Disciples of Christキリストの弟子

Christian Church (Disciples of Christ), Campbellitesキリスト教の教会(キリストの弟子) 、 campbellites

General Information 総合情報

The Disciples of Christ, or Christian Church, is part of the largest religious movement to have originated in the United States.イエスキリストの弟子のか、またはキリスト教会は、最大の部分には宗教的な運動の発祥は米国です。 The church numbers approximately 1.1 million members in the United States and Canada, and does overseas work in many other countries.教会の数は約110万人の会員を米国とカナダ、およびその他の国は、海外の多くの作業は。 The church had its beginnings in Kentucky and western Pennsylvania in 1804 - 09.ケンタッキー州の教会がその始まりと西洋のペンシルベニア州では1804年-0 9。

Kentucky Presbyterian minister Barton W Stone and others who shared his liberal views on pulpit freedom and on associations across denominational lines withdrew from the Presbyterians to become "Christian only."ケンタッキー長老バートンワット石部長官と彼のリベラルな見解を共有する他のwho説教壇に宗派間の自由との関連付けの行を撤回presbyteriansになるから"キリスト教のみです。 " Pennsylvanian Thomas Campbell split with the Presbyterians over his right to serve the Lord's Supper to Christians of different persuasions.ペンシルベニア州のトーマスキャンベルpresbyterians以上の分割権利に奉仕する彼の主の晩餐をキリスト教徒の異なる信条です。 The two groups united in 1832 as Campbell's son Alexander Campbell became the prominent figure in the movement.の2つのグループの結束をキャンベルの息子として1832アレクサンダーキャンベルなったの大立者の動きです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In the 20th century there have been two separations: finding the "law" of Christian life exclusively in the New Testament, the Churches of Christ objected to musical instruments in worship and officially withdrew in 1906; the North American Christian Convention, another conservative faction, pulled away gradually between 1926 and 1969 and became known as the Christian Churches and Churches of Christ. 20世紀は、 2つのセパレーションがあった:所見の"法"排他的には、キリスト教の人生新約聖書は、キリスト教会の礼拝の楽器と反対して1906年に正式に撤回し、北アメリカキリスト教大会、別の保守派、 1926年と1969年の間に徐々に引かawayとなったとして知られては、キリスト教の教会とキリスト教会です。 In 1968 the mainstream of the Disciples of Christ restructured itself, with a General Assembly directing operations. 1968年の主流は、イエスキリストの弟子の再構築自体は、総会の演出を操作します。

Due to their origin as a protest against denominational exclusiveness, the Disciples are characterized by a commitment to interdenominational activity, autonomy in its levels of polity, and general liberality.彼らのために抗議する宗派の排他性の起源としては、弟子の特徴は、各宗派間の活動への決意を示す、自律、そのレベルの政体、および一般的な気前のよさです。 They claim to have no official doctrine; membership ordinarily requires only a confession of belief in Jesus Christ and subsequent baptism by immersion of its adult believers.彼らがないと主張する正式な教義;会員通常必要なのは、イエスキリストの信仰を告白とその後の大人の信者たちの洗礼を浸漬します。 The custom is to have the Lord's Supper central to every worship service and to have lay people regularly preside.カスタムは、主の夕食には礼拝の中心にすべてのサービスと司会を定期的には在家の人です。 Its General Assembly argues social, political, and moral positions with the understanding that no one can be bound by its decisions.その主張総会社会的、政治的、道徳的な立場での理解を深めて、 1つのことに縛られることは絶対にありませんその意思決定します。 The church has ordained women almost since its inception.教会の発足以来、ほとんどの女性が命じられる。

Robert L Friedlyロバート左friedly

Bibliography 書誌事項
Garrison, WE, Christian Unity and the Disciples of Christ (1965).駐屯地は、我々は、キリスト教の団結と、キリストの弟子( 1965 ) 。


Christian Church (Disciples of Christ)キリスト教の教会(キリストの弟子)

General Information 総合情報

The Christian Church (Disciples of Christ) is an American Protestant denomination that emerged during frontier revivals in early 19th-century Pennsylvania and Kentucky.は、キリスト教教会(キリストの弟子)は、アメリカのプロテスタント宗派フロンティアrevivals中に出てきた19世紀の初めにペンシルバニア州、ケンタッキーです。 Its founders hoped to serve as a unifying force among Protestants.その創始者として期待して求心力のうちプロテスタントです。 The Bible, particularly the New Testament, is the sole ecclesiastical authority for the Disciples of Christ.聖書の、特に新約聖書は、教会の唯一の権威をキリストの弟子です。 Church polity is congregational.教会の政体は、会衆です。

The founders of the Disciples were Thomas Campbell and his son Alexander Campbell, former Irish Presbyterian ministers.の創設者の弟子がトーマスキャンベルと彼の息子アレクサンダーキャンベル、元アイルランドの長老閣僚します。 Their followers became known popularly as Campbellites, although they preferred to be known as Disciples of Christ.彼らの追随campbellitesなったとして広く知られ、彼らを好まれる方がキリストの弟子として知られるようにします。 In 1809 Thomas Campbell founded the Christian Association of Washington County, Pennsylvania, which he based on a return to early Christian ideals.トーマスキャンベル、 1809設立は、キリスト教協会ワシントン郡、ペンシルベニア州、これに基づいて彼の早期復帰をキリスト教の理念です。 In 1811 Alexander joined his father in forming a congregation at Brush Run, Pennsylvania, and from there the movement spread westward.彼の父親は1811アレクサンダーメンバー登録を形成する集会にブラシを実行し、ペンシルベニア州、そこから西に広がるの動きです。 In 1832 the Kentucky revivalist Barton Stone and most of his followers, called Christians, united with the Campbell group.信仰復興バートン、ケンタッキー州で1832石と信者のほとんどが、彼は、キリスト教徒と呼ばれる中、キャンベルグループです。

Conflict arose among the Disciples during the second half of the 19th century.弟子間の紛争が生じた時に、 19世紀の半分を2番目のです。 Churches of conservative-minded Disciples withdrew in protest against the development of mission societies and the use in worship of instrumental music, which they felt to be unscriptural.保守的な考えの弟子教会の撤回に抗議し、社会の発展の使命の利用は、礼拝のインストゥルメンタル音楽、これが聖書に反する彼らを感じています。 By 1906 the seceding groups had formed a separate denomination known as the Churches of Christ . 1906年のsecedingグループが形成され、別の宗派のキリスト教会として知られています。

The movement remained a loosely connected brotherhood until 1968.同胞団の動きは依然、緩やかに接続されるまで1968 。 The International Convention of Christian Churches was the coordinating organization under which state conventions and independent boards and agencies operated.キリスト教の教会の国際コンベンションセンターの組織は、調整されて国家機関の運営規則や独立系のボードとします。 In 1968, however, a restructure plan was adopted that strengthened the national framework. 1968年に、しかし、リストラ計画が採択する国家の枠組みを強化しています。 As a result, mission, education, and other agencies became coordinated through a general assembly; a biennial delegated assembly replaced the annual international convention, and an executive unit, called a general board, was established.その結果、ミッション、教育、およびその他の機関が協調を介して総会;越年委任する毎年恒例の国際コンベンションセンターアセンブリに置き換えており、執行単位、総合委員会と呼ばれる、が設立されました。 The names Christian Church and Disciples of Christ , which had been used alternatively, were combined to give the church its present name.の名前をキリスト教の教会キリストの弟子 、使用されていた代わりに、教会はその存在を与える複合名を入力します。 Local congregations retained property rights, the right to call clergymen and determine worship and programs, and the liberty to determine how much they should contribute to national operations of the church.ローカル集会保持財産権、聖職者を決定する権利をコールやプログラムを崇拝し、どれだけの自由を決定する国家の営業活動に貢献して彼らは教会です。 Nevertheless, 2768 congregations of the 8046 listed withdrew from the national organization.にもかかわらず、 2768 、 8046集会の全国的な組織からの撤退に記載します。

Disciples recognize no formal creed.弟子の正式な信条を認識します。 Baptism is usually by immersion, although, in accepting members, the rite of other churches often is recognized.洗礼を浸漬は、通常、ものの、受け入れのメンバーでは、儀式の他の教会の頻度で認められている。 Each congregation celebrates the Eucharist every Sunday as a memorial feast.各集会を祝う記念碑として毎週日曜日の聖体ごちそうになる。

The Christian Church is one of the most ecumenically minded denominations. 1つは、キリスト教教会は最も熱心な宗派ecumenicallyです。 It participates in the World Council of Churches and the National Council of Churches of Christ in the United States of America.これに参加して、世界教会協議会と国立キリスト教会協議会は、米国のアメリカです。 Often in the forefront in social action and mission work, the Disciples have a global network of missions coordinated by the United Christian Missionary Society.多くの場合、社会的行動とミッションの最前線に機能するには、弟子たちは、グローバルネットワークのミッション社会の協調を米キリスト教の宣教師。 The church has pioneered in ecumenical theological education; in addition to its sponsorship of divinity houses at major nondenominational universities, it also maintains such institutions as Transylvania College (1780), in Lexington, Kentucky, and Bethany College (1840), in Bethany, West Virginia.その教会は、業界で初めて、エキュメニカル神学教育;に加えて、神の家主催特定宗教と無関係の主要大学、また、このような機関として維持トランシルヴァニア大学( 1780 )は、レキシントン、ケンタッキー州、およびベサニー大学( 1840 )は、ベサニー、西バージニア州です。 One of the best-known publications of the Disciples of Christ is Christian Century (established in 1894), which has been a significant force in the American ecumenical movement.最も有名な出版物の1つは、キリストの弟子たちは、キリスト教の世紀(に設立された1894 )されてきた大きな力は、アメリカのエキュメニカル運動です。


Disciples of Christキリストの弟子

Catholic Information カトリックの情報

A sect founded in the United States of America by Alexander Campbell.宗派に設立された、アメリカは、米国においてはAlexanderキャンベルです。 Although the largest portion of his life and prodigious activity was spent in the United States Alexander Campbell was born, 12 September, 1788, in the County Antrim, Ireland.彼の人生は、最大規模と驚異的な活動の部分に費やされて、米国は、アレキサンダーキャンベル生まれ、 1788年9月12日は、郡のAntrim 、アイルランドです。 On his father's side he was of Scottish extraction; his mother, Jane Corneigle, was of Huguenot descent.彼の父の側での彼はスコットランドの抽出;彼の母親、ジェーンcorneigleだったのユグノー降下します。 Both parents are reported to have been persons of deep piety and high literary culture.両方の親が報告された人の深い信心深さと高い文学文化です。 His father, after serving as minister to the Anti-Burgher Church in Ahorey and director of a prosperous academy at Richhill, emigrated to the United States and engaged in the oft-attempted and ever futile effort "to unite All Christians as one communion on a purely scriptural basis", the hallucination of so many noble minds, the only outcome of which must always be against the will of the Founder, to increase the discord of Christendom by the creation of a new sect.彼の父親は、大臣として配信した後に教会での反burgher ahoreyと監督は、アカデミーで繁栄しているrichhill 、移住に従事して、米国と試みたとまでしばしば賽の河原"に団結するすべてのキリスト教徒としては、 1つの聖体拝領純粋に聖書の基礎"は、幻覚こんなに多くの崇高な精神は、これだけの結果をすることに反対の意志をしなければいつもの創始者、キリスト教を増やすには不和を創造された新たな宗派です。 In 1808 Alexander embarked with the family to join his father, but was shipwrecked on the Scottish coast and took the opportunity to prepare himself for the ministry at the University of Glasgow.アレクサンダーに乗り出した1808年、父親のご家族に参加するが、難破するのは、スコットランドの海岸と自分自身はこの機会を準備するため同省は、グラスゴー大学です。 In 1809 he migrated to the United States, and found in Washington County, Pennsylvania, the nucleus of the new movement in the "Christian Association of Washington", under the auspices of which was issued a "Declaration and Address", setting forth the objects of the association.彼は1809に移行し、米国、およびが見つかりました、ワシントン郡、ペンシルベニア州、新しい運動の核のは、 "キリスト教協会ワシントン" 、これが発行の後援の下に"宣言と住所を" 、設定のオブジェクトの記載同協会のです。 It was proposed "to establish no new sect, but to persuade Christian to abandon party names and creeds, sectarian usages and denominational strifes, and associate in Christian fellowship, in the common faith in a divine Lord, with no other terms of religious communion than faith in and obedience to the Lord Jesus Christ".それが提案"を確立する新たな宗派、キリスト教を放棄を説得するしかし、党の名前や信条、宗派間の慣習や宗派のstrifes 、クリスチャンフェローシップと関連付けるのは、共通の信仰を神の主は、他の条件よりも宗教的な聖体拝領信仰し、主イエスキリストの服従を"です。 An independent church was formed at Brush Run on the principles of the association, and, 1 January, 1812, Alexander was "ordained".独立した教会が結成さブラシ同協会の原則を実行すると、 1812年1月1日、アレクサンダーは、 "命じられる" 。 His earnestness is attested by the record of one hundred and six sermons preached in one year; but he wrecked every prospect of success by finding in his reading of the Scriptures the invalidity of infant baptism, and the necessity of baptism by immersion, thus excluding from the Christian discipleship the vast majority of believing Christians.彼の熱意が証明された記録した106説教説教1年;しかし、彼は難破を見つけるごとに彼の成功の見通しを読んで、聖書は、幼児洗礼を無効とする必要性に洗礼を浸漬、これを除いたから弟子は、キリスト教の大部分は、信心深いキリスト教徒です。 On 12 June, 1812, with his wife, father, mother, and three others, Alexander was rebaptized by immersion.を1812年6月12日、彼の妻、父、母、と3つの他、アレクサンダーは、おそらく浸漬されています。 Nothing was left him now but to seek association with one or other of the numerous Baptist sects.何も彼は、今すぐ左を求める協会しかし、 1つまたは他の宗派、多くのバプテストです。 This he did, but with the proviso that he should be allowed to preach and teach whatever he learned from the Holy Scripture.この彼は、しかし、というただし書きを彼は何を教えることができるように説くと教典から学んだ。 The Baptists never took him cordially; and in 1817, after five years of herculean labours, his followers, whom he wished to be known by the appellation of "Disciples of Christ", but who were generally styled "Campbellites", numbered only one hundred and fifty persons.真心を込めて、キリスト教バプテスト決してかかった;と、 1817は、非常に困難な仕事をした後5年間、彼の信奉者は、御心に適うを希望しての名称で知られる"キリストの弟子" 、しかし、 whoは、通常スタイルの" campbellites " 、 100番号のみと50人です。 Campbell's mission as a messenger of peace was a failure; as time went on he developed a polemical nature, and became a sharp critic in speech and in writing of the weaknesses and vagaries of the Protestant sects.キャンベル平和の使者としての使命は失敗に終わりました;時間が経って自然に彼は論争を開発した、となったが鋭い批評家および書面での演説の弱点とプロテスタント宗派の気まぐれなのです。 Only once did he come in direct contact with the Catholics, on the occasion of his five days' debate, in 1837, with Archbishop Purcell of Cincinnati, which excited great interest at the time but is now forgotten.一度だけ彼はカトリック教徒には直接接触して、彼の席上で5日間の討論会は、 1837 、パーセルのシンシナティ大司教、これは、大きな関心を励起する時間が忘れてしまった。 His sixty volumes are of no interest. 60巻号は興味のない彼のです。 Campbell was twice married and was the father of twelve children.キャンベルは、 2回結婚し、子供たちは、 12の父です。 He died at Bethany, West Virginia, where he had established a seminary, 4 March, 1866.彼が死亡したのベサニー、ウェストバージニア州、ここで彼は神学校を設立し、 1866年3月4日です。

According to their census prepared in 1906 the sect then had 6475 ministers, 11,633 churches, and a membership of 1,235,294. 1906年の国勢調査によると、用意されていた6475宗派入力し、閣僚、 11633教会、および1235294人の会員がいます。 It is strongest in the West and Southwest, Missouri, Indiana, Illinois, Kentucky, and Ohio having the largest bodies.これは最強の西側と南西部、ミズーリ州、インディアナ州、イリノイ州、ケンタッキー州、オハイオ州最大の遺体を持つ。 JH Garrison, editor of their organ "The Christian Evangelist", outlined (1906) the belief of his sect.道路公団駐屯地は、エディタの臓器"は、キリスト教伝道者" 、概説( 1906 )彼の宗派の信念です。

According to their investigations of the New Testament the confession of faith made by Simon Peter, on which Jesus declared he would build His Church, namely "Thou art the Christ the Son of the living God", was the creed of Christianity and the essential faith, and that all those who would make this confession from the heart, being penitent of their past sins, were to be admitted by baptism into the membership of the early Church;調査によると、新約聖書の信仰告白を作ったサイモンピーターは、イエスキリスト宣言した上でビルド彼は彼の教会、すなわち"なたは、イエスキリストの息子オブザリビング神" 、キリスト教の信条とは、本質的な信仰、およびすべてのそれらのwhoすれば、この告白の中心から、過去の罪を悔いているのが認められたバプテスマをされるの初期の教会の会員;

that baptism in the early Church consisted of a burial of a penitent believer in the water in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Spirit, and that only such were fit subjects for baptism;教会の初めに洗礼を埋葬するの内訳は、水を後悔して信者の父親の名前を、との息子、聖霊と、それだけがこのような科目を合わせる洗礼;

that the form of church government was congregational;政府は教会は、フォームの会衆;

that each congregation had its deacons and elders or bishops, the former to look after the temporal and the latter the spiritual interests of the church.集会は、各司教はそのdeacons 、年長者や、時間の後に元を探すと、後者の精神的利益のために教会です。

They practise weekly communion and consider it not as a sacrament but as a memorial feast.彼らと練習ウィークリー聖体拝領聖餐式として考慮することはしかし、記念碑としてごちそうになる。

While they hold both New and Old Testaments to be equally inspired, both are not equally binding upon Christians.新旧両方の中に保持されるtestamentsインスピレーションに等しく、両方の拘束はないに等しく、キリスト教徒です。

Accepting the Bible as an all-sufficient revelation of the Divine will, they repudiate all authoritative creeds and human grounds of fellowship.すべてを受け入れるのに十分な聖書としては、神の啓示は、彼らを拒む理由のすべての権限を信条と人間のフェローシップです。

Publication information Written by James F. Loughlin.出版物の情報執筆者ジェームズ女性loughlinです。 Transcribed by Christine J. Murray.クリスティンj.マーレー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.のは、カトリックの百科事典、ボリュームv.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認、 1909年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Christian Churches and Churches of Christ キリスト教の教会とキリスト教会


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです