Liberation Theology解放の神学

General Information 総合情報

Liberation theology, a term first used in 1973 by Gustavo Gutierrez, a Peruvian Roman Catholic priest, is a school of thought among Latin American Catholics according to which the Gospel of Christ demands that the church concentrate its efforts on liberating the people of the world from poverty and oppression.解放の神学、 1973年の任期を最初に使用されてグスタボグティエレスは、ペルーのローマカトリックの司祭は、学校の思想は、ラテンアメリカのカトリック教徒の間は、福音書によると、キリスト教会の要求に集中して、努力してから、世界の人々を解放する貧困と抑圧します。

The liberation-theology movement was partly inspired by the Second Vatican Council and the 1967 papal encyclical Populorum progressio.解放の神学の動きは、第二バチカン公会議触発された部分と、 1967年にローマ法王の回勅populorumプログラムです。 Its leading exponents include Gutierrez, Leonardo Boff of Brazil, and Juan Luis Segundo of Uruguay.その主要指数は、グティエレス、レオナルド一人悦に入るの、ブラジル、ウルグアイ、フアンルイス著作権侵害のです。 The liberationists have received encouragement from the Latin American bishops, especially in resolutions adopted at a 1968 conference in Medellin, Colombia; others in the Roman Catholic church have objected to their use of Marxist ideas, their support for revolutionary movements, and their criticisms of traditional church institutions.励ましのliberationistsから受け取ったラテンアメリカの司教、特に1968年会議での決議を採択さMedellin 、コロンビア;他のローマカトリック教会がマルクス主義のアイデアの使用に反対して、彼らのサポートを革命的な動き、およびそれらの批判の伝統教会機関です。 Two members of Nicaragua's Sandinista leadership belonged to the Roman Catholic clergy, a Maryknoll and a Jesuit.ニカラグアのサンディニスタ指導部の2つのメンバに属してローマカトリックの聖職者は、イエズス会のメリノール会とします。 Vatican authorities censured Boff in 1985 but in a 1986 document supported a moderate form of liberation theology.バチカン当局非難おならをするドキュメントでは1985年しかし、 1986年に穏健な形の解放の神学をサポートします。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 書誌事項
Berryman, Phillip, Liberation Theology (1987); Sigmund, PE, Liberation Theology at the Crossroads (1990).ベリマン、フィリップ、解放の神学( 1987 ) ;ジークムント、 PEの、解放の神学岐路に立って( 1990 ) 。


Liberation Theology - Haiti解放の神学-ハイチ

General Information 総合情報

While studying at a seminary to become a priest, Jean-Bertrand Aristide (later to become president of Haiti) was influenced by the tenets of liberation theology, which taught that Christians must work for social and economic justice for all people. For Aristide, liberation theology meant criticizing the repressive dictatorship of Jean Claude Duvalier and protecting the rights of the poor in Haiti.勉強しながら、神学校の司祭になるには、ジャン-バートランドアリスティド(後のが大統領になるのハイチ)が教義の影響を受け、 解放の神学、キリスト教の教えに仕事をしなければ社会的、経済的正義をすべての人々です。アリスティド、解放神学抑圧的な独裁政権を批判して意味のジャンクロードデュヴァリエと貧しい人々の権利を保護するため、ハイチです。

After completing his seminary training in 1979, Aristide's superiors sent him out of the country in an effort to curb his political activism.彼の神学校訓練は1979年に完了した後、アリスティドの上司の送信に出ている彼は、彼の政治的な行動を抑制するために努力します。 He went first to Israel, where he studied biblical theology, and then to London and to Montréal, Canada, where he completed a master's degree in theology.彼は最初に、イスラエル、どこ聖書神学を学び、と入力し、モントリオールからロンドンと、カナダ、ここで彼の神学の修士号を取得完了です。 Aristide returned to Haiti briefly in 1982 to be ordained as a Salesian priest.簡単に返さハイチアリスティドが1982年にサレジオ司祭として制定される。

In 1985 Aristide became the pastor of a small, impoverished parish in Port-au-Prince. 1985年にアリスティドなった牧師は、小、貧しい教区にポルトープランスです。 He also organized and led a number of movements protesting the Duvalier government.彼はまた、いくつかの組織的かつ主導デュヴァリエ政府の動きに抗議しています。 In February 1986 Duvalier fled the island, and for the next four years Haiti was governed by a group of civilians and military officers who had supported the former dictator. 1986年2月に逃げたデュヴァリエ島では、年間で、ハイチは、次の4つのグループに支配された民間人や軍将校who 、かつての独裁者を支持していた。 Aristide continued to organize and lead Haitians in protests against the repressive dictatorship known as "Duvalierism without Duvalier."アリスティドハイチでの継続を整理すると鉛の抗議として知られ、抑圧的な独裁"デュヴァリエduvalierismなし。 " In 1988 the Salesian order, under pressure from the government, accused Aristide of inciting violence and expelled him from the order. 1988年のサレジオために、政府からの圧力を受け、被告人の煽動アリスティド追放彼からの暴力と注文します。

In December 1990, in the first free elections in Haiti since 1804, Aristide was elected president of Haiti.昨年12月、 1990年の最初の自由選挙は1804年ハイチ、ハイチのアリスティドが大統領に選ばれた。

Philip A. Howardフィリップa.ハワード


Liberation Theology解放の神学

General Information 総合情報

Roman Catholic Popes have consistently decried the injustices of the economic and social conditions created by modern industrial societies and proposed remedies for them.ローマカトリックの教皇は一貫史の非難の経済的社会的条件によって作成さ近代工業社会との救済策を提案します。 They have denounced nuclear warfare, repeatedly urged an end to the arms race, and sought to halt the exploitation of poor nations by rich ones.彼らは核戦争を非難し、繰り返しの軍拡競争に終止符を打つよう求めた、との搾取に歯止めをかけるを模索してきた貧しい国を豊かなものです。 The protection and promotion of basic human rights in the social, economic, and political orders have been central to these pronouncements.の保護と基本的人権の推進は、社会的、経済的、政治の中心に受注が、これらの公式見解です。 The so-called liberation theology created by some Catholic intellectuals in Latin America has recently attempted to fit these concerns into a less traditional framework of speculation, even utilizing concepts found in Marxist literature.いわゆる解放の神学の知識で作成されたいくつかのカトリックのラテンアメリカは最近、未遂に合わせて、これらの懸念を投機少ない伝統的な枠組みの中でも発見さマルクス主義文学の概念を活用します。

John W. O'MalleyジョンWオマリー


Liberation Theology解放の神学

Advanced Information 高度情報

This is more a movement that attempts to unite theology and sociopolitical concerns than a new school of theological theory.これは他の融和をしようとする動きが社会政治神学との懸念よりも、新しい学校の神学理論です。 It is more accurate to speak of liberation theology in the plural, for these theologies of liberation find contemporary expression among blacks, feminists, Asians, Hispanic Americans, and Native Americans.取り立てて言うほどのことがより正確には、複数の解放の神学、これらのtheologiesコンテンポラリーな表現の中の黒人解放見つけ、フェミニスト、アジア人、ヒスパニック系アメリカ人、およびネイティブアメリカンです。 The most significant and articulate expression to date has taken place in Latin America.と明確な表現を最も重要な日付は、ラテンアメリカで開催されています。 Theological themes have been developed in the Latin American context that have served as models for other theologies of liberation.神学的なテーマが開発されては、ラテンアメリカのコンテキストではモデルとしての他のtheologiesを解放します。

There are at least four major factors that have played a significant role in the formulation of Latin American liberation theology.には、少なくとも4つの主要な要因にしてプレイするの形成に重要な役割を果たすのラテンアメリカの解放の神学です。 First, it is a post-Englightenment theological movement.第一に、それは、ポストenglightenment神学的運動です。 The leading proponents, such as Gustavo Gutierrez, Juan Segundo, Jose Miranda, are responsive to the epistemological and social perspectives of Kant, Hegel, and Marx.の主要推進など、グスタボグティエレス、フアン著作権侵害、ホセミランダは、認識論的、社会的視点に対応できるようにするのカント、ヘーゲル、マルクスです。 Second, liberation theology has been greatly influenced by European political theology finding in JB Metz and Jurgen Moltmann and Harvey Cox perspectives which have criticized the ahistorical and individualistic nature of existential theology.第二に、解放の神学に大きな影響を受けてきた欧州の政治的な神学jb所見でメッツとハーベイコックスユルゲンモルトマンと批判して歴史に無関心な視点と個人主義が実存主義神学の性質です。

Third, it is for the most part a Roman Catholic theological movement.第三に、これは、ほとんどの部分をローマカトリック神学的な運動です。 With notable exceptions such as Jose Miguez-Bonino (Methodist) and Rubem Alves (Presbyterian) liberation theology has been identified with the Roman Catholic Church.このような注目すべき例外として、ホセmiguez - bonino (メソジスト) 、ルベンアウヴェス(長老)が発見されました。解放の神学のローマカトリック教会です。 After Vatican II (1965) and the conference of the Latin American episcopate (Celam II) in Medellin, Colombia (1968), a significant number of Latin American leaders within the Roman Catholic Church turned to liberation theology as the theological voice for the Latin American church.バチカンした後2世( 1965 )との会議は、ラテンアメリカbishopの地位( celam 2 )でMedellin 、コロンビア( 1968 ) 、かなりの数のラテンアメリカの指導者に、ローマカトリック教会が解放の神学を神学的な声としては、ラテンアメリカ教会です。 The dominating role of the Roman Catholic Church in Latin America has made it a significant vehicle for liberation theology throughout the South American continent.支配の役割を、ローマカトリック教会のラテンアメリカはそれを大幅に車両を解放の神学を通して、南米大陸をします。

Fourth, it is a theological movement specifically and uniquely situated in the Latin American context.第四に、それは具体的でユニークな神学的な運動は、ラテンアメリカの文脈に位置します。 Liberation theologians contend that their continent has been victimized by colonialism, imperialism, and multinational corporations.神学論争が解放され、大陸の植民地主義の被害に遭う、帝国主義、および多国籍企業です。 Economic "developmentalism" has placed socalled underdeveloped Third World nations in a situation of dependence, resulting in the local economies of Latin America being controlled by decisions made in New York, Houston, or London.経済" developmentalism "は、いわゆる後進に配置する第三世界諸国の状況に依存し、その結果、地域経済の決定によって制御されラテンアメリカのニューヨーク、ヒューストン、またはロンドンです。 In order to perpetuate this economic exploitation, liberationists argue, the powerful capitalist countries, especially the United States, give military and economic support to secure certain political regimes supportive of the economic status quo.この経済的搾取を永続化させるために、 liberationists議論は、強力な資本主義の国、特に米国では、与える軍事的、経済的支援を確保する体制を支援して、特定の政治経済の現状です。

These four factors combine to bring about a distinctive theological method and interpretation.これらの4つの要素を組み合わせ、独自の神学的な方法をもたらすと解釈します。

Theological Method神学的方法

Gustavo Gutierrez defines theology as "critical reflection on historical praxis."グスタボグティエレス神学として定義されて"重要な歴史的な習慣を反映した。 " Doing theology requires the theologian to be immersed in his or her own intellectual and sociopolitical history.神学のことに没頭を使用するには、神学者で、自身の知的および社会政治学の歴史です。 Theology is not a system of timeless truths, engaging the theologian in the repetitious process of systematization and apologetic argumentation.神学システムの永遠の真理ではない、魅力的なの神学者は、反復プロセスの体系化と申し訳なさそうな討論します。 Theology is a dynamic, ongoing exercise involving contemporary insights into knowledge (epistemology), man (anthropology), and history (social analysis).神学は、動的、継続的な洞察力を行使関与現代の知識(認識論) 、男(人類学) 、および履歴(社会的分析) 。 "Praxis" means more than the application of theological truth to a given situation. "実習"を意味以上のアプリケーションの神学的真理を、与えられた状況です。 It means the discovery and the formation of theological truth out of a given historical situation through personal participation in the Latin American class struggle for a new socialist society.ことを意味するの形成に神学的真実の発見とは、与えられた歴史的な状況を介して個人の参加は、ラテンアメリカの階級闘争は、新しい社会主義社会です。

Liberation theology accepts the two-pronged "challenge of the Enlightenment" (Juan Sobrino). 2つの方面から解放の神学に受け入れていく"チャレンジは、啓発" (フアンソブリノ) 。 These two critical elements shape liberation theology's biblical hermeneutic.これらの2つの重要な要素の形状解放の神学の聖書解釈学的です。 The first challenge comes through the philosophical perspective begun by Immanuel Kant, which argued for the autonomy of human reason.の最初の挑戦が開始さを通じてイマヌエルカント哲学の視点で人間の理性の自律性を主張しています。 Theology is no longer worked out in response to God's self-disclosure through the divine-human authorship of the Bible.神学は、もはや働いアウトに対応して、神の自己開示を通じて人間は神の原作者は、聖書です。 This revelation from "outside" is replaced by the revelation of God found in the matrix of human interaction with history.この啓示から"外部"は、神の啓示に置き換えられて発見された表の人間の相互作用の歴史です。 The second challenge comes through the political perspective founded by Karl Marx, which argues that man's wholeness can be realized only through overcoming the alienating political and economic structures of society. 2番目の挑戦が伝わるカールマルクスの政治的視点によって設立された、と主張し男の完全性を実現できるだけの政治的経済的疎外を克服する社会の構造です。 The role of Marxism in liberation theology must be honestly understood.マルクス主義の解放の神学の役割を理解しなければならない正直なところです。 Some critics have implied that liberation theology and Marxism are indistinguishable, but this is not completely accurate.いくつかの批評家はマルクス主義を示唆した。解放の神学とは区別できないが、これが完全に正確です。

Liberation theologians agree with Marx's famous statement: "Hitherto philosophers have explained the world; our task is to change it."解放の神学者の有名な声明に同意マルクス: "これまでの哲学者が説明して世界;われわれの仕事は、それを変更する。 " They argue that theologians are not meant to be theoreticians but practitioners engaged in the struggle to bring about society's transformation.彼らはないと主張して神学を意図ししかし、実務に従事して理論闘争をもたらす社会の変化します。 In order to do this liberation theologyemploys a Marxist-style class analysis, which divides the culture between oppressors and oppressed. theologyemploys解放するためにこれを行うには、マルクス主義- styleクラス解析、抑圧者との間で分割して虐げられた文化です。 This conflictual sociological analysis is meant to identify the injustices and exploitation within the historical situation.社会学的分析では、この葛藤史と搾取を識別するための歴史的な状況にします。 Marxism and liberation theology condemn religion for supporting the status quo and legitimating the power of the oppressor.マルクス主義と解放の神学を支える宗教を非難するlegitimatingの現状と迫害者の力を利用しています。 But unlike Marxism, liberation theology turns to the Christian faith as a means for bringing about liberation.しかし、マルクス主義とは異なり、解放の神学は、キリスト教信仰のターンをする手段として、解放をもたらす。 Marx failed to see the emotive, symbolic, and sociological force the church could be in the struggle for justice.マルクスに失敗しました詳細については、感情的、象徴的、および社会で、強制的に教会が正義のための闘争のです。 Liberation theologians claim that they are not departing from the ancient Christian tradition when they use Marxist thought as a tool for social analysis.神学解放されていないと主張し、古代キリスト教の伝統から出発するときに使用するためのツールとしてマルクス主義思想社会分析します。 They do not claim to use Marxism as a philosophical world view or a comprehensive plan for political action.クレームを使用していないとしてマルクス主義哲学的世界観や政治的な行動計画を包括的です。 Human liberation may begin with the economic infrastructure, but it does not end there.人間の解放年5月から始めるの経済インフラストラクチャ、エンドあることはできません。

The challenge of the Enlightenment is followed by the challenge of the Latin American situation in formulating liberation theology's hermeneutics of praxis.への挑戦は、啓発に続いての挑戦は、ラテンアメリカの状況を策定解放の神学の解釈学の実習です。 The important hermeneutical key emerging out of the Latin American context is summarized in Hugo Assmann's reference to the "epistemological privilege of the poor."新興の重要な鍵hermeneuticalのラテンアメリカのコンテキストはヒューゴーassmannの参照を要約して、 "認識論的特権を貧しい人々です。 " On a continent where the majority is both poor and Roman Catholic, liberation theology claims the struggle is with man's inhumanity to man and not with unbelief.大陸では、両方の大多数は非常に悪いとローマカトリック、解放の神学と主張して闘争は、男と男の残酷されるわけでは不信仰です。 Liberation theologians have carved out a special place for the poor.木彫りの神学者が解放する特別な場所を非常に悪いです。 "The poor man, the other, reveals the totally Other to us" (Gutierrez). "非常に悪い男、他のは、全く別の場合には先には、 " (グティエレス) 。 All communion with God is predicated on opting for the poor and exploited classes, identifying with their plight, and sharing their fate.神はすべての前提と聖体拝領を選ぶ搾取階級の貧困層や、彼らの窮状を識別し、彼らの運命を共有します。 Jesus "secularizes the means of salvation, making the sacrament of the 'other' a determining element for entry into the Kingdom of God" (Leonardo Boff).イエスキリスト" secularizesの手段を救い、メーカーの聖餐式は、 [その他]を決定する要素に入るための神の王国" (レオナルド爆笑) 。 "The poor are the epiphany of the Kingdom or of the infinite exteriority of God" (Enrique Dussel). "貧しい人々は、エピファニーの外面の王国や、無限の神" (エンリケdussel ) 。 Liberation theology holds that in the death of the peasant or the native Indian we are confronted with "the monstrous power of the negative" (Hegel).解放の神学を保持して農民が死亡したのか、我々は直面してネイティブインディアン"の負の巨大な力" (ヘーゲル) 。 We are forced to understand God from within history mediated through the lives of oppressed human beings.我々は神から強制的に歴史を理解する媒介を通じて人間の生活を虐げられた。 God is not recognized analogically in creation's beauty and power, but dialectically in the creature's suffering and despair.神の創造が認識されない場合類推の美しさとパワーが、 dialecticallyは、生き物の苦しみや絶望します。 Sorrow "triggers the process of cognition," enabling us to comprehend God and the meaning of his will (Sobrino).悲しみ"トリガのプロセスを認知、 "有効に問い合わせ、神との意味を理解するのは(ソブリノ) 。 Combining post-Enlightenment critical reflection with an acute awareness of Latin America's conflict-ridden history results in several important theological perspectives.啓発の重要なポストの反射を組み合わせることで急性の意識をラテンアメリカの紛争に苦しむ履歴の結果をいくつかの重要な神学的視点です。

Theological Interpretation神学的解釈

Liberation theologians believe that the orthodox doctrine of God tends to manipulate God in favor of the capitalistic social structure.正統派の神学者の解放と確信して神の教義を操作する傾向が神の味方をして資本主義的な社会構造です。 They claim that orthodoxy has been dependent upon ancient Greek notions of God that perceived God as a static being who is distant and remote from human history.彼ら主張して正統性に依存してきた古代ギリシャの神の概念を知覚神は、静的にwhoは遠いとリモートからの人類の歴史です。 These distorted notions of God's transcendence and majesty have resulted in a theology which thinks of God as "up there" or "out there."神の概念を超越これらの歪曲と神学の結果、陛下は神の考えとして"がある"または"アウトにします。 " Consequently the majority of Latin Americans have become passive in the face of injustice and superstitious in their religiosity.その結果、大半のラテンアメリカ人の顔を消極的になって不正や迷信に信心深さです。 Liberation theology responds by stressing the incomprehensible mysteriousness of the reality of God.解放の神学の応答を強調して理解できないのが現実神の神秘です。 God cannot be summarized in objectifying language or known through a list of doctrines.神に要約することはできませんがobjectifying言語または教説のリストを介して知られています。 God is found in the course of human history.神は人間の歴史発見されたコースです。 God is not a perfect, immutable entity, "squatting outside the world."神は完璧ではない、不変の実体、 "サイバースクワッティング外の世界です。 " He stands before us on the frontier of the historical future (Assmann).彼は我々を前にスタンドは、歴史的な将来のフロンティア( assmann ) 。 God is the driving force of history causing the Christian to experience transcendence as a "permanent cultural revolution" (Gutierrez).神はその原動力の原因は、キリスト教の歴史を超越を経験として"恒久的な文化大革命" (グティエレス) 。 Suffering and pain become the motivating force for knowing God.苦しみや痛みを知って神の原動力となる。 The God of the future is the crucified God who submerges himself in a world of misery.の神の十字架は、神の未来submerges who自身が、世界の不幸です。 God is found on the crosses of the oppressed rather than in beauty, power, or wisdom.神は抑圧された情報は、十字架の美しさではなく、パワーか、または知恵です。

The biblical notion of salvation is equated with the process of liberation from oppression and injustice.救いは、聖書の概念をequated抑圧からの解放の過程と不公平です。 Sin is defined in terms of man's inhumanity to man.罪は男の残酷で定義されてご利用に男です。 Liberation theology for all practical purposes equates loving your neighbor with loving God.実用的な目的のためのすべての解放の神学愛するあなたの隣人を愛する神に相当します。 The two are not only inseparable but virtually indistinguishable. 2つの切っても切れないしかし、事実上見分けがつかないだけではありません。 God is found in our neighbor and salvation is identified with the history of "man becoming."神は私たちの隣人と救いが発見さの発見の歴史を"男になる。 " The history of salvation becomes the salvation of history embracing the entire process of humanization.救いの歴史を救いの歴史を受け入れるが、全体のプロセスの人間です。 Biblical history is important insofar as it models and illustrates this quest for justice and human dignity.聖書の歴史は重要な知る限り、このクエストを示してモデルと正義のために人間の尊厳とします。 Israel's liberation from Egypt in the Exodus and Jesus' life and death stand out as the prototypes for the contemporary human struggle for liberation.エジプトは、イスラエルの出エジプト記からの解放とイエスの生と死の試作品として頭角を現すのは、現代の人間の解放のための努力します。 These biblical events signify the spiritual significance of secular struggle for liberation.これらのイベントの意味を聖書の世俗的精神的な意義を解放のための努力します。

The church and the world can no longer be segregated.教会と世界は棲み分けされなくなります。 The church must allow itself to be inhabited and evangelized by the world.教会に自分自身を許可する必要がありますとevangelizedされた世界に生息しています。 "A theology of the Church in the world should be complemented by a theology of the world in the Church" (Gutierrez). "教会の神学によって補完され、世界をすべきである、世界の教会の神学" (グティエレス) 。 Joining in solidarity with the oppressed against the oppressors is an act of "conversion," and "evangelization" is announcing God's participation in the human struggle for justice.参加連帯して反対する虐げられた抑圧者は、法の"変換" 、および"福音伝道"は発表の参加を神の正義のために、人間の闘争です。

The importance of Jesus for liberation theology lies in his exemplary struggle for the poor and the outcast.イエスキリストの解放の神学の重要性を彼の模範的な闘争を嘘と貧しい人々に見捨てられた人です。 His teaching and action on behalf of the kingdom of God demonstrate the love of God in a historical situation that bears striking similarity to the Latin American context.彼の教えと行動に代わって、神の王国を神の愛を実証する歴史的な状況下にあるクマのラテンアメリカのコンテキストの類似性を印象的です。 The meaning of the incarnation is reinterpreted.の意味を再解釈の化身がします。 Jesus is not God in an ontological or metaphysical sense.イエスキリストではない神は、存在論や形而上学的意味します。 Essentialism is replaced with the notion of Jesus' relational significance.本質主義は、イエスキリストの概念に置き換え'リレーショナル意義です。 Jesus shows us the way to God; he reveals the way one becomes the son of God.イエスキリストの神への道を示して問い合わせ;彼には、神の息子であるが、 1つの方法です。 The meaning of Jesus' incarnation is found in his total immersion in a historical situation of conflict and oppression.の意味をイエス様の化身浸漬さの合計が見つかった彼の葛藤と抑圧の歴史的な状況です。 His life absolutizes the values of the kingdom, unconditional love, universal forgiveness, and continual reference to the mystery of the Father.彼の人生absolutizesの値は、王国、無条件の愛、普遍的寛容、および継続の父の謎を参考にします。 But it is impossible to do exactly what Jesus did simply because his specific teaching was oriented to a particular historical period.しかし、この操作を行うことは不可能であるというだけの理由は、まさに彼の固有のイエスキリスト指向を教えることは、特定の歴史的な期間です。 On one level Jesus irreversibly belongs to the past, but on another level Jesus is the zenith of the evolutionary process.取り返しがつかないまでに1つのレベルに属して編集して項目をイエスキリストではなく、別のレベルでイエスキリストは、天頂は、進化の過程です。 In Jesus history reaches its goal.イエスキリストの歴史にその目標に到達します。 However, following Jesus is not a matter of retracing his path, trying to adhere to his moral and ethical conduct, as much as it is re-creating his path by becoming open to his "dangerous memory" which calls our path into question.しかし、次のイエスキリストのretracingの問題ではない彼のパスをしようとして彼の道徳的かつ倫理的行為に従って、できるだけ多くのことが彼のパスになることを再作成を開いて彼の"危険なメモリ"を呼び出し、パスを問われている。 The uniqueness of Jesus' cross lies not in the fact that God, at a particular point in space and time, experienced the suffering intrinsic to man's sinfulness in order to provide a way of redemption.イエスキリストの独自性'クロスうそていないという事実を神するには、空間と時間を特定のポイントに、固有の苦しみを経験豊富な男の罪深さを提供するために交換する方法です。 Jesus' death is not a vicarious offering on behalf of mankind who deserve God's wrath.イエスキリストの死ではないに代わって、人類の代償を提供who神の怒りを受けるに値する。 Jesus' death is unique because he historicizes in exemplary fashion the suffering experienced by God in all the crosses of the oppressed.イエスキリストの死は、ユニークなため、彼は模範的なファッションhistoricizesを経験している苦しみのすべての十字架を、神に虐げられた。 Liberation theology holds that through Jesus' life people are brought to the liberating conviction that God does not remain outside of history indifferent to the present course of evil events but that he reveals himself through the authentic medium of the poor and oppressed.解放の神学は、イエスキリストを通してそのことを'人生の人々が神broughtして解放されないままに確信して外部の歴史を、現在のコースに関心を悪のイベントしかし、彼は明らかに自分自身を本物の媒体を通じて貧しい人々や虐げられた。

Theological Critique神学的批判

The strength of liberation theology is in its compassion for the poor and its conviction that the Christian should not remain passive and indifferent to their plight.解放の神学の強さは、その思いやりを貧しい人々は、キリスト教と確信してはいけないと無関心なまま受動的な窮状にしています。 Man's inhumanity to man is sin and deserves the judgment of God and Christian resistance.男の人には残酷に値する罪との判断を、神とキリスト教の抵抗を実現します。 Liberation theology is a plea for costly discipleship and a reminder that follow Jesus has practical social and political consequences.解放の神学は、高価な弟子を嘆願すると次を思い出させるのをイエスキリストは、実用的な社会的および政治的な結果をもたらす。

Liberation theology's weakness stems from an application of misleading hermeneutical principles and a departure from historic Christian faith.解放の神学の弱さに由来するアプリケーションの誤解を招くhermeneutical原則とする歴史的なキリスト教の信仰から出発します。 Liberation theology rightly condemns a tradition that attempts to use God for its own ends but wrongly denies God's definitive selfdisclosure in biblical revelation.解放の神学の伝統を正しく非難を使用しようとする神を否定し、独自の終了が誤って聖書の神の啓示に決定的なselfdisclosureです。 To argue that our conception of God is determined by the historical situation is to agree with radical secularity in absolutizing the temporal process, making it difficult to distinguish between theology and ideology.と主張して私たちを神の概念が決定された歴史的な状況が抜本的に同意する時間的プロセスのabsolutizing世俗で、神学を区別することが困難と理念です。

Marxism may be a useful tool in identifying the class struggle that is being waged in many Third World countries, but the question arises whether the role of Marxism is limited to a tool of analysis or whether it has become a political solution.マルクス主義年5月には、便利なツールを識別する階級闘争されている第三世界諸国の多くの賃金をもらっているが、問題が発生したかどうかをマルクス主義の役割をするためのツールが限定されるかどうかの分析や政治的な解決策となっています。 Liberation theology rightly exposes the fact of oppression in society and the fact that there are oppressors and oppressed, but it is wrong to give this alignment an almost ontological status.解放の神学の事実を公開して当然の社会的弾圧と抑圧者と抑圧された事実には、しかし、それは間違ってこのアライメントを与える存在論の状態にほぼします。 This may be true in Marxism, but the Christian understands sin and alienation from God as a dilemma confronting both the oppressor and the oppressed.真のマルクス主義れる可能性がありますが、罪と疎外からの理解は、キリスト教の神の両方の迫害者としてのジレンマと虐げられた直面しています。 Liberation theology's emphasis upon the poor gives the impression that the poor are not only the object of God's concern but the salvific and revelatory subject.解放の神学を強調するのは非常に悪い印象を与えるだけでなく、貧しい人々のオブジェクトは、神の救済との懸念が、天啓のアジ研です。 Only the cry of the oppressed is the voice of God.泣くのは、抑圧された者は、神の声です。 Everything else is projected as a vain attempt to comprehend God by some self-serving means.それ以外は虚栄心の投影としての神を理解しようと自分勝手ないくつかの手段です。 This is a confused and misleading notion.これは、混乱し、誤解を招くような概念です。 Biblical theology reveals that God is for the poor, but it does not teach that the poor are the actual embodiment of God in today's world .聖書神学を貧しい人々によると、神は、教えることはできませんが、実際の実施の態様は、非常に悪い今日の世界における神です。 Liberation theology threatens to politicize the gospel to the point that the poor are offered a solution that could be provided with or without Jesus Christ.解放の神学を政治の福音を脅かすのポイントは、非常に悪いが提供するソリューションを提供の有無に関係なくがイエスキリストです。

Liberation theology stirs Christians to take seriously the social and political impact of Jesus' life and death but fails to ground Jesus' uniqueness in the reality of his deity.解放の神学を真剣に受け止めてかき混ぜるキリスト教徒の社会的および政治的な影響をイエスの生と死の地面に失敗するしかし、イエスの独自性が彼の神のが現実です。 It claims he is different from us by degree, not by kind, and that his cross is the climax of his vicarious identification with suffering mankind rather than a substitutionary death offered on our behalf to turn away the wrath of God and triumph over sin, death, and the devil.問い合わせ彼とは異なることを主張度、種ではなく、彼のクロスが彼のクライマックスは、人類の苦しみをわがことのような身分証明書をsubstitutionary死で提供さではなく、当社に代わって、神の怒りを買うのが背き去って、罪に克つ、死、および、悪魔です。 A theology of the cross which isolates Jesus' death from its particular place in God's design and shuns the disclosure of its revealed meaning is powerless to bring us to God, hence assuring the perpetuity of our theological abandonment.神学を分離するイエスキリストの十字架の死から、特定の場所に神のデザインと避けるように公開して明らかにする意味は、わたしたちが神の力を、それゆえの神学上の永久保証の放棄します。

DD Webster DDのウェブスター
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
CE Armerding, ed., Evangelicals and Liberation; H. Assmann, Theology for a Nomad Church; L. Boff, Jesus Christ Liberator; J. Miguez-Bonino, Doing Theology in a Revolutionary Situation; RM Brown, Theology in a New Key: Responding to Liberation Themes; I. Ellacuria, Freedom Made Flesh: The Mission of Christ and His Church; A. Fierro, The Militant Gospel: A Critical Introduction to Political Theologies; R. Gibellini, ed., Frontiers of Theology in Latin America; G. Gutierrez, A Theology of Liberation; JA Kirk, Liberation Theology: An Evangelical View from the Third World; JP Miranda, Marx and the Bible. ce armerding 、エド。 、 evangelicalsと解放;笠原assmann 、神学は、遊牧民の教会; l.高笑い、イエスキリストの解放; j. miguez - bonino 、その神学に革命的な状況; rmブラウン、神学、新しいキー:解放のテーマに対応し; i. ellacuria 、自由作ら肉:キリストと彼の教会の使命; a. fierroは、過激派福音書:はじめに、重要な政治的theologies ; r. gibellini 、エド。 、中南米の神学のフロンティア; g.グティエレスは、解放の神学;ジャカーク、解放の神学:第三世界の福音派の対象から; jpミランダ、マルクスと聖書です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです