Kenosis神性放棄

General Information 総合情報

Theodor H Gaster has pointed out two basic movements in rituals. The first he refers to as rituals of Kenosis, or emptying; the other, as rituals of Plerosis, or filling. Rituals of Kenosis portray the evacuating of the meaning of time as it approaches the end of a cycle. The wearing down of time at this moment produces noxious and defiling effects, and thus the appropriate response is an ascetic form of behavior accompanied with austerities.テオドールh腹部には2つの基本的な動きでの儀式と指摘した。 の最初の儀式をベースにしたとして彼を参照して神性放棄か、または排出; 、他のは、儀式をベースにしたとしてplerosisか、または充てんします。 儀式をベースにしたの神性放棄の意味を避難させて描くのに時間としてのアプローチサイクルの終わりに、この瞬間の時間を着てダウンとdefiling有害な影響を生成し、そのための適切な対応は、フォームの動作に伴う禁欲主義者のような厳格さです。 In the rituals of Plerosis, the filling of time or the beginning again of the new time, dramas of excess and overabundance of power are portrayed in the rituals. plerosisの儀式をベースにしたのは、充填の時間や、新しい時間の始まりを再度、過剰なドラマのパワーと過多の儀式が描かれています。 Specific dramatic roles in these rituals imitate the power of deities in bringing about the renewal of the time of the cosmos.特定の劇的な役割をまねるこれらの儀式をもたらす神々の力を更新するものであり、コスモスです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Kenosis, Kenotic Theology神性放棄、 kenotic神学

Advanced Information 高度情報

"Kenosis" is a Greek term taken from Php. "神性放棄"は、ギリシャ語からPHPの用語です。 2:7, where Christ is spoken of as having "emptied himself" (RSV) and taken human form. There has been much discussion about this entire crucial passage (2:6 - 11), and several interpretations exist today. 2時07分、ここでのイエスキリストが話されされている"空に自分自身" ( RSウイルス)と人間の姿を撮影します。多くの議論をされ、この全体についての重要な通路( 2時06 -1 1) 、およびいくつかの解釈が存在する日です。 Kenotic theology is a theology that focuses on the person of Christ in terms of some form of self - limitation by the preexistent Son in his becoming man.神学kenotic神学は、イエスキリストの人に焦点を当てて、いくつかのフォームをご利用の自己-制限された元から彼の息子になる男です。 Kenotic theology at the theoretical level is a way of conceiving of the incarnation that is relatively new in the history of reflection on the person of Christ. kenotic神学は、理論的なレベルで理解する方法の化身では比較的新しい反射の歴史の中で、イエスキリストの人です。 Some see this form of thought about Christ as the most recent advance in Christology; others see it as a blind alley.このフォームを参照のいくつかのイエスキリストとして考えたの最新の進歩をchristology ;その他袋小路それを参照しています。

History履歴

Kenotic theology can be said to have begun as a serious form of reflection on Christology in the works of Gottfried Thomasius (1802 - 75), a German Lutheran theologian. kenotic神学が出てきたとしてできるによると、深刻なフォームを反射しているのをchristologyゴットフリートトマジウス( 1802 -7 5)で、ドイツのルター派神学者です。 In general kenotic theology was formulated in the light of three crucial concerns.一般的には、 kenotic神学で策定される光の3つの重要な関心事です。

The primary concern was to find a way of understanding the person of Christ that allowed his full humanity to be adequately expressed.の主な関心事は、を理解する方法を見つけるの人にイエスキリストを備えており、彼の完全な人間性を十分に表現します。 Biblical studies had given the church an intensified awareness that Christianity began in the earliest encounters with the man Jesus.聖書の研究が与えられたキリスト教の教会の激化と知っていることが開始さに遭遇する最古の男イエスキリストです。 Critical scholarship was "recapturing" him in the light of his environment.重要な奨学金は" recapturing "彼は、彼の環境光です。 It was becoming more sensitive to the limitations of that "prescientific" era and was seeing more clearly the Synoptic portrait of the human personality of the man Jesus.それはますます敏感に察知することの限界" prescientific "の時代とは明らかに、共観福音書の他の肖像画を見て、人間の人格の男イエスキリストです。 All this conspired to force upon theologians the need to affirm in new ways that Christ was truly man.この共謀を強制的にすべての神学の必要性を断言する時にイエスキリストは、真の男が新たな方法です。 He grew, he hungered, he learned, he appropriated his culture, and he exhibited its limitations.彼が成長すると、彼はhungered 、彼を学んだ、彼は彼の文化充当し、彼はその展示の制限があります。

All this must be said about Christ himself, not merely about some abstract appendage called humanity "assumed" by God the Son.これによるとしなければならないイエスキリストのすべてについて自分自身ではなく、単に人間性についてはいくつかの抽象的肢と呼ばれる"仮定"神の息子です。

A second, equally important concern was to affirm that God truly was in Christ. 2番目の、同様に重要な懸念を断言することは、本当に神は、キリストです。 The creeds are correct: very God, very man.の信条が正しい:非常に神は、非常に男です。 The problem is how this can be said without turning Christ into an aberration.この問題は、どのようによるとこれは、イエスキリストを収差を旋回します。 If to be human is to learn, grow, etc., and to be God is to be omniscient, then how can we speak of one person?人間の場合がありますが、英語を学び、成長するなどとされる神は全知に、 1つ入力し、どのように話す人ですか? Must he not have had "two heads"?必要があります。いた彼は" 2つの頭"ですか?

The third concern stems in part from the first. 3番目の懸念から、最初の茎の部分です。 The age was learning to think in terms of the categories of psychology.の年齢を考えるの点では、学習心理学のカテゴリーです。 Consciousness was a central category.意識は、中央カテゴリをクリックします。 If at our "center" is our consciousness, and if Jesus was both omniscient God and limited man, then he had two centers and was thus fundamentally not one of us.私たちの場合は"センター"は、私たちの意識、および場合に限られたイエスキリストは、神と人間の両方全知、入力し、彼はこのように2つのセンターとは根本的に特定の1つです。 Christology was becoming inconceivable for some.いくつかのchristologyは想像になる。

The converging of these concerns led to kenotic theologies in a variety of forms.これらの懸念につながって収束kenotic theologiesでは、さまざまなフォームです。 All shared a need to affirm Jesus' real, limited humanity and limited consciousness along with the affirmation that he is very God and very man.すべての共有を断言する必要がイエスの本当の、限られた人間と限定意識とともに、彼は非常に肯定し、神と非常に男です。 The varying forms of the theory of divine self - limitation were the way this was attempted.その理論のさまざまな形態の神の自己-制限は、この計画は未遂の方法です。

All forms of classical orthodoxy either explicitly reject or reject in principle kenotic theology.すべての形態の古典的正統主義の原則のいずれかを明示的に拒否するkenotic神学または拒否します。 This is because God must be affirmed to be changeless; any concept of the incarnation that would imply change would mean that God would cease to be God.これは維持されるため、不変の神しなければならない;任意の概念を意味するの化身それは変更が中止されるということで、神と神です。

Types種類

These concerns by no means force a uniformity of formulations; in fact, there are many different possibilities under the general category "kenotic theology."これらの懸念を強制的に均一ではないの配合;実際には、さまざまな可能性には多くの一般的なカテゴリの下に" kenotic神学。 " There is a variety of possibilities for a Christology in terms of the idea of a preincarnate self - limitation by God the Son.には、様々な可能性が、 christologyをご利用のアイデアは、 preincarnate自己-制限され、神の息子です。 There are two broad categories for understanding kenotic theories.広範なカテゴリーには2つのkenotic理論を理解します。 One concerns the relation of the kenotic theory to traditional orthodox formulas. 1つの懸念の関係は、伝統的な正統派の数式をkenotic理論です。 A kenotic theory can have the function of being supportive modification of a traditional formula or it can be presented as an alternative.この関数をkenotic理論が支援することが伝統的な数式または変更をご提示の代替として利用することができます。 This is key difference between the otherwise quite similar presentations given by Anglican Charles Gore in his Bampton Lectures, The Incarnation of the Son of God (1891), and Congregationalist PT Forsyth in his Person and Place of Jesus Christ (1909).これは他のキーの違いは非常に似プレゼンテーション与えられた彼の聖公会のチャールズゴアバンプトン講義は、神の化身の息子( 1891 ) 、および組合教会ptフォーサイスは彼の人格と場所をイエスキリスト( 1909 ) 。

Both writers clearly affirm a real commitment to an understanding of Christ as God and man, yet Gore's kenotic proposal functions to reinforce his consistent and articulate defense of Chalcedonian orthodoxy.両方の作家、本物のコミットメントを明確に断言するキリストの理解を神と人間としては、まだありませんkenoticゴア氏の提案機能を強化する防衛カルケドン彼の一貫性と正統性を明確です。 Forsyth sees his theory as a biblical alternative to a static, Greek, outmoded formula found in the Chalcedonian Definition.フォーサイスは彼の理論として聖書の代わりに、静的な、ギリシャ語、時代遅れの数式で定義されて発見されたカルケドンです。 Both Gore and Forsyth are altogether clear on their vision of Jesus' humanity, his growth, and limitations as part of the meaning of his identity.フォーサイスは、完全に両方のゴアとビジョンを明確にしてイエスの人間性、彼の成長、および責任制限の一環としての意味を自分のアイデンティティです。

A second distinction within kenotic theories concerns the place of the concept within the larger understanding of God's being and relation to the world. 2番目の区別に懸念の代わりにkenotic理論の概念の理解を大規模に神の存在と関連して、世界です。 The work of AE Garvie in Studies in the Inner Life of Jesus (1907) shows the influence of a conservative form of Hegelian speculation on the nature of the Trinity.その仕事はAfter Effectsのガービの研究で、内側の生活のイエスキリスト( 1907 )を示し、保守的な形での影響を受けて投機ヘーゲルの性質上、トリニティ。 Here there is seen to be a movement or dialectic within God between fullness (Father) and self - limitation / expression (Son) that finds its historic expression in the incarnation kenotically understood.ここには見られて弁証法的には、神の間に運動や膨満(父)と自己-制限/表現(息子)が検出さ化身k enotically発現させた後、その歴史的理解します。

Thus kenotic theology is not intended to be an ad hoc device for making sense of the Christ event; rather the Christ event is the historic expression of the eternal dialectic within the Triune God.このように意図されるkenotic神学ではないデバイスを作るのアドホックイエスキリストの意味でのイベントではなく、キリストのイベントは、永遠の都ローマの歴史的弁証法的に表現する三位一体の神です。 Others also see the relation of God as Creator to creation as a form of self - limitation, thus providing genuine human freedom and the broad context for the more specific instance of divine self - limitation in Jesus Christ.その他にも、神の関係を参照して創作を創作としての一形態として自己-の制限により、このように提供し、正規の人間の自由との広範なコンテキストの特定のインスタンスは、他の神の自己-イエスキリストの制限があります。 The contrast to these more speculative forms of kenotic theology would naturally be those forms which focus more specifically on the incarnation as the exclusive act of divine self - limitation for our salvation.対照的に、これらの他の形態の投機的kenotic神学これらのフォームは当然のことをもっと具体的にどのフォーカスの排他的な行為を神の化身としての自己-私たちの救いを制限します。

At least two broad areas of distinction can be made in understanding the potential range of kenotic theories.少なくとも2つの分野の違いを理解することがkenotic理論の可能性の範囲です。 First is the crucial distinction on the relation of a proposed kenotic theology to the history of Christology.最初の決定的な違いは、上の関係を提案してkenotic神学の歴史をchristologyです。 Is the theory to be seen as an alternative to existing dogma (Forsyth, Mackintosh) or a reinforcing modification (Garvie, Weston)?は、理論を見て、既存のドグマに代わるものとして、 (フォーサイス、マッキントッシュ) 、または補強修正(ガービ、ウェストン)ですか? Secondly, is a kenotic theology to be seen in its uniqueness as the act of divine self - limitation (Forsyth), or is it to be seen as either the culminating historical instance of the Trinitarian dialectic (Garvie) and / or the kenotic relation of God to creation in general?第二に、 kenotic神学は、その独自性を見て、神の行為としての自己-制限(フォーサイス) 、またはされることは最高潮に達すると見られてのいずれかのインスタンスを三位一体説を信奉する歴史的な弁証法(ガービ)および/またはk enoticの関係を一般的に神を創造ですか?

Criticism批判

Kenotic theology as formulated in Germany (1860 - 80) or in England (1890 - 1910) was clearly not without challenge. kenotic神学としてでドイツ語を策定( 1860 -8 0)またはは、英国の( 1 890- 19 10)がないわけでは課題を明確にします。 Indeed, many believe that the criticisms evoked have proven fatal.実際、多くの実績と確信しても致命的な批判を呼び覚ました。

A persistent criticism has been that kenotic theology is not biblical.永続的な批判されている聖書のkenotic神学ではない。 If one were to hold some sort of development theory about the emergence of NT Christology, as do R Bultmann, J Knox, RH Fuller, eg, then the most that could be said would be that kenotic theology could at best reflect one of the emerging models. 1つはいくつかの並べ替えを保持する場合の開発理論NTの出現については、 christology 、研究ブルトマンとしては、無しノックス、 rhフラーは、例えば、その後、ほとんどのことがkenotic神学によるとすれば、せいぜいが新興のいずれかの反映モデルです。 If one holds to the Christological unity of the NT, as do kenotic theorists in general, then the question is more pointed. 1つの結束を保持している場合は、 NTのchristological 、 kenotic理論家としては一般的には、その後、他の問題は指摘します。 What advocates of kenotic theology would uniformly contend is that as an interpretative scheme their understanding allows one to see Jesus Christ as a real, growing, limited man without creating a sense that God is not somehow deeply involved in exactly this man.どのような権利の擁護者は一様kenotic神学論争として解釈スキームは、 1つを見て理解できる本物のイエスキリストとして、栽培、初回限定マニュアルを作成せずに意識している神ではない正確に深く関与何となくこの男です。

It is not a question of the interpretation of Php.ではないのPHPの解釈の問題です。 2, but a question of how one sees God and man in Jesus Christ. 2 、ではなく、 1つの問題をどのようにイエスキリストは、神と人間です。 Did Christ know or not know the time of the end (Mark 13:32)?イエスキリストは知っているかは分かっていない時間の終わりに(マーク13:32 )ですか? Orthodoxy said he must know, he is the presence of the omniscient God; however, for some reason he has chosen not to reveal this knowledge.彼は知る必要があります。正統性によると、彼は神が存在するの全知;しかし、何らかの理由で選ばれた彼はこの知識を明らかにしない。 Kenotic theorists insist that the text says what it says. kenotic主張して、テキストの理論家は言うどのようなことは言う。 He limited himself to his human and real development; he was genuinely dependent on his Father; he did not know.彼は自分自身を限定彼の人間とリアルの開発;彼は彼の父親に依存して真に;彼は知らなかった。 The problem of who is biblical cuts more than one way. whoは、聖書の問題を1つ以上の削減の方法です。

A second criticism clearly must focus on the fundamental credibility of the concept of a divine self - limitation. 2番目の批判を明確にしなければ信頼性に焦点を当てるの基本的な概念を、神の自己-制限があります。 We must be clear here.ここで私たちをクリアしなければならない。 Theology has always countenanced a divine concealment for pedagogical purposes in Christ.神学は常に、神の隠ぺいをcountenanced教育目的のためにイエスキリストです。 He concealed his divine radiance and became tangible so as to meet us in our darkened, fallen world on our terms (Augustine).彼は神を隠して彼となった有形ラディアンスを満たすために我々の暗く、倒れた世界に向けてご利用(アウグスティヌス) 。 Kenotic theology goes a crucial step beyond this; in the incarnation, however conceived, there was a preincarnate act of limitation, whether it be a "laying aside" (Gore) or a "concentration" (Forsyth). kenotic神学は重要なステップを超え、この;は、化身、しかし構想では、 preincarnate行為の制限、かどうかは、 "敷設はさておき" (ゴア)または"濃度" (フォーサイス) 。 It is something like whether or not a missionary were to take his two - way radio (and thus his link to his support system) with him into the jungle.これは宣教師のようにするかどうかは彼の2つを取る-道ラジオ(それゆえ彼のリンクを自分の支援システム)と彼をジャングルです。 How can Jesus Christ be God if we would simultaneously affirm that during the incarnate life he was not omniscient?イエスキリストは神の場合はどうすれば私たちはその中に断言するの化身の生活を同時に彼は全知ですか?

Following the lead of Thomasius, some argued that there are two kinds of attributes, internal (love, joy) and external (omnipotence, omnipresence, etc.).次の鉛のトマジウス、と主張していくつかの種類の属性には2つ、内部(愛、喜び)と外付け(全能、遍在、等) 。 The eternal Son "set aside" the external attributes and revealed the internal.永遠の息子"を取っておく"の内部外部の属性と明らかにします。 In him we see the love of Father - Son; in him we see God's "heart" made visible.詳細については、私たちは彼を愛する父親-息子;は彼を私たちの神の"心臓"が表示されます。 AM Fairbairn carefully works this out in his pioneering work, The Place of Christ in Modern Theology (1895).アムフェアベアン慎重にこの作品が彼の先駆的な機能するには、イエスキリストの代わりに現代の神学( 1895年) 。

Others of a more speculative bent (eg, Garvie) contend that self - limitation is in God in his "innertrinitarian" life.その他の他の投機を曲げて(例えば、ガービ)論争が自己-制限は、神の存在を、彼の" i nnertrinitarian"生活です。 Thus what is revealed in Christ is not one act of self - limitation, but God the Son in his eternal self - limiting obedient relation to the Father.このように明らかにされ何がイエスキリストではない法の1つの自己-制限、しかし、神の息子で彼の永遠の自己-従順関連して、父親に制限します。 The incarnation is thus seen to be the revelation of the eternal relation of Father to Son and the saving love that would include others.このように見られるの化身が啓示されるのは、父親が息子との関係を永遠の愛を保存するには、他のです。

The third response focuses on the importance of goal or intention for God. 3番目の応答の重要性に焦点を当てまたは意図は、目標の神です。 If God can be said to have as his fundamental goal to bring lost children back to himself, then his omnipotence / omniscience is precisely that which achieves the goal.もし神が彼のことが言えるには根本的な目標を持っ失われた子供たち自身省略して、入力し、彼の全能/全知が正確にその目標を実現します。 The greatest act of omnipotence can then be seen as the Son's becoming "poor" that we may become rich in him.全能の最大の行為は後になると見られて息子の"非常に悪い"という金持ちになることがありますしていた。

Omnipotence is reconsidered more in terms of the goal in view than as an abstract category.全能の他の条件は再考の目標を対象としてよりも抽象的なカテゴリをクリックします。 Forsyth worked with this idea at length; he called it the "moralizing of dogma", that is, the reshaping of our view of God from what he called static categories to dynamic ones reflecting God's saving purposes seen in Christ.このアイデアに長々と仕事をフォーサイス;彼はそれを"教訓的なのドグマ" 、それは、神は私たちの見解を作り直すことを彼からは何と呼ばれる静的なカテゴリを保存する目的でダイナミックなものを反映し、神のイエスキリストに見られる。 Thus there were several ways those holding a kenotic theology would attempt to make the concept of self - limitation credible.それゆえ、それらのいくつかの方法が所蔵するkenotic神学は自己の概念を作る試み-制限信憑性です。 Further, the challenge was reversed.さらに、ここでの課題は逆です。 How, it was asked, can one make sense of Jesus Christ as an omniscient being simultaneously living as a growing, learning, limited man without creating a "twoheaded" being?どのように、それは、要請は、 1つの意味を理解できるとして、イエスキリストが同時に全知リビングとして成長し、学習、初回限定の男を作成する" twoheaded "のですか? Is the union of natures conceivable without a divine self - limitation?労働組合の性質は、考えなしに神の自己-限界ですか? Is not some form of docetism the only alternative?いくつかの形式ではないキリスト仮現説の唯一の代替ですか? Did Jesus only look human?イエスキリストは人間を見るだけですか?

The third criticism has focused on the supposed strength of kenotic theology, the consciousness of Jesus. 3番目の批判が集中しているの強度kenotic神学は、イエスキリストの意識のです。 Perhaps, it would be conceded, the person of the Incarnate is more of a unity, but have we not created a new duality between the preincarnate Son and the historical Jesus?たぶん、それは譲歩は、他の人の化身は、団結、しかしわれは作成した新しい双対preincarnateの息子との間の歴史的なイエスキリストですか? Was there not an inconceivable loss (of knowledge) at Bethlehem?がそこには想像損失(の知識)はベツレヘムのですか? Further, if the Son simultaneously remained the transcendent Logos, is there not a radical, fatal discontinuity between the consciousness of the transcendent Logos and the earthly Jesus?さらに、同時にままの場合、息子の並外れたロゴは、ある特定するには根本的、致命的な不連続の間の意識のロゴ、および、地上のイエスキリストの並外れたですか? It can be argued that at this point kenotic theology is most strained.と主張してことがこの時点でkenotic神学が最も緊張します。 However, the strain is fundamentally a relocation of the same strain orthodoxy faces when it attempts to affirm very God - very man in terms of the consciousness of the earthly Jesus.しかし、移転のひずみは根本的に同じひずみを正統性に直面しようと断言するときに非常に神-非常に人間の意識の点では、地上のイエスキリストです。

The problem cuts both ways.この問題もろ刃の剣だ。 For kenotic theology the tension is in the cleavage between the preexistent and incarnate Son. kenotic神学の緊張を開裂の間には、元からあるとの化身の息子がいます。 For orthodoxy the tension is as great as it attempts to comprehend in some measure how Jesus can be both the presence of the omniscient God and a limited, growing man.の正統性と同じくらいすごいの緊張は理解しようといくつかの測定方法についての両方のイエスキリストが全知の存在を神と限定し、成長する男です。

Summary概要

Kenotic theology is in reality a variant but new form of orthodox, biblical faith. aその他のkenotic神学しかし、現実には、新しい形の正統派は、聖書の信仰です。 It has appeared in a variety of forms over the last century.それが掲載されて、さまざまなフォームの最後の世紀以上です。 It has been vigorously debated, and interest in it remains.精力的に議論され、およびそれに関心を残っています。 From one angle it can be seen as an attempt to give conceptual substance to the great hymn of Charles Wesley that speaks in awe that the Son would "empty himself of all but love" and die for a fallen humanity. 1つの角度から見られることが概念的な物質をする試みを与える偉大な賛美歌に畏怖の念を話すチャールズウェスリーには、息子が"空の自分自身のすべてのしかし、愛"と人類のために死ぬ倒れた。 From another angle kenotic theology reprsents an attempt to give central place to Jesus' limited yet sinless humanity while affirming that the ultimate significance of that humanity was and is that here on earth God the eternal Son has come, truly come, to redeem.別の角度からkenotic神学reprsents中心地にする試みを与えるイエスの初回限定sinlessはまだありませんが、究極の人間性を肯定し、その意義はここに人類が地球上で、神の永遠の息子が来た、本当に来るを交換します。

SM Smith小スミス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
C Welch, God and Incarnation in Mid Nineteenth Century German Theology; C Gore, Dissertations on Subjects Connected with the Incarnation; WI Walker, The Spirit and the Incarnation; F Weston, The One Christ; AB Bruce, The Humiliation of Christ; HEW Turner, Jesus the Christ; W Pannenberg, Jesus, God and Man. cウェルチ、 19世紀半ばに、神と化身ドイツ語神学; cゴア、学位論文を対象に接続して化身;ウィスコンシンウォーカーは、精神と化身; fウェストンは、 1つのイエスキリスト;アルバータブルースは、キリストの屈辱;順守ターナー、イエスキリストのイエスキリスト;ワットパネンベルクは、イエスキリストは、神と人間です。


Kenosis神性放棄

Catholic Information カトリックの情報

A term derived from the discussion as to the real meaning of Phil.という言葉から派生して議論をしてフィルの本当の意味です。 2:6 sqq.: "Who being in the form of God, thought it not robbery to be equal with God: But emptied [ekenosen] himself, taking the form of a servant, being made in the likeness of men, and in habit found as man." 2時06 sqq 。 : " whoが神の形で、強盗を考えていないに等しい神:しかし、空に[ ekenosen ]自分自身、撮影のフォームは、使用人は、男性が行われた似ている、との習慣見つかったとして男です。 "

Protestant opinionsプロテスタントの意見

The early Reformers, not satisfied with the teaching of Catholic theology on this point, professed to a deeper meaning in St. Paul's words, but Luther and a Melanchton failed in their speculations.初期の改革派ではなく、カトリック神学教育に満足しているこの点については、公言して聖パウロの言葉の意味を深く、しかし、ルーサーとの憶測melanchtonに失敗しました。 John Brenz (d. 10 September, 1570), of Tübingen, maintained that as the Word assumed Christ's human nature, so His human nature not only possessed the Divinity, but also had the power to make use of the Divinity, though it freely abstained from such a use.ジョンブレンツ(民主党9月10日、 1570 ) 、テュービンゲン、維持を前提として、キリストの人間の本性という言葉は、人間の本性だから彼に保有するだけでなく、神性、だけでなく、これを利用するには、電力の神性、それを自由に棄権このような使用するからです。 Chemnitz differed from this view.このビューを表示するケムニッツ異なる。 He denied that Jesus Christ possessed the Divinity in such a way as to have a right to its use.彼は否定してイエスキリストの神性保有するような方法を使用する権利を持っているのです。 The kenosis, or the exinanition, of His Divine attributes was, therefore, a free act of Christ, according to Brenz; it was the connatural consequence of the Incarnation, according to Chemnitz.の神性放棄か、または、 exinanition 、彼の神の属性は、したがって、イエスキリストの行為を無料によると、ブレンツ;それは、生まれつきの化身の結果によると、ケムニッツです。

Among modern Protestants the following opinons have been the most prevalent:現代のプロテスタントは、次の間でも、最も普及しopinons :

Thomasius, Delitzcsh, and Kahnis regard the Incarnation as a self-emptying of the Divine manner of existence, as a self-limitation of the Word's omniscience, omnipresence, etc.トマジウス、 delitzcsh 、およびカーニスに関しての化身として排出を持つ、自己の存在を神のように、自己の制限として、その単語の全知、遍在など

Gess, Reuss, and Godet contend that the Incarnation implies a real depotentation of the Word; the Word became, rather than assumed, the human soul of Christ. gess 、ロイス、およびゴデ化身して戦うという言葉の意味をリアルdepotentation ;という言葉は、想定さではなく、人間の魂をイエスキリストです。

Ebrard holds that the Divine properties in Christ appeared under the Kantian time-form appropriate to man; his kenosis consists in an exchange of the eternal for a time-form of existence.神のプロパティを保持ebrardは、イエスキリストが登場-フォームの下に適切な時間をカントの男;彼の神性放棄は、永遠の都ローマでは、 Exchangeの時間の形で存在する。

Martensen and perhaps Hutton distingusih a double life of the Word: In the Man-Christ they see a kenosis and a real depotentiation of the Word; in the world the purely Divine Word carries the work of mediator and revealer.マルテンセンそしておそらく、二重生活ハットンdistingusihという言葉は:その男-イエスキリストの神性放棄と見リアルdepotentiationという言葉;は、世界の純粋な神の言葉とrevealer調停の仕事を運ぶ。 According to Godet, and probably also Gore, the Word in His kenosis strips Himself even of His immutable holiness, His infinite love, and His personal consciousness, so as to enter into a human development similar to ours.ゴデによると、ゴアと、おそらくまた、彼の神性放棄という言葉で自分自身にも彼の不変のストリップホーリネス、彼の無限の愛、と彼の個人的な意識に入るために、人間の開発に似て楽しませていただきました。

Catholic teachingカトリックの教え

According to Catholic theology, the abasement of the Word consists in the assumption of humanity and the simultaneous occultation of the Divinity.カトリック神学によると、その単語で構成さの屈辱の仮定は、人類との同時掩蔽は、神性です。 Christ's abasement is seen first in His subjecting Himself to the laws of human birth and growth and to the lowliness of fallen human nature.キリストの屈辱は、最初に見た彼の対象の法律に基づいて自分自身を人間の誕生と成長と人間の本性をlowlinessの下落です。 His likeness, in His abasement, to the fallen nature does not compromise the actual loss of justice and sanctity, but only the pains and penalties attached to the loss.彼の似ている、彼の屈辱は、自然落下して、実際の損失の妥協はありません正義と尊厳だけの痛みや罰則を添付して損失します。 These fall partly on the body, partly on the soul, and consist in liability to suffering from internal and external causes.これらの秋のボディ部分は、上の魂の部分、および構成の責任を負うことに苦しんで内部および外部の原因が考えられます。

As to the body, Christ's dignity excludes some bodily pains and states.のボディに、キリストの肉体的苦痛やいくつかの州の尊厳を除外します。 God's all-preserving power inhabiting the body of Jesus did not allow any corruption; it also prevented disease or the beginning of corruption.神の力をすべて保持体のイエスキリストに生息して任意の腐敗を許可しなかった;ことも病気の予防や腐敗の始まりです。 Christ's holiness was not compatible with decomposition after death, which is the image of the destroying power of sin.ホーリネスは、キリストの死とは互換性が分解した後、これは、破壊力のイメージが罪です。 In fact, Christ had the right to be free from all bodily pain, and His human will had the power to remove or suspend the action of the causes of pain.実際には、イエスキリストは、権利をすべての肉体的苦痛がない、と彼は、人間の意志の電源を削除したり、行動を中断して痛みの原因を究明する。 But He freely subjected Himself to most of the pains resulting from bodily exertion and adverse external influences, eg fatigue, hunger, wounds, etc. As these pains had their sufficient reason in the nature of Christ's body, they were natural to Him.しかし、彼は自分自身を自由にさらされるの痛みの大部分と不利な肉体上の努力の結果、外部からの影響を受けた人は、例えば、疲労、飢餓、傷などに十分な理由として、これらの痛みは、イエスキリストの体の性質を、彼らは自然している。

Christ retained in Him also the weaknesses of the soul, the passions of His rational and sensitive appetites, but with the following restrictions: (a) Inordinate and sinful motions are incompatible with Christ's holiness.また、イエスキリストに保持さの弱点は、彼の魂は、彼の合理的かつ敏感な食欲熱中して、しかしは、以下の制限: ( 1 )法外な動きとは罪深いと互換性がキリストの神聖です。 Only morally blameless passions and affections, eg fear, sadness, the share of the soul in the sufferings of the body, were compatible with His Divinity and His spiritual perfection.情熱と愛情のみを道徳的に清廉潔白、例えば、恐怖、悲しみに、魂は、苦しみのシェアを、体は、神が彼と彼の精神的な互換性が完璧です。 (b) The origin, intensity, and duration of even these emotions were subject to Christ's free choice.結果( b )の起源は、強度、および期間中にも、これらの感情がキリストの件名を自由に選択します。 Besides, He could prevent their disturbing the actions of His soul and His peace of mind.それに、彼は行動の邪魔に防ぐことが彼の魂と彼の心の平和をします。 To complete His abasement, Christ was subject to His Mother and St. Joseph, to the laws of the State and the positive laws of God; He shared the hardships and privations of the poor and the lowly.彼の屈辱を完了する、イエスキリストは、件名に自分の母や聖ヨセフ、同州の法律に基づいて、神との正の法則;彼は苦難と共有して、非常に悪いとprivations卑しいです。 (See COMMUNICATO IDIOMATUM.) ( communicato idiomatumを参照。 )

Publication information Written by AJ Maas.出版物の情報執筆者のAJマース。 Transcribed by Richard R. Pettys, Jr..リチャードr. pettys転写され、ジュニアです。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Lombard, lib.ロンバード、 libにコピーします。 III, dist.三、区 XV-XVI, and Bonav., Scot., Biel on these chapters; St. Thomas, III, Q XIV-XV, and Salm., Suar., IV, xi-xii; Scheeben, Dogmatick, III, 266-74; Bruce, Humiliations of Christ, 113 sqq.; Gobe, Bampton Lectures (1891), 147; Hanna in The New York Review, I, 303 sqq.; the commentators on Phil., ii, 6, sqq. 15 - 16 、およびbonav 。 、スコットします。 、ビール、これらの章;セントトーマス、 3世、問14 - 15 、およびsalmです。 、 suar 。 、 4世、西- 12 ;シェーベン、 dogmatick 、 3世、二百六十六から七十四まで;ブルースは、キリストのhumiliations 、 113 sqq 。 ; gobe 、バンプトン講演会( 1891 ) 、 147 ;ハンナは、ニューヨークの日、私、 303 sqq 。 ;のフィルの解説をします。 、 2 、 6 、 sqq 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです