Jerusalemエルサレム

Advanced Information 高度情報

Also Salem, Ariel, Jebus, the "city of God," the "holy city;" by the modern Arabs el-Khuds, meaning "the holy;" once "the city of Judah" (2 Chr. 25:28).またセーラム、アリエル、 jebusは、 "シティオブゴッド" 、 "聖なる都市; "された現代のアラブ人エルkhudsを意味する"神聖な; "一度、 "市のユダ" ( 2 chrです。 25:28 )です。 This name is in the original in the dual form, and means "possession of peace," or "foundation of peace."この名前は、元のは、デュアルフォーム、および手段"平和の所持" 、または"財団の平和です。 "

It is first mentioned in Scripture under the name Salem (Gen. 14:18; comp. Ps. 76:2).これは最初の名の下に啓典に記載されセーラム( Gen 。と14:18 ;のCOMPです。 psのです。 76:2 ) 。 When first mentioned under the name Jerusalem, Adonizedek was its king (Josh. 10:1).エルサレムの名前が最初に記載されて、 adonizedekは、そのキング( josh. 10:1 ) 。 the Tell-el-Amarna collection of tablets letters from Amorite king to Egypt, recording the attack of the Abiri about BC 1480.エルアマーナコレクションの暴露錠剤アモリ王からの手紙をエジプト、録音abiriへの攻撃については、紀元前1480です。 The name is spelt Uru-Salim ("city of peace").スペルトの名前は『 Uru -サリム( "平和の都市" ) 。

It is named among the cities of Benjamin (Judg. 19:10; 1 Chr. 11:4); but in the time of David it was divided between Benjamin and Judah.これは名前の間の都市のベンジャミン( judg. 19:10 ; 1 chrです。 11時04分) ;しかし、それは時間のデイビッドベンジャミンとユダの間で分裂しています。 After the death of Joshua, it was taken and set on fire by Judah (Judg. 1:1-8); but the Jebusites were not wholly driven out of it.ジョシュアの死をした後、それが取らに火を付けると設定されユダ( judg. 1:1-8 ) ; jebusitesはないが、完全に駆動してください。 David led his forces against the Jebusites still residing within its walls, and drove them out, which he called "the city of David" (2 Sam. After the disruption of the kingdom on the accession to the throne of Rehoboam, Jerusalem became the capital of the kingdom of the two tribes. It was subsequently often taken and retaken by the Egyptians, the Assyrians, and by the kings of Israel (2 Kings 14:13, 14; 18:15, 16; 23:33-35; 24:14; 2 Chr. 12:9; 26:9; 27:3, 4; 29:3; 32:30; 33:11) after a siege of three years, it was taken and utterly destroyed, by Nebuchadnezzar, the king of Babylon (2 Kings 25; 2 Chr. 36; Jer. 39), BC 588. The desolation of the city was completed (Jer. 40-44), the final carrying captive into Babylon all that still remained, so that it was left without an inhabitant (BC 582).デビッド主導した勢力に反対するjebusitesまだその壁に居住し、運転して、これ彼と呼ばれる"と市のデビッド" ( 2サムです。王国を破壊した後、即位のrehoboam 、エルサレムは資本の2つの部族の王国です。それは、その後頻繁に取るとretakenされたエジプト人は、 assyrians 、イスラエルの王とされる( 2キングス14:13 、 14 ; 18:15 、 16 ; 23:33-35 ; 24 : 14 ; 2 chrです。 12 : 09 ; 26:9 ; 27:3 、 4 ; 29:3 ; 32:30 ; 33:11 )の3つの年間包囲した後、それは完全に破壊さと、ネブカドネザルは、キングオブバビロン( 2キングス25 ; 2 chr 。 36 ; jer 。 39 )は、紀元前588で、市の荒廃が完成( jer. 40-44 ) 、バビロンの最後の帳簿のすべてが依然残された捕虜に、そのため左なしでは、住民(紀元前582 ) 。

Jerusalem was again built, after a captivity of seventy years.エルサレムは再び建て、 70年の後に捕らわれているのです。 This restoration was begun BC 536, "in the first year of Cyrus" (Ezra 1:2, 3, 5-11).この修復は、紀元前536始まって、 "キュロスの最初の年" (エズラ1:2 、 3 、 5-11 ) 。 This restoration of the kingdom of the Jews, consisted of a portion of all the tribes.このユダヤ人の王国を回復、内訳のすべての部族の部分です。 The kingdom thus constituted was for two centuries under the dominion of Persia, till BC 331; and thereafter, for about a century and a half, under the rulers of the Greek empire in Asia, till BC 167.このように構成は、 2つの王国世紀の下にドミニオンオブペルシャは、紀元前331まで、およびその後、約一世紀半、ギリシアの帝国の支配の下にアジアでは、紀元前167までです。 For a century the Jews maintained their independence under native rulers, the Asmonean princes.ユダヤ人一世紀の独立性を維持してネイティブの支配下には、君主asmoneanです。 At the close of this period they fell under the rule of Herod and of members of his family, but practically under Rome, till the time of the destruction of Jerusalem, AD 70.この期間に近いのは、彼らの支配下に落ちたのヘロデ王と彼の家族のメンバーが、実質的にされてローマ、破壊するまでの時間は、エルサレム、広告の掲載70 。 The city was then laid in ruins.廃虚となったが、同市に入力し、 laidです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The modern Jerusalem by-and-by began to be built over the immense beds of rubbish resulting from the overthrow of the ancient city; Till AD 131 the Jews who still lingered about Jerusalem quietly submitted to the Roman sway.現代エルサレムを始めたとされ、巨大なベッドを構築するのは、酷い結果からの転覆古代都市;まで広告whoまだ残っ約131エルサレムのユダヤ人静かに提出されたローマンスウェイさせる。 But in that year the emperor (Hadrian), in order to hold them in subjection, rebuilt and fortified the city.しかし、その年に天皇(ハドリアヌス) 、それらの服従を保持するために、再構築と強化するシティです。 The Jews, however, took possession of it, having risen under the leadership of one Bar-Chohaba (ie, "the son of the star") in revolt against the Romans.ユダヤ人は、しかし、それが所有し、上昇が1つのバーのリーダーシップの下でchohaba (すなわち、 "その星の息子" )に反抗してローマ人への手紙です。 Some four years afterwards AD 135, they were driven out and the city was again destroyed; and over its ruins was built a Roman city called Aelia Capitolina, a name which it retained till it fell under the dominion of the Mohammedans, when it was called el-Khuds, ie, "the holy."いくつかの4つの広告の135年後、彼らは再び追い出さと、同市に破壊;とその遺跡にはローマの都市に建てアエリアカピトリナ呼ばれ、それまで保持されて、名前の下に落ち、ドミニオンmohammedans 、呼び出されたときにはエル- khuds 、すなわち、 "神聖な。 "

AD 326, Helena, mother of the emperor Constantine,広告326 、ヘレナは、皇帝コンスタンティヌスの母、

AD 614, the Persians, after defeating Roman emperor Heraclius広告の614は、ペルシャ人、ローマ皇帝ヘラクレイオスを破って

AD 637, it was taken by the Arabian Khalif Omar.広告637 、それが取らされたアラビアkhalifオマルです。

AD 960, under the dominion of the Fatimite khalifs of Egypt,広告960 、ドミニオンの下に、エジプトのfatimite khalifs 、

AD 1073 under the Turcomans. 1073広告の下にturcomansです。

AD 1099 crusader Godfrey of Bouillon took the city from Moslems. 1099十字軍の広告が検索するシティからブイヨンゴドフリーのイスラム教徒です。

In AD 1187 the sultan Saladin wrested the city from the Christians.広告wrested Saladin "で検索するシティ1187スルタンからのキリスト教徒です。 From that time to the present day, with few intervals, Jerusalem has remained in the hands of the Moslems.その時間を、現在の1日から、いくつかの間隔で、エルサレムは、イスラム教徒の手に残っています。 It has, however, during that period been again and again taken and retaken, demolished in great part and rebuilt, no city in the world having passed through so many vicissitudes.それは、しかし、その期間中に何度も繰り返して取られたとretaken 、大部分の解体と再構築、都市で、世界の多くの変遷を経ることを通過します。 In the year 1850 the Greek and Latin monks residing in Jerusalem had a fierce dispute about the guardianship of what are called the "holy places." 1850年は、ギリシャ語、ラテン語、在住の僧侶たちはエルサレムで激しい論争については、後見人のは何と呼ばれ、 "神聖な場所です。 " In this dispute the emperor Nicholas of Russia sided with the Greeks, and Louis Napoleon, the emperor of the French, with the Latins.この紛争でのロシア皇帝ニコラス両面で、ギリシア、およびルイナポレオンは、皇帝のは、フランス語版、とラテン系です。 This led the Turkish authorities to settle the question in a way unsatisfactory to Russia.トルコ当局にリードしてこの問題を解決する方法をロシアに不満足な。 Out of this there sprang the Crimean War, which was protracted and sanguinary, but which had important consequences in the way of breaking down the barriers of Turkish exclusiveness.アウトは、次のあるspringの過去のクリミア戦争が長引くと残忍な、しかし、これは重要な結果をもたらすの邪魔をする排他トルコ語の壁を打ち破る。 Modern Jerusalem "lies near the summit of a現代のエルサレム"嘘近くの首脳会談は、

Sennacherib's attack in BC 702. sennacheribの攻撃があり、紀元前702です。 The name Zion (or Sion) appears to have been, like Ariel ("the hearth of God"), a poetical term for Jerusalem,ザイオンの名前(またはシオン)が表示され、アリエルのような( "神の炉" )は、詩的用語エルサレム、

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Jerusalemエルサレム

Advanced Information 高度情報

The origins of the city are lost in antiquity; but evidence of civilization on the site stretches back to 3000 BC, and the city is referred to by name in Egyptian texts as early as the beginning of the second millennium BC According to Ezek.市が失われるの起源は、古代の;しかし、このサイト上の証拠を文明紀元前3000延び省略して、参照されると、市は、エジプトの名前をテキストの初めに、早ければ2番目の千年紀によると、 ezekです。 16:3, the site was once populated by Amorites and Hittites; and, if it is to be identified with Salem (Gen. 14:18; Ps. 76:2), it was ruled in Abraham's day by the petty king Melchizedek, who was also "priest of God Most High." 16時03分、人口を一度に、サイトがamoritesとヒッタイト;と、識別される場合にはセーラム( Gen 。と14:18 ; psのです。 76:2 )には、アブラハムの一日を支配し、小口王メルキゼデク、 whoは、また"神の司祭最も高い。 " Some hold that the "region of Moriah" (Gen. 22:2), where Abraham was tested with the sacrifice of Isaac, was what became the temple site, but this connection has not been proved.いくつかのホールドは、 "リージョンのモリア" ( Gen 。と22時02分) 、どこアブラハムは、アイザックテストを犠牲にし、同寺は、どのようなサイトが、しかし、この接続が立証されていない。

Jerusalem in Historyエルサレムの歴史

At the time of the conquest Jerusalem (otherwise known as Zion, the name originally given to the southeast hill where the earliest fortress was located) was populated by the Jebusites, a Semitic tribe ruled over by Adoni-zedek.エルサレムの征服時点で、 (他の系譜として知られ、もともとの名前を与えられたの南東の丘では最古の要塞は、位置)になっているがjebusitesは、ユダヤ人の部族アードニ- zedek支配されています。 Joshua soundly defeated an alliance of rulers headed by Adoni-zedek (Josh. 10) but never took Jerusalem, which became a neutral city between Judah and Benjamin.ジョシュア健全同盟の支配者が率いる敗北アードニ- zedek ( josh. 10 )しかし、決してはエルサレム、ユダのせいで、中立的な市街地の間に、ベンジャミン。 It was still administered by Jebusites, even though the men of Judah overran and burned at least parts of the city (Judg. 1:8, 21).投与されることはまだjebusites 、ユダにもかかわらず、男性のやけどを負ったoverranと、少なくとも部分を検索するシティ( judg. 1:8 、 21 ) 。 This situation changed when King David decided to move his capital from Hebron.このような状況で変更されたキングデビッド彼の資本金よりヘブロンを移動することを決めた。 He decisively conquered the Jebusites (II Sam. 5:6-10) and established Jerusalem (or Zion) as his strategic center and political capital.彼は決定的に勝ったのjebusites ( 2サムです。 5:6-10 )を設立エルサレム(またはザイオン)として彼の政治的な資本戦略センターとします。 Calling it the City of David (II Sam. 5:9), he fortified and beautified it until his death, and his successor, Solomon, pursued the same course even more lavishly.呼び出して、市のデビッド( 2サムです。 5時09分) 、彼はそれまで、彼の死を美化強化や、と彼の後継者、ソロモン、もっと気前よく追求して同じコースです。

The division of the kingdom immediately after Solomon's death marked the beginning of several stages of decline.部が実施して王国のソロモンの死の直後に、いくつかの段階でスパムの初めに低下している。 Now the capital of the southern kingdom only, Jerusalem was plundered by Egyptians under Shishak as early as the fifth year of Rehoboam (I Kings 14:25-26).今すぐの南の王国の首都にのみ、エルサレムは、エジプトの下に略奪されるshishak 、早ければ5年rehoboam (私の王14:25-26 ) 。 Fresh looting took place in Jehoram's reign, this time by a concert of Philistines and Arabs; and part of the walls were destroyed in skirmishes between Amaziah of the southern kingdom and Jehoash of the north.新鮮な略奪が開催さjehoramの治世は、このコンサートの時間をphilistinesとアラブ人;とパートの間の壁が破壊さamaziahの小競り合いの南の王国と、北朝鮮jehoashのです。 Repairs enabled the city under Ahaz to withstand the onslaught of Syria and Israel, and again the city providentially escaped when the northern kingdom was destroyed by the Assyrians.アハズを有効にして市の修理されて猛攻撃に耐えるシリアとイスラエル、日本、および再度検索するシティprovidentially北部ときにエスケープするassyrians王国が破壊された。 But eventually the city was captured (597 BC) and then destroyed (586 BC) by the Babylonians, and most of the inhabitants killed or transported.しかし、最終的に、市はキャプチャ(紀元前597 )と入力し、破壊(紀元前586 )されたbabyloniansており、ほとんどの住民の輸送死亡したりします。

Persian rule brought about the return of a few thousand Jews to the land and city, and the erection of a smaller temple than the majestic center built by Solomon; but the walls were not rebuilt until the middle of the fifth century under the leadership of Nehemiah.ペルシャ語のルールの返還をもたらした数千人のユダヤ人の土地や都市を、勃起すると雄大なセンターよりも小さく建てられた寺ソロモン;が、壁に再構築されるまでは、 5世紀半ばのリーダーシップの下でニーアマイアです。 Jerusalem's vassal status continued under the Greeks when Alexander the Great overthrew the Persian Empire; but after his untimely death (323 BC) Jerusalem became the center of a brutal conflict between the Seleucid dynasty in the north and the Ptolemies of Egypt in the south.エルサレムのときに隷属的な状態の継続されて、ギリシアペルシア帝国のアレキサンダー大王overthrowの過去過去分詞;しかし、彼の早死にした後(紀元前323 )エルサレムの中心になった残忍なセレウコス王朝時代の間の紛争は、北と南にエジプトのptolemiesのです。 The struggle bred the Jewish revolt led by the Maccabees, who succeeded in rededicating the temple in 165 BC Infighting and corruption contributed to the decisive defeat of the city by the Romans in 63 BC and its pacification in 54 BC育ちのユダヤ人の反乱の闘争の主導で作られたものmaccabees 、 who rededicatingの寺で成功して紀元前165内紛と腐敗に貢献して決定的な敗北は、市の中心部までは63紀元前のローマ人への手紙とその宣撫、 54紀元前

Herod the Great came to power in 37 BC as a vassal king responsible to Rome, and embarked on the enlargement and beautification of the temple and other buildings, projects not completed until decades after his death.偉大なヘロデ王が政権の座に隷属的な王として紀元前37ローマ責任を負う、との拡大と美化に着手、寺や他の建物は、プロジェクトが完了するまで、数十年後、彼の死です。 The Jewish revolt that began in AD 66 inevitably led to the destruction of the city by the Romans in AD 70.広告が開始されたユダヤ人の反乱を主導して66必然的に破壊されたローマ人への手紙で広告を検索するシティ70 。 A further revolt under Bar Cochba in AD 132 led to the city's destruction once again (135).より詳細な反乱されてバーに広告cochbaで132都市の破壊を主導して、再び( 135 )です。 This time the Romans rebuilt the city on a smaller scale and as a pagan center, banning all Jews from living there, a ban that was not lifted until the reign of Constantine.今回は、ローマ市は、小規模な再構築すると、異教のセンター、そこに生きるからのユダヤ人をすべて禁止する、禁止を解除するまで、ではないの統治のコンスタンティノスです。 From the early fourth century on, Jerusalem became a "Christian" city and the site of many churches and monasteries. 4世紀初めからは、エルサレムになった"キリスト教の"都市と多くの教会や修道院のサイトです。 Successive occupiers, Persians, Arabs, Turks, Crusaders, British, Israelis, have left their religious and cultural stamp on the city, which since 1967 has been unified under Israeli military might.逐次占領、ペルシャ人、アラブ人、トルコ人、十字軍、英国、イスラエル、宗教的文化的に左にスタンプを検索するシティ、 1967年以来イスラエルの軍事力の下に統合されています。

The Centrality of Jerusalemエルサレムの中心部

From the time that Jerusalem became both the political and the cultic capital of the children of Israel, it progressively served as a bifocal symbol: on the one hand it reflected the people and all their sinfulness and waywardness; on the other it represented the place where God made himself known and the anticipation of all the eschatological blessing that God had in store for his people.エルサレムからの時間を政治的となったculticの両方の首都、イスラエルの子孫を、それを徐々に遠近両用のシンボルとして:上の1つの手にすべての人々や彼らの罪深さを反映して、わがまま;上、他の場所に表示神は自分自身のすべての既知の終末論と見越していたのストア神の祝福が彼の人々です。 In Scripture, Zion is the city of God (Ps. 46:4; 48:1-2) and therefore the joy of the whole earth (Ps. 48:2).に啓典、ザイオンは、シティオブゴッド( ps. 46:4 ; 48:1-2 )であり、したがって、地球全体の喜び( ps. 48:2 ) 。 The Lord himself has chosen Zion (Ps. 132:13-14), which consequently serves as his abode.ザイオン、主ご自身が選ばれた( ps. 132:13-14 ) 、その結果としての彼の住まいです。 But if Jerusalem thus becomes virtually equivalent to "temple," it can in other images represent all of God's covenant people; indeed, to be "born in Zion" is to know God and experience his salvation (Ps. 87:5).しかし、もしこのようにエルサレムに相当するが、事実上"寺院、 "他の画像を表すことができます神の約束のすべての人々 ;実際には"生まれの系譜"は、神との経験を知って彼の救世( ps. 87:5 ) 。 These strands come together at least in part because the temple is located on the holy hill called Zion (Ps. 15:1; Isa. 31:4; Joel 2:1); equally, the holy hill is set in parallel with Jerusalem (Isa. 45:13; Dan. 9:16-17).これらのストランド一緒少なくとも部分的に位置するため、寺は、神聖な丘と呼ばれるザイオン( ps. 15:1 ; ISAのです。 31:4 ;ジョエル2:1 ) ;同様に、神聖な丘が設定され、並行してエルサレム( ISAのです。 45:13 ;ダン。 9:16-17 ) 。 Hence Jerusalem is the holy city (Neh. 11:1; Isa. 48:2; 52:1), so much so that going up to Zion is virtually equivalent to approaching Yahweh (Jer. 31:6) and salvation out of Zion is of course from the Lord (Ps. 14:7; cf. Pss. 128:5; 134:3).それゆえは、聖地エルサレム( neh. 11:1 ; ISAのです。 48:2 ; 52:1 ) 、上がっているほどに近づいてザイオンは事実上に相当するヤハウェ( jer. 31:6 )と救いの系譜主からはもちろん( ps. 14 : 07 ;継続前誌です。 PSSのです。 128:5 ; 134:3 ) 。

Jerusalem's Sinエルサレムの罪

Precisely because of these associations, the sin of its people is the more grievous.正確にこれらの団体のために、その人々の罪は、他の痛ましいです。 The prophets (esp. Isaiah, Jeremiah, Ezekiel, and Micah) speak of Jerusalem as a prostitute, fallen away from God, guilty of idolatry and of flagrant disregard of God's commandments.預言者(超能力イザヤ書、エレミヤ、エゼキエル書、およびミカ)売春婦としてエルサレム話すのは、神から落ち、有罪判決を偶像崇拝と神の律法を無視した極悪です。 The city must stand under the judgment of God (eg Isa. 1:21; 29:1-4; 32:9ff.; Jer. 6:22ff.).スタンドの下に判断するシティオブゴッド必要があります(例: ISAのです。 1:21 ; 29:1-4 ; 32:9 FFを指定します。 ; jer 。 6:22 FFを指定します。 ) 。 Jerusalem's social and religious transgressions are so gross and persistent that Ezekiel labels it "the city of bloodshed" (Ezek. 22:2-3; 24:6).エルサレムの社会的、宗教的なtransgressionsと持続的には非常に総エゼキエル書のラベルに"市の流血" ( ezek. 22:2-3 ; 24:6 ) 。 In its sin Jerusalem is counted as part of the pagan world (Ezek. 16:1-3).エルサレム、その罪がカウントの一環として、異教の世界( ezek. 16:1-3 ) 。 The citizens of Jerusalem are worse than Samaria and Sodom (Lam. 4:6; Ezek. 16:44-58; cf. Amos 2:4-5; Mal. 2:11).市民のサマリアとエルサレムの見通しに比べ悪いソドム( lam. 4時06分; ezekです。 16:44-58 ;継続前誌です。アモス2:4-5 ; mal 。 2:11 ) 。 The city taken by David will now be taken in judgment (Isa. 29:1-7).検索するシティ撮影されたDavidは、今すぐに判断を下すならない( isa. 29:1-7 ) 。

Analogous to this bifocal casting of Jerusalem's symbolic significance stands the prophetic intertwining of threatened destruction and promised eschatological blessing.この二焦点に類似して鋳造のエルサレムの象徴的な意味をスタンドの予言絡み合ったの恐れの破壊と終末論の祝福を約束します。 Because Jerusalem is so sinful, it must be judged and destroyed (Isa. 1:21; 32:13-14; Ezek. 22:19); the guilty must be brought to account (Zeph. 1:12).エルサレムは非常に罪深いので、それを破壊しなければならないと判断( isa. 1:21 ; 32:13-14 ; ezek 。 22:19 ) ;の有罪を説明する必要があります。によってもたらさ( zeph. 1:12 ) 。 At one level this judgment is executed in the horrors of the Exile (II Kings 24:13, 20; Jer. 42:18; 44:13; Lam. 1-5); but according to Jesus this is not the only judgment Jerusalem must face (Matt. 23:37-39).この判断は、 1つのレベルで実行されるの恐怖を、亡命者( 2世王24:13 、 20 ; jer 。 42:18 ; 44:13 ;ラムです。 1-5 ) ;しかし、イエスキリストによると、このエルサレムの判断だけではない。直面する必要があります( matt. 23:37-39 ) 。

Jerusalem's Gloryエルサレムの栄光

Yet all is not gloom.憂うつな気持ちはまだありませんすべてではない。 Nations used by God to punish Jerusalem must themselves by called to account (Ps. 137:1, 4-9; Isa. 10:12).神の国に使用される必要があります。自体を罰すると呼ばれるエルサレムをアカウント( ps. 137:1 、 4-9 ; ISAのです。 10:12 )です。 Promises for the restoration of Jerusalem following the Exile become linked with promises of eschatological blessing (Isa. 40:1-5; 54:11-17; 60; cf. Hag. 2:19; Zech. 1:12-17).エルサレムの回復の約束を次のようになるの亡命者の終末論に結びついて祝福を約束( isa. 40:1-5 ; 54:11-17 ; 60 ;継続前誌です。鬼ばばします。 2:19 ;ツェッヒ。 1:12-17 ) 。 Yahweh can no more forget Jerusalem than a woman can forget her child (Isa. 49:13-18).ヤハウェを忘れることはできませんエルサレムの他の女性よりも彼女の子供のことを忘れる( isa. 49:13-18 ) 。 Ezekiel anticipates the return of Yahweh to Zion (43:1-9).エゼキエル書の返還を先取りヤハウェをザイオン( 43:1-9 ) 。 In Zion, Yahweh will inaugurate his eschatological rule (Pss. 146:10; 149:2; Isa. 24:23; 52:7; Obad. 21; Mic. 4:7; Zeph. 3:15; Zech. 14:9), whether personally or through Messiah (Zech. 9:9-10), his servant (Isa. 40-66). 、ザイオン、ヤハウェは彼の終末論に着手ルール( pss. 146:10 ; 149:2 ; ISAのです。 24:23 ; 52:7 ; obad 。 21 ;マイクです。 4時07分; zeph 。 3:15 ;ツェッヒ。 14 : 9 ) 、メシアかどうか個人的に、または( zech. 9:9-10 ) 、彼の使用人( isa.四十から六十六まで) 。

Although there are frequent demands that Jerusalem (and by metonymy all Israel) repent as a presage of the eschatological glory, yet ultimately Jerusalem's glory rests on God's saving intervention (Isa. 62; 66:10-15).頻繁に要求さはあるがエルサレム(イスラエルとのすべてのメトニミー)後悔するプレサージュは、終末論としての栄光は、まだ最終的にエルサレムの栄光神の節約に依拠介入( isa. 62 ; 66:10-15 ) 。 He it is who washes away the filth of Zion's sin (Isa. 4:4).彼who洗浄込むことは汚物のザイオンの罪( isa. 4時04分) 。 Jerusalem will become the eschatological capital (Isa. 16:1; 45:14), will be awarded a new name expressive of Yahweh's delight and rights (Isa. 62:4, 12; Jer. 3:17; 33:16; Ezek. 48:35; Zech. 8:3), will be built with unfathomable opulence (Isa. 54:11-17), and will be secure from all enemies (Isa. 52:1; Joel 2:32; 3:17).エルサレムになるの終末論資本( isa. 16:1 ; 45:14 ) 、表現力豊かに新しい名前を授与されるのヤハウェの喜びと権利( isa. 62:4 、 12 ; jer 。 3:17 ; 33:16 ; ezekです。 48:35 ;ツェッヒ。 8時03分) 、建設される不可思議な華やかさを増す( isa. 54:11-17 ) 、およびセキュリティで保護されるすべての敵( isa. 52:1 ;ジョエル2:32 ; 3:17 ) 。 The redeemed who return to Zion constitute the holy remnant (II Kings 19:31; Isa. 4:3; 35:10; 51:11), a theme which suggests that the early return to Jerusalem after the Exile constitutes an anticipation of an eschatological return (Isa. 27:13; 62:11; Zech. 6:8, 15).ザイオンの換金whoリターンを構成する神聖な残骸( 2世王19:31 ; ISAのです。 4:3 ; 35:10 ; 51:11 ) 、をテーマに、への早期復帰を示唆して亡命した後、エルサレムの構成に期待終末論を返します( isa. 27:13 ; 62:11 ;ツェッヒ。 6時08分、 15 ) 。 The temple is central to the city (Ezek. 40-48; cf. Isa. 44:28; Zech. 1:16).同寺は市の中心に( ezek. 40〜48 ;継続前誌です。 ISAのです。 44:28 ;ツェッヒ。 1:16 ) 。

The eschatological glory to be experienced by Zion is accompanied by a transformation of nature and by long and abundant life, heroic strength, economic prosperity, joy, and thankful praise (Isa. 11; 12:4-6; 61:3; 62:8-9; 65:20; Jer. 33:11; Zech. 2:4, 5).終末論の栄光を経験して、ザイオンは、同行に変換されると豊かな自然と長い人生、英雄の強さ、経済的繁栄、喜び、称賛と感謝( isa. 11 ; 12:4-6 ; 61:3 ; 62 : 8-9 ; 65:20 ; jer 。 33:11 ;ツェッヒ。 2時04分、 5 ) 。 Although there is repeated assurance that the nations that have savaged Jerusalem will themselves be ravaged, in another emphasis the nations of the earth, after an unsuccessful campaign against Jerusalem (Isa. 29: 7-8; Mic. 4:11), join in a great pilgrimage to Zion, where they are taught by Yahweh to live according to his will (Isa. 2:2-4; Jer. 33:9; Mic. 4:1-3; Zech. 2:11).ただ、国が繰り返されるのを保証してエルサレムを激しく攻撃しては、自身が被害を受けた、国別の重点は、地球の反対運動に失敗した後、エルサレム( isa. 29 : 7-8 ;マイクです。 4:11 ) 、参加する巡礼の旅をする大きなザイオン、ヤハウェを教わって、それがどこに住んによると、彼は( isa. 2:2-4 ; jer 。 33:9 ;マイクです。 4:1-3 ;ツェッヒ。 2:11 ) 。 In all this Jerusalem retains a central place.このエルサレムを保持するすべての中心地です。

Jerusalem in NT TeachingsエルサレムでNTの教え

In the NT "Zion" occurs only seven times: Rom.は、 NTの"ザイオン"にのみ発生します7回: ROMから起動します。 9:33 and I Pet. 9時33分と私のペットです。 2:6 (citing Isa. 28:16), Rom. 2時06分( ISAの理由です。 28:16 ) 、 ROMから起動します。 11:26 (citing Isa. 59:20), Matt. 11:26 ( ISAの理由です。 59:20 ) 、マットです。 21:5 and John 12:15 (cf. Zech. 9:9; Isa. 40:9; 62:11, all with reference to the inhabitants addressed as the daughter of Zion), and in two independent uses, Heb. 21時05分、ジョン12:15 ( cf.ツェッヒ。 9時09分; ISAのです。 40:9 ; 62:11 、すべてのアドレスを参照して住民の娘としてザイオン) 、および2つの独立した場合は、なしです。 12:22 and Rev. 14:1 (both "Mount Zion").改訂12:22と14時01分(両方の"マウントザイオン" ) 。 But "Jerusalem" occurs 139 times.しかし、 "エルサレム"が発生した139回クリックします。 Even many of the occurrences in the Gospels and Acts that at first glance seem to bear nothing more than topographical significance tend to fall into identifiable patterns.さらに多くの出現は、福音書と行為を一見に耐えるしかないように見える地形的意義を特定するパターンに陥る傾向がある。 Jerusalem is still "the holy city" (Matt. 4:5; 27:53), the home of the temple and its priestly service, as well as the center of rabbinic authority.エルサレムは、まだ"聖地" ( matt. 4時05分; 27:53 )は、ホームの同寺とその聖職者のサービスだけでなく、権力の中心にラビです。 Jesus must die in the Jerusalem area (Matt. 16:21; Mark 10:33-34; Luke 9:31), in direct conflict with these central Jewish institutions.イエスキリストエルサレムで死亡する必要があります。事項( matt. 16:21 ;マーク10:33-34 ;ルーク9時31分) 、ユダヤ人と直接競合し、これらの中央機関です。 His death and resurrection stand in fulfillment of all they represented; but the irony and tragedy of the sacrifice is that the people connected with these institutions recognized little of this salvation-historical fulfillment.彼の死と復活のすべての充足感に立つ彼ら代表;しかし、皮肉と悲劇の人々を犠牲に接続するのは、これらの機関は、次の救いの歴史認識リトル充足感です。 The temple had become a den of thieves (Mark 11:17), and Jerusalem itself lived up to its reputation as killer of the prophets (Matt. 23:37-39; cf. Luke 13:33).同寺は盗賊の巣窟になる(マーク11:17 ) 、およびエルサレム自体住んで最大の死因のは、預言者として評判が良い( matt. 23:37-39 ;継続前誌です。ルーク13:33 ) 。 Jerusalem must be destroyed by foreign invaders (Matt. 23:38; Luke 19:43-44; 21:20, 24).エルサレム外国からの侵入者によって破壊される必要があります( matt. 23:38 ;ルーク19:43-44 ; 21:20 、 24 ) 。 In Acts, Jerusalem is the hub from which the gospel radiates outward (Acts 1:8), the site both of Pentecost and of the apostolic council; but if it is the moral and salvation-historical center of Christianity, it is also the ideological home of Judaizers who wish to make the entire Mosaic code a precondition for Gentile conversion to Jesus Messiah, a position Paul condemns (Gal. 1:8-9).の行為を、エルサレムのハブは、外側からは、ゴスペル放射(行為1:8 ) 、そのサイトの両方の聖霊降臨と使徒会議;でも、もしそれは、道徳的と救い-キリスト教の歴史地区、それはまた、イデオロギーホームjudaizers whoモザイクコードを希望するには、全体のコンバージョンを達成するための前提ジェンティーレ救世主イエスキリストは、非難する立場ポール(ガロン1:8-9 ) 。 Paul himself, however, is quick to recognize how beholden all other believers are to the Christian remnant of Jerusalem (Gal. 2:10; II Cor. 8-9) which in a salvation-historical sense is truly the mother church.ポール自身、しかし、すべての変更は迅速に恩義を受けて他の方法を認識するには、キリスト教信者はレムナントのエルサレム(ガロン2:10 ;二コーです。 8-9 )これは、歴史的な意味では、真の救い-教会の母です。

A still deeper connection links OT treatment of Jerusalem to the "heavenly Jerusalem" (Heb. 12:22), to which Christian believers have already come, and to "Jerusalem above" (Gal. 4:26), which in an extended typology embraces new covenant believers and relegates geographical Jerusalem and its children to slavery: Jesus fulfills and to that extent replaces the OT types and shadows that anticipated him.リンクotまだ深い接続するエルサレムの治療を"天のエルサレム" ( heb. 12:22 ) 、キリスト教の信者たちにはすでに来し、 "エルサレムの上" (ガロン4時26分) 、これは、拡張類型論地理的に取り入れ新しい契約relegates信仰する者よ、エルサレムとその子供たちを奴隷:イエスキリストを満たし、その程度の影に置き換えられます。 otの種類と予想した。 Jesus enters Jerusalem as messianic king (Mark 11:1-11 par.) and is concerned to see Jerusalem's temple pure (Mark 11:15-17 par.) precisely because the city and temple anticipate his own impending death and resurrection, events that shift the focal meeting place between God and man to Jesus himself (Mark 14:57-58; John 2:19-22).救世主イエスキリストに入るとしてエルサレム王( 11:1-11パーマークです。 )とは、純粋な関係を見エルサレムの寺( 11:15-17パーマークです。 )寺正確に予測するため、市と自分自身の差し迫った死と復活、イベントを焦点待ち合わせ場所に移動し、神と人間の間に、イエス自身(マーク14:57-58 ;ジョン2:19-22 ) 。 This constitutes part of a broader pattern, worked out in some detail in the Epistle to the Hebrews, in which the gospel and its entailments simultaneously fulfill OT institutions and expectations and render them obsolete (eg, Heb. 8:13).この構成の一部を広範なパターンは、いくつかの詳細については、作業するの信徒へのヘブル人への手紙されるのは、ゴスペルとそのentailments ot機関との期待を満たすと同時にレンダリングして旧版(例えば、なしです。 8:13 ) 。 The ultimate goal is the new Jerusalem. 、究極の目標は、新エルサレムです。

Jerusalem and the Churchエルサレムの教会

Difficulties in rightly relating OT and NT materials on Jerusalem have contributed to the church's changing perceptions regarding itself, the Jews, and Jerusalem. ot難しさとNT関連資料を正しくエルサレム教会のために貢献に関する認識の変化自体は、ユダヤ人、およびエルサレムです。 Especially in the wake of the destruction of AD 132-35 Christians saw themselves as the exclusive heirs of the covenant people of old: Christians constituted the true Jerusalem.特に、広告の破壊を受けて132から35排他的なキリスト教徒の相続人として見た自身の人々の誓約旧:エルサレムのキリスト教徒の真の構成です。 Geographical Jerusalem became a focal point for Christian piety and tradition, an ideal location for monasteries and basilicas, especially after Helena, mother of Constantine, devoted so much attention to Christian sites around the city.地理的な焦点になったエルサレムをキリスト教の信心深さと伝統を、理想的な場所を修道院と教会、特にヘレナした後、母親のコンスタンティンは、キリスト教の献身的なために多くの注意をサイトになっております。 The Constantinian settlement (early fourth century) continued to see Christianity as the legitimate heir of Judaism, but its mingling of ecclesiastical and spiritual authority led both to persecution of Jews and to substantial disillusionment when Rome, perceived as the successor of Jerusalem, was ransacked by barbarians.和解のコンスタンティヌス( 4世紀初め)の継続を確認する正当な後継者としてユダヤ教、キリスト教、その教会が入り交じったの精神的な権威と主導の迫害は、ユダヤ人との両方に幻滅を実質的にローマ、エルサレムの後継者として認識が物色され野蛮人です。 The latter event prompted Augustine to write his famous City of God, which shifted the focus of the true city from either Jerusalem or Rome to the spiritual dimension; but this stance was easily overlooked during the height of medieval Catholicism, when Rome's authority frequently extended itself to all temporal spheres.後者のイベントを書くれたら、彼の有名なアウグスティヌスシティオブゴッド、これシフトの焦点はエルサレムのいずれかからの真の都市やローマを精神的次元;しかし、この姿勢は、簡単に見落とさ中世のカトリシズムの最中に、ローマの権威を頻繁に拡張自体天球のすべての時間です。 The Reformation, and especially the Puritan awakening in England, while preserving a certain harshness toward Jews, became progressively interested in Jewish evangelism, not in order to restore the Jews to Jerusalem, but to reincorporate them into the people of God and thus (in the case of the Puritan hope) to usher in the expected millennial age.改革、そして特に目覚めは、英国のピューリタン、ユダヤ人を保ちながら、特定の厳しさに向け、徐々に興味がユダヤ人は福音主義ではなく、ユダヤ人のためにエルサレムを復元するには、それらをreincorporateしかし、神との人々はこのように(は、ピューリタン希望の例)を時代の到来を告げる千年の予想です。

Modern theological treatments frequently focus on the replacement theme (WD Davies, Gospel and Land) or use the city as a cipher for a colorful intermingling of sociology and Barthianism (J. Ellul, The Meaning of the City).現代の神学的な治療法に焦点を当てるの交換頻繁にテーマ( WDのデイビス、福音書と土地) 、または暗号を使用して都市としては、色とりどりの混在、社会学やバルト神学( j.エリュール、の意味を検索するシティ) 。 Conservatives tend to dispute how much of the OT promises regarding Jerusalem's restoration are taken up in NT typological fulfillment.保守派の傾向があるのはどのくらいの紛争についてotエルサレムの修復を約束するのnt typological充足感を撮ります。 Positions range from a thoroughgoing affirmation of typology (various forms of amillennialism) to equally thoroughgoing disjunction (various forms of dispensationalism) .掲載順位の範囲を肯定することから、徹底した類型論(様々な形態のamillennialism )を均等に徹底的な乖離(様々な形態の天啓的史観) 。 The typological cannot be ignored, nor can the NT's substantial silence on the future of Jerusalem and the land; but some passages, notably Luke 21:21-24, seem to anticipate the restoration of Jerusalem's fortunes.無視することはできません。 typological 、また沈黙することができますNTの実質上の将来をエルサレムと土地;しかし、いくつかの通路、特にルーク21:21-24 、エルサレムの回復を予測するように運勢をします。

DA Carsonダカーソン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
FF Bruce, "Paul and Jerusalem," TB 19:3-23; M. Burrows, IDB, II, 843-66; G. Fohrer and E. Lohse, TDNT, VII, 292-338; J. Jeremias, Jerusalem in the Time of Jesus; KM Kenyon, Digging up Jerusalem B. Mazar, The Mountain of the Lord; J. Munck, Paul and the Salvation of Mankind; GF Oehler, Theology of the OT, 509-21; DF Payne, IBD, II, 752-60; JB Payne, ZPEB, III, 459-95; GNH Peters, The Theocratic Kingdom, III, 32-63; NW Porteous, "Jerusalem-Zion: the Growth of a Symbol," in Living the Mystery; GA Smith, Jerusalem, 2 vols.; Y. Yadin, ed., Jerusalem Revealed. ff 、ブルース、 "ポールとエルサレム、 "結核19:3-23 ;男性バローズ、米州開発銀行、 2世、八百四十三から六十六まで; fohrerとe. g.ローゼ、 tdnt 、七、二九二から三三八まで; j.イェレミアス、エルサレムでイエスキリストの時間;キロケニオン、エルサレムb.を掘り出すマザリシャリフは、山の主; j.ムンク、ポールと人類の救世; gfのオーラー、神学は、 ot 、 509から21まで; df Payne氏は、米国、 2世、七五二から六〇まで; jb Payne氏は、 zpeb 、 3世、四五九から九五まで; gnhピーターズは、神政王国、 3世、三十二から六十三; 13ポーティアス、 "エルサレム-ザイオン:の成長を象徴する、 "生活の謎;ジョージアスミス氏は、エルサレム、 2 vols学です。 ; y.ヤディン、エド。 、エルサレムを明らかにした。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです