Anthropomorphism擬人観

General Information 総合情報

Anthropomorphism (Greek anthropos,"human being"; morphe,"shape") is the attribution of human form or qualities to that which is not human.擬人観(ギリシャ語anthropos 、 "人間" ; morphe 、 "形" )は、人間のフォームや資質帰属して人間ではない。 In the history of religion, anthropomorphism refers to the depiction of God in a human image, with human bodily form and emotions, such as jealousy, wrath, or love.宗教の歴史の中、神人同形の描写を参照して神に、人間のイメージは、人間の身体のフォームや感情など、しっと、怒り、または愛です。 Whereas mythology is exclusively concerned with anthropomorphic gods, other religious thought holds that it is inappropriate to regard an omnipotent, omnipresent God as human.擬人化は、排他的に関心がある一方、神話の神々を、他の宗教思想を保持することは適当ではない点に全能、遍在する人間としての神です。 In order to speak of God, however, metaphorical language must be employed.神の話をするために、しかし、隠喩的な言語採用しなければならない。 In philosophy and theology, seemingly anthropomorphic concepts and language are used because it is impossible to think of God without attributing to him some human traits.で哲学と神学、一見擬人化の概念と言語が使用されて考えることは不可能であるため、神なしに彼いくつかの人間の形質を関連付けています。 In the Bible, for example, God is endowed with physical characteristics and human emotions, but at the same time he is understood to be transcendent.聖書は、例えば、神は人間の感情に恵まれている物理的特性と、しかしそれと同時に、彼は並外れた理解される。 In art and literature, anthropomorphism is the depiction of natural objects, such as animals or plants, as talking, reasoning, sentient, humanlike beings.で芸術や文学、擬人観は、オブジェクトの自然描写など、動物や植物の話として、推論、知覚を持って、人間の生き物です。

The earliest critique of anthropomorphism in the West was made by Xenophanes, a Greek philosopher of the 5th century BC.最古の批判がなされた擬人観は、西クセノパネスは、紀元前5世紀のギリシアの哲学者です。 Xenophanes observed that whereas the Ethiopians represented the gods as dark-skinned, the northerners in Thrace depicted the gods with red hair and blue eyes.クセノパネス観察さethiopiansが、浅黒い肌の表現としての神々は、 northernersで描かれてトラキアとする神の赤い髪と青い目です。 He concluded that anthropomorphic representations of the gods invariably reveal more about the human beings who make them than they reveal about the divine.彼の結論を明らかに擬人化表現は、神々の詳細については、常に人間よりもwhoにしても、現わすことについては、神のです。 The Greek philosopher Plato likewise objected to a human representation of the gods; in the dialogue The Republic, he particularly opposed the attribution of human failings to divine beings.同様に、ギリシャの哲学者プラトン反対して、人間の神々を表現したもの;共和国との対話で、彼に反対して、特に人間の欠点を神聖な生き物帰属します。 Both Xenophanes and Plato wished to purify religion by eliminating elements that they considered primitive and crude.プラトンの両方を希望して浄化クセノパネスと宗教の要素を排除して原始的と原油と考えています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Nineteenth-century German philosopher GWF Hegel held that Greek anthropomorphic religion represented an improvement over the worship of gods in the shape of animals, a practice called theriomorphism (Greek therion,"animal"; morphe,"shape"). 19世紀ドイツの哲学者ヘーゲルgwf開かれた宗教表現の改善を擬人化ギリシャの神々を崇拝の形をした動物、獣神崇拝の練習と呼ばれる(ギリシャ語セリオン、 "動物" ; morphe 、 "形" ) 。 Hegel also maintained that Christianity brought the notion of anthropomorphism to maturity by insisting not only that God assumed a human form, but also that Jesus Christ was both a fully human person as well as fully divine.ヘーゲルも維持さのおかげで、キリスト教の概念を擬人観を成熟さを主張するだけでなく、人間の姿を想定し、神は、イエスキリストはその両方だけでなく、人間だけでなく、完全に完全に神です。 Because Christianity incorporates humanity into the very nature of divinity, it has been accused of anthropomorphism by both Jewish and Islamic thinkers.人類のために組み込まれ、キリスト教の神の本質を、被告人の神人同形されてユダヤ人とイスラム思想家の両方です。


Anthropomorphism擬人観

Advanced Information 高度情報

The term (not found in the Bible, derived from Greek anthropos, man, and morphe, form) designates the view which conceives of God as having human form (Exod. 15:3; Num. 12:8) with feet (Gen. 3:8; Exod. 24:10), hands (Exod. 24:11; Josh. 4:24), mouth (Num. 12:8; Jer. 7:13), and heart (Hos. 11:8), but in a wider sense the term also includes human attributes and emotions (Gen. 2:2; 6:6; Exod. 20:5; Hos. 11:8).という用語は(未発見された聖書は、ギリシャ語から派生したanthropos 、マニュアル、およびmorphe 、フォーム)の対象に指定されている神の理解は人間のフォーム( exod. 15 : 03 ; NUM件です。 12時08分)とフィート( Gen 。と3 : 08 ; exodです。 24:10 ) 、手( exod. 24:11 ;ジョシュします。 4:24 ) 、口の中( num. 12 : 08 ; jerです。 7時13分) 、および心臓( hos. 11時08分) 、しかし、より広義の用語も含まれて人間の属性や感情を( Gen 。と2:2 ;午前6時06分; exodです。 20 : 05 ; hosです。 11時08分) 。

This tendency toward anthropomorphism, common to all religions, found such full expression in Greek polytheism that the common man thought of the gods as mortal men.この傾向擬人観、共通してすべての宗教は、ギリシャの多神教が見つかりましたこのような完全な表現では、共通の男としての神々を考えると、人間の男性です。 Xenophanes (ca. 570-480 BC) reacted strongly, accusing man of making the gods in his own image.クセノパネス(西暦紀元前五百七十〜四百八十)反応が強く、メーカーの神々を非難するような男は、自分自身のイメージです。 Later developments in Greek thought considered men as mortal gods (an early form of humanism) or viewed God in the metaphysical sense of pure, absolute Being.ギリシャ語への発展の男性として人間の思考の神々を考慮(フォームの早期ヒューマニズム) 、または形而上の人気神は、純粋な意味で、絶対的存在です。 The transcendentalism of the latter influenced the hellenistic Jews of Egypt so that the translators of the Greek OT, the LXX, made during the third and second centuries BC, felt compelled to alter some of the anthropomorphisms.後者の超越論的な影響を与えましたヘレニズムのユダヤ人のエジプト、ギリシャ語の翻訳して、 ot 、 70 、 3番目と2番目に行われた世紀紀元前、フェルトanthropomorphismsいくつかの変更せざるを得ない。 eg, where the Hebrew reads "they saw the God of Israel" (Exod. 24:10) the LXX has "they saw the place where the God of Israel stood"; and for "I will speak with him mouth to mouth" (Num. 12:8) the LXX translates "I will speak to him mouth to mouth apparently."例えば、ヘブライ語では"見て、神のイスラエル" ( exod. 24:10 ) 70は、 "見て、イスラエルの神の場所に立っていた" ;と、 "私は彼の口から口話をする" ( NUM件です。 12時08分) 、 70変換"私は彼に話を口に口を明らかにします。 "

However, the OT, if read with empathy and understanding, reveals a spiritual development which is a corrective for either a crude, literalistic view of anthropomorphism or the equally false abhorrence of any anthropomorphic expressions.しかし、 ot 、もし読んで共感と理解を、精神的発達を明らかにするためには、是正のいずれかを原油、 literalistic対象の神人同形、または任意の擬人化に嫌悪感を均等に虚偽の表現です。 The "image of God" created in man (Gen. 1:27) was in the realm of personality, of spirit, not of human form. "神のイメージ"で作成さ男( Gen 。と1:27 )は、その領域内でのパーソナリティ、精神的ではなく、人間のフォームです。 Because the Israelites "saw no form" (Deut. 4:12) at Sinai, they were prohibited images in any form; male or female, beast, bird, creeping thing, or fish (Deut. 4:15-19).イスラエルは、 "フォームはない" ( deut. 4:12 )でシナイ半島、いかなる形式の画像を禁止されていた;男性あるいは女性、獣、鳥、徐々に進行すること、または魚( deut. 4:15-19 ) 。 The NT declaration of Jesus, "God is spirit, and those who worship him must worship in spirit and truth" (John 4:24), is anticipated by Job 9:32; Ps.イエスキリストのNTの宣言は、 "神は精神、およびそれらのwhoに仕えなさい必要があります。崇拝の精神と真実" (ヨハネ4:24 ) 、午前9時32分の仕事が予想され; psのです。 50:21; and Hos. 50:21 、およびhosです。 11:9. 11時09分です。

The anthropomorphism of the Israelites was an attempt to express the nonrational aspects of religious experience (the mysterium tremendum, "aweful majesty," discussed by Rudolf Otto) in terms of the rational, and the early expressions of it were not as "crude" as so-called enlightened man would have one think.擬人観は、イスラエルの試みを表現するのは非合理的側面を宗教的な経験(ミステリウムtremendum 、 " aweful陛下、 "議論さルドルフオットー)をご利用の合理的、との早期ことを表現したものとしては"原油"としていわゆる悟りを開いた人が1つの考えです。 The human characteristics of Israel's God were always exalted, while the gods of their Near Eastern neighbors shared the vices of men.イスラエルの神、人間の特性は常に高貴な、神々が、近所の人たちに近い東部の男性の悪弊を共有しています。 Whereas the representation of God in Israel never went beyond anthropomorphism, the gods of the other religions assumed forms of animals, trees, stars, or even a mixture of elements.神はイスラエルの表現が、決して擬人観を超えた、神々の宗教、他の動物の形態の想定、樹木、星印か、または混合液の要素もします。 Anthropomorphic concepts were "absolutely necessary if the God of Israel was to remain a God of the individual Israelite as well as of the people as a whole.... For the average worshipper...it is very essential that his god be a divinity who can sympathize with his human feelings and emotions, a being whom he can love and fear alternately, and to whom he can transfer the holiest emotions connected with memories of father and mother and friend" (WF Albright, From the Stone Age to Christianity, 2nd ed., p. 202).擬人化の概念は、 "絶対に必要な場合は、神のイスラエルは、神を維持するだけでなく、個々のイスラエルの人々全体としては、平均worshipper .... ...ことは非常に重要なことは、彼の神の神性whoことを気の毒に彼の人間の感情や感情を、御心に適うこと愛と恐怖が交互に、転送すると、誰に彼は神聖な感情を接続すると父と母の記憶を友人に送る" (ワンダーフェスティバルオルブライト長官は、石器時代をキリスト教に、第2版です。 、 p. 202 ) 。

It is precisely in the area of the personal that theism, as expressed in Christianity, must ever think in anthropomorphic terms.それが正確には、面積が有神論の個人的は、キリスト教として表現され、擬人化規約にものを考える必要がありますまでです。 To regard God solely as Absolute Being or the Great Unknown is to refer to him or it, but to think of God as literally personal, one with whom we can fellowship, is to say Thou.点として、神のみを絶対的にまたはを参照するには偉大な未知のは、彼またはそれが、文字通りの個人としての神を考えるのは、 1つのことを誰フェローシップは、言ってやるがいいのです。 Some object to this view, to explain how the creatures of an impersonal force became personal human beings conscious of their personality.このビューを表示するいくつかのオブジェクトを、どのように生き物を説明するの人間味のない個人的な人間力が彼らの個性を意識しています。

"To say that God is completely different from us is as absurd as to say that he is completely like us" (DE Trueblood, Philosophy of Religion, p. 270). "神は完全に別のことを言うより先は、不合理なすればということは完全に彼のような問い合わせ" (デtrueblood 、哲学、宗教、 p. 270 ) 。 Paradoxical as it may seem, there is a mediating position which finds the answer in the incarnation of Jesus the Christ, who said, "He who has seen me has seen the Father" (John 14:9).逆説的と思われるでしょうが、調停の位置には、その答えを見つけるのは、イエスキリストの化身、 whoによると、 "彼は私が見たwhoが見られるの父" (ヨハネ14時09分) 。 Finite man will ever cling to the anthropomorphism of the incarnation and the concept of God as Father (Matt. 7:11), but at the same time he will realize the impossibility of absolute, complete comprehension of God, for "my thoughts are not your thoughts, neither are your ways my ways, says the Lord" (Isa. 55:8).有限男はどのみち擬人観に固執するのは、神の化身との概念としての父( matt. 7時11分) 、しかしそれと同時に、彼は絶対に不可能なことを実現する、完全に理解神は、 "私の考えはないあなたの考えは、私の方法どちらの方法がありますがして、主によれば、 " ( isa. 55:8 ) 。

DM Beegle dm beegle
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
W. Eichrodt, Theology of the OT, I; J. Hempel, "Die Grenzen des Anthropormorphismus Jahwes im Alten Testament: ein Vortrag," ZAW 57: 75ff.; GD Hicks, The Philosophical Bases of Theism; R. Otto, The Idea of the Holy; HH Rowley, The Faith of Israel; HB Swete, An Introduction to the OT in Greek.ワットアイヒロート、神学は、 ot 、私; j.ヘンペル、 "死ぬgrenzenデイムアルテンanthropormorphismus jahwes遺言: ein vortrag 、 " zaw 57 : 75ff 。 ; gdヒックスは、基地の哲学的有神論; r.オットー、というアイデアは、神聖な; hhローリーは、イスラエルの信仰; hbスウィート、 ot 、ギリシャ語で紹介しています。


Anthropomorphism, Anthropomorphites擬人観、 anthropomorphites

Catholic Information カトリックの情報

(anthropos, man, and morphe, form). ( anthropos 、マニュアル、およびmorphe 、フォーム)です。

A term used in its widest sense to signify the tendency of man to conceive the activities of the external world as the counterpart of his own.項で使用され、広い意味での傾向を示す男を思い付くの外部世界としての活動を、自分自身の対向です。 A philosophic system which borrows its method from this tendency is termed Philosophic Anthropomorphism.その方法を哲学からシステムを引き継いで呼ばれるこの傾向は、哲学神人同形です。 The word, however, has been more generally employed to designate the play of that impulse in religious thought.という言葉は、しかし、他の一般に採用され、その衝動を指定して再生さ宗教思想です。 In this sense, Anthropomorphism is the ascription to the Supreme Being of the form, organs, operations, and general characteristics of human nature.その意味では、擬人観は、最高に帰属して、フォーム、器官、操作、および一般的な特性を人間の本性です。 This tendency is strongly manifested in primitive heathen religions, in all forms of polytheism, especially in the classic paganism of Greece and Rome.明らかに、この傾向が強く、異教徒の原始宗教は、すべての形態の多神教、特にギリシャとローマの古典ペイガニズムのです。 The charge of Anthropomorphism was urged against the Greeks by their own philosopher, Xenophanes of Colophon.神人同形の告発には反対するよう求めたギリシア人は自分の哲学者、クセノパネスの奥付です。 The first Christian apologists upbraided the pagans for having represented God, who is spiritual, as a mere magnified man, subject to human vices and passions.キリスト教の最初の擁護者を得て、多神教徒upbraided代表の神、 whoは、精神的、男として、単なる拡大、対象に熱中している人間の悪徳とします。 The Bible, especially the Old Testament, abounds in anthropomorphic expressions.聖書の、特に、旧約聖書の、擬人化aboundsで表現します。 Almost all the activities of organic life are ascribed to the Almighty.ほぼすべての活動を有機的生命は、生得的にして偉力ならびなき方です。 He speaks, breathes, sees, hears; He walks in the garden; He sits in the heavens, and the earth is His footstool.彼は話す、呼吸、見、聞く;彼の庭を散歩;彼は座っは、天と地を創造したが彼の踏み台です。 It must, however, be noticed that in the Bible locutions of this kind ascribe human characteristics to God only in a vague, indefinite way.する必要があります、しかし、聖書に気づいたlocutionsしてこの種のものとみなす人間特性を神に漠然としただけで、無期限です。 He is never positively declared to have a body or a nature the same as man's; and human defects and vices are never even figuratively attributed to Him.彼は決して積極的に宣言して体には自然と同じか、男の;と人間の欠陥や悪徳は一度も比喩的に起因している。 The metaphorical, symbolical character of this language is usually obvious.比喩は、この言語は、通常の文字を象徴明白です。 The all-seeing Eye signifies God's omniscience; the everlasting Arms His omnipotence; His Sword the chastisement of sinners; when He is said to have repented of having made man, we have an extremely forcible expression conveying His abhorrence of sin.眼を意味し、神の全能全知;彼の全能の永遠の武器;彼の剣のせっかんの罪人;ときによると彼は反省して作らを持つ男、我々には非常に強制的な表現に嫌悪感を伝える彼の罪です。 The justification of this language is found in the fact that truth can be conveyed to men only through the medium of human ideas and thoughts, and is to be expressed only in language suited to their comprehension.この言語の正当化は、真実を発見された事実を伝えられる男性のみできるという媒体を通して人間の意見や考えを、と表明しただけでは、言語を理解して最適です。 The limitations of our conceptual capacity oblige us to represent God to ourselves in ideas that have been originally drawn from our knowledge of self and the objective world.概念的な能力の限界を義務付ける問い合わせを表現する私たちの神は自分のアイデアを最初に描画されている私たちの知識をより客観的自己と世界です。 The Scriptures themselves amply warn us against the mistake of interpreting their figurative language in too literal a sense.問い合わせに対して、聖書は自身の過ちを十分に警告する比喩的な言葉があまりにもリテラルの解釈がある意味します。 They teach that God is spiritual, omniscient, invisible, omnipresent, ineffable.神は彼らを教えることの精神的、全知、目に見えない、遍在、筆舌に尽くし難い。 Insistence upon the literal interpretation of the metaphorical led to the error of the Anthropomorphites.時の主張を文字どおりに解釈するの隠喩anthropomorphites主導して、エラーが発生します。 Throughout the writings of the Fathers the spirituality of the Divine Nature, as well as the inadequacy of human thought to comprehend the greatness, goodness, and infinite perfection of God, is continually emphasized.して、文章には、父の霊は、神の性質、不適当なだけでなく、人間の思考の偉大さを理解し、善良さ、神の完全性と無限は、継続的強調した。 At the same time, Catholic philosophy and theology set forth the idea of God by means of concepts derived chiefly from the knowledge of our own faculties, and our mental and moral characteristics.それと同時に、カトリックの哲学と神学を定めるという考えを神からの主な手段派生した概念の知識を私たち自身の能力、そして精神的、道徳的な特性です。 We reach our philosophic knowledge of God by inference from the nature of various forms of existence, our own included, that we perceive in the Universe.哲学の知識を私たちに達する私たちの神の性質を推論してから様々な形態の存在を、私たち自身の含まれるものは、宇宙のことを認識します。 All created excellence, however, falls infinitely short of the Divine perfections, consequently our idea of God can never truly represent Him as He is, and, because He is infinite while our minds are finite, the resemblance between our thought and its infinite object must always be faint.すべての作成エクセレンス、しかし、神の滝ショートして無限に完成し、その結果、神の考えを表現することは本当に彼を彼は、および、なぜなら、彼は私たちの心の中は、有限無限は、私たちの思想とその無限の間に似ているオブジェクトの必要があります。常にかすかな。 Clearly, however, if we would do all that is in our power to make our idea, not perfect, but as worthy as it may be, we must form it by means of our conceptions of what is highest and best in the scale of existence that we know.明らかに、しかし、もし私たちが、そのすべてを私たちは、我々電力を作る考えではなく、完全ではなく、立派に見えるかもしれませんが、それをしなければならないフォームの概念をどのような手段を私たちは最高の規模と最高の存在知ることです。 Hence, as mind and personality are the noblest forms of reality, we think most worthily of God when we conceive Him under the attributes of mind, will, intelligence, personality.それゆえ、心と人格としては、気高いの形態の現実に、当社は、最も立派に神のときに私たちの属性を思い付く彼の下に心が、知性、人格の持ち主です。 At the same time, when the theologian or philosopher employs these and similar terms with reference to God, he understands them to be predicated not in exactly the same sense that they bear when applied to man, but in a sense controlled and qualified by the principles laid down in the doctrine of analogy.それと同時に、ときにこれらの神学者や哲学者の従業員と同じような用語を参考に、神は、彼を理解していないが前提と全く同じクマに意識しているときに適用される男が、ある意味で修飾さの原則に制御し、教義の敷設は、類推します。

A few decades ago thinkers and writers of the Spencerian and other kindred schools seldom touched upon the doctrine of a personal God without designating it Anthropomorphism, and thereby, in their judgment, excluding it definitively from the world of philosophic thought.数十年前の思想家や作家やその他の親族学校spencerian触れたのはめったにない個人的な神の教義を指定せずに擬人観、もって、その判断は、それを除く思想哲学の世界をより確実です。 Though on the wane, the fashion has not yet entirely disappeared.衰退しつつあるかかわらず、ファッションがまだ完全に姿を消した。 The charge of Anthropomorphism can be urged against our way of thinking and speaking of God by those only who, despite the protestations of theologians and philosophers, persist in assuming that terms are used univocally of God and of creatures.擬人観を担当できるよう求めたのに対して私たちの考え方や人と言えば、神のみwho 、にもかかわらず、 protestationsの神学者と哲学者、固執する用語が使用されると仮定して、神とのunivocallyの生き物です。 When arguments are offered to sustain the imputation, they usually exhibit an incorrect view regarding the essential element of personality.引数が提供さを維持するときに、補完、彼らが間違って表示通常展示の性格については欠かせない要素です。 The gist of the proof is that the Infinite is unlimited, while personality essentially involves limitation; therefore, to speak of an Infinite Person is to fall into an absurdity.証拠の要点を教えるのは、無限には制限はありませんし、人格、本質的には制限;したがって、取り立てて言うほどの人が無限に不条理に陥る。 What is truly essential in the concept of personality is, first, individual existence as opposed to indefiniteness and to identity with other beings; and next, possession, or intelligent control of self.何が真に人格の概念に欠かせないのは、第一に、個々の存在としてのアイデンティティー不定に反対して、他の生き物;と次へ、所持、または自己インテリジェント制御します。 To say that God is personal is to say that He is distinct from the Universe, and that He possesses Himself and His infinite activity, undetermined by any necessity from within or from without.神は個人的なことを言うのである。つまり、彼は宇宙の異なるており、その彼自身と彼の無限の活動保有し、未定をなし、または任意の必要性からです。 This conception is perfectly compatible with that of infinity.この概念は完全に互換性が無限大です。 When the agnostic would forbid us to think of God as personal, and would have us speak of Him as energy, force, etc., he merely substitutes lower and more imperfect conceptions for a higher one, without escaping from what he terms Anthropomorphism, since these concepts too are derived from experience.不可知論ときには先を考えるのを禁じる神としての個人、および問い合わせ話す彼としてはエネルギー、力、等、彼に代わるだけ小さくし、 1つの高い他の不完全な概念を、彼はどのような条件からのエスケープを擬人観、以来あまりにもこれらの概念から派生した経験があります。 Besides, he offers violence to human nature when, as sometimes happens, he asks us to entertain for an impersonal Being, conceived under the mechanical types of force or energy, sentiments of reverence, obedience, and trust.それに、彼は人間の本性に暴力を提供時に、時にはなれば、彼は先の楽しみのためには、人間味のない要求が、構想の下に機械の種類の強制力やエネルギー、感情を畏敬の念、服従させる、と信頼をします。 These sentiments come into play only in the world of persons, and cannot be exercised towards a Being to whom we deny the attributes of personality.これらの感情が関与する人だけの世界では、行使することはできませんが誰に向かって私たちの属性を否定して人格の持ち主です。

Anthropomorphites (Audians) anthropomorphites ( audians )

A sect of Christians that arose in the fourth century in Syria and extended into Scythia, sometimes called Audians, from their founder, Audius.キリスト教の宗派で出た第4世紀にシリアと拡張をスキタイ、 audiansとも呼ばれる、よりその創始者、 audiusです。 Taking the text of Genesis, i, 27, literally, Audius held that God has a human form.創世記のテキストを撮影し、私は、 27日、文字通り、 audius 、人間の形で、神が開かれた。 The error was so gross, and, to use St. Jerome's expression (Epist. vi, Ad Pammachium), so absolutely senseless, that it showed no vitality.このエラーはとてもグロス、および、聖ジェロームの表現を使用する( epist.六、広告の掲載pammachium ) 、確実に無意味なので、それ活力を示していない。 Towards the end of the century it appeared among some bodies of African Christians.世紀末に向かって中いくつかの遺体のことアフリカのキリスト教徒が登場します。 The Fathers who wrote against it dismiss it almost contemptuously. who書いた反対して、父親のほとんどを解雇することcontemptuously 。 In the time of Cyril of Alexandria, there were some anthropomorphites among the Egyptian monks.アレクサンドリアのは、時間のシリル、エジプトの間にはいくつかの修道僧anthropomorphitesです。 He composed a short refutation of their error, which he attributed to extreme ignorance.彼は短い反論の構成エラーが発生、これ彼は極端な無知に起因する。 (Adv. Anthrop. in PG, LXXVI.) Concerning the charges of anthropomorphism preferred against Melito, Tertullian, Origen, and Lactantius, see the respective articles. ( adv. anthrop 。 、 pg 、 76 。 )神人同形の罪でプリファード反対メリート、テルトゥリアヌス、原産地、およびラクタンティウス、それぞれの記事を参照してください。 The error was revived in northern Italy during the tenth century, but was effectually suppressed by the bishops, notably by the learned Ratherius, Bishop of Verona.イタリア北部のエラーが復活した10世紀中に、しかし、効果的に抑制された司教は、特に学んだされたratherius 、司教のヴェローナです。

Publication information Written by James J. Fox.出版物の情報執筆者ジェームズJ.フォックスです。 Transcribed by Bob Elder.ボブエルダー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

ST.セントです。 THOMAS, C. Gent., I, x; III, xxxviii, xxxix; Summa Theol., QQ.トーマス、 c.ゲント。 、私は、 x ;三、 38 、 39 ;総合的研究論文theol 。 、セントQQです。 ii, iv, xiii; WILHELM AND SCANNELL, Manual of Catholic Theology (London, 1890), I, Bk. 2世、 4世、 13 ;ヴィルヘルムとスキャネル氏は、マニュアルのカトリック神学(ロンドン、 1890 ) 、私は、 bk 。 II, Pt. 2世、 pt 。 1; SHANAHAN, John Fiske's Idea of God in Cath. 1 ; shanahan 、ジョンフィスクの考えを神の猫です。 Univ.大します。 Bull., III; MARTINEAU, A Study of Religion (New York, 1888), I, Bk.雄牛。 、三;マーティノーは、宗教の研究(ニューヨーク、 1888 ) 、私は、 bk 。 II, i; FLINT, Theism (New York, 1903), Lect. 2世、私;フリント、有神論(ニューヨーク、 1903 ) 、 lect 。 III; THEODORET, Hist.三; theodoret 、履歴です。 Eccl., IV, ix; VIGOUROUX, in Dict. eccl 。 、 4世、 9世; vigourouxは、 dictのです。 de la Bible, sv; ST.デラ聖書の、 sv文書;セントです。 AUGUSTINE, De divers.アウグスティヌス、デダイバーです。 quaest., Ad Simplicianum, Q. vii;De civ. quaest 。 、広告の掲載simplicianum 、問七;デciv 。 Dei, I, Q. ii.デイ、私は、問2世です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです