Theological Liberalism, Modernism神学的自由主義、モダニズム

Advanced Information 高度情報

Also known as modernism, this is the major shift in theological thinking that occurred in the late nineteenth century. モダニズムとしても知られこれは神学の主要なシフトと考えることで、 19世紀後半に発生しています。 It is an extremely elusive concept.それは非常に分かりにくい概念です。 A variety of shades of liberal thinking exist, it has changed in character during the passage of time, and the distinctions between liberalism in Europe and North America are considerable.さまざまな色合いのリベラルな考え方が存在する、それが変更さ文字の時が経過する間、自由主義との区別の間に、ヨーロッパや北アメリカは、かなりのです。 Main Features.主な特徴です。 The major distinctive is the desire to adapt religious ideas to modern culture and modes of thinking.の主な特徴は、欲望への適応のアイデアを現代の文化や宗教的な思考のモードです。 Liberals insist that the world has changed since the time Christianity was founded so that biblical terminology and creeds are incomprehensible to people today.自由党主張して世界が変わったの設立以来、キリスト教のように時間的な用語や信条は理解し難いものに聖書の人々です。

Although most would start from the inherited orthodoxy of Jesus Christ as the revelation of a savior God, they try to rethink and communicate the faith in terms which can be understood today.スタートから継承したものの、大半は正統性がイエスキリストを救い主として神の啓示は、彼らの信仰と通信しようと再考の単語を理解できる日です。 As Harry Emerson Fosdick put it, we must express the essence of Christianity, its "abiding experiences," but we must not identify them with the "changing categories" by which they were expressed in the past.ハリーエマーソンフォスディックとして言えば、キリスト教の本質を表現しなければならない、その"変わらぬ経験は、 "しかし、それらを識別しなければならない"カテゴリーの変更"を編集して項目を表明されていた。 Liberals maintain that Christianity has always adapted its forms and language to particular cultural situations and the "modernists" in any given age have merely been those who were most candid and creative in doing this.自由党適応を維持することは常にそのフォームとキリスト教の言語を特定の文化的な状況と" modernists "の所定の年齢は単にそれらのwhoが最も率直れ、クリエイティブでこれを行う。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
A second element of liberalism is its rejection of religious belief based on authority alone. 2番目の要素の自由主義は、宗教的信念に基づいての拒絶反応を権威だけです。 All beliefs must pass the tests of reason and experience, and one's mind must be open to new facts and truth, regardless of where these may originate.すべての信念のためのテストを通過しなければならないと経験、および1つの心をしなければならないの販売をして事実と真実に関係なく、ここで、これらの5月に由来します。 No questions are closed or settled and religion must not protect itself from critical examination.質問はありませんか決着が閉まっていないと宗教を守る必要があります。自体より重要な試験です。 As the Bible is the work of writers who were limited by their times, it is neither supernatural nor an infallible record of divine revelation and thus does not possess absolute authority.聖書としては、作家の仕事を倍whoが制限されて、それはどちらも、絶対確実な記録した超神の啓示とこのように絶対的な権威を持つはありません。 The "essence of Christianity" replaces the authority of Scripture, creeds, and the church. "キリスト教の本質を"啓典の権威を置き換え、信条、およびその教会です。 This means there is no inherent contradiction between the kingdoms of faith and natural law, revelation and science, the sacred and the secular, or religion and culture.この手段の間に矛盾がない国の固有の信仰と自然の法則、啓示と科学は、神聖と世俗的か、または宗教と文化です。

A central idea of liberal theology is divine immanence.リベラルな考えを、中央の神学は、神の内在です。 God is seen as present and dwelling within the world, not apart from or elevated above the world as a transcendent being.神は存在し、住居に見られ、世界ではなく、高架の上に離れや世界に並外れたている。 He is its soul and life as well as the creator.彼はその魂と人生だけでなく、創作者です。 Thus God is found in the whole of life and not just in the Bible or a few revelatory events.このように、神は全体の生活と発見されただけでなく、聖書の、またはいくつかの天啓のイベントです。 Because he is present and works in all that happens, there can be no distinction between the natural and supernatural.なぜなら、彼は存在し、すべての作品になれば、区別の余地はない自然との間に超自然的です。 The divine presence is disclosed in such things as rational truth, artistic beauty, and moral goodness.神の存在が開示され、このようなものとして合理的真理をもって、芸術的美しさ、善良さと道徳的です。 Although most liberals attempt to hold on to a core of Christian doctrine, some did carry immanence to its logical end, which is pantheism.現在、ほとんどの自由党の中核を保持するためにしようとキリスト教の教義を、いくつかの参考に運ぶの論理上の最後の内在、これは汎神論です。

Immanence contributed to such common liberal beliefs as the existence of a universal religious sentiment that lay behind the institutions and creeds of particular religions and the superiority of good works (both in individual and collective terms) over professions and confessions.内在として貢献してそのような共通のリベラルな信念が存在する普遍的宗教的な感情をレイアウトする機関や信条の背後に特定の宗教と文化の優越性の良い作品(個人や集団の両方で利用)を職業と自白します。 God is seen as the one who enables man to integrate his personality and thereby achieve perfection.神は男と見られて1つに統合する彼の人柄whoにより、もって完ぺきな仕事をします。 This of course required the restatement of many traditional Christian doctrines.これは当然に必要な多くの伝統的なキリスト教の教義れたものです。 The incarnation was the entrance into the world through the person of Jesus Christ of a molding and redeeming force in humanity, and it signified and ratified the actual presence of God in humanity.外観の化身の世界には、イエスキリストを通して、人の欠点を補う力が人類を成形と、それシニフィエと神の存在を批准し、実際の人間です。 His prophetic personality is the clearest and most challenging demonstration of the divine power in the world, and he is both the revelation of God and the goal of man's longing.彼の予言は、明確な性格と最もやりがいのデモは、神の力、世界、と彼は神の啓示の両方の男のあこがれとすることを目標とします。 Just as Jesus' resurrection was the continuation of his spirit and personality, so it is with all mortals after the death of the physical body.同じようにイエスの復活は、彼の精神と人格の継続を、これはすべての人間の死の後の物理的なボディです。

Sin or evil is seen as imperfection, ignorance, maladjustment, and immaturity, not the fundamental flaw in the universe.罪や邪悪な欠陥が見られ、無知、不適応、および未熟であるため、宇宙ではなく、根本的な欠陥です。 These hindrances to the unfolding of the inner nature may be overcome by persuasion and education, and salvation or regeneration is their removal.これらのバリアを展開して、内側の自然5月の説得によって克服さや教育、または再生と救いは、その除去します。 Religion represents the dimension of life in which personal values receive their highest expression, and its power possesses spiritually therapeutic qualities.宗教は、個人的な次元の生活では最高の値を受けて、表現力とその性質を持って精神的に治療します。 Prayer, for example, heightens one's spiritual sensitivity and confers the moral benefits of stability, self - control, and peace of mind.祈り、たとえば、 1つの精神的な感度を高めるとconfersの道徳的なメリットの安定性、自己-制御、および平和な気持ちです。

Liberalism also manifests a humanistic optimism.マニフェストを楽観的にも人間的自由主義です。 Society is moving toward the realization of the kingdom of God, which will be an ethical state of human perfection.社会の実現に向けて動くのは、神の王国は、倫理的な状態となる人間の完成です。 The church is the movement of those who are dedicated to following the principles and ideals set forth by Jesus, the one who provided the ultimate example of an unselfish life of love, and the members of this fellowship work together to build the kingdom.その教会は、これらの動きをwhoの原則に次のように打ち込んでいると理想を定められたイエスキリストは、 1つの例を示しますwho提供して究極の無欲な人生への愛、このフェローシップのメンバーと協力してビルドして王国です。 Liberal eschatology views God's work among men as that of redemption and salvation, not punishment for sin, and this end will be reached in the course of a continuous, ascending progress.リベラルな終末論再生回数、神の交換などの作業の中の男と救い、罪の罰しないし、この最後の過程では継続的に達し、昇順進行中です。

Sources and Developmentソースと開発

Theological liberalism originated in Germany, where a number of theological and philosophical currents converged in the nineteenth century.神学的自由主義の起源は、ドイツ、ここで、いくつかの神学的、哲学的電流は、 19世紀収束します。 German thought had a profound impact on British and American theology, but indigenous movements in both places, the Broad Church tradition in Britain and Unitarianism in America, significantly shaped liberalism's development there.ドイツ語に深刻な影響を与える考えはイギリスとアメリカの神学、しかし、先住民族の動きの両方に配置さは、広範な教会の伝統unitarianism英国とアメリカでは、大幅に形を自由主義の開発のためです。

Kant's ethical idealism and rejection of all transcendental reasoning about religion had the effect of limiting knowledge and opening the way for faith.カントの倫理的な理想主義と拒絶反応のすべての宗教は、超越論的推論についての知識と効果を制限するの道を開くには、信仰です。 Schleiermacher introduced the idea of religion as a condition of the heart whose essence is feeling.シュライエルマッハーの宗教アイデアを導入して、心臓の条件として、その本質的には感じています。 This made Christian doctrine independent of philosophical systems and faith a matter of individual experience of dependence upon God.これにより、独立系の哲学のシステムとキリスト教の教義を信仰の問題の個々の経験を、神に依存します。 Jesus was the perfect realization of the ideal of a new life of spiritual communion with God, and this possibility also existed for those who were drawn into fellowship with him in the church.イエスキリストは、完璧な理想の実現のためには新しい人生の精神的な聖体拝領を神となり、この可能性も存在してそれらのwhoは彼に引きずり込まれると交わりを持つ教会です。

Hegel went off in another direction with his absolute idealism, as this emphasized the existence of a rational structure in the world apart from the individual minds of its inhabitants.ヘーゲルが鳴った別の方向に、彼の絶対的観念論、これを合理的構造の存在を強調して、世界とは別に、個々の住民の心の中です。 That which is real is rational, and all reality is the manifestation of the absolute idea or the divine mind.そしてそれは本当のは合理的、およびすべての症状を現実には、絶対的なアイデアや、神の心です。 Through a dialectical process of the ebb and flow of historical struggle, reason is gradually overcoming the irrational and good is triumphing over evil.弁証法的プロセスを介しての盛衰の歴史的な闘争を、非合理的な理由は徐々に克服すると良いものは邪悪なtriumphing以上です。 The main contributions of Hegelian idealism were support for the idea of divine immanence and the fostering of historical and biblical criticism.ヘーゲル観念論が、メインの貢献をサポートしてアイデアを神の内在と聖書の歴史と批判の育成です。

The ideas of FC Baur and the Tubingen School on the origins and early development of Christianity and the NT followed the principles of Hegelian historical evolution, and the same was true with Graf and Welhausen in OT studies.カードFCバウアーとの考え方を学校にテュービンゲンの起源とその初期の開発を続け、キリスト教との原則をヘーゲルNTの歴史的な進化し、グラフと同じでは、真のwelhausenにot研究します。 Higher criticism questioned the authorship and dating of much of the biblical literature and rejected the traditional understanding of the Scriptures as divinely revealed oracles.高い原作者とデートの批判を疑問視する多くの聖書の文学や伝統的な理解を拒否し、聖書は神の啓示としてoracles 。 Christianity was simply seen as the historical fulfillment of natural religion, the culminating self - disclosure of immanent Spirit.キリスト教の歴史的な充足感と見られては、単に自然宗教は、最高潮に達する自己-情報開示の内在的な精神です。 Beginning with DF Strauss, carried forward by E Renan and JR Seeley, and reaching a high point with Harnack, the "life of Jesus" was studied with the intent of stripping off the dogmatic formulations of the church and getting back to the concrete, historical human personage. dfシュトラウス始まり、繰越残高にeルナンとJRシーリー、およびハイポイントに到達するとハルナックは、 "生活のイエスキリスト"が勉強の意図を除去するのは、教会や就学許可証の独断的な配合省略して、具体的には、歴史的な人間のお方です。 They found hidden behind the smoke - screen of theology and hellenistic philosophy the teaching of a simple ethical religion summed up in the fatherhood of God and brotherhood of man.彼らの背後に隠されたが見つかりました煙-ヘレニズムの哲学と神学の画面の単純な倫理的な宗教の授業を要約すると、兄弟の父であることを、神と人間のです。 Insisting that Christianity must be founded upon the exact type of person he was, they felt it necessary to get behind the "Christ of the creeds" to the "Jesus of history."キリスト教をしなければならないと主張し設立時の正確なタイプの人に彼は、彼らの背後に得ることが必要だと感じた"イエスキリストの信条"を、 "イエスキリストの歴史を。 "

The sway of Hegel was broken by Ritschl, who emphasized the importance of faith and religious experience.ヘーゲルの影響をリッチュルが破壊され、 whoの重要性を強調し、信仰と宗教的な体験をします。 He upheld Christianity's claim to uniqueness but argued that Christian experience should be based on the objective data of history, not personal feeling.彼の主張を支持キリスト教の独自性がすべきであると主張してキリスト教の経験の歴史を客観的データに基づいてではなく、個人的な感情です。 He saw Christianity as a life of action which would free man from the enslaving passions of his own nature and the determinism of his physical enviroment.彼は人生の行動として、キリスト教には無料から来た男は、 enslaving熱中して、自分自身の自然と彼の物理的環境決定論です。 Religious statements are value judgments relating to one's spiritual situation and have practical consequences.宗教的な価値判断に関連する1つのステートメントは精神的な状況にして実用的な結果をもたらすのです。 His theology of moral values relates the gospel to two poles, the redemptive work of Christ and the fellowship of redeemed persons (the kingdom of God).彼の神学の道徳的価値観福音書に関連する2つの柱は、キリストの贖いの仕事や奨学金の償還人(神の王国)です。 In the kingdom one achieves moral perfection and thus is like Christ. 1つの王国を実現さ道徳的な完成度とこのようにイエスキリストのようです。 God is immanent, transcendent, and personal all at the same time.神は内在的な、並外れた、それと同時に、個人のすべてです。

Liberals welcomed the findings of science and readily accommodated to the challenge of Darwinism.自由党の結果を歓迎して科学の挑戦をダーウィニズムを容易に収容します。 Evolution vindicated divine immanence, since this explained how God had slowly built the universe through natural law.神の内在的進化vindicated 、神はどのようゆっくりと説明して以来、この宇宙の構築を通じて自然の法則です。 He also revealed himself through an evolutionary process, as the Israelites began with backward, blood - thirsty ideas and gradually came to understand that the righteous God could be served only by those who are just, merciful, and humble.彼自身も明らかに進化の過程を通じて、イスラエルが始まったとの下位として、血液-のどが渇いてアイデアや正義を理解して徐々に来て、神のみが提供されこれらのw hoはわずかにして慈悲深く、と謙虚になる。 At last, Jesus portrayed him as the loving Father of all men.最後に、イエスキリストの愛として描かれる彼の父のすべての男性です。 Thus, redemption was the gradual transformation of man from a primitive state to that of obedient sonship to God.したがって、交換は、男性からの転換を徐々に原始の状態を息子であることを神に従順です。 The scientific approach was applied to theology and biblical criticism, and they were regarded as open to all truth.神学の科学的アプローチが適用されると聖書の批判と見なされていたすべての真実をオープンします。 Just like the physical realm, culture and religion had evolved, and there was no fundamental antagonism between the kingdoms of faith and natural law.の物理的な領域と同じように、文化、宗教が進化し、根本的な対立はなかったとの間の国の信仰と自然の法則です。

Liberalism was prevalent in French Protestantism, where Auguste Sabatier taught that religion must be understood as life rather than doctrine.自由主義は、流行語スペイン語プロテスタントで、ここでオーギュストサバティエ宗教の教えを理解しなければならないというより教義としての生活です。 It is to be grasped through religious psychology and the historical study of the documents in which the religious consciousness of the past has left an imprint.把握されることは宗教的な心理学や歴史の研究を通して、書類は、宗教的な意識を編集して項目は、左に名を刻む。 According to the Catholic Alfred Loisy, the essence of Christianity is in the ongoing faith of the church rather than exclusively in the teachings of Jesus, and it is constantly reshaped by the present.ロワジのは、カトリックのアルフレッドによると、キリスト教の本質は、現在進行中の教会の信仰の排他的ではなく、イエスキリストの教えを、再整備されることは常に存在します。 Catholic modernism had a strong foothold in France as well as in Britain and to a lesser extent in the United States, but it was effectively quashed by papal action in the early twentieth century.カトリックのモダニズムが強いの足掛かりを与えるだけでなく、英国とフランスには、米国より少ない程度に、それは、ローマ法王の行動を効果的にquashedされ、 20世紀初頭です。

British liberalism was related to the latitudinarian tradition and was found among the Broad Churchmen such as Benjamin Jowett, who stressed a loose definition of dogma.英国に関連して自由主義は自由主義の伝統との間の部分が見つかったchurchmanの複数形など、ベンジャミンジャウエット、 whoを強調するのドグマゆるいで定義されています。 Anglican modernism was distinctly British, individualistic and compromising, tending to combine Jesus' natural manhood with a doctrine of his divinity.聖公会のモダニズムは、はっきりと英国、個人主義と妥協、イエスキリストの世話を組み合わせる'自然の男らしさに彼の神性を排斥する。 Perhaps the most controversial liberal was RJ Campbell, a Methodist who criticized orthodox doctrine for its "practical dualism" in making people think of God as above and apart from his world instead of expressing himself through his world.リベラル派は、おそらく最も物議を醸すのRJキャンベルは、メソジストwho正統派の教義を批判し、 "実用的な二元論"とメーカーの人は、上記のように、神の代わりに彼の世界とは別に彼の世界を通じて自分自身を表現します。 He stressed instead the inward unity of God, man, and the universe almost to the point of pantheism.彼は内部の結束を強調した神の代わりに、マニュアル、および宇宙のほとんどを汎神論点です。 By and large, British liberalism tended to be theoretical and academic and more subdued in its overt humanistic enthusiasm.大規模なものと、英国自由主義の傾向が見られる理論的、学術や他の地味な熱意は、あからさまな人間です。

In the United States the major source of liberal religious ideas was Unitarianism, and it had already modified the doctrines of divine sovereignty, human sin, and biblical revelation before German thought began to make itself felt.は、米国の主要な源泉であるunitarianismリベラルな宗教的なアイデアは、それはすでに変更して教説の神の主権、人間の罪、および聖書の啓示自体を作る前にドイツ語考え始めた感じです。 By the 1890s most of the major theologians had studied in Germany, and many of them had come to accept the principles of higher criticism and Darwinism.されていた1890年代のほとんどの主要な神学者でドイツ語を勉強し、多くの者が来たの高い批判を受け入れるとダーウィニズムの原則にします。 American liberalism was characterized by a strong sense of activism and a feeling that God is present and active in the great forward movements of human culture.アメリカ自由主義の特徴は、強い責任感を感じて行動し、神が存在し、前方の運動を積極的に人間の偉大な文化です。

Liberal theologians concerned themselves with building the kingdom of God and promoting the applied liberalism known as the social gospel.リベラルな神学省庁の建物自体が、神との王国を推進して適用する自由主義社会の福音書として知られています。 This emphasized the need to modify the corrupt society that in turn was corrupting man.これを変更するにする必要性を強調して電源が破損腐敗した社会の男です。 Social gospelers talked of the kingdom where men would live as brothers in a spirit of cooperation, love, and justice.社会gospelersの王国で男性の話をライブとしては兄弟の協力の精神をもって、愛と正義のです。 The church must turn from saving individual sinners to the collective action of saving society.保存する必要があります。電源から個々の教会の罪を犯した者を社会の集団行動に保存します。 Achieving a better life on earth replaced the concern for the afterlife, and it was expected that Christ and Christian values would conquer the world.地球上でより良い生活を達成するの懸念は、来世に置き換え、これは予想され、キリストとキリスト教の価値観は世界を征服する。 Progress could be seen in the advance of political democracy, the movement for world peace, and efforts to end racial discrimination.進捗状況の進展が見られるの政治的民主主義は、世界の平和のための運動は、人種差別との努力を終了します。

Decline and Persistence減少と粘り強さ

By the time of World War I liberalism had made considerable inroads in the Protestant churches in Europe and North America, but it rested on shaky foundations.第一次世界大戦の時の自由主義が進出するのはかなりのプロテスタント教会、ヨーロッパや北アメリカ、それ休んで不安定な基盤です。 World War I shattered the heady optimism that was its stock in trade, while conservatives counterattacked.第一次世界大戦の楽観主義が打ち砕かれたのは、その株式を酔わ貿易、保守counterattacked中です。 Often referred to as fundamentalists, confessionalists, or pietists, they denounced liberalism for being, as JG Machen put it, "Not Christianity at all, but a religion which is so entirely different from Christianity as to belong in a distinct category."原理主義者と呼ばれる多くの場合、 confessionalistsか、またはpietists 、彼ら自由主義を非難が、 jgマッケンとして言えば、 "キリスト教ではすべてのではなく、これは非常に全く別の宗教としてキリスト教に属するが、より明確なカテゴリをクリックします。 "

Although the fundamentalist challenge was more or less beaten back, a more serious threat came from the sophisticated theologians of neo - orthodoxy who called for the recovery of divine transcendence and a realistic doctrine of sin.は、原理主義者の課題は多かれ少なかれ殴ら先頭に、より深刻な脅威がより洗練された神学のネオ-正統性の回復をw hoと呼ばれる神を超越し、現実的教義の罪です。 Liberalism with its emphasis on the freedom and self - determination of man gave religious sanction to modern man's efforts to control his life by autonomous reason and improve conditions by relying on his own goodness, but it tried to deny the overwhelming power of sin and evil which repeatedly thwart human aspirations.自由主義に重点を置いて、自由と自己-決意の男は宗教的な制裁を現代人の努力を制御する自律的な理由で人生を向上させる条件と自分自身の善良さに頼って、それを否定してしようと圧倒的なパワーの罪と邪悪に人間の願望を阻止を繰り返しています。 The neo - orthodox suggested that liberals failed to grasp either the actual condition of men or the doctrine of God that could provide a remedy for this.ネオ-正統的な提案を把握することに失敗しました自由党の実際の条件のいずれか、または教義神の男性がこの治療法を提供する。 Christianity was transformed into a high - minded ethical humanism that offered little for those caught up in the travail of modern life, and in its efforts not to separate the sacred from the secular it too closely identified the one with the other.キリスト教は、変換される高-熱心な倫理的なヒューマニズムを提供するほとんどのそれらに巻き込まれるの現代生活の苦労、および、その努力をしないように別々の神聖な世俗からあまりにも密接に識別することで、他の1つです。

Liberalism had also become too dependent on finding the historical Jesus, and, as Albert Schweitzer showed, the Jesus that researchers were uncovering possessed an apocalyptic world view and assumptions that were quite a variance with their conception of his teaching.あまりにも自由主義に依存していたにもなるイエスキリストの歴史を見つけると、アルベルトシュバイツァーによると、研究者が明らかにイエスキリストが終末論的世界観および仮定を保有することには、かなりの差異が彼の教育の構想を。 The history of religions school carried the idea of historical development to its logical end and portrayed Christianity as the syncretistic religion of the ancient Near East.宗教学校の歴史の歴史的発展という考えを実行に描か論理上の最後とキリスト教の宗教として、古代近東syncretistic 。 This meant the denial of its distinctiveness and the authority of the biblical canon.この意味の弁別と拒否する権限は、聖書のキヤノンです。 Christianity was merely one among many religions, all of which were relative to their time and circumstance, and thus it had no claim to finality.キリスト教は、単に1つの間で多くの宗教が相対的に彼らのすべての時間と状況、および最終的このように主張することはない。

In the 1930s some adherents moved much further to the left and broke almost completely with Christianity.で、 1930年代にいくつかのさらなる支持を左に移動するとほぼ完全にキリスト教broke 。 Some turned to secular humanism, and in their 1933 manifesto repudiated the existence of God, immortality, and the supernatural in general, and substituted faith in man and his capabilities.いくつかの電源を世俗的ヒューマニズム、またかれらの神の存在を否定マニフェスト1933年、不朽の名声は、超自然的と一般的には、と信じている男と彼の置換機能を提供します。 Others identified with an empirical philosophy of religion based entirely on the scientific methods and experience.他の発見を実証的に完全に基づく宗教哲学や経験の科学的方法です。

Nevertheless, liberalism did not die out.にもかかわらず、自由主義死に絶えるしなかった。 A group of "evangelical liberals" in the United States, among them HE Fosdick, William A Brown, Rufus Jones, and Henry Sloane Coffin, preached a God who was both immanent and transcendent, that Jesus, the Bible, and Christianity were unique, and that Jesus should be accepted as Lord of one's life.グループの"福音派リベラル"が米国では、このうち彼はフォスディック、ウィリアム、茶色の、ルーファスジョーンズ、とヘンリースローン棺、 whoは、両方の内在的な説教を神と並外れた、そのイエスキリストは、聖書の、とキリスト教がユニークな、その主イエスキリストが自分の人生として受け入れられています。 A new generation of "neoliberals" criticized the old modernism for its excessive preoccupation with intellectualism, sentimentality, a watered - down concept of God, and accommodation to the modern world that prevented it from launching a moral attack.新世代の" neoliberals "と批判して過度に執着古いモダニズムの知性、感傷的な言動は、水増し-ダウンの概念の神となり、宿泊施設を現代の世界を阻止してから道徳的な攻撃を発射する。 Such people as WM Horton, John C Bennett, and HP Van Dusen called for finding who God really is and securing his help in facing the human predicament, which is sin.このような人々のウインドウマネージャホートン、ジョンcベネット、およびHPヴァンドゥーゼンwhoと呼ばれる神を見つけるとセキュリティ確保が本当に人間の苦境に直面して彼の手助けが、これは罪です。

In Germany liberal scholarship was dominated by such giants as Bultmann, with his emphasis on form criticism and demythologizing the NT so modern man could understand what the Christian faith is, and Tillich, who was concerned with the ultimate, the ground of being, and suggested that God cannot be described in symbols that last from age to age but can only be encountered by experience.奨学金でドイツ語を自由ジャイアンツとしては、このようなブルトマンに支配され、彼のdemythologizing重点を置いてフォームの批判や現代人が理解するためのNTは、キリスト教の信仰はどのような、とティリヒ、 whoは懸念して究極の、地面が、と提案その神のシンボルに記載されることはできませんが最終更新年齢より年齢を経験することはできますにのみ発生します。 Bonhoeffer put forth the idea of a religionless Christianity where the church must be concerned with Christ and not religious ideas.ボンヘッファーは、無宗教のアイデアを出すのは、キリスト教、キリスト教会ではなく気にしなければならない宗教的なアイデアです。 We live in a world come of age and must reject the way of religion which is a psychological crutch.私たちの世界に住んで来るの年齢や宗教の邪魔をする必要がありますが拒否する心理的な支えです。 Christians must step out in faith and follow the one who is "the man for others" in costly discipleship.キリスト教信仰としなければ次のステップアウトを1つのwhoは、 "他人の男"で高価な弟子です。

By the 1960s most liberals had abandoned humanistic optimism, progressive cultural immanentism, and the dream of an earthly kingdom, but they gave no ground on the nonliteral interpretation of the Bible. 1960年代に放棄されたほとんどの人間は楽観的進歩、進歩的文化的内在論は、この世との夢の王国、かれら地面を明らかにしなかった聖書の文字どおりに解釈します。 Many had a renewed interest in natural theology and stressed the importance of social change.新たな関心を持つ多くのは自然神学と社会変化の重要性を強調しています。 The "radical" and "secular" theologians talked about the traditional concept of God as being "dead" in this secular age, and gloried in the God who comes to us in the events of social change. "過激派"と"世俗"神学神の話については、伝統的な考え方として"死んだ"この世俗年齢、 who gloriedになるとの神の問い合わせは、イベントの社会変化します。 They were optimistic about the creative possibilities open to secular man, held up love as the sufficient norm of ethical behavior, and reaffirmed the lordship of Christ and his call to discipleship.彼らは楽観視して創造的可能性を開いて男を世俗的に開催する愛の倫理的な行動規範として十分な、と再確認した支配キリストの弟子と彼の不可です。

RV Pierard右心室pierard

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
J Dillenberger and C Welch, Protestant Christianity Interpreted Through Its Development; W Pauck, The Heritage of the Reformation; B Reardon, Liberal Protestantism; DE Miller, The Case for Liberal Christianity; H Zahrnt, The Question of God: Protestant Theology in the Twentieth Century; WR Hutchinson, The Modernist Impulse in American Protestantism; LJ Averill, American Theology in the Liberal Tradition; K Cauthen, The Impact of American Religious Liberalism; RJ Coleman, Issues of Theological Conflict: Evangelicals and Liberals.無しdillenbergerとCウェルチ、キリスト教プロテスタントの解釈を通じて、開発;ワットパウクは、遺産の改革; bリアドン、リベラルなプロテスタント;デミラーは、キリスト教のリベラルなケース; hツァールントは、神の質問:プロテスタント神学になるのは、 20世紀; wrハッチンソン、インパルス、モダニストのアメリカのプロテスタント; lj averill 、米国の神学は、リベラルな伝統; k cauthenの影響を受け、アメリカの宗教的自由主義;のRJコールマンは、問題の神学的紛争: evangelicalsと進歩します。


Liberalism自由主義

Catholic Information カトリックの情報

A free way of thinking and acting in private and public life.は自由な形での考え方や民間部門と公共の生活の行動にします。

I. DEFINITION i.で定義されて

The word liberal is derived from the Latin liber, free, and up to the end of the eighteenth century signified only "worthy of a free man", so that people spoke of "liberal arts", "liberal occupations".という言葉から派生してリベラル派は、ラテン語liber 、無料、フリー、および最大18世紀の終わりに、シニフィエのみ"に自由の身に値する"ように、人々のスポーク"リベラルアーツ" 、 "リベラルな職業"です。 Later the term was applied also to those qualities of intellect and of character, which were considered an ornament becoming those who occupied a higher social position on account of their wealth and education.への応用にもこれらの用語は、知性と資質の文字、これが飾りになると考え、それらの社会的地位の高いwho占領下に富と教育上のアカウントです。 Thus liberal got the meaning of intellectually independent, broad-minded, magnanimous, frank, open, and genial.リベラル派はこのように知的独立の意味を、心の広い、寛大な、フランク、オープンし、温和です。 Again Liberalism may also mean a political system or tendency opposed to centralization and absolutism. 5月にも再び自由主義的な傾向を意味する政治的なシステムや、専制政治の中央集権化に反対しています。 In this sense Liberalism is not at variance with the spirit and teaching of the Catholic Church.この意味で自由主義の精神に差異はないと、カトリック教会の教えします。 Since the end of the eighteenth century, however, the word has been applied more and more to certain tendencies in the intellectual, religious, political, and economical life, which implied a partial or total emancipation of man from the supernatural, moral, and Divine order.以来、 18世紀の終わりに、しかし、という言葉が適用されたかを特定の傾向がますます多くの知的、宗教、政治的、経済的な生活と、これは部分的または黙示的な解放の合計から来た男は、超自然的、道徳的、および神順番。 Usually, the principles of 1789, that is of the French Revolution, are considered as the Magna Charta of this new form of Liberalism.通常は、 1789年の原則を、それは、フランス革命は、考えられているマグナ薬包紙は、次の新しい形の自由主義です。 The most fundamental principle asserts an absolute and unrestrained freedom of thought, religion, conscience, creed, speech, press, and politics.アサートの最も基本的な原則と心底からの絶対的な思想の自由、宗教、良心、信条、言論、出版、および政治です。 The necessary consequences of this are, on the one hand, the abolition of the Divine right and of every kind of authority derived from God; the relegation of religion from the public life into the private domain of one's individual conscience; the absolute ignoring of Christianity and the Church as public, legal, and social institutions; on the other hand, the putting into practice of the absolute autonomy of every man and citizen, along all lines of human activity, and the concentration of all public authority in one "sovereignty of the people".するために必要な結果は、次のには、上の1つの手は、神授廃止してあらゆる種類の権威と神から派生し、宗教の降格は公の生活を、民間のドメインを1つの個々の良心;キリスト教の絶対は無視されます公共の教会として、法的、社会的機関;上、他の手は、パットの練習は、絶対的自律性のすべての男と市民として、人間の活動のすべての行沿って、すべての公共機関との濃度の1つ"主権の人々 "です。 This sovereignty of the people in all branches of public life as legislation, administration, and jurisdiction, is to be exercised in the name and by order of all the citizens, in such a way, that all should have share in and a control over it.この国民主権の公共の生活のすべての支店として、立法、行政、および管轄裁判所は、 [名前を行使するためのすべての市民とされ、そのような方法で、そのすべてが共有し、それを制御するです。 A fundamental principle of Liberalism is the proposition: "It is contrary to the natural, innate, and inalienable right and liberty and dignity of man, to subject himself to an authority, the root, rule, measure, and sanction of which is not in himself".自由主義の基本原理は、命題: "それは自然に反して、生得的、かつ奪い得ない権利と自由と人間の尊厳、自分自身を対象に権威のルートに、ルール、測定、および制裁のではないが自分自身"です。 This principle implies the denial of all true authority; for authority necessarily presupposes a power outside and above man to bind him morally.この原則の否定を意味するすべての真の権威;の権限外のパワー必ずしも前提と道徳的に上記の男をバインドする彼です。

These tendencies, however, were more or less active long before 1789; indeed, they are coeval with the human race.これらの傾向は、しかし、多かれ少なかれアクティブずっと前は1789 ;確かに、彼らは同時代に、人間のレースです。 Modern Liberalism adopts and propagates them under the deceiving mask of Liberalism in the true sense.近代的自由主義と伝播を採用して自由主義の下にマスクを欺く言葉の真の意味です。 As a direct offspring of Humanism and the Reformation in the fifteenth and sixteenth centuries, modern Liberalism was further developed by the philosophers and literati of England especially Locke and Hume, by Rousseau and the Encyclopedists in France, and by Lessing and Kant in Germany.ヒューマニズムとの直接の子孫としての改革は、 15と16世紀に、より詳細で開発された近代的自由主義は、哲学者や文人のイングランド、特にロックとヒューム、ルソーとencyclopedistsフランスでは、レッシングやカントでドイツ語とされています。 Its real cradle, however, was the drawing-rooms of the moderately free-thinking French nobility (1730-1789), especially those of Mme Necker and her daughter, Mme de Sta묮 The latter was more than anybody else the connecting link between the free-thinking elements before and after the Revolution and the centre of the modern Liberal movement both in France and Switzerland.その本当のクレードル、しかし、図面の部屋には、適度に自由な発想語スペイン語貴族( 1730-1789 ) 、特にmmeネッケルと娘は、後者のmmeデ駅묮への接続には、他の誰よりもリンクの間に自由な発想の要素の前と後の革命と近代的自由主義運動の中心部の両方でフランスとスイスです。 In her politico-religious views she is intimately connected with Mirabeau and the Constitutional party of the Revolution.彼女の政治宗教上の再生回数彼女は密接につながってミラボーと憲法革命党です。 These views find their clearest exposition in her work "Considérations sur les principaux événements de la Révolution fran硩se".これらの再生回数を検索博覧会に明確に彼女の作品" considérationsシュールレprincipaux événementsデラrévolutionフラン硩SE "という。 She pleads for the greatest possible individual liberty, and denounces as absurd the derivation of human authority from God.彼女の最大の可能性pleadsを個々の自由、およびdenouncesとして不合理な人間の当局者は神の導出します。 The legal position of the Church, according to her, both as a public institution and as a property-owner is a national arrangement and therefore entirely subject to the will of the nation; ecclesiastical property belongs not to the church but to the nation; the abolition of ecclesiastical privileges is entirely justified, since the clergy is the natural enemy of the principles of Revolution.教会の法的地位を、彼女によると、公共機関の両方をすると、財産の所有者は、国家の配置とそのための意志を完全にアジ研は、ザネーション;教会の財産に属するしないように、教会が国をし、教会の正当な権限を完全に廃止、以来、聖職者は、革命の原則を自然の敵です。 The ideal form of government is in smaller states the republic, in larger ones the constitutional monarchy after the model of England.理想的な形の小さな国で共和国政府は、大規模なものにした後、モデルのイングランド立憲君主国です。 The entire art of government in modern times, consists, according to Mme de Sta묬 in the art of directing public opinion and of yielding to it at the right moment.政府全体の芸術を現代では、構成によると、駅mmeデ묬て、アートが演出さとの世論に屈服しては、右側の瞬間です。

II. Ⅱ 。 DEVELOPMENT AND PRINCIPAL TYPES OF MODERN LIBERALISM IN NON-ENGLISH-SPEAKING COUNTRIES開発およびプリンシパルの種類の近代的自由主義の非英語圏の国

Since the so-called Liberal principles of 1789 are based upon a wrong notion of human liberty, and are and must forever be contradictory and indefinite in themselves, it is an impossibility in practical life to carry them into effect with much consistency.以来、いわゆる自由の原則に基づいて、間違って一千七百八十九アール人間の自由の概念とは矛盾すると不定としなければ永遠にそれ自体が、それは不可能なことで、実用的な人生を運ぶことに多くの整合性に発効します。 Consequently the most varying kinds and shades of Liberalism have been developed, all of which remained in fact more conservative than a logical application of Liberal principles would warrant.その結果、さまざまな種類や色合いの最も自由主義が開発されて、他のすべての事実が残ってアプリケーションの論理よりも保守的な自由主義の原理は令状です。 Liberalism was first formulated by the Protestant Genevese (Rousseau, Necker, Mme de Sta묬 Constant, Guizot); nevertheless it was from France, that it spread over the rest of the world, as did its different representative types.自由主義が最初に策定するのがプロテスタントgenevese (ルソー、ネッケル、駅mmeデ묬定数、ギゾー) ;ことは、よりフランスにもかかわらず、それは世界に広がるの残りの部分は、別の代表者としてはその種類です。 These developed in closest connection with the different Revolutions in Europe since 1789.近いに開発された、これらの接続を1789年以来、ヨーロッパの異なる回転します。 The principal types are:-校長の種類は: -

(A) Anti-ecclesiastical Liberalism (ア)反自由主義教会

(1) The old Liberalism, first advocated by Mme de Sta묠and Constant. ( 1 )旧自由主義は、まず駅提唱mmeデ묠と定数を指定します。 It may be described as the drawing-room Liberalism of the free-thinking educated classes, who, however, did not condescend to become practical politicians or statesmen; they were superior observers, infallible critics, standing above all parties.記述されることがあります客間自由主義の教育を受けて、自由な発想クラス、 who 、しかし、見下すような態度をしなかった実用的な政治家や政治家になる;彼らは優れたオブザーバーは、絶対確実な批評家は、上記のすべての当事者に立っています。 In later days some few of these old Liberals, animated by a truly liberal chivalry, stood up for the rights of suppressed minorities against Jacobin majorities, for instance, Littré and Laboulaye in France (1879-1880).それ以降の日中に、これらのいくつかのいくつかの旧自由党、アニメーションを真にリベラルな騎士道、待ちぼうけを食わされるの少数民族の権利を抑圧ジャコバンの半数以上に対して、例えば、フランスでlittréとラボラエ( 1879年から1880年) 。

(2) Closely connected with this old Liberalism of Mme de Sta묠is doctrinaire Liberalism which originated in the lecture-hall of Royer-Collard and in the salon of the Duc de Broglie (1814-1830). ( 2 )密接に繋がってこの古い自由主義の教条mmeデ駅묠は、自由主義発祥の講義-ホールのロアイエコラールとは、サロンは、ドブロイ( 1814年から1830年) 。 It was the Liberalism of the practical politicians and statesmen, who intended to re-establish, maintain, and develop, in the different states, the constitutional form of government based upon the principles of 1789.それは、自由主義は、実用的な政治家と政治家、 who再確立を目的とし、維持、および開発は、さまざまな状態では、政府の憲法上のフォームの1789年という原則に基づいています。 The most prominent representatives of this body were, besides de Broglie, Royer-Collard, Guizot in France, Cavour in Italy, von Rotteck and his partisans in Germany.この団体の代表者で、最も顕著なのは、ほかドブロイ、ロアイエコラール、ギゾーフランスでは、カブールでイタリア、フォンロテクと彼のパルチザンでドイツ語をします。

(3) Bourgeois Liberalism, was the natural outgrowth of doctrinaire Liberalism. ( 3 )ブルジョア自由主義、自由主義は、自然増殖の空論です。 It adapted itself more to the interests of the propertied and moneyed classes; for the clergy and nobility having been dispossessed of their political power, these were the only classes which could make use of the new institutions, the people not being sufficiently instructed and organized to do so.それに適応して自身の利益を他の地主と資本家階級;は、聖職者や貴族が政治権力から疎外されたのは、これらのは、クラスができるだけの新たな機関を利用し、特定の人々や組織が十分な指示をようです。 The rich industrial classes, therefore, were from the very beginning and in all countries the mainstay of Liberalism, and Liberalism for its part was forced to further their interests.の豊かな工業用のクラスは、このため、当初からはすべての国での頼みの綱と自由主義と自由主義のより詳細な部分は自分の興味を余儀なくされます。 This kind of bourgeois Liberalism enjoyed its highest favour in France during the time of the citizen-king, Louis-Philippe (1830-40), who openly avowed his dependence upon it.この種のブルジョア自由主義を支持フランスで最高の体験中の時間は、市民-キング、ルイフィリップ( 1830年から1840年) 、 who公然と公言した彼の依存性に生えています。 It flourished in Germany, as "national Liberalism", in Austria, as "political Liberalism in general", in France, as the Liberalism of Gambetta's Opportunist party.それが開花ドイツでは、 "国家自由主義" 、オーストリア、として"政治的自由主義の全般" 、フランスでは、 gambettaの日和見主義者としての自由主義の党です。 Its characteristic traits are materialistic, sordid ideals, which care only for unrestrained enjoyment of life, egoism in exploiting the economically weak by means of tariffs which are for the interests of the classes, a systematic persecution of Christianity and especially of the Catholic Church and her institutions, a frivolous disregard and even a mocking contempt of the Divine moral order, a cynical indifference in the choice and use of means - slander, corruption, fraud, etc. - in fighting one's opponents and in acquiring an absolute mastery and control of everything.その特性は、唯物論、卑しむべき理念、これケアのみを生きる喜びのとめどもない、利己主義の手段として悪用し関税を経済的に弱いが、クラスの利害のために、キリスト教の迫害するための組織、特に、カトリック教会と彼女の機関は、あざけるような軽薄な侮辱を無視し、さらには、神の道徳的なため、無関心さを冷笑的な手段の選択と使用-誹謗中傷、汚職、詐欺、など-の戦いを獲得するために1つの反対派との絶対的な支配と制御のすべてです。

(4) The Liberal "parties of progress" are in opposition to the Conservatives and the Liberals of the bourgeois classes, in so far as these, when once in power, usually care little or nothing for further improvements according to their Liberal principles, whereas the former lay more stress on the fundamental tenets of Liberalism themselves and fight against a cynical one-sided policy of self-interest; for this reason they appear to an outsider more fair-minded. ( 4 )リベラル派の"当事者の進展"は、保守派と反対して自由党は、ブルジョア階級のクラスは、このようなこれまでのところ、ときに権力の座に一度、 24時間ケアリトルかそるかのさらなる改善によると自由主義の原理が、旧レイアウトより多くのストレスを根本的な教義自身との戦いを冷笑的な自由主義的な政策を1つの自己の利益;この理由が表示さ部外者から見れば彼らの他の公平な。

(5) Liberal Radicals are adherents of progressive modern ideas, which they try to realize without consideration for the existing order or for other people's rights, ideas, and feelings. ( 5 )自由主義過激派は、支持者の進行現代的な考え方、これを実現しようとせずに既存の秩序を考慮し、または他の人々の権利、思想や感情をします。 Such was the first Liberal political party, the Spanish Jacobinos in 1810.このように、最初のリベラルな政治的な党のjacobinosは、 1810年にはスペイン語です。 This is the Radicalism, which under the mask of liberty is now annihilating the rights of Catholics in France.これは、急進主義、自由の女神の下にマスクは、現在フランスでカトリック教徒の権利を消滅します。

(6) The Liberal Democrats want to make the masses of the common people the deciding factor in public affairs. ( 6 ) 、自由民主党大衆を指定して、一般の人々の広報担当を決める要因となっています。 They rely especially on the middle classes, whose interests they pretend to have at heart.特に、中産階級テクロノジー、その利益の中心部には彼らのふりをする。

(7) Socialism is the Liberalism of self-interest nurtured by all classes of Liberals described above, and espoused by the members of the fourth estate and the proletariat. ( 7 )自由主義の社会主義は、自己の利益を促進されるすべてのクラスの自由党前述のように、とespousedされた不動産のメンバーとプロレタリアートの4番です。 It is at the same time nothing but the natural reaction against a one-sided policy of self-interest.それと同時にことはないが、自然な反応に対して1つの辺の政策を自己の利益です。 Its main branches are:その主な枝は:

Communism, which tries to reorganize the social conditions by abolishing all private ownership;共産主義、これを再編成する社会情勢をしようとする民間の所有権をすべて廃止;

Radical Social Democracy of Marx (founded 1848), common in Germany and Austria;過激な社会民主主義のマルクス(設立1848 ) 、共通のドイツとオーストリア;

Moderate Socialism (Democratic Socialistic Federation in England, Possibilists in France, etc.);穏健な社会主義(民主主義社会主義連邦、英国、 possibilistsフランスでは、等) ;

Anarchist parties founded by Bakunin, Most, and Krapotkin, after 1868, for some periods allied to Social Democracy.アナーキストバクーニンによって設立された政党は、ほとんど、およびkrapotkin 、 1868年した後に、いくつかの期間を社会民主主義同盟です。 Anarchism as a system is relatively the most logical and radical development of the Liberal principles.アナキズムが一つのシステムとしては比較的最も過激な発展を論理的にし、自由主義の原理です。

(B) Ecclesiastical Liberalism (Liberal Catholicism)結果( b )教会の自由主義(リベラルカトリシズム)

(1) The prevailing political form of modern Liberal Catholicism, is that which would regulate the relations of the Church to the State and modern society in accordance with the Liberal principles as expounded by Benjamin Constant. ( 1 )の有力な政治形態の近代的リベラルなカトリック、との関係は、これを規制するのは、教会を現代社会の状態と自由主義の原理に基づいて定数としてベンジャミンexpoundedされています。 It had its predecessors and patterns in Gallicanism, Febronianism, and Josephinism.その前任者とのパターンでていたガリア、 febronianism 、およびjosephinismです。 Founded 1828 by Lamennais, the system was later defended in some respects by Lacordaire, Montalembert, Parisis, Dupanloup, and Falloux.ラムネ1828設立され、システムのいくつかの点では、その後擁護ラコルデール、モンタランベール、 parisis 、デュパンルー、およびファルーです。

(2) The more theological and religious form of Liberal Catholicism had its predecessors in Jansenism and Josephinism; it aims at certain reforms in ecclesiastical doctrine and discipline in accordance with the anti-ecclesiastical liberal Protestant theory and atheistical "science and enlightenment" prevailing at the time. ( 2 )他の神学的、宗教的な形式のリベラルなカトリックの前任者ではジャンセニスムとjosephinism ;ことを目指して、特定の改革を教会の教義と規律に基づき、反リベラルなプロテスタント教会の無神論の理論と"科学の啓蒙"現行は、時間。 The newest phases of this Liberalism were condemned by Pius X as Modernism.最新のフェーズは、次の自由主義が非難されるピウスxとモダニズムです。 In general it advocates latitude in interpreting dogma, oversight or disregard of the disciplinary and doctrinal decrees of the Roman Congregations, sympathy with the State even in its enactments against the liberty of the Church, in the action of her bishops, clergy, religious orders and congregations, and a disposition to regard as clericalism the efforts of the Church to protect the rights of the family and of individuals to the free exercise of religion.一般に緯度の解釈上の教義の擁護者、監督や教義を無視したとの懲戒令は、ローマの集会は、共感してenactmentsの状態でも、反対するの自由教会は、彼女の司教のアクション、聖職者、宗教的な受注と集会、および処分をする点としての努力の教会の聖職権の権利を保護するには、ご家族や個人の宗教の自由の行使です。

III. Ⅲ 。 CONDEMNATION OF LIBERALISM BY THE CHURCH自由主義を非難した教会

By proclaiming man's absolute autonomy in the intellectual, moral and social order, Liberalism denies, at least practically, God and supernatural religion.男の絶対的自律性を宣言し、知的、道徳的かつ社会秩序、自由主義を否定、少なくとも事実上、神や超自然的宗教です。 If carried out logically, it leads even to a theoretical denial of God, by putting deified mankind in place of God.行われる場合に論理的には、理論的にリードしても、神の否定を、人類の代わりにしておけdeified神です。 It has been censured in the condemnations of Rationalism and Naturalism.非難され、自然主義、合理主義と非難します。 The most solemn condemnation of Naturalism and Rationalism was contained in the Constitution "De Fide" of the Vatican Council (1870); the most explicit and detailed condemnation, however, was administered to modern Liberalism by Pius IX in the Encyclical "Quanta cura" of 8 December, 1864 and the attached Syllabus.自然主義との非難を最も厳粛な合理主義は、憲法に含まれている"デfide "は、バチカン公会議( 1870 ) ;の最も明示的かつ詳細な非難、しかし、近代的自由主義では、投与さピウス9世は、回勅"量子クーラ" 1864年12月8日と、添付のシラバスです。 Pius X condemned it again in his allocution of 17 April, 1907, and in the Decree of the Congregation of the Inquisition of 3 July, 1907, in which the principal errors of Modernism were rejected and censured in sixty-five propositions.ピウスx非難してください彼の告の07年4月17日、および法令は、異端審問の集会は、 1907年7月3日、モダニズムの誤りでは、校長が拒否されたと非難さ65命題です。 The older and principally political form of false Liberal Catholicism had been condemned by the Encyclical of Gregory XVI, "Mirari Vos", of 15 August, 1832 and by many briefs of Pius IX (see Ségur, "Hommage aux Catholiques Libéraux", Paris, 1875).古い、主に政治的な形で非難されていた偽リベラルなカトリックのグレゴリー16世の回勅、 " mirariあなた"は、 1832年8月15日と、多くのブリーフのピウス9世( ségur 、 "オマージュ補助catholiques libéraux " 、パリ、 1875 ) 。 The definition of the papal infallibility by the Vatican council was virtually a condemnation of Liberalism.教皇不可謬説の定義には、バチカン公会議は事実上、自由主義を非難した。 Besides this many recent decisions concern the principal errors of Liberalism.最近の多くの意思決定の懸念に加え、この自由主義の主要なエラーが発生します。 Of great importance in this respect are the allocutions and encyclicals of Pius IX, Leo XIII, and Pius X. (Cf., Recueil des allocutions consistorales encycliques . . . citées dans le Syllabus", Paris, 1865) and the encyclicals of Leo XIII of 20 January, 1888, "On Human Liberty"; of 21 April, 1878, "On the Evils of Modern Society"; of 28 December, 1878, "On the Sects of the Socialists, Communists, and Nihilists"; of 4 August, 1879, "On Christian Philosophy"; of 10 February, 1880, "On Matrimony"; of 29 July, 1881, "On the Origin of Civil Power"; of 20 April, 1884, "On Freemasonry"; of 1 November, 1885, "On the Christian State"; of 25 December, 1888, "On the Christian Life"; of 10 January, 1890, "On the Chief Duties of a Christian Citizen"; of 15 May, 1891, "On the Social Question"; of 20 January, 1894, "On the Importance of Unity in Faith and Union with the Church for the Preservation of the Moral Foundations of the State"; of 19 March, 1902, "On the Persecution of the Church all over the World". Full information about the relation of the Church towards Liberalism in the different countries may be gathered from the transactions and decisions of the various provincial councils. These can be found in the "Collectio Lacensis" under the headings of the index: Fides, Ecclesia, Educatio, Francomuratores.この点で非常に重要なのは、 allocutionsとencyclicalsのピウス9世、レオ13世とピウスXの( cf. 、 recueilデallocutions consistorales encycliques 。 。 。 。 。 citées dansルシラバス" 、パリ、 1865 )とencyclicalsのレオ13世の1888年1月20日、 "人間の自由の女神" ;の1878年4月21日、 "現代社会の弊害を検索する" ;の1878年12月28日、 "上の宗派は、社会主義、共産主義者、およびnihilists " ;は8月4日、 1879 、 "キリスト教哲学" ;の1880年2月10日、 "上中有鬼" ;の1881年7月29日、 "市民パワーの起源" ;の1884年4月20日、 "フリーメイソン" ;の11月1日、 1885年、 "上は、キリスト教の状態" ;の1888年12月25日、 "上は、キリスト教の生活" ;の1890年1月10日、 "キリスト教の市民の長の職務を" ;の1891年5月15日、 "上の社会的問題" ;の1894年1月20日、 "上の重要性を結束して、教会の信仰と労働組合のモラルの保存のための基盤の状態" ;の1902年3月19日、 "上の迫害は、全世界の教会"です。完全な情報については、自由主義の関係を向け、教会に集めて、それぞれの国の5月からの取引や様々な地方評議会の決定にします。に関しましては、これらの" collectio lacensis "の下にするには、インデックス件名:品質保証、 ecclesia 、 educatio 、 francomuratoresです。

Publication information Written by Hermann Gruber.出版物の情報執筆者のヘルマングルーバーです。 Transcribed by Vivek Gilbert John Fernandez.ギルバートジョンフェルナンデスヴィヴェック転写されています。 Dedicated to Anusha Jebanasam and The Opus Dei The Catholic Encyclopedia, Volume IX.専用anusha jebanasamとオプスデイのは、カトリックの百科事典、第20巻9世です。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

FERRAZ, Spiritualisme et libéralisme (Paris, 1887); IDEM, Traditionalisme et ultramontanisme (Paris, 1880); D'HAUSSONVILLE, Le salon de Mme Necker (Paris, 1882); LADY BLENNERHASSET, Frau von Sta묠(1887-89); LABOULAYE, Le parti libéral (Paris, 1864); IDEM in the Introduction to his edition of Cours de politique constitutionelle de Benj. Ferrazによる、 spiritualisme et libéralisme (パリ、 1887 ) ;同じ、 traditionalisme et ultramontanisme (パリ、 1880 ) ; d' haussonville 、ルサロンドmmeネッケル(パリ、 1882 ) ;レディblennerhasset 、夫人フォン묠駅( 1887年から1889年) ;ラボラエ、ル党libéral (パリ、 1864 ) ;同じで彼の版の導入をcoursデpolitique constitutionelleデbenj 。 Constant (Paris, 1872); CONSTANT, De la religion (Paris, 1824-31); BLUNTSCHLI, Allgemeine Staatslehre (Stuttgart, 1875), 472; SAMUEL, Liberalism (1902); DEVAS, Political Economy (London, 1901), 122, 531, 650 seq.; VILLIERS, Opportunity of Liberalism (1904); RUDEL, Geschichte des Liberalismus und der deutschen Reichsverfassung (1891); DEBIDOUR, Histoire des rapports de l'église et de l'état 1789-1905 (Paris, 1898-1906); BRUSK, Die Geheimen Gesellschaften in Spanien (1881); Handworterbuch der Staatswissenschaften, I, 296-327, sv Anarchismus; Ferrer im Lichte der Wahrheit in Germania (Berlin, 1909); MEFFERT, Die Ferrer-Bewegung als Selbstentlarvung des Freidenkertums (1909).定数(パリ、 1872 ) ;定数、デラ宗教(パリ、 1824年から1831年) ;ブルンチュリー、アルゲマイネstaatslehre (シュツットガルト、 1875 ) 、 472 ;サミュエル、自由主義( 1902 ) ;天、政治経済部(ロンドン、 1901 ) 、 122 、 531 、 650 seq 。 ;ヴィリエ、機会を自由主義( 1904 ) ;リュデル、ドイツgeschichteデliberalismus und der reichsverfassung ( 1891 ) ; debidour 、 histoireデホワイトデl' église et de l '騁at 1789年から1905年(パリ、 1898 -1906 ) ; brusk 、死ぬgeheimen gesellschaftの複数形でスペイン( 1881 ) ; handworterbuch der staatswissenschaften 、私は、二百九十六から三百二十七、 sv文書anarchismus ;フェレルイムlichte der wahrheitに酸化ゲルマニウム(ベルリン、 1909 ) ; meffert 、死ぬフェレル- bewegung als selbstentlarvungデfreidenkertums ( 1909 ) 。

Works concerning ecclesiastical Liberalism:- (A) Protestant Churches:- GOYAU, L'Allemagne religieuse, le protestantisme (Paris, 1898); SABATIER, Religions of Authority and the Religion of the Spirit; POLLOCK, Religious Equality (London, 1890); REVILLE, Liberal Christianity (London, 1903); IDEM, Anglican Liberalism (London, 1908).作品に関する教会の自由主義: -( 1 )プロテスタント教会: -ゴヨー、l 'アルマーニュ修道女、ルp r otestantisme(パリ、1 8 98);サバティエ、宗教の権威と宗教の精神;ポロックは、宗教的平等(ロンドン、1 8 90);レビル、リベラル派キリスト教(ロンドン、 1903 ) ;同じ、聖公会の自由主義(ロンドン、 1908 ) 。 (B) Concerning Catholic Liberalism:- WEILL, Histoire de Catholicisme libéral en France, 1828-1908 (Paris, 1909).結果( b )自由主義に関するカトリック: -ワイル、 h istoireデc atholicismel ibéralアンフランス、 1 828年から1 908年(パリ、 1 909) 。 (C) Concerning Modernism: SCHELL, Katholizismus als Prinzip des Fortschritts (1897); IDEM, Die neue Zeit und der neue Glaube (1898); MAŒLER, Reformkatholizismus (these three works are on the Index); STUFLER, Die heiligkeit Gottes in Zeit. ( c )に関するモダニズム:シェル、 katholizismus als prinzipデfortschritts ( 1897 ) ;同じ、死ぬノイエツァイトデアノイエglaube und ( 1898 ) ; maœler 、 reformkatholizismus (これらの3つの作品は上のインデックス) ; stufler 、死ぬheiligkeit gottesでツァイトです。 f롴h. f 롴笠原 Theol. theol 。 (Innsbruck, 1908), 100-114; 364-368. (インスブルック、 1908 ) 、 100〜114 ;三百六十四から三百六十八までです。

Critique and condemnation of Liberalism:- FAGUET, Le Libéralisme (Paris, 1906); FRANTZ, Die Religion des National-liberalismus (1872).自由主義との非難を批判: -ファゲ、ルl ibéralisme(パリ、 1 906) ;フランツ、死ぬの宗教デ国家l iberalismus( 1 872年) 。 From the Catholic standpoint:- DONAT, Die Freiheit der Wissenschaft (1910); VON KETTELER, Freiheit Autorit䴠und Kirche (Mainz, 1862); IDEM, Die Arbeiterfrage und das Christenthum (Mainz, 1864); DECHAMPS, Le libéralisme (1878); DONOSO CORTɓ, Catholicism, Liberalism and Socialism (tr. Philadelphia, 1862); H. PESCH, Liberalismus, Sozialismus und christliche Gesellschaftsordnung (Freiburg, 1893-99); CATHREIN, Der Sozialismus (Freiburg, 1906); PALLEN, What is Liberalism?のは、カトリックの観点から: -ドーナット、死ぬf reiheitd er家庭( 1 910) ;フォンケッテラー、 f reiheita utorit䴠u ndk irche(マインツ、 1 862) ;同じ、死ぬa rbeiterfrageu ndd asc hristenthum(マインツ、 1 864) ; d echamps、ルl ibéralisme( 1 878) ;ドノソコートɓ 、カトリック、自由主義と社会主義( tr.フィラデルフィア、 1862 ) ;笠原ペッシュ、 liberalismus 、 sozialismus und christliche gesellschaftsordnung (フライブルクは、 1893年から1899年) ;カトライン、 der sozialismus (フライブルク、 1906 ) ; pallen 、何が自由主義ですか? (St. Louis, 1889); MOREL, Somme contre le catholicisme libéral (Paris, 1876); Die Encyklika Pius IX. (セントルイス、 1889 ) ;モレル、ソンムcontreルcatholicisme libéral (パリ、 1876 ) ;死ぬencyklikaピウス9世です。 vom 8 Dez. vom 8デズ川です。 1864 in Stimmen aus Maria-Laach; CHR. 1864年にオーストラリアstimmenマリア- laach ; chrです。 PESCH, Theologische Zeitfragen, IV (1908); HEINER, Der Syllabus (Pius IX.) (1905); Der Syllabus Pius X. und das Dekret des hl.ペッシュ、 theologische zeitfragen 、 4世( 1908 ) ;ハイナー、 derシラバス(ピウス9世です。 ) ( 1905年) ; derシラバスピウスXのund das dekretデhlします。 Offiziums "Lamentabili" vom 3 Juli, 1907 (1908); BROWNSON, Conversations on Liberalism and the Church (New York, 1869), reprinted in his Works, VII (Detroit, 1883-87), 305; MING, Data of Modern Ethics Examined (New York, 1897), x, xi; MANNING, Liberty of the Press in Essays, third series (London, 1892); BALMES, European Civilization (London, 1855), xxxiv, xxxv, lxvii; IDEM, Letters to a Sceptic (tr. Dublin, 1875), letter 7; GIBBONS, Faith of Our Fathers (Baltimore, 1871), xvii, xviii; The Church and Liberal Catholicism, pastoral letter of the English bishops, reprinted in Messenger of the Sacred Heart XXXVI (New York, 1901). offiziums " lamentabili " vom 3ジュリ、 1907 ( 1908 ) ;ブラウンソン、自由主義との会話を教会(ニューヨーク、 1869 ) 、転載、彼の作品は、 7世(デトロイト、 1883年から1887年) 、 305 ;明、データの近代的倫理検討(ニューヨーク、 1897 ) 、 x 、西;マニング、自由、報道のエッセイ、第3シリーズ(ロンドン、 1892 ) ;バルメス、ヨーロッパ文明(ロンドン、 1855 ) 、 34 、 35 、 67 ;同じ、文字参照して下さい懐疑論( tr.ダブリン、 1875 ) 、手紙7 ;ギボンズ、信仰のわたしたちの祖先(ボルチモア、 1871 ) 、 17 、 18 ;のリベラルなカトリック教会と、田園の手紙を英語の司教、転載、メッセンジャーは、神聖な心臓36 (ニューヨーク、 1901 ) 。 180-93; cf.一八〇 〜九三;継続前誌です。 also Dublin Review, new series, XVIII, 1, 285; XXV, 202; XXVI, 204, 487; third series XV, 58.ダブリン日にも、新しいシリーズでは、 18 、 1 、 285 ; 25 、 202 ;二十六、 204 、 487 ;第3シリーズ15 、 58 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです