Mediating Theology調停神学

Advanced Information 高度情報

(Vermittlungstheologie). ( vermittlungstheologie ) 。 The name of a program undertaken by widely differing thinkers, mostly in Germany, in the middle third of the nineteenth century.実施され、プログラムの名前を広く異なる思想家が、そのほとんどが、ドイツで19世紀の真ん中の3分の1です。 Their conclusions differed greatly, but they shared a commitment to mediation, the attempt to find truth on a middle ground between opposite extremes.その結論を大幅に異なり、かれらのコミットメントを共有して調停は、真実を探す試行が極端に反対の間で妥協点にします。

These thinkers tried to mediate between the influences of Hegel and Schleiermacher, between rationalism and supernaturalism, and between innovation and tradition.これらの思想家の影響しようとヘーゲルとの間に介在するシュライエルマッハー、合理主義との間に超自然、伝統と革新との間にします。 For them, both feeling and thought were to be taken into account in theology.かれらは、両方の感情と思ったが神学を考慮されています。 Christianity was seen as partly natural and partly supernatural in origin.キリスト教は、自然と見られる部分部分に超自然的起源です。 The mediators tended to support the union of Lutherans and Reformed in the state churches of Germany.労働組合の仲介をする傾向がサポートしてlutheransとドイツの改革派教会の状態にします。

The most important members of the mediating school (vermittelnde Schule) were IA Dorner, Julius Koestlin, Julius Muller, CI Nitzsch, Richard Rothe, and Karl Ullmann.最も重要なメンバーは、調停学校( vermittelndeシューレ)がアイオワドルナー、ジュリアスkoestlin 、ジュリアスミュラー、 ciニッチ、リチャードローテ、およびカールウルマンです。 Mediating theology was represented at many different universities.調停神学大学は多くの異なる表現をします。 It can be dated from 1828 with the founding of the periodical Theologische Studien und Kritiken. 1828ことが日付の創立者の定期的なtheologische studien und kritikenです。 It was also the theme of Vierteljahrschrift fur Theologie und Kirche (founded 1845) and Jahrbucher fur deutsche Theologie (founded 1856). vierteljahrschriftことも毛皮をテーマにtheologie und kirche (設立1845 )とドイツjahrbucher毛皮theologie ( 1856年設立) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The most important topic for mediating theology was Christology.神学の最も重要なトピックを参照して調停は、 christologyです。 The historic doctrine of the person of Christ was being challenged by historical criticism.歴史的な教義は、イエスキリストの人は、歴史的な批判をかきたてます。 For philosophical reasons historical criticism began with a picture of Jesus that left no room for his deity and so rejected as unhistorical anything in the Gospels that testified to his deity.哲学的な理由を歴史的な批判を始めたイエスキリストの絵が描いて左の部屋を拒否されたとして彼の神と歴史的でないので何も彼の神の福音書が証言しています。 The biggest bombshell was the book Leben Jesu (Life of Jesus) by DF Strauss in 1835.寝耳に水の出来事は、この本の最大の生涯主イエス(イエスキリストの生活)をdf 1835シュトラウスのです。 This denial of historic Christian doctrine led to a negative reaction from those who wanted to conserve more of the old doctrine.この歴史的なキリスト教の教義の否定を主導して否定的な反応who指名手配者の他、古い教義を節約します。

The mediators attempted to find a middle course that would both retain some elements of historic Christology and accept many of the assumptions and conclusions of historical criticism.真ん中のコースを検索する仲介を試みたが歴史的なchristologyの両方の要素を保持し、同意するいくつかの多くは、歴史的な仮定や結論を批判します。 They differed radically from one another in doctrine, but in every case the acceptance of historical criticism led them to modify the historic doctrine of the person of Christ fundamentally.より根本的に異なる別の1つの教義、しかし、すべての場合は、歴史的な批判を受け入れ主導して歴史的な教義を変更するには、根本的にイエスキリストの人です。 In this sense, kenoticism can be seen as a form of mediating theology.その意味では、 kenoticismが見える神学の一形態として調停します。 But another form was the direct opposite of kenoticism, namely IA Dorner's idea of a growing unity between God and Jesus.しかし、別のフォームは、正反対のkenoticism 、すなわちアイオワドルナーの考えを、神との間に成長を続けるイエスキリストの結束します。 Dorner saw that kenoticism had lost sight of the immutability of God.ドルナーkenoticismが失われて光景を見たことの神のimmutability 。 He concluded instead that Jesus had originally been a separate person who was only gradually assumed into the unity of the Logos in a process that was completed only at the ascension.彼の代わりに締結されたイエスキリストは当初、別の人whoは、徐々にのみのロゴの結束を想定することが完了するプロセスでは、アセンションのみです。

The varieties in mediating theology indicate that its program did not lead to any conclusive results.調停神学の品種はそのプログラムを示して任意の決定的な結果につながるしなかった。 Indeed, it could lead to new and opposite extremes.確かに、新しいことにつながる恐れがあると反対の極端な。 It was ambitious but vague, and faded away once Albrecht Ritschl and his disciples became influential in the last part of the nineteenth century.しかし、漠然とした野心的なことは、一度や色あせたawayアルブレヒトリッチュルと彼の弟子が有力で、 19世紀の最後の部分です。

JM Drickamer jm drickamer
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
K. Barth, Protestant Theology in the Nineteenth Century; JM Drickamer, "Higher Criticism and the Incarnation in the Thought of IA Dorner," CTQ 43:197-206; God and Incarnation in Mid Nineteenth Century German Theology: G. Thomasius, IA Dorner, AE Biedermann, tr. k.範囲は、 19世紀にプロテスタントの神学; jm drickamer 、 "高いとの批判は、思想の化身アイオワドルナー、 " ctq 43:197-206 ;神と化身19世紀半ばにドイツ語神学: g.トマジウス、アイオワドルナー、 ae biedermann 、 tr 。 C. Welch, LCC; C. Welch, Protestant Thought in the Nineteenth Century. c.ウェルチ、 lcc ; c.ウェルチ、 19世紀にプロテスタントの考えです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです