Ascent, Ascension上り坂、昇天

General Information 総合情報

Described in the Bible as the lifting up of Jesus Christ into heaven 40 days after the Resurrection (Mark 16:19; Luke 24:51; Acts 1:9), the Ascension signifies the exaltation of Christ as Lord of the universe and is thus closely associated with the resurrection.聖書に記載されて、イエスキリストを持ち上げるのを天国に復活した後、 40日間(マーク16:19 ;ルーク24:51 ;行為1時09分)は、キリストの昇天を意味としての高揚とは、このようにロードオブザユニバース復活密接に関連付けられている。 Ascension Thursday, kept 40 days after Easter, is one of the major feasts of the Christian church.アセンション木曜日、 40日間保管した後復活祭は、 1つの主要なお祭りは、キリスト教会もあります。


Ascent, Ascension上り坂、昇天

General Information 総合情報

The Ascension, in Christian belief, was the departure of Jesus Christ from the earth 40 days after his resurrection from the dead.のアセンションは、キリスト教の信仰は、イエスキリストは、地球からの出発を40日後に彼の死から復活します。 The event is described as occurring in the presence of the apostles; Christ was lifted up and a cloud took him out of their sight. In some New Testament passages (see Mark 16:19-20; Luke 24:50-51; Acts 1:1-14) the ascension is represented as an observed historical fact. Other passages (see 1 Peter 3:22; 1 Timothy 3:16, Hebrews 4:14) stress its theological dimension.このイベントは起こっているの存在を記述され、使徒;イエスキリストは持ち上げられ、雲が彼をアウトに見えてきた。 新約聖書いくつかの通路(参照マーク16:19-20 ;ルーク24:50-51 ;行為1 :1 - 14 )のアセンションの観測は歴史的事実として表現されています。他の通路(参照1ピーター3:22 ; 1ティモシー3:16 、ヘブル人への手紙4:14 )ストレスの神学的次元です。 Its significance seems to center on the glorification of Christ and its service as a sign that his earthly mission had been fulfilled.その意義センターを検索するようにイエスキリストとそのサービスの賛美メンバーが彼のこの世の使命を果たさていた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Feast of the Ascensionごちそうは、アセンション

The Feast of the Ascension, one of the great festivals of Christianity, is observed on Thursday, 40 days after Easter.アセンションてのごちそうを、 1つの偉大なキリスト教のお祭りは、観測によると、 40日後に復活します。 Artists have often depicted the theme in one of three ways: Christ ascending upon clouds toward the outstretched hand of God the Father, Christ being carried by angels, or Christ ascending by his own power.アーティストが頻繁に描かれて1つのテーマの3つの方法:イエスキリストの昇順に神の雲に向かって差し出された手の父、イエスキリストが天使たちによって運ばれるか、または自分自身の力でイエスキリストの昇順します。


Ascension of Christキリストの昇天

Advanced Information 高度情報

The Ascension of Christ was that act of the God-man by which he brought to an end his post-resurrection appearances to his disciples, was finally parted from them as to his physical presence, and passed into the other world, to remain there until his second advent (Acts 3:21).キリストの昇天は、法の神-男を彼には終わりが彼の弟子のポストを復活出演、 partedのは、最後に彼の物理的なプレゼンスをよりして、渡されると、他の世界にまでそこに彼の2番目の出現(行為3:21 ) 。 Luke describes this event in a word or two in Luke 24:51 and more fully in Acts 1:9.ルークこのイベントを説明する単語や、ルカ24:51と他の2つの行為を完全に1時09分です。 Even if the words "and he was carried up into heaven" are not part of the true text in Luke 24:51, we have good reason for saying, in the light of Luke's clear and unambiguous words in his second treatise, that the doubtful words in Luke 24:51 express what was in his mind.たとえ言葉"と彼は天国に運ばアップ"の真のテキストの一部ではありませんがルーク24:51 、当社は十分な理由と述べ、ルカのクリアに照らして、明確な言葉で彼の2番目の論文は、疑わしいものは、 24:51エクスプレスの単語をルークは、彼の心は何です。 In accordance with the oral testimony of the apostles, he carries on his story of the life of Jesus as far as "the day that he was taken up" (Acts 1:22).経口の証言に基づいて、使徒、彼は彼の話を運ぶイエスキリストの限りでの生活を"その日、彼は取り上げ" (行為1:22 ) 。

According to the Fourth Gospel our Lord referred on three occasions to his ascending into heaven (John 3:13; 6:62; 20:17).第4福音書によると、わたしたちの主に3つの言及を天国の機会に彼の昇順(ヨハネ3:13 ; 6:62 ; 20:17 )です。 Paul speaks of Christ ascending far above all heavens in order to permeate the whole universe with his presence and power (Eph. 4:10).キリストの昇順話すポールのはるか上のすべての天のために宇宙全体に充満する彼の存在感とパワー( eph. 4:10 ) 。 Such phrases as "received up in glory" (I Tim. 3:16), "gone into heavens" (I Pet. 3:22), and "passed through the heavens" (Heb. 4:14) refer to the same event.このような表現として"受け取った上での栄光" (私ティムです。 3:16 ) 、 "問題の天" (私のペットです。 3:22 ) 、および"天通過している" ( heb. 4:14 )を参照して、同じイベントです。 Paul exhorts the Colossian believers to "seek the things that are above, where Christ is, seated on the right hand of God" (Col.3:1, ERV), and the numerous references in the NT to the session at the right hand of God presuppose the ascension.ポールexhortsの信者たちをcolossian "を求める以上のものは、ここでイエスキリストは、神の右手に座って" ( col.3 : 1 、 erv ) 、および、多くの参考文献は、 NTからのセッションは、右手に神の仮定の昇天です。

In Eph.でephです。 1:20ff. 1:20 FFを指定します。 Paul passes directly from the resurrection to the exaltation of Christ to the place of supreme power and authority in the universe.ポールから直接渡さキリストの復活を高揚して開催地の最高権力と権威は、宇宙です。 In passages like Rom.通路のようなROMとの互換性があります。 8:34 and Col. 3:1 the session might seem to be thought of as the immediate result of the rising from the dead, thus leaving no room, as some have argued, for the ascension as a distinct event; but it is difficult to see that there is any force in any argument derived from Paul's silence in such passages when in Eph. 8時34分Col 。 3:1のセッションと思われるかもしれないと考えて、すぐに結果を死人の中から立ち上がり、このように残しないルームは、いくつかの主張は、別個のイベントとしては、アセンション;しかし、ことは難しい。任意のを見て強制的に任意の引数にはポールの沈黙から派生したときにそのような通路ephです。 4:10 he states so emphatically his belief in the ascension. 4:10彼はきっぱりと自分の信念のために国の昇天です。 Our Lord's postresurrection appearances had, no doubt, shown that he belonged already to the upper world of light and glory; but with the ascension his fleeting visits to his disciples from that world came to an end, and the heavens received him from their sight.わたしたちの主のpostresurrection出演は、間違いなく、示されている彼の上に属し、すでに世界の光と栄光;しかし、アセンション彼の弟子たちはつかの間の訪問を世界から来たことを終わらせると、天から受け取った彼が見えてきた。 Yet, through the indwelling Holy Spirit they were to come nearer to him than ever before, and he was to be with them forever (John 14:16-18).しかし、聖霊を通して留置近づいて来ていた彼をこれまで以上とされるにして彼は永遠に(ジョン14:16-18 ) 。

To object to the account of the ascension of Christ into heaven as implying a childish and outmoded view of the universe is, more or less, solemn trifling.オブジェクトをアカウントには、キリストの昇天を示唆したとして天国幼稚で時代遅れの宇宙観は、多かれ少なかれ、厳粛なささいな。 While we may agree with Westcott when he says that "the change which Christ revealed by the ascension was not a change of place, but a change of state, not local but spiritual" (The Revelation of the Risen Lord, p. 180), on the other hand we are not unscientific when we think of the land where "the king in all His glory without a veil is seen" as the upper world of light and glory, high above us as good is above evil and blessedness above misery.中に同意することがありますウェストコット時に彼によると、 "その変更が明らかにされたイエスキリスト昇天の場所に変更はない、ではなく、状態の変化ではなく、ローカルしかし、精神的な" (の啓示は、上昇の主、 p. 180 ) 、その一方で我々は考えるときに、特定非科学的土地ここで、 "ザキングなしにすべての彼の栄光のベールが見られる"として世界の光と栄光の上、高上記の問い合わせとしては、上記の悪と至福の良い上記の不幸です。

The Heidelberg Catechism suggest three great benefits that we receive from the ascension.ハイデルベルク教理問答の3つの提案を受けることから大きなメリットアセンションです。

That third benefit is of supreme importance. 3番目の利点は極めて重要なことです。 The Holy Spirit was not given, in the fullness of his gracious working in the souls of men, until Jesus was glorified (John 7:39).聖霊が与えられたのは、彼の優雅な作業での充実の男性の魂までは、イエスキリストは見せかけの(ジョン7時39分) 。 "Being by the right hand of God exalted, and having received of the Father the promise of the Holy Ghost, he hath poured forth this, which ye see and hear. For David ascended not into the heavens" (Acts 2:33-34, ERV). "神の右手が高貴される、との約束を受け取って、父の聖霊は、かれが記載ルーズには、なたがた見て、聞いています。デビッド昇って、天ない" (行為2:33-34 、 erv ) 。 Thus was it demonstrated to the universe that, as Zahn has put it, "the risen Lord lives in heavenly communion with His and our Father, and that He takes an active part in the working of the power as well as of the grace of God in this world" (The Apostles' Creed, 162).このようには、宇宙のことを実証し、ザーンに言えば、 "天の聖体拝領の上昇を主に住んでいる彼と私たちの父、その彼は作業に積極的に参加、パワーだけでなく、神の恩寵この世界で" (使徒信条、 162 ) 。

The ascended Lord is with us in the struggle here (Mark 16:19-20), and we know that he has gone to heaven "our entrance to secure, and our abode prepare" (John 14:2;Heb. 6:20).登ることで、上の主は私たちの闘争は、ここ(マーク16:19-20 ) 、と私たち知っている彼は天国へ行って"我々の外観を確保する、と私たちの住まいの準備" (ヨハネ14 : 02 ;なしで。 6:20 ) 。

A Rossをロス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
HADC; HDB; HDCG; W. Milligan, The Ascension and Heavenly Priesthood of Our Lord; AM Ramsey in Studiorum Novi Testamenti Societas, Bulletin II; HB Swete, The Ascended Christ; M. Loane, Our Risen Lord. hadc ; hdb ; hdcg ;ワットミリガンは、わたしたちの主の昇天と天の聖職に就く;アムラムジーでstudiorumノビtestamenti societas 、会報2世; hbスウィートは、イエスキリスト昇っ;男性loane 、当社上昇の主です。


Ascensionアセンション

Catholic Information カトリックの情報

See also The Feast of the Ascension.ごちそうは、アセンションも参照してください。

The elevation of Christ into heaven by His own power in presence of His disciples the fortieth day after His Resurrection.イエスキリストを昇格され、自分自身の力を天国の存在を40日後、彼の弟子たちに復活します。 It is narrated in Mark 16:19, Luke 24:51, and in the first chapter of the Acts of the Apostles.これはナレーションをマーク16:19 、ルカ24:51 、および、行為の最初の章は、使徒です。 Although the place of the Ascension is not distinctly stated, it would appear from the Acts that it was Mount Olivet.アセンションは、場所をはっきりと記載ではない、それが表示さからの行為をしてはオリヴェマウントします。 Since after the Ascension the disciples are described as returning to Jerusalem from the mount that is called Olivet, which is near Jerusalem, within a Sabbath day's journey.以来昇天した後、弟子が記述されて戻ってからのマウントと呼ばれるエルサレムオリヴェ、これはエルサレムの近く、安息日の旅をします。 Tradition has consecrated this site as the Mount of Ascension and Christian piety has memorialized the event by erecting over the site a basilica.このサイトとしての伝統は、聖体拝領のマウントの信心深さはmemorialized昇天とキリスト教のイベントを立て、聖堂のサイトです。 St. Helena built the first memorial, which was destroyed by the Persians in 614, rebuilt in the eighth century, to be destroyed again, but rebuilt a second time by the crusaders.セントヘレナ建ての最初の記念碑が破壊されたペルシャ人で614 、 8世紀に再建されたのは、再び破壊されるが、十字軍に再建された2番目の時間です。 This the Moslems also destroyed, leaving only the octagonal structure which encloses the stone said to bear the imprint of the feet of Christ, that is now used as an oratory.これはイスラム教徒も破壊され、八角形の構造を囲むだけを残して、石を負担する出版社によると、フィートのイエスキリスト、それは今すぐ礼拝堂として使用されています。

Not only is the fact of the Ascension related in the passages of Scripture cited above, but it is also elsewhere predicted and spoken of as an established fact.という事実だけではなく、アセンション関連した啓典は、前掲の通路を、それも他の予測と話さとしての既成事実です。 Thus, in John 6:63, Christ asks the Jews: "If then you shall see the son of Man ascend up where He was before?"したがって、ジョン6:63 、イエスキリストを要求ユダヤ人: "もし入力し、なたがたを参照して出世する男の息子である彼は前にどこですか? " and 20:17, He says to Mary Magdalen: "Do not touch Me, for I am not yet ascended to My Father, but go to My brethren, and say to them: I ascend to My Father and to your Father, to My God and to your God."と20:17 、と彼は言いますがメアリーマグダレン: "私に触らないで、私はまだ昇って私の父が、私の兄弟に行く、と言っても:昇ることを私の父と私の父にして、マイあなたの神を神とします。 " Again, in Ephesians 4:8-10, and in Timothy 3:16, the Ascension of Christ is spoken of as an accepted fact.また、エペソ人への手紙4:8-10 、およびティモシー3:16は、キリストの昇天が話され、事実として受け入れています。

The language used by the Evangelists to describe the Ascension must be interpreted according to usage.伝道者の言語使用されて昇天を記述するの利用方法によると解釈しなければならない。 To say that He was taken up or that He ascended, does not necessarily imply that they locate heaven directly above the earth; no more than the words "sitteth on the right hand of God" mean that this is His actual posture.を言ってやるがしていた彼は昇っを取り上げたり、彼らは必ずしも意味するものでは天国を見つけ地球の上に直接;ない以上の言葉を"神の手sittethを調べて下さい"ということでこれは彼の実際の姿勢です。 In disappearing from their view "He was raised up and a cloud received Him out of their sight" (Acts 1:9), and entering into glory He dwells with the Father in the honour and power denoted by the scripture phrase.でその対象から消えつつある"と雲甦ら彼は彼を受け取ったその光景" (行為1時09分) 、との棲むところに入ると彼の父親が栄光の名誉とパワーを表わしされた啓典フレーズを指定します。

Publication information Written by John J. Wynne.出版物の情報執筆者のジョンj.ウィンです。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
The Arising of Jesus イエスキリストの発生

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです