Mariologyマリア

Advanced Information 高度情報

The commonly held teachings of Mariology can be derived from her function as Mother of God (Theotokos), a term first used around 320 and formally approved by the Council of Ephesus in 431.マリアの教えを広く開かれた彼女の機能としては母親から派生した神の(神の母)は、最初に使用される用語約320を正式に承認された評議会で431エフェソスです。 Mariologists argue that Mary, who enabled God the Savior to be born, has a position more exalted than any other creature.メアリーmariologistsと主張して、 who有効になって神を持って生まれるの救世主に、他の高貴な立場には、他の生き物よりです。 She is the Queen of Heaven.彼女は、天の女王です。 Moreover, since her motherhood was indispensable to God's redemptive activity, Mary is essential to the final, spiritual perfection of every creature.また、彼女の母親は、神の贖いの活動に欠かせない、メアリーは欠かせないの最後の、精神的な完成度のすべての生き物です。 Accordingly, although she was not involved in their original physical creation, Mary is, in this ultimate sense, the Mother of God's Creatures.したがって、彼女は関与しないものの、元の物理的な創作、メアリーは、この究極の意味では、神の生き物の母です。 This includes being Mother of Humans, a title found in Ambrose but popularized around 1100, and Mother of Angels, a term first found in the thirteenth century.これは人間の母親の、アンブローズしかし、大衆のタイトル発見さ約1100 、との母親の天使たちは、 13世紀項第一発見された。

Mary's involvement in salvation makes her co - redemptrix along with Christ.メアリーへの関与を救いに彼女の共同-r edemptrixとともに、イエスキリストです。 Irenaeus contrasted Eve's disobedience, which brought humanity's downfall, with Mary's obedience, which "became the cause of salvation both for herself and the human race."前夜のエイレナイオス対照的不服従、人類の没落が起きるまで、メアリーの服従を"救世なったのが原因で発生すると、人間のレースの両方をつぶやきました。 " Beginning in the twelfth century references appear to her redemptive work not only in Christ's birth but also at the cross.参考文献は、 12世紀の初めに表示さだけでなく、彼女の贖いの仕事では、イエスキリストの生誕100周年だけでなく、クロスです。 Most Mariologists insist on both.ほとんどのmariologistsの両方を主張する。 While Jesus offered his sinless person to appease God's wrath, Mary, whose will was perfectly harmonious with his, offered her prayers.イエスキリストは彼のsinlessながら、神の怒りをなだめる人、メアリー、その意志が完璧に調和のとれた彼の、彼女の祈り提供します。 Both atoned for our sins, although Christ's satisfaction was primary and wholly sufficient.私たちの罪の両方をatonedが、キリストの満足度は、プライマリおよび100十分です。 Mary's mediatory role includes her present intercession for sinners.メアリーの仲裁の役割を彼女の現在の執り成しの罪を犯した者が含まれています。 This was seldom mentioned before the twelfth century, when popular piety regarded Mary as more lenient than her Son, the Judge.これは12世紀めったに言及する前に、ときに考えメアリーとして人気の信心深さよりももっと寛大な彼女の息子は、裁判官です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Mary's exalted role implies Mariological assertions about her life.メアリーの高貴な役割については彼女の人生のアサーションmariological意味します。 If Mary had ever been stained by sin, she would have been God's enemy and unfit to bear him.メアリー上演された場合は罪染色され、彼女は神の敵とも不適格に耐えていた。 Consequently, she must have been "immaculate" (wholly free from any sin) from the instant she was conceived.その結果、彼女必要があります。れている"無原罪" (完全無料から任意の罪)より、インスタント彼女は考えています。 The immaculate conception, hotly debated in the Middle Ages and early modern era, was opposed by Thomas Aquinas and his followers.の無原罪懐胎の祝日、けんけんごうごうで、中世と近世の時代はトマスアクィナスとその部下に反対されています。 But in 1854 Pius IX declared it an official dogma.しかし、 1854年にピウス9世の公式な教義を宣言します。

Mary's immaculate conception implies that she possessed a "fullness of grace" from the first instant.彼女はメアリーの無原罪懐胎の祝日を意味して保有する"膨満の恵みを受けて"より、初のインスタントです。 Further, she was immune to the slightest sin throughout her life.さらに、免疫を彼女は彼女の人生を通して、ささいな罪です。 Mariologists also stress Mary's perpetual virginity.処女メアリーのパーペチュアルmariologistsもストレスです。 This includes, first, her virginity in partu: that Jesus was born without opening any part of her body; second, that she remained a virgin throughout her life.これは、第一に、彼女の処女をpartu :イエスキリストが生まれたが彼女の体のどの部分を開かずに、第2に、その彼女は、彼女の人生を通してヴァージンです。 Though Mary's perpetual virginity, and especially her sinlessness, were challenged by some early fathers, they were generally accepted by Augustine's time.処女メアリーのパーペチュアルかかわらず、彼女のsinlessness特に、いくつかの初期の父親が障害され、彼らは一般に公正妥当と認められたアウグスティヌスの時間です。 Proponents of perpetual virginity often assumed that anything else would contradict her purity.提案者の永遠の処女しばしば想定してそれ以外は彼女の純粋さと矛盾します。 Finally, Mariologists teach that after her death Mary was assumed bodily into heaven.最後に、彼女の死した後mariologistsを教えるメアリーは、肉体的に天国と仮定します。 No clear reference to the assumption of Mary appears before the sixth century.ないという想定の下の参照をクリアする前に6世紀のメアリーが表示されます。 It was not generally accepted until the thirteenth and was promulgated by Pius XII in 1950.一般に受け入れられることはないとするまで、 13番目のピウス12は、 1950年に公布されています。

Protestants have criticized Mariology because many assertions apparently lack biblical foundation.プロテスタントしているという批判マリア聖書の財団に欠けるため、多くのアサーションを明らかにします。 Scripture does not mention her immaculate conception or assumption.啓典に言及されない彼女の無原罪懐胎の祝日や仮定します。 Her perpetual virginity is challenged by references to Jesus' sisters and brothers (Mark 3:31; 6:3; John 2:12; 7:1 - 10; Acts 1:14; Gal. 1:19; Mariologists claim they were cousins).彼女の飽くなき挑戦を参照して処女はイエスの兄弟姉妹と(マーク3:31 ;午前6時03分;ジョン2:12 ;午前7時01 -1 0;行為1 :14;ギャルです。 1 :19; m ariologists申し立てていたいとこ) 。 Moreover, the Gospels do not present Mary unambiguously as sinless and in continuous accord with Christ's will.また、現在のメアリーの福音書はありませんsinlessとの連続合意として明確にイエスキリストの意志です。 Protestants have also argued that Mariology exaggerates the contribution that any human can make to divine redemption.プロテスタントはマリア大げさと主張しても任意の人間への貢献を神の償還に合わせて作ることです。 Luther and Calvin saw Mary as a human who in herself was nothing; she was enabled to bear Christ wholly through God's grace.ルターとカルバンメアリー見た人間としての自分は何もなかったwho ;彼女はクマを有効にしイエスキリストを通して完全に神のお恵みです。 Conservative Protestants argue that most Mariological excesses, her roles as Mother of God's Creatures, co - redemptrix, intercessor; her immaculate conception; and her "fullness of grace", spring from overestimating the human role in redemption, which was perhaps already implied by Irenaeus.ほとんどの保守的プロテスタントmariological行き過ぎと主張して、彼女の母親の役割として、神の生き物、コロラド-r edemptrix、仲裁;彼女の無原罪懐胎の祝日;と彼女の"膨満の恵みを受けて" 、春から、人間の役割を果たすo verestimating償還、これはおそらく、すでに暗示されエイレナイオスです。 This ancient theological issue may be the most fundamental one surrounding Mariology.この古代の神学の最も基本的な1つの問題があります周囲のマリアです。

TN Fingerテネシー指
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
S Benko, Protestants, Catholics and Mary; L Bouyer, The Seat of Wisdom; EA Carroll, "A Survey of Recent Mariology," MarS 18, and "Theology on the Virgin Mary: 1966 - 1975," TS 37; JB Carol, Fundamentals of Mariology and Mariology; H Graef, Mary: A History of Doctrine and Devotion; R Laurentin, The Question of Mary; G Miegge, The Virgin Mary; TA O'Meara, Mary in Protestant and Catholic Theology; O Semmelroth, Mary, the Archetype of the Church; E Schillebeeckx, Mary, Mother of the Redemption.秒benko 、プロテスタント、カトリック教徒とメアリー;左bouyerは、座席の知恵;会EAキャロル、 "マリアの最近のある調査によると、 "火星に18日、および"神学上の聖母マリア: 1966 -1 975、 " 0 3 7; j bキャロル、ファンダメンタルズのマリアとマリア; hグレーフ、メアリー:教義の歴史と献身;研究ローランタンは、質問のメアリー;グラムmieggeは、聖母マリア;このオメーラ、メアリーはプロテスタントとカトリック神学;またはsemmelroth 、メアリー、アーキタイプは、教会の;メールスケレベクス、メアリーは、母の償還します。


Also, see:また、参照してください:
Virgin Mary 聖母マリア
Assumption 仮定
Immaculate Conception 無原罪懐胎の祝日
Virgin Birth 処女懐胎

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです