Church教会

General Information 総合情報

In Christian theology, the church is defined as the community of those who are called to acknowledge the lordship of Jesus Christ and to collaborate in his historic mission for the coming of the kingdom, or reign, of God. The word church is derived from two Greek words, kuriake and ekklesia, the one meaning "belonging to the Lord," and the other "an assembly called forth."キリスト教神学は、 教会として定義され、コミュニティと呼ばれるこれらのwhoは、イエスキリストの支配権を認めるとのコラボレーションが到来したことを彼の歴史的使命の王国か、または治世、神のです。という言葉から派生した2つの教会はギリシャ語の単語、 kuriakeとekklesiaは、 1つの意味を"主に所属する"と、他の"と呼ばれるアセンブリいます。 " Etymologically, therefore, the church is God's holy people summoned to worship.語源は、したがって、教会は神の聖なる召喚を崇拝する人々です。

The church of the New Testament was described through various images drawn from pastoral life, agriculture, building construction, and even from family and married life.新約聖書は教会の説明を通じて、様々な画像から引き出される田園生活、農業、建物の建設、そしてご家族や結婚生活からです。 Thus the church is called a sheepfold (John 10:1 - 10), the field of God (1 Cor. 3:9), a vineyard (Matt. 21:33 - 43), God's building (1 Cor. 3:9), God's household in the Spirit (Eph. 2:19 - 22), God's dwelling place among humankind (Rev. 21:3), the Lord's spotless spouse (Rev. 19:7), and the body of Christ (1 Cor. 12:12 - 28).したがって、教会は羊と呼ばれる(ヨハネ10:1 -1 0) 、神の領域に( 1コーです。 3時0 9分)は、ぶどう畑( m att.2 1:33- 43 )、神の建物(1コーです。3時0 9分) 、神の家庭での精神( eph. 2:19 -2 2) 、神の宿る場所のうち、人類(改訂2 1時0 3分)は、 s potless主の配偶者(改訂1 9時0 7分) 、および、キリストの体( 1コーです。 12:12 -2 8) 。

In addition to designating the entire body of Christians, church is used to denote the individual Christian denominations, as well as the building used for Christian worship. に加えて体全体を指定してキリスト教徒は、教会が使用され、個々のキリスト教の宗派を示すだけでなく、キリスト教の礼拝堂の建物に使用される。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Richard P McBrienリチャードp mcbrien

Bibliography 書誌事項
H Kung, The Church (1967); R McBrien, Church: The Continuing Quest (1970). hクン、教会( 1967 ) ;研究mcbrien 、教会:継続クエスト( 1970 ) 。


Church, Church Visible, Church Invisible教会は、教会に見える、教会、目に見えない

Advanced Information 高度情報

The word Church was derived probably from the Greek kuriakon (ie, "the Lord's house"), which was used by ancient authors for the place of worship.おそらくという言葉から派生した教会は、ギリシャのkuriakon (すなわち、 "主の家" ) 、これは、使用される古代の作家を崇拝する場所です。 In the New Testament it is the translation of the Greek word ecclesia, which is synonymous with the Hebrew kahal of the Old Testament, both words meaning simply an assembly, the character of which can only be known from the connection in which the word is found.は、新約聖書は、ギリシャ語の翻訳は、 ecclesia 、これはヘブライ語と同義でkahal 、旧約聖書の、両方の言葉の意味を招集するだけで、その文字ができることで知られてからの接続のみで、言葉が見つからないです。 There is no clear instance of its being used for a place of meeting or of worship, although in post-apostolic times it early received this meaning.がないのインスタンスをクリアするのに使われる場所の会議室や礼拝堂、ローマ教皇の回ポストものの、この意味を受け取ったことの早期です。 Nor is this word ever used to denote the inhabitants of a country united in the same profession, as when we say the "Church of England," the "Church of Scotland," etc.使用されるまでもなく、この単語を示す一国の住民の結束を職業と同じときなど、私たちによると、 "教会のイングランド、 " 、 "スコットランド教会"など

We find the word ecclesia used in the following senses in the New Testament:私たちの言葉は、次の感覚で使用されecclesiaは、新約聖書:

The church visible "consists of all those throughout the world that profess the true religion, together with their children." 教会次の "すべての人々で構成さを公言して世界の真の宗教、その子供たちと一緒にします。 " It is called "visible" because its members are known and its assemblies are public.と呼ばれることが"見える"とそのため、メンバーは、既知のアセンブリが公開されます。 Here there is a mixture of "wheat and chaff," of saints and sinners.ここには、混合液の"小麦やもみ殻、 "聖人と罪人です。 "God has commanded his people to organize themselves into distinct visible ecclesiastical communities, with constitutions, laws, and officers, badges, ordinances, and discipline, for the great purpose of giving visibility to his kingdom, of making known the gospel of that kingdom, and of gathering in all its elect subjects. Each one of these distinct organized communities which is faithful to the great King is an integral part of the visible church, and all together constitute the catholic or universal visible church." "神が彼の人々を整理することを命じはっきりと見える教会のコミュニティで、憲法、法律、および役員、バッジ、条例、と規律は、偉大な目的は、彼の王国の認知度を与え、その王国の福音を知られ、との会合ですべての科目を選出します。各コミュニティのいずれかの組織がはっきりした偉大な王を忠実に不可欠な部分は、教会の目に見えるし、全部または普遍的に見えるのは、カトリックの教会を構成します。 "

A credible profession of the true religion constitutes a person a member of this church.確かな職業の人の真の宗教を構成するメンバーは、次の教会です。 This is "the kingdom of heaven," whose character and progress are set forth in the parables recorded in Matt.これは"キングダムオブヘブン"の文字と進歩が規定されてparablesマットに記録されています。 13. 13 。 The children of all who thus profess the true religion are members of the visible church along with their parents. whoこのように、子供たちのすべての宗教の真の信仰は、教会のメンバーと一緒に、両親の目に見える。 Children are included in every covenant God ever made with man.子供たちは神の約束に含まれるすべての男までに製作されたとします。 They go along with their parents (Gen. 9:9-17; 12:1-3; 17:7; Ex. 20:5; Deut. 29:10-13).彼らと一緒に行く両親( Gen 。と9:9-17 ; 12:1-3 ;午前17時07分;例です。 20 : 05 ; deut 。 29:10-13 ) 。

Peter, on the day of Pentecost, at the beginning of the New Testament dispensation, announces the same great principle.ピーターは、聖霊降臨祭の日に、新約聖書の冒頭には、神の摂理、同じ大原則を発表します。 "The promise [just as to Abraham and his seed the promises were made] is unto you, and to your children" (Acts 2:38, 39). "の約束[アブラハムと彼の種子を同じように、約束が行われた]は、なたがたに、あなたの子供たちに" (行為2:38 、 39 ) 。 The children of believing parents are "holy", ie, are "saints", a title which designates the members of the Christian church (1 Cor. 7:14).親は、子供たちを信じて"神聖な" 、すなわち、は、 "聖人" 、タイトルを指定するのは、キリスト教の教会のメンバー( 1コーです。 7:14 ) 。 (See Baptism.) (洗礼を参照。 )

The church invisible "consists of the whole number of the elect that have been, are, or shall be gathered into one under Christ, the head thereof." 教会目に見えない "は、全体の数は、選出されている、がか、または収集しなければならないイエスキリストを1つにされて、頭ばならない。 " This is a pure society, the church in which Christ dwells.これは純粋な社会は、教会ではイエスキリストの棲むところです。 It is the body of Christ.それは、キリストの体です。 it is called "invisible" because the greater part of those who constitute it are already in heaven or are yet unborn, and also because its members still on earth cannot certainly be distinguished.と呼ばれることは"見えない"ため、それらの大部分を構成することは、すでにwho天国のかはまだ胎児は、まだメンバーもいるため、地球上で確実に識別することはできません。 The qualifications of membership in it are internal and are hidden.会員の資格をその中には、内部およびが隠されています。 It is unseen except by Him who "searches the heart."彼以外のことは目に見えないwho "の検索の中心です。 " "The Lord knoweth them that are his" (2 Tnn. 2:19). "主は知っておられることは、彼の" ( 2 TNNケースです。 2:19 ) 。 The church to which the attributes, prerogatives, and promises appertaining to Christ's kingdom belong, is a spiritual body consisting of all true believers, ie, the church invisible.教会にして、属性、特権、および付随約束をキリストの王国に属し、体は、精神的な構成のすべての真の信仰する者よ、すなわち、教会の目に見えない。

(1.) Its unity. God has ever had only one church on earth. ( 1 。 ) の結束します。神が教会までは地球上で1つだけです。 We sometimes speak of the Old Testament Church and of the New Testament church, but they are one and the same.私たち時には、旧約聖書の教会と話すのは、新約聖書の教会が、彼らは1つのと同じです。 The Old Testament church was not to be changed but enlarged (Isa. 49:13-23; 60:1-14).教会は、旧約聖書の特定を変更するしかし、拡大( isa. 49:13-23 ; 60:1-14 ) 。 When the Jews are at length restored, they will not enter a new church, but will be grafted again into "their own olive tree" (Rom. 11:18-24; comp. Eph. 2:11-22).ユダヤ人の長さがあるときに戻され、新しい教会に入ることはありませんが、再びさグラフトされる"自分のオリーブの木" (ローマ11:18-24 ;のCOMPです。 eph 。 2:11-22 ) 。 The apostles did not set up a new organization.設定するにはしなかったの使徒新しい組織です。 Under their ministry disciples were "added" to the "church" already existing (Acts 2:47).省の下に弟子たちは、 "追加"を、 "教会"既存の(行為2時47分) 。

(2.) Its universality. It is the "catholic" church; not confined to any particular country or outward organization, but comprehending all believers throughout the whole world. ( 2 ) その普遍性にある。では、 "カトリック"教会;は外側に限局して、特定の国や組織が、理解して全世界のすべての信者たちです。

(3.) Its perpetuity. It will continue through all ages to the end of the world. ( 3 ) その永続です。これはすべての年齢層を続行を通じて、世界の終わりにします。 It can never be destroyed.それは絶対に破棄されます。 It is an "everlasting kindgdom."これは"永遠のkindgdom 。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


The Church教会

Advanced Information 高度情報

The English word "church" derives from the late Greek word kyriakon, the Lord's house, a church building.英語の単語"教会"後半にギリシャ語に由来kyriakonは、主の家のは、教会の建物です。 In the NT the word translates the Greek word ekklesia.という言葉は、 NTのekklesiaギリシャ語に翻訳しています。 In secular Greek ekklesia designated a public assembly, and this meaning is still retained in the NT (Acts 19:32, 39, 41).世俗ギリシャ語に指定さekklesia公共アセンブリ、およびこの意味はまだ保持さNTの(行為19:32 、 39 、 41 ) 。

In the Hebrew OT the word qahal designates the assembly of God's people (eg, Deut. 10:4; 23:2 - 3; 31:30; Ps. 22:23), and the LXX, the Greek translation of the OT, translated this word with both ekklesia and synagoge. otという言葉は、ヘブライ語、アセンブリの指定qahal神の人々 (例えば、 deut 。 10時04分、 23時02分-3 ; 3 1:30; p sのです。 2 2:23) 、および7 0は、ギリシャ語の翻訳は、 o t、この単語の翻訳の両方でekklesiaとsynagogeです。 Even in the NT ekklesia may signify the assembly of the Isrealites (Acts 7:38; Heb. 2:12); but apart from these exceptions, the word ekklesia in the NT designates the Christian church, both the local church (eg, Matt. 18:17; Acts 15:41; Rom. 16:16; 1 Cor. 4:17; 7:17; 14:33; Col. 4:15) and the universal church (eg, Matt. 16:18; Acts 20:28; 1 Cor. 12:28; 15:9; Eph. 1:22). ekklesia年5月のNTの意味でも、アセンブリをisrealites (行為7 : 38 ;なしで。 2:12 ) ;しかし、これらの例外は別に、 ekklesiaは、 NTの指定という言葉は、キリスト教の教会、の両方のローカル教会(例えば、マットです。 18:17 ;行為15:41 ; ROMから起動します。 16:16 ; 1コーです。 4:17 ; 7:17 ; 14:33 ; Col 。 4:15 )と、ユニバーサル教会(例えば、マットです。 16:18 ;行為20:28 ; 1コーです。 12:28 ;午前15時09分; eph 。 1:22 ) 。

Origin起源

According to Matthew, the only Gospel to use the word "church," the origin of the church goes back to Jesus himself (Matt. 16:18).マシューによると、単語のみを使用して福音"教会"の起源はイエスキリストの教会にまでさかのぼる自分自身( matt. 16:18 )です。 Historical problems, though, arise in regard to this passage.歴史的な問題が発生、しかし、これと関連して生じる通過します。 For only in Matt.マットのみにします。 16:18 and 18:17 does Jesus use the word "church," and there are no good reasons that Mark would omit the words of Matt. 16:18 、 18:17イエスキリストを使用して単語は"教会は、 "十分な理由がないとそのマークはマットの言葉を省略しています。 16:17 - 19 if they were spoken by Jesus. 16:17 -1 9もし彼らはイエスキリスト話さされています。 Further, if Jesus expected God to establish his kingdom soon (cf. Mark 9:1; 13:30), then he would not have foreseen the need to establish a church with regulations for binding and loosing, ie, to decide which actions are permissible and not permissible according to the teachings of Jesus.さらに、もし彼の王国を確立する神イエスキリスト期待スン( cf.マーク9時01分; 13:30 ) 、それから彼は予見する必要はないが教会に規則を確立するに結合とloosing 、すなわち、行動を決定するには許されない許されるとイエスキリストの教えによるとします。 Matt.マットです。 16:18 - 19 may well be the Syrian church's declaration of independence from the synagogue and may derive from that early community which identified itself with Peter. 16:18 -1 9かもしれないのはシリアの教会からの独立を宣言した5月のシナゴーグやコミュニティでの早期発見から派生すること自体にピーターです。

The question thus arises: Did Jesus intend to establish the church?このように問題が発生する:参考イエスキリスト教会を確立するつもりですか? The answer to this question must be based not on statements of church dogma but on careful interpretation of the NT writings.この質問の答えはステートメントをしなければならない教会の教義をベースにないが、慎重に解釈すべきではNTの作品を紹介します。 Here one's conclusions will be affected by the degree to which one assigns various statements of Jesus to Jesus himself or to the postresurrection church and by one's interpretation of terms such as "Son of man" and parables such as the fish net, the leaven, and seeds of growth (Matt. 13:47 - 50; 13:33; Mark 4:1 - 20).ここで1つの結論を出す度に影響を受けて様々なステートメントを1つ割り当てます。イエスキリストイエスキリストを自分自身またはpostresurrectionして1つの教会と解釈さなどの用語を"息子の男"とparables魚などのネットは、徐々に変化し、種子の成長( matt. 13:47 -5 0; 1 3:33;マーク4 :1- 20 )。 Critical study of the Gospels reveals that Jesus probably did not give teachings for the purpose of establishing and ordering the church.批判的な研究は、福音書によると、おそらく明らかにしなかったイエスキリストの教えの確立を目的と発注の教会です。 Rather his whole life and teaching provide the foundations upon which the church was created and called into being through its faith in the risen Lord.むしろ彼の全人生と教育財団が管理し、提供して作成し、呼ばれる教会はその信仰を介しての上昇が主です。

Nature自然

Throughout most of history the nature of the church has been defined by divided Christians trying to establish the validity of their own existence.ほとんどの歴史を通して、教会の性質が定義されてキリスト教徒を分断しようとして自分の存在の有効性を確立する。 The Donatists of North Africa in the early centuries focused on the purity of the church and claimed to be the only church that measured up to the biblical standard.北アフリカのdonatists世紀の初めに焦点を当てたの純度の教会と主張して測定することがある唯一の教会を聖書の標準です。 In the Middle Ages various sects defined the church in such ways as to claim that they, and not the Roman Catholic Church, were the true church.中世の時代には様々な宗派の教会で定義して主張して彼らにこのような方法ではなく、ローマカトリック教会が教会の真のです。 The Arnoldists emphasized poverty and identification with the masses; the Waldenses stressed literal obedience to Jesus' teachings and emphasized evangelical preaching. arnoldistsを強調し、貧困と身分証明書の大衆;リテラルのワルド派の服従を強調したイエスの福音派の説教の教えと強調した。 Roman Catholics claimed that the only true church was that over which the pope was supreme as successor of the apostle Peter.ローマカトリック教徒と主張しては、以上のみが、真の教会は、ローマ法王の後継者としては最高の使徒ピーターです。 The Reformers Martin Luther and John Calvin, following John Wycliffe, distinguished between the visible and invisible church, claiming that the invisible church consists of the elect only.マーティンルーサーとジョンカルバンの改革派は、次のジョンウィクリフ、識別の間に有形無形の教会、と主張して、目に見えない教会は、当選者のみです。 Thus an individual, including the pope, might be a part of the visible church but not a part of the invisible and true church.したがって、個々の、ローマ教皇を含め、かもしれない教会の目に見える部分であっても、目に見えない部分と、真の教会です。

If one is to be true to the NT testimony, it must be acknowledged that there is a multiplicity of images and concepts that contribute to an understanding of the nature of the church.もし1つは、 NTの証言が成立するために、それが存在することを認識しなければならないの画像や概念を多様性に貢献することへの理解を教会の性質をします。 In the appendix of Images of the Church in the New Testament, Paul Minear lists ninety six images which he classifies as (1) minor images, (2) the people of God, (3) the new creation, (4) the fellowship in faith, and (5) the body of Christ.は、付録の画像は、新約聖書の教会で、ポールミネアリスト96画像を彼に分類として( 1 )マイナーな画像、 ( 2 )の人々は神、 ( 3 )の新規作成、 ( 4 )は旅の仲間で信仰、および( 5 ) 、キリストの体です。 Listing only a few of these will demonstrate the great diversity of images: the salt of the earth, a letter from Christ, branches of the vine, the elect lady, the bride of Christ, exiles, ambassadors, a chosen race, the holy temple, priesthood, the new creation, fighters against Satan, the sanctified slaves, friends, sons of God, household of God, members of Christ, spiritual body.これらのはほんの数リスティング偉大な多様性を示す画像:地球の塩からの手紙イエスキリスト、枝、つるに付いて、女性の当選者は、イエスキリストの花嫁、亡命者、大使は、選ばれたのレースでは、神聖な寺、聖職に就くは、新しい創造、ファイターズ対悪魔は、神聖化さ奴隷、友達、サンズオブゴッド、家庭の神、イエスキリストのメンバーは、精神的なボディです。

Though such a plethora of images exists, it is nonetheless possible and useful to find the major concepts that hold these many images together.かかわらずこのような多くの画像が存在する場合、それにもかかわらずことが可能で有益なものを見つけるには、これらの多くの画像を保持する主要な概念だ。 From the Council of Constantinople in 381 and reaffirmed at Ephesus (431) and Chalcedon (451) the church has affirmed itself to be "one, holy, catholic, and apostolic."コンスタンティノポリスから、 381と確認さエフェソス( 431 )とchalcedon ( 451 )の教会には、アファームドに自分自身を" 1つ、聖、カトリック、および使徒です。 "

The Church Is One 1つの教会は

According to the World Christian Encyclopedia (1982), there were an estimated 1,900 church denominations at the beginning of the twentieth century.百科事典によると、キリスト教の世界( 1982 ) 、 1900年と推定さがあった教会の宗派のは、 20世紀の冒頭にします。 Today there are an estimated 22,000.今日には22,000と推定されます。 Do not such numbers effectively refute the theological assertion that the church is one?このような数字はありません神学を効果的に反論する主張は、教会は1つですか? The answer must be no.その答えしなければならないのです。

First of all, the NT witness is clear regarding the unity of the church.まず第一に、クリアについては、 NTの目撃者は、教会の結束をします。 In 1 Cor. 1コーです。 1:10 - 30 Paul warns against divisions in the church and urges the people to be united in Christ. 1:10 -3 0ポール警告部門では教会の反対を呼びかけるイエスキリストの人々の結束をされる。 In this same letter (ch. 12), he states that while there are many gifts, there is one body (cf. Rom. 12:3 - 8).この同じ手紙(第12 ) 、彼はその中には多くの国ギフトでは、 1つのボディ( cf. ROMから起動します。 12時03分-8 ) 。 The Gospel of John speaks of the one shepherd and the one flock (10:16), and Jesus prays that his followers may be one even as Father and Son are one (17:20 - 26).ジョンの福音と話すのは1つ1つの羊飼いの群れ( 10:16 ) 、イエスキリスト祈りをささげるとその追随者も含まれることがあります父親と息子が1つ( 17:20 -2 6) 。 In Gal.でギャルです。 3:27 - 28 Paul declares that in Christ all are one, with no distinction of race, social status, or sex. 3:27 -2 8ポールを宣言し、キリストのすべてが1つで、レースの区別はない、社会的身分、またはセックスです。 Acts 2:42 and 4:32 are likewise eloquent testimony to the oneness of the church. 2:42 、 4:32雄弁な行為は、同様に、教会の一体性を証言します。 Perhaps the most stirring passage on this point is Eph.おそらく最も感動的な通路この点については、 eph 。 4:1 - 6: "There is one body and one Spirit, just as you were called to the one hope that belongs to your call, one Lord, one faith, one baptism, one God and Father of us all, who is above all and through all and in all" (vss. 4 - 6). 4:1 -6 : "には1つ1つの肉体と精神、同じように呼ばれていた期待して1つに属しては、お客様の電話番号については、 1つの主よ、 1つの信仰は、 1つの洗礼、 1つの神と私たちすべての父、 w hoは、上記のすべてのすべてとを通して、すべての" ( vss. 4 -6 ) 。

Unity, however, does not demand uniformity.ユニティ、しかし、需要の均一性はありません。 Indeed, from the beginning the church has manifested itself in many local churches (in Jerusalem, Antioch, Corinth, Ephesus, etc.); and the one NT church had neither uniformity of worship nor structures, or even a uniform theology.確かに、最初から明らかに自分自身の教会には多くの地元の教会(エルサレム、アンティオキア、コリント、エフェソス、等) 、および1つのNTの教会の礼拝堂はどちらも構造の均一性、あるいは統一神学です。 Certainly the ecumenical movement which arose in this century out of the missionary movement of the nineteenth century has challenged the church today to recognize that "God wills unity" (Faith and Order Conference, Lausanne, 1927).確かに、エキュメニカル運動が今世紀中に発生する19世紀の宣教師は、障害者の動きを今日の教会を認識して"神の意志の結束" (信仰と秩序を会見で、ローザンヌ、 1927 ) 。 The challenge for Christians today is to live in unity without insisting that our worship, structure, and theology be more uniform than that of the NT church.今日はキリスト教徒の挑戦に住んでいた私たちの礼拝の結束を主張して、構造、および神学に他の制服に比べて、 NTの教会です。 Unity is possible when we stop thinking of our church or denomination as the vine and all others as the branches.結束が可能な思考を停止するときに私たちとして私たちの教会や宗派として、つるに付いて、他のすべての枝にします。 Rather, Jesus is the vine and all of us are branches.むしろ、イエスキリストは、つるや枝のすべての問い合わせがします。

The Church Is Holyその教会は、神聖な

According to 1 Cor., Christians there were guilty of incest (5:1), suing one another in pagan courts (6:6), defrauding each other (6:8), having sexual relations with prostitutes (6:16). 1コーによると、キリスト教徒があったとして有罪を宣告した近親相姦( 5:1 ) 、異教の裁判所に訴訟を起こして別の1つ(午前6時06分) 、お互いにdefrauding ( 6時08分) 、売春婦と性的関係を持つこと( 6:16 ) 。 In Rome the weak Christians were judging the strong Christians, and the latter despised the former (Rom. 14:10).ローマのキリスト教徒たちの弱の強いキリスト教徒判断し、後者の軽蔑の元(ローマ14:10 )です。 Such is the partial testimony of the NT concerning the reality of sin in the church, but then one scarcely needs to leave the twentieth century church to verify this reality.このような証言は、 NTの部分は、現実の罪のは、教会が、その後1つのほとんどのニーズを残すのは、 20世紀の教会を確認するには現実です。 Does not the presence of sin refute the theological assertion that the church is holy?罪はありませんが存在する神学的主張に異議を唱えるのは、教会は神聖ですか? Again, the answer is no.繰り返しになりますが、答えはノーだ。

Various solutions have been proposed in the history of the church to reconcile the fact that the holy church is a sinful church.様々なソリューションが提案されて教会の歴史の事実を和解さは、神聖な教会は、教会の罪深い。 Donatists as well as Gnostics, Novationists, Montanists, Cathari, and other sects solved the problem by claiming that they alone were holy while all others were not really members of the church. donatistsだけでなくgnostics 、 novationists 、 montanists 、 cathari 、およびその他の宗派でその問題を解決すると主張して彼らだけが神聖な中のすべての人があまりの教会のメンバーです。 But 1 John 1:8 reminds one that the church which has no sin to confess simply does not exist.しかし、 1ジョン1:8連想させる1つの教会は、罪を告白するがないだけでは存在しません。 Others have claimed that the members are sinful but the church is holy.他のメンバーは罪深いと主張しているがしかし、教会は神聖です。 But the church does not exist in the abstract; it is sinful people who constitute the church.しかし、教会には存在しませんからは、抽象;ことは罪深いwhoを構成する人々の教会です。 Gnostics claimed that the body was sinful while the soul was holy.罪深いgnosticsと主張して、遺体のあったが、魂は、神聖な。 But biblical anthropology declares that it is the whole, undivided human being who is sinful.しかし、聖書の人類学を宣言し、これは全体的には、非分whoは罪深い人間です。

The solution lies in the awareness of what "holy" means in the Bible.解決策の意識をどのような嘘は、 "神聖な"とは、聖書のです。 To be holy is to be separated from what is profane and to be dedicated to the service of God.神聖には何が不敬から分離されるとされる専用のを神に仕えることです。 It does not mean that the Christian is free of sin.わけではないことは、キリスト教の罪は無料です。 The apostle Paul said of himself: "Not that I have already obtained this or am already perfect" (Phil. 3:12a), and in the greetings to the Corinthian Christians he calls them "sanctified" and "saints."使徒パウロによると、自分自身: "これは、わたしは既に取得またはアムは既に完璧な" ( phil. 3:12 ) 、および、コリント式のキリスト教徒は、彼の呼び出しにあいさつをして"神聖化"と"聖者のです。 " Christians are holy in that they are separated for God's service and set apart by God (2 Thess. 2:13; Col. 3:12, etc.).キリスト教徒は、神聖にしては、神のサービスと分離さを際立たせる神( 2 thess 。 2:13 ; Col 。 3:12 、等) 。

The Church Is Catholicカトリック教会は、

The word "catholic" derives from the Latin catholicus, which in turn derives from the Greek katholikos, meaning "universal."という言葉"カトリック"のラテン総主教に由来し、それは、ギリシャ語に由来katholikosを意味する"ユニバーサルです。 " Although the word is not used in the NT to describe the church, the concept which it expresses is biblical.言葉ではないが、 NTを説明して使用されている教会は、聖書の概念は、それを表現します。 Ignatius of Antioch wrote in the early second century, "Wherever the bishop is, there his people should be, just as where Jesus Christ is, there is the Catholic Church" (Smyr. 8:2).アンティオキアイグナティウスの2番目世紀の初めに書いたが、 "どこの司教は、彼の人々にすべきであると同様、イエスキリストはどこでは、カトリック教会" ( smyr. 8時02分) 。 Only from the third century on was "catholic" used in a polemical sense to refer to those who were "orthodox" Christians as opposed to schismatics and heretics. 3番目の世紀からのみでは"カトリック"論争で使用され、それらの意味を参照するにはwhoは、 "正統派"キリスト教徒としてschismaticsと異端に反対しています。 To speak of the catholicity of the church is thus to refer to the entire church, which is universal and which has a common identity of origin, lordship, and purpose.普遍性を話すのは、教会はこのように全体の教会を参照するには、これは普遍的かつ共通のアイデンティティの起源を持つ、支配、および目的です。

While the local church is an entire church, it is not the entire church.地元の教会は全体の中の教会は、教会全体ではない。 As catholic, the church includes believers of past generations and believers of all cultures and societies.カトリック教徒として、教会の信者たちの過去の世代が含まれ、信者たちのすべての文化や社会です。 It is unfortunate that the church in the Western world has for far too long formulated theology and mission strategy in isolation from the churches of Africa, Asia, and Latin America, the churches of the two thirds world.不幸なことは教会では、西洋の世界はあまりにも長い神学と使命の戦略策定から孤立して教会のアフリカ、アジア、およびラテンアメリカは、世界の教会の3分の2です。 The World Christian Encyclopedia shows that whites now represent 47.4 percent of the Christian population of the world, the first time in 1,200 years that whites are not the majority.キリスト教の百科事典によると、世界を代表する47.4%白人のは、キリスト教世界の人口は、 1200年の最初の時間の大半を、白人はない。 Two hundred eight million Christians speak Spanish, 196 million speak English, 128 million speak Portuguese, followed by German, French, Italian, Russian, Polish, Ukrainian, and Dutch. 208000000キリスト教徒英語、スペイン語、英語話す196000000 、 128000000話すポルトガル語、続いてドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、ポーランド語、ウクライナ語、オランダ語です。

The Church Is Apostolicこの教会はローマ教皇

Eph. ephです。 2:20 states that the church is "built upon the foundation of the apostles and prophets, Christ Jesus himself being the cornerstone." 2:20には、教会は"建設時の基盤は、使徒と預言者、イエスキリストが自分自身の礎。 " Apostles are those who were eyewitnesses of the ministry of Jesus, and prophets are Christian prophets who were spokesmen for the risen Jesus.使徒は、それらの目撃者は、省whoイエスキリストが、預言者と預言者は、キリスト教のスポークスマンは、上昇whoがイエスキリストです。 Previous centuries of Christians assumed that the NT manuscripts were written by the apostles or else by someone who was closely associated with them.前世紀のキリスト教徒と仮定してNTの使徒によって書かれた原稿を誰か、さもなければwhoは密接に関連付けられている。 Many critical scholars today question apostolic authorship for all four Gospels, Acts, James, 1 and 2 Peter, Jude, and Revelation, and further question or reject Pauline authorship of Ephesians, Colossians, 1 and 2 Timothy, Titus and Hebrews.今日の質問多くの重要な学者のすべての4つの福音書ローマ教皇の原作者、行為、ジェームズは、 1と2のピーター、ジュード、および啓示し、原作者のより詳細な質問または拒否ポーリーンエペソ人への手紙、コロサイ人への手紙、 1と2のティモシー、ティトゥスとヘブル人への手紙です。 Yet the truth is that regardless of who wrote these Gospels and letters, the church canonized these writings and accepted them as normative for faith and practice.本当のところはまだありませんwhoに関係なく、これらの福音書や手紙を書いた、教会のcanonized利用して、これらの記述と規範として信仰との練習をします。 The message of these documents is thus the norm by which the life of the church is to be measured; and the church can be one, holy, and catholic only if it is an apostolic church.したがって、これらの書類のは、メッセージが表示さは、人生の規範は、教会は測定されると、 1つの教会が、神聖な、とする場合にはローマ教皇のカトリック教会のみです。

To claim that the church is apostolic is not to assert a direct line of succession through specific individuals.と主張しているのではない教会は使徒の直接の後継者の系列を主張する個人を特定します。 It is to recognize that the message and the mission of the apostles as mediated through Scripture must be that of the whole church.を認識することはしてメッセージを表示し、使徒としての使命は、啓典媒介を通じて全体の教会にしなければならない。

The adjectives "one, holy, catholic, apostolic" are terms specific enough to describe the essential nature of the church and yet allow for differences within denominations and churches in the ways in which each fulfills the mission and ministry of the church in the world.の形容詞の" 1つ、聖、カトリック、使徒"は、特定の条件を記述するのに十分な本質的な性質の違いを可能にするにはまだありません教会と宗派や教会でのやり方では、各満たし部の教会の使命としています。 As previously mentioned, the NT uses nearly a hundred images that relate to the church.すでに触れたように、 100近くのNTの使用に関連する画像は教会です。 One major image, the body of Christ, is especially rich in what it communicates about the nature of the church. 1つの主要なイメージは、キリストの体は、どのようなことは、特に通信については、豊かな自然の教会です。

The Body of Christイエスキリストのボディ

Of the NT writers only Paul uses this term. NTの作家、ポールは、この期間のみです。 It is significant that he speaks of the church as the body of Christ but never as a body of Christians.彼は話すことは意義深いことは、キリストの体としての教会として決して体のキリスト教徒です。 Scholars debate how literally Paul intended this phrase to be understood.文字通りポール学者の議論を意図このフレーズをどのように理解されています。 One may safely say that though the image may perhaps be taken too literally, it cannot be taken too seriously. 5月にかかわらず、 1つのイメージを安全に言ってやるがおそらく5月に撮影あまりにも、文字通り、あまりにも真剣に撮影することはできません。

Christians are one body in Christ with many members (Rom. 12:4 - 5; I Cor. 12:27).キリスト教徒は、イエスキリストを1つのボディに、多くのメンバーが(ローマ12時04分-5 ;私コーです。 1 2:27)です。 Indeed, the church is the body of Christ (Eph. 1:22 - 23; 4:12), who is the head of the body (Eph. 5:23; Col. 1:18); and the body is dependent on its head for its life and growth (Col. 2:19).確かに、その教会は、キリストの体( eph. 1:22 -2 3; 4 :12) 、 w hoは、頭のボディ( e ph.5 :23; C ol。 1 :18) ;とのボディに依存してその頭の生活と成長( Col 。 2:19 ) 。 The church is never directly called the bride of Christ, but is so understood by Paul's analogy in which the husband - wife relationship is said to be like the Christ - church relationship (Eph. 5:22 - 33).教会は決して直接イエスキリストの花嫁と呼ばれるが、ポールは非常に理解され、夫の類推では-とされる妻の関係はイエスキリストのように-教会の関係(e p h.5: 22-3 3) 。 Husband and wife are to be one flesh, and this is the same regarding Christ and the church (Eph. 5:31 - 32).夫と妻は1つの肉を、同じについて、これは、イエスキリストと教会( eph. 17:31 -3 2) 。

Through this image several important theological concepts are expressed concerning the church.このイメージを表現に関するいくつかの重要な神学的概念は、教会です。 Christians form a unity both with Christ and with one another, and Christ is acknowledged as both the authority who stands over the church and the one who gives life and growth.キリスト教徒の結束を形成すると、キリストとの両方を1つの別、およびイエスキリストの両方の権限が認められwhoスタンドwhoの教会と1つの人生と成長を与える。 Also, this image is a strong assertion regarding the need for and proper appreciation of the diverse gifts that God gives to the church.また、この画像は、強い主張し、適切な感謝の必要性については、多様なギフトを神に約束をする教会です。

Purpose目的

God has called the church out of the world for a purpose.神が教会と呼ばれる世界での目的です。 He intended for his creation to have fellowship with him.彼は彼の創作意図には彼と交わりを持つ。 When that fellowship was broken, God called the people of Israel to be "a light to the nations" (Isa. 42:5 - 8); but when Israel failed, God called a remnant (Isa. 10:20 - 22).フェローシップは、壊れた際に、それを、神と呼ばれる人々がイスラエルを"国の光を" ( isa. 42:5 -8 ) ;しかし、イスラエルに失敗しましたときに、神と呼ばれるレムナント( i sa.1 0:20- 22 )。 In the fullness of time God himself entered fully into human history in the birth of Jesus Christ, whom Simeon at the temple called "a light for revelation to the Gentiles, and for glory to thy people Israel" (Luke 2:32).神は自分の時間の充実を入力人間の履歴を完全にイエスキリストの降誕を、誰シメオンは、寺と呼ばれる"光の啓示をgentiles 、およびなたの栄光をイスラエルの人々 " (ルカ2:32 )です。 Jesus then called twelve disciples as symbolic of the new Israel of the end time which he was creating (Matt. 19:28).イエスキリストの弟子として入力し、 12と呼ばれる新しいイスラエルの象徴の最後に彼は時間を作成する( matt. 19:28 )です。 These twelve formed the nucleus of God's new people, the church, which like Israel of old has been called into being to be the means by which all of humanity is restored to fellowship with its creator (Acts 1:8; Matt. 28:18 - 20).これらの12の核を形成して、神の新しい人々は、教会、どのように呼ばれてきたイスラエルの古さがされるのは、人類のすべての手段を復元さと交わりを持つの創作(行為1:8 ;マットです。 28:18 -2 0) 。

The church has a dual purpose; it is to be a holy priesthood (1 Pet. 2:5) and is to "declare the wonderful deeds of him who called you out of darkness into his marvelous light" (1 Pet. 2:9).教会には、二重目的;ことは神聖な聖職に就くには、 ( 1ペットです。 2時05分)とは"素晴らしい行為を宣言し、彼のwhoと呼ばれる彼の素晴らしいされて闇に光の中で" ( 1ペットです。 2時09分) 。 It is the whole church in relationship to the world which is to exercise the tasks of priesthood.これは全体の教会での関係を、世界のタスクを行使するのは聖職に就く。 As a priesthood the church is entrusted with the responsibility of bringing God's word to mankind and of interceding with God on behalf of mankind.教会の聖職に就くとしては責任を持ってくるの委託を神の言葉をinterceding人類と神に代わって人類のです。

In addition to the priestly function the church also has a missionary function of declaring God's wonderful deeds.聖職者の機能に加えて、教会の宣教師の関数を宣言するには、神の素晴らしい行為です。 The missionary task of the church is not optional, for by its very nature the church is mission.タスクは、教会の宣教師ではないオプションは、まさにその性質上、教会は使命です。 Furthermore, mission is in and to the world, not in and to itself.また、世界の使命は、としてではなく、自分自身とします。

RL Omanson rl omanson
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
K Barth, Church Dogmatics IV; GC Berkouwer, The Church; E Brunner, The Christian Doctrine of the Church, Faith, and the Consummation; RN Flew, Jesus and His Church; H Kung, The Church; JH Leith, ed., Creeds of the Church; P Minear, Images of the Church in the NT ; KL Schmidt, TDNT, III; H Schwaz, The Christian Church; E Schweizer, The Church As the Body of Christ; DD Bannerman, The Scripture Doctrine of the Church; EG Jay, The Church; D Watson, I Believe in the Church; FJA Hort, The Christian Ecclesia; A Cole, The Body of Christ. k範囲は、教会の教義学四; gc berkouwer 、教会;メールブルナーは、キリスト教の教義は、教会、信仰、との終焉; rn飛び、イエスキリストと彼の教会; hクン、教会;公団リース、エド。 、信条は、教会; pミネア、画像は、教会でのNT ;クアラルンプールシュミット、 tdnt 、 3世; hシュワーツは、キリスト教の教会;メールシュバイツァー、キリストの体としての教会; DDの旗手、この啓典は、教会の教義;例えば、ジェイは、教会; dワトソン君、私を信じる教会; fjaホルトは、キリスト教のecclesia ;のコールは、キリストの体です。


The Church教会

Catholic Information カトリックの情報

The term church (Anglo-Saxon, cirice, circe; Modern German, Kirche; Sw., Kyrka) is the name employed in the Teutonic languages to render the Greek ekklesia (ecclesia), the term by which the New Testament writers denote the society founded by Our Lord Jesus Christ.という用語は教会(アングロサクソン、 cirice 、キルケ;現代ドイツ語、 kirche ;アップデートできます。 、 kyrka )は、ゲルマンの名前で採用され、ギリシャの言語をレンダリングするekklesia ( ecclesia ) 、という用語は、新約聖書を示す社会の作家わたしたちの主イエスキリストによって設立された。 The derivation of the word has been much debated.その言葉の導出多く議論されています。 It is now agreed that it is derived from the Greek kyriakon (cyriacon), ie the Lord's house, a term which from the third century was used, as well as ekklesia, to signify a Christian place of worship.これは今すぐ合意してから派生したことは、ギリシャのkyriakon ( cyriacon ) 、すなわち、主の家の、 3世紀からの項には、使用されるだけでなく、 ekklesia 、キリスト教の代わりに礼拝を意味する。 This, though the less usual expression, had apparently obtained currency among the Teutonic races.これは、少ないかかわらず、いつもの表現は明らかにゲルマン民族間の通貨を取得します。 The Northern tribes had been accustomed to pillage the Christian churches of the empire, long before their own conversion.北部の部族に慣れていた帝国の略奪は、キリスト教の教会の、長い自分の前に変換します。 Hence, even prior to the arrival of the Saxons in Britain, their language had acquired words to designate some of the externals of the Christian religion.したがって、ご到着予定の前にもsaxonsは、英国では、彼らの言語は後天性の単語を指定するいくつかの外部のは、キリスト教の宗教です。

The present article is arranged as follows:アレンジ、現在の記事は以下のとおり:

I. The term Ecclesia第項ecclesia

II. Ⅱ 。 The Church in Prophecy教会での予言

III. Ⅲ 。 Its Constitution by Christ; the Church after the Ascensionその憲法をイエスキリストの昇天教会の後に

IV. Ⅳ 。 Its Organization by the Apostlesその組織された使徒

V. The Church, a Divine Society Vの教会、神の社会

VI. Ⅵ 。 The Church, the Necessary Means of Salvation教会、救済するために必要な手段

VII. Ⅶ 。 Visibility of the Church教会の可視性

VIII. Ⅷ 。 The Principle of Authority; Infallibility; Jurisdiction権限の原則;不可謬性;裁判管轄

IX. 9 。 Members of the Church教会のメンバー

X. Indefectibility of the Church; Continuity Xのindefectibilityの教会;継続

XI. Ⅹ Ⅰ 。 Universality of the Church; the "Branch" Theory教会の普遍性;の"ブランチ"の理論

XII. 12 。 Notes of the Churchノートの教会

XIII. 13 。 The Church, a Perfect Societyその教会は、完璧な社会

I. THE TERM ECCLESIA第項ecclesia

In order to understand the precise force of this word, something must first be said as to its employment by the Septuagint translators of the Old Testament.正確な力を理解するためには、次の単語、何かをしなければならないによると、雇用されたとして、旧約聖書のセプトゥアギンタの翻訳です。 Although in one or two places (Psalm 25:5; Judith 6:21; etc.) the word is used without religious signification, merely in the sense of "an assembly", this is not usually the case.ただし、 1つまたは2つの場所(詩編25:5 ;ジュディス6:21 ;等)という言葉が使用され、宗教的な意味は、単にという意味の"アセンブリ" 、通常の場合ではない。 Ordinarily it is employed as the Greek equivalent of the Hebrew qahal, ie, the entire community of the children of Israel viewed in their religious aspect.通常として雇われることは、ヘブライ語、ギリシャのqahalに相当する、すなわち、全体のコミュニティは、イスラエルの子供たちに人気が宗教的な側面です。 Two Hebrew words are employed in the Old Testament to signify the congregation of Israel, viz. 2つの言葉はヘブライ語で採用され、旧約聖書の集会を意味するのイスラエル、日本、 viz 。 qahal 'êdah. qahal ' êdahです。 In the Septuagint these are rendered, respectively, ekklesia and synagoge.セプトゥアギンタは、これらのレンダリングは、それぞれ、 ekklesiaとsynagogeです。 Thus in Proverbs v, 14, where the words occur together, "in the midst of the church and the congregation", the Greek rendering is en meso ekklesias kai synagoges.このように諺をV電源、 14日、どこの言葉同時に起こる"の真っただ中にある教会と信徒"は、ギリシャ語のレンダリングは、アンメソekklesias甲斐synagogesです。 The distinction is indeed not rigidly observed -- thus in Exodus, Leviticus and Numbers, both words are regularly represented by synagoge -- but it is adhered to in the great majority of cases, and may be regarded as an established rule.観測の区別は、確かに堅くなっていない-したがって、出エジプト記、レビ記と数字の両方が定期的に言葉で表現さs ynagoge-しかし、これは忠実に守っては、大多数の場合、および5月に設立すると見なされるルールです。 In the writings of the New Testament the words are sharply distinguished.文章は、新約聖書の言葉が、大幅に区別します。 With them ecclesia denotes the Church of Christ; synagoga, the Jews still adhering to the worship of the Old Covenant.にしてそれは、キリスト教会ecclesia ; synagogaは、引き続き堅持し、礼拝のユダヤ人の古い約束します。 Occasionally, it is true, ecclesia is employed in its general significance of "assembly" (Acts 19:32; 1 Corinthians 14:19); and synagoga occurs once in reference to a gathering of Christians, though apparently of a non-religious character (James 2:2) But ecclesia is never used by the Apostles to denote the Jewish Church.時折、それがtrueの場合、その一般的な意味で採用されecclesiaは、 "組立" (行為19:32 ; 1コリンチャンス14:19 ) ; synagogaが発生するとの参照を一度に集まり、キリスト教徒、明らかにかかわらず、非宗教的なキャラクター(ジェームズ2:2 )が使用されてecclesiaは決してユダヤ教会の使徒を表す。 The word as a technical expression had been transferred to the community of Christian believers.技術的な表現の言葉として、コミュニティに転送されていたキリスト教の信仰する者よ。

It has been frequently disputed whether there is any difference in the signification of the two words.頻繁にされて係争中の違いがあるかどうかは、 2つの単語の意味です。 St. Augustine (in Psalm. lxxvii, in PL, XXXVI, 984) distinguishes them on the ground that ecclesia is indicative of the calling together of men, synagoga of the forcible herding together of irrational creatures: "congregatio magis pecorum convocatio magis hominum intelligi solet".聖アウグスティヌス(詩編です。 77は、ポーランド語、 36 、 984 ) ecclesia区別して、地上には、呼び出し側の説法を一緒の男性、 synagogaは、強制的な牧畜一緒の非合理的な生き物: "社会のより多くのpecorum convocatioより多くのhominum intelligi solet "です。 But it may be doubted whether there is any foundation for this view.しかし、ことがありますかどうかは疑問の基盤をこのビューを表示するには任意です。 It would appear, however, that the term qahal, was used with the special meaning of "those called by God to eternal life", while 'êdah, denoted merely "the actually existing Jewish community" (Schürer, Hist. Jewish People, II, 59).それが表示されますが、しかし、そのqahalという用語は特別な意味を使用している"と呼ばれるこれらの神に永遠の命" 、中' êdah 、単にを表わし、 "実際に、既存のユダヤ人社会" ( schürer 、履歴です。ユダヤ人の人々 、 2世、 59 ) 。 Though the evidence for this distinction is drawn from the Mishna, and thus belongs to a somewhat later date, yet the difference in meaning probably existed at the time of Christ's ministry.証拠かかわらず、この区別が描かからmishna 、およびそのために属してやや後日、おそらく存在の意味の違いにはまだありません時点で、キリストの部です。 But however this may have been, His intention in employing the term, hitherto used of the Hebrew people viewed as a church, to denote the society He Himself was establishing cannot be mistaken.しかし、しかし、これがありますが、彼の意図を採用するという用語は、これまで使われ、ヘブライ語の人々の人気教会として、その社会を表す彼自身が誤解を確立することはできません。 It implied the claim that this society now constituted the true people of God, that the Old Covenant was passing away, and that He, the promised Messias, was inaugurating a New Covenant with a New Israel.それ暗示するという主張は、今すぐこの社会の真の人々が神の構成は、旧契約が逝去しており、その彼は、約束のmessias 、 inaugurating 、新しい契約は、新しいイスラエルです。

As signifying the Church, the word Ecclesia is used by Christian writers, sometimes in a wider, sometimes in a more restricted sense.シグニファイイングとしての教会、キリスト教という言葉ecclesiaで使用される作家、時には、広い、時には、もっと限定した意味します。

It is employed to denote all who, from the beginning of the world, have believed in the one true God, and have been made His children by grace.すべての雇用を示すことがwhoは、世界の初めから、 1つは、真の神を信じて、自分の子供たちを猶予されています。 In this sense, it is sometimes distinguished, signifying the Church before the Old Covenant, the Church of the Old Covenant, or the Church of the New Covenant.その意味では、識別することが、約束を暗示する古い教会の前に、旧契約の教会のか、または新しい契約の教会のです。 Thus St. Gregory (Epp. V, ep. xviii ad. Joan. Ep. Const., in PL, LXXVII, 740) writes: "Sancti ante legem, sancti sub lege, sancti sub gratiâ, omnes hi . . . in membris Ecclesiæ sunt constituti" (The saints before the Law, the saints under the Law, and the saints under grace -- all these are constituted members of the Church).このように聖グレゴリー( epp. V電源、 epです。 18の広告です。ジョーンします。 ep 。定は、ポーランド語、 77 、 740 )書いています: "サンクティ事前に従って、サンクティサブレージュ、サンクティサブgratiâ 、全こんにちは。 。 。 。 。でmembris ecclesiæ sunt constituti " (聖人の前に法は、法の下の聖人、聖人とされて猶予-これらはすべての構成メンバーは、教会) 。

It may signify the whole body of the faithful, including not merely the members of the Church who are alive on earth but those, too, whether in heaven or in purgatory, who form part of the one communion of saints.全身を意味することがありますし、忠実な、単に教会のメンバーは、地球上でwhoは生きだが、あまりにも、天国のかどうか、または煉獄、 whoフォーム部分の1つの聖者の聖体拝領です。 Considered thus, the Church is divided into the Church Militant, the Church Suffering, and the Church Triumphant.と考えこのように、過激派の教会に分かれて教会は、教会の苦しみを、意気揚々と教会です。

It is further employed to signify the Church Militant of the New Testament.より詳細な雇用を示すことが過激派は、新約聖書の教会です。 Even in this restricted acceptation, there is some variety in the use of the term.この制限も、信じることでは、いくつかの品種は、使用する用語です。 The disciples of a single locality are often referred to in the New Testament as a Church (Revelation 2:18; Romans 16:4; Acts 9:31), and St. Paul even applies the term to disciples belonging to a single household (Romans 16:5; 1 Corinthians 16:19, Colossians 4:15; Philemon 1-2).の弟子の1つの場所で参照されては、しばしばとして、新約聖書教会(啓示2:18 ;ローマ人への手紙16 : 04 ;行為9時31分) 、および聖パウロの弟子の項を適用しても、 1つの家庭に所属する(ローマ人への手紙16 : 05 ; 1コリンチャンス16:19 、コロサイ人への手紙4:15 ;ピレモン1-2 ) 。 Moreover, it may designate specially those who exercise the office of teaching and ruling the faithful, the Ecclesia Docens (Matthew 18:17), or again the governed as distinguished from their pastors, the Ecclesia Discens (Acts 20:28).また、これらの特別に指定することがあります事務所whoを行使すると与党の指導に忠実に、 ecclesia docens (マタイ18:17 ) 、または再び彼らの支配者として著名な牧師は、 ecclesia discens (行為20:28 ) 。 In all these cases the name belonging to the whole is applied to a part.すべてのこのような場合は、全体の名前に属して適用される部分です。 The term, in its full meaning, denotes the whole body of the faithful, both rulers and ruled, throughout the world (Ephesians 1:22; Colossians 1:18).という用語は、その完全な意味、それは、全身に忠実に、両方の統治者と支配、全世界(エペソ人への手紙1:22 ;コロサイ人への手紙1:18 ) 。 It is in this meaning that the Church is treated of in the present article.これは、この教会はならないことを意味し、現在の記事で扱われるのです。 As thus understood, the definition of the Church given by Bellarmine is that usually adopted by Catholic theologians: "A body of men united together by the profession of the same Christian Faith, and by participation in the same sacraments, under the governance of lawful pastors, more especially of the Roman Pontiff, the sole vicar of Christ on earth" (Coetus hominum ejusdem christianæ fidei professione, et eorumdem sacramentorum communione colligatus, sub regimine legitimorum pastorum et præcipue unius Christi in Terris vicarii Romani Pontificis. -- Bellarmine, De Eccl., III, ii, 9).としてこのように理解され、教会の定義を与えられたのは、通常で採択さベラルミーノカトリック神学者: "男性の遺体するUnited一緒にされたキリスト教の信仰と同じ職業、同じ秘跡に参加するとされ、ガバナンスの下に合法的な牧師、他の特に、ローマ教皇、イエスキリストの唯一のラウンドヘイ牧師の地球上で" ( christianæ信仰のcoetus hominum同様なprofessione 、他eorumdem sacramentorum communione colligatus 、サブpræcipue uniusクリスティregimine legitimorum pastorum et vicariiローマ人の物語にテリスpontificisです。 -ベラルミーノ、デe cclです。 、 3世、 2世、 9 ) 。 The accuracy of this definition will appear in the course of the article.の正確性は、この定義は、記事が表示されるコースです。

II. Ⅱ 。 THE CHURCH IN PROPHECY教会での予言

Hebrew prophecy relates in almost equal proportions to the person and to the work of the Messias.ヘブライ語の関連性を予言して人とほぼ同等の比率をmessiasの仕事をしています。 This work was conceived as consisting of the establishment of a kingdom, in which he was to reign over a regenerated Israel.この作品は、構想としては、王国の確立で構成さでは彼はイスラエルを再生成を統治する。 The prophetic writings describe for us with precision many of the characteristics which were to distinguish that kingdom.予言的な文章を記述するための問い合わせの多くは、高精度の特性にされた王国を区別することです。 Christ during His ministry affirmed not only that the prophecies relating to the Messias were fulfilled in His own person, but also that the expected Messianic kingdom was none other than His Church.キリストの中に彼の予言は、省アファームドに関連するだけでなく、 messiasが果たされるのは、自分自身の人だけでなく、救世主は、予想よりも彼の教会の他の王国はなし。 A consideration of the features of the kingdom as depicted by the Prophets, must therefore greatly assist us in understanding Christ's intentions in the institution of the Church.の特徴を考慮しての王国では、預言者として描かれ、大幅に支援する必要があります。問い合わせを理解するための意図は、イエスキリスト教会の機関です。 Indeed many of the expressions employed by Him in relation to the society He was establishing are only intelligible in the Light of these prophecies and of the consequent expectations of the Jewish people.確かに表現の多くは、彼に関連して、雇用されていたの確立にのみ可能な社会に照らして、これらの予言とは、ユダヤ人の人々の期待を帰結です。 It will moreover appear that we have a weighty argument for the supernatural character of the Christian revelation in the precise fulfillment of the sacred oracles.また表示されることが重要な議論を私たちは、超自然的啓示では、キリスト教の文字を正確に履行するための神聖なoracles 。

A characteristic feature of the Messianic kingdom, as predicted, is its universal extent.王国の救世主に特徴的であり、予測、ユニバーサルは、その程度です。 Not merely the twelve tribes, but the Gentiles are to yield allegiance to the Son of David.単には、 12部族、しかし、 gentilesを収率の息子のデビッドに忠誠をします。 All kings are to serve and obey him; his dominion is to extend to the ends of the earth (Psalm 21:28 sq.; 2:7-12; 116:1; Zechariah 9:10).すべての王は彼に、わたしに従い;彼のドミニオンが終わるのを延長して、地球(詩編21:28平方; 2:7-12 ; 116:1 ;ゼカリヤ9:10 ) 。 Another series of remarkable passages declares that the subject nations will possess the unity conferred by a common faith and a common worship -- a feature represented under the striking image of the concourse of all peoples and nations to worship at Jerusalem.別のシリーズの注目すべき通路を宣言し、件名には、国の結束によって授与さは、共通の信仰と、共通の崇拝-印象的な映像の下に表示する機能は、コンコースのすべての人々とエルサレムの国を崇拝するのです。 "It shall come to pass in the last days (ie in the Messianic Era] . . . that many nations shall say: Come and let us go up to the mountain of the Lord, and to the house of the God of Jacob; and he will teach us of his ways and we will walk in his paths; for the law shall go forth out of Sion, and the word of the Lord out of Jerusalem" (Micah 4:1-2; cf. Isaiah 2:2; Zechariah 8:3). This unity of worship is to be the fruit of a Divine revelation common to all the inhabitants of the earth (Zack., xiv, 8). Corresponding to the triple office of the Messias as priest, prophet, and king, it will be noted that in relation to the kingdom the Sacred Writings lay stress on three points: (a) it is to be endowed with a new and peculiar sacrificial system; (b) it is to be the kingdom of truth possessed of a Divine revelation; (c) it is to be governed by an authority emanating from the Messias. "それは来てパスの最後の日中に(つまりは、救世主のような時代] 。 。 。 。 。に多くの国は言う:来てご連絡が上がるのは、山の主よ、として家の神のジェイコブ;と彼は自分のやり方を教えてくれると我々は彼のパスの中を歩く;は、法のシオンは出て行く、との言葉は、主のエルサレム" (ミカ4:1-2 ;継続前誌です。イザヤ書2:2 ;ゼカリヤ8時03分)です。この団結崇拝されるのは、神の啓示の果実のすべての住民に共通する、地球( zack. 、 14 、 8 ) 。に対応して事務所のトリプルmessiasとして、司祭、預言者、およびキング、それは注意して王国に関連して、 3つのポイントを強調聖典: ( 1 )されることは恵まれていると独特のいけにえの新しいシステムの場合、 ( b )の王国をされることが真実であると考える神の啓示いる、 ( c )に支配されることが権威をmessiasから発せられるのです。

In regard to the first of these points, the priesthood of the Messias Himself is explicitly stated (Ps. cix, 4); while it is further taught that the worship which He is to inaugurate shall supersede the sacrifices of the Old Dispensation.これと関連し、最初のこれらのポイントは、聖職に就くのは自分自身が明示的に記載messias ( ps. cix 、 4 ) ;中には、より詳細な教えは、礼拝に彼は犠牲に取って代わるものを発足旧神の摂理です。 This is implied, as the Apostle tells us, in the very title, "a priest after the order of Melchisedech"; and the same truth is contained in the prediction that a new priesthood is to be formed, drawn from other peoples besides the Israelites (Isaiah 66:18), and in the words of the Prophet Malachias which foretell the institution of a new sacrifice to be offered "from the rising of the sun even to the going down" (Malachi 1:11).これは、黙示的、使徒を教えてくれるのは、非常にタイトルは、 "司祭melchisedechの順序をした後、 " ;と同じ真実が含まれている予測して形成される新たな聖職に就くが、他の人々に加えて、イスラエルから引き出される(イザヤ書66:18 )とは、預言者ムハンマドの言葉を予言するmalachiasどの機関に提供する新たな犠牲を払うことに"からの日の出もダウンして行く" (マラキ1:11 ) 。 The sacrifices offered by the priesthood of the Messianic kingdom are to endure as long as day and night shall last (Jeremiah 33:20).聖職に就くの犠牲で提供されて、救世主に耐える王国は、昼と夜限りは、最終更新(エレミヤ33:20 ) 。

The revelation of the Divine truth under the New Dispensation attested by Jeremias: "Behold the days shall come saith the Lord, and I will make a new covenant with the house of Israel and with the house of Juda . . . and they shall teach no more every man his neighbour, saying: Know the Lord: for all shall know me from the least of them even to the greatest" (Jeremiah 31:31, 34), while Zacharias assures us that in those days Jerusalem shall be known as the city of truth.神の真理の啓示は、神の摂理の下に新たな証言をイェレミアス: "見よ、日中にsayの三人称単数直説法現在形条の規定は、主よ、と私は新しい契約を作るの家の、イスラエルとのハウスオブjuda 。 。 。 。 。 、かれらは教えない彼の隣人の他のすべての人、と言っ:知っている主:私のこと知ってるからのすべてのものが少なく、それらの最大のさえを" (エレミヤ31:31 、 34 ) 、中ツァハリアス問い合わせを保証しなければならないエルサレムではこれらの日中に知られて市の真理です。 (Zechariah 8:3). (ゼカリヤ8時03分) 。

The passages which foretell that the Kingdom will possess a peculiar principle of authority in the personal rule of the Messias are numerous (eg Psalms 2 and 71; Isaiah 9:6 sq.); but in relation to Christ's own words, it is of interest to observe that in some of these passages the prediction is expressed under the metaphor of a shepherd guiding and governing his flock (Ezekiel 34:23; 37:24-28).予言は、王国の通路には、権限を持つ独特の原則は、個人的なルールをmessiasは非常に多くの(例えば、詩篇を授けた2 、 71 ;イザヤ書9時06平方) ;しかし、キリストの自身の言葉に関連して、それは興味いくつかを観察して、これらの通路の予測が表現されて羊飼いの比喩を基本とする彼の統治の群れ(エゼキエル34:23 ; 37:24-28 ) 。 It is noteworthy, moreover, that just as the prophecies in regard to the priestly office foretell the appointment of a priesthood subordinate to the Messias, so those which relate to the office of government indicate that the Messias will associate with Himself other "shepherds", and will exercise His authority over the nations through rulers delegated to govern in His name (Jeremiah 18:6; Psalm 44:17; cf. St. Augustine Enarr. in Psalm. 44:no. 32).これは注目に値する、また、それと同じように予言これと関連し、聖職者の事務所の任命を予言するmessias従属しており、聖職に就くため、それらに関連して政府の事務所によりますと関連付けるのは、自分自身の他のmessias "羊飼い" 、とは、彼の権限を行使を通じて、国を統治を委任統治彼の名前(エレミヤ18 : 06 ;詩編44:17 ;継続前誌です。聖アウグスティヌスenarr 。 、詩篇第します。 44 :いいえ。 32 ) 。 Another feature of the kingdom is to be the sanctity of its members.もう一つの特徴は王国は、そのメンバーの尊厳をされる。 The way to it is to be called "the holy way: the unclean shall not pass over it".への道をされると呼ばれることは"神聖な方法:不浄な者は避けて通ること"です。 The uncircumcised and unclean are not to enter into the renewed Jerusalem (Isaiah 35:8; 52:1).汚れたはないの割礼を受けていないとの新たなエルサレムに入るように(イザヤ書35:8 ; 52:1 ) 。

The later uninspired apocalyptic literature of the Jews shows us how profoundly these predictions had influenced their national hopes, and explains for us the intense expectation among the populace described in the Gospel narratives.絶望的な文学、後の平凡なユダヤ人の問い合わせ方法について深く、これらの予測を示して国民の期待が影響を受けた、と説明をするための激しい問い合わせ期待福音書に記載されて民衆の間の物語です。 In these works as in the inspired prophecies the traits of the Messianic kingdom present two very different aspects.これらの作品のように、インスピレーション予言王国の特徴は、現在の2つの非常に異なる側面救世主です。 On the one hand, the Messias is a Davidic king who gathers together the dispersed of Israel, and establishes on this earth a kingdom of purity and sinlessness (Psalms of Solomon, xvii).上の1つの手は、キングdavidic who messiasは、これらの分散を収集し、イスラエル、この地球上を確立する王国の純粋さとsinlessness (ソロモンの詩篇を授けた、 17 ) 。 The foreign foe is to be subdued (Assumpt. Moses, c. x) and the wicked are to be judged in the valley of the son of Hinnon (Enoch, xxv, xxvii, xc).外国人の敵を抑えた( assumpt.ムーサーよ、 c. x )キーとの邪悪な判断をされるの谷のhinnonの息子(イノック、 25 、 27 、 xc ) 。 On the other hand, the kingdom is described in eschatological characters.その一方で、文字の王国は、終末論に記載されています。 The Messias is pre-existent and Divine (Enoch, Simil., xlviii, 3); the kingdom He establishes is to be a heavenly kingdom inaugurated by a great world-catastrophe, which separates this world (aion outos), from the world to come (mellon).プレmessiasは存在しないと、神(イノック、 simil 。 、 48 、 3 ) ;の王国は彼には、天の王国を確立された素晴らしい世界的に大惨事に発足した、この世界分かつ( aion outos ) 、世界をより来(メロン)です。 This catastrophe is to be accompanied by a judgment both of angels and of men (Jubilees, x, 8; v, 10; Assumpt. Moses, x, 1).この大惨事を同行された、天使との判断の両方の男性( jubileesは、 x 、 8 ; V電源、 10 ; assumpt 。ムーサーよ、 x 、 1 ) 。 The dead will rise (Ps. Solom., iii, 11) and all the members of the Messianic kingdom will become like to the Messias (Enoch, Simil., xc, 37).死者が上昇( ps. solom 。 、 3世、 11 )とのすべてのメンバーの王国の救世主となるようにしてmessias (イノック、 simil 。 、 xc 、 37 ) 。 This twofold aspect of the Jewish hopes in regard to the coming Messias must be borne in mind, if Christ's use of the expression "Kingdom of God" is to be understood.この2つの側面については、今後のユダヤ人を望んで負担しなければならないmessiasを念頭に置いて、イエスキリストの使用の場合は、表現の"神の国"は理解されるべきです。 Not infrequently, it is true, He employs it in an eschatological sense.往々にして、それが事実なら、彼はそれを終末論の従業員を意味します。 But far more commonly He uses it of the kingdom set up on this earth -- of His Church.しかし、彼はそれをはるかによく王国セットアップされて地球-彼の教会です。 These are indeed, not two kingdoms, but one.これらは実際にではなく、 2つの国、しかし、 1つです。 The Kingdom of God to be established at the last day is the Church in her final triumph.神の王国を確立するのは、最終日は、教会で彼女の最後の勝利です。

III. Ⅲ 。 CONSTITUTION BY CHRIST憲法をイエスキリスト

The Baptist proclaimed the near approach of the Kingdom of God, and of the Messianic Era.バプテスト教会の近くに宣言するアプローチは、王国の神となり、時代の救世主です。 He bade all who would share its blessings prepare themselves by penance.彼はすべてのwhoが共有するように命じたことを祝福苦行を準備します。 His own mission, he said, was to prepare the way of the Messias.自分自身の使命だと彼は言ったの邪魔をするのはmessiasを準備する。 To his disciples he indicated Jesus of Nazareth as the Messias whose advent he had declared (John 1:29-31).弟子たちは彼を示さmessiasナザレのイエスが出現していたとして宣言(ヨハネ1:29-31 ) 。 From the very commencement of His ministry Christ laid claim in an explicit way to the Messianic dignity.彼の省からの非常に開始laid主張イエスキリストは、救世主の尊厳の道を明示します。 In the synagogue at Nazareth (Luke 4:21) He asserts that the prophecies are fulfilled in His person; He declares that He is greater than Solomon (Luke 11:31), more venerable than the Temple (Matthew 12:6), Lord of the Sabbath (Luke 6:5).シナゴーグでは、ナザレス(ルーク4:21 )彼は評価される彼の予言が果たされる人;彼は彼よりも大きいを宣言しソロモン(ルカ11:31 ) 、他の由緒ある寺よりも(マタイ12時06分) 、主は、安息日(ルーク6時05分) 。 John, He says, is Elias, the promised forerunner (Matthew 17:12); and to John's messengers He vouchsafes the proofs of His Messianic dignity which they request (Luke 7:22).ジョン、と彼は言いますは、エリアス、約束の先駆者(マタイ17:12 ) ;とジョンの使徒の証拠彼は彼の救世主vouchsafes彼らの尊厳を要求(ルーク7時22分) 。 He demands implicit faith on the ground of His Divine legation (John 6:29).彼は暗黙の要求彼の神の信仰を地面に公使館(ジョン6時29分) 。 His public entry into Jerusalem was the acceptance by the whole people of a claim again and again reiterated before them.彼の公共の参入は、エルサレムの人々に受け入れられるよう全体を要求する前に何度も繰り返して強調します。 The theme of His preaching throughout is the Kingdom of God which He has come to establish.彼の説教を通してのテーマは、神の王国を確立するに彼が来ています。 St. Mark, describing the beginning of His ministry, says that He came into Galilee saying, "The time is accomplished, and the Kingdom of God is at hand".サンマルコ、記述の初めに彼の部に入ってガリラヤによると、彼と述べ、 "時間は、熟達した、との王国は、神の手"です。 For the kingdom which He was even then establishing in their midst, the Law and the Prophets had been, He said, but a preparation (Luke 16:16; cf. Matthew 4:23; 9:35; 13:17; 21:43; 24:14; Mark 1:14; Luke 4:43; 8:1; 9:2, 60; 18:17).彼はさらに、王国を入力し、彼らの中に確立すると律法と預言者ていた、彼によると、ではなく、準備中(ルーク16:16 ;継続前誌です。マシュー4:23 ; 9:35 ; 13:17 ; 21 : 43 ; 24:14 ;マーク1:14 ;ルーク4:43 ; 8:1 ;午前9時02分、 60 ; 18:17 )です。

When it is asked what is this kingdom of which Christ spoke, there can be but one answer.このときは王国の要請がイエスキリストは何ですスポーク、しかしすることもでき、 1つの答えです。 It is His Church, the society of those who accept His Divine legation, and admit His right to the obedience of faith which He claimed.それは彼の教会は、これらの社会who受入彼の神の公使館し、自分の権利を認める信仰を服従させると主張した。 His whole activity is directed to the establishment of such a society: He organizes it and appoints rulers over it, establishes rites and ceremonies in it, transfers to it the name which had hitherto designated the Jewish Church, and solemnly warns the Jews that the kingdom was no longer theirs, but had been taken from them and given to another people.彼の全体の活動が指示されるような社会の確立:彼は支配される可能性が任命し、整理し、確立儀式や式典では、転送していたこれまでの名前を指定ユダヤ教会、ユダヤ人と厳粛に警告しては、王国かれらは、もはや、しかしがとられているし、与えられた者を別の人々です。 The several steps taken by Christ in organizing the Church are traced by the Evangelists.イエスキリストが撮影され、いくつかの手順を実行組織の教会の伝道者が追跡されています。 He is represented as gathering numerous disciples, but as selecting twelve from their number to be His companions in an especial manner.彼は多くの弟子たちの集まりとして表現され、 12から選択しかし、その数は彼の仲間は、特別な態度です。 These share His life.これらの彼の人生を共有します。 To them He reveals the more hidden parts of His doctrine (Matthew 13:11).非表示にして彼の他の部分には、彼のドクトリン(マタイ13:11 ) 。 He sends them as His deputies to preach the kingdom, and bestows on them the power to work miracles.彼は彼の代議員として送信して王国を説教し、仕事の電源をbestowsされて奇跡です。 All are bound to accept their message; and those who refuse to listen to them shall meet a fate more terrible than that of Sodom and Gomorra (Matthew 10:1-15).すべての束縛を受け入れることは、彼らのメッセージ、およびそれらのwhoを拒否する運命に耳をかれらに会うに比べてもっとひどいソドムとgomorra (マタイ10:1-15 ) 。 The Sacred Writers speak of these twelve chosen disciples in a manner indicating that they are regarded as forming a corporate body.これらの12の神聖な作家話す弟子選ばれたことがある態度を示す企業体を形成すると見なされています。 In several passages they are still termed "the twelve" even when the number, understood literally, would be inexact.彼らはまだいくつかの文章表現"は、 12 "の数も、理解され、文字通り、蓋然がします。 The name is applied to them when they have been reduced to eleven by the defection of Judas, on an occasion when only ten of them were present, and again after the appointment of St. Paul has increased their number to thirteen (Luke 24:33; John 20:24; 1 Corinthians 15:5; Revelation 21:14).それらの名前を適用するときに彼らは11にまで軽減され、亡命のユダ、機会上でかれらの多くは現在の10時のみ、との聖パウロの任命した後、再びその数は増加して13 (ルカ24:33 ;ジョン20:24 ; 1コリンチャンス15 : 05 ;啓示21:14 )です。

In this constitution of the Apostolate Christ lays the foundation of His Church. apostleの職に、この憲法は、彼のキリスト教会の基礎を築くことです。 But it is not till the action of official Judaism had rendered it manifestly impossible to hope the Jewish Church would admit His claim, that He prescribes for the Church as a body independent of the synagogue and possessed of an administration of her own.しかし、それまでのアクションの公式ではないユダヤ教は明らかに不可能なことを期待してレンダリングユダヤ教会は彼の主張を認める、と彼は、教会の中から独立した機関として、政権のシナゴーグと彼女自身の保有します。 After the breach had become definite, He calls the Apostles together and speaks to them of the judicial action of the Church, distinguishing, in an unmistakable manner, between the private individual who undertakes the work of fraternal correction, and the ecclesiastical authority empowered to pronounce a judicial sentence (Matthew 18:15-17).違反が確定した後、彼は一緒に呼び出して、使徒と話すの司法作用して、教会、区別は、紛れもない態度に、個々の間に民間の仕事を引き受ける共済who 、訂正、教会の権威と権限を発音司法文(マタイ18:15-17 ) 。 To the jurisdiction thus conferred He attached a Divine sanction.このように管轄権を与えられた彼は神の制裁措置を添付します。 A sentence thus pronounced, He assured the Apostles, should be ratified in heaven.このように発音する文を、彼は安心の使徒は、天国の批准すべきである。 A further step was the appointment of St. Peter to be the chief of the Twelve.をより詳細な手順は、任命されるサンピエトロ大聖堂の首席のは、 12です。 For this position he had already been designated (Matthew 16:15 sqq.) on an occasion previous to that just mentioned: at Cæsarea Philippi, Christ had declared him to be the rock on which He would build His Church, thus affirming that the continuance and increase of the Church would rest on the office created in the person of Peter.このポジションは、すでに指定されていた(マタイ16:15 sqq 。 )上で前にその機会だけ言及: cæsareaフィリッピ、イエスキリストが彼を宣言した岩の上でビルド彼は彼の教会、このように肯定して継続教会が増加したとする前に、 Officeで作成さ残りの人のピーターです。 To him, moreover, were to be given the keys of the Kingdom of Heaven -- an expression signifying the gift of plenary authority (Isaiah 22:22).をしてしまったら、また、キーが与えられるが、キングダムオブヘブン-全体の才能があるという表現をもつ機関(イザヤ書2 2:22) 。 The promise thus made was fulfilled after the Resurrection, on the occasion narrated in John, xxi.こうして作らの約束が果たされるの復活した後、ナレーションを契機にジョン、 xxi 。 Here Christ employs a simile used on more than one occasion by Himself to denote His own relation to the members of His Church -- that of the shepherd and his flock.ここで使用されてイエスキリストには、 1つ以上の直喩自分自身を示す機会を自分自身のメンバー関連して、彼の教会-羊飼いと彼の群れしている。 His solemn charge, "Feed my sheep", constituted Peter the common shepherd of the whole collective flock.彼の厳粛な電荷は、 "フィードの私の羊" 、羊飼いの共通の構成ピーターの群れ全体の集団です。 (For a further consideration of the Petrine texts see article PRIMACY.) To the twelve Christ committed the charge of spreading the kingdom among all nations, appointing the rite of baptism as the one means of admission to a participation in its privileges (Matthew 28:19). (使徒ペテロのテキストを考慮してより詳細な資料の優位性を参照。 )をコミットチャージは、 12イエスキリストの王国間のすべての国の拡大、任命の洗礼式入場料として1つの手段としての参加をしてその権限(マタイ28 : 19 ) 。

In the course of this article detailed consideration will be given to the principal characteristics of the Church.このコースは、次の資料を詳細に検討されるの主要な特性を与えられた教会です。 Christ's teaching on this point may be briefly summarized here.キリストの教えをこの時点で5月に簡潔にまとめてあります。 It is to be a kingdom ruled in His absence by men (Matthew 18:18; John 21:17).王国を支配することは彼の不在は、男性(マタイ18:18 ;ジョン21:17 ) 。 It is therefore a visible theocracy; and it will be substituted for the Jewish theocracy that has rejected Him (Matthew 21:43).それゆえに目に見える神権政治;と置換されることを拒否されたユダヤ人の神権政治では彼(マタイ21:43 ) 。 In it, until the day of judgment, the bad will be mingled with the good (Matthew 13:41).では、審判の日までに、良い悪いの混合される(マタイ13:41 ) 。 Its extent will be universal (Matthew 28:19), and its duration to the end of time (Matthew 13:49); all powers that oppose it shall be crushed (Matthew 21:44).その範囲は普遍的(マタイ28:19 ) 、およびその期間の最後の時間を(マタイ13:49 ) ;すべての権限を粉砕しなければならないことに反対する(マタイ21:44 ) 。 Moreover, it will be a supernatural kingdom of truth, in the world, though not of it (John 18:36).また、それをすることは超自然的王国の真理は、世界のことではありません(ヨハネ18:36 ) 。 It will be one and undivided, and this unity shall be a witness to all men that its founder came from God (John 17:21).それは1つのと非分し、この団結しなければならないすべての人の証人を選んで来たから、創始者が神(ヨハネ17:21 ) 。 It is to be noticed that certain recent critics contest the positions maintained in the preceding paragraphs.これは最近の批判されるところ、特定のコンテストで、上記の段落の位置を維持します。 They deny alike that Christ claimed to be the Messias, and that the kingdom of which He spoke was His Church.彼らはイエスキリストを否定する主張して似れるmessiasており、そのうちの王国は、彼は彼の教会です。 Thus, as regards Christ's claim to Messianic dignity, they say that Christ does not declare Himself to be the Messias in His preaching: that He bids the possessed who proclaimed Him the Son of God be silent: that the people did not suspect His Messiahship, but formed various extravagant hypotheses as to his personality.したがって、この点に関して救世主イエスキリストの尊厳と主張し、かれらは言うが自分自身を宣言するイエスキリストはありませんが、彼の説教messias :入札価格に彼の保有who宣言、彼は神の子がサイレント:容疑者は、人々が彼のmessiahship 、しかし、様々なぜいたくな仮説として形成さを彼の人柄です。 It is manifestly impossible within the limits of this article to enter on a detailed discussion of these points.これは明らかに不可能なの範囲内では、次の資料を入力して、これらのポイントを詳細に議論します。 But, in the light of the testimony of the passages above cited, it will be seen that the position is entirely untenable.しかし、光の通路上の証言を引用し、それは理不尽とは全くの位置で見たことがある。 In reference to the Kingdom of God, many of the critics hold that the current Jewish conception was wholly eschatological, and that Christ's references to it must one and all be thus interpreted.神の王国を参考に、批評家の多くは、ホールドは、現在のユダヤ人の概念は、完全に終末論ており、その1つのキリストのを参照して、すべてがこのように解釈する必要があります。 This view renders inexplicable the numerous passages in which Christ speaks of the kingdom as present, and further involves a misconception as to the nature of Jewish expectations, which, as has been seen, together with eschatological traits, contained others of a different character.このビューを表示するレンダリング不可解な文章では、多くのうわさをイエスキリストの王国として存在する場合、誤解をより詳細には、ユダヤ人としての性質を期待し、これを見てきた、終末論の特徴と一緒に、その他の、別の文字に含まれる。 Harnack (What is Christianity? p. 62) holds that in its inner meaning the kingdom as conceived by Christ is "a purely religious blessing, the inner link of the soul with the living God".ハルナック(キリスト教は何ですか? p. 62学)によるとということを意味して、その内側の王国として構想され、キリストは、 "純粋に宗教的な祝福のリンクを、内側の神の魂との生活"です。 Such an interpretation can in no possible way be reconciled with Christ's utterances on the subject.このような解釈が可能な方法ではない発言をキリストの和解の対象とします。 The whole tenor of his expressions is to lay stress on the concept of a theocratic society.彼の表現は、全体のテノールのコンセプトを強調する神政社会です。

The Church after the Ascension昇天教会の後に

The doctrine of the Church as set forth by the Apostles after the Ascension is in all respects identical with the teaching of Christ just described.教会の教義の使徒として定められた昇天した後、すべての点では同じキリストの教えだけを説明します。 St. Peter, in his first sermon, delivered on the day of Pentecost, declares that Jesus of Nazareth is the Messianic king (Acts 2:36).サンピエトロ大聖堂は、彼の最初の説教は、聖霊降臨祭の日に配信され、宣言してナザレのイエスは、救世主キング(行為2:36 ) 。 The means of salvation which he indicates is baptism; and by baptism his converts are aggregated to the society of disciples (ii, 41).救いの手段を示しては、洗礼を彼と彼の洗礼に変換され、社会の弟子には、集約( 2世、 41 ) 。 Though in these days the Christians still availed themselves of the Temple services, yet from the first the brotherhood of Christ formed a society essentially distinct from the synagogue.キリスト教徒もかかわらず、これらの日中に同寺availed自身のサービス、まだありませんから、最初のイエスキリストの兄弟愛の本質的に異なる社会の形成のシナゴーグです。 The reason why St. Peter bids his hearers accept baptism is none other than that they may "save themselves from this unbelieving generation".サンピエトロ大聖堂、入札価格の理由は、聞き手の洗礼を受け入れることなしに比べて他の"割引率そのものより、この懐疑的な世代"です。 Within the society of believers not only were the members united by common rites, but the tie of unity was so close as to bring about in the Church of Jerusalem that condition of things in which the disciples had all things common (ii, 44).社会の信者には、メンバーれるUnitedさだけでなく、共通の儀式、しかし、ネクタイの結束をもたらすとしてはとても近い教会は、その状態のことをエルサレムの弟子ではすべてのものは共通の( 2世、 44 ) 。

Christ had declared that His kingdom should be spread among all nations, and had committed the execution of the work to the twelve (Matthew 28:19).イエスキリストは彼の王国を宣言してすべての国の間で広まりましたすべきである、との実行がコミットの仕事をして12 (マタイ28:19 ) 。 Yet the universal mission of the Church revealed itself but gradually.しかし、普遍的使命は、教会自体が徐々に明らかにします。 St. Peter indeed makes mention of it from the first (Acts 2:39).サンピエトロ大聖堂、実際に言及したことから、最初の(行為2:39 ) 。 But in the earliest years the Apostolic activity is confined to Jerusalem alone.しかし、最初の年のローマ教皇の活動はエルサレムだけに限局しています。 Indeed an old tradition (Apollonius, cited by Eusebius "Hist. Eccl.", V, xvii, and Clem. Alex., "Strom.", VI, v, in PG IX, 264) asserts that Christ had bidden the Apostles wait twelve years in Jerusalem before dispersing to carry their message elsewhere.確かに、古い伝統(アポロニオス、引用さユーセビアス"シーッ。 eccl 。 " 、 V電源、 17 、およびクレムです。アレックス。 、 "ストレムです。 " 、六、 V電源、 9世のpg 、 264 )が招かれたイエスキリストの使徒の主張待つ12年、エルサレム分散を実行する前に他のメッセージが表示されます。 The first notable advance occurs consequent on the persecution which arose after the death of Stephen, AD 37.必従上の最初の著しい進歩が発生するの迫害が発生した後に死亡したスティーブン、広告の掲載37 。 This was the occasion of the preaching of the Gospel to the Samaritans, a people excluded from the privileges of Israel, though acknowledging the Mosaic Law (Acts 8:5).これは、説教をする機会をサマリア人の福音は、イスラエルの人々から除外する権限を、かかわらずを認めることのモザイク法(行為8時05分) 。 A still further expansion resulted from the revelation directing St. Peter to admit to baptism Cornelius, a devout Gentile, ie one associated to the Jewish religion but not circumcised.より詳細な拡大結果をまだ監督からの啓示に洗礼を認めざるをサンピエトロ大聖堂、コルネリウスは、敬けんなジェンティーレ、すなわち1つの宗教に関連付けられて、ユダヤ人の割礼はできません。 From this tune forward circumcision and the observance of the Law were not a condition requisite for incorporation into the Church.この曲から転送割礼と法の遵守のために不可欠な条件が混入する教会です。 But the final step of admitting those Gentiles who had known no previous connection with the religion of Israel, and whose life had been spent in paganism, was not taken till more than fifteen years after Christ's Ascension; it did not occur, it would seem, before the day described in Acts xiii, 46, when, at Antioch in Pisidia, Paul and Barnabas announced that since the Jews accounted themselves unworthy of eternal life they would "turn to the Gentiles".しかし、それらの最後のステップを認める前gentiles whoは既知のないイスラエルの宗教を接続し、人生に費やされていたペイガニズム、撮影まではない、 15歳以上のキリストの昇天した後;ていない場合に発生する、それと思わ、 13日に記載され行為をする前に、 46 、ときには、ピシディアアンティオキアで、ポールとバルナバと発表したユダヤ人の割合以来、彼らは永遠の命そのもの値しない"電源をgentiles "です。

In the Apostolic teaching the term Church, from the very first, takes the place of the expression Kingdom of God (Acts 5:11).教育という用語は、ローマ教皇の教会から、非常に第一に、王国の表現の代わりには、神の(行為5:11 ) 。 Where others than the Jews were concerned, the greater suitability of the former name is evident; for Kingdom of God had special reference to Jewish beliefs.どこよりも、ユダヤ人は他の関係者は、適合性の高い旧製品名は明らか;の王国の神は特別なの参照をユダヤ人の信念です。 But the change of title only emphasizes the social unity of the members.しかし、変更の社会の結束を強調してタイトルのみのメンバーです。 They are the new congregation of Israel -- the theocratic polity: they are the people (laos) of God (Acts 15:14; Romans 9:25; 2 Corinthians 6:16; 1 Peter 2:9 sq.; Hebrews 8:10; Revelation 18:4; 21:3).彼らは、新しい集会のイスラエル-の神政政体:彼らは、人々 (ラオス)の神(行為1 5:14;ローマ人への手紙9時2 5分、 2コリンチャンス6 :16; 1ピーター2時0 9平方;ヘブル人への手紙8 : 10 ;啓示18時04分、 21時03分) 。 By their admission to the Church, the Gentiles have been grafted in and form part of God's fruitful olive-tree, while apostate Israel has been broken off (Romans 11:24).入場料を払って、その教会は、 gentilesフォームにも移植し、実りの多い部分、神のオリーブの木、背教のイスラエルされながら破談になる(ローマ人への手紙11:24 ) 。 St. Paul, writing to his Gentile converts at Corinth, terms the ancient Hebrew Church "our fathers" (1 Corinthians 10:1).セントポール、書き込みを彼のジェンティーレに変換するにコリント、ご利用の古代ヘブライ語教会"我々の祖先" ( 1コリンチャンス10:1 ) 。 Indeed from time to time the previous phraseology is employed, and the Gospel message is termed the preaching of the Kingdom of God (Acts 20:25; 28:31).確かに、前の言い方をして時間を採用し、福音のメッセージが表示さは、表現の説教は、神の王国(行為20:25 ; 28:31 )です。

Within the Church the Apostles exercised that regulative power with which Christ had endowed them.使徒教会に統制力を行使することがイエスキリストが与えている。 It was no chaotic mob, but a true society possessed of a corporate life, and organized in various orders.カオス暴徒ことはない、ではなく、真の社会生活保有する企業、および様々な受注構成されています。 The evidence shows the twelve to have possessed (a) a power of jurisdiction, in virtue of which they wielded a legislative and judicial authority, and (b) a magisterial office to teach the Divine revelation entrusted to them.その証拠を示して12には保有(ア) 、電源を裁判の管轄は、彼らの美徳を行使する立法と司法当局、および( b )は神の啓示を教える権威のある事務所に委託しています。 Thus (a) we find St. Paul authoritatively prescribing for the order and discipline of the churches.このように( 1 )私達聖パウロ正式に処方を見つけると規律は、教会の順序です。 He does not advise; he directs (1 Corinthians 11:34; 26:1; Titus 1:5).彼はアドバイス;彼に指示( 1コリンチャンス11:34 ; 26:1 ;タイタス1:5 ) 。 He pronounces judicial sentence (1 Corinthians 5:5; 2 Corinthians 2:10), and his sentences, like those of other Apostles, receive at times the solemn sanction of miraculous punishment (1 Timothy 1:20; Acts 5:1-10).彼は司法pronounces文( 1コリンチャンス5時05分、 2コリンチャンス2:10 ) 、と彼の文章は、他の使徒のような、厳粛な制裁を受けるで倍の懲罰を受けるの奇跡( 1ティモシー1:20 ;行為5:1-10 ) 。 In like manner he bids his delegate Timothy hear the causes even of priests, and rebuke, in the sight of all, those who sin (1 Timothy 5:19 sq.).同じように彼は彼の代理人の入札が原因でさえ耳にするのティモシー坊さんと非難は、その光景を見てのすべてのは、これらのwho罪( 1平方ティモシー5:19 ) 。 (b) With no less definiteness does he assert that the Apostolate carries with it a doctrinal authority, which all are bound to recognize. ( b )本定性はないと主張し、彼はapostleの職教義上の権限を実行できることを、これを認識するすべての人はバインドします。 God has sent them, he affirms, to claim "the obedience of faith" (Romans 1:5; 15:18).神が送って、彼は肯定、と主張、 "信仰服従させる" (ローマ人への手紙1:5 ; 15:18 )です。 Further, his solemnly expressed desire, that even if an angel from heaven were to preach another doctrine to the Galatians than that which he had delivered to them, he should be anathema (Galatians 1:8), involves a claim to infallibility in the teaching of revealed truth.さらに、彼の厳粛願望を表明、それがたとえ天国から天使の別の教義を説くに比べてどのガラテヤ人への手紙を配達して彼は、彼は受け入れ難い(ガラテヤ人への手紙1:8 ) 、不可謬性を主張するには、教育真実を明らかにします。

While the whole Apostolic College enjoyed this power in the Church, St. Peter always appears in that position of primacy which Christ assigned to him.ローマ教皇の大学全体の中でこのパワーは、教会、サンピエトロ大聖堂、その位置に表示され、常に優位性をイエスキリストに割り当てられているのだ。 It is Peter who receives into the Church the first converts, alike from Judaism and from heathenism (Acts 2:41; 10:5 sq.), who works the first miracle (Acts 3:1 sqq.), who inflicts the first ecclesiastical penalty (Acts 5:1 sqq.).ピーターwhoを受信することが教会の最初の変換するが、ユダヤ教と似から異教の信仰(行為2:41 ;平方10時05分) 、 who作品の最初の奇跡(行為3:1 sqq 。 ) 、 who inflictsの最初の教会違約金(行為5:1 sqq 。 ) 。 It is Peter who casts out of the Church the first heretic, Simon Magus (Acts 8:21), who makes the first Apostolic visitation of the churches (Acts 9:32), and who pronounces the first dogmatic decision (Acts 15:7).ピーターwhoキャストすることは、教会の最初の異端者、サイモンゾロアスター教の司祭(行為8時21分) 、 whoは、最初のローマ教皇の面会は、教会(行為9時32分) 、およびwho pronouncesの最初の独断的な意思決定(行為15時07分) 。 (See Schanz, III, p. 460.) So indisputable was his position that when St. Paul was about to undertake the work of preaching to the heathen the Gospel which Christ had revealed to him, he regarded it as necessary to obtain recognition from Peter (Galatians 1:18). (参照シャンツ、 3世、 p. 460 。 )これが彼の立場を疑う余地は約時に聖パウロの説教の作業に着手していた異教徒イエスキリストの福音を明らかに、彼はそれを入手するの認識から、必要に応じてピーター(ガラテヤ人への手紙1:18 ) 。 More than this was not needful: for the approbation of Peter was definitive.これ以上はないニードフル:賛同を得るのは、ピーターが確定します。

IV. Ⅳ 。 ORGANIZATION BY THE APOSTLES組織された使徒

Few subjects have been so much debated during the past half-century as the organization of the primitive Church.いくつかの課題が多く議論されたので、過去半世紀の間、組織としては、原始教会です。 The present article cannot deal with the whole of this wide subject.現在の記事全体に対処することはできませんこの広いアジ研です。 Its scope is limited to a single point.その範囲が限定されているシングルポイントします。 An endeavour will be made to estimate the existing information regarding the Apostolic Age itself.の努力を推定される、既存の情報については、ローマ教皇の年齢そのものです。 Further light is thrown on the matter by a consideration of the organization that is found to have existed in the period immediately subsequent to the death of the last Apostle.より詳細な光がスローされた上の問題が見つかったことを考慮した組織が存在してすぐに後続の期間の最後の使徒して死亡した。 (See BISHOP.) The independent evidence derived from the consideration of each of these periods will, in the opinion of the present writer, be found, when fairly weighed, to yield similar results. (参照司教です。 )独立の証拠から派生して、これらの各期間を考慮したが、現在は、作家の意見を、れるが見つかりました、かなり体重ときに、同様の結果を収率です。 Thus the conclusions here advanced, over and above their intrinsic value, derive support from the independent witness of another series of authorities tending in all essentials to confirm their accuracy.したがって、ここで高度な結論を出す、その本質的な価値を超える、派生サポートからの独立した別のシリーズの著者の目撃者の世話の精度を確認するすべての必需品です。 The question at issue is, whether the Apostles did, or did not, establish in the Christian communities a hierarchical organization.の問題となっている問題は、使徒かどうかを参考か、またはしなかった、コミュニティ、階層構造を確立するには、キリスト教組織です。 All Catholic scholars, together with some few Protestants, hold that they did so.すべてのカトリックの学者、いくつかのいくつかのプロテスタントと一緒に、ホールドしてそうです。 The opposite view is maintained by the rationalist critics, together with the greater number of Protestants.逆の見方が維持される合理主義の批評家と一緒に、より多くのプロテスタントです。

In considering the evidence of the New Testament on the subject, it appears at once that there is a marked difference between the state of things revealed in the later New Testament writings, and that which appears in those of an earlier date.での証拠を考慮して、新約聖書で、被写体、それが存在することを一度に表示されるスパムの違いは明らかにされ、後の状態のことを新約聖書記述し、それらのことを、以前の日付が表示されています。 In the earlier writings we find but little mention of an official organization.私たちは、以前の文章を公式に言及した見つけるしかし、ほとんどの組織です。 Such official positions as may have existed would seem to have been of minor importance in the presence of the miraculous charismata of the Holy Spirit conferred upon individuals, and fitting them to act as organs of the community in various grades.このような公式の立場として存在と思わ年5月のマイナーされ、奇跡的重要性が存在する聖霊charismataを授与する、個人、および継手して、コミュニティとしての臓器の様々なグレードがあります。 St. Paul in his earlier Epistles has no messages for the bishops or deacons, although the circumstances dealt with in the Epistles to the Corinthians and in that to the Galatians would seem to suggest a reference to the local rulers of the Church.彼の以前の聖パウロの書簡がないかのメッセージをdeaconsの司教が、事情を扱っては、コリンチャンスとの書簡をすることが、ガラテヤ人への手紙を提示すると思わへの参照をローカルの支配者は、教会です。 When he enumerates the various functions to which God has called various members of the Church, he does not give us a list of Church offices.彼は様々な機能を列挙するときに、神が様々なメンバーと呼ばれる、教会、彼は教会事務所の連絡先リストを表示します。 "God", he says, "hath set some in the church, first apostles, secondly prophets, thirdly doctors [didaskaloi]; after that miracles; then the graces of healings, helps, governments, kinds of tongues" (1 Corinthians 12:28). "神" 、と彼は言います、 "かれらは、教会のいくつかの設定は、最初の使徒、預言者第二、第三に医師[ didaskaloi ] ;後に奇跡;入力し、治癒に甘えて、助け、政府、種類の舌" ( 1コリンチャンス12 : 28 ) 。 This is not a list of official designations.これは、公式のリストを指定します。 It is a list of "charismata" bestowed by the Holy Spirit, enabling the recipient to fulfill some special function.これはリストを表示し、 " charismata "聖霊授与され、受信者を有効にすると、いくつか特別な機能を果たす。 The only term which forms an exception to this is that of apostle.任期はどのような形式だけの例外をこれは、使徒がします。 Here the word is doubtless used in the sense in which it signifies the twelve and St. Paul only.ここでは言葉は意味では確かに使用されていることを意味するとは、 12セントポールのみです。 As thus applied the Apostolate was a distinct office, involving a personal mission received from the Risen Lord Himself (1 Corinthians 1:1; Galatians 1:1).このように適用してapostleの職としては、明確なオフィス、個人的な使命を起動する主ご自身から受け取ったの上昇( 1コリンチャンス1:1 ;ガラテヤ人への手紙1:1 )にします。 Such a position was of altogether too special a character for its recipients to be placed in any other category.このような立場を完全には、あまりにも特殊な文字の受信者を任意に配置される他のカテゴリをクリックします。 The term could indeed be used in a wider reference.実際に使用される用語が広いリファレンスです。 It is used of Barnabas (Acts 14:13) and of Andronicus and Junias, St. Paul's kinsmen (Romans 16:7).それが使用され、バルナバ(行為14:13 )とのjuniasアンドロニカスと、聖パウロの近親(ローマ人への手紙16時07分) 。 In this extended signification it is apparently equivalent to evangelist (Ephesians 4:11; 2 Timothy 4:5) and denotes those "apostolic men", who, like the Apostles, went from place to place labouring in new fields, but who had received their commission from them, and not from Christ in person.この意味での拡張に相当することは、明らかにエバンジェリスト(エペソ人への手紙4:11 ; 2ティモシー4時05分)とそれらを示し"ローマ教皇の男" 、 whoは、使徒のように、場所から場所は新しい分野labouringが、 whoを受け取ったその委員会からして、イエスキリストからではなく人物ではない。 (See APOSTLES.) (参照使徒です。 )

The "prophets", the second class mentioned, were men to whom it was given to speak from time to time under the direct influence of the Holy Spirit as the recipients of supernatural inspiration (Acts 13:2; 15:23; 21:11; etc.). "預言者" 、 2番目のクラスの言及したように、誰が男性を話すことは、与えられた時間を時間されてからの直接の影響を受けて、受信者として聖霊の超自然吸気(行為13 : 02 ; 15:23 ; 21:11 ;等)です。 By the nature of the case the exercise of such a function could be occasional only.その性質を行使する場合は、このような関数は時折のみです。 The "charisma" of the "doctors" (or teachers) differed from that of the prophets, in that it could be used continuously. "カリスマ"は、 "医師" (または教師)は、預言者と異なるのは、継続的に使われることができる。 They had received the gift of intelligent insight into revealed truth, and the power to impart it to others.彼らは、贈り物を受け取った真実を明らかにインテリジェントな洞察力をし、それを他の電源を告げる。 It is manifest that those who possessed such a power must have exercised a function of vital moment to the Church in those first days, when the Christian communities consisted to so large an extent of new converts.これらのことはwhoマニフェストを保有するような権力行使する必要があります関数の重要な瞬間を、教会ではこれらの最初の日中に、ときには、キリスト教社会を構成するため大規模な範囲での新しい変換します。 The other "charismata" mentioned do not call for special notice. 、他の" charismata "を求める特別な言及はありませんご了承ください。 But the prophets and teachers would appear to have possessed an importance as organs of the community, eclipsing that of the local ministry.しかし、預言者と教師が保有して表示されるのに重要な器官のコミュニティとして、食しているローカル部です。 Thus in Acts, xiii, 1, it is simply related that there were in the Church which was at Antioch prophets and doctors.したがって、行為、 13 、 1 、それは、単に関連があったのはアンティオキアの教会が預言者や医師です。 There is no mention of bishops or deacons.司教がないかdeaconsに言及した。 And in the Didache -- a work as it would seem of the first century, written before the last Apostle had passed away -- the author enjoins respect for the bishops and deacons, on the ground that they have a claim similar to that of the prophets and doctors.とは、新約聖書-として働くように見えることが第一世紀、書かれた前の最後の使徒がこの世を去った-の著者en joins尊重して司教とd e acons、地面にしては、上のように主張している預言者や医師です。 "Appoint for yourselves", he writes, "bishops and deacons, worthy of the Lord, men who are meek, and not lovers of money, and true and approved; for unto you they also perform the service [leitourgousi ten leitourgian] of the prophets and doctors. Therefore despise them not: for they are your honourable men along with the prophets and teachers" (c. xv). "任命をしなさい" 、彼の書き込み、 "司教とdeacons 、主に値するのは、男性whoは、おとなしい、恋人たちのお金ではなく、および該当し、承認;をなたがたにもサービスを実行して[ leitourgousi 10 leitourgian ]は、預言者や医師です。したがって軽蔑していない:彼らは立派な男性と一緒にしては、預言者と教師" ( c. 15 ) 。

It would appear, then, indisputable that in the earliest years of the Christian Church ecclesiastical functions were in a large measure fulfilled by men who had been specially endowed for this purpose with "charismata" of the Holy Spirit, and that as long as these gifts endured, the local ministry occupied a position of less importance and influence.それが表示され、その後、議論の余地が年間で最も古い教会は、キリスト教の教会の機能が果たされる大規模な措置を特別に与えていた男性whoこの目的のために" charismata "聖霊ており、その限り、これらのギフト耐える、ローカルの省占領の重要性と影響力のある地位に少ない。 Yet, though this be the case, there would seem to be ample ground for holding that the local ministry was of Apostolic institution: and, further, that towards the later part of the Apostolic Age the abundant "charismata" were ceasing, and that the Apostles themselves took measures to determine the position of the official hierarchy as the directive authority of the Church.しかし、このようなことにかかわらず場合は、十分あると思われる地面を所蔵してローカル部は、ローマ教皇の機関:と、より詳細な、それに向かって、ローマ教皇の時代への豊富な部分" charismata "がしゃべるとは、使徒そのものが措置を決定する公式の階層としての位置を指令権威の教会です。 The evidence for the existence of such a local ministry is plentiful in the later Epistles of St. Paul (Philippians, 1 and 2 Timothy, and Titus).その証拠が存在するようなローカル部は、豊かさへの書簡の聖パウロ(ピリピ人への手紙、 1と2のティモシー、およびタイタス) 。 The Epistle to the Philippians opens with a special greeting to the bishops and deacons.ピリピ人への手紙の信徒への特別なあいさつをしてポップアップをdeacons司教とします。 Those who hold these official positions are recognized as the representatives in some sort of the Church.これらのwhoホールド、これらの公式の立場は、いくつかの並べ替えの代表として認識され、教会です。 Throughout the letter there is no mention of the "charismata", which figure so largely in the earlier Epistles.全体の手紙に言及したがない" charismata " 、主に、以前のように図の書簡です。 It is indeed urged by Hort (Christian Ecelesia, p. 211) that even here these terms are not official titles.実際、これが求められホルト(キリスト教ecelesia 、 p. 211 )ここでも、これらの用語は公式のタイトルです。 But in view of their employment as titles in documents so nearly contemporary, as I Clem., c.しかし、雇用の対象としてのためのドキュメントのタイトルにはほぼ現代、私クレム。 、 c. 4, and the Didache, such a contention seems devoid of all probability. 4 、と新約聖書の、このような競合のすべての確率欠いているようです。

In the Pastoral Epistles the new situation appears even more clearly.牧歌の書簡は、新しい状況が表示されたら、もっと明確にします。 The purpose of these writings was to instruct Timothy and Titus regarding the manner in which they were to organize the local Churches.の目的はティモシーに指示すると、これらの記述は、タイタスについての態度をもっていた地元の教会を整理しています。 The total absence of all reference to the spiritual gifts can scarcely be otherwise explained than by supposing that they no longer existed in the communities, or that they were at most exceptional phenomena.の合計不在のすべての参照を精神的なギフトは、他のほとんどの説明よりもされると仮定して、もはや存在して彼らのコミュニティか、またはしていたほとんどの例外的現象です。 Instead, we find the Churches governed by a hierarchical organization of bishops, sometimes also termed presbyters, and deacons.その代わりに、私たちの教会の司教支配され、階層的な組織、時にはpresbytersも呼ばれる、とdeacons 。 That the terms bishop and presbyter are synonymous is evident from Titus 1:5-7: "I left thee in Crete, that thou shouldest . . . ordain priests in every city . . . For a bishop must be without crime."司教と長老は、利用者は、同義語のは明らかタイタス1:5-7 : "私左なたはクレタ島、そのなたshouldest 。 。 。 。 。命じるすべての都市司祭。 。 。 。 。司教は、犯罪をしなければならない。 " These presbyters form a corporate body (1 Timothy 4:14), and they are entrusted with the twofold charge of governing the Church (1 Timothy 3:5) and of teaching (1 Timothy 3:2; Titus 1:9).これらのpresbytersを形成する企業体( 1ティモシー4:14 ) 、と彼らは委任統治を担当する二重の教会( 1ティモシー3時05分)と教育( 1ティモシー3:2 ;タイタス1時09分) 。 The selection of those who are to fill this post does not depend on the possession of supernatural gifts.これらの選択を埋めるwhoは、この投稿はありませんギフト超自然的に依存して保有しています。 It is required that they should not be unproved neophytes, that they should be under no charge, should have displayed moral fitness for the work, and should be capable of teaching.必要なことは立証されていないことはできません初心者して、その下に無償ばならない、道徳的なフィットネスは、仕事が表示され、教えることができるとは。 (1 Timothy 3:2-7; Titus 1:5-9) The appointment to this office was by a solemn laying on of hands (1 Timothy 5:22). ( 1ティモシー3:2-7 ;タイタス1:5-9 )の任命をこのオフィスは、厳粛な敷設されたの手の上( 1ティモシー5:22 )です。 Some words addressed by St. Paul to Timothy, in reference to the ceremony as it had taken place in Timothy's case, throw light upon its nature.危惧されるいくつかの聖パウロの言葉をティモシーは、授賞式への参照で開催されていたとしてティモシーの場合、その自然光の上に投げています。 "I admonish thee", he writes, "that thou stir up the grace (charisma) of God, which is in thee by the laying on of my hands" (2 Timothy 1:6). "私訓戒なた" 、彼の書き込みは、 "あのなたの恵みをかき立てる(カリスマ)の神、これは、なたを私の手に敷設される" ( 2ティモシー1時06分) 。 The rite is here declared to be the means by which a charismatic gift is conferred; and, further, the gift in question, like the baptismal character, is permanent in its effects.の儀式がここに宣言しているの手段で、カリスマ的才能が授与され、および、より詳細は、質問の贈り物のように、洗礼の文字は、恒久的にその影響します。 The recipient needs but to "waken into life" [anazopyrein] the grace he thus possesses in order to avail himself of it.しかし、受信者のニーズを"目を覚まさせるに生きる" [ anazopyrein ]の恵みを利用するために彼はこのように自分自身を保有しています。 It is an abiding endowment.これは変わらぬ養老です。 There can be no reason for asserting that the imposition of hands, by which Timothy was instructed to appoint the presbyters to their office, was a rite of a different character, a mere formality without practical import.理由の余地はないと主張して按手礼、ティモシーは、これを選任するよう指示してオフィスのpresbyters 、儀式のは、別の人物に、単なる形式で実用的なインポートします。

With the evidence before us, certain other notices in the New Testament writings, pointing to the existence of this local ministry, may be considered.お問い合わせの証拠を前に、特定の他の著作権は、新約聖書、その存在を指しては、次のローカル部によると、 5月と見なされます。 There is mention of presbyters at Jerusalem at a date apparently immediately subsequent to the dispersion of the Apostles (Acts 11:30; cf. 15:2; 16:4; 21:18). presbyters先にはエルサレムで言及した日付を明らかに分散して、すぐに後続の使徒(行為11:30 ;継続前誌です。 15時02分、 16時04分; 21:18 )です。 Again, we are told that Paul and Barnabas, as they retraced their steps on their first missionary journey, appointed presbyters in every Church (Acts 14:22).再び、我々はそのポールとバルナバは、 retracedとして彼らの旅の手順を実行して最初の宣教師、すべての教会に任命presbyters (行為14:22 ) 。 So too the injunction to the Thessalonians (1 Thessalonians 5:12) to have regard to those who are over them in the Lord (proistamenoi; cf. Romans 12:6) would seem to imply that there also St. Paul had invested certain members of the community with a pastoral charge.これも、差し止め命令をthessalonians ( 1 thessalonians 5:12 )にはこれらのwhoが終わったことに関しては、主( proistamenoi ;継続前誌です。ローマ人への手紙12 : 06 )は意味があるように投資も聖パウロは、特定のメンバー牧歌的電荷は、地域社会となっています。 Still more explicit is the evidence contained in the account of St. Paul's interview with the Ephesian elders (Acts 20:17-23).まだ他の明示的な証拠が含まれているアカウントの聖パウロのインタビューで、年長者のephesian (行為20:17-23 ) 。 It is told that, sending from Miletus to Ephesus, he summoned "the presbyters of the Church", and in the course of his charge addressed them as follows: "Take heed to yourselves and to the whole flock, wherein the Holy Ghost has placed you bishops to tend [poimainein] the Church of God" (xx, 28).これははは、送信者をミレトスエフェソス、彼は召喚" presbytersの教会" 、と彼の電荷の過程で対処して以下のとおり: "忠告に耳を貸すの群れ全体をしなさいと、そこに聖霊が置か司教にする傾向[ poimainein ]の教会の神様" (イグゼクス、 28 ) 。 St. Peter employs similar language: "The presbyters that are among you, I beseech, who am myself also a presbyter . . . tend [poimainein] the flock of God which is among you."サンピエトロ大聖堂、従業員のような言語: " presbytersでは間を、私懇願する、 whoアム自分自身もある長老。 。 。 。 。傾向[ poimainein ]これは神の群れの中です。 " These expressions leave no doubt as to the office designated by St. Paul, when in Ephesians 4:11, he enumerates the gifts of the Ascended Lord as follows: "He gave some apostles, and some prophets, and other some evangelists, and other some pastors and doctors [tous de poimenas kai didaskalous]. The Epistle of St. James provides us with yet another reference to this office, where the sick man is bidden send for the presbyters of the Church, that he may receive at their hands the rite of unction (James 5:14).これらの表現を疑う余地はないとして、オフィスで指定された聖パウロは、エペソ人への手紙4:11ときに、彼はギフトを列挙し、主に昇っ以下のとおり: "彼はいくつかの使徒、およびいくつかの預言者、およびその他のいくつかの伝道者、およびその他のいくつかの牧師や医師[ tousデpoimenas甲斐didaskalous ] 。 、信徒のセントジェームスは、先にこのオフィスはまだありません別の参照を、ここで病気の人にはpresbyters招かれたのは、教会の送信、その彼を手にすることがあります儀式の慰めとなるもの(ジェームズ5:14 ) 。

The term presbyter was of common use in the Jewish Church, as denoting the "rulers" of the synagogue (cf. Luke 13:14).という用語は使用される共通の長老は、ユダヤ教の教会のしるしとして、 "支配者"は、シナゴーグ( cf.ルカ13:14 ) 。 Hence it has been argued by some non-Catholic writers that in the bishops and deacons of the New Testament there is simply the synagogal organization familiar to the first converts, and introduced by them into the Christian communities.そのためいくつかのことが主張されている以外のカトリック司教と作家は、新約聖書にはdeacons 、単にsynagogal組織の最初の身近に変換するが、それらを導入したとは、キリスト教のコミュニティです。 St. Paul's concept of the Church, it is urged, is essentially opposed to any rigid governmental system; yet this familiar form of organization was gradually established even in the Churches he had founded.聖パウロの概念は、教会、それは促した、とは本質的に硬直化した政府に反対して任意のシステム;はまだありません身近な形でこの組織は、徐々に確立さも、彼は教会が設立された。 In regard to this view it appears enough to say that the resemblance between the Jewish "rulers of the synagogue" and the Christian presbyter-episcopus goes no farther than the name.これと関連して表示することが表示されたら十分に言ってやるが似ていることは、ユダヤ人の間の"支配者は、シナゴーグ"とは、キリスト教長老- palmarum )以上の名前がない。 The Jewish official was purely civil and held office for a time only.ユダヤ人の関係者は、純粋な市民との開かれたオフィスを一度のみです。 The Christian presbyterate was for life, and its functions were spiritual.人生は、キリスト教長老会は、その機能が精神的です。 There is perhaps more ground for the view advocated by some (cf. de Smedt, Revue des quest. hist., vols. XLIV, L), that presbyter and episcopus may not in all cases be perfectly Synonymous.地面には、おそらく他のいくつかのカテゴリーの提唱( cf.デsmedt 、レヴューデクエストです。シーッ。 、 vols学です。 44 、左) 、その長老とpalmarum )ことができないすべてのケースが完全に同じ意味です。 The term presbyter is undoubtedly an honorific title, while that of episcopus primarily indicates the function performed.という言葉に呼び捨て長老は、間違いなく、中にpalmarum )関数は、主に行われている。 It is possible that the former title may have had a wider significance than the latter.ている可能性があるかということを、旧タイトルがあります後者よりも広い意味します。 The designation presbyter, it is suggested, may have been given to all those who were recognized as having a claim to some voice in directing the affairs of the community, whether this were based on official status, or social rank, or benefactions to the local Church, or on some other ground; while those presbyters who had received the laying on of hands would be known, not simply as "presbyters", but as "presiding [proistamenoi -- I Thess., v. 12) presbyters", "presbyter-bishops", "presbyter-rulers" (hegoumenoi -- Hebrews 13:17).長老の種別、それは提案は、 5月にすべてのwho与えられていたとして認識されたことを要求する声が演出をいくつかの問題は、コミュニティに基づいているかどうかは公式の状態か、または社会的ランクか、またはをbenefactionsローカル教会か、またはいくつかの他の地面; presbyters whoながらこれらの敷設を受けたことで知られての手のは、単に" presbyters "ではなく、 "首席[ proistamenoi -私t hess。 、 v .1 2) p resbyters" 、 "祭司-司教" 、 "長老-支配者" ( hegoumenoi -ヘブル人への手紙1 3:17) 。

It remains to consider whether the so-called "monarchical" episcopate was instituted by the Apostles.かどうかを検討することは、いわゆる"君主" bishopの地位が導入された使徒です。 Besides establishing a college of presbyter-bishops, did they further place one man in a position of supremacy, entrusting the government of the Church to him, and endowing him with Apostolic authority over the Christian community?大学の設立に加え長老-司教は、かれらより詳細な場所の覇権を握るする立場にある一人の男が、政府の教会の委託をしてしまったら、とローマ教皇の権威をendowing彼には、キリスト教社会のですか? Even if we take into account the Scriptural evidence alone, there are sufficient grounds for answering this question in the affirmative.たとえ私たちの聖書の証拠を考慮に入れるだけでも、十分な根拠には、この質問は、肯定応答します。 From the time of the dispersion of the Apostles, St. James appears in an episcopal relation to the Church of Jerusalem (Acts 12:17; 15:13; Galatians 2:12).分散の時から、使徒、セントジェームズが表示され、米国聖公会関連して、教会のエルサレム(行為12:17 ; 15:13 ;ガラテヤ人への手紙2:12 ) 。 In the other Christian communities the institution of "monarchical" bishops was a somewhat later development.キリスト教社会の機関は、他の"君主"司教は、ややへの開発です。 At first the Apostles themselves fulfilled, it would seem, all the duties of Supreme oversight.最初のうち、使徒自身果たされることと思わは、すべての最高の職務を監督します。 They established the office when the growing needs of the Church demanded it.彼ら設置し、オフィスときに教会のニーズの高まりを求めています。 The Pastoral Epistles leave no room to doubt that Timothy and Titus were sent as bishops to Ephesus and to Crete respectively.書簡の牧歌的疑いの余地がないことをティモシーとタイタスとして送信されます司教はクレタ島をそれぞれエフィソスとします。 To Timothy full Apostolic powers are conceded.ローマ教皇の権限をフルに譲歩ティモシーです。 Notwithstanding his youth he holds authority over both clergy and laity.彼の青少年にもかかわらず彼は聖職者と信徒の両方の権限を保持します。 To him is confided the duty of guarding the purity of the Church's faith, of ordaining priests, of exercising jurisdiction.彼は義務を警護して者は、教会の信仰の純度、 ordaining司祭は、管轄権の行使です。 Moreover, St. Pauls exhortation to him, "to keep the commandment without spot, blameless, unto the coming of our Lord Jesus Christ" shows that this was no transitory mission.また、聖pauls勧告をしてしまったら、 "命令にスポットを維持する、清廉潔白、かれらの到来に伴い、わたしたちの主イエスキリスト"によると、この一過性の使命はない。 A charge so worded includes in its sweep, not Timothy alone, but his successors in an office which is to last until the Second Advent.言葉遣いのため、チャージが含まれ、その掃引ではなく、ティモシーだけでも、しかし、彼の後継者は、事務所を最終更新されるまでは2番目の出現です。 Local tradition unhesitatingly reckoned him among the occupants of the episcopal see.地元の伝統無視ちゅうちょなく彼は、米国聖公会の間の乗員を参照します。 At the Council of Chalcedon, the Church of Ephesus counted a succession of twenty-seven bishops commencing with Timothy (Mansi, VII, 293; cf. Eusebius, Hist. Eccl., III, iv, v).カルケドン公会議で、エフェソスの教会の後継者の27カウントをはじめとする司教のティモシー( mansi 、 7 、 293 ;継続前誌です。ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、三、四、 v )を使います。

These are not the sole evidences which the New Testament affords of the monarchical episcopate.これらは特定の唯一の証拠は、新約聖書の君主bishopの地位に支払う。 In the Apocalypse the "angels" to whom the letters to the seven Churches are addressed are almost certainly the bishops of the respective communities.は、黙示録の"天使"を誰が為には手紙を7つの教会の司教の対処は、ほぼ確実に、それぞれのコミュニティです。 Some commentators, indeed, have held them to be personifications of the communities themselves.いくつかの解説、実際のところ、 personificationsが開かれたのにして自身のコミュニティです。 But this explanation can hardly stand.しかし、この説明はほとんどが立っている。 St. John, throughout, addresses the angel as being responsible for the community precisely as he would address its ruler.聖ヨハネ、を通して、アドレスの天使コミュニティの正確されて責任を負うの支配者として彼はアドレスです。 Moreover, in the symbolism of ch.また、あなたの象徴です。 i, the two are represented under different figures: the angels are the stars in the right hand of the Son of Man; the seven candlesticks are the image which figures the communities.私、 2つの異なる数値で表現されて:天使たちは、星印の息子の右手の男;の7つのイメージを供養は、フィギュアのコミュニティです。 The very term angel, it should be noticed, is practically synonymous with apostle, and thus is aptly chosen to designate the episcopal office.天使の非常に用語には、最後に気付かれないとしても、使徒と同義では実際に、このようには、適切に選択して指定すると、米国聖公会の事務所です。 Again the messages to Archippus (Colossians 4:17; Philemon 2) imply that he held a position of special dignity, superior to that of the other presbyters.再度のメッセージをarchippus (コロサイ人への手紙4:17 ;ピレモン2 )を開き、位置を意味するものでは彼は特別な尊厳、に優れているが、他のpresbytersです。 The mention of him in a letter entirely concerned with a private matter, as is that to Philemon, is hardly explicable unless he were the official head of the Colossian Church.彼に言及した書簡の中で、完全に個人的な問題に関心がある、ことをフィレモンには、説明はほとんどしない限り、彼は、公式の頭のcolossian教会です。 We have therefore four important indications of the existence of an office in the local Churches, held by a Single person, and carrying with it Apostolical authority.このため、 4つの重要な兆候が存在するオフィスでは現地の教会で開かれた、たった一人でさ、および帳簿をapostolical権限ことです。 Nor can any difficulty be occasioned by the fact that as yet no special title distinguishes these successors of the Apostles from the ordinary presbyters.また、任意の難しさが引き起こされるという事実はまだありません特別なタイトルとして、これらの後継者を区別使徒から、通常のpresbytersします。 It is in the nature of things that the office should exist before a title is assigned to it.これは物事の本質は、事務所が存在する前にタイトルが割り当てられていることです。 The name of apostle, we have seen, was not confined to the Twelve.使徒の名前を、私たちが見た、 12はないに限局している。 St. Peter (I Peter, V, 1) and St. John (2 and 3 John 1:1) both speak of themselves as presbyters". St. Paul speaks of the Apostolate as a diakonia. A parallel case in later ecclesiastical history is afforded by the word pope. This title was not appropriated to the exclusive use of the Holy See till the eleventh century. Yet no one maintains that the supreme pontificate of the Roman bishop was not recognized till then. It should cause no surprise that a precise terminology, distinguishing bishops, in the full sense, from the presbyter-bishops, is not found in the New Testament. The conclusion reached is put beyond all reasonable doubt by the testimony of the sub-Apostolic Age. This is so important in regard to the question of the episcopate that it is impossible entirely to pass it over. It will be enough, however, to refer to the evidence contained in the epistles of St. Ignatius, Bishop of Antioch, himself a disciple of the Apostles. In these epistles (about AD 107) he again and again asserts that the supremacy of the bishop is of Divine institution and belongs to the Apostolic constitution of the Church. He goes so far as to affirm that the bishop stands in the place of Christ Himself. "When ye are obedient to the bishop as to Jesus Christ," he writes to the Trallians, "it is evident to me that ye are living not after men, but after Jesus Christ.サンピエトロ大聖堂(私ピーター、 V電源、 1 )と聖ヨハネ( 2と3のジョン1:1 )の両方presbyters自らを語る"です。聖パウロ使徒会としては、 diakonia話す。並列場合はそれ以降の教会史法王の言葉が与えられた。このタイトルはない充当には、専用使用するまで、 11世紀の神聖を参照します。まだない1つは、最高の司教の職を維持し、ローマ司教が認識されませんでしたそれまでです。ばならない原因に驚くことではない正確な用語では、区別司教は、完全な意味では、からの長老-司教は、新約聖書ではない発見された。という結論に達したが合理的疑いを超えるすべての証言をすると、サブローマ教皇の年齢です。これは非常に重要な点という質問に、 bishopの地位を渡すことは不可能であることを完全に終わった。それは十分な、しかし、その証拠を参照するには含まれているの書簡の聖イグナチオは、司教のアンティオキア、自分自身の弟子の使徒です。これらの書簡(約広告107 )彼は何度も繰り返して評価されるの覇権を握るのは、司教は神の機関と憲法に属して使徒教会です。彼はこれまでのところ司教を断言してイエスキリストの代わりに自分が立っている。 "なたがたは崇敬の誠をするときに、イエスキリストを司教として、 "彼の書き込みをするtrallians 、 "私の心に浮かんだことが明らかにした後、なたがたの男性が住んでいないが、イエスキリストした後です。 .です。 .です。 be ye obedient also to the presbytery as to the Apostles of Jesus Christ" (ad Trall., n. 2). He also incidentally tells us that bishops are found in the Church, even in "the farthest parts of the earth" (ad Ephes., n. 3) It is out of the question that one who lived at a period so little removed from the actual Apostolic Age could have proclaimed this doctrine in terms such as he employs, had not the episcopate been universally recognized as of Divine appointment. It has been seen that Christ not only established the episcopate in the persons of the Twelve but, further, created in St. Peter the office of supreme pastor of the Church. Early Christian history tells us that before his death, he fixed his residence at Rome, and ruled the Church there as its bishop. It is from Rome that he dates his first Epistle, speaking of the city under the name of Babylon, a designation which St. John also gives it in the Apocalypse (c. xviii). At Rome, too, he suffered martyrdom in company with St. Paul, AD 67. The list of his successors in the see is known, from Linus, Anacletus, and Clement, who were the first to follow him, down to the reigning pontiff. The Church has ever seen in the occupant of the See of Rome the successor of Peter in the supreme pastorate. (See POPE.)従順に、なたがたをプレズビテリーとしても、イエスキリストの使徒" (広告trall 。 、名2 ) 。ちなみに彼はまた教えてくれることが発見された教会の司教でさえ、 "地球の最果ての部分を" (広告ephes 。 、名3 )これはアウトということに疑問の1つ、 who住んではほとんどの期間、実際のローマ教皇の年齢から削除さ宣言この教義の面が彼の従業員など、普遍的いなかったとして認識され、神のbishopの地位予約が必要です。ことがで見たことがあるだけでなく、イエスキリストは、人を設立し、 bishopの地位は、 12しかし、より詳細な、サンピエトロ大聖堂の事務所で作成さ牧師は、教会の最高です。早期キリスト教の歴史を教えてくれる彼の死を前に、彼は彼の固定レジデンスはローマ、および支配して教会の司教としてある。これは彼の最初の日からローマが彼の信徒は、市と言えばバビロンの名の下に、指定の聖ヨハネの黙示録にもして( c. 18 ) 。はローマ、あまりにも、彼は会社に苦しんで殉教セントポール、広告の掲載67 。のリストに彼の後継者は、既知の参照は、 Linus氏が、聖アナクレトス、およびクレメント、 whoは、最初に従う彼は、ダウンして現法王の教会で見た中の乗員は、ローマの後継を参照のピーターは、最高の牧師です。 (ローマ教皇を参照。 )

The evidence thus far considered seems to demonstrate beyond all question that the hierarchical organization of the Church was, in its essential elements, the work of the Apostles themselves; and that to this hierarchy they handed on the charge entrusted to them by Christ of governing the Kingdom of God, and of teaching the revealed doctrine.その証拠を実証するよう検討を超え、これまでのすべての階層的な組織であるということに疑問の教会は、その本質的な要素は、使徒自身の仕事をし、彼らがこの階層を委託して利きの罪をイエスキリストの支配する王国の神となり、授業の教義を明らかにします。 These conclusions are far from being admitted by Protestant and other critics.これらの結論は程遠いプロテスタントや他の批評家が認められた。 They are unanimous in holding that the idea of a Church -- an organized society -- is entirely foreign to the teaching of Christ.彼らは全会一致でアイデアを所蔵して教会-の組織化社会-は完全に外国人をキリストの教えします。 It is therefore, in their eyes, impossible that Catholicism, if by that term we signify a worldwide institution, bound together by unity of constitution, of doctrine, and of worship, can have been established by the direct action of the Apostles.それゆえ、その目は、不可能なことカトリック、場合によって、その検索用語で私たちの世界を意味する機関の結束を憲法により結合され、教義、礼拝堂や、整備されてきたことは、使徒の直接のアクションです。 In the course of the nineteenth century many theories were propounded to account for the transformation of the so-called "Apostolic Christianity" into the Christianity of the commencement of the third century, when beyond all dispute the Catholic system was firmly established from one end of the Roman Empire to the other. 19世紀の過程で多くの理論が提唱アカウントの変換をするために、いわゆる"キリスト教の使徒"を、キリスト教の3番目の世紀の開始の時を超えるのは、カトリックのシステムがすべての紛争の一方の端から確立ローマ帝国を、他のです。 At the present day (1908) the theories advocated by the critics are of a less extravagant nature than those of FC Baur (1853) and the Tübingen School, which had so great a vogue in the middle of the nineteenth century.現今では( 1908 )の理論を提唱された批評家では、法外な自然に比べて少ないカードFCバウアー( 1853 )とテュービンゲン学校は、これほど大きな流行は、 19世紀中頃です。 Greater regard is shown for the claims of historical possibility and for the value of early Christian evidences.大きい点が表示された請求の範囲の歴史的な可能性とは、初期キリスト教の値を証拠です。 At the same time it is to be observed that the reconstruction's suggested involve the rejection of the Pastoral Epistles as being documents of the second century.それと同時に観測されることが復興の提案は、拒絶反応に関連して、牧歌的書簡2番目の世紀のドキュメントをされています。 It will be sufficient here to notice one or two salient points in the views which now find favour with the best known among non-Catholic writers.それは十分な注意はここを1つまたは2つの要点の再生回数を今すぐ賛成を見つける非カトリック作家のうち最もよく知られています。

It is held that such official organization as existed in the Christian communities was not regarded as involving special spiritual gifts, and had but little religious significance.そのようなことが行われた公式の組織としては、キリスト教のコミュニティが存在して関与はない特別な精神的なギフトと見なされ、宗教的な意義とはしかし、ほとんどです。 Some writers, as has been seen, believe with Holtzmann that in the episcopi and presbyteri, there is simply the synagogal system of archontes and hyperetai.いくつかの作家、として見てきた、と信じているとホルツマンepiscopiとpresbyteriでは、単にsynagogalシステムのarchontesとhyperetaiです。 Others, with Hatch, derive the origin of the episcopate from the fact that certain civic functionaries in the Syrian cities appear to have borne the title of "episcopi".その他、ハッチ、 bishopの地位からの派生の起源は、特定の市民functionariesという事実は、シリアの都市のタイトルを表示するには負担" episcopi "です。 Professor Harnack, while agreeing with Hatch as to the origin of the office, differs from him in so far as he admits that from the first the superintendence of worship belonged to the functions of the bishop.教授ハルナック、ハッチとして合意しながら、オフィスの起源を、彼がこれまでと異なることがあると認めとして彼の監督からの最初の礼拝堂に属して、司教の機能です。 The offices of prophet and teacher, it is urged, were those in which the primitive Church acknowledged a spiritual significance.預言者と教師の事務所を、それは求めたがそれらの教会で、原始的、精神的な意味を認めています。 These depended entirely on special charismatic gifts of the Holy Ghost.これらの特別なカリスマ的に完全に依存するの聖霊のギフトです。 The government of the Church in matters of religion was thus regarded as a direct Divine rule by the Holy Spirit, acting through His inspired agents.政府は、教会での宗教の問題は、このように神の直接統治を復活させると見なされる聖霊は、彼の演技を通してインスピレーションエージェントです。 And only gradually, it is supposed, did the local ministry take the place of the prophets and teachers, and inherit from them the authority once attributed to the possessors of spiritual gifts alone (cf. Sabatier, Religions of Authority, p. 24).徐々にのみ、これは、参考のローカル省取って代わるのは、預言者と教師、およびそれらの権限を継承に起因する一度だけの占有者の精神的なギフト( cf.サバティエ、宗教への権限の、 p. 24 ) 。 Even if we prescind altogether from the evidence considered above, this theory appears devoid of intrinsic probability.完全に私たちから注意をそらすたとえ上の証拠と考え、この理論に欠けて固有の確率が表示されます。 A direct Divine rule by "charismata" could only result in confusion, if uncontrolled by any directive power possessed of superior authority.神の直接統治を復活させる" charismata "結果的に混乱しか、任意のディレクティブの電源を制御されていない場合の上位権限保有します。 Such a directive and regulative authority, to which the exercise of spiritual gifts was itself subject, existed in the Apostolate, as the New Testament amply shows (1 Corinthians 14).このような指令と統制権限の行使にして、精神的なギフトは、自分自身アジ研、存在するapostleの職は、新約聖書として十分に示して( 1コリンチャンス14 ) 。 In the succeeding age a precisely similar authority is found in the episcopate.後任は、年齢を正確に同様の権限が発見されたbishopの地位です。 Every principle of historical criticism demands that the source of episcopal power should be sought, not in the "charismata", but, where tradition places it, in the Apostolate itself.すべての原則の歴史的な批判の要求は、米国聖公会の電力源を求める必要がではなく、 " charismata " 、しかし、ここでの伝統の場所には、自分自身は、 apostleの職です。

It is to the crisis occasioned by Gnosticism and Montanism in the second century that these writers attribute the rise of the Catholic system.引き起こされることがグノーシス主義の危機をモンタヌスで2番目の世紀とは、これらの作家のせいにするのは、カトリックの台頭システムです。 They say that, in order to combat these heresies, the Church found it necessary to federate itself, and that for this end it established a statutory, so-called "apostolic" faith, and further secured the episcopal supremacy by the fiction of "apostolic succession", (Harnac, Hist. of Dogma, II, ii; Sabatier, op. cit., pp. 35-59).かれらは言うが、戦闘のために、これらのheresies 、教会の連合自体が見つかりましたすることが必要だ、として設立した法定この目的のために、いわゆる"使徒"信仰、米国聖公会の覇権を握ると、より詳細なセキュリティで保護された小説"ローマ教皇承継" 、 ( harnac 、履歴です。のドグマ、 2世、 2世;サバティエ、営業します。 〜 Cit 。 、 pp 。三十五から五十九まで) 。 This view appears to be irreconcilable with the facts of the case.このビューに表示されるとの事実に相いれないの場合です。 The evidence of the Ignatian epistles alone shows that, long before the Gnostic crisis arose, the particular local Churches were conscious of an essential principle of solidarity binding all together into a single system. ignatianの書簡の証拠を提出するだけによると、長いグノーシス主義の危機が発生する前に、意識して、特定の地域の教会が連帯の原則に不可欠な拘束力のすべてをひとつにまとめ、 1つのシステムです。 Moreover, the very fact that these heresies gained no foothold within the Church in any part of the world, but were everywhere recognized as heretical and promptly excluded, suffices to prove that the Apostolic faith was already clearly known and firmly held, and that the Churches were already organized under an active episcopate.また、これらの事実を、非常にheresies得た教会の足場に、世界のすべての部分ですが、どこ異端として認識され、速やかに除外すると、ローマ教皇の信仰を証明するために危険なものはすでに知られ、しっかりと明確に開かれた、とは、教会bishopの地位に積極的には、すでに組織されています。 Again, to say that the doctrine of Apostolic succession was invented to cope with these heresies is to overlook the fact that it is asserted in plain terms in the Epistle of Clement, c.繰り返しますが、教義を言うのは、使徒継承への対処が発明これらの事実を見落とすことheresiesを平易な用語を主張することは、信徒のクレメント、 c. xlii. 42 。

M. Loisy's theory as to the organization of the Church has attracted so much attention in recent years as to call for a brief notice.男性ロワジ'の理論を、組織としての教会のためには魅力として近年注目さを求める通知を簡単にします。 In his work, "L'Evangile et l'Eglise", he accepts many of the views held by critics hostile to Catholicism, and endeavours by a doctrine of development to reconcile them with some form of adhesion to the Church.に仕事に取り組んで、 "レグリーズevangile et " 、彼は受け入れられたの批評家の多くは、再生回数開かれたカトリックに敵対する、と努力されたドクトリンの開発に何らかの形で和解して教会を接着します。 He urges that the Church is of the nature of an organism, whose animating principle is the message of Jesus Christ.彼の衝動は、教会は、生物の性質上、そのアニメーションの原理は、イエスキリストのメッセージが表示されます。 This organism may experience many changes of external form, as it develops itself in accordance with its inner needs, and with the requirements of its environment.この生物の外部フォームに多くの変更があります、それ自体に基づいてその内側の開発を必要とし、その環境の要件をします。 Yet so long as these changes are such as are demanded in order that the vital principle may be preserved, they are unessential in character.まだありませんので、これらの変更は限りが求められてなどのために極めて重要な原則は、 5月に保持さ、彼らはunessentialの文字です。 So far indeed are they from being organic alterations, that we ought to reckon them as implicitly involved in the very being of the Church.これまでのところ実際にはどこから来るの有機変更、それらを数えることも暗黙のうちにしたい場合に使います。関与して非常には、教会です。 The formation of the hierarchy he regards as a change of this kind.階層構造の形成には、彼の変更点として、この種です。 In fact, since he holds that Jesus Christ mistakenly anticipated the end of the world to be close at hand, and that His first disciples lived in expectation of His immediate return in glory, it follows that the hierarchy must have had some such origin as this.実際には、誤って以来彼はイエスキリストを保持し、世界の終わりに予想されるすぐそこまで迫っており、その彼の最初の弟子たちの期待に住んで彼の即時返還の栄光、それは、次のようにいくつかの階層にいる必要がありますが、このような起源としてです。 It is out of the question to attribute it to the Apostles.これは論外を次の属性に、それを使徒です。 Men who believed the end of the world to be impending would not have seen the necessity of endowing a society with a form of government intended to endure.男性who考えられ、世界の終わりにされる差し迫った必要性はないが見てendowing政府のフォームを使って社会に耐えるを目的としています。

These revolutionary views constitute part of the theory known as Modernism, whose philosophical presuppositions involve the complete denial of the miraculous.これらの革新的な再生回数を構成部分モダニズムの理論として知られ、その哲学presuppositionsに関連して、奇跡の否定を完了します。 The Church, according to this theory, is not a society established by eternal Divine interposition.その教会は、この理論によれば、社会ではない永遠の神の介入に設立されています。 It is a society expressing the religious experience of the collectivity of consciences, and owing its origin to two natural tendencies in men, viz.これは、宗教的な経験を表現する社会の良心に集合し、 2つの自然な傾向のため、男性の起源を、 viz 。 the tendency of the individual believer to communicate his beliefs to others, and the tendency of those who hold the same beliefs to unite in a society.信者の傾向を、個々の彼の信念を他の通信、および、それらのwhoを保持する傾向に団結する信念な社会と同じです。 The Modernist theories were analyzed and condemned as "the synthesis of all the heresies" in the Encyclical "Pascendi Dominici gregis" (18 September, 1907). 、モダニストの理論と非難された分析"の合成のすべてのheresies "は、回勅" pascendiドミニシgregis " ( 1907年9月18日) 。 The principal features of M. Loisy's theory of the Church had been already included among the condemned propositions contained in the Decree "Lamentabili" (3 July, 1907).男性の主な特長ロワジ'の理論は、教会が非難されている命題に含まれるものの中に含まれている令" lamentabili " ( 1907年7月3日) 。 The fifty-third of the propositions there singled out for reprobation is the following: "The original constitution of the Church is not immutable; but the Christian society like human society is subject to perpetual change." 50 -の3分の1に白羽の矢が非難の命題は以下の通りです: " 、元の憲法の教会ではない不変;しかし、キリスト教社会のような人間社会は、件名を永久に変更します。 "

V. THE CHURCH, A DIVINE SOCIETY Vの教会、神の社会

The church, as has been seen, is a society formed of living men, not a mere mystical union of souls.その教会は、見られるとしてされ、社会の形成の生活は、男性ではなく、単なる神秘的な連合の魂です。 As such it resembles other societies.このように他の社会に似ています。 Like them, it has its code of rules, its executive officers, its ceremonial observances.好きなんだ、それはそのコードのルール、その執行役員、その儀式の慣例です。 Yet it differs from them more than it resembles them: for it is a supernatural society.それ以上のことはまだありませんことに似て異なること:それは、超自然的社会です。 The Kingdom of God is supernatural alike in its origin, in the purpose at which it aims, and in the means at its disposal.超神の王国が似ているが起源は、その目的はそれを目指し、およびその処理する手段です。 Other kingdoms are natural in their origin; and their scope is limited to the temporal welfare of their citizens.他の国は、自然にその起源;とその適用範囲が限定される側の自国民の福祉です。 The supernatural character of the Church is seen, when its relation to the redemptive work of Christ is considered.教会は、超自然の文字を見て、そのときに関連して、キリストの贖いの仕事が考えられます。 It is the society of those whom He has redeemed from the world.これらのことは、社会からの御心に適うが換金の世界です。 The world, by which term are signified men in so far as they have fallen from God, is ever set forth in Scripture as the kingdom of the Evil One.世界の、シニフィエの男性の任期は、これまでのところから落ちた彼らは神としては、いつまで王国として啓典に規定され、悪の1つです。 It is the "world of darkness" (Ephesians 6:12), it is "seated in the wicked one" (1 John 6:19), it hates Christ (John 15:18).それは、 "世界の闇" (エペソ人への手紙6:12 ) 、それは"座って邪悪な1つ" ( 1ジョン6時19分) 、それに嫌われるイエスキリスト(ヨハネ15:18 ) 。 To save the world, God the Son became man.世界を保存するには、神のもとになった男の息子です。 He offered Himself as a propitiation for the sins of the whole world (1 John 2:2).彼は自身のことをなだめるための、全世界の罪(ヨハネ2:2 ) 。 God, Who desires that all men should be saved, has offered salvation to all; but the greater part of mankind rejects the proffered gift.神よ、 who欲望をすべての人が保存すると、すべての救いが提供;しかし、人類の大部分を拒否られた贈り物です。 The Church is the society of those who accept redemption, of those whom Christ "has chosen out of the world" (John 15:19).これらの教会は、社会who受入償還、これらの人イエスキリスト"が選ばれたアウトオブザワールド" (ヨハネ15:19 ) 。 Thus it is the Church alone which He "hath purchased with his own blood" (Acts 20:28).このことは彼の教会だけが"かれら自身の血液で購入した" (行為20:28 ) 。 Of the members of the Church, the Apostle can say that "God hath delivered us from the power of darkness, and hath translated us into the kingdom of the Son of his love" (Colossians 1:13).教会のメンバーのは、使徒が言ってやるが"神の力をかれらからの問い合わせ闇の配信、および翻訳私たちをかれらの王国を彼の息子の愛" (コロサイ人への手紙1:13 ) 。 St. Augustine terms the Church "mundus salvatus" -- the redeemed world -- and speaking of the enmity borne towards the Church by those who reject her, says: "The world of perdition hates the world of salvation" ("in Joan.", Tract. lxxx, vii, n. 2 in PL, XXXV, 1885).聖アウグスティヌス用語の教会"ムンドゥスsalvatus " -の換金世界-といえば、それらの間の憎しみを負担wh o拒否する教会に向かって彼女は言う:"の世界を救いの世界を破滅に嫌われる"( "でジョアンです。 " 、路です。 80 、七、名2でポーランド語、 35 、 1885 ) 。 To the Church Christ has given the means of grace He merited by His life and death.イエスキリストの教会を与えられたのは当然の手段の恵みを受けて彼は彼の生と死のです。 She communicates them to her members; and those who are outside her fold she bids to enter that they too may participate in them.彼女と通信して彼女のメンバー、およびそれらのwhoは、彼女の単価を入力する外部彼女省略しても5月に参加しています。 By these means of grace -- the light of revealed truth, the sacraments, the perpetual renewal of the Sacrifice of Calvary -- the Church carries on the work of sanctifying the elect.これらの手段の恵みを受けて-の光を明らかに真理の秘跡は、永久の更新を犠牲にカルヴァリー-教会の仕事をs a nctifyingを運ぶのを選出します。 Through their instrumentality each individual soul is perfected, and conformed to the likeness of the Son of God.その手段を通じて、個々の魂が完成し、息子に適合して神の似ているのです。

It is thus manifest that, when we regard the Church simply as the society of disciples, we are considering its external form only.これはこのようにマニフェストは、ときに私たちの社会についての教会の弟子として、単に、我々はその外部のフォームを検討しのみです。 Its inward life is found in the indwelling of the Holy Ghost, the gifts of faith, hope, and charity, the grace communicated by the sacraments, and the other prerogatives by which the children of God differ from the children of the world.その内側に発見された留置の人生は聖霊は、信仰のギフトを、希望を、と慈善、秘跡の恵みに伝達されると、他の特権を神の子供たちは、世界の子供たちには大きく異なる場合があります。 This aspect of the Church is described by the Apostles in figurative language.この側面は、教会は使徒の比喩で記述された言語です。 They represent it as the Body of Christ, the Spouse of Christ, the Temple of God.彼らはキリストの体として表現することは、キリストの配偶者は、神の寺です。 In order to understand its true nature some consideration of these comparisons is requisite.その本質を理解するために、これらの比較はいくつかの要件を考慮した。 In the conception of the Church as a body governed and directed by Christ as the head, far more is contained than the familiar analogy between a ruler and his subjects on the one hand, and the head guiding and coordinating the activities of the several members on the other.は、概念としての教会キリストの体の支配と監督としての頭を、よりはるかに身近な類推が含ま支配者の間で1つの手と彼の科目を検索すると、頭の活動を基本と調整をして、いくつかのメンバーに、他のです。 That analogy expresses indeed the variety of function, the unity of directive principle, and the Cooperation of the parts to a common end, which are found in a society; but it is insufficient to explain the terms in which St. Paul speaks of the union between Christ and His disciples.確かに、様々な表現を類推する機能がありますが、ディレクティブの結束を原則として、との協力を得て、共通の最後の部分を、これは、発見された社会;しかし、それを説明するの条件では不十分では聖パウロ話すの組合弟子たちは、キリストとの間にします。 Each of them is a member of Christ (1 Corinthians 6:15); together they form the body of Christ (Ephesians 4:16); as a corporate unity they are simply termed Christ (1 Corinthians 12:12).かれらをそれぞれのメンバーは、イエスキリスト( 1コリンチャンス6:15 ) ;になってキリストの体を形成する(エペソ人への手紙4:16 ) ;として、企業の結束呼ばれる彼らは、単にイエスキリスト( 1コリント書12:12 ) 。

The intimacy of union here suggested is, however, justified, if we recall that the gifts and graces bestowed upon each disciple are graces merited by the Passion of Christ, and are destined to produce in him the likeness of Christ.ここで親密な労働組合の提案は、しかし、正当化、ギフトとすればリコールは、それぞれの弟子に授与さに甘えては報わされたキリストの受難に甘えて、運命を生産するとは似ているのが、彼はイエスキリストです。 The connection between Christ and himself is thus very different from the purely juridical relation binding the ruler of a natural society to the individuals belonging to it.自分自身、キリストとの間の接続は非常に異なるからこのように純粋に法律上の関係にバインドする自然な社会を支配する個人に属することにしよう。 The Apostle develops the relation between Christ and His members from various points of view.イエスキリストの使徒と彼の関係を開発して、さまざまな観点からのメンバーです。 As a human body is organized, each joint and muscle having its own function, yet each contributing to the union of the complex whole, so too the Christian society is a body "compacted and firmly joined together by that which every part supplieth" (Ephesians 4:16), while all the parts depend on Christ their head.人間の体は、組織として、各関節や筋肉のこと、独自の機能は、まだありません各組合に貢献するには、全体の複雑なので、あまりにも体は、キリスト教社会は、 "しっかりとメンバー登録をまとめて圧縮とあらゆる部分にどのsupplieth " (エペソ人への手紙4:16 ) 、イエスキリストのすべての部品が頭に依存しています。 It is He Who has organized the body, assigning to each member his place in the Church, endowing each with the special graces necessary, and, above all, conferring on some of the members the graces in virtue of which they rule and guide the Church in His name (ibid., iv, 11).これは彼の体の組織whoは、彼の場所に代入しているから各メンバーの教会、 endowingに甘えて、それぞれが特別に必要な、そして、なによりも、協議の上に甘えて、いくつかのメンバーが彼らの美徳のルールとガイドの教会彼の名( ibid. 、 4世、 11 ) 。 Strengthened by these graces, the mystical body, like a physical body, grows and increases.これらの強化さに甘えては、神秘的なボディは、肉体のように、成長と増加します。 This growth is twofold.この成長率は2倍です。 It takes place in the individual, inasmuch as each Christian gradually grows into the "perfect man", into the image of Christ (Ephesians 4:13, 15; Romans 8:29).これまでの個々の場所に、キリスト教の各〜だけれども徐々に成長して、 "完璧な男"は、イエスキリストのイメージを(エペソ人への手紙4:13 、 15 ;ローマ人への手紙8時29分) 。 But there is also a growth in the whole body.しかし、また、身体全体の成長をします。 As time goes on, the Church is to increase and multiply till it fills the earth.時がたつにつれてオンにすると、教会はこれまでの塗りつぶし乗算を向上させると、地球です。 So intimate is the union between Christ and His members, that the Apostle speaks of the Church as the "fullness" (pleroma) of Christ (Ephesians 1:23; 4:13), as though apart from His members something were lacking to the head.これは、労働組合の間に親密なイエスキリストと彼のメンバーは、話すのは、教会の使徒としての"膨満" ( pleroma )のイエスキリスト(エペソ人への手紙1:23 ; 4:13 ) 、まるで彼のメンバーは別に何かが欠けては、頭。 He even speaks of it as Christ: "As all the members of the body whereas they are many, yet are one body, so also is Christ" (1 Corinthians 12:12).彼も話すこともイエスキリスト: "としてのすべてのメンバーのボディ一方、彼らは多くの人にとって、 1つの体はまだありませんが、これもイエスキリスト" ( 1コリント書12:12 ) 。 And to establish the reality of this union he refers it to the efficacious instrumentality of the Holy Eucharist: "We being many, are one bread, one body: for we all partake of that one bread" (1 Corinthians 10:17 -- Greek text).とは、次の連合を確立するのが現実を参照し、効果的な彼の尽力で聖体: "我々の多くは、 1つのパン、 1つのボディ:参加のために私たちは皆、 1つのパン" ( 1コリンチャンス10:17 -ギリシャテキスト) 。

The description of the Church as God's temple, in which the disciples are "living stones" (1 Peter 2:5), is scarcely less frequent in the Apostolic writings than is the metaphor of the body.教会の説明を神の寺としてされるのは、弟子たちは、 "生活の石" ( 1ピーター2時05分)は、ほとんどは、ローマ教皇の頻度を減らすことよりも、比喩を記述している。 "You are the temple of the living God" (2 Corinthians 6:16), writes St. Paul to the Corinthians, and he reminds the Ephesians that they are "built upon the foundation of the apostles and prophets, Jesus Christ himself being the chief corner stone; in whom all the building being framed together, groweth up into a holy temple in the Lord" (Ephesians 2:20 sq.). "あなたは神の寺オブザリビング" ( 2コリンチャンス6:16 ) 、聖パウロは、コリンチャンスの書き込み、および彼の連想させることがエペソ人への手紙"の基盤を構築され、使徒や預言者、イエスキリストが自分自身のチーフ隅石;は誰フレームのすべての建物が一緒に、産する神聖な寺で、主に" (平方エペソ人への手紙2:20 ) 。 With a slight change in the metaphor, the same Apostle in another passage (1 Corinthians 3:11) compares Christ to the foundation, and himself and other Apostolic labourers to the builders who raise the temple upon it.少し変更されたメタファーは、同じ使徒を別の通路( 1コリンチャンス3:11 )イエスキリストを比較して財団、および自分自身と他の使徒の建設労働者を引き上げるwho寺に生えています。 It is noticeable that the word translated "temple" is naos, a term which signifies properly the inner sanctuary.これは顕著な単語の翻訳は、 "寺"は神殿は、用語の意味を正しく、内側の聖域のようです。 The Apostle, when he employs this word, is clearly comparing the Christian Church to that Holy of Holies where God manifested His visible presence in the Shekinah.使徒で、それは彼の従業員をこの言葉は、キリスト教の教会は明らかに比較して、その神の聖なる場所で彼の次の存在感を示してshekinahです。 The metaphor of the temple is well adapted to enforce two lessons.同寺の隠喩の2つのレッスンはうまく順応を強制的に適用します。 On several occasions the Apostle employs it to impress on his readers the sanctity of the Church in which they have been incorporated.幾度もの使徒の従業員をして彼の読者の尊厳を感心させる上では彼らは教会Incorporatedの商標です。 "If any shall violate the temple of God", he says, speaking of those who corrupt the Church by false doctrine, "him shall God destroy" (1 Corinthians 3:17). "もしあれば神の寺に違反するもの" 、と彼は言います、 who壊れていると言えば、教会を誤った教義、 "彼は神を破壊する" ( 1コリント書3:17 ) 。 And he employs the same motive to dissuade disciples from forming matrimonial alliance with Unbelievers: "What agreement hath the temple of God with idols? For you are the temple of the living God" (2 Corinthians 6:16).と彼の弟子の従業員を説得して、同じ動機を不信心者からの同盟関係を形成婚姻: "どのような契約書かれらが偶像神の寺ですか?をあなたが同寺オブザリビングゴッド" ( 2コリント書6:16 ) 。 It further illustrates in the clearest way the truth that to each member of the Church God has assigned his own place, enabling him by his work there to cooperate towards the great common end, the glory of God.これまでで最も明白な方法を示してより詳細な真理を各メンバーに、教会を神が彼自身の場所に割り当てられた、彼のことを彼の作品を有効に向かって大きな共通に協力するが終了して、神の栄光のです。

The third parallel represents the Church as the bride of Christ. 3番目のパラレルは、イエスキリストの花嫁として教会です。 Here there is much more than a metaphor.ここにはメタファーをはるかに超える。 The Apostle says that the union between Christ and His Church is the archetype of which human marriage is an earthly representation.使徒によると、労働組合の間のイエスキリスト教会は、アーキタイプと彼の人間の結婚は、この世を表現します。 Thus he bids wives be subject to their husbands, as the Church is subject to Christ (Ephesians 5:22 sq.).こうして彼は妻の対象になる、夫の単価は、イエスキリストの教会はアジ研を(平方エペソ人への手紙5:22 ) 。 Yet he points out on the other hand that the relation of husband to wife is not that of a master to his servant, but one involving the tenderest and most self-sacrificing love.彼はまだありませんが指摘するように、他の手は、夫が妻の関係をマスターするのではない彼の使用人、しかし、ほとんどの1つにかかわるtenderestと献身的な愛です。 He bids husbands love their wives, "as Christ also loved the Church, and delivered himself up for it" (ibid., v, 25).彼は妻の単価愛夫、 "として、キリスト教会も愛し、自分自身でお届けすること" ( ibid. 、 V電源、 25 ) 。 Man and wife are one flesh; and in this the husband has a powerful motive for love towards the wife, since "no man ever hated his own flesh".男と妻は1つの肉;と、この夫には、強力な愛の動機を妻に向かって、以来"誰も嫌わ彼自身の肉"です。 This physical union is but the antitype of that mysterious bond in virtue of which the Church is so truly one with Christ, that "we are members of his body, of his flesh, and of his bones. 'For this cause shall a man leave his father and mother, and shall cleave to his wife, and they shall be two in one flesh"' (Ephesians 5:30 sq.; Genesis 2:24).しかし、この物理的な労組は、その神秘的な対債券での美徳は、イエスキリスト教会は非常に真に1つは、その"我々は彼の体のメンバは、彼の肉体は、彼の骨とします。 ' 、この原因は、男のまま彼の父と母は、彼の妻とは、忠実である、とかれらは2つに1つの肉" ' (エペソ人への手紙5:30平方;創世記2:24 ) 。 In these words the Apostle indicates the mysterious parallelism between the union of the first Adam with the spouse formed from his body, and the union of the second Adam with the Church.これらの言葉は、神秘的な並列処理の使徒の間の労働組合の結成、最初のアダムの配偶者から彼の遺体は、 2番目のアダムと連合の教会です。 She is "bone of his bones, and flesh of his flesh", even as Eve was in regard to our first father.彼女は"彼の骨骨と肉の肉" 、前夜は、これと関連しても最初の父親です。 And those only belong to the family of the second Adam, who are her children, "born again of water and of the Holy Ghost".とご家族の者のみに所属し、 2番目のアダム、 whoは、自分の子供たちは、 "ボーンアゲインの水と聖霊"です。 Occasionally the metaphor assumes a slightly different form.時折、隠喩をわずかに異なる形式を想定します。 In Apoc., xix, 7, the marriage of the Lamb to his spouse the Church does not take place till the last day in the hour of the Church's final triumph.でapocです。 、 19 、 7 、子羊の結婚のは、彼の配偶者の教会は行われず、時間までの最後の日に、教会の最後の勝利です。 Thus too St. Paul, writing to the Corinthians (2 Corinthians 11:2), compares himself to "the friend of the bridegroom", who played so important a part in the Hebrew marriage ceremony (cf. John 3:29).このようにあまりにも聖パウロは、コリンチャンスへの書き込み( 2コリンチャンス11時02分) 、自分自身を比較する"との友人の花婿" 、 whoプレイするための重要な部分は、ヘブライ語の結婚記念式典( cf.ジョン3:29 ) 。 He has, he says, espoused the Corinthian community to Christ, and he holds himself responsible to present it spotless to the bridegroom.彼は、彼の言う、イエスキリストespoused 、コリント式のコミュニティを、彼自身に責任を保持して存在することspotless花婿です。 Through the medium of these metaphors the Apostles set forth the inward nature of the Church.比喩という媒体を通して、これらの規定の使徒教会の内部の性質です。 Their expressions leave no doubt that in them they always refer to the actually existing Church founded by Christ on earth -- the society of Christ's disciples.疑う余地はないにして表現して彼らはいつも参考にして、実際に地球上で、既存のキリスト教会によって設立された-との交際をキリストの弟子です。 Hence it is instructive to observe that Protestant divines find it necessary to distinguish between an actual and an ideal Church, and to assert that the teaching of the Apostles regarding the Spouse, the Temple, and the Body refers to the ideal Church alone (cf. Gayford in Hastings, "Dict. of the Bible", sv Church).それゆえ観察することは有益なことを見つけることに必要なプロテスタントの神学者を区別すると、実際の理想的な教会、および教育を主張するのは、配偶者の使徒については、同寺や教会だけで理想的な体を参照して( cf.ヘイスティングスゲイフォードで、 " dictのです。の聖書" 、 sv文書教会) 。

VI. Ⅵ 。 THE NECESSARY MEANS OF SALVATION救済するために必要な手段

In the preceding examination of the Scriptural doctrine regarding the Church, it has been seen how clearly it is laid down that only by entering the Church can we participate in the redemption wrought for us by Christ.で、上記の審査は、聖書教会の教義については、明確にされて見られることはどのよう敷設教会のことだけを入力して参加して私たちをイエスキリストの償還鍛造を問い合わせています。 Incorporation with the Church can alone unite us to the family of the second Adam, and alone can engraft us into the true Vine.混入の教会のことだけで団結して先ご家族の2番目のアダム、とだけで私たちを付け足すの真のつるです。 Moreover, it is to the Church that Christ has committed those means of grace through which the gifts He earned for men are communicated to them.また、これは、教会がイエスキリストの恵みを受けては、コミットそれらの手段を通じて、ギフト男性が彼の収益を得ることに伝達しています。 The Church alone dispenses the sacraments.教会の秘跡dispensesだけです。 It alone makes known the light of revealed truth.それだけで既知の真理の光を明らかにします。 Outside the Church these gifts cannot be obtained.教会の外に、これらのギフトを取得することはできません。 From all this there is but one conclusion: Union with the Church is not merely one out of various means by which salvation may be obtained: it is the only means.しかし、すべてこの中には1つの結論:ユニオン教会ではない、単に1つのアウトの様々な手段を入手することができるの救い:それが唯一の手段です。

This doctrine of the absolute necessity of union with the Church was taught in explicit terms by Christ.この学説は、絶対的な労働組合の必要性を教えられるの教会はキリストの明示的な利用されています。 Baptism, the act of incorporation among her members, He affirmed to be essential to salvation.洗礼は、法の混入彼女のメンバーのうち、彼はアファームドを救いに欠かせない。 "He that believeth and is baptized shall be saved: he that believeth not shall be condemned" (Mark 16:16). "彼を信じ洗礼を受けたとは、保存しなければならない:彼を信じない非難しなければならない" (マーク16:16 )です。 Any disciple who shall throw off obedience to the Church is to be reckoned as one of the heathen: he has no part in the Kingdom of God (Matthew 18:17). whoは、任意の弟子の服従を捨てるの教会は侮れない1つとして異教徒:彼は神の王国のいかなる部分は、 (マタイ18:17 ) 。 St. Paul is equally explicit.聖パウロは同様に明示します。 "A man that is a heretic", he writes to Titus, "after the first and second admonition avoid, knowing that he that is such a one is . . . condemned by his own judgment" (Tit., iii, 10 sq.). "男には、異端者" 、彼の書き込みをティトゥス、 "忠告した後、最初と2番目避けるために、彼を知っているようなことは1つです。 。 。 。 。非難し、自分自身の判断" ( tit. 、 3世、 10平方) 。 The doctrine is summed up in the phrase, Extra Ecclesiam nulla salus.その教義を総括し、フレーズは、余分なecclesiam nullaのSalusです。 This saying has been the occasion of so many objections that some consideration of its meaning seems desirable.この機会にと言ってきたので、多くの反対がその意味を考慮したいくつかのよう望まれる。 It certainly does not mean that none can be saved except those who are in visible communion with the Church.わけではないことは確かなし除いて保存することができるwhoは、次の聖体拝領の教会です。 The Catholic Church has ever taught that nothing else is needed to obtain justification than an act of perfect charity and of contrition.今まで、カトリック教会の教えを入手することが必要にほかならないという行為を正当化よりも完璧な慈善団体との痛恨です。 Whoever, under the impulse of actual grace, elicits these acts receives immediately the gift of sanctifying grace, and is numbered among the children of God.誰でも、インパルスの実際の恵みの下に、これらの行為を誘導するの贈り物を受け取るsanctifyingすぐに猶予し、うちの子供たちは、神の番号です。 Should he die in these dispositions, he will assuredly attain heaven.これらの処分は、彼のうちに死ぬ、確かに彼は天国を達成します。 It is true such acts could not possibly be elicited by one who was aware that God has commanded all to join the Church, and who nevertheless should willfully remain outside her fold.これは真のような行為を誘発される可能性がありますできませんでしたwhoは認識して1つの神が命じられたすべての教会に参加するには、外部とwhoにもかかわらず彼女はわがままに残る省略します。 For love of God carries with it the practical desire to fulfill His commandments.神の愛を実行できることが実用的な欲望を満たすため、その戒めています。 But of those who die without visible communion with the Church, not all are guilty of willful disobedience to God's commands.しかし、これらのwho死ぬなく次の聖体拝領の教会ではなく、すべての人は神の有罪判決を故意に従わなかった場合のコマンドです。 Many are kept from the Church by Ignorance.教会をより多くの無知が保存されています。 Such may be the case of numbers among those who have been brought up in heresy.このような例がありますが、これらの数字の中で育てられても異端whoします。 To others the external means of grace may be unattainable.外付けの手段を他の人の恵みを受けて5月に達成不可能です。 Thus an excommunicated person may have no opportunity of seeking reconciliation at the last, and yet may repair his faults by inward acts of contrition and charity.したがって、 5月excommunicatedがない人は、最後の機会を求めて和解し、自分の欠点を修復対内はまだありません年5月痛恨や慈善行為をします。

It should be observed that those who are thus saved are not entirely outside the pale of the Church.これらの観測をすべきであることwhoは、このように完全に保存されない、教会の外に青白いです。 The will to fulfill all God's commandments is, and must be, present in all of them.すべてを満たすのは、神の戒めは、としなければならない、それらのすべての存在しています。 Such a wish implicitly includes the desire for incorporation with the visible Church: for this, though they know it not, has been commanded by God.このような願いも暗黙のうちには、次の教会の願望を混入:このためには、知ってかれらは、神が命じられた。 They thus belong to the Church by desire (voto).彼らはこのように教会に所属して欲望(物語のための投票) 。

Moreover, there is a true sense in which they may be said to be saved through the Church.また、彼らは、真の意味では5月によると、教会を通じてを保存しています。 In the order of Divine Providence, salvation is given to man in the Church: membership in the Church Triumphant is given through membership in the Church Militant.は、神の摂理の順序を、救いは、与えられた男が、教会:教会の会員は、意気揚々は過激派の教会に与えられたを通じて会員です。 Sanctifying grace, the title to salvation, is peculiarly the grace of those who are united to Christ in the Church: it is the birthright of the children of God. sanctifyingグレースは、タイトルを救い、これらの恩恵は妙に団結してwhoは、イエスキリストは、教会:これは神の子供たちの相続権のです。 The primary purpose of those actual graces which God bestows upon those outside the Church is to draw them within the fold.これらの実際の第一の目的に甘えてbestows時にそれらの外の神を描くことに教会は省略します。 Thus, even in the case in which God Saves men apart from the Church, He does so through the Church's graces.したがって、このケースでも、神セーブでは男性の教会離れ、彼はこれを通じて、教会の恩寵です。 They are joined to the Church in spiritual communion, though not in visible and external communion.彼らは教会での精神的な聖体拝領に参加して、次のと外部の聖体拝領ではありません。 In the expression of theologians, they belong to the soul of the Church, though not to its body.神学者の表現で、彼らの魂を教会に所属し、その体ではありません。 Yet the possibility of salvation apart from visible communion with the Church must not blind us to the loss suffered by those who are thus situated.救いはまだありませんの可能性を次の聖体拝領の教会離れてはならないの損失を盲目の問い合わせに苦しんでいるwhoは、このように位置します。 They are cut off from the sacraments God has given as the support of the soul.秘跡から切り離されている彼らは神が与えられたの魂としての支援をします。 In the ordinary channels of grace, which are ever open to the faithful Catholic, they cannot participate.で、通常の放送チャンネルの恵みを受けて、これまでオープンして忠実なカトリック教徒は、彼らに参加することはできません。 Countless means of sanctification which the Church offers are denied to them.数えきれないほどの手段は、教会のオファーが拒否されました。清浄化しています。 It is often urged that this is a stern and narrow doctrine.促したことが多いこれは厳しいと狭い教義です。 The reply to this objection is that the doctrine is stern, but only in the sense in which sternness is inseparable from love.異議申立の返信して、この教義が厳しいのは、 、という意味だけでは切っても切れないから厳しさは愛です。 It is the same sternness which we find in Christ's words, when he said: "If you believe not that I am he, you shall die in your sin" (John 8:24).これは、同じ厳しさを私たちはイエスキリストの言葉を見つけ、それは彼によると: "と思われる場合はそれほど私は彼は、なたがたのうちに死ぬして罪" (ヨハネ8時24分) 。 The Church is animated with the spirit of Christ; she is filled with the same love for souls, the same desire for their salvation.この教会はキリストの精神をアニメーションで、彼女は、同じ愛をいっぱいに誰かが、彼らと同じ欲望を救いです。 Since, then, she knows that the way of salvation is through union with her, that in her and in her alone are stored the benefits of the Passion, she must needs be uncompromising and even stern in the assertion of her claims.以来、その後、彼女が知ることが救いの道のためには、労働組合を通じて彼女は、彼女として彼女の一人の情熱は、ストアドの利点を、彼女は妥協のない必要があります。ていかなければならないとの主張も懲罰に厳重で彼女の主張です。 To fail here would be to fail in the duty entrusted to her by her Lord.ここに失敗するが失敗するのが彼女の義務を委託された彼女の主です。 Even where the message is unwelcome, she must deliver it.歓迎されない場合でも、メッセージが表示さは、彼女に配信する必要があります。 It is instructive to observe that this doctrine has been proclaimed at every period of the Church's history.これは有益な教義を観察してすべての期間に宣言された教会の歴史のです。 It is no accretion of a later age.降着ではないが、後の時代です。 The earliest successors of the Apostles speak as plainly as the medieval theologians, and the medieval theologians are not more emphatic than those of today.最古の後継者として率直に話すの使徒としては中世の神学者、および他の断固たるは中世の神学者に比べていないです。 From the first century to the twentieth there is absolute unanimity.になるのは、 20世紀からの最初の絶対的には全会一致。 St. Ignatius of Antioch writes: "Be not deceived, my brethren. If any man followeth one that maketh schism, he doth not inherit the kingdom of God. If any one walketh in strange doctrine, he hath no fellowship with the Passion" (ad Philad., n. 3).聖イグナチオのアンティオキア書いています: "ではないだまされ、私の兄弟です。もしあればその男に従うために1つの分裂、彼dothは、神の王国を継承します。 walkethで1つの奇妙な教義もしあれば、かれがないの情熱と交わりを持つ" (広告philad 。 、名3 ) 。 Origen says: "Let no man deceive himself. Outside this house, ie outside the Church, none is saved" (Hom. in Jos., iii, n. 5 in PG, XII, 841).原産地は言う: "レットのない人をだます自分自身です。この家の外、つまり外の教会、なしに保存" ( hom.でjos. 、 3世、 5名のpg 、 12 、 841 ) 。 St. Cyprian speaks to the same effect: "He cannot have God for his father, who has not the Church for his mother" (De Unit., c. vi).聖チプリアーノ話すと同じ効果: "彼は神にすることはできません彼の父親は、教会のwhoさんは彼の母親" (デ単位です。 、 c. 6 )です。 The words of the Fourth Ecumenical Council of Lateran (1215) define the doctrine thus in its decree against the Albigenses: "Una est fidelium universalis Ecclesia, extra quam nullus omnino salvatur" (Denzinger, n. 357); and Pius IX employed almost identical language in his Encyclical to the bishops of Italy (10 August, 1863): "Notissimum est catholicum dogma neminem scilicet extra catholicam ecclesiam posse salvari" (Denzinger, n. 1529).の言葉を、第4のラテラン公会議( 1215 )このように定義して、その命令に反対する教義のアルビ派: "ウナはfidelium沈着ecclesia 、余分ないかにnullus omnino salvatur " (デンツィンガー、 357名) ;とほぼ同じ雇用ピウス9世言語彼の回勅して司教のイタリア( 8月10日、 1863 ) : " notissimumは余分なcatholicumドグマneminemすなわちsalvariポッセcatholicam ecclesiam " (デンツィンガー、 1529名) 。

VII. Ⅶ 。 VISIBILITY OF THE CHURCH教会の可視性

In asserting that the Church of Christ is visible, we signify, first, that as a society it will at all times be conspicuous and public, and second, that it will ever be recognizable among other bodies as the Church of Christ.の主張は、キリスト教会が見える、私たちを意味する、第一に、それはいつでも社会に顕著なことは、公共、および2番目、それは他の天体までの間に認識のキリスト教会です。 These two aspects of visibility are termed respectively "material" and "formal" visibility by Catholic theologians.これらの2つの側面を表現視程は、それぞれ"材料"と"公式"の可視性をカトリック神学者です。 The material visibility of the Church involves no more than that it must ever be a public, not a private profession; a society manifest to the world, not a body whose members are bound by some secret tie.教会の可視性の素材を超えることはない必要があります。までは、公共のではなく、民間の職業;する社会マニフェストを、世界ではなく、体のメンバーが拘束されるいくつかの秘密のネクタイです。 Formal visibility is more than this.正式な視界がこれ以上です。 It implies that in all ages the true Church of Christ will be easily recognizable for that which it is, viz.ことを意味して、すべての年齢層の真のキリスト教会では容易に認識されて、 viz 。 as the Divine society of the Son of God, the means of salvation offered by God to men; that it possesses certain attributes which so evidently postulate a Divine origin that all who see it must know it comes from God.社会としての神の息子の神、救いの手段を提供され、神を男性;して保有し、特定の属性を持つので、神の起源がすべて明らかに公準whoを参照する必要があります神知ってからです。 This must, of course, be understood with some necessary qualifications.このしなければ、もちろん、いくつかのに必要な資格が理解されています。 The power to recognize the Church for what it is presupposes certain moral dispositions.教会のための電源を認識して、特定の道徳的な処分にどのようなことが前提です。 Where there is a rooted unwillingness to follow God's will, there may be spiritual blindness to the claims of the Church.根を下ろした場所には、不本意に従う神のは、精神的な失明れる場合があります教会を主張した。 Invincible prejudice or inherited assumptions may produce the same result.無敵の偏見や同じ結果を得る可能性がありますから継承した仮定します。 But in such cases the incapacity to see is due, not to the want of visibility in the Church, but to the blindness of the individual.しかし、そのような場合は、無能力を見るためではなく、教会での視界をしたいのが、失明をして、個々のです。 The case bears an almost exact analogy to the evidence possessed by the proofs for the existence of God.クマの場合、ほぼ正確な類推して証拠の保有する神が存在する証拠です。 The proofs in themselves are evident: but they may fail to penetrate a mind obscured by prejudice or ill will.それ自体の証拠が明らかに:しかし、彼らが失敗する場合が心に侵入する偏見や病気が隠される。 From the time of the Reformation, Protestant writers either denied the visibility of the Church, or so explained it as to rob it of most of its meaning.改革の時から、作家のいずれかプロテスタント教会の可視性を否定してか、またはこれを説明したとしてロブほとんどのことを意味します。 After briefly indicating the grounds of the Catholic doctrine, some views prevalent on this subject among Protestant authorities will be noticed.後に簡潔に示すのは、カトリックの教義を理由に、いくつかの再生回数プロテスタントの当局間で流行してこの問題に気づいた。

It is unnecessary to say more in regard to the material visibility of the Church than has been said in sections III and IV of this article.不必要なことを言うが、材料の他の可視性については、教会によると比べてきた3世や4世のセクションには、次の資料です。 It has been shown there that Christ established His church as an organized society under accredited leaders, and that He commanded its rulers and those who should succeed them to summon all men to secure their eternal salvation by entry into it.あることが示されている彼の教会がイエスキリストに設立認可されて社会組織の指導者として、その彼はそれらの統治者と命じ、 whoは成功を確保するすべての人を召喚して、永遠の救いに参入してください。 It is manifest that there is no question here of a secret union of believers: the Church is a worldwide corporation, whose existence is to be forced upon the notice of all, willing or unwilling.これはマニフェストがないことを、秘密の質問をここに労働組合の信者:教会は、ワールドワイド社で、その存在が強要されるすべての通知を、喜んまたは不本意です。 Formal visibility is secured by those attributes which are usually termed the "notes" of the Church -- her Unity, Sanctity, Catholicity, and Apostolicity (see below).正式にそれらの属性の可視性が確保されるものでは、通常の"ノート"は、教会-彼女の団結、神聖、普遍性、およびa postolicity(下記参照) 。 The proof may be illustrated in the case of the first of these. 5月の証拠が示され、これらの例の最初のです。 The unity of the Church stands out as a fact altogether unparalleled in human history.スタンドの教会の結束を完全に比類のない事実として、人類史上します。 Her members all over the world are united by the profession of a common faith, by participation in a common worship, and by obedience to a common authority.彼女の全世界のメンバーが、団結される職業の、共通の信仰の参加を、共通の崇拝され、の服従を、共通の権威とされています。 Differences of class, of nationality, and of race, which seem as though they must be fatal to any form of union, cannot sever this bond.クラスの相違を、国籍、人種、どのように見えると同じように彼らをしなければならない致命的なのいかなる形態の労働組合は、この結合を切断することはできません。 It links in one the civilized and the uncivilized, the philosopher and the peasant, the rich and the poor.それのリンクを1つの文明と未開のは、哲学者と農民は、金持ちと貧乏人のです。 One and all hold the same belief, join in the same religious ceremonies, and acknowledge in the successor of Peter the same supreme ruler. 1つのと同じ信念をすべて保持するため、同じ宗教的な儀式に参加、ピーターの後継者と認めるの最高統治者と同じです。 Nothing but a supernatural power can explain this.何も超自然的な力ではなく、このことを説明します。 It is a proof manifest to all minds, even to the simple and the unlettered, that the Church is a Divine society.これはすべての心を証明マニフェストにも、シンプルで、読み書きのできないして、社会は、教会は、神のです。 Without this formal visibility, the purpose for which the Church was founded would be frustrated.この正式な視程は、教会の設立目的は、欲求不満がします。 Christ established it to be the means of salvation for all mankind.イエスキリストの手段を確立されることのすべての人類の救いです。 For this end it is essential that its claims should be authenticated in a manner evident to all; in other words, it must be visible, not merely as other public societies are visible, but as being the society of the Son of God.この目的のために不可欠であることがその主張すべきである認証をすべて明らかにする方法;換言すれば、次のしなければならないことではなく、単に他の公共社会が見えるが、社会としての神の息子です。

The views taken by Protestants as to the visibility of the Church are various.プロテスタントとしての再生回数を取らされ、教会は様々な視界。 The rationalist critics naturally reject the whole conception.当然の合理批評家全体を拒否する概念です。 To them the religion preached by Jesus Christ was something purely internal.説教をしてイエスキリストの宗教は何か純粋な内部です。 When the Church as an institution came to be regarded as an indispensable factor in religion, it was a corruption of the primitive message.機関としての教会に来たときには欠かせないと見なされる要因と宗教、それは、腐敗した原始的メッセージを表示します。 (See Harnack, What is Christianity, p.213.) Passages which deal with the Church in her corporate unity are referred by writers of this school to an ideal invisible Church, a mystical communion of souls. (ハルナック、何が、キリスト教、 p.213 。 )通路に対処する彼女の教会で参照される企業の結束は理想的な作家は、次の学校を目に見えない教会は、神秘的な聖体拝領の魂です。 Such an interpretation does violence to the sense of the passages.このような解釈は文章の意味での暴力行為をしています。 Moreover, no explanation possessing any semblance of probability has yet been given to account for the genesis among the disciples of this remarkable and altogether novel conception of an invisible Church.また、任意のうわべだけの所持何の説明がなされていない確率の創世記を説明するために注目すべきとの間の弟子たちは、次の小説の構想を完全に目に見えない教会です。 It may reasonably be demanded of a professedly critical school that this phenomenon should be explained.合理的に求められることがあります重要な学校では、この現象を公然とすべきであると説明した。 Harnack holds that it took the place of Jewish racial unity.ハルナックによるとということもかかったの結束の代わりにユダヤ人の人種です。 But it does not appear why Gentile converts should have felt the need of replacing a feature so entirely proper to the Hebrew religion.しかし、なぜそれが表示されない場合に変換する必要がジェンティーレの必要性を感じたを交換するための機能を完全に適切な宗教のヘブライ語です。

The doctrine of the older Protestant writers is that there are two Churches, a visible and an invisible.古いプロテスタントの教義には2つの教会がある作家は、目に見えると目に見えない。 This is the view of such standard Anglican divines as Barrow, Field, and Jeremy Taylor (see eg Barrow, Unity of Church, Works, 1830, VII, 628).これは、このような標準の聖公会の神学者として表示バロー、フィールド、およびジェレミーテイラー(例:バロー、教会の結束を、作品は、 1830 、 7 、 628 ) 。 Those who thus explain visibility urge that the essential and vital element of membership in Christ lies in an inner union with Him; that this is necessarily invisible, and those who possess it constitute an invisible Church.これらの可視性を促すwhoこのように説明して会員に欠かせない重要な要素の内側の労働組合は、イエスキリストは彼;しては必ずしも目に見えない、およびそれらのwhoを持つことに見えない教会を構成します。 Those who are united to Him externally alone have, they maintain, no part in His grace.これらの外部whoは団結して彼だけが、彼らを維持するのいかなる部分も、彼の恵みです。 Thus, when He promised to His Church the gift of indefectibility, declaring that the gates of hell should never prevail against it, the promise must be understood of the invisible, not of the visible Church.それゆえ、彼の教会を約束して彼の才能があるindefectibility 、地獄の門を宣言することは決して反対を説得し、理解しなければならないの約束は、目に見えないではなく、教会の目に見えるのです。 In regard to this theory, which is still tolerably prevalent, it is to be said that Christ's promises were made to the Church as a corporate body, as constituting a society.これと関連して理論的には、これはまだ流行してまあまあ、それは約束されるのによると、イエスキリストが行われた企業体としての教会を、社会を構成します。 As thus understood, they were made to the visible Church, not to an invisible and unknown body.としてこのように理解し、彼らの目に見える教会が加えられ、目に見えないと未知の身体しないようにします。 Indeed for this distinction between a visible and an invisible Church there is no Scriptural warrant.実際に目に見えるとの区別をこの目に見えない教会聖書令状がない。 Even though many of her children prove unfaithful, yet all that Christ said in regard to the Church is realized in her as a corporate body.にもかかわらず自分の子供たちの多くは証明不貞な、まだすべてのことに関しては、キリスト教会によると彼女としては、企業体で実現されます。 Nor does the unfaithfulness of these professing Catholics cut them off altogether from membership in Christ.また、これらの不貞は、カトリック教徒professingカットしてから完全にオフにイエスキリストの会員です。 They are His in virtue of their baptism.彼らは彼の美徳の洗礼です。 The character then received still stamps them as His.切手の文字を入力し、それらを受け取ったまだ彼のです。 Though dry and withered branches they are not altogether broken off from the true Vine (Bellarmine, Dc Ecciesiâ, III, ix, 13).枯れた枝は乾燥されていないと完全に壊れてからの真のつる(ベラルミーノ、直流ecciesiâ 、 3世、 9世、 13 ) 。 The Anglican High Church writers explicitly teach the visibility of the Church.教会の聖公会の高い作家の認知度が明示的に教えるの教会です。 They restrict themselves, however, to the consideration of material visibility (cf. Palmer, Treatise on the Church, Part I, C. iii).彼ら自身を制限する、しかし、材料の可視性を考慮して( cf.パーマー、論文を検索する教会、パートI 、 c. 3 ) 。

The doctrine of the visibility in no way excludes from the Church those who have already attained to bliss.その学説は、可視性ではありませんそれらの教会から除外さwhoはすでに達成にブリスです。 These are united with the members of the Church Militant in one communion of saints.これらのメンバーが、団結を1つの過激派教会の聖者の聖体拝領です。 They watch her struggles; their prayers are offered on her behalf.彼ら時計彼女の闘争、彼らの祈りは、彼女の代わりに提供されています。 Similarly, those who are still in the cleansing fires of purgatory belong to the Church.同様に、これらのwhoはまだクレンジングは、火災の煉獄の教会に所属しています。 There are not, as has been said, two Churches; there is but one Church, and of it all the souls of the just, whether in heaven, on earth, or in purgatory, are members (Catech. Rom., I, x, 6).にはない、とされによると、 2つの教会;にはしかし、 1つの教会、そしてそれだけのすべての魂を、天国のかどうか、地球上で、または煉獄は、メンバー( catech. ROMから起動します。 、私は、 x 、 6 ) 。 But it is to the Church only in so far as militant here below -- to the Church among men -- that the property of visibility belongs.しかし、これは教会に過激派としてこれまでのところ、ここだけで下に-教会の中の男-は、プロパティの可視性に属しています。

VIII. Ⅷ 。 THE PRINCIPLE OF AUTHORITY権限の原則に

Whatever authority is exercised in the Church, is exercised in virtue of the commission of Christ.どんな権限が行使は、教会、同委員会が行使さキリストの美徳。 He is the one Prophet, Who has given to the world the revelation of truth, and by His spirit preserves in the Church the faith once delivered to the saints.彼は、 1つの預言者、 whoは、与えられた真理を、世界の啓示し、彼の精神は、教会の信仰を保持して聖人一度配信します。 He is the one Priest, ever pleading on behalf of the Church the sacrifice of Calvary.彼は、 1つの司祭は、教会に代わって嘆願するまでのいけにえのカルヴァリーです。 And He is the one King -- the chief Shepherd (1 Peter 5:4) -- Who rules and guides, through His Providence, His Church's course.と彼は、 1つのキング-の首席羊飼い( 1ピーター5時0 4分) - wh oルールやガイド、彼のプロビデンスを通じて、彼の教会のコースです。 Yet He wills to exercise His power through earthly representatives.彼は自分の権力を行使する意志はまだありませんこの世の代表者を通じてです。 He chose the Twelve, and charged them in His name to teach the nations (Matthew 28:19), to offer sacrifice (Luke 22:19), to govern His flock (Matthew 18:18; John 21:17).彼が選んだ12 、および請求して、彼の名前を教えるの国(マタイ28:19 ) 、いけにえを提供する(ルカ22:19 ) 、彼の群れを支配(マタイ18:18 ;ジョン21:17 ) 。 They, as seen above, used the authority committed to them while they lived; and before their death, they took measures for the perpetuation of this principle of government in the Church.彼らは、このように、使用して権限をコミットして暮らしながら、死を前に、彼らは永続化は、次の対策を実施するため政府は、教会の原則です。 From that day to this, the hierarchy thus established has claimed and has exercised this threefold office.その日から引き続いてして、このように、階層内の設立は、この3倍に行使すると主張している。 Thus the prophecies of the Old Testament have been fulfilled which foretold that to those who should be appointed to rule the Messianic kingdom it should be granted to participate in the Messias' office of prophet, priest, and king.こうして、旧約聖書の予言が果たされていることを前から予報who必要が救世主に任命さ王国を統治する必要が付与されて参加してmessias 'オフィスの預言者、司祭、および王です。 (See II above.) (上記参照2 。 )

The authority established in the Church holds its commission from above, not from below.教会の権威に設立された委員会で開催中の上からではなく、より以下のとおり。 The pope and the bishops exercise their power as the successors of the men who were chosen by Christ in person.教皇と司教の後継者として権力行使には、イエスキリストの男性whoで選ばれた人物ではない。 They are not, as the Presbyterian theory of Church government teaches, the delegates of the flock; their warrant is received from the Shepherd, not from the sheep.されていない、政府としての長老教会の教えの理論は、代表団は、群れ;彼らから受け取った令状は羊飼いではなく、羊からです。 The view that ecclesiastical authority is ministerial only, and derived by delegation from the faithful, was expressly condemned by Pius VI (1794) in his Constitution "Auctorem Fidei" (qv); and on the renovation of the error by certain recent Modernist writers, Pius X reiterated the condemnation in the Encyclical on the errors of the Modernists.との見解を教会の権威は、閣僚級のみ、との代表団が、忠実に派生され、ピウス六は、明示的に非難される( 1794 )彼の憲法の"信仰のauctorem " ( qv ) ;とし、改装され、エラーの原因を特定の最近の現代作家、ピウスx改めて強調して非難されたエラーは、回勅、 modernists 。 In this sense the government of the Church is not democratic.この意味で、政府は、民主主義の教会ではない。 This indeed is involved in the very nature of the Church as a supernatural society, leading men to a supernatural end.この実際には関与して非常に自然の超自然的社会としての教会、超大手の男性して終了します。 No man is capable of wielding authority for such a purpose, unless power is communicated to him from a Divine source.能力のない人にはそのような目的のための権限を行使しない限り、彼からの電力が伝達される神のソースです。 The case is altogether different where civil society is concerned.全然違う場所では大文字小文字が市民社会が該当します。 There the end is not supernatural: it is the temporal well-being of the citizens.超自然的ではないの最後にある:それは、市民の福祉の時間です。 It cannot then be said that a special endowment is required to render any class of men capable of filling the place of rulers and of guides.次にすることはできませんが、特別な才能が必要によると、任意のクラスをレンダリングする能力がある男性が詰めかけ、開催地の統治者とのガイドです。 Hence the Church approves equally all forms of civil government which are consonant with the principle of justice.それゆえ、教会のすべての形態の市民同様に政府の承認が子音と正義の原則にします。 The power exercised by the Church through sacrifice and sacrament (potestas ordinis) lies outside the present subject.教会を通じてのパワーを犠牲に行使されると聖餐式(能力ordinis )は、現在の対象外です。 It is proposed briefly to consider here the nature of the Church's authority in her office (1) of teaching (potestas magisterii) and (2) of government (potestas jurisdictionis).ここで提案を検討することが簡単に教会の権威の性質を彼女のオフィス( 1 )授業(能力magisterii )および( 2 )の政府(能力jurisdictionis ) 。

(1) Infallibility ( 1 )の不可謬性

As the Divinely appointed teacher of revealed truth, the Church is infallible.教師としての神の啓示に任命真理は、教会は絶対に正しいです。 This gift of inerrancy is guaranteed to it by the words of Christ, in which He promised that His Spirit would abide with it forever to guide it unto all truth (John 14:16; 16:13).この贈り物は間違いのないことを保証することによって、イエスキリストの言葉を、その彼は約束を守ることが彼の精神は永遠にかれらを導くことのすべての真理(ヨハネ14:16 ; 16:13 )です。 It is implied also in other passages of Scripture, and asserted by the unanimous testimony of the Fathers.これは他の通路の啓典も黙示的、およびアサートされた満場一致の証言には、父のです。 The scope of this infallibility is to preserve the deposit of faith revealed to man by Christ and His Apostles (see INFALLIBILITY.) The Church teaches expressly that it is the guardian only of the revelation, that it can teach nothing which it has not received.この不可謬性の範囲を維持し、預金の信仰は明らかに男をイエスキリストと彼の使徒(不可謬性を参照。 )教会の教えは、ガーディアンのみを明示して、啓示は、何も教えることができるそれには届かない。 The Vatican Council declares: "The Holy Ghost was not promised to the successors of Peter, in order that through His revelation they might manifest new doctrine: but that through His assistance they might religiously guard, and faithfully expound the revelation handed down by the Apostles, or the deposit of the faith" (Conc. Vat., Sess. IV, cap. liv).バチカン公会議の宣言: "聖霊は、後継者のピーターを約束していないために、彼の啓示を通してそのことを彼らのマニフェストかもしれない新しいドクトリン:しかし、彼の支援を通してそのことを宗教的にガード彼らかもしれない、との啓示を忠実に解説された使徒受け継がか、または、預金は、信仰" ( conc.付加価値税です。 、 sess 。 4 、キャップです。リヴ)です。 The obligation of the natural moral law constitutes part of this revelation.自然の道徳律の義務の部分は、次の啓示を構成します。 The authority of that law is again and again insisted on by Christ and His Apostles.その法の権威を何度も繰り返しては、イエスキリストとその使徒を主張しています。 The Church therefore is infallible in matters both of faith and morals.そのためには絶対に正しい教会の信仰と道徳の両方の問題です。 Moreover, theologians are agreed that the gift of infallibility in regard to the deposit must, by necessary consequence, carry with it infallibility as to certain matters intimately related to the Faith.また、神学者は、合意は、贈り物の不可謬性これと関連している預金しなければならない必要な帰結され、不可謬性がついてくると密接に関連して問題を特定の信仰です。 There are questions bearing so nearly on the preservation of the Faith that, could the Church err in these, her infallibility would not suffice to guard the flock from false doctrine.軸受の質問には、ほぼ上に保存するための信仰は、これらのエラーの教会が、彼女の不可謬性を保護する十分ではないの誤った教義の群れからです。 Such, for instance, is the decision whether a given book does or does not contain teaching condemned as heretical.このような、例えば、与えられたかどうかの決定は予約機能や教育が含まれていません異端として非難します。 (See DOGMATIC FACTS.) (独断的な事実を参照。 )

It is needless to point out that if the Christian Faith is indeed a revealed doctrine, which men must believe under pain of eternal loss, the gift of infallibility was necessary to the Church.これは無駄なことを指摘している場合は、キリスト教の信仰は、確かに教義を明らかにされて男性の痛みを信じる必要があります永遠の損失は、贈り物をして教会の不可謬性が必要です。 Could she err at all, she might err in any point.彼女はすべてのエラーが、彼女かもしれないの任意の時点でエラーにします。 The flock would have no guarantee of the truth of any doctrine.の群れはない任意の教義の真実性を保証します。 The condition of those bodies which at the time of the Reformation forsook the Church affords us an object-lesson in point.遺体の状態をどの時点で、これらの改革は教会forsakeの過去の教訓を支払う先のオブジェクトをポイントします。 Divided into various sections and parties, they are the scene of never-ending disputes; and by the nature of the case they are cut off from all hope of attaining to certainty.様々なセクションと当事者に分かれて、彼らは終わることのない紛争の現場;とされる事件の性質から切り離されている彼らはすべての希望の達成を確実です。 In regard also to the moral law, the need of an infallible guide is hardly less imperative.これと関連して道徳律にも、絶対確実なガイドの必要性はほとんど少ないの命令です。 Though on a few broad principles there may be some consensus of opinion as to what is right and what is wrong, yet, in the application of these principles to concrete facts, it is impossible to obtain agreement.かかわらず原則は、いくつかの広範なコンセンサスれる場合がありますいくつかの意見を何が正しくて何が間違って、しかし、これらの原則をすると、アプリケーションの具体的な事実を、契約書を入手することは不可能です。 On matters of such practical moment as are, for instance, the questions of private property, marriage, and liberty, the most divergent views are defended by thinkers of great ability.上の問題としてこのような実用的な瞬間には、例えば、私有財産の質問に、結婚し、自由の女神、発散再生回数の最も偉大な思想家は、弁護をする能力です。 Amid all this questioning the unerring voice of the Church gives confidence to her children that they are following the right course, and have not been led astray by some specious fallacy.この尋問の中のすべての教会の的確な声をして自分の子供たちに自信を右側のコースは以下の通りである、とリードされていないいくつかのもっともらしい誤謬に惑わされる。 The various modes in which the Church exercises this gift, and the prerogatives of the Holy See in regard to infallibility, will be found discussed in the article dealing with that subject.様々なモードではこの教会の演習だが、後は、神聖な特権に関して不可謬性表示され、議論が可能になったことは、サポート技術情報を扱うことアジ研です。

(2) Jurisdiction ( 2 )裁判管轄

The Church's pastors govern and direct the flock committed to them in virtue of jurisdiction conferred upon them by Christ.教会の牧師との直接統治に美徳の群れにコミットしてかれらをイエスキリストを裁判の管轄授与します。 The authority of jurisdiction differs essentially from the authority to teach.より本質的に異なるの権威を管轄する権限を教えてください。 The two powers are concerned with different objects.省庁の権限が異なる2つのオブジェクトです。 The right to teach is concerned solely with the manifestation of the revealed doctrine; the object of the power of jurisdiction is to establish and enforce such laws and regulations as are necessary to the well-being of the Church.心配する権利を教えるだけでは症状の教義を明らかにし、オブジェクトのパワーを管轄権を確立するとは、このような法律や規制を実施するのに必要な教会の福利をします。 Further, the right of the Church to teach extends to the whole world: The jurisdiction of her rulers extends to her members alone (1 Corinthians 5:12).さらに、教会の右側に拡張され、全世界を教える:彼女の支配者の管轄する彼女のメンバーだけで拡張され( 1コリント書5:12 ) 。 Christ's words to St. Peter, "I will give thee the keys of the kingdom of heaven", distinctly express the gift of jurisdiction.サンピエトロ大聖堂キリストの言葉を、 "わたしは、なたの鍵を与えるキングダムオブヘブン" 、はっきりと表現して贈り物を裁判の管轄とします。 Supreme authority over a body carries with it the right to govern and direct.最高の権限を持つの体を支配する権利を実行できることと直接します。 The three elements which go to constitute jurisdiction -- legislative power, judicial power, and coercive power -- are, moreover, all implied in Christ's directions to the Apostles (Matthew 18).の3つの管轄権を構成する要素を行く-立法権、司法権、および強制力-には、また、すべての黙示的にイエスキリストの指示を使徒(マタイ18 )。 Not merely are they instructed to impose obligations and to settle disputes; but they may even inflict the extremest ecclesiastical penalty -- that of exclusion from membership in Christ.単に義務を課すことは、彼らの指示との紛争を解決;しかし、彼らは5月にも負わせるextremest教会のペナルティー-会員にイエスキリストから除外するとします。

The jurisdiction exercised within the Church is partly of Divine right, and partly determined by ecclesiastical law.管轄権行使の部分に、教会は神の権利、および部分教会法によって決定されます。 A supreme jurisdiction over the whole Church -- clergy and laity alike -- belongs by Divine appointment to the pope (Conc. Vat, Sess. IV, cap. iii).全体の裁判管轄権を最高の教会-聖職者と信徒似-神の約束をし、法王に属します(c o nc.付加価値税、 s e ss。4 、キャップです。ⅲ )です。 The government of the faithful by bishops possessed of ordinary jurisdiction (ie a jurisdiction that is not held by mere delegation, but is exercised in their own name) is likewise of Divine ordinance.司教の忠実され、政府保有の普通の裁判管轄(つまり、単なる開かれた裁判管轄されていないの代表団が、自分の名前が行使さ)は、同様の条例の神です。 But the system by which the Church is territorially divided into dioceses, within each of which a single bishop rules the faithful within that district, is an ecclesiastical arrangement capable of modification.しかし、システムによっては、教会はdioceses territoriallyに分けられ、それぞれ、 1つの司教に忠実なルールと、その地域は、有能なのは、教会の配置の変更です。 The limits of dioceses may be changed by the Holy See. diocesesの限界を5月に変更される神聖な表示されます。 In England the old pre-Reformation diocesan divisions held good until 1850, though the Catholic hierarchy had become extinct in the reign of Queen Elizabeth.は、英国の教区の部門の改革の古い事前に開かれた1850年まで良いが、絶滅するのは、カトリックの階層ではエリザベス女王の代にします。 In that year the old divisions were annulled and a new diocesan system established.その年には、古い部分が無效と新しい教区のシステムが設立されました。 Similarly in France, a complete change was introduced after the Revolution.同様にフランスでは、完全な変更が導入した後、革命です。 A bishop may exercise his power on other than a territorial basis.彼の司教の5月の運動以外の領土的に電源をオンにします。 Thus in the East there are different bishops for the faithful belonging to the different rites in communion with the Holy See.このように、東には、別の司教を忠実に所属するさまざまな儀式を聖体拝領の神聖を参照します。 Besides bishops, in countries where the ecclesiastical system is fully developed, those of the lower clergy who are parish priests, in the proper sense of the term, have ordinary jurisdiction within their own parishes.司教のほか、されている国は、教会のシステムが完全に開発され、これらの聖職者の下whoは、教区司祭は、適切な用語の意味での、自分の教会には普通の裁判管轄します。

Internal jurisdiction is that which is exercised in the tribunal of penance.内部の管轄権を行使するのは、これは法廷の苦行です。 It differs from the external jurisdiction of which we have been speaking in that its object is the welfare of the individual penitent, while the object of external jurisdiction is the welfare of the Church as a corporate body.それが異なって外部の司法管轄で話すのが我々はそのオブジェクトは、個々の福祉を後悔して、外部のオブジェクト間の福祉を管轄裁判所は、企業体としての教会です。 To exercise this internal jurisdiction, the power of orders is an essential condition: none but a priest can absolve.この内部管轄権を行使する、電力の受注は、必須条件:なしではなく、司祭は、無罪を言い渡す。 But the power of orders itself is insufficient.しかし、電力の受注自体では不十分です。 The minister of the sacrament must receive jurisdiction from one competent to bestow it.大臣の管轄権を受け取る必要がありますから、 1つの有能な秘跡を授けることです。 Hence a priest cannot hear confessions in any locality unless he has received faculties from the ordinary of the place.それゆえ、司祭にすることはできません自白の任意の場所を聞く受信しない限り、彼は普通の場所からの教員です。 On the other hand, for the exercise of external jurisdiction the power of orders is not necessary. A bishop, duly appointed to a see, but not yet consecrated, is invested with external jurisdiction over his diocese as soon as he has exhibited his letters of appointment to the chapter.

IX. 9 。 MEMBERS OF THE CHURCH教会のメンバー

The foregoing account of the Church and of the principle of authority by which it is governed enables us to determine who are members of the Church and who are not.前述のアカウントは、教会との権限の原則に支配されたことが可能に問い合わせを決定するとの教会のメンバーであるwho whoではない。 The membership of which we speak, is incorporation in the visible body of Christ.話すの会員が含まれては、次の混入は、キリストの体です。 It has already been noted (VI) that a member of the Church may have forfeited the grace of God.それはすでにメモ( 6 )は、 5月の教会のメンバである神の恵みが没収します。 In this case he is a withered branch of the true Vine; but he has not been finally broken off from it.この場合、彼は、枯れた枝の真のつる;しかし、彼は最後にされていない破談になるからだ。 He still belongs to Christ.彼はまだイエスキリストに属しています。 Three conditions are requisite for a man to be a member of the Church. 3つの条件が必要なため男には、教会のメンバーです。

In the first place, he must profess the true Faith, and have received the Sacrament of Baptism.まず第一に、彼の真の信仰告白する必要がありますし、聖餐式の洗礼を受けたのです。 The essential necessity of this condition is apparent from the fact that the Church is the kingdom of truth, the society of those who accept the revelation of the Son of God.の必要性を、この条件は明らかに欠かせないという事実から、教会は、王国の真理をもって、社会人の息子who同意して神の啓示のです。 Every member of the Church must accept the whole revelation, either explicitly or implicitly, by profession of all that the Church teaches.各メンバーは、教会全体の啓示を受け入れる必要があります、のいずれかを明示的または暗黙のうちに、職業のすべてのは、教会の教えします。 He who refuses to receive it, or who, having received it, falls away, thereby excludes himself from the kingdom (Titus, iii, 10 sq.).彼はwhoを拒否して受信するか、またはwho 、それを受け取って、滝away 、それ自身から除外さ王国(タイタス、 3世、 10平方)です。 The Sacrament of Baptism is rightly regarded as part of this condition.洗礼は、聖餐式の部分は、次の条件と見なされて当然です。 By it those who profess the Faith are formally adopted as children of God (Ephesians 1:13), and an habitual faith is among the gifts bestowed in it.これらのwho公言したことを正式に採択さは、子供たちの信仰の神(エペソ人への手紙1:13 )との間の習慣的な信仰は最高の贈り物です。 Christ expressly connects the two, declaring that "he who believeth and is baptized shall be saved" (Mark 16:16; cf. Matthew 28:19).イエスキリスト明示的に接続して2つ、と宣言し"彼とは、洗礼を受けたwhoて信仰を保存しなければならない" (マーク16:16 ;継続前誌です。マタイ28:19 ) 。 It is further necessary to acknowledge the authority of the Church and of her appointed rulers.より詳細なことはする必要が教会の権威を認めると彼女の支配者に任命します。 Those who reject the jurisdiction established by Christ are no longer members of His kingdom.これらの確立さwho管轄権を拒否するキリストは、もはや彼の王国のメンバーです。 Thus St. Ignatius lays it down in his letter to the Church of Smyrna: Wheresoever the bishop shall appear, there let the people be; even as where Jesus may be there is the universal Church" (ad Smyrn., n. 8). In regard to this condition, the ultimate touchstone is to be found in communion with the Holy See. On Peter Christ founded his Church. Those who are not joined to that foundation cannot form part of the house of God.このように彼の聖イグナチオの手紙を産むことダウンの教会のスミュルナ:司教は、何処にいようが表示されたら、あるて、人々が;さえもどこには、ユニバーサルイエスキリスト教会があります" (広告smyrn 。 、名8 ) 。これと関連して条件は、究極の試金石とされる発見さ神聖な聖体拝領を参照します。上ピーター彼のイエスキリスト教会設立します。これらのwhoはないが財団に参加してフォームをすることはできません神の家の部分です。

The third condition lies in the canonical right to communion with the Church. 3番目の条件は、正規の権利を嘘の教会の聖体拝領です。 In virtue of its coercive power the Church has authority to excommunicate notorious sinners.その強制力が美徳に権限を破門された教会は罪人で悪名高い。 It may inflict this punishment not merely on the ground of heresy or schism, but for other grave offences.この懲罰を負わせることがあります単に地面の上異端や分裂、しかし、その他の重大な犯罪です。 Thus St. Paul pronounces sentence of excommunication on the incest Corinthian (1 Corinthians 5:3).こうしてpronounces聖パウロの判決を破門にコリント式の近親相姦( 1コリンチャンス5時03分) 。 This penalty is no mere external severance from the rights of common worship.このペナルティはない単なる外付け退職者の権利を共通の崇拝です。 It is a severance from the body of Christ, undoing to this extent the work of baptism, and placing the excommunicated man in the condition of the heathen and the publican". It casts him out of God's kingdom; and the Apostle speaks of it as "delivering him over to Satan" (1 Corinthians 5:5; 1 Timothy 1:20).それは、キリストの退職金のボディから、この程度の仕事を元に戻すの洗礼、および配置することexcommunicatedの男の状態を分析し、異教徒と居酒屋の主人"です。それキャスト彼を神の王国;と話すの使徒として"彼を配信する悪魔" ( 1コリンチャンス5時05分; 1ティモシー1:20 ) 。

Regarding each of these conditions, however, certain distinctions must be drawn.これらの条件についてそれぞれの、しかし、特定の区別しなければならない描かれています。

Many baptized heretics have been educated in their erroneous beliefs.多くの洗礼を受けた異端の教育を受けるにも、誤った信念です。 Their case is altogether different from that of those who have voluntarily renounced the Faith.その事件は全く異なる目標を持ってこれらのwhoが自主的放棄の信仰です。 They accept what they believe to be the Divine revelation.彼らを受け入れる彼らは神の啓示されると信じています。 Such as these belong to the Church in desire, for they are at heart anxious to fulfill God's will in their regard.このような願望に所属し、教会で、かれらは不安を満たすための中心部に神のご意志でその点です。 In virtue of their baptism and good will, they may be in a state of grace.その洗礼を美徳と善意に、彼らの状態を猶予する場合があります。 They belong to the soul of the Church, though they are not united to the visible body.彼らの魂を教会に所属し、かれらの目に見える体が団結している。 As such they are members of the Church internally, though not externally.のメンバーとしてこのような彼らは教会の内部的には、外部からではありません。 Even in regard to those who have themselves fallen away from the Faith, a difference must be made between open and notorious heretics on the one hand, and secret heretics on the other.つきましても、それらのwhoが落ちたから自身の信仰は、しなければならないの間の違いを開いて、 1つの手で悪名高い異端、異端と秘密を、他のです。 Open and notorious heresy severs from the visible Church.悪名高い異端seversを開いて次の教会からです。 The majority of theologians agree with BeIlarrrne (de Ecclesiâ, III, c. x), as against Francisco Suárez, that secret heresy has not this effect.神学者の過半数の賛成beilarrrne (デecclesiâ 、 3世、 c. x )キー、として反対フランシスコスアレス、その秘密の異端さんは、この効果です。

In regard to schism the same distinction must be drawn.これと関連し、同じ区別しなければならない分裂描かれています。 A secret repudiation of the Church's authority does not sever the sinner from the Church.教会の秘密を拒否する権限はありません罪人を断つの教会からです。 The Church recognizes the schismatic as a member, entitled to her communion, until by open and notorious rebellion he rejects her authority.教会の分離のメンバとして認識して、権利を彼女の聖体拝領までは、悪名高い反乱を開き、彼は彼女の権限を拒否します。

Excommunicated persons are either excommunicati tolerati (ie those who are still tolerated) or excommunicati vitandi (ie those to be shunned). excommunicated人は、いずれかのexcommunicati tolerati (つまりwhoは依然として容認)またはexcommunicati vitandi (つまり敬遠される) 。 Many theologians hold that those whom the Church still tolerates are not wholly cut off from her membership, and that it is only those whom she has branded as "to be shunned" who are cut off from God's kingdom (see Murray, De Eccles., Disp. i, sect. viii, n. 118).それらの多くの神学者ホールドがなければ誰が為に教会がまだ完全に彼女の会員から切り離されており、そのことは誰にのみこれらの烙印を押されて彼女は"敬遠される" whoは、神の王国から切り離されている(参照マーレー、デエクルズ。 、 disp 。私は、宗派です。 viii 、 118名) 。 (See EXCOMMUNICATION.) (破門を参照。 )

X. INDEFECTIBILITY OF THE CHURCH Xのindefectibilityの教会

Among the prerogatives conferred on His Church by Christ is the gift of indefectibility.彼の教会の間の特権を授与されindefectibilityイエスキリストは、贈り物をします。 By this term is signified, not merely that the Church will persist to the end of time, but further, that it will preserve unimpaired its essential characteristics.この用語はシニフィエではなく、単に持続するには、教会は時間の終わりに、しかし、より詳細な、それは障害がなく、本質的な特性を保持します。 The Church can never undergo any constitutional change which will make it, as a social organism, something different from what it was originally.その教会を受けることは憲法上の任意の変更をさせることは、社会的な生物として、どのようなことは、もともと何か違うからです。 It can never become corrupt in faith or in morals; nor can it ever lose the Apostolic hierarchy, or the sacraments through which Christ communicates grace to men.絶対になることができますが壊れて、信仰や道徳;も使徒は、それまでの階層を失うか、または通信の秘跡を通じてイエスキリストの猶予を贈るのです。 The gift of indefectibility is expressly promised to the Church by Christ, in the words in which He declares that the gates of hell shall not prevail against it. indefectibilityの才能があることが明示され、キリスト教会を約束して、彼の言葉では地獄の門を宣言し者は説得することもできます。 It is manifest that, could the storms which the Church encounters so shake it as to alter its essential characteristics and make it other than Christ intended it to be, the gates of hell, ie the powers of evil, would have prevailed.これはマニフェストで、嵐が、これを揺るがすことは、教会の出会いを変更するとしてその本質的な特徴とすることを意図してイエスキリスト以外に、地獄の門、すなわち、悪の力、が勝っていたのです。 It is clear, too, that could the Church suffer substantial change, it would no longer be an instrument capable of accomplishing the work for which God called it in to being.ことは明らかであることが判明、教会に苦しむが実質的な変化が、それはもはや楽器の能力がその仕事を成し遂げることを神と呼ばしている。 He established it that it might be to all men the school of holiness.彼に設立することかもしれないことをすべての人は学校の神聖です。 This it would cease to be if ever it could set up a false and corrupt moral standard.これまでには停止される場合が壊れて設定するには虚偽と道徳的な標準です。 He established it to proclaim His revelation to the world, and charged it to warn all men that unless they accepted that message they must perish everlastingly.彼は彼の啓示を設立して、世界を宣言し、すべての人に荷電ことを警告するメッセージが表示さに認められている場合を除いて、死ぬeverlastinglyしなければならない。 Could the Church, in defining the truths of revelation err in the smallest point, such a charge would be impossible.教会は、真理の啓示を定義してエラーを最小の時点で、このようなチャージは不可能です。 No body could enforce under such a penalty the acceptance of what might be erroneous.体が実施されてないような違約金の受け入れをどのような誤ったかもしれない。 By the hierarchy and the sacraments, Christ, further, made the Church the depositary of the graces of the Passion.秘跡された階層と、イエスキリストは、さらに、預託のは、教会の情熱に甘えています。 Were it to lose either of these, it could no longer dispense to men the treasures of grace.のいずれかのことを失うが、それを分配することは、もはや男性の宝物の恵みを受けています。

The gift of indefectibility plainly does not guarantee each several part of the Church against heresy or apostasy. indefectibilityの贈り物をはっきりとは限りませんいくつかの部分の各教会に対する異端や背教です。 The promise is made to the corporate body.の約束が行われるように、企業体です。 Individual Churches may become corrupt in morals, may fall into heresy, may even apostatize.個々の教会で道徳になることが壊れて、邪教に陥る年5月、 5月にもapostatize 。 Thus at the time of the Mohammedan conquests, whole populations renounced their faith; and the Church suffered similar losses in the sixteenth century.このようにしている時点mohammedan征服、人口全体の放棄自分たちの信仰;と、教会のような損失は、 16世紀に苦しんします。 But the defection of isolated branches does not alter the character of the main stem.しかし、亡命の孤立した枝はありませんの文字を変更して、メインの幹です。 The society of Jesus Christ remains endowed with all the prerogatives bestowed on it by its Founder.イエスキリストの社会のすべての遺跡に恵まれていることによって、創始者の特権を授与します。 Only to One particular Church is indefectibility assured, viz.特定の教会は1つだけに安心indefectibility 、 viz 。 to the See of Rome.ローマのを参照してください。 To Peter, and in him to all his successors in the chief pastorate, Christ committed the task of confirming his brethren in the Faith (Luke 22:32); and thus, to the Roman Church, as Cyprian says, "faithlessness cannot gain access" [Ep.ピーター、そして彼にすべての彼の後継者は、主任牧師は、イエスキリストのタスクを確認コミット彼の兄弟は、信仰(ルカ22:32 ) ;とこのように、カトリック教会を、チプリアーノ氏は、 "信仰心のなさにアクセスすることはできません" [ epです。 lv (lix), ad Cornelium).左心室( 59 ) 、広告の掲載cornelium ) 。 The various bodies that have left the Church naturally deny its indefectibility.左の様々な機関ではそのindefectibility教会の自然を否定する。 Their plea for separation rests in each case on the supposed fact that the main body of Christians has fallen so far from primitive truth, or from the purity of Christian morals, that the formation of a separate organization is not only desirable but necessary.分離休符に嘆願するはずいずれの場合も、事実上の本体のキリスト教徒はこれまでのところから落ちた原始的真実か、またはからの純度キリスト教の道徳、それは別の組織の形成に望ましいだけではないが必要です。 Those who are called on to defend this plea endeavour in various ways to reconcile it with Christ's promise.これらのwhoと呼ばれ、この訴えを守るために努力して和解する方法を様々なイエスキリストの約束です。 Some, as seen above (VII), have recourse to the hypothesis of an indefectible invisible Church.いくつかのは、このように( 7 ) 、償還して仮説のは目に見えない朽ちない教会です。 The Right Rev. Charles Gore of Worcester, who may be regarded as the representative of high-class Anglicanism, prefers a different solution.右側の改訂チャールズゴアのウスター、 who年5月の代表の高いと見なされるクラスの英国国教会の教義は、別の解決策を好む。 In his controversy with Canon Richardson, he adopted the position that while the Church will never fail to teach the whole truth as revealed, yet "errors of addition" may exist universally in its current teaching (see Richardson, Catholic Claims, Appendix).彼の論争キヤノンリチャードソン、彼が、教会の立場を採用しては絶対に失敗するすべての真相を明らかに教えるのは、まだありません"というエラーに加えて"普遍的に存在する可能性が、現在の教育(参照リチャードソン、カトリックの主張は、付録) 。 Such an explanation deprives Christ's words of all their meaning.そのような説明deprives彼らのすべてのイエスキリストの言葉の意味です。 A Church which at any period might conceivably teach, as of faith, doctrines which form no part of the deposit could never deliver her message to the world as the message of God.教会の期間に、いつ教えるかもしれないひょっとすると、信仰、教説の預金をフォームのいかなる部分も、彼女にメッセージを配信することなど絶対にできない世界の神としてのメッセージが表示されます。 Men could reasonably urge in regard to any doctrine that it might be an "error of addition".男性が合理的に任意の教義を促すことを表明するかもしれない"エラーに加えて"です。

It was said above that one part of the Church's gift of indefectibility lies in her preservation from any substantial corruption in the sphere of morals.それ以上のことは、 1つの部分によると、教会の贈り物の保全indefectibility彼女の嘘が破損してからでもかなりの球の道徳です。 This supposes, not merely that she will always proclaim the perfect standard of morality bequeathed to her by her Founder, but also that in every age the lives of many of her children will be based on that sublime model.このsupposesではなく、単にその彼女はいつもの完璧な標準的な道徳的bequeathed宣言を彼女に彼女の創始者、だけでなく、あらゆる年齢の生活をして自分の子供たちの多くはその崇高なモデルに基づいてされる。 Only a supernatural principle of spiritual life could bring this about.超自然的精神生活の原則のみをこの会社が持っています。 Man's natural tendency is downwards.人間の自然な傾向が下方です。 The force of every religious movement gradually spends itself; and the followers of great religious reformers tend in time to the level of their environment.すべての宗教的な運動の力を費やして徐々に自分自身と、偉大な宗教改革派の信者傾向に間に合うように、自分の環境のレベルをします。 According to the laws of unassisted human nature, it should have been thus with the society established by Christ.野手が単独によると、人間の本性の法律に基づいて、それを社会にはこのように設立されたイエスキリストです。 Yet history shows us that the Catholic Church possesses a power of reform from within, which has no parallel in any other religious organization.ショーはまだありません問い合わせは、カトリック教会の歴史を持つ電力の改革から、これには、他の宗教団体を組織するパラレルです。 Again and again she produces saints, men imitating the virtues of Christ in an extraordinary degree, whose influence, spreading far and wide, gives fresh ardour even to those who reach a less heroic standard.何度も繰り返して彼女を生成聖人は、男性の美徳を模倣してイエスキリストの臨時度、その影響を受けて、広範囲に広がって、それらは、新鮮なwhoに到達するにはardourも少ない英雄標準です。 Thus, to cite one or two well-known instances out of many that might be given: St. Dominic and St. Francis of Assisi rekindled the love of virtue in the men of the thirteenth century; St. Philip Neri and St. Ignatius Loyola accomplished a like work in the sixteenth century; St. Paul of the Cross and St. Alphonsus Liguori, in the eighteenth.したがって、 1つまたは2つを例に挙げるよく知られて多くのインスタンスアウトされる可能性が与えられた:アッシジの聖フランシス聖ドミニクとの愛を再燃させた男性の美徳は、 13世紀;聖フィリップネリと聖イグナチオロヨラのような仕事を成し遂げて16世紀;聖パウロは、十字架と聖アルフォンサスリグオーリは、 18です。 No explanation suffices to account for this phenomenon save the Catholic doctrine that the Church is not a natural but a supernatural society, that the preservation of her moral life depends, not on any laws of human nature, but on the life-giving presence of the Holy Ghost.いいえ、この現象を説明するために十分な説明を保存したのは、カトリック教会の教義は、超自然的ではない、自然ではなく、社会、道徳的な生活は、彼女の保全によってではなく、人間の本性上の任意の法律が、生命の存在を、聖霊です。 The Catholic and the Protestant principles of reform stand in sharp contrast the one to the other.したのは、カトリックとプロテスタントの改革の原則の1つのスタンドは際立って対照的に、他のです。 Catholic reformers have one and all fallen back on the model set before them in the person of Christ and on the power of the Holy Ghost to breathe fresh life into the souls which He has regenerated.カトリックの改革派が倒れたの背中がすべて1つのモデルを設定してその人の前に、キリストと聖霊の力を利用し新鮮な生活をして呼吸するの魂を彼は再生成します。 Protestant reformers have commenced their work by separation, and by this act have severed themselves from the very principle of life.プロテスタントの宗教改革作業が開始されて分離し、この法律が切断されてからの人生の非常に原則です。 No one of course would wish to deny that within the Protestant bodies there have been many men of great virtues. 1つのコースがないことに希望を否定するプロテスタントの遺体があった偉大な美徳多くの男性です。 Yet it is not too much to assert that in every case their virtue has been nourished on what yet remained to them of Catholic belief and practice, and not on anything which they have received from Protestantism as such.まだありませんし過ぎることはないと主張してきたすべてのケースに栄養状態が良くないの美徳に対するレビューはまだ残ってどのようなカトリック信仰と練習して、ではなく何かを彼らはプロテスタントなどから受け取った。

The Continuity Theory理論の継続

The doctrine of the Church's indefectibility just considered will place us in a position to estimate, at its true value, the claim of the Anglican Church and of the Episcopalian bodies in other English-speaking countries to be continuous with the ancient pre-Reformation Church of England, in the sense of being part of one and the same society.教会の教義の考えは場所だけの問い合わせindefectibilityする立場を見積もるには、その真の価値は、その主張は、聖公会の聖公会の機関と他の英語圏の国の連続性を事前に改革の古代教会イングランドは、 1つの部分にいるような感覚を社会と同じです。 The point to be determined here is what constitutes a breach of continuity as regards a society.ここをポイントして決定されるのはどのような違反を構成するものとして継続する社会についてです。 It may safely be said that the continuity of a society is broken when a radical change in the principles it embodies is introduced.それによると、 5月の連続性を安全にする社会が壊れて変更されたときに過激な原理を導入すること体現します。 In the case of a Church, such a change in its hierarchical constitution and in its professed faith suffices to make it a different Church from what it was before.教会の場合は、そのような変更は、階層的な憲法と、その信仰が足りる公言して、別の教会の前にはどんな感じだったからです。 For the societies we term Churches exist as the embodiment of certain supernatural dogmas and of a Divinely-authorized principle of government.私たちの社会は、教会が存在する用語の実施の態様の特定の超自然的教義とは、神に政府公認の原則です。 when, therefore, the truths previously field to be of faith are rejected, and the Principle of government regarded as sacred is repudiated, there is a breach of continuity, and a new Church is formed.ときに、そのため、以前は次のフィールドには信仰の真理が拒否される、との原則を神聖と見なされて政府は否定では、継続性に違反すると、新しい教会が形成されます。 In this the continuity of a Church differs from the continuity of a nation.この教会の継続の継続性の異なる国です。 National continuity is independent of forms of government and of beliefs.国家の継続は独立した形の政府との信念です。 A nation is an aggregate of families, and so long as these families constitute a self-sufficing social organism, it remains the same nation, whatever the form of government may be.国は、骨材のご家族、およびこれらのご家族に限り、自給自足できる社会を構成する生物、それはこれまでと同じ国、どのような形の政府のかもしれない。 The continuity of a Church depends essentially on its government and its beliefs.教会の左右の連続性は、本質的に政府とその信念です。

The changes introduced into the English Church at the time of the Reformation were precisely of the character just described.英語の変化に導入され、教会は、時間を正確には、文字だけの改革が説明します。 At that period fundamental alterations were made in its hierarchical constitution and in its dogmatic standards.その期間内には、その階層構造の根本的な変更が行われた憲法とは、独断的な基準です。 It is not to be determined here which was in the right, the Church of Catholic days or the Reformed Church.ここではないが決定されるし、右側のは、カトリック教会の日中か、改革派教会です。 It is sufficient if we show that changes were made vitally affecting the nature of the society.これは十分にすれば極めて詳細に変更が行われたの性質を、社会に影響を及ぼす。 It is notorious that from the days of Augustine to those of Warham, every archbishop of Canterbury recognized the pope as the supreme source of ecclesiastical jurisdiction.これは悪名高いことからしているアウグスティヌスウォーラム日間の、すべてのカンタベリー大主教教皇として認識して教会の管轄権の最高の源です。 The archbishops themselves could not exercise jurisdiction within their province until they had received papal confirmation.管轄権の行使できませんでした。 archbishops自身の道に受信されるまで彼らはローマ法王の確認をします。 Further, the popes were accustomed to send to England legates a latere, who, in virtue of their legatine authority, whatever their personal status in the hierarchy, possessed a jurisdiction superior to that of the local bishops.さらに、教皇がイングランドlegatesに送信するのに慣れてlatere 、 whoは、彼らの美徳legatine権限を、どのように個人の状況を、階層内の、管轄権保有するには、ローカル司教に優れていることです。 Appeals ran from every ecclesiastical court in England to the pope, and his decision was recognized by all as final.控訴裁判所は、英国の教会の実行をどこから見ても、法王、およびすべてのとして認識される彼の決断は最終的です。 The pope, too, exercised the right of excommunication in regard to the members of the English Church.法王は、あまりにも、破門に係る権利を行使するには、英語の教会のメンバーです。 This supreme authority was, moreover, regarded by all as belonging to the pope by Divine right, and not in virtue of merely human institution.この最高権力機関は、また、すべての考えとして、法王は神の右に属して、人間だけではなく機関の美徳。 When, therefore, this power of jurisdiction was transferred to the king, the alteration touched the constitutive principles of the body and was fundamental in its character.ときに、このため、このパワーを裁判の管轄が転送される国王は、構成の変化に触れたのは、根本的な原則のボディと、その文字です。 Similarly, in regard to matters of faith, the changes were revolutionary.同様に、信仰の問題と関連し、革命への変更があります。 It will be sufficient to note that a new rule of faith was introduced, Scripture alone being substituted for Scripture and Tradition; that several books were expunged from the Canon of Scripture; that five out of the seven sacraments were repudiated; and that the sacrifices of Masses were declared to be "blasphemous fables and dangerous deceits".それは十分に注意しては、信仰するルールを新規に導入されれば、啓典啓典と伝統を単独で置換;はいくつかの書籍から抹消されたキヤノンの啓典;は7つの秘跡のうち5つが否定;とは、犠牲大衆が宣言している"危険な冒とく的な寓話とdeceits "です。 It is indeed sometimes said that the official formularies of Anglicanism are capable of a Catholic sense, if given a "non-natural" interpretation.時にはそれは実際によると、英国国教会の教義の公式formulariesのカトリックが可能な意味では、与えられた場合、 "非自然"の解釈です。 This argument can, however, carry no weight.この引数は、しかし、重量を帯びていない。 In estimating the character of a society, we must judge, not by the strained sense which some individuals may attach to its formularies, but by the sense they were intended to bear.社会での文字を推定する、判断しなければならない、緊張感を特定された5月のアタッチを、いくつかの個人formularies 、という意味ではなく、彼らはクマを目的としています。 Judged by this criterion, none can dispute that these innovations were such as to constitute a fundamental change in the dogmatic standpoint of the Church of England.この基準で判断さは、誰も紛争は、これらの技術革新が根本的な変化を構成するなど、独断的な視点から見れば、イングランドの教会のです。

XI. Ⅹ Ⅰ 。 UNIVERSALITY OF THE CHURCH教会の普遍性

The Church of Christ has from the first claimed to transcend all those national differences which divide men.キリスト教会からの最初の主張は、これらの国ごとの違いを超越するすべての男性に分割します。 In it, the Apostle asserts, "there is neither Gentile nor Jew . . . Barbarian nor Scythian" (Colossians 3:11).では、使徒アサート、 "ユダヤ人にはどちらもジェンティーレ。 。 。 。 。野蛮人もスキタイ" (コロサイ人への手紙3:11 ) 。 Men of every race are one in it; they form a single brotherhood in the Kingdom of God.男性のすべてのレースは、 1つのこと;彼らを形成する1つの同胞団は、王国の神です。 In the pagan world, religion and nationality had been coterminous.は、異教の世界、宗教、国籍coterminousていた。 The boundaries of the State were the boundaries of the faith which the State professed.同州の境界線の境界線は、信仰を公言したの状態です。 Even the Jewish Dispensation was limited to a special race.神の摂理さえ、ユダヤ人は限定されている特別なレースです。 Previous to the Christian revelation the idea of a religion adapted to all peoples was foreign to the conceptions of men.発覚する前には、キリスト教の宗教の考えに適応してすべての人々は、外国人の男性の概念をしています。 It is one of the essential features of the Church that she should be a single, worldwide society embracing all races.これは1つの教会の本質的な特徴をすべきであることを彼女は、シングルルーム、世界社会の受け入れのすべてのレースに出場します。 In it, and in it alone, is the brotherhood of man realized.では、と、それだけでも、同胞団の男は、実現しています。 All national barriers, no less than all differences of class, disappear in the City of God.すべての国家の壁を乗り越え、クラス以上のすべての相違を、人込みの中にシティオブゴッドです。 It is not to be understood that the Church disregards the ties which bind men to their country, or undervalues the virtue of patriotism.理解されるべきではないとの関係を無視して教会の男性を自分たちの国をバインドするか、または過小に愛国心の美徳をもっています。 The division of men into different nations enters into the scheme of Providence.当部門の男性を別の国のスキームの摂理に入った。 To each nation has been assigned a special task to accomplish in the working out of God's purposes.それぞれの国に代入されて、特別なタスクを達成するのは、神の目的のための作業です。 A man owes a duty to his nation no less than to his family.負債が男をその民にする義務がない彼のご家族未満です。 One who omits this duty has failed in a primary moral obligation. 1つwho省略この義務は道義的責任を主に失敗しました。 Moreover, each nation has its own character, and its own special gifts.また、それぞれの国には独自のキャラクター、および、独自の特別なギフトです。 It will usually be found that a man attains to high virtue, not by neglecting these gifts, but by embodying the best and noblest ideals of his own people.これは通常では、男が見つかりました実現する高美徳ではなく、これらのギフトを無視ではなく、気高いの理想を具現最高の自分自身の人々です。

For these reasons the Church consecrates the spirit of nationality.これらの理由の教会の精神をconsecrates国籍です。 Yet it transcends it, for it binds together the various nationalities in a single brotherhood.まだそれを超越し、一緒にバインドするための様々な国籍のことを1つの兄弟です。 More than this, it purifies, develops, and perfects national character, just as it purifies and perfects the character of each individual.これ以上、それ浄化、開発、および完全な国家の文字は、浄化と同様に、個々のキャラクターをパーフェクトに仕上げる。 Often indeed it has been accused of exercising an anti patriotic influence.実際に罪に問われることがしばしばに反対する愛国的影響力を行使しています。 But it will invariably be found that it has incurred this reproach by opposing and rebuking what was base in the national aspirations, not by thwarting what was heroic or just.しかし、それは間違いなく、この発見を被ったことが非難され何が基地に反対すると戒め、国家の野心、英雄ではなく、または何がthwartingだけです。 As the Church perfects the nation, so reciprocally does each nation add something of its own to the glory of the Church.国としての教会パーフェクトに仕上げるため、相互がそれぞれの国の何かを追加して、独自の栄光の教会です。 It brings its own type of sanctity, its national virtues, and thus contributes to "the fullness of Christ" something which no other race could give.それもたらす独自のタイプの尊厳、その国家の美徳、およびそのために貢献して、 "キリストの膨満"何かを与える可能性のない他のレースです。 Such are the relations of the Church to what is termed nationality.このような関係は、教会を国籍と呼ばれるものです。 The external unity of the one society is the visible embodiment of the doctrine of the brotherhood of man.外付けの1つの社会の結束を実施の態様は、次のドクトリンは、同胞団の男です。 The sin of schism, the Fathers tell us, lies in this, that by it the law of love to our neighbour is implicitly rejected.の罪の分裂、 、父親の教え、嘘では、同法にされて隣人への愛を私たちは、暗黙のうちに拒否されます。 "Nec hæretici pertinent ad Ecclesiam Catholicam, qæ diligit Deum; nec schismatici quoniam diligit proximum" (Neither do heretics belong to the Catholic church, for she loves God; nor do schismatics, for she loves her neighbour -- Augustine, De Fide et Symbolo, ch. x, in PL, XL, 193). "当社hæretici適切な広告ecclesiam catholicam 、 qæ diligit deum ; schismaticiので当社diligit proximum " (どちらも行う異端のは、カトリックの教会に所属し、彼女が大好き神; schismaticsたり、彼女は彼女の愛する隣国-アウグスティヌス、デf idee ts ymboloは、あなたの選ぶxは、ポーランド語、 xl 、 193 ) 。 It is of importance to insist on this point.重要なことはこの点を主張しています。 For it is sometimes urged that the organized unity of Catholicism may be adapted to the Latin races but is ill-suited to the Teutonic spirit.を求めたことがあるカトリックは、組織の結束を5月に適応して、ラテン民族がゲルマン的精神に適していない。 To say this is to say that an essential characteristic of this Christian revelation is ill-suited to one of the great races of the world.これは言うことを言うのに不可欠な特性は、次のに適していないキリスト教の啓示は、偉大なレースの1つの世界です。

The union of different nations in one society is contrary to the natural inclinations of fallen humanity.いろいろな国の労働組合に反して1つの社会は人類の自然な性向の低下します。 It must ever struggle against the impulses of national pride, the desire for complete independence, the dislike of external control.衝動に逆らってまでする必要があります国家の誇りは、欲望の完全な独立性、外部制御が嫌いだ。 Hence history provides various cases in which these passions have obtained the upper hand, the bond of unity has been broken, and "National Churches" have been formed.それゆえ歴史は、様々なケースでは取得して、これらの情熱が勝って、債券の結束が破られた、と"国民の教会"が形成されます。 In every such case the so-called National Church has found to its cost that, in severing its connection with the Holy See, it has lost its one protector against the encroachments of the secular Government.すべてのこのような場合は、いわゆる国家教会はそのコストが発見さは、その接続を切断ローマ教皇庁、それは1つのプロテクターを失ったencroachments政府は、世俗的です。 The Greek Church under the Byzantine Empire, the autocephalous Russian Church today, have been mere pawns in the hands of the civil authority.教会の下に、ギリシャのビザンチン帝国は、完全に独立したロシアの教会の今日、単なる手先としても、民間機関の手に委ねられています。 The history of the Anglican Church presents the same features.聖公会の歴史をプレゼントし、同じ特徴があります。 There is but one institution which is able to resist the pressure of secular powers -- the See of Peter, which was set in the Church for this purpose by Christ, that it might afford a principle of stability and security to every part.しかし、これは1つの機関にはできるように世俗の圧力に抵抗する力-を参照のピーター、これは設定するには、イエスキリスト教会はこの目的のために、余裕があるかもしれませんが、安定性と安全保障の原則をあらゆる部分です。 The papacy is above all nationalities.ローマ教皇は、上記のすべての国籍のです。 It is the servant of no particular State; and hence it has strength to resist the forces that would make the religion of Christ subservient to secular ends.使用人のないことは、特定の状態、およびそれゆえに抵抗することが強さを軍にすれば、キリストの宗教を世俗的従属を終了します。 Those Churches alone have retained their vitality which have kept their union with the See of Peter.これらの教会の活力を保持だけでは、労働組合が保管するピーターを参照します。 The branches which have been broken from that stem have withered.壊れてからの枝が原因とされてきたが枯れた。

The Branch Theoryの枝の理論

In the course of the nineteenth century, the principle of National Churches was strenuously defended by the High Church Anglican divines under the name of the "Branch theory". 19世紀の過程で、国家の原則を強く擁護教会は、教会の聖公会の神学者の高さの名の下に、 "分岐理論"です。 According to this view, each National Church when fully constituted under its own episcopate is independent of external control.このビューを表示するによると、各国立教会で構成されて、独自のbishopの地位は完全に独立した外部制御します。 It possesses plenary authority as to its internal discipline, and may not merely reform itself as regards ritual and ceremonial usages, but may correct obvious abuses in matters of doctrine.全体として保有することは、内部の規律権限、および5月の改革自体単なる儀式や儀式の用途での使用に関しては、明白な侵害が正しい場合があります教義の問題です。 It is justified in doing this even if the step involve a breach of communion with the rest of Christendom; for, in this case, the blame attaches not to the Church which undertakes the work of reformation, but to those which, on this score, reject it from communion.これを行うことが正当化ささえ違反した場合は、ステップを伴う聖体拝領とキリスト教の残りの部分;ため、この場合には、アタッチのせいにしないように、教会の仕事を引き受けるの改革ではなくそれらを、このスコアは、聖体拝領を拒否しています。 It still remains a "branch" of the Catholic Church as it was before.それは依然として、 "支店"としては、カトリック教会の前にします。 At the present day the Anglican, Roman Catholic, and Greek Churches are each of them a branch of the Universal Church.現今では、聖公会、ローマカトリック、および、ギリシャ語の教会はかれらをそれぞれの一支部は、普遍的教会です。 None of them has an exclusive right to term itself the Catholic Church.それらなしの用語自体には、排他的な権利を有するのは、カトリックの教会です。 The defenders of the theory recognize, indeed, that this divided state of the church is abnormal.守備の理論を認識するのは、確かに、この分離された状態では、教会は異常です。 They admit that the Fathers never contemplated the possibility of a church thus severed into parts.彼らを認めることの可能性を予期しない、父親の教会のために部品の切断します。 But they assert that circumstances such as those which led to this abnormal state of things never presented themselves during the early centuries of ecclesiastical history.しかし、彼らが主張するような状況でこのような異常な状態につながって自身のことを決して提示世紀の教会史の初期のです。

The position is open to fatal objections.致命的な反対の立場が開いてからです。

It is an entirely novel theory as to the constitution of the Church, which is rejected alike by the Catholic and the Greek Churches.これは完全に小説を、憲法の理論としての教会、これは拒否されたのは、カトリックのと同じで、ギリシャの教会です。 Neither of these admit the existence of the so-called branches of the Church.これらのどちらの存在を認める、いわゆる枝教会です。 The Greek schismatics, no less than the Catholics, affirm that they, and they only, constitute the Church.ギリシャ語schismatics 、カトリック教徒よりも小さい、断言して、かれらは、教会を構成する。 Further, the theory is rejected by the majority of the Anglican body.さらに、その理論が拒否された多数の聖公会の体です。 It is the tenet of but one school, though that a distinguished one.しかし、それは、教義の1つの学校が、 1つのことを識別します。 It Is almost a reductio ad absurdum when we are asked to believe that a single school in a particular sect is the sole depositary of the true theory of the Church.帰びゅうすることはほとんど我々は求められると思われるときに、 1つの学校での唯一の預託は、特定の宗派の教会の真の理論です。

The claim made by many Anglicans that there is nothing in their position contrary to ecclesiastical and patristic tradition in quite indefensible.多く作られるの主張には何も入っanglicansがあるという立場に反して、伝統的な教会と非常に弁解の余地のないpatristicです。 Arguments precisely applicable to their case were used by the Fathers against the Donatists.引数を正確に適用して使用されるケースが、父親の反対するdonatistsです。 It is known from the "Apologia" that Cardinal Wiseman's masterly demonstration of this point was one of the chief factors in bringing about the conversion of Newman.ことがわかってからの"弁明"という枢機卿ワイズマンの見事なデモは、次のポイントは、 1つの要因をもたらすの長への変換のニューマンです。 In the controversy with the Donatists, St. Augustine holds it sufficient for his purpose to argue that those who are separated from the Universal Church cannot be in the right.は、論争のdonatists 、聖アウグスティヌスは、彼の目的のために十分なことを主張してそれらのwhoは、普遍的教会から分離することはできませんし、右側のです。 He makes the question one of simple fact.彼は単純な事実により、問題の1つです。 Are the Donatists separated from the main body of Christians, or are they not?は、本体から分離さdonatistsのキリスト教徒か、またはは、かれらはですか? If they are, no vindication of their cause can absolve them from the charge of schism.その場合は、無罪を言い渡すの汚名をすすぐことに原因が分裂してから、担当します。 "Securus judicat orbis terrarum bonos non esse qui se dividunt ab orbe terrarum in quâcunque parte orbis terrarum" (The entire world judges with security that they are not good, who separate themselves from the entire world in whatever part of the entire world -- Augustine, contra epist. Parm., III, c. iv in PL, XLIII, 101). " securus judicat bonos以外の世界のesseのホームse quâcunque部分dividuntアルバータorbe terrarum世界で" (裁判官、全世界の安全保障がされていないといい、 who個別そのものより、全世界のどの部分で、全世界の-アウグスティヌス、コントラepistが。 parm 。 、 3世、 4世にc.ポーランド語、 43 、 101 ) 。 St. Augustine's position rests through out on the doctrine he assumes as absolutely indubitable, that Christ's Church must be one, must be visibly one; and that any body that is separated from it is ipso facto shown to be in schism.聖アウグスティヌスの立場を休符を介してその教義を前提として確実に間違いのない彼は、その1つのキリスト教会しなければならない、しなければならない目に見えて1つ、およびそのすべてのボディには表示さから分離されることが事実上の分裂です。

The contention of the Anglican controversialists that the English Church is not separatist since it did not reject the communion of Rome, but Rome rejected it, has of course only the value of a piece of special pleading, and need not be taken as a serious argument.の競合英語、アングリカン教会ではないcontroversialists分離独立して以来の聖体拝領を拒否していないローマ、しかし、ローマ拒否されたことはもちろんの値を一枚だけの特別な嘆願し、深刻なものである必要はありません引数として取るです。 Yet it is interesting to observe that in this too they were anticipated by the Donatists (Contra epist. Petil., II, xxxviii in PL, XLIII, 292).まだそれの興味の対象を観察して彼らはあまりにも予想されるこのdonatists (コントラepistです。 petil 。 、二、三十八、ポーランド語、 43 、 292 ) 。

The consequences of the doctrine constitute a manifest proof of its falsity.その結果、教義を構成するマニフェストの虚偽の証拠です。 The unity of the Catholic Church in every part of the world is, as already seen, the sign of the brotherhood which binds together the children of God.カトリック教会の結束を世界のすべての部分は、既に見られるとして、同胞団のメンバーは、神の子供たちが一緒にバインドします。 More than this, Christ Himself declared that it would be a proof to all men of His Divine mission.これ以上、イエスキリストを宣言して自分自身を証明すれば、彼のすべての男性神の使命です。 The unity of His flock, an earthly representation of the unity of the Father and the Son, would be sufficient to show that He had come from God (John 17:21).彼の群れの結束は、この世の結束を表現したの息子の父親と、彼は十分に表示することは神に来ていました(ヨハネ17:21 ) 。 Contrariwise, this theory, first advanced to justify a state of things having Henry VIII as its author, would make the Christian Church, not a witness to the brotherhood of God's children, but a standing proof that even the Son of God had failed to withstand the spirit of discord amongst men.これに反して、この理論的には、最初の高度な物事を正当化するための状態をその著者がヘンリー8世として、キリスト教の教会となることが、特定の証人を選んでプレゼントして、神の子供たちではなく、立って証拠をつかんでいたにも神の息子に失敗しました耐えるの精神との不和の中の男性です。 Were the theory true, so far from the unity of the Church testifying to the Divine mission of Jesus Christ, its severed and broken condition would be a potent argument in the hands of unbelief.その理論がtrueの場合、これまでのところから、教会の結束を証言してイエスキリストの神聖な使命、その壊れた状態が切断さと強力な引数は、不信仰の手に委ねられています。

XII. 12 。 NOTES OF THE CHURCHノートの教会

By the notes of the Church are meant certain conspicuous characteristics which distinguish it from all other bodies and prove it to be the one society of Jesus Christ.されたのノートを教会の顕著な特徴は、特定の意味を区別するためにそれを証明するすべての団体や社会にイエスキリストの1つです。 Some such distinguishing marks it needs must have, if it is, indeed, the sole depositary of the blessings of redemption, the way of salvation offered by God to man.いくつかのような区別する必要があります。符が必要な場合には、実際のところ、恵みの唯一の預託の償還、救いの道の神は人間に提供されています。 A Babel of religious organizations all proclaim themselves to be the Church of Christ.バベルのすべての宗教団体を宣言しても、キリスト教会です。 Their doctrines are contradictory; and precisely in so far as any one of them regards the doctrines which it teaches as of vital moment, it declares those of the rival bodies to be misleading and pernicious.その教説には矛盾が;かつ正確にはこれまでのところ、それらのいずれかの説について教えとしての重要な瞬間それは、ライバルの遺体は、それらのことを宣言されると致命的な誤解を招くようです。 Unless the true Church were endowed with such characteristics as would prove to all men that it, and it alone, had a right to the name, how could the vast majority of mankind distinguish the revelation of God from the inventions of man?真の教会が恵まれていない限り、このような特徴を持つすべての人を立証することは、それだけでも、右からの名前は、どのよう明確に区別して人類の大部分は、神の啓示からの発明の男ですか? If it could not authenticate its claim, it would be impossible for it to warn all men that to reject it was to reject Christ.認証することができなかった場合にその主張、それは不可能であることを警告することを拒否するすべての人を拒否することは、イエスキリストです。 In discussing the visibility of the Church (VII) it was seen that the Catholic Church points to four such notes -- those namely which were inserted in the Nicene Creed at the Council of Constantinople (AD 381): Unity, Sanctity, Catholicity, and Apostolicity.教会の可視性を議論して( 7 )で見たことがあることは、 4つのポイントを、カトリック教会のようなノート-これらのつまりが挿入されたニカイア信条は、コンスタンティノポリス(広告3 81) :ユニティ、神聖、普遍性、およびapostolicityです。 These, it declares, distinguish it from every other body, and prove that in it alone is to be found the true religion.これらのことを宣言、区別するためにどこから見ても他のボディ、およびそれを証明して発見されるだけでは真の宗教です。 Each of these characteristics forms the subject of a special article in this work.それぞれの特性を形成してアジ研は、特別な記事この作品です。 Here, however, will be indicated the sense in which the terms are to he understood.ここでは、しかし、指示されるという意味では彼の条件を理解されています。 A brief explanation of their meaning will show how decisive a proof they furnish that the society of Jesus Christ is none other than the Church in communion with the Holy See.その意味を簡単に説明する決定的な証拠が表示さどのように社会の提出は、イエスキリストはなし以外の教会で聖体拝領の神聖を参照します。

The Protestant reformers endeavoured to assign notes of the Church, such as might lend support to their newly-founded sects.改革派のプロテスタント教会のノートをendeavouredを割り当てるなど、彼らを支持するかもしれない宗派新たに設立します。 Calvin declares that the Church is to be found "where the word of God is preached in its purity, and the sacraments administered according to Christ's ordinance" (Instit., Bk. IV, c. i; cf. Confessio August., art. 4).カルバンを宣言し、教会が発見される"どこの言葉は神は、その純度説教し、キリストの秘跡管理条例によると、 " ( instit. 、 bk 。 4 、 c.私;継続前誌です。 confessio年8月。 、芸術です。 4 ) 。 It is manifest that such notes are altogether nugatory.マニフェストは、そのようなことは全く無価値なノートです。 The very reason why notes are required at all is that men may be able to discern the word of God from the words of false prophets, and may know which religious body has a right to term its ceremonies the sacraments of Christ.理由は非常に注意が必要では、男性のすべてを識別することができる可能性という言葉虚偽の言葉を神からの預言者、および5月知る権利をどの宗教団体には、その儀式の秘跡キリストの言葉です。 To say that the Church is to be sought where these two qualities are found cannot help us.を言うのは、教会はどこに求められるこれらの2つの資質が見つかりました役立てることはできません。 The Anglican Church adopted Calvin's account in its official formulary (Thirty-Nine Articles, art. 17); on the other hand, it retains the use of the Nicene Creed; though a profession of faith in a Church which is One, Holy, Catholic, and Apostolic, can have little meaning to those who are not in communion with the successor of Peter.カルバンの聖公会のアカウントの採択は、公式の処方( 39記事、芸術です。 17 ) ;その一方で、保有して使用することニカイア信条;かかわらず、教会の信仰を職業のうちの1つ、聖なる、カトリック、および使徒は、ほとんど意味がないことをそれらの聖体拝領whoれていないとの後継者のピーターです。

Unityユニティ

The Church is One because its members;教会はそのメンバーのための1つ;

Are all united under one government政府はすべて1つの方法Unitedされて

All profess the same faithすべての同じ信仰告白

All join in a common worshipすべての共通の礼拝に参加する

As already noted (XI) Christ Himself declared that the unity of his followers should bear witness to Him.すでに言及したように(十一)イエスキリスト自身の団結を宣言して彼の信者が証言している。 Discord and separation are the Devil's work on the earth.葛藤とは、悪魔の仕事を分離し、地球上のです。 The unity and brotherhood promised by Christ are to be the visible manifestation on the earth of the Divine union (John 17:21).イエスキリストの団結と兄弟愛を約束され発現されるのは、地球上に見えるのは神の労働組合(ヨハネ17:21 ) 。 St. Paul's teaching on this point is to the same effect.聖パウロの教育この点については同じような効果をします。 He sees in the visible unity of the body of Christ an external sign of the oneness of the Spirit who dwells within it.彼は次の団結は、イエスキリストのボディの外付けのメンバーは、一体性の精神にwhoの棲むところにしてください。 There is, he says, "one body and one Spirit" (Ephesians 4:4).には、彼の言う、 " 1つ1つの肉体と精神" (エペソ人への手紙4時04分) 。 As in any living organism the union of the members in one body is the sign of the one animating principle within, so it is with the Church.すべての生物のように、労働組合のメンバーのサインを1つの体は1つのアニメーションの原理に、これは、教会です。 If the Church were divided into two or more mutually exclusive bodies, how could she witness to the presence of that Spirit Whose name is Love.教会が分かれている場合は、 2つ以上の相互排他的な機関は、どのように彼女の精神の目撃者が存在する、その名は愛です。 Further, when it is said that the members of the Church are united by the profession of the same faith, we speak of external profession as well as inward acceptance.さらに、メンバーによると、このときは、教会が、団結される職業と同じ信仰、私たち話すの内側への受け入れだけでなく、外部の職業です。 In recent years, much has been said by those outside the Church, about unity of spirit being compatible with differences of creed.近年では、それらの多くは、外部の教会によるとされ、約団結の精神の相違を信条と互換性があります。 Such words are meaningless in reference to a Divine revelation.このような意味のない言葉は神の啓示を参照して下さい。 Christ came from heaven to reveal the truth to man.イエスキリスト天国から来た男に真実を明らかにする。 If a diversity of creeds could be found in His Church, this could only be because the truth He revealed had been lost in the quagmire of human error.信条の多様性の場合は彼の教会が見つかりませんでしたが、これは真実のみでは、彼は明らかに失われていたの泥沼は、人間のエラーが発生します。 It would signify that His work was frustrated, that His Church was no longer the pillar and ground of the truth.それは彼の作品は、欲求不満を意味するが、それは、もはや彼の教会の柱と地面には、真理です。 There is, it is plain, but one Church, in which is found the unity we have described -- in the Catholic Church, united under the government of the supreme pontiff, and acknowledging all that he teaches in his capacity as the infallible guide of the Church.には、それはプレーン、しかし、 1つの教会では私たちが説明するの結束が見つかった-で、カトリック教会の中の最高の司教の下に政府、およびすべてのことに感謝の意を教えて彼は彼の能力の絶対確実なガイドとして教会です。

Sanctity神聖

When the Church points to sanctity as one of her notes, it is manifest that what is meant is a sanctity of such a kind as excludes the supposition of any natural origin.教会の神聖さを指して彼女のノートの一つとして、それは何を意味するマニフェストには、このようなある種の神聖さを除外する天然由来のあらゆる仮定します。 The holiness which marks the Church should correspond to the holiness of its Founder, of the Spirit Who dwells within it, of the graces bestowed upon it.ホーリネスをマークするのに対応して、ホーリネス教会はその創始者、 whoの棲むところの精神にし、それに甘えて課せられた。 A quality such as this may well serve to distinguish the true Church from counterfeits.このように品質のサービスを区別するかもしれないから偽造の真の教会です。 It is not without reason that the Church of Rome claims to be holy in this sense.これは理由がないわけではローマの教会の神聖なこの意味で主張される。 Her holiness appears in the doctrine which she teaches, in the worship she offers to God, in the fruits which she brings forth.彼女の神聖表示されている教義を教えて彼女は、彼女は神の礼拝は、彼女の果実を実らせる。

The doctrine of the Church is summed up in the imitation of Jesus Christ.その教義を要約すると、教会は、イエスキリストの模造品です。 This imitation expresses itself in good works, in self-sacrifice, in love of suffering, and especially in the practice of the three evangelical counsels of perfection -- voluntary poverty, chastity, and obedience.この表現自体が良い作品の模造品は、自己犠牲は、愛の苦労を経験し、特に、の3つの福音主義の実践は、弁護人の完ぺき-自発的貧困、貞操を守る、と服従します。 The ideal which the Church proposes to us is a Divine ideal.教会は、理想的な問い合わせは、神の理想的な提案をします。 The sects which have severed themselves from the Church have either neglected or repudiated some part of the Church's teaching in this regard.自身の宗派の教会が切断されているか、または否認放置されたいくつかの部分でこの点について、教会の教えします。 The Reformers of the sixteenth century went so far as to deny the value of good works altogether.は、 16世紀の改革派としては、これまでの作品を否定して良いの値を完全にします。 Though their followers have for the most part let fall this anti-Christian doctrine, yet to this day the self-surrender of the religious state is regarded by Protestants as folly.かれらの信奉者がこの秋、ほとんどの部分let反キリスト教の教義は、この日はまだありませんが、自己の宗教的な状態が降伏のプロテスタントとしての愚かさを考えています。

The holiness of the Church's worship is recognized even by the world outside the Church.ホーリネス教会の礼拝するのが認識でさえ、教会の外の世界です。 In the solemn renewal of the Sacrifice of Calvary there lies a mysterious power, which all are forced to own.厳粛な更新は、そこにカルヴァリーのいけにえの神秘的なパワーをすべての人は強制的に自身のです。 Even enemies of the Church realize the sanctity of the Mass.教会の敵のようにも神聖さを実現するためのMass 。

Fruits of holiness are not, indeed, found in the lives of all the Church's children.ホーリネスはないの成果を、実際のところ、発見されたのすべての教会の子供たちの生活をします。 Man's will is free, and though God gives grace, many who have been united to the Church by baptism make little use of the gift.男の意志は無料ですが、とにかかわらず神の恵み、多くのwho団結しても、教会で洗礼をほとんど使用するギフトです。 But at all times of the Church's history there have been many who have risen to sublime heights of self-sacrifice, of love to man, and of love to God.しかし、教会の歴史のすべての回があったwhoが上昇して多くの崇高な高さは自己犠牲、男の愛を、神の愛とします。 It is only in the Catholic Church that is found that type of character which we recognize in the saints -- in men such as St. Francis Xavier, St. Vincent de Paul, and many others.これは、カトリック教会のことだけでそのタイプの文字が見つかったのは、我々は認識聖人-など、男性のサンフランチェスコザビエル、セントビンセントデポール、 、その他さまざまです。 Outside the Church men do not look for such holiness.外部の教会の男性を探してこのような神聖はありません。 Moreover, the saints, and indeed every other member of the Church who has attained to any degree of piety, have been ever ready to acknowledge that they owe whatever is good in them to the grace the Church bestows.また、聖人、そして実際のすべてのメンバである教会のwhoは、どの程度の信心深さを達成されてまで準備して借りを認めるにして、何が良いの教会グレースbestowsです。

Catholicityカトリック教

Christ founded the Church for the salvation of the human race.イエスキリスト教会を設立し、人類の救いになっています。 He established it that it might preserve His revelation, and dispense His grace to all nations.彼は彼の確立維持することが啓示かもしれませんし、彼の恩恵をすべての国調剤します。 Hence it was necessary that it should be found in every land, proclaiming His message to all men, and communicating to them the means of grace.そのために必要なことが発見されるごとにしなければならない土地は、彼のメッセージが表示さ宣言をすべての人とのコミュニケーションの手段の恵みを受けしています。 To this end He laid on the Apostles the Injunction to "go, and teach all nations".そのためには彼の使徒に敷かの差し止め命令を"行く、と教えてすべての国"です。 There is, notoriously, but one religious body which fulfills this command, and which can therefore lay any claim to the note of Catholicity.には、悪名高い、しかし、このコマンドを1つの宗教団体を満たし、任意のレイアウトと主張するが、そのための注意事項をカトリック教です。 The Church which owns the Roman pontiff as its supreme head extends its ministrations over the whole world.ローマ教皇の教会を所有して最高の頭の延長として、全世界のministrations 。 It owns its obligation to preach the Gospel to all peoples.そのことを所有する義務をすべての人々に福音を説く。 No other Church attempts this task, or can use the title of Catholic with any appearance of justification.このタスクを実行しようと他の教会、またはを使用して任意の外観カトリックのタイトルを正当化します。 The Greek Church is at the present day a mere local schism. 、ギリシャの教会は現今では単なるローカル分裂です。 None of the Protestant bodies has ever pretended to a universal mission.今までのプロテスタントの遺体なしの普遍的使命のふりをしています。 They claim no right to convert to their beliefs the Christianized nations of Europe.彼らの権利を主張するchristianized自分の信念に変換するヨーロッパの国です。 Even in regard to the heathen, for nearly two hundred years missionary enterprise was unknown among Protestant bodies.異教徒もこれと関連して、 200年近くの間プロテスタント宣教師エンタープライズ遺体は不明です。 In the nineteenth century, it is true, many of them displayed no little zeal for the conversion of the heathen, and contributed large sums of money for this purpose.は、 19世紀、それがtrueの場合、それらの多くはほとんど表示されるのは、異教徒の熱意は、コンバージョン、および貢献この目的のために大量のお金をします。 But the results achieved were so inadequate as to justify the conclusion that the blessing of God did not rest upon the enterprise.しかし、成果が不十分なため結論を正当化するには、神の祝福にしなかった残りの企業です。 (See CATHOLIC MISSIONS; MISSIONS; PROTESTANT.) (カトリックのミッション;ミッション;プロテスタントです。 )

Apostolicity apostolicity

The Apostolicity of the Church consists in its identity with the body which Christ established on the foundation of the Apostles, and which He commissioned to carry on His work. apostolicityは、教会のアイデンティティーを構成は、イエスキリストのボディに、使徒に設立された同財団は、委託を運ぶ上で、どの彼は彼の仕事です。 No other body save this is the Church of Christ.他のボディこれは、キリスト教会を保存します。 The true Church must be Apostolic in doctrine and Apostolic in mission.ローマ教皇の真の教会の教義をしなければならないと使徒の使命です。 Since, however, it has already been shown that the gift of infallibility was promised to the Church, it follows that where there is Apostolicity of mission, there will also be Apostolicity of doctrine.以来、しかし、それはすでに示されているの贈り物を約束して教会の不可謬性は、それがどこには以下の通りapostolicityの使命は、 apostolicityの説もあります。 Apostolicity of mission consists in the power of Holy orders and the power of jurisdiction derived by legitimate transmission from the Apostles. apostolicityのミッションには、電源の僧籍を構成してから、電源を裁判の管轄と使徒から派生した合法的な伝送します。 Any religious organization whose ministers do not possess these two powers is not accredited to preach the Gospel of Christ.いかなる宗教団体の閣僚はありませんではないの権限を持つこれらの2つの認定をキリストの福音を説く。 For "how shall they preach", asks the Apostle, "unless they be sent?" "どのようかれらに説教" 、要求の使徒、 "しない限り、彼らに送っですか? " (Romans 10:15). (ローマ人への手紙10:15 ) 。 It is Apostolicity of mission which is reckoned as a note of the Church.これはこれは無視apostolicityとしての使命をメモして教会です。 No historical fact can be more clear than that Apostolicity, if it is found anywhere, is found in the Catholic Church.ない歴史的事実をもっと明確にできるapostolicityに比べて、見つかった場合にはどこからでも、カトリック教会が発見された。 In it there is the power of Holy orders received by Apostolic succession.がそれには受注の力を聖なる使徒継承されています。 In it, too, there is Apostolicity of jurisdiction; for history shows us that the Roman bishop is the successor of Peter, and as such the centre of jurisdiction.では、あまりにもでは、 apostolicityを裁判の管轄;の歴史が示し問い合わせは、ローマ司教は、後継者のピーターは、そのような管轄区域の中心部です。 Those prelates who are united to the Roman See receive their jurisdiction from the pope, who alone can bestow it.これらのprelates whoが団結して、ローマ教皇からの参照を受け取るに管轄権、 whoだけで授けることです。 No other Church is Apostolic.他の教会はローマ教皇のです。 The Greek church, it is true, claims to possess this property on the strength of its valid succession of bishops. 、ギリシャの教会、それがtrueの場合、このプロパティを持つと主張し、有効な後継者の司教の強さです。 But, by rejecting the authority of the Holy See, it severed itself from the Apostolic College, and thereby forfeited all jurisdiction.しかし、権限を拒否し、ローマ教皇庁、それ自体から切断さ使徒カレッジ、もって没収のすべての管轄下にあります。 Anglicans make a similar claim. anglicansに、同様の主張です。 But even if they possessed valid orders, jurisdiction would be wanting to them no less than to the Greeks.しかし、たとえ彼らの有効な受注保有し、管轄権がない欠けして、ギリシア人未満にします。

XIII. 13 。 THE CHURCH, A PERFECT SOCIETYその教会は、完璧な社会

The Church has been considered as a society which aims at a spiritual end, but which yet is a visible polity, like the secular polities among which it exists.その教会は考慮されて社会としての精神的なエンドを目指して、しかし、これに目に見える政体はまだありませんが、世俗の政治の中のようにそれが存在します。 It is, further, a "perfect society".これは、より詳細は、 "完璧な社会"です。 The meaning of this expression, "a perfect society", should be clearly understood, for this characteristic justifies, even on grounds of pure reason, that independence of secular control which the Church has always claimed.この表現の意味を、 "完璧な社会"は、明確に理解すべきである、この特性を正当化、純粋理性の理由でさえ、その制御は、教会の世俗の独立性は常に主張した。 A society may be defined as a number of men who unite in a manner more or less permanent in order, by their combined efforts, to attain a common good.社会として定義される5月who団結し、多くの男性は多かれ少なかれ恒久的な態度のため、その組み合わせの努力によって、共通の利益を達成する。 Association of this kind is a necessary condition of civilization.協会はこの種のは、文明の必要条件です。 An isolated individual can achieve but little.しかし、ほとんど孤立した個々のことを達成します。 He can scarcely provide himself with necessary sustenance; much less can he find the means of developing his higher mental and moral gifts.彼は自分自身に必要なほとんどの糧を提供;はるかに少ないの手段を見つけること彼は彼の高い精神的、道徳的な発展途上ギフトです。 As civilization progresses, men enter into various societies for the attainment of various ends.文明が進むに従って、男性に足を踏み入れるの様々な様々な社会の達成を終了します。 These organizations are perfect or imperfect societies.これらの組織が完全または不完全な社会です。 For a society to be perfect, two conditions are necessary:完璧な社会のために、 2つの条件が必要である:

The end which it proposes to itself must not be purely subordinate to the end of some other society.の最後にそれ自体を提案してはならない純粋に従属しており、いくつかの他の社会の終わりです。 For example, the cavalry of an army is an organized association of men; but the end for which this association exists is entirely subordinate to the good of the whole army.たとえば、軍の機甲部隊の編成は、協会の男性;しかし、この協会が存在するの最後には完全に従属しており、全軍が良いです。 Apart from the success of the whole army, there can properly speaking be no such thing as the success of the lesser association.の成功を離れ、全軍、正確に言えば起きることのようなものではないとしての成功には、小協会です。 Similarly, the good of the whole army is subordinate to the welfare of the State.同様に、全軍の良いのは、国家の福祉に従属しています。

The society in question must be independent of other societies in regard to the attainment of its end.独立しなければならないが、社会の他の社会問題と関連し、エンド達成します。 Mercantile societies, no matter how great their wealth and power, are imperfect; for they depend on the authority of the State for permission to exist.マーカンタイル社会では、どんなに素晴らしいその富と権力は、不完全な;を彼らに依存しては、国家の権威が存在するための許可をします。 So, too, a single family is an imperfect society.そのため、あまりにも、単一のご家族は、不完全な社会です。 It cannot attain its end -- the well-being of its members -- in isolation from other families.その最後を達成することはできません-その構成員の福利を-他のご家族から孤立します。 Civilized life requires that many families should cooperate to form a State.文明化する必要が人生を形成する多くの家族が協力し状態です。

There are two societies which are perfect -- the Church and the State.これは完璧には2つの社会-の教会との状態です。 The end of the State is the temporal welfare of the community.の最後に、国家は、社会福祉の時間です。 It seeks to realize the conditions which are requisite in order that its members may be able to attain temporal felicity.シークを実現することが必須の条件のメンバーのために時間を達成することができる可能性フェリシティです。 It protects the rights, and furthers the interests of the individuals and the groups of individuals which belong to it.それを保護する権利、および利益を促進し、個人や個人のグループに属することにしよう。 All other societies which aim in any manner at temporal good are necessarily imperfect.社会のすべての目的は、いかなる方法で頭が良いは必ずしも不完全です。 Either they exist ultimately for the good of the State itself; or, if their aim is the private advantage of some of its members, the State must grant them authorization, and protect them in the exercise of their various functions.最終的にどちらかのために彼らの存在自体の状態、または、もし彼らの目的は、民間の利点のいくつかのメンバーは、付与する必要がありますし、国家の承認、およびそれらを守るための様々な機能を行使します。 Should they prove dangerous to it, it justly dissolves them.彼らにとって危険であると証明することは、当然の溶解します。 The Church also possesses the conditions requisite for a perfect society.教会も保有完璧な社会に必須の条件です。 That its end is not subordinate to that of any other society is manifest: for it aims at the spiritual welfare, the eternal felicity, of man.その終わりではないことに従属して他の社会はマニフェスト:福祉の精神的なことを目指して、永遠の幸福、人間のです。 This is the highest end a society can have; it is certainly not an end subordinate to the temporal felicity aimed at by the State.これは社会を終わらせることが最も高いことは、確かに従属しており、時間はフェリシティに終止符を目的とされた状態になります。 Moreover, the Church is not dependent on the permission of the State in the attaining of its end.また、教会ではないの許可を得ての状態に依存して達成するのは、終了します。 Its right to exist is derived not from the permission of the State, but from the command of God.その右に存在するが派生した特定の状態からの許可を得て、しかし、神からのコマンドです。 Its right to preach the Gospel, to administer the sacraments, to exercise jurisdiction over its subjects, is not conditional on the authorization of the civil Government.福音を説くの権利を、秘跡を管理するのは、裁判管轄権を行使するの科目ではないの承認を条件付きで政府の民事です。 It has received from Christ Himself the great commission to teach all nations.イエスキリストが自分自身の大委員会から受信したすべての国を教える。 To the command of the civil Government that they should desist from preaching, the Apostles replied simply that they ought to obey God rather than men (Acts 5:29).民事政府には、コマンドを求めるから説教してもらいたいのは、単純にして使徒はこう答えた。するべきではなく、神に従うの男性(行為5:29 ) 。 Some measure of temporal goods is, indeed, necessary to the Church to enable it to carry out the work entrusted to it.いくつかの時間を測定品は、実際のところ、それを有効にする必要が教会の仕事の委託を実施することにしよう。 The State cannot justly prohibit it from receiving this from the benefactions of the faithful.の状態を受け取ることを禁止することはできません。当然、このbenefactionsから、忠実な。 Those whose duty it is to achieve a certain end have a right to possess the means necessary to accomplish their task.これらのことは、その任務を達成するために、特定の最後の手段を所有し権利を持っている彼らに必要なタスクを達成する。

Pope Leo XIII summed up this doctrine in his Encyclical "Immortale Dei" (1 November, 1885) on the Christian constitution of States: "The Church", he says, "is distinguished and differs from civil society; and, what is of highest moment, it is a society chartered as of right divine, perfect in its nature and its title to possess in itself and by itself through the will and loving kindness of its Founder, all needful provision for its maintenance and action. And just as the end at which the Church aims is by far the noblest of ends, so is its authority the most excellent of all authority, nor can it be looked on as inferior to the civil power, or in any manner dependent upon it."教皇レオ13世、この教義を要約する彼の回勅" immortaleデイ" ( 11月1日、 1885 )は、キリスト教の憲法上の州: "教会" 、と彼は言います、 "識別とは異なる市民社会;と、何が最高瞬間、それは神の権利として公認する社会は、完全にその性質とそのタイトルを持つとされ、自分自身の意志と自分自身を愛する優しさの創始者、すべての必要な引当金のメンテナンスとアクションです。と同じようにの最後に教会では、目的は、これまでの最も気高いが終了すると、これは、その権限の最も優れたのすべての権限を、顔をしたり、それを下にして市民パワーか、またはどのような形に依存します。 " It is to be observed that though the end at which the Church aims is higher than that of the State, the latter is not, as a society, subordinate to the Church.ことが観察されることでは、教会の最後には目標を上回ることは、国家、後者ではない、社会全体として、従属しており、教会です。 The two societies belong to different orders.社会の異なる2つの命令に属しています。 The temporal felicity at which the State aims is not essentially dependent on the spiritual good which the Church seeks.フェリシティの頭の目的ではない状態では、本質的に精神的に依存して良いのは、教会のシークします。 Material prosperity and a high degree of civilization may be found where the Church does not exist.物質文明の繁栄と高い場所が見つかることがあります教会は存在しません。 Each society is Supreme in its own order.それぞれの社会は最高で、独自のオーダーです。 At the same time each contributes greatly to the advantage of the other.それと同時に、各大きく貢献して、他の利点です。 The church cannot appeal to men who have not some rudiments of civilization, and whose savage mode of life renders moral development impossible.教会の男性アピールすることはできませんwhoれていないいくつかの文明の基礎、およびその残忍な開発不可能な道徳的な生活様式をレンダリングします。 Hence, though her function is not to civilize but to save souls, yet when she is called on to deal with savage races, she commences by seeking to communicate the elements of civilization to them.したがって、彼女の関数ではないにかかわらず教化の魂を保存するしかし、彼女はまだありませんが呼び出されたときに対処して凶暴な人種、彼女は開始され文明の要素を模索して通信しています。 On the other hand, the State needs the Supernatural sanctions and spiritual motives which the Church impresses on its members.その一方で、超自然の状態を必要として制裁や精神的な動機では、教会のメンバーimpressesです。 A civil order without these is insecurely based.民事注文をベースに、これらのは、セキュアでないです。

It has often been objected that the doctrine of the Church's independence in regard to the State would render civil government impossible.反対していることがしばしば教会の教義は、同州の独立を表明する市民が政府をレンダリング不可能です。 Such a theory, it is urged, creates a State within a State; and from this, there must inevitably result a conflict of authorities each Claiming supreme dominion over the same subjects.このような理論的には、求めたことは、州内の状態を作成すると、この、存在しなければ、必然的結果を各当局の対立を主張しており、同じ科目ドミニオン最高です。 Such was the argument of the Gallican Regalists.このような条項は、引数をregalistsです。 The writers of this school, consequently, would not admit the claim of the Church to be a perfect society.この学校のライター、その結果、その主張を認めるのは、教会には、完璧な社会です。 They maintained that any jurisdiction which it might exercise was entirely dependent on the permission of the civil power.彼らを維持するものかもしれない管轄権行使は、完全にそれに依存して市民パワーの許可を得ています。 The difficulty, however, is rather apparent than real.の難しさ、しかし、見掛けよりはかなりリアルです。 The scope of the two authorities is different, the one belonging to what is temporal, the other to what is spiritual.の範囲は、 2つの当局が異なる場合、何が頭の1つに所属する、他の精神的には何です。 Even when the jurisdiction of the Church involves the use of temporal means and affects temporal interests, it does not detract from the due authority of the State.教会の管轄裁判所とするときにも使用するには時間的な手段と影響を及ぼす時間的関心事、それはありません権威を落とすための状態からです。 If difficulties arise, they arise, not by the necessity of the case, but from some extrinsic reason.面倒な事が起きる場合、彼らがあれば、特定の必要性をされた場合は、しかし、いくつかの外因性の理由からです。 In the course of history, occasions have doubtless arisen, when ecclesiastical authorities have grasped at power which by right belonged to the State, and, more often still, when the State has endeavoured to arrogate to itself spiritual jurisdiction.は、コースの歴史を、機会が確かに生じて、教会当局が把握ときには当然の権利を所有して電源の状態、および、より頻繁に引き続き、 endeavouredを横領するときの状態を自分自身には精神的な裁判管轄します。 This, however, does not show the system to be at fault, but merely that human perversity can abuse it.これは、しかしながら、このシステムが表示されないのは断層が、人間のつむじ曲がりことだけを虐待してください。 So far, indeed, is it from being true that the Church's claims render government impossible, that the contrary is the case.これまでのところ、実際のところ、それからは、教会の主張が事実だが、政府のレンダリング不可能な、その逆のケースです。 By determining the just limits of liberty of conscience, they are a defence to the State.を決定するだけ良心の自由の限界を、彼らは、防衛の状態にします。 Where the authority of the Church is not recognized, any enthusiast may elevate the vagaries of his own caprice into a Divine command, and may claim to reject the authority of the civil ruler on the plea that he must obey God and not man.教会の権威をどこが認識されない場合、任意の愛好家を挙上する5月の気まぐれな彼自身の気まぐれに、神のコマンド、および5月の請求を拒否する市民の支配者の権威を口実に彼は神ではなく男に従う必要があります。 The history of John of Leyden and of many another self-styled prophet will afford examples in point.ヨハネの歴史を多くの別のライデンと自称預言者の例では余裕をポイントします。 The Church bids her members see in the civil power "the minister of God", and never justifies disobedience, except in those rare cases when the State openly violates the natural or the revealed law.彼女の入札価格の教会のメンバーに表示されて市民パワー"神の大臣"と決して正当化不服従、まれなケースを除いてはこれらの状態のときに公然と自然のか、明らかに法に違反しています。 (See CIVIL ALLEGIANCE.) (市民の忠誠を参照。 )

Publication information Written by GH Joyce.出版物の情報執筆者ガーナジョイスです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Immaculate Heart of the Blessed Virgin Mary The Catholic Encyclopedia, Volume III.専用の中心部にして無原罪聖母マリアのは、カトリックの百科事典、第20巻Ⅲ 。 Published 1908. 1908年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, November 1, 1908.公認、 1908年11月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Among the writings of the Fathers, the following are the principal works which bear on the doctrine of the Church: ST.文章には、父の間の、主な作品には、次のは、熊上の教義の教会:セントです。 IRENÆUS, Adv. irenæus 、前売します。 Hereses in PG, VII; TERTULLIAN, De Prescriptionibus in PL, II; ST. pg heresesで、 7 ;テルトゥリアヌス、デprescriptionibus 、ポーランド語、 2世;セントです。 CYPRIAN, De Unitate Ecclesie in PL, IV; ST.チプリアーノ、デunitate ecclesieでポーランド語、四;セントです。 OPTATUS, De Schismate Donatistarum in PL, XI; ST. optatus 、デschismate donatistarumでポーランド語、西;セントです。 AUGUSTINE, Contra Donatistas, Contra Epistolas Parmeniani, Contra Litteras Petiliani in PL, XLIII; ST.アウグスティヌス、コントラdonatistas 、コントラepistolas parmeniani 、コントラlitteras petilianiでポーランド語、 43 ;セントです。 VINCENT OF LÉRINS, Commonitorium in PL, L. -- Of the theologians who in the sixteenth and seventeenth centuries defended the Catholic Church against the Reformers may be mentioned: STAPLETON, Principiorum Fidei Doctrinalium Demonstratio (1574; Paris, 1620); BELLARMINE, Disputationes de Controversiis Fidei (1576; Prague, 1721); SUAREZ, Defensio Fidea Catholicoe adversus Anglicanoe Sectoe Errores (1613; Paris, 1859).ヴァンサンのlérins 、 commonitorium 、ポーランド語、 l. -は、神学w hoは、 1 6と1 7世紀の擁護、カトリック教会の反対する改革派年5月に言及:ステイプルトン、 p rincipiorum信仰のd octrinaliumd emonstratio( 1 574;パリ、 1 620) ;ベラルミーノ、 d isputationesデcontroversiis信仰の( 1576 ;プラハ、 1721 ) ;スアレス、 defensio fidea catholicoe反対anglicanoe sectoe errores ( 1613 ;パリ、 1859年) 。 -- Among more recent writers: MURRAY, De Ecclesiâ (Dublin, 1866); FRANZLIN, De Ecclesiâ (Rome, 1887); PALMIERI, De Romano Pontifice (Prato, 1891); DÖLLINGER, The First Age of the Church (tr. London, 1866); SCHANZ, A Christian Apology (tr. Dublin, 1892). -中の他の最近の作家:マーレー、デe cclesiâ(ダブリン、 1 866) ; f ranzlin、デe cclesiâ(ローマ、 1 887) ;パルミエリ、デロマーノp ontifice(プラート、 1 891) ; d öllinger、教会の最初の年齢( t r.ロンドン、 1866 ) ;シャンツは、キリスト教の謝罪( tr.ダブリン、 1892 ) 。 -- -

The following English works may also be noticed: WISEMAM, Lectures on the Church; NEWMAN, Development Of Christian Doctrine; IDEM, Difficulties Of Anglicans; MATHEW, ed., Ecclesia (London, 1907).は、次の英語の作品れることもあります。気づいた: wisemam 、講演会を教会;ニューマン、キリスト教の教義の開発;同じ、困難をanglicans ;マシュー、エド。 、 ecclesia (ロンドン、 1907 ) 。 In special relation to recent rationaIist criticism regarding the primitive Church and its organization, may be noted: BATIFFOL, Etudes d'histoire et de la théologie positive (Paris, 1906); important articles by Mgr.最近の特別な関係を批判rationaiist原始教会とその組織については、 5月に注意: batiffol 、宇宙d' histoire etデラthéologie正(パリ、 1906 ) ;重要な記事をmgrです。 Batiffol will also he found in the Bulletin de littérature ecclésiastique for 1904, 1905, 1906, and in the Irish Theological Quarterly for 1906 and 1907; DE SMEDT in the Revue des questions historiques (1888, 1891), vols. batiffolにも彼は発見されたセキュリティ情報デecclésiastiqueをlittérature 1904 、 1905 、 1906 、および1906年、アイルランドの神学を四半期および1907年;デsmedtは、レヴューデ質問historiques ( 1888 、 1891 ) 、 vols学です。 XLIV, CL; BUTLER in The Dublin Review (1893, 1897), vols.四十四、 cl ;バトラーは、ダブリン日( 1893 、 1897 ) 、 vols学です。 CXIII, CXXI. cxiii 、 cxxi 。 The following works are by Anglican divines of various schools of thought: PALMER, Treatise on the Church (1842); GORE, Lux Mundi (London, 1890); IDEM, The Church and the Ministry (London, 1889); HORT, The Christian Ecciesia (London, 1897); LIGHTFOOT, the dissertation entitled The Christian Ministry in his Commentary on Epistle to Philippians (London, 1881); GAYFORD in HASTING, Dict.聖公会の神学者は、次の作品は様々な学校での思想:パーマー、論文を検索する教会( 1842 ) ;ゴア、ルクスムンディ(ロンドン、 1890 ) ;同上、教会や部(ロンドン、 1889 ) ;ホルトは、キリスト教ecciesia (ロンドン、 1897 ) ;ライトフットは、彼の論文権利省は、キリスト教の信徒へのコメントをピリピ人への手紙(ロンドン、 1881 ) ;ゲイフォードでhasting 、 dictのです。 of Bible, sv Church.のバイブル、 sv文書教会です。 Amongst rationalist critics may be mentioned: HARNACK, History of Dogma (tr. London, 1904); IDEM, What is Christianity?合理主義の批評家の中に記載があります:ハルナック、歴史のドグマ( tr.ロンドン、 1904 ) ;同じ、キリスト教は何ですか? (tr. London, 1901), and articles in Expositor (1887), vol. ( tr.ロンドン、 1901 ) 、および記事をエクスポジター( 1887 )年No 。 V; HATCH, Organization of the Early Christian Churches (London, 1880); WEISZÄCKER, Apostolic Age (tr. London, 1892); SABATIER, Religions of Authority and the Religion of the Spirit (tr. London, 1906); LOWRIE, The Church and its Organization -- an Interpretation of Rudolf Sohm's 'Kirchenrecht" (London, 1904). With these may be classed: LOISY, L'Evangile et l'Eglise (Paris, 1902). v ;ハッチ、組織は、初期キリスト教の教会(ロンドン、 1880 ) ; weiszäcker 、ローマ教皇の年齢( tr.ロンドン、 1892 ) ;サバティエ、宗教の権威と宗教の精神( tr.ロンドン、 1906 ) ;ローリーは、教会とその組織-の解釈のルドルフゾームの' k irchenrecht" (ロンドン、 1 904) 。 、これらの5月に分類:ロイシー、 e tl 'e vangileレグリーズ(パリ、 1 902) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです