Augsburg Confessionアウクスブルク信仰告白

General Information 総合情報

The Augsburg Confession is a Lutheran Confession of Faith that was issued (1530) during the Reformation at the Diet of Augsburg.アウクスブルク信仰告白は、ルター派の信仰告白に発行された( 1530 )は、国会中に改革のアウクスブルクです。 In 1530, Emperor Charles V convoked the diet as part of his effort to bring religious peace to Europe. 、 1530 、皇帝カール5世convoked国会議員の一部として彼の努力をするヨーロッパに平和をもたらす宗教です。 He failed in his efforts, however, because he underestimated the fervor with which the followers of Martin Luther had already formulated a distinctive position.彼は彼の努力に失敗しましたが、しかし、彼は過小評価しているためには、信者の熱気に包まれるマーティンルーサーはすでに、独自の地位策定します。 Philipp Melanchthon, one of the authors of the Confession, designed it to be relatively open to the Roman Catholic church on the right and to other reformed but non-Lutheran parties on the left.フィリップメランヒトン、 1つの著者には、自白は、設計することを開放しては比較的ローマカトリック教会を調べて下さいとそれ以外に他の改革-ルター派政党をお使い下さい。 It affirmed inherited classic Christian doctrines.クラシックから継承したことアファームドキリスト教の教義です。 Its particular stress on Grace, as Luther had interpreted it in the writings of St. Paul, and its rejection of any righteousness based on human works and merits made it unacceptable to many other Western Christians.その特定のストレスを猶予、ルーサーとして解釈していた文章の聖パウロ、およびその正義に基づいて任意の拒絶反応を人間の動作をすることは受け入れられないとのメリットは多くの欧米のキリスト教徒です。 The Confession remains the primary statement of faith among Lutherans, who to this day expect their ministers at ordination to express fidelity to the way it interprets the biblical teachings.遺跡の主なステートメントの信仰告白の間lutherans 、 whoをこの日、閣僚の調整を期待して忠実度を表現するようにして聖書の教えを解釈します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Martin E. Martyマーティンe.マーティー

Bibliography 書誌事項
Grane, Leif, ed., The Augsburg Confession: A Commentary, trans. grane 、レイフ、エドです。は、アウクスブルク信仰告白:解説、トランスです。 by John H. Rasmussen (1987).ジョン笠原ラスムッセン( 1987 ) 。


Augsburg Confessionアウクスブルク信仰告白

General Information 総合情報

The Augsburg Confession (1530) is the most widely accepted specifically Lutheran confession, or statement of faith.のアウクスブルク信仰告白( 1530 )は、最も広く受け入れられ具体的ルター派の自白か、またはステートメントの信仰です。 It was prepared by the German religious reformer Melanchthon, with Martin Luther's approval, as a summary document for the German nobility, who were called to a diet at Augsburg on June 25, 1530, by the Holy Roman emperor Charles V to present their "Lutheran" views.用意されたことは、宗教改革メランクソンドイツ語、マーティンルーサーの承認は、文書を要約として、ドイツの貴族、 whoが国会に呼ばれるアウクスブルクにして1530年6月25日、神聖ローマ帝国皇帝のカール5世を発表した。 "ルーテル"再生回数です。

Rejected there, and later amended, the confession - together with the Nicene, Apostles', and Athanasian creeds and Luther's Small Catechism and Large Catechism - constitutes the creedal basis for almost 80 million Lutheran Christians. The Augsburg Confession has been translated into most major languages and many dialects and in its original form is part of the constitution of most Lutheran churches. 拒否されたが、およびそれ以降の改正は、告白-と一緒に、ニカイア、使徒' 、およびアタナシウス信条とルーサーの小公教要理と大教要理-信条の基礎を構成するほぼ80 000000ルター派キリスト教徒です。アウクスブルク信仰告白され、ほとんどの主要な言語に翻訳される方言と、多くの部分を元のフォームは、ほとんどのルター派教会の憲法です。 Lutheran clergy are frequently required to subscribe to it prior to ordination.ルター派の聖職者が頻繁に必要な事前に登録するにはそれを調整します。

In its modern form the Augsburg Confession consists of 28 articles.アウクスブルク信仰告白は、現代的な形で構成する28の記事です。 The first 21 summarize Lutheran doctrine with special emphasis on justification.ルター派の最初の21要約する教義の正当性を特に重要視する。 The second part of the Augsburg Confession reviews the "abuses" for which remedy was demanded, such as withholding the cup from the laity in Holy Communion and forbidding priests to marry. 2番目の部分は、アウクスブルク信仰告白レビュー"侵害"を救済策が求め、カップなどの源泉からの信徒の聖体拝領との結婚を威嚇するような司祭です。

Because of its conciliatory tone and brevity, the Augsburg Confession affected the entire Reformation movement, especially in such manifestations as the Anglican Thirty-nine Articles and the theology of the French religious reformer John Calvin, who signed a later version in 1540.そのために融和的な口調と簡潔に言うと、影響を受けるのアウクスブルク信仰告白全体の改革の動き、特にこのような症状を呈して39の聖公会の神学の記事と、フランスの宗教改革者ジョンカルビン、それ以降のバージョンで1540 whoに署名した。 In more recent times it has been the basis of fruitful ecumenical dialogue between Roman Catholics and Lutherans.他の最近の回にされて間の対話の基礎を実りあるローマカトリック教徒とキリスト教のlutheransです。

George Wolfgang Forellジョージヴォルフガングforell


Augsburg Confessionアウクスブルク信仰告白

Advanced Information 高度情報

(1530) ( 1530 )

The Augsburg Confession is the basic Lutheran confession of faith or statement of what is believed in loyalty to Christ and his Word.アウクスブルク信仰告白は、基本的なルター派の信仰告白や声明で何がイエスキリストを信じて、彼の言葉に忠誠をします。 It was presented at the Diet of Augsburg in 1530.それは、国会議員の発表は1530アウクスブルクのです。 Philip Melanchthon was its author, but its teachings are clearly those of Martin Luther.フィリップメランヒトンは、その著者が、その教えは明らかにそれらのマーティンルーサーです。

Charles V called a diet, or convention, of the rulers of the Holy Roman Empire to meet in Augsburg in 1530.カール5世と呼ばれる国会か、または条約は、神聖ローマ帝国の支配者に会うのは1530アウクスブルクのです。 The emperor was staunchly Roman Catholic and wanted the empire to be loyal to Romanism.天皇は、ローマカトリックと断固として指名手配される帝国に忠実なローマカトリック教のです。 He directed those rulers supporting different teachings to present statements of what they believed.これらの支配者支援別の監督の教えをどのように考えられてステートメントを提示します。 Charles wanted religious unity so that the empire could present a united front against foreign enemies, especially the Turks.チャールズ指名手配宗教的な団結して、帝国が外国人の敵に対して共同戦線を提示する、特にトルコ人です。

Lutheran theologians drafted various preliminary documents, including the Marburg, Schwabach, and Torgau Articles.ルーテル神学様々な予備的な文書の草案を含め、マールブルグ、シュワーバハし、トルガウの記事です。 Luther had a hand in their preparation, but he could not attend the diet.ルーサーには手を準備中、しかし、国会に出席することはできない。 He had been outlawed by the Edict of Worms (1521), and the Elector of Saxony could not protect him at Augsburg.彼は非合法化されたワームの勅令( 1521 ) 、および、選挙で彼を守るためのザクセンアウクスブルクできませんでした。 Since he had been declared a heretic, his presence would have shifted the focus away from doctrinal issues.彼は宣言されて以来、異端者、彼の存在は教義上の問題からシフトの焦点です。 His martyrdom would have served no purpose.彼の殉教の目的は提供します。 Luther remained at the Coburg but was in constant correspondence with those in Augsburg.ルーサーままでは、コーバーグしかし、定数は、それらのアウクスブルク文通を始める。

Luther's co-worker, Philip Melanchthon, produced the final draft of the Augsburg Confession.ルーサーの共同労働者、フィリップメランヒトン、生産アウクスブルク信仰告白の最後の草案を作成する。 At that time he was in doctrinal agreement with Luther, who approved of the confession wholeheartedly.その時彼は教義上で契約書にルーサー、 who承認は、心をこめて告白します。 Luther did note that it might have dealt with a few more errors and abuses, and that he would not have used such a mild tone.ルーサーは参考に注意して対処することかもしれないいくつかの他のエラー、および侵害し、その彼はこのような穏やかなトーンが使われています。 The doctrine of the confession is clearly that of the Reformer himself.その学説は、改質装置の自白は明らかにしている自分自身です。

The Augsburg Confession was read publicly at the diet in German on the afternoon of June 25, 1530, by Chancellor Christian Beyer of Electoral Saxony.アウクスブルク信仰告白を読むのは、公然とは、国会でのドイツ語で、午後に1530年6月25日、首相選挙ベイヤーキリスト教ザクセンです。 Both the German and the Latin copies were handed in as official.ドイツ語とラテン語の両方のコピーが手には公式のです。 Melanchton altered later editions, partly to render it ambiguous on points such as the real presence of Christ's body and blood in the Lord's Supper. melanchton変化へのエディションは、あいまいな部分をレンダリングすることでポイントなどのリアルの存在をキリストの体の動きと血液は、主の夕食です。 He was inclined to compromise on doctrinal issues.彼は教義上の問題について妥協する傾向がある。 That is why Gnesio-Lutherans have often referred to the Unaltered Augsburg Confession.だからこそgnesio - lutheransがしばしば言及して変更を加えずアウクスブルク信仰告白します。 The Augsburg Confession was included in the Book of Concord (1580) as the basic Lutheran confession.アウクスブルク信仰告白の予約の呼応が含まれている( 1580 )としての基本的なルーテル告白します。

The Augsburg Confession was signed by seven princes and representatives of two independent cities. 7つのアウクスブルク信仰告白によって調印された2つの独立した君主や都市の代表者です。 They believed that the doctrine it taught was biblical and true.彼らの教義と信じては、聖書の教えと真のことです。 They were the ones to sign it because the diet was precisely a convention of the rulers of the empire.署名していたものを正確にするため、国会は、条約は、帝国の支配者です。 But the confession was not intended to present the teachings of some governmental authority.告白はないが、現在の教えを目的としいくつかの政府当局します。 It stated what was being taught in the churches in those parts of Germany.記載している。教わることの何が教会ではこれらの部品はドイツです。 The first article begins: "The churches among us teach with great consensus..."(Latin text).開始の最初の記事: "教会の間に大きなコンセンサスを教える..."(問い合わせラテン語のテキスト) 。

In addition to a preface and a brief conclusion the Augsburg Confession has twenty-eight articles.に加えて、序文と結論を簡単には、 2008年のアウクスブルク信仰告白の記事です。 The first twenty-one present the Lutheran teaching and reject contrary doctrines. 2001年の最初の授業を拒否する現在のルーテル教説に反しています。 The last seven reject abuses in Christian life.キリスト教の侵害での最後の7つの人生を拒否します。 The confession is too brief fully to present the biblical proof or the testimony of previous theologians.自白のはあまりにも簡単な完全に聖書の証拠を提示したり、以前の神学者の証言です。 In response to a Roman Catholic answer, the Confutation, Melanchthon published in 1531 the Apology of the Augsburg Confession, which deals with the controverted issues at greater length.に対応して、ローマカトリックの答えは、論破、 1531メランヒトン公開さアウクスブルク信仰告白し、謝罪を要求した、 controvertedに関する問題を扱うの長さは大きいです。

To discuss the teachings of the Augsburg Confession at length would constitute a theology textbook.の教えを話し合うアウクスブルク信仰告白の神学を構成するには教科書の長さです。 We can at best give some idea of what it says.私たちはいくつかのアイデアに与えることがどういうことは言う。 It teaches the Trinity; original sin as true sin that would condemn if not forgiven; the deity and humanity of Jesus; his sacrifice for all human sin; justification by grace through faith without our works; the gospel, baptism, and the Lord's Supper as actual tools of the Holy Spirit to create and sustain faith; good works as a result, not a cause, of salvation, motivated by the good news that salvation has been earned for us by Christ.それ教えるのトリニティ;原罪として真の罪を許していない場合はと非難し、神と人類のイエスキリスト;彼の犠牲のすべての人間の罪;正当化され猶予なく私たちの作品を通して信仰;の福音は、洗礼、との主の夕食として実際のツールを作成し、維持する聖霊信仰;良い作品としての結果ではなく、原因は、救世、突き動かされる救いの良いニュースを問い合わせてきたイエスキリストの収益を得ることです。 Much more could be said, but this indicates that the Augsburg Confession simply teaches the position which Lutherans consider biblical.がはるかによると、しかし、これは、単にアウクスブルク信仰告白の位置を教えてlutherans聖書を検討します。

The abuses corrected include various false ideas and practices in the Lord's Supper; clerical celibacy; the misuse of confession and absolution; the dietary laws of medieval Romanism; and the idea of a hierarchy in visible Christendom having divine authority in matters of conscience.様々な虚偽の虐待の思想と実践を含める修正は、主の夕食;事務celibacy ;の不正使用を告白と罪の赦し;の食事法の中世のローマカトリック教;との考えを次の階層で権限をキリスト教に神の良心の問題です。

JM Drickamer jm drickamer
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
F. Bente, Historical Introduction to the Symbolical Books of the Evangelical Lutheran Church; H. Fagerberg, A New Look at the Lutheran Confessions 1529-1537; CP Krauth, The Conservative Reformation and Its Theology; JM Reu, The Augsburg Confession.女性bente 、歴史的な象徴の書籍を紹介して福音ルーテル教会;笠原fagerberg 、ルーテル自白を見て、新しい1529-1537 ; cp krauthは、保守的な改革とその神学; jm reuは、アウクスブルク信仰告白します。 The text is available in English in Concordia Triglotta, ed.英語でのテキストは入手可能にコンコルディアtriglotta 、エドです。 F. Bente, and The Book of Concord, ed.女性bente 、予約の呼応と、エドです。 TG Tappert. TGのtappertです。


Augsburg Confessionアウクスブルク信仰告白

Outlineアウトライン

The Confession of Faith: Which Was Submitted to His Imperial Majesty Charles V At the Diet of Augsburg in the Year 1530 by Philip Melancthon信仰の告白:これは、皇帝陛下に提出さカール5世は、国会のアウクスブルクは、 1530年にフィリップmelancthon

Article 1 - Of God 第1条 -神
Article 2 - Of Original Sin 第2条 -の原罪
Article 3 - Of the Son of God 第3条 -の神の息子
Article 4 - Of Justification 第4条 -の正当化
Article 5 - Of the Ministry 第5条 -の厚労省
Article 6 - Of New Obedience 第6条 -新たな服従
Article 7 - Of the Church 第7条 -の教会
Article 8 - What the Church Is 第8条 -どのような教会は、
Article 9 - Of Baptism 第9条 -の洗礼
Article 10 - Of the Lord's Supper 第10条 -は、主の夕食
Article 11 - Of Confession 第11条 -の告白
Article 12 - Of Repentance 第12条 -の後悔
Article 13 - Of the Use of the Sacraments 第13条 -使用するの秘跡
Article 14 - Of Ecclesiastical Order 第14条 -の教会のために
Article 15 - Of Ecclesiastical Usages 第15条 -の教会の慣習
Article 16 - Of Civil Affairs 記事は16日 -の民事
Article 17 - Of Christ's Return to Judgment 第十七条 -キリストへの帰還を判断
Article 18 - Of Free Will 第18条 -の自由意志
Article 19 - Of the Cause of Sin 第19条 -の罪が原因で発生する
Article 20 - Of Good Works 記事索引20 -の良い作品
Article 21 - Of the Worship of the Saints 記事は21日 -は、聖人崇拝する
Article 22 - Of Both Kinds in the Sacrament 第22条 -の両方の種類は、聖餐式
Article 23 - Of the Marriage of Priests 記事索引23 -は、司祭の結婚
Article 24 - Of the Mass 記事索引24 -は、質量
Article 25 - Of Confession 第25条 -の自白
Article 26 - Of the Distinction of Meats 第26条 -の区別は、肉
Article 27 - Of Monastic Vows 第27条 -の修道誓願
Article 28 - Of Ecclesiastical Power 第28条 -の教会のパワー
Article 29 - Conclusion 第29条 -結論



The Confession of Faith信仰の告白

Advanced Information - Full Text 高度情報-フルテキスト

Which Was Submitted to His Imperial Majesty Charles V皇帝陛下が提出さカール5世
At the Diet of Augsburg in the Year 1530国会は、 1530年のアウクスブルクは、
by Philip Melanchthon, 1497-1560フィリップメランヒトンされ、 1497-1560

Translated by F. Bente and WHT Dau女性benteと白ダウ訳


Preface to the Emperor Charles V.序文を天皇チャールズv.

Most Invincible Emperor, Caesar Augustus, Most Clement Lord: Inasmuch as Your Imperial Majesty has summoned a Diet of the Empire here at Augsburg to deliberate concerning measures against the Turk, that most atrocious, hereditary, and ancient enemy of the Christian name and religion, in what way, namely, effectually to withstand his furor and assaults by strong and lasting military provision; and then also concerning dissensions in the matter of our holy religion and Christian Faith, that in this matter of religion the opinions and judgments of the parties might be heard in each other's presence; and considered and weighed among ourselves in mutual charity, leniency, and kindness, in order that, after the removal and correction of such things as have been treated and understood in a different manner in the writings on either side, these matters may be settled and brought back to one simple truth and Christian concord, that for the future one pure and true religion may be embraced and maintained by us, that as we all are under one Christ and do battle under Him, so we may be able also to live in unity and concord in the one Christian Church.ほとんど無敵の皇帝、シーザーアウグストゥス、ほとんどのクレメント主: 〜だけれども皇室陛下は召喚して、ダイエットには、ここでアウクスブルク帝国に関する対策を審議するターク、そのほとんどの凶悪、遺伝、と古代の敵は、キリスト教の名前と宗教、どういうふうに、すなわち、彼の騒動に効果的に耐えるとの軍事攻撃を強力かつ永続的規定;と入力し、また私たちの問題に関するdissensionsは、神聖な宗教とキリスト教の信仰、宗教してこの問題の当事者の意見や判断のかもしれないの音がお互いの存在感、そして自分の考えと体重の間の相互慈善、寛大な措置をし、親切に、ためには、補正後のようなものを除去およびとして扱われると解釈されても、別の方法では、どちらの側に記述は、これらの問題解決と5月に帰される1つの簡単な真実とキリスト教の呼応を、将来のことを1つの純粋で真の宗教と5月に受け入れ先によって管理され、それを私たちは皆、 1つは、キリストとされてされて彼は戦いので、に住んでいたことができる可能性も団結と呼応は、 1つのキリスト教会もあります。

And inasmuch as we, the undersigned Elector and Princes, with others joined with us, have been called to the aforesaid Diet the same as the other Electors, Princes, and Estates, in obedient compliance with the Imperial mandate, we have promptly come to Augsburg, and -- what we do not mean to say as boasting -- we were among the first to be here.と〜だけれども我々は、以下に署名すると君主選挙で、私たちと他のメンバー登録されては、前述の国会と呼ばれる、他の選挙と同じ、君主、および財産、皇室に準拠して作成した委任従順、当社は速やかに来てアウクスブルク、および-どのようなことはありません誇るが言いたいのは-私たちは、最初の間を行っています。

Accordingly, since even here at Augsburg at the very beginning of the Diet, Your Imperial Majesty caused to be proposed to the Electors, Princes, and other Estates of the Empire, amongst other things, that the several Estates of the Empire, on the strength of the Imperial edict, should set forth and submit their opinions and judgments in the German and the Latin language, and since on the ensuing Wednesday, answer was given to Your Imperial Majesty, after due deliberation, that we would submit the Articles of our Confession for our side on next Wednesday, therefore, in obedience to Your Imperial Majesty's wishes, we offer, in this matter of religion, the Confession of our preachers and of ourselves, showing what manner of doctrine from the Holy Scriptures and the pure Word of God has been up to this time set forth in our lands, dukedoms, dominions, and cities, and taught in our churches.したがって、ここからもアウクスブルク国会の冒頭に、お客様の皇室陛下の原因とされる選挙を提案し、君主、およびその他の財産は、帝国は、他のものの中で、いくつかの団地は、帝国は、上の強さ皇室令は、自分の意見を提出する必要と定めるとの判断は、ドイツ語、ラテン語の言語、および以来で、その後の水曜日、答えは与えられた皇室陛下にして、審議した後のため、その記事を提出して私たちは私たちの告白我々の味方を次の水曜日、したがって、皇室の服従をして陛下の願いを、私たちは、この問題の宗教は、弊社の説教師と告白、自分自身、表示中どのような形の教義と聖書からの純粋な神の言葉この時までには我々の土地に規定され、 dukedoms 、領土、および都市、私たちの教会と教えられる。

And if the other Electors, Princes, and Estates.もし、他の選挙人、君主、および財産です。 of the Empire will, according to the said Imperial proposition, present similar writings, to wit, in Latin and German, giving their opinions in this matter of religion, we, with the Princes and friends aforesaid, here before Your Imperial Majesty, our most clement Lord are prepared to confer amicably concerning all possible ways and means, in order that we may come together, as far as this may be honorably done, and, the matter between us on both sides being peacefully discussed without offensive strife, the dissension, by God's help, may be done away and brought back to one true accordant religion; for as we all are under one Christ and do battle under Him, we ought to confess the one Christ, after the tenor of Your Imperial Majesty's edict, and everything ought to be conducted according to the truth of God; and this it is what, with most fervent prayers, we entreat of God.は、帝国は、皇室によると、提案によると、現在のような文章をウィットは、ラテン語とドイツ語、自分の意見を与え、この物質の宗教、我々は、前述の君主や友人と、ここ前にして皇室陛下、私たちの最もクレメントの主は、友好的に協議する用意が可能なすべての手段については、注文をすることがあります一緒、尊敬される限りで行われる可能性がありますし、私たちの間の問題が平和的に議論の両側に不快な闘争は、あつれき、神の助けを、 5月になくなると一致帰さを1つの真の宗教として私たちは皆、 1つは、キリストとされてバトルされて彼は、私たちの1つを告白したい場合に使います。イエスキリストは、テナーの後にお客様の皇室陛下の布告、およびすべての実施されるべきだによると、神の真理;と、このことはどのような、多くの熱心な祈り、私たちの神切望する。

However, as regards the rest of the Electors, Princes, and Estates, who constitute the other part, if no progress should be made, nor some result be attained by this treatment of the cause of religion after the manner in which Your Imperial Majesty has wisely held that it should be dealt with and treated namely, by such mutual presentation of writings and calm conferring together among ourselves, we at least leave with you a clear testimony, that we here in no wise are holding back from anything that could bring about Christian concord, -- such as could be effected with God and a good conscience, -- as also Your Imperial Majesty and, next, the other Electors and Estates of the Empire, and all who are moved by sincere love and zeal for religion, and who will give an impartial hearing to this matter, will graciously deign to take notice and to understand this from this Confession of ours and of our associates.しかし、残りの選挙については、君主、および財産、 whoを構成する他の部分は、必要がない場合の進展、またいくつかの結果によって達成されるが、この治療法は、宗教が原因で発生した後、陛下は皇室の態度をもって賢明に対処しなければならない行われたと扱われるすなわち、プレゼンテーションなどの相互間の文章と一緒に静かな協議、自分自身、少なくとも私たちの証言を明確にするのままで、ここではないことは、賢明な所蔵先頭から何かがもたらすキリスト教の呼応、 -などの影響では、神とにやましいところが、 -陛下と皇室と同様にして、次へ、他の選挙と土地建物の帝国、およびすべてのw h oは、誠実な愛と熱意を動かされる宗教、とwhoは、公平な聴聞会を与えるこの問題は、通知は、優雅にdeignを取ると、このより、この自白を理解すると偽り、弊社のアソシエイツです。

Your Imperial Majesty also, not only once but often, graciously signified to the Electors Princes, and Estates of the Empire, and at the Diet of Spires held AD 1526, according to the form of Your Imperial instruction and commission given and prescribed, caused it to be stated and publicly proclaimed that Your Majesty, in dealing with this matter of religion, for certain reasons which were alleged in Your Majesty's name, was not willing to decide and could not determine anything, but that Your Majesty would diligently use Your Majesty's office with the Roman Pontiff for the convening of a General Council.皇室陛下しても、一度だけでなく、しかし、多くの場合、選挙を優雅にシニフィエ君主、および財産の帝国、および広告は、 1526開かれた国会の尖塔、お客様の皇室のフォームによると、委員会の命令を与えられたと規定、原因と公然と宣言される記載としてください。陛下は、この問題に対処する宗教、特定の理由が陛下の名前の疑いで、喜んで決めることはないと何かを確定できませんでしたが、その陛下は熱心に使用して陛下の事務所ローマ教皇の総務会を主催する。 The same matter was thus publicly set forth at greater length a year ago at the last Diet which met at Spires.同じ問題は、このように公然と規定の長さは1年前よりは、最後の国会での尖塔に会った。 There Your Imperial Majesty, through His Highness Ferdinand, King of Bohemia and Hungary, our friend and clement Lord, as well as through the Orator and Imperial Commissioners caused this, among other things, to be submitted: that Your Imperial Majesty had taken notice of; and pondered, the resolution of Your Majesty's Representative in the Empire, and of the President and Imperial Counselors, and the Legates from other Estates convened at Ratisbon, concerning the calling of a Council, and that your Imperial Majesty also judged it to be expedient to convene a Council; and that Your Imperial Majesty did not doubt the Roman Pontiff could be induced to hold a General Council, because the matters to be adjusted between Your Imperial Majesty and the Roman Pontiff were nearing agreement and Christian reconciliation; therefore Your Imperial Majesty himself signified that he would endeavor to secure the said Chief Pontiff's consent for convening, together with your Imperial Majesty such General Council, to be published as soon as possible by letters that were to be sent out.陛下皇室にして、彼の高いフェルディナンドを通じて、キングオブボヘミア、ハンガリー、私たち友人に送るとクレメントの主だけでなく、委員会を通じて雄弁家と皇室の原因は、他のもののうち、を提出:皇室陛下が撮影してください。通知;と悩んで、陛下の解決には、帝国を代表する、との皇室の社長兼カウンセラー、他の団地からlegatesとratisbon召集で、実際の通話は、会議、と判断してください。インペリアル陛下もそれを功利主義的なに会議を招集するとしてください。インペリアル陛下しなかった疑いが引き起こされる、ローマ教皇総務会を開催するため、皇室の問題を調整して陛下との間に、ローマ教皇とキリスト教の和解契約書が近づいて;したがってお客様の皇室陛下自分自身シニフィエを確保する努力をする彼は最高の司教の同意を主催者によると、皇室陛下と一緒にしてこのような総務会をできるだけ早くに公開されていた文字を送信する。

If the outcome, therefore, should be such that the differences between us and the other parties in the matter of religion should not be amicably and in charity settled, then here, before Your Imperial Majesty we make the offer in all obedience, in addition to what we have already done, that we will all appear and defend our cause in such a general, free Christian Council, for the convening of which there has always been accordant action and agreement of votes in all the Imperial Diets held during Your Majesty's reign, on the part of the Electors, Princes, and other Estates of the Empire.の場合、結果は、したがって、このようにすべきである我々との違いは他の政党は、宗教の問題にはならないと慈善友好的に解決、入力し、ここでは、皇室陛下の前につくって提供してすべての服従に加えて、私たちはすでに完了すると、そのすべてが表示され、我々は我々の大義を守るような一般的に、無料キリスト教会議の主催者のための余地は常に一致の票を集めるアクションと契約書のすべてのダイエット開かれた皇室陛下の治世中に、上の部分は、選挙人、君主、およびその他の財産は、帝国です。 To the assembly of this General Council, and at the same time to Your Imperial Majesty, we have, even before this, in due manner and form of law, addressed ourselves and made appeal in this matter, by far the greatest and gravest.アセンブリには、次の一般理事は、それと同時に皇室陛下にして、当社は、この前は、態度やフォームのための法では、自分自身のことや対処訴え、この問題は、深刻なまでの最大のとします。 To this appeal, both to Your Imperial Majesty and to a Council, we still adhere; neither do we intend nor would it be possible for us, to relinquish it by this or any other document, unless the matter between us and the other side, according to the tenor of the latest Imperial citation should be amicably and charitably settled, allayed, and brought to Christian concord; and regarding this we even here solemnly and publicly testify.この訴えは、皇室の両方にして陛下として会議は、我々はまだ固執;どちらも行うことができると我々の問い合わせも、これを放棄することによってまたはその他のドキュメントがない限り、私たちの間の問題との反対側に、によると、テノールの最新のcharitably皇室と友好的に解決すべきである引用、 allayed 、およびbroughtをキリスト教の呼応、およびこれと関連し、私たちもここに厳粛に公然と証言します。


Article I: Of God.第1条:神のです。

Our Churches, with common consent, do teach that the decree of the Council of Nicaea concerning the Unity of the Divine Essence and concerning the Three Persons, is true and to be believed without any doubting; that is to say, there is one Divine Essence which is called and which is God: eternal, without body, without parts, of infinite power, wisdom, and goodness, the Maker and Preserver of all things, visible and invisible; and yet there are three Persons, of the same essence and power, who also are coeternal, the Father the Son, and the Holy Ghost.私たちの教会は、共通の同意は、教えるのは、法令に関するニカイア公会議は神の本質との統合の問題の3つの人が真実であり、疑うことなくされるとみ;つまり、 1つには神の本質これはこれは神と呼ばれる:永遠の、ボディ、部品、無限の力、知恵、および善良、禁猟区のメーカーとのすべてのものは、次のと目に見えない;とはまだありませんには3つの人は、本質的には同じとパワー、 whoは永遠に共存するにも、父親の息子、聖霊とします。 And the term "person" they use as the Fathers have used it, to signify, not a part or quality in another, but that which subsists of itself.と、 "人"彼らの祖先が使用されるとして使用することを意味ではなく、パートや品質を別のが、それ自体がsubsistsです。

They condemn all heresies which have sprung up against this article, as the Manichaeans, who assumed two principles, one Good and the other Evil- also the Valentinians, Arians, Eunomians, Mohammedans, and all such.彼らのすべての非難がバネにぶつかるheresiesこの記事は、 manichaeansとして、 who想定2つの原則は、 1つの善と悪にも、他のvalentinians 、 arians 、 eunomians 、 mohammedans 、およびすべてのようです。 They condemn also the Samosatenes, old and new, who, contending that there is but one Person, sophistically and impiously argue that the Word and the Holy Ghost are not distinct Persons, but that "Word" signifies a spoken word, and "Spirit" signifies motion created in things.彼らを非難するsamosatenesも、古いものと新しいもの、 who 、競合があるしかし、一人は、不信心sophisticallyと主張している言葉と聖霊の区別はない人が、その"言葉"を意味する戯曲、および"スピリット"モーション作成されたことを意味します。


Article II: Of Original Sin.記事索引2世:オリジナルの罪です。

Also they teach that since the fall of Adam all men begotten in the natural way are born with sin, that is, without the fear of God, without trust in God, and with concupiscence; and that this disease, or vice of origin, is truly sin, even now condemning and bringing eternal death upon those not born again through Baptism and the Holy Ghost.教えることからも彼らの秋に生まれたすべての人アダムは、罪を持って生まれる自然な方法では、それは、神への恐怖を、神の信頼をなし、および情欲;と、この病気のか、または担当副原産地は、本当に罪も、今すぐ非難をもたらすこれらのない永遠の死に生まれ変わるバプテスマと聖霊を通してです。

They Condemn the Pelagians and others who deny that original depravity is sin, and who, to obscure the glory of Christ's merit and benefits, argue that man can be justified before God by his own strength and reason.その他who pelagiansと非難して彼らを元の堕落は罪を否定し、 who 、キリストの栄光をあいまいにするメリットと利点は、男を正当化できると主張して神の前で自分自身の強さとの理由です。


Article III: Of the Son of God.記事3世:神の息子のです。

Also they teach that the Word, that is, the Son of God, did assume the human nature in the womb of the blessed Virgin Mary, so that there are two natures, the divine and the human, inseparably enjoined in one Person, one Christ, true God and true man, who was born of the Virgin Mary, truly suffered, was crucified, dead, and buried, that He might reconcile the Father unto us, and be a sacrifice, not only for original guilt, but also for all actual sins of men.その言葉で教えても、それは、神の息子、人間の本性を想定するのは子宮の聖母マリアのように、 2つの性質には、神と人間の、 1つの密接に差し止め人は、 1つのイエスキリスト、真の神と真の男、 who 、聖母マリアが生まれたのは、本当に苦しん、はりつけ、死んだ、と埋められて、その彼はわたしたちの父和解かもしれない、とは、犠牲ではなく、オリジナルの罪悪感のみだけでなく、すべての実際に罪の男性です。

He also descended into hell, and truly rose again the third day; afterward He ascended into heaven that He might sit on the right hand of the Father, and forever reign and have dominion over all creatures, and sanctify them that believe in Him, by sending the Holy Ghost into their hearts, to rule, comfort, and quicken them, and to defend them against the devil and the power of sin.彼はまた地獄の子孫を、と真にローズの3日目に再び;その後彼は天国に昇って彼の右手に座るのかもしれないの父、と永遠に君臨してすべての生き物の支配、および認可して彼を信じて、聖霊を送信して、かれらの心を統治する、快適度、および速くし、それらを守るための力を反対する悪魔と罪です。

The same Christ shall openly come again to judge the quick and the dead, etc., according to the Apostles' Creed.イエスキリストは同じものを公然と戻って来るの生者と死者を判断するなどによると、使徒信条です。


Article IV: Of Justification.第4条:を正当化します。

Also they teach that men cannot be justified before God by their own strength, merits, or works, but are freely justified for Christ's sake, through faith, when they believe that they are received into favor, and that their sins are forgiven for Christ's sake, who, by His death, has made satisfaction for our sins.男性も彼らを教えることによって正当化することはできません神の前で自分の強さ、メリット、または作品ではなく、自由に正当化のためにイエスキリストを通して信仰、と考えているときに受信を彼らは賛成し、その罪が赦さをイエスキリストのために、 who 、彼の死によって、私たちの罪は満足しています。 This faith God imputes for righteousness in His sight.この信仰を神の正義imputes彼の光景です。 Rom. ROMから起動します。 3 and 4. 3と4です。


Article V: Of the Ministry.記事索引含まれるのは:厚労省のです。

That we may obtain this faith, the Ministry of Teaching the Gospel and administering the Sacraments was instituted.この信仰を入手することがありますが、教育省の福音と管理の秘跡制定します。 For through the Word and Sacraments, as through instruments, the Holy Ghost is given, who works faith; where and when it pleases God, in them that hear the Gospel, to wit, that God, not for our own merits, but for Christ's sake, justifies those who believe that they are received into grace for Christ's sake.の言葉と秘跡を通して、楽器としてを通じて、聖霊が与えられたとき、 who作品の信仰;どこに喜ばせるときに、神は、それらを耳にするゴスペル、機知に富んだ、その神のためではなく、独自のメリットは、しかし、キリストの酒、 whoと思われるこれらの正当化に猶予を受けた彼らはイエスキリストのために。

They condemn the Anabaptists and others who think that the Holy Ghost comes to men without the external Word, through their own preparations and works.他人を非難する彼らwho anabaptistsと聖霊と考えている男性には外部の言葉を、作品を通して自分の準備をします。


Article VI: Of New Obedience.記事索引六:新たな服従します。

Also they teach that this faith is bound to bring forth good fruits, and that it is necessary to do good works commanded by God, because of God's will, but that we should not rely on those works to merit justification before God.また彼らの信仰を教えるこれは良い果実を生み出すにバインドされており、そのことが必要である神に命じて善行に勤しむ者は、神のご意志のために、それに依存してすべきではないこれらの作品を正当化する前に、神のメリットです。 For remission of sins and justification is apprehended by faith, as also the voice of Christ attests: When ye shall have done all these things, say: We are unprofitable servants.の罪の赦しと信仰の正当性が逮捕され、イエスキリストの声をもattests :時なたがたはこれまでにこれらすべてのものは、言ってやる:我々は不採算召使です。 Luke 17, 10.ルーク17日、 10 。 The same is also taught by the Fathers.同じでも、父親の教えられた。 For Ambrose says: It is ordained of God that he who believes in Christ is saved, freely receiving remission of sins, without works, by faith alone.のアンブローズは言う:神が命じられることは彼はイエスキリストが保存さwho信じて、自由に受信罪の赦し、作品、信仰だけです。


Article VII: Of the Church.資料7 :は、教会です。

Also they teach that one holy Church is to continue forever.彼らを教えることも1つの神聖な教会は永遠を続行する。 The Church is the congregation of saints, in which the Gospel is rightly taught and the Sacraments are rightly administered.聖者の教会の信徒は、されるのは、福音書は、正しく教えとは、当然の秘跡投与します。

And to the true unity of the Church it is enough to agree concerning the doctrine of the Gospel and the administration of the Sacraments.との真の団結はそれで十分に同意の教会の教義の福音との秘跡の管理をします。 Nor is it necessary that human traditions, that is, rites or ceremonies, instituted by men, should be everywhere alike.人間の伝統に必要なこともなければ、それは、儀式や儀式、男性設置され、どこが似ています。 As Paul says: One faith, one Baptism, one God and Father of all, etc. Eph.とポールは言う: 1つの信仰は、 1つの洗礼、 1つのすべての神と父親などephです。 4, 5. 4 、 5 。 6. 6 。


Article VIII: What the Church Is.記事索引viii :どのような教会です。

Although the Church properly is the congregation of saints and true believers, nevertheless, since in this life many hypocrites and evil persons are mingled therewith, it is lawful to use Sacraments administered by evil men, according to the saying of Christ: The Scribes and the Pharisees sit in Moses' seat, etc. Matt.教会の信徒は、正しくは、聖人と真の信仰する者よ、にもかかわらず、多くの偽信者や生活以来、この邪悪な人々が混ざりそれをもって、それは合法的な秘跡を使用する邪悪な男投与される、と言っによると、キリスト: scribesとpharisees座ってモーゼの座席等のマットです。 23, 2. 23日、 2 。 Both the Sacraments and Word are effectual by reason of the institution and commandment of Christ, notwithstanding they be administered by evil men.の両方の秘跡およびWordは、効果的な機関との戒めを理由には、キリストは、邪悪な男にもかかわらず彼らによって投与される。

They condemn the Donatists, and such like, who denied it to be lawful to use the ministry of evil men in the Church, and who thought the ministry of evil men to be unprofitable and of none effect.彼らdonatists非難する、などのように、合法的に否定してwhoを使用して省の邪悪な男は、教会、および省の邪悪な男who思想の採算性の悪いとされる効果なしです。


Article IX: Of Baptism.記事は9世:の洗礼です。

Of Baptism they teach that it is necessary to salvation, and that through Baptism is offered the grace of God, and that children are to be baptized who, being offered to God through Baptism are received into God's grace.彼らの洗礼を教えることが必要であることを救い、洗礼が提供を通してそのことを、神の恩寵ており、その洗礼を受けた子供たちはwhoを、神が提供さを通して、神の恵みに洗礼を受信します。

They condemn the Anabaptists, who reject the baptism of children, and say that children are saved without Baptism.彼らanabaptists非難して、子供たちの洗礼whoを拒否する、と言う洗礼を子供たちが保存されます。


Article X: Of the Lord's Supper.記事索引x :は、主の夕食です。

Of the Supper of the Lord they teach that the Body and Blood of Christ are truly present, and are distributed to those who eat the Supper of the Lord; and they reject those that teach otherwise.夕食は、主に教えるのは、キリストの体の動きと血液が本当に存在する場合、それらのwhoを食べると、夕食に配布し、主;と彼らを教える他のものを拒否します。


Article XI: Of Confession.記事XIの場合:の告白します。

Of Confession they teach that Private Absolution ought to be retained in the churches, although in confession an enumeration of all sins is not necessary.彼らの自白罪の赦しを教えることプライベートの教会に保持されるべきだが、列挙のすべての罪を告白する必要はありません。 For it is impossible according to the Psalm: Who can understand his errors?をすることは不可能によると、詩篇第: whoが理解できる彼のエラーですか? Ps. psのです。 19, 12. 19日、 12 。


Article XII: Of Repentance.記事は12 :後悔します。

Of Repentance they teach that for those who have fallen after Baptism there is remission of sins whenever they are convertedand that the Church ought to impart absolution to those thus returning to repentance.後悔して彼らを教えるwhoが倒れた後、それらの洗礼には罪の赦しconvertedandは、教会のときに彼らは罪の赦しを伝えるこれらのこのようにしたい場合に使います。戻って、後悔するだけ。 Now, repentance consists properly of these two parts: One is contrition, that is, terrors smiting the conscience through the knowledge of sin; the other is faith, which is born of the Gospel, or of absolution, and believes that for Christ's sake, sins are forgiven, comforts the conscience, and delivers it from terrors.今すぐ、後悔は、これらの2つの部品を正しく: 1つは痛恨、それは、恐怖の良心を通じてsmiting罪の知識を、他のは、信仰、これは、福音書に生まれるか、または、罪の赦し、イエスキリストのためにと考えているため、罪が赦さ、快適の良心、それより恐怖を提供します。 Then good works are bound to follow, which are the fruits of repentance.入力し、良い作品は以下にバインドされ、これはその果実を後悔します。

They condemn the Anabaptists, who deny that those once justified can lose the Holy Ghost.彼らanabaptists非難して、それらの一度who否定する聖霊の正当性を失うことです。 Also those who contend that some may attain to such perfection in this life that they cannot sin. who戦うこともそれらのいくつかの5月の完成を達成し、このような生活を送って罪することはできません。

The Novatians also are condemned, who would not absolve such as had fallen after Baptism, though they returned to repentance. novatiansも非難するが、 whoはないとして無罪を言い渡すような洗礼が低下した後、かれらに返さ、後悔するだけ。

They also are rejected who do not teach that remission of sins comes through faith but command us to merit grace through satisfactions of our own.また、 whoていないが拒否罪の赦しを教えることが伝わる信仰しかし、コマンドを通じて問い合わせ満足の猶予を独自のメリットです。


Article XIII: Of the Use of the Sacraments.記事は13 :の秘跡を使用しています。

Of the Use of the Sacraments they teach that the Sacraments were ordained, not only to be marks of profession among men, but rather to be signs and testimonies of the will of God toward us, instituted to awaken and confirm faith in those who use them.彼らの秘跡の使用を教えるのは、秘跡が命じられるだけでなく、マークされる職業の中の男ではなく、むしろ徴候と証言される神の意志に向かっ問い合わせは、導入を目覚めさせると信仰ではこれらのwho使用して確認するです。 Wherefore we must so use the Sacraments that faith be added to believe the promises which are offered and set forth through the Sacraments.何のためにしなければならないので秘跡を使用して、約束を信じる信仰が追加されましたが定めるを通じて提供され、秘跡です。

They therefore condemn those who teach that the Sacraments justify by the outward act, and who do not teach that, in the use of the Sacraments, faith which believes that sins are forgiven, is required.これらのwhoを教えるために彼らを非難するの秘跡外側行為を正当化される、とwhoはありません教えることは、使用するの秘跡、信仰の罪が赦さと考えている、が必要です。


Article XIV: Of Ecclesiastical Order.記事は14 :教会のためのです。

Of Ecclesiastical Order they teach that no one should publicly teach in the Church or administer the Sacraments unless he be regularly called.教会のための1つは、公然と彼らを教えることは絶対にありませんまたは管理を教えるのは、教会の秘跡しない限り、彼が定期的に呼び出されます。


Article XV: Of Ecclesiastical Usages.記事は15 :の教会使用します。

Of Usages in the Church they teach that those ought to be observed which may be observed without sin, and which are profitable unto tranquillity and good order in the Church, as particular holy-days, festivals, and the like.の使い方を教えることは、それらの教会に観測されるべきだと観測される可能性の罪、および収益性が良いために、かれは、教会の静けさと、特定の神聖-日中に、お祭りなどがあります。

Nevertheless, concerning such things men are admonished that consciences are not to be burdened, as though such observance was necessary to salvation.にもかかわらず、このようなことについて良心はないが、男性は警告を負った、まるでこのような順守は、救世する必要があります。

They are admonished also that human traditions instituted to propitiate God, to merit grace, and to make satisfaction for sins, are opposed to the Gospel and the doctrine of faith.彼らは警告にも神が人間の伝統的導入をpropitiate 、メリットの猶予をし、罪を作るための満足度は、教義に反対して信仰の福音とします。 Wherefore vows and traditions concerning meats and days, etc., instituted to merit grace and to make satisfaction for sins, are useless and contrary to the Gospel.何のために肉と日中の契りを結ぶと伝統に関するなど、導入をメリットとして満足して罪の猶予は、役に立たないとの福音に反しています。


Article XVI: Of Civil Affairs.記事は16 :の民事です。

Of Civil Affairs they teach that lawful civil ordinances are good works of God, and that it is right for Christians to bear civil office, to sit as judges, to judge matters by the Imperial and other existing laws, to award just punishments, to engage in just wars, to serve as soldiers, to make legal contracts, to hold property, to make oath when required by the magistrates, to marry a wife, to be given in marriage.民事彼らの合法的な市民条例を教えることは良い作品を神となり、そのことが市民権をキリスト教徒に耐え事務所、裁判官に座っとして、インペリアルされた問題を判断すると他の既存の法律、罰則を受賞だけに従事する戦争にだけ、兵士として奉仕にするために、法的な契約、財産を保持するにするために、宣誓書を要求するときにmagistrates 、妻と結婚、結婚生活を与えられたのです。

They condemn the Anabaptists who forbid these civil offices to Christians.彼ら非難して、これらの土木事務所を禁じるanabaptists whoキリスト教徒です。

They condemn also those who do not place evangelical perfection in the fear of God and in faith, but in forsaking civil offices, for the Gospel teaches an eternal righteousness of the heart.彼らを非難whoていない場所もそれらの福音派の完ぺきさへの恐怖を、神との信仰は、しかし、民事forsakingオフィス、永遠の正義のための福音の教えの中心です。 Meanwhile, it does not destroy the State or the family, but very much requires that they be preserved as ordinances of God, and that charity be practiced in such ordinances.一方、国家を破壊することはありませんか、ご家族、しかし、彼らは非常にする必要が条例の神として保存し、このような条例を慈善事業に実践されています。 Therefore, Christians are necessarily bound to obey their own magistrates and laws save only when commanded to sin; for then they ought to obey God rather than men.したがって、必然的にバインドされ、キリスト教徒は、自分のmagistratesや法律に従うときにのみ保存するよう命じて罪;を入力し、彼らの神というより男性に従うするべきです。 Acts 5, 29.行為5 、 29 。


Article XVII: Of Christ's Return to Judgment.記事17 :キリストへの帰還を判断します。

Also they teach that at the Consummation of the World Christ will appear for judgment and will raise up all the dead; He will give to the godly and elect eternal life and everlasting joys, but ungodly men and the devils He will condemn to be tormented without end.教えることも彼らは、イエスキリストが表示され、世界の終焉を上げるまでのすべての判断とは死んだ;彼は信心深い々に施しをすると永遠の喜びと永遠の命を選出、しかし、彼はとんでもない男とは、悪魔たちを非難される苦しみを味わわさせず終わり。

They condemn the Anabaptists, who think that there will be an end to the punishments of condemned men and devils.彼ら非難してanabaptists 、 who考えることに終止符を打つには男性と悪魔の処罰を非難します。

They condemn also others who are now spreading certain Jewish opinions, that before the resurrection of the dead the godly shall take possession of the kingdom of the world, the ungodly being everywhere suppressed.彼らを非難する他のwhoは今も広がって、特定のユダヤ人の意見を、その前に復活オブザデッドの信心深い者の所持の王国を取るの世界は、邪悪な者どもがどこに抑制します。


Article XVIII: Of Free Will.記事は18 :の自由意志です。

Of Free Will they teach that man's will has some liberty to choose civil righteousness, and to work things subject to reason.あの男の自由意志を教えるのは、彼らの自由を選択するにはいくつかの市民正義、アジ研を理由に働くものです。 But it has no power, without the Holy Ghost, to work the righteousness of God, that is, spiritual righteousness; since the natural man receiveth not the things of the Spirit of God, 1 Cor.しかし、それはないパワー、聖霊に、神の正義を働く、それは、精神的な正義;以来、自然なことのない男receiveth神の精神を、 1コーです。 2,14; but this righteousness is wrought in the heart when the Holy Ghost is received through the Word. 2,14 ;しかし、この正義は、鍛造の中心を介して受け取ったときには聖霊という言葉です。 These things are said in as many words by Augustine in his Hypognosticon, Book III: We grant that all men have a free will, free, inasmuch as it has the judgment of reason; not that it is thereby capable, without God, either to begin, or, at least, to complete aught in things pertaining to God, but only in works of this life, whether good or evil.これらのものはできるだけ多くの言葉をアウグスティヌスによると彼のhypognosticon 、予約3世:私たちすべての人には無料で付与することは、無料、それには、判断の理由;能力がないことは、神、のいずれかを開始するか、または、少なくとも、何かを完了するに係るものの神、しかし、作品は、次の生活だけで、いいか悪いかどうかです。 "Good" I call those works which spring from the good in nature, such as, willing to labor in the field, to eat and drink, to have a friend, to clothe oneself, to build a house, to marry a wife, to raise cattle, to learn divers useful arts, or whatsoever good pertains to this life. "良い"私はそれらの作品が春の自然界からの良いなど、喜んで労働の分野で、ために食べ物と飲み物、友人には、服を着る、して家を建てる、妻と結婚する、牛を飼う、ダイバー役に立つ芸術を学ぶか、またはこの生活に関するもの良いです。 For all of these things are not without dependence on the providence of God; yea, of Him and through Him they are and have their being.これらすべてのことがないわけでは依存して、神の摂理;いや、彼らは彼と彼を持つ、企業を通じてている。 "Evil" I call such works as willing to worship an idol, to commit murder, etc. "悪"私は喜んでこのような作品として崇拝するアイドル、殺人事件をコミットするなど

They condemn the Pelagians and others, who teach that without the Holy Ghost, by the power of nature alone, we are able to love God above all things; also to do the commandments of God as touching "the substance of the act."彼ら非難してpelagiansおよびその他、聖霊のwhoを教えることなく、自然の力されるだけでも、我々は神の愛できるように上記のすべてのもの;もこれを行うには神の戒めに触れるとして"化学物質に関する法律です。 " For, although nature is able in a manner to do the outward work, (for it is able to keep the hands from theft and murder,) yet it cannot produce the inward motions, such as the fear of God, trust in God, chastity, patience, etc.は、自然ができるもののする方法の外側にこれを行うには、 (を保つことができるように窃盗や殺人者の手に、 )はまだありません生成することはできません。対内運動は、神への恐怖など、神を信じる、貞操を守る、忍耐力など


Article XIX: Of the Cause of Sin.記事は19 :罪が原因で発生します。

Of the Cause of Sin they teach that, although God does create and preserve nature, yet the cause of sin is the will of the wicked, that is, of the devil and ungodly men; which will, unaided of God, turns itself from God, as Christ says John 8, 44: When he speaketh a lie, he speaketh of his own.彼らの罪を教えることが原因で発生する、神の機能を作成し、維持するものの自然、まだありませんのが原因で発生するのは、邪悪な罪は、それは、悪魔ととんでもない男性;これは、神の人の手を借りない、ターン自体より神、イエスキリストは言うジョン8日、 44 :時に彼speaketh 、嘘を言って、彼は彼自身のspeakethのです。


Article XX: Of Good Works.記事のXX :良い作品です。

Our teachers are falsely accused of forbidding good Works.私たち教師は冤罪を被るの威嚇するような良い作品です。 For their published writings on the Ten Commandments, and others of like import, bear witness that they have taught to good purpose concerning all estates and duties of life, as to what estates of life and what works in every calling be pleasing to God.文章上に公開、十戒、およびその他のようにインポート、教えた経験を証言して良いの目的と義務の生活に関するすべての団地は、団地の生活にどのようなすべての呼び出しとどのような作品を、神に喜ばせる。 Concerning these things preachers heretofore taught but little, and urged only childish and needless works, as particular holy-days, particular fasts, brotherhoods, pilgrimages, services in honor of saints, the use of rosaries, monasticism, and such like.しかし、これらのことについて教えプリーチャーズこれまでほとんど、と促した幼稚なというだけの作品、特定の神聖-日中に、特定の断食、エルマンダー、巡礼、聖人のサービスに敬意を表し、 rosariesの使用を、修道院生活などのようです。 Since our adversaries have been admonished of these things, they are now unlearning them, and do not preach these unprofitable works as heretofore.私たちの敵が警告されて以来、これらのことは、彼らは今すぐunlearningし、これらの不採算説教ではないとしてこれまでの作品です。 Besides, they begin to mention faith, of which there was heretofore marvelous silence.それに、彼らの信仰を始めるに言及、これまでの素晴らしい沈黙があった。 They teach that we are justified not by works only, but they conjoin faith and works, and say that we are justified by faith and works.彼らを教えることは正当化作品だけではなく、かれらの作品信仰と結合する、と言うことは信仰と作品によって正当化されています。 This doctrine is more tolerable than the former one, and can afford more consolation than their old doctrine.この学説は、前者よりも他の耐容1つ、および他の余裕よりも古い教義を慰めています。

Forasmuch, therefore, as the doctrine concerning faith, which ought to be the chief one in the Church, has lain so long unknown, as all must needs grant that there was the deepest silence in their sermons concerning the righteousness of faith, while only the doctrine of works was treated in the churches, our teachers have instructed the churches concerning faith as follows: -- forasmuch 、したがって、信仰に関する教義として、 1つにしたい場合に使います長には、教会、レインためには長い不明の場合は、すべてのニーズに付与する必要がありますが、彼らには、深い沈黙の正義の信仰説教、中のみ教義の教会の作品が扱われることを、私たち教師が指示して教会の信仰に関する以下のとおり: -

First, that our works cannot reconcile God or merit forgiveness of sins, grace, and justification, but that we obtain this only by faith when we believe that we are received into favor for Christs sake, who alone has been set forth the Mediator and Propitiation, 1 Tim.第一に、私たちの作品が和解することはできません神やメリット罪の許し、猶予し、正当な理由が、その私たちの信仰を得るだけで、このときに私たちは、我々は賛成を受信するためにchrists 、 whoだけが設定されているとの和解調停、 1ティムです。 2, 6, in order that the Father may be reconciled through Him. 2 、 6 、ためには、 5月に和解を通じて彼の父親です。 Whoever, therefore, trusts that by works he merits grace, despises the merit and grace of Christ, and seeks a way to God without Christ, by human strength, although Christ has said of Himself: I am the Way, the Truth, and the Life.誰でも、そのため、彼の作品の信頼関係のメリットが猶予され、キリストの恵みdespisesのメリットと、およびシークする方法を、神にイエスキリストは、人間の強さ、もののによると、イエスキリストは、自分自身:私のようにして、真理であり、生活。 John 14, 6.ジョン14日、 6 。

This doctrine concerning faith is everywhere treated by Paul, Eph.この教義によって治療されるポールに関するあらゆる信仰は、 eph 。 2, 8: By grace are ye saved through faith; and that not of yourselves; it is the gift of God, not of works, etc. 2 、 8 :を通じて保存され、なたがたの信仰の猶予は、自分いるわけではないのではなく、神の贈り物は、特定の動作について、など

And lest any one should craftily say that a new interpretation of Paul has been devised by us, this entire matter is supported by the testimonies of the Fathers.と言ってやるがしないようにしていずれか1つは、ずる賢く新たな解釈を考案したポールされ問い合わせは、この問題は全体には、父の証言でサポートされています。 For Augustine, in many volumes, defends grace and the righteousness of faith, over against the merits of works.をアウグスティヌスに、多くの巻号は、信仰を守る正義の猶予と、反対のメリットは以上の作品です。 And Ambrose, in his De Vocatione Gentium, and elsewhere, teaches to like effect.とアンブローズ、彼のデvocatione gentium 、および他のは、教えるのが好き有効にします。 For in his De Vocatione Gentium he says as follows: Redemption by the blood of Christ would become of little value, neither would the preeminence of man's works be superseded by the mercy of God, if justification, which is wrought through grace, were due to the merits going before, so as to be, not the free gift of a donor, but the reward due to the laborer.彼のデvocatione gentiumは彼の言う以下のとおり:交換されたイエスキリストの血はほとんど価値になると、どちらのなら、その人の作品の優位性に取って代わられる神の慈悲は、正当な理由の場合、これは鍛造を通じて猶予がのために行く前に、メリットを挙げて、ためには、特定の無料プレゼントは、ドナーが、報奨金のために、労働者です。

But, although this doctrine is despised by the inexperienced, nevertheless God-fearing and anxious consciences find by experience that it brings the greatest consolation, because consciences cannot be set at rest through any works, but only by faith, when they take the sure ground that for Christ's sake they have a reconciled God.しかし、この学説は軽蔑された経験の浅い、神を恐れると不安にもかかわらず良心を経験して見つけるの最大の慰めもたらすため、良心安静時に設定することはできません任意の作品を通して、しかし、信仰だけで、かれらが地上からの確認イエスキリストのためにして仲直りした彼らは神です。 As Paul teaches Rom.ポールROMとの互換性を教えてください。 5, 1: Being justified by faith, we have peace with God. 5 、 1 :信仰が正当化される、私たちが神の平和です。 This whole doctrine is to be referred to that conflict of the terrified conscience, neither can it be understood apart from that conflict.この全体の教義は言及されるのを恐れて良心の競合をして、どちらも理解できることが競合離れています。 Therefore inexperienced and profane men judge ill concerning this matter, who dream that Christian righteousness is nothing but civil and philosophical righteousness.したがって不敬男性判事経験の浅いとこの問題に関する病気、 who夢見ているキリスト教の正義は何もないしかし、市民的および哲学的正義です。

Heretofore consciences were plagued with the doctrine of works, they did not hear the consolation from the Gospel.これまでの学説の良心に悩まされる作品は、慰めていないから耳にするの福音です。 Some persons were driven by conscience into the desert, into monasteries hoping there to merit grace by a monastic life.いくつかの人の良心を駆動された砂漠、そこにメリットを望んで修道院禁欲生活を猶予されています。 Some also devised other works whereby to merit grace and make satisfaction for sins.他の作品も工夫をいくつかのメリットです罪の満足を猶予しています。 Hence there was very great need to treat of, and renew, this doctrine of faith in Christ, to the end that anxious consciences should not be without consolation but that they might know that grace and forgiveness of sins and justification are apprehended by faith in Christ.それゆえに扱う必要があったの非常に大きい、との更新は、この教義を信仰をイエスキリストは、その不安を最後まで良心を慰めることはできませんしかし、グレース知っているかもしれないとして罪の許しと信仰の正当性が逮捕され、キリストです。

Men are also admonished that here the term "faith" does not signify merely the knowledge of the history, such as is in the ungodly and in the devil, but signifies a faith which believes, not merely the history, but also the effect of the history -- namely, this Article: the forgiveness of sins, to wit, that we have grace, righteousness, and forgiveness of sins through Christ.男性にも警告が、ここという用語は"信仰"を意味するだけの知識はありませんの歴史などは、とんでもないと、悪魔が、どの信仰を意味すると考え、単にの歴史、その効果だけでなく、履歴-すなわち、この記事:罪の赦しを、機知に富んだ、その私たちに恵み、正義、イエスキリストを通して罪の許しとします。

Now he that knows that he has a Father gracious to him through Christ, truly knows God; he knows also that God cares for him, and calls upon God; in a word, he is not without God, as the heathen.今すぐ彼を知っている彼には、イエスキリストを通して彼の父親を優雅な、本当に知って神;彼は神の苦労を知っても彼にとって、神との呼び出し時;一言で言えば、彼は神がないわけでは、異教徒としてします。 For devils and the ungodly are not able to believe this Article: the forgiveness of sins.悪魔との甚だしいこの記事を信じることはできません:罪の赦しをします。 Hence, they hate God as an enemy, call not upon Him, and expect no good from Him.したがって、彼らの神として敵嫌い、コールしない時彼は、と期待するの良いからだ。 Augustine also admonishes his readers concerning the word "faith," and teaches that the term "faith" is accepted in the Scriptures not for knowledge such as is in the ungodly but for confidence which consoles and encourages the terrified mind.彼の読者もadmonishesアウグスティヌスの言葉"信仰"と教えては、用語"信仰"が承認された経典のような特定の知識は、とんでもないしかし、自信をコンソールの恐怖心を奨励し、推進します。

Furthermore, it is taught on our part that it is necessary to do good works, not that we should trust to merit grace by them, but because it is the will of God.また、これは私たちの部分を教えてて善行に励むことが必要ではなく、信頼していかなければならないメリット猶予されてからではなく、これは神の意志です。 It is only by faith that forgiveness of sins is apprehended, and that, for nothing.これは信仰だけでは罪の許しを逮捕、とし、はない。 And because through faith the Holy Ghost is received, hearts are renewed and endowed with new affections, so as to be able to bring forth good works.聖霊を通して信仰のためを受信した時、心はリニューアルと新たな愛情に恵まれているので、できるように良い作品を生み出す。 For Ambrose says: Faith is the mother of a good will and right doing.のアンブローズは言う:信仰は、良い意志と権利の母親のことです。 For man's powers without the Holy Ghost are full of ungodly affections, and are too weak to do works which are good in God's sight.男の力なしに聖霊の愛情がいっぱいのとんでもないし、これを行うに作品があまりにも弱いが、神の光景が良いです。 Besides, they are in the power of the devil who impels men to divers sins, to ungodly opinions, to open crimes.それに、彼らは、悪魔には、電源のダイバーwho impels男性に罪を不信心な意見は、犯罪を開いています。 This we may see in the philosophers, who, although they endeavored to live an honest life could not succeed, but were defiled with many open crimes.このことがあります哲学に表示されて、 who 、彼らの生活への誠実な努力に住ん成功できませんでしたが、多くのオープン性がdefiled犯罪です。 Such is the feebleness of man when he is without faith and without the Holy Ghost, and governs himself only by human strength.このようなときは、人間の弱さを彼は聖霊の信仰とせず、人間の力だけで自分自身を支配する。

Hence it may be readily seen that this doctrine is not to be charged with prohibiting good works, but rather the more to be commended, because it shows how we are enabled to do good works.それゆえの482.6で見たことがあることがあります、この教義があってはならない罪で禁止され、良い作品ではなく、むしろ、他の表彰される、ということを表しが有効になってどのようにして善行に勤しむ者です。 For without faith human nature can in no wise do the works of the First or of the Second Commandment.人間の本性の信仰をなして英明でられることはない作品には、 2番目の戒めの最初のか。 Without faith it does not call upon God, nor expect anything from God, nor bear the cross, but seeks, and trusts in, man's help.信仰を神のよう呼び掛けることはありません、何よりも期待の神、またクマのクロス、しかし、シーク、と信頼関係には、男のヘルプです。 And thus, when there is no faith and trust in God all manner of lusts and human devices rule in the heart.とこのように、信仰と信頼がないときには、神の存在を情欲に任せられたあらゆる種類のデバイスと人間の心臓のルールです。 Wherefore Christ said, John 16,6: Without Me ye can do nothing; and the Church sings:何のためにイエスキリストによると、ジョン16,6 :てくれよ、なたがたも何もできなかったこと、およびその教会を歌う:

Lacking Thy divine favor,欠けてなたの神の恩寵により、
There is nothing found in man,男には何も発見さは、
Naught in him is harmless.無に彼は無害です。


Article XXI: Of the Worship of the Saints.記事xxi :聖者の崇拝のです。

Of the Worship of Saints they teach that the memory of saints may be set before us, that we may follow their faith and good works, according to our calling, as the Emperor may follow the example of David in making war to drive away the Turk from his country; For both are kings.聖人崇拝を教えるのは、彼らの記憶問い合わせ聖人年5月に設定する前に、自分たちの信仰に従うことがありますと良い作品は、私たちの呼び出しによると、 5月の天皇のデビッド以下の例の製作に戦争をドライブ込むターク彼の国から;の両方がキングスです。 But the Scripture teaches not the invocation of saints or to ask help of saints, since it sets before us the one Christ as the Mediator, Propitiation, High Priest, and Intercessor.しかし、啓典の呼び出しは、聖人の教えを求めるまたは聖人の助けを借りて、それを設定する前に問い合わせて以来、 1つのイエスキリストの仲介者として、なだめ、高い司祭、および仲裁者です。 He is to be prayed to, and has promised that He will hear our prayer; and this worship He approves above all, to wit, that in all afflictions He be called upon, 1 John 2, 1: If any man sin, we have an Advocate with the Father, etc.彼は祈ったをされるとは約束した彼は私たちの祈りを聞くと、この礼拝彼は上記のすべての承認を機知に富んだ、そのすべての試練と呼ばれる彼は時、 1ジョン2 、 1 :もしあれば男罪では、の提唱者の父親、等

This is about the Sum of our Doctrine, in which, as can be seen, there is nothing that varies from the Scriptures, or from the Church Catholic, or from the Church of Rome as known from its writers.これは弊社の教義については、合計では、図に示すように、変化はないことから、聖書は、あるいはカトリック教会からか、またはからローマの教会のその作家として知られています。 This being the case, they judge harshly who insist that our teachers be regarded as heretics.そうなれば、彼らを厳しく判断するとしてと主張講師who異端と見なされる。 There is, however, disagreement on certain Abuses, which have crept into the Church without rightful authority.には、しかし、意見の相違を特定の侵害、これは正当な権限なしの教会をこっそりします。 And even in these, if there were some difference, there should be proper lenity on the part of bishops to bear with us by reason of the Confession which we have now reviewed; because even the Canons are not so severe as to demand the same rites everywhere, neither, at any time, have the rites of all churches been the same; although, among us, in large part, the ancient rites are diligently observed.さらに、これらの、いくつかの違いがあった場合、適切な慈悲深さに存在する必要があります司教にクマの部分のご案内を理由には、今すぐ見直していきたいと考えて自白;ためにも、参事会としてはそれほど深刻な儀式を要求するのと同じいたるところにあり、どちらも、いつでも、儀式のすべての教会には、同じ;ものの、問い合わせのうち、大部分は、古代の儀式は、熱心に観察します。 For it is a false and malicious charge that all the ceremonies, all the things instituted of old, are abolished in our churches.のことは、虚偽と悪意のある電荷のすべての儀式は、すべての物事の古い制度は、私たちの教会に廃止される。 But it has been a common complaint that some abuses were connected with the ordinary rites.しかしされ、共通の苦情がいくつかの侵害が普通の儀式に接続しています。 These, inasmuch as they could not be approved with a good conscience, have been to some extent corrected.これらの、 〜だけれども彼らを承認できませんでしたやましいところがなくて、ある程度は修正されました。

ARTICLES IN WHICH ARE REVIEWED THE ABUSES WHICH HAVE BEEN CORRECTED.記事では検討して侵害されてきたが修正されました。

Inasmuch, then, as our churches dissent in no article of the faith from the Church Catholic, but only omit some abuses which are new, and which have been erroneously accepted by the corruption of the times, contrary to the intent of the Canons, we pray that Your Imperial Majesty would graciously hear both what has been changed, and what were the reasons why the people were not compelled to observe those abuses against their conscience.考慮して、その後、私たちの教会としての意見の相違はない記事はカトリック教会の信仰から、いくつかの侵害を省略するだけの新しい、とされてきた誤っに受け入れられたの腐敗した回は、参事会の意図に反して、私たち優雅にしてください。祈る皇室陛下は何を聞くの両方が変更されて、その理由は何だったせざるを得ない理由のない人々がそれらの侵害に反してその良心を観察します。 Nor should Your Imperial Majesty believe those who, in order to excite the hatred of men against our part, disseminate strange slanders among the people.陛下は皇室もしていると信じwhoは、エキサイトするために、私たちの一部に対する憎悪の男性は、奇妙な中傷を広めるの人々の間です。 Having thus excited the minds of good men, they have first given occasion to this controversy, and now endeavor, by the same arts, to increase the discord.このように興奮したことの心の善良な人たち、彼らは最初に与えられた機会を利用して、この論争は、今すぐ努力すると、同じ芸術、不和を増やすには。 For Your Imperial Majesty will undoubtedly find that the form of doctrine and of ceremonies with us is not so intolerable as these ungodly and malicious men represent.お客様の皇室陛下は、フォームを見つけるのは間違いないとの教義儀式のご案内ではないとして、これらの不信心なので耐えられないと、悪意のある男性を表す。 Besides, the truth cannot be gathered from common rumors or the revilings of enemies.それに、真理から収集することはできません共通のうわさや、 revilingsの敵をつくりました。 But it can readily be judged that nothing would serve better to maintain the dignity of ceremonies, and to nourish reverence and pious devotion among the people than if the ceremonies were observed rightly in the churches.しかし、それが容易になると判断し何も良いの儀式の尊厳を維持する、との間に栄養をつけに敬意と献身の人々よりも信心深い儀式は見られなかった場合は、正しくは、教会です。


Article XXII: Of Both Kinds in the Sacrament.記事xxii :の両方の種類は、聖餐式です。

To the laity are given Both Kinds in the Sacrament of the Lord's Supper, because this usage has the commandment of the Lord in Matt.信徒を聖餐式が与えられたのは、両方の種類の主の夕食は、この利用方法には、戒めのため、主にマットです。 26, 27: Drink ye all of it, where Christ has manifestly commanded concerning the cup that all should drink. 26日、 10月27日:飲み、なたがたのすべてのこと、ここで明らかにイエスキリストが命じられたすべてのカップを飲む必要です。

And lest any man should craftily say that this refers only to priests, Paul in 1 Cor.ずる賢くしないように言ってやると任意の男は司祭のみを参照して、ポールは1コーです。 11,27 recites an example from which it appears that the whole congregation did use both kinds. 11,27 recitesの例が表示されてからは全体の集会の種類の両方を使用します。 And this usage has long remained in the Church, nor is it known when, or by whose authority, it was changed; although Cardinal Cusanus mentions the time when it was approved.この利用方法は長年の容体は教会でもなければ既知のとき、または、その権威、それが変更さ;ものの枢機卿cusanusには、承認されたときには時間です。 Cyprian in some places testifies that the blood was given to the people.チプリアーノ証言は、いくつかの場所の人々の血が与えられた。 The same is testified by Jerome, who says: The priests administer the Eucharist, and distribute the blood of Christ to the people.ジェロームも同様のことが証言され、 whoは言う:聖体、司祭の管理、および配布して人々をキリストの血中です。 Indeed, Pope Gelasius commands that the Sacrament be not divided (dist. II., De Consecratione, cap. Comperimus).確かに、ローマ教皇のコマンドは、聖餐式ではないgelasius分割( dist. Ⅱ 。 、デconsecratione 、キャップです。 comperimus ) 。 Only custom, not so ancient, has it otherwise.カスタムだけではなく、古代のため、他のことです。 But it is evident that any custom introduced against the commandments of God is not to be allowed, as the Canons witness (dist. III., cap. Veritate, and the following chapters).しかし、これは明らかに、どのようなカスタム導入反対ではない神の戒めされる可、証人としての参事( dist. Ⅲ 。 、キャップです。 veritate 、とは、次の章) 。 But this custom has been received, not only against the Scripture, but also against the old Canons and the example of the Church.しかし、このカスタムが受信されて、反対するだけでなく、啓典、反対するだけでなく、古い教会参事会との例です。 Therefore, if any preferred to use both kinds of the Sacrament, they ought not to have been compelled with offense to their consciences to do otherwise.したがって、もしあれば、希望の種類の聖餐式の両方を使用し、彼らを強制するべきでも攻撃しないようにしてこれを行うに他の良心です。 And because the division of the Sacrament does not agree with the ordinance of Christ, we are accustomed to omit the procession, which hitherto has been in use.と部が実施しているため、聖餐式はありませんキリストの条例に同意する、我々は行列に慣れて省略して、これまでに使用されています。


Article XXIII: Of the Marriage of Priests.記事は23 :の司祭が結婚しています。

There has been common complaint concerning the examples of priests who were not chaste.共通の苦情に関するされwhoの例を司祭は貞淑な。 For that reason also Pope Pius is reported to have said that there were certain causes why marriage was taken away from priests, but that there were far weightier ones why it ought to be given back; for so Platina writes.そのためにもピウスが報告さには、特定の原因によると、なぜ結婚生活があったから連れ去ら司祭は、それまでweightierものがあったなぜそれが与えられるしたい場合に使います。先頭;のようプラティーナ書いている。 Since, therefore, our priests were desirous to avoid these open scandals, they married wives, and taught that it was lawful for them to contract matrimony.以来、そのため、私たちが望んでいる司祭を避けるために、これらの不祥事を開いて、彼らの妻と結婚し、指導しては、合法的な契約をして結婚します。 First, because Paul says, 1 Cor.第一に、ポールは言うので、 1コーです。 7, 2. 7日、 2 。 9: To avoid fornication, let every man have his own wife. 9 :姦淫を避けるために、あらゆる人が自分自身の妻です。 Also: It is better to marry than to burn.また:方が良いと結婚への書き込みもします。 Secondly Christ says, Matt.第二に、キリストは言う、マットです。 19,11: All men cannot receive this saying, where He teaches that not all men are fit to lead a single life; for God created man for procreation, Gen. 1, 28. 19,11 :すべての人を受け取ることはできませんこの言葉、ここで教えているわけではない彼はすべての男性は独身生活をリードするに合わせるために必要な、神の作成のために男性生殖、 Gen 。と1 、 28 。 Nor is it in man's power, without a singular gift and work of God, to alter this creation.男のパワーでもなければ、仕事に特異神の贈り物と、この創作を変更する。 [For it is manifest, and many have confessed that no good, honest, chaste life, no Christian, sincere, upright conduct has resulted (from the attempt), but a horrible, fearful unrest and torment of conscience has been felt by many until the end.] Therefore, those who are not fit to lead a single life ought to contract matrimony. [マニフェストことは、自白したことは絶対にありませんが、多くの良い、正直、貞節な人生、キリスト教、誠実、直立行為が発生した(するという試みが) 、ではなく、恐ろしい、恐ろしい不安と苦痛の呵責を感じてきた多くまでの最後にします。 ]したがって、これらのwhoはない独身生活をリードするに合わせる契約結婚したい場合に使います。 For no man's law, no vow, can annul the commandment and ordinance of God.男の法則はない、ないの誓い、条例を無効にする神の戒めとします。 For these reasons the priests teach that it is lawful for them to marry wives.これらの理由の司祭を教えることはかれらの結婚を合法的な妻です。

It is also evident that in the ancient Church priests were married men.することも明らかにして、古代教会の司祭が男性と結婚します。 For Paul says, 1 Tim.ポールは言うため、 1ティムです。 3, 2, that a bishop should be chosen who is the husband of one wife. 3 、 2 、 whoに選ばれることを司教は、 1つの妻は、夫のです。 And in Germany, four hundred years ago for the first time, the priests were violently compelled to lead a single life, who indeed offered such resistance that the Archbishop of Mayence, when about to publish the Pope's decree concerning this matter, was almost killed in the tumult raised by the enraged priests.とドイツでは、 400年前の最初の時間は、司祭が激しくせざるを得ない独身生活をリードする、 who実際にこのような抵抗を提供してマインツ大司教は、会社を公開するときに、法王のこの問題に関する法令がほとんどで殺害さ怒り狂った司祭の騒々して提起された。 And so harsh was the dealing in the matter that not only were marriages forbidden for the future, but also existing marriages were torn asunder, contrary to all laws, divine and human, contrary even to the Canons themselves, made not only by the Popes, but by most celebrated Synods.過酷な取引などでは、この問題を禁じられているわけではない結婚だけが将来的には、バラバラに引き裂かれただけでなく、既存の結婚は、すべての法律に反して、神と人間、逆にしても参事会自体、教皇の代だけで生まれたものではない、しかし、最も有名なsynodsされています。 [Moreover, many God-fearing and intelligent people in high station are known frequently to have expressed misgivings that such enforced celibacy and depriving men of marriage (which God Himself has instituted and left free to men) has never produced any good results, but has brought on many great and evil vices and much iniquity.] [また、多くの神を恐れると聡明な人々の高い駅が知られ、そのような懸念を表明して頻繁に強制celibacy奪って男性との結婚生活の(神ご自身が男性を自由に設置と左)は、決して良い結果を生成するが、多くの素晴らしいと悪が引き起こした悪徳と多くの罪。 ]

Seeing also that, as the world is aging, man's nature is gradually growing weaker, it is well to guard that no more vices steal into Germany.を見ても、高齢者として、世界は、弱い男の性質は徐々に高まり、それはよく他の悪弊を保護することは絶対にありません忍び込むドイツします。

Furthermore, God ordained marriage to be a help against human infirmity.また、結婚を命じられる神の助けは、虚弱対人間です。 The Canons themselves say that the old rigor ought now and then, in the latter times, to be relaxed because of the weakness of men; which it is to be wished were done also in this matter.自身の参事たちは、今すぐと入力し、古い硬直するべきが、後者の倍、リラックスされるため、弱点の男性;を希望されることはまた、この問題が行われます。 And it is to be expected that the churches shall at some time lack pastors if marriage is any longer forbidden.とされることが期待されるいくつかの時間不足の教会で牧師の場合は、結婚はもはや禁じられています。

But while the commandment of God is in force, while the custom of the Church is well known, while impure celibacy causes many scandals, adulteries, and other crimes deserving the punishments of just magistrates, yet it is a marvelous thing that in nothing is more cruelty exercised than against the marriage of priests.しかし、神の戒めに力は、カスタムの中の教会はよく知られ、不純なcelibacyながら、数多くの不祥事が原因で、不義、およびその他の犯罪の処罰に値するだけmagistrates 、まだそれは何も驚くべきことで他の残酷行使司祭の結婚よりも反対する。 God has given commandment to honor marriage.結婚の戒めを称えて、神が与えられた。 By the laws of all well-ordered commonwealths, even among the heathen, marriage is most highly honored.された法律のすべての秩序だったcommonwealthsも、異教徒間の結婚は、最も高度な光栄です。 But now men, and that, priests, are cruelly put to death, contrary to the intent of the Canons, for no other cause than marriage.しかし、今の男性、とし、司祭は、死刑を残酷にも、その意図に反して、参事は、他の原因よりも結婚します。 Paul, in 1 Tim.ポールは、 1ティムです。 4,3, calls that a doctrine of devils which forbids marriage. 4,3 、教義は悪魔の呼び出しをして結婚することを禁じます。 This may now be readily understood when the law against marriage is maintained by such penalties.この5月の482.6を理解するときに結婚を禁止する法律は、このような罰則によって管理されています。

But as no law of man can annul the commandment of God, so neither can it be done by any vow.しかし、法の男としての神の戒めを無効にするので、どちらが任意の誓いを立てることが行われています。 Accordingly, Cyprian also advises that women who do not keep the chastity they have promised should marry.したがって、チプリアーノと忠告しても保持されない女性の貞操を守るwho彼らは結婚を約束した。 His words are these (Book I, Epistle XI ): But if they be unwilling or unable to persevere, it is better for them to marry than to fall into the fire by their lusts; they should certainly give no offense to their brethren and sisters.彼の言葉は、これらの(予約私は、信徒十一) :しかし、彼らは気が進まない場合や弛みできませんでした、それが良いと結婚して火災に転落するよりも、その情欲に任せられた;彼らは確かに悪気はないとして兄弟姉妹です。

And even the Canons show some leniency toward those who have taken vows before the proper age, as heretofore has generally been the ease.とさえ、参事詳細いくつかの寛大な措置が取らwho向けての誓いをする前にそれらの適切な年齢、これは、全体としての使いやすされています。


Article XXIV: Of the Mass記事は24 :は、質量

Falsely are our churches accused of abolishing the Mass; for the Mass is retained among us, and celebrated with the highest reverence.虚偽の罪に問われるの廃止は私たちの教会のミサ;は、質量が保持さ間の問い合わせ、および著名な畏敬の念が最も高い。 Nearly all the usual ceremonies are also preserved, save that the parts sung in Latin are interspersed here and there with German hymns, which have been added to teach the people.ほぼすべて、通常の儀式にも保持さ、割引率は、部品に歌われるラテン語でそこここに散在ドイツ語賛美歌、これを教えるの人々が追加されました。 For ceremonies are needed to this end alone that the unlearned be taught [what they need to know of Christ].そのためには必要に応じてのセレモニーは無学な人々に教えだけでは、 [どのような彼らを知る必要がキリスト] 。 And not only has Paul commanded to use in the church a language understood by the people 1 Cor.と命じられただけでなく、ポールを使用するには、教会の人々の言語を理解させる1コーです。 14,2. 14,2です。 9, but it has also been so ordained by man's law. 9日、しかしこれも男の法制定されています。 The people are accustomed to partake of the Sacrament together, if any be fit for it, and this also increases the reverence and devotion of public worship.人々が参加するのに慣れて聖餐式を一緒に、もしあればそれに適しており、この畏敬の念も増加すると献身の公共崇拝される。 For none are admitted except they be first examined.存在しない場合を除いては、彼らが最初の検討を認めた。 The people are also advised concerning the dignity and use of the Sacrament, how great consolation it brings anxious consciences, that they may learn to believe God, and to expect and ask of Him all that is good.の人々にもお勧めの尊厳に関する聖餐式を使用すると、どのようもたらす心配して、大きな慰めに良心は、神を信じることを学ぶ年5月、と彼に頼むのを期待するとすべてのことが良いです。 [In this connection they are also instructed regarding other and false teachings on the Sacrament.] This worship pleases God; such use of the Sacrament nourishes true devotion toward God. [この接続の指示についても彼らは他の秘跡を検索するとfalse教えします。 ]この神を崇拝喜ばせる;栄養聖餐式を使用するような真の献身、神に向かっています。 It does not, therefore, appear that the Mass is more devoutly celebrated among our adversaries than among us.移動しない場合は、そのため、表示されることをもっと熱心にお祝いの質量は敵よりも私たちの間のうち問い合わせください。

But it is evident that for a long time this also has been the public and most grievous complaint of all good men that Masses have been basely profaned and applied to purposes of lucre.しかし、これは長い時間を明らかにしても、最も悲惨され、国民の苦情のすべての善良な人たちが大衆profanedと卑劣にも適用される利得目的とした。 For it is not unknown how far this abuse obtains in all the churches by what manner of men Masses are said only for fees or stipends, and how many celebrate them contrary to the Canons.未知のではないため、この虐待の取得をどの程度までのすべての教会ではどのような形の男性によると大衆料やstipendsのみ、およびどのように反して、多くの参事を祝うことです。 But Paul severely threatens those who deal unworthily with the Eucharist when he says, 1 Cor.11,27: Whosoever shall eat this bread, and drink this cup of the Lord, unworthily, shall be guilty of the body and blood of the Lord.しかし、それらのポールを脅かす深刻なunworthily who取引の聖体と彼は言いますときに、 1 cor.11 、 27 :誰でも食べるこのパンは、このカップと飲み物は、主よ、 unworthily 、有罪判決をしなければならないの身体と血液の主です。 When, therefore our priests were admonished concerning this sin, Private Masses were discontinued among us, as scarcely any Private Masses were celebrated except for lucre's sake.ときに、そのため私たち司祭はこの罪に関する警告、民間大衆の間では扱っておりません。問い合わせは、ほとんどないとして民間大衆のためには有名な利得を除いて。

Neither were the bishops ignorant of these abuses, and if they had corrected them in time, there would now be less dissension.どちらも無知な司教は、これらの侵害、およびもしかれらが修正して時間は、今すぐにはあつれきが少ないです。 Heretofore, by their own connivance, they suffered many corruptions to creep into the Church.これまで、独自の黙認され、それらを不正に苦しん多くの教会に忍び込む。 Now, when it is too late, they begin to complain of the troubles of the Church, while this disturbance has been occasioned simply by those abuses which were so manifest that they could be borne no longer.今すぐ、遅すぎるときは、彼ら苦情を開始するトラブルは、教会、これだけで、それらの障害され引き起こさマニフェスト侵害されたことができるので、もはやが負担します。 There have been great dissensions concerning the Mass, concerning the Sacrament.大きな問題があったの質量dissensions 、聖餐式に関するします。 Perhaps the world is being punished for such long-continued profanations of the Mass as have been tolerated in the churches for so many centuries by the very men who were both able and in duty bound to correct them.おそらく、このような世界が長く続くことで罰を受けるprofanationsは、質量としては、教会が容認された、あまりにも多くの世紀who人とも非常に男性の義務にバインドを修正することとしています。 For in the Ten Commandments it is written, Ex.は、モーセの十戒を書かれたことは、例です。 20, 7: The Lord will not hold him guiltless that taketh His name in vain. 20日、 7 :彼の主潔白なことはないtaketh彼の名前を保持するには至りませんでした。 But since the world began, nothing that God ever ordained seems to have been so abused for filthy lucre as the Mass.しかし、世界の開始以来、何も命じられるように、神まで虐待されたので悪銭として、 Mass 。

There was also added the opinion which infinitely increased Private Masses, namely that Christ, by His passion, had made satisfaction for original sin, and instituted the Mass wherein an offering should be made for daily sins, venial and mortal.意見があったが無限に追加して民間大衆の増加、すなわちそのイエスキリストは、彼の情熱、原罪満足していたし、そこに大量設置し、日常の罪を提供すべきである、許されると致命的です。 From this has arisen the common opinion that the Mass takes away the sins of the living and the dead by the outward act.これが生じてからの共通の意見は、質量が込むと罪オブザリビングデッドされた外側に行動します。 Then they began to dispute whether one Mass said for many were worth as much as special Masses for individuals, and this brought forth that infinite multitude of Masses.紛争が始まったかどうかを1つ入力し、彼らの多くが大量によると同じくらいの価値として特別な大衆のための、この無限の多数の大衆が引き出される。 [With this work men wished to obtain from God all that they needed, and in the mean time faith in Christ and the true worship were forgotten.] [この仕事を神からのすべての男性を希望して入手して必要に応じて、とは、イエスキリストの平均時間との真の信仰を崇拝するが忘れてしまった。 ]

Concerning these opinions our teachers have given warning that they depart from the Holy Scriptures and diminish the glory of the passion of Christ.私たち教師が与えられたに関するこれらのご意見を逸脱すると警告して彼らとの減少に聖書のキリストの受難の栄光のです。 For Christ's passion was an oblation and satisfaction, not for original guilt only, but also for all other sins, as it is written to the Hebrews, 10, 10: We are sanctified through the offering of Jesus Christ once for all.イエスキリストの情熱には、奉納と満足のためではなく、オリジナルの罪悪感にのみ、他のすべての罪だけでなく、ヘブル人への手紙として書き込まれることが、 10 、 10 :私たちはイエスキリストの神聖化を通じて一度にすべてを提供します。 Also, 10, 14: By one offering He hath perfected forever them that are sanctified.また、 10 、 14 : 1つを提供しては、かれが神聖化さ永遠に完成します。 [It is an unheard-of innovation in the Church to teach that Christ by His death made satisfaction only for original sin and not likewise for all other sin. [これは前代未聞の新機軸は、イエスキリスト教会を教えることで彼の死は満足度のみを元の罪と同様に特定の他のすべての罪です。 Accordingly it is hoped that everybody will understand that this error has not been reproved without due reason.]したがってことが期待さ誰もが理解して、このエラーが発生正当な理由なくreprovedされていない。 ]

Scripture also teaches that we are justified before God through faith in Christ, when we believe that our sins are forgiven for Christ's sake.啓典も教えることは正当な信仰をイエスキリストを通して神の前に我々は、イエスキリストのために罪が赦さためです。 Now if the Mass take away the sins of the living and the dead by the outward act justification comes of the work of Masses, and not of faith, which Scripture does not allow.今すぐテイクアウトの場合、大量の罪オブザリビングデッドと外側行為の正当化されるのは大衆の仕事を、信仰ではなく、どの啓典は許可されません。

But Christ commands us, Luke 22, 19: This do in remembrance of Me; therefore the Mass was instituted that the faith of those who use the Sacrament should remember what benefits it receives through Christ, and cheer and comfort the anxious conscience.しかし、キリストのコマンドを問い合わせ、ルーク22日、 19日:これは私の思い出のためのミサは、信仰の導入は、これらのwhoを使用して聖餐式はイエスキリストを通して覚えてどのような利点を受け取ると、快適度の不安と良心と歓声を上げる。 For to remember Christ is to remember His benefits, and to realize that they are truly offered unto us.のを覚えてイエスキリストは、自分の利点を覚えて、真の提供を実現することがわたしたちです。 Nor is it enough only to remember the history; for this also the Jews and the ungodly can remember.それを覚えても十分なだけの歴史;このユダヤ人と、とんでもないことも覚えています。 Wherefore the Mass is to be used to this end, that there the Sacrament [Communion] may be administered to them that have need of consolation; as Ambrose says: Because I always sin, I am always bound to take the medicine.何のために使用されるの質量は、そのためには、聖餐式があるの[聖体拝領] 5月に投与して慰めを必要として;としてアンブローズは言う:私はいつも罪のため、私は常に薬を飲むにバインドされています。 [Therefore this Sacrament requires faith, and is used in vain without faith.] [したがって、この信仰の秘跡を必要とせず信仰には至りませんでしたが使用されています。 ]

Now, forasmuch as the Mass is such a giving of the Sacrament, we hold one communion every holy-day, and, if any desire the Sacrament, also on other days, when it is given to such as ask for it.今すぐ、質量は〜であるから、このような聖餐式を与え、私たち保持するごとに1つの神聖な聖体拝領日間、および、もしあれば欲望の秘跡、また他の日中に、あるときは与えられたことなどを求める。 And this custom is not new in the Church; for the Fathers before Gregory make no mention of any private Mass, but of the common Mass [the Communion] they speak very much.このカスタムではないとの教会で新しい;ため、父親のグレゴリーには言及する前に任意の民間質量、しかし、共通の質量[聖体拝領]と話す非常にします。 Chrysostom says that the priest stands daily at he altar, inviting some to the Communion and keeping back others.クリュソストモスによると、彼は祭壇の司祭スタンドで毎日、いくつかの招待聖体拝領を維持して他の先頭です。 And it appears from the ancient Canons that some one celebrated the Mass from whom all the other presbyters and deacons received the body of he Lord; for thus the words of the Nicene Canon say: Let the deacons, according to their order, receive the Holy Communion after the presbyters, from the bishop or from a presbyter.古代からの参事が表示されたら、それを1つの有名ないくつかの他のすべての者の質量deacons受信presbytersと彼の体の主;ためのニカイアしたがって、キヤノンの言葉を言ってやる:て、 deacons 、そのためによると、受信の神聖なpresbyters聖体拝領の後に、長老からの司教のいずれかからです。 And Paul, 1 Cor.とポール、 1コーです。 11, 33, commands concerning the Communion: Tarry one for another, so that there may be a common participation. 11 、 33 、コマンドの聖体拝領:タール1つ別の、共通のように参加される場合があります。

Forasmuch, therefore, as the Mass with us has the example of the Church, taken from the Scripture and the Fathers, we are confident that it cannot be disapproved, especially since public ceremonies, for the most part like those hitherto in use, are retained; only the number of Masses differs, which, because of very great and manifest abuses doubtless might be profitably reduced. forasmuch 、したがって、私たちのミサには、例の教会、撮影からの啓典と、父親の、我々は確信して不承認とすることはできませんが、特に公共の式典以来、これまでのような、ほとんどの部分で使用、が保持さ;だけの数の大衆の違い、これは、非常に大きいとマニフェストの侵害のためかもしれない疑いを有利に減少します。 For in olden times, even in churches most frequented, the Mass was not celebrated every day, as the Tripartite History (Book 9, chap. 33) testifies: Again in Alexandria, every Wednesday and Friday the Scriptures are read, and the doctors expound them, and all things are done, except the solemn rite of Communion.昔され、教会でも最も頻繁に、毎日祝わ質量はない、として、労使政の履歴(予約9日、やつです。 33 )の証言:アレキサンドリアを再度、毎週水曜日と金曜日の経典が読まれると、医師説明し、すべての物事が完了すると、厳粛な儀式の聖体拝領を除いて。


Article XXV: Of Confession.記事は25 :の告白します。

Confession in the churches is not abolished among us; for it is not usual to give the body of the Lord, except to them that have been previously examined and absolved.告白は、教会の中ではない廃止問い合わせ;ためではない、いつものボディを与える主よ、それらを除いて、以前は次の検討し、免除されている。 And the people are most carefully taught concerning faith in the absolution, about which formerly there was profound silence.と人々が最も慎重に教えに関する信仰は、罪の赦し、以前については、深遠な沈黙があった。 Our people are taught that they should highly prize the absolution, as being the voice of God, and pronounced by God's command.私たちの人々が指導してもらいたいの高い賞の罪の赦し、神の声をされて、と発音され、神のコマンドを実行します。 The power of the Keys is set forth in its beauty and they are reminded what great consolation it brings to anxious consciences, also, that God requires faith to believe such absolution as a voice sounding from heaven, and that such faith in Christ truly obtains and receives the forgiveness of sins.の力を利用しキーはその美しさに規定され、大きな慰めと彼らはどのようなこと思い出しもたらす良心を心配して、また、そのような罪の赦し、神を信じる信仰が必要として天国から聞こえる声、およびそのような信仰を真にイエスキリストを取得すると罪の赦しを受信します。 Aforetime satisfactions were immoderately extolled; of faith and the merit of Christ and the righteousness of faith no mention was made; wherefore, on this point, our churches are by no means to be blamed.以前はむやみに満足extolled ;の信仰と正義のメリットは、キリストとの信仰の言及が行われた;何のために、この点について、私たちの教会は非難されるものではない。 For this even our adversaries must needs concede to us that the doctrine concerning repentance has been most diligently treated and laid open by our teachers.このニーズにも私たちの敵の敗北をしなければ教義に関する問い合わせは、最も熱心に扱われると後悔されlaid講師オープンされています。

But of Confession they teach that an enumeration of sins is not necessary, and that consciences be not burdened with anxiety to enumerate all sins, for it is impossible to recount all sins, as the Psalm testifies, 19,13: Who can understand his errors?しかし、彼らの自白を教えることに罪の列挙をする必要はありませんし、不安に負担させることではない良心のすべての罪を列挙し、再集計することは不可能にすべての罪は、詩篇第証言として、 19,13 :彼のエラーが理解できるwhoですか? Also Jeremiah, 17 9: The heart is deceitful; who can know it; But if no sins were forgiven, except those that are recounted, consciences could never find peace; for very many sins they neither see nor can remember.またジェレマイア、 9月17日:心がうそをつく; whoは知って;しかし、罪が許されない場合を除き、 recountedには、良心の平和は決して見つける;は非常に多くの罪を参照したり、彼らも覚えています。 The ancient writers also testify that an enumeration is not necessary.古代の作家もの証言を列挙する必要はありません。 For in the Decrees, Chrysostom is quoted, who says thus: I say not to you that you should disclose yourself in public, nor that you accuse yourself before others, but I would have you obey the prophet who says: "Disclose thy self before God."には、政令、クリュソストモスは、引用符で、このようにwhoは言う:私言ってやるが特定しておられることを開示する必要が自分で公開、また自分を非難する前に他のことが、私はここに預言者ムハンマドに従うwhoは言う: "なたの自己開示する前に神です。 " Therefore confess your sins before God, the true Judge, with prayer.したがって神の前の罪を告白して、真の裁判官は、祈りのです。 Tell your errors, not with the tongue, but with the memory of your conscience, etc. And the Gloss (Of Repentance, Distinct. V, Cap. Consideret) admits that Confession is of human right only [not commanded by Scripture, but ordained by the Church].こちらへのエラーではなく、舌ではなく、お客様の良心のメモリなどの光沢(悔い改め、区別されます。 V電源、キャップです。 consideret )は、人間の権利を認めて自白のみ[啓典が命じられたが、命じられるされた教会] 。 Nevertheless, on account of the great benefit of absolution, and because it is otherwise useful to the conscience, Confession is retained among us.にもかかわらず、アカウントに罪の赦しの偉大な利益のため、そして、これは他の役に立つの良心を、自白が保持さの中問い合わせください。


Article XXVI: Of the Distinction of Meats.記事は二十六:肉の区別のです。

It has been the general persuasion, not of the people alone, but also of those teaching in the churches, that making Distinctions of Meats, and like traditions of men, are works profitable to merit grace, and able to make satisfactions for sins.全般説得され、特定の人々のみならず、これらの授業は、教会も、そのメーカーの区別は肉、伝統の男性と同様に、収益性にメリットは、作品の猶予し、満足の罪を作ることです。 And that the world so thought, appears from this, that new ceremonies, new orders, new holy-days, and new fastings were daily instituted, and the teachers in the churches did exact these works as a service necessary to merit grace, and did greatly terrify men's consciences, if they should omit any of these things.思想とは、世界ので、表示されるよりは、その新しい儀式、新規受注、新しい神聖-日中、および新しいfastingsが毎日の導入、および教会の教師は、これらの作品は正確なサービスとして猶予する必要がメリットとは男性の良心を大幅に怖がらせる、のいずれかの場合には、物事を省略します。 From this persuasion concerning traditions much detriment has resulted in the Church.この伝統を説得に関するより多くの不利益を被る結果には教会です。

First, the doctrine of grace and of the righteousness of faith has been obscured by it, which is the chief part of the Gospel, and ought to stand out as the most prominent in the Church, in order that the merit of Christ may be well known, and faith, which believes that sins are forgiven for Christ's sake be exalted far above works.まず第一に、正義の原則の恵みを受けて、信仰され、隠されること、これは福音の部分の長とするべきを目立たせる最も顕著なのは、教会、キリストのためには、 5月にもメリット既知の、と信仰、と考えているが、イエスキリストのために罪が赦さのはるか上に高貴な作品です。 Wherefore Paul also lays the greatest stress on this article, putting aside the Law and human traditions, in order to show that Christian righteousness is something else than such works, to wit, the faith which believes that sins are freely forgiven for Christ's sake.何のためにもポールの最大のストレスを産むこの記事は、将来的に、未来永劫法と人間の伝統、キリスト教の正義のために表示することは何か他のよりもこのような作品は、機知に富んだ、信仰の自由が許されたと考えているのは、イエスキリストの罪のために。 But this doctrine of Paul has been almost wholly smothered by traditions, which have produced an opinion that, by making distinctions in meats and like services, we must merit grace and righteousness.しかし、この教義をほぼ完全にポール窒息死されてきた伝統、これが生産する意見が、メーカーとの区別を肉のようなサービス、優雅さと正義のメリットしなければならない。 In treating of repentance, there was no mention made of faith; only those works of satisfaction were set forth; in these the entire repentance seemed to consist.後悔の治療は、信仰製の言及はなかった;のみそれらの作品の満足度が定める;後悔ように、これらの全体の構成です。

Secondly, these traditions have obscured the commandments of God, because traditions were placed far above the commandments of God.第二に、これらの伝統が不明瞭な神の戒めのため、はるかの伝統の上に置かれた神の戒めです。 Christianity was thought to consist wholly in the observance of certain holy-days, rites, fasts, and vestures.キリスト教は、完全に構成すると考えられて遵守の特定の神聖-日中、儀式は、断食し、 vesturesです。 These observances had won for themselves the exalted title of being the spiritual life and the perfect life.これらの慣例を自分自身の高貴なタイトルが勝ったが、精神的な生活と、完璧な生活です。 Meanwhile the commandments of God, according to each one's calling, were without honor namely, that the father brought up his offspring, that the mother bore children, that the prince governed the commonwealth, -- these were accounted works that were worldly and imperfect, and far below those glittering observances.一方、神の戒めによると、それぞれが自分の天職がなく名誉すなわち、育ての父は、彼の子孫は、穴の母親は、子供たちは、統治のプリンスは、連邦、 -これらは、現世の不完全された作品の割合は、きらびやかな儀式を大きく下回っているとします。 And this error greatly tormented devout consciences, which grieved that they were held in an imperfect state of life, as in marriage, in the office of magistrate; or in other civil ministrations; on the other hand, they admired the monks and such like, and falsely imagined that the observances of such men were more acceptable to God.敬けんな良心と、このエラーを大幅に苦しみを味わわさ、悲嘆していたが不完全な状態に開催されたの生活、結婚生活のように、治安判事は、事務所、または他の市民ministrations ;その一方で、彼らのような称賛して僧侶など、と想像して虚偽の慣例に通用するような男性が他の神です。

Thirdly, traditions brought great danger to consciences; for it was impossible to keep all traditions, and yet men judged these observances to be necessary acts of worship.第三に、大きな危険性を良心の伝統brought ;ためのすべての伝統を維持することは不可能と判断、これらの儀式はまだありません男性に必要な行為を崇拝される。 Gerson writes that many fell into despair, and that some even took their own lives, because they felt that they were not able to satisfy the traditions, and they had all the while not heard any consolation of the righteousness of faith and grace.ジェルソンの書き込みが多く落ちて絶望しており、そのいくつかは、自分たち自身の生活も、フェルトしていたため、彼らを満足させることはできませんの伝統、と聞いていたのすべての任意の敗者復活ではありませんが、正義の信仰とグレースです。 We see that the summists and theologians gather the traditions, and seek mitigations whereby to ease consciences, and yet they do not sufficiently unfetter, but sometimes entangle, consciences even more. summistsと神学者かどうかは、私たちの伝統を収集し、良心を求めるmitigationsを緩和するためですし、十分に解放はまだありませんていない、時には動きが取れなく、もっと良心です。 And with the gathering of these traditions, the schools and sermons have been so much occupied that they have had no leisure to touch upon Scripture, and to seek the more profitable doctrine of faith, of the cross, of hope, of the dignity of civil affairs of consolation of sorely tried consciences.ザギャザリングと、これらの伝統は、学校や説教がそんなに多くはないが占領してレジャーに触れる啓典、および収益性を求めて、他の教義を信仰、十字架、希望、市民の尊厳良心を慰める部痛々しく悩まされるのです。 Hence Gerson and some other theologians have grievously complained that by these strivings concerning traditions they were prevented from giving attention to a better kind of doctrine.それゆえジェルソンといくつかの他の神学者がこれらのstrivingsに関する悲痛の伝統と不満を妨げていたの注意を与えるような教義を改善します。 Augustine also forbids that men's consciences should be burdened with such observances, and prudently advises Januarius that he must know that they are to be observed as things indifferent; for such are his words.アウグスティヌスも男性の良心を禁じることに負担させるような慣例すべきである、と慎重にアドバイスjanuarius彼らは彼を知っている必要があります。観測されることに無関心;などは、彼の言葉です。

Wherefore our teachers must not be looked upon as having taken up this matter rashly or from hatred of the bishops, as some falsely suspect.何のために私たち教師はならない顔にされているこの問題について取り上げrashlyや憎しみの念を抱くの司教からは、いくつかの虚偽の容疑者です。 There was great need to warn the churches of these errors, which had arisen from misunderstanding the traditions.素晴らしいする必要があると警告しては、これらのエラーの教会、誤解の伝統から生じていた。 For the Gospel compels us to insist in the churches upon the doctrine of grace, and of the righteousness of faith; which, however, cannot be understood, if men think that they merit grace by observances of their own choice.問い合わせは、ゴスペルを主張compels時は、教会の教義の恵みを受けて、信仰とは、正義;が、しかし、理解することはできませんが、もし男性と考えるような慣例は、独自のメリットの猶予を選択します。

Thus, therefore, they have taught that by the observance of human traditions we cannot merit grace or be justified, and hence we must not think such observances necessary acts of worship.したがって、そのため、彼らは人間の教えが遵守される伝統を猶予することはできませんかによって正当化のメリット、およびそのために必要な儀式しなければならないが、そのような行為を崇拝します。 They add hereunto testimonies of Scripture.彼らの証言hereunto啓典を追加します。 Christ, Matt.イエスキリストは、マットです。 15, 3, defends the Apostles who had not observed the usual tradition, which, however, evidently pertains to a matter not unlawful, but indifferent, and to have a certain affinity with the purifications of the Law, and says, 9: In vain do they worship Me with the commandments of men. 15日、 3 、 whoていない使徒は、捕鯨の伝統、いつもの観測、これは、しかし、問題は明らかに関連して、違法、しかし、無関心な、との親和性には、特定のpurificationsは、法では、と言う、 9 :が無駄になるかれらはわれに仕えなさいとの戒めの男性です。 He, therefore, does not exact an unprofitable service.彼は、そのため、正確に、不採算のサービスはありません。 Shortly after He adds: Not that which goeth into the mouth defileth a man.彼の直後に追加:特定さが口の中をdefileth goの三人称単数現在の男です。 So also Paul, Rom.これもポールは、 ROMから起動します。 14, 17: The kingdom of God is not meat and drink. 14日、 17日:神の王国ではない肉と飲み物です。 Col. 2, 16: Let no man, therefore, judge you in meat, or in drink, or in respect of an holy-day, or of the Sabbath-day; also: If ye be dead with Christ from the rudiments of the world, why, as though living in the world, are ye subject to ordinances: Touch not, taste not, handle not! Col 。 2 、 16 : letない男は、そのため、肉を判断するのか、または酒に酔って、または神聖な日を尊重するか、または、安息日の;も:もし、なたがたが死んでイエスキリストの基礎から、世界は、なぜ、同じように、世界に住んで、なたがたはアジ研を条例:タッチは、味は、ハンドルない! And Peter says, Acts 15, 10: Why tempt ye God to put a yoke upon the neck of the disciples, which neither our fathers nor we were able to bear?とピーターは、行為を15日、 10 :なんで誘惑に、なたがたの神のくびきを入れるには、弟子の首に、これもまたわたしたちの祖先に耐えることができたですか? But we believe that through the grace of the Lord Jesus Christ we shall be saved, even as they.しかしを通してそのことを私たちの主イエスキリストの恵みを保存しなければならない私たちは、彼らもします。 Here Peter forbids to burden the consciences with many rites, either of Moses or of others.ここでピーターの良心を負担することを禁じますを多くの儀式、またはその他のいずれかのムーサーです。 And in 1 Tim.とは1ティムです。 4,1.3 Paul calls the prohibition of meats a doctrine of devils; for it is against the Gospel to institute or to do such works that by them we may merit grace, or as though Christianity could not exist without such service of God. 4,1.3ポール呼び出して、肉の禁止は悪魔の教義;の福音書に反対することは研究所またはこれを行うにこのような作品をされてメリットの猶予することがありますか、またはできませんでしたが存在せず、キリスト教と同じように神のようなサービスです。

Here our adversaries object that our teachers are opposed to discipline and mortification of the flesh, as Jovinian.ここで私たちの敵に反対してオブジェクトを私たち教師は規律と苦行、 jovinianです。 But the contrary may be learned from the writings of our teachers.しかし、逆に記述があります弊社の教師から学んだ。 For they have always taught concerning the cross that it behooves Christians to bear afflictions.彼らは常に教えを横断してbehoofの複数のキリスト教徒の試練に耐える。 This is the true, earnest, and unfeigned mortification, to wit, to be exercised with divers afflictions, and to be crucified with Christ.これは、 trueの場合、真剣に、心からの苦行と、機知に富んだ、ダイバー試練に行使される、とされるキリストです。

Moreover, they teach that every Christian ought to train and subdue himself with bodily restraints, or bodily exercises and labors that neither satiety nor slothfulness tempt him to sin, but not that we may merit grace or make satisfaction for sins by such exercises.また、彼らキリスト教の教えをすべて自分自身に怒りを抑制したい場合に使います。電車や身体的制約か、または身体運動と労働者がどちらの満腹感も彼を誘惑罪slothfulnessが、メリットを猶予することがありますかなどの罪に満足して練習します。 And such external discipline ought to be urged at all times, not only on a few and set days.れるべきだとのような外部の規律を求めたのすべての回ではなく、日中にのみ表示されます数を設定します。 So Christ commands, Luke 21, 34: Take heed lest your hearts be overcharged with surfeiting; also Matt.イエスキリストのコマンドは、ルカによる21日、 34 :心の忠告に耳を貸すに過剰にしないようにしてsurfeiting ;もマットです。 17, 21: This kind goeth not out but by prayer and fasting. 17日、 21 :このようなgoの三人称単数しかし、祈りと断食はない。 Paul also says, 1 Cor.ポールによると、 1コーです。 9, 27: I keep under my body and bring it into subjection. 9日、 10月27日:私と私の体保つされて服従させることです。 Here he clearly shows that he was keeping under his body, not to merit forgiveness of sins by that discipline, but to have his body in subjection and fitted for spiritual things, and for the discharge of duty according to his calling.ここで彼は、はっきりと示して維持していた彼の体の下に、罪の許しをしないようにメリットが規律、しかし、彼の体には精神的に支配されることとに適合したもの、および放電オブデューティーによると、彼の呼び出しです。 Therefore, we do not condemn fasting in itself, but the traditions which prescribe certain days and certain meats, with peril of conscience, as though such works were a necessary service.したがって、断食を非難することはありませんそのものではなく、特定の日中の伝統を処方すると、特定の肉は、危険の呵責を、まるでこのような作品が必要なサービスです。

Nevertheless, very many traditions are kept on our part, which conduce to good order in the Church, as the Order of Lessons in the Mass and the chief holy-days.にもかかわらず、非常に多くの伝統を私たちの一部が保存されて、これを良い導くためには、教会の順序を教訓としては、質量と神聖-日中の最高です。 But, at the same time, men are warned that such observances do not justify before God, and that in such things it should not be made sin if they be omitted without offense.しかし、それと同時に、男性はないと警告してこのような儀式を正当化する前に、神は、このようなことをしてはならないことが省略された場合は罪にすれば犯罪です。 Such liberty in human rites was not unknown to the Fathers.このような人間の自由の女神を、父親の未知の儀式はない。 For in the East they kept Easter at another time than at Rome, and when, on account of this diversity, the Romans accused the Eastern Church of schism, they were admonished by others that such usages need not be alike everywhere.復活祭の東に保管され、別の時間に比べてローマ、およびときには、アカウントは、次の多様性は、ローマ人への手紙東方教会の分裂非難して、彼らはそのような警告を使用する必要はない他のどこに似ています。 And Irenaeus says: Diversity concerning fasting does not destroy the harmony of faith; as also Pope Gregory intimates in Dist.とエイレナイオスは言う:多様性に関する断食はありません信仰の調和を台無しにする;としてもグレゴリウスintimatesにあり。 XII, that such diversity does not violate the unity of the Church. 12 、そのような多様性はありません教会の結束を違反しています。 And in the Tripartite History, Book 9, many examples of dissimilar rites are gathered, and the following statement is made: It was not the mind of the Apostles to enact rules concerning holy-days, but to preach godliness and a holy life [, to teach faith and love].とは、労使政の履歴、予約9日、異種の儀式は、集まった多くの例がある、とは、次のステートメントが行われる:それはないの心の中の使徒に関する規則を制定神聖-日中に、しかし、神を敬うことを説くと神聖な生活[ 、信仰と愛を教える] 。


Article XXVII: Of Monastic Vows.記事は27 :の修道誓願です。

What is taught on our part concerning Monastic Vows, will be better understood if it be remembered what has been the state of the monasteries, and how many things were daily done in those very monasteries, contrary to the Canons.当社に関する部分は何です修道誓願を教え、より良い理解される場合にどのように記憶され、修道院の状態、および方法について多くのことが毎日行わではこれらの非常に修道院、参事に反しています。 In Augustine's time they were free associations.アウグスティヌスの時間を彼らは無料団体です。 Afterward, when discipline was corrupted, vows were everywhere added for the purpose of restoring discipline, as in a carefully planned prison.その後、規律は、破損したときに、どこの誓いが追加されました規律を回復する目的で、刑務所のように、慎重に計画です。

Gradually, many other observances were added besides vows.徐々に、ほかの多くの誓いを立てる儀式が追加されました。 And these fetters were laid upon many before the lawful age, contrary to the Canons.と、これらの束縛されてlaid時は多くの合法的な年齢の前に、参事に反しています。

Many also entered into this kind of life through ignorance, being unable to judge their own strength, though they were of sufficient age.多くのも、この種の生命を入力すると無知を通じて、自分の強さを判断するができませんでしたが、彼らは十分な年齢です。 Being thus ensnared, they were compelled to remain, even though some could have been freed by the kind provision of the Canons. ensnaredがこのように、彼らはせざるを得ないままであるにもかかわらず、いくつかの種類が解放された規定は、参事。 And this was more the case in convents of women than of monks, although more consideration should have been shown the weaker sex.他の場合に、これは女性の方が高いの修道院の修道士が、他の配慮が必要性が証明され弱い。 This rigor displeased many good men before this time, who saw that young men and maidens were thrown into convents for a living.この硬直多くの善良な人たちの前不機嫌なこの時期、 whoのこぎりで若い男性と若い娘が修道院生活のために投げ出される。 They saw what unfortunate results came of this procedure, and what scandals were created, what snares were cast upon consciences!彼らが見たどのような不幸な結果は、次の手順では、とどのような不祥事が作成され、どのようなキャストには良心が仕掛けたわ! They were grieved that the authority of the Canons in so momentous a matter was utterly set aside and despised.彼らは悲しみに沈んだ参事会では、権威のための重大な問題は全く取っておくと軽蔑します。 To these evils was added such a persuasion concerning vows as, it is well known, in former times displeased even those monks who were more considerate.これらの弊害が追加されましたに関するこのような説得力の誓いとして、それはよく知られ、僧侶たちはかつて不機嫌whoが他の配慮も含めています。 They taught that vows were equal to Baptism; they taught that by this kind of life they merited forgiveness of sins and justification before God.彼らが平等に洗礼の誓いを教えられ、このような彼らの生活を教えられて当然の罪の許しを正当化する前に、神です。 Yea, they added that the monastic life not only merited righteousness before God but even greater things, because it kept not only the precepts, but also the so-called "evangelical counsels."いや、彼らは、禁欲生活追加されました当然の正義だけでなく、神の前しかし、さらに大きなもの、それだけでなく、戒律保管だけでなく、いわゆる"福音派の相談です。 "

Thus they made men believe that the profession of monasticism was far better than Baptism, and that the monastic life was more meritorious than that of magistrates, than the life of pastors, and such like, who serve their calling in accordance with God's commands, without any man-made services.こうして彼らは男性と確信して職業の修道院生活は、洗礼よりもずっといいとは、禁欲生活は、他の称賛に値するmagistratesに比べて、より生活の牧師、などのように、 who奉仕の呼び出しに応じて、神のコマンドは、なしすべての人間が作ったサービスです。 None of these things can be denied; for they appear in their own books.これらのものが拒否されました;を自分の書籍に表示されています。 [Moreover, a person who has been thus ensnared and has entered a monastery learns little of Christ.] [また、このように、人ensnared whoされ、ほとんどが入力されたイエスキリストの修道院を学ぶ。 ]

What, then, came to pass in the monasteries?どのような、その後、来てパスは、修道院ですか? Aforetime they were schools of theology and other branches, profitable to the Church; and thence pastors and bishops were obtained.かねていたの神学学校やその他の支店、収益は、教会、およびそこから牧師や司教を得ている。 Now it is another thing.今では別のことです。 It is needless to rehearse what is known to all.不必要なことはすべてのリハーサルどのようなことがわかっています。 Aforetime they came together to learn; now they feign that it is a kind of life instituted to merit grace and righteousness; yea, they preach that it is a state of perfection, and they put it far above all other kinds of life ordained of God.以前一緒に来た学ぶ;今すぐに装うことは、ある種の生命を導入メリット恵みと正義;いや、彼らに説教して完ぺきな状態では、かれらのはるか上言えば他の種類の人生のすべて神の命じられるです。 These things we have rehearsed without odious exaggeration, to the end that the doctrine of our teachers on this point might be better understood.これらの憎むべきこと言っても過言ではリハーサルを、弊社の教義の最後には、この時点で教師をより良い理解かもしれない。

First, concerning such as contract matrimony, they teach on our part that it is lawful for all men who are not fitted for single life to contract matrimony, because vows cannot annul the ordinance and commandment of God.第一に、契約に関する中有鬼のような、彼らは私たちを教えることは合法的な部分のすべての男性whoはない独身生活を契約中有鬼に適合したため、条例の誓いを無効にすることはできないと神の戒めです。 But the commandment of God is 1 Cor.しかし、神の戒めは1コーです。 7, 2: To avoid fornication, let every man have his own wife. 7日、 2 :姦淫を避けるために、あらゆる人が自分自身の妻です。 Nor is it the commandment only, but also the creation and ordinance of God, which forces those to marry who are not excepted by a singular work of God, according to the text Gen. 2, 18: It is not good that the man should be alone.もなければ、戒めにのみ、条例だけでなく、神の創造と、それらの結婚を強制された特異whoはない仕事を除いて、神は、 Gen 。と2のテキストによると、 18 :それは良いことではない男は、れるだけです。 Therefore they do not sin who obey this commandment and ordinance of God.罪whoていないため、この命令に従うと神の条例です。

What objection can be raised to this?異議申立を提起できる何ですか? Let men extol the obligation of a vow as much as they list, yet shall they not bring to pass that the vow annuls the commandment of God. let男性賞揚する義務の誓いの言葉をできるだけ多くリストとして彼らは、まだありませんかれらも持ってきてannulsの誓いを渡すのは、神の戒めです。 The Canons teach that the right of the superior is excepted in every vow; [that vows are not binding against the decision of the Pope;] much less, therefore, are these vows of force which are against the commandments of God.参事を教えるのは、右側にあるスーペリアは除いてすべての誓い; [ことの誓いに拘束力はないの決定権を反対する教皇; ]はるかに少ない、したがって、これらの誓いを立てる力が神の律法に反対しています。

Now, if the obligation of vows could not be changed for any cause whatever, the Roman Pontiffs could never have given dispensation for it is not lawful for man to annul an obligation which is simply divine.今すぐ、義務の契りを結ぶ場合は、変更できませんでしたどんな理由のいかんを問わず、ローマpontiffsことなど絶対にできないのではないが与えられた神の摂理の男を廃止する義務が合法的には、単に神です。 But the Roman Pontiffs have prudently judged that leniency is to be observed in this obligation, and therefore we read that many times they have dispensed from vows.しかし、慎重に判断したローマンpontiffsは寛大で観察されるが、この義務を、何度も読んで、そのため彼らは私たちよりdispensedの契りを結ぶ。 The case of the King of Aragon who was called back from the monastery is well known, and there are also examples in our own times.ザキングオブアラゴンの例whoは、コールバックからの修道院は周知のように、との例ではまた、独自の回クリックします。 [Now, if dispensations have been granted for the sake of securing temporal interests, it is much more proper that they be granted on account of the distress of souls.] [今すぐ、もし分配が付与されて頭の利益を確保するために、彼らの方がはるかに適切に付与されるアカウントは、苦悩の魂。 ]

In the second place, why do our adversaries exaggerate the obligation or effect of a vow when, at the same time, they have not a word to say of the nature of the vow itself, that it ought to be in a thing possible, that it ought to be free, and chosen spontaneously and deliberately? 2番目の場所に、なぜ私たちの敵や効果を誇張する義務の誓いを立てるときに、それと同時に、彼らはない言葉を言うのは、誓いの性質自体、それれるべきだが可能なこと、それそれ無料れるべきだ、と自発と故意に選ばれたですか? But it is not unknown to what extent perpetual chastity is in the power of man.しかし、どの程度知られていないことではないが永久には、電源の貞操を守る男です。 And how few are there who have taken the vow spontaneously and deliberately! who数はありますが、どのように取って自然との誓いを故意に! Young maidens and men, before they are able to judge, are persuaded, and sometimes even compelled, to take the vow.若い娘と男性は、を判断することができる前には、説得し、時には強制、誓いを取るのです。 Wherefore it is not fair to insist so rigorously on the obligation, since it is granted by all that it is against the nature of a vow to take it without spontaneous and deliberate action.何のために公平ではないので厳密さを主張する義務は、以降のすべてのことが与えられたことは反対の性質を取るの誓いを立てることなく自然と故意のアクションです。

Most canonical laws rescind vows made before the age of fifteen; for before that age there does not seem sufficient judgment in a person to decide concerning a perpetual life.ほとんどの正規の法律を取り消す15歳の誓いを立てるの前に作ら;の年齢に先立って、十分な判断力がないように見えるがある人については永遠の生命を決定する。 Another Canon, granting more to the weakness of man, adds a few years; for it forbids a vow to be made before the age of eighteen.もう一つ、キヤノン、弱点を付与して他の男は、数年後に追加する;ための誓いを立てることを禁止することは、 18歳の前にします。 But which of these two Canons shall we follow?しかし、これらの2つの参事がわたしたち以下ですか? The most part have an excuse for leaving the monasteries, because most of them have taken the vows before they reached these ages. 、ほとんどの部分は残し、修道院の言い訳をするため、ほとんどの人が取っての契りを結ぶ前に、これらの年齢に達しています。

Finally, even though the violation of a vow might be censured, yet it seems not forthwith to follow that the marriages of such persons must be dissolved.最後に、違反したにもかかわらず、非難の誓いを立てるかもしれない、まだないよう速やかに従うような人の結婚は、解散しなければならない。 For Augustine denies that they ought to be dissolved (XXVII. Quaest. I, Cap. Nuptiarum), and his authority is not lightly to be esteemed, although other men afterwards thought otherwise.アウグスティヌスを否定してれるべきだ解散( xxvii. quaest 。私は、キャップです。 nuptiarum ) 、と彼の権威ではない軽く尊敬されるが、他の男性その後他の考えです。

But although it appears that God's command concerning marriage delivers very many from their vows, yet our teachers introduce also another argument concerning vows to show that they are void.しかし、このような神のコマンドについては、非常に多くの者に結婚の誓いを、教師に対するレビューはまだ私たちの誓いを導入するにも別の議論を必要としては無効です。 For every service of God, ordained and chosen of men without the commandment of God to merit justification and grace, is wicked, as Christ says Matt.神のすべてのサービスを、選ばれたの男たちに命じられるとの戒めと神の恵みを正当化のメリットは、邪悪な、マットとしてイエスキリストは言う。 16, 9: In vain do they worship Me with the commandments of men. 16日、 9 :かれらの礼拝には至りませんでしたもって、わたしを戒めの男性です。 And Paul teaches everywhere that righteousness is not to be sought from our own observances and acts of worship, devised by men, but that it comes by faith to those who believe that they are received by God into grace for Christ's sake.正義とポール教えていたるところではない独自の慣例を求められてからの行為を崇拝すると、考案した男性が、その信仰によってなると信じていることが受信さwho神の恵みはイエスキリストのために。

But it is evident that monks have taught that services of man's making satisfy for sins and merit grace and justification.しかし、これは明らかに修道僧が教えを満足させるためのサービスの男の罪と優雅さと正当化のメリットです。 What else is this than to detract from the glory of Christ and to obscure and deny the righteousness of faith?何よりも他のユーザーがこのキリストの栄光を損ねると正義をはっきりしないと否定して信仰ですか? It follows, therefore, that the vows thus commonly taken have been wicked services, and, consequently, are void.それ以下の通り、したがって、このように共通の誓いを撮影しても邪悪なサービス、および、その結果、は無効です。 For a wicked vow, taken against the commandment of God, is not valid; for (as the Canon says) no vow ought to bind men to wickedness.よこしまな誓いを立てるために、神の戒めを持っていたという、は有効ではありません;を(キヤノンとしては言う)の誓いをバインドする男性が邪悪するべきです。

Paul says, Gal.ポール氏は、ギャルです。 5, 4: Christ is become of no effect unto you, whosoever of you are justified by the Law, ye are fallen from grace. 5 、 4 :イエスキリストは、なたがたになる効果のない、誰でも、あなたがこの法律によって正当化され、なたがたはグレースから落ちた。 To those, therefore, who want to be justified by their vows Christ is made of no effect, and they fall from grace.ている、したがって、 whoの誓いをしたい彼らに正当化される効果のないイエスキリストが行われる、と彼ら不興を買う。 For also these who ascribe justification to vows ascribe to their own works that which properly belongs to the glory of Christ. whoものとみなすためにも、これらの正当性を彼ら自身の作品を誓いを立てるものとみなすことが適切に属して、イエスキリストの栄光のです。

Nor can it be denied, indeed, that the monks have taught that, by their vows and observances, they were justified, and merited forgiveness of sins, yea, they invented still greater absurdities, saying that they could give others a share in their works.それが拒否したり、実際のところ、その教えは、僧侶たちが、その儀式の契りを結ぶと、彼らは正当化し、罪の許し見合った、いや、彼らを発明まだ大きな不合理、と言っ他人を与えることができると彼らの作品を分かち合うです。 If any one should be inclined to enlarge on these things with evil intent, how many things could he bring together whereof even the monks are now ashamed!もしあれば1つの傾斜を拡大表示する必要が邪悪な意図を、これらのことを、どのよう結集whereof多くのことが彼の僧侶たちは今も恥ずかしい! Over and above this, they persuaded men that services of man's making were a state of Christian perfection.これを超える、彼らを説得した男のメーカーの男性で、サービスの状態をキリスト教が完成します。 And is not this assigning justification to works?正当性を割り当てると、この作品ではないですか? It is no light offense in the Church to set forth to the people a service devised by men, without the commandment of God, and to teach that such service justifies men.微罪ではないが、教会を定めるの人々に提供するサービスを考案した男性は、神の戒めとし、そのようなサービスを正当化を教える男性です。 For the righteousness of faith, which chiefly ought to be taught in the Church, is obscured when these wonderful angelic forms of worship, with their show of poverty, humility, and celibacy, are east before the eyes of men.正義のための信仰、これは、主に教会の教えれるべきだ、が不明瞭な場合、これらの素晴らしい天使のような形の崇拝するときに、その詳細の貧困、謙虚さ、およびcelibacy 、目の前には東の男性です。

Furthermore, the precepts of God and the true service of God are obscured when men hear that only monks are in a state of perfection.また、戒律の神と神の真のサービスの男性が不明瞭なときに聞いているだけの僧侶たちは完ぺきな状態です。 For Christian perfection is to fear God from the heart, and yet to conceive great faith, and to trust that for Christ's sake we have a God who has been reconciled, to ask of God, and assuredly to expect His aid in all things that, according to our calling, are to be done; and meanwhile, to be diligent in outward good works, and to serve our calling.キリスト教の完成を恐れるのは、神からの心臓、との構想はまだありませんを強い確信を持って、イエスキリストを信頼して、神のために私たちは、和解whoされ、神をしてほしいことは、彼の援助を期待すると確かにすべてのことを、私たちの呼び出しによると、はばならないこと、および一方、勤勉さを外側に良い作品、および通話サービスを提供します。 In these things consist the true perfection and the true service of God.これらのものは完璧との真のサービスの真の神です。 It does not consist in celibacy, or in begging, or in vile apparel.で構成さcelibacyことはありませんか、または、物乞い、または不浄な衣服です。 But the people conceive many pernicious opinions from the false commendations of monastic life.しかし、多くの悪質な意見の人々の構想の禁欲生活からの虚偽表彰します。 They hear celibacy praised above measure; therefore they lead their married life with offense to their consciences.彼らを聞く上の措置を称賛celibacy ;したがって彼らの結婚生活をリードして良心の犯罪です。 They hear that only beggars are perfect; therefore they keep their possessions and do business with offense to their consciences.彼らだけ聞いているこじきは、完璧な;したがって彼らと財産を守るために仕事を攻撃して良心です。 They hear that it is an evangelical counsel not to seek revenge; therefore some in private life are not afraid to take revenge, for they hear that it is but a counsel, and not a commandment.彼らに福音を聞くことはしないように助言を求めるリベンジ;そのためにいくつかの私生活を取る報復を恐れていない、かれらを聞くことがではなく、弁護人、および特定の命令です。 Others judge that the Christian cannot properly hold a civil office or be a magistrate.その他は、キリスト教判断して適切に保持することはできません。民事オフィス、またはは、治安判事です。

There are on record examples of men who, forsaking marriage and the administration of the Commonwealth, have hid themselves in monasteries.男性の例を記録するには、 who 、 forsaking結婚とは、連邦政府は、自身の修道院がhidです。 This they called fleeing from the world, and seeking a kind of life which would be more pleasing to God.彼らと呼ばれるこの世界から逃走し、ある種の生活を求めるの他の人好きの神となる。 Neither did they see that God ought to be served in those commandments which He Himself has given and not in commandments devised by men.どちらもやって表示されるべきだ神サービスではこれらの戒めを与えられたと彼自身が考案されていない男性の戒めです。 A good and perfect kind of life is that which has for it the commandment of God.完璧な種類の人生に良いとされて、それは神の戒めです。 It is necessary to admonish men of these things.男性に必要なことは、これらのことを警告します。

And before these times, Gerson rebukes this error of the monks concerning perfection, and testifies that in his day it was a new saying that the monastic life is a state of perfection.これらの倍とする前に、このエラーは、修道僧ジェルソンに関するrebukes完ぺき、と証言して彼の日のことは、新しいと言っているのは、禁欲生活の状態を完ぺきです。

So many wicked opinions are inherent in the vows, namely, that they justify, that they constitute Christian perfection, that they keep the counsels and commandments, that they have works of supererogation.邪悪な意見が非常に多くの誓いが本来持っている、すなわち、正当化して、キリスト教の完成度を構成して、相談しておくと戒め、義務以上の作品をしている。 All these things, since they are false and empty, make vows null and void.これらすべてのこと、以来彼らは虚偽と空、で結婚の誓いを無効とする。


Article XXVIII: Of Ecclesiastical Power.記事は二十八:教会の権力のです。

There has been great controversy concerning the Power of Bishops, in which some have awkwardly confounded the power of the Church and the power of the sword.大きな論争に関するされ司教のパワーを、きまり悪そうではいくつかの混乱の力を利用して教会と剣の力を利用しています。 And from this confusion very great wars and tumults have resulted, while the Pontiffs, emboldened by the power of the Keys, not only have instituted new services and burdened consciences with reservation of cases and ruthless excommunications, but have also undertaken to transfer the kingdoms of this world, and to take the Empire from the Emperor.この混乱からtumults戦争とは非常に大きい結果が、 pontiffs 、余勢を駆って、キーのパワーだけでなく、新しいサービスや負担が導入をご予約の場合、冷酷な良心excommunications 、しかしを転送するのも請け負って国のこの世界、および帝国からの天皇を取る。 These wrongs have long since been rebuked in the Church by learned and godly men.これらの過ちを正すようになって久しいの教会を叱責さを学んだと信心深い人です。 Therefore our teachers, for the comforting of men's consciences, were constrained to show the difference between the power of the Church and the power of the sword, and taught that both of them, because of God's commandment, are to be held in reverence and honor, as the chief blessings of God on earth.したがって私たち教師は、男性の良心の励みに、制約を表示するにはパワーの違いは、教会と剣の力を利用し、およびそれらの両方の教えを、神の戒めのためには、畏敬の念で開催されると名誉は、神の祝福として、地球上で最高です。

But this is their opinion, that the power of the Keys, or the power of the bishops, according to the Gospel, is a power or commandment of God, to preach the Gospel, to remit and retain sins, and to administer Sacraments.しかし、これは、その意見によれば、そのキーの力を利用し、または司教の力を利用し、福音によると、神の戒めは、権力や、福音を説く、罪に送金を、保持し、秘跡を管理するとします。 For with this commandment Christ sends forth His Apostles, John 20, 21 sqq.: As My Father hath sent Me, even so send I you.この命令を送信する自分の使徒イエスキリスト、ジョン20日、 21 sqq 。 :私の父としてかれらを送ってくれた、たとえそうであって送る私です。 Receive ye the Holy Ghost.なたがたは聖霊を受けるのです。 Whosesoever sins ye remit, they are remitted unto them; and whosesoever sins ye retain, they are retained. whosoeverの所有なたがたの罪送金、彼らはかれらの送金、およびwhosoeverの所有なたがたの罪を保持、彼らは保持されます。 Mark 16, 15: Go preach the Gospel to every creature.マーク16 、 15 :すべての生き物を行く福音を説く。

This power is exercised only by teaching or preaching the Gospel and administering the Sacraments, according to their calling either to many or to individuals.このパワーが行使または説教を教えるだけの福音と管理の秘跡によると、彼らの多くまたは個人のいずれかを呼び出すことです。 For thereby are granted, not bodily, but eternal things, as eternal righteousness, the Holy Ghost, eternal life.それが与えのではなく、肉体的、しかし、永遠のものは、永遠の正義として、聖霊、永遠の命です。 These things cannot come but by the ministry of the Word and the Sacraments, as Paul says, Rom.これらのものが来ることはできないの秘跡省の言葉と、ポールは言うとして、 ROMから起動します。 1, 16: The Gospel is the power of God unto salvation to every one that believeth. 1 、 16 :の福音は、わたしの救いに神の力をすべて1つのことを信じています。 Therefore, since the power of the Church grants eternal things, and is exercised only by the ministry of the Word, it does not interfere with civil government; no more than the art of singing interferes with civil government.したがって、教会の交付金の力を利用して以来永遠のもの、および省が行使されただけに、単語、民事政府に干渉することはありません;ない歌って、アートが干渉を超える市民政府します。 For civil government deals with other things than does the Gospel.を扱う他のものよりも民事政府は、福音です。 The civil rulers defend not minds, but bodies and bodily things against manifest injuries, and restrain men with the sword and bodily punishments in order to preserve civil justice and peace.支配者を守る市民の心ないが、物事に対する身体の遺体や負傷者のマニフェスト、および抑制する男性を処罰するために身体の剣と正義と平和を守る市民です。

Therefore the power of the Church and the civil power must not be confounded.そのための力を利用し、市民パワー教会とべらぼうにはならない。 The power of the Church has its own commission to teach the Gospel and to administer the Sacraments.教会の力を利用して、独自の委員会を教えるの秘跡を管理するの福音とします。 Let it not break into the office of another; Let it not transfer the kingdoms of this world; let it not abrogate the laws of civil rulers; let it not abolish lawful obedience; let it not interfere with judgments concerning civil ordinances or contracts; let it not prescribe laws to civil rulers concerning the form of the Commonwealth.それは別の事務所に侵入する;レットイットしない国は、次の世界に転送し;レットイット民事の法律に基づいて特定の支配を廃止;レットイット廃止は合法的な服従;レットイットに関する判断は市民に干渉する条例または契約にいます、民事法の支配を処方することに関する特定のフォームは、連邦です。 As Christ says, John 18, 33: My kingdom is not of this world; also Luke 12, 14: Who made Me a judge or a divider over you?イエスキリストは言うとして、ジョン18日、 33 :私の王国ではないこの世界;もルーク12 、 14 : whoは私に一つ分圧器を過ぎて利用する場合、または判断ですか? Paul also says, Phil.ポールも言うよ、フィル。 3, 20: Our citizenship is in heaven; 2 Cor. 3 、 20 :私たちの国籍は天に、 2コーです。 10, 4: The weapons of our warfare are not carnal, but mighty through God to the casting down of imaginations. 10 、 4 :肉欲兵器の私たちの戦争はないが、神の偉大なを通じての内訳は、想像力を鋳造します。

After this manner our teachers discriminate between the duties of both these powers, and command that both be honored and acknowledged as gifts and blessings of God.このような方法で私たちを区別した後次のような任務の両方の教師これらの権限、およびコマンドを両方と認められたとしても光栄なギフトと神の祝福です。

If bishops have any power of the sword, that power they have, not as bishops, by the commission of the Gospel, but by human law having received it of kings and emperors for the civil administration of what is theirs.力のある場合に司教のように剣を、そのパワー彼らは、特定の司教として、同委員会は、ゴスペル、しかし、人間の法を受けたことの王と皇帝は、市民の管理かれらは何です。 This, however, is another office than the ministry of the Gospel.これは、しかしながら、より省は別の事務所の福音です。

When, therefore, the question is concerning the jurisdiction of bishops, civil authority must be distinguished from ecclesiastical jurisdiction.ときに、したがって、管轄権に関する問題は、司教は、教会の民事裁判管轄権限を区別しなければならない。 Again, according to the Gospel or, as they say, by divine right, there belongs to the bishops as bishops, that is, to those to whom has been committed the ministry of the Word and the Sacraments, no jurisdiction except to forgive sins, to judge doctrine, to reject doctrines contrary to the Gospel, and to exclude from the communion of the Church wicked men, whose wickedness is known, and this without human force, simply by the Word.再び、福音書によれば、または、よく言われるように、神の右に所属して司教の司教として、それは、所有者を同省がコミットされたという言葉と秘跡、罪を許して裁判管轄を除いて、教義を判断する、教義に反しての福音を拒否する、と聖体拝領を除外するの教会からの邪悪な男で、その邪悪が知られ、これを人間の力は、単純された単語です。 Herein the congregations of necessity and by divine right must obey them, according to Luke 10, 16: He that heareth you heareth Me.ここでの集会神授必要に迫られ、従わなければならないとされて、ルークによると、 10 、 16 :彼は全聴には全聴にするよ。 But when they teach or ordain anything against the Gospel, then the congregations have a commandment of God prohibiting obedience, Matt.しかし、何もないときに命じるの福音を教えるまたは、その後の集会には神の禁止命令服従、マットです。 7, 15: Beware of false prophets; Gal. 7日、 15 :用心の偽預言者;ギャルです。 1, 8: Though an angel from heaven preach any other gospel, let him be accursed; 2 Cor. 1 、 8 :かかわらず、他の天使から天国の説教、ゴスペル、彼には呪わ; 2コーです。 13, 8: We can do nothing against the truth, but for the truth. 13日、 8 :私たち真理に逆らっても何もできなかったことが、真理です。 Also: The power which the Lord hath given me to edification, and not to destruction.また:主は、かれらの力を与えてくれた教化し、破壊しないようにします。 So, also, the Canonical Laws command (II. Q. VII. Cap., Sacerdotes, and Cap. Oves).そのため、また、法律の正規のコマンド( ii.問Ⅶ 。キャップです。 、 sacerdotes 、およびキャップです。 oves ) 。 And Augustine (Contra Petiliani Epistolam): Neither must we submit to Catholic bishops if they chance to err, or hold anything contrary to the Canonical Scriptures of God.とオーガスティン(コントラpetiliani epistolam ) :どちらも提出する必要があります。私たちカトリック司教チャンスをすればエラーか、または何かに反して、正規のホールド神の経典です。

If they have any other power or jurisdiction, in hearing and judging certain cases, as of matrimony or of tithes, etc., they have it by human right, in which matters princes are bound, even against their will, when the ordinaries fail, to dispense justice to their subjects for the maintenance of peace.もし彼らは他の権力や裁判管轄は、特定の聴聞会と判断する場合、またはの十分の一に中有鬼など、彼らはそれを人間の権利は、君主にバインド問題では、反対には、 ordinariesときに失敗した場合は、科目を調剤して正義の平和の維持のためです。

Moreover, it is disputed whether bishops or pastors have the right to introduce ceremonies in the Church, and to make laws concerning meats, holy-days and grades, that is, orders of ministers, etc. They that give this right to the bishops refer to this testimony John 16, 12.また、係争中かどうかは司教または権利を導入する牧師は、教会の儀式で、肉に関する法律を作ると、神聖-日中と学校の成績を、これは、受注の閣僚は、この権利を与えるなど、彼らが司教を参照この証言ジョン16日、 12 。 13: I have yet many things to say unto you, but ye cannot bear them now. 13 :私はまだ多くのことを言ってやるがなたがたに、なたがたにすることはできません。ベアです。 Howbeit when He, the Spirit of Truth, is come, He will guide you into all truth.それにもかかわらずときに彼は、真実の精神には、さあ、彼はあなたをすべての真実をガイドします。 They also refer to the example of the Apostles, who commanded to abstain from blood and from things strangled, Acts 15, 29.また、使徒の例を参照して、 who命じられたことを慎むことから血液や首を絞め、行為を15日、 29日です。 They refer to the Sabbath-day as having been changed into the Lord's Day, contrary to the Decalog, as it seems.それらを参照して変更されてされている安息日の主の日に、十戒に反して、今のところです。 Neither is there any example whereof they make more than concerning the changing of the Sabbath-day.どちらの例がある以上、かれらの安息日の変更をします。 Great, say they, is the power of the Church, since it has dispensed with one of the Ten Commandments!素晴らしい、と言っては、教会の力を利用し、以来、 1つのことがdispensed十戒!

But concerning this question it is taught on our part (as has been shown above) that bishops have no power to decree anything against the Gospel.しかし、この問題に関することは教えて私たちの一部(上記のが示されている)を司教の電源を令がない何もないの福音です。 The Canonical Laws teach the same thing (Dist. IX) .正規の法律を教えるのと同じこと( dist. 9世) 。 Now, it is against Scripture to establish or require the observance of any traditions, to the end that by such observance we may make satisfaction for sins, or merit grace and righteousness.今すぐ、啓典を確立することは反対または任意の伝統を遵守する必要が、式典の最後にこのようなことによって私たちの罪の満足をもたらすことができるか、または恵みと正義のメリットです。 For the glory of Christ's merit suffers injury when, by such observances, we undertake to merit justification.キリストのメリットを受けるの栄光の損傷時に、このような儀式を、私たちの正当化のメリットを承諾しています。 But it is manifest that, by such belief, traditions have almost infinitely multiplied in the Church, the doctrine concerning faith and the righteousness of faith being meanwhile suppressed.しかし、これはマニフェストに、このような信念、伝統はほとんど無限に掛けは、教会は、信仰と正義の原則に関する信仰が一方抑制します。 For gradually more holy-days were made, fasts appointed, new ceremonies and services in honor of saints instituted, because the authors of such things thought that by these works they were meriting grace.を徐々に他の神聖-日中に行われた、断食に任命、新たな儀式やサービスを導入聖人に敬意を表し、このようなことは、作者の考えられてmeriting彼らは猶予され、これらの作品です。 Thus in times past the Penitential Canons increased, whereof we still see some traces in the satisfactions.このように、過去のざんげの参事倍に増加し、 whereof我々はまだいくつかの痕跡は、満足です。

Again, the authors of traditions do contrary to the command of God when they find matters of sin in foods, in days, and like things, and burden the Church with bondage of the law, as if there ought to be among Christians, in order to merit justification a service like the Levitical, the arrangement of which God had committed to the Apostles and bishops.繰り返しになりますが、作家の伝統に反して、コマンドを行うときに神の罪の問題を見つけるの食品は、日中、とのようなものだから、負担の教会では、法の奴隷となって、まるでキリスト教徒があってしかるべき摂るために、を正当化するサービスのメリットleviticalのように、神の配置の使徒と司教にコミットしていた。 For thus some of them write; and the Pontiffs in some measure seem to be misled by the example of the law of Moses.そのため、いくつかのことを書くと、いくつかのpontiffs測定の例のように惑わされるムーサーの法則です。 Hence are such burdens, as that they make it mortal sin, even without offense to others, to do manual labor on holy-days, a mortal sin to omit the Canonical Hours, that certain foods defile the conscience that fastings are works which appease God that sin in a reserved case cannot be forgiven but by the authority of him who reserved it; whereas the Canons themselves speak only of the reserving of the ecclesiastical penalty, and not of the reserving of the guilt.したがってこのような負担は、大罪することにしても、罪を他のせず、これを行うに肉体労働を神聖-日中には、正規の時間大罪を省略して、その特定の食品の良心を汚すfastingsは神の作品をなだめるその罪をする場合は許されることはできませんが、彼の権威をwho予約れているが、自身話す参事は、教会の予約のみをお支払いいただきますと、予約は、罪悪感はない。

Whence have the bishops the right to lay these traditions upon the Church for the ensnaring of consciences, when Peter, Acts 15, 10, forbids to put a yoke upon the neck of the disciples, and Paul says, 2 Cor.そこからは、これらの伝統をレイアウトする権利を司教には教会の良心をensnaring 、ピーター、行為15 、 10 、禁止を入れるには時の首のくびきの弟子、とポールは言う、 2コーです。 13, 10, that the power given him was to edification not to destruction? 13日、 10日は、パワーを与えられた彼は教化破壊しないようにですか? Why, therefore, do they increase sins by these traditions?なぜ、したがって、かれらの罪の増加によって、これらの伝統ですか?

But there are clear testimonies which prohibit the making of such traditions, as though they merited grace or were necessary to salvation.しかし、これには明確な証言を禁止するような伝統メーカー、まるで彼らが報われた猶予または救済する必要があります。 Paul says, Col. 2, 16-23: Let no man judge you in meat, or in drink, or in respect of an holy-day, or of the new moon, or of the Sabbath-days.ポール氏は、 Col 。 2 、 16-23 : letない男の肉を判断するのか、または酒に酔って、または神聖な日を尊重するか、または、新しいムーンか、または、安息日-日中です。 If ye be dead with Christ from the rudiments of the world, why, as though living in the world, are ye subject to ordinances (touch not; taste not; handle not, which all are to perish with the using) after the commandments and doctrines of men!なたがたはイエスキリストが死んでいる場合に、世界の基礎から、なぜ、同じように、世界に住んで、なたがたはアジ研を条例(タッチしない;味いない;ハンドルは、これをすべての人は死ぬのを使用して)した後、戒めと教説の男性! which things have indeed a show of wisdom.これをすることが実際の知恵です。 Also in Titus 1, 14 he openly forbids traditions: Not giving heed to Jewish fables and commandments of men that turn from the truth.また、ティトゥス1 、 14彼の伝統を公然とすることを禁じます:特定与え耳を傾けると戒めの男性がユダヤ人の寓話電源からの真理です。

And Christ, Matt.とイエスキリスト、マットです。 15, 14. 15日、 14 。 13, says of those who require traditions: Let them alone; they be blind leaders of the blind; and He rejects such services: Every plant which My heavenly Father hath not planted shall be plucked up. 13日、これらのwhoを必要と言うの伝統:せて単独;彼らは盲目の指導者の目の不自由な;と彼はこのようなサービスを拒否:すべての植物が植えられた私の天の父かれらは撥アップしなければならない。

If bishops have the right to burden churches with infinite traditions, and to ensnare consciences, why does Scripture so often prohibit to make, and to listen to, traditions?司教の負担を受ける権利を有する場合に無限の教会の伝統と良心を誘惑する、啓典が頻繁にされるのはなぜ禁止して、を聞くには、伝統ですか? Why does it call them "doctrines of devils"?なぜそれに呼びかけて"教説の悪魔"ですか? 1 Tim. 1ティムです。 4, 1. 4 、 1 。 Did the Holy Ghost in vain forewarn of these things?聖霊は、あらかじめ、これらの物事には至りませんでしたか?

Since, therefore, ordinances instituted as things necessary, or with an opinion of meriting grace, are contrary to the Gospel, it follows that it is not lawful for any bishop to institute or exact such services.以来、したがって、条例として導入に必要なものか、またはmeritingの意見を猶予には、福音に反して、それ以下の通りではないことを合法的に任意の司教研究所または完全このようなサービスです。 For it is necessary that the doctrine of Christian liberty be preserved in the churches, namely, that the bondage of the Law is not necessary to justification, as it is written in the Epistle to the Galatians, 5, 1: Be not entangled again with the yoke of bondage.をすることが必要自由は、キリスト教の教義に保存されている教会、すなわち、同法は、奴隷的拘束を正当化する必要はありませんように書かれているの信徒へのガラテヤ人への手紙、 5 、 1 :再び正面から向き合うことではない捕らわれのくびきにします。 It is necessary that the chief article of the Gospel be preserved, to wit, that we obtain grace freely by faith in Christ, and not for certain observances or acts of worship devised by men.ことが必要であるのは、チーフ記事の福音に保存、機知に富んだ、それによって私たちの信仰はイエスキリストを自由に入手猶予ではなく、特定の儀式や崇拝行為を考案した男性です。

What, then, are we to think of the Sunday and like rites in the house of God?それでは、日曜日は、私たちを考えると、家の中で神のような儀式ですか? To this we answer that it is lawful for bishops or pastors to make ordinances that things be done orderly in the Church, not that thereby we should merit grace or make satisfaction for sins, or that consciences be bound to judge them necessary services, and to think that it is a sin to break them without offense to others.この答えをして私たちの司教や牧師は、合法的な条例を作ることは、教会の秩序あることではなく、そのメリットの猶予またはそれに満足しなければならないの罪か、またはその良心にバインドして必要なサービスを判断するとこれはと思うの罪を犯すことを破ることなく攻撃を他のです。 So Paul ordains, 1 Cor.ポールordainsので、 1コーです。 11, 5, that women should cover their heads in the congregation, 1 Cor. 11日、 5 、その女性はヘッドカバーには、集会、 1コーです。 14, 30, that interpreters be heard in order in the church, etc. 14日、 30日、通訳に聞いたことは、教会のために、等

It is proper that the churches should keep such ordinances for the sake of love and tranquillity, so far that one do not offend another, that all things be done in the churches in order, and without confusion, 1 Cor.これは適切なようにこのような条例は、教会への愛と静けさのために、これまでのところ気分を害することはありません別の1つ、その教会で行われるすべてのものにするために、混乱とせず、 1コーです。 14, 40; comp. 14日、 40 ;のCOMPです。 Phil.フィルします。 2, 14; but so that consciences be not burdened to think that they are necessary to salvation, or to judge that they sin when they break them without offense to others; as no one will say that a woman sins who goes out in public with her head uncovered provided only that no offense be given. 2 、 14 ;しかし、良心がないように負担させる必要があることを考えると彼らは救いか、またはして罪を判断するときに破ることなく攻撃を他の;としては、女性の誰も言ってやるが古くなってしまうの公共性の罪who彼女の頭にのみ提供さ発覚攻撃が与えられることは絶対にありません。

Of this kind is the observance of the Lord's Day, Easter, Pentecost, and like holy-days and rites.この種の遵守のは、主の日、復活祭、聖霊降臨、とのような神聖な儀式日間とします。 For those who judge that by the authority of the Church the observance of the Lord's Day instead of the Sabbath-day was ordained as a thing necessary, do greatly err. who判断することによって、これらの教会の権威を守ることは、主の日の代わりに、安息日のに必要なものとしては、免許は、大幅にエラーです。 Scripture has abrogated the Sabbath-day; for it teaches that, since the Gospel has been revealed, all the ceremonies of Moses can be omitted.啓典は、安息日の廃棄;を教えることは、明らかにされて以来の福音は、すべての儀式のムーサーは省略可能です。 And yet, because it was necessary to appoint a certain day, that the people might know when they ought to come together, it appears that the Church designated the Lord's Day for this purpose; and this day seems to have been chosen all the more for this additional reason, that men might have an example of Christian liberty, and might know that the keeping neither of the Sabbath nor of any other day is necessary.にもかかわらず、それが特定の日を任命する必要がある、との人々が知って一緒に来るときにするべき、それに指定されている教会の主の日、この目的のために、この日が選ばれたように他のためのすべてのこの追加の理由から、その男性の例をキリスト教の自由かもしれない、と知っているのかもしれないどちらも維持あるいはその他の日の安息日が必要です。

There are monstrous disputations concerning the changing of the law, the ceremonies of the new law, the changing of the Sabbath-day, which all have sprung from the false belief that there must needs be in the Church a service like to the Levitical, and that Christ had given commission to the Apostles and bishops to devise new ceremonies as necessary to salvation.怪物のような問題にはdisputationsの変化には、法では、式典のは、新しい法律は、安息日の変更を、これをすべてがひび割れたからの誤った信念が存在しなければ、サービスのニーズには、教会のようにしてlevitical 、およびイエスキリストが与えられた委員会が使徒と司教に工夫して、必要に応じて新たな儀式を救いです。 These errors crept into the Church when the righteousness of faith was not taught clearly enough.これらのエラーをこっそり教会の信仰はないときに正義の教えを明確に十分ではありません。 Some dispute that the keeping of the Lord's Day is not indeed of divine right, but in a manner so.いくつかの紛争は、保管して、主の日に神授確かではない、しかし、態度だ。 They prescribe concerning holy-days, how far it is lawful to work.彼らを処方に関する神聖-日中に、どの程度まで合法的に働くことがあります。 What else are such disputations than snares of consciences?何よりもdisputationsは、このような良心が仕掛けたわですか? For although they endeavor to modify the traditions, yet the mitigation can never be perceived as long as the opinion remains that they are necessary, which must needs remain where the righteousness of faith and Christian liberty are not known.というのは彼らの努力の伝統を変更するには、まだありませんの緩和には絶対に思われている限り、彼らが必要との意見に変わりはない、これは、正義のままである必要がありますが必要とキリスト教の信仰の自由知られていない。

The Apostles commanded Acts 15, 20 to abstain from blood.使徒の行為を命じ、 15 、 20の血液を慎むことです。 Who does now observe it? whoは今すぐ観察することですか? And yet they that do it not sin not; for not even the Apostles themselves wanted to burden consciences with such bondage; but they forbade it for a time, to avoid offense.とだがかれらは罪を行うことはない;を指名手配そのものであって使徒をこのよう隷属良心の負担;しかし、禁じられたことを彼らには、攻撃を回避するためです。 For in this decree we must perpetually consider what the aim of the Gospel is.絶え間なく、この令を考慮しなければならないのは何の目的の福音です。

Scarcely any Canons are kept with exactness, and from day to day many go out of use even among those who are the most zealous advocates of traditions.ほとんどすべての参事を正確に保持し、一日一日との間にも多く使用されなくなるそれらのwhoは、最も熱心な支持者の伝統です。 Neither can due regard be paid to consciences unless this mitigation be observed, that we know that the Canons are kept without holding them to be necessary, and that no harm is done consciences, even though traditions go out of use.どちらも支給されることについて良心のため、この緩和に見られる場合を除き、その参事が保存されていることを私たちを所蔵してしなければならない、と良心が行わ悪影響を与えることは絶対にありませんにもかかわらず、伝統使用されなくなる。

But the bishops might easily retain the lawful obedience of the people if they would not insist upon the observance of such traditions as cannot be kept with a good conscience.しかし、合法的な司教かもしれない簡単に保持して服従させるようなことはしないの人々に固執する場合、このような伝統として遵守することはできませんやましいところがなくて保管します。 Now they command celibacy; they admit none unless they swear that they will not teach the pure doctrine of the Gospel.今すぐにコマンドcelibacy ;彼らを認めることを誓うなし特定しない限り、彼らの純粋な教義を教えるの福音です。 The churches do not ask that the bishops should restore concord at the expense of their honor; which, nevertheless, it would be proper for good pastors to do.教会の司教はありませんようお願いして復元する必要が名誉を犠牲にして呼応;は、にもかかわらず、良いことが適切な牧師これを行うにします。 They ask only that they would release unjust burdens which are new and have been received contrary to the custom of the Church Catholic.かれらは言うだけが発売して不当な負担が新たに反して受信され、カスタムのカトリック教会です。 It may be that in the beginning there were plausible reasons for some of these ordinances; and yet they are not adapted to later times.ことがありますがあったの始まりにしてもっともらしい理由をいくつかの条例;とされていない適応してはまだありませんへ回クリックします。 It is also evident that some were adopted through erroneous conceptions.することもいくつかが採択を通じて明らかに誤った概念です。 Therefore it would be befitting the clemency of the Pontiffs to mitigate them now, because such a modification does not shake the unity of the Church.そのためにふさわしいことが寛大な処置をして今すぐpontiffsを軽減するため、このような変更はありません教会の結束を揺さぶる。 For many human traditions have been changed in process of time, as the Canons themselves show.多くの人間の伝統のプロセスの時間が変更されて、自身参事として表示されます。 But if it be impossible to obtain a mitigation of such observances as cannot be kept without sin, we are bound to follow the apostolic rule, Acts 5, 29, which commands us to obey God rather than men.でも、もしそれが不可能な慣例を入手するに緩和などせずに保管することはできません罪として、我々は次のローマ教皇のルールにバインドされ、行為5 、 29 、 whichコマンドではなく、神の問い合わせに従うの男性です。

Peter, 1 Pet.ピーターは、 1のペットです。 5, 3, forbids bishops to be lords, and to rule over the churches. 5 、 3 、禁止される大名の司教と教会を支配します。 It is not our design now to wrest the government from the bishops, but this one thing is asked, namely, that they allow the Gospel to be purely taught, and that they relax some few observances which cannot be kept without sin.今すぐに私たちのデザインではない、政府からの司教座を奪い取る、しかし、この1つのものを求められるとは、すなわち、福音を可能にすることが純粋に教え、およびいくつかのいくつかの儀式をしてリラックスすることはできませんが罪に保管します。 But if they make no concession, it is for them to see how they shall give account to God for furnishing, by their obstinacy, a cause for schism.しかし、全く譲歩すれば、それは、かれらはどのようにしてアカウントを神に与える家具は、その頑固さは、分裂の原因です。


Conclusion.結論です。

These are the chief articles which seem to be in controversy.これらは、最高の記事で物議をどのように見えるがあります。 For although we might have spoken of more abuses, yet, to avoid undue length, we have set forth the chief points, from which the rest may be readily judged.というのは私たちの他の侵害を話さかもしれない、しかし、過度の長さを避けるために、当社は規定の長点は、残りの5月の482.6から判断します。 There have been great complaints concerning indulgences, pilgrimages, and the abuse of excommunications.大きな苦情があったにおぼれること、巡礼、とexcommunicationsの乱用です。 The parishes have been vexed in many ways by the dealers in indulgences.厄介なのが多くの点で教会のディーラーにおぼれることです。 There were endless contentions between the pastors and the monks concerning the parochial right, confessions, burials, sermons on extraordinary occasions, and innumerable other things.無限の論戦があったとの間の牧師になると僧侶たちの偏狭な権利、自白、埋葬、臨時回にわたって説教をし、無数の他のものです。 Issues of this sort we have passed over so that the chief points in this matter, having been briefly set forth, might be the more readily understood.問題は、次の並べ替えを通過して、私たちは最高点にこの問題は、簡単に定めることも、理解をより容易になるかもしれない。 Nor has anything been here said or adduced to the reproach of any one.また、ここには何もadducedによるとまたはいずれか1つを非難するのです。 Only those things have been recounted whereof we thought that it was necessary to speak, in order that it might be understood that in doctrine and ceremonies nothing has been received on our part against Scripture or the Church Catholic.そのようなことだけ考えてもrecounted whereof私たちが必要であることを話すために、理解することかもしれないとして儀式教義上の部分が受信されて何も反対啓典やカトリック教会です。 For it is manifest that we have taken most diligent care that no new and ungodly doctrine should creep into our churches.これはマニフェストを取ることが最も勤勉なケアの新しいととんでもないことは絶対にありませんドクトリンは、私たちの教会に忍び込む。

The above articles we desire to present in accordance with the edict of Your Imperial Majesty, in order to exhibit our Confession and let men see a summary of the doctrine of our teachers.上記の記事に基づいて私たちの願望を提示して皇室陛下の勅令は、展示会のために私たちの自白をご存知でしたら、男性の教義の概要を確認する弊社の教師です。 If there is anything that any one might desire in this Confession, we are ready, God willing, to present ampler information according to the Scriptures.のいずれかの場合には何を望むかもしれないが、この告白、我々は準備は、事情が許せば、現在の情報によると、経典amplerです。

Your Imperial Majesty's faithful subjects:お客様の皇室陛下の忠実な科目:

John, Duke of Saxony, Elector.ジョン、デューク大学のザクセン、選挙です。
George, Margrave of Brandenburg.ジョージは、ブランデンブルク辺境伯のです。
Ernest, Duke of Lueneberg.アーネスト、デューク大学のluenebergです。
Philip, Landgrave of Hesse.フィリップ、ヘッセン方伯のです。
John Frederick, Duke of Saxony.ジョンフレデリック、デューク大学のザクセンです。
Francis, Duke of Lueneburg.フランシスは、デューク大学のlueneburgです。
Wolfgang, Prince of Anhalt.ヴォルフガング、プリンスオブアンハルト公国です。
Senate and Magistracy of Nuremburg.ニュルンベルグmagistrateの管轄地域の上院議員とします。
Senate of Reutlingen.上院のロイトリンゲンです。


Translated by F. Bente andW.女性bente andw訳です。 HT Dau htダウ

Published in: Triglot Concordia: The Symbolical Books of the Ev.公開されたバージョン: 3カ国語で書かコンコルディア:書籍の露出補正の象徴です。 Lutheran Church (St. Louis: Concordia Publishing House, 1921), pp.ルーテル教会(セントルイス:コンコルディア出版社、 1921 ) 、 pp 。 37-95.三七から九五です。


Also, see:また、参照してください:
Nicene Creed ニカイア信条
Apostles' Creed 使徒信条
Athanasian Creed アタナシウス信条
Luther's Small Catechism ルターの小公教要理
Lutheranism ルーテル教会

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです