An Inclusive Religion包括的宗教

Virtually all religious organizations seem to believe that they alone know ALL of the correct answers regarding religion.事実上すべての宗教団体と考えているように見えるだけ知って彼らのすべての宗教についての正しい答えです。 As a direct consequence of this attitude, they also believe that ALL OTHER belief systems are automatically wrong.このような態度の直接の結果として、また、他の信念と思われるすべてのシステムが自動的に間違っている。 If it should actually be that any of them are correct about this, then the vast majority of people on Earth have been wasting their effort at Worshipping!その場合は、実際には、それらの任意のが正しいかについては、その後、地球上で圧倒的多数の人々が彼らの努力は無駄に崇拝!

Our attitude is different.私たちの態度が異なっています。 We acknowledge that we humans certainly have limited capabliity of understanding God and His doings.確かに私たち人間を認めることが限らcapabliity神と神の所業を理解します。 This is actually a good thing!これは、実際にはいいこと! If even ONE of us TOTALLY knew AND UNDERSTOOD the entirety of God's Plan, then that person would be "equal" to God.私たちの場合も1つの全体を完全に知っていたと理解して、神の計画と、その人は"平等"を神します。 This is not only impossible, but it would be bad even if it could ever occur, because we humans would tend to misuse such unlimited knowledge (and power).これは不可能なだけでなく、それがたとえそれが悪いまでに発生するため、私たち人間はこのような無制限の知識を悪用する傾向がある(とパワー)です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Therefore, it seems a logical certainty that ALL existing religions are incorrect when they claim to UNDERSTAND all of God's Plan.したがって、このように論理確実に既存のすべての宗教が間違ってかれらのすべての主張を理解し、神の計画です。 They each probably actually can SEE it, primarily because they have a Book, like the Bible or the Torah or the Koran, that lays it all out.おそらく、実際にはそれぞれを参照し、主なため、彼らは、予約のように、聖書やコーランの律法や、すべてのアウトを産むことです。 But total, true understanding of all aspects of religion and spirituality are clearly beyond human capability.しかし、合計で、真の理解を霊性のあらゆる側面を宗教とは明らかに人間の能力を超えています。 We can certainly get really good ideas about some aspects of His Plan, and so our various religious groups choose to act and think in certain ways to follow those understandings.確かに私たちは本当に良いアイデアを考えたときに彼の計画についてはいくつかの側面を、宗教団体など様々な選択して行動し、よく考えて、特定の方法を以下に理解します。 The point being made here is that there are "gaps" in the understanding of EVERY religious belief system we humans have.その点は行われて、ここには、 "ギャップ"での理解を深めてシステムのすべての宗教的信念が私たち人間です。 Unfortunately, we are not as perfect as we would like to think we are and we are not perfectly intelligent or perfectly logical!残念ながら、我々は我々が望むような特定として完璧を考えると私たちは、完全に我々はインテリジェントまたは完全に論理的!


Each existing religion (optimistically) believes that They alone have the complete understanding of just what God is and how we are supposed to please and appease Him.それぞれの既存の宗教(楽観的)と考えている彼らだけでは、完全に理解するだけでどのような神は、どのように我々は彼をなだめるとします。

If this were actually the case, then the implicit assumption is that All other human members of All other denominations and All other religions are Wrong, no matter how insightful, how intelligent or how committed to their beliefs they may be.もしこれが実際の場合は、暗黙の前提入力し、すべての人間のメンバーは、他のすべての宗派およびその他のすべての宗教は間違っは、どんなに洞察力、どのようインテリジェントまたは自分の信念をどのようにコミットがあります。 This may seem realistic and possible if there are only a few hundred or a few thousand believers of such an erroneous belief system, or if the believers are so naive and trusting as to blindly follow some smooth talking leader.このように思えるかもしれません現実的かつ可能な場合にはわずか数百あるいは数千信仰する者よ、このような誤った信念体系か、または場合は、信者たちは非常に素朴と信じて疑わないとしていくつかの滑らかな話を盲目的に従うのリーダーです。 Many cults can be discounted for such reasons, but how about the 800 million current Roman Catholics who have followed relatively constant beliefs for nearly 2,000 years?多くのカルトできる割引などの理由により、 800000000しかし、どのようについては、現在のローマカトリック教徒whoはその後2000年近く比較的一定の信念ですか? Can Protestants just dismiss ALL of them as stupid?それらのすべての解任は、プロテスタントとして愚かなだけですか? Even if most were, doesn't it seem likely that at least a few have the Faith and depth of belief to truly know and worship God?たとえほとんどの人は、高いように見えることはありませんが、少なくとも数は、信仰と信念を本当の意味の深さを知っていて、神を崇拝ですか? Doesn't it seem arrogant to immediately dismiss all of them?ごう慢なことはありませんように見えるのすべてのことをすぐに解任ですか?

And what about all the other Protestant denominations?との他のすべてのプロテスタント宗派についてはどうですか? Can ONE arrogantly believe that all the others are wrong and only THEY are right?横柄なことと思われる1つのすべての人が間違って彼らは権利だけですか?

A large Denomination (of a million true believers) would still be assuming that the other 5,000 millions of living people are Lost and thereby destined to miss the opportunity of entering Heaven.大きな宗派(百万真の信者)はまだ5000と仮定して、他の何百万もの人々の生活が失われると運命が天国に入る機会を見逃す手はない。 Since nearly 2,000 millions of these currently consider themselves Christians (Catholic or Protestant or Orthodox) and thereby believe that they will each have that opportunity, it is tempting to conclude that the narrowness of the view of each Denomination (of excluding Salvation of all others) must be incorrect. 2000年以来ほぼ現在のところ考えていること、これらの何百万ものキリスト教徒(カトリックやプロテスタントや正統派)と思われるもってかれらは各々その機会を生かし、それは魅力的な狭さを締結して、対象の各宗派(他のすべての救いを除く)しなければならない間違っています。

Looking at this from another perspective, does it seem likely that our Loving, Compassionate, Caring Lord Jesus would participate in running such a blatantly unfair system?この別の視点から見て、私たちはそれを愛するように見える可能性、思いやり、思いやりの主イエスキリストが参加してこのような露骨に不公正なシステムを実行中のですか? Where the vast majority of people who devote their lives to Him, and who are passionate in that Devotion, would be automatically banned from Heaven, just because they had chosen the wrong Church to walk into?ここでの圧倒的大多数の人々の生活をささげるwhoをしてしまったら、 whoは、情熱、その献身的な愛情と、自動的に禁止さが天国から、間違った選択したといっていた教会を歩いてですか? Jesus would never allow such a thing!イエスキリストは決してそのようなことを許可!


It would seem that the most logical resolution to this problem is for each Church, Mosque and Temple to recognize that THEIR understanding is TOTALLY CORRECT but incomplete (which is equally true of all the others) and that their various Faiths and Denominations are, in actuality, just subsets of those who have found a correct and proper way of Worshipping God. A movement toward non-Denominational Christian churches and general belief in Christ has been rapidly growing in recent years which partially accomplishes this goal.どうやらのようである。 、最も論理的解決方法この問題は、各教会、モスクや寺院には完全に正しい理解と認識して彼らが不完全な (これは、他のすべての真の平等)とし、様々な宗教や宗派には、実際には、これらのサブセットをwhoが正しいか、適切な方法を見つけたの神を崇拝して無宗派の動き全般の信仰をキリスト教、キリスト教会やされ、近年急速に成長し、この目標達成の部分です。

In 1522, Martin Luther wrote: "Let us abolish all party names and call ourselves Christians, after him whose teaching we hold . . . I hold, together with the universal church, the one universal teaching of Christ, who is our only Master." 、 1522 、マーティンルーサー書いた: "ご連絡を廃止するすべての当事者の名前と電話キリスト教徒たちは、彼の授業を開催した後。 。 。 。 。私ホールド、ユニバーサルと一緒に教会、キリストの教えの1つの普遍的、 whoは私たちだけのマスターです。 "

This movement toward non-Denominationalism, essentially an acknowledgement of our limitations in fully understanding our Faiths, is definitely moving in the right direction.この非分派主義への動きは、本質的に謝辞を私たちの制限が私たちの信仰を十分に理解し、正しい方向に進んでは確かです。 It could continue even further, to welcome Catholics, Orthodox, Jews, and even Moslems.さらに続けることが、カトリック教徒を歓迎、正統派、ユダヤ人、イスラム教徒とさえします。 After all, all of these belief systems worship the SAME God/Father/Allah/Jehovah and recognize the importance of Adam, Abraham, Moses and the Ten Commandments.結局のところ、 これらのすべての信念のシステムと同じ神を崇拝/父/アッラー/エホバの重要性を認識してアダムと、イブラーヒーム、ムーサーと、十戒です。 They differ in their separate understandings of just what God expects of us mortals and in how we are to Worship Him.彼らの違いは別々の理解だけでなく私たち人間とどのような神の期待に我々はどのように仕えなさい。 Many times, these differences in understanding arose based on slightly different societal environments or different translations or versions of Biblical source materials.何度も、これらの違いを理解するに基づいて若干異なる社会的環境が生じたまたは別の技術情報の翻訳や聖書のバージョンのソースの材料です。

What if these major religions are actually just subsets of humans who believe in God?これらの主要な宗教は、実際にはどうすればわずかwho神を信じる人間のサブセットですか? This is possible, and actually even logical.これは可能で、実際にも論理的です。 We Protestant Christians, Roman Catholic Christians, Orthodox, Jews, and Muslims may just be using different procedures to worship our One and Only and same God.私たちプロテスタントのキリスト教徒は、カトリック教徒、キリスト教徒、正統派、ユダヤ人とイスラム教徒の5月だけで礼拝を使用して別の手続きを私たちと同じ神を1つだけです。 For Christians, He provided Jesus as the focal point of religious belief.のキリスト教徒は、イエスキリストとして提供する彼は宗教的信念の焦点です。 Once a person has accepted Jesus as his personal Savior and become a Christian, he has established a relationship with God.一度、人は彼の個人として受け入れ、イエスキリスト教の救世主となって、彼は神との関係を確立します。 Similarly, if a person accepts the Prophecy of Mohammad as the proper path, he has established a different but equally valid relationship with Allah (God.) Different procedures may have been appropriate to establish the God - relationship because of differing social orders and structure.同様に、人に受け入れていく場合に、適切なパスを予言のモハマドとして、彼は別のしかし、同様に有効な関係を確立し、アッラーの御( god. )別の適切な手続きを確立するかもしれないの神-関係のために社会秩序や構造が異なる。 God's infinite insight and wisdom would have realized just which vehicle would be most appropriate for those peoples at those specific times and places.神の無限の洞察力と知恵を実現するだけの車両が最も適切なのはこれらの人々はそれらの特定の時間と場所です。

If a particular society did not generally revere and respect Moses or Jesus or Mohammad, that particular society would probably not be likely to learn to follow God through that particular vehicle.通常の場合、特定の社会リビアと尊敬をしなかったムーサーやイエスキリストやムハンマドは、その特定の社会は、おそらくなされない可能性が高いことを学ぶに従う神を通じて特定の車両です。 God may have chosen to approach different peoples, at different times, in different ways, but always with the same goal - a stable society with consistent rules of conduct and which generally or universally worships only Him.神の5月の異なる人々のアプローチを選択して、時を異にし、さまざまな方法で、 しかし、いつもと同じ目標 -安定した社会のルールを行うとの整合性や普遍的崇拝一般に彼だけです。


Let's look at a chronology of God's interaction with humans:年表を見てみましょう。神の人間の相互作用:

The Garden of Eden and The Fallエデンの園との秋に

The Flood洪水

Need For The Ten Commandments必要性を、モーセの十戒

The Babylonian Captivityのバビロン捕囚

Jesusイエスキリスト

Mohammadモハマド

Modern History近現代史

This still leaves about half of the present world's population who do not yet actively follow Him.このまだ葉の約半数が、現在の世界の人口のwhoはありません積極的に従う彼はまだありません。 This might yet cause God to come up with new and alternate ways of getting the remaining humans to see His light.この原因はまだありません神になるかもしれない新しいと代替方法の就学許可証の残りの人間が自分の光を参照します。 If so, maybe He WILL cause other prophets (or maybe even another future Savior) to appear to initiate additional new groups to worship Him.もしそうならば、もしかしたら彼が原因で他の預言者(または別の将来の救世主かもしれない)が表示される新しいグループを追加を開始するに仕えなさい。 Then we humans have to deal with the question of whether such an individual actually does represent God"s will or whether he is merely a mortal with a personal agenda driven by evil.それから私たち人間がいるかどうかの質問に対処するには、実際にはこのような個々の神を表す" sは致命的かどうか彼は単なる個人的な議題と邪悪な駆動されます。

Whether Smith (Mormons) or Koresh (Branch Davidians) or many other purported Prophets actually represent God can be a tough call - especially from believers within the Denominations or sects which follow that individual.かどうかスミス( mormons )またはコレシュ(支店davidians ) 、または数多くの神を表すという主旨の預言者、実際には、タフなコール-特に宗派や宗派の信者たちには個々に従うだけです。 It is very tempting for humans to want to follow someonw who claims to know all the answers!ことは非常に魅力的に従うために人間をsomeonw who主張したいのすべての答えを知って! Such individuals could conceivably be bringing new insights to us from Him which are necessary to cope with modern existence.ひょっとするとこのような個人がもたらす新たな洞察力を先に彼がよりモダンな存在への対処が必要です。 Then again, they may be Satan - driven.入力し、再度、彼らがありますサタン-駆動します。 Each individual human must decide whether to follow or not / whether to invest Faith in such person's teachings or not.個々の人間の必要がありますかどうかを決定に従うかどうか/信じているかどうかに投資するかどうかなどの人の教えします。 Jesus knew that we would be faced with such dilemmas, and He warned us to be wary of false Prophets.イエスキリストを知っていたことを私たちはこのようなジレンマに直面する、と彼は警告問い合わせは、 falseの預言者を警戒する。

If we each are willing to acknowledge our pitifully limited understanding of these matters, we might be willing to consider that other fervent and devout believers, whether Protestant, Catholic, Orthodox, Jewish, Muslim or others, may indeed have an equal but different basis for belief in God, as related to ourselves.私たちは喜んでいる場合、各悲しいほど限られた私たちの理解を認めるこれらの問題は、私たちかもしれないと喜んでを考慮して他の熱烈な敬けんな信仰する者よ、かどうかプロテスタント、カトリック、正統派、ユダヤ人、イスラム教徒やその他、 5月実際には対等な根拠が異なる神への信仰を、自分に関連しています。 In such an environment, we may all be able to learn much more (from each other) and as a consequence, find ways to better live in harmony with others with whom we don't always see eye to eye.でこのような環境では、すべてのことを学ぶことがありますはるかに(お互いに)すると、結果として、より良い方法を見つけると調和して他の人が住んでいるわけではありませんので誰の目に目を参照しています。 I, as a Protestant Christian, should show tolerance, understanding, and patience for believers of these other of God's religions.私は、キリスト教プロテスタントとして、寛容さを見せるが、理解と忍耐を信仰する者よ、これらの他の神の宗教です。 That is the approach that Jesus Taught me!それはイエスキリストのアプローチを教えてくれた! That attitude should NOT be extended to groups or religions which do not worship and revere God, such as pagan or sorcery groups.拡張されるような態度ではないグループや宗教や神をあがめる崇拝されていないなど、異教や魔術グループです。

Most religious leaders in each of the religions discussed here believe that ONLY their system is correct and proper.ほとんどの宗教指導者がそれぞれの宗教についての議論が正しいと思われるだけに、適切なシステムです。 This essay is meant to suggest that EACH probably ARE totally correct and proper FOR THAT SOCIETY.このエッセイは、それぞれの意味を提示することは完全に正しいと、おそらく、その適切な社会です。 God obviously knows about the great diversity of humans.神の偉大な多様性を明らかに人間について知っていることです。 We tend not to ALL agree on almost anything!私たちすべてに同意する傾向ほとんど何もしないように! This essay is meant to suggest that He has apparently presented to mankind at least three very different and distinct ways of Worshipping Him, Judaism, Christianity and Islam, but that all three are recognized and appreciated by Him.このエッセイとなることを示唆して彼は明らかに提示さと人類の少なくとも3つの非常に異なる方法をはっきりと彼を崇拝、ユダヤ教、キリスト教とイスラムが、その3つすべてのが認識され、感謝されていた。 Some modern societies are just not willing to accept Judaism or Christianity, but maybe they will embrace Islam, which would give them a method of Worshipping God/Allah.現代社会は、いくつかの特定を喜んで受け入れるだけユダヤ教や、キリスト教、イスラム教を受け入れるでも多分、かれらは、これはかれらに与える神を崇拝するメソッド/アッラーです。 Other societies might find Christianity more acceptable and embrace that.他の社会見つけるかもしれないとキリスト教の他の抱擁を受け入れています。 Others still, Judaism.他人とはいえ、ユダヤ教です。 None of the three are better or worse than the others, just different.いずれの3つは良くも悪くも、他のよりも、単に違う。 A person would be initially free to choose any of the three, but once that decision was made, total commitment must be made to THAT Faith and all it includes.ある人は、最初の3つのいずれかを選ぶ自由が、しかし、一度に決定された、トータルコミットメントしなければならない、その信仰とすべてが含まれています。 Devout commitment to whichever Faith is chosen is the important part.敬けんなコミットメントを信仰のいずれかが選択さは、重要な部分です。


I cannot claim to see any way to "harmonize" all of the various beliefs in God among the three principle religious systems that believe in one God (Christianity, Judaism, and Islam).私を参照することはできません任意の方法を主張する"調和"のすべての様々な信念のうちの3つの原則に、神の存在を信じる宗教的なシステムを1つの神(キリスト教、ユダヤ教、イスラム教) 。 But I toss the following speculations out for further consideration:しかし、私は、次の憶測投げてさらに検討するために:

Muhammad did not understand the concept of the Trinity in Christianity.ムハンマドの概念を理解しなかったが、キリスト教のトリニティです。 When he saw that Christians were revering Jesus as a Divine God, he saw that as challenging God's (Allah's) First Commandment, that there is but one God.彼はそのとき、イエスキリスト教徒がrevering神の神として、彼は見たこととしてやりがいの神の(アッラーの)第一の戒め、それにはしかし、 1つの神です。 To Muhammad, Jesus appeared to be a SECOND God, in obvious violation of the First Commandment.をムハンマド、イエスキリストが登場される2番目の神は、明白な違反して第一の戒めです。 As a result, Muhammad centrally focused all of his beliefs on there being ONE GOD, and the most important Prayer in Islam clearly states that fact.その結果、中心部に集中ムハンマドのすべての彼の信念がそこに1つの神となり、イスラム教の最も重要な祈りの事実を明確に表示されます。

What if Muhammad had clearly understood the Christian concept of the Trinity?ムハンマドはどうすればキリスト教の概念を明確に理解して、トリニティですか? He would then have realized that Jesus actually WAS Allah / God!彼は実感して入力し、イエスキリストが実際には、本当にアッラー/神よ! Muhammad would then have NOT considered Jesus as being a SECOND God, but actually the ONE and ONLY God, Allah!ムハンマドはイエスキリストを考慮されていない2番目の神、しかし、実際には1つだけの神、アッラー!

Other than this matter, Christianity and Islam are remarkably similar, in beliefs, in historical (Old Testament) origins, in virtually everything!この問題以外に、キリスト教とイスラム教は非常に似ては、信念は、歴史的な(旧約聖書)の起源は、事実上すべて! If Muhammad had fully understood the Christian concept of the Trinity, Islam and Christianity would be essentially identical!もしムハンマドがキリスト教の概念を完全には理解し、トリニティ、キリスト教、イスラムとは本質的に同じ!


Various Christian groups, including Mormons, believe that Devout humans have the capability of essentially becoming 'Gods' in Heaven.さまざまなキリスト教団体など、 mormons 、敬けんな人間と思われる能力は、本質的になりつつ'神'天国のです。 Traditional Christians find this extremely offensive and even blasphemous, because it similarly challenges the concept of One God.伝統的なキリスト教徒の検索にもこのような非常に不快感を冒とく的なので、同様の課題の1つの神の概念です。

However, there is an interesting point to consider!しかし、そこには興味深い点を考慮する! Christians all believe that the Holy Spirit "indwells" within each Believer, as a Guide.聖霊のすべてのキリスト教徒と確信して" indwells "にそれぞれの信奉者として、ガイドをご覧ください。 What IS the Holy Spirit?聖霊は何ですか? As One of the Three of the Trinity, it IS God!の3つの一つとして、トリニティ、それは、神よ! In a substantial sense, Christians believe that God Himself is within every one of them!で、実質的意味では、キリスト教徒と思われる神は彼らの誰もが自分自身! This might not actually be very different from what Mormons aspire to!これは非常に異なるかもしれないが、実際にどのようなmormonsを切望する!

Perspectives like these might exist to explain the various diversities of our various belief systems in God.これらの視点のような様々な多様性が存在する可能性を説明するための様々な信念のシステムに、神の存在です。 These two are presented as examples of the concept.これらの2つの提示としては、考え方の例です。


Pastor C Johnson牧師cジョンソン

(Editor of BELIEVE) (エディタを信じる)
A Christ Walk Church, (a non-Denominational Protestant Christian Church)歩いてイエスキリスト教会(プロテスタント、無宗派のキリスト教会)

If this approach interests you, I have written a more extensive essay on the topic, at: Compatibility between Faiths ( /public/compat2.html ).もしこのアプローチの利益を、私は、より広範なエッセイを書かれるトピックを参照し、先: 宗教間の互換性 ( /public/compat2.html ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです