Doctrine of Man In the Old Testament男が、旧約聖書の教義

Advanced Information 高度情報

In the Genesis account of creation man's presence in the world is attributed directly to God.創世記の説明は、男の存在感を創作の世界は神に直接起因します。 By this act alone, as the God of love and power, man was "created" (bara', 1:27; 5:1; 6:7) and "formed" (yasar, 2:7 - 8).この法律だけでも、電源としての神への愛と、男は"作成" (最後の' 、 1:27 ; 5:1 ;午前6時07分)と"形成" ( yasar 、午前2時07分-8 ) 。 By this creative act man was brought into existence in a duality of relationships, at once to nature and to God himself.この創造的な行為に持ち込ま男は存在する二重の関係で、神を一度に自然と自分自身です。 He was formed of the dust of the earth and was endowed with soul life by the breath of God.彼は、ほこりを形成し、地球と魂の生活は恵まれている神の息された。 God is the source of his life, and dust the material of his being.神は彼の人生のソースを、彼の素材と塵ている。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Man's Nature男の自然

Man, then, did not spring out of nature by some natural evolutionary process.男は、その後、春の自然をしなかったいくつかの自然な進化の過程です。 He is the result of the immediate action of God, who used already existing created material for the formation of the earthly part of his being.その結果、彼は神の緊急行動、 who使われるの資料を作成した既存の地上部分の形成には、彼のいる。 Man has thus physiological similarities with the rest of the created order (Gen. 18:27; Job 10:8 - 9; Ps. 103:14, etc.) and consequently shares with the animal world in dependence on God's goodness for his continuance (Isa. 40:6 - 7; Pss. 103:15; 104, etc.).男は生理的な共通点を持ってこのように、作成するための残りの部分( Gen 。と18:27 ;仕事を10時08分-9 ; p sのです。 1 03:14等)し、結果として株式の動物の世界に依存して彼の継続神の善良さ( isa. 40:6 -7 ; P SSのです。 1 03:15; 1 04、等) 。

Throughout the OT the relationship of man to nature is everywhere stressed. otを通して自然との関係はどこの男を強調した。 As man shares with nature share with man in the actualities of his living.自然と共有する株式として男男は、自分の生活の現実です。 Thus, while nature was made to serve man, so man on his part is required to tend nature (Gen. 2:15).したがって、自然の中に男が行われたため、男は自分のパートが必要になる傾向自然( Gen 。と2:15 ) 。 Nature is therefore not a sort of neutral entity in relation to man's life.自然はそのための並べ替えのない中立的なエンティティに関連して男の人生です。 For between the two, nature and man, there exists a mysterious bond so that when man sinned the natural order was itself deeply afflicted (Gen. 3:17 - 18; cf. Rom. 8:19 - 23).の2つの間に、自然と人間は、神秘的な結合が存在するように罪を犯し、自然界の秩序とき男は自分自身を深く罹災( Gen 。と3:17 -1 8;継続前誌です。 R OMから起動します。 8時1 9- 23 )。 Since, however, nature suffered as a result of man's sin, so does it rejoice with him in his redemption (Ps. 96:10 - 13; Isa. 35, etc.), for in man's redemption it too will share (Isa. 11:6 - 9).以来、しかし、結果として自然に苦しん男の罪ので、彼にはそれを喜ぶ償還( ps. 96:10 -1 3; I SAのです。 3 5、等)は、男の償還を共有することは、あまりにも( i sa. 11時06分-9 ) 。

But however deeply related man is to the natural order, he is presented nonetheless as something different and distinctive.しかし、しかし深く関連した人間は自然界の秩序を、彼はそれにもかかわらず、何か違うと独特の提示します。 Having first called the earth into existence with its various requisites for human life, God then declared for the making of man.地球に存在することを第一と呼ばれる様々な人間の生活必需品を、神の宣言を入力し、メイキングオブ男です。 The impression that the Genesis account gives is that man was the special focus of God's creative purpose.創世記の説明との印象を与えるのは、あの男は、神の創造的な目的で特別の焦点です。 It is not so much that man was the crown of God's creative acts, or the climax of the process, for although last in the ascending scale, he is first in the divine intention.ではないクラウンで忙しくて、男は、神の創造的行為、またはそのプロセスのクライマックスは、最終更新は、昇順規模ものの、彼が最初には、神の意思です。 All the previous acts of God are presented more in the nature of a continuous series by the recurring use of the conjunction "and" (Gen. 1:3, 6, 9, 14, 20, 24).神の前のすべての行為の提示の他の連続ドラマの性質を定期的に組み合わせて使用する"と" ( Gen 。と1:3 、 6 、 9 、 14 、 20 、 24 ) 。 "Then God said, 'Let us make man.'" "Then", when? "神によると入力し、 'ご連絡makeのmanです。 ' " "入力し、 " 、時ですか? When the cosmic order was finished, when the earth was ready to sustain man.宇宙のときに、注文は完了したら、その時、大地は男の準備を維持する。 Thus, while man stands before God in a relationship of created dependence, he has also the status of a unique and special personhood in relation to God.このように、神の前で男性が立っ間の関係を作成する依存性、彼はまた、人間の状態を、ユニークで特別に関連して、神です。

Man's constituents男の成分

The three most significant words in the OT to describe man in relation to God and nature are "soul" (nepes, 754 times), "spirit" (ruah, 378 times), and "flesh" (basar, 266 times).の3つの最も重要なの単語をotを記述するのに関連して、神と自然と男は、 "魂" ( nepes 、 754回) 、 "スピリット" ( ruah 、 378回) 、および"肉" ( basar 、 266倍)です。 The term "flesh" has sometimes a physical and sometimes a figuratively ethical sense.この法律において"肉"が時には、時には物理的な倫理的な意味を比喩的です。 In its latter use it has its context in contrast with God to emphasize man's nature as contingent and dependent (Isa. 31:3; 40:6; Pss. 61:5; 78:39; Job 10:4).は、後者のコンテキストで使用することは、これとは対照的に、神を強調すると依存性の不測の男としての性質( isa. 31:3 ; 40:6 ; PSSのです。 61:5 ; 78:39 ;仕事を10時04分) 。 Both nepes and ruah denote in general the life principle of the human person, the former stressing more particularly his individuality, or life, and the latter focusing on the idea of a supernatural power above or within the individual. nepesとruahの両方の生活全般の原則を示す、人間の人のために、元の他、特に彼の個性を強調か、または生活し、後者のアイデアに焦点を当て、超自然的な力の上またはに、個々のです。

Of the eighty parts of the body mentioned in the OT the terms for "heart" (leb), "liver" (kabed), "kidney" (kelayot), and "bowels" (me'im) are the most frequent.は、 80体の部分のotの条件に記載されて"心臓" ( leb ) 、 "肝" ( kabed ) 、 "腎臓" ( kelayot ) 、および"腸" ( me'im )は、最も頻繁にします。 To each of these some emotional impulse or feeling is attributed either factually or metaphorically.これらのいくつかの感情的な衝動を感じることが原因のいずれかまたは事実上または比喩的です。 The term "heart" has the widest reference.この法律において"心臓"には、幅広いリファレンスです。 It is brought into relation with man's total phychical nature as the seal or instrument of his emotional, volitional, and intellectual manifestations.持ち込まれることがphychical自然の関連性を持つ男のトータルシールや楽器としての彼の感情、意志、および知的な症状を呈している。 In the latter context it acquires a force we should call "mind" (Deut. 15:9; Judg. 5:15 - 16) or "intellect" (Job 8:10; 12:3; 34:10), and is frequently employed by metonymy to denote one's thought or wish with the idea of purpose or resolve.後者のコンテキストを取得することを強制しなければならないコール"心" ( deut. 15 : 09 ; judg 。 5:15 -1 6)または"知性" (仕事8時1 0分、 1 2時0 3分; 3 4:10)とは頻繁に雇用され自分の考えを示す換喩または希望目的や解決するというアイデアを持っています。 For one's thought or wish is what is "in the heart," or, as would be said today, "in the mind."願いは1つの考えは何ですか"との中心" 、または、今日によると、 "心の中にある。 "

These several words do not, however, characterize man as a compound of separate and distinct elements.これらのいくつかの言葉はありません、しかし、男としての特性と異なる要素を別の化合物です。 Hebrew psychology does not divide up man's nature into mutually exclusive parts.ヘブライ語心理学はありません分ける男の性質を相互に排他的な部分です。 Behind these usages of words the thought conveyed by the Genesis account, that man's nature is twofold, remains.これらの言葉の使い方の背後の思想の創世記の説明に伝え、その男の二重の自然は、残っています。 Yet even there man is not presented as a loose union of two disparate entities.まだありませんもある男ではないとして提示ゆるい連合の2つの異種のエンティティ。 There is no sense of a metaphysical dichotomy, while even that of an ethical dualism of soul and body is quite foreign to Hebrew thought.形而上学的に意味はないの二分法を、その中にも倫理的な二元論の魂と体は非常に外国人をヘブライ語は思いました。 By God's inbreathing the man he formed from the dust became a living soul, a unified being in the interrelation of the terrestrial and the transcendental.彼は神のinbreathing結成からのほこりの男の生活になったの魂は、統合には、地上波との相互関係を超越します。

Throughout the OT the two concepts of man as a unique and responsible individual and as a social and representative being have emphasis. otの2つの概念をして男としての責任個々のユニークなとすると、社会的、代表には強調します。 Adam was both a man and yet mankind.アダムは、人類の両方を男とはまだありません。 In him individual personhood and social solidarity found expression.個々の人間性や社会連帯していた表現が見つかりました。 At times in Israel's history there is emphasis on individual responsibility (eg, Ezek. 9:4; 20:38; cf. chs. 18, 35), while the "Thou shalt" or "Thou shalt not" of the law and the prophets is characteristically singular, being addressed to the individual is not viewed atomistically but in intimate connection with, and representative of, the whole community.イスラエルの歴史を倍に重点を置いて個々の責任には(例えば、 ezekです。 9時04分; 20:38 ;継続前誌です。 chs 。 。 。 18 、 35 ) 、一方、 "なたshalt "または"なたshaltない"と、法と預言者は、奇妙な特徴は、宛てに、個々のではないが人気atomisticallyしかし、親密な接続性、および代表者は、全体のコミュニティです。 So does the sin of the single individual involve all in its consequences (Josh. 7:24 - 26; cf. 2 Sam. 14:7; 21:1 - 14; 2 Kings 9:26).これは、個々の関与の罪をすべてのシングル、その結果( josh. 7時24 -2 6;継続前誌です。 2サムです。 1 4時0 7分、 2 1時0 1- 14 ;2キングス9時2 6分) 。 On the other hand, Moses and Phineas stand before God to plead their people's cause because they embody in themselves the whole community.その一方で、神の前に立つフィニアス、ムーサーとその人々の嘆願を体現原因で彼ら自身が、全体のコミュニティです。 In the intertestamental period, however, this awareness of solidarity passed from being a realized actuality in the social consciousness of the nation to being increasingly an idealistic and theological dogma.は、旧約新約間の期間中、しかし、この連帯の意識を渡されたが、実際には、社会の意識向上を実現するザネーションしているとますます神学上の教義理想的です。

From this perspective of racial solidarity in the first man it follows that Adam's sin involved every individual both in himself and in his social relationships.人種的な連帯の視点からの最初の男アダムの罪に関わって以下の通りごとに個々の両方で自分自身と彼の社会的関係です。 Because of Adam's transgression everyone is affected in the whole range of his being and in the totality of his societal living.アダムの罪のために誰もが彼の影響を受ける範囲は、全体の存在とは、彼の社会全体の生活です。

In the NTは、 NTの

The Teaching of Jesusイエスキリストの教え

In formal statements Jesus had little to say about man.イエスキリストの正式なステートメントを言う人はほとんどです。 But by his attitude and actions among men he showed that he regarded the human person as significant.しかし、彼の態度や行動の中の男彼によると、彼は人間として重要と考えています。 To Jesus man was not just a part of nature, for he is more precious in God's sight than the birds of the air (Matt. 10:31) and the beasts of the field (Matt. 12:12).男はイエスキリストを自然の部分だけでなく、彼は神の光景以上に尊いものよりも鳥の空気( matt. 10:31 )と獣のフィールド( matt. 12:12 )です。 His distinctiveness lies in his possession of a soul, or spiritual nature, which to forfeit is his ultimate tragedy and final folly (Matt. 16:26).彼の弁別は彼の魂の所持するか、または精神的な性質、これを没収は彼の究極の悲劇と最後の愚行( matt. 16:26 )です。 Man's true life is consequently life under God and for his glory.男の真の人生はそのため彼の栄光の人生を、神とされています。 It does not consist in the plenitude of earthly possessions (Luke 12:15).それはありません潤いの構成は、現世の財産(ルカ12:15 ) 。 The sole wealth is therefore the wealth of the soul (Matt. 6:20, 25).したがって、富の唯一の財産は、魂( matt. 6:20 、 25 ) 。 Yet while emphasizing the spiritual aspect of man's nature, Jesus did not decry the body, for he showed concern throughout his ministry for total human needs.精神的な側面を強調している間はまだありません男の自然、イエスキリストのボディを非難しなかった、彼は彼の省全体の懸念を示して人間のニーズの合計です。

This view of man as a creature of value was for Jesus an ideal and a possibility.このビューを表示する生き物としての男をイエスキリストの値が理想的とする可能性です。 For he saw all individuals, whether man or woman, as blind and lost and their relationship with God broken off.彼はすべての人々は、男または女かどうか、視覚障害者や失われたとして、神との関係を破談になる。 Although he nowhere specified the nature of sin, he clearly assumed its universality.彼はどこ罪の性質をしない、彼はその普遍性を明確に想定します。 All men are somehow caught up in sin's plight and enmeshed in its tragic consequences.すべての男性が何らかの罪の窮状に巻き込まれると、その悲劇的な結果をもたらすenmeshedです。 Thus, all who would live to God's glory and eternal enjoyment must experience newness of life.したがって、すべてのwhoは神の栄光と永遠に生きている必要があります。体験の新しさ人生の喜びです。 And it was precisely this purpose that Christ came into the world to accomplish (Matt. 1:21; Luke 19:10).この目的のために、イエスキリストは正確に入って、世界を達成する( matt. 1:21 ;ルーク19:10 ) 。 It follows therefore that it is by one's attitude to Christ as the Savior of the world that individual human destiny is finally sealed.そのために次のように1つの態度を変えさせることはイエスキリストを救い主として世界では、個々の人間の運命は、最後に封印します。

The Pauline Anthropology人類学のポーリーン

Paul's declarations regarding the nature of man are generally stated in relation to salvation so that his anthropology throughout serves the interests of his soteriology.ポールの宣言は一般的に人間の性質に関する記載に関連して救いように彼の人類学を通して彼の救済論の利益を提供します。 Foremost, therefore, in his teaching in his insistence on man's need of divine grace.第一、したがって、彼の授業で彼の主張して男の神の恵みを必要とします。 Paul is emphatic about the universality of man's sin.ポールは断固とした男の罪については、普遍性です。 Because of Adam's fall sin somehow got a footing in the world to make human life the sphere of its activity.アダムの下落のために何らかの罪を足場に、世界は人間の生命の球を作るの活動です。 Sin "entered the world through one man" (Rom. 5:12; cf. 1 Cor. 15:1 - 2).罪"世界を入力して一人の男" (ローマ5:12 ;継続前誌です。 1コーです。 15:1 -2 ) 。 Consequent on Adam's trangression, "all have sinned and fall short of the glory of God" (Rom. 3:23).アダムのtrangression必従上、 "すべては罪を犯しましたとショートして神の栄光の秋" (ローマ3:23 ) 。 To meet man in his plight, Paul sets forth the gospel as a righteousness of God through faith in Jesus Christ for all who believe (cf. Rom. 3:22 - 25).窮状を満たすの男、ポール福音書として送付し正義の信仰をイエスキリストを通して、神のすべてのwho信じる( cf. ROMから起動します。 3:22 -2 5) 。

In this context Paul contrasts the "old man" of nature (Rom. 6:6; Eph. 4:22; Col. 3:9) who is "after the flesh" (Rom. 8:4, 12; Gal. 4:23, 29, etc.) with the "new man" in grace (Eph. 4:24; cf. 2 Cor. 5:17; Gal. 6:15) who is "after the Spirit" (Rom. 8:5; Gal. 4:29).この文脈でポールコントラストの"老人は"自然(ローマ6 : 06 ; eph 。 4:22 ; Col 。 3時09分) whoは"肉の後に" (ローマ8時04分、 12 ;ギャルです。 4 : 23日、 29日、等)を、 "新しい男"猶予期間( eph. 4:24 ;継続前誌です。 2コーです。 5時17分;ギャルです。 6:15 ) whoは、 "後の精神" (ローマ8 : 5 ;ギャルです。 4:29 ) 。 He speaks also of the "outer nature" of man which perishes and his "inner nature" which abides and is daily being renewed in Christ (2 Cor. 4:16; cf. Eph. 3:16) and of the "natural man" (psychikos anthropos) and "he who is spiritual" (1 Cor. 2:15; cf. 14:37).彼は話すも、 "外側の自然"の男がperishesと彼の"内側の自然"がこれを遵守するとイエスキリストは、毎日がリニューアルさ( 2コーです。 4:16 ;継続前誌です。 eph 。 3:16 )とは、 "自然な男" ( psychikos anthropos )と"彼は精神的なwhoは、 " ( 1コーです。 2:15 ;継続前誌です。 14:37 )です。

In contrast with the second Adam, the first Adam is "from the earth, a man of dust" (1 Cor. 15:47), but is yet "a living being" (vs. 45). 2番目のアダムとは対照的に、最初のアダムは"地球からでは、男性のほこり" ( 1コーです。 15:47 ) 、これはまだありません"生活が" (対45 )です。 Though man on his earthly side "bears the image of the man of dust" (vs. 45), he can by grace through faith be made to "bear the image of the man from heaven" (vs. 49).この世は男を自分の側に"クマのイメージをその男のほこり" (対45 )で、彼は信仰を猶予することは"クマのイメージをその男から天国" (対49 ) 。 Man in himself is a moral being with an innate sense of right and wrong which Paul speaks of as his "conscience" (21 times.) This conscience can, however, lose its sensitiveness for the good and become "defiled" (1 Cor. 8:7) and "seared" (1 Tim. 4:2).男が自分自身は、道徳的行為をするという生得的な善悪の観念ポール話すのが彼の"良心" ( 21回クリックします。 )この良心が、しかし、その感受性のためにを失うとなる" defiled " ( 1コーです。 8時07分)と"麻痺" ( 1ティム。 4時02分) 。

As the chief exponent of the application of Christ's saving work to personal life Paul can hardly avoid reference to man's essential nature and makeup, and inevitably such allusions reflect the OT usage of terms.指数は、アプリケーションの長としての仕事を個人的な生活を保存キリストのポールのことは到底の参照を避けるために欠かせない自然と人間の化粧し、必然的にこのような利用方法をご利用ot allusionsを反映しています。 At the same time, while he does employ his words with the same general meaning as in the OT, they are more precisely applied in his epistles.それと同時に、雇用ながら彼は彼の言葉と同じ一般的な意味のように、 ot 、彼らはもっと正確に言えば彼の書簡に適用されます。 The most significant terms in his anthropological vocabulary are "flesh" (sarx, 91 times), which he uses in a physical and an ethical sense; "spirit" (pneuma, 146 times), to denote generally the higher, Godward aspect of man's nature; "body" (soma, 89 times), most often to designate the human organism as such, but sometimes the carnal aspect of man's nature; "soul" (psyche, 11 times), broadly to carry the idea of the vital principle of individual life.彼の最も重要な用語を人類学的語彙は、 "肉" ( sarx 、 91回) 、これ彼で使用され、物理的および倫理的な意味; "スピリット" (霊、 146回) 、を示す一般的に高く、信仰の厚い男の側面自然; "ボディ" (相馬、 89回) 、最も頻繁に、人間の生物を指定するなど、場合によっては、現世の側面しかし、人間の自然; "魂" (プシュケ、 11回) 、幅広くアイデアを運ぶのに重要な原則は、個々の生活です。

Paul has several words translated "mind" in the English versions to specify man's native rational ability which is in the natural man seriously affected by sin (Rom. 1:8; 8:6 - 7; Eph. 4:17; Col. 2:18; I Tim. 3:8; Titus 1:15).ポールにはいくつかの言葉に翻訳"心"が英語のバージョンを指定する男のネイティブのが合理的能力に深刻な影響を受けて罪の自然男(ローマ1:8 ;午前8時06分-7 ; e ph。 4 :17; C ol。 2 : 18 ;私ティムです。 3 : 08 ;タイタス1:15 ) 。 But the mind transformed brings God acceptable worship (Rom. 12:2; Eph. 4:23) and so becomes in the believer the mind of Christ (1 Cor. 2:16; cf. Phil. 2:5).しかし、心の形質転換もたらす神を崇拝許容(ローマ12 : 02 ; eph 。 4:23 )となるので、信者の心の中でイエスキリスト( 1コーです。 2:16 ;継続前誌です。フィルです。 2時05分) 。 The term "heart" (kardia, 52 times) specifies for Paul the innermost sanctuary of man's psychical being either as a whole or with one or another of its significant activities, emotional, rational, or volitional.この法律において"心臓" (カルディア、 52回)を指定のポールの奥の院の男の精神が全体としてのいずれか、または別の重要な活動の1つまたは、情緒的、合理的か、または意志です。

Sometimes Paul contrasts these aspects, flesh and spirit, body and soul, to give the impression of a dualism of man's nature.時には、これらのポールは対照的側面、肉体と精神を、体と心を、という印象を与えるのは、人間の自然の二元論です。 At other times he introduces the threefold characterization, body, soul, and spirit (1 Thess. 5:23), which raises the question whether man is to be conceived dichotomously or trichotomously.彼は他の回で紹介して3倍の特性、身体、魂と精神を( 1 thess 。 5:23 ) 、男の面で疑問がされるかどうか考えdichotomouslyまたはtrichotomouslyです。 The interchangeable use of the terms "spirit" and "soul" seems to confirm the former view, while the fact that they are sometimes contrasted is held to support the latter.交換の条件を使用する"スピリット"と" Soul "のように確認し、元ビューで、事実が、時には彼らは後者をサポートする対比が行われます。 Yet, however used, both terms refer to man's inner nature over against flesh or body, which refers to the outer aspect of man as existing in space and time.しかし、しかし使用すると、両方の用語を参照して反対する男の内面の自然や体の肉、これを参照して、外側の人間的側面として、既存の空間と時間です。 In reference, then, to man's psychical nature, "spirit" denotes life as having its origin in God and "soul" denotes that same life as constituted in man.を参考までに、次に、自然を人間の精神は、 "スピリット"を示し、神の存在を生命起源とされている"魂"を示し、男は同じ暮らしを構成します。 Spirit is the inner depth of man's being, the higher aspect of his personality.精神は、人間の内面の深さが、彼の人柄の側面が高いです。 Soul expresses man's own special and distinctive individuality.男の自身の特別な魂の表現と独特の個性をします。 The pneuma is man's nonmaterial nature looking Godward; the psyche is that same nature of man looking earthward and touching the things of sense.男の美的な自然の霊はlooking敬神;の心理は、男looking地球の方と同じ性質のものに触れる感覚です。

Other NT Writings他のNTの記述

The rest of the NT in its scattered allusions to man's nature and constituents is in general agreement with the teaching of Jesus and of Paul.の残りの部分に散在のallusionsのNT 、その自然と人間の成分を一般的に契約書は、イエスキリストの教えとポールです。 In the Johannine writings the estimate of man is centered on Jesus Christ as true man and what man may become in relation to him.文章は、使徒ヨハネの見積もりをする人には真の人間としてイエスキリストを中心に、どのような男になるかもしれないと関連している。 Although John begins his Gospel by asserting the eternal Godhead of Christ as Son of God, he declares in the starkest manner the humanity of the Word made flesh.ジョンが開始され彼の主張は永遠の福音キリストの神性、神の息子であるとして、彼の態度を宣言は、人類のstarkestという言葉は肉です。 Jesus does all that may become a man, all that God intended man should be.イエスキリストはすべてのことがあります一人前の男に、すべての人が神の意図すべきである。 What people saw was a "man that is called Jesus" (John 9:11; cf. 19:5).のこぎりは、どのような人々 "男と呼ばれるイエスキリスト" (ヨハネ9時11分;継続前誌です。 19時05分) 。 It is against the perfect humanness of Jesus that the dignity of every man is to be measured.反対することはイエスキリストは、完璧な人間らしさのすべての人間の尊厳を測定します。 By uniting himself with man, God's Son has made it clear for always that being human is no mean condition.自分自身を統合すると男は、神の息子さんのことを明らかにし、常に人間を意味がない状態です。 For he took upon himself all that is properly human to restore man to his sonship with God (John 1:13; 1 John 3:1).彼はすべてのために自分自身を復元することが適切に人間の男を彼の息子であることを神(ヨハネ1:13 ; 1ジョン3:1 ) 。 Such too is the theme of the Epistle to the Hebrews.このようなテーマは、あまりにもの信徒へのヘブル人への手紙です。 James declares that man is created in the "likeness" (homoiosin) of God (3:9).ジェームズ宣言して作成された男は"似ている" ( homoiosin )の神( 3時09分) 。

Historical Development歴史的発展

From these biblical statements about man's nature, the history of Christian though has focused on three main issues.これらの聖書のステートメントから男の性質については、キリスト教の歴史は3つの主要な問題に集中しています。

Content of the Imageコンテンツのイメージ

The most enduring of these concerns is the content of the image.これらの懸念の最も永続的なのは、コンテンツのイメージです。 Irenaeus first introduced the distinction between the "image" (Heb. selem; Lat. imago) and "likeness" (Heb. demut; Lat. similitudo).エイレナイオスの区別は、最初に導入の"イメージ" ( heb. selem ;されています。イマゴー)と"似ている" ( heb. demut ;されています。 similitudo ) 。 The former he identified as the rationality and free will which inhere in man qua man.元彼の合理性と自由意志として識別され、男年06月男が付与されています。 The likeness he conceived to be a superadded gift of God's righteousness which man, because of his reason and freedom of choice, had the possibility to retain and advance by obedience to the divine commands.彼の考えに似ているのは、神の正義をsuperaddedギフト男性は、彼の理由のために、選択の自由を、可能性を保持するとは、事前に服従して神のコマンドがあります。 But this probationary endowment man was to forfeit by his act of willful disobedience for both himself and descendants.しかし、この試用期間を没収され養老男は自分の行為を故意に自分自身と子孫の両方が指示に従わないことです。 This thesis of Irenaeus was generally upheld by the scholastics and was given dogmatic application by Aquinas.この論文は、一般的に支持されたエイレナイオスscholasticsとは、独断的なアプリケーションを与えられたアクィナスです。 In Aquinas's view, however, Adam had need of divine aid to continue in the path of holiness.アクィナスの見解で、しかし、アダムは神の加護を続行する必要がホーリネスのパスを指定します。 But this aid, in its turn, was conditioned on Adam's effort and determination to obey God's law.しかし、この援助は、その電源は、アダムの努力は、条件を神の律法に従うと決意します。 Thus from the first, in Aquinas's scheme, divine grace was made to depend on human merit.したがって、最初のは、アクィナスのスキームは、神の恵みが行われた人間の能力に依存しています。

The Reformers denied this distinction between image and likeness upon which the works - salvation of medievalism was reared in their insistence upon the radical nature of sin and its effect upon the total being of man.この区別は改革派のイメージと似ているが拒否されましたが管理し、作品-救いの中世では、彼らの主張に飼育するという過激な罪の性質とその効果をもたらすの合計が人間です。 Thus did they maintain that salvation is by grace alone and by faith alone as the gift of God.こうしてかれらは猶予を維持するだけでは救いと神の贈り物として信仰だけです。

Some moderns have revived Irenaeus's distinction under new terms.現代に復活したいくつかの新しい利用規約エイレナイオスの区別されています。 Emil Brunner, for example, speaks of the "formal" image to express the essential structure of man's being, which is not greatly affected by the fall.エミールブルンナー、例えば、うわさを"公式"のイメージを表現するのが人間の本質的な構造ではありませんが秋に大きく影響を受けています。 The "material" image on the other hand, he regards as quite lost by man's sin. "素材"イメージが表示される反面、彼は人間の罪として非常に失われています。 Reinhold Niebuhr has returned to the scholastic distinction more closely as regards both terminology and thesis.修学ラインホルトニーバーに戻ったりして区別するとより密接な用語や論文の両方に関してです。 Those who do not admit a different connotation for the terms have sought to identify the content of the image as either corporeal form or pure spirit.これらのwhoはありません、別の意味合いを認めるための条件を模索してきたが、イメージとしての内容を識別するためのフォームまたは純粋な精神肉体のどちらかです。 Schleiermacher speaks of the image as man's dominion over nature, a view expounded in more recent days by Hans Wolff and L Verdium.シュライエルマッハー話すの男の支配のイメージとしての自然が対象で他の最近の日中にexpoundedハンスウォルフとL verdiumです。

Karl Barth conceived of it in terms of male and female, although he stresses at the same time that only in relation to Christ is there a true understanding of man.カールバルト構想の男性と女性の利用して、彼のストレスは、同じ時間でイエスキリストのみに関連して、真の理解がある男です。 The Reformed position is that the image of God in man consists in man's rationality and moral competency, but that it is precisely these realities of his being which were lost or marred through sin.改心した位置するのは、神が人間のイメージで構成さ男の合理性と道徳的な能力が、そのことは、これらの現実を正確に彼が損なわを通して罪が失われたりします。 Others consider personality as the ingredient of the image, while still others prefer to see it as sonship, contending that man was created for that relationship.他の検討材料としての人格のイメージしながら、他のを好む息子であることを確認して、競合あの男は、その関係を作成します。 But by his sin he repudiated his sonship, which can be restored only in Christ.しかし、彼の罪を否認彼は彼の息子であることができるようにイエスキリストのみを復元します。

. です。

The Origin of the Soul魂の起源は

In the light of such passages as Ps.通路としては、光のようなpsのです。 12:7; Isa. 12 : 07 ; ISAのです。 42:5; Zech. 42:5 ;ツェッヒです。 12:1; and Heb. 12 : 01 ;となしで。 12:9, the creationist doctrine that God is the immediate creator of the human soul has been built. 12時09分に、神は天地創造説を人間の魂の生みの親の即時建設されています。 First elaborated by Lactantius (c. 240 - c. 320), it had the support of Jerome and of Calvin among the Reformers.最初に産生されたラクタンティウス( c. 240 -c .3 20) 、それは、支援のジェロームとの間の改革派カルビンです。 Aquinas declared any other view to be heretical and so followed Peter Lombard, who in his Sentences says, "The Church teaches that souls are created at their infusion into the body."その他の対象アクィナス宣言異端とされるように続けピーターロンバード、 who彼の文章は、 "教会の教えが彼らの魂が注入さのボディに作成されます。 "

The alternative view, traducianism (Lat. tradux, a branch or shoot), expounded by Tertullian, is that the substances of both soul and body are formed and propagated together.代替ビューで、 霊魂伝 ( lat. tradux 、枝やシュート) 、テルトゥリアヌスexpoundedされ、物質のは、心と体の両方の伝播が形成され、一緒にします。 Favored by Luther, it is consequently generally adopted by later Lutheran theologians.ルーサー支持されて、それは結果的に採用され、通常へルター派神学者です。 In support of the view is the observation that Gen. 1:27 represents God as creating the species in Adam to be propagated "after its kind" (cf. Gen. 1:12, 21, 25).のサポートは、対象は、 Gen 。との観測を表します1:27神はアダムの種として作成して伝播される"とした後の種類" ( cf. Gen 。と1:12 、 21 、 25 ) 。 And this increase through secondary causes is implied in the following verse (cf.vs. 22; 5:3; 46:26; John 1:13; Heb. 7:9 - 10) and in the passages which suggest the solidarity of the race and its sin in the first man (Rom. 5:12 - 13; I Cor. 15:22; Eph. 2:3).を通じて、この増加の原因は、黙示的には、次の二次詩( cf.vs. 22 ;午前5時03分; 46:26 ;ジョン1:13 ;なしです。 7時09 -1 0)との連帯の通路を示唆して、レースとその罪での最初の男(ローマ5:12 -1 3;私コーです。 1 5:22; e ph。 2 :3) 。

From its stress on the continuing kinship of God and man, the Eastern church has favored creationism.親族からのストレスを神と人間の継続、東部の教会が好ま創造します。 Here God is regarded as acting immediately to bring individual life into being.ここに神はすぐに演技をもたらすと見なされる個々の生命を吹き込むている。 The Western church, on the other hand, by emphasizing God's otherness from the created order and the depth of the yawning gulf between the human and divine consequent on man's sin, sees God's contact with man in the world as more distant.西洋の教会、その一方で、神の他者からの作成を強調するため、湾の深さは、あくびをして人間と神の帰結の間に人間の罪を、神との接触を見た男として、世界の他の遠いです。 Traducianism, therefore, in which God's relation to individual conception and birth is held to be mediated, has had from the third century wide support.霊魂伝、したがって、神の関係では、個々の概念と生年月日が開催される媒介、 3番目の世紀にはより幅広くサポートします。

The Extent of Freedom自由の範囲

Consonant with his idea of the imago Dei as grounded in man's nature as rational and free, Justin Martyr set in motion the view that every man is responsible for his own wrongdoing, which was to become a characteristic note of the Eastern church.子音と彼のアイデアは、接地さイマゴーデイとして男としての性質を合理的かつ無料、モーションに設定さジャスティン殉教者との見解をすべての人には自分自身の不正行為責任を負う、これは特徴になるには東部の教会の注意事項を連絡します。 Thus Adam is seen as the primary type of each man's sinning, and his fall is the story of Everyman.このように見られてアダムは、それぞれの主なタイプの男のsinning 、と彼の秋は普通の人の物語です。 Western theology, by contrast, regards Adam's transgression as the fountainhead of all human evil, but against Gnosticism refused to locate its source in individual life in the material of the body.欧米の神学は、対照的に、アダムの罪についてのすべての人間の悪の根源として、しかし、そのソースを見つけ反対グノーシス主義を拒否して個々の生活されている資料は、体です。 Tertullian traced sin to humanity's connection with Adam, through whom it has become a natural element of every man's nature.テルトゥリアヌスの接続をトレースアダム人類の罪を、誰を通じて、自然の要素を持っていることが全ての人の自然です。 Yet he allowed some residue of free will to remain.彼はまだありません可いくつかの残基の自由意志を維持する。

In Pelagius and Augustine these two views came into sharp conflict.これらの2つの再生回数ペラギウスとアウグスティヌスに入って鋭く対立。 Pelagius taught that man was unaffected by Adam's transgression, his will retaining the liberty of indifference so that he possesses in himself the ability to choose good or evil.ペラギウス教えあの男は、アダムの罪の影響を受けません、彼は無関心の自由を維持するために彼は自分自身の能力を保有し、いいか悪いを選択します。 In the light of Rom. ROMとの互換性に照らしている。 5:12 - 13 Augustine maintained that Adam's sin has so crippled man that he can act only to express his sinful nature inherited from his first parents. 5:12 -1 3アウグスティヌス維持アダムの罪で身動きが取れなくなった男は、これで彼は彼の罪深い行為のみを表現する彼の最初の親から継承した性質です。 The inevitable compromise appeared in the semi - Pelagian (or semi - Augustinian) synergistic thesis that while all men do inherit a bias to sin, a freedom of decision remains that permits at least some men to take the first step toward righteousness.妥協は避けられないが掲載されて半-ペラギウス主義者(または半-アウグスティノ会)相乗しながら論文を相続するすべての人のバイアスを行う罪は、意思決定の自由を、少なくともいくつかの男性に変わりは許可証を取る正義の最初の一歩を踏み出す。 In the Calvinist - Arminian controversy of the seventeenth century the conflict was reenacted.は、カルビン派-アルミニウス説の論争は、 1 7世紀の紛争を再現します。 Calvin contended for the total depravity of man; man "has no good remaining in him."カルバンに対し、人間の堕落の合計;男"はないの残りでいいんですよ" Therefore the will is not free to choose the good; so salvation is an act of God's sovereign grace.そのためには自由がないの意志を選択して良いので、神の救いの主権的行為は、グレースです。

Arminius allowed that Adam's sin had dire consequences and that each posseses a "natural propensity" to sin (John Wesley), while maintaining, at the same time, that it belongs to every man of his own free will to ratify this inner direction of his nature.アダムの罪を許さarminiusは悲惨な結果をもたらすとは、各を持つ"自然な性向"を罪(ジョンウェズリー)を維持しながら、それと同時に、それに属してすべての人、自分自身の自由意志でこの条約を批准この彼の内側の方向自然です。 On the other hand, it is possible for any man, by accepting the aid of the Holy Spirit, to opt for God's way, for he still possesses an inner ability so to do.その一方で、それは可能な任意の男を受け入れ聖霊の助けを借りて、神の道を選ぶ、内側の能力を保有ので彼はまだこれを行うにします。

In the Pelagian - humanist scheme all men are well and need only a tonic to keep them in good health.は、ペラギウス-ヒューマニストスキームのすべての男性が良く、強直性のみを必要として良好な健康状態を維持します。 In the semi - Pelagian (semi - Augustinian) - Arminian doctrine man is sick and requires the right medicine for his recovery.は、半-ペラギウス(セミ-アウグスティノ会) -アルミニウス説の教義男は病気や薬を使用するには、右側の彼の回復です。 In the Augustinian - Calvinist view man is dead and can be renewed to life only by a divinely initiated resurrection.は、アウグスティノ会-カルビン派の対象男性が死亡し、新たに生活できるだけで、神の力で復活を開始します。

HD McDonald hdマクドナルド
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
SB Babbage, Man in Nature and Grace; E Brunner, Man in Revolt; G Carey, I Believe in Man; S Cave, The Christian Estimate of Man; D Cairns, The Image of God in Man; W Eichrodt, Man in the OT ; WG Kummel, Man in the NT ; J Laidlaw, The Bible Doctrine of Man; JG Machen, The Christian View of Man; HD McDonald, The Christian View of Man; J Moltmann, Man; J Orr, God's Image in Man; HW Robinson, The Christian Doctrine of Man; RF Shedd, Man in Community; CR Smith, The Bible Doctrine of Man; WD Stacey, The Pauline View of Man; TF Torrance, Calvin's Doctrine of Man; CA vanPeursen, Body, Soul, Spirit; JS Wright, What Is Man? sbバベッジ、男が自然とグレース;メールブルナー、男が反乱;グラムキャリー、私を信じる男;秒洞窟、男は、キリスト教の見積もりを; dケアンズ、神のイメージで男;ワットアイヒロート、男は、 ot ; WGのキュンメル、男は、 NTの;無しレイドロー、聖書の教義の男; jgマッケン、対象は、キリスト教の男; hdマクドナルド、対象は、キリスト教の男;無しモルトマン、男;無しオーア、神のイメージを男;宿題ロビンソンは、キリスト教の教義の男;のRFシェッド、男がコミュニティ; crスミス氏は、聖書の教義の男; WDのステイシーは、ポーリーン対象の男;タスクフォーストーランス、カルバンの教義の男; vanpeursenカリフォルニア、身体、魂、精神; jsライトは、男は何ですか?


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです