Marburg Colloquyマールブルグ会話

General Information 総合情報

A 16th century Protestant reformer of Basel, Switzerland, Johannes Oecolampadius, b. 16世紀にプロテスタントの改質装置のバーゼル、スイス、ヨハネスエコランパディウス、 b. 1482, d. 1482 、 d. Nov. 23, 1531, was in his youth a humanist, a follower of Erasmus. 1531年11月23日、ヒューマニストはは幼少のころには、信奉者のエラスムスです。 He converted to Protestantism and became a friend and supporter of Ulrich Zwingli, another Swiss reformer.彼はプロテスタントに変換されるとなったウルリッヒツウィングリ支持する友人に送ると、別のスイスの改質装置です。 Oecolampadius introduced the Reformation into Basel in 1522, was active in promoting Protestantism in southwest Germany and Switzerland, and helped reform university education and the lower schools of Basel.エコランパディウス改革を導入し、 1522バーゼルで、積極的に推進しプロテスタントはドイツとスイス南西部、および大学教育を改革するとの下位助けバーゼルの学校です。 In the Marburg Colloquy (1529), arranged to establish doctrinal unity as a preliminary to the political unity of Protestantism, Oecolampadius defended Zwingli's position on the Eucharist against Martin Luther.会話は、マールブルグ( 1529 ) 、配置を確立する予備的な教義として団結して政治的な団結のプロテスタント、エコランパディウスツウィングリの立場を擁護するの聖体マーティンルーサーです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 書誌事項
HJ Hillerbrand, The Reformation: A Narrative History Related by Contemporary Observers and Participants (1964) and Men and Ideas in the Sixteenth Century (1984); GR Potter, Zwingli (1976); Rupp, Gordon, Patterns of Reformation (1969); LW Spitz, The Protestant Reformation, 1517 - 1559 (1984).計算hillerbrandは、改革:物語の歴史と関連した現代のオブザーバー参加者( 1964 )と男性との考えを、 16世紀( 1984 ) ;グラムポッター、ツウィングリ( 1976 ) ;ルップ、ゴードン、パターンの改革( 1969 ) ; lwスピッツは、プロテスタントの改革、 1517 -1 559( 1 984) 。


Marburg Colloquy (1529)マールブルグ会話( 1529 )

Advanced Information 高度情報

The Marburg Colloquy was the meeting which attempted to resolve the differences between Lutherans and Zwinglians over the Lord's Supper.マールブルグは、会議室での会話を解決する試みlutheransとの違いは、主の夕食zwingliansです。 These differences had been expressed in a bitter pamphlet controversy between 1525 and 1528.これらの違いを表現されていた1525と1528の間に激しい論争のパンフレットです。 While both Luther and Zwingli rejected the Catholic doctrines of transubstantiation and the sacrificial Mass, Luther believed that the words "This is my body, this is my blood" must be interpreted literally as teaching that Christ's body and blood were present in the sacrament "in, with, and under" the elements of bread and wine.ルターとツウィングリの両方を拒否されたのは、カトリックの教説のいけにえの代用と質量、ルーサーの言葉と信じて"これは私の体は、これは私の血"として文字通りに解釈しなければならないが、キリストの体の教育と血が存在して聖餐式"で、 、とされて"パンとワインの要素です。 Furthermore, he viewed the sacrament as a means of grace by which the participant's faith is strengthened.また、彼の人気の一つの手段としての恵みを受けて、聖餐式では、参加者の信仰を強化します。

Zwingli regarded Luther's position as a compromise with the medieval doctrine of transubstantiation and maintained the words of institution must be taken symbolically to mean this represents Christ's body.ルターツウィングリとしての地位を考え、中世の教義にある中で妥協の機関の言葉を代用し、維持しなければならないことを意味する象徴的な意味において、このイエスキリストの体を表しています。 Although Zwingli believed that Christ was present in and through the faith of the participants, this presence was not tied to the elements and depended upon the faith of the communicants.ツウィングリはイエスキリストが存在すると信じられているの信仰を通じて、参加者は、このプレゼンスはないと依存の要素に関連付けられて、 communicants時の信仰です。 In contrast to Luther he interpreted the sacrament as a commemoration of the death of Christ, in which the church responded to grace already given, rather than a vehicle of grace.ルーサー彼とは対照的に解釈して聖餐式を記念して、イエスキリストの死されるのは、教会が既に与えられた猶予対応して、ではなく、車両の恵みを受けています。

After three years of bitter polemics Philip of Hesse arranged the meeting at Marburg in order to resolve the doctrinal differences that stood in the way of a united political front.フィリップした後の3年間の激しい論争術ヘッセの会議室を配置するために問題を解決するにマールブルグ教義の違いが立っていた連合の邪魔をする政治的なフロントです。 The major participants were Luther, Philip Melanchthon, Zwingli, and John Oecolampadius.ルーサーの主な参加者は、フィリップメランヒトン、ツウィングリ、とジョンエコランパディウスです。

The public colloquy began on October 2 after preliminary private discussions had been held the previous day which paired Luther with Oecolampadius and Melanchthon with Zwingli.公共の会話の後、 10月2日から開始されていた予備的な民間の議論は、前日に行われた対ルーサーにエコランパディウスとメランヒトンとツウィングリです。 Luther based his arguments on the words of institution.ルーサーベースの彼の言葉を検索する教育機関の引数です。 His opponents responded that since the body of Christ was "at the right hand of the Father" in heaven, it could not be present simultaneously at altars throughout the Christian world when the Eucharist was celebrated.以来、彼の反対派がキリストの体の反応は"父は、右手には、 "天国の、同時に存在することができなかった祭壇にしてキリスト教世界聖体ときには、著名な。 Although the debate became quite heated at times, it concluded with both sides asking pardon for their harsh words.は、議論が非常に加熱時、それ締結の両側に恩赦を求めて厳しい言葉です。 On October 4, at the request of Philip of Hesse, Luther drew up fifteen articles of faith based on the Schwabach Articles which had been formulated before the colloquy. 10月4日のヘッセフィリップの要請に応じて、ルーサーの記事を信仰作った15シュワーバハの記事に基づいて策定されていた会話の前にします。 To his surprise his opponents accepted fourteen of them with only slight modifications.彼の驚き彼の反対派を利用して14のわずかな変更のみです。

Even the fifteenth article, on the Eucharist, expressed agreement on five points and concluded with the conciliatory statement: "Although we are not at this present time agreed, as to whether the true Body and Blood of Christ are bodily present in the bread and wine, nevertheless the one party should show to the other Christian love as far as conscience can permit."第15回も資料では、上の聖体、 5つのポイントと表明した契約書を締結の融和的な声明: "我々は現時点では現在のところ合意した、とするかどうかの真の身体とイエスキリストの血は、肉体的存在してパンとワインは、 1つのパーティーにもかかわらず、キリスト教の愛は、詳細に限り、他の良心ことを許可します。 "

Despite this hopeful ending unity was not achieved.団結はないにもかかわらず、この有望な結末を達成します。 Shortly afterward both sides were again making critical remarks about the other.その後間もなくの両側が再び重要な発言について、他のメーカーです。 Subsequent writings by Zwingli convinced Luther that he had not been sincere in accepting the Marburg Articles.後続の記述されルターツウィングリ確信していたのを承認する誠実されていないマールブルグの記事です。 At the Diet of Augsburg in 1530 Zwinglians and Lutherans presented separate confessional statements which reflected the unresolved differences at Marburg. 1530アウクスブルクでは、国会のlutherans提示zwingliansと告白文を別々の違いを反映して未解決のマールブルグです。

Bibliography 書誌事項
W Koehler, Zwingli and Luther: Ihr Streit uber das Abendmahl nach seinen politischen und religiosen Beziehungen; H Sasse, This Is My Body; ME Lehmann, ed., Luther's Works, XXXVIII; G Beto, "The Marburg Colloquy of 1529: A Textual Study," CTM 16.ワットkoehler 、ツウィングリとルーサー:プロダクトdas Ihrのシュトライト青年abendmahl nach politischen und religiosen beziehungen ; hザッセ、これは私の体;私レーマン、エド。 、ルーサーの作品、 38 ;グラムbetoは、 "会話のマールブルグ1529 :テキスト研究では、 "のCTM 16 。


Also, see:また、参照してください:
Last Supper 最後の晩餐
Eucharist 聖体
Mass 質量

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです