Doxology頌栄

General Information 総合情報

A doxology is a short prayer or hymn of praise that extols the glory and majesty of God. Well known doxologies include the Glory to God (Gloria Patri), the Glory Be (Gloria in excelsis), the Holy, Holy, Holy (Sanctus), and the Hebrew word Alleluia, which means "praise the Lord." 頌栄は、短い祈りや賛美歌の栄光と称賛を神の威光extolsです。 doxologiesには、よく知られ、神の栄光を(グロリアパトリ)は、栄光に(グロリアでexcelsis )は、聖なる、聖なる、聖なる(サンクトゥス) 、および、ヘブライ語ハレルヤ、つまり"主を称賛する。 " Some verses of hymns, such as Thomas Ken's "Praise God from whom all blessings flow," are also called doxologies.いくつかの詩の賛美歌など、トーマスケンの"神の称賛のすべての祝福の流れ者"はdoxologiesとも呼ばれる。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Doxology頌栄

General Information 総合情報

A Doxology is a hymn or formula of praise to God.賛美歌や数式を頌栄は、神を賛美します。 Many doxologies are found in the Bible, such as in Romans 16:27, Ephresians 3:21, and Jude 25; they are known as biblical doxologies.多くのdoxologiesが発見された聖書の、ローマ人への手紙のように16:27 、 ephresians 3:21 、およびジュード25 ;彼らは聖書のdoxologiesとして知られています。 The "lesser" and "greater" doxologies are two responsive forms that originated in the 4th century and are now used in the liturgies of many Christian churches. "小"と"大きい"フォームをdoxologiesには2つの応答の起源は4世紀とliturgiesは現在使用されている多くのキリスト教会です。

The lesser doxology is named Gloria Patri : "Glory be to the Father, and to the Son, and to the Holy Spirit; as it was in the beginning, is now, and ever shall be, world without end. Amen." 小頌栄の名前はグロリアパトリ : "の栄光を父と息子と聖霊;としてそれは初めは、今すぐ、とまでしなければならない、世界を終了します。アーメン。 "

The greater doxology, Gloria in excelsis Deo, is an early church expansion of the song of the angels in Luke 2:14: "Glory to God in the highest, and on earth peace among men with whom he is pleased." 大頌栄、グロリアexcelsis deoで教会の拡大を早期に、天使たちの歌をルーク2時14分: "神への賛美は、最高の、地球上で平和の中の男と一緒彼は満足です。 " It is used in the Roman Catholic Mass, except during Advent and Lent and in certain Masses throughout the year, and in many Protestant services.これはローマカトリックのミサで使用されて、中を除くと、特定の大衆の出現と貸し、年間を通じて、多くのプロテスタントのサービスです。

In the liturgy of the Church of England, the lesser doxology occurs at the end of psalms and canticles, and the greater doxology is used in certain seasons in the communion service.典礼の教会は、イングランド、小頌栄が発生するとソロモンの歌の最後に詩篇を授けた、との大頌栄が使用されて聖体拝領サービスは、特定の季節です。

A special doxology, the Trinitarian doxology, concludes the canon of the Mass by emphasizing Christ's mediatorship: "Through him, with him, in him, in the unity of the Holy Spirit, all glory and honor is yours, almighty Father, for ever and ever."特別な頌栄は、 三位一体説を信奉する頌栄、最後のキヤノンは、キリストの質量を強調mediatorship : "を通して彼は、彼は、彼は、聖霊の結束を、すべての栄光と名誉はあなた、全能の父、これまでに、ろう。 "

The greater, lesser, and Trinitarian doxologies are known as liturgical doxologies.大、小、および三位一体説を信奉するdoxologies典礼doxologiesとして知られています。

The last stanza of a hymn by the English bishop Thomas Ken, beginning "Praise God from whom all blessings flow," is commonly called "The Doxology" in Protestant churches.賛美歌の最後のstanzaされた英語の司教トーマスケン、初め"誰からのすべての神の祝福の流れを称賛、 "は、通称"頌栄"とプロテスタント教会です。 In Jewish worship, several psalms and the Eighteen Benedictions close with doxologies.ユダヤ教の礼拝で、いくつかの詩篇を授けたと親しい間柄だbenedictions 18 doxologiesです。


Doxology頌栄

Advanced Information 高度情報

The term, which is derived from the Greek doxa (glory), denotes an ascription of praise to the three persons of the Blessed Trinity.という用語は、これはギリシャ語から派生してdoxa (栄光)は、帰属するの称賛を示す人は、祝福の3つのトリニティです。 In its commonest form, known as the Gloria Patri or "Lesser Doxology," it is rendered: "Glory be to the Father, and to the Son, and to the Holy Ghost: As it was in the beginning, is now, and ever shall be, world without end. Amen."フォームは、よく知られ、グロリアパトリまたは"小頌栄、 "これはレンダリング: "の栄光を父と息子、として聖霊:それは初めとしては、今すぐ、とまでしなければならない、世界を終了します。アーメン。 " Its use at the end of the Psalms, as directed, eg, in the Book of Common Prayer, dates from the fourth century.その使用に詩篇を授けたの終わりに、監督としては、例えば、その本の共通の祈り、日付から4世紀です。 It is thus a symbol of the duty of Christianizing the Psalms and serves at the same time "to connect the Unity of the Godhead as known to the Jews with the Trinity as known to Christians" (Tutorial Prayer Book, p. 101).それを象徴するのは、このようにする義務がchristianizingに詩篇を授けたとサービスは、同じ時間"に接続するには、神性としての結束に知られているユダヤ人とキリスト教徒のトリニティとして知られて" (チュートリアル祈りの予約、 p. 101 ) 。

The so - called Greater Doxology is the Gloria in Excelsis, "Glory be to God on high."のよう-と呼ばれる大きなe xcelsis頌栄は、グロリアで、 "神の栄光を上高い。 " On account of its opening words, taken directly from Luke 2:14, it is sometimes known as the Angelic Hymn.アカウントの開会の言葉を、ルークから直接撮影2時14分、それは、天使の賛美歌としても知られています。 This doxology is of Greek origin (fourth century) and was used at first as a morning canticle.この頌栄は、ギリシャ語に起源( 4世紀)とは、第一として使用され、朝の賛美歌です。 Later it became incorporated into the Latin Mass, where it occupied a place at the beginning of the service.へ組み込まれることがラテン語ミサが、ここは、占領する場所の冒頭にするサービスです。 In the English Communion Service of 1552 the Reformers transferred the hymn to the end of the office, no doubt in accordance with the usage at the first Eucharist: "When they had sung an hymn, they went out" (Matt. 26:30). 1552聖体拝領サービスは、英語の改革派を移転し、賛美歌の最後には、オフィス、まちがいなくに基づいて利用方法の最初の聖体: "の賛美歌を歌わていたときに、彼らはアウト" ( matt. 26:30 )です。 In this position it forms a fitting conclusion to the Christian sacrifice of praise and thanksgiving.このポジションにふさわしい結論を形成することを褒め言葉とは、キリスト教を犠牲に感謝します。

It is now generally agreed that the doxology at the end of the Lord's Prayer is not part of the original text of Matt.一般的に合意したことは今すぐは、頌栄の最後には、主の祈りではない部分のテキストを、元のマットです。 6:9 - 13. 6時09 -1 3。 It may be regarded as an ancient liturgical addition to the prayer, which was adopted by the Greek church but not by the Latin.古代と見なされることがあります典礼の祈りに加えて、これが採択され、ギリシャの教会が特定されるラテン語です。

F Colquhoun fコフーン

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Doxology頌栄

Catholic Information カトリックの情報

In general this word means a short verse praising God and beginning, as a rule, with the Greek word Doxa.一般的にこの言葉を意味する短い詩神と賞賛当初、原則として、ギリシャ語doxaです。 The custom of ending a rite or a hymn with such a formula comes from the Synagogue (cf. the Prayer of Manasses: tibi est gloria in sæcula sæculorum. Amen).カスタムのエンディングを賛美歌の儀式、またはこのような数式から来てシナゴーグ( cf.のマナセの祈り: tibiはグロリアにsæcula sæculorum 。アーメン) 。 St. Paul uses doxologies constantly (Romans 11:36; Galatians 1:5; Ephesians 3:21; etc.).セントポールを使用doxologies絶えず(ローマ人への手紙11:36 ;ガラテヤ人への手紙1:5 ;エペソ人への手紙3:21 ;等)です。 The earliest examples are addressed to God the Father alone, or to Him through (dia) the Son (Romans 16:27; Jude 25; I Clem., xli; Mart. Polyc., xx; etc.) and in (en) or with (syn, meta) the Holy Ghost (Mart. Polyc., xiv, xxii, etc.).最古の例としては、神の父宛てにだけ、あるいは彼を通じて(径)の息子(ローマ人への手紙16:27 ;ジュード25 ;私クレム。 、 41 ;マートです。 polyc 。 、イグゼクス;等)との( ja )または、 (白、メタ)聖霊( mart. polyc 。 、 14 、 xxii 、等) 。 The form of baptism (Matthew 28:19) had set an example of naming the three Persons in parallel order.のフォームの洗礼(マタイ28:19 )は、設定の例を命名するための3つの人を並列にします。 Especially in the fourth century, as a protest against Arian subordination (since heretics appealed to these prepositions; cf. St. Basil, "De Spir, Sancto", ii-v), the custom of using the form: "Glory to the Father, and to the Son, and to the Holy Ghost", became universal among Catholics.特に、 4世紀、アリウス主義者としての抗議行動を行う従属(異端訴えて以来、これらの前置詞;継続前誌です。聖バジル、 "デスピール、 sancto " 、二- v )の、カスタムを使用して、フォーム: "父の栄光を、との息子、として聖霊" 、カトリック教徒の間で普遍的です。 From this time we must distinguish two doxologies, a greater (doxologia maior) and a shorter (minor).この時から2つを区別しなければならないdoxologies 、大きな( doxologiaより大きい)とを短くする(小)です。 The greater doxology is the Gloria in Excelsis Deo in the Mass. The shorter form, which is the one generally referred to under the name "doxology", is the Gloria Patri.大頌栄は、グロリアでは、 Mass 。 excelsis deoフォームは短く、これは、一般的に1つの名の下に"頌栄"は、グロリアパトリです。 It is continued by an answer to the effect that this glory shall last for ever.これは継続される旨の回答を、この栄光は、最終更新はない。 The form, eis tous aionas ton aionon is very common in the first centuries (Romans 16:27; Galatians 1:5; 1 Timothy 1:17; Hebrews 13:21; 1 Peter 4:11; I Clem., 20, 32, 38, 43, 45, etc.; Mart. Polyc., 22, etc.).のフォームより、評価書tous aionasトンaiononは非常に共通して認められる第一世紀(ローマ人への手紙16:27 ;ガラテヤ人への手紙1:5 ; 1ティモシー1:17 ;ヘブル人への手紙13:21 ; 1ピーター4:11 ;私クレム。 、 20 、 32 、 38 、 43 、 45 、等;マートです。 polyc 。 、 22日、等) 。 It is a common Hebraism (Tobit 13:23; Psalm 83:5; repeatedly in the Apocalypse 1:6, 18; 14:11; 19:3; etc.) meaning simply "for ever".これは、共通のhebraism (トビト書13:23 ;詩編83:5 ;繰り返しは、アポカリプス1時06分、 18 ; 14:11 ;午前19時03分;等)の意味を単純に"永遠"です。 The simple form, eis tous aionas, is also common (Romans 11:36; Doctr. XII Apost., 9:10; in the Liturgy of the Apostolic Constitutions, passim) Parallel formulæ are: eis tous mellontas aionas (Mart. Polyc., xiv); apo geneas eis genean (ibid.); etc. This expression was soon enlarged into: "now and ever and in ages of ages" (cf. Hebrews 13:8; Mart. Polyc., 14:etc.).のシンプルなフォームに、評価書tous aionasでも共通の(ローマ人への手紙11:36 ; doctr 。 12 apost 。 、 9:10 ;は、典礼は、ローマ教皇の憲法、ここかしこに)パラレルformulæは:評価書tous mellontas aionas ( mart. polycです。 、 14 ) ; apo geneas評価書genean ( ibid. ) ;等のこの表現はすぐに拡大する: "今すぐとまでとさ歳の年齢層" ( cf.ヘブル人への手紙13 : 08 ;マートです。 polyc 。 、 14 :等)です。 In this form it occurs constantly at the end of prayers in the Greek Liturgy of St. James (Brightman, Eastern Liturgies, pp. 31, 32, 33, 34, 41, etc.).このフォームの最後に常にそれが発生し、ギリシャの典礼の祈りのセントジェームス(ブライトマン、東部liturgies 、 pp 。 31 、 32 、 33 、 34 、 41 、等) 。 and in all the Eastern rites.と、東部のすべての儀式です。 The Greek form then became: Doxa patri kai yio kai hagio pneumati, kai nun kai aei kai eis tous aionas ton aionon. 、ギリシャのフォームに入力し、なった: yio甲斐甲斐doxaパトリ萩尾pneumati 、 aei甲斐甲斐修道女会aionon評価書tous aionasトンです。 Amen.アーメン。 In this shape it is used in the Eastern Churches at various points of the Liturgy (eg in St. Chrysostom's Rite; see Brightman, pp. 354, 364, etc.) and as the last two verses of psalms, though not so invariably as with us.この形状で使用されていることは様々なポイントを東部典礼教会(例えば、聖クリュソストモスの儀式;参照ブライトマン、 pp 。 354 、 364 、等)や詩の最後の2つの詩篇を授けたとして、常にとしてはありませんのでお問い合わせください。 The second part is occasionally slightly modified and other verses are sometimes introduced between the two halves.時折2番目の部分は若干の変更やその他の詩は時々の間に2つの半分を導入します。 In the Latin Rite it seems originally to have had exactly the same form as in the East.もともとラテン語の儀式のようにしていたものとまったく同じ形のように、東です。 In 529 the Second Synod of Vasio (Vaison in the province of Avignon) says that the additional words, Sicut erat in principio, are used in Rome, the East, and Africa as a protest against Arianism, and orders them to be said likewise in Gaul (can. v.).で529の2番目のvasio会議( vaisonされてアヴィニョン)によると、追加の言葉を、 sicut erat初めにおいて、ローマで使用されて、東、アリウス主義に抗議するとして、アフリカ、および受注して同様によると、ガウル( can.動)です。 As far as the East is concerned the synod is mistaken.東限りでは懸念して会議は、間違っている。 These words have never been used in any Eastern rite and the Greeks complained of their use in the West [Walafrid Strabo (9th century), De rebus eccl., xxv].これらの単語が一度も使用されて任意のギリシア帰一教会との不満が使用される西[ walafridストラボン( 9世紀) 、デrebus eccl 。 、 25 ] 。 The explanation that sicut erat in principio was meant as a denial of Arianism leads to a question whose answer is less obvious than it seems. sicut eratの説明を初めにおいては、アリウス主義の否定を意味としてリードして質問の答えは明らかに比べて少ないようです。 To what do the words refer?を参照の言葉は何ですか? Everyone now understands gloria as the subject of erat: "As it [the glory] was in the beginning", etc. It seems, however, that originally they were meant to refer to Filius, and that the meaning of the second part, in the West at any rate, was: "As He [the Son] was in the beginning, so is He now and so shall He be for ever."誰もが理解グロリアとしての話題を今すぐerat : "と[栄光]は、初めに"などどうやら、しかし、彼らはその意味を参照するにはもともとfilius 、との意味は、 2番目の部分は、西いずれにせよ、は: "として彼[の息子]は、初めに、これは、彼は今、これは、彼がこれまでにします。 " The in principio, then, is a clear allusion to the first words of the Fourth Gospel, and so the sentence is obviously directed against Arianism.の初めにおいて、その後、のは、明らかに言及して、最初の4番目の言葉を、ゴスペル、とし、アリウス主義に対する判決は、明らかに指示します。 There are medieval German versions in the form: "Als er war im Anfang".中世にはドイツ語のバージョンでのフォーム: "戦争イムanfang als er "です。

The doxology in the form in which we know it has been used since about the seventh century all over Western Christendom, except in one corner.のフォームでは、頌栄を知って私たちは使用されて以来7世紀については、すべての欧米キリスト教を除き、 1つのコーナーです。 In the Mozarabic Rite the formula is: "Gloria et honor Patri et Filio et Spiritui sancto in sæcula sæculorum" (so in the Missal of this rite; see PL, LXXXV, 109, 119, etc.).モサラベの儀式は、次の数式を使用: "グロリアet名誉パトリet filio et spiritui sanctoでsæcula sæculorum " (これは、ミサ典は、次の儀式;参照ポーランド語、 85 、 109 、 119 、等) 。 The Fourth Synod of Toledo in 633 ordered this form (can. xv).第4回会議のトレドに命じ、このフォーム633 ( can. 15 ) 。 A common medieval tradition, founded on a spurious letter of St. Jerome (in the Benedictine edition, Paris, 1706, V, 415) says that Pope Damasus (366-384) introduced the Gloria Patri at the end of psalms.中世の伝統、共通の設立は、スプリアスの手紙を聖ジェローム(は、ベネディクト版、パリ、 1706 、 V電源、 415 )によると、ローマ教皇ダマソ(三六六から三八四)導入し、グロリアパトリの終わりに詩篇を授けた。 Cassian (died c. 435) speaks of this as a special custom of the Western Church (De instit. coen., II, viii).カッシア(死亡したc. 435 ) 、これを特別なカスタム話すのは、欧米の教会(デinstit 。コーエンします。 、二、八) 。 The use of the shorter doxology in the Latin Church is this: the two parts are always said or sung as a verse with response.の使用を短く頌栄は、ラテン語の教会はこの:によると、 2つの部分または主席としては、常に詩に応答します。 They occur always at the end of psalms (when several psalms are joined together as one, as the sixty-second and sixty-sixth and again the one hundred and forty-eighth, one hundred and forty-ninth and one hundred and fiftieth at Lauds, the Gloria Patri occurs once only at the end of the group; on the other hand each group of sixteen verses of the one hundred and eighteenth psalm in the day Hours has the Gloria) except on occasions of mourning.彼らは常に発生する可能性の終わりに詩篇を授けた(メンバー登録時にいくつかの詩篇を授けたが一緒に1つ、として60 - 60 - 2番目と6番目と再び140 - 8 、 9 、 140 -第百五十をlaudsは、グロリアパトリが発生するの終わりに一度だけのグループ;上、他の手は、各グループの16の詩は、詩篇第第百十八日時には、グロリア)の機会を除いて喪に服している。 For this reason (since the shorter doxology, like the greater one, Gloria in Excelsis Deo, in naturally a joyful chant) it is left out on the last three days of Holy Week; in the Office for the Dead its place is taken by the verses: Requiem æternam, etc., and Et lux perpetua, etc. It also occurs after canticles, except that the Benedicite has its own doxology (Benedicamus Patrem . . . Benedictus es Domine, etc. -- the only alternative one left in the Roman Rite).この理由(頌栄以来、短く、大きな1つのように、グロリアのexcelsis deoは、当然、うれしそうな聖歌)ことが左アウトでの最後の3日間の聖週間以内に、死者のためのオフィスは、その場所がとられて詩:レクイエムæternamなどとetルクスペルペツア等が発生した後もソロモンの歌、を除いて、感謝の祈りには独自の頌栄( benedicamus patrem 。 。 。 。 。ベネディクトゥスはdomine 、など-の唯一の代替1つ残っているローマの儀式) 。 In the Mass it occurs after three psalms, the "Judica me" at the beginning, the fragment of the Introit-Psalm, and the "Lavabo" (omitted in Passiontide, except on feasts, and at requiem Masses). 3つのことが発生した後に詩篇を授けたの質量は、 " judica私"の冒頭には、フラグメントは、入祭文-詩編、と"洗手" (受難の聖省略された場合は、お祭りを除いて、大衆とレクイエム) 。 The first part only occurs in the responsoria throughout the Office, with a variable answer (the second part of the first verse) instead of "Sicut erat," the whole doxology after the "Deus in adjutorium," and in the preces at Prime; and again, this time as one verse, at the end of the invitatorium at Matins.の最初の部分のみが発生するオフィスresponsoriaして、変数の答え( 2番目の部分の最初の詩)の代わりに" sicut erat 、 "全体の頌栄の後に"神のadjutorium "とは、プライムレートpreces ;と再び、この時期として1つの詩、 invitatorium先の最後には、朝の祈りです。 At all these places it is left out in the Office for the Dead and at the end of Holy Week.これらの場所ですべてのことは取り残されては、死者のためのオフィスと聖週の終わりにします。 The Gloria Patri is also constantly used in extraliturgical services, such as the Rosary.グロリアパトリのextraliturgical使用されても常にサービスなどのロザリオです。 It was a common custom in the Middle Ages for preachers to end sermons with it.それは、共通のカスタムは、中世の説教と説教師を終了します。 In some countries, Germany especially, people make the sign of the cross at the first part of the doxology, considering it as chiefly a profession of faith.いくつかの国で、ドイツ、特に、人々のサインを作るのクロスは、最初の部分は、頌栄、主の職業を考慮して信仰です。

Publication information Written by Adrian Fortescue.出版物の情報執筆者エイドリアンフォーテスキューです。 Transcribed by Tony de Melo.トニーデメロ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.のは、カトリックの百科事典、ボリュームv.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認、 1909年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

ERMELIUS, Dissertatio historica de veteri christianâ doxologia (1684); SCHMIDT, De insignibus veteribus christianis formulis (1696); A SEELEN, Commentarius ad doxologiæ solemnis Gloria Patri verba: Sicut erat in principio in his Miscellanea (1732); BONA, Rerum liturgicarum libri duo (Cologne, 1674), II, 471; THALHOFER, Handbuch der kath. ermelius 、 dissertatio historicaデveteri christianâ doxologia ( 1684 ) ;シュミット、デinsignibus veteribus christianis formulis ( 1696 ) ;をseelen 、グロリアパトリcommentarius広告doxologiæソレムニスバーバ: sicut erat初めにおいて彼のいろいろ( 1732 ) ;善意、本rerum liturgicarumデュオ(ケルン、 1674 ) 、 2世、 471 ; thalhofer 、 handbuch der kath 。 Liturgik, I, 490 sq.; IDEM in Augsburger Pastoralblatt (1863), 289 sq.; RIETSCHEL, Lehrbuch der Liturgik, I, 355sq.; KRAUS, Real-Encyk., I, 377 sq. liturgik 、私は、 490平方;同じでaugsburger pastoralblatt ( 1863 ) 、 289平方;リーチェル、 lehrbuch der liturgik 、私は、 355sq 。 ;クラウス、リアルencyk 。 、私、 377平方


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです