Assumption of Mary仮定のメアリー

General Information 総合情報

In Roman Catholic doctrine, the Assumption means that Mary, the mother of Jesus, was taken (assumed) bodily into heavenly glory when she died. In the Orthodox church, the koimesis, or dormition ("falling asleep"), of the Virgin began to be commemorated on August 15 in the 6th century. ローマカトリック教義には、メアリーの仮定を意味し、イエスキリストの母、が取ら(想定)肉体的に彼女が死亡したときに天の栄光ですが、正教会は、 koimesisか、またはdormition ( "寝付けない" ) 、は、ヴァージンが始まった8月15日を記念するには6世紀にします。 The observance gradually spread to the West, where it became known as the feast of the Assumption.徐々に広がって西の遵守、どこことが知られて祝宴を仮定します。 By the 13th century, the belief was accepted by most Catholic theologians, and it was a popular subject with Renaissance and baroque painters. 13世紀にされた、という信念が受け入れられるほとんどのカトリック神学者、およびそれに人気のアジ研では、ルネサンスとバロック画家です。 The Assumption was declared a dogma of the Roman Catholic faith by Pope Pius XII in 1950.ドグマを宣言したという想定の下は、ローマカトリックの信仰をピウス12 、 1950 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Assumption of the Virgin聖母被昇天

General Information 総合情報

Assumption of the Virgin (Latin assumere,"to take up") in the Roman Catholic church and the Orthodox church is the doctrine that after her death the body of Mary, the mother of Christ, was taken into heaven and reunited with her soul.聖母被昇天(ラテン語assumere 、 "を取る" )は、ローマカトリック教会と正教会の教義をした後は、彼女の死のボディのメアリーは、イエスキリストの母、天国と再会を考慮しては、彼女の魂です。 Defined as an article of faith by Pope Pius XII in 1950, the assumption was first commemorated as the Feast of the Dormition (falling asleep) of Mary in the 6th century.の記事として定義されてピウス12信仰され、 1950年が最初に記念として想定してのごちそうのdormition (居眠り)のメアリーには6世紀にします。 This feast later developed into the Feast of the Assumption, now celebrated in the Roman Catholic church on August 15 every year.この祭りへと発展してのごちそうを想定、今すぐローマカトリック教会で祝われ、毎年8月15日です。


Assumption of Mary仮定のメアリー

Advanced Information 高度情報

In principle this doctrine was a part of the Roman Catholic and Byzantine thinking in the Middle Ages.原則として、この学説は、ローマカトリックとビザンチン様式の部分は、中世の考え方です。 The apostolic constitution Munificentissimus Deus, promulgated by Pius XII on November 1, 1950, made it a doctrine necessary for salvation, stating, "The Immaculate Mother of God, the ever-Virgin Mary, having completed the course of her earthly life, was assumed body and soul into heavenly glory."憲法munificentissimus神の使徒、ピウス12に公布され1950年11月1日、行わ教義に必要なことを救い、状況は、 "神の無原罪の母、聖母マリアの絶え間なく、コースが完了して彼女のこの世の生活が想定体と心を天国の栄光をします。 "

No basis, biblical, apostolic, or postapostolic, exists in support of the doctrine.何の根拠は、聖書の、ローマ教皇のか、またはpostapostolic 、その教義をサポートが存在します。 Apocryphal documents of the fourth century, Gnostic in character, such as the Passing of Mary hint at it.うその書類は、 4世紀、グノーシス主義の文字などの逝去の報をほのめかすメアリーしてください。 Gregory of Tours in his De gloria martyrum of the sixth century quotes an unfounded legend about Mary's assumption.グレゴリーのツアーで彼のデグロリアmartyrum引用符で、 6世紀の伝説については、根拠のないメリーの仮定します。 As the story became popular in both East and West it took two forms.ストーリーとしては東と西の両方に人気がかかった2つの形式です。 The Coptic version describes Jesus appearing to Mary to foretell her death and bodily elevation into heaven, while the Greek, Latin, and Syriac versions picture Mary calling for the apostles, who are transported to her miraculously from their places of service.コプト語版の説明を表示しないようにイエスキリストを予言メアリー彼女の死と身体を天国の昇格が、ギリシャ語、ラテン語、シリア語バージョンの画像と電話しているメアリー使徒、 whoは、自分の場所から運ばれる彼女の奇跡のサービスです。 Then Jesus, after her death, conveys her remains to heaven.入力し、イエスキリストは、彼女の死の後、彼女の遺跡を伝えることは天国へ行ける。 The doctrine was first treated in deductive theology about 800.その教義を演繹的神学が最初に治療を受けて約800 。 Benedict XIV (d. 1758) proposed it as a probable doctrine.ベネディクト14世(民主党1758 )を提案したことで教義として推定します。

Feasts celebrating the death of Mary date from the fifth century.メアリーのお祭りを記念して死亡した日から5世紀です。 In the East the late seventh century feasts included the assumption. 7世紀後半の東に含まれるものという想定の下のお祭りです。 After the eighth century the West followed suit. 8世紀の西の後に続いた。 Nicholas I by edict (863) placed the Feast of the Assumption on the same level as Easter and Christmas.ニコラス私を布告( 863 )に置か仮定してのごちそうは、復活祭やクリスマスと同じレベルにします。 Cranmer omitted it from the Book of Common Prayer and it has not since been included.クランマー省略されたことを確認して予約していない共通の祈りとされて以来です。

The 1950 action regarding the assumption of Mary is built upon the declaration of "The Immaculate Conception" (Dec. 8, 1854), which declared Mary free from original sin. 、 1950年のアクションについての仮定は、メアリーはビルドアップの宣言の"無原罪懐胎の祝日" ( 12月8日、 1854 ) 、メアリーから無料原罪を宣言します。 Both issue from the concept of Mary as the "Mother of God."メアリーというコンセプトに基づき、両方の問題として、 "神の母です。 " Her special state, Pius XII felt, demanded special treatment.彼女の特殊な状態、ピウス12フェルト、特別扱いを要求します。 If Mary is indeed "full of grace" (cf. Luke 1:28, 44) the assumption is a logical concomitant.もしメアリーは確かに"フルの恵みを受けて" ( cf.ルーク1:28 、 44 )の仮定は、論理的付随します。 Like Jesus, she is sinless, preserved from corruption, resurrected, received into heaven, and a recipient of corporeal glory.イエスキリストのような、彼女はsinless 、保持者の腐敗、復活、天国の受信を、受信者の肉体の栄光とします。 Thus Mary is crowned Queen of Heaven and assumes the roles of intercessor and mediator.このように、天国とメアリーは女王の栄冠を仮定して、調停仲裁者の役割をします。

The argument in Munificentissimus Deus develops along several lines. munificentissimus神の引数に沿っていくつかの行を開発しています。 It emphasizes Mary's unity with her divine Son, for she is "always sharing His lot."メアリーの結束を強調彼女のことを神の息子、彼女は"いつも彼の多くを共有します。 " Since she shared in the past in his incarnation, death, and resurrection, now, as his mother, she is the mother of his church, his body.編集して項目を共有されて以来彼女は彼の化身、死、と復活、今すぐ、彼の母親として、彼女は彼の教会の母は、彼の体です。 Rev. 12:1 is applied to Mary; she is the prototype of the church, for she has experienced anticipatorially corporeal glorification in her assumption. 12時01分改訂を適用するとメアリー;彼女は、教会のプロトタイプは、経験豊富なanticipatorially彼女は彼女の肉体賛美仮定します。 Three times Mary is referred to as the "New Eve," working again the parallel of Christ as the new Adam and presenting the glorified Christ as one with the new Eve.メアリーと呼ばれて3回"新前夜、 "キリストの作業を再度、パラレルとして提示し、新しいアダムとイエスキリストを讃えるは、新しいイブとして1つです。

The assumption of Mary continues to be a fruitful field for Roman Catholic theologians even as biblical renewal, charismatic interest, and liberal theology also make their impact.メリーの仮定は、実りあるフィールドを続けているローマカトリック神学聖書の更新も、カリスマ的な関心をし、リベラルな神学に与える影響もします。

WN Kerrワイアードカー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
MR James, The Apocryphal NT; EL Mascall and HS Box, eds., The Blessed Virgin Mary; NCE; L.-J. mrジェームズは、 NTの作り話;エルマスカルとhs ]ボックスに、のEDS 。は、聖母マリア; NCEの; l.-j. Suenens, Mary the Mother of God.スーネンス、メアリーの母神です。


The Feast of the Assumptionという想定の下、宴の

Catholic Information カトリックの情報

The Feast of the Assumption of the Blessed Virgin Mary, 15 August; also called in old liturgical books Pausatio, Nativitas (for heaven), Mors, Depositio, Dormitio S. Mariae.宴の聖母マリアの仮定は、神の祝福を、 8月15日;とも呼ばれ、旧典礼書pausatio 、 1.4 (天国) 、モルス、 depositio 、 dormitio s. mariaeです。

This feast has a double object: (1) the happy departure of Mary from this life; (2) the assumption of her body into heaven.この祭りには、ダブルオブジェクト: ( 1 )は幸福のメアリーから、この人生の出発を、 ( 2 )の仮定は、彼女の体を天国です。 It is the principal feast of the Blessed Virgin.これは、聖母マリアの主なごちそうです。

THE FACT OF THE ASSUMPTIONしたという事実を想定

Regarding the day, year, and manner of Our Lady's death, nothing certain is known.また、日、年、および弊社の女性の死のように、何も特定のは知られている。 The earliest known literary reference to the Assumption is found in the Greek work De Obitu S. Dominae.最古の文学の参照を既知のが見つかったという想定の下に、ギリシャの仕事デobitu s. dominaeです。 Catholic faith, however, has always derived our knowledge of the mystery from Apostolic Tradition.カトリックの信仰は、しかし、私たちの知識はいつもの謎から派生したローマ教皇の伝統です。 Epiphanius (d. 403) acknowledged that he knew nothing definite about it (Haer., lxxix, 11).聖エピファニオス(民主党403 )について明確な認識して彼はそれを何も知りませんでした( haer. 、 79 、 11 ) 。 The dates assigned for it vary between three and fifteen years after Christ's Ascension.のため、ご希望に割り当てられたことによって、 15年の間に3つのキリストの昇天した後です。 Two cities claim to be the place of her departure: Jerusalem and Ephesus. 2つの都市の代わりに請求される彼女のご出発:エルサレムとエフェソスです。 Common consent favours Jerusalem, where her tomb is shown; but some argue in favour of Ephesus.共通の同意恩恵エルサレム、ここで彼女の墓が表示さ;しかし、いくつかの議論に賛成のエフェソスです。 The first six centuries did not know of the tomb of Mary at Jerusalem.知らなかったの最初の6世紀のエルサレムの墓のメアリーにします。

The belief in the corporeal assumption of Mary is founded on the apocryphal treatise De Obitu S. Dominae, bearing the name of St. John, which belongs however to the fourth or fifth century.という信念は、肉体的に設立さ仮定のメアリーはobitu s.の作り話の論文デdominae 、その名を冠した聖ヨハネ、これに属しますしかし、第4または5世紀にします。 It is also found in the book De Transitu Virginis, falsely ascribed to St. Melito of Sardis, and in a spurious letter attributed to St. Denis the Areopagite.発見されたことも予約デtransitu virginis 、虚偽の生得的に聖メリートのサルディス、およびスプリアスの手紙をアレオパギタサンドニに起因する。 If we consult genuine writings in the East, it is mentioned in the sermons of St. Andrew of Crete, St. John Damascene, St. Modestus of Jerusalem and others.相談すれば、正規の文章は、東、それは説教の聖アンドリューに記載されてクレタ島、聖ヨハネダマシン、聖modestusのエルサレムしている。 In the West, St. Gregory of Tours (De gloria mart., I, iv) mentions it first.は、西、聖グレゴリーのトゥール(デグロリアマート。 、私、 4 )最初に言及しています。 The sermons of St. Jerome and St. Augustine for this feast, however, are spurious.聖ジェロームの説教と聖アウグスティヌスこの祭りは、しかし、は、スプリアスです。 St. John of Damascus (PG, I, 96) thus formulates the tradition of the Church of Jerusalem:聖ヨハネのダマスカス(結果、私は、 96 )したがって、教会の伝統を策定するエルサレム:

St. Juvenal, Bishop of Jerusalem, at the Council of Chalcedon (451), made known to the Emperor Marcian and Pulcheria, who wished to possess the body of the Mother of God, that Mary died in the presence of all the Apostles, but that her tomb, when opened, upon the request of St. Thomas, was found empty; wherefrom the Apostles concluded that the body was taken up to heaven.聖幼、エルサレムの司教、カルケドン公会議は、 ( 451 ) 、皇帝マルキアヌス作らに知られているとプルケリア、 whoを希望して体には、神の母、マリアが死亡したことのすべての使徒が存在するが、その彼女の墓は、開いたときに、本人の要請に応じてセントトーマス、空が見つかりませんでした; wherefromの使徒の結論は、天国の遺体が取り上げています。

Today, the belief in the corporeal assumption of Mary is universal in the East and in the West; according to Benedict XIV (De Festis BVM, I, viii, 18) it is a probable opinion, which to deny were impious and blasphemous.今日では、肉体の信仰を前提に、メアリーは普遍的には、東と西;によると、ベネディクト14世(デfestis BVMシステム、私は、 viii 、 18 )には、予想の意見では、これを拒否するには不敬不敬とします。

THE FEAST OF THE ASSUMPTIONという想定の下、宴の

Regarding the origin of the feast we are also uncertain.祭りの起源については、私たちにも不透明だ。 It is more probably the anniversary of the dedication of some church than the actual anniversary of Our Lady's death.これはおそらく周年を記念した奉納の他のいくつかの教会の聖母よりも、実際の周年記念の死のです。 That it originated at the time of the Council of Ephesus, or that St. Damasus introduced it in Rome is only a hypothesis.して始まった時点で、評議会エフェソスか、またはその聖ダマソのみを導入してローマは、仮説です。

According to the life of St. Theodosius (d. 529) it was celebrated in Palestine before the year 500, probably in August (Baeumer, Brevier, 185).によると、生命の聖テオドシウス(民主党529 )これは、パレスチナの前に祝われて500年、おそらく8月( baeumer 、 brevier 、 185 ) 。 In Egypt and Arabia, however, it was kept in January, and since the monks of Gaul adopted many usages from the Egyptian monks (Baeumer, Brevier, 163), we find this feast in Gaul in the sixth century, in January [mediante mense undecimo (Greg. Turon., De gloria mart., I, ix)].エジプト及びアラビア、しかし、それは、 1月に保存され、以来、僧侶たちのガウル採択エジプトの僧侶たちから多くの用途での使用( baeumer 、 brevier 、 163 ) 、私たちはこのゴールは、 6世紀の祝宴で1月に[ mediante月経undecimo ( greg. turon 。 、デグロリアマート。 、私は、 9世) ] 。 The Gallican Liturgy has it on the 18th of January, under the title: Depositio, Assumptio, or Festivitas S. Mariae (cf. the notes of Mabillon on the Gallican Liturgy, PL, LXXII, 180).典礼の条項は、それを1月18日、下のタイトル: depositio 、 assumptioか、またはfestivitas s. mariae ( cf.の条項を検索する典礼のノートをマビヨン、ポーランド語、 72 、 180 ) 。 This custom was kept up in the Gallican Church to the time of the introduction of the Roman rite.この習慣は、教会を維持するのは、時間の条項の導入は、ローマの儀式です。 In the Greek Church, it seems, some kept this feast in January, with the monks of Egypt; others in August, with those of Palestine; wherefore the Emperor Maurice (d. 602), if the account of the "Liber Pontificalis" (II, 508) be correct, set the feast for the Greek Empire on 15 August.で、ギリシャの教会、どうやら、いくつかの保管この祭りは1月、エジプトの修道士は、他の8月には、これらのパレスチナ;何のために天皇モーリス(民主党602 )の場合、アカウントは、 "独立したpontificalis " ( 2世、 508 )が正しければ、ごちそうを設定して8月15日、ギリシャの帝国をします。

In Rome (Batiffol, Brev. Rom., 134) the oldest and only feast of Our Lady was 1 January, the octave of Christ's birth.ローマの( batiffol 、 brev 。 ROMから起動します。 、 134 )で最も古い女性だけの宴は、 1月1日、イエスキリストの生誕100周年のオクターブのです。 It was celebrated first at Santa Maria Maggiore, later at Santa Maria ad Martyres.それは第一に有名なサンタマリアマッジョーレ教会、サンタマリアの広告へのmartyresです。 The other feasts are of Byzantine origin.ビザンチン様式の起源は、他のお祭りです。 Duchesne thinks (Origines du culte chr., 262) that before the seventh century no other feast was kept at Rome, and that consequently the feast of the Assumption, found in the sacramentaries of Gelasius and Gregory, is a spurious addition made in the eighth or seventh century.デュシェーヌ考え( originesデュculte chrします。 、 262 )で7世紀の前に他の饗宴ローマが保管されており、その結果は、仮定のごちそう、発見されたsacramentariesのグレゴリーgelasiusと、加えて作られたスプリアスは、 8番目または7世紀です。 Probst, however (Sacramentarien, 264 sqq.), brings forth good arguments to prove that the Mass of the Blessed Virgin Mary, found on the 15th of August in the Gelasianum, is genuine, since it does not mention the corporeal assumption of Mary; that, consequently, the feast was celebrated in the church of Santa Maria Maggiore at Rome at least in the sixth century.プロプスト、しかし( sacramentarien 、 264 sqq 。 )は、引数を実らせることを証明する良いの質量は、聖母マリア、 8月15日に発見さのgelasianumは、正規品であることに言及していないので、肉体的仮定のメアリー;が、結果的に、ごちそうが祝われ、ローマ教会のサンタマリアマッジョーレでは、少なくとも6世紀です。 He proves, furthermore, that the Mass of the Gregorian Sacramentary, such as we have it, is of Gallican origin (since the belief in the bodily assumption of Mary, under the influence of the apocryphal writings, is older in Gaul than in Rome), and that it supplanted the old Gelasian Mass. At the time of Sergius I (700) this feast was one of the principal festivities in Rome; the procession started from the church of St. Hadrian.彼の証明、また、聖礼典のは、大量のグレゴリオなど、私たちは、条項が起源(以降、メアリーの信仰を前提に、肉体的、作り話の影響を受けて記述されては、ローマよりも古い、ガウル)れていることと、古いゲラシアンsupplanted Mass 。セルギウス時点で、私( 700 )この祭りは、ローマの1つの主要なお祭りの行列の教会の聖ハドリアヌスから開始します。 It was always a double of the first class and a Holy Day of obligation.それはいつもの最初のクラスと二重の日の神聖な義務です。

The octave was added in 847 by Leo IV; in Germany this octave was not observed in several dioceses up to the time of the Reformation. 847され、オクターブが追加されましたレオ4世;でドイツ語をこのオクターブdiocesesが観察されるいくつかの改革の最大の時間です。 The Church of Milan has not accepted it up to this day (Ordo Ambros., 1906).ミラノの教会のことを受け入れていないこの日(集団代表ambros 。 、 1906 ) 。 The octave is privileged in the dioceses of the provinces of Sienna, Fermo, Michoacan, etc. The Greek Church continues this feast to 23 August, inclusive, and in some monasteries of Mount Athos it is protracted to 29 August (Menaea Graeca, Venice, 1880), or was, at least, formerly.特権は、 diocesesのオクターブは、地方のシエナ、フェルモ、ミチョアカン州など、ギリシャの教会の宴を続け、この8月23日、包括的、およびいくつかの修道院のアトス山に長引くことは8月29日( menaea graeca 、ベニス、 1880 )か、またはは、少なくとも、以前します。 In the dioceses of Bavaria a thirtieth day (a species of month's mind) of the Assumption was celebrated during the Middle Ages, 13 Sept., with the Office of the Assumption (double); today, only the Diocese of Augsburg has retained this old custom. diocesesのバイエルンは、 30日目の日に(ある種の月日の心の)中には、著名な仮定は、中世には、 9月13日、事務局の仮定(ダブル) ;今日では、この古い教区のアウクスブルクは留保風習。

Some of the Bavarian dioceses and those of Brandenburg, Mainz, Frankfort, etc., on 23 Sept. kept the feast of the "Second Assumption", or the "Fortieth Day of the Assumption" (double) believing, according to the revelations of St. Elizabeth of Schönau (d. 1165) and of St. Bertrand, OC (d. 1170), that the BV Mary was taken up to heaven on the fortieth day after her death (Grotefend, Calendaria 2, 136).バイエルンdiocesesおよびそれらのいくつかのブランデンブルク、マインツ、フランクフォートなどを保管して祝宴9月23日、 " 2番目の仮定" 、または" 40日という想定の下" (ダブル)信じるによると、啓示の聖エリザベスのschönau (民主党1165 )との聖バートランド、 oc (民主党1170 ) 、メアリーbvは、天国では最大40日後に彼女の死(グローテフェント、 calendaria 2 、 136 ) 。 The Brigittines kept the feast of the "Glorification of Mary" (double) 30 Aug., since St. Brigitta of Sweden says (Revel., VI, l) that Mary was taken into heaven fifteen days after her departure (Colvenerius, Cal. Mar., 30 Aug.).祝宴のbrigittines保管して、 "賛美のメアリー" (ダブル) 8月30日、スウェーデンのは言うbrigitta以来セント( revel. 、六、左)とメアリーは天国考慮して15日後に彼女の出発( colvenerius 、校正を実行します。 3月、 8月30日) 。 In Central America a special feast of the Coronation of Mary in heaven (double major) is celebrated 18 August.中央アメリカに特別なごちそうは、天国の戴冠式のメアリー(ダブルメジャー)は、 8月18日祝わです。 The city of Gerace in Calabria keeps three successive days with the rite of a double first class, commemorating: 15th of August, the death of Mary; 16th of August, her Coronation.カラブリアジェラーチェ( Geraceを保持するシティの日間連続で3つの儀式は、ダブルファーストクラス、記念: 8月15日、メアリーの死を、 8月16日、彼女の戴冠式です。

At Piazza, in Sicily, there is a commemoration of the Assumption of Mary (double second class) the 20th of February, the anniversary of the earthquake of 1743.広場では、シチリアでは、仮定のを記念して、メアリー(ダブル2番目のクラス)の2月20日に、 1743周年を記念した地震のです。 A similar feast (double major with octave) is kept at Martano, Diocese of Otranto, in Apulia, 19th of November. 、同様の饗宴(ダブルメジャーにオクターブ)が保管されてmartano 、教区のオトラント海峡は、プーリア、 11月19日です。

[Note: By promulgating the Bull Munificentissimus Deus, 1 November, 1950, Pope Pius XII declared infallibly that the Assumption of the Blessed Virgin Mary was a dogma of the Catholic Faith. [注: munificentissimus神promulgatingの雄牛は、 1950年11月1日、ピウス12完ぺきに宣言したのは、仮定のは、聖母マリアのは、カトリックの教義を信仰します。 Likewise, the Second Vatican Council taught in the Dogmatic Constitution Lumen Gentium that "the Immaculate Virgin, preserved free from all stain of original sin, was taken up body and soul into heavenly glory, when her earthly life was over, and exalted by the Lord as Queen over all things (n. 59)."]同様に、第二バチカン公会議の教えは、独断的な憲法の内腔gentiumは"無原罪ヴァージン、すべての染色保持無料の原罪から、体と心を取り上げては、天の栄光は、彼女のこの世の生活が終わったとき、および高貴された主女王としてのすべてのもの(名59 ) 。 " ]

Publication information Written by Frederick G. Holweck.出版物の情報執筆者フレデリックg. holweckです。 Transcribed by Janet Grayson.ジャネットグレイソン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.のは、カトリックの百科事典、第Ⅱ巻です。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Mariology マリア
Virgin Mary 聖母マリア
Immaculate Conception 無原罪懐胎の祝日
Virgin Birth 処女懐胎

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです