Saint Johnセントジョン

General Information 総合情報

Saint John, a Galilean fisherman and the son of Zebedee, was one of the Twelve Apostles.セントジョンは、ガリラヤの漁師とゼベダイの息子が1つは、 12使徒です。 John and his brother, Saint James (the Great), were called Boanerges, or Sons of Thunder, by Christ.ジョンとその弟、セントジェームズ(大) 、 boanergesが呼ばれるか、またはサンズオブサンダー、イエスキリストです。 Several passages in the Bible imply that this describes their intense loyalty and aggressive zeal (Mark 9:38; Luke 9:49, 54).聖書のいくつかの通路を意味するものでは、この説明に強烈な忠誠心と積極的な熱意(マーク9時38分;ルーク9時49分、 54 ) 。 John was one of the inner circle among the Twelve.ジョンは、インナーサークルのうちの1つは、 12です。 Saint Peter, James, and John witnessed the Transfiguration (Matt. 17:1; Mark 9:2; Luke 9:28) and went to Gethsemane with Jesus (Matt. 26:37; Mark 14:33).セントピーター、ジェームズ、ジョンを目撃したと変貌( matt. 17 : 01 ;マーク9時02分;ルーク9時28分)とは、イエスキリストをゲッセマネ( matt. 26:37 ;マーク14:33 )です。

Many people believe that John was the beloved disciple referred to in the fourth gospel.多くの人々の最愛の弟子と思われるジョンは、第4福音書で参照されています。 If so, he was beside Jesus at the Last Supper (John 13:23), was asked to care for Jesus' mother Mary (John 19:26), and was the first to comprehend Jesus' Resurrection (John 20:2-9).もしそうならば、彼はイエスキリストの横には、最後の晩餐(ヨハネ13:23 ) 、イエスキリストが求められるの世話を'聖母マリア(ヨハネ19:26 )とは、最初に理解イエスの復活(ヨハネ20:2-9 ) 。 John had a prominent role in the early church (Acts 1:13, 8:14).ジョンは、著名な役割を果たすの早期教会(行為1:13 、 8:14 ) 。 Traditionally, five New Testament books are ascribed to him: the fourth gospel, three Epistles, and the Book of Revelation.伝統的に、 5つの生得的に彼の本は新約聖書:第4回、ゴスペル、 3つの書簡、およびその本の啓示です。 Feast day: Dec. 27 (Western); Sept. 26 (Eastern).饗宴日: 12月27日(西洋) ; 9月26日(東部)です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell


Saint Johnセントジョン

Advanced Information 高度情報


St. John the Evangelist聖ヨハネの福音伝道

Catholic Information カトリックの情報

I. New Testament Accounts新約聖書のアカウントi.

II. Ⅱ 。 The Alleged Presbyter Johnジョンが疑惑の長老

III. Ⅲ 。 The Later Accounts of John 、後のアカウントのジョン

IV. Ⅳ 。 Feasts of St. Johnお祭りの聖ヨハネの

V. St. John in Christian Art v.セントです。ジョンがキリスト教の芸術

I. NEW TESTAMENT ACCOUNTS新約聖書のアカウントi.

John was the son of Zebedee and Salome, and the brother of James the Greater.ジョンは、息子のゼベダイとサロメ、との兄のジェームズは大きい。 In the Gospels the two brothers are often called after their father "the sons of Zebedee" and received from Christ the honourable title of Boanerges, ie "sons of thunder" (Mark 3:17).は、福音書と呼ばれる2つの後に、父の兄弟は、しばしば"ゼベダイの息子の"とイエスキリストの名誉あるタイトルから受け取ったboanerges 、すなわち"サンズオブサンダー" (マーク3:17 ) 。 Originally they were fishermen and fished with their father in the Lake of Genesareth.もともと彼らは漁師や釣りで、父親は、湖のgenesarethです。 According to the usual and entirely probable explanation they became, however, for a time disciples of John the Baptist, and were called by Christ from the circle of John's followers, together with Peter and Andrew, to become His disciples (John 1:35-42).推定によると、通常の説明と完全に彼らは、しかし、一度に洗礼者ヨハネの弟子と呼ばれるイエスキリストがジョンの信奉者の輪を、ピーターとアンドリューと一緒に、彼の弟子になる(ヨハネ1:35 - 42 ) 。 The first disciples returned with their new Master from the Jordan to Galilee and apparently both John and the others remained for some time with Jesus (cf. John ii, 12, 22; iv, 2, 8, 27 sqq.).返されるの最初の弟子たちに新しいマスターからのジョーダンの両方を明らかにガリラヤとジョンと、他のいくつかの時間をイエスキリストは依然( cf.ジョン2世、 12 、 22 ;四、 2 、 8日、 27 sqq 。 ) 。 Yet after the second return from Judea, John and his companions went back again to their trade of fishing until he and they were called by Christ to definitive discipleship (Matthew 4:18-22; Mark 1:16-20).ユダヤから2番目の復帰はまだありませんした後、ジョンとその仲間たちの貿易をして戻って再び釣りまで、彼と呼ばれる彼らはイエスキリストを決定的な弟子(マタイ4:18-22 ;マーク1:16-20 ) 。 In the lists of the Apostles John has the second place (Acts 1:13), the third (Mark 3:17), and the fourth (Matthew 10:3; Luke 6:14), yet always after James with the exception of a few passages (Luke 8:51; 9:28 in the Greek text; Acts 1:13).使徒は、 Johnさんのリストを、 2番目の開催地(行為1:13 ) 、 3番目の(マーク3:17 ) 、および第4回(マタイ10 : 03 ;ルーク6:14 ) 、ジェームズを除いてはまだありません常にした後の数通路(ルーク8時51分;午前9時28分は、ギリシャ語のテキスト;行為1:13 ) 。

From James being thus placed first, the conclusion is drawn that John was the younger of the two brothers.このように配置よりジェームズがまず第一に、その結論には、ジョンは、若い二人の兄弟です。 In any case John had a prominent position in the Apostolic body.いずれにせよジョンは体の使徒の一番目立つ位置を表示しています。 Peter, James, and he were the only witnesses of the raising of Jairus's daughter (Mark 5:37), of the Transfiguration (Matthew 17:1), and of the Agony in Gethsemani (Matthew 26:37).ピーターは、ジェームズ、と彼は、唯一の目撃者は、調達のjairusの娘(マーク5:37 )の変貌(マタイ17時01分) 、および、苦しみをgethsemani (マタイ26:37 ) 。 Only he and Peter were sent into the city to make the preparation for the Last Supper (Luke 22:8).ピーターが送られただけに、彼と都市のための準備を作る最後の晩餐(ルーク22時08分) 。 At the Supper itself his place was next to Christ on Whose breast he leaned (John 13:23, 25).夕食自体は、彼の場所は、乳房の彼の横に表示されたイエスキリストが寄り掛かり(ヨハネ13:23 、 25 ) 。

According to the general interpretation John was also that "other disciple" who with Peter followed Christ after the arrest into the palace of the high-priest (John 18:15).一般的な解釈によると、ジョンはまた、 "他の弟子" who 、ピーターの後にイエスキリストを逮捕した後、宮殿の高司祭(ヨハネ18:15 ) 。 John alone remained near his beloved Master at the foot of the Cross on Calvary with the Mother of Jesus and the pious women, and took the desolate Mother into his care as the last legacy of Christ (John 19:25-27).ジョンだけでは彼の最愛のマスターの近くの麓には、十字架上のキリスト受難のイエスキリストとの母親の信心深い女性は、母親を荒廃させるとは、彼のケアとしての最後の遺産であるイエスキリスト(ヨハネ19:25-27 ) 。

After the Resurrection John with Peter was the first of the disciples to hasten to the grave and he was the first to believe that Christ had truly risen (John 20:2-10).復活した後、ジョンとピーターは、最初の弟子を早めるして、彼は、最初の墓とイエスキリストが真に上昇すると考えている(ヨハネ20:2-10 ) 。 When later Christ appeared at the Lake of Genesareth John was also the first of the seven disciples present who recognized his Master standing on the shore (John 21:7).イエスキリストが登場時には、湖へgenesarethジョンはまた、最初の現在の7つの弟子who認識に立って主人の海岸(ヨハネの福音21時07分) 。 The Fourth Evangelist has shown us most clearly how close the relationship was in which he always stood to his Lord and Master by the title with which he is accustomed to indicate himself without giving his name: "the disciple whom Jesus loved".第4エバンジェリストが示さ問い合わせは、最も明確ではどのような関係を閉じて立っていた彼はいつも彼の主とマスターされたタイトルを彼は自分自身も告げずに慣れて、彼の名前を示す: "誰イエスキリストの弟子愛し"です。 After Christ's Ascension and the Descent of the Holy Spirit, John took, together with Peter, a prominent part in the founding and guidance of the Church.キリストの昇天と降下した後、聖霊、ジョンは、一緒にピーターは、著名な指導の部分は、教会の創立とします。 We see him in the company of Peter at the healing of the lame man in the Temple (Acts 3:1 sqq.).私たちは彼の会社のピーターは、治癒のラメの男寺(行為3:1 sqq 。 ) 。 With Peter he is also thrown into prison (Acts 4:3).ピーター彼はまたスローに刑務所に入れられる(行為4:3 )です。 Again, we find him with the prince of the Apostles visiting the newly converted in Samaria (Acts 8:14).繰り返しますが、私たちのプリンスオブ彼を見つけるの使徒、新たに訪問に変換さサマリア(行為8:14 ) 。

We have no positive information concerning the duration of this activity in Palestine.私たちはない前向きな情報については、次の活動をパレスチナの期間です。 Apparently John in common with the other Apostles remained some twelve years in this first field of labour, until the persecution of Herod Agrippa I led to the scattering of the Apostles through the various provinces of the Roman Empire (cf. Acts 12:1-17).どうやらジョンの共通点と、他の使徒は依然、この12年間にいくつかの最初のフィールドの労働、ヘロデアグリッパの迫害するまで、私が主導して散乱使徒を通じて、ローマ帝国の様々な地方( cf.行為12:1-17 ) 。 Notwithstanding the opinion to the contrary of many writers, it does not appear improbable that John then went for the first time to Asia Minor and exercised his Apostolic office in various provinces there.にもかかわらず、多くの作家の意見とは反対に、それが表示されない場合がありそうにないがジョンの最初の時間を入力し、アジアの未成年者と使徒行使彼の事務所にある様々な地方です。 In any case a Christian community was already in existence at Ephesus before Paul's first labours there (cf. "the brethren", Acts 18:27, in addition to Priscilla and Aquila), and it is easy to connect a sojourn of John in these provinces with the fact that the Holy Ghost did not permit the Apostle Paul on his second missionary journey to proclaim the Gospel in Asia, Mysia, and Bithynia (Acts 16:6 sq.).いずれにせよ、キリスト教社会はすでに存在しているポールの最初の仕事はエフェソスの前に( cf. "同胞" 、 18:27行為に加えて、プリシラとアクイラ) 、およびことは容易に接続するには、これらのジョン逗留地方聖霊という事実は、使徒パウロを許可してしなかった彼の2番目の福音伝道の旅を宣言アジアでは、 mysia 、およびビテュニア( 16時06平方行為)です。 There is just as little against such an acceptation in the later account in Acts of St. Paul's third missionary journey.反対にはほとんど同じようにこのような行為を容認し、後のアカウントの宣教師の聖パウロの第3の旅です。 But in any case such a sojourn by John in Asia in this first period was neither long nor uninterrupted.しかし、いずれにせよこのようなアジアのジョン逗留され、この最初の期間が長いどちらも中断されません。 He returned with the other disciples to Jerusalem for the Apostolic Council (about AD 51).彼の弟子を返されると、他のエルサレムは、ローマ教皇の評議会(約広告51 )です。 St. Paul in opposing his enemies in Galatia names John explicitly along with Peter and James the Less as a "pillar of the Church", and refers to the recognition which his Apostolic preaching of a Gospel free from the law received from these three, the most prominent men of the old Mother-Church at Jerusalem (Galatians 2:9).セントポールは彼の敵を相手ジョンgalatiaの名前を明示するとともに、ピーターとジェームズ少ないとして"の柱の教会" 、との認識を参照して彼のローマ教皇の説教は、福音書を無料から受け取ったこれらの3つの法則からは、最も顕著な男性の母の古い教会でエルサレム(ガラテヤ人への手紙2時09分) 。 When Paul came again to Jerusalem after the second and after the third journey (Acts 18:22; 21:17 sq.) he seems no longer to have met John there.ポールときにエルサレムに戻って後にした後、 2番目と3番目の旅(行為18:22 ; 21:17平方)には、もはや彼はジョンに会った。 Some wish to draw the conclusion from this that John left Palestine between the years 52 and 55.いくつかの希望を描くという結論にジョン左から、この52年間パレスチナとの間に55 。

Of the other New-Testament writings, it is only from the three Epistles of John and the Apocalypse that anything further is learned concerning the person of the Apostle.遺言書の他の新しい、それは書簡からのみのジョンとの3つの黙示録のことは何かを学んだに関するより詳細な人の使徒です。 We may be permitted here to take as proven the unity of the author of these three writings handed down under the name of John and his identity with the Evangelist.私たちはここを取ることが許されるの結束を証明として、これらの3つの文章の著者の名の下に受け継がジョンと彼のアイデンティティーの伝道者です。 Both the Epistles and the Apocalypse, however, presuppose that their author John belonged to the multitude of personal eyewitnesses of the life and work of Christ (cf. especially 1 John 1:1-5; 4:14), that he had lived for a long time in Asia Minor, was thoroughly acquainted with the conditions existing in the various Christian communities there, and that he had a position of authority recognized by all Christian communities as leader of this part of the Church.アポカリプスの両方の書簡と、しかし、その著者のジョンに属して仮定すると、多数の個人的な目撃者のイエスキリストの生涯と業績を( cf.特に1ジョン1:1-5 ; 4:14 ) 、暮らしをしていた小アジアに長い時間が、既存の条件は、徹底的に知り合いには、様々なキリスト教のコミュニティが、する立場にあるとしていたキリスト教社会のすべての権限として認識され、この部分の教会の指導者です。 Moreover, the Apocalypse tells us that its author was on the island of Patmos "for the word of God and for the testimony of Jesus", when he was honoured with the heavenly Revelation contained in the Apocalypse (Revelation 1:9).また、黙示録を教えてくれることを、著者は、この島のパトモス島"という言葉を、神とは、イエスキリストの証拠を提出する" 、ときに彼は天の啓示を光栄に含まれている黙示録(啓示1時09分) 。

II. Ⅱ 。 THE ALLEGED PRESBYTER JOHNジョンが疑惑の長老

The author of the Second and Third Epistles of John designates himself in the superscription of each by the name (ho presbyteros), "the ancient", "the old".の著者であるジョン2番目と3番目の書簡の表題は、自分自身の各指定された名前(ホpresbyteros ) 、 "古代" 、 "古い"です。 Papias, Bishop of Hierapolis, also uses the same name to designate the "Presbyter John" as in addition to Aristion, his particular authority, directly after he has named the presbyters Andrew, Peter, Philip, Thomas, James, John, and Matthew (in Eusebius, "Hist. eccl.", III, xxxix, 4). papias 、司教のヒエラポリス、同じ名前を指定するにも使用して、 "長老ジョン"のようにaristionに加えて、彼の特定の権限を、直接presbytersした後、彼はアンドリューという名前の、ピーター、フィリップ、トーマス、ジェームズ、ジョン、とマシュー(でユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 3 、 39 、 4 ) 。 Eusebius was the first to draw, on account of these words of Papias, the distinction between a Presbyter John and the Apostle John, and this distinction was also spread in Western Europe by St. Jerome on the authority of Eusebius.ユーセビアスは、最初のを描くで、 [アカウントpapias 、これらの言葉を、ジョンとの区別は、使徒の長老ジョン、およびこの区別は、西ヨーロッパでも普及の権威をユーセビアス聖ジェロームをします。 The opinion of Eusebius has been frequently revived by modern writers, chiefly to support the denial of the Apostolic origin of the Fourth Gospel.ユーセビアスの意見を頻繁に復活されてきた現代の作家、主を支援するための否定を、第4福音書の使徒の起源です。 The distinction, however, has no historical basis.の区別は、しかし、歴史的な根拠がない。 First, the testimony of Eusebius in this matter is not worthy of belief.まず第一に、この問題の証拠を提出するユーセビアス価値の信念ではない。 He contradicts himself, as in his "Chronicle" he expressly calls the Apostle John the teacher of Papias ("ad annum Abrah 2114"), as does Jerome also in Ep.彼は自分自身矛盾のように、彼の"クロニクル"と明示的に呼び出して、その教師の使徒ジョンpapias ( "広告abrah 2114年" ) 、ジェロームまた、 epとして機能します。 lxxv, "Ad Theodoram", iii, and in "De viris illustribus", xviii. 75 、 "広告theodoram " 、 3世、および"デviris illustribus " 、 18 。 Eusebius was also influenced by his erroneous doctrinal opinions as he denied the Apostolic origin of the Apocalypse and ascribed this writing to an author differing from St. John but of the same name.ユーセビアス影響を受けても彼は彼の誤った教義としての意見を否定して黙示録の使徒の起源と生得的にこの文書を執筆し、著者が異なるから聖ヨハネしかし、同じ名前のです。 St. Irenæus also positively designates the Apostle and Evangelist John as the teacher of Papias, and neither he nor any other writer before Eusebius had any idea of a second John in Asia (Adv. haer., V, xxxiii, 4).使徒聖irenæusも積極的に指定すると、教師としての伝道者ジョンpapias 、およびその他の作家も彼もがすべてのアイデアを前にユーセビアスアジアで2番目のジョン( adv. haer 。 、 V電源、 33 、 4 ) 。 In what Papias himself says the connection plainly shows that in this passage by the word presbyters only Apostles can be understood. papias自身はどのようによると、この通過して接続を端的に示している言葉を理解できるpresbyters使徒のみです。 If John is mentioned twice the explanation lies in the peculiar relationship in which Papias stood to this, his most eminent teacher.ジョンの2倍の説明に記載の場合は嘘で立っていたの奇妙な関係の中で行わpapiasして、彼の最も著名な教師です。 By inquiring of others he had learned some things indirectly from John, just as he had from the other Apostles referred to.を問いかけるような他のいくつかのことを学んだ彼は間接的よりジョン、同じように彼は、他の使徒から参照されます。 In addition he had received information concerning the teachings and acts of Jesus directly, without the intervention of others, from the still living "Presbyter John", as he also had from Aristion.受信に関する情報に加えていた行為を、イエスキリストの教えを直接、他人の介入せず、まだ生活からの"長老ジョン" 、と彼はまたaristionいたからです。 Thus the teaching of Papias casts absolutely no doubt upon what the New-Testament writings presuppose and expressly mention concerning the residence of the Evangelist John in Asia.したがって、教育を確実に間違いない。 papiasキャストの新しい-遺言書にどのような仮定すると、住居に関する明示的に言及するアジアの伝道者ジョンです。

III. Ⅲ 。 THE LATER ACCOUNTS OF JOHN 、後のアカウントのジョン

The Christian writers of the second and third centuries testify to us as a tradition universally recognized and doubted by no one that the Apostle and Evangelist John lived in Asia Minor in the last decades of the first century and from Ephesus had guided the Churches of that province.作家は、キリスト教の2番目と3番目の世紀の証言を問い合わせとして広く認識され、疑問の伝統は、使徒ではないと1つの伝道者ジョンに住んでアジアの未成年者の最後の数十年に及ぶ世紀の最初のエフェソスいたから誘導して、その道の教会です。 In his "Dialogue with Tryphon" (Chapter 81) St. Justin Martyr refers to "John, one of the Apostles of Christ" as a witness who had lived "with us", that is, at Ephesus.彼の"対話をtryphon " (第81 )聖ジャスティン殉教者を参照して"ジョン、キリストの使徒のいずれかの"生き証人としての役目をwhoは"お問い合わせ" 、つまり、エフェソスです。 St. Irenæus speaks in very many places of the Apostle John and his residence in Asia and expressly declares that he wrote his Gospel at Ephesus (Adv. haer., III, i, 1), and that he had lived there until the reign of Trajan (loc. cit., II, xxii, 5).聖irenæus話すな場所にあり、非常に多くの使徒ジョンと彼のレジデンス、アジアと明示的に宣言して彼の福音書を書いたエフェソス( adv. haer 。 、 3世、私は、 1 ) 、としていたのに住んで君臨するまで、トラヤヌス( loc. 〜 Cit 。 、 2世、 xxii 、 5 ) 。 With Eusebius (Hist. eccl., III, xiii, 1) and others we are obliged to place the Apostle's banishment to Patmos in the reign of the Emperor Domitian (81-96).おユーセビアス( hist. eccl 。 、 3 、 13 、 1 )およびその他の使徒我々は義務付けられている場所の国外追放をパトモス島は、天皇の統治のドミティアヌス(八一〜九六) 。 Previous to this, according to Tertullian's testimony (De praescript., xxxvi), John had been thrown into a cauldron of boiling oil before the Porta Latina at Rome without suffering injury.前には、テルトゥリアヌスの証言によると、 (デpraescript 。 、 36 ) 、ジョン投げていた油を沸騰する前に大釜のローマポルタラティーナで苦しんでけがなしです。 After Domitian's death the Apostle returned to Ephesus during the reign of Trajan, and at Ephesus he died about AD 100 at a great age.ドミティアヌスの死の後、エフェソスの使徒に返さトラヤヌスの治世中に、彼が死亡したとエフェソス約100の広告に大きな年齢です。 Tradition reports many beautiful traits of the last years of his life: that he refused to remain under the same roof with Cerinthus (Irenaeus "Ad. haer.", III, iii, 4); his touching anxiety about a youth who had become a robber (Clemens Alex., "Quis dives salvetur", xiii); his constantly repeated words of exhortation at the end of his life, "Little children, love one another" (Jerome, "Comm. in ep. ad. Gal.", vi, 10).多くの美しい伝統的形質の報告書の最後の年の彼の人生:それを拒否して彼と同じ屋根の下で引き続きケリントス(エイレナイオス"の広告です。 haerです。 " 、 3世、 3世、 4 ) ;彼の不安感を青少年に触れるwhoいたになる強盗(クレメンスアレックス。 、 "何ダイブsalvetur " 、 13 ) ;彼の勧告の言葉を絶えず繰り返される彼の人生の終わりに、 "小さな子供たちは、別の1つの愛" (ジェローム、 "コミュニティーのepです。広告です。ギャルです。 " 、 6 、 10 ) 。 On the other hand the stories told in the apocryphal Acts of John, which appeared as early as the second century, are unhistorical invention.その一方で、ストーリーは作り話の行為は、ジョン、これが、早ければ2番目の世紀の発明は、歴史的でない。

IV. Ⅳ 。 FEASTS OF ST.お祭りのセントです。 JOHNジョン

St. John is commemorated on 27 December, which he originally shared with St. James the Greater.聖ヨハネは、 12月27日を記念し、彼は最初の大セントジェームス共有します。 At Rome the feast was reserved to St. John alone at an early date, though both names are found in the Carthage Calendar, the Hieronymian Martyrology, and the Gallican liturgical books.ローマの祝宴では、予約を聖ヨハネだけを早期に日付が、カルタゴの両方の名前が発見されたカレンダーは、 hieronymian殉教史、および典礼書の条項です。 The "departure" or "assumption" of the Apostle is noted in the Menology of Constantinople and the Calendar of Naples (26 September), which seems to have been regarded as the date of his death. "出発"や"仮説"は、使徒が記載されてコンスタンティノープルとmenologyカレンダーのナポリ( 9月26日) 、どのようにも彼の死と見なされて、この評価をします。 The feast of St. John before the Latin Gate, supposed to commemorate the dedication of the church near the Porta Latina, is first mentioned in the Sacramentary of Adrian I (772-95).宴の聖ヨハネのラテン語門の前に、落成式を記念している教会の近くのポルタラティーナ、聖礼典のが最初に記載されてエイドリアン私(七百七十二から九十五) 。

V. ST. v.セントです。 JOHN IN CHRISTIAN ARTジョンがキリスト教の芸術

Early Christian art usually represents St. John with an eagle, symbolizing the heights to which he rises in the first chapter of his Gospel.初期キリスト教美術、通常は聖ヨハネと、ワシは、高さを象徴する彼の上昇は、彼の福音書第1章。 The chalice as symbolic of St. John, which, according to some authorities, was not adopted until the thirteenth century, is sometimes interpreted with reference to the Last Supper, again as connected with the legend according to which St. John was handed a cup of poisoned wine, from which, at his blessing, the poison rose in the shape of a serpent.カリスとしての象徴の聖ヨハネの、これは、いくつかの当局によると、採択するまで、 13世紀はない、と解釈は時に最後の晩餐を参照して、再度接続して、聖ヨハネの伝説によると、これは、利きの一杯毒入りのワインを、よりは、彼の祝福は、バラの形をした毒ヘビです。 Perhaps the most natural explanation is to be found in the words of Christ to John and James "My chalice indeed you shall drink" (Matthew 20:23).おそらく最も自然な説明がされるイエスキリストの言葉を発見されたジョンとジェームズを"なたがたは確かに私の聖杯を飲む" (マタイ20:23 ) 。

Publication information Written by Leopold Fonck.出版物の情報執筆者レオポルトfonckです。 Transcribed by Michael Little.マイケルリトル転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Book of John 予約のジョン
Epistles of John ジョンの書簡
Apostles 使徒


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです