Animismアニミズム

General Information 総合情報

Animism is the belief that a spirit or divinity resides within every object, controlling its existence and influencing human life and events in the natural world. という信念を持ってアニミズムは神の精神をもって、またはすべてのオブジェクトに置かれ、その存在を制御すると人間の生活に影響を及ぼすとイベントでは自然界です。 Animistic religious beliefs are widespread among primitive societies, particularly among those in which many different spiritual beings are believed to control different aspects of the natural and social environment.精霊原始宗教的信念は、広範な社会の中、特にうちでは、さまざまな精神的な生き物の異なる側面を制御すると考えられて、自然と社会環境です。

The British anthropologist Sir Edward B. Tylor developed the concept of animism in the late 19th century. b.英国人類学者サーエドワードタイラーアニミズムの概念を開発し、 19世紀後半にします。 Tylor regarded animism as the most primitive stage in the evolution of religion.タイラーと考え、最も原始的な段階にあるアニミズムとしての進化の宗教です。 He suggested that the contemplation of dreams and trances and the observation of death led primitive peoples to conceive of the Soul and of human spirits, and that these spiritual conceptions were then projected onto the natural world.彼は熟考を示唆されたとの観測トランス夢と死の主導原始人々の魂を想像すると人間の魂、および、これらの精神的な概念は、自然界に入力し、投影します。 Although he developed no fixed evolutionary sequence, Tylor postulated that a belief in animism led to the definition of more generalized deities and, eventually, to the worship of a single god.固定進化のない彼のシーケンスを開発、タイラーアニミズムの信仰を仮定しての定義を主導して他の全身性の神々と、最終的には、 1つの神を崇拝するのです。 This evolutionary view of religion has been rejected by many 20th-century anthropologists, who tend to stress the collective, social aspects of Primitive Religion.この進化の対象から拒否された多くの宗教は20世紀の人類学者、 who傾向を強調して集団的、社会的側面の原始的な宗教です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Christian Clerkキリスト教係

Bibliography 書誌事項
Frazer, JG, The Golden Bough, 3d ed.フレーザー、 jgは、黄金の枝、 3次元エドです。 (1935; repr. 1966); Lowie, RH, Primitive Religion (1948; repr. 1970); Tylor, EB, Primitive Culture (1871; repr. 1970). ( 1935 ; repr 。 1966 ) ;ローウィ、 rh 、原始的な宗教( 1948 ; repr 。 1970 ) ;タイラー、言われて、原始的文化( 1871 ; repr 。 1970年)です。

Related ideas: Shaman; Totem.関連アイデア:シャーマン;トーテムです。


Animismアニミズム

Catholic Information カトリックの情報

(Latin, Anima, Soul) (ラテン、アニマ、魂)

Animism is the doctrine or theory of the soul.アニミズムは、教義や理論の魂です。 In current language the term has a twofold signification:現在の言語での用語には、二重の意味:

I. PHILOSOPHICAL--the doctrine that the soul is the principle of life in man and in other living things. i.哲学-その学説は、生命の原理の魂は、人間と他の生き物です。 As applied to man it embodies the essence of spiritualistic as opposed to Materialistic philosophy.男として適用されることの本質を体現唯心論的唯物論としての哲学に反対しています。

II. Ⅱ 。 ETHNOLOGICAL--a theory proposed in recent years to account for the origin and development of religion.民族学-理論を説明するために提案され近年の宗教の起源とその展開します。 As such it is known as the Soul or Ghost-theory of religion.このように呼ばれることが幽霊のような魂や宗教の理論です。

I. PHILOSOPHICAL i.哲学

For the application of the theory of animism to living things in general, see LIFE.は、アプリケーションの生き物の理論のアニミズムを一般的には、人生を参照します。 So far as it is specially concerned with man, animism aims at a true knowledge of man's nature and dignity by establishing the existence and nature of the soul, its union with the body, its origin and duration.これまで特別に関心があることが男として、アニミズムを目指して、真の知識を自然と人間の尊厳を確立すると自然との魂の存在、その労働組合とのボディ、その起源と期間です。 These problems are at the basis of our conscious existence and underlie all our studies in mental and moral life.これらの問題は私たちは、意識的存在と根拠の根底にあるすべての研究で精神的、道徳的な生活です。 The importance of animism today is shown because;今日は重要性を示すため、アニミズム;

its validity as a theory has been questioned;理論として、その妥当性を疑問視され;

a school has risen which treats psychology without reference to the soul;学校が上昇を扱う心理学を参照することの魂;

hence the attempt at "psychology without a soul", eg Sully, James, Murray, Davis, Kœlpe, Höffding.それゆえ、この試みは"心理学なしに魂" 、例えば、シュリー、ジェームズ、マレー、デービス、 kœlpe 、 höffdingです。

In establishing the doctrine of animism the general line of reasoning is from effect to cause, from phenomena to their subject or agent.アニミズムの原則を確立して行の全般的推論は、より効果を引き起こす、より現象してアジ研または代理店です。 From the acts of mind and of will manifested in individual conscious life, we are forced to admit the existence of their source and principle, which is the human soul; from the nature of the activity is inferred the nature of the agent.からの行為を、心との個々の意識の生活が明らかに、我々は彼らの存在を認める強制的にソースと原則、これは、人間の魂;からの活動の性質は、エージェントの性質を推測します。 Scholastic philosophy, with Aristotle and the Christian Fathers, vindicates the true dignity of man by proclaiming the soul to be a substantial and spiritual principle endowed with immortality.スコラ哲学、アリストテレスとは、キリスト教の祖先は、人間の尊厳をvindicatesの真の魂を宣言すると精神的な原則は、実質的に恵まれている不滅です。 The soul is a substance because it has the elements of being, potency, stability, and is the subject of modifications--which elements make up the notion of substance.魂は、物質には、要素のために、効力、安定性、およびは、アジ研の変更-どの要素を構成する物質の概念です。 That the soul is a spiritual substance, ie immaterial and a spirit, is inferred from its acts of intelligence and of freewill, which are performed without the intrinsic cooperations of the bodily organs.精神的な物質は、魂は、詳しくは軽微であるとの精神をもって、その行為は、知性と推論からのfreewill 、これが実行させず、身体の器官の協力関係の本質です。 By immortality is understood in general terms the future life of the soul after separation from the body.不朽の名声は、大まかに言えば理解され、将来の生活のボディから分離した後の魂です。 The chief errors are those which contend;これらの論争の首席にエラーが;

that the soul is not a substance.魂は、物質ではない。 Thusそれ故に

some writers, eg Kant, hold that the soul is not a real, but only a logical, subject;いくつかの作家、例えば、カント、ホールドは、ソウルではない実際、論理的にすぎないことを、アジ研;

modern Pantheism, seem especially in New England Transcendentalism (eg Emerson, Royce) and the Neo-Hegelian school which unifies human and divine consciousness (eg Prof. TH Green);近代的汎神論、ニューイングランドように見える、特に超越論的(例えば、エマーソン、ロイス)と新ヘーゲル哲学の学校が人間と神の意識を単一化する(例えば、緑の木教授) ;

the school of Associationists (eg Hume, Davis, Höffding, Sully), who contend that the soul is only a bundle or group of sensations; those who teach that the soul is only activity, nothing more (Wundt), or "a wave of consciousness" (Morgan);その学校のassociationists (例:ヒューム、デービス、 höffding 、シュリー) 、 who論争は、魂がバンドルまたはグループの感覚だけ;これらのwhoを教えるだけの活動は、魂は、何も他の(ブント) 、または"の波に意識" (モーガン) ;

the Agnostic and Positivistic school (eg Locke, Spencer, James, Prof. Bowne, Comte), who affirm that the soul is unknown and unknowable, although some among them postulate it as the subject of our conscious states; the materialistic school which denies its existence altogether (eg Tyndall, Huxley)不可知論者と学校のpositivistic (例:ロック、スペンサー、ジェームズ、教授bowne 、コント) 、 who断言は、魂が不明と不可知のか、いくつかの公準このうちの対象としての意識状態;の唯物論を否定する学校の完全に存在する(例:チンダル、ハクスリー)

That the soul is neither spiritual, nor immortal.は、精神的な魂はどちらも、不滅のです。 Modern Materialism, Positivism, and Agnosticism have tried in every way to establish this thesis.近代的唯物論、実証し、不可知論はあらゆる方法を確立しようとし、この論文のです。 Various theories of knowledge have been proposed, and the discoveries of modern science have been cited in its behalf.様々な理論の知識が提案されて、現代科学の発見はその代わりに列記されています。 Appeal has been taken to psychophysics and to such facts as the localization of function, the correlation of thought to the structure of the brain, and the results of cerebral lesion.上訴がとられているこのような事実を精神物理学と局在としての機能がありますが、相関の脳の構造と考えられる、との結果を脳病変です。 Theories of Monism (eg the double-aspect theory) and of Parallelism have been advanced to account for the acts of mind and of will.理論一元論(例えば、二面説)との並列性を説明するためにも高度な行為をするのは、心とします。 Yet animism as a doctrine of the spiritual soul remains unshattered, and the spiritualistic philosophy is only more strongly entrenched.教義としてはまだありませんアニミズムの遺跡unshattered精神的な魂と、唯心論的な哲学はもっと強く根強いのみです。 (Cf. SUBSTANCE, AGNOSTICISM POSITIVISM, MATERIALISM, SOUL, IMMORTALITY, PSYCHOLOGY). ( cf.物質、不可知論実証主義、唯物論、魂、不死、心理学) 。

II. Ⅱ 。 ETHNOLOGICAL民族学

In this sense animism is the theory proposed by some evolutionists to account for the origin of religion.この意味でアニミズムは、進化論の理論を説明するために提案されたいくつかの宗教の起源です。 Evolution assumes that the higher civilized races are the outcome and development from a ruder state.文明の進化を前提としてレースが高いと開発の結果からはルーダー状態です。 This early stage resembles that of the lowest savages existing today.この初期の段階に似ている既存の未開人の最も低いのです。 Their religious belief is known as animism, ie belief in spiritual beings, and represents the minimum or rudimentary definition of religion.その宗教的信念として知られてアニミズム、すなわち信念に精神的な生き物とは、初歩的な最小または宗教で定義されています。 With this postulate as the groundwork for the philosophy of religion, the development of religious thought can be traced from existing data and therefore admits of scientific treatment.この公準としての基盤は、宗教哲学、宗教思想の発展に追跡できるため、既存のデータや科学的な治療法が認めるのです。 The principle of continuity, which is the basal principle in other departments of knowledge, was thus applied to religion.継続性の原則を、これは他の部門の基本的原理の知識、宗教はこのように適用されています。 Comte had given a general outline of this theory in his law of the three states.コントが与えられた一般的な概要は、次の彼の理論の3つの国の法則です。 According to him the conception of the primary mental condition of mankind is a state of "pure fetishism, constantly characterized by the free and direct exercise of our primitive tendency to conceive all external bodies soever, natural or artificial, as animated by a life essentially analogous to our own, with mere difference of intensity".彼によると、プライマリの概念は、人類の精神的な条件の状態を"純粋なフェティシズム、常に特徴は、無料で、原始的傾向を直接行使を思い付く私たちのすべての外部機関でも、自然や人工、アニメーションされたとして、本質的に類似の生活を私たち自身のは、単なる強度の違いは" 。 Proposed at a time when evolution was in the ascendency, this opinion fell at once under the dominion of the current conviction.一度に提案したときには、 ascendencyの進化は、この意見を一度に落ち、現在の信念の下にドミニオンのです。 The hope was entertained that by a wider and more complete induction religion might be considered as a purely natural phenomenon and thus at last be placed on a scientific basis.期待されることは、広く楽しまと他の宗教を完全に誘導見なされるかもしれないので、純粋に自然現象と最後には、科学的根拠に置かれる。 The foundation of animism as a theory of religion is the twofold principle of evolution:同財団のアニミズム宗教の理論としては、二重の原理の進化:

the anthropological assumption that the savage races give a correct idea of religion in its primitive state;日本人類と仮定し、どう猛なレースで宗教を与えるのは、正しい考えを原始的状態;

the philosophical assumption that the savage state was the childhood of the race and that the savage mind should be likened to a child (eg Lubbock, Tylor, Comte, Tiele, Reville, and Spencer).どう猛な状態と仮定しての哲学は、子供のころは、レースとは、凶暴な心は子供に似ている(例:ラボック、タイラー、コント、ティーレ、レビル、アンドスペンサー) 。

Hence the evolution of religious thought can be traced from existing data, viz, the beliefs of the lowest savages, and though deeply modified as mankind rises in culture, yet it always preserves an unbroken continuity into the midst of modern civilization.それゆえの進化の宗教思想追跡できる既存のデータから、 viz 、未開人の信仰の最も低い、との上昇は人類の文化に深く更新として、常に維持することはまだありません切れ目のない現代文明の真っただ中に継続しています。 This continuum, or common element, in all religions is animism.この連続か、または共通の要素は、すべての宗教はアニミズムです。 The importance of animism in the science of religion is due to Tylor, who represents it as a primitive philosophy supplying at the same time the foundation of all religion.アニミズムは、科学の重要性を宗教のためには、タイラー、 whoは、それを供給する原始的哲学は、同財団のすべての宗教と同じ時間です。 His work entitled "Primitive Culture", first published in 1863, is justly called the "Gospel of Animism".彼の作品は"原始的文化"は、 1863年に初版が刊行さは、当然と呼ばれる"アニミズムによる福音書"です。 Animism comprehends the doctrine of souls and spirits, but has its starting point in the former.アニミズム理解の教義の魂と魂があるからこそ、前者の出発点です。 Dreams and visions, apparitions in sleep and at death, are supposed to have revealed to primitive man his soul as distinct from his body.夢とビジョン、 apparitions 、睡眠と死は、原始人に彼の魂が明らかに異なるとして彼の体です。 This belief was then transferred to other objects.この信念は、他のオブジェクトを入力し、転送します。 As the human body was believed to live and act by virtue of its own inhabiting spirit-soul, so the operations of the world seemed to be carried on by other spirits.として、人間の遺体が美徳と考えられて生活し、法によって、独自の生息の精神-魂は、世界のため、操作のように他のスピリッツに乗って運ばれる。 To the savage mind, animals, plants, and all inanimate things have souls.凶暴な心を、動物、植物、およびすべての生気のないものは魂です。 From this doctrine of souls arises the belief in spirits.魂があれば、この教義の信仰をスピリッツのです。 Spirits are of the same nature as souls, only separated from bodies--eg genii, fairies, demons--and acting in different ways as tutelary guardians, lingering near the tomb or roaming about (Spiritism), or incorporated in certain objects (Fetishism, Totemism).スピリッツと同じ性質を持つ私たちの魂は、遺体から分離さ-例えば、 g enieの複数形、妖精、悪魔-と演技守護保護者としてさまざまな方法で、残留の近くの墓やローミングについて(交霊術) 、または特定のオブジェクトが組み込まれて(フェティシズム、トーテムの像) 。 They appear to man in a more subtle material form as vapour, or as an image retaining a likeness to the bodily shape; and they are feared by him, so that he tries to control their influence by propitiation and magic (Shamanism).彼らの中の男性表示されるフォームの他の微妙な素材として蒸気か、またはとしてのイメージを維持して身体の形を描く;と懸念されている彼を制御するようにしようとすると、その影響力をなだめマジック(シャーマニズム) 。 Thus unconsciousness, sickness, derangement, trance were explained by the departure of the soul.このように意識不明、病気、障害、トランスが説明されたの魂の出発をします。 Among savages and Buddhist Tatars the bringing back of lost souls was a regular part of the sorcerer's profession.未開人との間のもたらす先頭の失われた仏教のタタール人の魂は、定期的な部分は、魔術師の職業のです。 The belief prevails among the American Indians that if one wakes a sleeper suddenly he will die, as his vagrant soul may not get back in time.アメリカンインディアンの間が広がるという信念を解除する場合に1つの寝台車が突然彼は死ぬ、彼の路上生活者の魂の時間に戻ることはできません。 For the savage, as the lowest of men, is supposed to be actuated by the lowest of passions.未開人を、最も低いの男性としては、最も低いはずの熱中して作動されています。 Hence the fear-theory of religion is essential to animism.それゆえの恐怖-理論のアニミズム宗教は欠かせない。 Animism therefore discovers human life in all moving things.したがって、すべての人間の生命を発見アニミズム動くものです。 To the savage and to primitive man there is no distinction between the animate and the inanimate.として凶暴な原始人の間の区別がないと生気のないアニメーションです。 Nature is all alive.自然はすべての生きている。 Every object is controlled by its own independent spirit.すべてのオブジェクトによって制御され、独自の独立の精神です。 Spirits are seen in the rivers, the lakes, the fountains, the woods, the mountains, the trees, the animals, the flowers, the grass, the birds.霊が見られる河川、湖、噴水、森、山、桜の木は、動物、花、草、鳥です。 Spiritual existences--eg elves, gnomes, ghosts, manes, demons, deities--inhabit almost everything, and consequently almost everything is an object of worship.精神的な存在-例えば、エルフ、小鬼、幽霊、マーネス、悪魔、神々 -生息ほとんどすべて、およびその結果は、ほとんどすべてのオブジェクトを崇拝します。 The Milky Way is "the path of the souls leading to the spirit-land"; and the Northern Lights are the dances of the dead warriors and seers in the realms above.天の川は"魂のパスを指定します-土地の精神につながる"と、オーロラは、踊りオブザデッドの戦士とゼールスは、上記の領域です。 The Australians say that the sounds of the wind in the trees are the voices of the ghosts of the dead communing with one another or warning the living of what is to come.音のオーストラリア人たちは、風は、木々が幽霊の声を1つ別のcommuningオブザデッドまたは警告の生活で何がしています。 The conception of the human soul formed from dreams and visions served as a type on which primitive man framed his ideas of other souls and of spiritual beings from the lowest elf up to the highest god.人間の魂の概念は、夢とビジョンを形成するタイプとしてフレーム上で彼のアイデアの他の原始人の魂と精神的な生き物をエルフからの最低最高の神です。 Thus the gods of the higher religions have been evolved out of the spirits, whether ghosts or not, of the lower religions; and the belief in ghosts and spirits was produced by the savage's experience of dreams and trances.したがって、宗教の神々が高いのも進化するスピリッツ、幽霊かどうかかどうか、下の宗教;との信念で産生される幽霊と蒸留酒は、未開の経験の夢とトランスです。 Here, it is claimed, we have the germ of all religions, although Tylor confesses that it is impossible to trace the process by which the doctrine of souls gave rise to the belief in the great gods.ここでは、主張したことは、私たちは、胚のすべての宗教、と告白するもののタイラーの過程を追跡することは不可能であり、魂の原則に上昇するという信念には偉大な神々です。 Originally, spirits were the application of human souls to non-human beings; they were not supernatural, but only became so in the course of time.もともと、人間の魂は、アプリケーション以外の人間の魂を;彼らは超ないだけになったので、時間の経過です。 Now, as modern science shows the belief in ghosts or spirits to be a hallucination, the highest and purest religion--being only the elaboration of savage beliefs, to the savage mind reasonable enough--cannot be accepted by the modern mind for the reason that it is not supernatural nor even true.今すぐ、近代科学としての信仰を示してスピリッツには、幽霊や幻覚、最も高いと純粋な宗教-には、精緻化のどう猛な信念は、凶暴な心を合理的に十分な-できない現代の心のために受け入れられたのがその理由超自然的ではないことさえもtrueです。 Such in brief is the outline of the theory by which Tylor attempts to explain not only the phenomenon but the whole history and development of religion.このように簡単な概略を説明する理論は、どのタイラーだけでなく、その現象を説明する試みが、全体の開発の歴史と宗教です。

Tylor's theory expresses two sides of animism, viz., souls and spirits.タイラーの理論を表現アニミズムの二つの辺は、 viz 。 、魂と蒸留酒です。 Spencer attempts to synthesize them into one, viz., souls or ancestor-worship.スペンサーの試みを合成することを1つに、 viz 。 、魂や祖先崇拝です。 He agrees with Tylor in the animistic explanation of dreams, diseases, death, madness, idiocy, ie as due to spiritual influences; but differs in presenting one solution only; viz., cult of souls or worship of the dead.タイラーは、彼に同意を説明した夢の精霊、病気、死、狂気、白痴、すなわちとしてのために精神的な影響を受けた;しかし、 1つの解決策の違いを提示のみ; viz 。 、または崇拝するカルトオブザデッドの魂です。 "The rudimentary form of all religion", he writes, "is the propitiation of dead ancestors", or "ghost propitiation". "初歩的なフォームのすべての宗教" 、彼の書き込みは、 "には、なだめるために死んで先祖" 、または"ゴーストなだめ"です。 Hence Spencer denies that the ascription of life to the whole of nature is a primitive thought, or that men ever ascribed to animals, plants, inanimate objects, and natural phenomena souls of their own.スペンサーを否定するのは、神をたたえるための生活をして全体の自然は、原始的思考か、またはその男性まで生得的に動物、植物、無生物オブジェクト、および自分の魂を自然現象です。 Spencer's theory is known as the "Ghost-theory of Religion" and at the present time is generally discredited even by evolutionists.スペンサーの理論として知られ、 "幽霊のような宗教の理論"と現在のところは一般的に進化論でさえ疑わしい。 With Tylor the worship of the dead is an important subdivision of animism; with Spencer it is the one and all of religion.タイラーの崇拝オブザデッドには重要な細目のアニミズム;とスペンサーは、 1つのすべての宗教とします。 Lippert consistently carries out the theory of Spencer and, instead of animism, uses the word Seelenkult.リッペルト常に行ってスペンサーの理論と、アニミズムの代わりに、単語を使用してseelenkultです。 De la Saussaye says that Lippert pushes his view to an extreme and supports it with rich, but not over-trustworthy, material.ドラソセーによると、彼のビューをプッシュリッペルトおよびサポートされていると豊かな極端な、しかし、まだ終わって-信頼性、素材です。 Schultze considers fetishism and animism as equally primitive.シュルツェフェチと考えて原始的アニミズムと同様です。 FB Jevons rejects the theory that all gods of earlier races were spirits of dead men deified.フライングブルージェヴォンズの説を唱えているすべての神々を拒否する以前のレースが死人の魂がdeified 。

The animism of Tylor is vague and indefinite.タイラーのアニミズムのは、漠然としたと不定です。 It means the doctrine of spirits in general, and is best expressed by "Animated Nature".教義の霊を意味する一般的には、最高の表現されるとは"自然のアニメーション"です。 Fetishism is a subordinate department of animism, viz, the doctrine of spirits embodied in, or attached to, or conveying influence through, certain animals or material objects.フェティシズムは、下位の部門のアニミズム、 viz 、スピリッツの教義に体現され、または添付され、または影響力を伝えるを通じて、特定の動物や物質的なものです。 The animism of Tylor differs little from the naturalism of Reville or the fetishism of De Ia Rialle.タイラーのアニミズムのリトルからの自然主義文学の違いや、フェティシズムのデイアレビルrialleです。 It accounts for the belief in immortality and metempsychosis.それのアカウントを不滅と輪廻転生という信念にします。 It thus explains the belief in the passage of souls from men to beasts, and to sticks and stones.それは、このように説明して信念の通過をより男性に獣の魂と棒きれと石です。 It includes tree-worship and plant-worship--eg the classic hamadrya, the tree-worship of the South African natives, the rice-feasts held by the Dyaks of Borneo to keep the rice-souls in the plants lest by their departure the crop decay.カテゴリ-礼拝や植物が含まれて崇拝-例えば、クラシックh amadryaは、南アフリカ共和国のカテゴリ-崇拝の先住民は、コメのお祭りのボルネオd yaks開かれたコメを維持する植物の魂は、その出発をしないようにする作物の崩壊です。 It is the solution proposed for Manes-worship, for the Lares and the Penates among the Greeks and Romans, where the dead ancestors, passing into deities, go on protecting the family as the dead chief watches over the tribe.マーネスの解決策を提案することが崇拝、家庭の守護神、ラレスと、ギリシア人とローマ人への手紙のうち、ここで、死者の先祖は、合格を神々は、これらの戦没者のご家族を保護するための部族長の時計です。 In animism Tylor finds an explanation for funeral rites and customs--feasts of the dead, the human sacrifices of widows in India, of slaves in Borneo; sending messages to dead chiefs of Dahomey by killing captives taken in war, the slaughtering of the Pawnee's horse and of the Arab's camel at the graves of their masters, placing food and weapons in, or on, the tomb--customs which survive in the practice of burning paper messengers and placing stone, clay, or wooden substitutes on graves in China and Japan.タイラーのアニミズムを説明する葬儀見つかると税関-お祭りオブザデッド、人間の犠牲の未亡人インドでは、奴隷のボルネオ;死んだ首長にメッセージを送信するダホメを殺す戦争捕虜撮影さは、屠殺、ポーニー族の馬とアラブのラクダは、墓にマスターズ兵器を配置する食品とか、またはオンにすると、墓-税関に燃える紙で生き残るの実践は、使徒と置き石、粘土、または木製の代替品は、中国との墓日本です。

The general principles of animism are:アニミズム全般の原則は:

in the last analysis it is a biological theory, and attempts to explain all phenomena through analogy with biological phenomena.での最後の分析には、生物学的理論的には、すべての現象を説明する試みを通じてと似ている生物学的現象です。 To the savage, and to primitive man, all moving things lived, and the fancy which created ghosts or souls to account for human life soon extended this explanation to all other external objects.未開して、原始人と、すべての物事に住ん動く、との空想を作成幽霊や人間の生命の魂を説明するためにすぐに拡張この説明は他のすべての外部オブジェクトです。

The greater value it attaches to unwritten sources, viz., folk-lore, customs, rites, tales, and superstitions, in comparison with literary sources.大きな価値にアタッチすることを不文律によると、 viz 。 、民俗伝承、税関、儀式、物語、と迷信、文学と比較している。 That spiritual beings are modelled by man on the primary conception of his own human soul.その男は精神的な生き物がモデルの主な概念を、自分自身の人間の魂です。

Their purpose is to explain nature on the primitive, childlike theory that it is thoroughly and throughout animated nature.その目的は自然さを説明するのプリミティブは、子供のような説を唱えていることが徹底的に自然と全体のアニメーションあります。

The conception of the human soul is the source and origin of the conceptions of spirit and deity, from the lowest demon up to Plato's ideas and the highest God of Monotheism.という概念は、人間の魂は、ソースとの起源の精神と神の概念を、悪魔からの最低を最高のアイデアやプラトンの一神教の神です。

Yet it gives no unified concept of the world, for the spirits which possess, pervade, and crowd nature are individual and independent.これにより、統合の概念はまだありません世界のない、スピリッツを保有し、浸透し、群衆は、個々の自然と独立しています。

It is without ethical thoughts and motives.これは倫理的な考えや動機をなしています。 Thus Tylor holds as proved that religion and morality stand on independent grounds; that, while lower races have a code of morals, yet their religion--animism--is unmoral, and thus the popular idea that the moral government of the universe is an essential tenet of natural religion simply falls to the ground.こうしてタイラーは宗教と道徳性が立証されたとして独立した根拠に立って;は、中下位のレースは、コードの道徳は、まだ、自分たちの宗教-アニミズム-は、道徳に関係のない、としたがって、政府の道徳的な人気のアイデアは、宇宙のは、宗教の教義だけで欠かせない自然の滝を地面にします。

The followers of Tylor have pushed these principles to an extreme and applied them with more clearness and precision.タイラーは、信者の極端なプッシュと、これらの原則を適用して他の透明性と精度を実現します。 The present tendency of the anthropological school is to begin with a prereligious stage, from which religious ideas slowly emerged and elaborated themselves.人類学的な傾向を、現在の学校は、 prereligiousを開始する段階では、宗教的なアイデアから徐々に出現したと精緻化そのものです。 Hence religious life was preceded by a period characterized by an utter absence of religious conceptions.それゆえに先立って、宗教的な人生は全くの不在期間を特徴とする宗教的な概念です。 Thus Tiele holds that animism is not a religion, but a sort of primitive philosophy, which not only controls religion, but rules the whole life of man in the childhood of the world.したがってティーレによるとということではないアニミズムの宗教ではなく、並べ替えの原始的哲学、宗教だけでなく、コントロール、しかし、それまでの人生のルール男は、子供のころの世界です。 It is a belief that every living thing--ie moving thing--is for primitive man animated by a thinking, feeling, willing spirit, differing from the human in degree and power only.これはすべての生き物を信じて-すなわち動くこと-アニメーションされた男は、原始的な思考、感じて、今後の精神、人間の度が異なるからと電源のみです。 Religion did not spring from animism, but its first manifestations are dominated by animism, that being the form of thought natural to primitive man.春の宗教よりアニミズムしなかったが、その最初の症状を呈してはアニミズムに支配され、その思想のフォームが自然に原始人です。 Pfleiderer teaches that belief in God was formed out of the prehistoric belief in spirits, that these spirits are ancestor-spirits and nature-spirits found everywhere in the primeval period of peoples side by side with one another and passing into each other in various forms of combination without the one being able to be referred to the other, that the prehistoric belief in spirits cannot yet be properly called religion--it only contained the germs of religion.プフライデラー神への信仰を教えることは、先史時代の信仰を形成するスピリッツは、これらの祖先の霊が霊が見つかりました-スピリッツと自然との原始期間の至る所で人々と並んで1つの通過をそれぞれ別の、他の様々な形の組み合わせの1つができるように、他のに関連して、信念には、先史時代のスピリッツはまだありませんが適切に呼ばれることはできません。宗教-宗教の細菌だけ含まれています。 Caspari teaches a pre-animistic period in the family circle and holds that the worship of elders and chieftains was the first religion.事前に教えてカスパーリ精霊期間は、ご家族サークルを保持して、年長者や崇拝の首領は、最初の宗教。 Brinton says "the present probability is that in the infancy of the race there was at least no objective expression of religious feeling", and that "there must have been a time in the progress of organic forms from some lower to that highest mammal, man, when he did not have a religious consciousness; for it is doubtful if even the slightest traces of it can be discerned in the inferior animals". brintonは言う"して、現在の確率は、レースの初期には、少なくとも客観的表現の宗教的感情ない"とし"にある必要がありますが一度にいくつかの進行を低くしてからフォームを有機最高の哺乳動物、男で、それは彼には宗教的な意識しなかった;のかは疑わしい場合にほんの少しの痕跡を識別することは、下の動物に"です。 The French school of anthropology is distinguished by its outspoken atheism and materialism.人類学、フランスの学校は、その率直な無神論や唯物論で区別される。 Darwin, Spencer, and Lubbock hold that primitive man had no idea of God.ダーウィン、スペンサー、およびラボックホールド原始人が神の考えはない。 Linguistic analysis, as Baynes clearly proves, shows this to be false.言語学的分析、 baynesを明確に証明として、これを示してfalseを返します。 The theory of animism has exerted great influence on the study of religions during the last twenty years.の理論に大きな影響力を行使アニミズムは、宗教上の研究の中の最後の20年間です。 This is shown in the animistic trend of Prof. Maspero's study of the Egyptian religion; in the contention of the late Prof. W. Robertson Smith that the religion and social institutions of the Semites are founded on Totemism; in the emphasis laid on the animism of the ancient Israelites by Dr. Stade; in the worship of the dead and of ancestors among the Vedic Indians and the Persians; in the study of soul-worship among the Greeks, by E. Rhode.この傾向が示されている精霊マスペロ教授の研究は、エジプトの宗教;は、競合の後半ワットロバートソンスミス教授は、宗教や社会制度は、トーテムの像に設立さはsemites ;は、重点を引くのアニミズム博士は、古代イスラエルシュターデ;は、祖先崇拝オブザデッドとの間のヴェーダインディアンやペルシャ人;での研究の魂-礼拝の間、ギリシア、 e.ロードされています。 That this influence was not for good is the opinion of Prof. Brinton, who says that the acceptance of animism as a sufficient explanation of early cults has led to the neglect, in English-speaking lands, of their profounder analysis and scientific study.この良い影響を与えることはないのは、教授の意見をbrinton 、 whoによると、アニミズムとしての受け入れをするための十分な説明を早期につながってカルトの怠慢は、英語圏の国々は、科学的な調査の分析とprofounder 。 Tylor published the third edition of "Primitive Culture" in 1891, confident of having proved the evolution theory as to the origin of our civilization from a savage condition, the savage belief in souls and spirits as the germs of religion, and the continuity of this belief in its progressive forms of development up to Monotheism.タイラー公開の第3版の"原始的文化"が1891年、進化論に自信を持つ証明として、弊社の文明の起源を未開状態から、魂と魂の未開人の信仰を宗教としての細菌との継続は、次の進行形の開発、その信念を一神教です。 Yet the hope was short-lived.だが、希望は短命に終わった。 More scientific research and severer criticism have deprived this theory of its former wide influence.他の科学研究と厳しい批判を奪われ、この理論を元に幅広い影響を与える。

(1) The assumption that the lowest savages of today give approximately a faithful picture of primitive times is not true. ( 1 )と仮定して、今日の最低未開人の忠実な画像を与える約原始時代は事実ではない。 Savages have a past and a long one, even though not recorded.未開人は、過去と、長い1つのにもかかわらず、特定記録しています。 "Nothing in the natural history of man", writes the Duke of Argyll, "can be more certain than that morally and intellectually and physically he can and often does sink from a higher to a lower level". "何も入って自然史博物館の男" 、デューク大学のアーガイルの書き込み、 "道徳的には他に比べて、特定の知的にも肉体的に彼とよくやるようにシンクできることとして下位レベルのより高い"です。 Max Müller assures us that "if there is one thing which a comparative study of religions places in the clearest light, it is the inevitable decay to which every religion is exposed. . . . Whenever we can trace back a religion to its first beginnings, we find it free from many blemishes that affected it in its later states".マックスミュラー保証問い合わせは、 "場合には一つの場所での宗教の比較研究で最も明白な光、それは、すべての宗教は避けられない崩壊にさらされる。 。 。 。 。 。 。 。ときにトレースバックすることを、最初の宗教始まり、私たちの多くの欠陥を見つけることから無料でその影響を受けることへの状態"です。 Even Tylor admits that animism is everywhere found with the worship of a great God.タイラーはどこにも発見されることがあると認めアニミズムの偉大な神を崇拝するのです。 Brinton holds that the resemblance of the savage mind to that of the child is superficial and likens the savage to the uncultivated and ignorant adult among ourselves. brinton似ていることを保持して凶暴な心をしている子供が浅とlikens開墾されていないとして凶暴な無知な大人たちの間です。

(2) It is opposed by the Philological and Mythological schools. ( 2 )これは言語学や神話の学校に反対された。 Thus Max Müller explains much in animism by superstition, a poetical conception of nature, and especially by personification.このように多くのアニミズムを説明マックスミュラー迷信は、自然の詩的な概念、および、特に擬人化されています。 He says that inanimate objects were conceived as active powers and as such were described as agents by a necessity of language, without, however, predicating life or soul of them; for human language knows at first no agents except human agents.彼によると、アクティブな大国として無生物が着想されたとこのように記述されたエージェントの必要性を言語として、なく、しかし、人生や魂を叙述して、人間の言語を知って最初のエージェントを除いて人間の代理店です。 Hence animism was a stage of thought reached slowly, and not by sudden impulses.それゆえアニミズム思想に達した段階では、徐々にではなく、突発的衝動です。 "What is classed as animism in ancient Aryan mythology", he writes, "is often no more than a poetical conception of nature which enables the poet to address sun, moon, rivers and trees as if they could hear and understand his words." "何がアニミズムとして分類される古代のアーリア人の神話" 、彼の書き込み、 "は、しばしば以上にない概念の自然を詩的に対処する詩人を使用すると、太陽、月、川や木々を使用すれば、理解し彼の言葉が聞こえた。 " The same truth finds abundant illustration in the Psalms.豊富なイラストで真実を発見するのと同じ詩篇を授けた。 "Sometimes, however," he adds, "what is called animism is a superstition which, after having recognized agents in sun, moon, rivers and trees, postulates on the strength of analogy the existence of agents or spirits dwelling in other parts of nature also, haunting our houses, bringing misfortunes upon us, though sometimes conferring blessings. These ghosts are often mixed up with the ghosts of the departed and form a large chapter in the history of ancient superstition." "ときには、しかし、 "彼は、 "何がアニミズムは、迷信と呼ばれるが、エージェントを認識した後に太陽、月、川や木々 、公準上の強さが存在するのエージェントの類推や住居内の他の部分の自然スピリッツまた、頭から離れない私たちの家は、不幸をもたらす問い合わせが、時には協議祝福します。これらの幽霊はしばしばつき合っていると、幽霊のディパーテッドを形成する大規模な古代の歴史の章を迷信です。 " The ghost, or ancestor, theory received a fatal blow from Lang's "Making of a Religion", where it is shown that the belief of the most primitive savages is in a High God, Supreme God, and Moral God.と、幽霊か、または祖先は、致命的な打撃理論受け取ってからラングの"メイキングオブ宗教" 、ここで示されているという信念のことは、最も原始的未開人は、高神、最高の神となり、道徳的な神です。 Lang thus confutes Tylor's contentions:タイラーの論戦ラングしたがってconfutes :

that man could not have possibly started with a belief in a Supreme Being; that religion and morality must have separate origins.あの男ができませんでしたが開始される可能性の信仰を最高に;を別々の宗教や道徳の起源必要があります。

Even in China, where ancestor-worship prevails, we find it distinct from the worship of gods, and there is no trace of an ancestor having ever become a god.さらに中国では、どこの祖先崇拝が優勢、はっきりと見つけることから私たちの神々を崇拝し、トレースがないの祖先が神になるまでです。 Again, soul-worship and ancestor-worship are not identical, and with many tribes much attention is paid to conciliating the souls of the dead where ancestor-worship is unknown.再び、魂の祖先崇拝崇拝とは同じではない、と多くの部族に注目が支払われるのを、死者の霊魂がどこconciliating祖先崇拝は不明です。 Brinton holds the former to be older and more general.元brinton保持して古いとされる他の一般的です。 The aim is to get rid of the soul, to put it to rest, or send it on its journey to a better land, lest it trouble the survivors.目的とするのは、魂をなくす、残りを置くことをするか、または送信することは、旅をするより良い土地、生存者の苦しみの後、近付くことです。 Karl Mullenhöff maintains that folk-lore has no independent value and as a source of mythology is of only secondary importance.カール民俗- mullenhöff維持伝承はないが独立すると、ソースof Mythologyの値は二次的に重要なだけです。

(3) Animism is not the sole and chief source of religion. ( 3 )アニミズムではないソースの唯一の宗教兼最高です。 De la Saussaye says that the belief of the early Teutons consisted only to a small extent of animistic ideas concerning souls and spirits.ドラソセーによると、信念の構成の早期teutons小さな範囲のみに精霊の魂と魂に関するアイデアです。 Prof. FB Gummere teaches that in Teutonic mythology animism has not succeeded in annexing nature-mythology.フライングブルーgummere教える教授アニミズムしてゲルマン神話に成功していない自然annexing Mythologyを起動します。 FB Jevons holds that the religious idea is no part of animism pure and simple, and to make the personal agents of animism into supernatural agents or divine powers there must be added some idea which is not contained in animism, and that idea is a specifically religious idea, one which is apprehended directly or intuitively by the religious consciousness.フライングブルージェヴォンズ保持は、宗教的なアイデアはアニミズムのいかなる部分も、純粋で単純な、としての個人的はエージェントのアニミズムを超神の力がなければなりません代理人、または追加されましたいくつかのアイデアではないアニミズムに含まれており、そのアイデアは、具体的宗教的なアイデア、 1つこれは直感的に逮捕された直接または宗教的な意識です。 E. Mogk, whose inclinations lean to Tylor, is yet constrained by a scientific mind to recognize nature-worship and the great gods as original; and he warns the student of Teutonic mythology that he must not allow himself to be seduced into disregarding the fact that the worship of the God of Heaven is one of the most original elements of the Teutonic belief. e. mogk 、その性向に傾くタイラーは、まだありませんに制約される自然科学的な心を認識する偉大な神として崇拝するとオリジナル;と彼は警告して学生のゲルマン神話に彼自身を許可する必要がありますがないという事実を無視の誘惑にかられるは、天の神を崇拝するのは、オリジナルの要素を1つの最もゲルマン的信念です。 De la Saussaye and Pfleiderer hold that the supposition according to which every conception of an object--eg tree, sun, moon, clouds, thunder, earth, heaven--as a living being has an animistic character is undemonstrable and improbable.ドラソセーとプフライデラーホールドは、これによると仮定して、オブジェクトのすべての概念-例えば、ツリーで、太陽、月、雲、雷、地球、天国-としての生活には、精霊がu n demonstrableと文字がありそうにないです。 They show from Teutonic mythology that the power and beneficent influence of these objects of nature and their symbolic conception belong to another sphere of ideas and sentiments than that of animism.彼ら詳細よりゲルマン神話は、これらのオブジェクトのパワーと自然の慈悲深きに影響を与えるとその象徴的概念を別の分野に属するアイデアや感情に比べてアニミズムです。

(4) Prof. W. Robertson Smith and Prof. Frazer conclusively prove that the animistic religion of fear was neither universal nor primitive. ( 4 )教授とスミス教授ワットロバートソンフレーザー決定的に証明するために宗教は恐怖の精霊は、どちらも原始的普遍的です。 According to Prof. Frazer, the primitive reason of sacrifice was communion with God.教授によると、フレーザーは、原始的な理由は、神との接触の犠牲を伴う。 Even worship of the dead cannot be entirely explained animistically as the cult of souls.崇拝オブザデッドも完全に説明することはできませんanimistically教団としての魂です。 Animistic conceptions may enter into the worship of ancestors and heroes; but other ideas are so essential that they cannot be regarded merely as modifications of soul-worship.精霊の概念の祖先崇拝年5月に入ると英雄;しかし、他のアイデアは非常に欠かせないして変更することはできません見なさとしての魂を崇拝するだけです。

(5) It is not primitive nor specific. ( 5 )も原始的ではない固有のものです。 Prof. Brinton says, "There is no special form of religious thought which expresses itself as what has been called by Dr. Tylor Animism, ie the belief that inanimate objects are animated and possess souls or spirits." brinton教授は、 "特別な形ではない宗教思想として自分自身を表現されてきたことタイラー博士と呼ばれるアニミズム、すなわちという信念を持って無生物は、アニメーションやスピリッツと魂を持つ。 " This opinion, which in one guise or another is common to all religions and many philosophies, "is merely a secondary phenomenon of the religious sentiment, not a trait characteristic of primitive faiths".この意見によれば、これは1つまたは装ってすべての宗教に共通するもう1つは、多くの哲学"は、単なる二次的な現象は、宗教的な感情ではなく、形質原始宗教の特徴"です。 De la Saussaye holds that animism is always and everywhere mixed up with religion; it is nowhere the whole of religion.ドラソセーアニミズムによるとということはいつもとつき合っているあらゆる宗教;ことが全体のどこの宗教です。 Cf.継続前誌です。 ANTHROPOLOGY, MYTHOLOGY, EVOLUTION, TOTEMISM, SHAMANISM, FETISHISM, RELIGION, SPIRITISM.人類学、神話、進化、トーテムの像、シャーマニズム、フェチ、宗教、交霊術です。

Publication information Written by JT Driscoll.出版物の情報執筆者特集jtドリスコルです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.専用のは、イエスキリストの神聖なのは、カトリックの中心部に百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

LADD, Is Psychology a Science?ラッドは、心理学、科学ですか? in Amer.はアメリカです。 Jour, of Psych., 1894; JAMES, Psychology (2 vols., New York, 1905); SULLY, Outlines of Psychology (New York, 1892); HÖFFDING, Outlines of Psychology tr. jour 、不安にさせる。 、 1894 ;ジェームズは、心理学( 2 vols学です。 、ニューヨーク、 1905 ) ;シュリー、心理学の概要(ニューヨーク、 1892 ) ; höffding 、心理学の概要をtr 。 LOWNDES (London, 1893); DRISCOLL, The Soul (New York, 1900); LADD, Psychology; Descriptive and Explanatory (New York, 1895); BOWEN, Hamilton's Metaphysics (Boston, 1876); BOWNE, Metaphysics, A Study of First Principles (New York, 1882); RICKABY, On God and His Creatures (London, 1906); McCOSH Fundamental Philosophy; MAHER, Psychology (London, 1905); TYLOR, Primitive Culture, (2 ed., London, 1891); TIELE, Elements of the Science of Religion (New York, 1896), cf.ラウンズ(ロンドン、 1893 ) ;ドリスコルは、魂(ニューヨーク、 1900 ) ;ラッド、心理学;わかりやすく説明(ニューヨーク、 1895 ) ;ボーウェン、ハミルトンの形而上学(ボストン、 1876 ) ; bowne 、形而上学、第一の研究原則(ニューヨーク、 1882 ) ; rickabyは、神と神の生き物(ロンドン、 1906 ) ;マコッシュ基本理念;マーハー、心理学(ロンドン、 1905 ) ;タイラー、プリミティブな文化、 ( 2エド。 、ロンドン、 1891 ) ;ティーレ、の要素を、科学の宗教(ニューヨーク、 1896 ) 、継続前誌です。 also his article in Encyclopœdia Britannica; MÜLLER, Lectures on the Origin of Religion (London, 1878); PFLEIDERER Philosophy and Development of Religion (New York and Edinburgh, 1894); SPENCER, Principles of Sociology (London, 1876-97); DRISCOLL, Christian Philosophy; God (New York, 1903); DE LA SAUSSAYE, Manual of the Science of Religion, tr.彼の記事でもencyclopœdiaブリタニカ;ミュラー、講演会の起源の宗教(ロンドン、 1878 ) ;プフライデラー哲学や宗教の開発(ニューヨーク、エジンバラ、 1894 ) ;スペンサー、社会学の原理(ロンドン、 1876年から1897年) ;ドリスコル、キリスト教哲学;神(ニューヨーク、 1903 ) ;ドラソセー、マニュアルは、科学の宗教、 tr 。 COLYER-FERGUSSON (London, 1891); LUBBOCK, Origin of Civilization (New York, 1895); DUKE OF ARGYLL, Primeval Man (New York, 1869); CUOQ, Lexique de la langue Algonquine (Montreal, 1886); STEINMETZ, Ethnologische Studien (Leyden, 1894); BRINTON, Religions of Primitive Peoples (New York, 1897) ; BAYNES, The idea of God and the Moral Sense in the Light of Language (London, 1895); LANG, The Making of a Religion (London and New York 1898); ROBERTSON SMITH, Religion of the Semites (London, 1894); ALGER, Critical History of the Doctrine of a Future Life (Philadelphia, 1864); JEVONS, Introd.コリヤー-ファーガソン(ロンドン、 1891 ) ;ラボック、文明の起源(ニューヨーク、 1895 ) ;デュークオブアーガイル、原始人(ニューヨーク、 1869 ) ; cuoq 、 lexiqueデラスラングalgonquine (モントリオール、 1886 ) ;スタインメッツ、 ethnologische studien (ライデン、 1894 ) ; brinton 、原始宗教の人々 (ニューヨーク、 1897 ) ; baynesは、神との考えを道徳的な意味では、光の言語(ロンドン、 1895 ) ;ラングは、メーカーは、宗教(ロンドンとニューヨーク1898 ) ;ロバートソンスミス、宗教をsemites (ロンドン、 1894 ) ;アルジャー、重要なの教義の歴史を、将来の生活(フィラデルフィア、 1864 ) ;ジェヴォンズ、 Introd学です。 to Hist.を履歴します。 of Religion (London and New York, 1896); SCHNEIDER, Die Naturvölker (2 vols., 1885-86); FRAZER, The Golden Bough (London, and New York, 1900).宗教(ロンドンやニューヨーク、 1896 ) ;シュナイダー、死ぬnaturvölker ( 2 vols学です。 、 1885年から1886年) ;フレーザーは、黄金の枝(ロンドン、ニューヨーク、 1900 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです