Fatalism運命論

General Information 総合情報

Determinism is sometimes confused with predestination and fatalism, but as such it asserts neither that human affairs have been prearranged by a being outside the causal order nor that a person has an unavoidable fate.宿命と混同しては、時には決定論運命論ではなく、どちらもこのようなことがアサートされる談合が人間諸事の因果関係が外部の人には、注文しても避けられない運命です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Brief Definitions簡単な定義

General Information 総合情報

determinism 決定論
The view that every event has a cause and that everything in the universe is absolutely dependent on and governed by causal laws.との見解をすべてのイベントには、宇宙のすべての原因とさは確実に支配されるとの因果法に依存しています。 Since determinists believe that all events, including human actions, are predetermined, determinism is typically thought to be incompatible with free will. deterministsと思われるすべてのイベント以来、人間の行動などは、あらかじめ決め、決定論は、通常と互換性が自由意志と考えられている。
fatalism 運命論
The belief that "what will be will be," since all past, present, and future events have already been predetermined by God or another all-powerful force.という信念を持って"何されるされる、 "以降のすべての過去、現在、そして未来の出来事を事前に決められ、すでに神や他のすべての強力な力です。 In religion, this view may be called predestination; it holds that whether our souls go to Heaven or Hell is determined before we are born and is independent of our good deeds.宗教、このビューを表示すると呼ばれる5月に予定説;それによるとということ天国に行くかどうか私たちの魂や地獄が決定する前に私たちは私たちに生まれるとは独立した善行です。
free will 自由意志
The theory that human beings have freedom of choice or self-determination; that is, that given a situation, a person could have done other than what he did.の説を唱えている人間は選択の自由や自己決定;には、その与えられたな状況では、他の人がこれまでよりも彼が演じたのです。 Philosophers have argued that free will is incompatible with determinism.哲学者は互換性がないと主張して自由意志が決定論です。 See also indeterminism.こちらも不確定です。
indeterminism 不確定
The view that there are events that do not have any cause; many proponents of free will believe that acts of choice are capable of not being determined by any physiological or psychological cause.との見解をされていないイベントには、何らかの原因;多くの支持者の自由意志と思われる行為が特定の選択が可能な任意の生理的または心理的な原因によって決定されます。


Fate, Fatalism運命、運命論

Advanced Information 高度情報

Fate, personified by the Greeks under the name of Moira, signified in the ancient world the unseen power that rules over human destiny.運命は、ギリシア軍の権化のような人をモイラの名の下に、シニフィエは、古代世界の人間の運命を目に見えない力がルールです。 In classical thought fate was believed to be superior to the gods, since even they were unable to defy its all - encompassing power.古典的思考の運命は神々に優れていると思われるので、彼らもそのすべてに反抗することができませんでした-包み込むようなパワーです。 Fate is not chance, which may be defined as the absence of laws, but instead a cosmic determinism that has no ultimate meaning or purpose.運命のチャンスではないことがありますように定義され、不在の法律、法令、宇宙決定論ではなく、究極の意味や目的されていない。 In classical thought as well as in Oriental religion fate is a dark, sinister power related to the tragic vision of life.古典的思考だけでなく、東洋の宗教の運命は、暗い、邪悪なパワーに関連して悲劇的な人生のビジョンです。 It connotes not the absence of freedom but the subjection of freedom.内包する自由がないの欠如が、服従の自由です。 It is the transcendent necessity in which freedom is entangled (Tillich).並外れたことが必要では、自由が絡み合った(ティリヒ) 。 Fate is blind, inscrutable, and inescapable.視覚障害者の運命は、不可解な、と避けられない。

Christianity substituted for the hellenistic concept of fate the doctrine of divine providence.キリスト教の概念に置換さヘレニズムの運命を神の摂理の教義のです。 Whereas fate is the portentous, impersonal power that thwarts and overrules human freedom, providence liberates man to fulfill the destiny for which he was created.一方、運命は、驚異的な、人間味のないパワーをoverrules thwartsと人間の自由、プロビデンスliberates男の運命を満たすために彼が作成されました。 Fate means the abrogation of freedom; providence means the realization of authentic freedom through submission to divine guidance.運命は、廃止の自由;プロビデンスの実現に本格的手段を通じて発表申込を神の導きの自由です。 Providence is the direction and support of a loving God, which makes life ultimately bearable; fate is the rule of contingency that casts a pall over all human striving.プロビデンスは、神の愛をサポートする方向と、これにより最終的に我慢の生活;運命は、有事にキャストの支配のすべての人間の努力を差す。 Whereas fate makes the future precarious and uncertain, providence fills the future with hope.一方、将来の不安定や不確実な運命を、プロビデンスの塗りつぶしの将来に希望します。 Fate is impersonal and irrational; providence is supremely personal and suprarational.非合理的な運命とは、物的;プロビデンスは、極めて個人的かつ理性を超えた。

Fatalism was present among the ancient Stoics, and it pervades much of the thought of Hinduism, Buddhism, and Islam.運命論は、現在の間の古代stoics 、と考えたことpervades多くのヒンドゥー教、仏教、とイスラムです。 Modern philosophers who have entertained ideas akin to fate are Oswald Spengler, Herbert Spencer, John Stuart Mill, and Arthur Schopenhauer.現代哲学whoは私のアイデアを楽しまオスワルドシュペングラーの運命は、ハーバートスペンサー、ジョンスチュアートミル、およびアルトゥルショーペンハウアーです。

DG Bloesch dg bloesch
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
WC Greene, Moira: Fate, Good and Evil in Greek Thought; R Guardini, Freedom, Grace, and Destiny; P Tillich, "Philosophy and Fate," in The Protestant Era, and The Courage to Be; H Ringgren, ed., Fatalistic Beliefs in Religion, Folklore, and Literature; J Den Boeft, Calcidius on Fate.トイレグリーン、モイラ:運命、善と悪のギリシア思想;研究グァルディーニ、自由、グレース、と運命; pティリヒ、 "哲学と運命"は、プロテスタントの時代、とする勇気があります; hリングレン、エド。 、宿命論的信念、宗教、民俗学、と文学;無しデンboeft 、カルキディウス上の運命です。


Fatalism運命論

Catholic Information カトリックの情報

Fatalism is in general the view which holds that all events in the history of the world, and, in particular, the actions and incidents which make up the story of each individual life, are determined by fate.運命論は、一般的に、対象のすべてのイベントを保持し、世界の歴史の中、および、特に、事件の行動を穴埋めすると、個々の人生の物語は、運命によって決定されます。

The theory takes many forms, or, rather, its essential feature of an antecedent force rigidly predetermining all occurrences enters in one shape or another into many theories of the universe.その理論は、多くのフォーム、または、むしろ、その本質的な機能の先行力をこわばらせpredeterminingに入るすべての出現を1つの形状やそのほかの多くの理論宇宙します。 Sometimes in the ancient world fate was conceived as an iron necessity in the nature of things, overruling and controlling the will and power of the gods themselves.時々は、古代世界の運命としては、鉄の必要性を考え、自然のことを、 overrulingおよび制御の意志と力は、神々自身です。 Sometimes it was explained as the inexorable decree of the gods directing the course of the universe; sometimes it was personified as a particular divinity, the goddess or goddesses of destiny.容赦ないておくことは、法令の説明として、このコースは、宇宙の神々を演出;ておくことは、特定の神性の権化として、運命の女神や女神のです。 Their function was to secure that each man's lot, "share", or part should infallibly come to him.その機能を確保することは、それぞれの人の多くは、 "共有" 、または部分は完ぺきに来るしている。

Ancient Classical Fatalism古代の古典的運命論

The Greek tragedians frequently depict man as a helpless creature borne along by destiny.男として、ギリシャの悲劇作家頻繁に描写され、無力な生き物の運命に沿っ負担します。 At times this destiny is a Nemesis which pursues him on account of some crime committed by his ancestors or himself; at other times it is to compensate for his excessive good fortune in order to educate and humble him.この運命は、歯が立たない時に、彼にアカウントを追求する彼のいくつかの犯罪や自分の先祖;は他の回を補完するために彼のことは過度の教育のために幸運と謙虚だった。 With Æschylus it is of the nature of an unpitying destiny; with Sophocles, that of an overruling personal will. æschylusことは、自然との無情な運命;にソフォクレス、それは、個人がoverrulingです。 Still, the most important feature is that the future life of each individual is so rigorously predetermined in all its details by an antecedent external agency that his own volitions or desires have no power to alter the course of events.とはいえ、最も重要な機能は、将来の生活をして、個々は非常に厳密に決められた先行されたすべての内容を自分自身の外部の代理店がない欲望の電源をvolitionsまたはコース変更してのイベントです。 The action of fate is blind, arbitrary, relentless.視覚障害者の行動の運命は、任意の、情け容赦ない。 It moves inexorably onwards, effecting the most terrible catastrophes, impressing us with a feeling of helpless consternation, and harrowing our moral sense, if we venture upon a moral judgment at all.それ以降の動き容赦なく、最も恐ろしい災害の実施に、感銘を我々に無力感を来して、私たちと悲惨な道徳的な意味では、ベンチャー企業にすればすべての道徳的な判断をする。 Fatalism in general has been inclined to overlook immediate antecedents and to dwell rather upon remote and external causes as the agency which somehow moulds the course of events.運命論一般的に傾斜を見過ごしてきた家系と即座に住むという時に、リモートおよび外部の代理店が何らかの原因として、カビのコースのイベントです。

Socrates and Plato held that the human will was necessarily determined by the intellect.ソクラテスやプラトンが開かれたことは、必ずしも、人間の知性によって決定されます。 Though this view seems incompatible with the doctrine of free will, it is not necessarily fatalism.このビューを表示するようかかわらず原則自由意志とは互換性が、それは必ずしも運命論です。 The mechanical theory of Democritus, which explains the universe as the outcome of the collision of material atoms, logically imposes a fatalism upon human volition.デモクリトスの機械的な理論を説明して、衝突の結果として宇宙の物質の原子は、論理的運命論に人間の意志を課す。 The clinamen, or aptitude for fortuitous deviation which Epicurus introduced into the atomic theory, though essentially a chance factor, seems to have been conceived by some as acting not unlike a form of fate.のclinamenか、または偶然の適性に導入され、原子エピクロス偏移を理論的には、偶然の要素は、本質的には、いくつかのようにも考えられたとは異なり、特定の一形態としての運命の違いで演技します。 The Stoics, who were both pantheists and materialists, present us with a very thorough-going form of fatalism.のstoics 、 who pantheistsとmaterialists人とも、現在の私たちに非常に徹底した進行形の運命論です。 For them the course of the universe is an iron-bound necessity.かれらのコースは、宇宙は、鉄の必要性にバインドします。 There is no room anywhere for chance or contingency.どこの余地はないのか有事のチャンスです。 All changes are but the expression of unchanging law.すべての変更は不変の法則が、表現します。 There is an eternally established providence overruling the world, but it is in every respect immutable.プロビデンスoverrulingには永遠に世界の確立、それはすべての点で不変です。 Nature is an unbreakable chain of cause and effect.自然は、チェーンの原因と結果を破られない。

Providence is the hidden reason contained in the chain.プロビデンスは、隠された理由に含まれているホテルチェーンです。 Destiny or fate is the external expression of this providence, or the instrumentality by which it is carried out.運命や運命は、外部の表現は、次のプロビデンスか、またはの尽力でそれが実施されています。 It is owing to this that the prevision of the future is possible to the gods.これはこれは、予知のために、将来の神々が可能にします。 Cicero, who had written at length on the art of divining the future, insists that if there are gods there must be beings who can foresee the future.シセロ、 whoいたの長さを書いて、アートが占いは将来的には、と主張している場合には、神々の存在がなければなりませんwho未来を予見することです。 Therefore the future must be certain, and, if certain, necessary.そのため、将来の特定しなければならない、と、ある場合は、必要です。 But the difficulty then presents itself: what is the use of divination if expiatory sacrifices and prayers cannot prevent the predestined evils?しかし、入力し、プレゼント自体の難しさ:どのような場合は、使用を占い、祈りをささげて犠牲に償いをするpredestinedの弊害を防止することはできませんか? The full force of the logical difficulty was felt by Cicero, and although he observes that the prayers and sacrifices might also have been foreseen by the gods and included as essential conditions of their decrees, he is not quite decided as to the true solution.難易度の完全な力の論理シセロが感じられる、と彼を観察して祈りと犠牲を払うことも予見された神とも欠かせない条件に含まれるものとして政令、彼はかなりの真の解決策を決定します。 The importance ascribed to this problem of fatalism in the ancient world is evinced by the large number of authors who wrote treatises "De Fato", eg Chrysippus, Cicero, Plutarch, Alexander of Aphrodisias, and sundry Christian writers down to the Middle Ages.この問題の重要性を生得的には、古代世界の運命論は、多数の作家のevinced who書いた論文"デ実際" 、例えば、 chrysippus 、キケロ、プルタルコス、アレキサンダーのアフロディシアス、キリスト教の作家と雑中世ダウンしています。

Fatalism and Christianity運命論とキリスト教

With the rise of Christianity the question of fatalism necessarily adopted a new form.キリスト教の台頭と運命論の問題は必ずしも新しいフォームを採択した。 The pagan view of an external, inevitable force coercing and controlling all action, whether human or divine, found itself in conflict with the conception of a free, personal, infinite God.外部の異教の対象は、避けられないのすべての行動をコントロールする力coercingと、人間や神のかどうか、が見つかりましたと競合する可能性の概念自体は無料、個人、無限の神です。 Consequently several of the early Christian writers were concerned to oppose and refute the theory of fate.その結果、初期のいくつかの省庁に反対するキリスト教の作家が運命の理論と反論する。 But, on the other hand, the doctrine of a personal God possessing an infallible foreknowledge of the future and an omnipotence regulating all events of the universe intensified some phases of the difficulty.しかし、その一方で、個人的な神の教義の絶対確実な先見の所持すると、全能の将来の規制強化、宇宙のすべてのイベントをいくつかの段階では困難です。 A main feature, moreover, of the new religion was the importance of the principle of man's moral freedom and responsibility.主な機能を、また、その新興宗教の重要性の原則には、人間の道徳的な自由と責任があります。 Morality is no longer presented to us merely as a desirable good to be sought.道徳はもはや単なるとして提示さ問い合わせ望ましい求めて来られてうれしいです。 It comes to us in an imperative form as a code of laws proceeding from the Sovereign of the universe and exacting obedience under the most serious sanctions.命令的には問い合わせフォームをコードの法律の手続きとして、宇宙からの主権と最も深刻な制裁の下に厳格な服従します。 Sin is the gravest of all evils.最も深刻なのすべての罪は害悪です。 Man is bound to obey the moral law; and he will receive merited punishment or reward according as he violates or observes that law.男は道徳的な法則に従うにバインドされ、彼は当然の罰を受けるかの報酬として彼による法に違反するかを観察しています。 But if so, man must have it in his power to break or keep the law.しかし、もしそうならば、男いる必要があります彼のパワーを破ることが法律を守るか。 Moreover, sin cannot be ascribed to an all-holy God.また、生得的に罪をすべてすることはできません-聖なる神です。 Consequently, free will is a central fact in the Christian conception of human life; and whatever seems to conflict with this must be somehow reconciled to it.その結果、自由意志では、実際に人間の生命の概念は、キリスト教との衝突をどのようにこの何らかの和解しなければならないことにしよう。 The pagan problem of fatalism thus becomes in Christian theology the problem of Divine predestination and the harmonizing of Divine prescience and providence with human liberty.運命論の問題がこのように、異教の神学の問題を、キリスト教の神の宿命との調和を図りつつ、神の摂理先見性と人間の自由です。 (See FREE WILL; PREDESTINATION; PROVIDENCE.) (参照自由意志;宿命;プロビデンスです。 )

Moslem Fatalismイスラム教の運命論

The Moslem conception of God and His government of the world, the insistence on His unity and the absoluteness of the method of this rule as well as the Oriental tendency to belittle the individuality of man, were all favourable to the development of a theory of predestination approximating towards fatalism.神と神の概念はイスラム世界の政府は、彼の団結と主張して、このルールの方法の方法のabsolutenessだけでなく、東洋の個性を軽視する傾向が男にはすべての発展に有利な理論の宿命近似向け運命論です。 Consequently, though there have been defenders of free will among Moslem teachers, yet the orthodox view which has prevailed most widely among the followers of the Prophet has been that all good and evil actions and events take place by the eternal decrees of God, which have been written from all eternity on the prescribed table.その結果、かかわらず守備の自由意志があったイスラム教の教師のうち、正統的な見解はまだありませんが、最も広く間の信者が勝っていたのは、預言されているすべての善と悪の行動やイベントが開催された神の永遠の政令を持つすべての永遠に書き込まれてから、所定の表のとおりです。 The faith of the believer and all his good actions have all been decreed and approved, whilst the bad actions of the wicked though similarly decreed have not been approved.すべての信者の信仰は、彼の良いアクションが採用されて定められたと承認されると、また、悪い行動は、邪悪なかかわらず同様に定められた承認されていない。 Some of the Moslem doctors sought to harmonize this fatalistic theory with man's responsibility, but the Oriental temper generally accepted with facility the fatalistic presentation of the creed; and some of their writers have appealed to this long past predestination and privation of free choice as a justification for the denial of personal responsibility.いくつかのイスラム教の調和を模索してきた医師宿命論的理論と、この男の責任は、オリエンタルな気性が、一般に公正妥当と認め、施設の宿命論のプレゼンテーションは、信条、およびいくつかの作家たちは、この長い過去の宿命と不自由の自由な選択として正当化個人的な責任を否定します。 Whilst the belief in predestined lot has tended to make the Moslem nations lethargic and indolent in respect to the ordinary industries of life, it has developed a recklessness in danger which has proved a valuable element in the military character of the people.また、多くの信仰をpredestined傾向を作るにはイスラム諸国と怠惰で無気力な普通の産業の生活を尊重して、それが開発の危険にさらされて無謀さを証明する貴重な要素は、軍事的性格の人々です。

Modern Fatalismモダンな運命論

The reformers of the sixteenth century taught a doctrine of predestination little, if at all, less rigid than the Moslem fatalism. 16世紀の改革派の教えを排斥するの宿命ほとんどすべての場合は、より厳格なイスラム教の運命論少ないです。 (See CALVIN; LUTHER; FREE WILL.) With the new departure in philosophy and its separation from theology since the time of Descartes, the ancient pagan notion of an external fate, which had grown obsolete, was succeeded by or transformed into the theory of Necessarianism. (参照カルバン;ルーサー;自由意志です。 )は、新しい出発の哲学と神学の分離以来、時間をよりデカルトは、古代の異教の概念を、外付けの運命、これは時代遅れの栽培が成功したかの理論に変換される宿命論です。 The study of physics, the increasing knowledge of the reign of uniform law in the world, as well as the reversion to naturalism initiated by the extreme representatives of the Renaissance, stimulated the growth of rationalism in the seventeenth and eighteenth centuries and resulted in the popularization of the old objections to free will.物理学の研究は、知識が増えて、世界の統治の統一法だけでなく、自然主義の復帰を開始された極端な代表のルネサンス、合理成長を刺激しては、 17と18世紀の普及になり、自由意志に反対する、古いです。 Certain elements in the mechanical philosophy of Descartes and in the occasionalism of his system, which his followers Malebranche and Geulinex developed, confining all real action to God obviously tend towards a fatalistic view of the universe.特定の要素は、機械的な哲学は、デカルトと偶因彼のシステムで、彼の信者geulinexマルブランシュと開発され、封神のすべての実際の行動を明らかにする傾向に向かって、宇宙の宿命論対象です。

Modern Pantheistic Fatalism近代的汎神論の運命論

Spinoza's pantheistic necessarianism is, however, perhaps the frankest and most rigid form of fatalism advocated by any leading modern philosopher.スピノザの汎神論の宿命論は、しかし、おそらく最も厳格な形の運命論frankestと任意のリード現代哲学提唱します。 Starting from the idea of substance, which he so defines that there can be but one, he deduces in geometrical fashion all forms of being in the universe from this notion.最低料金のアイデアの物質、これは彼があるのでしかし、 1つの定義されて、彼のファッションdeducesにすべての形態の幾何学的には、宇宙からこの概念です。 This substance must be infinite.この物質無限しなければならない。 It evolves necessarily through an infinite number of attributes into an infinity of modes.必然的に進化するには無限の属性を無限遠のモードがあります。 The seemingly individual and independent beings of the world, minds and bodies, are merely these modes of the infinite substance.個々の独立した存在と思われると、世界は、心と身体は、単にこれらのモードは、無限の物質です。 The whole world-process of actions and events is rigidly necessary in every detail; the notions of contingence, of possible beings other than those which exist, are purely illusory.全世界のプロセスの行動やイベントに必要なすべての詳細は堅く;の概念の接触は、これ以外の生き物が存在する可能性は、純粋に架空のです。 Nothing is possible except what actually is.何も、実際にはどのような可能性を除いています。 There is free will in neither God nor man.自由意志で神にはどちらも男です。 Human volitions and decisions flow with the same inexorable necessity from man's nature as geometrical properties from the concept of a triangle.人間の意思決定の流れと同じvolitionsと容赦のない男としての性質をより必要な幾何学的性質から三角形の概念です。 Spinoza's critics were quick to point out that in this view man is no longer responsible if he commits a crime nor deserving of praise in recompense for his good deeds, and that God is the author of sin.スピノザの批評家はすぐにこのビューと指摘している男はもはや犯罪の責任をコミットする場合にも彼は称賛に値するのは彼の善行報奨ており、その神は、著者の罪です。 Spinoza's only answer was that rewards and punishments still have their use as motives, that evil is merely limitation and therefore not real, and that whatever is real is good.スピノザの唯一の答えはまだそのような特典として使用すると処罰の動機、それは単に邪悪な制限はないとリアルており、そのことは何でも本物のが良いです。 Vice, however, he holds, is as objectionable as pain or physical corruption.副、しかし、彼は、好ましくないとしては、痛みを感じたり、物理的な破損します。 The same fatalistic consequences to morality are logically involved in the various forms of recent pantheistic monism.同じ宿命論的な道徳は、論理的帰結に関与して様々な形の最近の汎神論一元論です。

Modern Materialistic Fatalism近代的唯物論的運命論

Modern materialism, starting from the notion of matter as the sole original cause of all things, endeavours to elaborate a purely mechanical theory of the universe, in which its contents and the course of its evolution are all the necessary outcome of the original collocation of the material particles together with their chemical and physical properties and the laws of their action.近代的唯物論、最低料金の概念としての唯一のオリジナル物質が原因で発生するすべてのものは、手の込んだよう努力して、純粋に機械的な宇宙論では、その内容およびその進化の過程ではすべての結果を、元のコロケーションするために必要な、材料の粒子と一緒にその化学的物理的特性と彼らの法律に基づいて行動します。 The more thoroughgoing advocates of the mechanical theory, such as Clifford and Huxley, frankly accept the logical consequences of this doctrine that mind cannot act upon matter, and teach that man is "a conscious automaton", and that thoughts and volitions exercise no real influence on the movements of material objects in the present world.徹底した権利の擁護者の他の機械的理論的には、クリフォードやハクスリーなど、率直に同意して論理的帰結は、次の教義に行動することはできませんが心の問題、および教えるあの男は"を意識的にオートマトン" 、およびその思想との真の影響力を行使volitions上の動きは、材料のオブジェクトに、現在の世界です。 Mental states are merely by-products of material changes, but in no way modify the latter.精神状態は単に製品の素材に変更され、しかし、後者の変更はありません。 They are also described as subjective aspects of nervous processes, and as epiphenomena, but however conceived they are necessarily held by the disciples of the materialistic school to be incapable of interfering with the movements of matter or of entering in any way as efficient causes into the chain of events which constitute the physical history of the world.彼らは主観的側面としても神経質なプロセスを説明し、 epiphenomenonの複数形、しかし、しかし彼らは必然的な弟子を保有して唯物論の無能される学校の運動を干渉して問題を入力または任意の方法としては効率的な原因をホテルチェーンを構成する物理的なイベントに、世界の歴史をします。 The position is in some ways more extreme than the ancient pagan fatalism.の位置は、いくつかの点で他の極端な運命論よりも、古代異教のです。 For, while the earlier writers taught that the incidents of man's life and fortune were inexorably regulated by an overwhelming power against which it was useless as well as impossible to strive, they generally held the common-sense view that our volitions do direct our immediate actions, though our destiny would in any case be realized.を、教えながら、以前の作家は、事件の男の生命と財産が規制され、圧倒的なパワー無情に反対されていた不可能に無駄な努力だけでなく、彼ら一般的に開催し、常識的な見方を私たちは直接私たちの即時行動volitionsが、私たちの運命はいずれにせよが実現します。 But the materialistic scientist is logically committed to the conclusion that while the whole series of our mental states are rigidly bound up with the nervous changes of the organism, which were all inexorably predetermined in the original collocation of the material particles of the universe, these mental states themselves can in no way alter the course of events or affect the movements of a single molecule of matter.しかし、唯物論の科学者は論理的にコミットして結論に私たちが、全体のシリーズの精神状態は密接な関係をこわばらせ、神経を変更した生物、これが無情に所定のすべての素材に、元のコロケーションの宇宙の粒子は、これらの精神国自体どうしようもないことを変えるのイベントや、 1つの分子の動きに影響を与える物質です。

The Refutation of Fatalism of all types lies in the absurd and incredible consequences which they all entail.運命論のすべての種類の反論の嘘は、不合理な結果をもたらすと信じられないほどに彼らのすべてを伴う。

(1) Ancient fatalism implied that events were determined independently of their immediate causes. ( 1 )古代の運命論決定を示唆したイベントが独立してすぐに原因が考えられます。 It denied free will, or that free will could affect the course of our lives.それが拒否されました自由意志か、またはその自由意志がこのコースは私たちの生活に影響を与える。 Logically it destroyed the basis of morality.論理的に道徳性の基礎を破壊します。

(2) The fatalism resting on the Divine decrees (a) made man irresponsible for his acts, and (b) made God the author of sin. ( 2 )の運命論安静時には神の政令(ア)男は彼の無責任な行為、および( b )は神のもとに著者の罪です。

(3) The fatalism of materialistic science not only annihilates morality but, logically reasoned out, it demands belief in the incredible proposition that the thoughts and feelings of mankind have had no real influence on human history Mill distinguished: (a) Pure or Oriental fatalism which, he says, holds that our actions are not dependent on our desires, but are overruled by a superior power; (b) modified fatalism, which teaches that our actions are determined by our will, and our will by our character and the motives acting on us--our character, however, having been given to us, (c) finally determinism, which, according to him, maintains that not only our conduct, but our character, is amenable to our will: and that we can improve our character. ( 3 )の運命論の唯物科学だけでなく、道徳annihilatesしかし、論理的理路整然とアウト、それは信じられないほどの信仰を要求命題は、人類の思考や感情がリアルに影響を及ぼす人類の歴史はないミルの識別: ( 1 )純粋な運命論やオリエンタルが、彼の言う、私達の行動によるとということは、私たちの欲望に依存していないが、却下された優れたパワーこと、 ( b )更新運命論は、私達の行動を教えることは、我々の意志決定される、と我々の意志を私たちの文字との動機先に作用する-私たちの文字、しかし、与えられたことに問い合わせする、 ( c )最後に決定論、これは、彼によると、維持を行うだけでなく、私たちは、しかし、私たちの文字は、我々の意志を伴わずに:向上させるとを選択してください私たちの文字です。 In both forms of fatalism, he concludes, man is not responsible for his actions.フォームの運命論の両方で、彼は最後、男ではない彼の行動責任を負う。 But logically, in the determinist theory, if we reason the matter out, we are driven to precisely the same conclusion.しかし、論理的には、決定論は、理論的には、理由の問題アウトすれば、我々は同じ結論を正確に駆動します。 For the volition to improve our character cannot arise unless as the necessary outcome of previous character and present motives.私たちの意志を向上させることはできませんが発生しない限り、文字としての結果をするために必要な前の文字と現在の動機です。 Practically there may be a difference between the conduct of the professed fatalist who will be inclined to say that as his future is always inflexibly predetermined there is no use in trying to alter it, and the determinist, who may advocate the strengthening of good motives.事実上の違いはあるかもしれませんが実施される傾斜who本職の運命論者として、彼の将来を言うことはないが常に所定の意志を曲げないで使用しようとして変えること、および、決定論、 who年5月の強化を提唱する良い動機です。 In strict consistency, however, since determinism denies real initiative causality to the individual human mind, the consistent view of life and morality should be precisely the same for the determinist and the most extreme fatalist (see DETERMINISM).整合性の厳格な、しかし、本当のイニシアチブ決定論的因果関係を否定し、個々の人間の精神は、整合性の人生観と道徳性と同じを正確にすべきであると、最も極端な運命論決定論(決定論を参照) 。

Publication information Written by Michael Maher.出版物の情報執筆者のマイケルマーハーです。 Transcribed by Rick McCarty.リックマッカーティ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.のは、カトリックの百科事典、ボリュームv.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認、 1909年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Determinism 決定論
Predestination 宿命

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです