Saint Augustine of Hippoセントオーガスティンのカバ

General Information 総合情報

Saint Augustine, b.セントオーガスティン、 b. Nov. 13, 354, d. 11月13日、 354 、 d. Aug. 28, 430, was one of the foremost philosopher-theologians of early Christianity and, while serving (396-430) as bishop of Hippo Regius, the leading figure in the church of North Africa. 8月28日、 430 、のいずれかの第一は、哲学者-神学者の早期キリスト教と、中の配信(三百九十六から四百三十)としてヒッポレギウス大主教は、教会の主要人物で、北アフリカです。 He had a profound influence on the subsequent development of Western thought and culture and, more than any other person, shaped the themes and defined the problems that have characterized the Western tradition of Christian Theology.深遠な影響を与えて、彼には、その後の西洋思想と文化の発展と、もっと他の人よりも、形のテーマと定義して問題が発生することが特徴の西洋の伝統をキリスト教神学です。 Among his many writings considered classics, the two most celebrated are his semiautobiographical Confessions, which contains elements of Mysticism, and City of God, a Christian vision of history.彼には多数の作品と考えクラシック、 2つの最も有名な彼の半自伝的告白は、神秘主義の要素が含まれ、およびシティオブゴッドは、キリスト教の歴史をビジョンです。

Early Life and Conversion早期の生活とコンバージョン

Augustine was born at Thagaste (modern Souk-Ahras, Algeria), a small town in the Roman province of Numidia.アウグスティヌスが生まれたthagaste (現代スーカラス、アルジェリア)は、ローマの州の小さな町にヌミディアです。 He received a classical education that both schooled him in Latin literature and enabled him to escape from his provincial upbringing.彼は古典的教育の両方の教育を受けた彼のラテン文学と有効になって自分の道から逃れる彼に育てられた。 Trained at Carthage in rhetoric (public oratory), which was a requisite for a legal or political career in the Roman empire, he became a teacher of rhetoric in Carthage, in Rome, and finally in Milan, a seat of imperial government at the time.カルタゴの言葉遣いで訓練を受けた(公共の礼拝堂) 、これは、必要な法的または政治家としてのキャリアには、ローマ帝国は、教師の言葉遣いになるにつれ、彼はカルタゴ、ローマの、そして最後にはミラノ、政府は、皇室の席の時間です。 At Milan, in 386, Augustine underwent religious conversion.ミラノでは、 386 、アウグスティヌス宗教的な変換されています。 He retired from his public position, received baptism from Ambrose, the bishop of Milan, and soon returned to North Africa.彼は引退公的な立場を、洗礼を受けたアンブローズは、ミラノの司教、北アフリカ、すぐに返されます。 In 391, he was ordained to the priesthood in Hippo Regius (modern Bone, Algeria); five years later he became bishop. 、 391 、彼は聖職に就くにヒッポレギウスを命じられる(現代骨、アルジェリア) ; 5年後に彼は司教です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The first part of Augustine's life (to 391) can be seen as a series of attempts to reconcile his Christian faith with his classical culture.アウグスティヌスの人生の最初の部分( 391 )が見られ、一連の和解の試みを彼の古典文化とキリスト教の信仰です。 His mother, Saint Monica, had reared him as a Christian.彼の母親は、サンモニカ、キリスト教は彼を飼育いた。 Although her religion did not hold an important place in his early life, Christianity never totally lost its grip upon him.ホールドしなかったものの彼女の宗教彼の初期の人生の重要な場所に、キリスト教のグリップ決して完全に失われた時だった。 As a student in Carthage, he encountered the classical ideal of philosophy's search for truth and was fired with enthusiasm for the philosophic life.カルタゴの学生として、彼は理想的な哲学の古典遭遇の検索を解雇さと情熱を真実とは人生の哲学です。 Unable to give up Christianity altogether, however, he adopted Manichaeism, a Christian heresy claiming to provide a rational Christianity on the basis of a purified text of Scripture.キリスト教を放棄するできませんでしたまた、しかし、彼採択マニ教、キリスト教の異端の主張を提供することに基づいて合理的キリスト教を啓典のテキストを精製します。 Nine years later, his association with the Manichees ended in disillusionment; and it was in a religiously detached state that Augustine arrived in Milan. 9年後、彼の協会が終了したmanichees幻滅、およびそれは、宗教的に公平な状態にアウグスティヌスミラノに到着した。 There he discovered, through a chance reading of some books of Neoplatonism, a form of philosophy that seemed compatible with Christian belief.そこに発見され、読書の機会を介していくつかの書籍のネオプラトニズム、そのようにフォームの哲学と互換性がキリスト教の信仰です。 At the same time, he found that he was at last able to give up the ambitions for public success that had previously prevented him from embracing the philosophic life.それと同時に、彼が見つかりましたしていた最後の野望を放棄することを公共の成功を受け入れていたから、以前は次の妨げ彼の人生哲学です。 The result was the dramatic conversion that led Augustine to devote his life to the pursuit of truth, which he now identified with Christianity.その結果は、劇的な転換を主導アウグスティヌス一生を捧げることを追求して真理をもって、今すぐに彼は、キリスト教識別します。 With a small group of friends, he returned to North Africa and, in Thagaste, established a religious community dedicated to the intellectual quest for God.小グループの友達と、彼は戻って北アフリカとは、 thagaste 、宗教的なコミュニティ専用に設立した神の知的クエストです。

Later Life and Influenceその後の生活と影響力を

Augustine's ordination, unexpectedly forced upon him by popular acclamation during a visit to Hippo in 391, brought about a fundamental change in his life and thought.アウグスティヌスの調整、予期せず彼のことを強要人気の発声投票で391を訪問中のカバ、根本的な変化をもたらした彼の人生と思っています。 It redirected his attention from the philosophic Christianity he had discovered in Milan to the turbulent, popular Christianity of North Africa's cities and towns.彼の哲学にリダイレクトして注目を集めてミラノに発見されていたキリスト教の乱流、キリスト教の人気の北アフリカの都市や町です。

His subsequent career as priest and bishop was to be dominated by controversy and debate.彼のその後のキャリアとしての司祭と司教は、論争と議論されるに支配されています。 Especially important were his struggles with the Donatists and with Pelagianism.特に重要なのは彼の闘争とdonatistsペラギウス主義です。 The Donatists promoted a Christian separatist movement, maintaining that only they were the true church and that, as a result, only their Sacraments were valid.キリスト教の分離独立運動を推進するdonatists 、維持していただけの真の教会とは、以上の結果、その秘跡のみが有効です。 Augustine's counterattack emphasized unity, not division, as the mark of true Christianity and insisted that the validity of the sacraments depended on Christ himself, not on any human group or institution.アウグスティヌスの反撃の結束を強調、特定課は、キリスト教とのマークの真の正当性を主張してイエスキリストの秘跡に依存し自分自身ではなく、人間のグループまたは任意の機関です。 Pelagianism, an early 5th-century Christian reform movement, held that no person could be excused from meeting the full demand of God's law.ペラギウス主義は、キリスト教の改革運動世紀の初めに5日、開かれたことは絶対にありませんから外してよろしい人が会議室の完全な需要の神の律法です。 In doing so, it stressed the freedom of the human will and its ability to control motives and regulate behavior.そうすることで、それの自由を強調して、人間の意志とその動機や規制の動作を制御する能力です。 In contrast, Augustine argued that because of Original Sin no one can entirely govern his own motivation and that only the help of God's Grace makes it possible for persons to will and to do good.対照的に、アウグスティヌスと主張して元の罪のためには誰も自分自身のモチベーションを完全に支配するだけの助けを借りて、神のお恵みを人にすることが可能とこれを行うには良いです。 In both of these controversies,これらの論争の両方で、

Augustine opposed forces that set some Christians apart from others on grounds either of religious exclusivism or of moral worth.アウグスティヌス反対勢力とは別に設定する他のいくつかのキリスト教徒の宗教上の理由のいずれかの排他主義や道徳的価値がある。

Augustine must be reckoned as one of the architects of the unified Christianity that survived the barbarian invasions of the 5th century and emerged as the religion of medieval Europe.アウグスティヌス必要があります。侮れない建築事務所の1つとして、キリスト教の統一野蛮人の侵略を生き延びたと、 5世紀の中世ヨーロッパの宗教として浮上しています。 He succeeded in bringing together the philosophic Christianity of his youth and the popular Christianity of his congregation in Hippo.彼をまとめるのに成功した彼の哲学、キリスト教、キリスト教青年と彼の集会で人気のカバです。 In doing so, he created a theology that has remained basic to Western Christianity, both Roman Catholic and Protestant, ever since.そうすることで、彼を作成したままでは基本的に欧米の神学、キリスト教、ローマカトリックとプロテスタントの両方、それ以来です。 Feast day: Aug. 28.饗宴日: 8月28日です。

William S. BabcockウィリアムS.バブコック

Bibliography 書誌事項
Battenhouse, Roy, ed., A Companion to the Study of St. Augustine (1955); Brown, Peter, Augustine of Hippo (1967; repr. 1987); Burnaby, John, Amor Dei: A Study of the Religion of St. Augustine (1938 repr. 1960); Chadwick, Henry, Augustine (1986); Marrou, HI, St. Augustine and His Influence Through the Ages, trans. battenhouse 、ロイ、エド。 、コンパニオンのことを勉強し、聖アウグスティヌス( 1955 ) ;ブラウン、ピーター、アウグスティヌスのカバ( 1967 ; repr 。 1987 ) ;バーナビー、ジョン、アモールデイ:聖宗教の研究をするアウグスティヌス( 1938 repr 。 1960 ) ;チャドウィック、ヘンリー、アウグスティヌス( 1986 ) ;マルー、こんにちは、聖アウグスティヌスと彼の年齢層に影響を与えるを通じて、トランスです。 by P. Hepburne-Scott (1957); O'Daly, Gerard, Augustine's Philosophy of the Mind (1987); O'Meara, John, An Augustine Reader (1973); Pagels, Elaine, Adam, Eve, and the Serpent (1988); Pelikan, Jaroslav, The Mystery of Continuity: Time and History, Memory and Eternity in the Thought of St. Augustine (1986); Smith, Warren Thomas, Augustine: His Life and Thought (1980).をp. hepburne -スコット( 1957 ) ; o'daly 、ジェラール、アウグスティヌスの哲学は、心( 1987 ) ;オメーラ、ジョンは、アウグスティヌスリーダー( 1973 ) ;ペイゲルス、エレイン、アダム、前夜、と蛇( 1988 ) ;ペリカン、ヤロスラフは、継続性の謎:時間と歴史、メモリと永遠にという考えの聖アウグスティヌス( 1986 ) ;スミス、ウォーレントーマス、アウグスティヌス:彼の人生と思想( 1980 ) 。


Saint Augustine of Hippo (354-430)セントオーガスティンのカバ(三百五十四から四百三十まで)

Advanced Information 高度情報

Perhaps antiquity's greatest theologian, Augustine was born in Tagaste, North Africa (Algeria), to Patricius, a pagan, and Monica, a Christian.おそらく古代の最大の神学者、アウグスティヌス生まれのtagaste 、北アフリカ(アルジェリア) 、 patriciusは、異教の、とモニカは、キリスト教のです。 He studied grammar at Madaura and rhetoric in Carthage, and was intellectually stimulated by reading Cicero's Hortensius.彼は大学では文法や言葉遣いにmadauraカルタゴ、および知的刺激を読んでは、シセロのホルテンシウスです。 After a carnal life during his school days he joined the Manichaean religion (373).肉欲の中に彼の学校生活の後に参加して日中に彼はマニ教の宗教( 373 ) 。 He taught grammar and rhetoric in North Africa (373-82) and then in Rome (383), where he abandoned the Manicheans and became a skeptic.彼は文法や言葉遣いを教え北アフリカ(三七三〜八二)と入力し、ローマの( 383 ) 、ここで彼を捨て、懐疑的なmanicheansとなった。 He moved to Milan to teach (384), where he was later influenced by the reading of Neoplatonic philosophy and by Ambrose's sermons.彼はミラノに移動さを教える( 384 ) 、ここで彼はneoplatonicへの影響を受け、読書のアンブローズの哲学と説教されています。 He was converted through an exhortation, overheard in a garden, from Rom.彼は勧告に変換を通じて、小耳には、庭、よりROMから起動します。 13:13-14, was baptized by Ambrose (387), and was reunited with his mother, who died shortly thereafter. 13:13-14 、アンブローズが洗礼を受けたさ( 387 ) 、および、彼の母親と再会、 whoが死亡した直後に行われます。

After years of retreat and study Augustine was ordained a priest in Hippo, North Africa (391), where he established a monastery and where he later became bishop (395).退却した後年間の研究を司祭に命じられるカバアウグスティヌスは、北アフリカ( 391 ) 、ここで彼はここで彼は後に設立した修道院となった司教( 395 )です。 The rest of his life can be seen by the controversies he engaged in and the writings he produced.彼の人生の残りの部分の論争が見える彼は彼の著作に従事すると生成されます。 Augustine died August 28, 430, as the vandals laid siege to Rome.アウグスティヌスが死亡した8月28日、 430 、ローマヴァンダルズlaid包囲攻撃をします。

Major Writings主な作品

Augustine's works fall roughly into three periods.アウグスティヌスの作品を3つの期間の約秋です。

First Period(386-96)第1期( 386から96 )

The first category in this period consists of philosophical dialogues: Against the Academics (386), The Happy Life (386), On Order (386), On Immortality of the Soul and On Grammar (387), On the Magnitude of the Soul (387-88), On Music (389-91), On the Teacher (389), and On Free Will (FW, 388-95).この期間の最初のカテゴリで構成さの哲学の対話:反対する学者( 386 )は、幸せな生活( 386 )は、オーダー( 386 )は、霊魂の不滅とさ文法( 387 ) 、上の大きさの魂(三百八十七から八十八まで)は、音楽( 389〜91 )は、その教師( 389 ) 、および自由意志(ファームウェア、 388〜95 ) 。 The second group is the anti-Manichaean works such as On the Morals of the Catholic Church (MCC) and On the Morals of the Manicheans (388), On Two Souls (TS, 391), and Disputation Against Fortunatus the Manichean (392). 2番目のグループではマニ教の作品の反道徳などを検索するのは、カトリックの教会(クライアントセンター)と上のモラルをmanicheans ( 388 ) 、 2つの魂( 0 、 391 ) 、との論争のマニ教に対するフォルトゥナトゥス( 392 )です。 The last category is made up of theological and exegetical works such as Against the Epistle of Manichaeus (397), Diverse Questions (389-96), On the Utility of Believing (391), On Faith and Symbol (393), and some Letters (L) and Sermons.の最後のカテゴリーの神学的には反対するとの手紙のような解釈の作品のmanichaeus ( 397 ) 、多様な質問(三百八十九〜九十六) 、上の有用性を信じる( 391 )は、信仰とシンボル( 393 ) 、およびいくつかの手紙( l )と説教します。

Second Period (396-411)第2期(三九六〜四一一)

This group of writings contains his later anti-Manichaean writings such as Against the Epistle of Manichaeus (397), Against Faustus the Manichean (AFM, 398), and On the Nature of the Good (399).このグループへの記述が含まれ彼の作品のような反対マニ教の信徒のmanichaeus ( 397 ) 、対ファウストのマニ教(原子間力顕微鏡、 398 ) 、およびその性質の良い( 399 )です。 Next were some ecclesiastical writings, as On Baptism (400), Against the Epistle of Petilian (401), and On the Unity of the Church (405).次の文章はいくつかの教会、バプテスマとしては( 400 ) 、反対するの信徒のpetilian ( 401 ) 、および教会の結束を( 405 )です。 Finally there were some theological and exegetical works such as the famous Confessions (C,398-99), On the Trinity (T,400-416), On Genesis According to the Literal Sense (400-415), On Christian Doctrine I,III (CD,387).最後にいくつかの神学があったと解釈の作品などの有名な自白( c ,398 - 99 ) 、上のトリニティ(トン,400 - 416 )は、創世記によると、文字どおりの意味(四〇 〇から四一五)は、キリスト教の教義を私は、 3世(枚、 387 ) 。 Letters, Sermons, and Discourses on Psalms were also written during this period.手紙、説教し、詩篇を授けた談話ではこの期間中にも書かれた。

Third Period (411-30)第三期(四一一から三〇 )

The works in the final period of Augustine's writings were largely antiPelagian.の作品での最後の期間antipelagianアウグスティヌスの記述がほとんどです。 First against the Pelagians he wrote On the Merits and Remission of Sins (MRS, 411-12), On the Spirit and the Letter (SL,412), On Nature and Grace (415), On the Correction of the Donatists (417), On the Grace of Christ and On Original Sin (418), On Marriage and Concupiscence (419-20), On the Soul and Its Origin (SO,419), The Enchiridion (E,421), and Against Julian (two books, 421 and 429-30).反対する第一のメリットを書いたとpelagians罪の赦し( mrs 、四百十一〜十二) 、上の精神とその手紙( sl 、 412 )は、自然とグレース( 415 ) 、上の補正をdonatists ( 417 )は、キリストの恵みとは原罪( 418 )は、結婚と情欲(四百十九から二十まで) 、上の魂とその起源(そのため、 419 )は、手引書(メール、 421 ) 、および対ユリウス暦( 2冊の本、 421と四百二十九から三十まで) 。 The second group of anti-Pelagian writings include On Grace and Free Will (GFW,426), On Rebuke and Grace (426), On Predestination of the Saints (428-29), and On the Gift of Perseverance (428-29). 2番目のグループの反ペラギウスの文章に含まれて恵みと自由意志( gfw 、 426 )で、 [非難とグレース( 426 )は、宿命は、聖人(四百二十八から二十九) 、およびギフトの忍耐力(四百二十八から二十九)です。 The last writings in this period are theological and exegetical, including perhaps his greatest work, The City of God (CG,413-26).この期間の最後の文章は、神学と解釈など、おそらく彼の最大の仕事は、シティオブゴッド( cg ,413 - 26 )です。 On Christian Doctrine (CD, Book IV, 426) and the Retractations (426-27) fit here, as well as numerous Letters, Sermons, and Discourses on Psalms.キリスト教の教義上(枚、本四、 426 )とretractations (四百二十六〜二十七)フィットここでは、数多くの手紙だけでなく、説教し、談話では詩篇を授けた。

Translations of Augustine's works can be found in numerous sources, including Ancient Christian Writers; Catholic University of America Patristic Studies; The Works of Aurelius Augustinus; The Fathers of the Church; Library of Christian Classics; and A Select Library of Nicene and Post-Nicene Fathers.アウグスティヌスの作品の翻訳をに関しましては多数によると、古代のキリスト教の作家を含む;アメリカカトリック大学研究patristic ;の作品をアウレリウスaugustinus ; 、父親のは、教会;ライブラリキリスト教のクラシック;とニカイアライブラリを選択するとポストニカイア父親です。

Theology神学

Augustine is the father of orthodox theology.アウグスティヌスは、正統派の神学の父です。

God

Augustine argued for aseity (CG XI, 5), absolute immutability (CG XI, 10), simplicity (CG VIII, 6), and yet a triunity of persons (L 169, 2, 5) in this one essence.アウグスティヌス主張自存性( cg xi 、 5 ) 、絶対immutability ( cg XIが、 ) 、シンプル( cg viii 、 6 ) 、にもかかわらず、 3人組の人(左169 、 2 、 5 )この1つのエッセンスです。 God is also omnipresent (CG VII, 30), omnipotent (CG V, 10), immaterial (spiritual) (CG VIII, 6), eternal (TXIV, 25, 21).神にも遍在( cg 7世、 30 ) 、全能の神( cg V電源、 10 ) 、無形(精神的) ( cg viii 、 6 ) 、永遠( txiv 、 25 、 21 ) 。 God is not in time but is the creator of time (CXI,4).時間の神ではないが、創作の時間( cxi 、 4 ) 。

Creation創作

For Augustine creation is not eternal (C XI, 13, 15).アウグスティヌスの作成を永遠ではない( c xi 、 13 、 15 ) 。 It is ex nihilo (out of nothing) (C XII, 7, 7), and the "days" of Genesis may be long periods of time (CG XI, 6-8).これは無から(蒔かぬ種) ( c 12 、 7 、 7 ) 、および"日中"の創世記年5月に長時間の時間( cg xi 、 6-8 ) 。 Each soul is not created at birth but is generated through one's parents (SO 33).それぞれの魂が作成されない場合が生成さを通してしかし、 1つの出生時の両親(よう33 )です。 The Bible is divine (E 1,4), infallible (CG XI, 6), inerrant (L 28, 3), and it alone has supreme authority (CG XI, 3) over all other writings (AFM XI, 5).聖書は神の(メール1,4 ) 、絶対確実な( cg xi 、 6 ) 、間違いのない(左28日、 3 ) 、それだけでは、最高権力機関( cg xi 、 3 )以上のすべての文章(原子間力顕微鏡xi 、 5 ) 。 There are no contradictions in the Bible (CD VII, 6, 8).聖書の矛盾ではない( CDの7 、 6 、 8 ) 。 Any error can be only in the copies, not in the original manuscripts (L 82, 3).すべてのエラーが発生することは、コピーのみではなく、元の原稿(左82 、 3 ) 。 The eleven books of the Apocrypha are also part of the canon (CD II, 8, 12) because they were part of the LXX, which Augustine believed to be inspired, and because they contain many wonderful stories of martyrs (CG XVIII, 42). 11本の外典の部分にも、キヤノン( CDの2世、 8 、 12 )されていた部分の70 、これアウグスティヌスインスピレーションとみられるため、そして、彼らを含む多くの素晴らしいストーリーオブ殉教者( cg 18 、 42 )です。 Augustine recognized that the Jews did not accept these apocryphal books (CG XIV, 14).アウグスティヌス認識は、ユダヤ人を受け入れるしなかったこれらの作り話の書籍( cg 14 、 14 ) 。 The canon was closed with the NT apostles (CG XXXIX, 38).キヤノンは、閉鎖性のNTの使徒( cg 39 、 38 ) 。

Sin

Augustine believed sin originated with free will, which is a created good (TR XIV, 11).罪の起源と考えられてアウグスティヌスの自由意志、これは、作成さ良い( tr 14 、 11 ) 。 Free will implies the ability to do evil (CG XII, 6).無料でこれを行うには邪悪な能力を意味します( cg 12 、 6 ) 。 It is a voluntary (TR XIV, 27), noncompulsory (TS X, 12), self-determined act (FW III, 17, 49).これは自発的に( tr 14 、 27 ) 、 noncompulsory ( 0 x 、 12 ) 、自己決定法(ファームウェアの3世、 17 、 49 ) 。 Augustine appears to have later contradicted this view when he concluded that Donatists could be forced to believe against their will (Correction of the Donatists III, 13).アウグスティヌスが表示されたらこのビューを表示するときには矛盾へdonatists彼が強制的に結論を信じては反対( 3世の訂正をdonatists 、 13 ) 。 With the fall man lost the ability to do good without God's grace (E 106), yet he retains the ability of free choice to accept God's grace (L 215, 4; GFW 7).男と秋に負けて能力をなして善行に神のお恵み(オ106 ) 、まだ彼は自由に選択能力を保持して、神の恵みを受け入れる(左215 、 4 ; gfw 7 ) 。 True freedom, however, is not the ability to sin but the ability to do good (CG XIV, 11), which only the redeemed have (E 30).真の自由、しかし、能力を罪ではないが、これを行うに良い能力( cg 14 、 11 ) 、これは、換金が(メール30 ) 。

Man

Augustine believed man was directly created by God without sin (On the Nature of God, 3), which the whole race derived from Adam (CG XII, 21).アウグスティヌス考えられて男は、神によって作成させずに直接罪(神の性質上、 3 ) 、レースは、全体から派生したアダム( cg 12 、 21 ) 。 When Adam sinned, all man sinned in him seminally (MRS 14).アダムが罪を犯し、すべての罪を犯ししていた男seminally ( mrs 14 ) 。 Man is a duality of body and soul (MCC 4, 6), and the image of God is in the soul (CD I, 22, 20).男は、二重の体と心を(クライアントセンターの4 、 6 ) 、とのイメージは、神の魂( CDの私、 22 、 20 ) 。 The fall did not erase this image (SL 48), although man's nature was corrupted by sin (Against the Epistle of Manichaeus XXXIII, 36).この画像を消去しなかったの秋に( sl 48 )が、男の自然が破損した罪(反対する書簡をmanichaeus 33 、 36 ) 。 Human life begins in the womb at the time of animation (E 85).人間の生活の中の赤ちゃんが始まる時点で、アニメーション(メール85 ) 。 Miscarriages before this time simply "perish" (E 86).この時点で前に流産を繰り返して、単に"死ぬ" (メール86 )です。 Man's soul is higher and better than his body (CG XII, 1), which is man's adversary (CX, 21, 43; TR 111, 103).男の魂が高ければ、より良いよりも彼の体( cg 12 、 1 ) 、これは男の敵( cx 、 21日43 ; tr 111 、 103 ) 。 There will be a physical resurrection of the bodies of all men, just and unjust (E 84, 92), to eternal bliss or agony respectively.には、物理的な復活のすべての男性の遺体、公正かつ不当な(メール84 、 92 )は、それぞれの苦しみを永遠の至福か。

Christイエスキリスト

Augustine believed that Christ was fully human (On Faith and the Creed [FC]IV, 8), yet without sin (E 24).アウグスティヌスと信じてイエスキリストは、完全に人間の(上の信仰や信条[カードFC ] 4 、 8 ) 、はまだありませんせず罪(メール24 ) 。 Christ assumed this human nature in the virgin's womb (FC IV, 8), yet he was also God from all eternity, of the same essence as the Father (TI, 6, 9).この人間の本性は、イエスキリストと仮定処女の子宮(カードFC 4 、 8 ) 、まだ彼はまたからすべてのエタニティ神は、本質的に、同じ父親として( ti 、 6 、 9 ) 。 Christ, however, was only one person (E 35).イエスキリストは、しかし、 1つだけの人が(メール35 ) 。 Yet these two natures are so distinct (L CXXXVII, 3, 11) that the divine nature did not become human at the incarnation (TI, 7, 14).これらの2つの性質は非常にはっきりとはまだありません(左cxxxvii 、 3 、 11 )は、自然の神の化身しなかったとなる人間は、 ( ti 、 7 、 14 ) 。

Salvation救世

The source of salvation is God's eternal decree (CG XI, 21), which is unchangeable (CG XXII, 2).のソースを救いは神の永遠の令( cg xi 、 21 ) 、これは不変( cg xxii 、 2 ) 。 Predestination is in accord with God's foreknowledge of man's free choice (CG V, 9).宿命の協定には、神の先見の男の自由に選択( cg V電源、 9 ) 。 Both those who are saved and those who are lost are so predestined (SO IV, 16).これらのwhoが保存され、それらの両方が失われるwhoは非常にpredestined (これ4世、 16 ) 。 Salvation is wrought only through Christ's substitutionary death (E 33).救世substitutionaryは、キリストの死を介してのみ鍛造(メール33 )です。 It is received by faith (E 31).受信したことが信仰(メール31 ) 。 Infants, however, are regenerated by baptism apart from their faith (On Forgiveness of Sins, and Baptism I,44).幼児、しかし、再生成さは、自分たちの信仰は別に洗礼(罪の許しをし、バプテスマ私は、 44 ) 。

Ethics倫理

For Augustine love is the supreme law (CG XV, 16).愛は、至上の幸福をアウグスティヌス法( cg 15 、 16 ) 。 All the virtues are defined in terms of love (MCC XII, 53).ご利用のすべての美徳で定義されて愛(クライアントセンターの12 、 53 ) 。 Lying is always wrong, even to save a life (L 22, 23).うそをついては、常に間違っても、生命を保存するに(左22日、 23 ) 。 In conflicting situations it is for God, not us, to determine which sins are greater (E 78, 79).これは神の競合状況ではなく、問い合わせは、を決定するには罪が大きい(メール78 、 79 ) 。 God sometimes grants exceptions to a moral command so that killing is permissible in a just war (CG XIX, 7) and even in cases such as Samson's self-sacrificing suicide (CG I, 21).神時には道徳的なコマンドを交付金の例外が許容されるように殺害されたばかりは、戦争( cg 19 、 7 )のような場合にもサムソンの自己犠牲的な自殺( cg私は、 21 ) 。

NL Geisler nlガイスラー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
AH Armstrong, St. Augustine and Christian Platonism; AugS; RW Battenhouse, ed., A Companion to the Study of Saint Augustine; G. Bonner, ST.ああアームストロング、聖アウグスティヌスとキリスト教の精神的恋愛; augs ; RWのbattenhouse 、エドです。は、コンパニオンのことを勉強し、セントオーガスティン; g.ボナー、セントです。 Augustine of Hippo; VJ Bourke, Augustine's Quest for Wisdom; P. Brown, Augustine of Hippo; J. Burnaby, Amor Dei: A Study of the Religion of St. Augustine; MP Garvey, Saint Augustine: Christian or Neo-Platonist; E. Gilson, The Christian Philosophy of Saint Augustine; MJ McKeough, The Meaning of the Rationes Seminales in St. Augustine; HI Marrou, Saint Augustine and His Influence Through the Ages; ADR Polman, The Word of God According to Saint Augustine; ER TeSelle, Augustine the Theologian, Augustinian Institute, St. Augustine Lectures 1959; T. Miethe, Augustinian Bibliography 1970-1980; T. Van Bauel, Repertoire bibliographique de Saint Augustine 1950-1960; F. Van der Meer, Augustine the Bishop; NL Geisler, What Augustine Says; E. Przywara, An Augustine Synthesis.アウグスティヌスのカバ;各自のバークは、アウグスティヌスのクエストの知恵; p.ブラウン、アウグスティヌスのカバ; j.バーナビー、アモールデイ:宗教の研究をする聖アウグスティヌス; mpガーベイ、セントオーガスティン:キリスト教やネオ- platonist ;メールです。ジルソン、セントオーガスティンは、キリスト教哲学; mj mckeough 、 rationes seminalesの意味での聖アウグスティヌス;こんにちはマルー、彼の影響力とセントオーガスティン大昔から; polman ADRとは、神の言葉によればセントオーガスティン; er teselle 、アウグスティヌスの神学者、アウグスティノ会研究所、聖オーガスティン講演会1959 ; t. miethe 、アウグスティノ会の構造1970-1980 ; t.ヴァンbauel 、レパートリーbibliographiqueドサンオーガスティン1950-1960 ;女性ファンデアメーア、アウグスティヌスの司教; nlガイスラー、どのようなアウグスティヌスは言う; e.プシュバーラ、アウグスティヌス合成します。


Also, see:また、参照してください:
Augustinians augustinians
Also, see links to 600+ full text Augustine Manuscripts:また、 600 +フルテキストのリンクを参照しアウグスティヌス原稿:
../txv/earlyche.htm ../txv/earlyche.htm
../txv/earlychf.htm ../txv/earlychf.htm
../txv/earlychg.htm ../txv/earlychg.htm
../txv/earlychh.htm ../txv/earlychh.htm
../txv/earlychi.htm ../txv/earlychi.htm
../txv/earlychj.htm ../txv/earlychj.htm
../txv/earlychk.htm ../txv/earlychk.htm
../txv/earlychl.htm ../txv/earlychl.htm
../txv/earlychm.htm ../txv/earlychm.htm
../txv/earlychn.htm ../txv/earlychn.htm


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです