Theology of Hope, Hope Theology神学の希望、希望の神学

General Information 総合情報

Professor of systematic theology at the University of Tubingen, West Germany, since 1967, Jurgen Moltmann, b.教授は、大学の神学体系テュービンゲン、西ドイツで、 1967年以来、ユルゲンモルトマン、 b. Apr. 8, 1926, is one of the leading proponents of the "theology of hope." 1926年4月8日は、 1つの主要な支持者は、 "神学の希望です。 " He believes that God's promise to act in the future is more important than the fact that he has acted in the past.彼は神の約束をすると考えて行動するよりも、将来は、もっと重要な事実を彼は行動を編集して項目です。 What is implied by this focus on the future, however, is not withdrawal from the world in the hope that a better world will somehow evolve, but active participation in the world in order to aid in the coming of that better world.何がこの黙示的に焦点を当てる将来的には、しかし、世界ではないからの離脱を期待してよりよい世界に何らかの進化が、積極的な参加を支援するために、世界は、よりよい世界が到来した。 Moltmann's works include Theology of Hope (1964), Hope and Planning (1971), Man (1971), The Experiment of Hope (1975), Experience of God (1979), On Human Dignity (1984), and God in Creation (1986).モルトマンの作品は、神学の希望( 1964 ) 、希望と計画( 1971 ) 、男( 1971 )は、実験の希望( 1975 ) 、経験の神( 1979 )は、人間の尊厳( 1984 ) 、および、神の創造( 1986 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 書誌事項
AJ Conyers, God, Hope, and History (1988); MD Meeks, Origins of the Theology of Hope (1974). conyersのAJ 、神がわたしたちを、希望を、と歴史( 1988 ) ;メリーランドミークス、起源は、神学の希望( 1974 ) 。


Theology of Hope希望の神学

Advanced Information 高度情報

In the late 1960s a new approach to theology emerged. 1960年代後半には、神学への新しいアプローチが浮かび上がってきた。 Its early leaders were Germans who attempted to do theology and understand the mission of the church from a shift in interpretative perspective.その初期の指導者がこれを行うにドイツの神学whoしようと使命を理解して教会の視点からの転換を解釈します。 This new approach is a resurrection - centered theology, in the awareness that Christ's resurrection is the beginning and promise of that which is yet to come.この新しいアプローチは、復活-を中心と神学、キリストの復活と知っていることは、開始日と約束したことは、これはまだこれからだ。 The Christian is to be seen as a "hoper," who is impatient with evil and death in this present age.は、キリスト教がされると見られる" hoper 、 " whoはせっかちな悪と死を、この現在の年齢です。 The church is seen as a disquieting entity, confronting society with all its human securities, empires, and contrived absolutes.教会が見える不穏なエンティティとして、社会に直面し、すべての人間の有価証券、エンパイア、および人為的原理です。 The church awaits a coming city and, therefore, exposes all the cities made with hands.教会に来るのを待っ市と、そのため、公開のすべての都市の手に作られています。 This form of theology exists in dialogue with other visions of the future, especially Marxism, and it stands against the individualism of liberal pietist and existential theologies.このフォームの対話の神学が存在する他のビジョンを将来的には、特にマルクス主義、およびそれに立ち向かいますpietistとリベラルの個人主義の実存theologies 。 In some ways it is orthodox, and yet politically it can be quite radical.正統派のいくつかの点でこれは、政治的にはまだありませんが非常に過激なことができます。 Third World churches have been deeply influenced by the theology of hope.第三世界の教会の影響を受け、神学も深く希望します。

Undoubtely a central figure of this new theology is Jurgen Moltmann. undoubtelyの中心的な人物は、次の新しい神学は、ユルゲンモルトマンです。 The most influential work by Moltmann is his Theology of Hope, published in English in 1967.モルトマンで最も影響力の作品は彼の神学の希望は、英語を1967年に公開されます。 This book is merely part of a wealth of material now being produced by Moltmann.この本は単に豊富な素材の一部として制作された現在、モルトマンです。 It is a work of sustained spiritual force and systematic power, written when Western culture was in great ferment.仕事をすることが持続的な霊的な力と系統電力、書かれたときに、西洋の文化はとても発酵させる。 Theology of Hope speaks of an understanding of God as being ahead of us and the one who will make all things new.神学の希望の神への理解を話すのを控えされて我々と1つのwhoは、すべてのものに新しい。 He is known now in his promises.彼は今すぐに彼の約束を知られています。 It speaks to a world vividly aware of the "not yet" dimensions of human and social existence, and of the fact that hope at its human level is of the stuff of meaningful existence.世界を鮮やかにして話すことを認識して"まだ"外形寸法人間と社会の存在、との期待という事実は、その人間のレベルが存在するものを意味します。 Within this sort of situation, sustained by a renewed confidence in the eschatological or apocalyptic vision of Scripture, and reacting to the individualistic exaggerations of theological existentialism (eg, Bultmann), Moltmann has sought to rethink theology.にこのような状況では、持続的な信頼をリニューアルされた終末論や黙示録的なビジョンを示す啓典、および個人的に反応するのは誇張の神学的実存主義(例えば、ブルトマン) 、モルトマン神学は再考を模索してきた。

Eschatology is not to be seen as the last chapter in a theology textbook but the perspective from which all else is to be understood and given its proper meaning.終末論ではないとしての最後の章を見て、神学の視点からの教科書が、これ以外はすべてを理解し、その適切な意味を与えられた。 For Moltmann eschatology is the key or central concept from which everything else in Christian thought is set.終末論をモルトマンは、キーを押すか、ほかのすべての主要な概念からキリスト教の思想が設定されます。

Moltmann sees the entire story of Israel as a unique historic pilgrimage as Israel is confronted by the God of promise.モルトマンは全体としてのイスラエルの物語としてイスラエルは独自の歴史的な巡礼の神の約束に直面されています。 Israle's entire identity is in light of the promises of God. israleの明かりの中で、全体のアイデンティティは、神の約束します。 In Jesus Christ the future kingdom is present, but as future kingdom.王国の将来にイエスキリストが存在する場合、しかし、将来の王国です。 His resurrection is the firstfruits of the resurrection and can have meaning only within that universal horizon of meaning.彼の復活は、初穂の復活とすると、その普遍的には意味の地平線の意味のみです。 Christian life and salvation are firstfruits, living in the promise of the future of God in Christ.キリスト教の命と救いは、初穂、将来に住んで神の約束を、キリストです。

The church is to be seen as the people of hope, experiencing hope in the God who is present in his promises.を見て、教会は人々の希望として、体験希望は、神が存在するwho彼の約束します。 The coming kingdom gives the church a much broader vision of reality than a "merely" private vision of personal salvation.教会の王国は、今後のビジョンを現実よりもはるかに広い"単に"民間のビジョンの個人救いです。 The church is to contest all the barriers that have been constructed by man for security; it challenges all structures that absolutize themselves, and all barriers erected between peoples in the name of the reality that is to come in Jesus Christ.その教会は、コンテストのすべての障壁を建設さのために男性とされている安全保障;課題のすべての構造を絶対化すること自体、およびすべての障壁の名の下の人々の間に建てられたのが現実ではイエスキリストに来るのです。 The coming kingdom creates confronting and transforming vision for the mission of the people of God.王国対決と形質転換、今後のビジョンを作成し、人々が神の使命です。

Although Moltmann is perhaps most conspicuous, he is not the only theologian of hope.モルトマンは、おそらく最も顕著なものの、彼は神学者の希望だけではない。 Lutheran theologian Wolfhart Pannenberg is another who has become quite well known in the United States since the late 60s.ルター派神学者パネンベルクは別のwhoになったボルフハルト非常によく知られて以来、 60年代の後半、米国します。 His editorship of a programmatic work, Revelation as History (1968), and his Jesus, God and Man (1968) have already given him a significant place on the theological map.彼の編集作業は、プログラム、啓示としての歴史( 1968 ) 、と彼のイエスキリストは、神と人間( 1968 )はすでに彼に与えられた重要な場所を検索する神学上の地図です。 In Revelation as History, Pannenberg has produced a key essay containing "Dogmatic Theses on the Doctrine of Revelation."啓示としての歴史、パネンベルクは、エッセイを含むキーを生成する"独断的な論文を検索する教義の啓示です。 " In this work we find an understanding of all reality in terms of the eschaton, the Christ event as the beginning, proleptically, of that future, and of the concept of God as the God of the future.この作品私たちの理解を見つけるのすべての現実をご利用のeschatonは、イエスキリストの最初のイベントとして、 proleptically 、その将来的には、神との概念として、将来の神のです。

Apocalyptic is the key theological category, for only at the end will God be seen as God, and only in the light of this end is the resurrection of Jesus Christ seen in its proper universal context.終末論的神学的なカテゴリの鍵は、神のみの最後には神に見られる、との光だけでは、次のエンドの開発が、イエスキリストの復活の適切な普遍的に見られるコンテキストです。 Pannenberg's massive work on Christology is a further attempt to rethink this crucial doctrine "from the end."パネンベルクのchristologyは、より詳細な大規模な仕事をしようと、この重要な教義を再考する"からの最後にします。 " Jesus Christ is defended as very God and very man, and the resurrection is defended as an event in history and given meaning by placing it within an apocalyptic conceptual horizon.イエスキリストは神と非常に非常に男として擁護し、擁護としての復活イベントでは、与えられた歴史と終末論的な意味を配置することに概念的な地平線です。 Here, indeed, is a new and promising attempt to defend and affirm the church's witness to Christ as God and man.ここでは、実際には、有望な新しい試みを守ると断言すると、イエスキリスト教会の目撃者として、神と人間です。

From a much more political emphasis comes the work of Catholic theologian Johannes B Metz.より、はるかに政治的なカトリック神学者の仕事を重点にヨハネスbメッツです。 In his Theology of the World (1968) we have a serious attempt to rethink the mission of the church in light of the future orientation of bibical faith.彼の神学の世界( 1968 )私たちは、深刻な試みを再考する教会の使命は、将来の方向性に照らしてbibical信仰です。 Lutheran theologian Carl Braaten is perhaps the leading American advocate of this sort of theology and its meaning for theology and church.ルター派神学者の主要アメリカンカールbraatenは、おそらく、この種の神学の提唱者とその意味を神学と教会です。 His programmatic work is The Future of God (1969).彼のプログラムは、将来の仕事神( 1969 ) 。

It is, of course, true that since the publication of Albert Schweitzer's The Quest of the Historical Jesus at the turn of the century, the church has been vividly aware of eschatology.これは、もちろん、事実だが、以来、出版物のアルベルトシュバイツァーの歴史的なイエスキリストのクエストは、世紀の変わり目に、ありありと認識され、教会の終末論です。 But what was to be done with it?しかし、何が実行されることですか? Was it merely a first century conceptual "husk" (Harnack)?第一世紀の概念だった単なる"抜け殻" (ハルナック)ですか? Was it the vivid mythological language of existential ultimacy (Bultmann)?鮮やかな神話の言語だったの実存主義の最後(ブルトマン)ですか? Was it merely a mistake replaced by the church (Loisy)?間違いだっただけに置き換えられて教会(ロアジー)ですか? No, say the theologians of hope.いいえ、神学者によると、希望します。 They have studied the bibical witness long and hard.彼らは長いとハード側の証人bibical研究しています。 They have listened seriously to the philosophical climate of their time, especially sharpening their historical awareness through the left wing of the Hegelian tradition (Feuerbach, Marx, and Bloch).彼らは、哲学的に真剣に耳気候の時間を、特にその歴史的な意識を研ぎ、ヘーゲル左派の伝統(フォイエルバッハ、マルクス、およびブロッホ) 。 They contend that the time has come to rethink theology in light of the telos.彼らは、論争を再考する時が来て神学に照らして、目的因です。

Theological reflection can take several styles.神学的反射にはいくつかのスタイルです。 One approach is to take one doctrine as central and think from it to the rest of one's theological agenda. 1つのアプローチとしては、中央教義を持っていくと思うからそれを1つの神学的な議題の残りの部分です。 The central doctrine becomes the hub and other doctrines are the spokes of a conceptual wagon wheel.教義が、ハブの中央や他の教説を概念的には、荷馬車の車輪のスポークです。 Luther did this with great power with the doctrine of justification; Barth, likewise, with the incarnation of the Son.ルーサーは偉大な力でこれを正当化の原則;範囲は、同様に、息子の化身のです。 Theologians of hope have made eschaton their conceptual center.神学者の希望に概念的センターはeschatonです。 Their first move is to use this center to affirm the meaning and significance of Jesus Christ.その最初の動きは、このセンターを使用する意味と意義を確認してイエスキリストです。 The eschaton is not an embarrassment; rather, it gives Christianity both personal and universal significance in a world that thinks, plans, and dreams in terms of future fears, hopes, and schemes. eschaton恥ずかしさではないのではなく、これにより、個人とキリスト教の両方の世界を普遍的意義があると考え、計画、および将来の夢をご利用の懸念、期待、およびスキームを保存します。 Further, this form of doing theology provides a way of seeing the mission of the church in terms of the larger issues of man in community and the question of revolution.さらに、このフォームを引き受ける神学では、道の使命は、教会で見て大きな問題点をご利用の男革命のコミュニティとの質問です。 The promise of this effort remains to be fully seen.遺跡の約束は、次の努力が完全に見える。 Surely from their own perspective no theological model can be absolute.確かに独自の観点から神学的なモデルは絶対ない。

On the critical side, questions certainly arise.上の重要な側面、ご質問確かに発生します。 It seems that with all the focus on the end, a simple question arises about the beginning.とみられるとのすべてのに焦点を当てるの最後には、素朴な疑問が生じたについては、開始します。 How does the creation and fall fit in?どのようにして創作と秋に収まるですか? Would it be as easy to conceptualize a sort of dualism with God finally "winning" in the end?それと同じように簡単に並べ替えの二元論をconceptualize神最後に"優勝"との終わりですか? Surely this is not contemplated, but what is?本当にこの契約ではない、しかしって何ですか? Further, Moltmann seems to have much difficulty incorporating any thought of a future judgment as condemnation.さらに、多くの困難を組み込んだモルトマンように考えて、将来の任意の判断として非難します。 But if the Christ - event is the "presence of the future" and if it is the clue to the destiny of all, then is the church in its witness and mission anything more than the harbinger of the truth of all men?しかし、イエスキリストの場合、 -イベントは、 "将来の存在を"との手掛かりを与える場合にはすべての運命を、入力し、教会では、その証人と使命以上の何かの前触れの真実性をすべての人ですか? Is there no real discussion to be made?は本当の議論することはないのですか? Is there no real discussion to be made?は本当の議論することはないのですか? Is there no condemnation in the future?非難は、将来がないのですか?

Resurrection in the Bible is unto either life or condemnation.かれらの復活は、聖書は人生や非難のいずれかです。 Finally, is this theology no more than a sign of the times?最後に、この神学はないの倍以上のサインですか? Because our materialism and narcissism have blinded us to God as a living presence, have we now conjured a theology to somehow account for this by putting him into the future?目が見えなくなるため、私たちが先に自己陶酔的唯物論と神の存在としての生活は、今すぐconjuredわれ神学を何らかの方法でアカウントを彼にこれを入れていきたいですか? Has virtue (hope) become the child of tragic necessity?が美徳(希望)になる悲劇的な必要性の子ですか? Criticisms such as these, however necessary, need not keep us from exploring the possibilities of thinking "from the telos."これらの批判の声のような、しかし必要な、問い合わせから維持する必要はないの可能性を探求する思考"からの目的因です。 "

SM Smith小スミス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
F Herzog, ed., The Future of Hope; ME Marty and DG Peerman, eds., New Theology No. 5; W Capps, Time Invades the Cathedral; J McQurrie, Thinking about God; DP Scaer, "Theology of Hope," in Tensions in Contemporary Theology; JM Robinson and JB Cobb, eds., Theology As History. fヘルツォーク、エド。 、将来への希望;私マーティーとdg peerman 、のEDS 。 、新しい神学ナンバー5 ;ワットキャップス、時間侵入する大聖堂;無しmcqurrie 、考えて神;発scaer 、 "神学の希望、 "での緊張を現代の神学; jmロビンソンとjbコッブ、のEDS 。 、神学としての歴史です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです