British Israelitism英国israelitism

Advanced Information 高度情報

The ideas of this group can be traced back to John Sadler's book, The Rights of the Kingdom (1649), but its modern form originated with John Wilson's Our Israelitish Origin (1814).このグループのアイデアにさかのぼることをジョンサドラーの予約は、王国の権利を( 1649 ) 、その現代的な形の起源israelitishジョンウィルソンのが我々の起源( 1814 ) 。 The first society to propagate British Israelite views was the Anglo - Saxon Association founded in England in 1879.イスラエル社会に広める英国の最初の再生回数は、アングロ-サクソンイングランド協会が1 879年に設立された。 Today British Israelitism is in decline and only a few scattered groups remain; however, their influence in a somewhat distorted form is to be found in publications like Herbert W Armstrong's The Plain Truth.今日の英国衰退の道をたどっisraelitismはわずか数に散在のグループと残る;しかし、彼らの影響力を少しゆがんだフォームは、出版物に見られるようにハーバートアームストロングのワットのありのままの事実です。

There is no authorized version of British Israelitism, but the following outline summarizes their main views.権限がないのバージョンの英国israelitism 、しかし、そのメインの再生回数は、次の概要をまとめた。 In the Bible God promised Abraham that as long as the sun and moon and stars endure Israel would survive as a nation.アブラハムは、聖書の神の約束に限り、太陽と月と星に耐えるイスラエルは国家として生き残る。 From promises found in the OT it is clear that Israel must exist somewhere today and must have had a continuous existence as a national entity right back to the time of Abraham. otからの約束を発見されたことが今日のどこかを明確にイスラエルが存在しなければなりませんが、連続の存在と必要があります。エンティティの権利を国家アブラハム時間を省略している。 This required continuity means that the state of Israel, which came into existence in 1948, cannot be the nation of Israel.この継続性が必要となります。イスラエルの状態を意味し、これの存在は、 1948年に入って、イスラエルの国家ではないことができる。 The present state of Israel is Jewish and therefore must not be confused with the historic nation of Israel.イスラエルはユダヤ人の状態を、現在のと混同してはならないため、イスラエルの歴史的な国です。 Marshaling a variety of arguments from the Bible and history, British Israelitism argues that the Anglo - Saxon people are the true Israel.様々な引数のマーシャリング聖書と歴史から、 英国israelitismと主張し、アングロサクソン-サクソン人々はイスラエルの真のです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
British Israelites claim that after the destruction of David's kingdom, Zedekiah's daughters (Jer. 41:10) escaped death in Egypt (Jer. 44:12 - 14) and took refuge (Isa. 37:31 - 32) in one of the "isles of the sea" (Jer. 31:10) to which they sailed in a ship with Jeremiah.英国イスラエル主張して破壊した後、デビッドの王国、ゼデカイアの娘( jer. 41:10 )エスケープの死エジプト( jer. 44:12 -1 4)とは避難所( i sa.3 7:31- 32 )での1つ"海の島々 " ( jer. 31:10 )を彼らは船で航海ジェレマイアです。 These "isles" were Ireland, from where their descendants reached England and became the royal house.これらの"イズル"がアイルランド、どこからその子孫に達したとなった英国のロイヤルハウスです。 Thus the British royal family is directly linked to the house of David.したがって、英王室はその家のデビッドに直結しています。 The common people, however, reached England after wandering through the continent of Europe, where they were "sifted through many nations" (Amos 9:9). 、一般の人々 、しかし、イングランドに達したを通じてヨーロッパ大陸放浪した後、ここで彼らは"ふるいにかけたを通じて多くの国" (アモス9時09分) 。 In the course of this sifting some true Israelites remained in western Europe, enabling British Israelitism to claim members in Germany, the Netherlands, and other parts of the Anglo - Saxon world.コースは、次のふるいかすは、いくつかの真のイスラエルの容体は西ヨーロッパ、 israelitismを請求人の会員を有効に英国、ドイツ、オランダ、およびその他の部品は、アングロ-サクソン世界です。

With the Israelite origins of the British people established, OT prophecies are applied to the history of the British empire.イスラエルの起源は、英国の人々の確立されると、 ot予言を適用し、大英帝国の歴史です。 America is included in the scheme by the application of Gen. 49:22, which is said to predict the emigration of the Pilgrim fathers, who left their relatives behind to establish a new nation.アメリカは含まれているスキーム49:22 Gen 。とは、アプリケーションによっては、これは移住を予測するによると、巡礼者の父親、 who左側の親戚の背後を確立するための新しい国です。 In addition to taking a highly literalist view of the Bible, British Israelites believe that the Great Pyramid of Egypt enshrines these truths in its measurements, which are sacred.直解主義に加えて、高度に撮影対象は、聖書の、英国イスラエルエジプトの大ピラミッドと確信して安置されて、これらの真理は、測定値は、神聖な。

British Israelitism is not a sect or a cult but rather a fellowship which is to be found in many churches.英国israelitismではない、宗派や奨学金のカルト教団のではなく、これは多くの教会がありますが見つかりました。 At its height, around 1900, it claimed over two million members.その高さは、 1900年頃、 2万人の会員を主張した。 Today its membership consists of several thousand rather elderly people.今日の会員で構成さむしろ高齢者数千人の人々です。 A careful examination of the texts used by British Israelites to support their arguments shows that they flout the rules of biblical exegesis.を慎重に検討しイスラエルを支援する英国のテキストに使用される引数をばかにする彼らのルールによると聖書の解釈です。 Even if their arguments were true, Paul's comment in Col. 3:11 would indicate that they are unimportant.たとえその引数がtrueの場合、ポールのコメントをCol 。 3:11彼らは取るに足りないとを示しています。 British Israelitism fails to recognize that the promises of God in the OT were sometimes conditional (Deut. 28:58 - 68; 1 Sam. 2:30), while in other places prophetic language has a symbolic or poetic quality.英国israelitismに失敗すると認識して、神の約束は、時にはotが条件付き( deut. 28:58 -6 8; 1サムです。 2 :30) 、中に他の場所または詩的な予言的な言語には、品質を象徴する。 The historical arguments of British Israelites are equally tenuous and no reputable historian supports them.引数の英国の歴史やイスラエルも同様に微妙な歴史学者の評判をサポートしています。 Although the Bible does not explicitly state the fact, it is clear that the so - called lost tribes of Israel were largely absorbed into the tribe of Judah.聖書はありませんが、明示的に国家という事実、それははっきりしているので-と呼ばれるイスラエルの失われた部族はほとんど吸収されるユダ族です。

I Hexham私hexham
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
HL Goudge, The British Israel Theory; MH Gayer, The Heritage of the Anglo - Saxon Race; B Wilson, ed., Patterns of Sectarianism, ch. hlグージ、英国のイスラエルの理論;水素ガイアーは、遺産は、アングロ-サクソンレース; bウィルソン、エド。 、派閥のパターンを、あなたのです。 10; J Tuit, The Truth Shall Make You Free; L Deboer, The New Phariseeism. 10 ;無しtuit 、真実を解放しなければならない;左deboerは、新しいphariseeismです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです