Filioque Controversy filioque論争

General Information 総合情報

Protestant Perspective プロテスタントの視点

Based probably on the baptismal creed of Jerusalem, the Niceno - Constantinopolitan Creed contained a fuller statement concerning Christ and the Holy Spirit than the earlier formula.おそらく信条の洗礼をベースに、エルサレムは、 niceno -c onstantinopolitan信条に含まれる、フラーに関する声明、キリストと聖霊よりも、以前の数式です。 Its use in eucharistic worship is not much earlier than the 5th century. eucharistic崇拝ではないのその使用は5世紀よりもかなり早い時期です。

The so - called Filioque ("and the Son") clause, expressing the double procession of the Spirit, was added at the Third Council of Toledo (589). The Nicene Creed is used by Roman Catholics, many Protestants, and the Eastern Orthodox; the last, however, reject the Filioque clause.のよう-と呼ばれるf ilioque(以下"との息子" )節に、特別に二重の行列の精神に、 3番目の協議会に追加されましたトレド( 5 89)で、 ローマカトリック教徒ニカイア信条で使用され、多くのプロテスタントと東方正教会;の最後の、しかし、 filioque節を拒否する。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Filioque filioque

General Information 総合情報

Protestant Perspective プロテスタントの視点

Filioque is a combination of Latin words meaning "and from the Son," added to the Nicene Creed by the Third Council of Toledo in 589: Credo in Spiritum Sanctum qui ex patre filioque procedit ("I believe in the Holy Spirit who proceeds from the Father and Son"). It refers to the doctrine of the procession of the Holy Spirit from the Father and the Son. Although it was accepted by the Western church as a belief by the end of the 4th century, the formula was not authorized for general liturgical use before the early part of the 11th century. filioqueは、ラテン語の単語の組み合わせを意味する"との息子から、 "追加されたニカイア信条をトレドで3番目の評議会589 : クレドspiritum神聖な場所でホームからpatre filioque procedit ( "私は聖霊を信じるwho収益から父親と息子" ) 。 それを参照して、教義の行列は、聖霊の父と息子からです。もののそれは、欧米の教会に受け入れられたの信念として、 4世紀の終わりまでに、承認され、数式はない全般典礼を使用する前に、 11世紀前半にします。 It was assailed vehemently by Photius, the patriarch of Constantinople (present-day Ýstanbul), in 867 and 879. The Eastern church did not accept the addition on two distinct grounds:それが攻撃されphotius躍起になっては、家長のコンスタンティノープル(現イスタンブール)は、 867と879 。 しなかった東部の教会に同意して加えて2つの明確な根拠:

The filioque clause was probably devised in response to Arianism, which denied the full divinity of the Son. filioque節の考案に対応してアリウス主義はおそらく、これを否定しての完全な神性の息子です。 To the Byzantines, however, the clause also appeared to compromise the primacy ("monarchy") of the Father, which according to the Eastern church is the source of deity.ビザンチンして、しかし、妥協案の条項にも出演し、優位性( "君主制" )の父、これによると、東方教会は神のソースです。 An unsuccessful attempt to reconcile the two points of view was made at the Council of Ferrara-Florence in 1439.和解の試みが失敗し、 2つのポイントの対象は、評議会が行われたフェラーラ-フィレンツェで1439です。 The Eastern and Western churches have remained separate, and the doctrine represented by the term filioque stands as one of the primary points of difference between them.東洋と西洋の別の教会が残ってや教義filioqueスタンドとして表される用語の1つの主な相違点です。


Filioque filioque

Advanced Information 高度情報

The term means "and from the Son" and refers to the phrase in the Western version of the Nicene Creed which says that the Holy Spirit proceeds from the Father and the Son. Originally this was not in the confessions agreed to at Nicaea (325) and Constantinople (381). It seems to have been first inserted at the local Council of Toledo (589) and in spite of opposition gradually established itself in the West, being officially endorsed in 1017. Photius of Constantinople denounced it in the ninth century, and it formed the main doctrinal issue in the rupture between East and West in 1054. An attempted compromise at Florence in 1439 came to nothing.という用語の手段"との息子から"とのフレーズを参照しての目的は、西部のバージョンのニカイア信条は聖霊によると、父親と息子からの収入です。 もともとこれは先に合意していないの自白イズニク( 325 )とコンスタンティノープル( 381 )です。ように挿入された最初の地方評議会は、トレド( 589 )と反対にもかかわらず、徐々に確立さ自体は、西は、 1017が正式に承認されます。 photiusコンスタンティノープルの非難して9世紀、主な教義上の問題とそれを形成して東と西の間には、断裂で1054です。フィレンツェで1439を実行しようと妥協がない。 Among the fathers Hilary, Jerome, Ambrose, Augustine, Epiphanius, and Cyril of Alexandria may be cited in its favor; Theodore of Mopsuestia and Theodoret against it; with the Cappadocians occupying the middle ground of "from the Father through the Son."ヒラリー、父親の間、ジェローム、アンブローズ、アウグスティヌス、聖エピファニオス、およびシリルアレクサンドリアの5月に引用され、賛成; theodoretモプスエスティアのテオドロスと反対して; cappadocians占領の真ん中の地面に"を通じての息子の父親からです。 "

On the Eastern side two points may be made. 5月の東側には2つのポイントがあります。 First, the relevant verse in John (15:26) speaks only of a proceeding from the Father. まず第一に、関連性の高い詩のジョン( 15:26 )のみで話すの父親から進めています。 Second, the addition never had ecumenical approval. 第二に、キリスト教の承認に加えありませんでした。

Two points may also be made for the filioque. 2つのポイントをfilioque作られることもあります。 First, it safeguards the vital Nicene truth that the Son is consubstantial with the Father. 第一に、セーフガードするための活力のニカイアことは、真実の父と息子は同本質です。 Second, the Son as well as the Father sends the Spirit in John 15:26, and by analogy with this relationship to us we are justified in inferring that the Spirit proceeds from both Father and Son in the intratrinitarian relationship. Not to say this is to divorce the Spirit from the Son in contradiction of the passages that speak of him as the Spirit of Christ (cf. Rom. 8:9; Gal. 4:6). 第二に、父親の息子だけでなく、精神を送信し、ジョン15:26 、類推すると、この関係を推察問い合わせは、我々は正当化されない精神の両方からの収益は、父親と息子の関係intratrinitarian 。とは言わないまでもこれは、離婚の精神に矛盾するから通路の息子で話すのが彼の精神としてキリスト( cf. ROMから起動します。 8時09分;ギャルです。 4時06分) 。

GW Bromiley gw bromiley
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
K Barth, Church Dogmatics I / 1 12, 2; JND Kelly, Early Christian Doctrines; H Thielicke, The Evangelical Faith, II,; HB Swete, History of the Doctrine of the Procession of the Holy Spirit. k範囲は、教会の教義学のI / 1月12日、 2 ; jndケリー、早いキリスト教の教義; hティーリケは、福音信仰、 2世、 ; hbスウィート、教義の歴史を、聖霊の行列です。


Filioque filioque

General Information 総合情報

Orthodox Perspective 正統派の視点

By the 4th century a polarity developed between the Eastern and Western Christians in their respective understandings of the Trinity. 4世紀に開発された極性東洋と西洋のキリスト教徒の間に、それぞれの理解は、トリニティ。 In the West God was understood primarily in terms of one essence (the Trinity of Persons being conceived as an irrational truth found in revelation); in the East the tri-personality of God was understood as the primary fact of Christian experience.西神は、主にサイトの1つは、本質的に理解され(トリニティの人が考え、非合理的な真理として発見さ啓示) ;は、東の三人格神は、キリスト教の理解をプライマリの事実を経験します。 For most of the Greek Fathers, it was not the Trinity that needed theological proof but rather God's essential unity.父親のほとんどは、ギリシャ語、それはないが、必要に応じてトリニティ神学的証拠ではなく、神の本質的な団結です。 The Cappadocian Fathers (Gregory of Nyssa, Gregory of Nazianzus, and Basil of Caesarea) were even accused of being tri-theists because of the personalistic emphasis of their conception of God as one essence in three hypostases (the Greek term hypostasis was the equivalent of the Latin substantia and designated a concrete reality).父親のcappadocian (グレゴリーのnyssa 、ナジアンゾスの聖グレゴリオとバジルのcaesarea )がトライtheistsも非難されているため、その概念を強調personalistic神の本質として1つの3つのhypostasisの複数形(下位は、ギリシャの用語に相当するラテン語の指定を本質とする具体的な現実に) 。 For Greek theologians, this terminology was intended to designate the concrete New Testamental revelation of the Son and the Spirit, as distinct from the Father.ギリシャの神学者は、この用語は、具体的な新しいtestamentalを目的とし啓示を指定しての息子との精神に、父親として明確に区別できる。

Modern Orthodox theologians tend to emphasize this personalistic approach to God; they claim that they discover in it the original biblical personalism, unadulterated in its content by later philosophical speculation.この傾向を強調する正統派の神学近代的なアプローチをpersonalistic神;彼ら主張して彼らを発見して、元の聖書の人格、純粋なコンテンツを、その哲学的思索へ。

Polarization of the Eastern and the Western concepts of the Trinity is at the root of the Filioque dispute. The Latin word Filioque ("and from the Son") was added to the Nicene Creed in Spain in the 6th century. 偏光は、東洋と西洋の概念を、トリニティはfilioqueのルートには、紛争のラテン語単語filioque ( "からの息子" )が追加されたニカイア信条を探すスペインのには6世紀にします。 By affirming that the Holy Spirit proceeds not only "from the Father" (as the original creed proclaimed) but also "from the Son," the Spanish councils intended to condemn Arianism by reaffirming the Son's divinity.聖霊を肯定して収益だけでなく、 "父から" (宣言は、元の信条)だけでなく、 "よりの息子は、 "スペイン語アリウス主義を非難する協議会を目的とし、息子の神性を再確認します。 Later, however, the addition became an anti-Greek battle cry, especially after Charlemagne (9th century) made his claim to rule the revived Roman Empire.その後、しかし、反ギリシャ語に加えときの声が、特にした後シャルルマーニュ( 9世紀)は彼の主張を統治するローマ帝国の復活です。 The addition was finally accepted in Rome under German pressure.このほか、ローマは、最後に利用されてドイツ語の圧力です。 It found justification in the framework of Western conceptions of the Trinity; the Father and the Son were viewed as one God in the act of "spiration" of the Spirit.それが見つかりました正当化の枠組みの中で欧米の概念をトリニティ;の父と息子が1つの神としての人気は、法の" spiration "の精神にします。

The Byzantine theologians opposed the addition, first on the ground that the Western Church had no right to change the text of an ecumenical creed unilaterally and, second, because the Filioque clause implied the reduction of the divine persons to mere relations ("the Father and the Son are two in relation to each other, but one in relation to the Spirit"). For the Greeks the Father alone is the origin of both the Son and the Spirit. 加えて、ビザンチン様式の神学に反対して、最初に地面には、欧米の教会はないテキストを変更する権利を一方的には、キリスト教の信条と、第二に、暗黙の削減のためのfilioque節は、神の名を単なる関係( "その子の父親との息子には2つのお互いに関連して、しかし、 1つの精神に関連して"という。 )だけでは、ギリシア人の父の起源の両方の息子との精神にします。 Patriarch Photius (9th century) was the first Orthodox theologian to explicitly spell out the Greek opposition to the Filioque concept, but the debate continued throughout the Middle Ages.家長photius ( 9世紀)は、正統派の神学者の最初のスペルを明示的に反対の立場をしてギリシャ語のfilioqueコンセプトは、継続して議論が、中世です。


Filioque filioque

Advanced Information 高度情報

(An excerpt to our presentation regarding the Second Ecumenical Council, the First Council of Constantinople, of 381 AD, is presented here as indicating historical views on the subject.) (私たちのプレゼンテーションについての抜粋を2番目の公会議の最初のコンスタンティノポリス、 381の広告は、ここでは歴史的な見解を示すの件名です。 )

Historical Excursus on the Introduction into the Creed of the Words "and the Son."補説を検索する歴史的な信条の単語を導入する"との息子です。 "

The introduction into the Nicene Creed of the words "and the Son" (Filioque) has given rise to, or has been the pretext for, such bitter reviling between East and West (during which many statements unsupported by fact have become more or less commonly believed) that I think it well in this place to set forth as dispassionately as possible the real facts of the case.ニカイア信条の紹介をしている言葉を"との息子" ( filioque )は、与えられたに上昇するか、またはの口実にされ、東と西の間にこのような苦いreviling (中で実際には多くのステートメントでサポートされており、多かれ少なかれよくと考え)だと思うことも、この場所を可能な限り冷静に定めるとして、事件の真相です。 I shall briefly then give the proof of the following propositions:私は簡単に入力し、その証拠には、次の命題:

1. 1 。 That no pretence is made by the West that the words in dispute formed part of the original creed as adopted at Constantinople, or that they now form part of that Creed. pretenceが作られることは絶対にありません西は、紛争の単語を形成部分は、元の信条として採択さコンスタンティノープルか、またはして今すぐフォーム部分を信条です。

2. 2 。 That so far from the insertion being made by the Pope, it was made in direct opposition to his wishes and command.これまでのところから挿入されているの法王、それは彼の願いと真っ向から反対してコマンドを実行します。

3. 3 。 That it never was intended by the words to assert that there were two 'Archai in the Trinity, nor in any respect on this point to differ from the teaching of the East.は、意図されたことが決して主張があった2つの言葉を' archaiは、トリニティ、いずれにもこれを尊重する教育をポイントして、東は大きく異なる場合があります。

4. 4 。 That it is quite possible that the words were not an intentional insertion at all.しては非常に可能性があるという言葉が特定の意図をすべて挿入します。

5. 5 。 And finally that the doctrine of the East as set forth by St. John Damascene is now and always has been the doctrine of the West on the procession of the Holy Spirit, however much through ecclesiastico-political contingencies this fact may have become obscured.そして最後には、原則として定められたの東聖ヨハネダマシンは、今すぐとされ、常にその教義上の西の行列は、聖霊、しかし多くecclesiastico -政治的な出来事を通じてこのような事実が不明瞭な場合があります。

With the truth or falsity of the doctrine set forth by the Western addition to the creed this work has no concern, nor even am I called upon to treat the historical question as to when and where the expression "and the Son" was first used.または虚偽のは真理の教義を定められた信条の西側に加えて、この仕事がないの懸念、また私も呼ばれ、歴史上の問題を治療する時に、いつ、どこで表現"との息子"が最初に使われています。 For a temperate and eminently scholarly treatment of this point from a Western point of view, I would refer the reader to Professor Swete's On the History of the Doctrine of the Procession of the Holy Spirit.学術的に温帯と際立ってこの時点での治療は西洋の観点から見ると、私はリーダーを参照してスウィート教授の教義上の歴史の行列は、聖霊のです。 In JM Neale's History of the Holy Eastern Church will be found a statement from the opposite point of view. jmニールの歴史では、神聖な東部の教会が可能になったことから、反対する声明ポイントが表示されます。 The great treatises of past years I need not mention here, but may be allowed to enter a warning to the reader, that they were often written in the period of hot controversy, and make more for strife than for peace, magnifying rather than lessening differences both of thought and expression.過去数年間の偉大な論文に言及する必要はない私ここでは、しかし、 5月の警告を入力することができるように、読者は、頻繁にしていた熱い論争を書かれている期間、および他のために平和のための闘争よりも、虫の違いではなく、緩和の両方の思想と表現します。

Perhaps, too, I may be allowed here to remind the readers that it has been said that while "ex Patre Filioque procedens" in Latin does not necessitate a double source of the Holy Spirit, the expression ekporeuomenon ek tou patros kai ek tou Huiou does.たぶん、あまりにも、私はここを思い出させる年5月に許可され、読者にしている間によると、 "元patre filioque procedens "でラテン語を余儀なくされないソースをダブル聖霊は、表現のekporeuomenon ek ek塔塔patros甲斐がhuiouです。 On such a point I am not fit to give an opinion, but St. John Damascene does not use this expression.私はそのような点に収まらないを与えるの意見によれば、聖ヨハネダマシンしかし、この表現が使用されない。

1. 1 。 That no pretence is made by the West that the words in dispute ever formed part of the creed as adopted at Constantinople is evidently proved by the patent fact that it is printed without those words in all our Concilias and in all our histories. pretenceが作られることは絶対にありません西は、紛争の単語を形成部分までの信条として採択さコンスタンティノープルは、事実を明らかに立証された特許を印刷することなくこれらの単語をすべてのconciliasおよびすべての私たちの歴史です。 It is true that at the Council of Florence it was asserted that the words were found in a copy of the Acts of the Seventh Ecumenical which they had, but no stress was even at that eminently Western council laid upon the point, which even if it had been the case would have shewn nothing with regard to the true reading of the Creed as adopted by the Second Synod.それは事実だが、それは、フィレンツェは、評議会の言葉が発見されたと主張してコピーする行為をしていた7回エキュメニカルが、しかし、ストレスのないことでさえも際立っては、欧米の会議laid時の時点で、どの場合でもshewnていたの場合は何も読書に関しては、信条としての真の2番目の会議で採択さです。 [210]On this point there never was nor can be any doubt. [ 210 ]この点もあるには、任意の疑いはない。

2. 2 。 The addition was not made at the will and at the bidding of the Pope.加えて行われたのはないとは、入札は、法王です。 It has frequently been said that it was a proof of the insufferable arrogancy of the See of Rome that it dared to tamper with the creed set forth by the authority of an Ecumenical Synod and which had been received by the world.頻繁にいることが証明書によると、それは、鼻持ちならないarrogancyは、ローマを参照の勇気に手を加えようとして定められた信条のエキュメニカル会議の権威とされていた受信された世界です。 Now so far from the history of this addition to the creed being a ground of pride and complacency to the advocates of the Papal claims, it is a most marked instance of the weakness of the papal power even in the West.今すぐからこれまでの歴史は、次の信条に加えて、地上の誇りと満足して擁護派は、ローマ法王の主張では、ほとんどのスパムのインスタンスを電力にふけってしまっても、西、教皇のお膝元です。

"Baronius," says Dr. Pusey, "endeavours in vain to find any Pope, to whom the `formal addition' may be ascribed, and rests at last on a statement of a writer towards the end of the 12th century, writing against the Greeks. `If the Council of Constantinople added to the Nicene Creed, `in the Holy Ghost, the Lord, and Giver of life,' and the Council of Chalcedon to that of Constantinople, `perfect in Divinity and perfect in Humanity, consubstantial with the Father as touching his Godhead, consubstantial with us as touching his manhood,' and some other things as aforesaid, the Bishop of the elder Rome ought not to be calumniated, because for explanation, he added one word [that the Holy Spirit proceeds from the Son] having the consent of very many bishops and most learned Cardinals.' "バロニウス、 "博士は言うピュージー、 "努力が無駄になる法王に見つけられるように、誰に正式に加え、 ` '年5月に生得的、および休符は、声明の最後にある作家の12世紀の終わりに向かって、ライティング反対するギリシア人です。 `場合は、追加されたニカイアコンスタンティノポリス信条、 `は、聖霊は、主よ、寄贈者の生活と、 'とコンスタンティノープルのカルケドン公して、 `完全に神性と完全に人類は、同本質に彼の神性に触れるの父として、私たちとして同本質に触れる彼の男らしさ、 'といくつかの他のものとして前述のは、ローマ司教は、高齢者にしないようにしたい場合に使います。 calumniated 、説明のために、彼は1つの単語追加されました[聖霊は、収益からの息子]が非常に多くの司教の同意を得、ほとんどの枢機卿を学んだ。 ' `For the truth of which,' says Le Quien, `be the author responsible!' `のが真実であることを、 'は言うルquien 、 `での著者の責任! ' It seems to me inconceivable, that all account of any such proceeding, if it ever took place, should have been lost."メイン想像もできないようですが、どのような手続をすべてのアカウントを、それまでが行われ、失われたはずだった。 " [211] [ 211 ]

We may then dismiss this point and briefly review the history of the matter.と入力し、解任することがありますこの時点でこの問題の歴史を簡単に確認してください。

There seems little doubt that the words were first inserted in Spain.という言葉はほとんど間違いないようだスペインが最初に挿入されています。 As early as the year 400 it had been found necessary at a Council of Toledo to affirm the double procession against the Priscillianists, [212] and in 589 by the authority of the Third Council of Toledo the newly converted Goths were required to sign the creed with the addition.早ければ、 400年を必要とされていた評議会トレドを確認して反対する二重の行列priscillianists 、 [ 212 ]とは589で3番目の評議会の権限を、新たに変換ゴート族がトレドに署名する必要が信条を加えています。 [213]From this time it became for Spain the accepted form, and was so recited at the Eighth Council of Toledo in 653, and again in 681 at the Twelfth Council of Toledo. [ 213 ]スペインからのこの時期となったため、利用形態、とはとても読誦トレド評議会は、 8番目の653 、および681を再度評議会は、 12トレド。 [214] [ 214 ]

But this was at first only true of Spain, and at Rome nothing of the kind was known.しかし、これは最初のみが、真のスペイン、ローマとは、何も知られている。 In the Gelasian Sacramentary the Creed is found in its original form.ゲラシアンは、聖礼典の信条を元の形式が見つかった。 [215]The same is the case with the old Gallican Sacramentary of the vii th or viii th century. [ 215 ]の場合も同様のことが聖礼典の旧条項は、 7 またはviii 世紀のものである。 [216] [ 216 ]

However, there can be no doubt that its introduction spread very rapidly through the West and that before long it was received practically everywhere except at Rome.しかし、疑いの余地はないの導入が非常に急速に普及を通じて、西側と長いことが受信される前にはローマを除いて実質的にどこです。

In 809 a council was held at Aix-la-Chapelle by Charlemagne, and from it three divines were sent to confer with the Pope, Leo III, upon the subject.理事会が開催された、 809アーヘンをシャルルマーニュ、および3つの神学者から送信されると打ち合わせをするが、法王、レオ3世、時の件名です。 The Pope opposed the insertion of the Filioque on the express ground that the General Councils had forbidden any addition to be made to their formulary.教皇に反対して挿入するfilioqueを検索するエクスプレス地面には、全般に加えて任意の協議会が禁止されて処方してならない。 [217]Later on, the Frankish Emperor asked his bishops what was "the meaning of the Creed according to the Latins," [218] and Fleury gives the result of the investigations to have been, "In France they continued to chant the creed with the word Filioque, and at Rome they continued not to chant it." [ 217 ]へオンにすると、彼の司教フランク天皇要請していたもの"の意味を信条によると、ラテン系、 " [ 218 ]とフルーリは、調査の結果をされ、 "フランスで彼らの信条引き続き聖歌filioqueという言葉に、ローマと彼らの継続しないように詠唱してください。 " [219] [ 219 ]

So firmly resolved was the Pope that the clause should not be introduced into the creed that he presented two silver shields to the Confessio in St. Peter's at Rome, on one of which was engraved the creed in Latin and on the other in Greek, without the addition.これは、教皇は、しっかりと解決することはできません句が彼の信条に導入され、 2つの銀色の盾を提示confessioローマサンピエトロ大聖堂のでは、 1つの信条が刻まれた上で、他のでラテン語とギリシャ語、なし追加します。 This act the Greeks never forgot during the controversy.この法律論争の中に、ギリシア決して忘れてしまった。 Photius refers to it in writing to the Patriarch of Acquileia. photiusを参照して書き込みをして、家長のacquileiaです。 About two centuries later St. Peter Damian [220] mentions them as still in place; and about two centuries later on, Veccur, Patriarch of Constantinople, declares they hung there still.約2つの世紀へサンピエトロ大聖堂、ダミアン[ 220 ]の代わりに言及してとしても、約2世紀後に、 veccur 、コンスタンティノープル総主教、ハング、いまだに彼らを宣言します。 [221] [ 221 ]

It was not till 1014 that for the first time the interpolated creed was used at mass with the sanction of the Pope.それまではない1014の最初の時に補間して信条は、大量に使用され、法王の是認をします。 In that year Benedict VIII.その年にはベネディクトⅧ 。 acceded to the urgent request of Henry II.緊急の要請に応じて同意してヘンリー二世です。 of Germany and so the papal authority was forced to yield, and the silver shields have disappeared from St. Peter's.ローマ法王の権威のドイツとし、強制的には、収率、との銀色の盾がサンピエトロ大聖堂から姿を消したのです。

3. 3 。 Nothing could be clearer than that the theologians of the West never had any idea of teaching a double source of the Godhead.鮮明なものがないの神学者は、西に比べて一度も授業のアイデアをダブル源を神格です。 The doctrine of the Divine Monarchy was always intended to be preserved, and while in the heat of the controversy sometimes expressions highly dangerous, or at least clearly inaccurate, may have been used, yet the intention must be judged from the prevailing teaching of the approved theologians.その教義は、神は常に意図される君主制を保持し、暑さの中に表現論争時には非常に危険な、または少なくとも明確に不正確、 5月が使用されて、判断しなければならないの意図はまだありませんからの有力な指導を承認神学者です。 And what this was is evident from the definition of the Council of Florence, which, while indeed it was not received by the Eastern Church, and therefore cannot be accepted as an authoritative exposition of its views, yet certainly must be regarded as a true and full expression of the teaching of the West.これは明らかに、何が定義されてからは、評議会フィレンツェ、これ、実際に受信されたことはない東部の教会、およびそのためすることはできません博覧会の権限として受け入れられるの再生回数、まだ確かにしなければならないと見なされて、真の教育の完全な表現の西です。 "The Greeks asserted that when they say the Holy Ghost proceeds from the Father, they do not use it because they wish to exclude the Son; but because it seemed to them, as they say, that the Latins assert the Holy Spirit to proceed from the Father and the Son, as from two principles and by two spirations, and therefore they abstain from saying that the Holy Spirit proceeds from the Father and the Son. But the Latins affirm that they have no intention when they say the Holy Ghost proceeds from the Father and the Son to deprive the Father of his prerogative of being the fountain and principle of the entire Godhead, viz. of the Son and of the Holy Ghost; nor do they deny that the very procession of the Holy Ghost from the Son, the Son derives from the Father; nor do they teach two principles or two spirations; but they assert that there is one only principle, one only spiration, as they have always asserted up to this time." "と主張し、ギリシア軍によると、聖霊のときに父からの収益を、彼らは使用しないことを希望を除外するため、彼らの息子;しかしようにするので、彼らによれば、聖霊は、ラテン系の主張を進めてから父と息子、 2つのspirationsから2つの原則とされ、およびそのため彼らは控えると言っている父と聖霊からの収益の息子ですが、ラテン系断言してかれらは言うつもりはないときに聖霊の収益父と息子の父親の彼の特権を奪うの噴水との原則が全体の神性、 viz 。は、息子と聖霊;もかれらを否定するのは、非常に行列聖霊の息子から、の息子の父親から派生;もかれらを教えるspirations 2つまたは2つの原則;しかし、彼らには1つのみを原則と主張し、 1つのみspiration 、彼らはこの時までに、常に主張します。 "

4. 4 。 It is quite possible that when these words were first used there was no knowledge on the part of those using them that there had been made any addition to the Creed.それは非常に可能性がある、これらの言葉を最初に使用されるときにはなかったそれらの知識を使用してそれらの部分があるがなされたことに加えて、任意の信条です。 As I have already pointed out, the year 589 is the earliest date at which we find the words actually introduced into the Creed.として私はすでに指摘したように、 589年最古の日付は、現在私たちの言葉を見つけ、実際に導入され、信条です。 Now there can be no doubt whatever that the Council of Toledo of that year had no suspicion that the creed as they had it was not the creed exactly as adopted at Constantinople.今すぐ何疑いの余地はない評議会は、その年にトレドの疑いではないとしては、信条の信条はない彼らはそれを正確に採択さコンスタンティノープルです。 This is capable of the most ample proof.これは最も能力が十分な証拠です。

In the first place they declared, "Whosoever believes that there is any other Catholic faith and communion, besides that of the Universal Church, that Church which holds and honours the decrees of the Councils of Nice, Constantinople, I. Ephesus, and Chalcedon, let him be anathema."まず第一に彼らを宣言、 "誰でもと考えているには他のカトリックの信仰と聖体拝領、それのほかに、ユニバーサル教会、その教会の栄誉を保持し、評議会の政令ニース、コンスタンティノープル、 i.エフェソス、およびchalcedon 、彼には受け入れ難い。 " After some further anathemas in the same sense they repeat "the creed published at the council of Nice," and next, "The holy faith which the 150 fathers of the Council of Constantinople explained, consonant with the great Council of Nice."いくつかのより詳細なanathemasした後、同じ意味で彼らを繰り返します"の信条は、評議会で公開ニース、 "と次へは、 "神聖な信仰は、 150の祖先は、コンスタンティノポリスは、子音とニースの大評議会です。 " And then lastly, "The holy faith which the translators of the council of Chalcedon explained."と入力し、最後に、 "聖なる信仰は、翻訳者は、カルケドン公と説明した。 " The creed of Constantinople as recited contained the words "and from the Son."コンスタンティノープルとしての信条を読誦の言葉に含まれる"との息子からです。 " Now the fathers at Toledo were not ignorant of the decree of Ephesus forbidding the making of "another faith" (heteran pistin) for they themselves cite it, as follows from the acts of Chalcedon; "The holy and universal Synod forbids to bring forward any other faith; or to write or believe or to teach other, or be otherwise minded. But whoso shall dare either to expound or produce or deliver any other faith to those who wish to be converted etc."今すぐに、父親の井の中のトレド令が怖いのエフェソスのメイキングオブ"別の信仰" ( heteran pistin )を挙げることを自分たちで、以下のとおりからの行為をchalcedon ; "の神聖な禁止を前倒しにすると任意の普遍的教会会議他の信仰;かを書くかを教えると信じまたは他のか、または他の心にします。しかし、誰でも生産は、誰かのいずれかを詳しく説明またはその他の信仰を提供するそれらのwhoになることを望ん変換等"といいます。 Upon this Dr. Pusey well remarks, [222] "It is, of course, impossible to suppose that they can have believed any addition to the creed to have been forbidden by the clause, and, accepting it with its anathema, themselves to have added to the creed of Constantinople."この博士ピュージーよくする発言は、 [ 222 ] "これは、もちろん、不可能だと仮定して彼らのことが考えられて信条に加えて任意で禁止されて句され、および、その破門を受け入れて、自身にはコンスタンティノープルの信条に追加されました。 "

But while this is the case it might be that they understood heteran of the Ephesine decree to forbid the making of contradictory and new creeds and not explanatory additions to the existing one.しかし、これは、ケースを理解してheteranかもしれないephesine令を禁止し、矛盾や新しい信条のメイキングではなく、既存の1つの説明を追加します。 Of this interpretation of the decree, which would seem without any doubt to be the only tenable one, I shall treat in its proper place.この法令の解釈、これは疑いの余地なくされるように守られ、 1つだけ、私は治療は、適切な場所です。

We have however further proof that the Council of Toledo thought they were using the unaltered creed of Constantinople.しかし私たちはより詳細な証拠は、評議会トレド考えていたコンスタンティノープル信条を使用して、変更を加えずです。 In these acts we find they adopted the following; "for reverence of the most holy faith and for the strengthening of the weak minds of men, the holy Synod enacts, with the advice of our most pious and most glorious Lord, King Recarede, that through all the churches of Spain and Gallæcia, the symbol of faith of the council of Constantinople, ie of the 150 bishops, should be recited according to the form of the Eastern Church, etc."これらの行為を見つけては、次の採択; "を畏敬の念で最も神聖な信仰との強化に貢献するための心の弱い男は、聖務会院enacts 、私たちの忠告を無視し、最も輝かしい最も信心深い主よ、王recarede 、その内のすべての教会のスペインとgallæcia 、信仰のシンボルのコンスタンティノポリス、すなわち、 150司教、読誦すべきであるという形によると、東部の教会等"といいます。

This seems to make the matter clear and the next question which arises is, How the words could have got into the Spanish creed?このようにこの問題をクリアすると、次の疑問が生じた場合は、どのように言葉がスペイン語を持って信条ですか? I venture to suggest a possible explanation.私のベンチャーを提案する可能性が説明します。 Epiphanius tells us that in the year 374 "all the orthodox bishops of the whole Catholic Church together make this address to those who come to baptism, in order that they may proclaim and say as follows."聖エピファニオスを教えてくれるして374年"全体のすべての正統派のカトリック教会の司教このアドレスを全部合わせて、それらの洗礼who来て、 5月に宣言するためにしてと言う以下のとおりです。 " [223]If this is to be understood literally of course Spain was included. [ 223 ]の場合はもちろん、文字通りに理解されるスペインが含まれるものです。 Now the creed thus taught the catechumens reads as follows at the point about which our interest centres:今すぐ教えてcatechumens読み取るための信条は、以下のとおりポイントについては、私たちの関心センター:

Kai eis to hagion pneuma pisteuomen,...ek tou patros ekporeuomenon kai ek tou Huiou lambanomenon kai pisteuomenon, eis mian katholiken ktl Now it looks to me as if the text had got corrupted and that there should be a full stop after lambanomenon, and that pisteuomenon should be pisteuomen.甲斐評価書をhagion霊pisteuomen 、 ... ek塔塔huiou lambanomenon ek patros ekporeuomenon甲斐甲斐pisteuomenon 、評価書mian katholiken ktlすることのように私としては破損していた場合は、テキストが存在する必要がありますlambanomenonの完全停止した後、およびpisteuomenをpisteuomenonすべきである。 These emendations are not necessary however for my suggestion although they would make it more perfect, for in that case by the single omission of the word lambanomenon the Western form is obtained.これらのemendations私の提案を行う必要はありませんしかし彼らはそれをより完璧な、その場合は、 1つの単語の脱落lambanomenon 、欧米のフォームが得られます。 It will be noticed that this was some years before the Constantinopolitan Council and therefore nothing would be more natural than that a scribe accustomed to writing the old baptismal creed and now given the Constantinopolitan creed, so similar to it, to copy, should have gone on and added the kai ek tou Huiou, according to habit.それは気づいたこれはいくつかの年間constantinopolitan会議の前にないためにはもっと自然に比べて書き込みの古い筆記体に慣れて与えられたの洗礼constantinopolitan信条信条とするので、それに似て、コピーする場合は、しておけばよかったのにと甲斐が追加されましたek huiou塔によると、習慣です。

However this is a mere suggestion, I think I have shewn that there is strong reason to believe that whatever the explanation may be, the Spanish Church was unaware that it had added to or changed the Constantinopolitan creed.しかし、これは単なる提案を、私はshewnがあると思うが強いことを信じるだけの理由が何であれ説明年5月には、スペイン語教会は気付いていない、または変更されていたのconstantinopolitan信条に追加されました。

5. 5 。 There remains now only the last point, which is the most important of all, but which does not belong to the subject matter of this volume and which therefore I shall treat with the greatest brevity.今すぐにのみが残るの最後の時点で、これは最も重要なのは、しかし、これに属していない場合は、次の巻の主題を扱うためにわたしの最大の簡潔にするためです。 The writings of St. John Damascene are certainly deemed entirely orthodox by the Easterns and always have been.ダマスコの聖ヨハネの記述を完全には確かに正統派と判断されると、常にeasternsが残されていました。 On the other hand their entire orthodoxy has never been disputed in the West, but a citation from Damascene is considered by St. Thomas as conclusive.その一方で、全体の正統性は一度も係争中は、西からの引用文ではなく、セントトーマスとしてダマシン決定的だと考えています。 Under these circumstances it seems hard to resist the conclusion that the faith of the East and the West, so far as its official setting forth is concerned, is the same and always has been.こうした状況下でハードに抵抗するよう、という結論に信仰は、東と西、これまでのところ、公式の設定として記載については、いつもと同じとされています。 And perhaps no better proof of the Western acceptance of the Eastern doctrine concerning the eternal procession of the Holy Spirit can be found than the fact that St. John Damascene has been in recent years raised by the pope for his followers to the rank of a Doctor of the Catholic Church.そしておそらく証明書が回らないの東西洋の受け入れに関する学説は、聖霊の永遠の行列ができるという事実が見つかりました聖ヨハネダマシンされ、近年提起された彼の信奉して、法王を医者のランクののは、カトリックの教会です。

Perhaps I may be allowed to close with two moderate statements of the Western position, the one by the learned and pious Dr. Pusey and the other by the none less famous Bishop Pearson.たぶん私年5月2つの穏健派を閉じることができるようにステートメントの西側の位置は、 1つを学んだとされると、他の宗教にかこつけた博士ピュージーされた有名な司教ピアソンなし少ないです。

Dr. Pusey says:ピュージー博士は言う:

"Since, however, the clause, which found its way into the Creed, was, in the first instance, admitted, as being supposed to be part of the Constantinopolitan Creed, and, since after it had been rooted for 200 years, it was not uprooted, for fear of uprooting also or perplexing the faith of the people, there was no fault either in its first reception or in its subsequent retention." "以来、しかし、この条項は、その道を信条が見つかりましたが、第一審で、認めて、仮定されてconstantinopolitanに参加することが、信条、および、以来した後の200年根を下ろしたていた、それは、特定根こそぎになった、または困惑させることを恐れての抜根もの人々の信仰は、無過失があったの最初のレセプションのいずれか、またはその後続の保持します。 "

"The Greeks would condemn forefathers of their own, if they were to pronounce the clause to be heretical. For it would be against the principles of the Church to be in communion with an heretical body. But from the deposition of Photius, ad 886 to at least ad 1009, East and West retained their own expression of faith without schism. [224] " "ギリシア人の祖先を非難するのは自分の、もし彼らは異端を発音する条項があります。原則に反対することが教会の聖体拝領を異端のボディにします。しかし、沈着photiusから、広告の掲載を886広告、少なくとも1009 、東と西の信仰を保持分裂独自の表現です。 [ 224 ] "

"ad 1077, Theophylact did not object to the West, retaining for itself the confession of faith contained in the words, but only excepted against the insertion of the words in the Creed. [225] " "広告1077 、 theophylactオブジェクトをしなかったの西、擁を自分自身の信仰告白に含まれている言葉を、反対するだけ除いては、信条の単語を挿入します。 [ 225 ] "

And Bp.と血圧です。 Pearson, explaining Article VIII.ピアソン、説明資料Ⅷ 。 of the Creed says: "Now although the addition of words to the formal Creed without the consent, and against the protestations of the Oriental Church be not justifiable; yet that which was added is nevertheless a certain truth, and may be so used in that Creed by them who believe the same to be a truth; so long as they pretend it not to be a definition of that Council, but an addition or explication inserted, and condemn not those who, out of a greater respect to such synodical determinations, will admit of no such insertions, nor speak any other language than the Scriptures and their Fathers spoke."は、信条は言う: "今すぐは、ほかの単語の同意なしに、正式な信条と反対するprotestationsは、東洋の教会ではない正当な;はまだありませんがこれにもかかわらず、特定の真理が追加されましたが、その使用される場合がありますので信条されてwhoは、真理を信じると同じ;さえいればふりされるかを定義することは、その会議ではなく、解説に加え、または挿入されると、それらの特定と非難who 、アウトのような大きな宗教会議の決定を尊重し、そのような挿入を認めるのは、他の言語も話すと、自分の父親よりも、聖書はスポークです。 "


Footnotes脚注

[210] In fact the contention of the Latins was that the words were inserted by II. [ 210 ]実際には、ラテン系の競合は、 2世の言葉が挿入されています。 Nice!素敵な! To this the Easterns answered most pertinently "Why did you not tell us this long ago?"このeasternsを最も適切に答えた"あなた方はなぜ教えて下さい、このくらい前ですか? " They were not so fortunate when they insisted that St. Thomas would have quoted it, for some scholars have thought St. Thomas but ill acquainted with the proceedings at the Seventh Synod.彼らはそれほど幸運なときには引用符と主張してセントトーマスには、いくつかの学者が考えたセントトーマス悪報精通して会議の進行は、 7番目です。 Vide Hefele, Concil.ビデヘーフェレ、 concilです。 XLVIII., § 810. 48 。 、 § 810 。 [211] EB Pusey. [ 211 ]ピュージー言った。 On the clause "and The Son," p.句を検索する"との息子、 " p. 68. 68 。 [212] Hefele. [ 212 ]ヘーフェレです。 Hist.履歴です。 of the Councils, Vol.協議会は、 、 !です。 III., p. Ⅲ 。 、 p. 175. 175 。 [213] Hefele. [ 213 ]ヘーフェレです。 Hist.履歴です。 Counc., Vol. counc 。 、 !です。 IV., p. Ⅳ 。 、 p. 416. 416です。 [214] Hefele. [ 214 ]ヘーフェレです。 Hist.履歴です。 Counc., Vol. counc 。 、 !です。 IV., p. Ⅳ 。 、 p. 470; Vol. 470 ; !です。 V., p. v. 、 p. 208. 208 。 [215] Muratorius. [ 215 ] muratoriusです。 Ord. ord 。 Rom., Tom. ROMから起動します。 、トム。 I., col. i. 、列です。 541. 541です。 [216] Mabillon. [ 216 ]マビヨンです。 Mus.保管庫です。 Ital., Tom. ital 。 、トム。 I., p. i. 、 p. 313 and p. 313とP. 376. 376です。 [217] Labbe and Cossart. [ 217 ]ラベー静脈とcossartです。 Concilia, Tom. concilia 、トム。 vii., col. Ⅶ 。 、列です。 1194. 1194 。 [218] Capit. [ 218 ]天才です。 Reg.良いです。 Franc., Tom.フランです。 、トム。 I., p. i. 、 p. 483. 483です。 [219] Fleury. [ 219 ]フルーリです。 Hist.履歴です。 Eccl., Liv. eccl 。 、リヴです。 xlv., chap. 45 。 、やつです。 48. 48 。 [220] Pet. [ 220 ]ペットです。 Damian.ダミアンです。 Opusc., xxxviii. opusc 。 、 38 。 [221] Leo Allat. [ 221 ]レオallatです。 Græc. græcです。 Orthod., Tom. orthod 。 、トム。 I., p. i. 、 p. 173. 173 。 [222] EB Pusey. [ 222 ]ピュージー言った。 On the clause, "and the Son," p.句を検索する"との息子、 " p. 48. 48 。 [223] Epiphanius, Ancoratus, cxx. [ 223 ]聖エピファニオス、 ancoratus 、にCXXです。 [224] Peter of Antioch about ad 1054, says that he had heard the name of the Roman Pontiff recited from the Diptychs at the mass at Constantinople forty-five years before. [ 224 ]ピーターのアンティオキア約1054の広告によれば、彼はローマ教皇の名前を聞いてから読誦コンスタンティノープルdiptychsは、質量は45年前です。 Le Quien, p.ルquien 、 p. xii. 12 。 [225] EB Pusey. [ 225 ]ピュージー言った。 On the clause "and the Son," p.句を検索する"との息子、 " p. 72. 72 。


Filioque filioque

Catholic Information カトリックの情報

Filioque is a theological formula of great dogmatic and historical importance.数式filioqueは、偉大な独断的な神学的、歴史的な重要性です。 On the one hand, it expresses the Procession of the Holy Ghost from both Father and Son as one Principle; on the other, it was the occasion of the Greek schism.は、他方、それを表現して行列は、父親と息子の両方から聖霊として1つの原則;上、他の、それは、この機会に、ギリシャの分裂です。 Both aspects of the expression need further explanation.両方の側面を表現さらなる説明が必要です。

I. DOGMATIC MEANING OF FILIOQUE i.独断的な意味をfilioque

The dogma of the double Procession of the Holy Ghost from Father and Son as one Principle is directly opposed to the error that the Holy Ghost proceeds from the Father, not from the Son.行列のドグマは、ダブル聖霊の父親と息子から原則として1つのエラーが直接に反対して収益は、聖霊の父からではなく、よりの息子です。 Neither dogma nor error created much difficulty during the course of the first four centuries.ドグマどちらもエラーが発生過程で作成した多くの困難世紀の最初の4つです。 Macedonius and his followers, the so-called Pneumatomachi, were condemned by the local Council of Alexandria (362) and by Pope St. Damasus (378) for teaching that the Holy Ghost derives His origin from the Son alone, by creation. macedoniusとその部下、いわゆるpneumatomachi 、地元の評議会が非難されるアレキサンドリア( 362 )とされローマ教皇聖ダマソ( 378 )教育は、聖霊の起源から派生彼の息子だけでも、作成されています。 If the creed used by the Nestorians, which was composed probably by Theodore of Mopsuestia, and the expressions of Theodoret directed against the ninth anathema by Cyril of Alexandria, deny that the Holy Ghost derives His existence from or through the Son, they probably intend to deny only the creation of the Holy Ghost by or through the Son, inculcating at the same time His Procession from both Father and Son. nestorians使用される場合は、信条、これはおそらく構成されモプスエスティアのテオドロス、との指示を表現したものに対してtheodoretシリルアレクサンドリアの第9回破門され、聖霊を否定して彼の存在から派生するか、息子は、彼らは恐らく意図を否定するだけで作成するか、聖霊の息子、 inculcatingそれと同時に彼の父親と息子の両方から行列です。 At any rate, if the double Procession of the Holy Ghost was discussed at all in those earlier times, the controversy was restricted to the East and was of short duration.いずれにせよ、行列の場合は、聖霊のダブルの議論ではこれらのすべての以前の時代には、論争が制限され、東とは、短い期間です。

The first undoubted denial of the double Procession of the Holy Ghost we find in the seventh century among the heretics of Constantinople when St. Martin I (649-655), in his synodal writing against the Monothelites, employed the expression "Filioque".紛れもない、最初の行列の否定をダブル聖霊の私たちの間では、 7世紀の異端コンスタンティノープルのときに聖マルティン私( 649〜655 ) 、彼の宗教会議に反対する書き込みmonothelites 、雇用の表現" filioque "です。 Nothing is known about the further development of this controversy; it does not seem to have assumed any serious proportions, as the question was not connected with the characteristic teaching of the Monothelites.何も知られ、この論争については、さらなる発展のためのものではありませんが想定するように、深刻な比率、問題はないとして、教育の特性に接続してmonothelitesです。

In the Western church the first controversy concerning the double Procession of the Holy Ghost was conducted with the envoys of the Emperor Constantine Copronymus, in the Synod of Gentilly near Paris, held in the time of Pepin (767).教会の最初の論争の目的は、西部のダブル聖霊の行列が行われたのは皇帝の使臣copronymusコンスタンティンは、近くの教会会議のgentillyパリで開催された時のピピン( 767 )です。 The synodal Acts and other information do not seem to exist.の宗教会議の行為やその他の情報が存在していないようです。 At the beginning of nineth century, John, a Greek monk of the monastery of St. Sabas, charged the monks of Mt. 9世紀の冒頭に、ジョンは、ギリシアの僧は、修道院の聖sabas 、請求の修道士は山です。 Olivet with heresy, they had inserted the Filioque into the Creed.オリヴェ、異端、 filioqueていたのを信条に挿入します。 In the second half the same century, Photius, the successor of the unjustly deposed Ignatius, Patriarch of Constantinople (858), denied the Procession of the Holy Ghost from the Son, and opposed the insertion of the Filioque into the Constantinopolitan creed. 2番目の半分のと同じ世紀、 photius 、イグナティウスの後継者は、不当に退陣、家長のコンスタンティノープル( 858 ) 、聖霊の行列に否定してからの息子、および挿入に反対してconstantinopolitan信条のfilioqueをします。 The same position was maintained towards the end of the tenth century by the Patriarchs Sisinnius and Sergius, and about the middle of the eleventh century by the Patriarch Michael Caerularius, who renewed and completed the Greek schism.同じ位置が保たれた第10世紀の終わりに向かってpatriarchs sisinniusされるとセルギウス、およびについては、 11世紀半ばの家長マイケルケルラリウス、 whoリニューアルと、ギリシャの分裂を完了します。

The rejection of the Filioque, or the double Procession of the Holy Ghost from the Father and Son, and the denial of the primacy of the Roman Pontiff constitute even today the principal errors of the Greek church. filioqueの拒絶反応をするか、または聖霊の二重の行列は、父親と息子から、との優位性の否定を構成するローマ教皇の今日、ギリシャの教会の主要なエラーが発生します。 While outside the Church doubt as to the double Procession of the Holy Ghost grew into open denial, inside the Church the doctrine of the Filioque was declared to be a dogma of faith in the Fourth Lateran Council (1215), the Second council of Lyons (1274), and the Council of Florence (1438-1445).教会の外に疑問が生じている間の二重の行列を開いて成長し、聖霊の拒否、内部の教会の教義を宣言してfilioqueは、信仰上の教義は、第4ラテラン会議( 1215 ) 、 2番目の評議会ライアンズ( 1274 ) 、および評議会フィレンツェ( 1438年から1445年) 。 Thus the Church proposed in a clear and authoritative form the teaching of Sacred Scripture and tradition on the Procession of the Third Person of the Holy Trinity.したがって、教会で提案さや権限を明確に形成して教育の伝統を検索する神聖な啓典と3番目の人の行列ホーリートリニティーです。

As to the Sacred Scripture, the inspired writers call the Holy Ghost the Spirit of the Son (Galatians 4:6), the Spirit of Christ (Romans 8:9), the Spirit of Jesus Christ (Philippians 1:19), just as they call Him the Spirit of the Father (Matthew 10:20) and the Spirit of God (1 Corinthians 2:11).また、神聖な啓典、作家のインスピレーションの精神を呼び出して聖霊の息子(ガラテヤ人への手紙4時06分) 、イエスキリストの精神を(ローマ人への手紙8時09分) 、イエスキリストの精神(ピリピ人への手紙1:19 ) 、同じように彼らの精神を呼び出し、彼は父親(マタイ10:20 )との精神に神( 1コリント書2:11 ) 。 Hence they attribute to the Holy Ghost the same relation to the Son as to the Father.したがって彼らと同じ属性を聖霊に関連して、息子の父親です。

Again, according to Sacred Scripture, the Son sends the Holy Ghost (Luke 24:49; John 15:26; 16:7; 20:22; Acts 2:33; Titus 3:6), just as the Father sends the Son (Romans 3:3; etc.), and as the Father sends the Holy Ghost (John 14:26).繰り返しますが、神聖な啓典によると、聖霊の息子を送信する(ルカ24:49 ;ジョン15:26 ;午前16時07分; 20:22 ;行為2:33 ;タイタス3時06分) 、同じように送信し、息子の父(ローマ人への手紙3:3 ;等) 、および送信し、聖霊の父として(ヨハネ14:26 ) 。

Now the "mission" or "sending" of one Divine Person by another does not mean merely that the Person said to be sent assumes a particular character, at the suggestion of Himself in the character of Sender, as the Sabellians maintained; nor does it imply any inferiority in the Person sent, as the Arians taught; but it denotes, according to the teaching of the weightier theologians and Fathers, the Procession of the Person sent from the Person Who sends.今すぐの"使命"または"送信"の1つの神聖なわけではありません単に別の人は、人によると、特定の文字を送信すると仮定、提案は、自分自身は、送信者の文字を、 sabelliansとして維持;こともありませんこと劣等を意味する任意の人に送信、 ariansとして教え;しかし、それを示し、 weightierによると、教授は、神学者と父親は、その人の行列の人から送信されたwho送信します。 Sacred Scripture never presents the Father as being sent by the Son, nor the Son as being sent by the Holy Ghost.神聖な啓典決してプレゼントされて送信されるの父親の息子、また息子されて送信される聖霊です。 The very idea of the term "mission" implies that the person sent goes forth for a certain purpose by the power of the sender, a power exerted on the person sent by way of a physical impulse, or of a command, or of prayer, or finally of production; now, Procession, the analogy of production, is the only manner admissible in God.という用語は、非常にアイデアを"使命"を意味している人が送られるため、特定の目的のためには、送信者のパワーを、その人のパワーを行使する物理的な衝動的な送信されるか、または、コマンド、または祈り、または最後の生産;今すぐ、行列は、類推の生産、唯一の方法は、神の存在を許容します。 It follows that the inspired writers present the Holy Ghost as proceeding from the Son, since they present Him as sent by the Son.次のように存在することは、聖霊のインスピレーション作家として手続の息子から、彼として送信されるので、現在の息子です。 Finally, St. John (16:13-15) gives the words of Christ: "What things soever he [the Spirit] shall hear, he shall speak; ...he shall receive of mine, and shew it to you. All things whatsoever the Father hath, are mine."最後に、聖ヨハネ( 16:13-15 )イエスキリストの言葉を与える: "どのようなものでも彼は[精神]を聞く限り、彼は話す; ...彼は、鉱山を受信し、それを供えします。すべての物事のものかれらの父は、鉱山のです。 " Here a double consideration is in place.ここで二重の配慮が所定の位置にします。 First, the Son has all things that the Father hath, so that He must resemble the Father in being the Principle from which the Holy Ghost proceeds.まず第一に、息子はすべてのことをかれらの父ように、彼の父に似を持っている必要があります。原理からは、聖霊の収益です。 Secondly, the Holy Ghost shall receive "of mine" according to the words of the Son; but Procession is the only conceivable way of receiving which does not imply dependence or inferiority.第二に、聖霊を受けるもの"鉱山"の息子の言葉によれば、 ;しかし、行列は、考えられるだけの受信方法や劣等依存性を実現することはできません。 In other words, the Holy Ghost proceeds from the Son.言い換えれば、聖霊の収益の息子です。

The teaching of Sacred Scripture on the double Procession of the Holy Ghost was faithfully preserved in Christian tradition.教育上の神聖な啓典の二重の行列は、聖霊は、キリスト教の伝統を忠実に保存されています。 Even the Greek Orthodox grant that the Latin Fathers maintain the Procession of the Holy Ghost from the Son.さらには、ラテン語、ギリシャの正統派の助成金を維持するの祖先からの行列は、聖霊の息子がいます。 The great work on the Trinity by Petavius (Lib. VII, cc. iii sqq.) develops the proof of this contention at length.偉大な仕事をされ、トリニティペタヴィウス(水七、電流条件三sqq 。 )を開発して証拠は、次の競合の長さです。 Here we mention only some of the later documents in which the patristic doctrine has been clearly expressed:ここでいくつかの言及のみへのドキュメントのpatristicは、教義を明確に表明され:

the dogmatic letter of St. Leo I to Turribius, Bishop of Astorga, Ep.聖レオ1世の独断的な手紙をturribius 、アストルガ司教は、 epです。 XV, c. 15 、 c. i (447);私( 447 ) ;

the so-called Athanasian Creed;いわゆるアタナシウス信条;

several councils held at Toledo in the years 447, 589 (III), 675 (XI), 693 (XVI);いくつかの協議会で開かれたトレドは、年間447 、 589 ( 3 ) 、 675 (十一) 、 693 ( 16 ) ;

the letter of Pope Hormisdas to the Emperor Justius, Ep.教皇ホルミスダスの手紙を、天皇をjustius 、 epです。 lxxix (521); 79 ( 521 ) ;

St. Martin I's synodal utterance against the Monothelites, 649-655;聖マルティンmonothelites私の宗教会議の発言に対して、 649から655まで;

Pope Adrian I's answer to the Caroline Books, 772-795;ローマ法王エイドリアン私の答えを、キャロライン書籍、七七二から七九五;

the Synods of Mérida (666), Braga (675), and Hatfield (680);のsynodsのメリダ( 666 ) 、ブラガ( 675 ) 、およびハットフィールド( 680 ) ;

the writing of Pope Leo III (d. 816) to the monks of Jerusalem;書面での教皇レオ3世(民主党816 )をエルサレムの修道士は;

the letter of Pope Stephen V (d. 891) to the Moravian King Suentopolcus (Suatopluk), Ep.ローマ教皇の手紙を、スティーブンv (民主党891 )をモラヴィアキングsuentopolcus ( suatopluk ) 、 epです。 xiii; 13 ;

the symbol of Pope Leo IX (d. 1054);教皇レオ9世の象徴である(民主党1054 ) ;

the Fourth Lateran Council, 1215;第4ラテラン会議、 1215 ;

the Second Council of Lyons, 1274; and the 2番目の評議会ライアンズ、 1274 ;と

Council of Florence, 1439.評議会フィレンツェ、 1439 。

Some of the foregoing conciliar documents may be seen in Hefele, "Conciliengeschichte" (2d ed.), III, nn.前述のいくつかの書類conciliarヘーフェレ年5月に見られる、 " conciliengeschichte " (二次元エド。 ) 、 3世、 nn詳細についてです。 109, 117, 252, 411; cf. 109 、 117 、 252 、 411 ;継続前誌です。 PG XXVIII, 1557 sqq. pg 28 、 1557 sqq 。 Bessarion, speaking in the Council of Florence, inferred the tradition of the Greek Church from the teaching of the Latin; since the Greek and Latin Fathers before the ninth century were the members of the same Church, it is antecedently improbable that the Eastern Fathers should have denied a dogma firmly maintained by the Western.ベッサリオン、評議会で話すのがフィレンツェ、推論の伝統の中、ギリシャの教会からの指導は、ラテン語;以来、ギリシャ語、ラテン語、父親の前に9世紀には、同じ教会のメンバー、それはありそうにないは、東部の祖先はantecedentlyドグマしっかりと否定したが保守管理している欧米のです。 Moreover, there are certain considerations which form a direct proof for the belief of the Greek Fathers in the double Procession of the Holy Ghost.また、特定の配慮を形成するには、直接の証拠は、信念は、ギリシャ語の祖先は、二重の行列は、聖霊です。

First, the Greek Fathers enumerate the Divine Persons in the same order as the Latin Fathers; they admit that the Son and the Holy Ghost are logically and ontologically connected in the same way as the Son and Father [St.まず第一に、神の名を列挙するギリシャ語の父と同じ順序として、ラテン語の祖先;彼らの息子と認めることは、論理的と聖霊と同じように存在論的に接続さの息子と父[セント Basil, Ep.バジル、 epです。 cxxv; Ep. ) CXXV ; epです。 xxxviii (alias xliii) ad Gregor. 38 (仮名43 )広告グレゴールです。 fratrem; "Adv.Eunom.", I, xx, III, sub init.] fratrem ; " adv.eunom 。 " 、私は、イグゼクス、 3世、サブのinitです。 ]

Second, the Greek Fathers establish the same relation between the Son and the Holy Ghost as between the Father and the Son; as the Father is the fountain of the Son, so is the Son the fountain of the Holy Ghost (Athanasius, Ep. ad Serap. I, xix, sqq.; "De Incarn.", ix; Orat. iii, adv. Arian., 24; Basil, "Adv. Eunom.", v, in PG., XXIX, 731; cf. Greg. Naz., Orat. xliii, 9).第二に、同じ関係を確立するギリシャ語の祖先の間の息子と父との間に聖霊の息子として;としては、泉の父の息子、これは、息子の泉には、聖霊(アタナシウス、 epです。広告serap 。私、 19 、 sqq 。 ; "デincarnです。 " 、 9世; oratです。 3世、前売します。アリウス主義です。 、 24 ;バジル、 "前売します。 eunomです。 " 、 V電源、 、 pg 。 、 29 、 731 ;継続前誌です。グレッグです。 naz 。 、 oratです。 43 、 9 ) 。

Third, passages are not wanting in the writings of the Greek Fathers in which the Procession of the Holy Ghost from the Son is clearly maintained: Greg.第三に、通路に欠けているの記述はないのでは、ギリシャの父親の行列は、聖霊の息子よりは明らかに維持:グレッグです。 Thaumat., "Expos. fidei sec.", vers. thaumat 。 、 "エクスポズします。信仰の秒です。 " 、 vers 。 saec. saec 。 IV, in Rufius, Hist. 4世は、 rufius 、履歴です。 Eccl., VII, xxv; Epiphanius, Haer., c. eccl 。 、 7 、 25 ;聖エピファニオス、 haer 。 、 c. lxii, 4; Greg. 62 、 4 ;グレッグです。 Nyss. nyssです。 Hom.ハオマ汁です。 iii in orat. 3世のoratです。 domin.); Cyril of Alexandria, "Thes.", ass.ドーミンです。 ) ;シリルアレクサンドリアの、 " thesという。 " 、お尻です。 xxxiv; the second canon of synod of forty bishops held in 410 at Seleucia in Mesopotamia; the Arabic versions of the Canons of St. Hippolytus; the Nestorian explanation of the Symbol. 34 ;キヤノンの2番目の40司教会議はセレウキアで開催されたメソポタミア410 ; 、アラビア語のバージョンの参事の聖ヒッポリュトス;のネストリウス派のシンボルの説明です。

The only Scriptural difficulty deserving our attention is based on the words of Christ as recorded in John 15:26, that the Spirit proceeds from the Father, without mention being made of the Son.聖書の難易度に値するのみに基づいて私たちに関心がイエスキリストの言葉を15:26としてジョンに記録され、その収益の精神の父親から、息子への言及が行われています。 But in the first place, it can not be shown that this omission amounts to a denial; in the second place, the omission is only apparent, as in the earlier part of the verse the Son promises to "send" the Spirit.しかし、まず第一に、この脱落することはできません示されている金額には、 DoS ;で2番目の開催地は、見掛け上の不作為はわずかのように、以前の部分の詩の息子と約束して"送信"の精神にします。 The Procession of the Holy Ghost from the Son is not mentioned in the Creed of Constantinople, because this Creed was directed against the Macedonian error against which it sufficed to declare the Procession of the Holy Ghost from the Father.行列は、聖霊の息子ではないからコンスタンティノープルの信条に記載されて、この監督の信条は、それに対して反対するマケドニア語エラーが発生sufficed行列を宣言してから、聖霊の父です。 The ambiguous expressions found in some of the early writers of authority are explained by the principles which apply to the language of the early Fathers generally.あいまいな表現が見つかりましたが、いくつかの初期の作家の権威が説明された原則が適用される言語を、通常の早期の父親です。

II. Ⅱ 。 HISTORICAL IMPORTANCE OF THE FILIOQUE歴史的な重要性を確認するfilioque

It has been seen that the Creed of Constantinople at first declared only the Procession of the Holy Ghost from the Father; it was directed against the followers of Macedonius who denied the Procession of the Holy Spirit from the Father.で見たことがあるとされ、最初の宣言コンスタンティノープルの信条は、聖霊の行列の父から;監督反対することは、信者の行列macedonius who否定してから、聖霊の父です。 In the East, the omission of Filioque did not lead to any misunderstanding.は、東は、 filioqueの脱落につながるしなかった任意の誤解です。 But conditions were different in Spain after the Goths had renounced Arianism and professed the Catholic faith in the Third Synod of Toledo, 589.しかし、条件が異なるを探すスペインの放棄した後、ゴート族はアリウス主義と公言したのは、カトリックの信仰を3番目の会議のトレド、 589です。 It cannot be acertained who first added the Filioque to the Creed; but it appears to be certain that the Creed, with the addition of the Filioque, was first sung in the Spanish Church after the conversion of the Goths.最初にすることはできませんが追加されましたacertained who filioqueを信条;しかし、それが表示される特定のは、信条、 filioqueに加えて、教会が初めてスペイン語で歌わすると、変換後のゴート族です。 In 796 the Patriarch of Aquileia justified and adopted the same addition at the Synod of Friaul, and in 809 the Council of Aachen appears to have approved of it.アクイレイアの家長の正当性を796と同じに加え採用しては、会議のfriaul 、および809の評議会の承認にはアーヘンが表示されたらしてください。 The decrees of this last council were examined by Pope Leo III, who approved of the doctrine conveyed by the Filioque, but gave the advice to omit the expression in the Creed.の政令は、次の最終会議が検討され教皇レオ3世、 who承認されたfilioqueの教義を伝え、しかし与えたのアドバイスを省略して発現させた後、信条です。 The practice of adding the Filioque was retained in spite of the papal advice, and in the middle of the eleventh century it had gained a firm foothold in Rome itself.の実践は、追加してfilioqueは保持さにもかかわらず、ローマ法王のアドバイスをし、 11世紀半ばの企業の足掛かりを得ていたローマそのものです。 Scholars do not agree as to the exact time of its introduction into Rome, but most assign it to the reign of Benedict VIII (1014-15).学者としてはありませんに同意して正確な時刻をローマの導入が、ほとんどの治世にそれを割り当てるベネディクトⅧ ( 1014年から1015年) 。

The Catholic doctrine was accepted by the Greek deputies who were present at the Second Council of Florence, in 1439, when the Creed was sung both in Greek and Latin, with the addition of the word Filioque.受け入れられるのは、カトリックの教義は、ギリシャの代議員が出席whoフィレンツェ2番目の評議会は、 1439 、ときに歌わ信条は、ギリシャ語とラテン語の両方で、 filioqueという言葉を加えています。 On each occasion it was hoped that the Patriarch of Constantinople and his subjects had abandoned the state of heresy and schism in which they had been living since the time of Photius, who about 870 found in the Filioque an excuse for throwing off all dependence on Rome.そのたびごとにすることが期待されるコンスタンティノープル総主教と彼の科目は異端と分裂の状態を放棄では生きていた時のphotius以来、約870 who filioqueの口実を発見されたすべての依存度を投げオフローマです。 But however sincere the individual Greek bishops may have been, they failed to carry their people with them, and the breach between East and West continues to this day.しかし、しかし、個々の誠実なギリシャの司教がありますが、それらの人々を運ぶに失敗しましたし、違反の間に、東と西のこの日続けている。

It is a matter for surprise that so abstract a subject as the doctrine of the double Procession of the Holy Ghost should have appealed to the imagination of the multitude.これは驚くことで問題を対象としてその教義を抽象化するため、 2倍の行列は、聖霊は、多数の想像力をアピールします。 But their national feelings had been aroused by the desire of liberation from the rule of the ancient rival of Constantinople; the occasion of lawfully obtaining their desire appeared to present itself in the addition of Filioque to the Creed of Constantinople.しかし、国民感情を興奮されていたの支配からの解放の欲求を、古代のライバルのコンスタンティノープル;の機会を合法的に取得する意欲を提示出演自体は、ほかの信条をfilioqueコンスタンティノープルのです。 Had not Rome overstepped her rights by disobeying the injunction of the Third Council, of Ephesus (431), and of the Fourth, of Chalcedon (451)?ローマoversteppedなかった自分の権利を言うことを聞かないことの差し止め命令の3番目の会議は、エフェソス( 431 ) 、および第4 、 chalcedon ( 451 )ですか?

It is true that these councils had forbidden to introduce another faith or another Creed, and had imposed the penalty of deposition on bishops and clerics, and of excommunication on monks and laymen for transgressing this law; but the councils had not forbidden to explain the same faith or to propose the same Creed in a clearer way.それは事実だが、これらの協議会を禁じられていた別の信仰または別の信条を導入する、とのペナルティが課せの沈着を司教と聖職者、修道士との破門と素人にも分かるように、この法律の罪;しかし、審議会を禁じられている説明していなかったと同じ信仰や信条を提案するのと同じ方法を明確にします。 Besides, the conciliar decrees affected individual transgressors, as is plain from the sanction added; they did not bind the Church as a body.また、個々の影響を受けるのconciliar令背く、平原からの制裁には追加されました;ていない体としての教会にバインドします。 Finally, the Councils of Lyons and Florence did not require the Greeks to insert the Filioque into the Creed, but only to accept the Catholic doctrine of the double Procession of the Holy Ghost.最後に、ライアンズとフィレンツェの委員会を必要としなかったfilioqueを挿入して、ギリシアを信条に、しかしのみを受け入れるのは、カトリックの教義の行列は、聖霊のダブルです。

Publication information Written by AJ Maas.出版物の情報執筆者のAJマース。 Transcribed by Mary and Joseph P. Thomas.メアリーとジョセフPトーマス転写されています。 In memory of Father EC Joseph The Catholic Encyclopedia, Volume VI.メモリ内のECの父ジョセフのは、カトリックの百科事典、ボリュームⅥ 。 Published 1909.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認、 1909年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです