Natural Theology自然神学

Advanced Information 高度情報

Truths about God that can be learned from created things (nature, man, world) by reason alone.神の真理について学ぶことができるから作成したもの(自然、人間、世界)を理由に一人です。 The importance of natural theology to Christian thought has varied widely from age to age, depending largely upon the general intellectual climate.キリスト教神学を自然の重要性を広くより年齢を考えて様々な年齢、時によって大きく全般の知的気候です。 It first became a significant part of Christian teaching in the High Middle Ages, and was made a fixed part of Roman Catholic dogma in 1870 at Vatican Council I.まず最初のかなりの部分がキリスト教の教えは中世の高い、との固定部分が行われた1870年にローマカトリック教義にバチカン公会議i.

Its Dogmatic Constitution on the Catholic Faith made it a matter of faith to believe that God has revealed himself in two ways, naturally and supernaturally, and that "God can certainly be known [certo cognosci] from created things by the natural light of human reason. "The council sought thus to reaffirm, over against nineteenth century secularized skeptics and especially philosophical truths are a legitimate and true form of theology.その独断的な憲法上のは、カトリックの信仰の問題はそれを神信仰すると考えている自分自身は2つの方法があることが分かりました、自然と神業のようており、その"神は確かで知られる[性cognosci ]から作成されたもの自然光の人間の理性。 "求められて評議会を再確認するため、反対19世紀以上、特にsecularized懐疑的な真理というものは、正規の哲学と神学の真のフォームです。 This teaching was one among several factors which stimulated the growth of Neo-Thomism (Gilson, Maritian, etc.) in the early twentieth century.この授業は、 1つのうちいくつかの要因が成長を刺激してネオthomism多い( Gilson 、 maritian 、等)は、 20世紀初頭です。 But quite apart from the original intent and later influence of this teaching, the Catholic Church now stands committed to the belief that there are two theologies.しかし、かなり意図とは別に、元のは、次の授業への影響力は、今すぐ、カトリック教会のスタンドにコミットしてtheologiesには2つの信念がある。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Ancient philosophers spoke of a "natural theology," by which they meant philosophical discourse on the essential, "divine" nature of things as distinguished from the accidental and transient, and also philosophical truths about God as distinguished from state cults and religious myths.古代の哲学者のスポーク"自然神学、 "談話をされて哲学の本質的な意味は、 "神"自然の事を偶然と過渡から識別し、真理についても、神として著名な哲学者の状態カルトと宗教の神話です。 Scripture, however, spoke of the world as created in time and sustained by its Creator.啓典、しかし、世界のスポークとして作成された時刻とその持続的な創作です。 Creation points still toward its Creator (what Protestants later called general revelation), but that it does so is chiefly taught by Scripture (that is, special revelation) and confirmed in experience rather than deduced by reason alone.まだポイントの作成に向け、創作(どのようなプロテスタントへと呼ばれる一般的な啓示)が、その主が行われるように教えられた啓典(つまり、特別な啓示)と確認された経験の理由だけではなく、推定されています。 Only when the Judeo-Christian notion of "creation" is made equivalent to the Greek philosophical notion of "nature," something never done directly by the Greek and Latin church fathers, is the stage set for the development of a "natural theology."ときにのみユダヤキリスト教の概念"創造"が行われる、ギリシャの哲学の概念に相当する"自然、 "何かないことが直接、ギリシャ語、ラテン語の教会の祖先は、開発の段階を設定して"自然神学。 "

The first great proponent of a natural theology distinguishable from revealed theology was Thomas Aquinas, the synthesizer of Greek philosophy and the gospel, who also laid the groundwork for notions of "natural law," the ethical equivalent of natural theology.の最初の大きな主唱者であり、自然な神学は、啓示神学トマスアクィナス区別は、シンセサイザーのギリシャ哲学と福音、 whoも家の概念の基盤を"自然の法則、 "自然神学の倫理的に相当します。 Aquinas defined theology as a "science" in the Aristotelian sense, that is, a definable body of knowledge with its own sources, principles, methods, and content, and he insisted that beyond the truths derived from the study of Scripture there was another body of (compatible) truths based upon the application of reason to the created world.アクィナス神学として定義されて"科学"は、アリストテレスの意味で、これは、体の知識を独自の定義によると、原則、メソッド、およびコンテンツ、および彼と主張して超えて真理の啓典の研究から派生した別のボディがあった(互換)に基づいて真理を、作成するためのアプリケーションの世界です。 He supported this, as nearly all Catholics have, with reference to Rom.彼はサポートには、ほぼすべてのカトリック教徒としては、 ROMとの互換性を参照しています。 1:20-21 and to the actual accomplishments of pagan philosophers, especially Aristotle. 1:20-21と、実際の技芸の異教の哲学者、特にアリストテレスです。 Such truths included especially the existence of God, which he laid out in five famous proofs near the beginning of his Summa (all of them essentially arguments for an Ultimate Cause) and the attributes (eternity, invisibility, etc.) which described God's nature.このような神の真理含まれるものが存在する特に、彼は、 5つの有名な証拠レイアウトの冒頭付近に彼の総合的研究論文(本質的にそれらのすべての引数を指定する究極の原因)との属性(永遠、目に見えない、等) 、神の性質を説明します。 These were then complemented and enriched by supernaturally revealed truths such as the trinity of persons in the Godhead and the incarnation of God in Jesus.これらの神業のように入力し、補完と明らかに濃縮されトリニティの真理のような人は、神性と神の化身のイエスキリストです。

Nearly all Catholic scholars of natural theology have built upon, refined, or qualified the position first articulated by Thomas.ほぼすべてのカトリックの学者の自然神学が構築され、洗練された、または認定の立場を第一関節トーマスです。 In doing natural theology, first of all, they do not mean to have reason replace faith or philosophical discourse the grace of God revealed in Christ.自然神学を行う際、まず第一に、彼らではない理由で置き換えるには信仰や哲学の談話イエスキリストの恵み神の明らかにされています。 Faith and grace remain primary for all believers, but natural theology offers the opportunity to establish certain truths by means common to all persons.グレースままのすべての主要な信仰と信仰する者よ、しかし、自然神学を確立する機会を提供して、特定の真理をすべての人に共通する手段です。 Second, those truths are not taken to be "grounds" or "foundations" for additional, revealed truths.第二に、これらの真理はない取らされる"根拠"または"基盤"を参照し、明らかに真理です。 Yet if these truths are established, it can be seen as "reasonable" to accept revealed truths as well.これらの真理はまだありませんが確立されると、見られることが"合理的な"真理を受け入れることも明らかにします。 And thus Catholics are in fact inclined to see a continuum between natural theology, that which is known of God by the light of natural reason, and revealed theology, that which is known by the light of faith.とカトリック教徒は実際にこのように傾斜を表示するに自然神学の間連続、そしてそれは神の既知の光の自然な理由や啓示神学、そしてそれは信仰の光に知られています。

The Protestant Reformers objected to the impact of philosophy upon theology and insisted upon a return to Scripture.プロテスタントの宗教改革に反対して神学の影響を哲学すると主張する啓典の復帰をします。 They assumed that all men had some implicit knowledge of God's existence (Calvin's "sense of divinity"), but they declared it useless apart from the revelation of God's will and grace in Jesus Christ.それらすべての人を想定していたいくつかの暗黙的な知識を、神の存在(カルバンの"センスの神性" )が、それらを宣言することは別に役に立たない意志と神の啓示のイエスキリストの恵みにします。 Several early confessional documents (eg, the Westminster and the Belgic) do speak of God revealing himself in nature (citing still Rom. 1:20-21), but this is revelation not fully comprehensible apart from Scripture.いくつかの初期の告白ドキュメント(例えば、ウエストミンスターとベルガエ人)は話す明らかに自分自身を神の性質( ROMとの互換性を理由にまだです。 1:20-21 )が、これは啓典の啓示は別に完全に理解できる。 Orthodox Protestants have generally raised three major objections to natural theology.正統派のプロテスタントが一般的に3つの主要な異議を提起自然神学です。

First, it lacks scriptural basis.第一に、聖書が欠落しています。 Read in context, Rom.続きを読む文脈において、 ROMから起動します。 1 and 2 teach that the pagan's natural knowledge of God is distorted and turned only to his judgment, in no way to the reasonable deduction of theological truths. 1と2を教えるのは当然の知識は、異教の神は自分の判断をゆがめられたとし、背きだけに、いかなる方法を神学的真理の合理的な控除します。 Second, and perhaps most importantly, natural theology effectively exempts human reason from the fall and the effects of original sin. 2番目、そしておそらく最も重要なのは、人間の理性より自然神学の秋に効果的に免除の効果を原罪とします。 Man's reason is now as perverse as any of his other faculties and therefore is not capable, apart from God's gracious intervention, of finding its way back to God and truly knowing him.あまのじゃくな男の理由としては、今すぐに他の学部やそのためのいずれかではない彼の能力は、神の優雅な介入を離れ、その方法を見つける省略して、神と真に知っていた。 This point, which involves quite different anthropological views, will doubtless continue to divide Protestants and Catholics.この時点で、これは全く異なった人類学的再生回数、分割は、確かに継続してプロテスタントとカトリック教徒です。 Third, conceding the knowledge of God arrived at by pagan philosophers (his being, invisibility, omnipotence, etc.), Protestants object that this is wholly abstract and worthless.第三に、神の知識を譲歩に到着され、異教の哲学者(彼が、目に見えない、全能、等) 、プロテスタントオブジェクトは、これは完全に抽象的で無価値だ。 This Supreme Being has little to do with the God of judgment and mercy, of righteousness and love, revealed all through Scripture and preeminently in Jesus Christ.この至高の存在はほとんど関係がないと慈悲の神の判断は、正義と愛、明らかにすべての啓典と卓越して、イエスキリストを通してです。 When Protestants retain descriptions of God's attributes, as they often have at the beginning of formal theologies, they argue and illustrate them from Scripture, not from philosophical discourse.プロテスタントの説明を保持するときに、神の属性を、彼らは多くの場合の冒頭に正式なtheologies 、彼らと説明してから議論する啓典ではなく、より哲学的談話です。

In modern times the impact of the Enlightenment drove both Catholic and Protestant thinkers to reduce the supernatural, miraculous elements and to construct a "natural theology" open to reason and common to all men.現代では両方の運転に与える影響は、カトリックとプロテスタントの啓蒙思想家を減らすために、超自然的、奇跡的要素とを建設する"自然神学"を理由と開いてすべての人に共通しています。 Kant rejected all proofs for the existence of God and sought to place religion "within the bounds of reason."カント拒否されたすべての証拠が存在する場所を模索してきた、神と宗教"の範囲内での理由です。 " This more liberal form of natural theology became very common in the eighteenth and nineteenth centuries: the famous Gifford Lectures, for instance, are supposed to promote "Natural Theology."この他のリベラルな形の自然神学は非常に共通して認められる18番目と19世紀:有名なギフォード講義、例えば、仮定を促進するが"自然神学。 " Scottish commonsense realism may represent a unique effort to blend philosophy with fairly orthodox Christianity, but in general the miraculous grace of God had disappeared from these forms of theology.スコットランドの常識的リアリズム年5月を代表する哲学をブレンドかなりユニークな努力をする正統派、キリスト教、しかし、一般的に、奇跡の神の恩寵の神学はこれらのフォームから姿を消した。

In the twentieth century the so-called dialectical theologians vigorously objected against theologies which glossed over the radical intervention of God through Jesus Christ and his Word. 20世紀は、いわゆる弁証法的神学者に対して積極的に反対する過激派の介入theologiesを練りイエスキリストを通して神と神の言葉です。 Karl Barth in particular saw such natural religion as the great foe of true faith and rejected the Catholic "analogy of being" as an unwarranted jump (rather than deduction) from creation to Creator.カール特定の範囲で見たような自然宗教としての偉大な敵と拒否されたのは、カトリックの真の信仰"が類推"と呼ばれる不当なジャンプ(というより控除)より創作を創造します。 Several others in turn, especially Emil Brunner, objected that Barth's exclusive emphasis upon Christ and the Word denied the reality of God's "general revelation" of himself in creation and especially human creatures, his image-bearers, something attested in Scripture.いくつかの他の電源、特にエミールブルンナー、バルトの排他的な反対を強調する時、キリストと神の言葉を否定して現実を"一般啓示"の自分自身の創造と、特に人間の生き物、彼のイメージ-担ぎ、何かに啓典を証言します。

In recent times natural theology has received comparatively little attention apart from a few Catholic philosophers.さらに最近では自然神学は、比較的ほとんど注目離れカトリックの哲学者数です。 One interesting and related development has occured in the field of the history of religions. 1つ興味深いが発生したことと関連した開発の分野では、宗教の歴史です。 Certain such historians (especially G. van der Leeuw and M. Eliade) have discovered patterns of religious belief and practice (a High God, a fall from a past Golden Age, various salvation motifs, etc.) which do not make up a natural theology in the traditional sense, but which they believe could yield an instructive prolegomenon to the study of Christian theology.特定のこのような歴史家(特に男性g.ファンデルレーウとエリアーデ)は宗教的信念と実践のパターンを発見(高神は、過去の黄金時代からの墜落、様々な救いをモチーフに、等)されていない自然を作成する神学は、伝統的な意味で、しかし、これが収率に有益だと考え序論キリスト教神学のことを勉強しています。

J Van Engen無しヴァンエンゲン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
LTK, VII, 811-17; RGG, IV, 1322-29; NCE, XIV, 61-64; M. Holloway, An Introduction to Natural Theology; G. Berkouwer, General Revelation; R. McInerny and A. Plantinga in the Proceedings of the American Catholic Philosophical Association, 1981. ltk 、七、 811から17まで; rgg 、 4世、 1322年から1329年; NCEの、 14 、 61-64 ;男性ホロウェイは、はじめに自然神学; g. berkouwer 、一般的な啓示; r. mcinernyとA. plantingaは、手続きは、米国のカトリック哲学協会、 1981 。


Also, see:また、参照してください:
Naturalism 自然主義

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです