Atonement償い

General Information 総合情報

The word atonement, constructed from at and one, means "to set at one" or "to reconcile."償いという言葉は、建設より先と1つの意味"で1つを設定する"または"を和解。 " In Christian theology, atonement denotes the doctrine of the reconciliation of God and man accomplished by the crucifixion and death of Jesus Christ.キリスト教神学は、教義の償いそれは、神と人間との和解達成されたイエスキリストのはりつけと死のです。 There have been three major theories of atonement: the ransom theory, the Anselmian theory, and the Abelardian theory. 3つの主要な理論があったの償い:身代金理論的にはそのanselmian理論的には、理論とabelardianです。 The ransom theory, first propounded by Origen (c.185-254), was developed from Mark 10:45 and explained the atonement as a price paid by God in Christ to the devil.の身代金を要求する理論的には、最初に提唱された原産地( c.185 - 254 ) 、マルクが開発10:45からと説明して支払われる価格の償いとして、キリストを悪魔の神です。 Saint Anselm (c.1033-1109) explained the atonement as an act of satisfaction paid by Christ as man to God, who demanded from man perfect obedience to the law, which he could not fulfill because of his sinfulness.聖アンセルムス( c.1033 - 1109 )説明して法の満足度の償いとして支払われるイエスキリストを神として男、 who完璧な男の服従を要求した同法から、これを満たすことはできないため、彼の罪深さです。 The exemplarist theory of Peter Abelard (1079-1142) viewed Christ's death as an inspiring appeal of love evoking in the sinner a response of love, thus removing his sin.ピーターの理論のexemplaristアベラード( 1079-1142 )の人気イエスキリストの死の愛としての魅力を奮起させるevokingは、罪人の応答への愛、こうして自分の罪を削除します。

Martin Luther, John Calvin, and other Reformers developed the Anselmian theory in the direction of penal substitution.マーティンルーサー、ジョンカルビン、およびその他の改革派の方向に開発してanselmianの刑法理論に置換します。 Liberal theologians have reverted to an Abelardian type of explanation.リベラルな神学者がabelardianタイプの説明に戻しました。 Gustav Aulen and other Swedish theologians have recently advocated a return to the ransom theory conceived in terms of victory over the powers of evil.スウェーデンのグスタフaulenおよびその他の神学者が最近に戻って身代金を要求する理論を提唱する考えを利用する悪の力の勝利です。

In Jewish theology, stress is placed on personal acts of atonement; vicarious atonement is given little importance (see also Yom Kippur).ユダヤ人の神学、ストレスに配置して個人的な行為の償い;代償償いは、与えられたほとんどの重要性(贖罪の日も参照ください) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Reginald H. Fullerレジナルド笠原フラー

Bibliography 書誌事項
Dillistone, Frederick W., The Christian Understanding of Atonement (1968); Feenstra, R., and Plantinga, C., Trinity, Incarnation, and Atonement (1990); Hengel, Martin, The Atonement, trans. dillistone 、フレデリックワットは、キリスト教の理解を償い( 1968 ) ; feenstra 、 r. 、およびplantinga 、通性、トリニティ、化身し、償い( 1990 ) ;ヘンゲル、マーティンは、償い、トランスです。 by John Bowden (1981); White, Vernon, Atonement and Incarnation (1991).ジョンbowden ( 1981 ) ;白、ヴァーノン、償いと化身( 1991 ) 。


Also, see:また、参照してください:
Atonement 償い

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです