Jesus as a Childイエスキリストが子供のころの

Advanced Information 高度情報

(Several Chapters From Book II of Life and Times of Jesus the (いくつかの章から予約の第二の人生と時代のイエスキリスト
Messiah by Alfred Edersheim, 1886)アルフレッドedersheim メシアされ、 1886 )

.です。 .です。 .です。 beginning in Chapter 4初めに第4章

The Annunciation of Jesus the Messiah救世主イエスキリストの受胎告知

The assurance, which Joseph could scarcely dare to hope for, was miraculously conveyed to him in a dream-vision.の保証、これジョゼフがほとんどの希望を思い切って、奇跡的に伝えられるが、彼は夢のビジョンです。 All would now be clear; even the terms in which he was addressed ('thou son of David'), so utterly unusual in ordinary circumstances, would prepare him for the Angel's message.すべてをクリアすることが;もの条件では彼は対処( 'なたの息子であるデビッド' ) 、全く異常なので普通の状況下で、準備は、彼の天使のメッセージを表示します。 The naming of the unborn Messiah would accord with popular notions; [3 See a former note.] the symbolism of such a name was deeply rooted in Jewish belief; [1 Thus we read in (Shocher Tobh) the Midrash on Prov.メシアの命名は、胎児の協定には人気の概念; [ 3を参照元に注意します。 ]の象徴のような名前はユダヤ教の信仰に深く根差して; [ 1こうして私たち続きを読む( shocher tobh )地方ミドラーシュをします。 xix. 19 。 21 (closing part; ed. Lemberg. p. 16 b) of eight names given to the Messiah, viz. Yinnon (Ps. xxii. 17, 'His name shall sprout [bear sprouts] before the Sun;' comp. also Pirqe de R. El. c. 2); Jehovah ; Our Righteousness ; Tsemach (the Branch, Zech. iii. 8); Menachem (the Comforter, Is. li. 3); David (Ps. xviii. 50); Shiloh (Gen. xlix. 10); Elijah (Mal. iv. 5). 21日(閉会部分;エドです。レンベルク。 p. 16 b )の8つの名前を与えられたメシア、 viz 。 yinnon ( ps. xxii 。 17日、 '彼の名前は、もやし[クマもやし]の前に太陽; 'のCOMPです。もpirqeデr.エルします。 c. 2 ) ; エホバ ; 私たち正義 ; tsemach (の枝の、ツェッヒ。 Ⅲ 。 8 ) ; メナヘム (慰める、です。李です。 3 ) ; デビッド ( ps. 18 。 50 ) ; シロ ( 49 Gen 。とします。 10 ) ; イライジャ ( mal. Ⅳ 。 5 ) 。 The Messiah is also called Anani (He that cometh in the clouds, Dan. vii. 13; see Tanch. Par. Toledoth 14); Chaninah, with reference to Jer. ananiの救世主とも呼ばれる(彼が来るのが雲の、ダン。 Ⅶ 。 13 ;参照tanch 。パーです。 toledoth 14 ) ; chaninah 、 jerを参照しています。 xvi. 16 。 13; the Leprous, with reference to Is. 13 ; のハンセン病の参照されています。 liii. 53 。 4 (Sanh. 96 b). 4 ( sanh. 96 b )です。 It is a curious instance of the Jewish mode of explaining a meaning by gimatreya, or numerical calculation, that they prove Tsemach (Branch) and Menachem (Comforter) to be the same, because the numerical equivalents of the one word are equal to those of the other:] while the explanation of Jehoshua or Jeshua (Jesus), as He who would save His people (primarily, as he would understand it, Israel) from their sins, described at least one generally expected aspect of His Mission, [2 Professor Wunsche (Erlauter. d. Evang. p. 10) proposes to strike out the words 'from their sins' as an un-Jewish interpolation.好奇心のインスタンスをすることは、ユダヤ人のモードの意味を説明するgimatreyaか、または数値計算、証明してtsemach (支店)とメナヘム(慰める)と同じ、数値と同等のため、 1つの単語をしているが等しいその他: ]が、説明をjehoshuaまたはjeshua (イエスキリスト) 、 whoは割引率として彼は彼の人々 (主に、彼は理解することとして、イスラエル)より彼らの罪は、少なくとも1つの一般的に説明する彼の任務期待アスペクト、 [ 2教授ビュンシェ( erlauter. d. evang 。 p. 10学)の言葉から三振を奪うことを提案'より彼らの罪'として、国連-ユダヤ人補間します。 In answer, it would suffice to point him to the passages on this very subject which he has collated in a previous work: Die Leiden des Messias, pp.に答え、それがあれば十分だ彼をポイントして、この通路上で非常に件名を照合彼は、以前の作品:死ぬライデンデmessias 、 pp 。 63-108.六三から一〇八です。 To these I will only add a comment in the Midrash on Cant.これらの私はミドラーシュだけでは、コメントを追加するコメントできない。 i.わたし。 14 (ed. Warshau, p. 11 a and b), where the reference is undoubtedly to the Messiah (in the words of R. Berakhyah, line 8 from bottom; and again in the words of R. Levi, 11 b, line 5 from top, &c.). 14 (編warshau 、 p. 11学aとb ) 、どこのリファレンスは、間違いなく、メシア( r. berakhyahの言葉を、 8号線より下;と再びr.レヴィの言葉を、 11 b 、行5からトップへ、 &世紀)です。 The expression is there explained as meaning 'He Who makes expiation for the sins of Israel,' and it is distinctly added that this expiation bears reference to the transgressions and evil deeds of the children of Abraham, for which God provides this Man as the Atonement.] although Joseph may not have known that it was the basis of all the rest.説明としての表現がある意味'彼は、罪の償いwhoにより、イスラエル、 'とことがはっきりとクマの参照を追加して罪の償いと悪のtransgressionsアブラハムの子供たちの行いを、神は、この男の償いとして。 ]ジョセフがないことが知られているもののそれは、残りのすべての基礎です。 And perhaps it was not without deeper meaning and insight into His character, that the Angel laid stress on this very element in His communication to Joseph, and not to Mary.そしておそらくそれは意味がないわけでは深い洞察力を彼の性格と、天使は、この非常にストレスを与える要素をlaid彼の通信をジョセフとメアリーしないようにします。

The fact that such an announcement came to Him in a dream, would dispose Joseph all the more readily to receive it.という事実に浮かんだのはそのような発表に夢を、他のすべてのジョセフは処分を受け取ることを容易にします。 'A good dream' was one of the three things [3 'A good king, a fruitful year, and a good dream.'] popularly regarded as marks of God's favour; and so general was the belief in their significance, as to have passed into this popular saying: 'If any one sleeps seven days without dreaming (or rather, remembering his dream for interpretation), call him wicked' (as being unremembered of God [a Ber. 55 b] [4 Rabbi Zera proves this by a reference to Prov. xix. 23, the reading Sabhea (satisfied) being altered into Shebha, both written, while is understood as of spending the night. Ber. 55 a to 57 b contains a long, and sometimes very coarse, discussion of dreams, giving their various interpretations, rules for avoiding the consequences of evil dreams, &c. The fundamental principle is, that 'a dream is according to its interpretation' (Ber. 55 b). Such views about dreams would, no doubt, have long been matter of popular belief, before being formally expressed in the Talmud.]). '良い夢'は、 1つの3つのこと[ 3 ]良い王様は、実りの多い年と良い夢です。 ' ]通俗的と見なされてマルクの神の恩恵;など全般的意義は、彼らの信仰を、にはこの人気の渡されると言っ: 'もしあれば7日間で1つの夢を見て眠る(というかむしろ、彼の夢を思い出し通訳あり) 、コール彼邪悪な' (神として記憶されていない[ 、 BERを計算します。 55 b ] [ 4ラビzeraこれを証明地方への参照をします。 19 。 23日、レディングsabhea (満足)が変更さshebha 、両方の書かれた、支出の夜には理解されています。 BERを計算します。 55 、 57 bには、長く、そしてときどきかなり粗、議論を夢は、様々な解釈を与えて、ルールを避けるために悪の夢の結果、 & Cに基本的な原理は、その'の夢はその解釈によると' ( ber. 55 b )です。このような夢の再生回数については、間違いなく、が長い間人気の信念の問題は、正式に表現される前に、タルムードです。 ] ) 。 Thus Divinely set at rest, Joseph could no longer hesitate.このように設定され神々しく残り、ジョセフをためらうことは、もはやします。 The highest duty towards the Virgin-Mother and the unborn Jesus demanded an immediate marriage, which would afford not only outward, but moral protection to both.最高の義務に向かってバージン-母親と胎児のイエスキリストの即時の結婚を要求、これだけでなく、外側には余裕が、道徳的な保護の両方にします。 [5 The objection, that the account of Joseph and Mary's immediate marriage is inconsistent with the designation of Mary in St. Luke ii. [ 5の異議申立、ジョセフとメアリーは、アカウントの即時の結婚生活に不整合が指定さ聖ルカメアリー2世です。 5, is sufficiently refuted by the consideration that, in any other case, Jewish custom would not have allowed Mary to travel to Bethlehem in company with Joseph. 5 、反論が十分に考慮されるが、その他の場合には、ユダヤ人のカスタムはないが可メアリーを旅行するのベツレヘムで会社をジョセフです。 The expression used in St. Luke ii.聖ルカ2世の表現で使用されています。 5, must be read in connection with St. Matt. 5 、接続をしなければならない続きを読む聖マットです。 i.わたし。 25.] 25 。 ]

Viewing events, not as isolated, but as links welded in the golden chain of the history of the Kingdom of God, 'all this', not only the birth of Jesus from a Virgin, nor even His symbolic Name with its import, but also the unrestful questioning of Joseph, 'happened' [1 Haupt (Alttestam. Citate in d. vier Evang. pp. 207-215) rightly lays stress on the words, 'all this was done.'視聴イベントではなく、孤立したとしてではなく、リンク溶接は、黄金の鎖は、神の王国の歴史を、 'すべて、この'は、イエスキリストの誕生だけでなく、ヴァージンから、また彼の象徴的にもその名をインポートするだけでなく尋問のジョセフのが安まらない、 '起きた' [ 1ハウプト( citate 、 d. alttestam. vier evang 。 pp 。二〇七から二一五まで)当然のストレスを産むの言葉、 'すべてこれは完了です。 ' He even extends its reference to the threefold arrangement of the genealogy by St. Matthew, as implying the ascending splendour of the line of David, its midday glory, and its decline.] in fulfilment [2 The correct Hebrew equivalent of the expression 'that it might be fulfilled' is not, as Surenhusius (Biblos Katallages, p. 151) and other writers have it, still loss (Wunsche) but, as Professor Delitzsch renders it, in his new translation of St. Matthew, The difference is important, and Delitzsch's translation completely established by the similar rendering of the LXX.彼も3倍に拡張への参照を配置するマタイの系譜を、見事な示唆の昇順の行のデビッド、その真昼の栄光、およびその減少します。 ]を達成[ 2 、正しいヘブライ語に相当するという表現'にそれが果たされるかもしれない'ではない、としてsurenhusius (ビブロスkatallages 、 p. 151 )や他の作家が、まだ損失(ビュンシェ)しかし、教授デリッチとしてレンダリングには、彼の新しい翻訳の聖マシューは、重要な違いは、およびデリッチの翻訳と同様のレンダリングを完全に確立して、 70です。 of 1 Kings ii. 1王2世です。 27 and 2 Chron. 27日と2 chron 。 xxxvi. 36 。 22.] of what had been prefigured. 22 。 ] prefiguredていたのは何です。 [a Is. [ aがします。 vii. Ⅶ 。 14.] The promise of a Virgin-born son as a sign of the firmness of God's covenant of old with David and his house; the now unfolded meaning of the former symbolic name Immanuel; even the unbelief of Ahaz, with its counterpart in the questioning of Joseph, 'all this' could now be clearly read in the light of the breaking day. 14 。 ]を約束するヴァージンの息子として生まれのメンバーは、断固とした態度の古神の約束の彼の家に、デイビッドとし、元の意味を展開するシンボリック名イマニュエル;さえ、不信仰のアハズ、その見返りは、尋問のジョセフ、 'すべて、この'がすることが明確に続きを読むの日の光を遮断します。 Never had the house of David sunk morally lower than when, in the words of Ahaz, it seemed to renounce the very foundation of its claim to continuance; never had the fortunes of the house of David fallen lower, than when a Herod sat on its throne, and its lineal representative was a humble village carpenter, from whose heart doubts of the Virgin-Mother had to be Divinely chased.決して道徳的には、家のデビッドよりも低く沈んだときには、アハズの言葉を、それを放棄するように非常に財団の主張を継続;決しては、運命の家のデビッド倒れた低く、土をヘロデ王よりもそのときに王位継承、およびその直系の代表者は、貧しい村の大工、心臓からの疑問は、ヴァージン-母神に追わしなければなりません。 And never, not even when God gave to the doubts of Moses this as the sign of Israel's future deliverance, that in that mountain they should worship [b Ex.とは、神がをさえ疑問のときに、このモーゼのメンバーとして、イスラエルの将来の救出、彼らはあの山を崇拝してB詳細例です。 iii. Ⅲ 。 12.] had unbelief been answered by more strange evidence. 12 。 ]は不信仰の他の奇妙な証拠が回答されています。 But as, nevertheless, the stability of the Davidic house was ensured by the future advent of Immanuel, and with such certainty, that before even such a child could discern between choice of good and evil, the land would be freed of its dangers; so now all that was then prefigured was to become literally true, and Israel to be saved from its real danger by the Advent of Jesus, Immanuel.しかし、にもかかわらず、 davidicの安定性を確保された家は将来の出現イマヌエル、このような確実性と、その前にもこのような子供が識別善と悪の間の選択は、その土地の危険性が解放;ので今すぐすべてのことに真のprefiguredは、文字通りになる、とイスラエルの危険性をリアルに保存されるから、イエスキリストの出現、イマニュエルです。 [3 A critical discussion of Is. [ 3 、重要な議論です。 vii. Ⅶ 。 14 would here be out of place; though I have attempted to express my views in the text. 14は、ここに場違いな存在;かかわらず私は私の再生回数を表現する試みには、テキストです。 (The nearest approach to them is that by Engelhardt in the Zeitschr. fur Luth. Theol. fur 1872, Heft iv.). (最寄りのアプローチをしては、エンゲルハートは、 zeitschr 。毛皮luth 。 theol 。毛皮の1872年に、四重さです。 ) 。 The quotation of St. Matthew follows, with scarcely any variation, the rendering of the LXX.二重引用の聖マシュー以下の通り、ほとんどすべての変動は、 70のレンダリングをしています。 That they should have translated the Hebrew by, 'a Virgin,' is surely sufficient evidence of the admissibility of such a rendering.してもらいたいのはヘブライ語に翻訳され、 、 ' 、ヴァージン、 '認容されることが確実に十分な証拠は、このようなレンダリングします。 The idea that the promised Son was to be either that of Ahaz, or else of the prophet, cannot stand the test of critical investigation (see Haupt, us, and Bohl, Alttest. Citate im NT pp. 3-6).というアイデアは、息子が約束されるのアハズのいずれか、または他の預言者ムハンマドは、検査に合格することはできない重要な調査(ハウプト、問い合わせ、およびbohl 、 alttestです。 citateイムNTのpp 。 3-6 ) 。 Our difficulties of interpretation are, in great part, due to the abruptness of Isaiah's prophetic language, and to our ignorance of surrounding circumstances.私たちの解釈の難しさには、大部分は、ぶっきらぼうさのために、イザヤ書の予言の言語、および周囲の状況を私たちの無知さをします。 Steinmeyer ingeniously argues against the mythical theory that, since Is.巧妙に反対する主張steinmeyer架空の説を唱えている、以来です。 vii. Ⅶ 。 14 was not interpreted by the ancient Synagogue in a Messianic sense, that passage could not have led to the origination of 'the legend' about the 'Virgin's Son' (Gesch. d. Geb. d. Herrn, p. 95). 14はないと解釈される古代のシナゴーグで、救世主のような意味では、その通路が主導して発信できませんでした'の伝説'については、 'バージンの息子' ( gesch. d.ゲブします。 d. herrn 、 p. 95 ) 。 We add this further question, Whence did it originate?] And so it had all been intended.このより詳細な質問を追加、そこからはこれに由来ですか? ]とすべてのことが意図されています。 The golden cup of prophecy which Isaiah had placed empty on the Holy Table, waiting for the time of the end, was now full filled, up to its brim, with the new wine of the Kingdom.イザヤ書の黄金杯の予言が空の上に置かは、神聖なテーブルのを待っている時間の最後に、今すぐフル満たされたが、最大の帽子、王国は、新しいワインです。

Meanwhile the long-looked-for event had taken place in the home of Zacharias.一方、長い顔-のイベントは、ホームのツァハリアスで開催されています。 No domestic solemnity so important or so joyous as that in which, by circumcision, the child had, as it were, laid upon it the yoke of the Law, with all of duty and privilege which this implied.国内の厳粛ないとして非常に重要なものかそこら喜ばしいことでは、割礼は、子供は、言ってみれば、 laidすることは、法のくびきは、権限のすべての義務であり、この暗黙のです。 Even the circumstance, that it took place at early morning [a Pes.さえ、状況は、早朝に行わ[ペスです。 4 a.] might indicate this. 4 a. ]を示すかもしれない。 It was, so tradition has it, as if the father had acted sacrificially as High-Priest, [b Yalkut Sh.それは、これ伝統が、献身的に行動としての場合、父親は高司祭として、 B詳細yalkut shです。 i.わたし。 par.パーです。 81.] offering his child to God in gratitude and love; [c Tanch. 81 。 ]提供彼の子供を神に感謝の気持ちと愛; [ C言語tanchです。 P Tetsavveh, at the beginning, ed. p tetsavveh 、の冒頭に、エドです。 Warshau, p. warshau 、 p. 111 a.] and it symbolised this deeper moral truth, that man must by his own act complete what God had first instituted. 111 a. ]とそれより深いsymbolisedこの道徳的な真理をもって、あの男必要があります自分自身の行動を完全にどのような神が最初に導入します。 [d Tanch. 【直tanchです。 us] To Zacharias and Elisabeth the rite would have even more than this significance, as administered to the child of their old age, so miraculously given, and who was connected with such a future.問い合わせ]をツァハリアスとエリザベートの儀式はこれ以上の意義も、彼らの子として投与して老後のため、奇跡的に与えられた、とwhoは、このような将来に接続します。 Besides, the legend which associates circumcision with Elijah, as the restorer of this rite in the apostate period of the Kings of Israel, [e Pirq de R. Elies.また、割礼をイライジャアソシエイツの伝説が、修復は、次の儀式としては、背教の期間の王、イスラエル、 [メールpirqデr. eliesです。 c. 29.] was probably in circulation at the time. 29 。 ]はおそらく、発行部数は、時間です。 [1 Probably the designation of 'chair' or 'throne of Elijah,' for the chair on which the godparent holding the child sits, and certainly the invocation of Elijah, are of later date. [ 1おそらく、指定した'いす'または'玉座のイライジャ、 'は、いすに座っは、子供の代父母保持して、確かに、呼び出しとイライジャは、以降の日付です。 Indeed, the institution of godparents is itself of later origin.確かに、 godparentsは、それ自体の機関への起源です。 Curiously enough, the Council of Terracina, in 1330 had to interdict Christians acting as godparents at circumcision!妙な話だが、評議会Terracinaのは、 1330いたキリスト教徒として動作を禁止するgodparentsに割礼! Even the great Buxtorf acted as godparent in 1619 to a Jewish child, and was condemned to a fine of 100 florins for his offence.行動としても偉大なブクストルフ1619代父母にしてユダヤ人の子供と、非難しては、彼の違反の罰金100 florins 。 See Low, Lebensalter, p.を参照低く、 lebensalter 、 p. 86.] We can scarcely be mistaken in supposing, that then, as now, a benediction was spoken before circumcision, and that the ceremony closed with the usual grace over the cup of wine, [2 According to Josephus (Ag. Ap. ii. 26) circumcision was not followed by a feast. 86 。 ]誤解されることほとんどsupposing 、その次に、今すぐとして、割礼を祝福する前には、音声、および授賞式は、閉鎖すると、通常の猶予杯のワイン、 [ 2によると、ヨセフス( ag. AP通信します。 2世。 26 )割礼はない続いてはごちそうになる。 But, if this be true, the practice was soon altered, and the feast took place on the eve of circumcision (Jer. Keth. i. 5; B. Kama 80 a; B. Bath. 60 b, &c.).しかし、もしこのようなことにtrueの場合、その変更はすぐに練習し、祭りが開催され、前夜の割礼( jer. keth 。 i. 5 ; b.カーマ80 、 ; b.バス。 。 。 60 b 、 &世紀)です。 Later Midrashim traced it up to the history of Abraham and the feast at the weaning of Isaac, which they represented as one at circumcision (Pirqe d. R. Eliez. 29).] when the child received his name in a prayer that probably did not much differ from this at present in use: 'Our God, and the God of our fathers, raise up this child to his father and mother, and let his name be called in Israel Zacharias, the son of Zacharias.へmidrashimの歴史をたどることをイブラーヒームやイスハークのごちそうは、離乳のは、 1つずつとして表現されて割礼( pirqe d. r. eliez 。 29 ) 。 ]子供のときに彼の名前を祈りの言葉を受け取ったことは、おそらくこのあまりの違いから、現在使用中: '私たちの神となり、わたしたちの祖先の神のは、この子供を育てる彼の父と母は、彼の名前が呼ばれるのをご存知でしたら、イスラエルツァハリアス、ツァハリアスの息子のです。 [3 Wunsche reiterates the groundless objection of Rabbi Low (usp96), that a family-name was only given in remembrance of the grandfather, deceased father, or other member of the family! [ 3ビュンシェ異議申立の根拠を繰り返しますラビの低( usp96 )は、ご家族の名前が与えられただけを記憶に留めては、祖父、故人の父親か、または他のメンバーは、ご家族! Strange, that such a statement should ever have been hazarded; stranger still, that it should be repeated after having been fully refuted by Delitzsch.奇妙な、そのような声明もしなければhazarded ;見知らぬ人とはいえ、しなければならないことが繰り返された後、完全に否定されデリッチです。 It certainly is contrary to Josephus (War iv. 3, 9), and to the circumstance that both the father and brother of Josephus bore the name of Mattias.ヨセフスに反しては確かに(戦争Ⅳ 。 3 、 9 ) 、として事情をヨセフスの両方の父と弟の名前をmattiasがうんざりする。 See also Zunz (Z. Gesch. u. Liter. p. 318).] Let his father rejoice in the issue of his loins, and his mother in the fruit of her womb, as it is written in Prov.も参照くださいツンツ( z. gesch 。米リットルです。 p. 318 ) 。 ]喜ぶさせたり、問題の父彼の腰、と彼の母親は、彼女の子宮の果物、地方のことが書かれています。 xxiii. 23 。 25, and as it is said in Ezek. 25日、とのことがezekによるとします。 xvi. 16 。 6, and again in Ps. 6 、および再度のpsのです。 cv.履歴書です。 8, and Gen. xxi. 8日、とGen 。とxxi 。 4;' the passages being, of course, quoted in full. 4 ; 'の通路が、もちろん、引用符でいっぱいです。 The prayer closed with the hope that the child might grow up, and successfully, 'attain to the Torah, the marriagebaldachino, and good works.'閉鎖の祈りを期待してその子に育つかもしれないし、正常に、 'を達成して律法は、 marriagebaldachinoし、良い作品です。 ' [1 The reader will find BH Auerbach's Berith Abraham (with a Hebrew introduction) an interesting tractate on the subject. [ 1 、読者はアウエルバッハbh berithアブラハム(ヘブライ語と紹介)に興味深い論文で、被写体です。 For another and younger version of these prayers, see Low, usp 102.]別のと若いのバージョンのこれらの祈りを参照してください低、 USPの102 。 ]

Of all this Zacharias was, though a deeply interested, yet a deaf and dumb [2 From St. Luke i.このツァハリアスのすべてのは、深く興味かかわらず、まだありませんがろうあ[ 2投稿者聖ルカi. 62 we gather, that Zacharias was what the Rabbis understood by, one deaf as well as dumb. 62私たちの収集、それは何のラビツァハリアスは理解され、 1つだけでなく聴覚障害者たちが沈黙する。 Accordingly they communicated with him by 'signs', as Delitzsch correctly renders it:] witness.したがって彼らに伝える彼のことを'標識' 、としてデリッチことを正しくレンダリング: ]目撃者です。 This only had he noticed, that, in the benediction in which the child's name was inserted, the mother had interrupted the prayer.これしかなかった彼は気づいた、それは、祝祷では、子供の名前が挿入されると、その母親の祈りが中断します。 Without explaining her reason, she insisted that his name should not be that of his aged father, as in the peculiar circumstances might have been expected, but John (Jochanan).彼女の理由を説明し、彼女は彼の名前はならないと主張している彼の高齢者の父親のように、予想され、特有の事情かもしれないが、ジョン( jochanan ) 。 A reference to the father only deepened the general astonishment, when he also gave the same name.父のみへの参照を深化全般驚き、ときには彼はまた、同じ名前のです。 But this was not the sole cause for marvel.しかし、これは驚異の唯一の原因です。 For, forthwith the tongue of the dumb was loosed, and he, who could not utter the name of the child, now burst into praise of the name of the Lord.は、速やかに、ダムは舌が増し、と彼は、 who全くできませんでしたその子の名前を、今すぐに乱入、主の名前を称賛するのです。 His last words had been those of unbelief, his first were those of praise; his last words had been a question of doubt, his first were a hymn of assurance.彼の最後の言葉これらの不信心ていた、彼の最初のはそれらの称賛;彼の最後の言葉ていた疑いのある質問は、彼の最初の賛美歌のが保証します。 Strictly Hebrew in its cast, and closely following Old Testament prophecy, it is remarkable and yet almost natural, that this hymn of the Priest closely follows, and, if the expression be allowable, spiritualises a great part of the most ancient Jewish prayer: the so-called Eighteen Benedictions; rather perhaps, that it transforms the expectancy of that prayer into praise of its realisation.厳密には、キャストヘブライ語、旧約聖書と密接に次の予言は、注目すべきことはまだほとんど自然と、この賛美歌は、次のように密接に司祭、および、許容される場合は、表現、 spiritualisesの大部分は、ほとんどの古代ユダヤ人の祈り:いわゆる18 benedictions ;むしろたぶん、期待して変換し、その実現の祈りを称賛するのです。 And if we bear in mind, that a great portion of these prayers was said by the Priests before the lot was cast for incensing, or by the people in the time of incensing, it almost seems as if, during the long period of his enforced solitude, the aged Priest had meditated on, and learned to understand, what so often he had repeated.そして私たちがクマを念頭に置いて、それのかなりの部分を、これらの祈りは、司祭によるとされる多くの前には、キャストを激怒させるか、またはされた人々の時間を激怒させる、ほぼいるように、彼の長い期間中に施行孤独、高齢者の僧侶が瞑想を有効にし、学習を理解し、どのようなので彼は頻繁に繰り返されています。 Opening with the common form of benediction, his hymn struck, one by one, the deepest chords of that prayer, specially this the most significant of all (the fifteenth Eulogy), 'Speedily make to shoot forth the Branch [3 Although almost all modern authorities are against me, I cannot persuade myself that the expression (St. Luke i. 78) rendered 'dayspring' in our AV is here not the equivalent of the Hebrew 'Branch.'オープニングの共通の形式の祝祷、彼の賛美歌を襲った、 1つずつ、和音の最も深い祈り、特別にこの最も重要なのすべての(第15回賛美) 、 'スピーディーに記載を撮るの枝の[ 3もののほぼすべての近代当局は私に対して、私自身は、表現の説得することはできません(聖ルカi. 78 )レンダリング' dayspring 'で私たちがここにいないav 、ヘブライ語に相当する'を展開します。 ' The LXX at any rate rendered in Jer.いずれにせよ、 70 jerレンダリングされます。 xxiii. 23 。 5; Ezek. 5 ; ezekです。 xvi. 16 。 7; xvii. 7 ; 17 。 10; Zech. 10 ;ツェッヒです。 iii. Ⅲ 。 8; vi. 8 ; Ⅵ 。 12, by.] of David, Thy servant, and exalt Thou his horn by Thy salvation, for in Thy salvation we trust all the day long. 12日、されています。 ]のデビッド、なたの使用人は、彼のホーンと称賛されなたなたの救いは、なたのために私たちの信頼のすべての日救世長いです。 Blessed art Thou, Jehovah!祝福アートなた、エホバ! Who causeth to spring forth the Horn of Salvation' (literally, to branch forth).春の記載who causethに救いの角' (文字通り、枝を記載) 。 This analogy between the hymn of Zacharias and the prayers of Israel will best appear from the benedictions with which these eulogies closed.この類推ツァハリアスとの間の賛美歌のイスラエルの祈りは、最高のbenedictionsに表示されるからではなく、これらのeulogies終了します。 For, when thus examined, their leading thoughts will be found to be as follows: God as the Shield of Abraham; He that raises the dead, and causes salvation to shoot forth; the Holy One; Who graciously giveth knowledge; Who taketh pleasure in repentance; Who multiplieth forgiveness; Who redeemeth Israel; Who healeth their (spiritual) diseases; Who blesseth the years; Who gathereth the outcasts of His people; Who loveth righteousness and judgment; Who is the abode and stay of the righteous; Who buildeth Jerusalem; Who causeth the Horn of Salvation to shoot forth; Who heareth prayer; Who bringeth back His Shekhinah to Zion; God the Gracious One, to Whom praise is due; Who blesseth His people Israel with peace.は、検査時にこのように、彼らの主要な考えが可能になったことを以下のとおり:アブラハムの神としてのシールド;彼の死を提起し、救いを撮るのが原因で記載し、神聖な1つ; who優雅に与えられる知識; who takethに喜びを後悔; who multiplieth許し; who redeemethイスラエル; who healethかれらの(精神的)病気; who blessethの年間; who gatherethののけ者彼の人々 ; who愛さ正義と判断; whoは、ご滞在の住まいとは、正しい; who buildethエルサレム; who causeth救いの角を撮るの記載; whoは全聴に祈り; whoシェキナを携えて来る先頭彼の系譜;優雅な1つの神のもとに、褒められることは誰のため; who blesseth彼のイスラエルの人々に平和です。

It was all most fitting.それはすべての最もふさわしい。 The question of unbelief had struck the Priest dumb, for most truly unbelief cannot speak; and the answer of faith restored to him speech, for most truly does faith loosen the tongue.不信仰の問題を打た司祭はばかな、本当に不信心ほとんど話すことはできないとの回答は彼の信仰に復元さ演説で、ほとんどの真の信仰は舌を緩める。 The first evidence of his dumbness had been, that his tongue refused to speak the benediction to the people; and the first evidence of his restored power was, that he spoke the benediction of God in a rapturous burst of praise and thanksgiving.彼の無言症の最初の証拠ていた、その彼の舌を拒否して人々を祝福の言葉が、彼の最初の証拠を復元力は、その彼は神の祝福の列を熱狂的に爆発的な称賛と感謝します。 The sign of the unbelieving Priest standing before the awe-struck people, vainly essaying to make himself understood by signs, was most fitting; most fitting also that, when 'they made signs' to him, the believing father should burst in their hearing into a prophetic hymn.司祭の信仰心のサインを畏敬の念に打た人々の前に立って、むなしくessayingを理解させるにしておくの兆候はほとんどの継手;最もふさわしいにもまた、ときに'彼らは標識'をしてしまったら、彼らの信者の父親が公聴会をバーストさ賛美歌を予言します。

But far and wide, as these marvellous tidings spread throughout the hill-country of Judaea, fear fell on all, the fear also of a nameless hope.しかし、遠くまで広がって、素晴らしい便りとして、これらの国全体に広がるの丘- judaea 、すべての恐怖は、無名の恐怖にも期待します。 The silence of a long-clouded day had been broken, and the light which had suddenly riven its gloom, laid itself on their hearts in expectancy: 'What then shall this Child be?長い目で曇ったの静寂の日壊れていた、との光が突然割れたていたその薄っすらと、かれらの心をlaid自体を期待: 'どのような入力し、この子に限りですか? For the Hand of the Lord also was with Him!'主に手も彼! ' [2 The insertion of seems critically established, and gives the fuller meaning.] [ 2を挿入するよう批判的に確立されると、フラーの意味と明記してください。 ]

FROM THE MANGER IN BETHLEHEM TO THE BAPTISM IN JORDANベツレヘムのマンガーをしてからヨルダンの洗礼

Chapter 5第5章

What Messiah Did the Jews Expect?救世主は、ユダヤ人は何を期待ですか?

It were an extremely narrow, and, indeed, false view, to regard the difference between Judaism and Christianity as confined to the question of the fulfillment of certain prophecies in Jesus of Nazareth.それは非常に狭く、および、実際のところ、虚偽の表示をに関してユダヤ教とキリスト教の違いは問題に限局しているとして、特定の予言を履行するためにナザレのイエスです。 These predictions could only outline individual features in the Person and history of the Messiah.これらの予測が個々の機能の概要のみの人との歴史を、救世主です。 It is not thus that a likeness is recognised, but rather by the combination of the various features into a unity, and by the expression which gives it meaning.このようにして似ていることではないが認識さではなく、むしろ、様々な機能を組み合わせて団結し、表現を与えることを意味します。 So far as we can gather from the Gospel narratives, no objection was ever taken to the fulfillment of individual prophecies in Jesus.これまでのところ、私たちは、福音の物語を集めるより、異議申立はいつも撮影を履行するために、個々の予言がイエスキリストです。 But the general conception which the Rabbis had formed of the Messiah, differed totally from what was presented by the Prophet of Nazareth.しかし、一般的な概念は、ラビが形成さは、メシア、完全に異なるから何が提出された預言者のナザレス。 Thus, what is the fundamental divergence between the two may be said to have existed long before the events which finally divided them.したがって、どのような2つの間には、根本的な相違によると5月にずっと前から存在するイベントを最後に分かれています。 It is the combination of letters which constitute words, and the same letters may be combined into different words.これは言葉の組み合わせの文字を構成し、同じ文字の組み合わせを別の言葉があります。 Similarly, both Rabbinism and, what, by anticipation, we designate, Christianity might regard the same predictions as Messianic, and look for their fulfillment; while at the same time the Messianic ideal of the Synagogue might be quite other than that, to which the faith and hope of the Church have clung.同様に、両方のラビの教義と、何を見越して、私たちを指定、キリスト教に関しては同じかもしれない救世主として予測し、その履行を探して;ながらそれと同時に、シナゴーグの救世主のような理想的なのかもしれないが非常に他のに比べて、にして、教会の信仰と希望がくっついた。

1. 1 。 The most important point here is to keep in mind the organic unity of the Old Testament.ここで最も重要な点を念頭に置いて、有機的統一性を保つ、旧約聖書のです。 Its predictions are not isolated, but features of one grand prophetic picture; its ritual and institutions parts of one great system; its history, not loosely connected events, but an organic development tending towards a definite end.その予測はない孤立した、しかし、機能の1つのグランド予言画像;その儀式や機関の大部分を1つのシステム;その歴史ではなく、大まかに接続イベントではなく、明確な有機開発の世話に向かって終了します。 Viewed in its innermost substance, the history of the Old Testament is not different from its typical institutions, nor yet these two from its predictions.人気、その内側の物質は、旧約聖書の歴史は異なっており、典型的な機関ではない、また、これら2つのよりその予測はまだありません。 The idea, underlying all, is God's gracious manifestation in the world, the Kingdom of God; the meaning of all, the establishment of this Kingdom upon earth.しており、すべての根底には、神の優雅な症状の世界、神の王国;の意味のすべての、地球の設立時は、次の王国です。 That gracious purpose was, so to speak, individualized, and the Kingdom actually established in the Messiah.その優雅な目的は、いわば、個性化し、実際に設立され、メシアの王国です。 Both the fundamental and the final relationship in view was that of God towards man, and of man towards God: the former as expressed by the word Father; the latter by that of Servant, or rather the combination of the two ideas: 'Son-Servant.'の両方の基本的な対象との最後の関係の中で男性向けは、神と神の男性向け:元として表現し、単語の父;され、後者の使用人か、または組み合わせではなく、 2つのアイデア: '息子-使用人します。 This was already implied in the so-called Protevangel; [a Gen. iii.この黙示的にはすでに、いわゆるprotevangel ; [ Gen 。とⅢ 。 13 ] and in this sense also the words of Jesus hold true: 'Before Abraham came into being, I am.' 13 ]とはイエスキリストの言葉をこの意味でも当てはまる: 'の前に入ってアブラハムが、私は。 '

But, narrowing our survey to where the history of the Kingdom of God begins with that of Abraham, it was indeed as Jesus said: 'Your father Abraham rejoiced that he should see My day, and he saw it, and was glad.'しかし、ここで狭窄私たちの歴史の調査を実施する神の王国をイブラーヒームから始まりますが、それは実際によると、イエスキリスト: 'あなたの父アブラハムを見て歓喜した彼は自分の日に、彼を見て、およびがうれしかったです。 ' [b St. John viii. B詳細聖ヨハネⅧ 。 56] For, all that followed from Abraham to the Messiah was one, and bore this twofold impress: heavenwards, that of Son; earthwards, that of Servant. 56 ]は、すべてのアブラハムしてからその後は、 1つの救世主と、この二重の穴を感心させる: heavenwards 、それを息子; earthwards 、使用人がします。 Israel was God's Son, His 'first-born'; their history that of the children of God; their institutions those of the family of God; their predictions those of the household of God.イスラエルは、神の息子、彼の最初の生まれの' ;その歴史が神の子供たちに、彼らの神のご家族は、これらの機関;その予測は、それらの神の家庭です。 And Israel was also the Servant of God, 'Jacob My Servant'; and its history, institutions, and predictions those of the Servant of the Lord.とイスラエルはまた、神のしもべ、 'ジェイコブマイ使用人' ;とその歴史、機関、およびそれらの予測は、使用人は、主です。 Yet not merely Servant, but Son-Servant, 'anointed' to such service.単に使用人はまだありませんが、息子の使用人、 '聖なる'このようなサービスです。 This idea was, so to speak, crystallised in the three great representative institutions of Israel.このアイデアは、いわば、 crystallisedで、イスラエルの3つの大代表機関です。 The 'Servant of the Lord' in relation to Israel's history was Kingship in Israel; the 'Servant of the Lord' in relation to Israel's ritual ordinances was the Priesthood in Israel; the 'Servant of the Lord' in relation to prediction was the Prophetic order. '使用人の主'に関連して、イスラエルの歴史は、王はイスラエル; 、 '使用人の主'に関連して、イスラエルの儀式の条例では、聖職に就くイスラエル;の'使用人の主'に関連して、予言予測していた。順番。 But all sprang from the same fundamental idea: that of the 'Servant of Jehovah.'しかし、 springの過去からのすべての基本的な考え方は同じ:それは、 '使用人のエホバします。

One step still remains. 1つのステップが残っている。 The Messiah and His history are not presented in the Old Testament as something separate from, or superadded to, Israel.の救世主と彼の履歴はないとして、旧約聖書の提示さ何か別の独立したか、またはsuperaddedを、イスラエルです。 The history, the institutions, and the predictions of Israel run up into Him.の歴史は、機関、イスラエルを実行すると予測していた。 [1 In this respect there is deep significance in the Jewish legend (frequently introduced; see, for example, Tanch. ii. 99 a; Deb. R. 1), that all the miracles which God had shown to Israel in the wilderness would be done again to redeemed Zion in the 'latter days.'] He is the typical Israelite, nay, typical Israel itself, alike the crown, the completion, and the representative of Israel. [ 1 、この点には深い意義があるのユダヤ人の伝説(頻繁に導入;参照し、例えば、 tanch 。 Ⅱ 。 99 、 ; debです。 r. 1 ) 、のすべての奇跡を示すように、神はイスラエル荒野の中には換金ことを再度ザイオンは、 '後者の日中です。 ' ]彼は、典型的なイスラエル、いや、典型的なイスラエル自体、同じクラウンは、完成し、イスラエルの代表です。 He is the Son of God and the Servant of the Lord; but in that highest and only true sense, which had given its meaning to all the preparatory development.彼は神の息子と使用人の主;しかし、その最高とのみが、真の意味で、その意味を与えていたの開発のすべての準備です。 As He was 'anointed' to be the 'Servant of the Lord,' not with the typical oil, but by 'the Spirit of Jehovah' 'upon' Him, so was He also the 'Son' in a unique sense.彼は'聖なる'される'使用人は、主よ、 'ではなく、通常の油ではなく、 'の精神をエホバ' 'に'彼は、これは、彼はまた、 '息子'でユニークな感覚です。 His organic connection with Israel is marked by the designations 'Seed of Abraham' and 'Son of David,' while at the same time He was essentially, what Israel was subordinately and typically: 'Thou art My Son, this day have I begotten Thee.'彼の有機的接続を指定されたイスラエルはスパム'アブラハムの子孫'と'息子のデビッド、 'ながらそれと同時に彼は本質的に、どのようなイスラエルは、通常subordinately : 'なたは私の息子は、この日は私なたbegetの過去分詞形です。 ' Hence also, in strictest truthfulness, the Evangelist could apply to the Messiah what referred to Israel, and see it fulfilled in His history: 'Out of Egypt have I called my Son.'それゆえまた、厳しい真実は、伝道者がどのような基準を適用してメシア、イスラエル、彼の歴史を目の前に果たさ: 'アウトのエジプトと呼ばれる私の息子は私です。 ' [a St. Matt. [ 、聖マットです。 ii. Ⅱ 。 15] And this other correlate idea, of Israel as 'the Servant of the Lord,' is also fully concentrated in the Messiah as the Representative Israelite, so that the Book of Isaiah, as the series of predictions in which His picture is most fully outlined, might be summarised as that concerning 'the Servant of Jehovah.' 15 ] 、この他の相関アイデアは、イスラエルとして'の使用人は、主よ、わたしは、メシアも完全に集中しているイスラエルの代表として、本のように、イザヤ書は、このシリーズの予測としては、彼の絵はほとんど完全に概説、かもしれないに関する要約である'エホバの使用人のです。 ' Moreover, the Messiah, as Representative Israelite, combined in Himself as 'the Servant of the Lord' the threefold office of Prophet, Priest, and King, and joined together the two ideas of 'Son' and 'Servant'.また、メシア、イスラエルの代表として、自分自身として結合さ'の使用人の主'の3倍にオフィスの預言者、司祭、およびキング、およびメンバー登録一緒に2つのアイデアの'息子'と'使用人' 。 [b Phil. B詳細フィルです。 ii. Ⅱ 。 6-11] And the final combination and full exhibition of these two ideas was the fulfillment of the typical mission of Israel, and the establishment of the Kingdom of God among men. 6-11 ]との最後の組み合わせと完全な展示会は、これらの2つのアイデアの典型的な使命を履行するために、イスラエル、との設立は、神の王国の中の男です。

(Chapter 9, 10, 11 continues ... This text in English is around 20 times as long.) (第9章、 10 、 11 ...このテキストを続けて約20倍の英語は長いです。 )


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheim多くのリファレンスを参照してソースに彼の作品です。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.書誌事項のリソースとして、当社は、別の作成edersheim参考文献リストです。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼のすべての括弧内の参考文献を示すの作品のページ番号を参照している。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです