーンを、とミリアム、誰いくつか明らかにランクベンジャミンは、死の天使、パワーがない( baba. b. 17 ) 。 Benjamin, Amram, Jesse, and Chileb (the son of David) are said to have died (only through 'the sin of the serpent.' In other cases, also, Sammael may not be able to exercise his sway till, for example, he has by some ruse diverted a theologian from his sacred study. Thus he interrupted the pious meditations of David by going up into a tree and shaking it, when, as David went to examine it, a rung of the ladder, on which he stood, broke, and so interrupted David's holy thoughts.ベンジャミン、 amram 、ジェシー、およびchileb (の息子のデビッド)が死亡したといわれている(のみを通じて'の罪は、ヘビです。 'それ以外の場合、また、 sammaelできなくなることがあります彼の影響力を行使するまで、例えば、彼はいくつかの策略に転用され、彼の神聖な神学者の研究からです。したがって彼は中断され、信心深い瞑想のデビッド上がってツリーを揺るがすことを、いつ、デービットが行ったとしてを調べることは、登り詰める、上で彼は立っていた、が浮上すると、デビッドなどの神聖な考えを中断します。

Similarly, Rabbi Chasda, by occupation with sacred study, warded off the Angel of Death till the crackling of a beam diverted his attention.同様に、ラビchasda 、職業別に神聖な研究では、死の天使wardedするまで、ひび割れたビームに転用する彼の手当てを受ける。 Instances of the awkwardness of the Enemy are related (Kethub. 77 b), and one Rabbi, Joshua, actually took away his sword, only returning it by direct command of God.ぎこちなさは、敵のインスタンスをに関連した( kethub. 77 b )項、および1つのラビ、ジョシュア、実際にはから自らの剣を抜き、直接コマンドのみを返すことによって神のです。 Where such views of Satan could even find temporary expression, superstitious fears may have been excited; but the thought of moral evil and of a moral combat with it could never have found lodgement.ここで見つけることも悪魔のような再生回数の一時的な表現、迷信的な恐怖がありますが励起;しかし、道徳的な悪との考えを道徳的な戦闘が見つかったことは決してlodgementです。

III. Ⅲ 。 Evil Spirits (Shedim, Ruchin, Rucoth, Lilin).悪霊を退散させる( shedim 、 ruchin 、 rucoth 、リリン) 。

Here also, as throughout, we mark the presence of Parsee elements of superstition.ここでも、全体として、私たちの存在を記念してパーシーの要素を迷信です。 In general, these spirits resemble the gnomes, hobgoblins, elves, and spirits of our fairy tales.一般的には、これらのスピリッツの小鬼に見立てて、 hobgoblins 、エルフ、弊社のおとぎ話と蒸留酒です。 They are cunning and malicious, and contact with them is dangerous; but they can scarcely be described as absolutely evil.彼らはずるがしこいと、悪意のある、との接触をしては危険;しかし、彼らはほとんど確実に悪に記述されています。 Indeed, they often prove kind and useful; and may at all times be rendered innocuous, and even made serviceable.確かに、彼らはたびたび証明親切で役に立つ、および5月にすべての回にレンダリング当たり障りのない、とも作ら修理します。

1. 1 。 Their origin, nature, and numbers.その起源、自然、と数字です。

Opinions differ as to their origin, in fact, they variously originated.意見が食い違うして起源として、実際には、彼らさまざまなものとします。 According to Ab.によると、アルバータします。 12 b, Ber. 12 b 、 BERを計算します。 R. 7, they were created on the eve of the first Sabbath. r. 7日、彼らは作成され、最初の安息日の前夜のです。 But since that time their numbers have greatly increased.しかし、その時以来その数は大幅に増加している。 For, according of Erub.は、 erubによるのです。 18 b. 18 b. Ber. BERを計算します。 R. 20 (ed Warsh. p. 40 b), multitudes of them were the offspring of Eve and of male spirits, and of Adam with female spirits, or with Lilith (the queen of the female spirits), during the 130 years that Adam had been under the ban, and before Seth was born (Gen. v. 3): [1 From the expression 'a son in his own likeness,' &c., it is inferred that his previous offspring during the 138 years was not in his likeness.] comp. r. 20 (エドwarsh 。 p. 40 b )項、数多くの子孫をかれらの多くは前夜の男性とスピリッツ、アダムが女性とスピリッツ、またはリリス(クイーンオブザ女性のスピリッツ) 、その中に130年アダムは禁止されていた、と前にセスが生まれた( Gen 。とv. 3 ) : [ 1からの表現'の息子は、自分自身の肖像、 ' &通性、彼のものと推定さ138年前の子孫の中にはない彼の似ている。 ]のCOMPです。 Erub. erubです。 18 b. 18 b.

Again, their number can scarcely be limited, since they propagate themselves (Chag. 16 a), resembling men in this as well as in their taking of nourishment and dying.繰り返しますが、その数は、ほとんどに限られるため、彼ら自身伝播( chag. 16 ) 、男性に似て、この撮影だけでなく、彼らの栄養と死にかけている。 On the other hand, like the Angels they have wings, pass unhindered through space, and know the future.その一方で、彼らは天使の翼のように、パスを通して宇宙妨げられ、将来のことを知っています。 Still further, they are produced by a process of transformation from vipers, which, in the course of four times seven years, successively pass through the forms of vampires, thistles and thorns, into Shedim (Bab. K 16 a), perhaps a parabolic form of indicating the origination of Shedim through the fall of man.まださらに、彼らはより変換過程で産生されるvipers 、これは、 7年間のコースの4つの回、相次いで通過するの形態のヴァンパイアー、 thistlesととげ、をshedim ( bab. k 16 ) 、おそらく、放物線発信元の形を示すshedimを通じてフォールオブマンです。 Another parabolic idea may be implied in the saying that Shedim spring from the backbone of those who have not bent in worship (us).別の放物線は、黙示的なアイデアがありますshedim春からと言っているのバックボーンの崇拝者whoで曲がっていない(問い合わせ) 。

Although Shedim bear, when they appear, the form of human beings, they may assume any other form.クマshedimものの、ときに表示され、人間の形で、彼らが他のフォームと仮定します。 Those of their number who are identified with dirty places are represented as themselves black (Kidd. 72 a). whoは、それらの識別番号として表現されて汚れた場所はブラック( kidd. 72 )です。 But the reflection of their likeness is not the same as that of man.しかし、反映したものに似ているのと同じではない男です。 When conjured up, their position (whether with the head or the feet uppermost) depends on the mode of conjuring. conjuredするときに、彼らの位置(かどうかや、足で頭を真っ先に)手品のモードに依存しています。 Some of the Shedim have defects. shedimはいくつかの欠陥です。 Thus, those of them who lodge in the caper bushes are blind, and an instance is related when one of their number, in pursuit of a Rabbi, fell over the root of a tree and perished (Pes. 111 b).したがって、これらのことwhoロッジは、ケッパー茂みも盲目にし、関連したときの1つのインスタンスは、その数は、ラビの追求を、ツリーのルートに転ぶと死んで( pes. 111 b )です。

Trees, gardens, vineyards, and also ruined and desolate houses, but especially dirty places, were their favourite habitation, and the night-time, or before cock-crowing, their special time of appearance.木、庭園、ぶどう畑、荒れ果てた家とも台無しだが、特に汚い場所、お気に入りの住まいだったのと、夜の時間、またはコック-ヒューヒューする前に、彼らの特別な時間の外観です。 [2 The following Haggadah will illustrate both the power of the evil spirits at night and how amenable they are to reasoning. [ 2は、次の説明haggadahは悪霊を退散させるの両方のパワーを夜に従順な彼らはどのように推論します。 A Rabbi was distributing his gifts to the poor at night when he was confronted by the Prince of the Ruchin with the quotation Deut.ラビは、彼のギフトを配布するために、貧しい人、夜に直面したときに彼は二重引用ruchinプリンスオブdeutです。 xix. 19 。 34 ('Thou shalt not remove thy neighbour's landmark'), which seemed to give the 'spirit' a warrant for attacking him. 34 ( 'なたshaltなたの隣人を削除しないのランドマーク' ) 、どのように与えるの'精神'を令状を攻撃した。 But when the Rabbi replied by quoting Prov.ラビはこう答えた。しかし、地方を引用します。 xxi. xxi 。 14 ('a gift in secret appeaseth wrath'), the 'spirit' fled in confusion (Jer. Peah viii. 9, p. 21 b).] Hence the danger of going alone into such places (Ber. 3 a, b; 62 a). 14 ( ' appeaseth怒りの景品の秘密' ) 、 '精神'逃走の混乱( jer. peah Ⅷ 。 9日、 p. 21 b )です。 ]したがって、このような危険な場所に行くだけに( ber. 3 、 b ; 62 )です。

A company of two escaped the danger, while before three the Shed did not even appear (Ber. 43 b).会社の2つのエスケープ処理の危険性は、 3つの中の小屋の前に表示ささえしなかった( ber. 43 b )です。 For the same reason it was dangerous to sleep alone in a house (Shabb. 151 b), while the man who went out before cock-crow, without at least carrying for protection a burning torch (though moonlight was far safer) had his blood on his own head.にも同じ理由では、危険なことをスリープ状態に一人で家( shabb. 151 b )項、 whoが出る前に男が、コック-カラスは、帳簿を保護せず、少なくとも燃えてトーチ(かかわらずムーンライトは、はるかに安全)は彼の血自分自身の頭にします。 If you greeted anyone in the dark you might unawares bid Godspeed to a Shed (Sanh. 44 a).誰インザダーク迎え場合に気づかずに入札するかもしれない成功して上屋( sanh. 44 )です。 Nor was the danger of this inconsiderable, since one of the worst of these Shedim, especially hurtful to Rabbis, was like a dragon with seven heads, each of which dropped off with every successive lowly bending during Rabbi Acha's devotions (Kidd. 29 b).また、この危険性は、取るに足りないため、これらの1つ、最悪のshedim 、特に人を傷つけるようにラビは、ドラゴンには7頭のように、それぞれごとに連続で落ちて曲げ卑しいの中に祈りなさいラビ( kidd. 29イ)です。 Specially dangerous times were the eyes of Wednesday and of the Sabbath.特別な危険回目は、水曜日とは、安息日です。 But it was a comfort to know that the Shedim could not create or produce anything; nor had they power over that which had been counted, measured, tied up and sealed (Chull, 105 b); they could be conquered by the 'Ineffable Name;' and they might be banished by the use of certain formulas, which, when written and worn, served as amulets.しかし、それは快適度を知っては、生産shedimまたは何かを作成できませんでした;も力が彼らにカウントされていたが、測定、手が離せないし、封印( chull 、 105イ) ;彼らが征服された'筆舌に尽くし難い名; 'と彼ら追放されるかもしれないの特定の数式を使用し、これは、疲れたときに書かれたと、お守りとして提供します。

The number of these spirits was like the earth that is thrown up around a bed that is sown.これらのスピリッツの数は、地球のようにスローするにはベッドの周りには、作付面積です。 Indeed, no one would survive it, if he saw their number.確かに、誰も生き残ることは、もし彼はその数です。 A thousand at your right hand and ten thousand at your left, such crowding in the Academy or by the side of a bride; such weariness and faintness through their malignant touch, which rent the very dress of the wearers ! 1000万にして右手と左手、このような混雑は、アカデミーまたはされる側のは、花嫁;を通じてこのような悪性疲れと気を失いそうなタッチ、これは非常に家賃のドレスを着て、 wearers ! (Ber. 6 a) The queen of the female spirits had no less a following than 180,000 (Pres. 112 b). ( ber. 6 )の女王は、女性の霊はない、次のより少ない180000 ( pres. 112 b )です。 Little as we imagine it, these spirits lurk everywhere around us: in the crumbs on the floor, in the oil in the vessels, in the water which we would drink, in the diseases which attack us, in the even-numbered cups of our drinking, in the air in the room, by day and by night.リトルとして私たち想像して、これらのスピリッツ世界中に潜む問い合わせ:は、パンくずを床には、油は、船舶は、水を飲む私たちは、攻撃では、病気の問い合わせは、当社のカップの偶数飲酒は、空中での朝食、昼と夜のです。

2. 2 。 Their arrangement.に配置します。

Generally, they may be arranged into male and female spirits, the former under their king Ashmedai, the latter under their queen Lilispirits, the former under their king Ashmedai, the latter under their queen Lilith, probably the same as Agrath bath Machlath, only that the latter may nore fully present hurtful aspect of the demoness.通常、彼ら年5月に配置さ男性と女性のスピリッツ、 ashmedaiの元国王の下に、後者のlilispirits女王の下に、元国王の下にashmedai 、後者の女王リリスの下に、おそらくagrathバスと同じmachlath 、のみがノーア年5月現在の有害完全に後者の側面のdemonessです。 The hurtful spirits are specially designated as Ruchin, Mazziqin (harmers), Malakhey Chabbalath (angels of damage), &c.スピリッツは、特別に指定され、人を傷つけるようruchin 、 mazziqin ( harmers ) 、 malakhey chabbalath (天使の被害) 、 & c. From another aspect they are arranged into four classes (Targ. Pseudo-Jon. Numb. vi. 24): the Tsaphrire, or morning spirits (Targ. on Ps. cxxi. 6; Targ. Cant. iv. 6); the tihare, or midday spirits (Targ. Pesudo-Jon. Deut. xxxii 24; Targ. Cant. iv. 6); the Telane, or evening spirits (Targ. Pseuod-Jon. on Deut. xxxii. 34; Targ. Is. xxxiv. 14).もう一つの側面からのアレンジを彼らは4つのクラス(擬似targ.ジョンです。感覚を失った。 Ⅵ 。 24 ) : tsaphrireか、または朝のスピリッツ( targ.をpsのです。 cxxi 。 6 ;ターグ。できない。 Ⅳ 。 6 ) ;のtihareか、または真昼のスピリッツ( targ. pesudo -ジョンです。 deut 。 32 24 ;ターグ。できない。 Ⅳ 。 6 ) ;のtelaneか、または夕方スピリッツ( targ. pseuod -ジョンです。上deut 。 32 。 34 ;ターグです。です。 34 。 14 ) 。 (According to 2 Targ. Esther ii. 1, 3, Solomon had such power over them, that at his biding they executed dances before him.) (ターグによると、 2 。エスターⅡ 。 1 、 3 、ソロモンはこのような力があること、それは彼の拘束を実行する前に彼の踊りです。 )

a. 1つの。 Ashmedai ashmedai
Ashmedai (perhaps a Parsee name), Ashmodi, Ashmedon, or Shamdon, the king of the demons (Gitt. 68 a, b; Pes. 110 a). ashmedai (おそらく、パーシー名) 、 ashmodi 、 ashmedonか、またはshamdon 、ザキングオブの悪魔( gitt. 68を、 b ;ペスです。 110 ) 。 It deserves notice, that this name does not occur in the Jerusalem Talmud nor in older Palestinian sources.それにふさわしい通知、この名前は、エルサレムタルムードは発生しませんまた、古いパレスチナのソースです。 [1 Hamburger ascribes this to the anxiety of the Palestinians to guard Judaism from Gnostic elements. [ 1ハンバーガーascribesこれを、パレスチナ人を保護するの不安からユダヤ教グノーシス主義の要素です。 We are, however, willing to recognise in it an indirect influence of Christianity.] He is represented as of immense size and strength, as cunning, malignant, and dissolute.私たちは、しかし、喜んでそれを間接的に影響を与えることを認識キリスト教のです。 ]彼は計り知れないほどのサイズと強さとして表現され、狡猾な、悪性、および自堕落な。 At times, however, he is known also to do works of kindness, such as lead the blind, or to show the road to a drunken man.先回、しかし、彼はこれを行うに作品を親切にも知られ、視覚障害者など、リードしてか、またはを表示するに道を歩んでいる酔っぱらいです。

Of course, he foreknows the future, can do magic, but may be rendered serviceable by the use of the 'Ineffable Name,' and especially by the signet of King Solomon, on which it was graven.もちろん、彼foreknows将来的には、できることマジック、修理にレンダリングされる場合があります使用する'筆舌に尽くし難い名、 ' 、特にソロモン王の印鑑は、それが心に刻まれた。 The story of Solomon's power over him is well known and can here only be referred to in briefest outline.ソロモンの力の物語彼はよく知られ、ここで簡潔に概要のみで参照されています。 It is said, that as no iron was to be used in the construction of the Temple, Solomon was anxious to secure the services of the worm Shamir, which possessed the power of cutting stones (see abou him Ab. z. 12 a; Sot. 48 b; Gitt. 68 a, b).これはによると、鉄がないこととして建設される同寺で使用され、不安を確保するソロモンは、このワームのサービスをシャミール、保有の電源を切り石(約彼アルバータを参照します。 z. 12 ; sot 。 48 b ; gitt 。 68 a 、 b )のです。 By advice of the Sanhedrin, Solomon conjured up for this purpose a male and a female Shed, who directed him to Ashmedai.サンヘドリンに助言をし、この目的のためにソロモンconjuredアップを男性と女性の上屋、 who ashmedai彼を監督します。 The latter lived at the bottom of a deep cistern on a high mountain.後者の下部に住んで深い槽は、高い山です。

Every morning on leaving it to go into heaven and hear the decrees of the Upper Sanhedrin, he covered the cistern with a stone, and sealed it.毎朝に入るのを残して天国と耳にするサンヘドリン令の上部に、彼は、貯水タンクと石、と密封してください。 On this Benayah, armed with a chain, and Solomon's signet with the Ineffable Name, went and filled the cistern with wine, which Ashmedai, as all other spirits, hated.このbenayah上、武装しているホテルチェーン、およびソロモンの印鑑を言いようのない名前では、貯水タンクに充満したワイン、これashmedai 、すべてのスピリッツ、嫌われています。 But as he could not otherwise quench his thirst, Ashmedai became drunk, when it was easy, by means of the magical signet, to secure the chain around him.しかし、彼は他のクエンチ彼ののどの渇き、 ashmedaiが酔って、ときには簡単で、魔法の印鑑を手段として、周囲のチェーンを確保する。

Without entering on the story of his exploits, or how he indicated the custody of Shamir, and how ultimately the worm (which was in the custody of the moor-cock [2 The Tarnegol Bera, a mythical animal reaching from earth to heaven (Targ. on Ps. 1, 11), also called Naggar Tura (Gitt. 68 b) from his activity in cleaving mountains.]) was secured, it appears that, by his cunning, Ashmedai finally got released, when he immediately hurled Solomon to a great distance, assumed his form, and reigned in his stead; till at last, after a series of adventures, Solomon recovered his signet, which Ashmedai had flung away, and a fish swallowed.彼の物語を入力し悪用か、またはどのように彼の親権を示さシャミールし、最終的にはどのようワーム(これは、ムーアの親権を-コック[ 2 tarnegolリックは、地球からの神話上の動物を天国に到達(ターグです。上psのです。 1 、 11 ) 、とも呼ばれるnaggarトゥラー( gitt. 68イ)山から彼の活動を切断します。 ] )は、セキュリティで保護されていることは、彼の狡猾な、 ashmedaiやっとリリースされると、すぐに彼はすなわち、ソロモンを遠い所に、彼のフォームを想定し、彼の在位ステッド;最後にはとうとう、シリーズの冒険の後に、彼の印鑑ソロモンの回復、これashmedaiは怒り狂っていったが、魚を飲み込んだ。 Solomon was recognised by the Sanhedrin and Ashmedai fled at sight of the signet.ソロモンは、サンヘドリンと認識される光景は、印鑑ashmedaiで逃げた。 (Possibly the whole of this is only a parabolic form for the story of Solomon's spiritual declension, and final repentance.) (多分、これは、全体のフォームを放物線の物語のソロモンの精神的な変化、および最終的後悔します。 )

b. Lilithリリス
Lilith, the queen of female spirits, to be distinguished from the Lilin or night-spirits, and from Lela or Laila, an Angel who accompanied Abraham on his expedition against Chedorlaomer (Sanh. 96 a).リリスは、女性の女王スピリッツ、識別されるリリンまたは夜からスピリッツ、リーラまたはlailaから、彼の探検隊エンジェルwho同行アブラハムに反対chedorlaomer ( sanh. 96 )です。 Here we recognise still more distinctly the Parsee elements.ここではっきりと認識パーシーまだ他の要素です。 Lilith is 'the queen of Zemargad' (Targ. on Jobi. 15), 'Zemargad' representing all green crystals, malachite, and emerald, and the land of Zemargad being 'Sheba.'リリスは'の女王zemargad ' ( targ.をjobiです。 15日) 、 ' zemargad 'を表すすべての緑色の結晶、マラカイト、およびエメラルド、およびその土地のzemargadが'シバします。 Lilith is described as the mother of Hormiz or Hormuz [2 the superstition 'There's luck in odd numbers' has passed to all nations.] (Baba !. 73 a).リリスが記述され、母親のhormizまたはホルムズ[ 2の迷信'で運が奇数'は、すべての国に渡される。 ] (馬場!です。 73 ) 。

Sometimes she is represented as a very fair woman, but mostly with long, wild-flowing hair, and winged (Nidd. 24 b; Erub. 100 b).時には彼女は非常に公平な女性として表現され、しかし、ほとんどが長く、野生-流れるような髪、および翼( nidd. 24 b ; erub 。 100 b )です。 In Pes.でペスです。 111 a we have a formula for exorcising Lillith. 111 、私たちは、数式をexorcising lillithです。 In Pes 112b towards the end) we are told how Agrath bath Machlath (probably the Zend word Agra, 'smiting, very wicked' bath Machlath 'the dancer') threatened Rabbi Chanina with serious mischief, had it not been that his greatness had been proclaimed in inhabited places, but finally gave her liberty on the eve of the fourth day and of the Sabbath, which nights accordingly are the most dangerous seasons. 112bでペスに向かって完)我々はどのようagrathバスはmachlath (おそらく言葉がZendアグラ、 ' smiting 、非常に邪悪な'バスmachlath 'ダンサー' ) chaninaラビに脅かされ、深刻ないたずら好きで、彼の偉大されていないことがあった宣言が住む場所、しかし、最後には彼女の自由の前夜、 4日目の安息日と、これは、最も危険な季節の夜したがってします。

3. 3 。 Character and habits of the Shedim.文字や習慣をshedimです。

As many of the Angels, so many of the Shedim, are only personifications.として、天使たちの多くは、非常に多くのshedimは、 personificationsのみです。 Thus, as diseases were often ascribed to their agency, there were Shedim of certain diseases, as of asthma, croup, canine rabies, madness, stomachic diseases, &c.したがって、病気が頻繁に生得して代理店、 shedimの特定の病気があったとして、喘息、クループ、犬の狂犬病、狂気、健胃薬病、 & c. Again, there were local Shedim, as of Samaria, Tiberias, &c.再度、ローカルshedimがあったとして、サマリア、ティベリア、 & c. On the other hand, Shedim might be employed in the magic cure of diseases (Shabb. 67 a).その一方で、 shedimかもしれない病気の治療法のマジックで採用され( shabb. 67 )です。 In fact, to conjure up and make use of demons was considered lawful although dangerous (Sanh. 101 a), while a little knowledge of of the subject would enable a person to avoid any danger from them.実際には、を魔法を使用すると悪魔は、合法的な考えは危険な( sanh. 101 ) 、中にほとんどの知識を有効にするには、被写体の人の危険性を避けるためにしています。 Thus, although Chamath, the demon of oil, brings eruptions on the face, yet the danger is avoided if the oil is used out of the hollow of the hand, and not out of a vessel.したがって、このchamathは、悪魔の石油、噴火をもたらすの顔は、まだありませんの危険性を回避する場合は、オイルが使用され、手のひらではなく、船を出す。 Shed Joseph (Pes. 110 a) and the Shed Jonathan (Yeb. 122 a).上屋ジョセフ( pes. 110 a )と、小屋のジョナサン( yeb. 122 )です。 Rabbis Papa had a young Shed to wait upon him (Vhull. 105 b).ラビ小屋を待つパパの若い時は彼( vhull. 105 b )です。

There can, however, be no difficulty in making sure of their real existence.あること、しかし、難しさではないことを確認の実在しています。 As Shedim have cock's feet, nothing more is required than to strew ashes by the side of one's bed, when in the morning their marks will be perceived (Ber. 6 a; Gitt. 68 b). shedimの足のコックとしては、何も他の灰が必要とされる側の常とう句よりも1つのベッドの、ときには、午前中にマークされる知覚( ber. 6 ; gitt 。 68 b )です。 It was by the shape of his feet that the Sanhedrin hoped to recognise, whether Ashmedia as really Solomon, or not, but it was found that he never appeared with his feet uncovered.それは彼の足の形をして期待を認識するサンヘドリン、 ashmediaとして本当にソロモンかどうか、またはではなく、彼は決してことが判明した自分の足でカバーされていないが登場します。 The Talmud(Ber. 6 a) describes the following as an infallible means for actually seeing these spirits: Take the afterbirth of a black cat which is the daughter of a black cat, both mother and daughter being firstborn, burn it in the fire, and put some of the ashes in your eyes. 、タルムード( ber. 6 )絶対確実な手段としては、次の説明を実際に見て、これらのスピリッツ:黒猫の後産は、これは、娘は、黒猫、両方の母親と娘が家族の絆、焼いては、火災、とにいくつかの遺灰をあなたの目から見ています。 Before using them, the ashes must be put into an iron tube, and sealed with an iron signet.を使用する前にして、灰を鉄の管にしなければならない、と鉄の印鑑で封をする。

It is added, that Rabbi Bibi successfully tried this experiment, but was hurt by the demons, on which he was restored to health by the prayers of the Rabbis.これは追加されました、そのラビbibi正常にしようと、この実験では、打撃を受けるしかし、悪魔は、健康上で復元された彼は祈りのラビです。 [1 Dr. Kohut's comparison of Rabbinic Angelology and Demonology with Parseeism (Ueber d. jud. Angelol u. Damonol. in ihrer Abhang. vom Parsismus) is extremely interesting, although not complete and its conclusions sometimes strained. [ 1博士コフートのラビ天使と悪魔との比較parseeism ( ueber d.ユートです。 angelol米damonolです。 abhangでihrerします。 vom parsismus )が非常に興味深いものは、その結論はないものの完了し、時には緊張します。 The negative arguments derived from Jewish Angelology and Satanology by the author of 'Supernatural Religion' are based on inaccurate and uncritical information, and do not require detailed discussion.ユダヤ人の負の引数から派生した天使と悪魔の著者である'超自然的宗教'に基づいて不正確でいいかげんな情報については、詳細な議論を必要としません。

Other and kindred questions, such as those of amulets, &c., will be treated under demoniac possessions.他と類似の点がございましたら、それらを守り袋など、 &通性、悪魔に取り付かれた人は財産の下に扱われる。 But may we not here once more and confidently appeal to impartial students whether, in view of this sketch of Jewish Angelology and Satanology, the contention can be sustained that the teaching of Christ on this subject has been derived from Jewish sources?しかし、 5月に一度はここで公平な学生の他、自信をアピールするかどうかは、対象は、次のスケッチのユダヤ人の天使と悪魔は、持続的な競合はキリストの教えは、この問題から派生されユダヤ人のソースですか?


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheim多くのリファレンスを参照してソースに彼の作品です。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.書誌事項のリソースとして、当社は、別の作成edersheim参考文献リストです。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼のすべての括弧内の参考文献を示すの作品のページ番号を参照している。


Angels天使たち

Catholic Information カトリックの情報

(Latin angelus; Greek aggelos; from the Hebrew for "one going" or "one sent"; messenger). (ラテンアンジェリュス;ギリシャ語aggelos ;からのヘブライ語で" 1つ行く"または" 1つの送信" ;メッセンジャー) 。 The word is used in Hebrew to denote indifferently either a divine or human messenger.ヘブライ語の単語が使用されて無関心を示すかのいずれかを人間の神のメッセンジャーです。 The Septuagint renders it by aggelos which also has both significations.セプトゥアギンタaggelosをレンダリングすることによっても両方のsignifications 。 The Latin version, however, distinguishes the divine or spirit-messenger from the human, rendering the original in the one case by angelus and in the other by legatus or more generally by nuntius.のラテン語版との比較、しかし、神のか区別して、人間の精神-メッセンジャーから、レンダリングされ、元のは、 1つの場合は、他のお告げとされ、通常はレガトゥスまたは複数のメッセージです。 In a few passages the Latin version is misleading, the word angelus being used where nuntius would have better expressed the meaning, eg Isaiah 18:2; 33:3, 6.ラテン語のバージョンではいくつかの文章には誤解を招く、という言葉が使われてお告げを表明してメッセージの意味が良い、例えば、イザヤ書18 : 02 ; 33:3 、 6 。 It is with the spirit-messenger alone that we are here concerned.これはお一人の精神に-メッセンジャーを我々はここに該当します。 We have to discuss私たちを話し合う

the meaning of the term in the Bible,という言葉の意味を、聖書の、

the offices of the angels,の事務所を、天使たちに、

the names assigned to the angels,天使たちの名前に割り当てられている、

the distinction between good and evil spirits,善と悪の区別は、スピリッツ、

the divisions of the angelic choirs,この部門は、天使の合唱団、

the question of angelic appearances, and天使のような外見の問題、および

the development of the scriptural idea of angels.聖書の開発は、アイデアを天使たちです。

The angels are represented throughout the Bible as a body of spiritual beings intermediate between God and men: "You have made him (man) a little less than the angels" (Psalm 8:6).聖書の表現して、天使たちには精神的な生き物の中間体として、神との間に男性: "あなたが彼(男)を少しは軽くするよりも、天使たちに" (詩篇第8時06分) 。 They, equally with man, are created beings; "praise ye Him, all His angels: praise ye Him, all His hosts . . . for He spoke and they were made. He commanded and they were created" (Psalm 148:2, 5; Colossians 1:16-17).彼らは、同様に男は、生き物が作成されます; "称賛なたがた彼は、すべて彼の天使たち:褒め言葉なたがた彼は、すべて彼のホスト。 。 。 。 。 、彼は、彼らが行われた。彼は、彼らが作成さ命じられた" (詩篇148:2 、 5 ;コロサイ人への手紙1:16-17 ) 。 That the angels were created was laid down in the Fourth Lateran Council (1215).天使たちが作成しては、第4ラテラン敷設評議会( 1215 ) 。 The decree "Firmiter" against the Albigenses declared both the fact that they were created and that men were created after them.の令" firmiter "反対するアルビ派の両方の事実を宣言していた男性が作成した後に作成されています。 This decree was repeated by the Vatican Council, "Dei Filius".この判決は、バチカン公会議を繰り返し、 "デイfilius "です。 We mention it here because the words: "He that liveth for ever created all things together" (Ecclesiasticus 18:1) have been held to prove a simultaneous creation of all things; but it is generally conceded that "together" (simul) may here mean "equally", in the sense that all things were "alike" created.私たちは、言葉に言及してください: "彼がこれまでに作成したすべての事柄を結び付けてliveth " (集会の書18時01分)が開催され、同時の創造を証明するすべてのもの;しかし、それは一般的に譲歩し"一緒に" (サイマル)年5月ここ意味"平等" 、という意味ではすべてのものは、 "似"作成されます。 They are spirits; the writer of the Epistle to the Hebrews says: "Are they not all ministering spirits, sent to minister to them who shall receive the inheritance of salvation?"彼らはスピリッツ;その作家の信徒へのヘブル人への手紙には言う: "は、かれらはすべてのministeringスピリッツ、 whoして送信される部長官の遺産の相続を受けるのは救いですか? " (Hebrews 1:14). (ヘブル人への手紙1:14 ) 。

Attendants at God's throne参加者は神の玉座

It is as messengers that they most often figure in the Bible, but, as St. Augustine, and after him St. Gregory, expresses it: angelus est nomen officii ("angel is the name of the office") and expresses neither their essential nature nor their essential function, viz.: that of attendants upon God's throne in that court of heaven of which Daniel has left us a vivid picture:これは使徒として図にして最も頻繁に聖書の、しかし、聖アウグスティヌス、聖グレゴリー彼とした後、それを表現:お告げの名前はofficii ( "天使は、事務所の名前を"を参照) 、どちらの表現に欠かせない自然に欠かせない機能も、 viz 。 :参加者が、その時、神の王座裁判所の天国のダニエルは、左の問い合わせを生き生きと描写:

I behold till thrones were placed, and the Ancient of Days sat: His garment was white as snow, and the hair of His head like clean wool: His throne like flames of fire: the wheels of it like a burning fire.私が置か偉大なるまで見なさい、と古代の日中に土:彼の服は雪のように白かった、と彼の頭の毛のような清潔度ウール:彼の玉座のような炎の火災:車輪のことのように燃える火災。 A swift stream of fire issued forth from before Him: thousands of thousands ministered to Him, and ten thousand times a hundred thousand stood before Him: the judgment sat and the books were opened.迅速な火災のストリームを発行する前に彼から記載:数千人の数千人ministeredをしてしまったら、と100000万回を前に立った彼:土との判断が開かれた書籍です。 (Daniel 7:9-10; cf. also Psalm 96:7; Psalm 102:20; Isaiah 6, etc.) (ダニエル7:9-10 ;継続前誌です。も詩編96:7 ;詩編102:20 ;イザヤ書6 、等)

This function of the angelic host is expressed by the word "assistance" (Job 1:6; 2:1), and our Lord refers to it as their perpetual occupation (Matthew 18:10).この関数は、天使のホストが表明された単語"アシスタンス" (仕事1 : 06 ; 2:1 ) 、およびそれを参照してわたしたちの主として、永久占領(マタイ18:10 ) 。 More than once we are told of seven angels whose special function it is thus to "stand before God's throne" (Tobit 12:15; Revelation 8:2-5). 2回以上の7つの天使たちは私たちはそのことがこのように特別な機能を"スタンド前に、神の玉座" (トビト書12:15 ;啓示8:2-5 ) 。 The same thought may be intended by "the angel of His presence" (Isaiah 63:9) an expression which also occurs in the pseudo-epigraphical "Testaments of the Twelve Patriarchs".意図され、同じ考えがあります"彼の存在の天使" (イザヤ書63:9 )という表現が発生するのも疑似金石文の" testamentsのは、 12 patriarchs "です。

God's messengers to mankind神の使徒を人類に与える

But these glimpses of life beyond the veil are only occasional.しかし、これらのglimpsesあの世での生活は、時折のみです。 The angels of the Bible generally appear in the role of God's messengers to mankind.聖書の、天使たちには、通常表示されて、神の使徒を人類の役割をします。 They are His instruments by whom He communicates His will to men, and in Jacob's vision they are depicted as ascending and descending the ladder which stretches from earth to heaven while the Eternal Father gazes upon the wanderer below.彼らは自分の楽器を御心に適う男性と通信する彼の意思を、そして彼らはジェイコブのビジョンとして描かれて上昇と下降のはしごが延び天国から地球を眺め続けるが、永遠の父の放浪者は以下のとおり。 It was an angel who found Agar in the wilderness (Genesis 16); angels drew Lot out of Sodom; an angel announces to Gideon that he is to save his people; an angel foretells the birth of Samson (Judges 13), and the angel Gabriel instructs Daniel (Daniel 8:16), though he is not called an angel in either of these passages, but "the man Gabriel" (9:21).それは、天使の荒野の中にwhoが見つかりました寒天培地(創世記16 ) ;天使ドリュー多くのソドム;天使の発表をギデオンを保存すること彼は彼の人々 ; foretellsにして生まれたか天使のサムソン(審査員13 ) 、との天使ガブリエル指示ダニエル(ダニエル8時16分) 、かかわらず、彼ではないと呼ばれるこれらのいずれかの通路に天使がいるが、 "その男ガブリエル" (午前9時21分) 。 The same heavenly spirit announced the birth of St. John the Baptist and the Incarnation of the Redeemer, while tradition ascribes to him both the message to the shepherds (Luke 2:9), and the most glorious mission of all, that of strengthening the King of Angels in His Agony (Luke 22:43).天国の精神を発表したのと同じにして生まれたの聖ヨハネにバプテスマを受けたとの化身の救い主、伝統の中に彼の両方のメッセージが表示さascribesして羊飼い(ルカ2時09分) 、およびミッションのすべての最も輝かしい、それを強化するキングオブ天使たちが彼の苦悩(ルカ22:43 ) 。 The spiritual nature of the angels is manifested very clearly in the account which Zacharias gives of the revelations bestowed upon him by the ministry of an angel.の精神的な性質を明らかに非常に明確で、天使たちには、アカウントをツァハリアスの啓示は、彼のことを課せられた天使の部です。 The prophet depicts the angel as speaking "in him".預言者ムハンマドの天使として描いて言えば"は彼を"です。 He seems to imply that he was conscious of an interior voice which was not that of God but of His messenger.彼の暗示が含まれていたように、インテリアの声を意識したことはないしかし、神の使徒です。 The Massoretic text, the Septuagint, and the Vulgate all agree in thus describing the communications made by the angel to the prophet.のmassoreticテキストは、セプトゥアギンタ、同意するとウルガタ聖書のすべての通信を記述するために作られる預言者ムハンマドの天使です。 It is a pity that the "Revised Version" should, in apparent defiance of the above-named texts, obscure this trait by persistently giving the rendering: "the angel that talked with me: instead of "within me" (cf. Zechariah 1:9, 13, 14; 2:3; 4:5; 5:10).それは残念だ"改訂版"は、上記の見掛けの名前のテキスト無視して、恒常的に無名のこの特性を与えているのレンダリング: "その話を私の天使:ではなく"に私" ( cf.ゼカリヤ1 : 9日、 13日、 14 ; 2:3 ;午前4時05分; 5:10 ) 。

Such appearances of angels generally last only so long as the delivery of their message requires, but frequently their mission is prolonged, and they are represented as the constituted guardians of the nations at some particular crisis, eg during the Exodus (Exodus 14:19; Baruch 6:6).このような外見の天使たち最終更新のみが続く限りは、通常の配信に必要なメッセージが表示さは、しかし、頻繁に彼らの使命が長引けば、と彼らは保護者として表現され、国の構成はいくつかの特定の危機、例えば中に出エジプト記(出エジプト記14:19 ;バルーク6時06分) 。 Similarly it is the common view of the Fathers that by "the prince of the Kingdom of the Persians" (Dan., x, 13; x, 21) we are to understand the angel to whom was entrusted the spiritual care of that kingdom, and we may perhaps see in the "man of Macedonia" who appeared to St. Paul at Troas, the guardian angel of that country (Acts 16:9).同様のことが共通の対象には、父のことを"プリンスオブペルシャ人の王国は、 " ( dan. 、 x 、 13であり、 x 、 21 )我々は天使を理解し、精神的なケアを誰がその王国に委託し、とすることがありますたぶんに表示されて"男のマケドニア" troas who登場を聖パウロは、その国の守護天使の(行為16:9 ) 。 The Septuagint (Deuteronomy 32:8), has preserved for us a fragment of information on this head, though it is difficult to gauge its exact meaning: "When the Most High divided the nations, when He scattered the children of Adam, He established the bounds of the nations according to the number of the angels of God".のセプトゥアギンタ(申命記32:8 )には、保存先の断片的な情報をこの頭、それを測定するのは難しいその正確な意味: "分割するときに、最も高い国は、アダムの子供たちに散在するときは、彼に設立の範囲内では、国の数によると、天使たちが神の"です。 How large a part the ministry of angels played, not merely in Hebrew theology, but in the religious ideas of other nations as well, appears from the expression "like to an angel of God".どのよう大部分の省の天使たちをプレイではなく、単にinヘブライ語の神学、しかし、他の国の宗教的なアイデアも、表現が表示さから"神の天使のように" 。 It is three times used of David (2 Samuel 14:17, 20; 14:27) and once by Achis of Geth (1 Samuel 29:9).使用されることが3回のデビッド( 2サミュエル14:17 、 20 ; 14:27 )と一度にachisのgeth ( 1サミュエル29:9 ) 。 It is even applied by Esther to Assuerus (Esther 15:16), and St. Stephen's face is said to have looked "like the face of an angel" as he stood before the Sanhedrin (Acts 6:15).エスターにも適用されることがassuerus (エスター15:16 ) 、および聖ステパノの顔とも言われて顔"のように天使の顔"として彼の前に立っていたサンヘドリン(行為6:15 ) 。

Personal guardians個人的な保護者の皆様へ

Throughout the Bible we find it repeatedly implied that each individual soul has its tutelary angel.聖書を通して私たちを見つけることを繰り返し、個々の魂には、暗黙の守護天使です。 Thus Abraham, when sending his steward to seek a wife for Isaac, says: "He will send His angel before thee" (Genesis 24:7).こうしてイブラーヒーム、スチュワードを送信した時の彼の妻を模索するためにイスハーク、言う: "彼は彼の天使を送信する前に、なた" (創世記24:7 ) 。 The words of the ninetieth Psalm which the devil quoted to our Lord (Matthew 4:6) are well known, and Judith accounts for her heroic deed by saying: "As the Lord liveth, His angel hath been my keeper" (xiii, 20).の言葉を引用し第九十詩篇第悪魔は、わたしたちの主(マタイ4時06分)は、周知のように、とジュディスのアカウントを彼女の英雄的行為と言って: "として、主liveth 、彼の天使かれらが私の番人" ( 13 、 20 ) 。 These passages and many like them (Genesis 16:6-32; Hosea 12:4; 1 Kings 19:5; Acts 12:7; Psalm 33:8), though they will not of themselves demonstrate the doctrine that every individual has his appointed guardian angel, receive their complement in our Saviour's words: "See that you despise not on of these little ones; for I say to you that their angels in Heaven always see the face of My Father Who is in Heaven" (Matthew 18:10), words which illustrate the remark of St. Augustine: "What lies hidden in the Old Testament, is made manifest in the New".これらの通路と多くの好きなんだ(創世記16:6-32 ;ホセア書12 : 04 ; 1キングス19 : 05 ;行為12 : 07 ;詩編33:8 ) 、かれら自身はないの教義を実証するごとに個々には彼の守護天使に任命、その補完を受け取る私たちの言葉を救い主: "参照していないことを軽蔑これらの小さなもの;しておられることを私に言ってやるが天国の天使たちは常に私の父の顔を参照してwhoは、インヘブン" (マタイ18 : 10 ) 、言葉で説明する発言の聖アウグスティヌス: "どのような嘘に隠され、旧約聖書の、マニフェストでは、新しい"です。 Indeed, the book of Tobias seems intended to teach this truth more than any other, and St. Jerome in his commentary on the above words of our Lord says: "The dignity of a soul is so great, that each has a guardian angel from its birth."確かに、この本のトビアス、この真理を教えるよう意図した以上他のは、彼の解説と聖ジェロームは、上記の言葉を、わたしたちの主は言う: "魂の尊厳のは非常に大きな、それには、それぞれの守護天使よりその誕生します。 " The general doctrine that the angels are our appointed guardians is considered to be a point of faith, but that each individual member of the human race has his own individual guardian angel is not of faith (de fide); the view has, however, such strong support from the Doctors of the Church that it would be rash to deny it (cf. St. Jerome, supra).全般ドクトリンは、守護天使たちが私たちに任命すると考えられてポイントは信仰が、その個々のメンバーである、人間のレースには、彼自身の個々の守護天使ではない信仰(デfide ) ;の対象は、しかし、このような医師からの強い支持を、教会がそれを拒否することが発疹( cf.聖ジェローム、スープラ) 。 Peter the Lombard (Sentences, lib. II, dist. xi) was inclined to think that one angel had charge of several individual human beings.ピーターれているロンバード(文章、 libにコピーします。 2世、区十一)は、傾斜したことを考えると1つの天使のいくつかの個々の人間が担当します。 St. Bernard's beautiful homilies (11-14) on the ninetieth Psalm breathe the spirit of the Church without however deciding the question.セントバーナードの美しいを発する( 11-14 )を90分の1詩篇第息をせずしかし、教会の精神を決定してください。 The Bible represents the angels not only as our guardians, but also as actually interceding for us.聖書は、私たちの守護天使としてだけでなく、実際にintercedingとしてだけでなくです。 "The angel Raphael (Tob., xii, 12) says: "I offered thy prayer to the Lord" (cf. Job, v, 1 (Septuagint), and 33:23 (Vulgate); Apocalypse 8:4). The Catholic cult of the angels is thus thoroughly scriptural. Perhaps the earliest explicit declaration of it is to be found in St. Ambrose's words: "We should pray to the angels who are given to us as guardians" (De Viduis, ix); (cf. St. Aug., Contra Faustum, xx, 21). An undue cult of angels was reprobated by St. Paul (Colossians 2:18), and that such a tendency long remained in the same district is evidenced by Canon 35 of the Synod of Laodicea. "天使のラファエル( tob. 、 12 、 12 )は言う: "私提供してなたの主の祈り" ( cf.仕事、 V電源、 1 (セプトゥアギンタ) 、および33:23 (流布本) ;アポカリプス8時04分) 。カトリック教団の聖書、天使たちには、このように徹底的にします。恐らく最古の明示的な宣言されることが発見さセントアンブローズの言葉: "我々は、天使たちに祈りを与えられた問い合わせwhoは、保護者として" (デviduisは、 9世) ; (継続前誌です。聖8月、コントラfaustum 、イグゼクス、 21 ) 。教団の天使たちに過度のreprobatedでは、聖パウロ(コロサイ人への手紙2:18 ) 、およびそのような傾向は依然長い証明され、同じ地区にはキヤノンの35ラオディケアの教会会議のです。

As Divine Agents Governing The World神のエージェントとして世界を支配する

The foregoing passages, especially those relating to the angels who have charge of various districts, enable us to understand the practically unanimous view of the Fathers that it is the angels who put into execution God's law regarding the physical world.前述の通路、特に関連して、天使たちにwhoが電荷の様々な地区、実質的に有効に問い合わせを理解し、満場一致の対象には、父のことを実行するには、天使たちが神の律法whoについては物理的な世界です。 The Semitic belief in genii and in spirits which cause good or evil is well known, and traces of it are to be found in the Bible. genieの複数形とし、ユダヤ人の信仰をいいか悪い霊が原因は周知のように、との痕跡を発見されたとされる聖書です。 Thus the pestilence which devastated Israel for David's sin in numbering the people is attributed to an angel whom David is said to have actually seen (2 Samuel 24:15-17), and more explicitly, I Par., xxi, 14-18).したがって、疫病で荒廃したイスラエルのデビッドの罪でナンバリングの人々は誰に起因するデヴィッドは天使によると、実際には見ていない( 2サミュエル24:15-17 ) 、および他の明示的に、私パーです。 、 xxi 、 14-18 )です。 Even the wind rustling in the tree-tops was regarded as an angel (2 Samuel 5:23, 24; 1 Chronicles 14:14, 15).風の擦れる音さえするには、ツリーのてっぺんは、天使と見なされて( 2サミュエル5:23 、 24 ; 1クロニクル14:14 、 15 ) 。 This is more explicitly stated with regard to the pool of Probatica (John 5:1-4), though these is some doubt about the text; in that passage the disturbance of the water is said to be due to the periodic visits of an angel.これは他の明示的に記載に関しては、以下のプールprobatica (ジョン5:1-4 ) 、かかわらず、これらのは、いくつかの疑問については、本文; 、その通路の障害によると、水が定期的に訪問されるのために、天使のです。 The Semites clearly felt that all the orderly harmony of the universe, as well as interruptions of that harmony, were due to God as their originator, but were carried out by His ministers.のsemitesを明確に感じて、宇宙のすべての整然との調和、その調和の中断だけでなく、その発信者が神のために、しかし、彼の閣僚が実施されています。 This view is strongly marked in the "Book of Jubilees" where the heavenly host of good and evil angels is every interfering in the material universe.このビューを表示するスパムが強く、 "予約のjubilees "は、天のホストの善と悪の天使たちは、宇宙のあらゆる干渉されている資料です。 Maimonides (Directorium Perplexorum, iv and vi) is quoted by St. Thomas Aquinas (Summa Theol., I:1:3) as holding that the Bible frequently terms the powers of nature angels, since they manifest the omnipotence of God (cf. St. Jerome, In Mich., vi, 1, 2; PL, iv, col. 1206). maimonides ( directorium perplexorum 、 IVで6 )が引用される聖トマスアクィナス(総合的研究論文theol 。 、私: 1:3 )を所蔵して聖書の天使たち自然の力を頻繁に利用するため、彼らのマニフェストの全能の神( cf.聖ジェロームは、ミシガン州6 、 1 、 2 ;ポーランド語、四、列です。 1206 ) 。 Hierarchical organization階層的な組織

Though the angels who appear in the earlier works of the Old Testament are strangely impersonal and are overshadowed by the importance of the message they bring or the work they do, there are not wanting hints regarding the existence of certain ranks in the heavenly army. whoに表示されますかかわらず、天使たちに、以前の作品を、旧約聖書のは不思議な人間味のないとは覆いをするには、メッセージの重要性やその仕事に持ち込むとすれば、希望には、特定の特定の階級が存在するヒントについては、天軍です。

After Adam's fall Paradise is guarded against our First Parents by cherubim who are clearly God's ministers, though nothing is said of their nature.アダムの下落した後の最初の両親に対してパラダイスは守らケルビムwhoは明らかにされ、神の閣僚は、何もかかわらず、その性質によるとします。 Only once again do the cherubim figure in the Bible, viz., in Ezechiel's marvellous vision, where they are described at great length (Ezekiel 1), and are actually called cherub in Ezechiel 10.再び一度だけ、聖書の図には、ケルビム、 viz 。は、 ezechielの素晴らしいビジョンで記述され、それがどこに大きな長さ(エゼキエル書1 ) 、およびケルビムでは、実際にezechielと呼ばれる10 。 The Ark was guarded by two cherubim, but we are left to conjecture what they were like. 2つのケルビムの箱舟が守られ、しかし、我々は左のような彼らは何を推測します。 It has been suggested with great probability that we have their counterpart in the winged bulls and lions guarding the Assyrian palaces, and also in the strange winged men with hawks' heads who are depicted on the walls of some of their buildings.提案されて非常に確率を私たちには対向は、翼のブルズとライオンズは、アッシリアの宮殿を警護し、また、奇妙な翼の男性にホークスの頭に描かれてwhoは、いくつかの建物の壁にします。 The seraphim appear only in the vision of Isaias 6:6.セラフィムにのみ表示されるのは、ビジョンをisaias 6時06分です。

Mention has already been made of the mystic seven who stand before God, and we seem to have in them an indication of an inner cordon that surrounds the throne.言及されて作られたwhoスタンド前の神秘的な7つの神となり、私たちのように見えることを示唆するのには、内側の玉座の周囲に非常線を張ることです。 The term archangel occurs only in St. Jude and 1 Thessalonians 4:15; but St. Paul has furnished us with two other lists of names of the heavenly cohorts.大天使が発生するという言葉だけで、 1セントジュードthessalonians 4:15 ;しかし、聖パウロは、家具付きの2つのリストの名前の問い合わせには、天cohorts 。 He tells us (Ephesians 1:21) that Christ is raised up "above all principality, and power, and virtue, and dominion"; and, writing to the Colossians (1:16), he says: "In Him were all things created in heaven and on earth, visible and invisible, whether thrones or dominations, or principalities or powers."彼を教えてくれる(エペソ人への手紙1:21 )がイエスキリストが発生する"上記のすべての君主国、および電源、および美徳、およびドミニオン" ;と、書けば、コロサイ人への手紙( 1:16 ) 、と彼は言います: "彼はすべてのもの天国と地球上で作成され、有形無形、偉大なるまたはdominationsかどうか、または君主国や大国です。 " It is to be noted that he uses two of these names of the powers of darkness when (2:15) he talks of Christ as "despoiling the principalities and powers . . . triumphing over them in Himself".彼によるとされることは、これらの2つの名前を使用して、力を闇の中に( 2:15 )彼はキリストの会談を" despoilingの君主国とパワーズ。 。 。 。 。 triumphingをして自分自身"です。 And it is not a little remarkable that only two verses later he warns his readers not to be seduced into any "religion of angels".と少し驚くべきことですが、それだけではない2つの詩その後彼は、彼の読者に警告される特定の誘惑にかられる任意の"宗教の天使たち"です。 He seems to put his seal upon a certain lawful angelology, and at the same time to warn them against indulging superstition on the subject.彼は彼の封を置くように、特定の合法的な天使、それと同時に反対による迷信を警告することで、被写体です。 We have a hint of such excesses in the Book of Enoch, wherein, as already stated, the angels play a quite disproportionate part.私たちは、このような行き過ぎのヒントは、予約のイノック、そこは、前述のとおり、非常に不均衡な部分、天使たちに演奏する。 Similarly Josephus tells us (Bel. Jud., II, viii, 7) that the Essenes had to take a vow to preserve the names of the angels.同様にヨセフスを教えてくれる( BEL.さんユート。 、 2世、 viii 、 7 )していたエッセネ派を維持するために誓いを立てるの名前を、天使たちにします。

We have already seen how (Daniel 10:12-21) various districts are allotted to various angels who are termed their princes, and the same feature reappears still more markedly in the Apocalyptic "angels of the seven churches", though it is impossible to decide what is the precise signification of the term.私たちはすでに見られる、どのように(ダニエル10:12-21 )に割り当てられる様々な地区は、様々な天使who呼ばれる彼らは、君主は、まだ他に戻りますと同じ機能が明らかに、終末論的"天使たちの7つの教会" 、それは不可能であることを決めるの正確な意味は何ですという言葉です。 These seven Angels of the Churches are generally regarded as being the Bishops occupying these sees.これらの7つの天使たちは、教会の司教は一般に考えられ、これらの占領見ています。 St. Gregory Nazianzen in his address to the Bishops at Constantinople twice terms them "Angels", in the language of the Apocalypse.聖グレゴリーnazianzen彼のアドレスを利用して2回コンスタンティノープル司教は"天使"は、その言語の黙示録のです。 The treatise "De Coelesti Hierarchia", which is ascribed to St. Denis the Areopagite, and which exercised so strong an influence upon the Scholastics, treats at great length of the hierarchies and orders of the angels.の論文"デcoelesti hierarchia " 、これは生得的にサンドニアレオパギタ、およびこれに強い影響力を行使するためのscholastics 、いつまでもの長さを扱うの階層と、天使たちに命令します。 It is generally conceded that this work was not due to St. Denis, but must date some centuries later.それは一般的に譲歩、この作品のためにサンドニはないが、いくつかの世紀へ必要があります。日です。 Though the doctrine it contains regarding the choirs of angels has been received in the Church with extraordinary unanimity, no proposition touching the angelic hierarchies is binding on our faith.教義が含まれかかわらず、合唱団の天使たちについては、教会が受信されて全会一致で臨時、天使のような階層の命題に触れるのは、我々の信仰を拘束する。 The following passages from St. Gregory the Great (Hom. 34, In Evang.) will give us a clear idea of the view of the Church's doctors on the point:は、次の通路よりSt 。グレゴリーの大( hom. 34は、 evangです。 )は、連絡先を明確にする考えを対象に、教会の医師を検索する点:

We know on the authority of Scripture that there are nine orders of angels, viz., Angels, Archangels, Virtues, Powers, Principalities, Dominations, Throne, Cherubim and Seraphim.私たちが知って啓典の権威を天使たちには、 9つの受注を、 viz 。 、天使、アークエンジェル、美徳、パワーズ、君主は、 dominations 、王座、ケルビムとセラフィムです。 That there are Angels and Archangels nearly every page of the Bible tell us, and the books of the Prophets talk of Cherubim and Seraphim.アークエンジェルには、天使と聖書のほぼすべてのページを教えて下さい、との書籍は、預言者トークのケルビムとセラフィムです。 St. Paul, too, writing to the Ephesians enumerates four orders when he says: 'above all Principality, and Power, and Virtue, and Domination'; and again, writing to the Colossians he says: 'whether Thrones, or Dominations, or Principalities, or Powers'.セントポール、あまりにも、 4つの命令を列挙エペソ人への手紙を書くときに彼は言う: '上記のすべての君主国、および電源、および美徳、および支配' ;と再度、コロサイ人への手紙を書くと彼は言います: 'かどうか偉大なるか、またはdominationsか、または君主か、またはパワーズ' 。 If we now join these two lists together we have five Orders, and adding Angels and Archangels, Cherubim and Seraphim, we find nine Orders of Angels.これら2つのリストに参加すれば今すぐ一緒に私たちは5つの命令、および追加、天使と大天使、ケルビムとセラフィム、 9つの命令を見つけるの天使たち私たちです。

St. Thomas (Summa Theologica I:108), following St. Denis (De Coelesti Hierarchia, vi, vii), divides the angels into three hierarchies each of which contains three orders.セントトーマス(総合的研究論文theologica私: 108 ) 、次のサンドニ(デcoelesti hierarchia 、六、七) 、分割してそれぞれの天使たちを3つの階層の3つの命令が含まれています。 Their proximity to the Supreme Being serves as the basis of this division.その近接して至高の存在の根拠としては、次の課です。 In the first hierarchy he places the Seraphim, Cherubim, and Thrones; in the second, the Dominations, Virtues, and Powers; in the third, the Principalities, Archangels, and Angels.彼の最初の階層の場所のセラフィム、ケルビム、および偉大なる;は、第二に、 dominations 、美徳、およびパワーズ;は、第三に、君主は、大天使と天使たちです。 The only Scriptural names furnished of individual angels are Raphael, Michael, and Gabriel, names which signify their respective attributes.聖書の名前だけラファエル家具の個々の天使たちが、マイケル、とガブリエルは、それぞれの属性の名前を意味します。 Apocryphal Jewish books, such as the Book of Enoch, supply those of Uriel and Jeremiel, while many are found in other apocryphal sources, like those Milton names in "Paradise Lost".作り話のユダヤ人の書籍などの予約のイノックは、それらの電源jeremielウリエルと、多くが見つかった他の作り話によると、ミルトンの名前のような"失楽園"です。 (On superstitious use of such names, see above). (このような名前の使用を迷信、上記参照) 。

The number of angels天使たちの数を

The number of the angels is frequently stated as prodigious (Daniel 7:10; Apocalypse 5:11; Psalm 67:18; Matthew 26:53).の数は、天使たちが頻繁に記載さ並外れた(ダニエル7 : 10 ;アポカリプス5:11 ;詩編67:18 ;マタイ26:53 ) 。 From the use of the word host (sabaoth) as a synonym for the heavenly army it is hard to resist the impression that the term "Lord of Hosts" refers to God's Supreme command of the angelic multitude (cf. Deuteronomy 33:2; 32:43; Septuagint).という言葉の使用をよりホスト(万軍)の同義語としては、天軍に抵抗することは難しいとの印象を、 "主のホスト"を参照して、神の最高のコマンドは、天使のような多数( cf.申命記33:2 ; 32 : 43 ;セプトゥアギンタ) 。 The Fathers see a reference to the relative numbers of men and angels in the parable of the hundred sheep (Luke 15:1-3), though this may seem fanciful.への参照を参照し、父親の相対的な数の男性と天使たちは、寓話の百羊(ルカ15:1-3 ) 、かかわらず、この架空のように思えるかもしれません。 The Scholastics, again, following the treatise "De Coelesti Hierarchia" of St. Denis, regard the preponderance of numbers as a necessary perfection of the angelic host (cf. St. Thomas, Summa Theologica I:1:3).のscholastics 、再度、次の論文"デcoelesti hierarchia "サンドニ、優位な点は完ぺきに必要な数値としては、天使のホスト( cf.セントトーマス、総合的研究論文theologica私: 1:3 ) 。

The evil angels天使たちの悪

The distinction of good and bad angels constantly appears in the Bible, but it is instructive to note that there is no sign of any dualism or conflict between two equal principles, one good and the other evil.天使たちの善と悪の区別は常に表示されている聖書の、それは有益ではないのサインに注意して任意の2つの平等の原則二元論の間の葛藤や、 1つの善と悪、他のです。 The conflict depicted is rather that waged on earth between the Kingdom of God and the Kingdom of the Evil One, but the latter's inferiority is always supposed.紛争の描写は、地球上で賃金をもらっているというが、神との間の王国の1つの王国は、邪悪な、しかし、後者の劣等は常に仮定します。 The existence, then, of this inferior, and therefore created, spirit, has to be explained.が存在する、次に、この下、およびそのため作成されると、精神がされると説明した。

The gradual development of Hebrew consciousness on this point is very clearly marked in the inspired writings.ヘブライ語、徐々に意識をこの時点での開発は非常に明確にスパムは、インスピレーション作品を紹介します。 The account of the fall of our First Parents (Genesis 3) is couched in such terms that it is impossible to see in it anything more than the acknowledgment of the existence of a principle of evil who was jealous of the human race.弊社の秋に、アカウントの最初の両親(創世記3 )は、このような用語を表現することは不可能に表示さそれ以上の何かが存在することの承認を原則と嫉妬の悪のwhoは、人間のレースです。 The statement (Genesis 6:1) that the "sons of God" married the daughters of men is explained of the fall of the angels, in Enoch, vi-xi, and codices, D, EF, and A of the Septuagint read frequently, for "sons of God", oi aggeloi tou theou.その声明(創世記6:1 )は、 "神の息子の"娘の男性と結婚するの秋には、天使たちに説明するのは、イノック、六- xi 、とのCODEC 、 d 、 ef 、セプトゥアギンタを読むと、頻繁には、 "サンズオブゴッド" 、大井aggeloi塔theouです。 Unfortunately, codices B and C are defective in Genesis 6, but it is probably that they, too, read oi aggeloi in this passage, for they constantly so render the expression "sons of God"; cf.残念ながら、 codexの複数BとCは不良品の創世記6 、それは、おそらくして、あまりにも、この一節を読む大井aggeloiで、かれら絶えずレンダリングするので表現"サンズオブゴッド" ;継続前誌です。 Job, i, 6; ii, 1; xxxviii, 7; but on the other hand, see Ps., ii, 1; lxxxviii, & (Septuagint).仕事、私は、 6 ;二、 1 ;三十八、 7 ;ですが、もう一方を参照してくださいpsのです。 、 2世、 1 ;八十八、 & (セプトゥアギンタ) 。 Philo, in commenting on the passage in his treatise "Quod Deus sit immutabilis", i, follows the Septuagint.フィロは、彼の論文にコメントするの通過に"そして神座るimmutabilis " 、私は、次のように、セプトゥアギンタです。 For Philo's doctrine of Angels, cf. philoさんの教義の天使たちを、継続前誌です。 "De Vita Mosis", iii, 2, "De Somniis", VI: "De Incorrupta Manna", i; "De Sacrificis", ii; "De Lege Allegorica", I, 12; III, 73; and for the view of Gen., vi, 1, cf. "デ生命mosis " 、 3 、 2 、 "デsomniis " 、六: "デincorruptaマンナ" 、私; "デsacrificis " 、 2世; "デレージュallegorica " 、私は、 12 ;三、 73 ;とは、対象のGen 。と、六、 1 、継続前誌です。 St. Justin, Apol., ii 5.聖ジャスティン、 apol 。 、 2世5 。 It should moreover be noted that the Hebrew word nephilim rendered gigantes, in 6:4, may mean "fallen ones".それはまた、ヘブライ語に注意してレンダリングネピリムギガスは、午前6時04分、 5月を意味"倒れたもの"です。 The Fathers generally refer it to the sons of Seth, the chosen stock.を参照して、父親の通常の息子のセス、選択された株式で買収した。 In 1 Samuel 19:9, an evil spirit is said to possess Saul, though this is probably a metaphorical expression; more explicit is 1 Kings 22:19-23, where a spirit is depicted as appearing in the midst of the heavenly army and offering, at the Lord's invitation, to be a lying spirit in the mouth of Achab's false prophets. 19時09分に1サミュエルは、邪悪な精神を持つによるとソールが、これはおそらく、隠喩的な表現;他の明示は1キングス22:19-23 、どこが描かとしての精神をもって表示されて、天軍との真っただ中に提供し、招待状は、主の、口の中には、うそをついて精神achabの偽の預言者です。 We might, with Scholastics, explain this is malum poenae, which is actually caused by God owing to man's fault.私たちかもしれない、 scholastics 、説明これは傷害poenae 、これは、実際に神によって引き起こされる男の故障のために。 A truer exegesis would, however, dwell on the purely imaginative tone of the whole episode; it is not so much the mould in which the message is cast as the actual tenor of that message which is meant to occupy our attention.評釈の真実は、しかし、想像力にこだわるの純粋な口調で全体のエピソード;ではないの鋳型ではなおさらのメッセージが表示さは、実際のテノール歌手として出演、そのメッセージが表示さ意味これは私達の注意を占めています。

The picture afforded us in Job 1 and 2 is equally imaginative; but Satan, perhaps the earliest individualization of the fallen Angel, is presented as an intruder who is jealous of Job.先に仕事を与え、画像1と2は同様に想像力;だが悪魔は、おそらく、最古の個別の堕天使、として提示さwhoは嫉妬深いの仕事に侵入します。 He is clearly an inferior being to the Deity and can only touch Job with God's permission.彼は明らかに劣るがタッチして仕事を神と神のことのみを許可します。 How theologic thought advanced as the sum of revelation grew appears from a comparison of 2 Samuel 24:1, with 1 Chronicles 21:1.神学的思考方法として高度成長率の合計は、啓示が表示されたら2サミュエル24:1の比較から、 1クロニクル21時01分です。 Whereas in the former passage David's sin was said to be due to "the wrath of the Lord" which "stirred up David", in the latter we read that "Satan moved David to number Israel".これに対して、元の通路によるとされるデビッドの罪のためには、 "主の怒りを買う"という"論議を巻き起こしデビッド"が、後者のが私たちを読む"悪魔の移転を数デビッドイスラエル"です。 In Job.の仕事です。 iv, 18, we seem to find a definite declaration of the fall: "In His angels He found wickedness." 4世、 18日、私たちを見つけるように明確な宣言の秋に: "彼の天使たち邪悪彼が見つかりました。 " The Septuagint of Job contains some instructive passages regarding avenging angels in whom we are perhaps to see fallen spirits, thus xxxiii, 23: "If a thousand death-dealing angels should be (against him) not one of them shall wound him"; and xxxvi, 14: "If their souls should perish in their youth (through rashness) yet their life shall be wounded by the angels"; and xxi, 15: "The riches unjustly accumulated shall be vomited up, an angel shall drag him out of his house;" cf.このセプトゥアギンタの仕事が含まれ復しゅうの天使たちに関するいくつかの有益な通路で倒れた人を見スピリッツ我々はおそらく、このように33 、 23 : "万人の場合は死の天使たちの対応すべきである(彼に不利に働いた)かれらの傷は彼の1つ" ;と36 、 14 : "もし自分の魂を滅ぼし、その若者は死ぬ(を通じて無分別)はまだありませんが、天使たちがけがをした生活しなければならない" ;とxxi 、 15 : "不当に富を蓄積しなければならない吐くと、天使のは、彼をドラッグ彼の家; "継続前誌です。 Prov., xvii, 11; Ps., xxxiv, 5, 6; lxxvii, 49, and especially, Ecclesiasticus, xxxix, 33, a text which, as far as can be gathered from the present state of the manuscript, was in the Hebrew original.地方します。 、 17 、 11 ; psのです。 、 34 、 5 、 6 、 77 、 49 、および特に、集会の書、 39 、 33 、 a本文は、できる限りの現在の状態から集められた原稿は、ヘブライ語オリジナルです。 In some of these passages, it is true, the angels may be regarded as avengers of God's justice without therefore being evil spirits.これらのいくつかの通路、それがtrueの場合、 5月と見なされる、天使たちが神の正義をavengersの悪霊を退散させるためにします。 In Zach., iii, 1-3, Satan is called the adversary who pleads before the Lord against Jesus the High Priest.でザックです。 、 3 、 1-3 、悪魔と呼ばれる敵who pleadsの前に反対の主イエスキリストの高い司祭です。 Isaias, xiv, and Ezech., xxviii, are for the Fathers the loci classici regarding the fall of Satan (cf. Tertull., adv. Marc., II, x); and Our Lord Himself has given colour to this view by using the imagery of the latter passage when saying to His Apostles: "I saw Satan like lightning falling from heaven" (Luke 10:18). isaias 、 14 、およびezech 。 、二十八、 classiciは、父親の座についての秋に、サタン( cf. tertull 。 、前売マルク。 、 2世、 x ) ;とわたしたちの主ご自身が与えられたの色がこのビューを使用して後者の通路のイメージを言っているときに彼の使徒: "電光石火の速さからの落下を見た悪魔天国" (ルカ10:18 ) 。 In New Testament times the idea of the two spiritual kingdoms is clearly established.新約聖書回に2つの精神的な国という考えは明らかに設立されました。 The devil is a fallen angel who in his fall has drawn multitudes of the heavenly host in his train.堕天使、悪魔は、彼の秋が描かwho天国のホスト数多くの彼の列車です。 Our Lord terms him "the Prince of this world" (John xiv, 30); he is the tempter of the human race and tries to involve them in his fall (Matthew 25:41; 2 Peter 2:4; Ephesians 6:12; 2 Corinthians 11:14; 12:7).わたしたちの主契約彼"王子は、次の世界" (ヨハネ14世、 30 ) ;彼は、人間のレースとしようとする誘惑するのに関与して彼の秋(マタイ25:41 ; 2ピーター2時04分;エペソ人への手紙6:12 ; 2コリンチャンス11:14 ;午前12時07分) 。 Christian imagery of the devil as the dragon is mainly derived from the Apocalypse (ix, 11-15; xii, 7-9), where he is termed "the angel of the bottomless pit", "the dragon", "the old serpent", etc., and is represented as having actually been in combat with Archangel Michael.キリスト教のイメージとして、悪魔のドラゴンは、主に由来してアポカリプス( 9世、 11-15 、 12 、 7-9 ) 、彼がどこに呼ばれる"天使の底なしの穴" 、 "ザドラゴン" 、 "古いヘビ"などと表現されているが、実際に戦闘に大天使マイケルされています。 The similarity between scenes such as these and the early Babylonian accounts of the struggle between Merodach and the dragon Tiamat is very striking.これらのシーンなどの類似点との間の闘争の早期バビロニアアカウントのmerodachと龍ティアマトは非常に印象的です。 Whether we are to trace its origin to vague reminiscences of the mighty saurians which once people the earth is a moot question, but the curious reader may consult Bousett, "The Anti-Christ Legend" (tr. by Keane, London, 1896).起源をトレースするかどうかを私たちは漠然としたsauriansに一度の思い出は、偉大な人々の地球は、議論の余地が質問、相談が、好奇心旺盛リーダーbousett年5月、 "反キリスト伝説" (キーンtr.され、ロンドン、 1896 ) 。 The translator has prefixed to it an interesting discussion on the origin of the Babylonian Dragon-Myth.翻訳者は、面白い議論がして接頭辞の起源は、バビロニアドラゴン-神話です。

The Term "Angel" In The Septuagintこの法律において"天使"は、セプトゥアギンタ

We have had occasion to mention the Septuagint version more than once, and it may not be amiss to indicate a few passages where it is our only source of information regarding the angels.我々はセプトゥアギンタのバージョンについて言及する機会を利用して2回以上、気を悪くすることができないことを示すためのいくつかの通路で唯一の供給源であることが私たちの天使たちについての情報です。 The best known passage is Is., ix, 6, where the Septuagint gives the name of the Messias, as "the Angel of great Counsel".通路には、最もよく知られています。 、 9世、 6 、どこのセプトゥアギンタmessiasの名前を与えるとして"天使の大検"です。 We have already drawn attention to Job, xx, 15, where the Septuagint reads "Angel" instead of "God", and to xxxvi, 14, where there seems to be question of evil angels.私たちはすでに注目を仕事、イグゼクス、 15日、セプトゥアギンタは、英語で"天使"の代わりに"神" 、および36 、 14 、問題があると思われる邪悪な天使たちです。 In ix 7, Septuagint (B) adds: "He is the Hebrew (v, 19) say of "Behemoth": "He is the beginning of the ways of God, he that made him shall make his sword to approach him:, the Septuagint reads: "He is the beginning of God's creation, made for His Angels to mock at", and exactly the same remark is made about "Leviathan", xli, 24.が9世7日、セプトゥアギンタ結果( b )を追加: "彼は、ヘブライ語( V電源、 19 )言ってやる"ビヒモス" : "彼は神の方法の初めに、彼が彼の剣が彼にアプローチしなければならない彼: 、読み込みのセプトゥアギンタ: "彼は神の創造の初めに、彼の天使たちを笑い物に作ら"とまったく同じな発言については"リバイアサン" 、第41回、 24です。 We have already seen that the Septuagint generally renders the term "sons of God" by "angels", but in Deut., xxxii, 43, the Septuagint has an addition in which both terms appear: "Rejoice in Him all ye heavens, and adore Him all ye angels of God; rejoice ye nations with His people, and magnify Him all ye Sons of God."私たちはすでに、通常のレンダリングで見たことがあるという用語のセプトゥアギンタ"の息子の神"を"天使" 、しかし、 deut 。 、 32 、 43 、セプトゥアギンタには、ほかでは、両方の用語が表示: "なたがたは天のすべては彼を喜ばせる、と彼のすべてのなたがたの神を崇拝する天使;喜ぶなたがたは自分の国の人々 、そして拡大全ての彼の息子のなたがたの神です。 " Nor does the Septuagint merely give us these additional references to angels; it sometimes enables us to correct difficult passages concerning them in the Vulgate and Massoretic text.また、これらの連絡先は、単にセプトゥアギンタ天使の参照を追加することにより、時には困難な通路に関する問い合わせを修正するとしてmassoreticのウルガタ聖書のテキストです。 Thus the difficult Elim of MT in Job, xli, 17, which the Vulgate renders by "angels", becomes "wild beasts" in the Septuagint version.このようにしている困難な仕事elimの山で、第41回、 17日、レンダリングさは、ウルガタ聖書の"天使" 、が"野生動物たち"は、セプトゥアギンタバージョンです。

The early ideas as to the personality of the various angelic appearances are, as we have seen, remarkably vague.アイデアを初めとして、様々な天使のような外見の人格には、私たちが見られるとして、非常に漠然とした。 At first the angels are regarded in quite an impersonal way (Genesis 16:7).最初は、天使たちには非常に非人格的な方法を考え(創世記16時07分) 。 They are God's vice-regents and are often identified with the Author of their message (Genesis 48:15-16).彼らは神の大老とは、しばしば担当副発見は、著作者がそのメッセージが表示さ(創世記48:15-16 ) 。 But while we read of "the Angels of God" meeting Jacob (Genesis 32:1) we at other times read of one who is termed "the Angel of God" par excellence, eg Gen., xxxi, 11.しかし、私たちを読む" 、天使たちが神の"会議室ジェイコブ(創世記32:1 )私たちは他の回を読むwho呼ばれるものの1つ"天使の神"飛び抜けて優秀な、例えばGen 。と、 31 、 11 。 It is true that, owing to the Hebrew idiom, this may mean no more than "an angel of God", and the Septuagint renders it with or without the article at will; yet the three visitors at Mambre seem to have been of different ranks, though St. Paul (Hebrews 13:2) regarded them all as equally angels; as the story in Ge., xiii, develops, the speaker is always "the Lord".それは事実だが、ヘブライ語イディオムのために、この5月を超えるつもりではない"神の天使"とのセプトゥアギンタの有無に関係なくレンダリングの記事はそれは;はまだありませんmambreの3つの来場者はさまざまなランク付けされたように見えるが、聖パウロ(ヘブル人への手紙13時02分)と同様と考えてすべての天使たち;としての物語でgeがあります。 、 13 、開発、スピーカーは、常に"主"です。 Thus in the account of the Angel of the Lord who visited Gideon (Judges 6), the visitor is alternately spoken of as "the Angel of the Lord" and as "the Lord".したがって、アカウントは、天使の主who訪れたギデオン(裁判官6 )は、訪問者が交互に話さとして"主の御使"として"主"です。 Similarly, in Judges 13, xiii, the Angel of the Lord appears, and both Manue and his wife exclaim: "We shall certainly die because we have seen God."同様に、裁判官13日、 13世は、主の御使が表示されたら、大声で言うと彼の妻との両方manue : "我々は確かに死ぬため、私たちの神が見られる。 " This want of clearness is particularly apparent in the various accounts of the Angel of Exodus.見掛け上の透明性は、特にこのしたいのは、様々なアカウントは、天使の出エジプト記です。 In Judges 6, just now referred to, the Septuagint is very careful to render the Hebrew "Lord" by "the Angel of the Lord"; but in the story of the Exodus it is the Lord who goes before them in the pillar of a cloud (Exodus 13:21), and the Septuagint makes no change (cf. also Num., xiv, 14, and Neh., ix, 7-20. Yet in Exod., xiv, 19, their guide is termed "the Angel of God". When we turn to Exod., xxxiii, where God is angry with His people for worshipping the golden calf, it is hard not to feel that it is God Himself who has hitherto been their guide, but who now refuses to accompany them any longer. God offers an angel instead, but at Moses's petition He says (14) "My face shall go before thee", which the Septuagint reads by autos though the following verse shows that this rendering is clearly impossible, for Moses objects: "If Thou Thyself dost not go before us, bring us not out of this place." But what does God mean by "my face"? Is it possible that some angel of specially high rank is intended, as in Is., lxiii, 9 (cf. Tobias, xii, 15)? May not this be what is meant by "the angel of God" (cf. Numbers 20:16)?の裁判官6 、ちょうど今言及には、セプトゥアギンタは非常に注意してレンダリングするヘブライ語"主"を"主の御使" ;しかし、話をすることが主の栄光への脱出whoは前にそれらを柱とする雲(出エジプト記13:21 ) 、および、セプトゥアギンタはいかなる変更( cf.もNUM件です。 、 14 、 14 、およびneh 。 、 9世は、 7月20日です。 exodはまだありませんが。 、 14 、 19 、彼らのガイドは、名前が付いた"エンジェルオブゴッド"です。 exod時に有効にします。 、 33 、ここで神は彼の人々の怒りを拝むための黄金のふくらはぎの、しないようにすることは難しいと思っていることは、神様が自分自身whoは、これまでのガイドが、しかし、今すぐwhoを拒否するもはや同行する。神は、天使の代わりに、しかし、ムーサーの請願と彼は言います( 14 ) "私の顔は、行く前に、なた" 、セプトゥアギンタは、自動車の読み取りにかかわらず、次の詩によると、このレンダリングは明らかに不可能だ、モーゼスオブジェクト: "もしあなたが行く前に自分自身ドースト問い合わせは、わたしたちは、次の場所はない。 "しかし、神はどのような意味で"私の顔"ですか?天使のいくつかの可能性があることは特別に高いランクは、意図したように、です。 、 63 、 9 ( cf.トビアス、 12 、 15 )ですか?このようなことに何を意味することはできません"神の天使" ( cf.数字20:16 )ですか?

That a process of evolution in theological thought accompanied the gradual unfolding of God's revelation need hardly be said, but it is especially marked in the various views entertained regarding the person of the Giver of the Law.は、神学的思考の進化過程を徐々に同行する必要はほとんどアンフォールディングの神の啓示によると、これは、特にスパムは、様々な再生回数を楽しま贈り主については、法の人です。 The Massoretic text as well as the Vulgate of Exod., iii and xix-xx clearly represent the Supreme Being as appearing to Moses in the bush and on Mount Sinai; but the Septuagint version, while agreeing that it was God Himself who gave the Law, yet makes it "the angel of the Lord" who appeared in the bush.のmassoreticウルガタ聖書のテキストだけでなく、 exod 。 、 IIIおよび19 -イグゼクス代表して至高の存在として明確に表示される上に、ムーサーは、ブッシュ大統領とマウントサイナイ;しかし、セプトゥアギンタ版との比較、同意している間は、同法の神は自分自身who 、まだすること"主の御使"ブッシュ大統領whoが掲載されています。 By New Testament times the Septuagint view has prevailed, and it is now not merely in the bush that the angel of the Lord, and not God Himself appears, but the angel is also the Giver of the Law (cf. Galatians 3:19; Hebrews 2:2; Acts 7:30).新約聖書倍のセプトゥアギンタを対象には勝っていたし、今すぐこれは単に、ブッシュ大統領は、天使のように、主よ、神ではなく自分自身が表示されたら、贈り主が、天使はまた、法( cf.ガラテヤ人への手紙3:19 ;ヘブル人への手紙2:2 ;行為7:30 ) 。 The person of "the angel of the Lord" finds a counterpart in the personification of Wisdom in the Sapiential books and in at least one passage (Zechariah 3:1) it seems to stand for that "Son of Man" whom Daniel (vii, 13) saw brought before "the Ancient of Days".その人の"天使の主"を見つけたら、対向は、うってつけの人の知恵は、知恵の書籍や、少なくとも1つの通過(ゼカリヤ3:1 ) 、そのように立つ"息子の男"誰ダニエル( 7 、 13 )訴えを見た"古代の日"です。 Zacharias says: "And the Lord showed me Jesus the high priest standing before the angel of the Lord, and Satan stood on His right hand to be His adversary".ツァハリアスは言う: "と、主イエスキリストの高い司祭が私に見せたの前に立って、主の天使と悪魔の右手に立って彼は彼の敵"です。 Tertullian regards many of these passages as preludes to the Incarnation; as the Word of God adumbrating the sublime character in which He is one day to reveal Himself to men (cf. adv, Prax., xvi; adv. Marc., II, 27; III, 9: I, 10, 21, 22).テルトゥリアヌス点の多くは、これらの通路としての前奏曲を化身; adumbrating神の言葉としての崇高な文字では一日を明らかに彼は自分自身を男性( cf.前売、 prax 。 、 16 ;前売マルク。 、 2世、 27 ;三、 9 :私、 10 、 21 、 22 ) 。 It is possible, then, that in these confused views we can trace vague gropings after certain dogmatic truths regarding the Trinity, reminiscences perhaps of the early revelation of which the Protevangelium in Genesis 3 is but a relic.ことが可能ですが、その後、これらの混乱して再生回数トレース漠然としたことgropingsトリニティした後、特定の独断的な真理については、おそらく、初期の啓示の回顧録は、創世記3は、 protevangeliumさではなく、遺物です。 The earlier Fathers, going by the letter of the text, maintained that it was actually God Himself who appeared.以前の父親、行くの手紙をされたテキストは、神が実際に自分自身を維持してwhoが現れました。 he who appeared was called God and acted as God.彼が登場who行動としては、神と神と呼ばれる。 It was not unnatural then for Tertullian, as we have already seen, to regard such manifestations in the light of preludes to the Incarnation, and most of the Eastern Fathers followed the same line of thought.不自然な入力し、テルトゥリアヌスはないことを、私たちはすでに見られるとして、このような症状を呈してに関しては、光の化身の前奏曲を、ほとんどの東部と同じ行の後、父親の考えです。 It was held as recently as 1851 by Vandenbroeck, "Dissertatio Theologica de Theophaniis sub Veteri Testamento" (Louvain).それが開かれた1851年をついvandenbroeck 、 " dissertatio theologicaデtheophaniisサブveteri testamento " (ルー)です。

But the great Latins, St. Jerome, St. Augustine, and St. Gregory the Great, held the opposite view, and the Scholastics as a body followed them.しかし、偉大なラテン系、聖ジェローム、聖アウグスティヌス、と聖グレゴリーの大で開かれた反対のビューで、体の続くとしてscholasticsとします。 St. Augustine (Sermo vii, de Scripturis, PG V) when treating of the burning bush (Exodus 3) says: "That the same person who spoke to Moses should be deemed both the Lord and an angel of the Lord, is very hard to understand. It is a question which forbids any rash assertions but rather demands careful investigation . . . Some maintain that he is called both the Lord and the angel of the Lord because he was Christ, indeed the prophet (Isaiah 9:6, Septuagint Version) clearly styles Christ the 'Angel of great Counsel.'" The saint proceeds to show that such a view is tenable though we must be careful not to fall into Arianism in stating it.聖アウグスティヌス(議論七、デscripturis 、 pg v )の治療は、燃焼時にブッシュ大統領(出エジプト記第3 )は言う: "は、同じ人who話をすべきであると判断さムーサーと天使の両方の主は、主よ、は非常に難しいを理解するには任意の軽率な質問をすることを禁じますアサーションではなく慎重に調査を要求。 。 。 。 。と呼ばれる彼はいくつかの両方の維持を主としていたので、天使の主イエスキリストは、実際の預言者ムハンマド(イザヤ書9時06分、セプトゥアギンタ版)のスタイルを明確にイエスキリストの'天使の大検です。 ' " 、サンの収益に表示することはこのような批判に耐えられるかかわらず対象はしないように注意しなければならないアリウス主義に陥ることを記載してください。 He points out, however, that if we hold that it was an angel who appeared, we must explain how he came to be called "the Lord," and he proceeds to show how this might be: "Elsewhere in the Bible when a prophet speaks it is yet said to be the Lord who speaks, not of course because the prophet is the Lord but because the Lord is in the prophet; and so in the same way when the Lord condescends to speak through the mouth of a prophet or an angel, it is the same as when he speaks by a prophet or apostle, and the angel is correctly termed an angel if we consider him himself, but equally correctly is he termed 'the Lord' because God dwells in him."彼は指摘するように、しかし、私たち保持している場合は、天使who登場、どのように説明しなければならないと呼ばれる彼は話をして、 "主よ、 "と彼はどのように収益を表示するかもしれない: "の別の場所で聖書の預言者ときに話すことはまだありませんwho話すによると、主に、特定のコースは、預言者は、主は、しかし、主は、預言者、およびこれと同じ方法condescendsを話すときに口を通して主の預言者、またはエンジェル、それは彼は話すときと同じされた預言者や使徒、と呼ばれる天使の天使が正常に彼自身を考慮すれば、彼はしかし、同様に正しく表現'主'のために神の棲むところなんですよ" He concludes: "It is the name of the indweller, not of the temple."彼は結論: "これは、名前をindweller 、同寺はない。 " And a little further on: "It seems to me that we shall most correctly say that our forefathers recognized the Lord in the angel," and he adduces the authority of the New Testament writers who clearly so understood it and yet sometimes allowed the same confusion of terms (cf. Hebrews 2:2, and Acts 7:31-33).とさらに少し上: "よさそうだと私には私たちはほとんどが正しく認識して言ってやるが私たちの祖先の主は、天使"と彼は、新約聖書の権威をadduces作家whoを明確に理解し、まだありませんので、同じ混乱時には可規約( cf.ヘブル人への手紙2:2 、および行為7:31-33 ) 。 The saint discusses the same question even more elaborately, "In Heptateuchum," lib.同じ質問のサンでは、もっと趣向を凝らして、 " heptateuchum 、 " libにコピーします。 vii, 54, PG III, 558. 7 、 54 、 pg 3 、 558 。 As an instance of how convinced some of the Fathers were in holding the opposite view, we may note Theodoret's words (In Exod.): "The whole passage (Exodus 3) shows that it was God who appeared to him. But (Moses) called Him an angel in order to let us know that it was not God the Father whom he saw -- for whose angel could the Father be? -- but the Only-begotten Son, the Angel of great Counsel" (cf. Eusebius, Hist. Eccles., I, ii, 7; St. Irenaeus, Haer., iii, 6).としてのインスタンスをどのようには、父のいくつかの確信は逆の見方を保持して、 theodoretの言葉に注意することがあります( exodです。 ) : "全体の通過(出エジプト記第3 )によるとそれは、神who登場している。しかし、かれ(ムーサー)天使と呼ばれる彼のためにご連絡知っていることはない神の御心に適うの父見た-その天使が父親のでしょうか? -しかし、生まれた息子にのみ、偉大な弁護人の天使"( c f .ユーセビアス、履歴です。エクルズ。 、 Ⅰ 、 Ⅱ 、 7 ;聖エイレナイオス、 haer 。 、 3 、 6 ) 。 But the view propounded by the Latin Fathers was destined to live in the Church, and the Scholastics reduced it to a system (cf. St. Thomas, Quaest., Disp., De Potentia, vi, 8, ad 3am); and for a very good exposition of both sides of the question, cf.しかし、対象提唱された、ラテン語の祖先は、運命にある教会に住んでいる、とscholastics減少してシステム( cf.セントトーマス、 quaest 。 、 disp 。 、デ潜在、 6 、 8 、広告の午前3時) ;と非常に良いの両側の博覧会という質問に、継続前誌です。 "Revue biblique," 1894, 232-247. "レヴューbiblique 、 " 1894年、二百三十二〜二百四十七です。

Angels In Babylonian Literature天使たちのバビロニア文学

The Bible has shown us that a belief in angels, or spirits intermediate between God and man, is a characteristic of the Semitic people.聖書には天使たちの信仰を示す問い合わせしてか、または、神と人間の間に中間スピリッツ、ユダヤ人は、人々の特性です。 It is therefore interesting to trace this belief in the Semites of Babylonia.それゆえ、この信念をトレースする興味深いのは、バビロニアsemitesです。 According to Sayce (The Religions of Ancient Egypt and Babylonia, Gifford Lectures, 1901), the engrafting of Semitic beliefs on the earliest Sumerian religion of Babylonia is marked by the entrance of angels or sukallin in their theosophy.によると、セース(宗教の古代エジプトやバビロニア、ギフォード講義、 1901 )は、 engrafting最古のシュメール人のユダヤ人の宗教上の信念バビロニアの入口には、スパムをsukallin天使たちや、その神智学です。 Thus we find an interesting parallel to "the angels of the Lord" in Nebo, "the minister of Merodach" (ibid., 355).このようにわれ見つけるに平行に興味深い"天使たちの主"にneboは、 " merodach部長官は" ( ibid. 、 355 ) 。 He is also termed the "angel" or interpreter of the will or Merodach (ibid., 456), and Sayce accepts Hommel's statement that it can be shown from the Minean inscriptions that primitive Semitic religion consisted of moon and star worship, the moon-god Athtar and an "angel" god standing at the head of the pantheon (ibid., 315).呼ばれる彼はまた、 "エンジェル"や通訳の意志やmerodach ( ibid. 、 456 ) 、との声明ホンメルセース受け入れることができるの碑文に表示mineanからのユダヤ人が原始宗教の月、星を崇拝するの内訳は、ムン-神athtarと、 "天使"神の頭に立って、パンテオン( ibid. 、 315 ) 。 The Biblical conflict between the kingdoms of good and evil finds its parallel in the "spirits of heaven" or the Igigi--who constituted the "host" of which Ninip was the champion (and from who he received the title of "chief of the angels") and the "spirits of the earth", or Annuna-Ki, who dwelt in Hades (ibid. 355).国の間の紛争の聖書の善と悪のパラレル検出は、 "スピリッツオブヘブン"またはigigi -w ho構成する"ホスト"をニニプは、チャンピオン( w ho彼から受け取ったのタイトルを"首席代表である天使たち" )と"地球の魂" 、またはannuna -起、 who力説さハデス( ibid. 355 ) 。 The Babylonian sukalli corresponded to the spirit-messengers of the Bible; they declared their Lord's will and executed his behests (ibid., 361). sukalliのバビロニアに対応して、聖書の使徒の精神- ;彼らかれらの主を宣言した彼の意志と実行behests ( ibid. 、 361 ) 。 Some of them appear to have been more than messengers; they were the interpreters and vicegerents of the supreme deity, thus Nebo is "the prophet of Borsippa".されて表示されるいくつかの使徒を超える; vicegerentsていたため、これらの通訳と、最高の神、このようにneboは、 "預言者ムハンマドのボルシッパ"です。 These angels are even termed "the sons" of the deity whose vicegerents they are; thus Ninip, at one time the messenger of En-lil, is transformed into his son just as Merodach becomes the son of Ea (ibid., 496).これらの天使たちも呼ばれる"の息子に"彼らは、神のvicegerents ;したがってニニプ、一度に、メッセンジャーのアン- lil 、彼の息子と同じように変換されるが、息子のmerodach会EA ( ibid. 、 496 ) 。 The Babylonian accounts of the Creation and the Flood do not contrast very favourably with the Biblical accounts, and the same must be said of the chaotic hierarchies of gods and angels which modern research has revealed.アカウントの作成と、バビロニアの洪水はありません聖書のコントラストが非常にfavourablyアカウントでは、しなければならないと同じ階層によると、カオスの神々と天使たちが現代の研究があることが分かりました。 perhaps we are justified in seeing all forms of religion vestiges of a primitive nature-worship which has at times succeeded in debasing the purer revelation, and which, where that primitive revelation has not received successive increments as among the Hebrews, results in an abundant crop of weeds.おそらく我々は見て正当化さは、すべての形態の原始宗教の痕跡が自然崇拝に成功した時のpurer debasing啓示とは、どこに原始的啓示が届かない間の連続刻みヘブル人への手紙として、豊作の結果をするの雑草です。

Thus the Bible certainly sanctions the idea of certain angels being in charge of special districts (cf. Dan., x, and above).したがって、確かに聖書の特定の天使たちのアイデアが制裁を担当した特別地区( cf.ダン。 、 X 、および参照) 。 This belief persists in a debased form in the Arab notion of Genii, or Jinns, who haunt particular spots.この信念が続くのは、アラブの概念フォームを変造genieの複数形か、またはジン、特定のスポットwho行きつけの場所です。 A reference to it is perhaps to be found in Genesis 32:1-2: "Jacob also went on the journey he had begun: and the angels of God met him: And when he saw then he said: These are the camps of God, and he called the name of that place Mahanaim, that is, 'Camps.'への参照をされることは、おそらく発見さ創世記32:1-2 : "ジェイコブもの旅が始まっていた:と、天使たちに、神は彼と出会った:と入力し、彼を見たときによると:これらは、神のキャンプ、およびそのような場所に彼の名前を呼ばれるmahanaim 、それは、 'キャンプします。 " Recent explorations in the Arab district about Petra have revealed certain precincts marked off with stones as the abiding-laces of angels, and the nomad tribes frequent them for prayer and sacrifice. "最近、アラブ地域で発見された特定の境内スパムについては明らかにペトラがオフに石を投げつけるの順守-ひもの天使たち、そしてそれらを頻繁に、遊牧民の部族の祈りと犠牲です。 These places bear a name which corresponds exactly with the "Mahanaim" of the above passage in Genesis (cf. Lagrange, Religions Semitques, 184, and Robertson Smith, Religion of the Semites, 445).これらの場所にクマの名前を正確に対応する" mahanaim "と、上記の通路の創世記( cf.ラグランジュ、宗教semitques 、 184 、およびロバートソンスミス、宗教をsemites 、 445 ) 。 Jacob's vision at Bethel (Genesis 28:12) may perhaps come under the same category.ジェイコブのビジョンをベテル(創世記28:12 )年5月おそらく同じカテゴリの下に来ています。 Suffice it to say that not everything in the Bible is revelation, and that the object of the inspired writings is not merely to tell us new truths but also to make clearer certain truths taught us by nature.あえて言うなら、聖書がいるわけではないのすべての啓示、とされるオブジェクトは、聖書を教えて下さいだけではない新たな真理だけでなく、特定の真理を明確に問い合わせを自然教えします。 The modern view, which tends to regard everything Babylonian as absolutely primitive and which seems to think that because critics affix a late date to the Biblical writings the religion therein contained must also be late, may be seen in Haag, "Theologie Biblique" (339).現代ビューで、どの傾向にあるすべてのバビロニア点として確実に原始的で、どのよう接辞することを考えると批評家のための聖書の後半の日付を記述しなければならないの宗教そこに含ま遅く、 5月にハーグに見られる、 " theologie biblique " ( 339 ) 。 This writer sees in the Biblical angels only primitive deities debased into demi-gods by the triumphant progress of Monotheism.この作家は、聖書の天使たちは神のみ原始ドゥミ-変造を一神教の神々を意気揚々と進行中です。

Angels in the Zend-Avesta天使たちは、ゾロアスター教の経典

Attempts have also been made to trace a connection between the angels of the Bible and the "great archangels" or "Amesha-Spentas" of the Zend-Avesta.試みがなされても、天使たちの間の接続をトレースは、聖書と"偉大な大天使"または" amesha - spentas "は、ゾロアスター教の経典です。 That the Persian domination and the Babylonian captivity exerted a large influence upon the Hebrew conception of the angels is acknowledged in the Talmud of Jerusalem, Rosch Haschanna, 56, where it is said that the names of the angels were introduced from Babylon.ペルシャ語は、バビロン捕囚の支配と大規模な影響力を行使する時、天使たちには、ヘブライ語の構想を認めたのは、エルサレムタルムード、 rosch haschanna 、 56 、どこによると、これは、天使たちの名前をバビロンを導入したからです。 It is, however, by no means clear that the angelic beings who figure so largely in the pages of the Avesta are to be referred to the older Persian Neo-Zoroastrianism of the Sassanides.これは、しかし、天使のようなものではない生き物who図を明確にするための大部分は、ページのアベスタはペルシャ語で言及して古いゾロアスター教のネオsassanidesです。 If this be the case, as Darmesteter holds, we should rather reverse the position and attribute the Zoroastrian angels to the influence of the Bible and of Philo.このようなことに、ケースの場合、ダルメステテールを保持しなければならないと属性の位置を逆にするという天使のゾロアスター教の影響を受けて聖書をフィロとします。 Stress has been laid upon the similarity between the Biblical "seven who stand before God" and the seven Amesha-Spentas of the Zend-Avesta.ストレスがされて聖書の間の類似性に、 " 7つの神の前whoスタンド"と七つのamesha - spentasは、ゾロアスター教の経典です。 But it must be noted that these latter are really six, the number seven is only obtained by counting "their father, Ahura-Mazda," among them as their chief.しかし、これらの後者を指摘しなければならないが実際に六、七の数を数えるだけ得られた"自分たちの父、 ahura -マツダ、 "このうち、長さです。 Moreover, these Zoroastrian archangels are more abstract that concrete; they are not individuals charged with weighty missions as in the Bible.また、これらのゾロアスター教大天使は、他の抽象的で具体的な;重い罪にされていない個人のミッションのように、聖書です。

Angels in the New Testament天使たちは、新約聖書

Hitherto we have dwelt almost exclusively on the angels of the Old Testament, whose visits and messages have been by no means rare; but when we come to the New Testament their name appears on every page and the number of references to them equals those in the Old Dispensation.これまで私たちが力説ほぼ全面的に、天使たちに、旧約聖書の、その訪問数とメッセージが珍しいものではない;しかし、ときに来て、私たち新約聖書の各ページに表示されて自分の名前と番号を参照しているに等しいは、古神の摂理です。 It is their privilege to announce to Zachary and Mary the dawn of Redemption, and to the shepherds its actual accomplishment.特権を発表することが彼らをザカリーとメアリーの夜明けを交換し、実際の業績は、羊飼いのです。 Our Lord in His discourses talks of them as one who actually saw them, and who, whilst "conversing amongst men", was yet receiving the silent unseen adoration of the hosts of heaven.わたしたちの主は彼の談話で会談を見て、実際にそれらを1つのwhoとwho 、同時に"会話の中の男性" 、サイレントはまだ受けて天国目に見えないあこがれのホストです。 He describes their life in heaven (Matthew 22:30; Luke 20:36); He tell us how they form a bodyguard round Him and at a word from Him would avenge Him on His enemies (Matthew 26:53); it is the privilege of one of them to assist Him in His Agony and sweat of Blood.彼は彼らの生活について説明天国(マタイ22:30 ;ルーク20:36 ) ;彼は彼らを形成する方法について教えて下さいボディーガードラウンド彼と彼の言葉から、彼には彼の敵の敵を討つ(マタイ26:53 ) ;ことは、特権の1つのことを支援する彼に血の汗をかくの苦しみとします。 More than once He speaks of them as auxiliaries and witnesses at the final judgment (Matthew 16:27), which indeed they will prepare (ibid., xiii, 39-49); and lastly, they are the joyous witnesses of His triumphant Resurrection (ibid., xxviii, 2). 2回以上のことを言っ助剤や目撃者としては、最終的な判断(マタイ16:27 )を実際にかれらは準備( ibid. 、 13 、三十九から四十九まで) ;と最後に、彼らは意気揚々と復活の喜びに満ちた彼の目撃者( ibid. 、 28 、 2 ) 。

It is easy for skeptical minds to see in these angelic hosts the mere play of Hebrew fancy and the rank growth of superstition, but do not the records of the angels who figure in the Bible supply a most natural and harmonious progression?これは簡単に懐疑的な心をホストして表示され、これらの天使のようなプレーを単なる空想とヘブライ語のランクに成長の迷信、しかし、天使たちのレコードはありませんwho図は、聖書の電源を最も自然と調和のとれた進行ですか? In the opening page of the sacred story of the Jewish nation is chose out from amongst others as the depositary of God's promise; as the people from whose stock He would one day raise up a Redeemer.オープニングのページには、ユダヤ人の神聖な物語の中から選択国家は、他の神の約束として預託;としての人々から彼は一日の株式を買い戻す引き上げる。 The angels appear in the course of this chosen people's history, now as God's messengers, now as that people's guides; at one time they are the bestowers of God's law, at another they actually prefigure the Redeemer Whose divine purpose they are helping to mature. 、天使たちが表示されるコースは、次の選ばれた人々の歴史、今すぐ神の使徒として、今すぐに人々のガイドとして;を一度に彼らは、 bestowers神の律法を、あらかじめ別の彼らは実際に彼らの救い主の神の目的のために貢献して中高年です。 They converse with His prophets, with David and Elias, with Daniel and Zacharias; they slay the hosts camped against Israel, they serve as guides to God's servants, and the last prophet, Malachi, bears a name of peculiar significance; "the Angel of Jehovah."彼らと話をする彼の預言者、デビッドとエリアス、ダニエルとツァハリアス;彼らのホストでキャンプを殺す反イスラエル、彼らの神としての召使のガイドを、との最後の預言者、マラキ、固有の名前をクマの意義; "天使のエホバ。 " He seems to sum up in his very name the previous "ministry by the hands of angels", as though God would thus recall the old-time glories of the Exodus and Sinai.彼は彼の非常に名を要約すると、前の"天使たちの手に省られた"と同じように、神はこのようにオールドタイムの栄誉をリコールすると、出エジプト記シナイ山です。 The Septuagint, indeed, seems not to know his name as that of an individual prophet and its rendering of the opening verse of his prophecy is peculiarly solemn: "The burden of the Word of the Lord of Israel by the hand of His angel; lay it up in your hearts."のセプトゥアギンタ、実際のところ、彼の名前を知っていないとしても、個々の預言者とその詩の開会のレンダリングを彼の予言は、妙に厳粛な: "の負担を、主の言葉は、イスラエルの手を彼の天使;レイそれをあなたの心です。 " All this loving ministry on the part of the angels is solely for the sake of the Saviour, on Whose face they desire to look.この省を愛するすべての部分だけのために、天使たちには、救い主、かれらの望むものを、その顔を見てごらん。 Hence when the fullness of time was arrived it is they who bring the glad message, and sing "Gloria in excelsis Deo".それゆえ膨満の時間が到着したときに彼らwhoさせることはうれしいメッセージが表示さ、と歌う"グロリアさexcelsis deo "です。 They guide the newborn King of Angels in His hurried flight into Egypt, and minister to Him in the desert.彼らガイドの新生児キングオブ天使たちに彼の飛行を急いでエジプト、砂漠の中で彼に部長官です。 His second coming and the dire events that must precede that, are revealed to His chosen servant in the island of Patmos, It is a question of revelation again, and consequently its ministers and messengers of old appear once more in the sacred story and the record of God's revealing love ends fittingly almost as it had begun: "I, Jesus, have sent My angel to testify to you these things in the churches" (Revelation 22:16).彼の2番目来ると悲惨なイベントに先行しなければならないが、彼の選択は明らかに買われて、島のパトモス島、それはある質問の啓示を再度、およびその結果、古い表示されるの閣僚と使徒の一度の他の神聖なストーリーと、レコード神の愛を明らかに始まっていたとしてほぼ終了fittingly : "私は、イエスキリストは、僕の天使が送られることを証明するには、これらの教会" (啓示22:16 )です。 It is easy for the student to trace the influence of surrounding nations and of other religions in the Biblical account of the angels.これは簡単には、学生を追跡するの影響を受けて周辺国やその他の宗教の信者は、聖書のアカウントは、天使たちにします。 Indeed it is needful and instructive to do so, but it would be wrong to shut our eyes to the higher line of development which we have shown and which brings out so strikingly the marvellous unity and harmony of the whole divine story of the Bible.ニードフルかつ有益であることは確かにこれを行うには、それが私たちの目をシャット間違って高いラインの開発を示していきたいと考えて、これを持って際立って素晴らしいので、全体の団結と協調を神の聖書の物語です。 (See also ANGELS IN EARLY CHRISTIAN ART.) (天使たちの初期キリスト教美術も参照ください。 )

Publication information Written by Hugh T. Pope.出版物の情報執筆者ヒューt.法王です。 Transcribed by Jim Holden.ジムホールデン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

In addition to works mentioned above, see St. Thomas, Summa Theol., I, QQ.上記に加えて作品を参照してくださいセントトーマス、総合的研究論文theol 。 、私は、セントQQです。 50-54 and 106-114; Suarez De Angelis, lib. 50-54と一〇六〜一一四;スアレスデアンジェリス、 libにコピーします。 i-iv.私- Ⅳ 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです