Annihilationism霊魂絶滅

Advanced Information 高度情報

The word is from the Latin nihil, "nothing," and expresses the position of those who hold that some, if not all, human souls will cease to exist after death.という言葉は、ラテン語nihilから、 "何でもありません"と表現してそれらの位置whoホールドがいくつか、そうでない場合はすべて、人間の魂は死後存在することをやめる。 As observed by Warfield, this point of view may take three main forms: (1) that all human beings inevitably cease to exist altogether at death (materialist) ; (2) that, while human beings are naturally mortal, God imparts to the redeemed the gift of immorality and allows the rest of humanity to sink into nothingness (conditional immortality) ; (3) that man, being created immortal, fulfills his destiny in salvation, while the reprobates fall into nonexistence either through a direct act of God or through the corrosive effect of evil (annihilationism proper) .ウォーフィールドとして観察され、この時点での対象がかかる場合があります3つのメインフォーム: ( 1 )すべての人間が存在することをやめる必然的に完全に死(唯物) ; ( 2 )は、当然ながら人間は、人間は、神の換金を与える不道徳の才能があると人類を使用すると、残りの部分をシンクに帰する(条件付きの不滅) ; ( 3 )あの男は、不滅の作成が、彼の運命を救い満たし、 reprobatesに陥るが、存在しないことのいずれかを介して直接またはを通して神の行為腐食性の効果の悪(霊魂絶滅の適切な)です。

The distinction between conditionalism and annihilationism, as indicated above, is frequently not observed, and these two terms are commonly used as practical synonyms. conditionalismとの区別は、霊魂絶滅、前述のとおり、観測が頻繁に特定し、これらの2つの用語がよく使用される実用的な同義語を追加します。 A fourth form of advocacy of the ultimate extinction of evil is the view that God will finally redeem all rational beings (universalism) . 4番目の形式を擁護するのは、究極の悪の絶滅との見解を最後に神はすべての合理的存在の特典交換(ユニバーサリズム) Over against all the above positions, historic orthodoxy has always maintained both that human souls will eternally endure and that their destiny is irrevocably sealed at death.以上、上記のすべてのポジションに対して、歴史的正統性は常に人間の魂は永遠に維持の両方に耐えることが彼らの運命は死亡時取消不能で密封します。

The question whether or not man is naturally immortal pertains to the subject of immortality.この質問は、自然に不滅の男かどうかは完結し、アジ研の不滅です。 The present article will be limited to stating and appraising briefly the main evidence advanced in support of the cessation of the wicked.記事では、現在の評価額に限定されると簡潔に記載の主な証拠を詳細には、邪悪な支持を停止します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
God alone, it is urged, has immortality (1 Tim. 6:16; 1:17).神だけで、それは求めたが不死( 1ティム。 6:16 ; 1:17 ) 。 This argument, if it proves anything, proves too much.この引数は、何かすれば、証明過ぎる。 In fact, God who alone has immortality in himself may and does communicate it to some of his creatures.実際には、不滅の神は自分自身whoだけでは5月と通信していくつかの彼の生き物です。

Immortality, it is urged, is represented as a special gift connected with redemption in Jesus Christ (Rom. 2:7; 1 Cor. 15:53 - 54; 2 Tim. 1:10).不朽の名声、それは要請は、特別な贈り物として表現され、特典交換につながってイエスキリスト(ローマ2 : 07 ; 1コーです。 15:53 -5 4; 2ティム。 1 :10) 。 The same may be said of life, or eternal life (John 10:28; Rom. 6:22 - 23; Gal. 6:8; etc.).人生の5月によると同じか、または永遠の命(ヨハネ10:28 ; ROMから起動します。 6:22 -2 3;ギャルです。 6時0 8分;等)です。 It is freely granted that in all such passages life and immortality are represented as the privileged possession of the redeemed, but it is claimed that in these connections these terms do not represent merely continued existence, but rather connote existence in joyful fulfillment of man's high destiny in true fellowship with God (John 17:3).それが自由に付与してすべての生命と不朽の名声は、このような通路として表現され、特権の所持の換金、それは、これらの接続と主張してこれらの用語はありません存続を表すだけではなく、むしろ暗示履行するために存在してうれしそうな男の高デスティニーと交わりを持つ真の神(ヨハネの福音17時03分) 。

Cessation of existence, it is urged, is implied in various scriptural terms applied to the destiny of the wicked, such as death (Rom. 6:23; James 5:20; Rev. 20:14; etc.), destruction (Matt. 7:13; 10:28; 1 Thess. 1:9, etc.), perishing (John 3:16, etc.).停止の存在、それは求め、様々な聖書は、黙示的な用語の邪悪な運命を適用されるなど、死(ローマ6:23 ;ジェームズ5:20 ;改訂20:14 ;等) 、破壊(マットです。 7時13分; 10:28 ; 1 thess 。 1:9 、等) 、したくてたまらない(ヨハネ3:16 、等) 。 But these expressions do not so much imply annihilation as complete deprivation of some element essential to normal existence.しかし、これらの表現はありませんので、完全に消滅くらい意味の剥奪通常いくつかの要素に欠かせない存在です。 Physical death does not mean that body or soul vanishes, but rather that an abnormal separation takes place which severs their natural relationship until God's appointed time.物理的な死わけではない体や魂の消滅ではなく、むしろその異常な分離が行わsevers 、自然の関係を神の約束の時間までです。

Spiritual death, or the "second death" (Rev. 20:14; 21:8), does not mean that the soul or personality lapses into nonbeing, but rather that it is ultimately and finally deprived of that presence of God and fellowship with him which is the chief end of man and the essential condition of worthwhile existence.精神的な死か、または、 "第2の死" (改訂20:14 ;午前21時08分) 、わけではないの魂や人格を有効期限が切れた存在しないことではなく、むしろそのことが最終的に、最後の存在を奪われ、神と交わりを持つこと彼は、最高の終わりやりがいのある男との本質的な条件に存在します。 To be bereft of it is to perish, to be reduced to utter insignificance, to sink into abysmal futility.を失ってから死ぬことは、全く取るに足りないことで減少して、底知れぬ無益に沈み込む。 An automobile is said to be wrecked, ruined, destroyed, not only when its constituent parts have been melted or scattered away, but also when they have been so damaged and distorted that the car has become completely unserviceable.難破したとされる自動車は、台無し、破壊され、その構成部品だけでなく、ときにも溶かしたまたは散在にでもまたかれらが破損して歪曲しているので車は完全に使用不能になる。

It is inconsistent with God's love, it is urged, to allow any of his creatures to endure forever in torment.これは矛盾して神の愛、それは求め、彼の生き物を許可するのいずれかを永遠に苦痛に耐える。 Furthermore, the continuance of evil would spell some area of permanent defeat for the divine sovereignty, a dark corner marring perpetually the glory of his universe.また、スペルの継続はいくつかの事項の恒久的な悪の敗北を神の主権、栄光に暗いコーナーmarring絶え間なく彼の宇宙です。

These considerations are not without weight, and a complete answer may not be possible in the present state of our knowledge.これらの配慮がないわけでは重量、および、完全な回答できない場合がありますが、現在の状態を我々の知識です。 They are not adjudged by traditional orthodoxy as sufficient to overthrow the substantial weight of scriptural evidence to the effect that the wicked will be consigned to endless conscious sorrow.伝統的な正統性をadjudgedされていないとして、かなりの重量を転覆さを十分に聖書の効果は、邪悪な証拠を委託される際限のない悲しみを意識しています。 This is apparent from the expressions "fire unquenchable" (Isa. 66:24; Matt. 3:12; Luke 3:17), or "that never shall be quenched" (Mark 9:43, 45), the worm that "dieth not" (Isa. 66:24; Mark 9:44, 46, 48), "the wrath of God abideth on him" (John 3:36), as well as from the use of "everlasting" or "forever," applying to chains, contempt, destruction, fire or burning, punishment, torment (Isa. 33:14; Jer. 17:4; Dan. 12:2; Matt. 18:8; 25:41, 46; 2 Thess. 1:9; Jude 6 - 7; Rev. 14:11; 19:3; 20:10).これは明白な表現から"火事抑えられない" ( isa. 66:24 ;マットです。 3:12 ;ルーク3:17 ) 、または"急冷を絶対にしなければならない" (マーク9時43分、 45 ) 、このワームは" diethない" ( isa. 66:24 ;マーク9時44分、 46 、 48 ) 、 "神の怒りを買うabideth彼の" (ヨハネ3:36 )からだけでなく、使用する"永遠に"または"永遠に、 "に適用するチェーン、侮辱、破壊、火災や書き込み、罰、苦痛( isa. 33:14 ; jer 。 17 : 04 ;ダン。 12 : 02 ;マットです。 18 : 08 ; 25:41 、 46 ; 2 thessです。 1 : 09 ;ジュード6 -7 ;改訂1 4:11;午前1 9時0 3分; 2 0:10)です。

It is worthy of note that, in the biblical record, those who spoke most about future punishment in its irrevocable finality are Jesus and the apostle John, the very ones who also represented most glowingly the supreme glory of God's love and the unshakable certainty of his ultimate triumph.これは立派なのに注意して、レコードは、聖書には、これらのwhoスポーク将来の処罰については、ほとんどの取消不能最終的にイエスキリストと使徒ジョンは、非常に表現する最もglowingly whoも神の栄光の最高の愛と彼の揺るぎない確信最終的な勝利です。

R Nicole研究ニコル
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
BB Warfield, SHERK, I, 183 - 86; GC Joyce in HER E. In support of annihilationism: H Constable, The Duration and Nature of Future Punishmen; CH Hewitt, A classbook in Eschatology; E Lewis, Life and Immortality; FL Piper, Conditionalism. bbウォーフィールド、 sherk 、私、 183 -8 6; g cジョイスのサポートを彼女のe .霊魂絶滅: h巡査は、将来の期間と自然とp unishmen;あなたのヒューイットは、えんま帳の終末論;メールルイス、日本での生活と不死;フロリダパイパー、 conditionalismです。 In opposition to annihilationism: H Buis, The Doctrine of Eternal Punishment; R Garrigou - Lagrange, Life Everlasting; WGT Shedd, Dogmatic Theology, II.反対して霊魂絶滅: hビュイは、罰の原則;研究garrigou -ラグランジュ、日本での生活永遠; w gtシェッド、独断的な神学、 Ⅱ 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです