Luther's 95 Thesesルーサーの95論文

General Information 総合情報

On October 31, 1517, Martin Luther, German theologian and professor at Wittenberg, posted his Ninety-five Theses on the door of the castle church at Wittenberg and thereby ignited the Protestant Reformation. [ 1517年10月31日、マーティンルーサー、ドイツ語神学者と教授はヴィッテンベルク、彼の投稿論文を95のドアがヴィッテンベルク城教会は、プロテスタントの改革もって点火します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

THE NINETY-FIVE THESES: 95の論文:

Disputation of Dr. Martin Luther Concerning Penitence and Indulgences博士のマーティンルーサーに関する論争懺悔とおぼれる

In the desire and with the purpose of elucidating the truth, a disputation will be held on the underwritten propositions at Wittenberg, under the presidency of the Reverend Father Martin Luther, Monk of the Order of St. Augustine, Master of Arts and of Sacred Theology, and ordinary Reader of the same in that place.欲望とは、真実を解明することを目的として、論争される命題で開催されたの引受ヴィッテンベルク、大統領は、牧師の父の下に、マーティンルーサー、修道士は、注文の聖アウグスティヌス、マスターの芸術との神聖な神学、および普通の読者と同じで、その場所にします。 He therefore asks those who cannot be present and discuss the subject with us orally, to do so by letter in their absence.したがって彼はそれらの要求who存在し、議論することはできませんアジ研のご案内経口、これを行うにはその手紙を欠席されています。 In the name of our Lord Jesus Christ.は、わたしたちの主イエスキリストの名前をします。 Amen.アーメン。

  1. Our Lord and Master Jesus Christ, in saying "Repent ye," etc., intended that the whole life of believers should be penitence.わたしたちの主イエスキリストとマスターは、と言っ"なたがたは後悔する"など、意図され、それまでの人生の信者に懺悔すべきである。
  2. This word cannot be understood of sacramental penance, that is, of the confession and satisfaction which are performed under the ministry of priests.この言葉を理解することはできませんの聖礼典の贖罪、それは、これが実行さと満足度の告白省の司祭の下にします。
  3. It does not, however, refer solely to inward penitence; nay such inward penitence is naught, unless it outwardly produces various mortifications of the flesh.移動しない場合は、しかし、内側への参照のみを懺悔;いや内側への懺悔が終わるような、様々なmortificationsがなければ、外見上の肉を生成します。
  4. The penalty thus continues as long as the hatred of self--that is, true inward penitence--continues: namely, till our entrance into the kingdom of heaven.このように続けている限り、ペナルティーの憎悪の自己-これは、真の内側への懺悔-継続:すなわち、私たちに入るまでのキングダムオブヘブンです。
  5. The Pope has neither the will nor the power to remit any penalties, except those which he has imposed by his own authority, or by that of the canons.法王は、どちらの意志の力に送金を任意の罰則もいるものを除き、どの彼は彼自身の権限を課せられたか、または参事をしている。
  6. The Pope has no power to remit any guilt, except by declaring and warranting it to have been remitted by God; or at most by remitting cases reserved for himself; in which cases, if his power were despised, guilt would certainly remain.法王の電源を送金任意の罪悪感がない、との宣言を除いて送金されてwarranting神;またはほとんどの送金の場合のために予約され自身のケースでは、彼のパワーは軽蔑された場合、確かに罪悪感が残ります。
  7. God never remits any man's guilt, without at the same time subjecting him, humbled in all things, to the authority of his representative the priest.神決して付託任意の男の罪悪感、それと同時に彼の対象は、すべてのものを伏せて、彼の代表者の権限を司祭です。
  8. The penitential canons are imposed only on the living, and no burden ought to be imposed on the dying, according to them.ざんげの参事が課せの上でしか生活し、負担の課税されるべきだ死にかけているによると、します。
  9. Hence the Holy Spirit acting in the Pope does well for us, in that, in his decrees, he always makes exception of the article of death and of necessity.それゆえ、聖霊の演技は、ローマ教皇の問い合わせがよく、その、彼の政令、彼はいつも、例外の死とするには必要に迫られています。
  10. Those priests act wrongly and unlearnedly, who, in the case of the dying, reserve the canonical penances for purgatory.これらの司祭行為と誤ってunlearnedly 、 whoは、例の死にかけているのは、正規の準備のためpenances煉獄です。
  11. Those tares about changing of the canonical penalty into the penalty of purgatory seem surely to have been sown while the bishops were asleep.これらの変更については、正規のtaresペナルティーを煉獄の罰を確実にされたように見えるが、司教作付面積が眠っている。
  12. Formerly the canonical penalties were imposed not after, but before absolution, as tests of true contrition.以前は、正規の罰則が課せ特定した後、その前に罪の赦し、真の痛恨のテストです。
  13. The dying pay all penalties by death, and are already dead to the canon laws, and are by right relieved from them.すべての罰金を支払うの死死にかけている、とは、すでに死んでは、キヤノンの法律、当然の権利とはホッとしています。
  14. The imperfect soundness or charity of a dying person necessarily brings with it great fear; and the less it is, the greater the fear it brings.不完全な慈善事業の健全性や死にかけている人は、必然的に大きな恐怖をもたらす;となり、またそれは、大の恐怖にもたらす。
  15. This fear and horror is sufficient by itself, to say nothing of other things, to constitute the pains of purgatory, since it is very near to the horror of despair.この恐怖やホラーは十分なものはない、何も言わないの他のものを、煉獄の痛みを構成するので、それは非常に近くに絶望の恐怖をします。
  16. Hell, purgatory, and heaven appear to differ as despair, almost despair, and peace of mind differ.地獄、煉獄、天国のように見えますと絶望の違いとしては、ほぼ絶望、と平和な気持ちで異なる場合があります。
  17. With souls in purgatory it seems that it must needs be that, as horror diminishes, so charity increases.煉獄の魂のようにしていかなければならない必要がありますが、ホラーが減れので、慈善団体が増加します。
  18. Nor does it seem to be proved by any reasoning or any scriptures, that they are outside of the state of merit or of the increase of charity.またそれはどのように推論であることが立証され、または任意の経典、かれらは外での状態をメリットや慈善団体に増加した。
  19. Nor does this appear to be proved, that they are sure and confident of their own blessedness, at least all of them, though we may be very sure of it.この表示されることもありません立証することが確実と自信を自分の至福のは、少なくとものすべてのことが、確認のことは非常にすることがあります。
  20. Therefore the Pope, when he speaks of the plenary remission of all penalties, does not mean simply of all, but only of those imposed by himself.そのため、教皇は、話すときの彼の本寛解期のすべての罰則は、単にのすべてのわけではありませんが、これらの課せられた自分自身のみです。
  21. Thus those preachers of indulgences are in error who say that, by the indulgences of the Pope, a man is loosed and saved from all punishment.これらの説教師のためにおぼれることは、エラーが発生whoよると、法王のにおぼれるのでは、男性が増し、すべての懲罰から救われる。
  22. For in fact he remits to souls in purgatory no penalty which they would have had to pay in this life according to the canons.実際に彼の魂を付託をされて煉獄のペナルティーを支払うていた、この生活によると、参事会です。
  23. If any entire remission of all penalties can be granted to any one, it is certain that it is granted to none but the most perfect--that is, to very few.もしあれば全体のすべての寛解のうちのいずれかの罰則が与えられること、それは確信して与えられることはなしが、最も完璧な-それは、非常に少数です。
  24. Hence the greater part of the people must needs be deceived by this indiscriminate and high-sounding promise of release from penalties.それゆえ、大部分の人々のニーズにだまされる必要があります。この無差別と仰々しい発売から罰則を約束します。
  25. Such power as the Pope has over purgatory in general, such has every bishop in his own diocese, and every curate in his own parish, in particular.このような電源として、法王には煉獄一般的には、このようにすべての司教は、自分自身の教区、およびすべてのバーテンは、自分自身の教区、特にです。
  26. The Pope acts most rightly in granting remission to souls, not by the power of the keys (which is of no avail in this case), but by the way of suffrage.法王寛解を付与する行為を最も適切に誰かが、特定されたパワーの鍵(これは無用この場合) 、しかし、参政権の邪魔をする。
  27. They preach mad, who say that the soul flies out of purgatory as soon as the money thrown into the chest rattles.彼ら説教マッド、 whoたちは、魂の煉獄ハエ次第、すぐに胸の叫び金に投げ出された。
  28. It is certain that, when the money rattles in the chest, avarice and gain may be increased, but the suffrage of the Church depends on the will of God alone.これは確信して、お金の叫びは、胸のときに、どん欲と利得年5月に増加し、教会が、参政権は、神の意志だけに依存しています。
  29. Who knows whether all the souls in purgatory desire to be redeemed from it, according to the story told of Saints Severinus and Paschal? who知ってかどうかの魂を煉獄のすべての欲望を換金されることから、聖者の物語によると、セベリヌスと復活祭のですか?
  30. No man is sure of the reality of his own contrition, much less of the attainment of plenary remission.確信を持っている現実の人間は自分自身の痛恨のは、はるかに少ない全体の寛解を達成します。
  31. Rare as is a true penitent, so rare is one who truly buys indulgences--that is to say, most rare.まれには、真の後悔しているので、まれにおぼれることが1つwho本当に買う-つまり、ほとんどまれです。
  32. Those who believe that, through letters of pardon, they are made sure of their own salvation, will be eternally damned along with their teachers.これらのwhoと思われる、恩赦の手紙を通じて、彼らは自分の救いを確かめたされるとともに、永遠にのろわれた者たちは教師です。
  33. We must especially beware of those who say that these pardons from the Pope are that inestimable gift of God by which man is reconciled to God.これらのwho特に注意しなければならないと言って赦免は計り知れないから、法王は神の贈り物を、神が人には和解しています。
  34. For the grace conveyed by these pardons has respect only to the penalties of sacramental satisfaction, which are of human appointment.これらの赦免の恵みを伝えられただけに、罰則を尊重するのは、聖礼典の満足度は、人間の予約が必要です。
  35. They preach no Christian doctrine, who teach that contrition is not necessary for those who buy souls out of purgatory or buy confessional licences.キリスト教の教義を説くない彼らは、 whoを教えるためにそれらの痛恨who購入する必要はありません。煉獄の魂の告白または購入するライセンスです。
  36. Every Christian who feels true compunction has of right plenary remission of pain and guilt, even without letters of pardon.キリスト教の本当の感じがするごとに良心の呵責は右who本寛解期の痛みや罪悪感、手紙の恩赦もなし。
  37. Every true Christian, whether living or dead, has a share in all the benefits of Christ and of the Church given him by God, even without letters of pardon.すべての真のキリスト教、死んだかどうかの生活や、共有するには、イエスキリストとのすべての利点を彼に与えられた神の教会も、恩赦なしの手紙です。
  38. The remission, however, imparted by the Pope is by no means to be despised, since it is, as I have said, a declaration of the Divine remission.の寛解、しかし、付与されるものではないローマ法王は軽蔑されるので、これは、私によると、神の寛解を宣言した。
  39. It is a most difficult thing, even for the most learned theologians, to exalt at the same time in the eyes of the people the ample effect of pardons and the necessity of true contrition.それは最も困難なことでも、最も学んだ神学者は、同じ時間を称賛は、人々の目には十分な効果が真の寛大さと痛恨の必要性をします。
  40. True contrition seeks and loves punishment; while the ampleness of pardons relaxes it, and causes men to hate it, or at least gives occasion for them to do so.真の痛恨が大好きシークと罰; amplenessの赦免が、リラックスして、原因の男性を憎むのか、または少なくともかれらは、これを行うには機会です。
  41. Apostolical pardons ought to be proclaimed with caution, lest the people should falsely suppose that they are placed before other good works of charity.赦免apostolical宣言には注意が必要れるべきだ、と仮定してしないように虚偽の人々は、彼らは慈善団体に配置する前に他の良い作品です。
  42. Christians should be taught that it is not the mind of the Pope that the buying of pardons is to be in any way compared to works of mercy.キリスト教徒ではないことが教えられ、法王の心の中は、ドル買いの赦免は、いかなる方法で作品を比較して慈悲です。
  43. Christians should be taught that he who gives to a poor man, or lends to a needy man, does better than if he bought pardons.キリスト教徒の教えをすべきであるwhoにして彼は非常に悪い男か、または調和して貧しい人は、もし彼が買った赦免以上です。
  44. Because, by a work of charity, charity increases and the man becomes better; while, by means of pardons, he does not become better, but only freer from punishment.なぜなら、仕事をされた慈善団体、慈善団体の増加分と、男が良い;ながら、赦免によって、彼はありませんになるより良い、より自由な懲罰を受けるだけです。
  45. Christians should be taught that he who sees any one in need, and passing him by, gives money for pardons, is not purchasing for himself the indulgences of the Pope, but the anger of God.キリスト教徒の教えをすべきであるwho見た彼のいずれかが必要、と渡す彼のことを、お金を与える赦免ではないが自分自身の購買におぼれることは、教皇は、しかし、神の怒りです。
  46. Christians should be taught that, unless they have superfluous wealth, they are bound to keep what is necessary for the use of their own households, and by no means to lavish it on pardons.キリスト教指導すべきであるが、余計な富をしない限り、彼らは、彼らは何が必要なのバインドを保つの利用のために自分の世帯ではないとぜいたくな手段を赦免しています。
  47. Christians should be taught that, while they are free to buy pardons, they are not commanded to do so.キリスト教指導すべきであるが、彼らは自由を購入する赦免ながら、これを行うには命じされていない。
  48. Christians should be taught that the Pope, in granting pardons, has both more need and more desire that devout prayer should be made for him, than that money should be readily paid.キリスト教徒の教えは、教皇は、赦免を付与、他の欲望の両方をもっと熱心な祈りが必要とすべきである彼にとって、お金に比べて容易にすべきである有料です。
  49. Christians should be taught that the Pope's pardons are useful, if they do not put their trust in them; but most hurtful, if through them they lose the fear of God.キリスト教徒の教えをすべきである、法王の赦免は便利ですが、もし彼らの信頼を置かないようにして;しかし、ほとんどの人を傷つけるよう、もし彼らを通して、神への恐怖を失う。
  50. Christians should be taught that, if the Pope were acquainted with the exactions of the preachers of pardons, he would prefer that the Basilica of St. Peter should be burnt to ashes, than that it should be built up with the skin, flesh and bones of his sheep.キリスト教徒の教えをすべきである、と知り合いの場合、法王は説教師の赦免をexactions 、彼の希望は、サンピエトロ聖堂焼けて灰になるが、それに比べて皮膚の構築が必要とする、肉と骨彼の羊です。
  51. Christians should be taught that, as it would be the duty, so it would be the wish of the Pope, even to sell, if necessary, the Basilica of St. Peter, and to give of his own money to very many of those from whom the preachers of pardons extract money.キリスト教指導すべきであるが、それくらいはできるの義務として、これを希望するのは、法王は、さえを販売する、必要に応じて、サンピエトロ聖堂の、そして自分自身のお金を与えるのを非常に多くの人から誰が為にお金説教師の赦免を抽出します。
  52. Vain is the hope of salvation through letters of pardon, even if a commissary--nay, the Pope himself--were to pledge his own soul for them.無駄な希望を抱いて救いは、恩赦の手紙を通じて、場合でも、警視-いや、法王自身-自分自身の魂がかれらを誓約します。
  53. They are enemies of Christ and of the Pope who, in order that pardons may be preached, condemn the word of God to utter silence in other churches.彼らはローマ教皇の敵のように、キリストとwhoは、赦免年5月に説教するために、神の言葉を全く非難して、他の教会の沈黙。
  54. Wrong is done to the word of God when, in the same sermon, an equal or longer time is spent on pardons than on it.間違っては神の言葉を行うときに、同じ説教、等しいかよりも長い時間をかけて赦免している。
  55. The mind of the Pope necessarily is, that if pardons, which are a very small matter, are celebrated with single bells, single processions, and single ceremonies, the Gospel, which is a very great matter, should be preached with a hundred bells, a hundred processions, and a hundred ceremonies.必ずしも、法王の心の中は、赦免した場合、これは、非常に小さな問題は、シングルの鐘が祝わ、シングル行列、および1つの儀式は、ゴスペル、これは非常に大きな問題は、説教をすべきである100の鐘、行列100 、および100の儀式です。
  56. The treasures of the Church, whence the Pope grants indulgences, are neither sufficiently named nor known among the people of Christ.教会の宝物を、そこからの助成金におぼれる法王は、どちらも十分な名前の人々の間でも知られ、キリストです。
  57. It is clear that they are at least not temporal treasures, for these are not so readily lavished, but only accumulated, by many of the preachers.これはクリアしていない時間の宝物館には、少なくとも、これらはそれほど容易にlavished 、蓄積さだけは、説教師の多くは、されています。
  58. Nor are they the merits of Christ and of the saints, for these, independently of the Pope, are always working grace to the inner man, and the cross, death, and hell to the outer man.またかれらのメリットは、キリストと、聖人は、これらの、ローマ教皇から独立して、作業は常に、内側の猶予を与える男、とのクロス、死、と地獄を、外側の男です。
  59. St. Lawrence said that the treasures of the Church are the poor of the Church, but he spoke according to the use of the word in his time.セントローレンスによると、宝物の貧しい人々の教会は、教会、しかし、彼はその言葉によれば、彼の時間を使用します。
  60. We are not speaking rashly when we say that the keys of the Church, bestowed through the merits of Christ, are that treasure. rashlyときに言えば私たちは私たちが言うように特定の鍵は、教会、イエスキリストのメリットを授与さは、その宝物です。
  61. For it is clear that the power of the Pope is alone sufficient for the remission of penalties and of reserved cases.のことははっきりしているだけで十分なパワーを、法王は、寛解期の予約の場合の罰則とします。
  62. The true treasure of the Church is the Holy Gospel of the glory and grace of God.の真の宝の福音教会は、聖なる神の恩寵の栄光とします。
  63. This treasure, however, is deservedly most hateful, because it makes the first to be last.この宝は、しかし、最も憎むべきは当然、それにより、最初の最終更新される。
  64. While the treasure of indulgences is deservedly most acceptable, because it makes the last to be first.宝物におぼれることは、当然ながら、最も受け入れ、それにより、最終更新される最初のです。
  65. Hence the treasures of the gospel are nets, wherewith of old they fished for the men of riches.それゆえ、福音書は、ネットの宝物、何で古い彼らは、男性の富を採取します。
  66. The treasures of indulgences are nets, wherewith they now fish for the riches of men.ネットの宝物におぼれることは、今すぐがる魚は、富の男性です。
  67. Those indulgences, which the preachers loudly proclaim to be the greatest graces, are seen to be truly such as regards the promotion of gain.これらにおぼれることでは、説教師の最大の恩寵と声高らかに宣言される、とみられて本当にされるの推進などについての利得です。
  68. Yet they are in reality in no degree to be compared to the grace of God and the piety of the cross.まだ彼らは現実にはないされる度に比べて、神の恩寵と信心深さは、クロスです。
  69. Bishops and curates are bound to receive the commissaries of apostolical pardons with all reverence.司教バーテンにバインドを受信すると、すべての畏敬の念commissariesの赦免apostolicalです。
  70. But they are still more bound to see to it with all their eyes, and take heed with all their ears, that these men do not preach their own dreams in place of the Pope's commission.しかし、彼らはまだ他にバインドさに目を参照してそれをすべて、およびすべての耳に留意すると、これらの男性はありません自分の夢を説くの代わりに、法王の委員会です。
  71. He who speaks against the truth of apostolical pardons, let him be anathema and accursed.彼は話すwho apostolical赦免の真理に逆らって、彼には受け入れ難いと呪われています。
  72. But he, on the other hand, who exerts himself against the wantonness and licence of speech of the preachers of pardons, let him be blessed.しかし、彼は、その一方で、自分自身に対しての浮気whoを発揮すると説教師の免許証の演説では、赦免、彼には恵まれています。
  73. As the Pope justly thunders against those who use any kind of contrivance to the injury of the traffic in pardons.それらに対して、法王として当然のサンダーズどんな種類のわざとらしさwhoを使用してトラフィックがけがを赦免します。
  74. Much more is it his intention to thunder against those who, under the pretext of pardons, use contrivances to the injury of holy charity and of truth.彼の意図をはるかには、それに対してこれらのサンダーwho 、恩赦を発令するという名目の下に、神聖な損傷を使用してcontrivancesと真理のチャリティーです。
  75. To think that Papal pardons have such power that they could absolve a man even if--by an impossibility--he had violated the Mother of God, is madness.ローマ法王の恩赦を発令することを考えるとこのようなパワーが無罪を言い渡すことができるとたとえ男-された不可能なこと-彼は神の母違反しては、狂気です。
  76. We affirm, on the contrary, that Papal pardons cannot take away even the least of venal sins, as regards its guilt.私たち断言、逆に、ローマ法王の赦免を取り上げることはできないが少なく、腐敗の罪も、その罪悪感に関してです。
  77. The saying that, even if St. Peter were now Pope, he could grant no greater graces, is blasphemy against St. Peter and the Pope.と言っているし、たとえ今すぐサンピエトロ大聖堂はローマ教皇、彼が助成金の大に甘えて、アラーへの冒とくは、サンピエトロ大聖堂とローマ教皇です。
  78. We affirm, on the contrary: that both he and any other Pope have greater graces to grant--namely, the Gospel, powers, gifts of healing, etc. (I Cor. xii. 9.)私たち断言する、それとは逆:その両方の彼、およびその他の教皇が大きい美神を付与する-すなわち、福音、パワーズ、ギフトの治癒等(私コーです。 1 2。 9 。 )
  79. To say that the cross set up among the insignia of the Papal arms is of equal power with the cross of Christ, is blasphemy.クロスセットアップすることを言うのは、ローマ法王の腕の中の記章が等しいパワーとイエスキリストの十字架は、神への冒とくです。
  80. Those bishops, curates, and theologians who allow such discourses to have currency among the people, will have to render an account.これらの司教、バーテン、および神学whoできるように通貨として、人々の談話には、アカウントをレンダリングするには。
  81. This licence in the preaching of pardons makes it no easy thing, even for learned men, to protect the reverence due to the Pope against the calumnies, or, at all events, the keen questionings of the laity.このライセンスは、説教を赦免することは簡単なことで、学んだ人でさえ、畏敬の念を保護するため、法王のために反対するcalumniesか、または、すべてのイベントは、鋭いquestionings 、信徒です。
  82. As for instance:--Why does not the Pope empty purgatory for the sake of most holy charity and of the supreme necessity of souls--this being the most just of all reasons--if he redeems an infinite number of souls for the sake of that most fatal thing, money, to be spent on building a basilica--this being a very slight reason?たとえば: -空の煉獄されないのはなぜローマ教皇のための最も神聖な慈善団体との必要性を、最高の魂-これが最もだけのすべての理由-もし彼re d eemsは無限の魂のためにその最も致命的なものは、お金をビルドするのに使われることに聖堂-これが非常にわずかな理由ですか?
  83. Again: why do funeral masses and anniversary masses for the deceased continue, and why does not the Pope return, or permit the withdrawal of the funds bequeathed for this purpose, since it is a wrong to pray for those who are already redeemed?再び:なぜ葬儀周年記念大衆と大衆に見立てて続行するには、法王とリターンされないのはなぜか、または撤退を許可して、この目的のための資金bequeathed 、これは間違ったことを祈願してそれらのwhoは、すでに換金ですか?
  84. Again: what is this new kindness of God and the Pope, in that, for money's sake, they permit an impious man and an enemy of God to redeem a pious soul which loves God, and yet do not redeem that same pious and beloved soul, out of free charity, on account of its own need?再び:どのような優しさは、この新しい法王の神と、その、お金のために、彼らを許可する不敬な男と神の敵を愛しの交換に信心深い人が神となり、まだありませんの特典交換はありませんが同じ信心深いと最愛の魂、アウトの無料チャリティーで、 [アカウントは、独自の必要ですか?
  85. Again: why is it that the penitential canons, long since abrogated and dead in themselves in very fact and not only by usage, are yet still redeemed with money, through the granting of indulgences, as if they were full of life?再び:ざんげの参事は、なぜそれが、長いと死んで以来廃棄自体は非常に事実とされ利用方法だけでなく、換金にお金を使うのはまだありませんが、付与におぼれることを通じて、彼らは活気に満ちあふれている場合ですか?
  86. Again: why does not the Pope, whose riches are at this day more ample than those of the wealthiest of the wealthy, build the one Basilica of St. Peter with his own money, rather than with that of poor believers?再び:法王されないのはなぜ、その富は、この日の他に比べて十分に裕福なのは裕福な階級の、 1つのビルドして、自分自身のサンピエトロ聖堂のお金ではなく、信者たちにも非常に悪いですか?
  87. Again: what does the Pope remit or impart to those who, through perfect contrition, have a right to plenary remission and participation?再び:どんな効果があるの法王を伝える送金またはそれらのwhoは、完全な痛恨を通じて、全体的寛解をする権利があると参加ですか?
  88. Again: what greater good would the Church receive if the Pope, instead of once, as he does now, were to bestow these remissions and participations a hundred times a day on any one of the faithful ?再び:どのようなより良い場合は、法王は、教会を受けるのではなく、一度、彼は今、寛解とは、これらの企業の参加を授ける100回のいずれかの日には誠実ですか?
  89. Since it is the salvation of souls, rather than money, that the Pope seeks by his pardons, why does he suspend the letters and pardons granted long ago, since they are equally efficacious?これは魂の救いになって以来、お金ではなく、彼の赦免は、ローマ法王シーク、文字とされるのはなぜ赦免を中断して彼はずっと前に与え、彼らも同様に効果的ですか?
  90. To repress these scruples and arguments of the laity by force alone, and not to solve them by giving reasons, is to expose the Church and the Pope to the ridicule of their enemies, and to make Christian men unhappy.ためらいを抑制すると、これらの引数を強制的には、信徒だけではなく、それらを解決するために与えられた上の理由から、を公開するのは、教会と法王の敵を嘲笑し、キリスト教の男性の不幸を作る。
  91. If, then, pardons were preached according to the spirit and mind of the Pope, all these questions would be resolved with ease--nay, would not exist.もし、その後、赦免は説教の精神と心によると、法王は、すべてこれらの質問を簡単には解決する-いや、存在はない。
  92. Away, then, with all those prophets who say to the people of Christ, "Peace, peace," and there is no peace!去るなら、すべての預言者who言ってやるがイエスキリストの人々は、 "平和、平和、 "平和はない!
  93. Blessed be all those prophets who say to the people of Christ, "The cross, the cross," and there is no cross!祝福されるすべての預言者who言ってやるがイエスキリストの人々は、 "十字架、十字架"とクロスがない!
  94. Christians should be exhorted to strive to follow Christ their Head through pains, deaths, and hells.キリスト教徒exhortedを目指すの努力をすべきであるキリストに従うの痛みに頭を通して、死亡し、地獄です。
  95. And thus trust to enter heaven through many tribulations, rather than in the security of peace.天国からの信頼を入力するとこのように多くの苦難ではなく、平和の安全保障にします。

PROTESTATION抗議

I, Martin Luther, Doctor, of the Order of Monks at Wittenberg, desire to testify publicly that certain propositions against pontifical indulgences, as they call them, have been put forth by me.私は、マーティンルーサー、医師、修道士は、ヴィッテンベルク、証言する意欲を公然と反対し、特定の命題教皇におぼれることは、彼らに電話をかけたとして、バイミーも出す。 Now although, up to the present time, neither this most celebrated and renowned school of ours, nor any civil or ecclesiastical power has condemned me, yet there are, as I hear, some men of headlong and audacious spirit, who dare to pronounce me a heretic, as though the matter had been thoroughly looked into and studied.今すぐものの、最大で、現在のところ、どちらもこの有名な学校と私たちの最も有名なのものも、市民や教会の権力が死刑囚私は、まだありませんがあるのか、と聞いて、いくつかの男性との大胆不敵な精神真っ逆さま、 who思い切って発音メインを異端者と同じようにしていた問題を徹底的に顔を検討する。 But on my part, as I have often done before, so now too, I implore all men, by the faith of Christ, either to point out to me a better way, if such a way has been divinely revealed to any, or at least to submit their opinion to the judgment of God and of the Church.しかし、私にとっては、私が頻繁に行わ前に、今も、私に懇願するすべての人を、キリストの信仰される、のいずれかを指摘するには良い方法を私は、もし神のように明らかにされ任意のか、またはで最低で意見を提出することが、神との判断をして教会です。 For I am neither so rash as to wish that my sole opinion should be preferred to that of all other men, nor so senseless as to be willing, that the word of God should be made to give place to fables, devised by human reason.わたしはどちらのような発疹が私の唯一の希望としての意見をすべきであることを好まれる方が他のすべての男性にも喜んで無意味なので、それは神の言葉を与える場所をすべきである寓話は、人間の理性によって考案さです。


Luther's 95 Thesesルーサーの95論文

Advanced Information 高度情報

(1517) ( 1517 )

The Ninety-five Theses were a series of propositions dealing with indulgences which Martin Luther drew up as the basis for a proposed academic disputation. 95の論文は、一連の命題におぼれることがマーティンルーサードリュー対処するための基礎として、学問上の論争を提案します。 They were written in reaction to abuses in the sale of a plenary indulgence by Johann Tetzel, who gave the impression that it would not only remit the guilt and penalties of even the most serious sins, but that its benefits could be applied to the dead in purgatory.書かれていたの反応を侵害での販売を、全免償ヨハンテッツェル、 who印象を与えたことはないと罰則の罪悪感だけ外国送金しても、最も深刻な罪が、その利点が適用されるので死んで煉獄です。 Luther challenged this teaching because it led people to believe that forgiveness could be bought and to neglect true repentance.このため、障害者教育ルーサーにつながったと思われる人々に許しを買ったが真の悔い改めをほっておかないと。

The theses began by arguing that true repentance involves a turning of the entire self to God and not simply the desire to evade punishment.論文を開始したと主張して、真の悔い改めには、全体の転換を神と自己の欲望を単に罰を回避する。 Luther also maintained that only God could remit guilt and that indulgences could only excuse the penalties imposed by the church.ルーサーも送金が罪悪感を維持し、神のみにおぼれることとしか言い訳の罰則を課せられた教会です。 In addition, he denied the pope's power over purgatory, stated that the believer always has true forgiveness without indulgences, and condemned the interest shown in money rather than souls.加えて、彼はローマ教皇の力を否定して煉獄、記載して信者におぼれることなく、常にが真の許し、と非難の利益ではなく、魂を適正に表示されます。 Although written in Latin and not intended for public distribution, the theses were translated into German and soon spread throughout Germany.ラテン語で書かれていないものの、公共の配布を目的に、ドイツ語に翻訳され、すぐに論文がドイツ全体に広がる。 Even though they do not reveal the full development of Luther's theology, October 31, 1517, the day they were supposedly posted on the Wittenberg Castle Church door, has traditionally been considered the starting point of the Reformation.にもかかわらず彼らはありませんルーサーを明らかにするの神学の完全な発展が、 1517年10月31日、この日掲載された彼らはたぶんヴィッテンベルク城教会の扉は、伝統的にされているが、改革の出発点です。 Recent scholarship has questioned both the dating of the theses and whether they were actually posted.最近の奨学金は、事情聴取の両方の論文とのデートのかどうかが実際に掲載されます。 Although the debate has not been resolved, most scholars still accept the traditional interpretation.討論会で解決されていないものの、多くの学者が同意して伝統的な解釈が可能だ。

Bibliography 書誌事項
K. Aland, ed., Martin Luther's 95 Theses; H. Grimm, ed., Luther's Works, XXXI; E. Iserloh, The Theses Were Not Posted; F. Lau, "The Posting of Luther's Theses, Legend or Fact?" k.オーランド、エド。 、マーティンルーサーの95論文;笠原グリム、エド。 、ルーサーの作品、 31 ; e. iserlohは、論文が掲載;女性ラウは、 "ルーサーの投稿論文、伝説や事実ですか? " CTM 38:691-703. 38:691-703のCTMです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです