Monergism 単働説

Advanced Information 高度情報

Monergism is the position that "the grace of God is the only efficient cause in beginning and effecting conversion. "The opposite of synergism, this position is consistently upheld by the Augustinian tradition within Christianity. monergismは、立場を"神の恩寵は、効率的な大義のためにのみ影響始めと変換します。 "の反対の相乗効果は、この位置アウグスティノ会がコンスタントに支持されたキリスト教の伝統にします。 Representative is the attitude of Martin Luther. Luther believed that salvation was by grace alone through faith, arriving at this position from his study of Rom.代表的な態度は、マーティンルーサー。 ルーサーと信じて救いを猶予だけでは、信仰を通じて、彼の研究からこの位置に到着のROMです。 1:16 - 17. The believing faith that receives this grace is itself the gift of God. 1:16 -1 7。 、信者の信仰を受信したこのグレースは、それ自体は神の贈り物です。 In his explanation of the third article of the Creed, Luther commented: "I believe that by my own reason or strength I cannot believe in Jesus Christ, my Lord, or come to him. But the Holy Spirit has called me through the Gospel, enlightened me with his gifts, and sanctified and preserved me in true faith."彼の説明を3番目の記事は、信条、ルーサーのコメント: "と信じて自分自身の理由や強さを私イエスキリストを信じることはできない、わたしの主、または来るしている。しかし、聖霊が私を通して福音書と呼ばれる、悟りを開いた私に彼の贈答品、および神聖化と私は真の信仰に保存します。 "

The same teaching was embodied in his Bondage of the Will, where he affirmed, "Man's will is like a beast standing between two riders. 同じ教えることは彼のとりこに体現されては、ここで彼はアファームド、 "男の意志は野獣のように2つのライダーの間に立っています。

If God rides, it wills and does what God wills....もし神の乗り物、それがどのような神の意志と遺言.... If Satan rides, it wills and goes where Satan wills.悪魔の乗り物の場合、それをどこにやる意志と悪魔の遺言です。 Nor may it choose to which rider it will run, or which it will seek; but the riders themselves fight to decide who shall have and hold it."また5月に選択して実行することはどのライダーか、またはそれを求める;しかし、ライダー自身と戦う者はwhoを決定するとホールドしてください。 "

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Luther regarded repentance as the work of God in man, citing such texts as Acts 5:31 and 2 Tim.ルーサー考え悔い改め、神が人間としての仕事を理由に、このような行為をテキストとして、 2ティム17:31です。 2:25. 2:25です。 While the human will was free in civil matters, concerning spiritual choices it was bound in sin.が、人間の意志の問題は、市民に無料で、精神的な選択肢に関する装丁されたことは罪です。 This view was reflected in the Formula of Concord, which stated that "man of himself, or from his natural powers, cannot contribute anything or help to his conversion, and that conversion is not only in part, but altogether an operation, gift and present and work of the Holy Ghost alone, who accomplishes and effects it, by his virtue and power, through the Word, in the understanding, heart and will of man."このビューは、数式の呼応に反映され、これ記載は、 "男は自身のか、または自分の自然の力から、何かに貢献することはできませんヘルプを彼のコンバージョンており、その部分だけで変換ではないが、完全に動作、贈り物と現在聖霊と仕事をするだけでも、 whoや効果を成就するには、彼の美徳とパワー、という言葉を通して、その理解は、人間の心臓とは。 "

The implication of this doctrine is that if one is saved, it is entirely the work of God; if one is lost, it is entirely the fault of man, who, while not free to accept the gospel, is by nature able to reject it.教義の含意は、次の1つを保存するという場合には、それは神の仕事を完全に;場合1つが失われると、それは完全に違反の男、 who 、中を自由に同意していない、ゴスペル、それを拒否することは自然です。 Calvin developed his theology in a different direction.カルバン彼の神学とは違う方向に発展します。 Like Luther, upholding the sovereignty of God in conversion, Calvin differed from the German Reformer in affirming the perseverance of the saints (Luther felt it was possible to fall from grace) and in teaching that the lost were condemned because God willed them lost (damnation was a theological, not an anthropological, mystery, as it had been for Luther).ルーサーのような、神の主権を維持したのコンバージョン率、カルバン、ドイツの改質が異なるの粘り強さを肯定聖人(ルーサー感じたことが可能に不興を買う)と教育は、失われたため、神の意志を非難して失われた(天罰は、神学的ではなく、人類学、ミステリー、ルーサーていたため) 。 Differing from both Calvin and Luther was the predominant position of the Roman Catholic Church, that grace plus faith (itself a good work) brought conversion.カルバンとの両方から異なるルーサーは、ローマカトリック教会の支配的な位置を、その恵みプラス信仰(自体が良い仕事) brought変換します。 Later Protestants such as James Arminius and John Wesley stressed human responsibility as well as divine sovereignty in the matter of conversion.ジェームズへarminiusとプロテスタントのような人間の責任を強調ジョンウェズリーだけでなく、神の主権の問題に変換します。

CG Fry cgフライ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
DWH Arnold and CG Fry, The Way, the Truth, and the Life: An Introduction to Lutheran Christianity; JT Mueller, Christian Dogmatics; L Berkhof, Systematic Theology.フライdwhアーノルドおよびCGのようにして、真理との生活:はじめにルター派キリスト教;特集jtミューラー、キリスト教の教義学;左berkhof 、体系的神学です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです