Gnosticismグノーシス主義

General Information 総合情報

Gnosticism was a religious philosophical dualism that professed salvation through secret knowledge, or gnosis.グノーシス主義は、哲学的、宗教的な二元論に秘密の知識を通じて本職の救いまたは霊知です。 The movement reached a high point of development during the 2d century AD in the Roman and Alexandrian schools founded by Valentius.その運動の最高点に達し、開発中の2次元世紀の広告を作成するにローマとアレクサンドリアvalentiusによって設立された学校です。 Scholars have attributed the origins of gnosticism to a number of sources: the Greek mystery cults; Zoroastrianism; the Kabbalah of Judaism; and Egyptian religion.グノーシス主義の起源の学者が原因してのソースコード: 、ギリシャのミステリーカルト;ゾロアスター教、ユダヤ教のカバラ;とエジプトの宗教です。 The early Christians considered Simon Magus (Acts 8:9 - 24) the founder of gnosticism.初期のキリスト教徒と考えサイモンゾロアスター教の司祭(行為8時09 -2 4)グノーシス主義の創始者です。 His doctrine, like that of other gnostic teachers, had nothing in common with the knowledge of the mysteries of God that Saint Paul called wisdom (1 Cor. 2:7).彼の教義は、他のグノーシス主義のような教師の共通点は何も知識の謎を探るのがサンポールと呼ばれる神の知恵( 1コーです。 2時07分) 。

Christian leaders looked upon gnosticism as a subtle, dangerous threat to Christianity during the 2d century, a time marked by religious aspirations and philosophical preoccupations about the origins of life, the source of evil in the world, and the nature of a transcendent deity.キリスト教の指導者としての微妙な顔にグノーシス主義、キリスト教の中に危険な二次元世紀の脅威を、一度にスパムを宗教的な願望と生命の起源については、時間を哲学的に、ソースの世界には邪悪な、と神の性質を超越します。 Gnosticism was perceived as an attempt to transform Christianity into a religious philosophy and to replace faith in the mysteries of revelation by philosophical explanations.グノーシス主義は、認識さを変換しようとする宗教哲学とキリスト教の信仰を置き換えるには、謎の啓示を哲学的な説明です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The gnostic sects set forth their teachings in complex systems of thought.グノーシス主義の宗派の教えを定めて複雑なシステムを考えています。 Characteristic of their position was the doctrine that all material reality is evil.自分の位置の特徴は、現実には邪悪な教義のすべての素材です。 One of their central convictions was that salvation is achieved by freeing the spirit from its imprisonment in matter.その中央の1つの信念は、救世の精神からの解放が達成され、懲役刑の問題です。 Elaborate explanations were given on how this imprisonment came to be and how the deliverance of the soul was to be accomplished.手の込んだ方法についての説明が与えられたこの懲役刑が救出されると、魂がどのように達成される。 The transcendent God was removed from all matter by a succession of intermediary eternal beings called aeons.並外れた神はすべての問題から削除される永遠の生き物と呼ばれる中間承継のaeonsです。 The aeons emanated as couples (male and female); the complete series (usually 30) constituted the Pleroma, the fullness of the Godhead. aeonsとして、放ってカップル(男性と女性) ;の完全なシリーズ(通常30 )構成のpleroma 、神性の充満をします。 Beyond the Pleroma were the material universe and human beings to be saved. pleroma超えて宇宙と人間は、物質を保存しています。

In gnostic thought, a divine seed was imprisoned in every person.グノーシス主義の思想は、神の種子は、一人一人投獄さです。 The purpose of salvation was to deliver this divine seed from the matter in which it was lost.の目的は神の救いは、この種子を提供されてからの問題が失われてしまいます。 Gnostics classified people according to three categories: (1) gnostics, or those certain of salvation, because they were under the influence of the spirit (pneumatikoi); (2) those not fully gnostics, but capable of salvation through knowledge (psychikoi); and (3) those so dominated by matter that they were beyond salvation (hylikoi). gnosticsの人々によると、 3つのカテゴリーに分類: ( 1 ) gnosticsか、またはそれらの特定の救い、影響力の下にされていたの精神( pneumatikoi ) ; ( 2 )これらは完全にgnostics 、しかし、有能な知識を通じての救世( psychikoi ) ;および( 3 )これらの問題に支配されていたので救いを超え( hylikoi ) 。 Gnostics often practiced excessive asceticism, because they believed that they were thus liberated by the spirit.過剰な禁欲主義を実践gnosticsしばしば、彼らはこのように考えられているため、彼らの精神に解放されています。

Gnosticism was denounced by the Christian theologians Irenaeus, Hippolytus, and Tertullian.非難されたグノーシス主義は、キリスト教神学者エイレナイオス、ヒッポリュトス、およびテルトゥリアヌスです。 In the 3d century, Clement of Alexandria attempted to formulate an orthodox Christian gnosticism to explain the difference in perfection attained by individuals in their response to the gospel. Gnosticism gradually merged with Manichaeism. Today, the Mandeans are the only surviving sect of Gnostics.は、 3次元世紀、アレクサンドリアのクレメントを策定しようとする正統派キリスト教のグノーシス主義の違いを説明するために完璧に対応して、個人によって達成されるの福音です。 グノーシス主義マニ教徐々に合併している。今日では、宗派mandeans存続gnosticsのみです。 The research of scholars has been greatly enhanced since 1945, when a Coptic gnostic library was discovered near Nag Hammadi (Nag Hammadi Papyri), in upper Egypt.学者の研究を大幅に強化され1945年以来、コプト語グノーシス主義のときに近くに図書館が発見さナグハマディ(ナグハマディpapyrusの複数形)は、上エジプトです。

Agnes Cunninghamアグネスカニンガム

Bibliography 書誌事項
G Filoramo, Gnosticism (1990); RM Grant, Gnosticism and Early Christianity (1966); H Jonas, The Gnostic Religion (1963); J Lacarriere, The Gnostics (1977); E Pagels, The Gnostic Gospels (1981); JM Robinson, The Nag Hammadi Library (1977).グラムfiloramo 、グノーシス主義( 1990 ) ; rmグラントは、初期のグノーシス主義とキリスト教( 1966 ) ; hジョナスは、グノーシス主義の宗教( 1963 ) ;無しlacarriereは、 gnostics ( 1977 ) ;メールペイゲルスは、グノーシス主義の福音書( 1981 ) ; jmロビンソンは、ナグハマディライブラリ( 1977 ) 。


Gnosticismグノーシス主義

General Information 総合情報

Introductionはじめに

Gnosticism is an esoteric religious movement that flourished during the 2nd and 3rd centuries AD and presented a major challenge to orthodox Christianity.グノーシス主義は、難解な宗教的な運動が栄えた第2及び第3世紀中に大きな課題を提示広告とキリスト教の正統派です。 Most Gnostic sects professed Christianity, but their beliefs sharply diverged from those of the majority of Christians in the early church.本職のほとんどのグノーシス主義の宗派、キリスト教、しかし、自分の信念を大幅にそれた者の大多数のキリスト教徒は、初期の教会です。 The term Gnosticism is derived from the Greek word gnosis ("revealed knowledge").グノーシス主義という用語は、ギリシャ語から派生して霊知( "明らかに知識" ) 。 To its adherents, Gnosticism promised a secret knowledge of the divine realm.その支持者、グノーシス主義の知識を、秘密の約束は神の領域です。 Sparks or seeds of the Divine Being fell from this transcendent realm into the material universe, which is wholly evil, and were imprisoned in human bodies.火花や種子が落ちたのは神の領域から、この並外れた宇宙の素材を、これは完全に悪、と投獄された人間の体です。 Reawakened by knowledge, the divine element in humanity can return to its proper home in the transcendent spiritual realm.知識reawakenedされ、人類は神の要素を、適切なホームに戻ることは、並外れた精神的な領域です。

Mythology神話

To explain the origin of the material universe, the Gnostics developed a complicated mythology.材料を説明する宇宙の起源は、複雑な神話のgnosticsを開発した。 From the original unknowable God, a series of lesser divinities was generated by emanation.不可知の神て、元のから、小、一連の神々は、放射能によって生成されます。 The last of these, Sophia ("wisdom"), conceived a desire to know the unknowable Supreme Being.最後に、これらの、ソフィア( "知恵" ) 、不可知の構想を望むことが至高の存在を知っている。 Out of this illegitimate desire was produced a deformed, evil god, or demiurge, who created the universe.アウトは、次の非嫡出欲望が変形を制作し、邪悪な神か、またはデミウルゴス、宇宙who作成しています。 The divine sparks that dwell in humanity fell into this universe or else were sent there by the supreme God in order to redeem humanity.人類は神の火花が落ちたが住むこの宇宙、さもなければ、最高神が送られたそこに人類のために交換します。 The Gnostics identified the evil god with the God of the Old Testament, which they interpreted as an account of this god's efforts to keep humanity immersed in ignorance and the material world and to punish their attempts to acquire knowledge. gnosticsを発見し、悪の神の神、旧約聖書の、アカウントとして解釈されては、次の神の人類の努力を保つの素材世界に没頭さと無知と彼らを罰するの知識を取得しようとします。 It was in this light that they understood the expulsion of Adam and Eve from Paradise, the flood, and the destruction of Sodom and Gomorrah.それは、この光を追放しようとして理解してからアダムとイブの楽園、洪水、ソドムとゴモラの破壊とします。

Gnosticism and Christianityグノーシス主義とキリスト教

Although most Gnostics considered themselves Christians, some sects assimilated only minor Christian elements into a body of non-Christian Gnostic texts. The Christian Gnostics refused to identify the God of the New Testament, the father of Jesus, with the God of the Old Testament, and they developed an unorthodox interpretation of Jesus' ministry. gnosticsと考えているものの、大半はキリスト教徒、いくつかのマイナーキリスト教の宗派の要素のみを吸収体の非キリスト教グノーシス主義のテキストです。 gnosticsは、キリスト教の神の識別を拒否して、新約聖書は、イエスキリストの父は、旧約聖書の神の、非正統的な解釈を開発すると彼らイエスの部です。 The Gnostics wrote apocryphal Gospels (such as the Gospel of Thomas and the Gospel of Mary) to substantiate their claim that the risen Jesus told his disciples the true, Gnostic interpretation of his teachings: Christ, the divine spirit, inhabited the body of the man Jesus and did not die on the cross but ascended to the divine realm from which he had come. gnostics書いた作り話の福音書(福音書などのトーマスと福音のメアリー)上昇したと主張している情報は裏付けを彼らはイエスキリストの真の弟子たちは、彼の教えグノーシス主義の解釈:イエスキリストは、神の精神は、その男の本文に生息イエスキリストと十字架上のダイしなかったしかし、神の領域を昇っていたからです。 The Gnostics thus rejected the atoning suffering and death of Christ and the resurrection of the body. gnosticsしたがってatoningの苦しみと死を拒否し、イエスキリストの復活としている。 They also rejected other literal and traditional interpretations of the Gospels.また、その他のリテラルおよび繁体字の解釈を拒否されたの福音書です。

Rites儀式

Some Gnostic sects rejected all sacraments; others observed baptism and the Eucharist, interpreting them as signs of the awakening of gnosis.拒否されたいくつかのグノーシス主義の宗派のすべての秘跡;他の観測洗礼と聖体、通訳して霊知としての目覚めの兆候です。 Other Gnostic rites were intended to facilitate the ascent of the divine element of the human soul to the spiritual realm.他のグノーシス主義の儀式が上昇を容易にする意図は、神の要素を、人間の魂を、精神的な領域です。 Hymns and magic formulas were recited to help achieve a vision of God; other formulas were recited at death to ward off the demons who might capture the ascending spirit and imprison it again in a body.賛美歌と魔法の数式が助けに読誦される神のビジョンを実現する;他の数式が読誦をかわすの悪魔に死をキャプチャするかもしれない昇順who精神と身体を監禁してください。 In the Valentinian sect (followers of Valentinus, a Gnostic teacher of the early 2nd century AD), a special rite, called the bridal chamber, celebrated the reunion of the lost spirit with its heavenly counterpart.ウァレンティニアヌスは、宗派(信者のバレンティヌスは、 2世紀初めにグノーシス主義の教師の広告)は、特別な儀式、ブライダルチェンバーと呼ばれる、失われたの再会のお祝いの精神は天対向です。

Ethics倫理

The ethical teachings of the Gnostics ranged from asceticism to libertinism.倫理的な教えは、禁欲主義を放蕩gnosticsレンジからです。 The doctrine that the body and the material world are evil led some sects to renounce even marriage and procreation.その教義の素材は、身体と世界は、邪悪な主導結婚といくつかの宗派の放棄を産み出すことさえします。 Other Gnostics held that because their souls were completely alien to this world, it did not matter what they did in it.そのため、他のgnostics開かれた外国人が完全に自分の魂を滅ぼし、この世界を、彼らはどんなことをしなかったことです。 Gnostics generally rejected the moral commandments of the Old Testament, regarding them as part of the evil god's effort to entrap humanity. gnostics一般的に拒否し、旧約聖書の道徳的な戒め、またそれらの一環として、邪悪な神のわなにかける人類の努力をする。

Sourcesソース

Much scholarly knowledge of Gnosticism comes from anti-Gnostic Christian texts of the 2nd and 3rd centuries, which provide the only extensive quotations in the Greek of the original Gnostic texts.該博な知識くらいグノーシス主義グノーシス主義から反キリスト教のテキストは、第2及び第3世紀、これだけ広範な見積書を提供して、ギリシャのは、元のグノーシス主義のテキストです。 Most surviving Gnostic texts are in Coptic, into which they had been translated when Gnosticism spread to Egypt in the late 2nd and the 3rd centuries.ほとんどのグノーシス主義の存続にコプト語のテキストは、翻訳されていたときにエジプトのグノーシス主義に広がって第2 、第3世紀後半にします。 In 1945 an Egyptian peasant found 12 codices containing more than 50 Coptic Gnostic writings near Naj'?ammâdî. 1945年に、エジプトの農民が見つかりました12のCODECを含む50以上のコプト語グノーシス主義の著作近辺naj 'ですか? ammâdîです。 It has been determined that these codices were copied in the 4th century in the monasteries of the region.決定され、これらのコピーされた4世紀のCODECは、修道院は、リージョンです。 It is not known whether the monks were Gnostics, or were attracted by the ascetic nature of the writings, or had assembled the writings as a study in heresy.既知のかどうかではない僧侶がgnosticsか、または禁欲的な性質が注目されるの記述か、または組み立ての文章は異端として研究さです。

History履歴

Gnostic texts reveal nothing about the history of the various sects or about the lives of their most prominent teachers.グノーシス主義の歴史については、何も明らかにテキストの様々な宗派やについては、彼らの命を最も著名な教師です。 Consequently, the history of the movement must be inferred from the traditions reflected in the texts and from anti-Gnostic writings.したがって、その運動の歴史をしなければならないの伝統から類推するに反映されるからテキストと反グノーシス主義の作品を紹介します。 The question of whether Gnosticism first developed as a distinct non-Christian doctrine has not been resolved, but pagan Gnostic sects did exist.グノーシス主義の問題を第一として開発されたかどうかはっきりとキリスト教の教義以外に解決されていないが、異教グノーシス主義の宗派は存在します。 Gnostic mythology may have been derived from Jewish sectarian speculation centered in Syria and Palestine during the late 1st century AD, which in turn was probably influenced by Persian dualistic religions (see Mithraism; Zoroastrianism).グノーシス主義の神話年5月から派生したユダヤ教の宗派間の憶測がシリアとパレスチナの中央に表示さ1世紀後半に広告の中に、それが影響を受けてペルシャ語はおそらく二元的な宗教(ミトラ教;ゾロアスター教)です。 By the 2nd century, Christian Gnostic teachers had synthesized this mythology with Platonic metaphysical speculation and with certain heretical Christian traditions. 2世紀に、キリスト教グノーシス主義の教師はこの神話を合成プラトニックな形而上学的思索と、特定の異端キリスト教の伝統です。 The most prominent Christian Gnostics were Valentinus and his disciple Ptolemaeus, who during the 2nd century were influential in the Roman church.キリスト教で、最も顕著なgnosticsバレンティヌスと彼の弟子がptolemaeus 、 who中に2世紀は、カトリック教会が有力です。 Christian Gnostics, while continuing to participate in the larger Christian community, apparently also gathered in small groups to follow their secret teachings and rituals.キリスト教のgnosticsし、継続的に参加して、より大きなキリスト教社会は、明らかに小グループに収集さもその秘密の教えに従うとの儀式です。

During the 2nd century another strain of Gnosticism emerged in eastern Syria, stressing an ascetic interpretation of Jesus' teachings. 2世紀中に別のひずみの東部グノーシス主義が台頭して、シリア、禁欲的な解釈を強調するイエスの教えします。 Later in the century Gnosticism appeared in Egypt, and the emergence of monasticism there may be linked with the influence of the Syrian ascetic sects.グノーシス主義の世紀の後半に登場エジプトでは、修道院生活の出現とリンクされる場合がありますシリアの禁欲的な宗派の影響を受けています。

By the 3rd century Gnosticism began to succumb to orthodox Christian opposition and persecution. 3世紀のグノーシス主義を始めたキリスト教正統派の反対と迫害に屈する。 Partly in reaction to the Gnostic heresy, the church strengthened its organization by centralizing authority in the office of bishop, which made its effort to suppress the poorly organized Gnostics more effective.異端グノーシス主義の部分に反応して、教会の権限を強化した組織を集中司教の事務所、これを抑制する努力をするが、より効果的なまとまりの悪いgnosticsします。 Furthermore, as orthodox Christian theology and philosophy developed, the primarily mythological Gnostic teachings began to seem bizarre and crude.また、キリスト教神学と哲学の正統派として開発され、主に神話のように見える奇妙なグノーシス主義の教えと原油を始めた。 Both Christian theologians and the 3rd-century Neoplatonist philosopher Plotinus attacked the Gnostic view that the material world is essentially evil.キリスト教神学者の両方の3世紀の哲学者プロティノスneoplatonistグノーシス主義の攻撃対象は、素材の世界は本質的に悪です。 Christians defended their identification of the God of the New Testament with the God of Judaism and their belief that the New Testament is the only true revealed knowledge.キリスト教の神の擁護に身分証明書と新約聖書のユダヤ教の神とその信念は、新約聖書は明らかにのみが、真の知識です。 The development of Christian mysticism and asceticism satisfied some of the impulses that had produced Gnosticism, and many Gnostics were converted to orthodox beliefs.キリスト教の神秘主義と禁欲主義の発展に満足していたいくつかの衝動生産グノーシス主義、および多くのgnosticsが正統的な信念に変換されています。 By the end of the 3rd century Gnosticism as a distinct movement seems to have largely disappeared. 3世紀の終わりまでにグノーシス主義として明確な動きにはほとんど消えてしまったようです。

Survivals survivals

One small non-Christian Gnostic sect, the Mandaeans, still exists in Iraq and Iran, although it is not certain that it began as part of the original Gnostic movement. 1つの小型ノンクリスチャンのグノーシス主義の宗派は、 mandaeans 、まだ存在して、イラクとイランが、これではないことは確信して、元のグノーシス主義運動の一環としてです。 Although the ancient sects did not survive, aspects of the Gnostic world view have periodically reappeared in many forms: the ancient dualistic religion called Manichaeism and the related medieval heresies of the Albigenses, Bogomils, and Paulicians; the medieval Jewish mystical philosophy known as Cabala (Kaballah); the metaphysical speculation surrounding the alchemy of the Renaissance; 19th-century theosophy; 20th-century existentialism and nihilism; and the writings of the 20th-century Swiss psychologist Carl Jung.古代の宗派しなかったが、生き残るためには、側面は、定期的に出現するグノーシス主義の世界観が多くのフォーム:二元的な宗教と呼ばれる古代のマニ教およびそれに関連する中世のheresies 、アルビ派、 bogomils 、およびpaulicians ;は中世のユダヤ人として知られて神秘的な哲学カバラ( kaballah ) ;の形而上学的思索の周りの錬金術のルネサンス; 19世紀の神智学協会; 20世紀の実存主義とニヒリズム;との記述は、 20世紀のスイスの心理学者カールチョンです。 The essence of Gnosticism has proved very durable: the view that the inner spirit of humanity must be liberated from a world that is basically deceptive, oppressive, and evil.グノーシス主義の本質を非常に耐久性が証明:との見解を、内側の人間の精神の世界から解放しなければならないことは基本的に虚偽の、過酷な、と悪です。

Pheme Perkins phemeパーキンス


Gnosticismグノーシス主義

Advanced Information 高度情報

Prior to the first half of the twentieth century such early heresiologists (defenders of Christianity against heresy) as Irenaeus, Tertullian, Hippolytus, and Epiphanius were our principal sources of information concerning the Gnostics.の前に、最初のこのような早期のは、 20世紀の半分をheresiologists (キリスト教の守備に対する異端)としてエイレナイオス、テルトゥリアヌス、ヒッポリュトス、および聖エピファニオスは当社の主要な情報源gnosticsです。 These heresiologists were scathing in their denunciations of the Gnostics, who were perceived as leading Christians astray by the manipulation of words and the twisting of scriptural meanings.これらのheresiologistsが彼らのない非難を痛烈にgnostics 、 whoが知覚リードキリスト教徒としての操作に惑わされるとのねじれ聖書の言葉の意味があります。 Of particular interest to Gnostic interpreters were the stories of Genesis, the Gospel of John, and the epistles of Paul.特に興味をグノーシス主義の通訳は、創世記の物語は、福音のジョン、ポールの書簡とします。 They used the biblical texts for their own purposes.彼ら聖書のテキストを使用して自分の目的のためです。 Indeed, Gnostics such as Heracleon and Ptolemaeus were the first commentators on the Fourth Gospel.確かに、 heracleonとgnosticsなどptolemaeusが、第4福音書の最初の解説をします。 But Irenaeus likens such interpretations to someone who takes apart a beautiful picture of a king and reassembles it into a picture of a fox (Adversus Haereses 1.8.1).しかし、このような解釈をするエイレナイオスlikens whoは、離れの美しい画像は、王とreassemblesそれを画像のキツネ(反対haereses 1.8.1 ) 。

The heresiologists regarded Gnosticism as the product of the combination of Greek philosophy and Christianity.グノーシス主義の考えheresiologists 、プロダクトとしては、ギリシャ哲学とキリスト教の組み合わせです。 For instance, after detailing the Gnostic heretics, Tertullian announces: "What indeed has Athens to do with Jerusalem? What concord is there between the Academy and the Church? What between heretics and Christians? Away with all attempts to produce a mottled Christianity of Stoic, Platonic, and dialectic composition" (On Prescription Against Heretics 7).たとえば、グノーシス主義の異端の詳述した後、テルトゥリアヌスを発表: "どのような実際にこれを行うには、アテネエルサレムですか?どのような呼応があると教会の間のアカデミーですか?異端とキリスト教徒の間には何ですか?廃止する試みを生成するすべての斑状キリスト教の禁欲的な、プラトニックな、と弁証法的組成" (処方せんに基づいて反対異端7 ) 。 The heresiologists' view concerning Gnosticism was generally regarded as acceptable even at the end of the nineteenth century, when Adolf Harnack defined Gnosticism as the "acute secularizing of Christianity."のheresiologists 'グノーシス主義の考え方は、一般的に受け入れ可能と見なされても、 19世紀の終わりに、グノーシス主義として定義されたときにアドルフハルナックの"キリスト教の急性secularizing 。 "

The history of religions school, of which Hans Jonas is a contemporary exponent, has challenged this definition.宗教学校の歴史を、そのうちハンスジョナスは、現代の指数は、この定義は障害者です。 According to Jonas, Gnosticism is a general religious phenomenon of the hellenistic world and is the product of the fusion or Greek culture and Oriental religion.ジョナスによると、グノーシス主義は、一般的な宗教的な現象は、ヘレニズム世界とは、ギリシャ語の製品は、核融合や東洋の文化や宗教です。 The "Greek conceptualization" of Eastern religious traditions, ie, Jewish monotheism, Babylonian astrology, and Iranian dualism, is viewed as the basis for Gnosticism. "ギリシャ語概念"東部の宗教的伝統、すなわち、ユダヤ人の一神教、バビロニア占星術、とイランの二元論は、グノーシス主義の基礎としての人気です。 While RM Wilson and RM Grant reject such a broad definition and affirm instead a primary basis in hellenistic Judaism or Jewish apocalyptic, the advantage of Jonas's view is that it recognizes the broad spectrum within Gnosticism. rmとrmグラントウィルソンながらこのような部分で定義されて拒否する代わりに、プライマリの根拠もないと断言するヘレニズムユダヤ教やユダヤ教の終末論的、という利点がジョナスの対象は、それを認識して広範囲にグノーシス主義です。 The weakness is that the definition encompasses almost everything within the concept of hellenistic religions.の弱点は、ほぼすべてを網羅して定義されてヘレニズム宗教の概念をします。

The breadth of Gnostic orientations, however, has been confirmed by the discovery of a Gnostic library at Nag Hammadi in Egypt.グノーシス主義の方向の幅は、しかし、今回の発見が確認され、エジプトでグノーシス主義のライブラリをナグハマディです。 In the thirteen ancient codices are included fifty two tractates are of various types and orientations. 13古代のCODECが含まれるものは、 52 tractatesは、様々な種類や方向性があります。 A large number clearly present a Christian Gnostic perspective, the most familiar being the three so - called Valentinian gospels: the Gospel of Thomas (composed of a series of brief sayings of Jesus), the Gospel of Philip (a collection of sayings, metaphors, and esoteric arguments), and the Gospel of Truth (a discourse on deity and unity reminiscent of the language of the Fourth Gospel but definitely bent in the direction of Gnostic mythology and possibly related to the Gospel of Truth by Valentinus noted in Irenaeus).キリスト教の大規模なコードを明確にするグノーシス主義の観点を提示する、の3つのために最もよく知られ-福音書と呼ばれるウァレンティニアヌス:トーマスによる福音書(簡単なことわざを構成するシリーズのイエスキリスト)は、ゴスペルのフィリップ(ことわざのコレクションを、比喩、と難解な引数) 、と福音の真理(神と団結を談話上の言語を連想させる、第4福音書がグノーシス主義の方向に曲がってdefinitely神話と可能性に関連して福音の真理に記載されバレンティヌスエイレナイオス) 。 Also among the Christian Gnostic tractates are the Apocryphon of James, the Acts of Peter and the Twelve Apostles, the Treatise on the Resurrection, the long collection known as the Tripartite Tractate, and three editions of the Apocryphon of John (the fascinating story of creation which involves a reinterpretation of the Genesis accounts).グノーシス主義の間では、キリスト教もtractatesは、 apocryphonのジェームズは、ピーターとは、 12使徒の行為は、論文での復活、労使政の長いコレクションとして知られて論文、と3つのエディションのapocryphonジョン(の魅惑的な物語の創作これは、創世記には、アカウントの再解釈) 。

But not all the tractates reveal a pseudo - Christian orientation.しかし、特定のすべての疑似tractatesを明らかにする-キリスト教のオリエンテーションです。 The Paraphrase of Shem seems to reflect a Jewish Gnostic perspective. shemの言い換えのグノーシス主義のユダヤ人の視点を反映するようにします。 The Discourse on the Eighth and the Ninth is patently a Hermetic treatise. 8番目の談話を検索すると、 9回は決定的に論文を密閉します。 The longest tractate in the library (132 pages) bears the designation Zostrianos and purports to be from Zoroaster.最長の論文には、ライブラリ( 132ページ)クマの種別purports zostrianosとされるからゾロアスターです。 One of the interesting features of this library is the presence of two editions of Eugnostos the Blessed, which seems to be a non - Christian philosophic document which has apparently been "Christianized" in a redacted tractate called the Sophia of Jesus Christ.のいずれかの興味深い特徴は、次のライブラリは2つのエディションが存在する神の祝福をeugnostos 、これ以外と思われる-キリスト教哲学ドキュメントにはどうやら" c hristianized"で、編集済みの論文と呼ばれるイエスキリストのソフィアです。 Finally, the presence of a segment from Plato's Republic among these documents gives further witness to the syncretistic nature of Gnostic thinking.最後に、セグメントの存在をプラトンの共和国の中から、これらの書類は、より詳細な性質を目撃してsyncretisticグノーシス主義の考え方です。 As a result of Gnostic borrowing, readers will sense a certain fluidity in the Gnostic designations.借入グノーシス主義の結果として、読者には、特定の流動性は、グノーシス主義の意味で指定します。

Types of Gnosticismの種類のグノーシス主義

Despite a fluidity within Gnosticism, however, Jonas identifies two basic patterns or structures of Gnostic thought.にもかかわらず、流動性にグノーシス主義、しかし、 2つの基本的なパターンを識別ジョナスグノーシス主義の思想や構造です。 Both are mythological structures which seek to explain the problem of evil in terms of its relationship to the process of creation.どちらも神話の構造を求める問題の悪さを説明するとの関係をご利用のプロセスを作成します。

Iranianイラン

This branch of Gnosticism developed in Mesopotamia and reflects a horizontal dualism associated with Zoroastrian worship and is epitomized in its later Gnostic form of Manichaeism.このブランチのメソポタミアで開発されたグノーシス主義を反映すると水平方向の二元論に関連付けられてゾロアスター教の礼拝とは、そのへepitomizedマニ教グノーシス主義の形態です。 In this pattern light and darkness, the two primal principles or deities, are locked in a decisive struggle.このパターンは光と闇、 2つの原則やプライマルの神々は、決定的な闘争がロックされています。 This struggle has been positionalized by the fact that, since light transcends itself and shines beyond its own realm, light particles were subjected to capture by its jealous enemy, darkness.この闘争positionalizedされているという事実に、光を超越そのものと輝いて以来、独自の領域を超え、光の粒子がその嫉妬の対象をキャプチャする敵、暗闇のです。 In order to launch a counterattack and recapture its lost particles, therefore, light gives birth to (or "emanates") a series of subordinate deities that are emanated for the purpose of doing battle.反撃を開始すると、奪還のために失われて粒子は、そのため、光の出産を(または"というものは生まれない" ) 、一連の下位の神々のためには、放っての戦いがある。 In defense, darkness likewise sets in motion a comparable birthing of subdeities and arranges for the entombment of the light particles in a created world.防衛、暗闇の同様のセットを出産subdeitiesモーションに匹敵すると、埋葬の手配の光の粒子が世界を作成します。 This cosmic realm becomes the sphere of combat for the protagonists.この領域が、球の宇宙戦闘は、主人公です。 The object of the struggle is the winning of the human beings who bear the light particles and the effecting of their release from the prison of this world so that they may reenter the sphere of heavenly light.このオブジェクトは、優勝争いは、人間の光の粒子とwhoクマの実施には、次の世界から解放され、刑務所の5月に再び参加するように、天の光球のです。

Syrianシリア

This type arose in the area of Syria, Palestine, and Egypt and reflects a much more complex vertical dualism.このタイプが生じたの分野で、シリア、パレスチナ、エジプトとの二重性を反映する垂直はるかに複雑です。 In this system the ultimate principle is good, and the task of the Gnostic thinkers is to explain how evil emerged from the singular principle of good.このシステムは、究極の原理が良い、とのタスクは、グノーシス主義の思想家が悪の出現を説明する方法についての原則からの特異良いです。 The method employed is the identification of some deficiency or error in the good.身分証明書を採用する方法は、いくつかの良い欠損症またはにエラーが発生します。

The Valentinian solution to the problem of evil is that the good god (the ultimate depth) with his consort (silence) initiates the birthing process of (or "emanates") a series of paired deities.この問題の解決策をウァレンティニアヌスのは、良い悪の神( 、究極の深さ)と彼のコンソート(沈黙)プロセスを開始し、出産(または"というものは生まれない" ) 、一連の対の神々です。 The last of the subordinate deities (usually designated as Sophia, wisdom) is unhappy with her consort and desires, instead, a relationship with the ultimate depth.下位の神々の最後のは、 (通常はソフィアに指定され、知恵)が不満に思って、彼女の配偶者や欲望、その代わりに、との関係を、究極の深さです。 This desire is unacceptable in the godhead and is extracted from Sophia and excluded from the heavenly realm (pleroma).この欲求には受け入れられないとは、ソフィアから抽出さと神性とは天から除外する領域( pleroma ) 。 While Sophia is thus rescued from her lust, the godhead has lost a portion of its divine nature.ソフィアは、このように彼女の中から救出さの欲望は、その神性は、神の性質を失っている部分です。 The goal, therefore, is the recovery of the fallen light.の目標、そのため、光は、権威の失墜の回復をします。

But the excluded desire (or lower Sophia) is unaware of its fallen nature, and depending on the various accounts, either it or its offspring, the Creator, begins a "demiurgical" or birthing process which partially mirrors the "emanating" process in the pleroma and ultimately results in the creation of the world.しかし、除外欲望(または下位ソフィア)が気付いていないの自然落下し、様々なアカウントに応じて、どちらかまたはその子孫を残すことは、創作者、を開始する" demiurgical "または出産プロセスのどの部分ミラーの"発せられる"プロセスは、そして最終的にpleromaの結果を、世界の創造です。 The upper godhead (pleroma) by its divine messenger (often called Christ or the Holy Spirit) tricks the Creator - Demiurge into breathing into man the breath of life, and thus the light particles are passed to a light man.上部に神性( pleroma )を、神の使徒(イエスキリストや聖霊と呼ばれる)トリックの創造-デミウルゴス呼吸をする男のブレスオブライフは、光の粒子に渡されるとこのようにして光の男です。 The defense strategy of the lower godhead (realm of the Demiurge) is that the lightman is entombed in a body of death which, under the direction of the Demiurge, has been formed by its pseudosubdeities, also known as "the fates" or identified with the realm of the planets.米国防総省の国防戦略の下位神格(レルムは、デミウルゴス) lightmanはエントゥームドのは、死のボディには、下の方向には、デミウルゴス、そのpseudosubdeitiesされ形成されるとしても知られ、 "運命" 、または識別惑星の領域にします。

The Garden of Eden story is then transformed so that the biblical tree of the knowledge of good and evil becomes a vehicle of knowledge (gnosis) established by the heavenly or pleromatic realm.エデンの園の物語は、その後のツリーを変換して、聖書の知識を善と悪が、車両の知識(霊知)によって設立さpleromatic天または領域です。 But the tree of life becomes a vehicle of bondage and dependence established by the demiurgical realm.ツリーオブライフが、捕らわれの身となる車両の依存性demiurgical領域に確立しています。 The divine messenger from the pleroma encourages man to eat from the tree of knowledge; and in so eating, man discovers that the jealous Creator - Demiurge (often linked with misspelled forms of Yahweh such as Yaldabaoth or Yao) is not in fact the ultimate God but really an enemy of God. pleromaからは神のメッセンジャーを奨励男を食べるより、ツリーからの知識;として食べて、男を発見して嫉妬深い創作-デミウルゴス(しばしばリンクヤハウェの形態のつづりが間違ってy aldabaothや八尾など)ではない実際に、究極の神しかし、本当に神の敵です。 Man, as a result of divine help, thus comes to know more than the Creator.男は、神の助けの結果として、これ以上の創造を知っては。 In anger the Creator casts man into an earthly body of forgetfulness, and the pleromatic realm is forced to initiate a process of spiritual awakening through the divine messenger.キャストの創造に怒りを爆発男を地球のような天体の物忘れ、とpleromaticプロセスを開始する領域が強制的に精神的な目覚めを通して神のメッセンジャーです。

The divine messenger is frequently identified with the figure of the Christian's Jesus Christ, but such identification has some very significant alterations.神のメッセンジャーが頻繁に発見するの図は、キリスト教のイエスキリストは、しかし、そのような身分証明書にはいくつかの非常に重要な変更します。 Since the divine realm is basically opposed to the creation of the lower realm, bodies at best are part of the created process and therefore need only to be regarded as vehicles which the divine may use for its own purposes.以来、神の領域の創出には、基本的に反対して下の領域に、ベストの一部の遺体は、作成するプロセスと見なされるためだけに必要な車両は、神の5月、独自の目的のために使用します。 The divine messenger Christ, for the purpose of modeling the divine perspective, "adopted" the body of Jesus at a point such as the baptism and departed at a point such as just prior to the crucifixion.イエスキリストは神のメッセンジャーは、モデリングの目的は、神の観点から、 "採択"イエスキリストの本文にある点などのバプテスマと出発地点の直前に、はりつけなどです。 It is the risen "Jesus" or Christ, devoid of bodily restrictions, that based on the modeling has power to awaken man from his sleep of forgetfulness.上昇したのは"イエス"やイエスキリストは、肉体的制限を欠いて、それに基づいて、モデリングは、彼の電源を眠りから目覚めさせる男物忘れです。 This assumption of the body of Jesus by the divine messenger is generally termed as "adoptionism" and is related to docetism, wherein Christ merely appears to be a man.この仮定のイエスキリストのボディは一般的に表現された神の使徒として"養子論"キリスト仮現説と関連して、そこだけ表示されるイエスキリストの男です。

Gnostics are those set within a world where they are the spiritual persons (pneumatikoi) who possess the light particles and need only to be awakened in order to inherit their destinies.これらの設定にgnosticsは世界で彼らは、霊的な人( pneumatikoi ) whoには、光の粒子に目覚めるとするために必要なだけにその運命を継承します。 In the world there are also said to be psychic persons (psychikoi), who are a grade lower and need to work for whatever salvation they may be able to attain.によると、世界でも精神的には、人( psychikoi ) 、 whoは、下の学年とどんな仕事をする必要が彼らの救いを達成することができる。 The Gnostics often identified such psychics with Christians and understandably irritated the Christian heresiologists such as Irenaus. gnostics頻繁に発見するような占い師にキリスト教徒と当然のことながらheresiologistsは、キリスト教などのirenausイライラします。 The third division of this view of humanity is composed of material persons (hylikoi or sarkikoi), who have no chance to inherit any form of salvation but are destined for destruction.このビューを表示する3番目の課の人間で構成さの物質名( hylikoiまたはsarkikoi ) 、 whoがないのいかなる形態の救いを継承する機会が破壊する運命にある。 Accordingly, it should be obvious that such a view of anthropology is very deterministic in orientation.したがって、このように明らかにすべきである人類学を対象にオリエンテーションは非常に確定します。

The Valentinian goal is reentry into the pleroma, which is often symbolized by terms such as "union" or "unity."ウァレンティニアヌスに再突入する際の目標はpleroma 、これに象徴されるような言葉は、しばしば"連合"または"団結です。 " In documents such as the Gospel of Philip, however, the use of the term "bridal chamber" may suggest a sacrament of union.福音書で書類などのフィリップは、しかし、という用語の使用を"ブライダル箱" 5月の聖礼典を示唆する労働組合です。 Such expressions highlight the fact that in many Gnostic documents sexually suggestive terminology is employed.このような事実を浮き彫りにする表現グノーシス主義の文書の多くの性的なものを暗示的な用語を採用します。 For some Gnostics sexual interests may be attached to a spiritual alternative within an ascetic life style which seems to issue in warning not to fragment further the light particles in one's self through conjugation or sexual intercourse.いくつかの性的な関心事gnostics年5月に添付して精神的な代替物にするように禁欲生活スタイルを問題にしないように警告フラグメントより詳細な光の粒子を1つの自己共役または性交します。 For others, however, such as the followers of Marcus, spiritual awareness was apparently transferred through copulative activity outside of marriage.他の、しかし、そのような信奉者としてのマルクス、精神的な意識は、連結の活動を通じて明らかに外部の結婚生活の転送します。

At death the Gnostics, who had experienced awakening, shed the rags of mortality as they ascended through the realms of the fates (or planets).死亡のgnostics 、 whoは経験豊富な目覚め、小屋の死亡率のぼろきれの領域としての彼らの運命を昇っ(または惑星)です。 Thus, passing through the purgatory of the planets, they came at last to the limit (horos) or border (sometimes called the "cross") where, devoid of all that constitutes evil, they are welcomed into the eternal realm.したがって、煉獄の惑星を通過するとき、彼らは最後に来たの上限( horos ) 、または境界線(とも呼ばれる"クロス" )で、欠いているのすべての悪を構成、彼らは永遠の領域を歓迎します。 The concept of purgatory in the Roman Catholic tradition is not unrelated to the purging pattern in Gnostic thought.煉獄の概念は、ローマカトリックの伝統無関係ではないがグノーシス主義の思考パターンをパージします。

The above description is a pattern for understanding the Syrian type of Gnostic structure.上記の説明書は、シリアの種類のパターンを理解してグノーシス主義の構造です。 While this structure should provide a helpful model for readers in interpreting Gnostic documents, it is imperative to recognize the syncretistic nature of Gnosticism and the wide variety of forms which are evident.この構造体の中、有用なモデルを読者に提供すべきである。グノーシス主義の文書の解釈に、 syncretisticするのは避けられない性質を認識してグノーシス主義との多種多様なフォームが明らかになった。 The Sethians, for example, used Seth as their human figurehead, whereas the Ophites concentrated on the role of the serpent in giving knowledge.のsethians 、例えば、セスとして使われて人間の名目上、 ophitesに集中していますが、ヘビの役割は、知識を与えています。 The vast possibilities for variation in struction make Gnostic studies both an intriguing and exercising enterprise.広大な構造の変化の可能性をグノーシス主義の研究に興味をそそられたとの両方を行使企業です。

The Gnostics obviously used sources such as Platonic dualism and Eastern religious thought, including ideas derived from Christianity.使用されるソースを明らかにするなどのプラトニックなgnostics二元論と東部宗教思想は、キリスト教などのアイデアから派生した。 Their use of sources, however, often resulted in an attack upon those sources.彼らが使うようによると、しかし、頻繁に攻撃する結果にこれらのソースです。 For example, the Gnostics employ the concept of wisdom (the goal of Greek philosophy) in such a way that it is made the cause of all evil in the world.たとえば、知恵の概念を採用しgnostics (ギリシャ哲学の目標は)そのような方法でそれが行われるのが原因で発生するすべての世界には邪悪です。 Such an ingenious attack on the concept of wisdom is far more hostile than Paul's statements in 1 Cor.このような独創的な攻撃を行うというコンセプトの知恵はポールの発言よりもはるかに敵対的で1コーです。 1:22 - 2:16. 1:22 -2 :16です。

In addition to the Valentinian system and its many related forms Hermetic literature provides a somewhat similar vertical structured dualism.ウァレンティニアヌスに加えて、多くのシステムとその関連したフォームハーメチック文学では、多少の二重構造のような垂直です。 This arose in Egypt, and most of the writings seem to be generally unrelated to Christianity or Judaism, although the principal tractate of the Corpus Hermeticum known as Poimandres may not be totally unlike the thought world of the Fourth Gospel.これが生じたエジプトでは、と思われるほとんどの文章やユダヤ教、キリスト教に関係のない一般的に、論文のコーパスは、校長として知られてhermeticumれないことがありますpoimandres思想とは異なり、完全に世界の福音書第4回です。 Hermetic literature thus raises the problem of Gnostic origins.ハーメチック文学したがってグノーシス主義の起源の問題を提起します。

The Problem of Datingこの問題のデート

Because of the methodological problems concerning Gnostic origins, it is imperative to mention briefly Mandaeanism.グノーシス主義の問題のための方法論的起源は、簡単にマンダヤ教に言及するのは避けられない。 In the 1930s many scholars were referring to Mandaeanism as being pre - Christian, in spite of the fact that the documents used in the interpretive process were obtained from the small contemporary sect in Persia.を参照して、 1930年代に多くのマンダヤ教の学者がされて事前-キリスト教、にもかかわらず、実際には、ドキュメントの解釈のプロセスで使用されてからの小さい現代の宗派が得ペルシャにします。 There is of course no doubt that the traditions of this baptismal sect (which refers to John the Baptist) come from a much earlier time.もちろんには間違いないの宗派の伝統は、次の洗礼(これを参照して洗礼者ヨハネ)かなり早い時期から聞こえてくる時間です。 But how long before the rise of Islam, which considered Mandaeans a valid religious group possessing both sacred writings and a prophet prior to Mohammed, is totally unknown.しかし、イスラムはどのくらい上昇する前に、これと考えmandaeansの両方に有効な宗教団体を所持聖典と預言者ムハンマドの前には、全く不明です。 The matter of dating is, therefore, extremely problematic in the entire study of Gnosticism.デートの問題は、したがって、非常に問題は、全体の研究グノーシス主義です。

Some documents like the Hermetic materials seem to evidence very few influences from Christianity, whereas a few documents, such as the Sophia of Jesus, may be Christianized redactions of earlier non - Christian documents.いくつかの書類のように密封材料いくつかのように非常に影響を受けたからキリスト教の証拠が、いくつかの書類を、イエスキリストのようなソフィア、以前の5月にchristianized redactions以外-キリスト教のドキュメントです。 But the question that still remains to be answered is: When did Gnosticism arise?しかし、答えはいまだ謎のままということに疑問のは:グノーシス主義はいつ発生するか? Clearly by the middle of the second century AD.明確に2番目の世紀の半ばまでに広告です。 Gnosticism had reached its flowering.グノーシス主義の開花期に達しています。 But contrary to Schmithals (Gnosticism in Corinth) the opponents of Paul in Corinth were hardly Gnostics.しかしに反してシュミットハルス(グノーシス主義にコリント)の反対派のポールにgnosticsコリント人もほとんどです。 Were the opponents described in Colossians or Ephesians Gnostics?反対派は、コロサイ人への手紙やエペソ人への手紙に記載されgnosticsですか? Were the opponents in the Johannine letters Gnostics?反対派は、使徒ヨハネの手紙は、 gnosticsですか? It is hard to read the NT and gain any secure feeling at the present that canonical writers were attacking the Gnostic devotees or mythologizers.ことは難しいNTおよびゲインを読むには、現在のすべての感情をセキュリティで保護された正規の作家を攻撃するグノーシス主義の信者やmythologizersです。

GL Borchert glボルヒェルト
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
DM Scholer, Nag Hammadi Bibliography 1948 - 1969; J Robinson, ed., The Nag Hammadi Library in English; RM Grant, ed., Gnosticism: A Source Book of Heretical Writings from the Early Christian Period; W Foerster, Gnosis: A Selection of Gnostic Texts; B Aland, Gnosis: Festschrift fur Hans Jonas; GL Borchert, "Insights into the Gnostic Threat to Christianity as Gained Through the Gospel of Philip," in New Dimensions in New Testament Study, ed. dmシェーラー、ナグハマディ構造1948 -1 969;無しロビンソン、エドです。 、図書館で英語のナグハマディ; r mグラント、エド。 、グノーシス主義:予約の異端の文章をソースからの初期キリスト教期;ワットフォースター、霊知:セレクションのグノーシス主義のテキスト; bオーランド、霊知: festschrift毛皮のハンスジョナス; glボルヒェルト、 "キリスト教の脅威を洞察するグノーシス主義の福音書を通じて得たフィリップとして、 "新たな外形寸法は新約聖書研究では、エドです。 RN Longenecker and MC Tenney; RM Grant, Gnosticism and Early Christianity; H Jonas, The Gnostic Religion; E Pagels, The Gnostic Gospels; G Quispel, Gnosis als Weltreligion; W Schmithals, Gnosticism in Corinth and Paul and the Gnostics; RM Wilson, The Gnostic Problem and Gnosis and the New Testament; E Yamauchi, Pre - Christian Gnosticism. rnロングネカーとカセットテニイ; rmグラント、グノーシス主義とキリスト教の早期; hジョナスは、グノーシス主義の宗教;メールペイゲルスは、グノーシス主義の福音書;グラムquispel 、霊知als weltreligion ;ワットシュミットハルス、グノーシス主義のコリントとポールとgnostics ; rmウィルソン、霊知と、グノーシス主義の問題と新約聖書;メール山内は、事前-キリスト教のグノーシス主義です。


Nag Hammadi Library Alphabetical Indexナグハマディライブラリのアルファベット順の索引

The articles above mention a massive Coptic gnostic library that was discovered near Nag Hammadi (Nag Hammadi Papyri), in upper Egypt, in 1945.上記の記事に言及する大規模なコプト語グノーシス主義のライブラリ近くに発見されたナグハマディ(ナグハマディpapyrusの複数形)は、上エジプト、 1945年にします。 The contents of the 52 tractates of this collection of scrolls includes the following: 52 tractatesの内容をこのコレクションのスクロールには、以下の通りです:

(BELIEVE contains the full text of of several of these) (信じるには、これらのいくつかの全文)


Gnosticismグノーシス主義

Catholic Information カトリックの情報

The doctrine of salvation by knowledge.救いの教義を知識です。 This definition, based on the etymology of the word (gnosis "knowledge", gnostikos, "good at knowing"), is correct as far as it goes, but it gives only one, though perhaps the predominant, characteristic of Gnostic systems of thought.この定義に基づいて、その言葉の語源(霊知"知識" 、 gnostikos 、 "うまいを知って" ) 、が正しいか今のところは、それは1つだけ、おそらく、優勢かかわらず、グノーシス主義のシステムの特性を考えです。 Whereas Judaism and Christianity, and almost all pagan systems, hold that the soul attains its proper end by obedience of mind and will to the Supreme Power, ie by faith and works, it is markedly peculiar to Gnosticism that it places the salvation of the soul merely in the possession of a quasi-intuitive knowledge of the mysteries of the universe and of magic formulae indicative of that knowledge.一方、ユダヤ教、キリスト教、およびほぼすべての異教のシステムでは、ホールドの魂は、その適切なエンドを実現する、心と意志を服従させる最高のパワー、すなわち信仰と作品を、それは顕著に特有の場所の救いにしてグノーシス主義の魂所持するだけで、直感的な知識を疑似宇宙の謎を探ると、その知識マジック式説法です。 Gnostics were "people who knew", and their knowledge at once constituted them a superior class of beings, whose present and future status was essentially different from that of those who, for whatever reason, did not know. gnosticsは、 "人々 whoを知っていた" 、およびそれらの知識を一度に構成してスーペリアルクラスの生き物で、その現状と将来の状態は、本質的に異なる目標を持ってこれらのwhoは、どんな理由であれ、知らなかったよ。 A more complete and historical definition of Gnosticism would be:を他の定義を完了し、歴史的なグノーシス主義のようになります:

A collective name for a large number of greatly-varying and pantheistic-idealistic sects, which flourished from some time before the Christian Era down to the fifth century, and which, while borrowing the phraseology and some of the tenets of the chief religions of the day, and especially of Christianity, held matter to be a deterioration of spirit, and the whole universe a depravation of the Deity, and taught the ultimate end of all being to be the overcoming of the grossness of matter and the return to the Parent-Spirit, which return they held to be inaugurated and facilitated by the appearance of some God-sent Saviour.集団の名前を、多数の大幅に変化すると汎神論-理想的な宗派が栄えた時代からキリスト教の前にいくつかの時間ダウンして5世紀、とは、借り入れの言い方ながら、いくつかの宗教の教義の長日、キリスト教、特に、開かれた問題の悪化には、精神的、および宇宙全体の堕落は、神との究極の目的のすべての教えが克服されるのは、物質とのgrossness戻るには、親-精神、これを返しますが開催された発足したとされるいくつかの外観を促進さ神-送られる救い主です。

However unsatisfactory this definition may be, the obscurity, multiplicity, and wild confusion of Gnostic systems will hardly allow of another.しかし、この定義されて不満足な年5月には、無名のまま、多様性、および野生の混乱を別のグノーシス主義のシステムはほとんどできるようにします。 Many scholars, moreover, would hold that every attempt to give a generic description of Gnostic sects is labour lost.多くの学者、また、すべての試みを行うことに、汎用的な説明を与える労働グノーシス主義の宗派が失われてしまいます。

ORIGIN起源

The beginnings of Gnosticism have long been a matter of controversy and are still largely a subject of research.グノーシス主義の始まりの問題は長年の論争とは依然として大きく、アジ研の研究です。 The more these origins are studied, the farther they seem to recede in the past.これらの起源はもっと勉強し、彼らのように遠くを編集して項目が後退しています。

Whereas formerly Gnosticism was considered mostly a corruption of Christianity, it now seems clear that the first traces of Gnostic systems can be discerned some centuries before the Christian Era.一方、以前は主に、不正腐敗と考えグノーシス主義は、キリスト教、今すぐ最初の痕跡が明らかになったとグノーシス主義のシステムでは数世紀前にいくつかの識別は、キリスト教の時代です。 Its Eastern origin was already maintained by Gieseler and Neander; F. Ch.その起源はすでに維持され東部ギーゼラーとネアンダー;女性あなたのです。 Bauer (1831) and Lassen (1858) sought to prove its relation to the religions of India; Lipsius (1860) pointed to Syria and Phoenicia as its home, and Hilgenfeld (1884) thought it was connected with later Mazdeism.バウアー( 1831 )とラッセン( 1858 )に関連して、証明を模索してきた宗教のインド;リプシウス( 1860 )として指摘され、シリアとフェニキアホーム、およびヒルゲンフェルト( 1884 )へ接続するmazdeism考えていました。 Joel (1880), Weingarten (1881), Koffmane (1881), Anrich (1894), and Wobbermin (1896) sought to account for the rise of Gnosticism by the influence of Greek Platonic philosophy and the Greek mysteries, while Harnack described it as "acute Hellenization of Christianity".ジョエル( 1880 ) 、ワインガーデン( 1881 ) 、 koffmane ( 1881 ) 、 anrich ( 1894 ) 、およびウォッベルミン( 1896 )アカウントを模索してきたグノーシス主義の台頭をギリシャ語の影響を受けてプラトニックな哲学と、ギリシャの謎、説明している間ハルナック"キリスト教の急性hellenization "です。

For the past twenty-five years, however, the trend of scholarship has steadily moved towards proving the pre-Christian Oriental origins of Gnosticism.は、過去25年間、しかし、奨学金の流れを証明するには事前に着実に移行しつつキリスト教のオリエンタルグノーシス主義の起源です。 At the Fifth Congress of Orientalists (Berlin, 1882) Kessler brought out the connection between Gnosis and the Babylonian religion.議会は、 5番目のorientalists (ベルリン、 1882 )ケスラー赤字解消への宗教の間の接続をバビロニア霊知とします。 By this latter name, however, he meant not the original religion of Babylonia, but the syncretistic religion which arose after the conquest of Cyrus.この後者の名前、しかし、彼は、元の宗教の意味バビロニア、宗教が、どのsyncretistic征服した後、キュロスが生じた。 The same idea is brought out in his "Mani" seven years later.同じ考えを吸わが彼の"マニ" 7年後にします。 In the same year FW Brandt published his "Mandiäische Religion".ファームウェアのブラントは、同じ年に公開さ彼の" mandiäische宗教"です。 This Mandaean religion is so unmistakably a form of Gnosticism that it seems beyond doubt that Gnosticism existed independent of, and anterior to, Christianity.このmandaean宗教は非常に紛れもなく、フォームのグノーシス主義グノーシス主義が存在するように独立した疑いようもなく、と前に、キリスト教です。

In more recent years (1897) Wilhelm Anz pointed out the close similarity between Babylonian astrology and the Gnostic theories of the Hebdomad and Ogdoad.さらに近年になると( 1897 )ヴィルヘルムANZ銀行の間の類似性を指摘してバビロニア占星術を閉じると、グノーシス主義の理論は、 7日間と8個一組です。 Though in many instances speculations on the Babylonian Astrallehre have gone beyond all sober scholarship, yet in this particular instance the inferences made by Anz seem sound and reliable.かかわらず、多くの憶測を検索するバビロニアのインスタンスを超えastrallehreすべてのしらふの奨学金は、この特定のインスタンスはまだありませんが、 ANZ銀行の推論作られるサウンドと信頼性のように見える。 Researches in the same direction were continued and instituted on a wider scale by W. Bousset, in 1907, and led to carefully ascertained results.同じ方向の研究が継続され、導入は、幅広いスケールboussetワット、 1907年に、検索結果とLEDを慎重に確認します。 In 1898 the attempt was made by M. Friedländer to trace Gnosticism in pre-Christian Judaism. 1898年の試みがなされた男性フリートレンダーをトレースするキリスト教ユダヤ教グノーシス主義のプレです。 His opinion that the Rabbinic term Minnim designated not Christians, as was commonly believed, but Antinomian Gnostics, has not found universal acceptance.彼の意見は、指定した特定のキリスト教徒minnimラビ用語としては、よく考えられ、律法主義者gnosticsしかし、普遍的には受け入れが見つかりませんでした。 In fact, E. Schürer brought sufficient proof to show that Minnim is the exact Armaean dialectic equivalent for ethne.実際には、 e. schürer broughtいることを示す十分な証拠は、正確なarmaean弁証法minnimをethne等価です。 Nevertheless Friedländer's essay retains its value in tracing strong antinomian tendencies with Gnostic colouring on Jewish soil.にもかかわらず、その値を保持エッセイフリートレンダーの律法主義の傾向が強いグノーシス主義のトレース彩色をユダヤ人の土壌です。

Not a few scholars have laboured to find the source of Gnostic theories on Hellenistic and, specifically, Alexandrian soil.いくつかの学者がないlaboured源を見つけるにはヘレニズムやグノーシス主義の理論を、具体的には、ヘレニズム文化の土壌です。 In 1880 Joel sought to prove that the germ of all Gnostic theories was to be found in Plato. 1880年に証明するために胚を模索してきたジョエルのすべてのグノーシス主義の理論は、プラトンを発見される。 Though this may be dismissed as an exaggeration, some Greek influence on the birth, but especially on the growth, of Gnosticism cannot be denied.この5月に言っても過言で解任される、いくつかのギリシャ語にして生まれた影響を与えるが、特に上の成長は、グノーシス主義を否定することはできません。 In Trismegistic literature, as pointed out by Reitzenstein (Poimandres, 1904), we find much that is strangely akin to Gnosticism.でtrismegistic文学、として指摘さライツェンシュタイン( poimandres 、 1904 ) 、私たちには不思議なくらい私を見つけるグノーシス主義です。 Its Egyptian origin was defended by E. Amélineau, in 1887, and illustrated by A. Dietrich, in 1891 (Abraxas Studien) and 1903 (Mithrasliturgie).その起源は、エジプトのamélineau e.擁護され、 1887年、 a.と示されるディートリヒは、 1891年(アブラクサスstudien )と1903年( mithrasliturgie ) 。 The relation of Plotinus's philosophy to Gnosticism was brought out by C. Schmidt in 1901.プロティノスの関係を、グノーシス主義の哲学に運ばれたSchmidtさんは1901年にc.アウトされています。 That Alexandrian thought had some share at least in the development of Christian Gnosticism is clear from the fact that the bulk of Gnostic literature which we possess comes to us from Egyptian (Coptic) sources.アレクサンドリアの考えを共有するが、少なくともいくつかの開発には、キリスト教のグノーシス主義という事実から明確なグノーシス主義文学の大部分を所有するなると私たちからの問い合わせエジプト(コプト語)のソースです。 That this share was not a predominant one is, however, acknowledged by O. Gruppe in his "Griechische Mythologie und Religionsgeschichte" (1902).この共有することはない優勢1つは、しかし、 o.グルッペに認定され、彼の" griechische mythologie und religionsgeschichte " ( 1902年) 。 It is true that the Greek mysteries, as G. Anrich pointed out in 1894, had much in common with esoteric Gnosticism; but there remains the further question, in how far these Greek mysteries, as they are known to us, were the genuine product of Greek thought, and not much rather due to the overpowering influence of Orientalism.それは事実だが、ギリシャの謎、 1894年g. anrich指摘されたように、多くの共通点は、難解なグノーシス主義;しかし、より詳細な疑問が残るのは、どの程度まで、これらのギリシャ語の謎、彼らが判明して問い合わせ、正規の製品は、ギリシャ語思想、というとあまりの圧倒的な影響力のためにオリエンタリズムです。

Although the origins of Gnosticism are still largely enveloped in obscurity, so much light has been shed on the problem by the combined labours of many scholars that it is possible to give the following tentative solution: Although Gnosticism may at first sight appear a mere thoughtless syncretism of well nigh all religious systems in antiquity, it has in reality one deep root-principle, which assimilated in every soil what is needed for its life and growth; this principle is philosophical and religious pessimism.グノーシス主義の起源は、大部分は依然としてあいまいさに包まれるので、多くの問題に光を当てるされ、労働を組み合わせることが可能に多くの学者は、次の仮の解決策を与える:グノーシス主義年5月に最初の光景表示されるものの、単なる非常識なシンクレティズムほとんどすべての宗教的なシステムではよく古代、それは1つの現実に深く根-原則として、すべての土壌に同化の人生は何が必要と成長;この原則は、哲学や宗教的な悲観論です。

The Gnostics, it is true, borrowed their terminology almost entirely from existing religions, but they only used it to illustrate their great idea of the essential evil of this present existence and the duty to escape it by the help of magic spells and a superhuman Saviour.のgnostics 、それがtrueの場合、ほぼ全面的な用語から借りて、既存の宗教が、それらにのみ使用されることを説明するのに欠かせない素晴らしいアイデアは、次の現在の邪悪な存在との義務を逃れることによって魔法の呪文との助けを借りて、超人的な救世主です。 Whatever they borrowed, this pessimism they did not borrow -- not from Greek thought, which was a joyous acknowledgment of and homage to the beautiful and noble in this world, with a studied disregard of the element of sorrow; not from Egyptian thought, which did not allow its elaborate speculations on retribution and judgment in the netherworld to cast a gloom on this present existence, but considered the universe created or evolved under the presiding wisdom of Thoth; not from Iranian thought, which held to the absolute supremacy of Ahura Mazda and only allowed Ahriman a subordinate share in the creation, or rather counter-creation, of the world; not from Indian Brahminic thought, which was Pantheism pure and simple, or God dwelling in, nay identified with, the universe, rather than the Universe existing as the contradictory of God; not, lastly, from Semitic thought, for Semitic religions were strangely reticent as to the fate of the soul after death, and saw all practical wisdom in the worship of Baal, or Marduk, or Assur, or Hadad, that they might live long on this earth.どういったものに借りた、この悲観論を借りるていない-ギリシャの考えはない、これは、喜ばしいと謝辞美しいと崇高な敬意を表して、この世界での勉強の要素を無視したの悲しみ;はエジプトの考えから、これその精巧な憶測を許可しなかったと判断力で報復の呼び声を悲しませる上に存在するこの存在が、宇宙の考えの下に作成または首席進化の知恵トート;はイランの考えから、これを絶対的な優位性を開かれたアフラマズダ下位の共有のみ可ahrimanを作成するか、またはむしろカウンタ-創造の世界; brahminic思想はインドから、これは純粋で単純な汎神論、あるいは神の住居には、いや発見で、宇宙のではなく、宇宙の既存の神としての矛盾;は、最後に、よりユダヤ主義の思想、宗教が妙に無口なユダヤ人としての魂の運命をして死亡した後、すべての実用的な知恵とのこぎりバールは、礼拝のか、またはマルドゥクか、またはアッシュールか、またはhadad 、長生きをして、この地球のかもしれない。

This utter pessimism, bemoaning the existence of the whole universe as a corruption and a calamity, with a feverish craving to be freed from the body of this death and a mad hope that, if we only knew, we could by some mystic words undo the cursed spell of this existence -- this is the foundation of all Gnostic thought.この全くの悲観論、宇宙bemoaningが存在するとして、全体の腐敗と災難、熱っぽいのボディから解放されることへの渇望は、次の死と、マッド期待して、もし私たちを知っていただけ、私たちはいくつかの神秘的な言葉を元に戻すのろわれたスペルは、次の存在-これは、財団のすべてのグノーシス主義の思想です。 It has the same parent-soil as Buddhism; but Buddhism is ethical, it endeavours to obtain its end by the extinction of all desire; Gnosticism is pseudo-intellectual, and trusts exclusively to magical knowledge.それには、同じ親-土壌として仏教;しかし、仏教は、倫理的、それを得るよう努力して、エンドされた絶滅のすべての欲望;グノーシス主義は、疑似的な知的、魔法の知識と信頼関係するだけのために。 Moreover, Gnosticism, placed in other historical surroundings, developed from the first on other lines than Buddhism.また、グノーシス主義は、他の歴史的な周辺に配置さは、他の開発者の最初の行より仏教です。

When Cyrus entered Babylon in 539 BC, two great worlds of thought met, and syncretism in religion, as far as we know it, began.バビロンは紀元前539キュロス入力時に、 2つの素晴らしい世界思想会った、とシンクレティズムの宗教、知る限りで私たちには、開始します。 Iranian thought began to mix with the ancient civilization of Babylon.イランの思想を混ぜると、古代文明の始まったバビロンです。 The idea of the great struggle between evil and good, ever continuing in this universe, is the parent idea of Mazdeism, or Iranian dualism.偉大な闘争のアイデアの良い悪との間に、この宇宙まで継続的には、アイデアをmazdeismの親か、またはイランの二元論です。 This, and the imagined existence of numberless intermediate spirits, angels and devas, are the conviction which overcame the contentedness of Semitism.これは、無数の中間体の存在を想像とスピリッツ、天、天使と、これを克服するの有罪判決は、満足のユダヤ人です。

On the other hand, the unshakable trust in astrology, the persuasion that the planetary system had a fatalistic influence on this world's affairs, stood its ground on the soil of Chaldea.その一方では、不動の信頼を占星術では、説得力は、惑星系はこの世界の宿命論的影響を及ぼす問題は、その場に立っていた新バビロニアの土壌のです。 The greatness of the Seven -- the Moon, Mercury, Venus, Mars, the Sun, Jupiter, and Saturn -- the sacred Hebdomad, symbolized for millenniums by the staged towers of Babylonia, remained undiminished.の偉大さの7つの-月、水星、金星、火星、太陽、木星、土星- 7日間の神聖な、象徴をタワーズオブバビロニア千年間上演された、依然衰えていない。 They ceased, indeed, to be worshipped as deities, but they remained archontes and dynameis, rules and powers whose almost irresistible force was dreaded by man.彼らやんだ、実際のところ、神として崇拝されるよう、かれらは依然archontesとdynameis 、規則および不可抗力の力は恐ろしいされ、そのほとんど男性です。 Practically, they were changed from gods to devas, or evil spirits.実際に、彼らは神々を天から変更するか、または悪霊を退散させる。 The religions of the invaders and of the invaded effected a compromise: the astral faith of Babylon was true, but beyond the Hebodomad was the infinite light in the Ogdoad, and every human soul had to pass the adverse influence of the god or gods of the Hebdomad before it could ascend to the only good God beyond.侵略者と、宗教の影響の侵略にある中で妥協:バビロンアストラル信仰がtrueの場合、それ以上のhebodomadは、無限の光を、 8個一組、およびすべての人間の魂を通過しなければならなかったの不利な影響を与えるかの神の神々は、 1週前に、神は唯一の良さが出世を超えています。 This ascent of the soul through the planetary spheres to the heaven beyond (an idea not unknown even to ancient Babylonian speculations) began to be conceived as a struggle with adverse powers, and became the first and predominant idea in Gnosticism.上り坂の魂を通じて、この分野の惑星を超え、天(のアイデアは古代バビロニアにも不明な憶測)が始まったとされる不利な権力闘争の構想として、優勢となったとの最初のアイデアがグノーシス主義です。

The second great component of Gnostic thought is magic, properly so called, ie the power ex opere operato of weird names, sounds, gestures, and actions, as also the mixture of elements to produce effects totally disproportionate to the cause. 2番目の大きなコンポーネントのグノーシス主義の思想は、マジック、適切ないわゆる、すなわち、電源から変な名前のopere operato 、サウンド、ジェスチャー、行動に移して、と同様の効果を生産するにして、混合の要素を完全に不均衡な原因です。 These magic formulae, which caused laughter and disgust to outsiders, are not a later and accidental corruption, but an essential part of Gnosticism, for they are found in all forms of Christian Gnosticism and likewise in Mandaeism.これらのマジック式、これが原因な笑いと嫌悪感を部外者ではないと誤って、後の腐敗、グノーシス主義ではなく、本質的な部分である、かれらは、発見さグノーシス主義とキリスト教のすべての形態のmandaeism同様にします。 No Gnosis was essentially complete without the knowledge of the formulae, which, once pronounced, were the undoing of the higher hostile powers.いいえ霊知は、本質的に、式の知識を完全になく、これは、一度発音は、元に戻すのは、敵対勢力が高いです。 Magic is the original sin of Gnosticism, nor is it difficult to guess whence it is inherited.マジックは、オリジナルのグノーシス主義の罪を、またそこを推測することは難しいことは継承されます。 To a certain extent it formed part of every pagan religion, especially the ancient mysteries, yet the thousands of magic tablets unearthed is Assyria and Babylonia show us where the rankest growth of magic was to be found.それを、特定の範囲のすべての部分に形成さ異教の宗教、特に、古代の謎、発掘はまだありませんが、何千もの魔法の錠剤アッシリアとバビロニア詳細問い合わせは、成長のマジックはrankestされるが見つかりました。 Moreover, the terms and names of earliest of Gnosticism bear an unmistakable similarity to Semitic sounds and words.また、ご利用の名前をグノーシス主義最古のユダヤ人の類似性をクマに紛れもない音と言葉です。

Gnosticism came early into contact with Judaism, and it betrays a knowledge of the Old Testament, if only to reject it or borrow a few names from it.早期に接触して来たユダヤ教グノーシス主義、およびそれ旧約聖書の知識を裏切って、それを拒否する場合のみ、またはいくつかの名前を借りることです。 Considering the strong, well-organized, and highly-cultured Jewish colonies in the Euphrates valley, this early contact with Judaism is perfectly natural.検討して強力な、よく組織化、および高度な培養ユダヤ人の植民地は、ユーフラテス川渓谷は、この初期の連絡先にユダヤ教は完全に自然です。 Perhaps the Gnostic idea of a Redeemer is not unconnected with Jewish Messianic hopes.おそらく、グノーシス主義の考えを買い戻す接続されていないとユダヤ人の救世主を望んではない。 But from the first the Gnostic conception of a Saviour is more superhuman than that of popular Judaism; their Manda d'Haye, or Soter, is some immediate manifestation of the Deity, a Light-King, an Æon (Aion), and an emanation of the good God.しかし、最初に、グノーシス主義の概念から、救い主はユダヤ教の他の超人的な人気に比べて、彼らのマンダd' hayeか、またはsoterは、いくつかの症状を即座に神は、光-キング、 æon ( aion ) 、および、放射能神が良いです。

When Gnosticism came in touch with Christianity, which must have happened almost immediately on its appearance, Gnosticism threw herself with strange rapidity into Christian forms of thought, borrowed its nomenclature, acknowledged Jesus as Saviour of the world, simulated its sacraments, pretended to be an esoteric revelation of Christ and His Apostles, flooded the world with apocryphal Gospels, and Acts, and Apocalypses, to substantiate its claim.グノーシス主義と連絡を来たときに、キリスト教、ほとんどすぐに起こったものでなければならないの外観は、自身を投げたグノーシス主義の形態の奇妙な速さをキリスト教の思想、借り物の命名法、認めイエスキリストを救い主として、世界は、模擬の秘跡、ふりをする難解なキリストの啓示と彼の使徒、浸水で世界を作り話の福音書、および行為、およびapocalypses 、その主張は裏付けをします。 As Christianity grew within and without the Roman Empire, Gnosticism spread as a fungus at its root, and claimed to be the only true form of Christianity, unfit, indeed, for the vulgar crowd, but set apart for the gifted and the elect.成長率として、キリスト教とせずに、ローマ帝国、グノーシス主義はその根菌として広がる、と主張されるのみが、真の形で、キリスト教、不適格、実際に、低俗な群衆が、天賦の才能を際立たせるのを選出します。 So rank was its poisonous growth that there seemed danger of its stifling Christianity altogether, and the earliest Fathers devoted their energies to uprooting it.有毒な成長のためのランクは、そのような危険があるキリスト教の息が詰まるまた、最古の祖先と献身的にはエネルギーを抜根してください。 Though in reality the spirit of Gnosticism is utterly alien to that of Christianity, it then seemed to the unwary merely a modification or refinement thereof.グノーシス主義の精神を現実にかかわらず、外国人は全くしてキリスト教のように入力し、軽率なことだけを部分的に変更または絞り込みばならない。 When domiciled on Greek soil, Gnosticism, slightly changing its barbarous and Seminitic terminology and giving its "emanatons" and"syzygies" Greek names, sounded somewhat like neo-Platonism, thought it was strongly repudiated by Plotinus.ギリシャのときに土壌を作成し、グノーシス主義、若干の変更とその野蛮seminitic与える用語や、 " emanatons "と" syzygies "ギリシャ語の名前は、多少の音のような新プラトン哲学、考えていましたプロティノスを強く否定されています。 In Egypt the national worship left its mark more on Gnostic practice than on its theories.エジプトで、国家崇拝左のマークに比べて、その詳細についてはグノーシス主義の理論を実践します。

In dealing with the origins of Gnosticism, one might be tempted to mention Manichaeism, as a number of Gnostic ideas seem to be borrowed from Manichaeism, where they are obviously at home.グノーシス主義の起源の問題に対処する、 1つのかもしれないの誘惑に言及マニ教、グノーシス主義のアイデアとして、いくつかのマニ教思われるから借りて、自宅で、それがどこに明らかにします。 This, however, would hardly be correct.これは、しかしながら、ほとんどが正しいとします。 Manichaeism, as historically connected with Mani, its founder, could not have arisen much earlier than AD 250, when Gnosticism was already in rapid decline.マニ教、マニとして歴史的に接続し、その創始者は、以前よりもできませんでしたが生じて多くの広告250 、ときにはすでにグノーシス主義の急激な減少します。 Manichaeism, however, in many of its elements dates back far beyond its commonly accepted founder; but then it is a parallel development with the Gnosis, rather than one of its sources.マニ教、しかし、その要素の多くはそのさかのぼります一般に受け入れをはるかに超え創始者;しかし、入力し、並列で開発をすることが霊知のではなく、 1つのソースです。 Sometimes Manichaeism is even classed as a form of Gnosticism and styled Parsee Gnosis, as distinguished from Syrian and Egyptian Gnosis.時にはマニ教が偶数のグノーシス主義の一形態として分類されるとスタイルのパーシー霊知、シリアとエジプトの霊知者として識別します。 This classification, however, ignores the fact that the two systems, though they have the doctrine of the evil of matter in common, start from different principles, Manichaeism from dualism, while Gnosticism, as an idealistic Pantheism, proceeds from the conception of matter as a gradual deterioration of the Godhead.この分類は、しかし、事実を無視して2つのシステムでは、かれらは、教義とする邪悪な物質の共通点は、スタート]ボタンを別の原則から、マニ教から二元論、グノーシス主義、理想的な汎神論として、収益からの概念としての物質神格が徐々に悪化しています。

DOCTRINES教説

Owing to the multiplicity and divergence of Gnostic theories, a detailed exposition in this article would be unsatisfactory and confusing and to acertain extent even misleading, since Gnosticism never possessed a nucleus of stable doctrine, or any sort of depositum fidei round which a number of varied developments and heresies or sects might be grouped; at most it had some leading ideas, which are more or less clearly traceable in different schools.発散のために、多重度のグノーシス主義の理論と、この記事の詳細な博覧会とは不満足な混乱と誤解を招くacertain範囲でさえ、保有して以来、核のない安定したグノーシス主義の原則か、または任意の並べ替えのdepositumで、いくつかの多様な信仰のラウンド宗派の発展とheresiesまたはグループかもしれない;はほとんど考えていたいくつかの大手には多かれ少なかれ明確にトレーサブルで別の学校です。 Moreover, a fair idea of Gnostic doctrines can be obtained from the articles on leaders and phases of Gnostic thought (eg BASILIDES; VALENTINUS; MARCION; DOCETAE; DEMIURGE).また、公正なアイデアを得ることができますグノーシス主義の教説からの記事をグノーシス主義の段階の指導者と考え(例:バシレイデース;バレンティヌス; marcion ; docetae ;デミウルゴス) 。 We shall here only indicate some main phases of thought, which can be regarded as keys and which, though not fitting all systems, will unlock most of the mysteries of the Gnosis.わたしたちはここではいくつかの主要な段階の考えを示すことができるようにキーと見なされ、継手のすべてのシステムではありませんがほとんどのロックを解除するの霊知の謎を探る。

(a) Cosmogony (ア)宇宙進化

Gnosticism is thinly disguised Pantheism.グノーシス主義は薄く偽装汎神論です。 In the beginning was the Depth; the Fulness of Being; the Not-Being God; the First Father, the Monad, the Man; the First Source, the unknown God (Bythos pleroma, ouk on theos, propator, monas, anthropos, proarche, hagnostos theos), or by whatever other name it might be called.初めには、深さ;のがfulness ;ていない-の神;の最初の父は、モナド、その男;の最初のソースは、未知の神( bythos pleroma 、 oukをtheos 、 propatorは、記念塔モナス、 anthropos 、 proarche 、 hagnostos theos ) 、または他の名前を何と呼ばれるかもしれない。 This undefined infinite Something, though it might be addressed by the title of the Good God, was not a personal Being, but, like Tad of Brahma of the Hindus, the "Great Unknown" of modern thought.この定義されて無限の何か、それのタイトルが危惧されるかもしれないの良い神は、個人用はないが、しかし、タッドの梵天のような、ヒンズー教徒は、 "偉大な未知の"現代思想です。 The Unknown God, however, was in the beginning pure spirituality; matter as yet was not.未知の神、しかし、初めは、純粋な精神;問題はないとしてはまだありません。

This source of all being causes to emanate (proballei) from itself a number of pure spirit forces.このソースのすべてのが原因を発散する( proballei )より自体、いくつかの純粋な精神力です。 In the different systems these emanations are differently named, classified, and described, but the emanation theory itself is common too all forms of Gnosticism.は、別のシステムではこれらのemanationsは、異なる名前、分類、および説明、理論自体は共通の放射能が、あまりにもすべての形態のグノーシス主義です。 In the Basilidian Gnosis they are called sonships (uiotetes), in Valentinianism they form antithetic pairs or "syzygies" (syzygoi); Depth and Silence produce Mind and Truth; these produce Reason and Life, these again Man and State (ekklesia).は、 basilidian霊知と呼ばれる彼らはsonships ( uiotetes )は、正反対のペアvalentinianism彼らフォームまたは" syzygies " ( syzygoi ) ;深さと静けさを生産、心と真理;これらの生産と生活の理由は、これらの再び男と状態( ekklesia ) 。 According to Marcus, they are numbers and sounds.マーカスによると、彼らは数字と音です。

These are the primary roots of the Æons.これらは、プライマリのルーツは、 æonsです。 With bewildering fertility hierarchies of Æons are thus produced, sometimes to the number of thirty.不妊治療に途方に暮れるæons階層の生産は、このように、時にはの数を30にします。 These Æons belong to the purely ideal, noumenal, intelligible, or supersensible world; they are immaterial, they are hypostatic ideas.これらのæonsに所属し、純粋に理想的な、実体は、分かりやすいか、または超感覚的世界;彼らは軽微である、彼らは沈下性のアイデアです。 Together with the source from which they emanate they form the pleroma.彼らと一緒に出てくるから彼らのソースpleroma形成しています。

The transition from the immaterial to the material, from the noumenal to the sensible, is brought about by a flaw, or a passion, or a sin, in one of the Æons.への移行してからの軽微な素材、からして賢明な実体は、それのある欠陥がもたらされるか、または、情熱、またはの罪を犯すことは、 æonsのいずれかのです。 According to Basilides, it is a flaw in the last sonship; according to others it is the passion of the female Æon Sophia; according to others the sin of the Great Archon, or Æon-Creator, of the Universe.バシレイデースによると、それは上の欠陥の最後の息子であること;によると、他のことは女性の情熱をæonソフィア;によると、他の罪の偉大な支配者か、またはæon -クリエーター、宇宙のです。

The ultimate end of all Gnosis is metanoia, or repentance, the undoing of the sin of material existence and the return to the Pleroma.霊知は、究極のエンドのすべての改宗か、または後悔は、破滅の罪の物質の存在とpleromaに復帰する。

(b) Sophia-Myth結果( b )ソフィア-神話

In the greater number of Gnostic systems an important role is played by the Æon Wisdom -- Sophia or Achamoth.グノーシス主義のシステムは、より多くの重要な役割はæon演奏されるの知恵-ソフィアまたはa chamothです。 In some sense she seems to represent the supreme female principle, as for instance in the Ptolemaic system, in which the mother of the seven heavens is called Achamoth, in the Valentinian system, in which he ano Sophia, the Wisdom above, is distinguished from he kato Sophia, or Achamoth, the former being the female principle of the noumenal world, and in the Archotian system, where we find a "Lightsome Mother" (he meter he photeine), and in which beyond the heavens of the Archons is he meter ton panton and likewise in the Barbelognosis, where the female Barbelos is but the counterpart of the Unknown Father, which also occurs amongst the Ophites described by Irenaeus (Adv. Haeres., III, vii, 4).いくつかの意味での最高の女性を表すように彼女は原則として、プトレマイオス体系としては、例えばされるのは、母と呼ばachamoth 7つの天は、ウァレンティニアヌスシステムでは彼はどんなソフィア、上記の英知を結集する、は区別彼は加藤ソフィアか、またはachamoth 、女性の元に、実体の世界の原理、およびシステムのarchotian 、ここで私たちを見つける"軽率な母親" (彼計彼photeine ) 、とでは天を超えて彼はarchonsメーターbarbelognosisトンは、すべてと同様に、どこの女性が、対向のbarbelosは、未知の父親、これophitesで記述さの中にも発生しますエイレナイオス( adv.相続人です。 、三、七、 4 ) 。

Moreover, the Eucharistic prayer in the Acts of Thomas (ch. 1) seems addressed to this supreme female principle.また、 eucharisticの祈りは、行為のトーマス(第1 )は、この最高の女性宛ての原則です。 W. Bousset's suggestion, that the Gnostic Sophia is nothing else than a disguise for the Dea Syra, the great goddess Istar, or Astarte, seems worthy of consideration. boussetワットの提案を、ソフィアは、グノーシス主義の変装をする以外は何もないの麻薬取締局syraにして至大の女神istarか、またはセレネ、考慮に値するようです。 On the other hand, the Æon Sophia usually plays another role; she is he Prouneikos or "the Lustful One", once a virginal goddess, who by her fall from original purity is the cause of this sinful material world.その一方では、通常の再生æonソフィア別の役割;彼女は彼prouneikosまたは" 1つの好色な" 、一度に処女の女神、 whoられた彼女の秋から元の純度は、この罪深い物質が原因で発生する世界です。

One of the earliest forms of this myth is found in Simonian Gnosis, in which Simon, the Great Power, finds Helena, who during ten years had been a prostitute in Tyre, but who is Simon's ennoia, or understanding, and whom his followers worshipped under the form of Athena, the goddess of wisdom.最古のいずれかのフォームは、次の神話が発見さsimonian霊知ではサイモンにして至大電力、見つかったヘレナ、 who中に10年間、売春婦のタイヤていたが、 whoは、サイモンのennoiaか、または理解し、彼の信奉者崇拝アテナのフォームの下に、知恵の女神のです。 According to Valentinus's system, as described by Hippolytus (Book VI, xxv-xxvi), Sophia is the youngest of the twenty-eight æons.バレンティヌスのシステムによると、として記述されヒッポリュトス(予約六、二十五-二十六) 、ソフィアは、最年少の28 æonsです。 Observing the multitude of æons and the power of begetting them, she hurries back into the depth of the Father, and seeks to emulate him by producing offspring without conjugal intercourse, but only projects an abortion, a formless substance. æonsと観察して多数のbegettingのパワーをして、彼女hurriesの父の深さを先頭に、シークをエミュレートすると彼の子孫に夫婦の性交を生産するだけのプロジェクトの妊娠中絶は、混沌とした物質です。 Upon this she is cast out of Pleroma.彼女が出演する時、このpleromaです。 According to the Valentinian system as described by Irenaeus (op. cit., I) and Tertullian (Adv. Valent., ix), Sophia conceives a passion for the First Father himself, or rather, under pretext of love she seeks to know him, the Unknowable, and to comprehend his greatness.ウァレンティニアヌスによると、システムとして記述されエイレナイオス( op. 〜 Cit 。 、 i )とテルトゥリアヌス( adv.価します。 、 9世) 、ソフィアの最初の父の情熱を理解は、自分自身か、またはではなく、愛の口実にされて彼女は彼を知ってシークは、不可知のは、彼の偉大さを理解します。 She should have suffered the consequence of her audacity by ultimate dissolution into the immensity of the Father, but for the Boundary Spirit.その結果彼女は彼女の厚かましさに苦しんで広がりを究極の解散の父、しかし、精神の境界にします。 According to the Pistis Sophia (ch. xxix) Sophia, daughter of Barbelos, originally dwelt in the highest, or thirteenth heaven, but she is seduced by the demon Authades by means of a ray of light, which she mistook as an emanation from the First Father. pistisによると、ソフィア(第29 )ソフィア、娘barbelos 、もともと力説で最も高いか、または13番目の天国、しかし、彼女は、悪魔の誘惑されるという手段によってauthades光線を間違えたとして彼女からの放射能最初の父親です。 Authades thus enticed her into Chaos below the twelve Æons, where she was imprisoned by evil powers.このように彼女を混乱に誘わauthades 12 æonsの下に、悪の力で、彼女は投獄されています。

According to these ideas, matter is the fruit of the sin of Sophia; this, however, was but a Valentinian development; in the older speculations the existence of matter is tacitly presupposed as eternal with the Pleroma, and through her sin Sophia falls from the realm of light into Chaos or realm of darkness.これらのアイデアによると、問題は、果実の罪のソフィア;これは、しかしながら、開発は、ではなく、ウァレンティニアヌス;は、過去の憶測が存在する問題は永遠のpleroma暗に前提として、およびを通じて彼女の罪ソフィアからの滝領域の光を混乱さや闇の領域です。

This original dualism, however, was overcome by the predominant spirit of Gnosticism, pantheistic emanationism.このオリジナルの二元論、しかし、優勢が克服されたグノーシス主義の精神を、汎神論の流出説です。 The Sophia myth is completely absent from the Basilidian and kindred systems.神話のソフィアは完全に欠席すると類似のシステムからのbasilidianです。 It is suggested, with great verisimilitude, that the Egyptian myth of Isis was the original source of the Gnostic "lower wisdom".することを提案、非常に迫真性、アイシスは、エジプトの神話は、元のソースは、グノーシス主義の"下の叡智"です。 In many systems this Kato Sophia is sharply distinguished from the Higher Wisdom mentioned above; as, for instance, in the magic formula for the dead mentioned by Irenaeus (op. cit., I, xxi, 5), in which the departed has to address the hostile archons thus: "I am a vessel more precious than the female who made you. If your mother ignores the source whence she is, I know myself, and I known whence I am and invoke the incorruptible Sophia, whois in the Father, the mother of your mother, who has neither father nor husband. A man-woman, born from a woman, has made you, not knowing her mother, but thinking herself alone. But I invoke her mother."加藤ソフィアの多くのシステムでは、これが大幅に上述の区別が高いの知恵;として、例えば、死者のための魔法の公式は、言及されエイレナイオス( op. 〜 Cit 。 、私は、 xxi 、 5 ) 、ではディパーテッドに敵対的に対処するためarchons : "私は女性よりも血管の他の貴重なwho作らできます。使用してソースを無視してそこから彼女の母は、私自身知って、そこから私と私の既知の清廉潔白なソフィア起動すると、 whoisでの父は、あなたのお母さんの母、 whoはどちらも夫の父です。男-女性、女性から生まれてきたが、彼女の母親のか分からないが、自分だけで考えています。しかし、私は母親を起動します。 " This agrees with the system minutely described by Irenaeus (op. cit., I, iv-v), where Sophia Achamoth, or Lower Wisdom, the daughter of Higher Wisdom, becomes the mother of the Demiurge; she being the Ogdoad, her son the Hebdomad, they form a counterpart of the heavenly Ogdoad in the Pleromata.この同意を細かく記述され、システムエイレナイオス( op. 〜 Cit 。 、私は、四- v )の、ここでソフィアachamothか、または下位の知恵は、娘の高い英知が、母親は、デミウルゴス;彼女が、 8人一組、彼女の息子の7日間、彼らは、天を形成する8人一組で、対向pleromataです。 This is evidently a clumsy attempt to fuse into one two systems radically different, the Basilidian and the Valentinian; the ignorance of the Great Archon, which is the central idea of Basilides, is here transferred to Sophia, and the hybrid system ends in bewildering confusion.これは明らかに不器用な試みを根本的に異なった2つのシステムを1つのヒューズは、ウァレンティニアヌスbasilidianとし、偉大な支配者の無知さを、バシレイデースするための中心と考え、ソフィアがここに転送される、とのハイブリッドシステムの混乱で終わって途方に暮れるです。

(c) Soteriology ( c )救済論

Gnostic salvation is not merely individual redemption of each human soul; it is a cosmic process.グノーシス主義の救済だけではない人間の魂それぞれの個々の特典交換することは、宇宙のプロセスです。 It is the return of all things to what they were before the flaw in the sphere of the Æons brought matter into existence and imprisoned some part of the Divine Light into the evil Hyle (Hyle).これは戻りのすべてのことを彼らはどのような欠陥は、球の前にæons brought物質の存在と投獄をいくつかの部分は神の光を、邪悪な質料因(質料因) 。 This setting free of the light sparks is the process of salvation; when all light shall have left Hyle, it will be burnt up, destroyed, or be a sort of everlasting hell for the Hylicoi.この設定は無料で火花の光は、プロセスの救い;時にすべての光は、左の質料因が、それは焼け、破壊、またはは、並べ替えの永遠の地獄をhylicoiです。

In Basilidianism it is the Third Filiation that is captive in matter, and is gradually being saved, now that the knowledge of its existence has been brought to the first Archon and then to the Second Archon, to each by his respective Son; and the news has been spread through the Hebdomad by Jesus the son of Mary, who died to redeem the Third Filiation. 3番目の親子関係をbasilidianismことが捕虜の問題では、とは徐々にで保存すると、今ではその存在の知識をむけさせて、最初のアルコンと入力し、 2番目のアルコンに、彼のそれぞれの息子を各;とニュース7日間を介して広がるされてきたマルヤムの子イーサー、 who死亡した3番目の親子関係を交換します。

In Valentinianism the process is extraordinarily elaborate. valentinianismのプロセスは非常に手の込んだのです。 When this world has been born from Sophia in consequence of her sin, Nous and Aletheia, two Æons, by command of the Father, produce two new Æons, Christ and the Holy Ghost; these restore order in the Pleroma, and in consequence all Æons together produce a new Æon, Jesus Logos, Soter, or Christ, whom they offer to the Father.この世界に生まれてきた彼女の罪よりSophiaの結果、 nousとaletheia 、 2つのæons 、コマンドは、父、新しい2つの生産æons 、イエスキリストと聖霊;これらのpleromaの秩序を回復する、との結果をすべてæons一緒に新しいæonを制作する、イエスキリストのロゴ、 soterか、またはイエスキリストは、かれらの父を提供します。 Christ, the Son of Nous and Aletheia, has pity on the abortive substance born of Sophia and gives it essence and form.イエスキリストは、息子のnousとaletheia 、お流れに同情を示す物質が生まれるのソフィアとは本質的に、フォームのことです。 Whereupon Sophia tries to rise again to the Father, but in vain.するとソフィアの父をしようと再び上昇、しかしには至りませんでした。 Now the Æon Jesus-Soter is sent as second Saviour, he unites himself to the man Jesus, the son of Mary, at his baptism, and becomes the Saviour of men.今すぐイエスキリストのæon - soterが送られるの2番目の救い主、彼は自分自身をその男により、イエスキリストは、マルヤムの子は、彼の洗礼、男性の救世主となるのです。 Man is a creature of the Demiurge, a compound of soul, body, and spirit.男は、生き物のデミウルゴスは、化合物の魂、身体、およびその精神をします。 His salvation consists in the return of his pneuma or spirit to the Pleroma; or if he be only a Psychicist, not a full Gnostic, his soul (psyche) shall return to Achamoth.彼の救いは、彼の霊の返還や精神をpleroma ;またはもし彼にのみをpsychicistではなく、完全なグノーシス主義の、彼の魂(プシュケ)は戻ってachamothです。 There is no resurrection of the body.体の復活はないのです。 (For further details and differences see VALENTINUS.) (バレンティヌスの詳細と相違点を参照。 )

In Marcionism, the most dualistic phase of Gnosticism, salvation consisted in the possession of the knowledge of the Good God and the rejection of the Demiurge.でmarcionism 、グノーシス主義の最も二元的な段階で、構成は、救いの知識を所持し、神との拒絶反応の良い、デミウルゴスです。 The Good God revealed himself in Jesus and appeared as man in Judea; to know him, and to become entirely free from the yoke of the World-Creator or God of the Old Testament, is the end of all salvation.自分自身の良い神の啓示がイエスキリストとユダヤの男として登場;を知って彼は、完全に無料になるとのくびきから、世界的にCreatorまたは、旧約聖書の神様は、最後のすべての救いです。

The Gnostic Saviour, therefore, is entirely different from the Christian one.グノーシス主義の救世主は、したがって、 1つは、キリスト教からはまったく異なります。 For the Gnostic Saviour does not save.グノーシス主義の救世主は、保存されません。 Gnosticism lacks the idea of atonement.グノーシス主義によれば、アイデアを償いです。 There is no sin to be atoned for, except ignorance be that sin. atonedがないために罪を除き、無知は罪にします。 Nor does the Saviour in any sense benefit the human race by vicarious sufferings.救世主は、いかなる意味においても、人間のレースの利益の苦しみをわがことのようです。 Nor, finally, does he immediately and actively affect any individual human soul by the power of grace or draw it to God.また、最後に、彼はすぐに、積極的には任意の個々の人間の魂に影響を与えるの電源を描くことを神の恵みを受けたりします。 He was a teacher, he once brought into the world the truth, which alone can save.彼は教師、彼は一度に持ち込まれた世界の真実を、これだけで保存します。 As a flame sets naphtha on fire, so the Saviour's light ignites predisposed souls moving down the stream of time.炎のセットとしてナフサに火を付けるので、魂の救済の光ignites下降傾向は、ストリームの時間です。 Of a real Saviour who with love human and Divine seeks out sinners to save them, Gnosticism knows nothing. whoより愛をこめて救世主には、本物の人間と神のシークアウト罪人を保存して、グノーシス主義何も知らない。

The Gnostic Saviour has no human nature, he is an æon, not a man; he only seemed a man, as the three Angels who visited Abraham seemed to be men.人間の本性のグノーシス主義の救済はない、彼はæonではなく、男;彼は男性のみよう、 who訪問アブラハムの3つの天使が男性のようにします。 (For a detailed exposition see DOCETAE.) The Æon Soter is brought into the strangest relation to Sophia: in some systems he is her brother, in others her son, in other again her spouse. ( docetaeの詳細な博覧会を参照。 ) æon soterが持ち込まれた奇妙関連してソフィア:いくつかのシステムで彼は彼女の兄は、他の彼女の息子は、他の再び彼女の配偶者です。 He is sometimes identified with Christ, sometimes with Jesus; sometimes Christ and Jesus are the same æon, sometimes they are different; sometimes Christ and the Holy Ghost are identified.彼はイエスキリスト識別時には、時には、イエスキリスト;時には、イエスキリストと同じæonは、時には彼らは異なる;時には、キリストと聖霊が識別されます。 Gnosticism did its best to utilize the Christian concept of the Holy Ghost, but never quite succeeded.参考まで最善の努力を活用するグノーシス主義の概念は、キリスト教の聖霊、決して非常に成功しました。 She made him the Horos, or Methorion Pneuma (Horos, Metherion Pneuma), the Boundary-Spirit, the Sweet Odour of the Second Filiation, a companion æon with Christos, etc., etc. In some systems he is entirely left out.彼女は、彼はhorosか、またはmethorion霊( horos 、 metherion霊)は、境界の精神は、甘い香りの2番目の親子関係は、コンパニオンをæonクリストス、等等のいくつかのシステムで彼は完全に取り残されています。

(d) Eschatology (エ)終末論

It is the merit of recent scholarship to have proved that Gnostic eschatology, consisting in the soul's struggle with hostile archons in its attempt to reach the Pleroma, is simply the soul's ascent, in Babylonian astrology, through the realms of the seven planets to Anu.これは最近の奨学金のメリットが立証されたグノーシス主義の終末論には、構成は、魂の闘争に敵対的archons 、その試みに達するのpleroma 、魂の上昇は単純には、バビロニア占星術、領域を通じてアヌの7つの惑星をします。

Origen (Contra Celsum, VI, xxxi), referring to the Ophitic system, gives us the names of the seven archons as Jaldabaoth, Jao, Sabaoth, Adonaios, Astaphaios, Ailoaios, and Oraios, and tells us that Jaldabaoth is the planet Saturn.原産地(コントラcelsum 、 6 、 31 ) 、 ophiticシステムを参照して、 7つの名前を与えてくれるarchonsとしてjaldabaoth 、 jao 、万軍、 adonaios 、 astaphaios 、 ailoaios 、およびoraios 、およびjaldabaothを教えてくれることは、土星の惑星です。 Astraphaios is beyond doubt the planet Venus, as there are gnostic gems with a female figure and the legend ASTAPHE, which name is also used in magic spells as the name of a goddess.金星のastraphaiosは疑いようもなく、グノーシス主義の宝石があって、女子フィギュアとの伝説astaphe 、これの名前は魔法の呪文としても使用されて女神の名前を指定します。 In the Mandaean system Adonaios represents the Sun. mandaeanシステムは、 adonaiosは、太陽のです。 Moreover, St. Irenæus tells us: "Sanctam Hebdomadem VII stellas, quas dictunt planetas, esse volunt."また、聖irenæusを教えてくれる: " sanctam hebdomadem七stellas 、 quas dictunt planetas 、 volunt esseのです。 " It is safe, therefore, to take the above seven Gnostic names as designating the seven stars, then considered planets,それは安全で、したがって、上記の7つのグノーシス主義を取るの名前を指定して7つの星印は、入力し、惑星と考え、

Jaldabaoth (Child of Chaos? -- Saturn, called "the Lion-faced", leontoeides) is the outermost, and therefore the chief ruler, and later on the Demiurge par excellence. jaldabaoth (チャイルドオブカオスですか? -土星と呼ばれる"ライオンの顔" 、 l eontoeides)は、最も外側の、およびそのため、最高の支配者、およびそれ以降をデミウルゴス飛び抜けて優秀です。

Jao (Iao, perhaps from Jahu, Jahveh, but possibly also from the magic cry iao in the mysteries) is Jupiter. jao (イアオ、おそらくよりjahu 、 jahveh 、しかし、可能性も泣くイアオは、謎のマジック)は、木星です。

Sabaoth (the Old-Testament title -- God of Hosts) was misunderstood; "of hosts" was thought a proper name, hence Jupiter Sabbas (Jahve Sabaoth) was Mars.万軍(旧-テスタメントタイトル-神のホスト)が誤解されて; "ホスト"は、適切な名前を考え、それゆえ木星s abbas( j ahve万軍)は、火星です。

Astaphaios (taken from magic tablets) was Venus. astaphaios (マジックから取ら錠)は、金星のです。

Adonaios (from the Hebrew term for "the Lord", used of God; Adonis of the Syrians representing the Winter sun in the cosmic tragedy of Tammuz) was the Sun; adonaios (ヘブライ語の用語ですから"主" 、神の使われ;アドニスは、シリアを代表する冬の太陽は、宇宙の悲劇タンムーズ)は、太陽;

Ailoaios, or sometimes Ailoein (Elohim, God), Mercury; ailoaiosか、または時にはailoein (エロヒム、神) 、水銀;

Oraios (Jaroah? or light?), the Moon. oraios ( jaroahですか?または光ですか? )は、ムンです。

In the hellenized form of Gnosticism either all or some of these names are replaced by personified vices.グノーシス主義は、 hellenizedフォームのすべてまたはいくつかのどちらかに置き換えられて、これらの名前は悪徳権化のような人です。 Authadia (Authades), or Audacity, is the obvious description of Jaldabaoth, the presumptuous Demiurge, who is lion-faced as the Archon Authadia. authadia ( authades ) 、または厚かましさ、 jaldabaothは、明白な説明は、ずうずうしいデミウルゴス、 whoは、ライオンの顔としてアルコンauthadiaです。 Of the Archons Kakia, Zelos, Phthonos, Errinnys, Epithymia, the last obviously represents Venus. kakiaのarchons 、ゼロス、 phthonos 、 errinnys 、 epithymia 、最後に明らかに金星を表しています。 The number seven is obtained by placing a proarchon or chief archon at the head. 7人の数が得られるかを配置するproarchon首席アルコンは、頭です。 That these names are only a disguise for the Sancta Hebdomas is clear, for Sophia, the mother of them, retains the name of Ogdoas, Octonatio.これらの名前は変装をsanctaのみをクリアhebdomasは、ソフィアの母、このうち、 ogdoasの名前を保持して、 octonatioです。 Occasionally one meets with the Archon Esaldaios, which is evidently the El Shaddai of the Bible, and he is described as the Archon "number four" (harithmo tetartos) and must represent the Sun.時折、アルコンesaldaios 1つを満たし、これは明らかに、エルshaddaiの聖書の、と彼は説明としてアルコン" 4つの番号" ( harithmo tetartos )と、太陽を表す必要があります。

In the system of the Gnostics mentioned by Epiphanius we find, as the Seven Archons, Iao, Saklas, Seth, David, Eloiein, Elilaios, and Jaldabaoth (or no. 6 Jaldaboath, no. 7 Sabaoth).は、システムを見つけるgnosticsに記載され聖エピファニオス私たちは、 7つのarchonsとして、イアオ、 saklas 、セス、デビッド、 eloiein 、 elilaios 、およびjaldabaoth (またはno 。 6 jaldaboath 、ないです。 7万軍)です。 Of these, Saklas is the chief demon of Manichaeism; Elilaios is probably connected with En-lil, the Bel of Nippur, the ancient god of Babylonia.これらのは、悪魔のチーフsaklasは、マニ教; elilaiosは、おそらくつながってアン- lilは、ベルのニップール、古代バビロニアの神です。 In this, as in several other systems, the traces of the planetary seven have been obscured, but hardly in any have they become totally effaced.このように、いくつかの他のシステムでは、 7つの惑星の痕跡が不明瞭な場合、かれらになるしかし、いずれにほとんど完全にeffaced 。 What tended most to obliterate the sevenfold distinction was the identification of the God of the Jews, the Lawgiver, with Jaldabaoth and his designation as World-creator, whereas formerly the seven planets together ruled the world.最近の傾向をどのような区別は、身分証明書を消し去るの7倍の神のユダヤ人は、立法者は、指定された世界的にjaldabaothと彼の創作者が、以前一緒に7つの惑星が世界を支配します。 This confusion, however, was suggested by the very fact that at least five of the seven archons bore Old-Testament names for God -- El Shaddai, Adonai, Elohim, Jehovah, Sabaoth.この混乱は、しかし、非常に示唆された事実は、少なくとも5つの穴archonsの7つの神の名前を古い遺言-エルs haddai、上帝、エロヒム、エホバ、万軍です。

(e) Doctrine of the Primeval Man (オ)教義は、原始人

The speculations on Primeval Man (Protanthropos, Adam) occupy a prominent place in several Gnostic systems.原始的な思索をする男( protanthropos 、アダム)一番目に付く場所にいくつかのグノーシス主義のシステムです。

According to Irenaeus (I, xxix, 3) the Æon Autogenes emits the true and perfect Anthrôpos, also called Adamas; he has a helpmate, "Perfect Knowledge", and receives an irresistible force, so that all things rest in him.エイレナイオスによると、 (私は、二十九、 3 )の排出量の真のæon autogenesと完璧なanthrôpos 、とも呼ばれるAdamasの;彼には、配偶者、 "完全な知識"と不可抗力を受信するように、残りのすべてのものを示しています。 Others say (Irenaeus, I, xxx) there is a blessed and incorruptible and endless light in the power of Bythos; this is the Father of all things who is invoked as the First Man, who, with his Ennœa, emits "the Son of Man", or Euteranthrôpos.その他言ってやる(エイレナイオス、私は、 xxx )を清廉潔白には、祝福さと軽さと無限のパワーをbythos ;これは、全能の父としての最初の男が呼び出さwho 、 who 、彼のennœa 、排出量"の息子の男"か、またはeuteranthrôposです。 According to Valentinus, Adam was created in the name of Anthrôpos and overawes the demons by the fear of the pre-existent man (tou proontos anthropou).バレンティヌスによると、アダムが作成される悪魔の名前をanthrôposとされるのを恐れるoverawes 、事前に存在しない男(塔proontos anthropou ) 。 In the Valentinian syzygies and in the Marcosian system we meet in the fourth (originally the third) place Anthrôpos and Ecclesia.ウァレンティニアヌスsyzygiesは、 marcosianシステムとは、私たちを満たし、第4 (もともと3番目の)開催地anthrôposとecclesiaです。 In the Pistis Sophia the Æon Jeu is called the First Man, he is the overseer of the Light, messenger of the First Precept, and constitutes the forces of the Heimarmene. pistisは、ソフィアのæon賭け事は、最初の男と呼ばれる、彼は、監督は、ライト、メッセンジャーの最初の教訓、としたものであり、軍は、 heimarmeneです。 In the Books of the Jeu this "great Man" is the King of the Light-treasure, he is enthroned above all things and is the goal of all souls.賭け事は、書籍は、この"偉大な人物"には、キングオブザライト-財宝、彼はenthroned上記のすべてのものとは、目標のすべての魂です。 According to the Naassenes, the Protanthropos is the first element; the fundamental being before its differentiation into individuals.によると、 naassenesは、最初の要素はprotanthropos ;の基本的な個人が前に分化さです。 "The Son of Man" is the same being after it has been individualized into existing things and thus sunk into matter. "息子の男"には、同じにされた後、既存のものと個別に問題をこのように沈んだ。 The Gnostic Anthrôpos, therefore, or Adamas, as it is sometimes called, is a cosmogonic element, pure mind as distinct from matter, mind conceived hypostatically as emanating from God and not yet darkened by contact with matter.グノーシス主義のanthrôposは、そのためか、またはAdamasの、とも呼ばれることは、 cosmogonic要素は、純粋な心の問題として明確に区別できる、心の構想から発せられるhypostaticallyとしてまだ暗く、神との接触を問題にします。 This mind is considered as the reason of humanity, or humanity itself, as a personified idea, a category without corporeality, the human reason conceived as the World-Soul.この心は見なされている理由は、人類か、または人間そのものの象徴として考え、カテゴリを肉体、人間の魂は世界的に理由として考えています。

This speculation about the Anthrôpos is completely developed in Manichaeism, where, in fact, it is the basis of the whole system.この憶測については、マニ教anthrôposは完全に開発され、ここで、実際には、これはシステム全体の基礎をします。 God, in danger of the power of darkness, creates with the help of the Spirit, the five worlds, the twelve elements, and the Eternal Man, and makes him combat the darkness.神の力を闇の危険にさらされ、精神の助けを借りて作成、の5つの世界は、 12の要素との永遠の男、とは彼に対抗する闇のです。 But this Man is somehow overcome by evil and swallowed up by darkness.しかし、この男が何らかの悪さを克服すると暗闇に飲み込まれています。 The present universe is in throes to deliver the captive Man from the powers of darkness.で、現在の宇宙は、捕虜を提供throesから来た男は、暗闇の権限をします。 In the Clementine Homilies the cosmogonic Anthrôpos is strangely mixed up with the historical figure of the first man, Adam.クレメンタインを発するのは、不思議なcosmogonic anthrôposつき合っているのは、歴史上の人物の、最初の男、アダムです。 Adam "was the true prophet, running through all ages, and hastening to rest"; "the Christ, who was from the beginning and is always, who was ever present to every generation in a hidden manner indeed, yet ever present".アダム"の真の預言者は、実行中のすべての年齢層を通じて、と急いで休む" ; "はイエスキリスト、 whoは、最初からとは、常に、 whoは常に存在するすべての世代で、非表示の方法を実際のところ、現在まではまだありません" 。 In fact Adam was, to use Modernist language, the Godhead immanent in the world and ever manifesting itself to the inner consciousness of the elect.実際にアダムは、モダニズムの言語を使用し、内在の神性の世界とまでは、相手方に自分自身を、内側の意識を選出します。

The same idea, somewhat modified, occurs in Hermetic literature, especially the "Poimandres".同じ考え、多少変更されると、密閉が発生する文学、特に、 " poimandres "です。 It is elaborated by Philo, makes an ingenious distinction between the human being created first "after God's image and likeness" and the historic figures of Adam and Eve created afterwards.フィロによって産生されたことは、独創的なことがなければ、作成した最初の人間の間の区別"した後、神のイメージと似ている"との歴史的人物のアダムとイブその後作成します。 Adam kat eikona is: "Idea, Genus, Character, belonging to the world, of Understanding, without body, neither male nor female; he is the Beginning, the Name of God, the Logos, immortal, incorruptible" (De opif. mund., 134-148; De conf. ling.,146).アダムキャットeikonaは: "アイデア、属、文字の世界に属して、理解、身体、どちらも男性でも女性;彼は、当初、神の名を、ロゴ、不滅の、清廉潔白な" (デopif 。ムントです。 、百三十四〜百四十八;デconfです。リンです。 、 146 ) 。 These ideas in Talmudism, Philonism, Gnosticism, and Trismegistic literature, all come from once source, the late Mazdea development of the Gayomarthians, or worshipper of the Super-Man.これらのアイデアをtalmudism 、 philonism 、グノーシス主義、およびtrismegistic文学、すべてのソースから一度、後半mazdea発展をgayomarthiansか、または、スーパーworshipperの男です。

(f) The Barbelo (メス)のbarbelo

This Gnostic figure, appearing in a number of systems, the Nicolaites, the "Gnostics" of Epiphanius, the Sethians, the system of the "Evangelium Mariae" and that in Irenaeus, I, xxix, 2 sq., remains to a certain extent an enigma.このグノーシス主義の図は、表示され、いくつかのシステムでは、 nicolaitesは、 " gnostics "聖エピファニオスは、 sethians 、このシステムは、 "福音書mariae "としてエイレナイオス、私は、二十九、 2平方、現存して、特定の範囲のエニグマです。 The name barbelo, barbeloth, barthenos has not been explained with certainty.の名前barbelo 、 barbeloth 、 barthenos確信を持って説明されていない。 In any case she represents the supreme female principle, is in fact the highest Godhead in its female aspect.いずれにしても彼女は最高の女性は、原則として、実際には最高の神性、その女性の側面です。 Barbelo has most of the functions of the ano Sophia as described above. barbeloは、ほとんどの機能は、前述のように何ソフィアです。 So prominent was her place amongst some Gnostics that some schools were designated as Barbeliotae, Barbelo worshippers of Barbelognostics.著名な場所の中は彼女のためにいくつかのgnosticsとして指定されたいくつかの学校でbarbeliotae 、 barbelo崇拝barbelognosticsです。 She is probably none other than the Light-Maiden of the Pistis Sophia, the thygater tou photos or simply the Maiden, parthenos.彼女は恐らくなし以外の光pistisメイデンは、ソフィアは、塔の写真や、単にthygaterメイデン、 parthenosです。 In Epiphanius (Haer., xxvi, 1) and Philastrius (Haer., xxxiii) Parthenos (Barbelos) seems identical with Noria, whoplays a great role as wife either of Noah or of Seth.で聖エピファニオス( haer. 、 26 、 1 )とphilastrius ( haer. 、 33 ) parthenos ( barbelos )と同じようにビデオゲームサウンドトラック、大きなwhoplaysとしての役割や妻のいずれかのノアのセスです。 The suggestion, that Noria is "Maiden", parthenos, Istar, Athena, Wisdom, Sophia, or Archamoth, seems worthy of consideration.その提案、そのビデオゲームサウンドトラックは、 "乙女" 、 parthenos 、 istar 、アテナ、知恵、ソフィアか、またはarchamoth 、考慮に値するようです。

RITES儀式

We are not so well informed about the practical and ritual side of Gnosticism as we are about its doctrinal and theoretical side.我々はそれほど十分な情報については、実用的な側面を見るとグノーシス主義の儀式として我々はその教義や理論的な側面についてです。 However, St. Irenæus's account of the Marcosians, Hippolytus's account of the Elcesaites, the liturgical portions of the "Acta Thomae", some passages in the Pseudo-Clementines, and above all Coptic Gnostic and Mandaean literature gives us at least some insight into their liturgical practices.しかし、聖irenæusのアカウントをmarcosians 、ヒッポリュトスのアカウントをelcesaitesは、典礼の部分を、 "ログトーメ" 、いくつかの文章は、疑似clementines 、および上記のすべてのコプト語グノーシス主義と文学mandaean与えてくれる、少なくともそのいくつかの洞察典礼慣行です。

(a) Baptism (ア)バプテスマ

All Gnostic sects possessed this rite in some way; in Mandaeism daily baptism is one of the great practices of the system.すべての保有グノーシス主義の宗派が何らかの形でこの儀式; mandaeism毎日の洗礼には、偉大な慣行の1つのシステムのです。 The formulae used by Christian Gnostics seem to have varied widely from that enjoyed by Christ.キリスト教式gnosticsのように使用されてからは広く多様なイエスキリストを享受される。 The Marcosians said: "In [eis] the name of the unknown Father of all, in [eis] the Truth, the Mother of all, in him, who came down on Jesus [eis ton katelthonta eis Iesoun]".によると、 marcosians : " 、 [評価書]の名前を未知の父親のすべてのは、 [評価書]の真実は、母のすべてのは、彼は、イエスキリストwhoがダウンする[トンkatelthonta評価書評価書iesoun ] " 。 The Elcesaites said: "In [en] the name of the great and highest God and in the name of his Son, the great King".によると、 elcesaites : "で[アン]の名前と最高の偉大な神と彼の息子の名の下に、偉大な王"です。 In Irenaeus (I, xxi, 3) we find the formula: "In the name that was hidden from every divinity and lordship and truth, which [name] Jesus the Nazarene has put on in the regions of light" and several other formulae, which were sometimes pronounced in Hebrew or Aramaic.でエイレナイオス(私は、 xxi 、 3 )私たちの数式を検索: "という名前には、隠された真実をどこから見ても神と支配と、これ[名前]イエスキリストのナザレでは、地域の光をつける"といくつかの他の式、これが時にはinヘブライ語またはアラム語と発音します。 The Mandaeans said: "The name of the Life and the name of the Manda d'Haye is named over thee".によると、 mandaeans : "の名前を、生活との名前を、マンダd' hayeの名前をなた"です。 In connection with Baptism the Sphragis was of great importance; in what the seal or sign consisted wherewith they were marked is not easy to say.の接続をsphragisバプテスマのは非常に重要な;には何のシールやがるメンバーで構成されたスパムは容易ではないと言ってよい。 There was also the tradition of a name either by utterance or by handing a tablet with some mystic word on it.があったの伝統の中に名前も発話のいずれかを手渡し、またはいくつかの神秘的な単語を錠している。

(b) Confirmation結果( b )の確認

The anointing of the candidate with chrism, or odoriferous ointment, is a Gnostic rite which overshadows the importance of baptism. anointingは、候補者の聖油か、または臭軟膏は、グノーシス主義の洗礼の儀式の重要性をどのovershadowsです。 In the "Acta Thomae", so some scholars maintain, it had completely replaced baptism, and was the sole sacrament of initiation.は、 "ログトーメ" 、いくつかの学者を維持するため、完全に置き換えていたバプテスマとは、単独の聖礼典開始します。 This however is not yet proven.このしかしは、まだ立証された。 The Marcosians went so far as to reject Christian baptism and to substitute a mixture of oil and water which they poured over the head of the candidate. marcosiansとしてはこれまでのところ、キリスト教の洗礼を拒否すると水と油の混合物の代わりにAが彼らの頭の部分を注ぎ以上の候補者です。 By confirmation the Gnostics intended not so much to give the Holy Ghost as to seal the candidates against the attacks of the archons, or to drive them away by the sweet odour which is above all things (tes uter ta hola euodias). gnosticsを確認する意図を与えるというより、聖霊の候補者として攻撃を密封して、 archonsか、またはそれらの距離をドライブの甘い香りが上記のすべてのもの(試験子宮このhola euodias ) 。 The balsam was somehow supposed to have flowed from the Tree of Life, and this tree was again mystically connected with the Cross; for the chrism is in the "Acta Thomae" called "the hidden mystery in which the Cross is shown to us".バルサムは何となく仮定するにはツリーオブライフの流れから、このツリーは再びmysticallyに接続してクロス;は、聖油は、 "ログトーメ"と呼ばれる"隠されたミステリーでは、クロスが表示さを問い合わせ"です。

(c) The Eucharist (ウ)聖体

It is remarkable that so little is known of the Gnostic substitute for the Eucharist.これは驚くべきことですが、ほとんどわかっていないので、グノーシス主義の代用としての聖体です。 In a number of passages we read of the breaking of the bread, but in what this consisted is not easy to determine.私たちは、いくつかの文章を読むのは、パンの破壊、しかし、この構成は容易ではない何かを判断します。 The use of salt in this rite seems to have been important (Clem., Hom. xiv), for we read distinctly how St. Peter broke the bread of the Eucharist and "putting salt thereon, he gave first to the mother and then to us".塩を使わないでの使用をこのようにも重要な儀式( clem. 、ハオマ汁です。 14 )は、明らかに私たちを読む方法については、サンピエトロ大聖堂、骨折したパン聖体と"パット塩の上、彼は最初に、母親と入力し、を問い合わせ"です。 There is furthermore a great likelihood, though no certainty, that the Eucharist referred to in the "Acta Thomae" was merely a breaking of bread without the use of the cup.にはさらに大きな可能性、確実性はない、聖体で参照されては、 "ログトーメ"は単なる破壊したパンのカップを使用せずにします。 This point is strongly controverted, but the contrary can hardly be proven.この点が強くcontroverted 、しかし、その反対のことは到底に立証された。 It is beyond doubt that the Gnostics often substituted water for the wine (Acta Thomae, Baptism of Mygdonia, ch. cxxi). gnosticsことは疑いの余地は、頻繁に水を置換ワイン(ログトーメ、バプテスマのmygdonia 、あなたのです。 cxxi ) 。 What formula of consecration was used we do not know, but the bread was certainly signed with the Cross.どのような数式の自分をささげることは知って使われることはありませんが、パンのクロスは、確かに署名します。 It is to be noted that the Gnostics called the Eucharist by Christian sacrificial terms -- prosphora, "oblation", Thysia (II bk. of Jeû, 45).をすることがgnosticsに注意して聖体をキリスト教のいけにえの条件と呼ばれる-p rosphora、 "奉納" 、 t hysia( ⅱ b k。のj eû、 4 5) 。 In the Coptic Books (Pistis Sophia, 142; II Jeû, 45-47) we find a long description of some apparently Eucharistic ceremonies carried out by Jesus Himself.は、コプト語の書籍( pistisソフィア、 142 ;二jeû 、 45-47 )私たちを見つける長いの説明を実施したいくつかの儀式eucharistic明らかにイエスキリスト自身です。 In these fire and incense, two flasks, and also two cups, one with water, the other with wine, and branches of the vine are used.これらの火災や線香、 2つの瓶、および2つのカップにも、 1つに水を、他のお酒、および、つるに付いて枝が使用されています。 Christ crowns the Apostles with olive wreaths, begs Melchisedech to come and change wine into water for baptism, puts herbs in the Apostles' mouths and hands.イエスキリストの使徒とオリーブクラウン花輪、宣伝melchisedechへ来て、ワインを水の洗礼を変更、ハーブによっては、使徒の口と手です。 Whether these actions in some sense reflect the ritual of Gnosticism, or are only imaginations of the author, cannot be decided.これらの操作かどうかの儀式のいくつかの意味でグノーシス主義を反映してか、または想像の著者は、決定することはできません。 The Gnostics seem also to have used oil sacramentally for the healing of the sick, and even the dead were anointed by them to be rendered safe and invisible in their transit through the realms of the archons. gnosticsように見えるのにも使われる油sacramentallyためには、病気の治癒、および公認されても、死者の大半は安全でレンダリングされるのは目に見えない領域を通過するarchonsです。

(d) The Nymphôn (エ)のnymphôn

They possessed a special Gnostic sacrament of the bridechamber (nymphon) in which, through some symbolical actions, their souls were wedded to their angels in the Pleroma.彼らグノーシス主義の聖餐式を保有し、特別なbridechamber ( nymphon )では、いくつかの象徴的行動を通じて、彼らの魂が天使たちは、結婚してpleromaです。 Details of its rites are not as yet known.その儀式の詳細はまだ知られている。 Tertullian no doubt alluded to them in the words "Eleusinia fecerunt lenocinia".それとなく触れられたようにして間違いないテルトゥリアヌスの言葉" eleusiniaらの作lenocinia "です。

(e) The Magic Vowels (オ)のマジック母音

An extraordinary prominence is given to the utterance of the vowels: alpha, epsilon, eta, iota, omicron, upsilon, omega.の臨時隆起して発話が与えられ、母音:アルファ、イプシロン、エータ、イオタ、オミクロン、ウプシロン、オメガです。 The Saviour and His disciples are supposed in the midst of their sentences to have broken out in an interminable gibberish of only vowels; magic spells have come down to us consisting of vowels by the fourscore; on amulets the seven vowels, repeated according to all sorts of artifices, form a very common inscription.仮定の救世主と彼の弟子たちは彼らの真っただ中に壊れた文章にはちんぷんかんぷんな話をするだけでは、果てしのない母音;魔法の呪文が先に降りてくる母音で構成された80歳;を守り袋の7つの母音、繰り返しによると、あらゆる種類のartifices 、非常に共通の碑文を形成する。 Within the last few years these Gnostic vowels, so long a mystery, have been the object of careful study by Ruelle, Poirée, and Leclercq, and it may be considered proven that each vowel represents one of the seven planets, or archons; that the seven together represent the Universe, but without consonants they represent the Ideal and Infinite not yet imprisoned and limited by matter; that they represent a musical scale, probably like the Gregorian 1 tone re-re, or d, e, f, g, a, b, c, and many a Gnostic sheet of vowels is in fact a sheet of music.グノーシス主義の最後の数年間に、これらの母音、そんなに長いミステリー、そのオブジェクトの入念な調査がされruelle 、 poirée 、およびleclercq 、および実証済みと見なさことがありますが、各母音を表すの7つの惑星の1つ、またはarchons ;は、 7一緒に宇宙を表すが、子音を表すものと無限の理想的な投獄と限定されていない問題;して音階を代表する、おそらくグレゴリオ1トーンのように再再度、またはD 、メール、金、グラムは、 、 b 、 cと、多くのグノーシス主義のシートのシートの母音は実際に音楽です。 But research on this subject has only just begun.しかし、このテーマに関する研究にはまだ始まったばかりです。 Among the Gnostics the Ophites were particularly fond of representing their cosmogonic speculations by diagrams, circles within circles, squares, and parallel lines, and other mathematical figures combined, with names written within them. gnosticsの間のophitesが特に好きな憶測を表すダイアグラムにcosmogonic 、界に界、正方形、および平行線、およびその他の数学的な数字組み合わせ、お名前を書かにします。 How far these sacred diagrams were used as symbols in their liturgy, we do not know.どの程度まで、これらの神聖なダイアグラムが使用されて典礼のシンボルを、私たちの多くは知らない。

SCHOOLS OF GNOSTICISM学校のグノーシス主義

Gnosticism possessed no central authority for either doctrine or discipline; considered as a whole it had no organization similar to the vast organization of the Catholic Church.のいずれかの中央の権限を保有グノーシス主義の原則や規律;考えはない、組織全体としての広大な組織に似て、カトリック教会のです。 It was but a large conglomeration of sects, of which Marcionism alone attempted in some way to rival the constitution of the Church, and even Marcionism had no unity.それは、大規模な利益のではなく、宗派、そのうちのいくつかの方法を試みたmarcionismだけで憲法の教会に匹敵する、との結束もmarcionismはない。 No other classification of these sects is possible than that according to their main trend of thought.他の分類が可能に比べて、これらの宗派の主な動向によると考えています。 We can therefore distinguish: (a) Syrian or Semitic; (b) Hellenistic or Alexandrian; (c) dualistic; (d) antinomian Gnostics.したがって区別すること: ( 1 )シリアやユダヤ人の場合、 ( b )ヘレニズムやアレクサンドリアいる、 ( c )二重(営) gnostics律法主義者です。

(a) The Syrian School (ア)はシリアの学校

This school represents the oldest phase of Gnosticism, as Western Asia was the birthplace of the movement.この学校は、グノーシス主義最古の段階で、西アジアは、発祥の地としての動きです。 Dositheus, Simon Magus, Menander, Cerinthus, Cerdo, Saturninus Justin, the Bardesanites, Sevrians, Ebionites, Encratites, Ophites, Naassenes, the Gnostics of the "Acts of Thomas", the Sethians, the Peratae, the Cainites may be said to belong to this school. dositheus 、サイモンマギの一人、メナンドロス、ケリントス、 cerdo 、サツルニヌスジャスティンは、 bardesanites 、 sevrians 、 ebionites 、 encratites 、 ophites 、 naassenesは、 gnosticsは、 "行為のトーマス"の場合、 sethiansは、 perataeは、 5月によるとcainitesに属するこの学校にします。

The more fantastic elements and elaborate genealogies and syzygies of æons of the later Gnosis are still absent in these systems.幻想の他の要素と手の込んだgenealogiesと、 syzygiesのæonsへ霊知これらのシステムはまだ存在しない。 The terminology is some barbarous form of Semitic; Egypt is the symbolic name for the soul's land of bondage.野蛮な形での用語は、いくつかのユダヤ人;エジプトは、シンボリック名の魂の土地の奴隷となっています。

The opposition between the good God and the World-Creator is not eternal or cosmogonic, though there is strong ethical opposition to Jehovah the God of the Jews.野党、神との間の良い、世界的に創作またはcosmogonic永遠ではないが、倫理的には強い反対の立場をエホバの神のユダヤ人です。 He is the last of the seven angels who fashioned this world out of eternally pre-existent matter.彼は最後の7つの天使who fashionedこの世界を永遠に事前に存在しない物質です。 The demiurgic angels, attempting to create man, created but a miserable worm, to which the Good God, however, gave the spark of divine life.天使たちのdemiurgic 、マニュアルを作成しようと、作成さではなく、悲惨なワームは、神にして、良い、しかし、人生は神の火花です。 The rule of the god of the Jews must pass away, for the good God calls us to his own immediate service through Christ his Son.の支配のユダヤ人の神の帰らぬ人となる必要があります、神のために自分自身の即時通話サービスをイエスキリストを通して、彼の息子です。 We obey the Supreme Deity by abstaining from flesh meat and marriage, and by leading an ascetic life.私たちの神を最高に従う棄権より肉肉と結婚し、禁欲生活をリードする。

Such was the system of Saturninus of Antioch, who taught during the reign of Hadrian (c. AD 120).このようなシステムは、サツルニヌスのアンティオキア、 who教えハドリアヌスの治世中に( c.広告120 ) 。 The Naassenes (from Nahas, the Hebrew for serpent) were worshippers of the serpent as a symbol of wisdom, which the God of the Jews tried to hide from men.のnaassenes (ナハースは、ヘブライ語のヘビ)が崇拝するヘビの知恵の象徴として、ユダヤ人は、神から男性を非表示にしようとします。 The Ophites (ophianoi, from ophis, serpent), who, when transplanted on Alexandrian soil, supplied the main ideas of Valentinianism, become one of the most widely spread sects of Gnosticism.のophites ( ophianoi 、よりophis 、ヘビ) 、 who 、ヘレニズム文化の土壌を移植したときに、供給の主なアイデアをvalentinianism 、最も広く普及になるのいずれかの宗派のグノーシス主義です。 Though not strictly serpent-worshippers, they recognized the serpent as symbol of the supreme emanation, Achamoth or Divine Wisdom.ヘビ-崇拝者は厳密にかかわらず、彼らの象徴として認識してヘビの最高放射能、 achamothまたは神の知恵です。 They were styled Gnostics par excellence.彼らは飛び抜けて優秀なスタイルgnosticsです。 The Sethians saw in Seth the father of all spiritual (pneumatikoi) men; in Cain and Abel the father of the psychic (psychikoi) and hylic (hylikoi) men. sethiansのこぎりで、セスの父のすべての精神的な( pneumatikoi )男性;でカインとアベルの父は、精神的( psychikoi )と物質的な( hylikoi )の男性です。 According to the Peratae there exists a trinity of Father, Son, and Hyle (Matter). perataeが存在するによると、トリニティの父、息子、と質料因(問題)です。 The Son is the Cosmic Serpent, who freed Eve from the power of the rule of Hyle.宇宙の息子は、ヘビ、 who解放前夜からの力質料因のルールです。

The universe they symbolized by a triangle enclosed in a circle.宇宙に象徴される三角形のサークルで囲んでいます。 The number three is the key to all mysteries.の数は、 3つのキーを全ての謎です。 There are three supreme principles: the not-generated, the self-generated, the generated.最高には3つの原則:特定-生成されると、自己生成は、生成されます。 There are three logoi, of gods; the Saviour has a threefold nature, threefold body, threefold power, etc. They are called Peretae (peran) because they have "crossed over" out of Egypt, through the Red Sea of generation. logoiには、 3つの神々 ;の救世主には、自然の3倍、 3倍体、 3倍パワーなどと呼ばれる彼らはperetae ( peran )ため、彼らは"交差する"アウトオブエジプト、紅海を通じて世代です。 They are the true Hebrews, in fact (the word comes from the Hebrew meaning "to cross over").へブル人への真の彼らは、実際に(ヘブライ語の単語の意味から来て"を横断する" ) 。 The Peratae were founded by Euphrates and Celbes (Acembes?) and Ademes. perataeによって設立されたのはユーフラテス川とcelbes ( acembesですか? )とademesです。 This Euphrates, whose name is perhaps connected with the name Peratae itself, is said to be the founder of the Ophites mentioned by Celsus about AD 175.このユーフラテス川で、その名は、おそらく名peratae自体に接続して、創始者といわれているのophites広告に記載されセルサス約175 。 The Cainites were so called because they venerated Cain, and Esau, and the Sodomites, and Core, and Judas, because they had all resisted the god of the Jews.いわゆるcainitesれたので、尊敬カイン、およびエサウ、とsodomites 、およびコア、およびユダのため、彼らはすべてのユダヤ人の神の抵抗です。

(b) The Hellenistic or Alexandrian School ( b )はヘレニズムやアレクサンドリア学校

These systems were more abstract, and philosophical, and self-consistent than the Syrian.これらのシステムは他の抽象的、哲学的、と自己整合性よりもシリアのです。 The Semitic nomenclature was almost entirely replaced by Greek names.ユダヤ人の命名法、ギリシャ語の名前はほぼ完全に置き換えられています。 The cosmogonic problem had outgrown all proportions, the ethical side was less prominent, asceticism less strictly enforced.すべての割合が小さくなったのcosmogonic問題は、倫理的な側面はあまり目立つようになり、厳密に施行さ禁欲少ないです。

The two great thinkers of this school were Basilides and Valentinus.この学校の2つの偉大な思想家がバレンティヌスバシレイデースとします。

Though born at Antioch, in Syria, Basilides founded his school in Alexandria (c. AD 130), and was followed by his son Isidorus.アンティオキアかかわらず生まれでは、シリア、自分の学校を設立バシレイデースアレキサンドリア( c.広告130 ) 、およびisidorusその後、彼の息子です。 His system was the most consistent and sober emanationism that Gnosticism ever produced.彼のシステムは、最も一貫して地味なグノーシス主義まで流出説が生成されます。 His school never spread so widely as the next to be mentioned, but in Spain it survived for several centuries.決して彼の学校として広く普及、次のように記載されるが、スペインの数世紀に生き残った。

Valentinus, who taught first at Alexandria and then at Rome (c. AD 160), elaborated a system of sexual duality in the process of emanation; a long series of male and female pairs of personified ideas is employed to bridge over the distance from the unknown God to this present world.バレンティヌス、 who教えアレキサンドリアと入力し、第一にはローマ( c.広告160 ) 、精緻化するシステムの過程での二重性の放射能;に長いシリーズの男性と女性の組の権化のような人のアイデアが採用を橋からの距離この世界に存在する未知の神です。 His system is more confused than Basilidianism, especially as it is disturbed by the intrusion of the figure or figures of Sophia in the cosmogonic process.彼のシステムは、他の混乱basilidianismよりも、特に邪魔されることは、図や数字の侵入は、ソフィアcosmogonicプロセスです。 Being Syrian Ophitism in Egyptian guise, it can claim to be the true representative of the Gnostic spirit.エジプトがシリアophitismに装って、主張することができますが、グノーシス主義の精神の真の代表です。

The reductio ad absurdum of these unbridled speculations can be seen in the Pitis Sophia, which is light-maidens, paralemptores, spheres, Heimarmene, thirteen æons, light-treasures, realms of the midst, realms of the right and of the left, Jaldabaoth, Adamas, Michael, Gabriel, Christ, the Saviour, and mysteries without number whirl past and return like witches in a dance.これらの帰びゅうの投機抑制のきかないソフィアpitisが目撃され、これは光の乙女、 paralemptores 、球体、 heimarmene 、 13 æons 、光-宝物館、領域の中での、領域の右と左、 jaldabaoth 、 Adamasの、マイケル、ガブリエル、イエスキリストは、救い主、およびコードの謎の渦に過去と魔女のようなダンスを返します。 The impression created on the same reader can only be fitly described in the words of "Jabberwocky": "gyre and gimble on the wabe".同じ読者の印象を与える上で作成されることのみが記載されての言葉を適時に"ジャバーウォッキー" : "旋回を検索するとgimble wabe "です。

We learn from Hippolytus (Adv. Haer., IV, xxxv), Tertullian (Adv. Valent., iv) and Clemens Alex.私たちから学ぶヒッポリュトス( adv. haer 。 、 4世、 35 ) 、テルトゥリアヌス( adv.価します。 、 4 )とクレメンスアレックスです。 (Exc. ex Theod., title) that there were two main schools of Valentinianism, the Italian and the Anatolian or Asiatic. ( exc. theod例です。 、タイトル)があった2つの主要な学校valentinianismは、イタリア語やアジアのアナトリアです。 In the Italian school were teachers of note: Secundus, who divided the Ogdoad within the Pleroma into two tetrads, Right and Left; Epiphanes, who described this Tetras as Monotes, Henotes, Monas, and To Hen; and possibly Colorbasus, unless his name be a misreading of Kol Arba "All Four".は、イタリア語学校の教師の注記:第二、 who 、 8人一組に分かれpleromaを2つのtetrads 、右と左; epiphanes 、 who説明このmonotes tetrasとして、 henotes 、記念塔モナス、および編;とcolorbasus可能性がない限り、彼の名前kol arba読み誤りのは、 "すべての4つの"です。 But the most important were Ptolemy and Heracleon.しかし、最も重要なheracleonがプトレマイオスとします。

Ptolemy is especially known to fame by his letter to Flora, a noble lady who had written to him as Prom Presbyter (Texte u. Unters., NS, XIII, Anal. z. alt. Gesch. d. Chr.) to explain the meaning of the Old Testament.プトレマイオスは、特に彼の名声を得るに手紙を知られてフローラは、令夫人whoいたとして彼のダンスパーティーに書き込ま長老( texte米unters 。 、新日鉄、 13 、肛門。 z. alt 。 geschします。 d. chrです。 )を説明して旧約聖書の意味をします。 This Ptolemy split up the names and numbers of the æons into personified substances outside the deity, as Tertullian relates.このプトレマイオスの名前と番号を分裂させるの権化のような人æons物質の外の神を、関係としてテルトゥリアヌスです。 He was given to Biblical studies, and was a man of unbridled imagination.彼は聖書の研究に与えられた、とは、男の奔放な想像力です。

Clemens Alex.クレメンスアレックスです。 (Strom., IV, ix, 73) calls Heracleon the most eminent teacher of the Valentinian school. ( strom. 、 4世、 9世、 73 )の呼び出しで最も著名なheracleonウァレンティニアヌス学校の教師です。 Origen devotes a large part of his commentary on St. John to combating Heracleon's commentary on the same Evangelist.原産地の大部分を充て、彼の解説を聖ヨハネheracleonの解説を闘う伝道者と同じです。 Heracleon called the source of all being Anthropos, instead of Bythos, and rejected the immortality of the soul -- meaning, probably, the merely psychic element. heracleonと呼ばれるソースのすべてのがanthropos 、 bythosの代わりに、と拒否し、霊魂の不滅-意味、おそらく、単に精神的な要素を作成します。 He apparently stood nearer to the Catholic Church than Ptolemy and was a man of better judgment.彼は明らかに立っていたのは、カトリックの教会に近いのプトレマイオスとは、男性よりも、より良い判断します。

Tertullian mentions two other names (Valent., iv), Theotimus and (De Carne Christ, xvii) Alexander.テルトゥリアヌス言及した2つのその他の製品名( valent. 、 4 ) 、 theotimusと(デカルネイエスキリスト、 17 )アレクサンダーです。

The Anatolian school had as a prominent teacher Axionicus (Tertullian, Adv. Valent., iv; Hipp., Adv. Haer., VI, 30) who had his collegium at Antioch about AD 220, "the master's most faithful disciple".アナトリア学校は教師として著名なaxionicus (テルトゥリアヌス、前売します。価します。 、四;ヒップします。 、前売します。 haer 。 、 6 、 30 ) whoいた彼のコレギウムでの広告220アンティオキアについては、 "マスターの最も忠実な弟子"です。 Theodotus is only known to us from the fragment of his writings preserved by Clement of Alexandria. theodotusは断片しか知られて彼の文章からの問い合わせに保存されクレメントアレクサンドリアのです。 Marcus the Conjuror's system, an elaborate speculation with ciphers and numbers, is given by Irenaeus (I, 11-12) and also by Hippolytus (VI, 42).マーカスのconjurorのシステムは、投機に手の込んだ暗号と数字は、与えられたエイレナイオス(私、 11-12 )ともヒッポリュトス( 6 、 42 ) 。 Irenaeus's account of Marcus was repudiated by the Marcosians, but Hippolytus asserts that they did so without reason.エイレナイオスのアカウントのmarcosiansのマーカスは否定されたが、ヒッポリュトスアサートして理由なくそうです。 Marcus was probably an Egyptian and a contemporary of Irenaeus.マーカスはおそらく、エジプトと現代のエイレナイオスです。 A system not unlike that of the Marcosians was worked out by Monoimus the Arabian, to whom Hippolytus devotes chapters 5 to 8 of Book VIII, and who is mentioned only by Theodoret besides him.しているシステムとは異なり、特定marcosiansは、アラビアmonoimus働いて、誰に充てヒッポリュトス五から八まで章の本をviii 、およびwho theodoret以外は彼だけで言及します。 Hippolytus is right in calling these two Gnostics imitations of Pythagoras rather than Christians.ヒッポリュトスは、これらの2つの権利と呼ぶのピタゴラスgnostics模造品ではなく、キリスト教徒です。 According to the Epistles of Julian the Apostate, Valentinian collegia existed in Asia Minor up to his own times (d. 363).ユリウス暦によると、同書簡の背教のは、小アジアウァレンティニアヌスcollegiumの複数存在して自分自身の最大回(民主党363 ) 。

(c) The Dualistic School (ウ)二元的な学校

Some dualism was indeed congenital with Gnosticism, yet but rarely did it overcome the main tendency of Gnosticism, ie Pantheism.先天性は確かにいくつかの二元論グノーシス主義は、まだありませんしかし、主要な傾向を克服することはめったになかったのグノーシス主義、すなわち汎神論です。 This, however, was certainly the case in the system of Marcion, who distinguished between the God of the New Testament and the God of the Old Testament, as between two eternal principles, the first being Good, agathos; the second merely dikaios, or just; yet even Marcion did not carry this system to its ultimate consequences.これは、しかしながら、確かに、ケースは、システムのmarcion 、 who識別の間に、神は、新約聖書の神と、旧約聖書の、 2つの永遠の間で原則として、最初のが良い、 agathos ; dikaios 2番目だけか、またはわずか;はまだありませんが、このシステムを実行しなかったmarcionその究極の結果です。 He may be considered rather as a forerunner of Mani than a pure Gnostic.彼は5月として見なさというよりも、純粋なグノーシス主義の前身のマニです。 Three of his disciples, Potitus, Basilicus, and Lucanus, are mentioned by Eusebius as being true to their master's dualism (HE, V, xiii), but Apelles, his chief disciple, though he went farther than his master in rejecting the Old-Testament Scriptures, returned to monotheism by considering the Inspirer of Old-Testament prophecies to be not a god, but an evil angel. 3つの弟子たちは、 potitus 、基本的な、とルカヌス、ユーセビアスに記載されて真をしてのマスターの二元論(彼は、 V電源、 13 ) 、 apellesしかし、彼の最高の弟子が、彼は主人以上のを拒否して古い-遺言の経典、戻ってinspirer一神教を考慮して、古い-遺言予言を神ではないが、邪悪なエンジェルです。 On the other hand, Syneros and Prepon, also his disciples, postulated three different principles.その一方で、 synerosとprepon 、弟子たちはまた、 3つの原則を仮定します。 A somewhat different dualism was taught by Hermogenes in the beginning of the second century at Carthage.二元論は少し違うhermogenesを教えられた2番目の世紀の初めにはカルタゴです。 The opponent of the good God was not the God of the Jews, but Eternal Matter, the source of all evil.相手の良い神はないの神のユダヤ人が、永遠の問題は、ソースのすべての悪のです。 This Gnostic was combatted by Theophilus of Antioch and Tertullian.このグノーシス主義は、テオフィロスのアンティオキアとテルトゥリアヌスcombattedされています。

(d) The Antinomian School (エ)学校の律法主義者

As a moral law was given by the God of the Jews, and opposition to the God of the Jews was a duty, the breaking of the moral law to spite its give was considered a solemn obligation.道徳律としては、ユダヤ人の神に与えられた、との神の反対の立場をする義務が、ユダヤ人は、道徳的な法律を破るのにもかかわらず、その厳粛な義務を与えることが検討さです。 Such a sect, called the Nicolaites, existed in Apostolic times, their principle, according to Origen, was parachresthai te sarki.このような宗派、 nicolaitesと呼ばれる、ローマ教皇の回が存在し、その原理によると、原産地はparachresthai te sarkiです。 Carpocrates, whom Tertullian (De animâ, xxxv) calls a magician and a fornicator, was a contemporary of Basilides. carpocrates 、誰テルトゥリアヌス(デanimâ 、 35 )をコールすると密通する人の魔術師は、現代のバシレイデースです。 One could only escape the cosmic powers through discharging one's obligations to them by infamous conduct. 1つの階段の宇宙大国を通じてしか放電して1つの義務を行う悪名高いです。 To disregard all law and sink oneself into the Monad by remembering one's pre-existence in the Cosmic Unit -- such was the Gnosis of Carpocrates.すべての法律を無視するとシンクの中に身をプレモナドを思い出して自分の存在は、宇宙の単位-などは、霊知のc arpocratesです。 His son Epiphanes followed his father's doctrine so closely that he died in consequence of his sins at the age of seventeen.その後、彼の息子が父親の教義epiphanes密接に彼が死亡したため、結果として17歳の時に彼の罪です。 Antinomian views were further maintained by the Prodicians and Antitactae.律法主義再生回数がより詳細な保守管理しているprodiciansとantitactaeです。 No more ghastly instance of insane immorality can be found than the one mentioned in Pistis Sophia itself as practised by some Gnostics.これ以上のインスタンスをゾッとするような非常識な不道徳がありますpistisソフィアよりも1つに記載されgnostics自体としていくつかの実践されています。 St. Justin (Apol., I, xxvi), Irenaeus (I, xxv, 3) and Eusebius (HE, IV, vii) make it clear that "the reputation of these men brought infamy upon the whole race of Christians".聖ジャスティン( apol. 、私は、二十六) 、エイレナイオス(私、 25 、 3 )とユーセビアス(彼は、 4 、 7 )することを明らかにした"という評判がある時、これらの男性brought汚名全体のレースのキリスト教徒"です。

LITERATURE文学

The Gnostics developed an astounding literary activity, which produced a quantity of writings far surpassing contemporary output of Catholic literature.驚異的文芸活動を開発するのgnostics 、これまで生産を上回る量の文章カトリックの現代文学の出力です。 They were most prolific in the sphere of fiction, as it is safe to say that three-fourths of the early Christians romances about Christ and His disciples emanated from Gnostic circles.彼らはほとんどの多作のは、球の小説、言ってやることには、安全に初期のキリスト教徒の4分の3つのロマンスについては、キリストと弟子たちは放ってグノーシス主義のサークルです。 Besides these -- often crude and clumsy -- romances they possessed what may be called "theosophic" treatises and revelations of a highly mystical character.また、これらの-しばしば原油と不器用な-恋愛小説と呼ばれる彼ら保有何年5月に"接神論"啓示の論文や、高度に神秘的な文字です。 These are best described as a stupefying roar of bombast occasionally interrupted by a few words of real sublimity.これらの記述としては最高の豪語びっくり仰天するような轟音をいくつかの言葉を時折中断された本物の崇高です。 Traine remarks with justice: "Anyone who reads the teachings of the Gnostics breathes in an atmosphere of fever and fancies himself in a hospital, amongst delirious patients, who are lost in gazing at their own teeming thought and who fix their lustrous eyes on empty space" (Essais de crit. et d'histoire, Paris, 1904). traine発言と正義: "誰の教えを読み取り、 who gnostics呼吸熱と妄想のある雰囲気を自分自身にある病院、患者の意識が混濁した中、 whoが失われるのを見に行く自分自身の土砂降りの思想とwho修正に目を光沢のある空きスペース" ( essaisデ批評です。 et d' histoire 、パリ、 1904 ) 。 Gnostic literature, therefore, possesses little or no intrinsic value, however great its value for history and psychology.グノーシス主義の文学、したがって、本質的な価値がほとんどあるいは全く保有し、しかし、その値を素晴らしい歴史と心理学です。 It is of unparalleled importance in the study of the surroundings in which Christianity first arose.比類のないことが重要になるの研究の第一の周辺では、キリスト教が起こりました。 The bulk of it is unfortunately no longer extant.残念ながら、バルクのことは、もはや現存しています。 With the exception of some Coptic translations and some expurgated or Catholicized Syriac versions, we possess only a number of fragments of what once must have formed a large library.いくつかの例外を削除修正またはcatholicizedコプト語シリア語の翻訳やいくつかのバージョンでは、当社が持つ、いくつかの断片のみを一度にどのような大規模なライブラリを形成している必要があります。 Most of this literature will be found catalogued under the names of Gnostic authors in the articles BASILIDES; BARDESANES; CERINTHUS; MARCION; SIMON MAGUS; PTOLEMY; VALENTINUS.この文学の大部分の下にカタログが可能になったことは、記事の投稿者の名前をグノーシス主義のバシレイデース; bardesanes ;ケリントス; marcion ;サイモンゾロアスター教の司祭;プトレマイオス;バレンティヌスです。 We shall enumerate in the following paragraphs only anonymous Gnostic works and such writings as are not attributed to any of the above authors.わたしたちは列挙するには、次の段落のみ匿名グノーシス主義の作品とこのような記述はないとして、上記のいずれかに起因する作者に帰属します。

The Nicolaites possessed "some books under the name of Jaldabaoth", a book called "Nôria" (the mythical wife of Noah), prophecy of Barcabbas, who was a soothsayer among the Basilidians, a "Gospel of the Consummation", and a kind of apocalypse called "the Gospel of Eva" (Epiph., Adv. Haer., xxv, xxvi; Philastr., 33). nicolaites保有する"の名の下にいくつかの書籍jaldabaoth "は、予約と呼ばれる" nôria " (架空のノアの妻) 、予言のbarcabbas 、 whoは、予言者間のbasilidiansは、 "福音書の終焉"と一種と呼ばれるの黙示録"の福音エヴァ" ( epiph. 、前売します。 haer 。 、 25 、 26 ; philastr 。 、 33 ) 。 The Ophites possessed "thousands" of apocrypha, as Epiphanius tells us; among these he specially mentions: "Questions of Mary, great and small" (some of these questions are perhaps extant in the Pistis Sophia); also many books under the name of "Seth", "Revelations of Adam", Apocryphal Gospels attributed to Apostles; an Apocalypse of Elias, and a book called "Genna Marias". ophites保有する"数千人"の外典、聖エピファニオスを教えてくれる;間で、これらの彼は特別な言及: "質問のメアリー、大と小" (これらの質問のいくつかは、おそらく現存pistisソフィア) ;も多数の書籍の名の下に"セス" 、 "啓示のアダム" 、作り話の福音書に起因する使徒;の黙示録のエリアス、および本と呼ばれる"元和アライアス"です。 Of these writings some revelations of Adam and Seth, eight in number, are probably extant in an Armenian translation, published in the Mechitarist collection of the Old-Testament apocrypha (Venice, 1896).これらの作品のいくつかの事実が明らかにアダムとセス、 8つの数は、現存は、アルメニア語の翻訳は、おそらく、 mechitaristのコレクションに掲載された旧-遺言外典(ベニス、 1896 ) 。 See Preuschen "Die apocryph. Gnost. Adamschr."を参照preuschen "死ぬapocryphです。 gnostです。 adamschr 。 " (Giessen, 1900). (ギーセン、 1900 ) 。 The Cainites possessed a "Gospel of Judas", an "Ascension of Paul" (anabatikon Paulou) and some other book, of which we do not know the title, but which, according to Epiphanius, was full of wickedness. cainites保有する"ユダの福音書" 、 "アセンションのポール" ( anabatikon paulou )といくつかの他の本で、タイトルを知っていることはありませんが、これによると、聖エピファニオス、邪悪ながいっぱいです。 The Prodicians, according to Clem.のprodiciansによると、クレムです。 Alex., possessed apocrypha under the name of Zoroaster (Strom., I, xv, 69).アレックス。 、保有外典の名の下にゾロアスター( strom. 、私は、 15 、 69 ) 。 The Antinomians had an apocryphon "full of audacity and wickedness" (Strom., III, iv, 29; Origen, "In Matth,", xxviii). apocryphonのantinomiansは、 "フルの厚かましさと邪悪" ( strom. 、三、四日、 29日;原産地、 " matth 、 " 、 28 ) 。 The Naassenes had a book out of which Hippolytus largely quotes, but of which we do not know the title. naassenesいた本のうち大部分ヒッポリュトス引用符で、しかし、私たちは知っているタイトルです。 It contained a commentary on Bible texts, hymns, and psalms.聖書の解説をすることに含まれるテキスト、賛美歌と詩篇を授けた。 The Peratae possessed a similar book. peratae保有し、同様の書籍です。 The Sethians possessed a "Paraphrasis Seth", consisting of seven books, explanatory of their system, a book called Allogeneis, or "Foreigners", an "Apocalypse of Adam", a book attributed to Moses, and others. sethians保有する" paraphrasisセス" 、 7つの書籍で構成、説明の制度では、予約と呼ばれるallogeneisか、または"外国人" 、 "アダムの黙示録" 、ムーサーに起因する書籍、およびその他です。 The Archontians possessed a large and small book entitled "Symphonia"; this possibly extant in Pitra's "Analecta Sacra" (Paris, 1888).大小の予約archontians保有する権利"シンフォニア" ;この可能性が現存しピトラの" analecta sacrumの複数形" (パリ、 1888 ) 。 The Gnostics attacked by Plotinus possessed apocrypha attributed to Zoroaster, Zostrian, Nichotheus, Allogenes (the Sethian Book "Allogeneis"?), and others. gnosticsプロティノスの攻撃を受けて、保有外典に起因するゾロアスター、 zostrian 、 nichotheus 、 allogenes (セツ派の予約" allogeneis "ですか? ) 、およびその他です。

In addition to these writings the following apocrypha are evidently of Gnostic authorship:に加えて、これらの記述は、次の外典のは、明らかにグノーシス主義の原作者:

"The Gospel of the Twelve" -- This is first referred to by Origen (Hom. I, in Luc.), is identical with the Gospel of the Ebionites, and is also called the "Gospel according to Matthew", because in it Christ refers to St. Matthew in the second person, and the author speaks of the other Apostles and himself as "we". "福音書は、 12か" -これが最初に参照される原産地( h om.私は、リュックです。 )は、同一の福音をe bionites、とも呼ばれ、 "福音書によると、マシュー" 、それのためにイエスキリストマタイを参照して2番目の人と話すのは著者自身として、他の使徒と"我々 "です。 This Gospel was written before AD 200, and has no connection with the so-called Hebrew St. Matthew or the Gospel according to the Hebrews.この福音書が書か前の広告200 、および接続性がない、いわゆるまたはヘブライ語マタイの福音によると、ヘブル人への手紙です。

"The Gospel according to the Egyptians", ie Christian countryfolk of Egypt, not Alexandrians. "によると、エジプト人の福音" 、すなわちキリスト教の同国のエジプトではなく、 alexandriansです。 It was written about AD 150 and referred to by Clem.広告に書かれた約150クレムによって参照されるとします。 Alex.アレックスです。 (Strom., III, ix, 63; xiii, 93) and Origen (Hom. I, in Luc), and was largely used in non-Catholic circles. ( strom. 、 3世、 9世、 63 、 13 、 93 )と原産地( hom.私は、リュック)とは、非カトリック界の大部分で使用されています。 Only small fragments are extant in Clem.クレムは、現存の小さな断片のみです。 Alex.アレックスです。 (Strom. and Excerp. ex Theod.). ( strom.とexcerpです。 theod例です。 ) 。 Some people have referred the Oxyrhynchus "Logia" and the Strasburg Coptic papyri to this Gospel, but this is a mere guess.いくつかの人々が言及するオクシリンクス" logionの複数形"と、ストラスブルグコプト語papyrusの複数形をこの福音書が、これは単なる推測します。

"The Gospel of Peter", written about AD 140 in Antioch (see DOCETAE). "ピーターの福音書" 、書かれた約140の広告アンティオキア( docetaeを参照) 。 Another Petrine Gospel, see description of the Ahmin Codex.別の使徒ペテロ福音書を参照してくださいahminコーデックスの説明をしています。

A "Gospel of Matthias" written about AD 125, used in Basilidian circles (see BASILIDES). "マティアスによる福音書"について書かれた広告125 、使用されてbasilidian界(バシレイデースを参照) 。

A "Gospel of Philip" and a "Gospel of Thomas". "フィリップによる福音書"と"トマスによる福音書"です。 According to the Pistis Sophia, the three Apostles Matthew [read Matthias], Thomas, and Philip received a Divine commission to report all Christ's revelations after His Resurrection. pistisによれば、ソフィア、の3つの使徒マシュー[もっと読むマティアス] 、トーマス、およびフィリップ受け取って神の委員会に報告する彼の復活した後のすべてのキリストの啓示です。

The Gospel of Thomas must have been of considerable length (1300 lines); part of it, in an expurgated recension, is possibly extant in the once popular, but vulgar and foolish, "Stories of the Infancy of Our Lord by Thomas, an Israelite philosopher", of which two Greek, as Latin, a Syriac, and a Slavonic version exist.福音のトーマス必要がありますがかなりの長さ( 1300行) ;部分には、校訂本は、削除修正は、現存する可能性は、かつての人気は、しかし、愚かな下品なと、 "ストーリーオブトーマスの初期に、わたしたちの主は、イスラエル哲学者" 、そのうち2つギリシャ語、ラテン語、シリア語、スラヴ語のバージョンが存在するとします。

"Acts of Peter" (Praxis Petrou), written about AD 165. "行為のピーター" (実習petrou ) 、書かれた約165の広告です。 Large fragments of this Gnostic production have been preserved to us in the original Greek and also in a Latin translation under the title of "Martyrdom of the Holy Apostle Peter", to which the Latin adds, "a Lino episcopo conscriptum".大規模な断片は、次のグノーシス主義の生産を先に保存されているが、元のギリシャ語、ラテン語に翻訳されても、タイトルの"殉教の使徒の聖ピーター" 、ラテン語にして、追加は、 " episcopo conscriptumリノ"です。 Greater portions of this apocryphon are translated in the so-called "Actus Petri cum Simone", and likewise in Sahidic and Slavonic, Arabic, and Ethiopic versions.大部分は、次のapocryphonが翻訳され、いわゆる"ごっシモーヌペトリアクタス" 、およびsahidicと同様に、スラヴ語、アラビア語、およびエチオピアのバージョンです。

These fragments have been gathered by Lipsius and Bonnet in "Acta apostolorum apocr."これらの断片が収集されリプシウスとボンネットに"ログapostolorum apocr 。 " (Leipzig, 1891), I. Though these recensions of the "Acts of Peter" have been somewhat Catholicized, their Gnostic character is unmistakable, and they are of value for Gnostic symbolism. (ライプチヒ、 1891 ) 、 i.かかわらず、これらのrecensionsは、 "行為のピーター"がややcatholicized 、彼らのグノーシス主義の文字は紛れもない、と彼らはグノーシス主義の象徴の値です。

Closely connected with the "Acts of Peter" are the "Acts of Andrew" and the "Acts of John", which three have perhaps one and the same author, a certain Leucius Charinus, and were written before AD 200.密接に関連し、 "行為のピーター"は、 "行為のアンドリュー"と"行為のジョン" 、これはおそらく3つ1つのと同じ著者は、ある特定leucius charinus 、および広告が書か前200 。 They have come down to us in a number of Catholic recensions and in different versions.彼らは先に降りてくるとrecensionsカトリックでは、多くの異なるバージョンです。 For the Acts of Andrew see Bonnet, "Acta", as above (1898), II, 1, pp.アンドリュー行為のボンネットを参照し、 "ログ" 、上記のように( 1898 ) 、 2世、 1 、 pp 。 1-127; for "Acts of John", ibid., pp. 1から127まで;は"行為のジョン" 、同上、 pp 。 151-216.一五一〜二一六です。 To find the primitive Gnostic form in the bewildering variety and multiplicity of fragments and modifications is still a task for scholars.グノーシス主義のフォームを確認するには、途方に暮れる原始的多様性と多重度のフラグメントや変更はまだ学者の仕事をする。

Of paramount importance for the understanding of Gnosticism are the "Acts of Thomas", as they have been preserved in their entirety and contain the earliest Gnostic ritual, poetry, and speculation.最も重要なのはグノーシス主義の理解を深めては、 "行為のトーマス" 、と彼らは保存されている最古の全文に含まれるグノーシス主義の儀式や、詩、と推測します。 They exist in two recensions, the Greek and the Syriac.彼らが存在する2つのrecensions 、シリア語、ギリシャ語とします。 It seems most likely, though not certain, that the original was Syriac; it is suggested that they were written about AD 232, when the relics of St. Thomas were translated to Edessa.最も高いようではありませんが、特定の、その、元のは、シリア;することを推奨していた広告の書かれた約232 、ときに変換された遺物のセントトーマスエデッサです。 Of the greatest value are the two prayers of Consecration, the "Ode to Wisdom" and the "Hymn of the Soul", which are inserted in the Syriac narrative, and which are wanting in the Greek Acts, though independent Greek texts of these passages are extant (Syriac with English translation by W. Wright, "Apocr. Acts of the Apost.", London, 1871).の2つの値の最大の祈りの奉献は、 "歌を知恵"と"賛美歌の魂"は、物語に挿入され、シリア語、ギリシャ語で、どの部分が欠けている行為は、独立したギリシャ語のテキストかかわらず、これらの通路は、現存(シリア語と英語への翻訳をワットライト、 " apocrです。 apost行為をする。 " 、ロンドン、 1871 ) 。 The "Hymn to the Soul" has been translated many times into English, especially, by A. Bevan, "Texts and Studies", Cambridge 1897; cf. "魂の賛美歌を"多くの時間を英語に翻訳され、特に、 a.ベヴァン、 "テキストと研究" 、ケンブリッジ1897 ;継続前誌です。 F. Burkitt in "Journal of Theological Studies" (Oxford, 1900).女性バーキットは"神学研究ジャーナル" (オックスフォード、 1900 ) 。 The most complete edition of the Greek Acts is by M. Bonnet in "Acta", as above, II, 2 (Leipzig, 1903; see BARDESANES).完全版は、ギリシャ語のほとんどの行為は、男性のボンネットに"ログ" 、上記のように、 2世、 2 (ライプチヒ、 1903 ; bardesanesを参照) 。 The Acts, though written in the service of Gnosticism, and full of the weirdest adventures, are not entirely without an historical background.の行為が、書かれているサービスのグノーシス主義、およびフルは、奇妙な冒険、歴史的背景が全くなしにします。

There are a number of other apocrypha in which scholars have claimed to find traces of Gnostic authorship, but these traces are mostly vague and unsatisfactory.には、いくつかの他の外典では学者が主張してグノーシス主義の原作者の痕跡を見つけ、しかし、これらの痕跡は大半が不満足な漠然としたとします。 In connection with these undoubtedly Gnostic apocrypha mention must be made of the Pseudo-Clementine Homilies.間違いなくグノーシス主義に関連して、これらの外典に言及しなければならないの疑似クレメンタインを発する。 It is true that these are more often classed under Judaistic than under strictly Gnostic literature, but their affinity to Gnostic speculations is at least a first sight so close and their connection with the Book of Elxai (cf. ELCESAITES) so generally recognized that they cannot be omitted in a list of Gnostic writings.それは事実だが、これらは、より頻繁に厳密に分類されてjudaisticグノーシス主義の文学よりも縮小され、その親和性をグノーシス主義的な思索は、少なくとも最初の光景との接続を閉じるための本elxai ( cf. elcesaites )ので一般的に認識してことはできません。が省略された場合、リストを表示し、グノーシス主義の作品を紹介します。 If the theory maintained by Dom Chapman in "The Date of the Clementines" (Zeitschrift f. N. Test. Wiss., 1908) and in the article CLEMENTINES in the Catholic Encyclopedia be correct, and consequently Pseudo-Clemens be a crypto-Arian who wrote AD 330, the "Homilies" might still have at least some value in the study of Gnosticism. DOMの場合は、チャップマン理論によって管理され、 " clementines 、この評価をする" ( zeitschrift女性名テストします。 wiss 。 、 1908 )と、百科事典の記事clementinesされるのは、カトリックの正しいこと、およびその結果疑似クレメンスは、暗号化-アリウス主義who書いた広告の330は、 "発する"かもしれないが、少なくともまだいくつかの値をグノーシス主義の研究のです。 But Dom Chapman's theory, though ingenious, is too daring and as yet too unsupported, to justify the omission of the "Homilies" in this place.しかし、 DOMのチャップマンの理論的には、独創的なかかわらず、まだありませんが非常に大胆かつあまりにもサポートされていないとして、不作為を正当化する"を発する"この場所です。

A great, if not the greatest, part of Gnostic literature, which has been saved from the general wreck of Gnostic writings, is preserved to us in three Coptic codices, commonly called the Askew, the Bruce, and the Akhmim Codex.大きな、そうでない場合は最大の、グノーシス主義の文学の一部されてきたから救われるグノーシス主義の全般難破船の記述は、保存先の3つのコプト語のCODECを、よく呼ばれる斜めには、ブルース、コーデックスアフミームとします。 The Askew Codex, of the fifth of sixth century, contains the lengthy treatise "Pistis Sophia", ie Faith-Wisdom.コーデックスのアスキュー、 6世紀の5分の1 、長ったらしい論文には、 " pistisソフィア" 、つまり信仰-知恵です。 This is a work in four books, written between AD 250 and 300; the fourth book, however, is an adaptation of an earlier work.これは、仕事で4つの書籍、文書の間に広告の250と300 ;第4回予約、しかし、以前の仕事に適応します。 The first two books describe the fall of the Æon Sophia and her salvation by the Æon Soter; the last two books describe the origin of sin and evil and the need of Gnostic repentance.最初の2つの書籍æonソフィア説明して崩壊したとされる彼女の救いæon soter ;書籍最後の2つの罪と悪の起源を説明すると、グノーシス主義の良心の呵責を必要とします。 In fact the whole is a treatise on repentance, as the last two books only apply in practice the example of penance set by Sophia.実際には全体のは、後悔の論文を、最後の2つの書籍のみが適用される例の贖罪の練習をするソフィアで設定されます。 The work consists of a number of questions and answers between Christ and His male and female disciples in which five "Odes of Solomon", followed by mystical adaptations of the same, are inserted.その仕事は、いくつかの質問と回答の間にイエスキリストの弟子と彼の男性と女性では5つの"ソロモンのodes " 、続いて、同じ神秘的な適応が挿入されます。 As the questioning is mostly done by Mary, the Pistis Sophia is probably identical with the "Questions of Mary" mentioned above.事情聴取はほとんど行われ、メアリーは、 pistisソフィアは、おそらく同一の"質問のメアリー"上述のです。 The codex also contains extracts from the "Book of the Saviour".コーデックスからの抽出物も含まれ、 "予約は、救い主"です。 The dreary monotony of these writings can only be realized by those who have read them.これらの記述は退屈な単調でのみそれらのwhoが読むことにより実現されています。 An English translation of the Latin translation of the Coptic, which itself is a translation of the Greek, was made by GRS Mead (London, 1896). 、英語の翻訳は、ラテン語の翻訳は、コプト語、ギリシャ語の翻訳は、それ自体は、 grsがなされたミード(ロンドン、 1896 ) 。 The Bruce papyrus is of about the same date as the Askew vellum codex and contains two treatises:パピルスのブルースについては、同じ日には、 2つの論文を含んでコーデックスアスキューベラム:

the two books of Jeû, the first speculative and cosmogonic, the second practical, viz., the overcoming of the hostile world powers and the securing of salvation by the practice of certain rites: this latter book is styled "Of the Great Logos according to the mystery". 2つの書籍のjeû 、投機筋との最初のcosmogonic 、 2番目の実用的な、 viz 。 、世界列強の克服は、敵対的救世確保されるとの練習の特定の儀式:この本は後者のスタイル"の偉大なロゴによると、の謎"です。

A treatise with unknown title, as the first and last pages are lost.を論文に不明なタイトルとして、最初と最後のページの情報は失われます。 This work is of a purely speculative character and of great antiquity, written between AD 150 and 200 in Sethian or Archontian circles, and containing a reference to the prophets Marsanes, Nikotheus, and Phosilampes.この作品は、純粋に投機的性格との非常に古い、書き込まセツ派の間で150件から200件の広告またはarchontian界、およびmarsanesは、預言者への参照を含む、 nikotheus 、およびphosilampesです。

No complete English translations of these treatises exist; some passages, however, are translated in the aforesaid GRS Mead's "Fragments of a Faith Forgotten".これらの論文は完全な英語の翻訳が存在するいくつかの通路、しかし、前述のgrsは日本語に翻訳は、ミードの"信仰の断片を忘れてしまった" 。 Both the Bruce and Askew Codices have been translated into German by C. Schmidt (1892) in "Texte u. Unters" and (1901) in the Berlin "Greek Fathers".アスキューの両方のブルースとのCODECをc.ドイツ語に翻訳されてシュミット( 1892 ) 、 " texte米unters "と( 1901 )に、ベルリンの"ギリシャ語の父"です。 A Latin translation exists of the "Pistis Sophia" by Schwartze and Petermann (Berlin, 1851) and a French one of the Bruce Codex by Amélineau (Paris, 1890).ラテン語の翻訳が存在する場合には、 " pistisソフィア" schwartzeとペーターマン(ベルリン、 1851 )とされ語スペイン語のいずれかのブルースコーデックスamélineau (パリ、 1890 ) 。 The Akhmim Codex of the fifth century, found in 1896, and now in the Egyptian Museum at Berlin, containsコーデックスは、 5世紀のアフミーム、 1896年に発見さ、および、現在、エジプト博物館はベルリン、含ま

a "Gospel of Mary", called in the subscriptions "An Apocryphon of John": this Gospel must be of the highest antiquity, as St. Irenæus, about AD 170, made use of it in his description of the Barbelo-Gnostics; "ゴスペルのメアリー"と呼ばれるは、登録チャンネル" apocryphonジョン" :この福音書は、最高の古代しなければならない、と聖irenæus 、約170の広告がなさを使用することが彼の説明をbarbelo - gnostics ;

a "Sophia Jesu Christi", containing revelations of Christ after His Resurrection; "ソフィア主イエスキリスト" 、キリストの啓示を含む彼の復活した後;

a "Praxis Petri", containing a fantastic relation of the miracle worked on Peter's daughter. "練習Petri "の、素晴らしい関係を含む取り組んでピーターの娘の奇跡です。

The study of Gnosticism is seriously retarded by the entirely unaccountable delay in the publication of these treatises; for these thirteen years past we possess only the brief account of this codex published in the "Sitzungsber. dk preus. Acad."遅延を真剣に研究されたグノーシス主義は全く不可解な遅延がこれらの論文の出版;過去13年間、これらの保有は、簡単なアカウント私たちは、次のコーデックスに掲載された" sitzungsberです。 preus dk 。 acad 。 " (Berlin, 1896), pp. (ベルリン、 1896 ) 、 pp 。 839-847. 839から847です。

This account of Gnostic literature would be incomplete without reference to a treatise commonly published amongst the works of Clement of Alexandria and called "Excerpta ex Theodoto".このアカウントのグノーシス主義の文献を参照するには不完全な論文の中の作品を広く公開アレクサンドリアのクレメントと呼ばれる"要約例theodoto "です。 It consists of a number of Gnostic extracts made by Clement for his own use with the idea of future refutation; and, with Clement's notes and remarks on the same, form a very confusing anthology.それは、多くのグノーシス主義の抽出クレメントを作った彼自身の考えを使用して将来の反論;と、クレメントのノートや発言が同じですが、非常に混乱を形成するアンソロジーです。 See O. Bibelius, "Studien zur Gesch. der Valent." o. bibelius参照し、 " studien zur gesch 。 der価のです。 " in "Zeitschr. f. N. Nest. Wiss." 、 " zeitschr 。女性名の巣です。 wiss 。 " (Giessen, 1908). (ギーセン、 1908 ) 。

Oriental non-Christian Gnosticism has left us the sacred books of the Mandaeans, viz.,オリエンタルキリスト教以外のグノーシス主義は、神聖な図書は、左の問い合わせmandaeans 、 viz 。 、

the "Genzâ rabâ" or "Great Treasure", a large collection of miscellaneous treatises of different date, some as late, probably, as the ninth, some as early, perhaps, as the third century. " genzâ rabâ "または"素晴らしい宝"は、大規模なコレクションのその他の論文の異なる日付、いくつかの後半、おそらく、第9回として、いくつかの早けれ、おそらく、 3番目の世紀です。 The Genzâ was translated into Latin, by Norberg (Copenhagen, 1817), and the most important treatises into German, by W. Brandt (Leipzig, 1892). genzâは、ラテン語に翻訳され、 norberg (コペンハーゲン、 1817 ) 、およびドイツ語の最も重要な論文を、ワットブラント(ライプチヒ、 1892 ) 。

Kolasta, hymns and instructions on baptism and the journey of the soul, published in Mandaean by J. Euting (Stuttgart, 1867). kolasta 、賛美歌や手順についてはバプテスマとの魂の旅は、公開さmandaeanされj. euting (シュツットガルト、 1867 ) 。

Drâshê d'Jahya, a biography of John the Baptist "ab utero useque ad tumulum" -- as Abraham Echellensis puts it -- not published. drâshê d' jahyaは、洗礼者ヨハネの伝記を"広告usequeアルバータ子宮内tumulum " -としてアブラハムe chellensis曰く-未公開します。

Alexandrian non-Christian Gnosticism is perceptible in Trismegistic literature, published in English translation by GRS Mead (London and Benares, 1902, three volumes).アレクサンドリア以外の知覚には、キリスト教のグノーシス主義trismegistic文学、英語への翻訳を公開さgrsミード(ロンドンとベナレスは、 1902年に、 3つの巻号)です。 Specifically Jewish Gnosticism left no literature, but Gnostic speculations have an echo in several Jewish works, such as the Book of Enoch, the Zohar, the Talmudic treatise Chagiga XV.左のユダヤ人に対する具体的グノーシス主義文学、グノーシス主義の憶測しかし、いくつかのユダヤ人の作品は、エコーなどの予約のイノックは、 zoharは、 15 talmudic論文chagigaです。 See Gförer, "Philo", Vol.を参照gförer 、 "フィロ"第します。 I, and Karppe, "Etudes sur. ore. nat. d. Zohar" (Paris, 1901).私、およびkarppe 、 "宇宙シュールです。鉱石です。 NATをします。 d. zohar " (パリ、 1901 ) 。

REFUTATION OF GNOSTICISM反論のグノーシス主義

From the first Gnosticism met with the most determined opposition from the Catholic Church.会ってからの最初のグノーシス主義の最も断固たる反対したのは、カトリック教会からです。

The last words of the aged St. Paul in his First Epistle to Timothy are usually taken as referring to Gnosticism, which is described as "Profane novelties of words and oppositions of knowledge falsely so called [antitheseis tes pseudonomou gnoseos -- the antitheses of so-called Gnosis] which some professing have erred concerning the faith".高齢者の最後の言葉を彼の最初の聖パウロのテモテへの手紙を参照するには、通常撮影グノーシス主義、これは説明として"不敬ノベルティの言葉と偽って反対勢力の知識いわゆる[ antitheseis試験pseudonomou gnoseos -a ntithesisの複数のためと呼ばれる霊知] professingは過ちを犯すことをいくつかの信仰"です。 Most probably St. Paul's use of the terms pleroma, the æon of this world, the archon of the power of the air, in Ephesians and Colossians, was suggested by the abuse of these terms by the Gnostics.おそらく聖パウロの使用は、利用pleromaは、 æonは、次の世界は、アルコンの空気の力を利用し、エペソ人への手紙とコロサイ人への手紙では、これらの用語の乱用によって提案されたgnosticsされた。 Other allusions to Gnosticism in the New Testament are possible, but cannot be proven, such as Titus 3:9; 1 Timothy 4:3; 1 John 4:1-3.他のallusionsをグノーシス主義は、新約聖書も可能ですが、しかし、立証することはできませんなど、ティトゥス3時09分; 1ティモシー4:3 ; 1ジョン4:1-3です。

The first anti-Gnostic writer was St. Justin Martyr (dc 165).反グノーシス主義の作家は、最初の殉教者聖ジャスティン(直流165 )です。 His "Syntagma" (Syntagma kata pason ton gegenemenon aireseon), long thought lost, is substantially contained in the "Libellus adv. omn. haeres.", usually attached to Tertullian's "De Praescriptione"; such at least is the thesis of J. Kunze (1894) which is largely accepted.彼の"シンタグマ" (シンタグマgegenemenon aireseon型pasonトン) 、長い考え失われ、実質的に含まれているが" libellus前売omn 。相続人です。 " 、 24時間に添付さテルトゥリアヌスの"デpraescriptione " ;ような論文は、少なくともオブJクンツェ( 1894 )これはおおむね可。 Of St. Justin's anti-Gnostic treatise on the Resurrection (Peri anastaseos) considerable fragments are extant in Methodius' "Dialogue on the Resurrection" and in St. John Damascene's "Sacra Parellela".聖ジャスティンの反論文を検索するグノーシス主義の復活(ペリanastaseos )でかなりの断片が現存methodius ' "対話を復活"との聖ヨハネダマシンの"聖parellela "です。 St. Justin's "Comendium against Marcion", quoted by St. Irenæus (IV, vi, 2; V, xxvi, 2), is possibly identical with his Syntagma". Immediately after St. Justin, Miltiades, a Christian philosopher of Asia Minor, is mentioned by Tertullian and Hippolytus (Adv. Valent., v, and Eusebius, HE, V., xxviii, 4) as having combated the Gnostics and especially the Valentinians. His writings are lost. Theophilus of Antioch (dc 185) wrote against the heresy of Hermogenes, and also an excellent treatise against Marcion (kata Markionos Logos). The book against Marcion is probably extant in the "Dialogus de rectâ in Deum fide" of Pseudo-Origen. For Agrippa Castor see BASILIDES.聖ジャスティンの" comendium反対marcion " 、引用される聖irenæus (四、六、 2 ; V電源、 26 、 2 ) 、同一のは、おそらく彼のシンタグマ"です。ジャスティンセントの直後に、ミルティアデスは、小アジアキリスト教の哲学者、に記載されテルトゥリアヌスとヒッポリュトス( adv.価します。 、 vとユーセビアス、彼は、 v. 、 28 、 4 )されていると特にvalentiniansてこのgnosticsです。彼の著作は失われます。テオフィロスのアンティオキア(直流185 )書いた異端のhermogenes反対する、と反対もある優れた論文marcion (カタmarkionosロゴ) 。 marcionは、おそらくこの本に対して現存する" dialogusデrectâでdeum fide "の擬似原産地です。バシレイデースアグリッパヒマを参照します。

Hegesippus, a Palestinian, traveled by way of Corinth to Rome, where he arrived under Anicetus (155-166), to ascertain the sound and orthodox faith from Apostolic tradition. hegesippus 、パレスチナ、ローマのコリント式の旅、ここで彼が到着されて聖アニケトゥス( 155から166まで) 、正統派の信仰を確かめるのサウンドとローマ教皇の伝統からです。 He met many bishops on his way, who all taught the same faith and in Rome he made a list of the popes from Peter to Anicetus.彼は会った多くの司教、家に帰る途中、 whoのすべての教えと同じ信仰とローマの彼はローマ教皇のリストを表示し、ピーターを聖アニケトゥスからです。 In consequence he wrote five books of Memoirs (Upomnemata) "in a most simple style, giving the true tradition of Apostolic doctrine", becoming "a champion of the truth against the godless heresies" (Eusebius, HE, IV, vii sqq., xxi sqq.).結果として5つの書籍の回顧録を書いた( upomnemata ) "で、最もシンプルなスタイルで、ローマ教皇の伝統を与えるの真のドクトリン" 、になる"チャンピオンの神を恐れぬheresies反対するの真実" (ユーセビアス、彼は、四、七sqq 。 、 xxi sqq 。 ) 。 Of this work only a few fragments remain, and these are historical rather than theological.この作品の断片がほんの数、およびこれらは歴史的というより神学です。

Rhodon, a disciple of Tatian, Philip, Bishop of Gortyna in Crete, and a certain Modestus wrote against Marcion, but their writings are lost. rhodonは、弟子のtatian 、フィリップ、司教のゴルテュナでクレタ島、および、特定のmodestus反対marcion書いたが、その文章は失われます。 Irenaeus (Adv. Haer., I, xv, 6) and Epiphanius (xxxiv, 11) quote a short poem against the Oriental Valentinians and the conjuror Marcus by "an aged" but unknown author; and Zachaeus, Bishop of Caesarea, is said to have written against the Valentinians and especially Ptolemy.エイレナイオス( adv. haer 。 、私は、 15 、 6 )と聖エピファニオス( 34 、 11 )の言葉を引用する短い詩valentiniansと反対するオリエンタルconjurorマーカス"の高齢者"だが、未知の著者、およびzachaeus 、 caesarea大主教は、によると書かれた反対するには、特にプトレマイオスvalentiniansです。

Beyond all comparison most important is the great anti-Gnostic work of St. Irenæus, Elegchos kai anatrope tes psudonymou gnoseos, usually called "Adversus Haereses".すべての比較を超え最も重要なのは反グノーシス主義の偉大な仕事の聖irenæus 、 elegchos甲斐anatrope試験psudonymou gnoseos 、 24時間と呼ばれる"反対haereses "です。 It consists of five books, evidently not written at one time; the first three books about AD 180; the last two about a dozen years later.これは5つの書籍、明らかにしないで書かれた1つの時間がかかったり、最初の3つの書籍についての広告180 ;の最後の2つの約1ダースの年です。 The greater part of the first book has come down to us in the original Greek, the rest in a very ancient and anxiously close Latin translation, and some fragments in Syriac.の最初の予約の大部分を先に降りてくるのは、元のギリシャ語、古代て、残りはとても心配そうに近いとラテン語の翻訳、およびいくつかの断片がシリアです。

St. Irenæus knew the Gnostics from personal intercourse and from their own writings and gives minute descriptions of their systems, especially of the Valentinians and Barbelo-Gnostics.聖irenæus知っているからgnosticsより個人的な交流とその分自分の書いたものを与え、システムの説明を、特に、 valentiniansとbarbelo - gnosticsです。 A good test of how St. Irenæus employed his Gnostic sources can be made by comparing the newly found "Evangelium Mariae" with Adv.良いテストの方法について彼のグノーシス主義の源聖irenæus雇用を比較することが新たに見つかった"福音書mariae "前売します。 Haer., I, xxiv. haer 。 、私は、 24です。 Numerous attempts to discredit Irenaeus as a witness have proved failures (see SAINT IRENAEUS).数多くの証人としての役目をしようとするたくらみエイレナイオスの失敗を挙げておこう(サンエイレナイオスを参照) 。 Besides his great work, Irenaeus wrote an open letter to the Roman priest Florinus, who thought of joining the Valentinians; and when the unfortunate priest had apostatized, and had become a Gnostic, Irenaeus wrote on his account a treatise "On the Ogdoad", and also a letter to Pope Victor, begging him to use his authority against him.彼の偉大な仕事に加え、エイレナイオスに手紙を書いたローマの司祭オープンflorinus 、 who考えvalentiniansに参加し、不幸なときにapostatized司祭は、グノーシス主義になるとは、自分のアカウントをエイレナイオスを書いた論文"を8個一組" 、ローマ教皇に手紙をビクターも、彼の托鉢彼を使用する権限を彼に不利に働いた。 Only a few passages of these writings are extant.ほんの数通路、これらの記述は、現存します。

Eusebius (HE, IV, xxiii, 4) mentions a letter of Dionysius of Corinth (c. 170) to the Nicomedians, in which he attacks the heresy of Marcion.ユーセビアス(彼は、 4世、 23世、 4 )の手紙を言及するのディオニュシオスコリント( c. 170 )をnicomediansでは彼は異端を攻撃してmarcionです。 The letter is not extant.現存の手紙ではない。 Clement of Alexandria (dc 215) only indirectly combated Gnosticism by defending the true Christian Gnosis, especially in "Paedagogos", Bk.アレクサンドリアのクレメント(直流215 )のみを間接的グノーシス主義を守ることの真のキリスト教combated霊知、特に" paedagogos " 、 bk 。 I, "Stromateis", Bk.私、 " stromateis " 、 bk 。 II, III, V, and in the so-called eighth book or "Excerpta ex Theodoto". 2世、 3世、 Vとは、いわゆる8予約または"要約例theodoto "です。 Origen devoted no work exclusively to the refutation of Gnosticism but his four books "On First Principles" (Peri archon), written about the year 230, and preserved to us only in some Greek fragments and a free Latin translation by Rufinus, is practically a refutation of Gnostic dualism, Docetism, and Emanationism.原産地の反論するだけのために献身的な仕事のないグノーシス主義しかし、彼の4つの書籍"を第一原理" (ペリアルコン) 、書面については、年230 、および保存ギリシャ語の断片をいくつかの問い合わせだけで翻訳され、無料のラテンルフィヌスは、実質的に反論のグノーシス主義の二元論、キリスト仮現説、および流出説です。

About the year 300 an unknown Syrian author, sometimes erroneously identified with Origen, and often called by the literary pseudonym Adamantius, or "The Man of Steel", wrote a long dialogue of which the title is lost, but which is usually designated by the words, "De rectâ in Deum fide". 300年については、不明なシリアの著者、時には誤って認識さを原産地としばしば呼ばれる文学偽名adamantiusか、または"鋼鉄の男"は、長い対話を書いたのは、タイトルが失われると、指定されたしかし、これは通常言葉は、 "デrectâでdeum fide "です。 This dialogue, usually divided into five books, contains discussions with representatives of two sects of Marcionism, of Valentinianism, and of Bardesanism.この対話、 24時間5つの書籍に分かれて、議論を含む2つの宗派の代表者marcionism 、 valentinianism 、とbardesanismです。 The writer plagiarizes extensively from Theophilus of Antioch and Methodius of Olympus, especially the latter's anti-Gnostic dialogue "On Free Will" (Peri tou autexousiou).その作家のアンティオキアとplagiarizesテオフィロスmethodiusより広範囲のオリンパス、特に後者の反グノーシス主義の対話"を自由意志" (ペリ塔autexousiou ) 。 The greatest anti-Gnostic controversialist of the early Christian Church is Tertullian (b. 169), who practically devoted his life to combating this dreadful sum of all heresies.の最大の反グノーシス主義の論客は、初期キリスト教教会はテルトゥリアヌス( b. 169 ) 、 who実質的に献身的な彼の人生のすべての金額を戦い、この恐ろしいheresies 。 We need but mention the titles of his anti-Gnostic works: "De Praescriptione haereticorum"; "Adversus Marcionem"; a book "Adversus Valentinianos"; "Scorpiace"; "De Carne Christi"; "De Resurrectione Carnis"; and finally "Adversus Praxeam".私たちについて言及する必要がありますしかし、彼の反グノーシス主義の作品のタイトル: "デpraescriptione haereticorum " ; "反対marcionem " ;を予約"反対valentinianos " ; " scorpiace " ; "デカルネクリスティ" ; "デresurrectione carnis " ;そして最後に"反対praxeam "です。

A storehouse of information rather than a refutation is the great work of Hippolytus, written some time after AD 234, once called "Philosophoumena" and ascribed to Origen, but since the discovery of Books IV-X, in 1842, known by the name if its true author and its true title, "Refutation of All Heresies" (katapason aireseon elegchos).知識の宝庫に反論ではなく、偉大な仕事をヒッポリュトスは、いくつかの時間後に書かれた広告234 、一度と呼ばれる" philosophoumena "と生得的に原産地が、書籍の発見以来四Xは、 1842年、名に知られている場合その真の著者とその真のタイトル、 "反論のすべてのheresies " ( katapason aireseon elegchos ) 。

The publication of the Athos Codex by E. Miller (Oxford, 1851) revolutionized the study of Gnosticism and rendered works published previous to that date antiquated and almost worthless.コーデックスでの出版は、アトス山e.ミラー(オックスフォード、 1851 )の研究のグノーシス主義革命をもたらしたとレンダリングの作品で公開する前に、その日付に時代遅れとほとんど何の価値もします。 To students of Gnosticism this work is as indispensable as that of St. Irenæus.この作品はグノーシス主義を学生として欠かせないものと思わirenæusセントです。 There is an English translation by J. MacMahon in "The Ante-Nicene Library" (Edinburgh, 1868). j.には英語への翻訳をマクマホンは"アンティ-ニカイアライブラリ" (エジンバラ、 1868年) 。 Hippolytus tried to prove that all Gnosticism was derived from heathen philosophy; his speculations may be disregarded, but, as he was in possession of a great number of Gnostic writings from which he quotes, his information is priceless.ヒッポリュトス試みたことを証明するすべてのグノーシス主義は、異教徒の哲学から派生した;彼の憶測があります無視、しかし、彼は非常に多くの所持グノーシス主義の記述から引用符を彼は、彼の情報は貴重です。 As he wrote nearly fifty years after St. Irenæus, whose disciple he had been, he describes a later development of Gnosis than the Bishop of Lyons.ほぼ50年後として書いた聖irenæus 、その弟子彼は、彼への発展を記述するよりも大主教霊知ライオンズです。 Besides his greater work, Hippolytus wrote, many years previously (before 217), a small compendium against all heresies, giving a list of the same, thirty-two in number, from Dositheus to Noetus; also a treatise against Marcion.彼の大きな仕事に加え、ヒッポリュトス書いた、何年も、以前は次の(前217 )は、小さな大要に対するすべてのheresies 、リストを表示し与えるのと同じ、 32の数は、よりdositheusをnoetus ; marcion反対論文もある。

As, from the beginning of the fourth century, Gnosticism was in rapid decline, there was less need of champions of orthodoxy, hence there is a long interval between Adamantius's dialogue and St. Epiphanius's "Panarion", begun in the year 374.として、第4世紀の初めから、グノーシス主義の急激な減少は、あまり必要があったのチャンピオンズの正統性、それゆえには、長いインターバルの間の対話とadamantius聖聖エピファニオスの" panarion " 、 374年開始されています。 St. Epiphanius, who is his youth was brought into closest contact with Gnostic sects in Egypt, and especially the Phibionists, and perhaps even, as some hold, belonged to this sect himself, is still a first-class authority.聖聖エピファニオス、 whoは彼の青年は、最寄りの連絡先にグノーシス主義の宗派に持ち込まエジプトでは、特にphibionists 、そしておそらくにも、いくつかのホールド、この教派に属して自身にあるファーストクラスの権限はまだです。 With marvelous industry he gathered information on all sides, but his injudicious and too credulous acceptance of many details can hardly be excused.彼は素晴らしい業界でのすべての側面の情報を集め、だまされやすいしかし、彼の思慮のない、あまりにも多くの詳細のことは到底受け入れること失礼します。

Philastrius of Brescia, a few years later (383), gave to the Latin Church what St. Epiphanius had given to the Greek. philastriusのブレーシャ、数年後( 383 ) 、ローマカトリック教会はどのようなセントを与えられ、ギリシャの聖エピファニオスいた。 He counted and described no fewer than one hundred and twenty-eight heresies, but took the word in a somewhat wide and vague sense.彼はカウントないと説明未満128 heresies 、しかし、その言葉が漠然とした感覚で、いくぶん広いとします。 Though dependent on the "Syntagma" of Hippolytus, his account is entirely independent of that of Epiphanius.かかわらずに依存している"シンタグマ"ヒッポリュトス、彼のアカウントでは完全に独立したが聖エピファニオスです。

Another Latin writer, who probably lived in the middle of the fifth century in Southern Gaul, and who is probably identical with Arnobius the Younger, left a work, commonly called "Praedestinatus", consisting of three books, in the first of which he describes ninety heresies from Simon Magus to the Praedestinationists.別のラテンの作家、 who 、おそらくの真ん中に住んで5世紀の南部のガウル、およびwhoは、おそらく同一arnobius若い、左の仕事は、通称" praedestinatus " 、構成の3つの書籍は、彼の最初の説明をゾロアスター教の司祭を90 heresiesサイモンpraedestinationistsからです。 This work unfortunately contains many doubtful and fabulous statements.残念ながらこの作品には多くの疑問や素晴らしい機関です。 Some time after the Council of Chalcedon (451) Theodoret wrote a "Compendium of Heretical Fables" which is of considerable value for the history of Gnosticism, because it gives in a very concise and objective way the history of the heresies since the time of Simon Magus.カルケドン公会議の後にいくつかの時間( 451 ) theodoret書いた"異端の大要の寓話"これはかなりの値をグノーシス主義の歴史のため、これにより、非常に簡潔かつ客観的な方法での歴史は時間のサイモン以来、 heresiesマギの一人です。 St. Augustine's book "De Haeresibus" (written about 428) is too dependent on Philastrius and Epiphanius to be of much value.聖アウグスティヌスの予約"デhaeresibus " (書かれた約428 )に依存してはあまりにも多くのphilastriusと聖エピファニオスされる値です。 Amongst anti-Gnostic writers we must finally mention the neo-Platonist Plotinus (d. AD 270), who wrote a treatise "Against the Gnostics".反グノーシス主義の作家の中に言及しなければならない最後のネオ- platonistプロティノス(民主党広告270 ) 、 who書いた論文"反対するgnostics "です。 These were evidently scholars who frequented his collegia, but whose Oriental and fantastic pessimism was irreconcilable with Plotinus's views.これらは明らかにwhoよく彼のcollegiumの複数の学者が、オリエンタルとの悲観論は相いれないと幻想プロティノスの再生回数です。

CONCLUSION結論

The attempt to picture Gnosticism as a mighty movement of the human mind towards the noblest and highest truth, a movement in some way parallel to that of Christianity, has completely failed.グノーシス主義の試みを画像として、人間の心の動きを強力に向かって気高いと最高の真理をもって、運動をするいくつかの方法が平行して、キリスト教、は完全に失敗しました。 It has been abandoned by recent unprejudiced scholars such as W. Bousset and O. Gruppe, and it is to be regretted that it should have been renewed by an English writer, GRS Mead, in "Fragments of a Faith Forgotten", an unscholarly and misleading work, which in English-speaking countries may retard the sober and true appreciation of Gnosticism as it was in historical fact.されて捨てられるなど、最近の公平な学者やワットbousset o.グラップ、とは後悔することはしなければならないがリニューアルされた英語の作家、 grsミードは、 "信仰の断片を忘れてしまった"と、学者らしくないと誤解を招くお仕事、これは英語圏の国を遅らせる年5月、しらふと真の感謝のグノーシス主義としてそれは歴史的事実です。

Gnosticism was not an advance, it was a retrogression.グノーシス主義はない、事前に、それは、退化します。 It was born amidst the last throes of expiring cults and civilizations in Western Asia and Egypt.それが生まれたカルトの中の最後の真っただ中に期限が切れると西アジアとエジプト文明です。 Though hellenized, these countries remained Oriental and Semitic to the core. hellenizedかかわらず、これらの国々はユダヤ人をオリエンタルとのコアです。 This Oriental spirit -- Attis of Asia Minor, Istar of Babylonia, Isis of Egypt, with the astrological and cosmogonic lore of the Asiatic world -- first sore beset by Ahuramazda in the East, and then overwhelmed by the Divine greatness of Jesus Christ in the West, called a truce by the fusion of both Parseeism and Christianity with itself.この東洋の精神-アッティスアジアのマイナー、 i starのバビロニア、エジプトのイシス、 c osmogonic伝承の占星術と、アジアの世界-最初の痛みに悩まされるah uramazdaの東、と入力し、神の偉大さに圧倒されたイエスキリストに西欧では、停戦されると呼ばれる核融合の両方のparseeismとキリスト教とそのものです。 It tried to do for the East what Neo-Platonism tried to do for the West.これを行うには、東にしようとネオプラトン哲学は何しようとこれを行うにするために西部です。 During at least two centuries it was a real danger to Christianity, though not so great as some modern writers would make us believe, as if the merest breath might have changed the fortunes of Gnostic, as against orthodox, Christianity.中に少なくとも2つの世紀それは本当の危険性をキリスト教には、近代的ではありませんので大きな作家としていくつかの問い合わせと信じすれば、ほんのとしての場合、息のかもしれないグノーシス主義で巨万の富を変更して、正統派として反対、キリスト教です。

Similar things are said of Mithraism and neo-Platonism as against the religion of Jesus Christ.同じようなものはネオプラトン哲学によると、ミトラ教とイエスキリストの宗教として反対する。 But these sayings have more piquancy than objective truth.しかし、これらのことわざが客観的真実よりも他のピリッと辛いです。 Christianity survived, and not Gnosticism, because the former was the fittest -- immeasurably, nay infinitely, so.生き残ったキリスト教、グノーシス主義ではなく、元は、お似合いのため、 -計り知れない、いや無限に、これです。 Gnosticism died not by chance, but because it lacked vital power within itself; and no amount of theosophistic literature, flooding English and German markets, can give life to that which perished from intrinsic and essential defects.グノーシス主義ではなく、チャンスが死亡したが、生命力に欠けているためそれ自体、およびtheosophistic量のない文学、洪水、英語とドイツ語の市場は、人生を与えることが本質的に、必要不可欠な欠陥が死んでからです。

It is striking that the two earliest champions of Christianity against Gnosticism -- Hegesippus and Irenaeus -- brought out so clearly the method of warfare which alone was possible, but which also alone sufficed to secure the victory in the conflict, a method which Tertullian some years later scientifically explained in his "De Praescriptione".それは目を見張るものは、キリスト教に対する2つの最古のチャンピオンズグノーシス主義-h egesippusとエイレナイオス-赤字解消のための戦争を明確にする方法だけでは可能ですが、これも単独での勝利を確保するsu fficed紛争は、いくつかのメソッドをテルトゥリアヌス数年後科学的に説明して彼の"デpraescriptione "です。 Both Hegesippus and Irenaeus proved that Gnostic doctrines did not belong to that deposit of faith which was taught by the true succession of bishops in the primary sees of Christendom; both in triumphant conclusion drew up a list of the Bishops of Rome, from Peter to the Roman bishop of their day; as Gnosticism was not taught by that Church with which the Christians everywhere must agree, it stood self-condemned. hegesippusとエイレナイオスの両方が立証されたグノーシス主義の教説をしなかった預金に属して信仰の真の後継者が教えられたのは、キリスト教の司教は、プライマリ;の両方で意気揚々と結論するにドリューの司教のローマのリストを、よりピーターは、ローマ司教の日;として教えられたことはないグノーシス主義教会とキリスト教徒は、どこに同意しなければ、自己非難立っていた。

A just verdict on the Gnostics is that of O. Gruppe (Ausführungen, p. 162); the circumstances of the period gave them a certain importance.公正な判決を検索するには、 gnosticsのo.グラップ( ausführungen 、 p. 162 ) ;の状況を、特定の重要性を授けたの期間です。 But a living force they never were, either in general history or in the history of Christendom.しかし、彼らの生活力がない、一般的に歴史のいずれか、またはキリスト教の歴史をします。 Gnosticism deserves attention as showing what mention dispositions Christianity found in existence, what obstacles it had to overcome to maintain its own life; but "means of mental progress it never was".グノーシス主義値する注意処分として、キリスト教が見つかりました、表示中どのような存在に言及、どのような障害を克服することは、独自の生活を維持する;しかし、 "精神的な進展がない手段は、 "です。

Publication information Written by JP Arendzen.出版物の情報執筆者jp arendzenです。 Transcribed by Christine J. Murray.クリスティンj.マーレー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VI.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅥ 。 Published 1909.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認、 1909年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです