Monism一元論

General Information 総合情報

Monism is any doctrine based on the assumption of a single underlying principle. Metaphysical monism allows that only one being or type of being exists.一元論は、任意の教義の前提に基づいて、 1つの基本的な原則です。 形而上一元論できることが1つだけ、またはタイプが存在します。 A substantial metaphysical monism asserts that the variety in our phenomenal experience is due to the different states of a single all-encompassing substance, for example, Parmenides' Plenum or Baruch Spinoza's God or Nature. 形而上学的一元論実質的に評価される様々驚異的経験を私たちはさまざまな国のために、 1つの包括的な解決策物質、例えば、パルメニデス'プレナムまたはスピノザの神や自然バルークです。 An attributive monism admits many substances but asserts that they are all of the same kind, for example, atoms or GW von Leibniz's monads.しかし、多くの物質に限定一元論主張を認め、すべての彼らは同じ種類、例えば、原子やmonads gwフォンライプニッツのです。

Epistemological monism identifies that which is immediately present to the knowing mind with the real object known. 認識論的一元論を識別することがすぐにプレゼントをして全知で心には実際のオブジェクトを知られている。 Either the content of the mind is equated with the object known (epistemological realism), or the object known is equated with the knowing mind (epistemological idealism). Monism as a philosophical term was first used by Christian Wolff to designate philosophies that attempted to eliminate the mind-body dichotomy.のいずれかのコンテンツは、既知のオブジェクトには気持ちに余裕がequated (認識論的リアリズム) 、またはそのオブジェクトの既知のequatedにして全知では、心(認識論的観念論) 。一元論哲学用語としては、最初に使用されて未遂クリスティアンヴォルフを指定することを排除するための哲学二分法の心身します。

Donald Gotterbarnドナルドgotterbarn

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Monism一元論

General Information 総合情報

Monism (Greek monos,"single"), in philosophy, is a doctrine that ultimate reality is entirely of one substance.一元論(ギリシャ語のMONOS 、 "シングル" )は、哲学、教義には、 1つの物質の究極の現実は完全にします。 Monism is thus opposed to both dualism and pluralism.一元論はこのように両方の二元論と多元主義に反対しています。 Three basic types of monism are recognized: materialistic monism, idealistic monism, and the mind-stuff theory. 3つの基本的な種類の一元論が認識さ:唯物一元論、理想主義的一元論、との心-もの理論です。 According to the first doctrine, everything in the universe, including mental phenomena, is reduced to the one category of matter.の最初の教義によると、宇宙のすべてを含む精神的な現象は、物質の1つのカテゴリには減少しています。 In the second doctrine, matter is regarded as a form of manifestation of mind; and in the third doctrine, matter and mind are considered merely aspects of each other. 2番目の原則は、問題と見なされて、フォームの症状は心の、および第三の原則は、単に物質的側面と心がお互いに考えています。 Although monistic philosophies date from ancient Greece, the term monism is comparatively recent.古代ギリシャの哲学日からmonisticものの、一元論という用語は、比較的最近のことです。 It was first used by the 18th-century German philosopher Christian von Wolff to designate types of philosophical thought in which the attempt was made to eliminate the dichotomy of body and mind.それが最初に使用される18世紀のドイツの哲学者キリスト教フォンウォルフの種類を指定するには、哲学的思想を排除するための試みが行われたの二分法の身体と心です。

Although he was not known by the term, the 17th-century Dutch philosopher Baruch Spinoza was one of the most influential monists.彼は知られていないという用語は、 17世紀オランダの哲学者スピノザはバルークmonistsで最も影響力の1つです。 He taught that both material and spiritual phenomena are attributes of one underlying substance.彼は物質的および精神的指導の両方の属性を1つの現象は、基になる物質です。 His doctrine strongly anticipated the mind-stuff theory.彼の教義理論ものの意識を強く期待します。


Monism一元論

Advanced Information 高度情報

Although the term was first used by German philospher Christian Wolff (1679-1754), monism is a philosophical position with a long history dating back to the pre-Socratic philosophers who appealed to a single unifying principle to explain all the diversity of observed experience.任期は、ドイツの哲学者が最初に使用されてクリスティアンヴォルフ( 1679-1754 ) 、一元論は、哲学的立場の長い歴史をさかのぼると、ソクラテス以前の哲学者whoアピールして1つの統合原理を説明する経験のすべての多様性を観察します。 Notable among these thinkers is Parmenides, who maintained that reality is an undifferentiated oneness, or unity, and that consequently real change or individuality of things are there?注目に値するのうち、これらの思想家は、パルメニデス、 who維持が現実には、未分化の一体か、またはユニティており、その結果のことを本当の変化や個性があるのですか?

Substantival monism ("one thing") is the view that there is only one substance and that all diversity is ultimately unreal.名詞の一元論( "一つのこと" )は、との見解を1つだけには、すべての物質との多様性は最終的に非現実的です。 This view was maintained by Spinoza, who claimed that there is only one substance, or independently existing thing, and that both God and the universe are aspects of this substance.このビューを表示するスピノザは維持され、 whoと主張して物質には1つだけか、または既存のもの独立しており、その両方の側面を、神と、宇宙は、この物質です。 In addition to having many eminent proponents in the Western philosophical tradition, substantival monism is a tenet of Hinduism and Buddhism.多くの著名な支持者を有することに加え、西洋哲学の伝統に、名詞の一元論は、ヒンドゥー教や仏教の教義のです。 In Hinduism each element of reality is part of maya or prakriti, and in Buddhism all things ultimately comprise an interrelated network.ヒンドゥー教の各要素が現実にはマヤの一部またはprakriti 、および最終的に仏教のすべてのものに相互にネットワークを構成します。

Attributive monism ("one category") holds that there is one kind of thing but many different individual things in this category.限定的一元論( " 1つのカテゴリ" )によるとということには1つのようなものがこのカテゴリに多くの異なる個々のものです。 Materialism and idealism are different forms of attributive monism.理想主義的唯物論とは別の形の限定的一元論です。 The materialist holds that the one category of existence in which all real things are found is material, while the idealist says that this category is mental.唯物論を保持する1つのカテゴリには、すべての存在では本当のことが発見さは素材、一方、理想主義者によると、このカテゴリには、精神的です。 All monisms oppose the dualistic view of the universe, which holds that both material and immaterial (mental and spiritual) realities exist.すべてのmonisms二元的宇宙観に反対して、有形無形の両方を保持(精神的、精神的な)現実に存在します。 Attributive monism disagrees with substantival monism in asserting that reality is ultimately composed of many things rather than one thing.名詞の限定一元論一元論の主張と意見が合わない現実は最終的に1つの構成ではなく、多くのことだ。 Many leading philosophers have been attributive monists, including Bertrand Russell and Thomas Hobbes on the materialistic side, and GW Leibniz and George Berkeley in the idealist camp.限定monistsも、数多くの一流の哲学者、バートランドラッセルとトマスホッブズを含め、唯物側では、とライプニッツとジョージgwキャンプバークレー校は、理想主義者です。

The Christian intellectual tradition has generally held that substantival monism fails to do justice to the distinction between God and creature, and that of attributive monisms only idealism is theologically acceptable.一般的に開かれた知的伝統は、キリスト教が失敗した場合にこれを行うに正義を一元論名詞の区別は、神との生き物に、日本がその理想主義はtheologically限定monismsのみ可能です。

DB Fletcher dBのフレッチャー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
FC Copleston, "Spinoza," in A History of Philosophy, IV; FH Bradley, Appearance and Reality; R. Hall, "Monism and Pluralism," Encyclopedia of Philosophy; J. Passmore, A Hundred Years of Philosophy; AM Quinton, "Pluralism and Monism," in EncyBrit; B. Spinoza, Ethics.カードFCコプルストン、 "スピノザ、 "哲学の歴史を、 4 ; fhブラッドリー、外観と現実と; r.ホール、 "一元論と多元主義、 "哲学百科事典; j.パスモアは、百年の哲学;アムクイントン、 "多元主義と一元論、 " encybrit ; b.スピノザ、倫理です。


Monism一元論

Catholic Information カトリックの情報

(From the Greek monos, "one", "alone", "unique"). (ギリシャ語のMONOSから、 " 1つ" 、 "単独" 、 "ユニークな" ) 。

Monism is a philosophical term which, in its various meanings, is opposed to Dualism or Pluralism.一元論は、哲学用語では、その様々な意味は、二元論や多元主義に反対しています。 Wherever pluralistic philosophy distinguishes a multiplicity of things, Monism denies that the manifoldness is real, and holds that the apparently many are phases, or phenomena, of a one.哲学の区別をどこ多元的多重度のことを、一元論を否定してmanifoldnessは本物だから、と明らかに保持して多くの人は段階的か、または現象の1つです。 Wherever dualistic philosophy distinguishes between body and soul, matter and spirit, object and subject, matter and force, the system which denies such a distinction, reduces one term of the antithesis to the other, or merges both in a higher unity, is called Monism.どこ二元的な哲学の体と心を区別し、物質と精神を、オブジェクトとアジ研、物質と力は、このような区別を否定するシステムを、 1つの単語を低減し、他のアンチテーゼか、またはマージの両方での結束が高い、と呼ば一元論です。

I. IN METAPHYSICS ⅰ 、形而上学

The ancient Hindu philosophers stated as a fundamental truth that the world of our sense-experience is all illusion (maya), that change, plurality, and causation are not real, that there is but one reality, God.古代のヒンドゥー教の根本的な真理を哲学者としての感覚は、世界のすべての経験は錯覚(マヤ) 、その変更は、複数し、本当の因果関係はない、それが1つの現実には、神です。 This is metaphysical Monism of the idealistic-spiritual type, tending towards mysticism.これは、理想主義的形而上学的一元論-精神的なタイプは、神秘主義の世話をします。 Among the early Greek philosophers, the Eleatics, starting, like the Hindus, with the conviction that sense-knowledge is untrustworthy, and reason alone reliable, reached the conclusion that change, plurality, and origination do not really exist, that Being is one, immutable, and eternal.ギリシャの哲学者の早期の間に、エレア派、最低、ヒンズー教徒のように、その意味での有罪判決-知識が信頼できない、との理由だけで信頼性が高く、変更する、という結論に達し、多元性、およびオリジネーションはありません本当に存在する場合、それはそれは1つ、不変、と永遠のです。 They did not explicitly identify the one reality with God, and were not, so far as we know, inclined to mysticism.ていない現実を明示的に識別する1つの神よ、とは、これまで知ってのとおり、傾斜を神秘主義です。 Their Monism, therefore, may be said to be of the purely idealistic type.その一元論、したがって、 5月によると、純粋に理想的なタイプがあります。

These two forms of metaphysical Monism recur frequently in the history of philosophy; for instance, the idealistic-spiritual type in neo-Platonism and in Spinoza's metaphysics, and the purely idealistic type in the rational absolutism of Hegel.これらの2つの形態の形而上学的一元論哲学の歴史に頻繁に再発する;例えば、理想主義の精神的なタイプのネオスピノザの形而上学-プラトン哲学とは、純粋な理想主義と合理的専制政治のヘーゲル入力してください。

Besides idealistic Monism there is Monism of the materialistic type, which proclaims that there is but one reality, namely, matter, whether matter be an agglomerate of atoms, a primitive, world-forming substance (see IONIAN SCHOOL OF PHILOSOPHY), or the so-called cosmic nebula out of which the world evolved.理想主義的一元論一元論のほか、唯物論のタイプには、これはしかし、 1つの現実があるproclaims 、すなわち、問題にするかどうかの問題集塊の原子は、原始的、世界的に形成物質(イオニア学校の哲学を参照) 、またはのため宇宙星雲と呼ばれる世界のうちに進化します。 There is another form of metaphysical Monism, represented in these days by Haeckel and his followers, which, though materialistic in its scope and tendency, professes to transcend the point of view of materialistic Monism and unite both matter and mind in a higher something.形而上学的一元論のもう一つの形には、これらの日中に表現されヘッケルとその部下、これが、唯物論的な傾向は、その適用範囲と、公言し唯物論の観点を超越する一元論と団結と心の両方に高い何か問題です。 The weak point of all metaphysical Monism is its inability to explain how, if there is but one reality, and everything else is only apparent there can be any real changes in the world, or real relations among things.弱い点のすべての形而上学的一元論は、できないことを説明する方法については、 1つの場合にはしかし、現実には、それ以外はすべて本物のみを明らかにすることもでき、世界の変化に、または本当の関係の中だ。 This difficulty is met in dualistic systems of philosophy by the doctrine of matter and form, or potency and actuality, which are the ultimate realities in the metaphysical order.この難易度が満たされ、二元的なシステムの教義の哲学された物質とフォーム、または能と実際には、究極の現実は、形而上注文します。 Pluralism rejects the solution offered by scholastic dualism and strives, with but little success, to oppose to Monism its own theory of synechism or panpsychism (see PRAGMATISM).多元主義を拒否する修学二元論の解決策と努めて提供され、しかし、ほとんどの成功は、一元論に反対する、独自の理論を連続主義や汎心(プラグマティズム) 。 The chief objection to materialistic Monism is that it stops short of the point where the real problem of metaphysics begins.唯物論に反対するの首席一元論ショートして停止は、それが真の問題点どこの形而上学が開始されます。

II. Ⅱ 。 IN THEOLOGYで神学

The term Monism is not much used in theology because of the confusion to which its use would lead.という用語は使用されて神学一元論ではないくらいの混乱のために、その使用につながる。 Polytheism, the doctrine that there are many gods, has for its opposite Monotheism, the doctrine that there is but one God.多神教の教義には多くの神々が、その逆の一神教には、その学説は、しかし、 1つの神が存在します。 If the term Monism is employed in place of Monotheism, it may, of course, mean Theism, which is a monotheistic doctrine, or it may mean Pantheism, which is opposed to theism.一元論の場合、任期は、一神教の場所で採用され、それ年5月、もちろん、意味有神論、これは、一神教の教義か、または意味汎神論ことがあります、これは有神論に反対しています。 In this sense of the term, as a synonym for Pantheism, Monism maintains that there is no real distinction between God and the universe.この意味では、用語、同義語です汎神論として、一元論を維持本物の区別がないこと、神と宇宙のです。 Either God is indwelling in the universe as a part of it, not distinct from it (pantheistic Immanentism), or the universe does not exist at all as a reality (Acosmism), but only as a manifestation or phenomenon of God.神は、宇宙のいずれかの一環として、留置さのことではなく、明確に区別できること(汎神論の内在論) 、または、宇宙が存在しない場合は現実としてはすべての(無宇宙論) 、または症状だけの現象としての神です。 These views are vigorously combated by Theism, not only on considerations of logic and philosophy, but also on considerations of human life and conduct.これらの再生回数は精力的に有神論combatedされ、上の配慮だけでなく、論理と哲学、だけでなく、人間の生活や行動を考慮します。 For the ethical implications of pantheism are as detrimental to it as its shortcomings from the point of view of consistency and reasonableness.汎神論は、倫理的な意味に害を及ぼすことには、その欠点としての観点からの整合性と合理性です。 Theism does not deny that God is indwelling in the universe; but it does deny that He is comprised in the universe.有神論を否定することはありませんが、神は宇宙の留置;しかし、彼は否定するわけでは、宇宙の構成です。 Theism does not deny that the universe is a manifestation of God; but it does deny that the universe has no reality of its own.有神論を否定することはありません宇宙は、神の現れ;は、宇宙を否定するというわけではない現実を、独自のです。 Theism is, therefore, dualistic: it holds that God is a reality distinct from the universe and independent of it, and that the universe is a reality distinct from God, though not independent of Him.有神論は、したがって、二重:それによるとということを現実の神は独立した宇宙と区別して、宇宙は、現実には、異なる神ではありませんが独立していた。 From another point of view, theism is monistic; it maintains that there is but One Supreme Reality and that all other reality is derived from Him.もう一つの視点から、有神論はmonistic ;それを維持ししかし、 1つには最高の現実とそのすべての現実は彼に由来します。 Monism is not then an adequate equivalent of the term Theism.一元論ではないという用語を入力し、十分な有神論等価です。

III. Ⅲ 。 IN PSYCHOLOGY心理学

The central problem of rational psychology is the question of the relation between soul and body.合理的心理学の中心問題は、質問の魂と体の関係です。 Scholastic dualism, following Aristotle, maintains, that man is one substance, composed of body and soul, which are respectively matter and form.学力の二重性は、次のアリストテレス、維持し、あの男は、 1つの物質は、体と心を構成は、それぞれの問題とフォームです。 The soul is the principle of life, energy, and perfection; the body is the principle of decay, potentiality, and imperfection.生命の原理の魂は、エネルギー、および完成し、体は崩壊の原則を、潜在的可能性、および欠陥です。 These two are not complete substances: their union is not accidental, as Plato thought, but substantial.これらの2つの完全な物質はない:その組合偶然ではない、としてプラトン思ったんだけど実質的です。 They are, of course, really distinct, and even separable; yet they act on each other and react.彼らは、もちろん、本当にはっきりした、とも分離;だがかれらはお互いに基づいて行動すると反応します。 The soul, even in its highest functions, needs the co-operation, at least extrinsic, of the body, and the body in all its vital functions is energized by the soul as the radical principle of those functions.魂でさえ、最高の機能の協力を必要として、少なくとも外因性、身体、および、体内のすべての重要な機能としては、魂の活性化されたこれらの関数の過激な原理です。 They are not so much two in one as two forming one compound.彼らはそれほど多くは2つの2つに1つ1つの化合物を形成します。 In popular imagination this dualism may be exaggerated; in the mind of the extreme ascetic it sometimes is exaggerated to the point of placing a too sharp contrast between "the flesh" and "the spirit", "the beast" and "the angel", in us.想像力で人気のこの二元論年5月に誇張された;は、極端な禁欲主義者の心の中では誇張されたことをあまりにも急激なコントラストを配置するポイントの間に"肉"と"の精神" 、 "野獣"と"天使" 、に問い合わせください。

Psychological Monism tends to obliterate all distinction between body and soul.心理的な一元論を消し去る傾向にあるすべての体と心を区別します。

This it does in one of three ways.このことは1つの3つの方法があります。

(A) Monism of the materialistic type reduces the soul to matter or material conditions, and thus, in effect, denies that there is any distinction between soul and body. (ア)一元論、唯物に魂を低減する物質の種類や素材の条件、およびそのため、実際には、任意の区別を否定することには魂と体です。 The Stoics described the soul as a part of the material world-substance; the Epicureans held that it is a compound of material atoms; modern Materialism knows no substantial soul except the nervous system; Cabanis, for instance, proclaims his materialism in the well-known Crude formula: "The brain digests impressions, and organically secretes thought."魂のstoics記述して、材料の一環として、世界的に物質;のepicureansして開かれた化合物の材料は、原子;近代的唯物論を知っない神経系を除いて実質的魂;カバニス、例えば、彼の唯物論は、よくproclaims既知の原油式: "脳のダイジェスト表示回数、および有機秘密は思いました。 " Psychological materialism, as metaphysical materialism, closes its eyes to those phenomena of the soul which it cannot explain, or even denies that such phenomena exist.心理学的唯物論、形而上学的唯物論として、これらの現象に目を閉じ、その魂を説明することはできない、あるいは、そのような現象が存在を否定します。

(B) Monism of the idealistic type takes an entirely opposite course.結果( b )一元論は、理想的なタイプは、全く逆のコースです。 It reduces the body to mind or mental conditions.体を小さくすることを心や精神的な条件です。 Some of the neo-Platonists held that all matter is non-existent, that our body is, therefore, an error on the part of our minds, and that the soul alone is the personality.いくつかの新プラトン学派開かれたすべての問題は存在しない、と私たちの体は、そのため、私たちの心の部分エラーが発生する、とは、魂だけでは、人格の持ち主です。 John Scotus Eriugena, influenced by the neo-Platonists, held the body to be a resultant from incorporeal qualities which the soul, by thinking them and synthesizing them, creates into a body for itself.ジョンscotusエリウゲナ、プラトン学派の影響を受け、ネオは、体を開催し、結果からは、霊的な資質は、魂、思考し、合成し、体のために自分自身を作成します。 In modern times, Berkeley included the human body in his general denial of the reality of matter, and maintained that there are no substances except the soul and God.現代では、人間の体に含まれるものバークレー校の否定を彼の一般的なのが現実の問題、および維持物質がないことを除いて、神の魂とします。 The grounds for this belief are epistemological.この信念は、認識論的な根拠があるのです。 Psychological Monism runs counter to common sense and experience.心理的な一元論の常識や経験に逆行しています。 Historically, it is a reaction against materialism.歴史的に、それに対する反応は、唯物論です。 To refute materialism it is not necessary to deny that the body is a reality.唯物論に反論する必要はありませんを拒否するには、体は、現実です。 The unreflecting dualism of common sense and the scientific dualism which the Scholastics built on the facts of experience steer a safe and consistent course between the hasty generalization of the Materialist, who sees nothing but body, and the bold paradox of the Idealist, who recognizes no reality except mind.無分別な二元論の常識と、科学の二元論は、 scholastics構築された事実を操縦するの経験を安全かつ一貫コースの間に、唯物早合点、 whoはないしかし、体は、との大胆な理想主義者のパラドックス、 who認識しない現実に心を除いています。

(C) A third kind of psychological Monism goes by the name of psychophysical parallelism. ( c )が3番目のような心理的な一元論の名前を心身平行される。 It maintains two principles, the one negative and the other affirmative. 2つの原則を維持しては、 1つのマイナス記号や、他の肯定的です。 First, it denies categorically that there is, or can be, any direct causal influence of the soul on the body or of the body on the soul: our thoughts cannot produce the movements of our muscles, neither can the action of light on the retina produce in us the "thought" of a colour.第一に、それを否定することには断固として、またはできる、任意の直接の因果関係に影響を与えるかの魂を体の上で体を魂:私達の考えを生産することはできないの筋肉の動きは、私たちは、どちらもすることができます網膜上での行動の光生産に問い合わせ、 "思想"は、カラーです。 Secondly, it affirms in some shape or form that both the body and the soul are phases of something else, that this something evolves its activities along two parallel lines, the physical and the psychical, so that the thought, for instance, of moving my hand is synchronous with the motion of my hand, without one in any way influencing the other.第二に、いくつかの形状やフォームを肯定の両方の身体と魂は、何か他の段階で、何かが進化して2つの平行線に沿っその活動は、物理的および精神的、して、思想、例えば、私の移動同期の手は私の手の動きを、 1つで、他のいかなる方法に影響を及ぼす。 This is the doctrine of Occasionalists who, like Malebranche, maintain that the union of the soul and body "consists in a mutual and natural correspondence of the thoughts of the soul with the processes of the brain, and of the emotions of the soul with the movements of the animal spirits" (Rech. de la Vérité, II, v).これは、教義のoccasionalists who 、のようなマルブランシュ、維持するのは、労働組合の魂と体"で構成さと自然の相互の魂の考えに対応する脳のプロセス、および、感情の魂のその動物の運動をスピリッツ" ( rech.デラvérité 、 2世、 v )を使います。 It is the doctrine of Spinoza, whose metaphysical Monism compelled him to hold that body and soul are merely aspects of the one substance, God, under the attributes extension and thought, but that they unfold their modes of activity in a manner preordained to correspondence (Eth., II, ii, schol.).スピノザの教義のことは、その形而上学的一元論を保持することを強制さ彼は単に体と心を1つの物質の側面を、神の下にある属性の拡張子と思ったが、その彼らの活動を展開する方法にpreordainedモードに対応(のethします。 、 2世、 2世、奨学金です。 ) 。 Leibniz meets the difficulty in his own characteristic way by teaching that all monads are partly material and partly immaterial, and that among all monads and their activities there exists a pre-established harmony (see LEIBNIZ; MONAD).ライプニッツは、自分自身の特性を満たしている困難な道を教えmonadsのすべての部分は、部分的物質的および無形ており、その中のすべてのmonadsとその活動の制定の調和が存在するプレ(ライプニッツ;モナド)です。 In the so-called Identitätsphilosophic of some German Transcendentalists, such as Schelling, reality is mind in so far as it is active, and matter in so far as it is passive; mind and matter are, therefore, two harmonious, but independent, series of phases of reality. identitätsphilosophic 、いわゆるtranscendentalistsいくつかのドイツ語など、シェリング、現実は、これまでのところに心がアクティブに、との問題として、これまでのところこれは受動的;心と問題には、そのため、 2つの調和のとれた、しかし、独立した、シリーズ現実の段階です。 Fechner's view is similar: he holds that the reality pervading the whole universe is at once physical and psychical, that the physical is the "exterior" and the psychical the "interior", or "inner", side of reality, and that the body and soul in man are but one instance of a parellelism which prevails everywhere in nature.フェヒナーの見方が似:彼は広まっているのが現実によるとということは、宇宙全体を一度に物理的および精神的、物理的なのは、 "エントランス"と、精神的、 "インテリア" 、または"内部" 、側の現実とは、体と魂の男は、しかし、 1つのインスタンスをparellelism自然が至る所で優勢です。 Paulsen ("Introd. to Phil.", tr. Thilly, 87 sqq.) holds that "two propositions are contained in the theory of parallelism: (I) Physical processes are never effects of psychical processes; (2) Psychical processes are never effects of physical processes."パウルゼン( " Introd学をフィルします。 " 、 tr 。シリ、 87 sqq 。 )によるとということ"に含まれている2つの命題は、並列処理の理論等: ( i )物理的なプロセスは決して精神的プロセスの影響を、 ( 2 )精神的プロセスは、決しての影響を物理的なプロセスです。 " He adopts Fechner's panpsychism, maintaining that "everything corporeal points to something else, an inner, intelligible element, a being for itself, which is akin to what we experience within ourselves".彼はフェヒナーの汎心を採用、維持は、 "何か他のすべての肉体を指して、内側の、分かりやすい要素は、それ自身が、これは私たちをどのように私たちの経験"です。 Both the corporeal and the "inner" are parts of the universal system, which is the body of God, and, though they do not interact, they act in such a way that harmony results.の両方の肉体と"インナー"は、部品は、普遍的な制度、これは神のボディと、かれらの対話はありません、彼ら行動をとるような方法で調和の結果です。

Herbert Spencer uses the word parallelism in a slightly different sense: the separate impressions of the senses and the stream of inner conscious states must be adjusted by the activity of the mind, if the two series are to be of any use to the developing or evolving animal or man; that is, there must be a parallelism between a certain physical evolution and the correlative psychical evolution" (Principles of Psych., n. 179), while both mind and matter are mere "symbols of some form of Power absolutely and forever unknown to us" (op. cit., n. 63). This idea finds favour among the evolutionists generally, and has one distinct advantage: it obviates the necessity of explaining many phenomena of mind which could not be accounted for by the principles of materialistic evolution. Thus, under the name "double-aspect theory" it is adopted by Clifford, Bain, Lewes, and Huxley. Among empirical psychologists parallelism has been found satisfactory as a "working hypothesis". Experience, it is maintained, tells us nothing of a substantial soul that acts on the body and is acted upon. It does tell us, however, that psychical states are apparently conditioned by bodily states, and that states of body apparently influence states of mind. For the purposes of science, conclude the empiricists, it is enough to maintain as an empirical formula that the two streams of activity are, so to speak, parallel, though never confluent. There is no need to ground the formula on any universal metaphysical theory, such as the pan-psychism of Fechner and Paulsen. lt is enough that, as Wundt points out, the facts of experience establish a correspondence between physical and psychical, while the dissimilarity of the physical and the psychical precludes the possibility of one being the cause of the other. To all these parallelistic explanations of the relations between soul and body the Scholastic dualists take exception. First, the scholastics call attention to the verdict of experience. Up to a certain point, the facts of experience are capable of a parallelistic, as well as of a dualistic, explanation. But when we come to consider the unity of consciousness, which is a fact of experience, we find that the theory of parallelism breaks down, and the only explanation that holds is that of dualists, who maintain the substantiality of the soul. Secondly, if the parallelistic theory be true, what, ask the Scholastic dualists, becomes of the freedom of the will and moral responsibility? If our mental and bodily states are not to be referred to an immediate personal subject, but are considered phases or aspects of a universal substance, a cosmic soul, mind-stuff, or unknown "form of Power", it is not easy to see in what sense the will can be free, and man be held responsible for his mental or bodily acts.ハーバートスペンサーを使用して単語を若干異なる意味での並列:別の印象を、感覚や意識の状態は、ストリームの内部での活動を調整しなければならないの心は、 2つのシリーズがされる場合は、いかなる使用して、発展途上または進化動物や人間;それは、並列処理の間に存在しなければなりません特定の物理的な発展との相関精神的進化" (心理学の原則です。 、 179名) 、中心との両方の問題は、単なる"いくつかのフォームの権力のシンボルを確実にと問い合わせ永遠に知られていない" ( op. 〜 Cit 。 、名63 ) 。この考えを支持間の発展見つかった一般的に、はっきりとは、 1つの利点: obviatesの必要性を説明すること心の多くの現象ができませんでした前連結会計年度での原則に唯物論的進化のです。したがって、名の下に"二面説"これはクリフォードに採用され、ベイン、ルイス、およびハクスリーです。実証的心理学者の間の並列性が発見されました満足のいくものとして、 "作業仮説"です。体験、それは維持し、指示問い合わせは、何も実質的な行為をするの魂が肉体とは、行動の時です。わけでは教えて下さい、しかし、その条件を明らかに肉体的精神的状態は国、と明らかに体が表示さに影響を与える心の状態です。を目的とした科学、結論のempiricists 、それは十分な経験を維持するには、 2つのストリームの活動を公式には、いわば、パラレル、かかわらず決して合流する必要はないの数式を地面に任意の普遍的形而上学的理論的には、パンなど-心霊説のパウルゼンフェヒナーとします。 ltで十分だが、ブントとして指摘するように、その事実の経験を通信を確立するの間に物理的および精神的、間の相違は、物理的および精神的に1つの可能性を除外し、他の原因で発生します。すべての並行論の説明の間の関係に魂と体の修学dualists取る例外が発生します。まず第一に、 scholastics評決の経験に注意するよう呼び掛ける。アップして、特定の時点で、その事実を並行論の経験ができるだけでなく、二重、説明します。しかし、ときに来て私たちの意識の結束を考慮して、これは実際の経験を、並列処理の理論ことが判明したブレークダウンして、説明を保持するだけのdualistsは、 who 、魂の実在性を維持するです。第二に、並行論の場合、理論がtrueの場合、どのような、修学求めるdualists 、なるとの意志の自由を、道義的責任ですか?我々の精神的かつ肉体的状態はしないように、即時に関連して個人的な件名ではなく、検討段階か普遍的物質的側面は、宇宙の魂、心のものか、または不明"フォームof power "は、それは容易ではないがどのような意味での意志を確認できる無料で、男性で開かれる彼の精神的または肉体的な行為責任を負う。

In a minor sense the word monism is sometimes used in psychology to designate the doctrine that there is no real distinction between the soul and its faculties.一元論という言葉を細部の意味では心理学で使用され時には教義を指定して本物の区別がないことの間の魂とその能力です。 Psychological dualism holds that soul and body are distinct, though incomplete, substances.心と体の心理的な二元論によるとということがはっきりしたが、不完全な、物質です。 But how about the soul itself?しかし、魂そのものについては、どのようですか? Plato's doctrine that it has three parts has had very little following in philosophy.プラトンの教義をしては、以下の3つの部分にはほとんどの哲学です。 Aristotle distinguished between the substance of the soul and its powers (dynameis), or faculties, and bequeathed to the Schoolmen the problem whether these faculties are really, or only notionally, distinct from the soul itself.アリストテレスの間の物質の識別の魂とその権限( dynameis ) 、または教員、およびbequeathed schoolmanの複数の問題かどうかを、これらの教員が実際に、あるいは名目だけは、はっきりと自分自身の魂からです。 Those who favour the real distinction are sometimes called pluralists in psychology, and their opponents, who say that the distinction is nominal or, at most, notional, are sometimes called psychological Monists.これらのwho賛成pluralists本当の区別は、心理学とも呼ばれると、その反対派、 whoたちは、名目の区別はまた、ほとんどのは、みなしは、心理的なmonistsとも呼ばれる。 The question is decided by inferences from the facts of consciousness.問題は、決定さの意識の事実から推論します。 Those who hold real distinction of function argue that this is sufficient ground for a real distinction of faculties.これらの関数whoホールドリアルの区別は十分な根拠と主張してこれは、本物の区別の教員です。

IV. Ⅳ 。 IN EPISTEMOLOGYの認識論

As in psychology, Monism is used in various senses to signify, in a general way, the antithesis of dualism.心理学のように、様々な感覚を一元論意味で使用されては、一般的なようにして、正反対の二元論です。 The Dualist in epistemology agrees with the ordinary observer, who distinguishes both in theory and in practice between "things" and "thoughts".認識論dualistに同意すると、通常のオブザーバー、 who区別の両方で理論と実践の間で"もの"と"思考"です。 Common sense, or unreflecting consciousness, takes things generally to be what they seem.常識か、または無分別な意識は、通常されるものは何ているように見えます。 It acts on the conviction that the internal world of our thoughts corresponds with the external world of reality.それな行為をするという信念に基づいて、私どもの思いの世界の内部外部の世界の現実に対応します。 The philosophical dualist questions the extent and accuracy of that correspondence; he learns from psychology that many instances of so-called immediate perception have in them a large share of interpretation, and are, in so far, referable to the activity of the mind. dualist質問の哲学と精度の範囲に対応;彼は心理学を学ぶより多くのインスタンスを即座に認識が、いわゆるそれらの大部分を占めるの解釈では、とは、国際的にこれまでのところ、心の活動を帰することができる。 Nevertheless, he sees no reason to quarrel with the general verdict of common sense that there is a world of reality outside us, as well as a world of representation within us, and that the latter corresponds in a measure to the former.にもかかわらず、彼はけんかをする理由がない一般的な評決が存在することを常識外の現実世界の問い合わせだけでなく、世界を表現するに問い合わせており、その対策を講じて、後者は前者に対応しています。 He distinguishes, therefore, between subject and object, between self and not-self, and holds that the external world exists.彼は区別は、したがって、アジ研とオブジェクトの間に、自己と非自己の間に、外部の世界を保持して存在しています。 The Monist in one way or another eliminates the objective from the field of reality, obliterates the distinction between self and not-self, and denies that the external world is real. monistまたは別の方法の1つのフィールドを排除する目的から、現実には、 obliteratesの区別は、自己と非自己、と否定して外部の世界は本物です。 Sometimes he takes the ground of idealism, maintaining that thoughts are things, that the only reality is perception, or rather, that a thing is real only in the sense that it is perceived, esse est percipi.時には彼には、地上の理想主義、物事を維持した考えが、現実は認識してのみ、というかむしろ、それだけで、それがリアルに意識していることが感知し、エッセはpercipi 。 He scornfully rejects the view of naïve realism, refers with contempt to the copy-theory (the view that our thoughts represent things) and is rather proud of the fact that he is in conflict with common sense.彼は軽蔑の対象のnaïveリアリズムを拒否する、と軽蔑してコピーを指します理論(との見解を、私どもの思いを表すもの)とはかなり自慢にしている事実を彼は常識に衝突するようになっています。 Sometimes he is a solipsist, holding that self alone exists, that the existence of not-self is an illusion, and that the belief in the existence of other minds than our own is a vulgar error.時には彼は、唯我、持ち株を自己だけが存在する場合、非自己の存在をしては錯覚、との信念では、他の心が存在するよりも独自のは、低俗なエラーが発生します。 Sometimes, finally, he is an acosmist: he denies that the external world exists except in so far as it is thought to exist: or he affirms that we create our own external world out of our own thoughts.ときには、最後に、彼はacosmist :彼は否認を除いては、外部の世界が存在するとして、これまでに存在することは考え:肯定または彼は私たち自身のこと、外部世界を作成する独自の考えです。

However, the classical forum of epistemological Monism at the present time is known as Absolutism.しかし、フォーラムの古典的認識論的一元論現時点では絶対主義として知られています。 Its fundamental tenet is metaphysical monism of the purely idealistic type.その根本的な教義は、純粋に形而上学的理想主義的一元論のタイプです。 It holds that both subject and object are merely phases of an abstract, unlimited, impersonal consciousness called the Absolute; that neither things nor thoughts have any reality apart from the Absolute.それによるとということアジ研とオブジェクトの両方を抽象化した段階では単に、無制限の、非人格的意識と呼ばれる絶対的な;そのどちらのことも考えて任意の現実の絶対離れています。 It teaches that the universe is a rational and systematic whole, consisting of an intellectual "ground" and multiform "appearances" of that ground, one appearance being what the Realist calls things, and another what the Realist calls thoughts.宇宙のこと教えては、合理的かつ体系は、全体的には、知的で構成する"地上"と多"出演"を地面に、 1つの外観がどのようなものの現実主義者の呼び出し、および他のどのような考えの写実主義の呼び出しです。 This is the doctrine of the Hegelians, from Hegel himself down to his latest representatives, Bradley and McTaggart.これは、教義をhegelians 、ヘーゲル自身からダウンを彼の最新の代表者、ブラッドリーとmctaggartです。 All these forms of epistemological Monism - namely, idealism, solipsism, acosmism, and absolutism - have, of course, metaphysical bearings, and sometimes rest on metaphysical foundations.これらすべての形態の認識論的一元論-すなわち、観念論、独我論、無宇宙論、および専制政治-が、もちろん、形而上軸受、時には形而上学的基盤にかかっている。 Nevertheless, historically speaking, they are traceable to a psychological assumption which is, and always will be, the dividing line between Dualism and Monism in epistemology.にもかかわらず、歴史的に言えば、彼らは心理的な仮定してトレーサブルこれは、常にされると、二元論と一元論間の境界線を認識します。 The Dualists, in their analysis of the act of knowing, call attention to the fact that in every process of perception the object is immediately given.のdualistsは、彼らの行為を知って分析した、という事実を喚起するためにすべての過程を知覚するオブジェクトがすぐに与えられた。 It seems like emphasizing the obvious to say so, yet it is precisely on this point that the whole question turns.みたいなのを強調して言ってやるが明白なので、この点についてはまだありませんそれが正確には、ターン全体の問題です。 What I perceive is not a sensation of whiteness but a white object.どのような認識ではない私の感覚を白色ではなく、白いオブジェクトを作成します。 What I taste is not the sensation of sweetness but a sweet substance.どのような味ではない私の感覚の甘さではなく、甘い物質です。 No matter how much the activity of the mind may elaborate, synthesize, or reconstruct the data of sense-perception, the objective reference cannot be the result of any such subjective activity; for it is given originally in consciousness.どのくらいの活動に関係なく、手の込んだ心年5月、合成するか、または感覚知覚のデータを再構築する、の目的の結果を参照することはできませんそのような主観的活動;を与えられたことは当初の意識です。 On the contrary, the Monist starts with the idealistic assumption that what we perceive is the sensation.それどころか、 monistを開始すると仮定し、理想的な認識は、私たちの感覚です。 Whatever objective reference the sensation has in our consciousness is conferred on it by the activity of the mind.客観的にはどのような感覚を参照して、私たちの意識が授与されたの活動をしている。 The objective is, therefore, reducible to the subjective; things are thoughts; we make our world.の目的は、したがって、主観的還元して;物事が考え;私たち世界です。 In the dualist's analysis there is immediate, presentative contact in consciousness between the subject and the object. dualistの分析は、即時には、アジ研presentative連絡先との間の意識のオブジェクトを作成します。 In the Monist's account of the matter there is a chasm between subject and object which must be bridged over somehow. monistのアカウントは、問題の核心にはアジ研とオブジェクトの間の亀裂をこれ以上何らかのブリッジしなければならない。 The problem of Dualism or Monism in epistemology depends, therefore, for solution on the question whether perception is presentative or representative; and the dualist, who holds the presentative theory, seems to have on his side the verdict of introspective psychology as well as the approval of common sense.の問題を認識論に左右さ一元論二元論または、したがって、解決策を検索するかどうか疑問視知覚はpresentativeまたは代表者;とdualist 、 who保持してpresentative理論的には、彼の側面があるように、評決の内省的な心理学だけでなく、承認常識です。

In recent Pragmatist contributions to epistemology there is presented a different view of epistemological Monism from that given in the preceeding paragraphs, and a solution is offered which differs entirely from that of traditional dualism.最近の現実主義者の貢献を認識論には、別の対象の認識論的一元論提示を与えられたが、上記の段落から、これと異なる解決策を全面的には伝統的な二元論からです。 In William James's works, for instance, Monism is described as that species of Absolutism which "thinks that the all-form or collective-unit form is the only form that is rational", while opposed to it is Pluralism, that is, the doctrine that "the each-form is an eternal form of reality no less than it is the form of temporal appearance" (A Pluralistic Universe, 324 sqq.).ウィリアムジェームズの作品で、例えば、一元論を記述するとその種の専制政治を"と考えているのすべて-フォームまたは集団-ユニットの形式しか使用形態では合理的" 、これは多元主義に反対している間、それは、その教義は"永遠の各形式のフォームは、現実のフォーム以上のことは頭の外観" (多元的宇宙、 324 sqq 。 ) 。 The multitude of "each-forms" constitute, not a chaos, but a cosmos, because they are "inextricably interfused" into a system.の多数の"各-フォーム"を構成ではなく、カオスではなく、コスモスため、彼らは"密接なinterfused "をするシステムです。 The unity, however, which exists among the "each-forms" of reality is not an integral unity nor an articulate or organic, much less a logical, unity.の団結、しかし、これが存在する間の"各-フォーム"の現実ではないにも明確に不可欠な団結やオーガニック、はるかに少ないの論理は、団結します。 It is a unity "of the strung-along type, the type of continuity, contiguity, or concatenation" (op. cit., 325).それは、団結"は、神経過敏に沿っのタイプは、タイプの継続性があり、接近、または連結" ( op. 〜 Cit 。 、 325 ) 。 Into this unfinished universe, into this stream of successive experiences, the subject steps at a certain moment.この未完の宇宙に、このストリームを連続した経験は、ある瞬間の件名手順を実行します。 By a process which belongs, not to logic, but to life, which exceeds logic, he connects up these experiences into a concatenated series.されたプロセスに属し、特定のロジックは、しかし、人生、これを超えるとロジック、彼はこのような経験を接続する連結シリーズです。 In other words, he strings the single beads on a string, not of thought, but of the practical needs and purposes of life.換言すれば、彼は、 1つのビーズは、文字列を文字列ではなく、思想、しかし、人生の目的のための実用的なニーズとします。 Thus the subject makes his own world, and, really, we are not any better off than if we accepted the verdict of the intellectualistic Idealist.したがって、件名に自分自身の世界、および、本当に、私たちはより良くなるないの評決を利用すればintellectualistic理想主義者です。 We have merely put the practical reason in place of the theoretical: so far as the value of knowledge is concerned the antithesis between Monism and Pluralism is more apparent than real, and the latter is as far from the saneness of realistic Dualism as the former.私たちはただの実用的な理由の代わりに置くの理論上の:これまでの知識としての価値を懸念してアンチテーゼの間には一元論と多元主義は、他の見掛けよりもリアル、および、後者は程遠い現実的二元論としてのsanenessの元です。 It is true that the Pluralist admits, in a sense, the existence of the external world; but so also does the Absolutist.多元的なことを認めるのは事実だが、ある意味、外部の世界が存在する;しかし、これは、絶対主義者もいる。 The trouble is that neither admits it in a sense which would save the distinction between subject and object.厄介なのはそのどちらもが認めることは、ある意味では割引率の区別は、件名とオブジェクトを作成します。 For the Pluralist as well as the Monist is entangled in the web of subjective Idealism as soon as he favours the doctrine that perception is representative, not presentative.は、多元的なだけでなく、正面から向き合うことには、ウェブのmonist観念論とすぐに彼の教義を知覚恩恵は、代表ではなく、 presentativeです。

V. IN COSMOLOGY v. 、宇宙論

The central question is the origin of the universe.質問の中心は、宇宙の起源です。 The early Ionian philosophers assigned, as the cause or principle (arche is the Aristotelian word) of the universe, a substance which is at once the material out of which the universe is made and the force by which it was made.イオニアの哲学者の早期に割り当てられた、または原則としての原因(アーチェは、アリストテレスの言葉)は、宇宙は、物質の素材を一度にこれは宇宙のうちの力が行われるとされたことが行われた。 As Aristotle says, they failed to distinguish between the material cause and the efficient cause.アリストテレスは言うとして、彼らの間に材料を区別するに失敗しました原因との効率的な原因です。 They were, therefore, dynamists and hylozoists.彼らは、したがって、 dynamistsとhylozoistsです。 That is, they held matter to be of its nature active, and endowed with life.それは、彼らの自然開かれた問題をアクティブにし、恵まれて生活します。 Without the aid of any extrinsic force, they said, the original substance, by a process of thickening and thinning, or by quenching and kindling, or in some other immanent way, gave rise to the universe as we now see it.任意の外因性の助けを借りて力なく、彼らによると、元の物質は、プロセスの肥厚や間伐されたか、または消光と燃え上がり、または他の内在するいくつかのように、私たちは今すぐに上昇するとして、宇宙を参照してください。 This primitive cosmothetic Monism gradually gave way to a dualistic conception of the origin of the world.この原始的な方法cosmothetic一元論して徐々には二重の起源は、世界の概念です。 Tentatively at first, and then more decisively, the later Ionians introduced the notion of a primitive force, distinct from matter, which fashioned the universe out of the primordial substance.暫定的には第一に、と入力し、他の決断力を持って、概念を導入して、後のionians原始力、別個の問題から、これfashioned 、宇宙の原初の物質です。 Anaxagoras it was, who, by clearly defining this force and describing it as mind (nous), earned the encomium of being the "first of the ancient philosophers who spoke sense".アナクサゴラスことは、 whoは、明確に定義され、この力と記述して心( nous ) 、 encomium稼いだのが、 "最初の古代哲学whoスポークセンス"です。 Dualism, thus introduced, withstood the onslaughts of materialistic Atomism and Epicureanism, pantheistic Stoicism and emanationistic neo-Platonism.二元論は、このように導入され、激しい攻撃に耐えたの唯物論的原子論と快楽主義、汎神論emanationistic平然とネオプラトン哲学です。 It was developed by Socrates, Plato, and Aristotle, who brought to their description of the world-forming process a higher notion of cosmothetic mind than the pre-Socratic philosophers possessed.それによって開発されたソクラテス、プラトン、アリストテレス、 who broughtして、世界的に形成過程の説明をするよりも高い心の概念cosmothetic保有ソクラテス以前の哲学者です。 It was left for the Christian philosophers of Alexandria and their successors, the Scholastics of medieval times, to elaborate the doctrine of creation ex nihilo, and thus bring out more clearly the rôle played by the Divine Power and Will in the formation of the universe.それが残されたのは、キリスト教アレクサンドリアの哲学者とその後継者は、中世のscholastics回、手の込んだの教義に無から創造し、より明確に引き出すためのrôleプレイされた神の力とは、宇宙での形成にします。 The order, harmony, and purposiveness evident everywhere in nature are cited by the creationists as evidence to show that mind must have presided at the origination of things.このため、調和、と明らかにpurposiveness自然が至る所で創造説として引用されたことを示す証拠を挙げる必要があります。大統領は、心のことを発信します。 Furthermore, the question of dynamism or mechanism hinges on the problem of the nature of matter.また、質問や機構のダイナミズムにかかって物質の性質の問題です。 This phase of the question has been developed especially in post-Cartesian philosophy, some maintaining that matter is essentially inert and must, therefore, have acquired force and activity from without, while others as stoutly maintain that matter is by nature active and, consequently, may have developed its own force from within.この段階での質問に開発され、特にポストデカルトの哲学では、いくつかの問題は本質的に不活性を維持したとしなければならないため、強制的に取得し、活動をせず、それ以外の問題として頑強に維持することは、自然の積極的かつ、その結果、 5月に開発した、独自の力からです。 Evolution of the thorough going type takes the latter view.周到な進化は、後者のタイプには、表示されます。 It holds that in the primitive cosmic matter was contained "the power and potency" of all life and movement, in such a way that no external agent was required in order to bring it to actual existence.それによるとということは、原始宇宙の物質が含まれる"のパワーと効力"のすべての生命と運動は、このような方法がないために要求される外部エージェントが実際に持ってきて存在します。 Here, as in the question of Theism, Christian philosophy is frankly dualistic, although it acknowledges that, since actuality antecedes potency by nature and, as a matter of fact, the world originated in time, while God is eternal, there was, before creation, but One Reality.ここでは、問題のように、有神論、キリスト教哲学は率直に二重が、これを認めて、自然とされて以来実際に効力antecedesとして、実際のところ、世界の時間の起源は、神は永遠の中では、前の創作、しかし、 1つの現実です。

VI. Ⅵ 。 IN ETHICSの倫理

The word Monism is very little used.一元論という言葉はほとんど使われています。 In some German works it is employed to designate the doctrine that the moral law is autonomous.いくつかのドイツ語の作品を指定することが雇用の教義は、道徳的な法律は自律的です。 Christian ethics is essentially heteronomic: it teaches that all law, even natural law, emanates from God.キリスト教の倫理とは本質的にheteronomic :すべての法律を教えても、自然の法則は、神というものは生まれないからです。 Kantian ethics and Evolutionistic ethics hold that the moral law is either self-imposed or emanates from the moral sense which is a product of the struggle for existence.カントの倫理と進化論は、道徳的倫理保持法は自らに課したのいずれかまたはこれは道徳感というものは生まれないからの製品のための闘争の存在です。 In both the Kantian and the Evolutionistic systems there is only one source of the power of moral discrimination and approval.カント哲学と進化論の両方のシステムにはソースを1つだけの力を道徳的な差別と承認します。 For this reason the word Monism is here used in its generic sense.このため一元論という言葉がここにその汎用的な意味で使用されています。 In English philosophical literature, however, the word has no such signification.英語で哲学文学、しかし、このような意味の言葉がない。 In accounting for the origin of evil, a problem which, though it belongs to metaphysics, has important bearings on ethical questions, some philosophers have adopted a Dualistic doctrine and explained that good and evil originate from two distinct principles, the one supremely good, the other completely and absolutely evil.悪の起源に係る会計処理を、問題が、それに属して形而上学、倫理的な問題が重要な軸受を、いくつかの哲学者が二元的な教義を採択したと説明して善と悪の2つの明確な原則に由来は、この上なく良い1つは、他の完全かつ確実に悪です。 This was the doctrine of the ancient Persians, from whom it was borrowed by Manes, the founder of the Manichean sect.これは、教義は、古代ペルシャ人は、誰から借りたことでは、死者の霊は、マニ教の宗派の創始者です。 Opposed to this is the Monistic view, that God is indeed the cause of all that is good in the universe, and that evil is not to be assigned to any supreme cause distinct from God.これは、 monistic対象に反対して、それが原因で発生するすべての神は実際には良いが、宇宙ており、その悪ではない最高の原因を明確に割り当てられているから任意の神です。 Whatever explanation be given of the existence of evil in the world, it is maintained that a supreme principle of evil is utterly impossible and even inconceivable.どのような説明が与えられるのが存在する世界には邪悪な、それは最高の原則を維持して悪は全く不可能とも想像します。

VII. Ⅶ 。 CONTEMPORARY MONISTIC MOVEMENTS AND SCHOOLS現代の動きや学校monistic

In current philosophical literature, whenever no special qualification is added, Monism generally means the modified materialistic monism of Haeckel.現在の哲学文学、いつ特別な資格が追加、更新唯物一元論一元論通常のヘッケルを意味する。 Modern materialistic Monism in Germany begins with Feuerbach, a disciple of Hegel.近代唯物一元論でドイツ語を開始フォイエルバッハは、ヘーゲルの弟子のです。 Feuerbach was followed by Vogt and Moleschott.フォークトとモレスコットフォイエルバッハが続いています。 To these succeeded Haeckel, who combines Darwinian evolution with a materialistic interpretation of Spinoza and Bruno.これらのに成功したヘッケル、 who組み合わせたダーウィンの進化とスピノザとブルーノ唯物論的な解釈です。 Haeckel's works, both in the original and in English translations, have had a wide circulation, their popularity being due rather to the superficial manner in which Haeckel disposes of the most serious questions of metaphysics than to any intrinsic excellence of content or method.ヘッケルの作品、と英語の両方で、元の技術情報の翻訳、あるかということを広く出回って、その人気のためというが、表面的な態度を処分のヘッケルでは最も深刻な質問の形而上学の卓越性よりも本質的に任意のコンテンツやメソッドを使用します。 Haeckel is honorary president of the Monistenbund (Society of Monists), founded at Jena in 1906, for the purpose of propagating the doctrines of Monism.ヘッケルは、名誉会長のmonistenbund (社会monists ) 、イエナ設立で1906年には、教説のために伝播するの一元論です。 The society is openly anti-Christian, and makes active warfare against the Catholic Church.公然と反キリスト教の社会は、アクティブな戦争に反対するカトリック教会です。 Its publications, "Der Monist" (a continuation of the "Freie Glocken" - first number, 1906), "Blätter des deutschen Monistenbunds" (first number, July, 1906), and various pamphlets (Flugblätter des Monistenbunds), are intended to be a campaign against Christian education and the union of Church and State.その出版物、 " der monist " (継続は、 "自由glocken " -最初の数字は、 1 906) 、 " b lätterデドイツm onistenbunds" (第一号、 7月、 1 906) 、および様々なパンフレット( f lugblätterデm onistenbunds)は、を目的としキリスト教教育に反対するキャンペーンを展開し、教会と国家連合です。 The group of writers in America who, under the editorship of Dr. Paul Carus, have been identified with the "Monist" (Chicago, monthly, first number, Jan., 1891) are not, apparently, actuated by the same animosity against Christianity.アメリカの作家のグループにwhoは、ポールケーラス博士の下に編集、が確認されて、 " monist " (シカゴ、月別、最初の数字は、 1月、 1891 )はない、どうやら、作動され、同じキリスト教に対する反感です。 Nevertheless, they hold Haeckel's fundamental tenet that Monism as a system of philosophy transcends Christianity as a form of belief, and is the only rational synthesis of science and religion.にもかかわらず、彼らの基本的な教義を保持ヘッケル一元論哲学を超越する仕組みとして、キリスト教の一形態としての信念とは、科学と宗教合理的合成のみです。 "Religious progress no less than scientific progress", writes Carus, "is a process of growth as well as a cleansing from mythology. . . . Religion is the basis of ethics. . . . The ideal of religion is the same as that of science, it is a liberation of the mythological elements and its aim is to rest upon a concise but exhaustive statement of facts" (Monism, Its Scope and Import, 8, 9). "宗教的な進歩は科学の進歩未満" 、書き込みの最愛のは、 "は、プロセスの成長神話だけでなく、クレンジングから。 。 。 。 。 。 。 。宗教は、根拠の倫理。 。 。 。 。 。 。 。 、理想的な宗教は同じですが、科学、それは神話の要素を解放するとその時を簡潔に休息を目的とししかし、網羅的な声明の事実" (一元論、その範囲やインポート、 8 、 9 ) 。 This "concise but exhaustive statement of facts" is positive Monism, the doctrine, namely, that the whole of reality constitutes one inseparable and indivisible entirety.この"簡潔しかし、網羅的な声明の事実"は肯定的一元論、その教義を、すなわち、 1つは、全体のリアリティーを切っても切れないと不可分の全体を構成します。 Monism is not the doctrine that one substance alone, whether it be mind or matter, exists: such a theory, says Dr. Carus, is best designated as Henism.一元論ではないの教義を1つの物質だけでも、心のかが問題かどうか、存在する場合:このような理論的には、博士は言うカルス、指定されたhenismがベストです。 True Monism "bears in mind that our words are abstracts representing parts or features of the One and All, and not separate existences" (op. cit., 7).真の一元論"クマに注意して我々の言葉は、 1160を表す1つの部品や機能を、すべてではなく、別の存在" ( op. 〜 Cit 。 、 7 ) 。 This Monism is Positivistic, because its aim is "the systematisation of knowledge, that is, of a description of facts" (ibid.).この一元論はpositivisticため、その目的は" systematisationの知識、それは、事実の説明をする" ( ibid. ) 。 "Radical free thought" is the motto of this school of Monism; at the same time, it disclaims all sympathy with destructive Atheism, Agnosticism, Materialism, and Negativism in general. "急進的自由思想"には、この学校のモットー一元論;それと同時に、それはすべての同情を破壊無神論、不可知論、唯物論、および一般的に拒絶します。 Nevertheless, the untrained student of philosophy will be likely to be more profoundly influenced by the Monistic criticism of Christianity than by the constructive effort to put something in place of the errors referred to.にもかかわらず、哲学の訓練を受けていない学生はもっと深刻になるものとみmonisticの影響を受け、キリスト教の批判をされるよりも建設的な努力をするの代わりに何かのエラーの言及をします。

All Monism may be described as resulting from the tendency of the human mind to discover unitary concepts under which to subsume the manifold of experience.すべての結果に記述さ一元論年5月からの傾向を発見するのは人間の心の概念ユニタリーされて、多様な経験を組み込む。 So long as we are content to take and preserve the world of our experience as we find it, with all its manifoldness, variety, and fragmentation, we are in the condition of primitive man, and little better than brute animals.ためのコンテンツを取る限り、我々は、我々の経験として保持する私たちの世界を見つけることは、すべてのmanifoldness 、様々 、と断片化を、我々は、原始人の状態を、人でなしの動物とたいして変わらない。 As soon as we begin to reflect on the data of the senses, we are led by an instinct of our rational nature to reduce manifold effects to the unity of a causal concept.開始を反映するとすぐに私たちの感覚上のデータを、私たちは私たちが主導する合理的本能の自然吸気の影響を減らすために団結して、因果関係概念です。 This we first do in the scientific plane.このまず最初に行うには、科学的な面です。 Afterwards, carrying the process to a higher plane, we try to unify these under philosophical categories, such as substance and accident, matter and force, body and mind, subject and object.その後、帳簿の過程をより高い平面、私たちを統合しようと、これらのカテゴリの下に哲学のような物質や、事故、物質と力、身体と心、件名とオブジェクトを作成します。 The history of philosophy, however, shows with unmistakable clearness that there is a limit to this unifying process in philosophy.の歴史の哲学、しかし、紛れもないショーを鮮明に制限が存在することを、この統合過程での哲学です。 If Hegel were right, and the formula, "The rational alone is real", were true, then we should expect to be able to compass all reality with the mental powers which we possess.もしヘーゲルは正しかった、との数式は、 "合理的だけでは本物の"がtrueの場合、次にできるようにしなければならないコンパス予想されるすべての現実を私たちの精神力を保有します。 But, Christian philosophy holds, the real extends beyond the domain of the (finite) rational.しかし、キリスト教哲学を保持の場合、本当の拡張のドメインを超えて、 (有限)合理的です。 Reality eludes our attempt to compress it within the categories which we frame for it.現実を試みましたeludesを圧縮することが私たちのフレーム内のカテゴリーです。 Consequently, Dualism is often the final answer in philosophy; and Monism, which is not content with the partial synthesis of Dualism, but aims at an ideal completeness, often results in failure.その結果、二元論は、多くの場合、最終的な答えは哲学;と一元論、コンテンツの部分ではない合成の二元論が、理想的な完全性を目指して、多くの場合の結果を返します。 Dualism leaves room for faith, and hands over to faith many of the problems which philosophy cannot solve.二元論の葉ルームを信仰し、信仰の手を哲学の多くは、問題を解決することはできません。 Monism leaves no room for faith.信仰のない部屋を一元論の葉です。 The only mysticism that is compatible with it is rationalistic, and very different from that "vision" in which, for the Christian mystic, all the limitations, imperfections, and other shortcomings of our feeble efforts are removed by the light of faith.神秘主義だけでは互換性が合理ことは、非常に異なるからとは、 "ビジョン"では、神秘的なのは、キリスト教は、すべての制限により、欠点、およびその他の欠点を私たちの努力が削除されたかすかな光の信仰です。

Publication information Written by William Turner.出版物の情報執筆者のウィリアムターナーです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.専用のは、イエスキリストの神聖なのは、カトリックの中心部に百科事典、ボリュームXの公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認、 1911年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

See works referred to under METAPHYSICS; also, VEITCH, Dualism and Monism (London, 1895): WARD, Naturalism and Agnosticism (2 vols., London, 1899); ROYCE, The World and the Individual (New York, 1901); BAKEWELL, Pluralism and Monism in Philos.作品紹介を参照されて形而上学;また、ビーチ、二元論と一元論(ロンドン、 1895 ) :病棟、自然主義と不可知論( 2 vols学です。 、ロンドン、 1899 ) ;ロイスは、世界との個々の(ニューヨーク、 1901 ) ;ベイクウェル、多元主義と一元論の理念です。 Rev., VII (1898), 355 sqq.; BOWEN, Dualism, Materialism or Idealism in Princeton Rev., I (1878), 423 sqq.; GURNEY, Monism in Mind, VI (1881), 153 sqq.; Articles in Monist (1891-); ADICKES, Kant contra Haeckel (Berlin, 1901); GUTBERLET, Der mechanische Monismus (Paderborn, 1893); ENGERT, Der naturalistiche Monismus Haeckels (Berlin, 1907); DREWS, Der Monismus (Leipzig, 1908); Articles by KLINIKE in Jahrbuch für Phil.改訂、 7 ( 1898 ) 、 355 sqq 。 ;ボーウェン、二元論、唯物論や観念論に改訂プリンストン、私( 1878 ) 、 423 sqq 。 ;ガーニー、一元論を念頭に置いて、六( 1881 ) 、 153 sqq 。 ;の記事monist ( 1891 -2 007) ;アーディケス、カントコントラヘッケル(ベルリン、 1 901) ;グートベルレート、 d erm echanischem onismus(パーダーボルン、 1 893) ; e ngert、 d ern aturalistichem onismush aeckels(ベルリン、 1 907) ;ドレフス、 d erm onismus(ライプチヒ、 1 908) ;でフィルfür jahrbuchの記事をklinikeです。 u. Spek. spekです。 Theol. theol 。 (1905, 1906); MALTESE, Monismo e nichilismo (2 vols., Vittoria, 1887); ABATE, Il monismo nelle diverse forme (Catania, 1893); HAECKEL, Der Monismus als Band zwischen Religion und Wissenschaft, tr, GILCHRIST (London, 1894); IDEM, Die Welträthsel, tr. ( 1905 、 1906 ) ;マルタ語、 monismoメールnichilismo ( 2 vols学です。 、ヴィットリア、 1887 ) ;アバーテ、イリノイmonismo nelle多様な組版(カターニア、 1893 ) ;ヘッケル、宗教und der monismus alsバンド全文Zwischen家庭、 tr 、ギルクリスト(ロンドン、 1894 ) ;同じ、死ぬwelträthsel 、 tr 。 McCABE (London, 1900).マッケーブ(ロンドン、 1900 ) 。 On Carus's School of Monism, besides The Monist (1891-) and The Open Court (pub. fortnightly, first number, Feb. 17, 1887), cf.最愛の学校での一元論、 monistに加えて、 ( 1891 -)と、公開の法廷(隔週発行、第1号、 2月1 7日、 1 887) 、継続前誌です。 CARUS, Primer of Philosophy (Chicago. 1896); IDEM, Fundamental Problems (Chicago, 1894); IDEM, Monism, Its Scope and Import (Chicago. 1891).カールス、プライマーの哲学( chicago. 1896 ) ;同じ、根本的な問題(シカゴ、 1894 ) ;同じ、一元論、その範囲とインポート( chicago. 1891 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです