The Arising of Jesusイエスキリストの発生

Advanced Information 高度情報

(Book 5, Chapter XVII From Life and Times of Jesus the Messiah (予約5 、第17章人生と時代からの救世主イエスキリスト
by Alfred Edersheim, 1886)アルフレッドedersheimされ、 1886 )

(St. Matt. xxviii. 1-10; St. Mark xvi. 1-11; St. Luke xxiv. 1-12; St. John xx. 1-18; St. Matt. xxviii. 11-15; St. Mark xvi. 12, 13; St. Luke xxiv. 13-35; 1 Cor. xv. 5; St. Mark xvi. 14; St. Luke xxiv. 36-43; St. John xx. 19-25; St. John xx. 26-29; St. Matt. xxviii. 16; St. John xxi. 1-24; St. Matt. xxviii. 17-20; St. Mark xvi.15-28; 1 Cor. xv. 6; St. Luke xxiv. 44-53; St. Mark xvi. 19, 20; Acts i. 3-12.) (聖マットです。 28 。 1-10 ;サンマルコ16 。 1-11 ;聖ルカ24 。 1-12 ;聖ヨハネのXXです。 1-18 ;聖マットです。 28 。 11-15 ;セントマーク16 。 12 、 13 ;聖ルカ24 。 13から35 ; 1コーです。 15 。 5 ;サンマルコ16 。 14 ;聖ルカ24 。 36-43 ;聖ヨハネのXXです。 19-25 ;セントジョンイグゼクスします。 26-29 ;聖マットです。 28 。 16 ;聖ヨハネxxi 。 1-24 ;聖マットです。 28 。 17-20 ;サンマルコxvi.15 - 28 ; 1コーです。 15 。 6 ;聖ルカ24 。 44から53 ;サンマルコ16 。 19日、 20 ;行為i. 3-12 。 )

GREY dawn was streaking the sky, when they who had so lovingly watched Him to His Burying were making their lonely way to the rock-hewn Tomb in the Garden.灰色の空の夜明けはストリーキング、 whoいたときに後生大事に彼を見た彼の埋葬がメーカーに孤独な道を岩を削って造った墓は、庭です。 [1 I must remain uncertain, however important, whether the refers to Saturday evening or early Sunday Morning.] Considerable as are the difficulties of exactly harmonising the details in the various narratives, if, indeed, importance attaches to such attempts, we are thankful to know that any hesitation only attaches to the arrangement of minutes particulars, [2 The reader who is desirous of comparing the different views about these seeming or real small discrepancies is referred to the various Commentaries. [ 1私必要があります。依然として不透明な、しかし重要なのは、土曜日の夕方を参照しているかどうかの早期日曜日の朝です。 ]としては、かなりの困難を正確にharmonisingの詳細は、様々な物語、もし、実際のところ、このような重要性をアタッチしようと、我々は感謝を知っておいてためらい分のみ明細の配置をアタッチして、 [ 2 、読者who望んでいるのは、別の再生回数について比較して、これらの見せかけのか本当の小さな違いは、様々な言及して解説します。 On the strictly orthodox side the most elaborate and learned attempt at conciliation is that by Mr. McClellan (New Test., Harmony of the Four Gospels, pp. 508-538), although his ultimate scheme of arrangement seems to me too composite.] and not to the great facts of the case.厳密には、手の込んだ正統派側では、ほとんどの調停の試みと学んだ氏は、マクレラン(新しいテストします。 、調和の4つの福音書、 pp 。五〇八〜五三八) 、彼の究極のスキームのように私も複合配置します。 ]偉大な事実をしないようにとの場合です。 And even these minute details would, as we shall have occasion to show, be harmonious, if only we knew all the circumstances.さらに、これらの分の詳細は、わたしたちは機会を利用して詳細は、調和のとれたが、私たちを知っていたすべての状況にいる場合のみです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The difference, if such it may be called, in the names of the women, who at early morn went to the Tomb, scarce requires elaborate discussion. It may have been, that there were two parties, starting from different places to meet at the Tomb, and that this also accounts for the slight difference in the details of what they saw and heard at the Grave.その違いは、このように呼ばれることがありますは、女性の名前を、 who朝が早いの墓に、手の込んだ希少な議論が必要です。 ことがありますが、 2つの政党があった、最低料金は、さまざまな場所を満たす墓、としても、若干の違いは、アカウントの詳細と聞いて何が見えたの墓です。 At any rate, the mention of the two Marys and Joanna is supplemented in St. Luke [a St. Luke xxiv.いずれにせよ、この2つのメアリーとジョアンナに言及したのは、聖ルカ補足[聖ルカ24 。 10.] by that of the 'other women with them,' while, if St. John speaks only of Mary Magdalene, [b St. John xx. 10 。 ]をしている'ほかの女性にして、 'ながら、聖ヨハネ話すだけの場合にメアリーモードリン、 B詳細聖ヨハネのXXです。 1.] her report to Peter and John: 'We know not where they have laid Him,' implies, that she had not gone alone to the Tomb. 1 。 ]彼女の報告書をピーターとジョン: '私たちが知らないことをどこに彼の策定、 'が示すように、彼女がいないことだけをgoneの墓です。 It was the first day of the week [3 an expression which exactly answers to the Rabbinic.], according to Jewish reckoning the third day from His Death.それは、最初の曜日[ 3の回答を正確に表現するのラビです。 ] 、ユダヤ人の清算によると、彼の死から3番目の日です。 [1 Friday, Saturday, Sunday.] [ 1金曜日、土曜日、日曜日です。 ]

The narrative leaves the impression that the Sabbath's rest had delayed their visit to the Tomb; but it is at least a curious coincidence that the relatives and friends of the deceased were in the habit of going to the grave up to the third day (when presumably corruption was supposed to begin), so as to make sure that those laid there were really dead.葉の物語の印象は、安息日の残りは彼らの訪問を延期の墓;しかし、少なくともこれは不思議な縁では、親戚や友人に、故人がするのが癖の墓に行くまでの3日目に(おそらく腐敗は、仮定を開始する) 、それらのためにlaidがあったことを確認して本当に死んでいた。 [a Mass. Semach. [ semach Mass 。します。 viii. Ⅷ 。 p. 29 d.] Commenting on this, that Abraham described Mount Moriah on the third day, [b Gen. xxii. 29 d. ]コメントしていないが、マウントモリアは、 『イブラーヒームに記載の3日目に、 B詳細Gen 。とxxii 。 1.] the Rabbis insist on the importance of 'the third day' in various events connected with Israel, and specially speak of it in connection with the resurrection of the dead, referring in proof to Hos. 1 。 ]ラビの重要性を主張する'の3日目に'さまざまなイベントに接続し、イスラエル、および特別に話すことに関連して復活オブザデッド、参照元の証拠をhosです。 vi. Ⅵ 。 2. 2 。 [c Ber. [ C言語BERを計算します。 R. 56, ed, Warsh. r. 56 、エド、 warshです。 p. 102 b, top of page.] In another place, appealing to the same prophetic saying, they infer from Gen. xlii. 102 b 、ページのトップへ。 ]を別の場所、魅力的には同じ予言と述べ、彼らGen 。と42から推測します。 7, that God never leaves the just more than three days in anguish. 7日、その神の絶対残しているのはわずか3日間の苦悩を超える。 [d Ber. 【直BERを計算します。 R. 91.] r. 91 。 ]

In mourning also the third day formed a sort of period, because it was thought that the soul hovered round the body till the third day, when it finally parted from its tabernacle.喪に服しても3日目の並べ替えの期間を結成、それは考えて体の魂をホバリングラウンドまでの3日目に、そのときに最後にpartedの幕屋からです。 [e Moed K. 28 b; Ber. [メールmoed k. 28 b ; BERを計算します。 R. 100.] r. 100 。 ]

Although these things are here mentioned, we need scarcely say that no such thoughts were present with the holy mourners who, in the grey of that Sunday-morning, [2 I cannot believe that St. Matthew xxvii.これらのものはここで言及したように、私たちほとんど言ってやる必要がこのような考えが存在することは絶対にありません会葬者の聖なるwhoは、その灰色の日曜日の朝、 [ 2私と思われることはできませんマタイ27 。 1 refers to a visit of the two Marys on the Saturday evening, nor St. Mark xvi. 1を参照して、 2つのメアリーを訪問し、土曜日の夕方、また聖マルコ16 。 1 to a purchasing at that time of spices.] went to the Tomb. 1して、その時間の香辛料を購入します。 ]行ったの墓です。 Whether or not there were two groups of women who started from different places to meet at the Tomb, the most prominent figure among them was Mary Magdalene [3 The accounts imply, that the women knew nothing of the sealing of the stone and of the guard set over the Tomb. 2つのグループがあったかどうかは女性のさまざまな場所から開始whoは、墓を満たす、このうち、最も顕著な図は、メアリーモードリン[ 3のアカウントを意味する、女性は、何も知りませんでしたので、封止の石とは、警備隊以上の墓に設定します。 This may be held as evidence, that St. Matthew could have not meant that the two Marys had visited the grave on the previous evening (xxviii. 1).この5月に行われた証拠として、その意味がないがマタイは、 2つの墓を訪問し、メアリーはその前の晩に( xxviii. 1 ) 。 In such case they must have seen the guard.このようなケースが見られるのガードしなければならない。 Nor could the women in that case have wondered who roll away the stone for them(,).], as prominent among the pious women as Peter was among the Apostles.また、女性がそのような場合は石が転がって行くではないwho (,).],としてかれらの中の信心深い女性として著名なピーターは間の使徒です。

She seems to have reached the Grave, and, seeing the great stone that had covered its entrance rolled away, hastily judged that the Body of the lord had been removed. 彼女の墓に到達するようにと、大きな石を見てその外観が覆わ圧延away 、あわてて、主のボディと判断したから削除されていた。 Without waiting for further inquiry, she ran back to inform Peter and John of the fact.より詳細な調査を待たずに、彼女は家に走っ省略してピーターとジョンは、実際に通知します。 The Evangelist here explains, that there had been a great earthquake, and that the Angel of the Lord, to human sight as lightning and in brilliant white garment, had rolled back the stone, and sat upon it, when the guard, affrighted by what they heard and saw, and especially by the look and attitude of heavenly power in the Angel, had been seized with mortal faintness.ここで説明するのエバンジェリスト、その大地震があった、とは、天使の主は、人間の光景としての輝かしい雷と白の服、石はロールバックし、すわって、警備隊ときに、どのようなaffrightedさ見た聞いたとし、特に天の外観にするパワーは、天使の態度は、人間の気を失いそうに押収ていた。 Remembering the events connected with the Crucifixion, which had no doubt been talked about among the soldiery, and bearing in mind the impression of such a sight on such minds, we could readily understand the effect on the two sentries who that long night had kept guard over the solitary Tomb.思い出すのイベントに接続してはりつけていた疑いもない話間の軍隊、および軸受を念頭に置いて、そのような印象を与えるような光景に心は、私たちが容易に理解して影響を及ぼす2つのsentries whoその長い夜が保管警備隊孤独な墓のです。

The event itself (we mean: as regards the rolling away of the stone), we suppose to have taken place after the Resurrection of Christ, in the early dawn, while the holy women were on their way to the Tomb.このイベント自体(このことを意味:ザローリング死滅に関しての石) 、私たちの後に行わ仮定にはイエスキリストの復活は、初期の夜明け、女性たちが、神聖な墓道をしています。 The earth-quake cannot have been one in the ordinary sense, but a shaking of the place, when the Lord of Life burst the gates of Hades to re-tenant His Glorified Body, and the lightning-like Angel descended from heaven to roll away the stone.地球-地震の1つにすることはできませんが、通常の意味では、揺れのではなく、場所、ときに人生の主ハデスの門をバーストを再テナント彼の体を讃える、と雷のような天使の子孫から天国に転がって行く石です。 To have left it there, when the Tomb was empty, would have implied what was no longer true.そこには左に、ときの墓が空の場合、何が暗黙のは、もはやtrueです。 But there is a sublime irony in the contrast between man's elaborate precautions and the ease with which the Divine Hand can sweep them aside, and which, as throughout the history of Christ and of His Church, recalls the prophetic declaration: 'He that sitteth in the heavens shall laugh at them.'しかし、皮肉には、崇高なコントラストの間には、男の手の込んだの注意事項とは、神の使いやすさを手にして掃引はさておき、とは、全体としての歴史を、キリストと彼の教会、リコールの予言宣言: '彼はそのsittethで天は笑うします。 '

While the Magdalene hastened, probably by another road, to the abode of Peter and John, the other women also had reached the Tomb, either in one party, or, it may be, in two companies.モードリンが、急い、おそらく別の道路は、ピーターとジョンの住まいを、 他の女性の墓にも達し、 1つの党のいずれか、または、それ年5月に、 2つの企業です。 They had wondered and feared how they could accomplish their pious purpose, for, who would roll away the stone for them?不思議と恐れていたがどのように達成する敬けんな目的のために、 for文、 whoの石が転がって行くのでしょうか? But, as often, the difficulty apprehended no longer existed.しかし、多くの場合、逮捕の難しさ、もはや存在しています。 Perhaps they thought that the now absent Mary Magdalene had obtained help for this.おそらく彼ら欠席する考えは、今すぐこのメアリーモードリンいたのヘルプを取得します。 At any rate, they now entered the vestibule of the Sepulchre.いずれにせよ、 彼らの墓今すぐ前庭入力してください。 Here the appearance of the Angel filled them with fear. But the heavenly Messenger bade them dismiss apprehension; he told them that Christ was not there, nor yet any longer dead, but risen, as indeed, He had foretold in Galilee to His disciples; finally, he bade them hasten with the announcements to the disciples, and with this message, that, as Christ had directed them before, they were to meet Him in Galilee. ここの外観を記入して恐怖の天使です。命じたが、天のメッセンジャーを解任して逮捕;彼はそれらがイエスキリストはないが、もはや死んでもまだありませんが、上昇し、実際のところ、彼は彼の弟子たちを前から予報でガリラヤ;最後に、彼は急いで命じたことをアナウンスして弟子たちは、このメッセージが表示さと、それは、イエスキリストとして指示していた前に、彼らはガリラヤに会うことにします。

It was not only that this connected, so to speak, the wondrous present with the familiar past, and helped them to realise that it was their very Master; nor yet that in the retirement, quiet, and security of Galilee, there would be best opportunity for fullest manifestation, as to the five hundred, and for final conversation and instruction.それはそれだけではなく、この接続すると、これを話すと、驚くほど身近な過去を提示する、およびそれらを実現する助けにしては非常にマスター;もまだありませんして、退職後の、静かな、およびセキュリティのガリラヤ、あるが最善症状の機会を最大限にして500 、および最後の会話と指示します。 But the main reason, and that which explains the otherwise strange, almost exclusive, prominence given at such a moment to the direction to meet Him in Galilee, has already been indicated in a previous chapter.しかし、その主な理由、および他の奇妙なことを説明して、ほぼ独占的、隆起に与えられたような瞬間をガリラヤの方向に会うことで、されて、前の章で示されています。 [1 See this Book, ch. [ 1参照この本は、あなたのです。 xii.] With the scattering of the Eleven in Gethsemane on the night of Christ's betrayal, the Apostolic College was temporarily broken up. 12 。 ]の散乱は、 11日の夜、ゲッセマネのキリストの裏切りに、ローマ教皇の大学が一時的に壊れてアップします。 They continued, indeed, still to meet together as individual disciples, but the bond of the Apostolate was for the moment, dissolved.彼らが続き、実際のところ、まだ個々の弟子として一緒に会うが、債券は、 apostleの職は、現在は、解散します。

And the Apostolic circle was to be reformed, and the Apostolic Commission renewed and enlarged, in Galilee; not, indeed, by its Lake, where only seven of the Eleven seem to have been present, [a St. John xxi.とは、ローマ教皇のサークルに改革される必要、との新たな使徒と拡大委員会は、ガリラヤ;は、実際のところ、その湖、ここでは、セブンイレブンのみが存在するように、 [する聖ヨハネxxi 。 2.] but on the mountain where He had directed them to meet Him. 2 。 ]ですが、ここで彼は監督して山に会うことです。 [b St. Matt. B詳細聖マットです。 xxviii. 28 。 16.] Thus was the end to be like the beginning. 16 。 ]されるための最後には、初めのようにします。 Where He had first called, and directed them for their work, there would He again call them, give fullest directions, and bestow new and amplest powers.ここで彼は最初に呼び出され、かれらが監督の仕事と、彼は再び電話をして、最大限の方向に、新しいamplestパワーズと授ける。 His appearances in Jerusalem were intended to prepare them for all this, to assure them completely and joyously of the fact of His Resurrection, the full teaching of which would be given in Galilee.彼の出演して、エルサレムのすべての準備がこれを目的とし、それらを確保するとjoyouslyという事実を完全に彼の復活は、完全な教育を与えられたのガリラヤとなる。 And when the women, perplexed and scarcely conscious, obeyed the command to go in and examine for themselves the now empty niche in the Tomb, they saw two Angelsと女性のときに、ほとんど意識当惑して、言われたとおりに、コマンドを調べるために行くし、自身が、今すぐ空のニッチ市場での墓は、 2つの天使が見えた。

[1 It may, however, have been that the appearance of the one Angel was to one company of women, that of two Angels to another.], probably as the Magdalene afterwards saw them, one at the head, the other at the feet, where the Body of Jesus had lain. [ 1ことがあります、しかし、外観をしても、 1つの天使の女性に一つの会社には、それの2つの天使たちを別のです。 ] 、おそらくその後モードリンとして見て、 1つの先頭に立って、他のの足元に、ここでイエスキリストがレインのボディです。 They waited no longer, but hastened, without speaking to anyone, to carry to the disciples the tidings of which they could not even yet grasp the full import.もはや彼ら待ったが、急いで講演し、誰でも、弟子の便りを運ぶうちに、彼らはまだありませんできませんでしたさえ把握し、完全にインポートします。 [2 While I would speak very diffidently on the subject, it seems to me as if the Evangelist had compresses the whole of that morning's event into one narrative: 'The Women at the Sepulchre.' [ 2ながら話す私は非常にdiffidentlyで、被写体、私のように圧縮していた場合は、全体の伝道者がその日の朝のイベントを1つの物語: 'の女性たちは、墓です。 ' It is this compression which gives the appearance of more events than really took place, owing to the appearance of being divided into scenes, and the circumstance that the different writers give prominence to different persons or else to different details in what is really one scene.これは、この圧縮を与えるの外観を実際よりも他のイベントが行われ、外観のために分かれてのシーンが、状況は、別の作家の特筆を別の人または別の詳細を他の人には本当に1つのシーンは何です。

Nay, I am disposed, though again with great diffidence, to regard the appearance of Jesus 'to the women' (St. Matt. xxciii, 9) as the same with that to Mary Magdalene, recorded in St. John xx.いや、私は処分し、再び非常に気後れかかわらず、 イエスキリストの外観について'を、女性' (聖マットです。 xxciii 、 9 )と同じことを、メアリーモードリン、聖ヨハネのXXに記録されています。 11-17, and referred to in St. Mark xvi. 11-17 、および参照されてサンマルコ16 。 9, the more so as the words in St. Matt. 9 、より多くのための言葉として、聖マットです。 xxviii. 28 。 9 'as they went to tell His disciples' are spurious, being probably intended for harmonious purposes. 9 'として彼らは彼の弟子を伝える'は、スプリアス、調和のとれた目的のために、おそらく意図しています。 But, while suggesting this view, I would by no means maintain it as one certain to my own mind, although it would simplify details otherwise very intricate.]しかし、この見解を示しながら、私はそれを維持するものではないとして、特定の1つを自分自身の心が、これは他の非常に複雑な内容を簡略化します。 ]

2. 2 。 But whatever unclearness of detail may rest on the narratives of the Synopsis, owing to their great compression, all is distinct when we follow the steps of the Magdalene, as these traced in the Fourth Gospel.しかし、どんなunclearnessの詳細年5月にかかっている形式の物語を、その大きな圧縮のために、すべてがはっきりしたときに私たちは、以下の手順を実行モードリン、第4福音書として、これらのトレースします。 Hastening from the Tomb, she ran to the lodging of Peter and to that of John, the repetition of the preposition 'to' probably marking, that the two occupied different, although perhaps closely adjoining, quarters.急いで墓から、彼女は家に走っをして住まいのピーターとジョンは、繰り返しの前置詞'から'おそらくマーキング、占領下のは、 2つの別のは、おそらく密接に隣接したものの、四半期します。 [c So already Bengel.] Her startling tidings induced them to go at once, 'and they went towards the sepulchre.' [ C言語ので、すでにベンゲル。 ]彼女の驚くべき便りを一度に誘導して行く、 'と彼らは墓に向かっています。 ' 'But they began to run, the two together,' probably so soon as they were outside the town and near 'the Garden.' 'しかし、彼らが始まったを実行する、 2つの一緒に、 ' 、おそらく彼らは外部のですぐに近くの町や'の庭です。 ' John, as the younger, outran Peter.ジョンは、若いとして、 outranピーターです。 [3 It may be regarded as a specimen of what one might designate as the imputation of sinister motives to the Evangelists, when the most 'advanced' negative criticism describes this 'legend' as implying the contest between Jewish and Gentile Christianity (Peter and John) in which the younger gains the race! [ 3標本と見なされることがありますが、どのような1つの帰属のかもしれない不吉な動機として指定して伝道者、ときに、最も'高度な'否定的な批判を説明し、この'伝説'を示唆するコンテストジェンティーレキリスト教とユダヤ人の間に(ピーターとジョン)上昇のレースでは若い!

Similarly, we are informed that the penitent on the Cross is intended to indicate the Gentiles, the impenitent the Jews!同様に、我々は後悔している人は、十字架上のインフォームドコンセントを意図して示してgentiles 、ユダヤ人の改心! But no language can be to strong to repudiate the imputation, that so many parts of the Gospels were intended as covert attacks by certain tendencies in the early Church against others, the Petrine and Jacobine against the Johannine and Pauline directions.] Reaching the Sepulchre, and stooping down, 'he seeth' the linen clothes, but, from his position, not the napkin which lay apart by itself.しかし、どの言語を拒否できるの帰属を強い、そのための多くの部分を福音書が隠密な攻撃を意図した特定の傾向としては、早期の教会に対する他のは、使徒ペテロと使徒ヨハネとポーリンjacobine反対の方向です。 ]の墓に達し、と前かがみになったダウン、 '彼seeth ' 、リネンの服は、しかし、彼の立場からではなく、レイアウトのナプキンを分解されます。 If reverence and awe prevented John from entering the Sepulchre, his impulsive companion, who arrived immediately after him, thought of nothing else than the immediate and full clearing up of the mystery.畏敬の念と畏怖の念を防ぐ場合に入力してからジョン墓、彼の衝動的なコンパニオン、 who到着後すぐに彼は、思想で持ちきりの即時かつ完全なクリアするよりも、謎のままです。

As he entered the sepulchre, he 'steadfastly (intently) beholds' in one place the linen swathes that had bound about His Head.彼は墓として入力して、彼は'断固(一心に)見る'を1つの場所については、リネンのswathesていた彼の頭にバインドします。 There was no sign of haste, but all was orderly, leaving the impression of One Who had leisurely divested Himself of what no longer befitted Him.急いでいる兆候はないが、しかし、すべてが整然と、 1つの印象を残し、 whoはゆっくりと自分自身のdivested適した、もはや彼は何です。 Soon 'the other disciples' followed Peter.すぐに' 、他の弟子の後ピーターです。 The effect of what he saw was, that he now believed in his heart that the Master was risen, for till then they had not yet derived from Holy Scripture the knowledge that He must rise again.彼は何の効果を見たのは、今すぐに彼を信じて彼の心は、マスターが上昇し、まだまで入力していたから派生した神聖な啓典の知識が再び上昇しなければならない。 And this also is most instructive.また、これが最も有益です。 It was not the belief previously derived from Scripture, that the Christ was to rise from the Dead, which led to expectancy of it, but the evidence that He had risen which led them to the knowledge of what Scripture taught on the subject.以前は次のことはないという信念から派生した啓典、は、イエスキリストが死んでからが上昇し、これに期待を主導していたが、上昇を主導していた証拠をして、啓典の知識をどのような教えで、被写体です。

3. 3 。 Yet whatever light had risen in the inmost sanctuary of John's heart, he spake not his thoughts to the Magdalene, whether she had reached the Sepulchre ere the two left it, or met them by the way.まだどんな光が上昇し、ジョンの心の聖域の心の奥に、彼は自分の考えをモードリンspeakの過去形は、彼女に達したかどうかの墓の前に2つの左にするか、またはそれらところで会った。 The two Apostles returned to their home, either feeling that nothing more could be learned at the Tomb, or wait for further teaching and guidance.返される2つの使徒が故郷の、いずれかのような感じが何も他の墓が学んだか、またはより詳細な教育や指導を待つ。 Or it might even have been partly due to a desire not to draw needless attention to the empty Tomb.またはそれさえも部分かもしれないという願望のために不必要な描画に注意をしないように、空の墓がある。 But the love of the Magdalene could not rest satisfied, while doubt hung over the fate of His Sacred Body.しかし、愛は、モードリン残り満足できませんでしたし、彼の運命を疑うハングアップする神聖な体です。 It must be remembered that she knew only of the empty Tomb.彼女は記憶しなければならないことを知っていただけに、空の墓がある。 For a time she gave away the agony of her sorrow; then, as she wiped away her tears, she stopped to take one more look into the Tomb, which she thought empty, when, as she 'intently gazed,' the Tomb seemed no longer empty.を一度に彼女は彼女の悲しみを許したの苦しみ;その後、彼女は彼女の涙を流す消去、彼女の他の停止を持っていくの墓の中をのぞく、とアリスは思いましたが空の場合、ときに、彼女'一心に眼差し、 'の墓のよう長い空です。

At the head and feet, where the Sacred Body had lain, were seated two Angels in white.は、頭と足を、レインは、神聖なボディは、 2つの白衣の天使が座っています。 Their question, so deeply true from their knowledge that Christ had risen: 'Woman, why weepest thou?'彼らの質問ので、その知識をより深く真のイエスキリストが上昇: '女性、 weepestなたはなぜですか? ' seems to have come upon the Magdalene with such overpowering suddenness, that, without being able to realise, perhaps in the semi-gloom who it was that had asked it, she spake, bent only on obtaining the information she sought: 'Because they have taken away my Lord, and I know not [1 When Meyer contends that the plural in St. John xx.モードリンようにするにはこのような圧倒的襲う突然、それは、実現できるようにしているのは、おそらくセミは、薄っすらとwhoことが求めていたこと、彼女speakの過去形、曲げのみの入手方法については情報を求められて彼女: 'ため、彼らは連れ去らわたしの主、と私は知らないが[ 1時マイヤーの主張の複数の聖ヨハネのXXです。 2, 'We know not where they have laid Him,' does not refer to the presence of other women with the Magdalene, but is a general expression for: We, all His followers, have no knowledge of it, he must have overlooked that, when alone, she repeats the same words in ver. 2 、 '私たちが知らないことをどこに彼の策定、 'はありませんが存在するの他の女性を参照して、モードリン、これは一般的な表現:我々は、すべて彼の信奉者、知識がないこと、彼が見落とさ必要があります。 、時だけでも、彼女の単語を繰り返し、同じバージョンです。 13, but markedly uses the singular number: 'I know not.'] where they have laid Him., 13日、しかし、顕著では、単数コード: 'わたしは知らない。 ' ]どこに策定した。 、

So is it often with us, that, weeping, we ask the question of doubt or fear, which, if we only knew, would never risen to out lips; nay, that heaven's own 'Why?'私たちがいることが多いので、それは、涙を流しながら、質問をいただきますようお願いする、またはわれを恐れるの疑いで、もし私たちを知っていただけ、唇は絶対に上昇してアウト;いや、その天国の自身の'なぜですか? ' fails to impress us, even when the Voice of its Messengers would gently recall us from the error of our impatience.問い合わせを感心させるに失敗する場合でも、その使徒たちの声をそっとリコール問い合わせは弊社の焦りからのエラーが発生します。

But already another was to given to the Magdalene.しかし、既に別のはモードリンを与えられる。 As she spake, she became conscious of another Presence close to her. speakの過去形として彼女は、彼女は彼女の意識に近い別の存在です。 Quickly turning round, 'she gazed' on One Whom she recognised not, but regarded as the gardener, from His presence there and from His question: 'Woman, why weepest thou?迅速に転換ラウンド、 '彼女眼差し'を1つの彼女は誰認識ではなく、庭師と見なされ、そこから彼の存在から彼の質問: '女性、 weepestなたはなぜですか? Whom seekest thou?' seekestなたは誰ですか? ' The hope, that she might now learn what she sought, gave wings to her words, intensity and pathos.の希望、その彼女が今すぐ何を学ぶ彼女は求められて、彼女の言葉は、羽を、強さ、情念です。 If the supposed gardener had borne to another place the Sacred Body, she would take It away, if she only knew where It was laid.仮定の場合、庭師は神聖な体の負担を別の場所に、彼女はさあ始めて、もし彼女がそれを知っていたが置かのみです。 This depth and agony of love, which made the Magdalene forget even the restraints of a Jewish woman's intercourse with a stranger, was the key that opened the Lips of Jesus.この愛の深さと苦しみ、これは、モードリンの縛りも忘れては、ユダヤ人の女性の見知らぬ人と交際するのは、イエスキリストの唇にキーをオープンします。 A moment's pause, and He spake her name in those well-remembered accents, that had first unbound her from sevenfold demoniac power and called her into a new life.瞬間の一時停止する、と彼は彼女の名前speakの過去形のアクセントではこれらのよく覚えて、それが彼女の最初の非連結悪魔に取り付かれた人から7倍のパワーと呼ばれる彼女の新しい生活をします。

It was as another unbinding, another call into a new life.それは別のバインドを解除、別の新しい人生を請求します。 She had not known His appearance, just as the others did not know at first, so unlike, and yet so like, was the glorified Body to that which they had known.彼女は自分の外見には分からない、同じように、他のは知らなかった最初は、これとは異なり、とはまだありませんのでように、体には、見せかけていたことが知られている。 But she could not mistake the Voice, especially when It spake to her, and spake her name.しかし、彼女の声間違いできませんでした、特にspeakの過去を彼女のときに、とspeakの過去彼女の名を入力します。 So do we also often fail to recognise the Lord when He comes to us 'in another form' [a St. Mark xvi.だから私たちもよく認識して主に失敗するときになると問い合わせ'を別の形式' [ 、サンマルコ16 。 12.] than we had known. 12 。 ]我々が知られている。 But we cannot fail to recognise Him when He speaks to us and speaks our name.しかし、失敗を認識することはできません彼と話すときは話す私たちを先名を入力します。

Perhaps we may here be allowed to pause, and, from the non recognition of the Risen Lord till He spoke, ask this question: With what body shall we rise?たぶんここにすることがあります一時停止することができるように、との認識から、上昇以外の主まで彼は、依頼この質問:どのような体のわたしたちの上昇ですか? Like or unlike the past?またはとは異なり、過去のようにですか? Assuredly, most like.確かに、ほとんどのようです。 Our bodies will then be true; for the soul will body itself forth according to its past history, not only impress itself, as now on the features, but express itself, so that a man may be known by what he is, and as what he is.私たちの体はその後に真の;は、自分自身の魂が体の記載によると、過去の歴史、自分自身を感心させるだけでなく、今すぐ上の特徴として、しかし、表現自体は、男性5月で知られるようになり、彼は何をし、どのような彼は。 Thus, in this respect also, has the Resurrection a moral aspects, and is the completion of the history of mankind and of each man.したがって、この点でも、道徳的な側面には、復活する、とは、人類の歴史を完了したとそれぞれの男です。 And the Christ also must have borne in His glorified Body all that He was, all that even His most intimate disciples had not known nor understood while He was with them, which they now failed to recognise, but knew at once when He spake to them.イエスキリストと彼の見せかけの負担も必要がありますしていたすべてのボディは、すべて彼の最も親密な弟子でも知られていないことも理解しながら、彼は、今すぐに彼らを認識するに失敗しましたが、彼はspeakの過去を知っていたときに一度にしてです。

It was precisely this which now prompted the action of the Magdalene, prompted also, and explains, the answer of the Lord.それは、まさにこのアクションを今すぐれたら、モードリン、れたら、また、と説明し、その答えは、主です。 As in her name she recognised His Name, the rush of old feeling came over her, and with the familiar 'Rabboni!'彼女の名前のように彼の名前を認識彼女は、彼女のラッシュの古い感じがする、とお馴染みの' rabboni ! ' [1 This may represent the Galilean form of the expression, and, if so, would be all the more evidential.], my Master, she would fain have grasped Him. [ 1ガリラヤ代表して、この5月の表現形式、および、もしそうならば、他のすべての証拠がします。 ] 、私の御主人様、彼女は進んで彼が把握します。 Was it the unconscious impulse to take hold on the precious treasure which she had thought for ever lost; the unconscious attempt to make sure that it was not merely an apparition of Jesus from heaven, but the real Christ in His corporeity on earth; or a gesture of generation, the beginning of such acts of worship as her heart prompted?無意識の衝動に駆られるのは、根を下ろすことを考えていたの貴重な宝をいつまでも失われ;ことを確認して、無意識の試みをすることは、単にイエスキリストから天国の幻影が、実際の地球上でイエスキリストが自分の身体;か、ジェスチャーの世代は、礼拝の初めにこのような行為をされたら、彼女の心ですか? Probably all these; and yet probably she was not at the moment distinctly conscious of either or of any of these feelings.おそらくこれらすべての;とはまだありませんが、おそらく彼女は現時点でははっきりと意識した感情のいずれかのいずれか、またはのです。

But to them all there was one answer, and in it a higher direction, given by the words of the Lord: 'Touch Me not, for I am not yet ascended to the Father.'しかし、それらのすべてを1つの回答があった、との方向性が高いこと、主の言葉を与えられた: 'タッチ私は、私の父をまだ昇っています。 ' Not the Jesus appearing from heaven, for He had not yet ascended to the Father; not the former intercourse, not the former homage and worship.イエスキリストは、天国から表示され、彼の父はまだ昇って;特定の元性交ではなく、旧敬意と崇拝される。 There was yet a future of completion before Him in the Ascension, of which Mary knew not.まだ、将来の完成があったのは彼の昇天する前に、メアリーを知っていたがない。 Between that future of completion and the past of work, the present was a gap, belonging partly to the past and partly to the future.将来の完成との間を編集して項目の作業の後、現在は、ギャップは、部分的に属する部分を編集して項目とトゥザフューチャーです。 The past could not be recalled, the future could not be anticipated.編集して項目をできませんでしたリコールは、将来予想できませんでした。

The present was of reassurance, of consolation, of preparation, of teaching.現在は、安心、敗者復活の準備中、授業のです。 Let the Magdalene go and tell His 'brethren' of the Ascension.モードリン行くと言うて、彼の'兄弟'は、アセンションです。 So would she best and most truly tell them that she had seen Him; so also would they best learn how the Resurrection linked the past of His Work of love for them to the future: 'I ascend unto My Father, and your Father, and to my God, and your God.'これは彼女に知らせるには最高の、最も本当に彼彼女が見られるので、彼らもベストを学ぶリンク編集して項目をどのように自分の仕事に復活への愛をして、将来: '私に登る私の父、わたしは、あなたの父とし、私の神となり、あなたの神です。 ' Thus, the fullest teaching of the past, the clearest manifestation of the present, and the brightest teaching of the future, all as gathered up in the Resurrection, came to the Apostles through the mouth of love of her out of whom He had cast seven devils.このように、最大限の授業を編集して項目を、はっきりと現れ、現在の、および教育の最も明るい将来的には、すべての上での復活を集め、使徒が来て彼女の愛の口を通して彼はアウトキャストの7人悪魔です。

4. 4 。 Yet another scene on that Easter morning does St. Matthew relate, in explanation of how the well-known Jewish Calumny had arisen that the disciples had stolen away the Body of Jesus.復活祭の朝はまだありませんが別のシーンではマタイ関係は、よく知られてどのように説明を中傷ユダヤ人の弟子が生じては、イエスキリストが盗まれた込むボディです。 He tells, how the guard had reported to the chief priests what had happened, and how they had turn had bribed the guard to spread this rumor, at the same time promising that if the fictitious account of their having slept while the disciples robbed the Sepulchre should reach Pilate, they would intercede on their behalf.と彼は言うが、どのように報告していた警備主任司祭何が起こったか、と彼らはどのようには、この買収のうわさを広める警備隊は、それと同時に有望な架空のアカウントにしているときは寝ている間に強盗に入られたの弟子たちの墓pilateに達する、かれらは代わって仲裁している。 Whatever else may be said, we know that from the time of Justin Martyr [a Dial.どんな他の5月によると、私たちの時から知っているのジャスティン殉教者[をダイヤルします。 c. Tryph. tryphです。 xvii.; cviii.] [1 In its coarsest form it is told in the so-called Toldoth Jeshu, which may be seen at the end of Wagenseil's Tela Ignea Satanae.] this has been the Jewish explanation. 17 。 ; cviii 。 ] [ 1 、そのことがcoarsestフォームでは、いわゆるtoldoth jeshu 、これ年5月の終わりに見えるignea satanaeワーゲンザイルの画面が表示されます。 ]ユダヤ説明されています。 [2 So Gratz, and most of the modern writers.] Of late, however, it has, among thoughtful Jewish writers, given place to the so-called 'Vision-hypothesis,' to which full reference has already been made. [ 2のでgratzており、ほとんどの現代作家です。 ]の後半、しかし、それは、ユダヤ人の間で思慮深い作家、与えられた場所を、いわゆる'ビジョン-仮説によれば、 'を完全なリファレンスは、すでにされています。

5. 5 。 It was the early afternoon of that spring-day perhaps soon after the early meal, when two men from that circle of disciples left the City.それは、春の昼下がりに、その日の初めに食事をした後、おそらくすぐに、サークルのときに、その弟子二人の男の左の都市です。 Their narrative affords deeply interesting glimpses into the circle of the Church in those first days.その旨の非常に興味深い物語に誘い込むglimpsesの教会ではこれらの最初の日中です。 The impression conveyed to us is of utter bewilderment, in which only some things stood out unshaken and firm: love to the Person of Jesus; love among the brethren; mutual confidence and fellowship; together with a dim hope of something yet to come, if not Christ in His Kingdom, yet some manifestation of, or approach to it.先に伝えられるという印象が全く困惑して、いくつかの点だけでは不動の立っていたとする会社:愛を、イエスキリストの人;愛間の兄弟;相互信頼とフェローシップ;と一緒にほのかな希望を抱いて何かはまだありませんに来る、もしイエスキリストは彼の王国は、まだいくつかの症状であるか、またはアプローチをしてください。 The Apostolic College seems broken up into units; even the two chief Apostles, Peter and John, are only 'certain of them that were with us.'ローマ教皇の大学のように分割さの単位;さえ、 2つのチーフ使徒、ピーターとジョンは、にのみ' 、特定の人が私たちとします。 And no wonder; for they are no longer 'Apostles', sent out.それもそのはず、かれらは、もはや'使徒' 、送信される。 Who is to send them forth? whoは、それらを送信する記載ですか? Not a dead Christ!イエスキリストは死んだ!

And what would be their commission, and to whom and whither?その委員会とは何でしょう、と、誰とどこですか? And above all rested a cloud of utter uncertainty and perplexity.上記のすべての休息と雲の全くの不確実性とまごついていることです。 Jesus was a Prophet mighty in word and deed before God and all the people.イエスキリストは、偉大な預言者の言葉と行動する前に、神とのすべての人々です。 But their rulers had crucified Him.しかし、彼の支配者は十字架です。 What was to be their new relation to Jesus; what to their rulers?何が彼らの新しい関係をされるイエスキリスト;支配して何ですか? And what of the great hope of the Kingdom, which they had connected with Him?とはどうなのか、大きな夢を与えてくれる王国で接続していた彼ですか?

Thus they were unclear on that very Easter Day even as to His Mission and Work: unclear as to the past, the present, and the future.こうして彼らは非常に不鮮明にしても復活祭の日に自分の使命と仕事:編集して項目を不透明だとして、現在、および将来のです。 What need for the Resurrection, and for the teaching which the Risen One alone could bring!どのような必要性の復活、および1つの授業だけでは、上昇がもたらす! These two men had on that very day been in communication with Peter and John.これらの2つの男性が上でのコミュニケーションがまさにその日にもピーターとジョンです。 And it leaves on us the impression, that, amidst the general confusion, all had brought such tidings as they, or had come to hear them, and had tried but failed, to put it all into order or to see light around it.我々の印象を与えることの葉と、それは、全般の混乱の中、このような知らせていたとして彼らのすべて、またはそれらを聞いて来た、と試みたが、失敗しましたが、すべてをオーダーを置くことを光の周りを見たりします。 'The women' had come to tell of the empty Tomb and of their vision of Angels, who said that He was alive. 'の女性'を伝えるのが来て、空の墓と天使たちのビジョン、 whoによると、彼は生きている。 But as yet the Apostles had no explanation to offer.しかし、まだありませんの使徒を提供する説明はない。 Peter and John had gone to see for themselves.ピーターとジョンが行ってしまうと動作を確認するためだ。

They had brought back confirmation of the report that the Tomb was empty, but they had seen neither Angels nor Him Whom they were said to have declared alive.彼らは帰されるの確認の報告書は、墓が空の場合、どちらの天使たちが見ていた誰も彼には宣言によると彼らは生きている。 And, although the two had evidently left the circle of the disciples, if not Jerusalem, before the Magdalene came, yet we know that even her account did not carry conviction to the minds of those that heard it, [a St. Mark xvi.と、明らかに左には、二人の弟子たちの輪を、エルサレムていない場合は、モードリンの前に来た時、彼女のアカウントはまだありません私たちも知っているの有罪判決をしなかったの心を運ぶものを聞いた時、 [ 、サンマルコ16 。 11.] 11 。 ]

Of the two, who on that early spring afternoon left the City in company, we know that one bore the name of Cleopas.の2つ、 who早期春の日の午後、その左の市内の会社として、わが社の名前を知っている1つの穴cleopasです。 [1 This may be either a form of Alphaeus, or of Cleopatros.] The other, unnamed, has for that very reason, and because the narrative of that work bears in its vividness the character of personal recollection, been identified with St. Luke himself. [ 1形式のいずれかをれる可能性がありますalphaeus 、あるいはcleopatros 。 ] 、他のは、無名の、非常には、その理由として動作するため、物語のクマは、その個人的な思い出のキャラクターを生き生きとしている、とされ聖ルカ自分自身です。 If so, then, as has been finely remarked, [2 By Godet.] each of the Gospels would, like a picture, bear in some dim corner the indication of its author: the first, that of the 'publican;' that by St. Mark, that of the young man, who, in the night of the Betrayal, had fled from his captors; that of St. Luke in the Companion of Cleopas; and that of St. John, in the disciple whom Jesus loved.もしそうならば、その後、細かくされとしては、 [ 2さゴデです。 ]それぞれの福音書は、画像のように、いくつかの薄暗い角の兆候クマの著者:第一、それは、 '居酒屋の主人; 'ことによってサンマルコ、それは、若い男、 whoは、裏切りの夜、彼の人質が逃げたから;には、コンパニオンの聖ルカcleopas ;とその聖ヨハネは、イエスキリストの弟子誰愛しています。 Uncertainty, almost equal to that about the second traveller to Emmaus, rests on the identification of that place.不確実性は、ほぼ等しいことについては、 2つ目の旅行者をエマオ、その場所の同定に依拠しています。

[3 Not less than four localities have been identified with Emmaus. [ 3未満のない4つの自治体が確認されてEmmausのです。 But some preliminary difficulties must be cleared.しかし、いくつかの予備的な困難をクリアしなければならない。 The name Emmaus is spelt in different ways in the Talmud (comp. Neubauer, Geogr. d. Talm. p. 100, Note 3).スペルトエマオの名前はさまざまな方法では、タルムード( comp. neubauer 、 geogrします。 d. talm 。 p. 100 、注3 ) 。 Josephus (War iv. 1. 3; Ant. xviii. 2. 3) explains the meaning of the name as 'warm baths,' or thermal springs.ヨセフス(戦争Ⅳ 。 1 。 3 ; Antのです。 18 。 。 2 。 3 )の名前としての意味を説明して'暖かい浴場、 'または温泉です。 We will not complicate the question by discussing the derivation of Emmaus.問題を複雑にすることはできないの導出を議論してEmmausのです。 In another place (War vii. 6. 6) Josephus speaks of Vespasian having settled in an Emmaus, sixty furlongs from Jerusalem, a colony of soldiers.別の場所(戦争Ⅶ 。 6 。 6 )ヨセフスvespasian話すのは、エマオに定住、 60 furlongsよりjerusalem 、植民地の兵士のです。

There can be little doubt that the Emmaus of St. Luke and that of Josephus are identical.疑いの余地はほとんどエマオのは、聖ルカとヨセフスは同じです。 Lastly, we read in Mishnah (Sukk. iv. 5) of a Motsa whence they fetched the willow branches with which the altar was decorated at the Feast of Tabernacles, and the Talmud explains this Moza as Kolonieh, which again is identified by Christian writers with Vespasian's colony of Roman soldiers (Caspari, Chronol Geogr. Einl. p. 207; Quart. Rep. of the Pal Explor. Fund, July 1881, p. 237 [not without some slight inaccuracies]).最後に、私たち続きを読むミシュナー( sukk. Ⅳ 。 5 )は、そこから彼らmotsa柳の枝を取得するには、祭壇の装飾は、ごちそうをtabernacles 、と説明し、このmozaタルムードkoloniehとして、これを再度は、キリスト教の作家で識別さvespasianの植民地にローマの兵士が(カスパーリ、順新しいgeogr 。 einl 。 p. 207 ;クオートします。 explor議員は、 PAL方式です。基金は、 1881年7月、 p. 237 [ないわけではいくつかのわずかな不正確な] ) 。 But an examination of the passage in the Mishnah must lead us to dismiss this part of the theory.しかし、審査の通過には、私たちを解雇する必要があります。ミシュナーのこの部分の理論です。 No one could imagine that the worshippers would walk sixty stadia (seven or eight miles) for willow branches to decorate the altar, while the Mishnah, besides, describes this Moza as below, or south of Jerusalem, whereas the modern Kolonieh (which is identified with the Colonia of Josephus) is northwest of Jerusalem.誰も想像して、参拝は徒歩60スタジア( 7または八マイル) 、祭壇の柳の枝を飾るが、ミシュナー、それに、この説明は以下の通りですmozaか、または南のエルサレムで、現代kolonieh (これは発見ヨセフスのコロニアの)は、エルサレムの北西です。

No doubt, the Talmud, knowing that there was an Emmaus which was 'Colonia,' blunderingly identified with it the Moza of the willow branches.間違いないは、タルムード、エマオを知ることがあったが、 'コロニア、 ' mozaうっかりして識別できることが柳の枝のです。 This, however, it seems lawful to infer from it, that the Emmaus of Josephus bore popularly the name of Kolonieh.これは、しかし、それは合法的に推測することは、通俗的には、エマオの穴の名前をkoloniehヨセフスです。 We can now examine the four proposed identifications of Emmaus.私たちの4つの提案を検討できるようになりました。 Emmausの身分証明書のです。 The oldest and the youngest of these may be briefly dismissed.最年少で最も古いと、これらの5月に簡単に棄却された。 The most common, perhaps the earliest identification, was with the ancient Nicopolis, the modern Amwas, which in Rabbinic writings also bears the name of Emmaus (Neubauer, us).最もよく、おそらく、最古の身分証明書は、古代のnicopolisは、近代的amwas 、これもクマのラビの名前を記述エマオ( neubauer 、問い合わせ) 。 But this is impossible, as Nicopolis is twenty miles from Jerusalem.しかし、これは不可能である、として二〇マイルnicopolisはエルサレムからです。 The latest proposed identification is that with Urtas, to the south of Bethlehem (Mrs. Finn, Quart. Rep. of Pal. Exlor. Fund, Jan. 1883, p. 53).身分証明書の最新の提案は、おurtas 、ベツレヘムの南に(ミセスフィン、クオートします。ナラ党のPAL方式です。 exlor 。基金は、 1883年1月、 p. 53 ) 。

It is impossible here to enter into the various reasons urged by the talented and accomplished proposer of this identification.ここに入るようにすることは不可能様々な理由の才能があると達成されるよう求めた提案は、次の身分証明書です。 Suffice it, in refutation, to note, that, admittedly, there were no natural hot-baths,' or thermal springs, here, only 'artificial Roman baths,' such as, no doubt, in many other places, and that 'this Emmaus was Emmaus only at the particular period when they (St. Luke and Josephus) were writing' (usp 62).十分には、反論、に注意する、それは、確かに、自然のホットがない浴場、 'または熱スプリングス、ここでは、唯一の'人工ローマンバス、 'などとして、間違いなく、他の多くの場所、およびその'このEmmausのエマオは、特定の期間だけでかれら(聖ルカとヨセフス)が書き込み' ( USPの62 ) 。 There now only remain two localities, the modern Kolonieh and Kubeibeh, for the strange proposed identification by Lieut.今すぐにのみ残る2つの自治体は、近代的koloniehとkubeibeh 、中尉は、奇妙な提案同定されています。 Conder in the Quarterly Rep. of the Pal.コンダーは、四半期議員は、 PAL方式です。 Explor. explor 。 Fund, Oct. 1876 (pp. 172-175) seems now abandoned even by its author.基金は、 1876年10月( pp.一七二から一七五)の著者でさえ放棄するようです。

Kolonieh would, of course, represent the Colonia of Josephus, according to the Talmud = Emmaus. koloniehは、もちろん、コロニアを代表してヨセフスによると、タルムード=エマオです。 But this is only 45 furlongs from Jerusalem.しかし、これはわずか45 furlongsよりjerusalem 。 But at the head of the same valley, in the Wady Buwai, and at a distance of about three miles north, is Kubeibeh, the Emmaus of the Crusaders, just sixty furlongs from Jerusalem.しかし、同じ谷の頭は、 wady buwai 、との距離を約3マイル北には、 kubeibehは、エマオの十字軍、エルサレムからわずか60 furlongsです。 Between these places is Beit Mizza, or Hammoza, which I regard as the real Emmaus.これらの場所はベイトの間mizzaか、またはhammoza 、それについての本当のエマオです。 It would be nearly 55 or 'about 60 furlongs' (St. Luke), sufficiently near to Kolonieh (Colonia) to account for the name, since the 'colony' would extend up the valley, and sufficiently near to Kubeibeh to account for the tradition.ことがほぼ55または'約60 furlongs ' (聖ルカ) 、十分に近くにkolonieh (コロニア)の名前を説明するために、以来、 '植民地'は、バレーを延長する、と十分に近くにkubeibehを説明するために、伝統です。 The Palestine Exploration Fund has now apparently fixed on Kubeibeh as the site (see Q. Report, July, 1881, p. 237, and their NT map.] But such great probability attaches, if not to the exact spot, yet to the locality, or rather the valley, that we may in imagination follow the two companies on their road.パレスチナ探査基金は今すぐサイトとして明らかに固定されkubeibeh (問報告書、 7月、 1881 、 p. 237 、およびそれらのNTのマップです。 ]しかし、そのような大きな確率アタッチし、そうでない場合は、正確なスポットには、まだありませんが、局所か、またはどちらかといえば谷、それを想像することがありますして道路次の2つの企業です。

We have leave the City by the Western Gate.私たちは、市の中心部までの西側ゲートのままです。 A rapid progress for about twenty-five minutes, and we have reached the edge of the plateau.急速な進展を約25分、と私たちは、台地の端に達しています。 The blood-strained City, and the cloud-and-gloom-capped trying-place of the followers of Jesus, are behind us; and with every step forward and upward the air seems fresher and freer, as if we felt in it the scent of mountains, or even the far-off breezes of the sea.血液中に歪んだ市との雲をかぶったグルーム-の代わりにしようとイエスキリストの信者は、背後に問い合わせ、および、一歩一歩進むと上方修正するよう新鮮な空気と自由、まるで私たちの香りが感じられる山か、またはさえ、はるか遠くの海のそよ風のです。 Other twenty-five or thirty minutes, perhaps a little more, passing here and there country-houses, and we pause to look back, now on the wide prospect far as Bethlehem.他の25または30分、おそらく、もう少し、渡すこことそこの国の家は、一時停止を振り返ってみると私たちは、今すぐにベツレヘムまでの幅広い見通しです。 Again we pursue our way.再び私たちの道を追求します。 We are now getting beyond the dreary, rocky region, and are entering on a valley.我々は今すぐ就学許可証のわびしい超えて、岩の多い地域は、谷が入る。 To our right is the pleasant spot that marks the ancient Nephtoah, [a Josh.権利を私たちは、古代の快適なスポットがマルクnephtoah 、 [ 、ジョシュです。 xv.] on the border of Judah, now occupied by the village of Lifta. 15 。 ]ユダの国境付近には、今すぐ占領された村のliftaです。

A short quarter of an hour more, and we have left the well-paved Roman road and are heading up a lovely valley.もっと短い時間の4分の1になり、私たちはよく左の舗装道路とローマンするには、見出しの美しい谷です。 The path gently climbs in a north-westerly direction, with the height on which Emmaus stands prominently before us.緩やかに登っでのパスで、北が西に向かって、スタンドの高さEmmausの上で目立つようにする前に問い合わせください。 About equidistant are, on the right Lifta, on the left Kolonieh.約等距離には、上の右lifta 、上の左にkoloniehです。 The roads from these two, describing almost a semicircle (the one to the north-west, the other to the north-east), meet about a quarter of a mile to the south of Emmaus (Hammoza, Beit Mizza).これらの2つの道路から、記述のほぼ半円(北西の1つを、他の北東部にして) 、会うの約4分の1マイルの南にエマオ( hammoza 、ベイトmizza ) 。 What an oasis this in a region of hills!これをどのようなオアシス、リージョンのヒルズ! Among the course of the stream, which babbles down, and low in the valley is crossed by a bridge, are scented orange-and lemon-gardens, olive-groves, luscious fruit trees, pleasant enclosures, shady nooks, bright dwellings, and on the height lovely Emmaus.間のコースは、ストリームで、これbabblesダウンして、低温での谷が交差された橋は、オレンジやレモンの香りの庭園、オリーブの林、甘美な果物の木、快適な筐体、日陰のnooks 、明るい住居、および美しいエマオの高さです。

A sweet spot to which to wander on that spring afternoon; [1 Even to this day seems a favourite resort of the inhabitants of Jerusalem for an afternoon (comp. Conder's Tent-Work in Palestine, i. pp. 25-27).] a most suitable place where to meet such companionship, and to find such teaching, as on that Easter Day.スウィートスポットをする上で春の日の午後をさまよい; [ 1日にも、このようにエルサレムの住人たちが好きなリゾートは、午後( comp.コンダーのテントので働くパレスチナ、 i. pp 。 25-27 ) 。 ]に最も適した場所を満たすような交友し、このような教育を見つけると、その復活祭の日です。

It may have been where the two roads from Lifta and Kolonieh meet, that the mysterious Stranger, Whom they knew not, their eyes being 'holden,' joined the two friends.ことがありますが道路からは、 2つのkolonieh満たすliftaと、その神秘的なよそ者が、彼らを知っていたが、彼らの目が'ホールデン、 '参加して2つの友達とします。 Yet all these six or seven miles [2 60 furlongs about = 7 1/2 miles.] their converse had been of Him, and even now their flushed faces bore the marks of sadness [3 I cannot persuade myself that the right reading of the close of ver.まだすべてのこれらの6つまたは七マイル[ 2 60 furlongs約= 7 1 / 2マイルです。 ]のコンバースていた彼は、今すぐにフラッシュ、さらにはマルクの顔がうんざりする悲しみ[ 3私は、自分自身を説得することはできません右側の読書は、閉じるのバージョンです。 17 (St. Luke xxiv.) can be 'And they stood still, looking sad.' 17日(聖ルカ24です。 )が'と彼らの静止を探す悲しいです。 ' Every reader will mark this as an incongruous, jejune break-up in the vivid narrative, quite unlike the rest.すべてのリーダーとしては、マークこのちぐはぐな、幼稚な休憩- upは鮮やかな物語は、かなりとは異なり、残りのです。 We can understand the question as in our AV, but scarcely the standing-still and looking sad on the question as in the RV] on account of those events of which they had been speaking, disappointed hopes, all the more bitter for the perplexing tidings about the empty Tomb and the absent Body of the Christ.私たちは私たちのように質問を理解してAVだけでなく、しかし、ほとんどの静止状態と外見を悲しい上の問題のように、右心室]をアカウントにこれらのイベントていたに言えば、失望の期待は、すべての他の苦味を当惑させる便りについては、空の墓とは、キリストの体の不在です。

So is Christ often near to us when our eyes are holden, and we know Him not; and so do ignorance and unbelief often fill our hearts with sadness, even when truest joy would most become us.これは、イエスキリストの近くに頻繁に問い合わせホールデンときに私たちの目は、知っていると私たちは、無知と不信仰しばしばだから私たちの心を満たす悲しみも、問い合わせになるときに本当の喜びがほとんどです。 To the question of the Stranger about the topics of a conversation which had so visibly affected them, [4 Without this last clause we could hardly understand how a stranger would accost them, ask the subject of their conversation.] they replied in language which shows that they were so absorbed by it themselves, as scarcely to understand how even a festive pilgrim and stranger in Jerusalem could have failed to know it, or perceive its supreme importance.という質問に、見知らぬ人については、会話のトピックを参照して影響を受ける目に見えていたので、 [ 4なしこの最後の節私たちがどのように見知らぬ人がaccostほとんど理解し、その会話の話題を要求します。 ]かれらは言ったの言語を示すしていたので吸収されること自体、ほとんどとしてもお祭りする方法を理解し、エルサレムの巡礼者と見知らぬ人が失敗したことを知ってか、またはその最高の重要性を認識します。 Yet, strangely unsympathetic as from His question He might seem, there was that in His Appearance which unlocked their inmost hearts.しかし、不思議な思いやりがないように見えるかもしれないから彼の質問彼は、彼の姿があったにしてその心の奥に心のロックが解除されます。

They told Him their thoughts about this Jesus; how He had showed Himself a prophet mighty in deed and word before God and all the people; [5 Meyer's rendering of in ver.彼らは彼に言われた自分の考えについては、このイエスキリスト;する方法を示していた偉大な預言者自身の行為や言葉を前に、神とのすべての人々 ; [ 5マイヤーのバージョンのレンダリングをしています。 19 as implying: se praestitit, se proebuit, is more correct than the 'which was' of both the AV and RV] then, how their rules had crucified Him; and, lastly, how fresh perplexity had come to them from the tidings which the women had brought, and which Peter and John had so far confirmed, but were unable to explain. 19として示唆: se praestitit 、 se proebuitは、正しいことよりももっと'が'の両方のAVや右心室]次に、どのように彼のルールが十字架;と、最後に、どのように新鮮な当惑してから、便りが来たが女性ていたし、どのピーターとジョンはこれまでのところ確認、しかしを説明することができませんでした。 Their words were almost childlike in their simplicity, deeply truthful, and with a pathos and earnest craving for guidance and comfort that goes straight to the heart.彼らの言葉はほとんどが子供のようなシンプルで、深く真実を打つと、情念と真剣な指導と快適さへの渇望がストレートを心臓にします。

To such souls it was, that the Risen Saviour would give His first teaching.魂をこのようなことは、救い主を与える上昇は、彼の最初の授業です。 The very rebuke with which He opened it must have brought its comfort.これは非常に非難を持ってきた彼はその快適度にオープンする必要があります。 We also, in our weakness, are sometimes sore distrest when we hear what, at the moment, seem to us insuperable difficulties raised to any of the great of our holy faith; and, in perhaps equal weakness, feel comforted and strengthened, when some 'great one' turns them aside, or avows himself in face of them a believing disciple of Christ.また、我々の弱点は、私たちは時々痛みを聞くときにどのようなdistrest 、現時点では、困難を克服できないように先に引き上げられたときのいずれかの素晴らしい弊社の聖なる信仰;と、おそらく同等の脱力感、癒される感じと強化され、ときにいくつかの'大きな1つの'ターンしてはさておき、または自分自身に直面しavowsかれらにキリストの弟子と信じています。 As if man's puny height could reach up to heaven's mysteries, or any big infant's strength were needed to steady the building which God has reared on that great Cornerstone!まるで弱々しい男の天国の高さが最大の謎に達するか、または任意の大きな乳児の強さが必要に応じて、建物を着実に育てられたが、神が、その大きな礎石! But Christ's rebuke was not of such kind.しかし、キリストのような非難はないようです。

Their sorrow arose from their folly in looking only at the things seen, and this, from their slowness to believe what the prophets had spoken.その愚かさから、悲しみが生じたlookingだけで見られるものとは、彼らの遅さを信じる者は、預言者は何が話さです。 Had they attended to this, instead of allowing it all.彼らが出席して、すべての代わりにできるようにします。 Did not the Scriptures with one voice teach this twofold truth about the Messiah, that He was to suffer and to enter into His glory? 1つは、聖書は、この二重の真実の声を教えるについては、メシア、それに苦しむと彼は彼の栄光に入るようにですか? Then why wonder, why not rather expect, that He had suffered, and that Angels had proclaimed Him alive again?ワンダー入力し、なぜ、なぜ特定むしろ期待は、被害していたし、彼は天使たちが生きて再び宣言ですか?

He spake it, and fresh hope sprang up in their hearts, new thoughts rose in their minds.彼はspeakの過去と、新鮮な希望springの過去形で、かれらの心を、新しい思考ローズインなものです。 Their eager gaze was fastened on Him as He now opened up, one by one, the Scriptures, from Moses and all the prophets, and in each well-remembered passage interpreted to them the things concerning Himself.彼の熱心な視線は、しっかりと固定さ彼は今すぐにオープンするとして、 1つずつ、 、聖書は、より、ムーサーとのすべての預言者、および各ウェル-記憶の通路に関する解釈して自分自身のことです。 Oh, that we had been there to hear, though in silence of our hearts also, if only we crave for it, and if we walk with Him, He sometimes so opens from the Scriptures, nay, from all the Scriptures, that which comes not to us by critical study: 'the things concerning Himself.'ああ、そうだと私たちを聞いていたが、私たちの心にもかかわらず、沈黙した場合のみを渇望する私たちには、歩くとすれば、彼ときにはあまりにもポップアップから、聖書は、いや、すべての経典から、それについてくる問い合わせをしないように批判的な研究: '自分自身に関するものです。 ' All too quickly fled the moments.あまりにも速く逃げたのすべての瞬間です。 The brief space was traversed, and the Stranger seemed about to pass on from Emmaus, not the feigning it, but really: for, the Christ will only abide with us if our longing and loving constrain Him.簡単なスペースが通過すると、上から見知らぬ人に渡すようエマオについては、特定のふりをして、実際に:ために、イエスキリストに従うだけでは我々のあこがれと愛情のこもった制約問い合わせていた。 But they could not part with Him.しかし、彼に別れを告げる彼らできませんでした。

'They constrained Him.'かれらは彼に拘束さです。 ' Love made them ingenious.独創的な愛はかれらです。 It was toward evening; the day was far spent; He must even abide with them.それは夕闇迫るころ;の日は、はるか使用済み;彼を順守する必要があります。さえします。 What rush of thought and feeling comes to us, as we think of it all, and try to realise time, scenes, circumstances in our experience, that are blessedly akin to it.どのような殺到したが、思考や感情を問い合わせ、すべての考えることとして私たちは、時間を実現して、風景、状況は我々の経験、それが幸いにも私のことにしよう。

The Master allowed Himself to be constrained.自分自身に制約されるのマスター可です。 He went in to be their guest, as they thought, for the night.彼はそのユーザーにして、彼らは、夜のです。 The simple evening-meal was spread.簡単な食事が広がり、夕方にします。 He sat down with them to the frugal board.彼と腰を据えてして、質素な委員会です。 And now He was no longer the Stranger; He was the Master.そして今、彼は、もはや見知らぬ人;彼は、マスターです。 No one asked, or questioned, as He took the bread and spake the words of blessing, then, breaking, gave it to them. 1つの質問ないか、または事情聴取、 speakの過去形として、彼はパンと祝福の言葉を、その後、破壊、はそれをかれらにします。

But that moment it was, as if an unfelt Hand had been taken from their eyelids, as if suddenly the film had been cleared from their sight.しかし、その瞬間にそれは、手として感じられない場合は、そのまぶたがとられているから、まるで突然、映画ていたよりクリアに見えてきた。 And as they knew Him, He vanished from their view, for, that which He had come to do had been done.そして、彼らが知っていた彼は、彼が消えたからその対象は、 、それがこれを行うに来ていた彼は完了です。 They were unspeakably rich and happy now.彼らは想像を絶する豊かで幸せな今すぐです。 But, amidst it all, one thing forced itself ever anew upon them, that, even while their eyes had yet been holden, their hearts had burned within them, while He spake to them and opened to them the Scriptures.しかし、すべての中に、一つのことを余儀なくあらためてまでかれら自身、それも、彼らの目はまだホールデン、かれらの心にやけどをしていたし、彼はspeakの過去形にし、オープンして、聖書は。 So, then, they had learned to full the Resurrection-lesson, not only that He was risen indeed, but that it needed not His seen Bodily Presence, if only He opened up to the heart and mind all the Scriptures concerning Himself.そこで、次に、彼らは完全復活の教訓を学んだだけでなく、実際に上昇していたが、その必要はないと見られる彼の身体のプレゼンスは、彼の場合にのみ心と心を開放して自分自身のすべての経典に関するします。

And this, concerning those other words about 'holding' and 'touching' Him, about having converse and fellowship with Him as the Risen One, had been also the lesson taught the Magdalene, when He would not suffer her loving, worshipful touch, pointing her to the Ascension before Him.とは、言い換えればこれらの問題についての持ち株'と'感動'彼は、彼と交わりを持つ会社がコンバースと1つの上昇、また、レッスンを教えていたのモードリン、彼女の愛に苦しむときに彼はない、高名のタッチ、ポインティング彼女の前にして昇天した。 This is the great lesson concerning the Risen One, which the Church fully learned in the Day of Pentecost.これは1つの偉大な教訓の上昇、教会は、聖霊降臨祭の日に完全に学んでいます。

6. 6 。 That same afternoon, in circumstances and manner to us unknown, the Lord had appeared to Peter.その同じ日午後、未知の状況や方法については、主にピーターが登場します。 [a 1 Cor. [ 1コーです。 xv. 15 。 5.] We may perhaps suggest, that it was after His manifestation at Emmaus. 5 。 ]を提案することがありますたぶん、それは彼の症状をした後Emmausのです。 This would complete the cycle of mercy: first, to the loving sorrow of the woman; next, to the loving perplexity of the disciples; then, to the anxious heart of the stricken Peter, last, in the circle of the Apostles, which was again drawing together around the assured fact of His Resurrection.これはサイクルを完了して慈悲:第一に、悲しみを愛する女性;次に、まごついていることを愛するの弟子;入力し、不安を中心部に打ちひしがれたピーターは、最終更新は、使徒の輪を、これは、再び図面一緒に彼の復活策の確実な事実です。

7. 7 。 These two in Emmaus could not have kept the good tidings to themselves.これらの2つのEmmausの吉報を伝えできませんでしたが保管してからだ。 Even if they had not remembered the sorrow and perplexity in which they had left their fellow-disciples in Jerusalem that forenoon, they could not have kept it to themselves, could not have remained in Emmaus, but must have gone to their brethren in the City.記憶していなかった場合でも悲しみと当惑していた左ではその仲間の弟子昼前、エルサレムに、彼ら自身それを保存できませんでしたが、 Emmausのが残ってできませんでしたが、その兄弟を行っている必要があります市です。 So they left the uneaten meal, and hastened back the road they had travelled with the now well-known Stranger, but, ah, with what lighter hearts and steps!左食べずに食事をするように、と急い先頭の道を旅する彼らはよく知られて見知らぬ人は、しかし、ああ、ライターの心とどのような手順を実行!

They knew well the trysting-place where to find 'the Twelve', nay, not the Twelve now, but 'the Eleven', and even thus their circle was not complete, for, as already stated, it was broken up, and at least Thomas was not with the others on that Easter-Evening of the first 'Lord's Day.'よく知っていた-彼らの会合場所を見つけるのは、 12 ' 、いや、特定は、 12今すぐ、しかし、 ' 、 11 ' 、とこのようにサークルはないにも完了すると、は、前述のとおり、それは壊れた、と最低トーマスはないが、他の上に復活祭-の夜には、最初の'主の日です。 ' But, as St. Luke is careful to inform us, [b St. Luke xxiv.しかし、注意して連絡聖ルカは、 B詳細聖ルカ24 。 33.] with the others who then associated with them. 33 。 ]と入力し、他のwhoが関連付けられている。 This is of extreme importance, as marking that the words which the Risen Christ spake on that occasion were addressed not to the Apostles as such, a thought forbidden also by the absence of Thomas, but to the Church, although it may be as personified and represented by such of the 'Twelve,' or rather 'Eleven,' as were present on the occasion.これは非常に重要なものとしてマーキングされた単語がspeakの過去形では、イエスキリストが上昇しないように対処する機会がこのような使徒としては、思考の欠如を禁止されてもトーマスではなく、教会、権化のような人とすることがありますように表されるような、 ' 12 、 'というかむしろ' 11 、 'としてはこの機会に存在しています。

When the two from Emmaus arrived, they found the little band as sheep sheltering within the fold from the storm.到着したときに2つのエマオから、彼らが見つかりましたバンドとしての小さな羊の嵐からの避難を省略します。 Whether they apprehended persecution simply as disciples, or because the tidings of the empty Tomb, which had reached the authorities, would stir the fears of the Sanhedrists, special precautions had been taken.単に迫害を逮捕弟子かどうか、または、空の墓の便りため、当局に達していた、との懸念をかき混ぜるsanhedrists 、特別な予防策がとられている。 The outer and inner doors were shut, alike to conceal their gathering and to prevent surprise.シャットの外側と内側のドアが、同じことを隠すのを防ぐの収集や驚きです。 But those assembled were now sure of at least one thing.しかし、それらの組み立てが今すぐ確信して、少なくとも1つのことです。 Christ was risen.イエスキリストが上昇します。 And when they from Emmaus told their wondrous story, the others could antiphonally reply by relating how He had appeared, not only to the Magdalene, but also to Peter.かれらはその不思議な物語からエマオは、他の人たちがどのように関連antiphonally返信されていた項目をモードリンだけでなく、だけでなく、ピーターです。 And still they seem not yet to have understood His Resurrection; to have regarded it as rather an Ascension to Heaven, from which He had made manifestation, that as the reappearance of His real, though glorified Corporeity.とまだ理解されているように見えますには、まだ彼の復活;にはというと考えて天国に昇天を、彼は症状から、それは彼の本当の再現が、身体を讃える。

They were sitting at meat [a St. Mark xvi.彼らは座って肉[ 、サンマルコ16 。 14.] if we may infer from the notice of St. Mark, and from what happened immediately afterwards, discussing, not without considerable doubt and misgiving, the real import of these appearances of Christ. 14 。 ]場合に通知することがありますサンマルクから推測し、その後すぐに何が起こったから、議論は、かなりの疑問がないわけではと不安な気持ちでは、これらの出演キリストの真のインポートします。 That to the Magdalene seems to have been put aside, at least, it is not mentioned, and, even in regard to the others, they seem to have been considered, at any rate by some, rather as what we might call spectral appearances.モードリンをすることが棚上げにするようにも、少なくとも、それではない言及したように、と、これと関連し、他のも、彼らにはされているように見える、いつレートをいくつか、むしろ私たちかもしれないコールスペクトルとして出演します。 But all at once He stood in the midst of them.しかし、すべてを一度に彼の真っただ中に立っている。 The common salutation, on His Lips not common, but a reality, fell on their hearts at first with terror rather than joy.共通のご挨拶は、彼の唇は共通のではなく、現実には、下落して最初に恐怖心ではなく、喜びです。

They had spoken of spectral appearances, and now they believed they were 'gazing' on 'a spirit.'彼らは話さのスペクトルに出演し、今すぐと考えられていた'を見に行くの' on 'の精神に基づいています。 ' This the Saviour first, and once for all, corrected, by the exhibition of the glorified marks of His Sacred Wounds, and by bidding them handle Him to convince themselves, that His was a real Body, and what they saw not a disembodied spirit.この救い主第一に、すべてを一度、修正された展示会は、彼の神聖な傷を讃えるマークし、ハンドルを入札して彼を説得すること、それは、本当の自分の体、およびどのような特定の亡霊が見えた。 [1 I cannot understand why Canon Cook ('Speaker's Commentary' ad loc.) regards St. Luke xxiv. [ 1キヤノンクックはなぜ私を理解することはできません( '話者の解説'の広告て下さい。 )聖ルカ24点です。 39 as belonging 'to the appearance on the octave of the Resurrection.' 39に属する'からの外観上のオクターブの復活します。 It appears to me, on the contrary, to be strictly parallel to St. John xx.それを私が表示されたら、逆に、厳密に平行にされる聖ヨハネのXXです。 20.] 20 。 ]

The unbelief of doubt now gave place to the not daring to believe all that it meant, for very gladness, and for wondering whether there could now be any longer fellowship or bond between this Risen Christ and them in their bodies.不信仰の疑念は、今すぐの場所を特定してすべての大胆な意味を信じ、非常に喜び、およびかどうかがありそうな奨学金や債券することがもはや、キリストとの間に、この上昇して自分の体です。 It was to remove this also, which, though from another aspect, was equally unbelief, that the Saviour now partook before them of their supper of broiled fish, [2 The words 'and honeycomb' seem spurious.] thus holding with them true human fellowship as of old.を削除するにはそれはまた、これが、もう一つの側面から、不信仰は、同様に、今すぐpartakeの救世主は、かれらの前に夕食の焼き魚、 [ 2の言葉'とハチの巣のように見えるスプリアスです。 ]このように人間の真の持ち株をしてフェローシップ昔のようにします。 [3 Such seems to me the meaning of His eating; any attempt at explaining, we willingly forego in our ignorance of the conditions of a glorified body, just as we refuse to discuss the manner in which He suddenly appeared in the room while the doors were shut. [ 3このような彼のように私の意味を食べる;いかなる試みを説明し、私たちは私たちの無知さを喜んでフォアゴーを讃える体の条件を、私たちと同じような態度を拒否するのでは議論が掲載されて、彼は突然部屋のドアが、がシャットします。 But I at least cannot believe, that His body was then in a 'transition state,' not perfected not quite glorified till His Ascension.しかし、私、少なくとも信じることはできない、その彼の遺体はその後、 '遷移状態、 'は完成までまだ彼の昇天を讃える。

It was this lesson of His continuity, in the strictest sense, with the past, which was required in order that the Church might be, so to speak, reconstituted now in the Name, Power, and Spirit of the Risen One Who had lived and died.彼のことは、このレッスンの継続性は、最も厳しい感覚で、編集して項目を、これは、教会が必要かもしれないために、いわば、今すぐ再構成の名前を、低消費電力、および1つの精神をwhoの上昇に住んでいた死亡しています。 Once more He spake the 'Peace be unto you!' speakの過去一度他の彼の'平和になたがたに! ' and now it was to them not occasion of doubt or fear, but the well-known salvation of their old Lord and Master.とすることは、疑いを契機にしていない、またはわれを恐れる、しかし、よく知られて救いの古主とマスターします。 It was followed by the re-gathering and constituting of the Church as that of Jesus Christ, the Risen One.それに続いては、収集、および再構成し、イエスキリスト教会としては、 1つの上昇です。 The Church of the Risen One was to be the Ambassador of Christ, as He had been the Delegate of the Father. 1つの教会の上昇は、キリストの大使を、代理人としての彼の父ていた。 'The Apostles were [say rather, 'the Church was'] commissioned to carry on Christ's work, and not to begin a new one.' ' 、使徒が[言ってやるではなく、 ' 、教会は' ]委託を運ぶイエスキリストの仕事をし、新たな1つの特定を開始します。

[1 Wescott.] 'As the Father has sent Me [in the past, for His Mission was completed], even so send [2 The words in the two clauses are different in regard to the sending of Christ and in regard to the Church No doubt, there must be deeper meaning in this distinction, yet both are used alike of Christ and of the disciples. [ 1 wescottです。 ] 'としての父が送ってくれた[を編集して項目は、彼の任務が完了] 、たとえそうであって送信する[ 2の言葉は、 2つの条項が異なるこれと関連し、これと関連して送信してキリスト教会間違いなく、より深い意味が存在しなければなりませんこの区別は、まだありませんの両方が使用され、キリストの弟子似ています。 It may be as Cremer seems to hint (Bibl. Theol. Lex. of the NT p. 529) that, from which 'apostle' and 'apostolate' are derived, refers to a mission with a definite commission, or rather for a definite purpose, while is sending in a general sense.クレーマーれることがありますようにヒントとして( bibl. theol 。法律です。は、 NTのp. 529 )は、よりどの'使徒'と' apostleの職'は派生した、明確な任務を参照して委員会、というよりは、明確な目的のために、送信中には一般的な意味します。 See the learned and ingenious Note of Canon Westcott (Comm. on St. John, p. 298).] I you [in the constant, present, till His coming again].'詳細については、キヤノンの注意事項を学んだと独創的なウェストコット( comm.上聖ヨハネ、 p. 298 ) 。 ]を[は、定数、現在、彼の来るまで再び] 。 ' This marks the threefold relation of the Church to the Son, to the Father, and to the world, and her position in it.このマークの3倍の関係を教会の息子に、父、および世界の、と彼女の位置にしてください。

In the same manner, for the same purpose, nay, so far as possible, with the same qualification and the same authority as the Father had sent Christ, does He commission His Church.で、同じ流儀では、同じ目的のために、いや、これまでのところ可能な限り、同じ資格と同じ権限を送ったイエスキリストの父として、彼は彼の教会委員会です。 And so it was that He made it a very real commission when He breathed on them, not individually but as an assembly, and said: 'Take ye the Holy Ghost;' and this, manifestly not in the absolute sense, since the Holy Ghost was not yet given, [4 This alone would suffice to show what misinterpretation is sometimes made, by friend and foe, of the use of these words in the English Ordinal.] but as the connecting link with, and the qualification for, the authority bestowed on the Church.とは、彼はので、これは非常にリアル委員会のときに彼は息にして、特定個別しかし、アセンブリ、およびよると: '取るなたがたは聖霊; 'とは、明らかにしていない絶対的な意味で、以来、聖霊はまだ与えられた場合、 [ 4これだけを表示するどのような誤解があれば十分だが時に行われると、敵と味方され、これらの単語を使用する英語の順序です。 ]しかし、リンクを接続する、とのための資格て、その権威教会を授与します。

Or, to set forth another aspect of it by somewhat inverting the order of the words: Alike the Mission of the Church and her authority to forgive or retain sins are connected with a personal qualification: 'Take ye the Holy Ghost;', in which the word 'take' should also be marked.または、別の側面を定めることによって多少の言葉の順序を反転:似の使命は、教会と彼女の権限を許すか、保持の罪に接続する個人の資格: '取るなたがたは聖霊; ' 、ではという言葉'から'にもスパムです。 This is the authority which the Church possesses, not ex opere operato, but as not connected with the taking and the indwelling of the Holy Ghost in the Church.これは、保有する権限は、教会ではなく、元opere operatoではなく、特定の留置に接続しての撮影と聖霊は、教会のです。

It still remains to explain, so far as we can, these two points: in what this power of forgiving and retaining sins consists, and in what manner it resides in the Church.を説明することは依然として、これまでのところ、私たちは、これらの2つのポイント:このパワーを、どのよう擁寛容にして罪を構成し、どのようにそれは、教会が置かれています。 In regard to the former we must first inquire what idea it would convey to those to whom Christ spake the words.これと関連し、旧しなければならない最初のお問い合わせは何を考えている人に伝えることがイエスキリストの言葉speakの過去形です。 It has already been explained, [a Book iii.それは既に説明した、 [本Ⅲ 。 ch.あなたのです。 xxxvii.] that the power of 'loosing' and 'binding' referred to the legislative authority claimed by, and conceded to, the Rabbinic College. 37 。 ]は、電力の' loosing 'と'結合'言及して立法権が領有権を主張し、譲歩を、大学のラビです。 Similarly, as previously stated, that here referred to applied to their juridical or judicial power, according to which they pronounced a person either, 'Zakkai,' innocent or 'free'; 'absolved,' 'Patur'; or else 'liable,' 'guilty,' 'Chayyabh' (whether liable to punishment or sacrifice.)同様に、以前は次の記載として、それについての言及を適用して法人や司法権によると、彼らと発音する人のどちらかを、 ' zakkai 、 '無実または'自由' ; '免除、 ' ' patur ' ;または他の'責任、 ' '有罪、 ' ' chayyabh ' (かどうかを犠牲に処罰や責任を負いません。 )

In the true sense, therefore, this is rather administrative, disciplinary power, 'the power of the keys', such as St. Paul would have had the Corinthian Church put in force, the power of admission and exclusion, of the authoritative declaration of the forgiveness of sins, in the exercise of which power (as it seems to the present writer) the authority for the administration of the Holy Sacraments is also involved.での真の意味では、したがって、これはむしろ行政、懲戒電力、 'の力を利用しキー'など、聖パウロは、コリント式の教会が強制的には、入場料や除外のパワーを、権限を宣言罪の赦しを、これは、権力の行使(作家として、現在のように)の権限の運用のための聖なる秘跡にも関わっています。 And yet it is not, as is sometimes represented, 'absolution from sin,' which belongs only to God and to Christ as Head of the Church, but absolution of the sinner, which He has delegated to His Church: 'Whosoever sins ye forgive, they are forgiven.'とはまだありませんではない、時には表現には、 '罪の赦しより罪、 'に属するだけに、神と頭をキリスト教会として、罪の赦し、罪人しかし、これに委任する彼は彼の教会: '誰でも、なたがたの罪を許す、彼らは許さします。 These words also teach us, that the Rabbis claimed in virtue of their office, that the Lord bestowed on His Church in virtue of her receiving, and of the indwelling of, the Holy Ghost.これらの言葉も教えてくれる、と主張してラビにオフィスでの美徳は、主に授与さは、彼の教会で彼女の美徳を受信し、留置のが、聖霊のです。

In answering the second question proposed, we must bear in mind one important point. 2番目の質問に答える提案、しなければならない負担を念頭に置いて1つの重要なポイントです。 The power of 'binding' and 'loosing' had been primarily committed to the Apostles, [b St. Matt.のパワーを'結合'と' loosing '主にコミットしていた使徒、 B詳細聖マットです。 xvi. 16 。 19; xviii. 19 ; 18 。 18.] and exercised by them in connection with the Church. 18 。 ]との接続を行使して教会をします。 [c Acts xv. [ C言語行為15 。 22, 23.] On the other hand, that of forgiving and retaining sins, in the sense explained, was primarily bestowed on the Church, and exercised by her through her representatives, the Apostles, and those to whom they committed rule. 22日、 23日です。 ]その一方で、その罪を擁寛容にして、という意味の説明、教会は主に授与する、と彼女を通じて彼女の代表行使し、その使徒、と所有者がルールにコミットします。 [d 1 Cor. [夕1コーです。 v. 4, 5, 12, 13; 2 Cor. v. 4 、 5 、 12 、 13 ; 2コーです。 ii. Ⅱ 。 6, 10.] Although, therefore, the Lord on that night committed this power to His Church, it was in the person of her representatives and rulers. 6 、 10 。 ]ものの、したがって、その夜、主にこのパワーをコミット彼の教会、それは彼女の代表者と支配の人です。 The Apostles alone could exercise legislative function, [1 The decrees of the first Councils should be regarded not as legislative, but either as disciplinary, or else as explanatory of Apostolic teaching and legislation.] but the Church, has to the end of time 'the power of the keys.'使徒立法機能を行使するだけでは、 [ 1の政令の最初の立法評議会として特定すべきであると考え、しかし、のいずれかとして懲戒するか、さもなく使徒としての教育や立法説明します。 ]しかし、教会の最後の時間に'キーの力を利用しています。 '

8. 8 。 There had been absent from the circle of disciples on that Easter-Evening one of the Apostles, Thomas.欠席があったから、その弟子たちの輪を復活祭-夜のいずれかの使徒、トーマスです。 Even when told of the marvelous events at that gathering, he refused to believe, unless he had personal and sensuous evidence of the truth of the report.素晴らしいイベントにも伝えられるときに、その集まり、彼を拒否して信じしない限り、彼は個人的かつ感覚的な報告書が真実であることの証拠です。 It can scarcely have been, that Thomas did not believe in the fact that Christ's Body had quitted the Tomb, or that He had really appeared.ほとんどことができますが、そのトーマスしなかったという事実を信じていたイエスキリストの体のquittedの墓か、または本当に出演していた。 But he held fast by what we may term the Vision-hypothesis, or, in this case, rather the spectral theory.しかし、彼は高速で開かれた用語のビジョンどのようなことがあります-仮説か、または、この場合には、かなりのスペクトルの理論です。 But until this Apostle also had come to conviction of the Resurrection in the only real sense, of the identical though glorified Corporeity of the Lord, and hence of the continuity of the past with the present and future, it was impossible to re-form the Apostolic Circle, or to renew the Apostolic commission, since its primal message was testimony concerning the Risen One.しかし、この使徒まで来ても信念の復活は、唯一の真の意味では、同じかかわらず、身体の主を讃える、およびそれゆえに、編集して項目の連続性の現状と将来、それは不可能を再形成してローマ教皇のサークルか、または使徒を更新する委員会の証言以来、プライマルの上昇は、 1つのメッセージが表示されます。

This, if we may so suggest, seems the reason why the Apostles still remain in Jerusalem, instead of hastening, a directed, to meet the Master in Galilee.この場合提案することがありますので、その理由はなぜ、エルサレムの使徒も残って、急いではなく、監督、ガリラヤを満たすためにマスターしています。

A quiet week had passed, during which, and this also may be for our twofold learning, the Apostles excluded not Thomas, [1 It must, however, be remembered that Thomas did not deny that Christ was risen, except as in the peculiar sense of the Resurrection.静かな1週間が経過する中で、この二重の学習も5月に、私たちは、使徒除外トーマスは、 [ 1する必要があります、しかし、トーマスに忘れては、上昇しなかったイエスキリストを否定すること、のように、独特のセンスを除いての復活です。 Had he denied the other, he would scarcely have continued in the company of the Apostles.] nor yet Thomas withdrew from the Apostles.彼は他に否定して、彼はその会社のほとんどが続いて、使徒です。 ]使徒からの撤退もトーマスはまだありません。 Once more the day of days had come, the Octave of the Feast.日中の他の日に一度が来たのは、オクターブをごちそうになる。 From that Easter-Day onwards the Church must, even without special institution, have celebrated the weekly-recurring memorial of His Resurrection, as that when He breathed on the Church the breath of anew life, and consecrated it to be His Representative.復活祭の日以降からの教会をしなければ、特別な機関がなく、有名な週刊-定期的な記念碑が彼の復活、その時彼は息をあらためてブレスオブライフ教会と聖体拝領それは彼の代表です。 Thus, it was not only the memorial of His Resurrection, but the birthday of the Church, even as Pentecost was her baptism day.したがって、それは彼の復活だけでなく、記念碑が、教会の誕生日を、彼女の洗礼も聖霊降臨がわかります。

On that Octave, then, the disciples were again gathered, under circumstances precisely similar to those of Easter, but now Thomas was also with them.オクターブ上で、その後、弟子たちが再び集め、状況を正確されて復活祭に似ているが、今もトーマスとします。 Once more, and it is again specially marked: 'the doors being shut' [2 Significantly, the expression 'for fear of the Jews' no longer occurs.一度の他、特別なことが再びスパム: 'の扉がシャット' [ 2大幅に、という表現'を見るのを恐れ、ユダヤ人'は発生しなくなりました。 That apprehension had for the present passed away.], the Risen Saviour appeared in the midst of the disciples with the well-known salutation.そのため、現在の不安がこの世を去った。 ] 、救い主の上昇が掲載されて弟子の真っただ中によく知られてあいさつをします。 He now offered to Thomas the demanded evidence; but it was no longer either needed or sought.彼は今すぐ証拠を提供するよう要求トーマス;しかし、それは、もはや必要に応じていずれか、または求められている。 With a full rush of feeling he yielded himself to the blessed conviction, which once formed, must immediately have passed into act of adoration: 'My Lord and my God!'ラッシュの感情をフルに屈した自分自身を神の祝福を彼の有罪判決を一度形成され、すぐに渡される必要があります。行為の礼拝: 'わたしの主、私の神よ! ' The fullest confession this hitherto made, and which truly embraced the whole outcome of the new conviction concerning the reality of Christ Resurrection.この従来の最大限の自白をし、どの真に全体の結果を受け入れ、新しい信念に関するキリストの復活のが現実です。 We remember how, under similar circumstances, Nathaniel had been the first to utter fullest confession.私たち覚えてどのように、同じような状況の下、ナサニエルていた全くの最大限の最初の自白をします。 [a St. John i. [聖ヨハネi. 45-51.] 45-51 。 ]

We also remember the analogous reply of the Saviour.また、類似の返信は、救い主覚えている。 As then, so now, He pointed to the higher: to a faith which was not the outcome of sight, and therefore limited and bounded by sight, whether of the sense or of perception by the intellect.として入力し、したがって、今、彼は指摘して高い:信仰しての結果をどの光景はない、と限られており、そのために囲まれた光景、という意味かどうかの知性や知覚される。 As one has finely remarked: 'This last and greatest of the Beatitudes is the peculiar heritage of the later Church' [1 Canon Westcott.], and thus most aptly comes as the consecration gift of that Church. 1つは、細かくとしては: 'この最後の、最大のは、奇妙な遺産のbeatitudes 、後の教会' [ 1キヤノンウェストコットです。 ] 、およびこのように自分をささげる贈り物として最も適切には、その教会です。

9. 9 。 The next scene presented to us is once again by the Lake of Galilee.問い合わせは、次のシーンを再び提示されたガリラヤ湖です。 The manifestation to Thomas, and, with it, the restoration of unity in the Apostolic Circle, had originally concluded the Gospel of St. John.トーマスの症状を、そして、それは、団結の回復は、ローマ教皇のサークル、結論は当初の聖ヨハネの福音です。 [a St. John xx. [聖ヨハネのXXです。 30, 31.] But the report which had spread in the early Church, that Disciple whom Jesus loved was not to die, led him to add to his Gospel, by way of Appendix, and account of the events with which this expectancy and connected itself. 30日、 31日です。 ]ていたが、報告書の早期普及は、教会、イエスキリストが弟子愛さはない人を死なせ、主導彼をカートに彼の福音書、付録の方法、およびアカウントは、イベントには、この期待と接続自分自身です。 It is most instructive to the critic, when challenged at every step to explain why one or another fact is not mentioned or mentioned only in one Gospel, to find that, but for the correction of a possible misapprehension in regard to the aged Apostle, the Fourth Gospel would have contained no reference to the manifestation of Christ in Galilee, nay, to the presence of the disciples there before the Ascension.最も有益な批評をすることは、障害時に一歩ごとに1つまたは別の理由を説明する事実ではない言及に記載または1つだけで、ゴスペル、を見つけることが、誤解を補正する可能性が高齢者の使徒に関しては、第4福音書への参照が含まれていませんがガリラヤイエスキリストの現れ、いや、弟子の存在をして昇天の前にある。

Yet, for all that St. John had it in his mind.しかし、結局のところは聖ヨハネいたことが彼の心です。 And should we not learn from this, that what appear to us strange omissions, which, when held by the side of the other Gospel-narratives, seem to involve discrepancies, may be capable of the most satisfactory explanation, if we only knew all the circumstance?とは、私たちは学ぶものから、それはそれをどのように表示さ問い合わせ奇妙な欠落、これは、開かれた側面を見るときに、他の福音書-物語は、関与の違いように、 5月で最も納得のいく説明をすることができること、もし私たちを知っていただけのすべての状況ですか?

The history itself sparkles like a gem in its own peculiar setting.光輝粒子の歴史そのもので、独自の奇妙な宝石のように設定します。 It is of green Galilee, and of the blue Lake, and recalls the early days and scenes of this history.これは緑のガリラヤ、とするには、青色湖、およびリコール、初期の頃とのシーンは、次の履歴です。 As St. Matthew has it, [b ST.マタイとしては、 B詳細セントです。 Matt.マットです。 xxviii. 28 。 16.] 'the eleven disciples went away into Galilee', probably immediately after that Octava of the Easter. 16 。 ] ' 、 11人の弟子には去っていきましたガリラヤ' 、おそらくoctavaの直後に、復活祭のことです。 [2 The account of St. Luke (xxiv. 44-48) is a condensed narrative, without distinction of time or place, of what occurred during all the forty days.] [ 2のアカウントの聖ルカ( xxiv. 44-48 )は、凝縮物語は、時間や場所の差別もなしに、 40日間のすべての中で何が起こっています。 ]

It can scarcely be doubted, that they made known not only the fact of the Resurrection, but the trysting which the Risen One had given them, perhaps at that Mountain where He had spoken His first 'Sermon.'ほとんど疑っことができますが、それだけでなく、彼らは既知の復活したという事実を、 1つの上昇が、会合は、与えられたことは、おそらくその山のどこ話さ彼は彼の最初の'説教します。 And so it was, that 'some doubted,' [c St. Matt.このように、その'いくつかの疑問を、 ' [ C言語聖マットです。 xxviii. 28 。 17.] and that He afterwards appeared to the five hundred at once. 17 。 ]とその後に登場して彼を一度に500です。 [d 1 Cor. [夕1コーです。 xv 6.] But on that morning there were by the Lake of Tiberias only seven of the disciples. 15 6 。 ]しかし、上がその日の朝があったのは、わずか7ティベリアス湖の弟子です。 Five of them only are named. 5人の名前のみです。 They are those who most closely kept in company with Him, perhaps also they who lived nearest the Lake.彼らはこれらの会社who最も密接に保存されて彼は、おそらく彼らwho住んでも最寄の湖。

The scene is introduced by Peter's proposal to go a-fishing.そのシーンが導入されたピーターの提案を釣りに行く。 It seems as if the old habits had come back to them with the old associations.ているよう場合は、昔からの習慣が戻ってきておくと、旧組合をします。 Peter's companions naturally proposed to join him.ピーターの仲間に参加を提案し、当然だ。 [3 The word 'immediately' in St. John xxi. [ 3という言葉'すぐに'で聖ヨハネxxi 。 3 is spurious.] All that still, clear night they were on the Lake, but caught nothing. 3は、スプリアスです。 ]すべてのこととはいえ、晴れた夜の湖を読んでいたが、摘発はない。 Did not this recall to them for former event, when James and John, and Peter and Andrew were called to be Apostles, and did it not specially recall to Peter the searching and sounding of his heart on the morning that followed?このリコールはしなかったして元イベントでは、ときにジェームズとジョンと、ピーターとされるアンドリューが使徒と呼ばれる、とは特別なことはピーターのリコールを検索して彼の心臓の音の後の朝ですか? [a St. Luke v. 1. [聖ルカv. 1 。 11.] But so utterly self-unconscious were they, and, let us add, so far is this history from any trace of legendary design, [1 Yet St. John must have been acquainted with this narrative, recorded as it is by all three Synoptists.] that not the slightest indication of this appears. 11 。 ]しかし、無意識のための自己全くかれら、および、ご連絡の追加、これまでのところはこの履歴から任意のトレースの伝説的デザイン、 [ 1まだありません聖ヨハネ精通している必要がありますが、この物語は、すべてのことが記録され3つのsynoptists 。 ]いるわけではないおくびには、次のが表示されます。

Early morning was breaking, and under the rosy glow above the cool shadows were still lying on the pebbly 'beach.'早朝は、破壊し、螢光の下にバラ色の上にあるの上に寝そべって涼しい影はまだつぶつぶ'ビーチです。 ' There stood the Figure of One Whom they recognised not, nay, not even when He spake. 1つの図に立っていた相手を認識しない、いや、彼はspeakの過去形すらときです。 Yet His Words were intended to bring them this knowledge.彼の言葉はまだありませんが、かれらをこの知識を目的としています。 The direction to cast the net to the right side of the ship brought them, as He had said, the haul for which they had toiled all night in vain. NETを使用するの方向にキャストして、船の右側に持って、彼の言ったことは、 toiledていたのを見ればすべての部屋には至りませんでした。 And more than this: such a multitude of fishes, enough for 'the disciple whom Jesus loved,' and whose heart may previously have misgiven him.これ以上:そのような多数の魚、十分な'誰イエスキリストの弟子愛し、 'と、その心臓がありますが、以前は次のmisgivenていた。 He whispered it to Peter: 'It is the Lord, 'and Simon, only reverently gathering about him his fisher's upper garment, [2 This notice also seems specially indicative that the narrator is himself from the Lake of Galilee.] cast himself into the sea.彼はそれをささやいたピーター: 'これは、主よ、 'とサイモンは、彼にのみうやうやしくフィッシャーの収集については上部の衣服、 [ 2この通告もよう特別に説法は、語り手のは自分自身のガリラヤ湖からです。 ]自分自身を鋳造海です。

Yet even so, except to be sooner by the side of Christ, Peter seems to have gained nothing by his haste.まだありませんたとえそうであって、早ければ早いを除いてはイエスキリストの横に、ピーターように彼は急いで何も得ています。 The others, leaving the ship, and transferring themselves to a small boat, which must have been attached to it followed, rowing the short distance of about one hundred yards, [3 About 200 cubits.] and dragging after them the net, weighted with the fishes.その他、残し、船、および転送して、小さなボートは、添付されたものでなければならないことに続き、ボートの短い距離の約一〇 〇ヤード、 [ 3約200腕尺のです。 ]とドラッグして、ネットした後、加重に魚です。

They stepped on the beach, hallowed by His Presence, in silence, as if they had entered Church or Temple.彼らを踏んで、ビーチ、神聖な彼の存在は、黙って、もしかれらが教会やお寺を入力します。 They dared not even dispose of the netful of fishes which they had dragged on shore, until He directed them what to do.処分する勇気もない彼らの魚網一杯にドラッグしていた海岸、監督してまで、彼は何をするかです。 This only they notice, that some unseen hand had prepared the morning meal, which, when asked by the Master, they had admitted they had not of their own.この通知にのみ彼らは、そのいくつか目に見えない手は朝の食事を準備して、これは、マスターに質問されたとき、彼らは認めていたのは自分のです。 And now Jesus directed them to bring the fish they had caught.そして今イエスキリスト指示して摘発させる魚ていた。 When Peter dragged up the weight net, it was found full of great fishes, not less than a hundred and fifty-three in number.ピータードラッグする際の重量純、それが発見さいっぱいの大きな魚ではなく、 100未満と53の番号です。 There is no need to attach any symbolic import to that number, as the Fathers and later writers have done.任意に添付する必要はない象徴してインポート番号、およびそれ以降の作家として、父親のは完了です。 We can quite understand, nay, it seems almost natural, that, in the peculiar circumstances, they should have counted the large fishes in that miraculous draught that still left the net unbroken.私たちは非常に理解し、いや、それはほとんど自然、それは、特異な状況下で、彼らの大きな魚は、その奇跡のカウントがまだ残っ喫水の純連綿と続く。

[1 Canon Westcott gives, from St. Augustine, the points of difference between this and the miraculous draught of fishes on the former occasion (St. Luke v.). [ 1キヤノンウェストコットにより、より聖アウグスティヌスは、これとの相違点の魚の奇跡のドラフトで、旧行事(聖ルカ動)です。 These are very interesting.これらのは非常に興味深いものです。 Fathers about the symbolic meaning of the number 153.] It may have been, that they were told to count the fishes, partly, also, to show the reality of what had taken place.父親については、象徴的な意味の数153 。 ]ことがありますが、していた魚をカウントするには、部分的、また、現実を表示するには何が行われています。 But on the fire the coals there seems to have been only one fish, and beside it only one bread.しかし、石炭をくべるのも1つだけあるように魚、パンや横にある1つだけです。 [2 This seems implied in the absence of the article in St. John xxi. [ 2暗黙のは、このよう欠如するには、聖ヨハネxxi 。 9.] To this meal He now bade them, for they seem still to have hung back in reverent awe, nor durst they ask him, Who He was, well knowing it was the Lord. 9 。 ]を命じた彼は今、この食事をして、ハングしているように見えますまだ戻って敬けんな畏怖の念には、かれらは言う彼もダースト、 who彼は、よく知ってそれは、主です。 This, as St. John notes, was the third appearance of Christ to the disciples as a body.これは、聖ヨハネノートとしては、 3番目の外観は、イエスキリストの弟子として身体をします。 [3 St. John could not have meant His third appearance in general, since himself had recorded three previous manifestations.] [ 3聖ヨハネ意味彼の3度目の外観ができませんでした一般的には、自分自身が記録して以来3つの前の症状を呈している。 ]

10. 10 。 And still this morning of blessing was not ended.まだこの朝の祝福はないが終了しました。 The frugal meal was past, with all its significant teaching of just sufficient provision for His servants, and abundant supply in the unbroken net beside them.過去の質素な食事は、すべての重要な教育の提供だけでなく、十分な彼の使用人、および豊富な供給され、切れ目のないネットの横にします。 But some special teaching was needed, more even than that to Thomas, for him whose work was to be so prominent among the Apostles, whose love was so ardent, and yet in its very ardour so full of danger to himself.しかし、いくつかの特別な教育は、必要に応じて、他にトーマスに比べても、彼の作品は著名な間の使徒にして、その愛はとても熱心な、とはまだありませんが、非常に危険を自分自身はardourいっぱいです。 For, our dangers spring not only from deficiency, but it may be from excess of feeling, when that feeling is not commensurate with inward strength.で、私たちだけでなく、春から欠損症の危険性が、感情を超えるかもしれないから、相応の際に、それを対日感情の強さではない。

Had Peter not confessed, quite honestly, yet, as the event proved, mistakenly, that his love to Christ would endure even an ordeal that would disperse all the others?ピーターは自白したが、はっきり言って、まだ、イベントの証明として、誤って、その彼の愛をイエスキリストは試練に耐えるも、それは他のすべての分散ですか? [a St. Matt. [ 、聖マットです。 xxvi. 26 。 33; St. John xiii. 33 ;聖ヨハネ13世です。 37.] And had he not, almost immediately afterwards, and though prophetically warned of it, thrice denied his Lord? 37 。 ]と彼は、ほぼすぐその後、と警告した。かかわらず予言的には、三度拒否されました彼の主ですか? Jesus had, indeed, since then appeared specially to Peter as the Risen One.イエスキリストは、実際のところ、特別にピーターとして登場以来、 1つの上昇です。 But this threefold denial still, stood, as it were, uncancelled before the other disciples, nay, before Peter himself.しかし、この3倍に拒否それでも、立っていた、ということになった、他の弟子uncancelledする前に、いや、前にピーター自身です。 It was to this that the threefold question to the Risen Lord now referred. 3倍にすることが、この質問は、今すぐ参照して上昇の主です。 Turning to Peter, with pointed though most gentle allusion to be danger of self-confidence, a confidence springing from only a sense of personal affection, even though genuine, He asked: 'Simon, son of Jona', as it were with fullest reference to what he was naturally, 'lovest thou Me more than these?'ピーターの転換を、ほとんどの指摘の危険性に言及して穏やかな自信を持つようには、湧きからの信頼感を個人的な愛情のみを、正規のにもかかわらず、彼はこう尋ねた: 'サイモン、息子のjona ' 、ということになったと最大限のリファレンスにどのような彼は当然のことながら、 ' lovestなたは私を超えるこれらのですか? ' Peter understood it all.ピーターことをすべて理解しています。

No longer with confidence in self, avoiding the former reference to the others, and even with marked choice of a different word to express his affection [4 Christ asks: and Peter answer:.] from that which the Saviour had used, he replied, appealing rather to his Lord's, than to his own consciousness: 'Yea, Lord, Thou knowest that I love Thee.'もはや自分に自信がある、元の参照を避けるため、他の、およびスパムの選択も、別の単語を表現する彼の愛情[ 4イエスキリストを要求:ピーター答え:します。 ]から使用されることは、救世主が、彼はこう答えた。彼の主の魅力的というよりも、自分自身の意識を: 'いや、主よ、なたは知ってなたを愛しています。 ' And even here the answer of Christ is characteristic.そしてここではキリストの答えが特徴です。 it was to set him first the humblest work, that which needed most tender care and patience: 'Feed [provide with food] May Lambs.'彼を設定することは、最初の仕事humblest 、それを必要に応じて最も手厚い看護と忍耐: 'フィード[提供を食品添加物] 5月羊です。 '

Yet a second time came the same question, although now without the reference to the others, and, with the same answer by Peter, the now varied and enlarged commission: 'Feed [shepherd] My Sheep.' 2番目のタイムはまだありませんが、同じ質問が、今すぐへの参照をせず、他の、および、と同じで返事をするピーターは、今すぐ様々な拡大委員会: 'フィードの[羊飼い]私の羊です。 ' Yet a third time did Jesus repeat the same question, now adopting in it the very word which Peter had used to express his affection. 3回目はイエスキリストはまだありませんが、同じ質問を繰り返して、今すぐ採用して、非常に言葉が彼の愛情を表現するピーターが使われています。 Peter was grieved at this threefold repetition.ピーターは悲しみに沈んだこの3倍の繰り返しです。 It recalled only to bitterly his threefold denial.それだけを苦々しく彼の3倍にリコール拒否します。 And yet the Lord was not doubtful of Peter's love, for each time He followed up His question with a fresh Apostle commission; but now that He put it for the third time, Peter would have the Lord send down the sounding-line quite into the lowest deep of this heart: 'Lord, Thou knowest all things, Thou perceivest that I love Thee!'とはいえ、疑問の主はないピーターの愛、フォローするたびに彼は彼の質問に委員会を新たに使徒;しかし、今で言えば、彼は3回目、ピーターがダウンし、主に送信非常線を観測最低深いは、次の心臓: '主よ、なたは凡てのことを知って、なたなたperceivestが大好き! ' And now the Saviour spake it: 'Feed [provide food for] My sheep.' speakの過去と現在の救い主それ: 'フィード[食品を提供する]私の羊です。 ' His Lamb, His Sheep, to be provided for, to be tended as such!彼の子羊、彼の羊のため、提供されることを、このようにする傾向があります! And only love can do such service.このようなサービスのみ愛できることです。

Yes, and Peter did love the Lord Jesus.はい、とピーターは愛の主イエスキリストです。 He had loved Him when he said it, only to confident in the strength of his feelings, that he would follow the Master even unto death.彼は彼を愛していたときによると、自信があるだけに彼の気持ちの強さ、その彼は次のマスターも死に至る。 And Jesus saw it all, yea, and how this love of the ardent temperament which had once made him rove at wild liberty, would give place to patient work of love, and be crowed with that martyrdom which, when the beloved disciple wrote, was already matter of the past.とイエスキリストのすべてを見て、いや、この愛をどのように情熱的な気質の流浪ていた彼は一度は野生の自由、患者の仕事は愛の場所を与える、と鳴きましたが、その殉教は、最愛の弟子書いたときにはすでに過去の問題です。 And the very manner of death by which he was to glorify God was indicated in the words of Jesus.と、非常に死をどのように彼は神を賛美は、イエスキリストの言葉を示されている。

As He spake them, He joined the symbolic action to His 'Follow Me.' speakの過去形にして彼は、彼のアクションを象徴的に参加し彼の'従いなさい。 ' This command, and the encouragement of being in death literally made like Him, following Him, were Peter's best strength.このコマンドでは、との励ましの死が彼のような、文字通りは、次の彼がピーターの最高の強さです。 He obeyed; but as he turned to do so, he saw another following.彼に従った;しかし、彼がこれを行うには、別の彼は次のとおりです。 As St. John himself puts it, it seems almost to convey that he had longed to share Peter's call, with all that it implied.聖ヨハネ自身として曰く、それを伝えるようほとんどを共有する待望していたピーターの電話番号については、黙示的なすべてのことです。 For, St. John speak of himself as the disciple whom Jesus loves, and he reminds us that in that night of betrayal he had been specially a sharer with Peter, nay, had spoken what the other had silently asked of him.は、聖ヨハネ話す人は自身のイエスキリストの弟子として愛し、彼を連想させるとしていたその夜、彼は特別な裏切りを共有ピーター、いや、話さは、他のどのような彼は静かに求められる。 Was it impatience, was it a touch of the old Peter, or was it a simple inquiry of brotherly interest which prompted the question, as he pointed to John: 'Lord, and this man, what?'焦りは、それはそれをタッチ、古いピーターか、またはそれを単純なお問い合わせは、兄弟の関心をれたら、という質問に、彼を指してジョン: '主よ、とこの男は、何ですか? '

Whatever had been the motive, to him, as to us all, when perplexed about those who seem to follow Christ, we ask it, sometimes is bigoted narrowness, sometimes in ignorance, folly, or jealousy, is this answer: 'What is that to thee?何ていたの動機、をしてしまったら、われわれ全員に、それらのときに当惑約whoキリストに従うようにお願いし、頑迷な狭さの中では、時には、無知、愚かなことか、またはねたみは、この答: 'は何ですがになたですか? follow thou Me.'次なたよ。 ' For John also had his life-work for Christ.のジョンもイエスキリストが彼の人生-仕事をします。 It was to 'tarry' while He was coming [1 So Canon Westcott renders the meaning.それは'タール'ながら彼は来る[ 1のでウェストコットキヤノンの意味をレンダリングします。 The 'coming' might refer to the second Coming, to the destruction of Jerusalem, or even to the firm establishment of the Church. '来る'を参照して2番目の来るかもしれない、エルサレムを破壊するか、またはその会社の設立にも教会です。 The tradition that St. John only slept in the grave at Ephesus is mentioned even by St. Augustine.], to tarry those many years in patient labour, while Christ was coming.聖ヨハネのみの伝統では、墓に眠っエフェソスに記載され聖アウグスティヌスさえします。 ] 、それらの多くの年の患者をタール労働、イエスキリストが来る。

But what did it mean?しかし、それを意味は何ですか? The saying went aboard among the brethren that John was not to die, but to tarry till Jesus came again to reign, when death would be swallowed up in victory.兄弟間の乗組員のことわざにもあったジョンはないことを死なせ、しかし、イエスキリストが熟すまでを支配に戻って、死亡時には勝利に飲み込まです。 But Jesus had not so said, only: 'If I will that he tarry while I am coming.'しかし、イエスキリストはそれほどによると、のみ: 'すればよいタールながら私は彼が来ることにします。 What that 'Coming' was, Jesus had not said, and John knew not.どのように'来る'は、イエスキリストによるとなかった、とジョンを知っていた。 So, then, there are things, and connected with His Coming, on which Jesus has left the evil, only to be lifted by His own Hand, which He means us not to know at present, and which we should be content to leave as He has left them.そこで、次に、物事には、彼の来ると接続し、イエスキリストは、左の悪の上で、解除されるだけに彼自身の手で彼の手段を知って問い合わせは現在のところ、どのコンテンツをしなければならないがままにしておく彼は左にします。

11. 11 。 Beyond this narrative we have only briefest notices: by St. Paul, of Christ manifesting Himself to James, which probably finally decided him for Christ, and the Eleven meeting Him at the mountain, where He had appointed them; by St. Luke, of the teaching in the Scriptures during the forty days of communication between the Risen Christ and the disciples.私たちを超え、この物語の簡潔にしか注意:セントポールされ、自分自身をキリストの相手方ジェームズは、イエスキリストが、おそらく彼を最終的に決定した、と11の会議室彼は、山、どこに任命していた;られた聖ルカ、聖書の教えは、 40日間の通信中にイエスキリストの弟子たちの間に上昇しています。

But this twofold testimony comes to us from St. Matthew and St. Mark, that then the worshipping disciples were once more formed into the Apostolic Circle, Apostles, now, of the Risen Christ.しかし、この二重の証言を問い合わせはサンマルコからマタイと、その弟子たちが一度入力し、他の形成を崇拝するローマ教皇のサークル、使徒は、今すぐ、イエスキリストが上昇します。 And this was the warrant of their new commission: 'All power (authority) has been given to Me in heaven and on earth.'これは、令状とは、新しい委員会: 'すべてのパワー(権限)を私に与えられたされ、天国と地球上でクリックします。 And this was their new commission: 'God ye, therefore, and make disciples of all the nations, baptizing them into the Name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost.'これは、彼らの新しい委員会: '神なたがたは、したがって、弟子のすべての国に、それらを命名の父の名前を、との息子、と聖霊のです。 ' And this was their work: 'Teaching them to observe all things whatsoever I commanded you.'これは彼らの仕事: '教育して何私命じられたすべてのものを観察します。 ' And this is His final and sure promise: 'And lo, I am with you always, even unto the end of the world.'これは彼の最終的かつ確実と約束: 'とLO 、私は、あなたはいつも、わたしにも、世界の終わりにします。

12. 12 。 We are once more in Jerusalem, whither He had bidden them go to tarry for the fulfillment of the great promise.我々は一度の他のエルサレム、どこへ招かれた彼はそれらをタールの偉大な約束を履行するためにします。 The Pentecost was drawing nigh.聖霊降臨日が近付いて、描画します。 And on that last, day the day of His Ascension, He led them forth to the well-remembered Bethany.と、その最後に、彼の昇天日の日に、彼は主導しているベサニーをよく覚えています。 From where He had made His last triumphal Entry into Jerusalem before His Crucifixion, would He make His triumphant Entry visibly into Heaven.どこから彼は彼の最後の勝利のエルサレムに入る前に彼のはりつけ、エントリは目に見えて彼を天国に彼の勝利を収めた。 Once more would they have asked Him about that which seemed to them the final consummation, the restoration of the Kingdom to Israel.一度は彼らは他のことを話すとどのよう要請しての最後の仕上げに、イスラエルの回復の王国をします。 But such questions became them not.しかし、そのような質問はしていない。 Theirs was to be work, not rest; suffering, not triumph.かれらは、される仕事ではなく、残り;苦しみ、特定の勝利です。 The great promise before them was of spiritual, not outward, power: of the Holy Ghost, and their call not yet to reign with Him, but to bear witness for Him.偉大な約束をする前にそれらは、精神的ではなく、外側に、電力:は、聖霊、およびそれらのコールを治世、まだ彼は、しかし、彼を証言します。

And, as He so spake, He lifted His Hands in blessing upon them, and, as He was visibly taken up, a cloud received Him.と、彼はspeakの過去形として、彼は自分の手で祝福を解除かれら、および、彼は目に見えとして取り上げ、雲受けていた。 And still they gazed, with upturned faces, on that luminous cloud which had received Him, and two Angels spake to them this last message from him, that He should so come in like manner, as they had beheld Him going into heaven.とまだ彼ら眼差しで、上を向いた顔は、その夜光雲を受けた彼は、 speakの過去と2つの天使たちからして、この最後のメッセージが表示さ彼は、そのためには同じように彼は、彼beholdの過去過去分詞として彼らは天国に行く気にします。

And so their last question to Him, ere He had parted from them, was also answered, and with blessed assurance.とするため、最後の質問をしてしまったら、やがて彼は別れてからして、答えはまた、祝福さや保証します。 Reverently they worshipped Him; then, with great joy, returned to Jerusalem.うやうやしく自然を神とあがめ彼;し、大きな喜びを、エルサレムに返されます。 So it was all true, all real, and Christ 'sat down at the Right Hand of God!'すべてのことがtrueの場合、すべてのリアル、とイエスキリストの右手に腰を下ろしたのは、神よ! ' Henceforth, neither doubting, ashamed, nor yet afraid, they 'were continually in the Temple, blessing God,' 'And they went forth and preached everywhere, the Lord working with them, and confirming the word by the signs that follows.今後、どちらも疑うのは、恥ずかしい、またまだ怖い、彼ら'が継続的に同寺は、神の祝福、 ' 'と彼らは記載と説教いたるところにあり、主作業をし、確認されたという言葉を示す兆候が以下の通りです。 Amen.'アーメン。 '

Amen!アーメン! It is so.それは非常にします。 Ring out the bells of heaven; sing forth the Angelic welcome of worship; carry it to the utmost bound of earth!リングアウトの鐘天国;歌う記載の天使の歓迎礼拝堂;運ぶ、それを最大限にバインド地球! Shine forth from Bethany, Thou Sun of Righteousness, and chase away earth's mist and darkness, for Heaven's golden day has broken!ベサニー磨き記載から、なた太陽の正義、そして地球の霧と闇を追い払う、天国の黄金の日が壊れて!


Easter Morning, 1883., Our task is ended, and we also worship and look up.復活祭の朝、 1883 。 、我々の課題が終了し、また、礼拝やルックアップします。 And we go back from this sight into a hostile world, to love, and to live, and to work for Risen Christ.この光景から、私たちに戻っ敵対的世界を、愛、ともに生きて、イエスキリストに仕事を上昇します。 But as earth's day if growing dim, and, with earth's gathering darkness, breaks over it heaven's storm, we ring out, as of old they were wont, from church-tower, to the mariners that hugged a rock-bound coast, our Easter-bells to guide them who are belated, over the storm-tossed sea, beyond the breakers, into the desired haven.しかし、地球の日として成長dimの場合、および、地球の夕闇が迫って、ブレークされる可能性が天国の嵐、私たちリングアウトは、昔のようにwont彼らは、教会の塔からは、マリナーズが抱き合っを岩に縛られた海岸、私たち復活祭-鐘を案内してwhoは、遅ればせながら、以上の暴風に揺られる海、ブレーカーを超え、避難を希望します。 Ring out, earth, all thy Easter-chimes; bring you offerings, all ye people; worship in faith, for, 'This Jesus, When was received up from you into heaven, shall so come, in like manner as ye beheld Him going into heaven.'リングアウト、地球、すべてのなたの復活祭-チャイム;もたらすあなたが提供するすべてのなたがたの人々 ;崇拝の信仰、 、 'このイエスキリストは、受信したときには、あなたを天国から、来るものので、彼のように行くように、なたがたbeholdの過去過去分詞を天国です。 ' 'Even so, Lord Jesus, come quickly!' 'たとえそうであって、主イエスキリストは、すぐに来る! '


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheim多くのリファレンスを参照してソースに彼の作品です。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.書誌事項のリソースとして、当社は、別の作成edersheim参考文献リストです。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼のすべての括弧内の参考文献を示すの作品のページ番号を参照している。


Also, see:また、参照してください:
Ascension of Jesus イエスキリスト昇天

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです