Crucifix, Cross十字架、クロス

General Information 総合情報

The cross is among the oldest and most universal symbols.クロスは最も古く、最も普遍的シンボルです。 In preliterate societies it often represented a conjunction of dualities.文字を持たない社会を表現することが多いdualities接続詞のです。 The horizontal arm was associated with the terrestrial, worldly, feminine, temporal, destructive, and negative, passive, and death, while the vertical arm connoted the celestial, spiritual, masculine, eternal, creative, positive, active, and life.の、水平の腕が関連付けられている地上波、世俗的、女性、頭、破壊し、否定的、消極的、と死、 connotedの腕の中の垂直方向の天体は、精神的、男性は、永遠に、クリエイティブで、前向きで、アクティブな、と暮らしています。 Often symbolic of the four astrological elements of earth, water, fire, and air, a cross was also perceived as the cosmic axis from which radiated the spatial dimensions of height, length, width, and breadth, as well as the directions of north, east, south, and west.しばしば占星術の要素を象徴の4つの地球、水、火、と空気は、知覚としてもクロスからの放射軸の宇宙空間の寸法の高さ、長さ、幅、および幅だけでなく、北朝鮮の指示には、東、南、西です。

The ankh (crux ansata) was an ancient Egyptian T - shaped cross surmounted with a loop.のアンク(アンサタ十字)は、古代エジプトトン-克服した形のクロスをループにします。 It symbolized the creative energies of the male and female and the essence of life.それを象徴する創造的エネルギーは、男性と女性との生活の本質です。 The simple T - shaped cross is named for the Greek letter tau.の単純T -形のクロスの名前は、ギリシア文字のタウです。 It is often referred to as the Old Testament cross because Moses supposedly placed a brazen serpent on a T cross (Num. 21:6 - 9), and according to legend, the Israelites on Passover eve marked their doors with blood - drawn tau crosses to identify themselves as Yahweh's followers.と呼ばれることが多いため、ムーサーたぶん、旧約聖書の十字架上に配置する恥知らずなヘビにTクロス( num. 21時06分-9 ) 、および伝説によると、イスラエルを過ぎ越しの前夜スパムにドアを血で-描かタウ十字架ヤハウェの信者として自身を識別する。 Another name for the T cross is the crux commissa.別の名前をcommissaのTクロスは、最も重要です。

In ancient Asian, European, and pre - Columbian American civilizations the left - directed swastika, or cruz gammata, appears to have been symbolic of solar power and movement.古代のアジア、欧州、および事前-コロンブスアメリカ文明の左に-監督のかぎ十字か、またはクルスga mmata、表示された太陽光発電と運動の象徴です。 Hindus see the swastika as a sign of the resigned spirit, whereas Buddhists consider it an emblem of the Buddha's mind.ヒンズー教徒としての兆候をかぎ十字章を参照して、辞任の精神が、それを考慮する仏教徒の心の象徴の仏像を安置する。 The German Nazis adopted a right - directed swastika for their party logo because they believed it to be an ancient Nordic symbol.ナチスドイツ語採択する権利-監督のかぎ十字に党のロゴのためと考えられ、古代北欧のシンボルとされる。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The erect pole and crossbar used to crucify Jesus Christ became the principal symbol of Christianity. A cross stood for both the actual Crucifixion and the concept of the Christian church. More than 50 variants were to develop, but the most important are the Greek cross, with its equilateral arms, and the Latin cross, with a vertical arm traversed near the top by a shorter horizontal arm. ポールとクロスバーを逆立てて使用して、イエスキリストが十字架の主キリスト教のシンボルです。立っていたのクロスの両方の概念を、実際のはりつけとは、キリスト教の教会が50以上の亜種を開発するが、しかし、最も重要なクロスは、ギリシャ語、等辺武器に、とのラテンクロスは、縦方向の腕を通過し、上部に水平方向のアームを短くする。 The Greek cross derives its name from its frequent use in the Greek and other Eastern Orthodox churches; the Latin cross was favored by the Western, or Roman Catholic, church.その派生、ギリシャのクロス頻繁に使用されることからその名前がギリシャ語およびその他の東方正教会の教会;のラテンクロスは支持されて、欧米のか、またはローマカトリック、教会です。

Other major shapes include the diagonal, or x - shaped, cross on which Saint Andrew is said to have been crucified, and the cross paty (or patee), in which the arms widen at the extremities.他の主要な図形には、対角、またはx -形、十字架上でサンによるとアンドリューは、十字架された、とのクロスp aty(またはp atee)されるのは、腕を広げるは、四肢のです。 A variant of the cross paty is the Maltese cross, has eight points. aその他のは、クロスpatyは、マルタ十字架、 8つのポイントがあります。 The Chi - Rho is a cross formed by joining the first two letters of the Greek word for "Christ."氣-ローは、異形成される最初の2つの文字に参加し、ギリシャ語で"イエスキリストです。 " The Celtic or Iona cross, developed in early medieval Ireland and Scotland, is distinguished by a circle surrounding the point of crossing.アイオナ、ケルトやクロス、早期に開発された中世のアイルランドとスコットランド、サークルは区別される点の周りの交差点です。 Two graduated crossbars indicate the Lorraine cross associated with archbishops and patriarchs, whereas the Papal cross has three graduated crossbars. 2つの卒業を示すcrossbarsロレーヌクロスarchbishopsとpatriarchsに関連付けられていますが、ローマ法王のクロスには3つの卒業crossbarsです。 A commonly used Eastern Orthodox variant of the cross of Lorraine has an additional crossbar diagonally placed near the base.その他の東方正教会によく使われてロレーヌ十字を斜めにすると、さらにクロスバーの基地の近くに配置します。

The placement of the cross is often symbolic.の配置は、クロスは、しばしば象徴的です。 Crosses surmounting orbs or spheres refer to the global triumph of Christianity.分野横断surmounting orbsや世界的な勝利を参照して、キリスト教のです。 A cross erected on the site of a pagan temple indicated the victory of Christianity, and territory conquered by Christians would be claimed initially by planting a cross in the ground.クロスサイト上に建てられた、異教の寺の勝利を示し、キリスト教、キリスト教に征服されたとの領土が主張され、最初は地面に植栽を横断します。

The cross was not widely depicted before the 4th century AD, when Christianity became the official religion of the Roman Empire. 十字架の前に描かれて広くはない4世紀の広告は、キリスト教なったときには、ローマ帝国の公式宗教です。 Earlier, when Christians were often persecuted, the cross was frequently disguised as an anchor, or some other mundane object. Second century Christians, however, had already begun to make the sign of the cross as a gesture of identification, blessing, and warding off of evil. In the Roman church the sign of the cross was made from left to right and in Eastern Orthodox churches from right to left. これに先立って、キリスト教徒が多いときに迫害は、クロスが頻繁にアンカーを装ったか、またはいくつかの他の平凡なオブジェクトを作成します。 2番目世紀のキリスト教徒は、しかし、すでに開始され、十字架のサインを作るジェスチャーの身分証明書として、祝福し、 wardingオフ悪のですが、カトリック教会のメンバーは、左から右クロスが行われたとの東方正教会の教会を右から左にします。

A crucifix is a cross bearing a painted or sculptured image of Christ. Crucifixes first appeared in the 5th century, and from the 9th century on medieval artists increasingly aimed at a realistic portrayal of Christ's suffering. 軸受の十字架は、十字架のイエスキリストの塗装や彫刻を施した画像です。 crucifixesが掲載されて最初の5世紀、 9世紀から中世のアーティストをますますリアルな描写を目的とするキリストの苦しみです。 The Renaissance created a fashion for a more ideally conceived imagery that dramatically returned to pathos under the emotional taste of the baroque period. During the Reformation, Protestants generally repudiated the use of representational religious imagery; the crucifix therefore became associated with Roman Catholicism.ルネッサンスのためのファッションを作成し、他の理想的なイメージを劇的に戻って感情的な情念の下に、バロック時代の味です。 中に改革、プロテスタント一般的に宗教的なイメージ表現の使用を否定し、十字架に関連付けられてカトリック教会はそのためです。

When the art of Heraldry developed in medieval Europe, various types of Christian crosses were employed as symbols, or charges, in the designing of coats - of - arms.紋章学で開発されたときに、アートが中世ヨーロッパ、キリスト教の十字架が様々な種類のシンボルとして雇われるか、または料金は、設計のコート-の-武器です。 A cross with equal arms and a diagonal cross, or saltire, were the most traditional heraldic forms.腕をクロスに等しいと対角線の交わり、またはsaltire 、フォームは、最も伝統的な紋章です。 Many of the insignias for medieval and Renaissance chivalric orders were crosses: the Maltese cross, for example, was the heraldic symbol of the Knights of Malta (the Hospitalers). insigniasの多くは、ルネサンスの中世の騎士道と交差受注は:マルタ十字架、例えば、紋章のシンボルであるのは、マルタ騎士団( hospitalers ) 。 The flags of Switzerland, Greece, and the Scandinavian countries display various crosses.このフラグは、スイス、ギリシャ、北欧諸国との様々な十字架を表示します。 The British Union Jack was designed to unify the diagonal crosses of Saint Patrick (Ireland) and Saint Andrew (Scotland) with the rectilinear cross of Saint George (England).英国ユニオンジャックは、十字架を斜めに設計を統合し、聖パトリック(アイルランド)と聖アンドリュー(スコットランド)の直線十字架の聖ジョージ(イングランド)です。 A Saint Andrew's cross dominated the American Confederate flag, and it was subsequently incorporated into the state flags of some former Confederacy members.聖アンドリューの十字架を独占してアメリカ南部連合国旗、それがその後のいくつかのフラグの状態に組み込まれて元同盟のメンバーです。

Robert J Loescherロバート無しloescher

Bibliography 書誌事項
GW Benson, The Cross, Its History and Symbolism (1974); J Campbell, The Mythic Image (1974); JE Cirlot, A Dictionary of Symbols (1962); R Guenon, The Symbolism of the Cross (1975); J Hall, Dictionary of Subjects and Symbols in Art (1979). gwベンソン、十字架、その歴史と象徴( 1974 ) ;無しキャンベルは、 mythic画像( 1974 ) ; cirlotは、辞書のシンボル( 1962 ) ;研究ゲノンの象徴の十字架( 1975 ) ;無しホール、辞書の科目とのシンボルをアート( 1979 ) 。


The Crucifixの十字架

Advanced Information 高度情報

Three kinds of Cross were in use: the so-called St. Andrew's Cross (x, the Crux decussata), the Cross in the form of a T (Crux Commissa), and the ordinary Latin Cross (+, Crux immissa). 3つの種類のクロスが使用さ:いわゆる聖アンドリューの十字架( Xでは、最も重要なdecussata ) 、という形でのクロスにT (最も重要なcommissa ) 、および、通常のラテン十字形( + 、最も重要なimmissa ) 。 We believe that Jesus bore the last of these.イエスキリストの最後の穴と考えて、これらのです。 This would also most readily admit of affixing the board with the threefold inscription, which we know His Cross bore.これは最も容易にも付けることを認めるの3倍に碑文の委員会で、これを知って彼のクロス穴です。 Besides, the universal testimony of those who lived nearest the time (Justin Martyr, Irenaeus, and others), and who, alas!また、これらの普遍的な証言who住ん最寄りの時間(ジャスティン殉教者、エイレナイオス、およびその他) 、およびwho 、ああ! had only too much occasion to learn what crucifixion meant, is in favour of this view.過ぎるしかはりつけどのような意味を学ぶ機会を利用しては、このビューを表示するに賛成です。

This Cross, as St. John expressly states, Jesus Himself bore at the outset.このクロスは、明示的に国として聖ヨハネ、イエスキリスト自身穴の冒頭です。 And so the procession moved on towards Golgotha. Not only the location, but even the name of that which appeals so strongly to every Christian heart, is matter of controversy. The name cannot have been derived from the skulls which lay about, since such exposure would have been unlawful, and hence must have been due to the skull-like shape and appearance of the place.行列を移動することとし、ゴルゴタ向けです。 特定の場所にのみ、それでもの名前がどのように強くアピールしてキリスト教の中心は、論争の問題です。の名前に由来することはできませんが、頭蓋骨のレイアウトについては、このような暴露にも、違法、およびそれゆえのために必要がありますが、どくろのような形状と外観は、場所です。 Accordingly, the name is commonly explained as the Greek form of the Aramaean Gulgalta, or the Hebrew Gulgoleth, which means a skull.したがって、その名前は、ギリシャの共通の形式の説明としてaramaean gulgaltaか、または、ヘブライ語gulgoleth 、これどくろを意味する。

The brief spring day was verging towards the 'evening of the Sabbath.'の簡単な春の日は、 vergingに向かって'の夜には、安息日です。 ' In general, the Law ordered that the body of a criminal should not be left hanging unburied over night.一般的には、法の指示をした犯罪者は、体の左側のつり埋葬されていないことはできませんの部屋です。 (a Deut. 21:23; comp. Jos. Wariv. 5, 2) Perhaps in ordinary circumstances the Jews might not have appealed so confidently to Pilate as actually to ask (3 'ask,' John 19:31.) him to shorten the sufferings of those on the Cross, since the punishment of crucifixion often lasted not only for hours but days, ere death ensued. ( deut 。 21:23 ;のCOMPです。 jos. warivします。 5 、 2 )たぶん普通の状況においては、ユダヤ人がない可能性がpilateとして控訴するので、実際に自信を求める( 3 'が要請すれば、 'ジョン19:31です。 )彼に短くするこれらの十字架上の苦しみ、以来、頻繁にはりつけ処罰だけでなく、何時間も続いたしかし、日中に、やがて死ensued 。 But here was a special occasion.しかし、ここでは、特別な機会です。

The Sabbath about to open was a 'high - day', it was both a Sabbath and the second Paschal Day, which was regarded as in every respect equally sacred with the first, nay, more so, since the so - called Wavesheaf was then offered to the Lord.会社の安息日を開くには、 '高-日' 、それは安息日の両方を2番目の復活祭の日、すべての点では平等と見なされると、最初の神聖な、いや、もっとので、以来、これ-と呼ばれる当時wa vesheafを提供する主です。 And what the Jews now proposed to Pilate was, indeed, a shortening, but not in any sense a mitigation, of the punishment. Sometimes there was added to the punishment of crucifixion that of breaking the bones (crurifragium) by means of a club or hammer.今すぐ、ユダヤ人とどのような提案してpilateは、確かに、短縮、しかし意味するわけではないの軽減、懲罰です。 ときにはがあったの懲罰のはりつけに追加されましたが、骨の破壊( crurifragium )を用いて、クラブやハンマーです。 This would not itself bring death, but the breaking of the bones was always followed by a coup de grace, by sword, lance, or stroke (the perforatio or percussio sub alas), which immediately put an end to what remained of life. (1 Comp. Friedlieb, Archaeol. d. Leidensgesch. pp.163 - 168; but especially Nebe, us ii. pp. 394, 395.) Thus the 'breaking of the bones' was a sort of increase of punishment, by way of compensation for its shortening by the final stroke that followed. 死をもたらす、このようなこと自体が、破るのに続いて、骨のはいつもとどめの一撃、剣を抜き、ランスか、または脳梗塞( perforatioまたはサブpercussioああ) 、すぐに終止符を打つことにどのような人生のままです。 ( 1のCOMPです。 friedlieb 、 archaeolします。 d. leidensgesch 。 pp.163 -1 68;しかし、特にn ebe、問い合わせⅡ 。 p p。 3 94、 3 95。 )したがって、 '破壊の骨の髄まで'は、刑の執行の並べ替えの増加、道のの補償を短縮され、その後の最後の行程です。

It were unjust to suppose, that in their anxiety to fulfil the letter of the Law as to burial on the eve of that high Sabbath, the Jews had sought to intensify the sufferings of Jesus.不当なことを仮定が、彼らに不安を達成して、同法の手紙を埋葬の前夜に、その高安息日は、ユダヤ人の苦しみはイエスキリストの強化を模索してきた。 The text gives no indication of this; and they could not have asked for the final stroke to be inflicted without the 'breaking of the bones,' which always preceded it. The irony of this punctilious care for the letter of the Law about burial and high Sabbath by those who had betrayed and crucified their Messiah on the first Passover - day is sufficiently great, and, let us add, terrible, without importing fictitious elements. John, who, perhaps, immediately on the death of Christ, left the Cross, alone reports circumstance.この兆候はないのテキスト、および彼らができませんでした要求されるの最後の行程を招いたのは、骨の破壊、 'が常に先行してください。 の皮肉は、次の堅苦しいの世話をするとの手紙を埋葬法について高安息日whoが裏切られるとの最初の過ぎ越しの救世主十字架に-日が十分に大きな、および、ご連絡の追加、ひどい、架空の要素をインポートします。ジョン、 w ho、おそらく、すぐにイエスキリストの死は、左のクロスは、報告書の状況だけです。

Perhaps it was when he concerted with Joseph of Arimathaea, with Nicodemus, or the two Marys, about measures for the burying of Christ, that he learned of the Jewish deputation to Pilate, followed it to Praetorium, and then watched how it was all carried out on Golgotha.たぶん彼は協調性ていたときのジョセフarimathaea 、ニコデモか、または2つのメアリーは、キリストの埋葬について対策を実施するため、その彼を知ったのはユダヤ人の代表pilate 、その後それをpraetorium 、と入力し、見たことは、すべての実行方法についてゴルゴタアウトしています。 He records, how Pilate acceded to the Jewish demand, and gave directions for the crurifragium, and permission for the after - removal of the dead bodies, which otherwise might have been left to hang, till putrescence or birds of prey had destroyed them.彼は記録によりますと、ユダヤ人の需要をどのようpilate同意とは方向をcrurifragium 、およびアクセス許可をした後-死体に削除するには、左に他のかもしれないがハングアップする、またはp utrescenceまで猛禽類がかれらを滅ぼした。 But John also tells us what he evidently regards as so great a prodigy that he specially vouches for it, pledging his own veracity, as an eyewitness, and grounding on it an appeal to the faith of those to whom his Gospel is addressed.しかし、ジョンも彼は明らかにどのような点を教えてくれるように特別に大きなvouchesの天才が彼のことは、彼自身の信憑約束は、目撃者として、および接地してこれらの信仰の訴えを込めて彼の福音書は誰に対処します。

It is, that certain 'things came to pass (not as in our AV 'were done') that the Scripture should be fulfilled,' or, to put it otherwise, by which the Scripture was fulfilled.これは、ある特定の'物事が下った時、 (特定のように私たちav 'が行わ' )は、啓典が果たされるが、 'または、他に言えば、啓典が果たされるのです。 These things were two, to which a thrid phenomenon, not less remarkable, must be added.これらのものが2つ、 3番目の現象ではなく、あまり注目すべきは、しなければならない追加されました。 For, first, when, in the crurifragium, the soldiers had broken the bones of two malefactors, and then came to the Cross of Jesus, they found that He was dead already, and so 'a bone of Him' was 'not broken.'は、第一に、ときには、 crurifragium 、兵士たちの2つの骨が壊れてmalefactors 、と入力し、イエスキリストの十字架が来て、彼らは既に死亡していたが見つかりましたなどの骨の彼'は'は壊れています。 ' Had it been otherwise, the Scripture concerning the Paschal Lamb, (a Ex. 12:46; Numb. 9:12) as well that concerning the Righteous Suffering Servant of Jehovah, (b Ps. 34:20) would have been broken.はそれもそうでなければ、この啓典の過ぎ越しの小羊、 (例です。 12:46 ;感覚を失った。 9時12分)も苦しんでいることに関して、正しいエホバの使用人であり、 ( b psのです。 34:20 )が破られた。 In Christ alone these two ideas of the Paschal Lamb and the Righteous Suffering Servant of Jehovah are combined into a unity and fulfilled in their highest meaning.これらの2つのアイデアだけで、キリストの復活祭の子羊のエホバの使用人と正義の苦しみが果たされるの団結とを組み合わせて、最高の意味を持つ。

And when, by a strange concurrence of circumstances, it 'came to pass' that, contrary to what might have been expected, 'a bone of Him' was 'not broken' this outward fact served as the finger to point to the predictions which were fulfilled of Him.とときに、奇妙な状況の同意を得ること'が下った時、 'は、どのようなかもしれない予想に反して、 'に骨の彼'は'は壊れて'この外側に指を事実として、これをポイントして、予測彼が果たされるのです。

Not less remarkable is the second fact.あまり注目すべきなのは2番目のない事実です。 If, on the Cross of Christ, these two fundamental ideas in the prophetic description of the work of the Messiah had been set forth: the fulfilment of the Paschal Sacrifice, which, as that of the Covenant, underlay all sacrifices, and the fulfilment of the ideal of the Righteous Servant of God, suffering in a world that hated God, and yet proclaimed and realising His Kingdom, a thrid truth remained to be exhibited.もし、キリストの十字架上の、これら2つの基本的なアイデアは、予言の説明をメシアの仕事をしていた定める:復活祭の犠牲の履行として、これは、と思われる契約は、アンダーレイのすべての犠牲を払う、との遂行正義の理想的な神のしもべ、苦しみを世界に嫌われ、神となり、実現はまだありません宣言と彼の王国は、 3番目の真実を引き続き展示される。 It was not in regard to the character, but the effects, of the Work of Christ, its reception, alike in the present and in the future.これと関連しての文字はないが、効果は、イエスキリストの仕事を、そのレセプションは、現在の似ていると考えています。

This had been indicated in the prophecies of Zechariah, (c Zech. 12:10) which foretold how, in the day of Israel's final deliverance and national conversion, God would pour out the spirit of grace and of supplication, and as 'they shall look on Him Whom they pierced,' the spirit of true repentance would be granted them, alike nationally and individually.この予言が示されていたゼカリヤする、 ( cツェッヒ。 12:10 )の前から予報方法については、その日、イスラエルの最後の救出と国家のコンバージョン、神の恵みを受けての精神がドッと出て来ると懇願し、 'かれらはかれらピアスを彼に見て、 'の精神を真の悔い改めが付与し、全国と個別に似ています。 The application of this to Christ is the more striking, that even the Talmud refers the prophecy to the Messiah.イエスキリストのアプリケーションは、次のには、他の印象、それさえ、タルムードを参照してメシアの予言です。 (d Sukk. 52 a) And as these two things really applied to Christ, alike in His rejection and in His future return, (e Rev. 1:7) so did the strange historical occurence at His Crucifixion once more point to it as the fulfilment of Scripture prophecy. (営sukk 。 52 a )およびこれらの2つのものとして実際に適用さイエスキリストは、彼の拒絶反応が似ていると、彼の将来に戻り、 (メール改訂1時07分)そうそう、彼のはりつけの奇妙な歴史的な出来事をポイントして他のことを一度啓典の達成を予言します。 For, although the soldiers, on finding Jesus dead, broke not one of His Bones, yet, as it was necessary to make sure of His Death, one of them, with a lance, 'pierced His Side, with a wound so deep, that Thomas might afterwards have thrust his hand into His Side.は、は、兵士たちは、イエスキリストを見つける死んで、彼の骨broke特定の1つは、まだ、それは彼の死を確かめる必要がある、それらの1つで、ランス、 'ピアス彼のサイドでは、深い傷ので、その後はトーマスかもしれないが彼の手を自分の側の推力です。 (f John 20:27) (換ジョン20:27 )

And with these two, as fulfilling Holy Scripture, yet a third phenonmenon was associated, symbolic of both.と、これらの2つは、充実した教典として、 3番目のphenonmenonはまだありませんが関連付けられた、象徴の両方のです。 As the soldier pierced the side of the Dead Christ, 'forthwith came thereout Blood and Water.'兵士としての側面にピアスオブザデッドイエスキリスト、 'そこから血と水を速やかに来た。 '

It has been thought by some, (1 So, with various modifications, which need not here be detailed, first, Dr. Gruner (Comment. Antiq. Med. de Jesu Christ Morte, Hal. 1805), who, however, regarded Jesus as not quite dead when the lance pierced the heart, and, of late, Dr. Stroud (The Physical Cause of the Death of Christ, 1871), and many interpreters (see Nebe, us pp. 400, 401).) that there was physical cause for this, that Christ had literally died of a broken heart, and that, when the lance pierced first the lung filled with blood and then the pericardium filled with serous fluid, (2 But certainly not through a separation of the serum and the cruor, which is the mark of beginning putrefaction.) there flowed from the wound this double stream.いくつかの考えをされ、 ( 1ので、様々な変更をする必要はない、ここでの詳細は、第一に、博士グラナー( comment. antiq 。中です。デ主イエスキリストの死、ハル。 1805 ) 、 who 、しかし、イエスキリストと考えランスとしてはかなり死んだときに心臓に穴を開け、と、最近、博士ストラウド(の物理的な原因で発生するイエスキリストの死を、 1871 ) 、および多くの通訳( nebe 、問い合わせpp 。 400 、 401 ) 。 )がある物理的な原因は、このためには、文字通りにイエスキリストが死亡した失恋する、とし、耳たぶに穴を開けたときに、最初のランス肺いっぱいに満ちている血液と入力し、漿液性心膜液、 ( 2しかし、確かに分離して血清を介していないとの血は、腐敗のマークの始まりです。 )傷口からの流れがこの二重のストリームに出力します。

(3 The fullest and most satisfactory physical explanation is that given by the Rev. S Haughton, and reprinted in the Speaker's Commentary on 1 John, pp. 349, 350. It demonstrates, that this phenomenon would take place, but only if a person who was also being crucified died of rupture of the heart.) In such cases, the lesson would be that reproach had literally broken His Heart. ( 3十分で最も満足のいく物理的な説明は、与えられた牧師のホートン、および転載は、話者の解説を1ジョン、 pp 。 349 、 350 。ことを示し、この現象が行われるが、ある人いる場合にのみwhoは、十字架も心臓破裂で死亡した。 )そのような場合、その教訓として非難する彼の心は、文字通り壊れた。 (a Ps. 99;20.) But we can scarcely believe that John could have wished to convey this without clearly setting it forth, thus assuming on the part of his readers knowledge of an obscure, and, it must be added, a scientifically doubtful phenomenon. ( psのです。 99 ; 20 。 )しかし、ほとんどと思われることを希望してジョンがこれを明確に設定することを伝えるもの、と仮定上の部分をこのように彼の無名の読者の知識を、そして、それに追加しなければなりませんは、科学的に疑わしい現象です。 Accordingly, we rather believe that to John, as to most of us, the significance of the fact lay in this, that out of the Body of One dead had flowed Blood and Water, that corruption had not fastened on Him.したがって、私たちというと思われるジョンは、ほとんどの問い合わせに、レイアウトの重要性を事実では、 1つが死んでから体外に排出する血液と水が流れ、その腐敗しっかりと固定さなかった彼です。

Then, there would be the symbolic meaning conveyed by the Water (from the pericardium) and the Blood (from the heart), a symbolism most true, if corruption had no power nor hold on Him, if in Death He was not dead, if He vanquished Death and Corruption, and in this respect also fulfilled the prophetic ideal of not seeing corruption. (b Ps. xvi. 10.) To this symbolic bearing of the flowing of Water and Blood from His pierced side, on which the Evangelist dwells in his Epistle, (c 1 John 6) and to its external expression in the symbolism of the two Sacraments, we can only point the thoughtful Christian. 次に、象徴的な意味が伝えられたのは、水(心膜)との血液(心臓)は、ほとんどの象徴trueの場合、腐敗がない場合にパワーもしっかりつかまって彼は、彼はまだ死んで死の場合は、もし彼は打ち負かさ死と腐敗し、この点でも満たされない理想的な予言が破損しています。結果( b psのです。 16 。 10 。 )を、この象徴的軸受の血液から流れる水と彼のピアス側では、上で、エバンジェリストの棲むところ彼の手紙する、 ( c 1ジョン6 ) 、および外付け発現させた後、その2つの秘跡の象徴的な意義、キリスト教の思いやりを指摘することができるだけです。 For, the two Sacraments mean that Christ had come; that over Him, Who was crucified for us and loved us unto death with His broken heart, Death and Corruption had no power; and that He liveth for us with the pardoning and cleansing power of His offered Sacrifice.ために、イエスキリストが来たということで2つの秘跡;ことを彼は、 whoが十字架を愛し問い合わせ先と彼の死に至る失恋、死と破壊力はない、と彼は我々の赦免をlivethとクレンジング力彼の犠牲に提供します。

Yet one other scene remains to be recorded.他の遺跡を1つのシーンはまだありませんが記録されます。 Whether before, or, more probably, after the Jewish deputation to the Roman Governor, another and a strange application came to Pilate.かどうか前に、または、他のおそらく、ユダヤ人の代表をした後、ローマの知事は、別のアプリケーションとの奇妙なpilate来ています。 It was from one apparently well known, a man not only of wealth and standing, (d Matthew.) whose noble bearing (4 This seems implied in the expression (AV 'honourable') Mark 15:43.) corresponded to his social condition, and who was known as a just and a good man. 1つは明らかによく知られてからでは、男性だけでなく、富と立って、 (営マシューです。 )で、その高貴な軸受( 4の場合、このように、黙示的な表現違反( AV '名誉' )マーク15:43です。 )に対応して彼の社会的条件、およびwhoとして知られては、善良な男だけとします。 (e Luke) Joseph of Arimathaea was a Sanhedrist, (5 Taken in connection with Luke 23:51, this is probably the meaning of Otherwise we would have) but he had not consented either to the counsel or the deed of his colleagues. (メールルーク) arimathaeaは、ジョセフのsanhedrist 、 ( 5撮影での接続をルーク23:51 、これはおそらく他の意味を私たちが)しかし、彼は同意しない、または証書のいずれかを、弁護人は同僚のです。 It must have been generally known that he was one of those 'which waited for the Kingdom of God.'それも一般的に知られている必要があります彼はそれらの1つである神の王国を待っています。 '

But he had advanced beyond what that expression implies.しかし、彼はどのような表現の高度な意味を超えています。 Although secretly, for fear of the Jews.ひそかには、ユダヤ人を見るのを恐れています。 (John) he was a disciple of Jesus. (ジョン)彼は、イエスキリストの弟子です。 It is in strange contrast to this 'fear,' that )t.妙な対照を成すことが、この'恐れて、 'を) t. Mark tells us, that, 'having dared,' 'he went in unto Pilate and asked for the Body of Jesus'.マークを教えてくれる、その、 'に勇気、 ' ' pilate 、承認を求め、かれ彼は、イエスキリストを、からだのため' 。

Thus, under circumstances the most unlikely and unforgivable, were his fears converted into boldness, and he, whom fear of the Jews had restrained from making open avowal of discipleship during the life - time of Jesus, not only professed such of the Crucified Christ, (2 At the same time I feel, that this might have been represented by the Jews as not quite importing what it really was, as rather an act of pietas towards the Rabbi of Nazareth than of homage to the Messiahship of Jesus.) but took the most bold and decide step before Jews and Gentiles in connection with it.したがって、最も低いとされて許されない状況で、彼の懸念が大胆に変換される、と彼は、人への恐怖から、ユダヤ人は拘束中に開いて弟子の人生を率直に認める-イエスキリスト時間だけでなく、キリストの十字架を公言したような、 ( 2それと同時に感じ、このユダヤ人に代表されるかもしれない非常にインポートすることではない実際は、敬意として行為を行うというのナザレスに向かってラビmessiahshipよりも、イエスキリストの敬意を表しています。 )だがはステップを決定する前に、最も大胆かつgentilesで、ユダヤ人との接続をしてください。

So does trial elicit faith, and the wind, which quenches the feeble flame that plays around the outside, fan into brightness the fire that burns deep within, though for a time unseen.これは信仰の裁判を引き出すと、風、これquenches 、弱々しい火炎を再生策の外側、ファンに明るさの火でやけどの奥深くに、かかわらず、一度に目に見えない。 Joseph of Arimathaea, now no longer a secret disciple, but bold in the avowal of his regents love, would show to the Dead Body of his Master all veneration.ジョセフのarimathaea 、今すぐ、もはや、秘密の弟子、しかし彼の大老で公言することは、大胆な愛、死体は詳細をすべて主人尊敬します。 And the Divinely ordered concurrence of circumstances not only helped his pious purpose, but invested all with deepest symbolic significance.神の命令と同意の状況の敬けんな目的のためだけでなく、彼の助けが、投資のすべてを象徴的な意義深い。 It was Friday afternoon, and the Sabbath was drawing near.それは、金曜日の午後、との安息日が近づいた。

(3 No time therefore was to be lost, if due honour were to be paid to the Sacred Body. Pilate gave it to Joseph of Arimathaea. Such was within his power, and a favour not unfrequently accorded in like circumstances. ( 3の時間をそのために失われることは、もし名誉のためには、神聖なボディされる場合があります。 pilateはそれをジョセフのarimathaeaです。このように彼は、電力、およびunfrequently一致で賛成しないような状況です。

(4 See the proof in Wetstein, ad loc.) But two things must have powerfully impressed the Roman Governor, and deepened his former thoughts about Jesus: first, that the death on the Cross had taken place so rapidly, a circumatance on which he personally questioned the Centurion, (b Mark) and then the bold appearance and request of such a man as Joseph of Arimathaea. ( 4を参照してwetstein証拠に、広告の掲載て下さい。 )しかし、 2つのこと強力に感心する必要があります。ローマン知事は、彼の元を考えていると深化イエスキリスト:第一に、十字架上の死していたので急速に行われ、上で彼をcircumatance個人的に疑問のセンチュリオンであり、 ( bマーク)と入力し、要請に応じて、このような大胆な外観とジョセフの男としてarimathaeaです。

(5 The Arimathaea of Joseph is probably the modern Er - Ram, two hours north of Jerusalem, on a conical hill, somewhat east of the road that leads from Jerusalem to Nablus (Jos. Ant. 8:12. 3), the Armathaim of the LXX. The objection of Keim (which it would take too long to discuss in a note) are of no force (comp. his Jesu von Naz. III. p. 516). It is one of the undesigned evidences of the accuracy of Luke, that he described it as belonging to Judaea. For, whereas Ramah in Mount Ephraim originally belonged to Samaria, it was afterwards separated from the latter and joined to the province of Judaea (comp. 1 Macc. 10:38; 11:28, 34).) Or did the Centurion express to the Governer also some such feeling as that which had found utterance under the Cross in the words: 'Truly this Man was the Son of God'? ( 5 arimathaeaのジョセフは、おそらく現代er -のR AM、 2つの時間ほど北にエルサレム、円錐形の丘の上に、多少の東の道をリードからエルサレムにナブルス( j os.A ntのです。 8時1 2分です。 3 )は、 a rmathaimは、 70の異議申立のカイム(それを話し合うには時間がかかりすぎるa注記)は、力のない( comp.彼の主イエスフォンnazです。 Ⅲ 。 p. 516 ) 。これは、まだ設計されて証拠の1つの精度のルーク、そのjudaeaに所属すると彼は説明しています。ためで、もともとramahにマウントエフライムに属してサマリア、それは、その後に参加してから分離し、後者の道をjudaea ( comp. 1 maccです。 10:38 ; 11 : 28日、 34 )です。 )か、それとも、センチュリオンExpressを知事にもいくつかのような感じがしていたが見つかりました発話された単語の下にクロス: '本当にこの男は、神の子'ですか?

The proximity of the holy Sabbath, and the consequent need of haste, may have suggested or determined the proposal of Joseph to lay the Body of Jesus in his own rock hewn new tomb,聖なる安息日の近くに、急いで必要な帰結と、 5月に提案したかを決定するという提案をジョセフ体の準備をするというのは、自分自身のロック切り倒されたイエスキリストの新しい墓は、

(1 Meyer regards the statement of Matthew to the effect (27:60) as inconsistent with the notice in John 19:42. I really cannot see any inconsistency, nor does his omission of the fact that the tomb was Joseph's seem to me fatal. The narrative of John is concentrated on the burying rather than its accessories. Professor Westcott thinks that John 19:41, implies 'that the sepulchre in which the Lord was laid was not chosen as His final resting place.' But of this also I do not perceive evidence.) wherein no one had yet been laid. ( 1マイヤーについては声明のマシューへの影響( 27:60 )として、ジョン19:42矛盾して通知します。本当に矛盾することはできませんか、または彼の墓の脱落という事実を私は、ジョセフのように致命的なで、物語のジョンは、埋葬に集中してではなく、その周辺機器です。教授ウェストコットと考えているジョン19:41 、意味'は、墓では、主が置かはない彼の最後の休憩所に選ばれました。 'しかし、これも私知覚的証拠はありません。 )そこの1つはまだされています。 (a Luke) (ルーク)

The symbolic significance of this is the more marked, that the symbolism was undersigned.の象徴的な意義は、次のは、他のスパム、その象徴は、署名します。 These rock hewn sepulchres, and the mode of laying the dead in them, have been very fully described in connection with the burying of Lazarus.これらの岩杣sepulchres 、とのモードで死んで敷設して、接続が非常に完全に記載されラザロの埋葬のです。 We may therefore wholly surrender overselves to the sacred thoughts that gather around us.したがって完全に降伏することがありますoverselves神聖な思いをして周りに集まる問い合わせください。 The Cross was lowered and laid on the ground; the curel nails drawn out, and the ropes unloosed.クロスが降ろされ、地面に敷か;の描画キュレル釘を抜くと、 unloosedのロープです。 Joseph, with those who attended him, 'wrapped' the Sacred Body 'in a clean linen cloth,' and rapidly carried It to the rock hewn tomb in the garden close by.ジョセフは、彼が出席者who 、 'ラップ'の神聖な体'は、清潔度リネン布、 'と急速に運ば、それを削って造った墓は、庭に近いロックされています。 Such a rock hewn tomb or cave (Meartha) had niches (Kukhin), where the dead were laid.このような岩杣の墓や洞窟( meartha )はニッチ( kukhin ) 、どこに埋葬者を安置した。

. It will be remembered, that at the entrance to 'the tomb', and within 'the rock', there was 'a court,' nine feet square, where ordinarly the bier was deposited, and its bearers gathered to do the last offices for the Dead. です。それは覚えて、それの入口にある'の墓' 、をクリックし、 [岩' 、があった' 、裁判所、 ' 9フィート広場、どこordinarlyの棺台が堆積し、これを行うに集まったの最後の拠点を担う人死者のためのです。 Thither we supposes Joseph to have carried the Sacred Body, and then the last scene to have taken place.あちらの方には私たちsupposesジョセフ運ばの神聖なボディ、と入力し、最後のシーンには行われています。 For now another, kindered to Joseph in spirit, history, and position, had come.今のところ別の、ジョセフkinderedを心の中で、歴史、と位置を、が来たのです。 The same spiritual Law, which had brought Joseph to open confession, also constrained the profession of that other Sanhedrist, Nicodemus.同じ精神的な法では、これを開いていたジョセフの自白は、他にも、その制約の職業sanhedrist 、ニコデモです。 We remember, how at the first he had, from fear of detection, come to Jesus by night, and with what bated breath he had pleaded with his colleagues not so much the cause of Christ, as on His behalf that of law and justice.私たち覚えて、どのように、最初の彼は、恐怖からの検出は、イエスキリストを部屋来て、息を殺していたと申し立てないにどのような同僚が原因で発生するというより、イエスキリストは、彼の代わりとしては法と正義のことです。 (b John 7:50) (イジョン7時50分)

He now came, bringing 'a roll' of myrrh and aloes, in the fragrant mixture well known to the Jews for purposes of anointing or burying.彼は今がやって来て、もたらす'ロール'の没薬とaloes 、混合液は、香りがよく知られてanointingの目的のために、ユダヤ人や埋設します。

It was in 'the court' of the tomb that the hasty embalmment, if such it may be called, took place.それは'裁判所'のミイラ化の墓は、性急な、もしそのように呼ばれることがあります、が行われた。 None of Christ's former disciples seem to have taken part in the burying.イエスキリストの弟子のように見えるの元なしには参加して埋設します。 John may have withdrawn to bring tidings to, and to comfort the Virgin Mother; the others also, that had 'stood after off, beholding,'appear to have left.ジョン年5月に廃止をもたらす便りを、快適度、聖母の母とし、その他にも、それは'立っていたオフした後、 beholding 、 '表示するには左のです。

Only a few faithful ones, (a Luke) notably among them Mary Magdalene and the other Mary, the mother of Joseses, stood over against the tomb, watching at some distance where and how the Body of Jesus was laid.ほんの数忠実なもの、 (ルーク)特にこのうち、他のメアリーメアリーモードリンと、母親のjoseses 、反対の墓が立っていた、いくつかの距離で見て体のどこでどのようにイエスキリストが置かれます。 It would scarcely have been in accordance with Jewish manners, if these women had mingled more closely with the two Sanhedrists and their attendants.それはほとんどがユダヤ人の礼儀作法に基づいて、これらの女性とより密接には2つの入り交じったsanhedristsとその随行します。 From where they stood they could only have had a dim view of what passed within the court, and this may explain how, on their return, they 'prepared spices and ointments' (b Luke.) for the more full honours which they hoped to pay the Dead after the Sabbath was past.彼らがどこに立っていたからだけあるかということを懐疑的な見方をどのように渡さに、裁判所は、この5月に説明方法については、復帰して、彼らの準備のスパイスや軟膏' (イルークです。 )は、他の完全な栄誉を期待して有料安息日の後に、死者は過去のです。

(1 John computes it at about 100 litras. As in all likelihood this would refer to Roman pounds, of about twelve ounces each, the amount is large, but not such as to warrant any reasonable objection. A servant could easily carry it, and it is not said that it was all used in the burying. If it were possible to find any similar use of the expression one might be tempted to regard the litras as indicating not the weight, but a coin. In that sense the words litra is used, sometimes as = 100 denars, in which case 100 litras would be = about 250 l., but more frequently as = 4 dranhms, in which case 100 litras would be = about 12 l. (comp. Herzfeld. Handelsgesch. p. 181). ( 1ジョンを計算することで約100 litras 。のようにすべての尤度を参照してローマンこれはポンド、約12オンスそれぞれの量が大きいため、令状はできませんなどの任意の合理的な異議申立をします。召使が簡単に実行して、それによると、それがすべてではないの埋設で使用されています。することが可能に見つけられるように類似の表現の使用に関して、 1つのかもしれないの誘惑に特定の重量を示すlitrasとしてではなく、コインです。 litraは、そういう意味の言葉使われ、時にはとして= 100 denarsされる場合は100 =約250 l. litrasが、しかし、もっと頻繁に= 4 dranhms 、その場合は100 litras =約12 l. ( comp.ヘルツフェルトです。 handelsgesch 。 p. 181 ) 。

But the linguistic difficulty seems very great, while any possible objection to the weight of the spices is really inconsiderable.しかし、言語の難易度は非常に大きいし、任意の可能性に反対するの重量は、スパイスは本当に取るに足りない。 For the kind of spices used in the burying, see Book EV.ための種類の香辛料を使用されている埋設を参照してください予約のEVです。 ch.あなたのです。 xxi. xxi 。 (as the burying of Lazarus). (として、埋設のLazarus ) 。 In later times there was a regular rubric and prayers with Kabbalistic symbolism (see Perles, Leichenfeierlichk. p. 11, Note 12).それ以降の時代があったが、通常の朱書き、祈りをささげてkabbalistic象徴( perles 、 leichenfeierlichk 。 p. 11学、注12 ) 。 No doubt, the wounds in the Sacred Body of our Lord had been washed from their gore.)間違いない、神聖な体の傷は、わたしたちの主にゴアから洗っていた。 )

For, it is of the greatest importance to remember, that hast characterised all that was done. It seems as if the 'clean linen cloth' in which the Body had been wrapped, was now torn into 'cloths' or swathes, into which the Body, limb by limb, was now 'bound,' (2 The Synopists record, that the Body of Jesus was 'wrapped' in a 'linen cloth;' John tells us that it was 'bound' with threads of aloes and myrrh of Nicodemus into 'swathes' or 'cloths,' even as they were found afterwards in the empty tomb, and by their side 'the napkin,' or soudarion, for the head. I have tried to combine the account of the Synoptists and that of John into a continuous narrative.) no doubt, between layers of myrrh and aloes, the Head being wrapped in a napkin.で、それが、最も重要なのを覚えて、そのすべてのことが行われたhast特徴です。 ているよう場合は、 '清潔度リネン布'では改行されていたのボディは今すぐに引き裂かれた'布'またはswathes 、には、身体、手足を四肢が今すぐ'にバインド、 ' ( 2 synopistsレコードは、イエスキリストは、ボディは、 'ラップ'を'リネン布; 'ジョンを教えてくれることは'束縛' aloesと没薬のスレッドニコデモを' swathes 'または'布、 'さえも彼らのその後の空の墓が見つかった、と自分たちの側'のナプキン、 'またはsoudarion 、頭です。私はそのアカウントを組み合わせることを試みたとsynoptistsジョンを、連続物語です。 ) 間違いない、との間の層を没薬aloes 、ナプキンの頭に包まれています。

And so they laid Him to rest in the niche of the rock hewn new tomb.と彼を休ませるようには、ニッチlaidオブザロック切り倒された新しい墓がある。 And as they went out, they rolled, as was the custom, a 'great stone,' the Golel, to close the entrance to the tomb, (c Sanh. 47 b.) probably leaning against it for support, as was the practice, a smaller stone, the so - called Dopheq. (d Ohai. ii 4.) It would be where the one stone was laid against the other, that on the next day, Sabbath though it was, the Jewish authorities would have affixed the seal, so that the slightest disturbance might become apparent.そして彼らは消え、彼ら圧延、カスタムとしては、 、 、 '大きな石、 ' golel 、を閉じるの墓の入り口にする、 ( c sanh 。 47 b. )に寄り掛かって、おそらくそれをサポート、練習としては、は、小さい石のよう-と呼ばれるd opheqです。 (営o haiします。 2世4 。 )は、 1つのことが、他の石が置かに対して、その内容は次の日、安息日のだが、ユダヤ人の著者が貼付シールは、ほんの少しして、見掛け上の障害になるかもしれない。

(3 But it must be admitted, that there are difficulties on this particular. See the remarks on this point at pp. 623 and 631, but espically pp, 636, 637.) to follow delegates from the Sanhedrin to the ceremony of cutting the Passover - sheaf. ( 3しかし、しなければならないことを認め、その上には、この特定の困難です。詳細については、この点については発言pp 。 623 、 631 、しかし、 espically pp 、 636 、 637 。 )を次の代表者は、式のサンヘドリンの削減は、過ぎ越しの-束です。 The Law had it, "he shall bring a sheaf (literally, the Omer) with the first - fruits of your harvest, unto the priest; and he shall wave the Omer before Jehovah, to be accepted for you."同法は、 "彼は、持参するの束(文字通りは、トメール)との最初の-の成果を収穫して、かれらの司祭;と彼は波のトメールエホバの前、が受け付けられるようにします。 "

This Passover - sheaf was reaped in public the evening before it was offered, and it was to witness this ceremony that the crowd had gathered around the elders.この過ぎ越しの-公共の束は、夕方前にr eapedが開かれたのは、それがこの儀式を目撃して、年長者の群衆が集まっていた。 Already on the 14th Nisan the spot whence the first sheaf was to be reaped had been marked out, by tying together in bundles, while still standing, the barley that was to be cut down, according to custom, in the sheltered Ashes Valley across Kidron.ニッサンは14日、すでにそこからの最初の束がその場にいたreapedスパムアウト、同点で一緒にバンドルされ、まだ立っている間に、大麦を減らすことは、カスタムによると、灰谷全体での保護kidronです。 When the time for cutting the sheaf had arrived, that is, on the evening of the 15th Nisan, even though it were a Sabbath, just as the sun went down, three men, each with a sickle and basket, set to work.時間を切断するときに到着したの束が、それは、 15日の夜には、ニッサンを検索するにもかかわらず、それが安息日と同様、太陽がダウン、 3人の男性にはそれぞれ、鎌やバスケット、仕事に設定されています。 Clearly to bring out what was distinctive in the ceremony, they first asked of the bystanders three times each of these questions: "Has the sun gone down?"個性を引き出す明確に何がこの儀式では、彼らに求められるの最初の3回bystandersそれぞれの質問: "には、太陽の下がるですか? " "With this sickle?" "この鎌ですか? " "Into this basket?" "をこのバスケットですか? " "On this Sabbath? (or first Passover - day)", and, lastly, "shall I reap?" "この安息日のですか? (または最初の過越-日更新) "と、最後に、 "私が収穫ですか? "

Having each time been answered in the affirmative, they cut down barley to the amount of one ephah, or about three pecks and three pints of our English measure.が肯定的回答は、それぞれの時間も、彼らの量を減らす1つの大麦をephahか、または約3 pints pecksと3つの弊社の英語を測定します。 This is not the place to follow the ceremony farther, how the corn was threshed out, parched, ground, and one omer of the flour, mixed with oil and frankincense, waved before the Lord in the Temple on the second Paschal day (or 16th of Nisan).これは、特定の場所を次の式でいってみれば、トウモロコシは、どのようにthreshedアウト、乾ききった、地上、および1つのトメールは、小麦粉、油と混ぜてフランキンセンス、主に同寺の前に振って2番目の復活祭の日(または16日のニッサン) 。 But, as this festive procession started, amidst loud demonstrations, a small band of mourners turned from having laid their dead Master in His resting place.しかし、このお祭りの行列を開始するには、大きなデモの中は、小さなバンドの会葬者が死んでからはマスターがlaid彼の休憩所です。 The contrast is as sad as it is suggestive.のコントラストとしては悲しいことは示唆に富む。 And yet, not in the Temple, nor by the priest, but in the silence of that garden tomb, was the first Omer of the new Paschal flour to be waved before the Lord.'にもかかわらず、同寺にない、また、司祭は、しかし、その庭の墓の沈黙は、最初のトメール、新しい復活祭の主の前に小麦粉を振っています。 ' (1 See 'The Temple and its Services,' pp. 221 - 224.) ( 1を参照'同寺とそのサービス、 ' pp 。 221 -2 24。 )

excerpts from Book 5, Chapter 15, Life and Times of Jesus the Messiah書籍の抜粋5 、第15章は、 イエスキリストの人生と時代の救世主
by Alfred Edersheim, 1886)アルフレッドedersheimされ、 1886 )


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheim多くのリファレンスを参照してソースに彼の作品です。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.書誌事項のリソースとして、当社は、別の作成edersheim参考文献リストです。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼のすべての括弧内の参考文献を示すの作品のページ番号を参照している。


Crossクロス

Advanced Information 高度情報

Cross, in the New Testament was the instrument of crucifixion, and hence used for the crucifixion of Christ itself (Eph. 2:16; Heb. 12:2; 1 Cor. 1:17, 18; gal. 5:11; 6:12, 14; Phil. 3:18).クロスは、新約聖書のは、楽器のはりつけ、およびそれゆえに使用されるキリスト自体( eph. 2:16 ;なしで。 12 : 02 ; 1コーです。 1:17 、 18 ;ギャルです。 5:11 ; 6 : 12 、 14 ;フィルします。 3:18 ) 。 The word is also used to denote any severe affliction or trial (Matt. 10:38; 16:24; Mark 8:34; 10:21).という言葉にも使われ重病を示すまたは任意の試用版( matt. 10:38 ; 16:24 ;マーク8時34分; 10:21 )です。

The forms in which the cross is represented are these:-フォームでは、クロスは、これらの表現は: -

After the conversion, so-called, of Constantine the Great (BC 313), the cross first came into use as an emblem of Christianity.変換した後、いわゆる、コンスタンティンの大(紀元前313 )は、クロスに入って初めてキリスト教の紋章として使用します。 He pretended at a critical moment that he saw a flaming cross in the heavens bearing the inscription, "In hoc signo vinces", ie, By this sign thou shalt conquer, and that on the following night Christ himself appeared and ordered him to take for his standard the sign of this cross.彼は重要なふりを見た瞬間、炎のクロスを、天軸受の碑文、 "特別signo vinces " 、すなわち、このメンバーshaltなたを征服し、自分自身がイエスキリストは、以下の部屋を取る彼の登場と指示彼の標準の符号は、次のクロスです。 In this form a new standard, called the Labarum, was accordingly made, and borne by the Roman armies.このフォームで、新しい標準と呼ばれるのぼり、これが行われると、ローマの軍隊が負担するとします。 It remained the standard of the Roman army till the downfall of the Western empire.それは、標準のは、ローマ軍の西側の帝国の崩壊までです。 It bore the embroidered monogram of Christ, ie, the first two Greek letters of his name, X and P (chi and rho), with the Alpha and Omega.キリストのモノグラム刺しゅうがうんざりすること、すなわち、ギリシア文字の最初の2つの彼の名前は、 xと人(犬とロー) 、アルファおよびオメガのです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Cross (noun)クロス(名詞)

Advanced Information 高度情報

Cross denotes, primarily, "an upright pale or stake."クロスを示し、主に、 "まっすぐな青白いまたは取得します。 " On such malefactors were nailed for execution.このようなmalefactorsがくぎを実行します。 Both the noun and the verb stauroo, "to fasten to a stake or pale, " are originally to be distinguished from the ecclesiastical form of a two beamed "cross."名詞と動詞の両方のstauroo 、 "株式や青白いを留めして、 "は、もともとの教会から区別される形で2つの梁"クロス。 " The shape of the latter had its origin in ancient Chaldea, and was used as the symbol of the god Tammuz (being in the shape of the mystic Tau, the initial of his name) in that country and in adjacent lands, including Egypt.後者の形の起源は古代の新バビロニア、とのシンボルとして使用されて、神タンムーズ(が神秘的なタウの形をしたのは、彼の名前を、最初の)その国に隣接する土地と、エジプトを含む。 By the middle of the 3rd cent.第3回の半ばまでにセントです。 AD the churches had either departed from, or had travestied, certain doctrines of the Christian faith.広告の教会は出発のいずれか、またはいたtravestied 、特定の教説のは、キリスト教の信仰です。

In order to increase the prestige of the apostate ecclesiastical system pagans were received into the churches apart from regeneration by faith, and were permitted largely to retain their pagan signs and symbols.の威信を高めるためにシステムの多神教徒、背教の教会が教会を離れ受信再生を信仰し、大部分が許可さを維持するとの兆候が異教のシンボルです。 Hence the Tau or T, in its most frequent form, with the cross-piece lowered, was adopted to stand for the "cross" of Christ.それゆえ、タウやTは、その最も頻度の高いフォームで、作品のクロスを落とし、スタンドが採択には、 "クロス"キリストのです。 As for the Chi, or X, which Constantine declared he had seen in a vision leading him to champion the Christian faith, that letter was the initial of the word "Christ" and had nothing to do with "the Cross" (for xulon, "a timber beam, a tree, " as used for the stauros).また、犬、またはx 、これコンスタンティノス宣言に見られる彼は彼をリードチャンピオンのビジョンは、キリスト教の信仰、その手紙はその単語の最初の"イエスキリスト"とは何の関係もない"クロス" ( xulon 、 "木材ビームは、ツリーで、 " staurosとして使われている) 。 The method of execution was borrowed by the Greeks and Romans from the Phoenicians.このメソッドの実行は、借りたされたギリシャとローマからのフェニキアです。

The stauros denotes (a) "the cross, or stake itself, " eg, Matt. staurosを示し、 (ア) "のクロスか、または出資自体、 "例えば、マットです。 27:32; (b) "the crucifixion suffered, " eg, 1 Cor. 27:32 ;結果( b ) "はりつけに苦しん、 "例えば、 1コーです。 1:17-18, where "the word of the cross, " RV, stands for the gospel; Gal. 1:17-18 、ここで"という言葉は、クロス、 "右心室、スタンドは、福音;ギャルです。 5:11, where crucifixion is metaphorically used of the renunciation of the world, that characterizes the true Christian life; 6:12, 14; Eph. 5:11 、ここではりつけは、比喩的に使用される世界の放棄、その特徴の真のクリスチャンライフ; 6:12 、 14 ; ephです。 2:16; Phil. 2:16 ;フィルです。 3:18. 3:18です。 The judicial custom by which the condemned person carried his stake to the place of execution, was applied by the Lord to those sufferings by which His faithful followers were to express their fellowship with Him, eg, Matt.カスタムでは、死刑囚の司法運ば彼の出資者の代わりに実行して、それらが適用され、主にどの苦しみを表現する彼の忠実な信奉者が彼らと交わりを持つ彼は、例えば、マットです。 10:38. 10:38です。


Crossクロス

Jewish Viewpoint Information ユダヤ人の視点情報

1. 1 。

The stake (σταῦρος = or ) used by the Romans at crucifixion.の刑に処せられる( σταῦρος =または)ローマ人への手紙で使用されてはりつけています。 This was so familiar to the Jews in New Testament times that they spoke frequently of "men carrying their cross before them while going to be executed" (Gen. R. lvi.; Pesiḳ. R. xxxi., ed. Buber, 143b), as did Jesus (Matt. x. 38, xvi. 24, and parallels; see Crucifixion).これはとてもなじみのユダヤ人が新約聖書回スポーク頻繁にして"男性の帳簿にクロスを実行する前にそれらを行く" ( Gen 。とr. 56 。 ; pesiḳ 。 r. 31 。 、エドです。ブーバー、 143b )としてはイエスキリスト( matt. Xの38 、 16 。 24日、と緯線;参照はりつけ) 。

2. 2 。

A specific Christian symbol: termed by Jews ("warp and woof"); also ("idol").キリスト教の特定のシンボル:表現され、ユダヤ人( "縦糸と横糸" ) ;も( "アイドル" ) 。 Concerning this the law is: "As far as it is made an object of worship by Christians, it is to be treated as an idol and prohibited for use; if, however, it is worn as an ornament without any religious object, its use is permitted to the Jews" (Isserles, Shulḥan 'Aruk, Yore De'ah, 141, 1: R. Mordecai to 'Ab. Zarah iii. in the name of R. Eleazar b. Jacob of Worms).この法律に関しては: "今のところはキリスト教徒のオブジェクトを崇拝され、それは、アイドルに扱われることを禁止されて使用するとして;場合は、しかし、これは、宗教的な着用せずにオブジェクトを飾り、その使用ユダヤ人は許可して" ( isserles 、 shulḥan ' aruk 、昔のde'ah 、 141 、 1 : r.モルデカイを'アルバータです。 zarah Ⅲ 。 eleazarの名の下r. b.ジェイコブのワーム) 。 However, being a Christian symbol, it has always been scrupulously avoided by Jews.しかし、キリスト教のシンボルが、それは常に綿密に回避されるユダヤ人です。 Pious Jews would not even wear badges or decorations with the cross attached to them, whereas more liberal ones do not hesitate to wear either the Iron Cross as German soldiers, or the Red Cross as members of the Red Cross Society.敬けんなユダヤ人のバッジはないにも摩耗やクロスの装飾を添付して、一方、他のリベラルなものはありません鉄のクロスをためらうのいずれかを着用するの兵士としてドイツ語か、または赤十字のメンバーとしては赤十字社のです。 To embroider ornamental crosses upon silk dresses for Christian ladiesis not forbidden to Jewish artists, according to Solomon b.装飾用のクロス刺しゅうをする時に絹のドレスをladiesisキリスト教を禁じられている特定のユダヤ人のアーティストによると、ソロモンb. Adret (see Berliner, "Aus dem Leben der Juden," 1900, pp. 13, 130).日当たりの良い斜面(ベルリナー、 "オーストラリアdem生涯der juden 、 " 1900 、 pp 。 13 、 130 ) 。 The Jewish aversion to using any sign resembling a cross was so strong that in books on arithmetic or algebra written by Jews the plus sign was represented by an inverted "ḳameẓ" ().ユダヤ人の嫌悪感を使用して任意のメンバーに似て、クロスはとても強いして書かれた書籍を代数演算やユダヤ人のプラス記号は、逆に代表される" ḳameẓ " ( ) 。

The cross as a Christian symbol or "seal" came into use at least as early as the second century (see "Apost. Const." iii. 17; Epistle of Barnabas, xi.-xii.; Justin, "Apologia," i. 55-60; "Dial. cum Tryph." 85-97); and the marking of a cross upon the forehead and the chest was regarded as a talisman against the powers of demons (Tertullian, "De Corona," iii.; Cyprian, "Testimonies," xi. 21-22; Lactantius, "Divinæ Institutiones," iv. 27, and elsewhere).キリスト教のシンボルとしてのクロスまたは"シール"に入って、早ければ使用し、少なくとも2番目の世紀(詳細については、 " apostです。しました。 " Ⅲ 。 17 ;信徒のバルナバ、 xi. - 12です。 ;ジャスティン、 "弁明、 "私です。 55-60 ; "ダイヤルします。 tryphごっ。 "八五から九七まで) ;とマーキングは、クロス時の額と胸には反対する勢力と見なされる悪魔のタリスマン(テルトゥリアヌス、 "デコロナ、 " Ⅲ 。 ;チプリアーノ、 "証言、 " XI 。の21-22 ;ラクタンティウス、 " divinæ institutiones 、 " Ⅳ 。 27日、および他の)です。 Accordingly the Christian Fathers had to defend themselves, as early as the second century, against the charge of being worshipers of the cross, as may be learned from Tertullian, "Apologia," xii., xvii., and Minucius Felix, "Octavius," xxix.これは、キリスト教、父親が自身を守るため、早ければ2番目の世紀に、反対の電荷のしもべは、クロスが、テルトゥリアヌスれることがありますから学んだ"と弁明、 " 12 。 、 17 。 、およびミヌキウスフェリクス、 "オクタウィウス、 " 29です。 Christians used to swear by the power of the cross (see Apocalypse of Mary, viii., in James, "Texts and Studies," iii. 118).キリスト教徒のパワーを誓う使用して、クロス(アポカリプスのメアリー、 Ⅷ 。は、ジェームズ、 "テキストを勉強し、 " Ⅲ 。 118 ) 。 Nevertheless Jewish teachers in the Middle Ages declared that Christians must be believed when swearing by the cross, as, in reality, they swear by the true God (Isaac of Corbeil, in "Sefer Miẓwot Ḳaṭan," 119, quoted by Güdemann, "Gesch. d. Erz. u. Cultur in Italien," 1880, i. 90).ユダヤ人の教師にもかかわらず、中世のキリスト教徒を宣言して宣誓就任されたときにしなければならないと考えクロス、として、現実には、彼らの真の神に誓う(アイザックのフラワーバスケツト、 " sefer miẓwot ḳaṭan 、 " 119 、引用さgüdemann 、 " geschします。 d.エルツします。米cultur 、イタリア、 " 1880年、 i. 90 ) 。 The fact, however, that the cross was worshiped as an idol during the Middle Ages caused the Jews to avoid (compare Ex. xxiii. 13) the very word "Cross," as well as all derivatives of it; for instance, "kreuzer" they called "ẓelem" or, abbreviated, "ẓal"; and the town "Kreuznach" they called "Ẓelem-Maḳom."事実、しかし、 worshipedとしては、クロスは、中世の間にアイドルの原因とユダヤ人を避けるために(比較例です。 23 。 13 )は非常に単語"クロス、 "すべてのデリバティブのことだけでなく、例えば、 "クロイツァー"彼らと呼ばれる" ẓelem "や、短縮、 " ẓal " ;との町" kreuznach "彼らと呼ばれる" ẓelem - maḳom 。 "

Several forms of the cross appear to have been used: the simple form, like a plus sign, the so-called St. Andrew's cross, and the Latin cross, which is mentioned in Ezek.いくつかの形のクロスが使用されて表示されます:簡単なフォーム、プラス記号のように、いわゆる聖アンドリュー's Cross駅やラテンクロス、これはezekに記載されています。 ix. 9 。 4 (Hebr.) as the "mark of life set upon the men to be saved" (compare Aquila, Symmachus, Theodotion, and Vulgate, or St. Jerome, to Ezek. lc; and Tertullian, "Adversus Marcum," iii. 22; compare Job xxxi. 35). 4 ( hebr. )として、 "マークの生活に設定を保存し、男性に" (比較アクイラ、シンマクス、 theodotion 、およびウルガタ聖書のか、または聖ジェローム、 ezek 。液晶;とテルトゥリアヌス、 "反対marcum 、 " Ⅲ 。 22 ;比較ジョブ31 。 35 ) 。 On the other hand, the oblique or St. Andrew's cross, resembling the letter "x," was used in Justin's time (see "Apologia," i. 60, where he compares the Christian cross with the cosmogonic starting-point in Plato's "Timæus," 36), and was known also to the Jews (see Anointing and Cabala), this form as the initial letter of Χριστός being preferably used.その一方では、聖アンドリューの斜め横断や、手紙に似ている" x "が使用されてジャスティンの時間(詳細については、 "弁明、 "の経験I.クリチバ60 、ここで彼には、キリスト教のクロスを出発点にcosmogonicプラトンの" timæus 、 " 36 )とは、既知のも、ユダヤ人を( anointingとカバラを参照)では、このフォームをχριστόςができれば、最初の文字を使用している。 In Jewish circles the original connections of both the Latin and the St. Andrew's cross were quite naturally ignored.ユダヤ教界で、元の接続の両方のラテン語との聖アンドリューのクロスがごく自然に無視されます。

Kaufmann Kohlerカウフマンコーラー
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography 書誌事項
Zöckler, Das Kreuz Christi, 1875; Hastings, Dict. zöckler 、 das kreuzクリスティ、 1875 ;ヘイスティングス、 dictのです。 Bibl. bibl 。 sv; Cheyne and Black, Encyc. sv文書;チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl. bibl 。 sv; Winer, BR sv; Herzog-Hauck, Real-Encyc. sv文書;ワイナー、 br sv文書;ヘルツォーク-ハウク、リアルencycです。 sv; Krauss, Realencyclopädie der Christlichen Archäologie, sv sv文書;クラウス、 realencyclopädie der christlichen archäologie 、 sv文書


Also, see:また、参照してください:
Crucifixion はりつけ
Seven Words On The Cross 十字架上の七つの言葉
Words Inscribed on the Cross 十字架上の言葉を内接
The Arising of Jesus イエスキリストの発生

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです