Jesus on the Cross十字架上のイエスキリスト

The Seven Wordsの七つの言葉

General Information 総合情報

Our Lord uttered seven memorable "words" (or statements) from the cross, namely,口7わたしたちの主記憶に残る"言葉" (またはステートメント)からのクロス、すなわち、

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

The Seven Wordsの七つの言葉

Advanced Information 高度情報

(Beginning in Book 5, Chapter 15, Life and Times of Jesus (最初に予約5 、第15章は、 人生と時代のイエスキリスト
the Messiah by Alfred Edersheim, 1886)アルフレッドedersheimされ、メシア 、 1886 )

It was when they thus nailed Him to the Cross, and parted His raiment, that He spake the first of the so-called 'Seven Words': 'Father, forgive them, for they know not what they do.' (Luke 23:34) [4 The genuineness of these words has been called in question.それはときに彼をこのようにくぎのクロスは、彼の衣装とparted 、その彼の最初のspeakの過去のいわゆる'の七つの言葉' : ' 父よ、御赦しにはなら、かれらが知らないことをどのように行う。 ' (ルーク23 : 34 ) [ 4の純粋さと呼ばれるこれらの言葉を質問されています。 But alike external and internal evidence demands their retention.] Even the reference in this prayer to 'what they do' (not in the past, nor future) points to the soldiers as the primary, though certainly not the sole object of the Saviour's prayer.しかし、外部と内部の証拠要求に似て保持します。 ]参照形でさえ、この祈りを'どのような彼らは' (特定を編集して項目、また将来の)を指して、プライマリとして、兵士たちに、確かにかかわらず、特定のオブジェクトの唯一の救い主の祈りです。 [b Comp. B詳細のCOMPです。 Acts iii.行為Ⅲ 。 17 1 Cor. 1月17日コーです。 ii. Ⅱ 。 8.] 8 。 ]

[5 It would be presumptuous to seek to determine how far that prayer extended. [ 5ずうずうしいを求めることがはるかに祈り拡張する方法を決定する。 Generally, I agree with Nebe, to all (Gentiles and Jews) who, in their participation in the sufferings inflicted on Jesus, acted in ignorance.] But higher thoughts also come to us.一般的に、私に同意nebe 、すべての( gentilesとユダヤ人) whoは、彼らの参加は、イエスキリストの苦しみを与えた上、行動に無知です。 ]しかし、高い考えも来てください。 In the moment of the deepest abasement of Christ's Human Nature, the Divine bursts forth most brightly.屈辱の瞬間に、キリストの最も深い人間の本性は、神の最も明るいバースト記載します。

It is, as if the Saviour would discard all that is merely human in His Sufferings, just as before He had discarded the Cup of stupefying wine.これは、救世主としては破棄する場合は、すべての人間は単に彼の苦しみは、同じようにカップを破棄する前に彼はびっくり仰天するようなワインです。 These soldiers were but the unconscious instruments: the form was nothing; the contest was between the Kingdom of God and that of darkness, between the Christ and Satan, and these sufferings were but the necessary path of obedience, and to victory and glory.これらの兵士たちが、無意識の楽器:のフォームは何もなかったし、コンテストは、神との間の王国の闇に、イエスキリストと悪魔の間に、およびこれらの苦しみはしかし、服従するために必要なのパスをし、勝利と栄光をします。 When He is most human (in the moment of His being nailed to the Cross), then is He most Divine, in the utter discarding of the human elements of human instrumentality and of human suffering.ほとんどの人間の時に彼は(彼のその瞬間にくぎをクロス) 、入力し、彼はほとんどの神は、人間の全くの要素を破棄し、人間の助けと人間の苦しみです。 Then also in the utter self-forgetfulness of the God-Man, which is one of the aspects of the Incarnation, does He only remember Divine mercy, and pray for them who crucify Him; and thus also does the Conquered truly conquer His conquerors by asking for them what their deed had forfeited.また、全くの自己入力し、物忘れは、神の男、これは1つの側面の化身、神の慈悲は彼だけ覚えて、それらwho笑い物にすると彼のための祈り;とこのようにも真の征服は、彼の征服者を征服何が自分の行為を求めることが没収されます。

And lastly, in this, that alike the first and the last of His Utterances begin with 'Father,' does He show by the unbrokenness of His faith and fellowship the real spiritual victory which He has won.と最後に、この、その似の最初のと最後の彼の発言で始まって'父、 'では、表示された彼は彼の信仰とフェローシップunbrokenness本当の精神的な勝利を彼はウォン。 And He has won it, not only for the martyrs, who have learned from Him to pray as He did, but for everyone who, in the midst of all that seems most opposed to it, can rise, beyond mere forgetfulness of what is around, to realising faith and fellowship with God as 'the Father,', who through the dark curtain of cloud can discern the bright sky, and can feel the unshaken confidence, if not the unbroken joy, of absolute trust.と彼はウォンのことだけでなく、殉教者、 who彼を祈ってから学んだとして彼は、しかし、誰もwhoは、それはほとんどの真っただ中にすべてのことに反対して、上昇は、単なる物忘れの周りは何です、を実現神として信仰と交わりを持つ'の父、 ' 、 whoを通じての暗い雲のカーテンの明るい空に識別すること、および、不動の自信が感じられる、切れ目のない喜びしていない場合は、絶対的な信頼関係です。

This was His first Utterance on the Cross, as regarded them; as regarded Himself; and as regarded God.これは彼の最初の十字架上の発言として認識して;として自ら考え、そして神として考えています。 So, surely, suffered not Man.そのため、本当に苦しんない男です。 Has this prayer of Christ been answered?この祈りの答えはイエスキリストがですか? We dare not doubt it; nay, we perceive it in some measure in those drops of blessing which have fallen upon heathen men, and have left to Israel also, even in its ignorance, a remnant according to the election of grace.疑いのない私たち思い切って;いや、私たちをとらえているいくつかの測定ではこれらの祝福が値下がりしましたが異教徒の男性が倒れた時、左にイスラエルとはまた、その無知であっては、残留によると、選挙の恵みを受けています。 [1 In reference to this St. Augustine writes: 'Sanguinem Christi, quem saevientes fuderunt, credentes biberunt.' [ 1の書き込みを参考に、この聖アウグスティヌス: ' sanguinemクリスティ、 quemのsaevientes fuderunt 、 credentes biberuntします。 The question why Christ did not Himself forgive, but appeal for it to the Father, is best answered by the consideration, that it was really a crimen laesae majestatis against the Father, and that the vindication of the Son lay with God the Father.]イエスキリストはなぜ自分自身の問題を許すしなかったが、それを訴えるの父、回答されたが最善の配慮、それは本当に、反対の父の罪laesae majestatis 、およびレイアウトの息子の汚名をすすぐことは、神の父です。 ]

And now began the real agonies of the Cross, physical, mental, and spiritual.そして今、本当の苦しみが始まったのクロスは、身体的、精神的、および精神的です。 It was the weary, unrelieved waiting, as thickening darkness gradually gathered around.それは、疲れ切って、単調な待って、徐々に暗闇の肥厚が集まっています。 Before sitting down to their melancholy watch over the Crucified, [a St. Matthew.] the soldiers would refresh themselves, after their exertion in nailing Jesus to the Cross, lifting it up, and fixing it, by draughts of the cheap wine of the country.前に座って見守って物悲しいして、十字架、 [するマタイ。 ]リフレッシュし、兵士たちには、労作後に、イエスキリストが十字架にくぎ打ち、持ち上げて、および固定し、チェッカーは、安いワインを、国。 As they quaffed it, they drank to Him in their coarse brutality, and mockingly came to Him, asking Him to pledge them in response. quaffedことに、彼らの粗残虐行為を飲んだりしてかれに、彼とふざけて来て、彼を公約して応答を要求します。

Their jests were, indeed, chiefly directed not against Jesus personally, but in His Representative capacity, and so against the hated, despised Jews, whose King they now derisively challenged to save Himself.彼らjestsが、実際のところ、主イエスキリストに対する監督は個人的には、しかし、彼の代表者を活用し、反対するので嫌われ、軽蔑されたユダヤ人で、その王に挑戦する人をばかに自分自身を保存します。 [b St. Luke.] Yet even so, it seems to us of deepest significance, that He was so treated and derided in His Representative Capacity and as the King of the Jews. B詳細聖ルカです。 ]はまだありませんたとえそうであって、意義深いことのように問い合わせ、 deridedしていたので、彼の代表的処理能力と、ユダヤ人としてザキングオブします。 It is the undesigned testimony of history, alike as regarded the character of Jesus and the future of Israel.それは、まだ設計されて証言の歴史を、イエスキリスト似としての性格を考え、将来のイスラエルとします。 But what from almost any point of view we find so difficult to understand is, the unutterable abasement of the Leaders of Israel, their moral suicide as regarded Israel's hope and spiritual existence.しかし、どのような観点から、ほぼすべての困難を理解するために見つけるのは、言いようのない屈辱のイスラエルの指導者が、彼らの道徳的な自殺として、イスラエルの希望と精神的な存在と考えています。

There, on that Cross, hung He, Who at least embodied that grand hope of the nation; Who, even on their own showing, suffered to the extreme for that idea, and yet renounced it not, but clung fast to it in unshaken confidence; One, to Whose Life or even Teaching no objection could be offered, save that of this grand idea.が、そのクロス、ハング彼は、 who 、少なくともグランド望みを体現し、全国; whoは、独自の表示中でも、極端な被害を、その考えに反対し、それはまだありません放棄ではなく、それを不動の自信を高速くっついた; 1つ、その生活や教育にも反対しないが提供、割引率には、次のグランド考えです。 And yet, when it came to them in the ribald mockery of this heathen soldiery, it evoked no other or higher thoughts in them; and they had the indescribable baseness of joining in the jeer at Israel's great hope, and of leading the popular chorus in it!とはまだありません、来たときには、下品な嘲笑してこの異教徒の軍隊、それ以上の考えを誘発し、他のこと、そして彼らは、筆舌に尽くしbasenessやじるの参加は、イスラエルの大きな希望、そして人気のコーラスでリードしてそれ!

For, we cannot doubt, that, perhaps also by way of turning aside the point of the jeer from Israel, they took it up, and tried to direct it against Jesus; and that they led the ignorant mob in the piteous attempts at derision.は、疑うことはできませんが、おそらく転換の方法もその点はさておき、やじを飛ばすイスラエル、日本、彼らはそれを取り戻すためとしようとしたことに対して直接イエスキリスト;としてリードして無知な群衆は、哀れな試みを物笑いの種です。 And did none of those who so reviled Him in all the chief aspects of His Work feel, that, as Judas had sold the Master for nought and committed suicide, so they were doing in regard to their Messianic hope?これらのwhoので、参考なしでreviled彼彼の仕事のすべての側面を感じるチーフ、それは、マスターとして販売していたユダの自殺を無価値と、これに関して彼らは何を期待して救世主ですか?

For, their jeers cast contempt on the four great facts in the Life and Work of Jesus, which were also the underlying ideas of the Messianic Kingdom: the new relationship to Israel's religion and the Temple ('Thou that destroyest the Temple, and buildest it in three days'); the new relationship to the Father through the Messiah, the Son of God ('if Thou be the Son of God'); the new all-sufficient help brought to body and soul in salvation ('He saved others'); and, finally, the new relationship to Israel in the fulfilment and perfecting of its Mission through its King ('if He be the King of Israel').で、彼らのやじキャストの4つの大きな侮辱を事実は、イエスキリストの生涯と業績を、これもアイデアの根底には、救世主王国:新しい関係を、イスラエルの宗教と同寺( 'なたをdestroyestの寺、およびbuildestこと3日間で' ) ;の新しい関係をメシアの父親を通して、神の息子( 'もしあなたが神の息子' ) ;の新しいヘルプbroughtすべてを体と心を十分に救い( '彼は他の保存' ) ;と、最後に、新たな関係をイスラエルは、その使命の達成と両面を通じて、キング( 'もし彼がザキングオブイスラエル' ) 。

On all these, the taunting challenge of the Sanhedrists, to come down from the Cross, and save Himself, if he would claim the allegiance of their faith, cast what St. Matthew and St. Mark characterise as the 'blaspheming' [1 The two Evangelists designate by this very word the bearing of the passersby, rendered in the AV 'reviled' and 'railed.'すべてのこれらのは、あざけりの挑戦は、 sanhedrists 、十字架に降りてくるから、自分自身を付けて保存、もし彼が主張する彼らの信仰の忠誠、キャストは何とサンマルコマタイの特徴として' blaspheming ' [ 1 、この非常に2つの単語の伝道者に指定され、通行人の軸受、レンダリングさのAV ' reviled 'と'手すりを付けた。 ' of doubt.の疑いです。 We compare with theirs the account of St. Luke and St. John.私たちと比較し、かれらのアカウントの聖ルカ聖ヨハネです。 That of St. Luke reads like the report of what had passed, given by one who throughout had been quite close by, perhaps taken part in the Crucifixion.聖ルカの読み取りが報告書のように何が渡された場合は、与えられた1つのwhoを通して非常に近くにいた、おそらく参加してはりつけています。

[2 The peculiarities in it are (besides the titulus): what passed on the procession to Golgotha (St. Luke xxiii. 27-31); the prayer, when affixed to the Cross (ver. 34 a); the bearing of the soldiers (vv. 36, 37); the conversion of the penitent thief; and the last words on the Cross (ver. 46).] one might almost venture to suggest, that it had been furnished by the Centurion. [ 2の独特なその中には、 (に加えて、タイトル) :どのような行列を渡されゴルゴタ(聖ルカ23 。 27-31 ) ;の祈りは、十字架に貼付さ( ver. 34 ) ;の軸受は、兵士( vv. 36 、 37 ) ;への転換を、後悔して泥棒;と十字架上の最後の言葉は( ver. 46 )です。 ]ほぼ1つのベンチャー企業を提示するかもしれない、とされていた家具のセンチュリオンです。 [3 There is no evidence, that the Centurion was still present when the soldier 'came' to pierce the Saviour's side (St. John xix. 31-37). [ 3証拠はない、センチュリオンはまだ存在するときは、その兵士'が'をピアースの救世主の側(聖ヨハネ19 。三十一から三十七まで) 。 The narrative of St. John reads markedly like that of an eyewitness, and he a Judaen.物語の聖ヨハネの読み込みは著しく、目撃者のような、と彼はjudaenです。 [1 So from the peculiar details and OT quotations.] [ 1ので特有の詳細およびotからの引用。 ]

And as we compare both the general Judaen cast and Old Testament quotations in this with the other parts of the Fourth Gospel, we feel as if (as so often), under the influence of the strongest emotions, the later development and peculiar thinking of so many years afterwards had for the time been effaced from the mind of St. John, or rather given place to the Jewish modes of conception and speech, familiar to him in earlier days.私たちの両方の総合比較するとキャストとjudaenこれは、旧約聖書の引用で4番目の他の部分を、ゴスペル、私たちを感じるように(そんなに頻繁) 、最強の感情の影響を受けて、考えて、後の開発と特異なのでその後は何年もの時間をeffaced聖ヨハネの心の中から、というかむしろ与えられた場所を、ユダヤ人のモードの概念と演説で、彼の以前の日中に親しまれています。 Lastly, the account of St. Matthew seems as if written from the priestly point of view, as if it had been furnished by one of the Priests or Sanhedrist party, present at the time.最後に、そのアカウントの聖マシューいるよう聖職者の視点から書かれた、まるでていた家具のうちのどれかの司祭やsanhedrist党、現在は、時間です。

Yet other inferences come to us.まだ他の推論来てください。 First, there is a remarkable relationship between what St. Luke quotes as spoken by the soldiers: 'If Thou art the King of the Jews, save Thyself,' and the report of the words in St. Matthew: [a St. Matt.第一に、どのような関係には、驚くべき聖ルカ話さされた兵士として引用符: 'の場合、ユダヤ人ザキングオブなたは、自分自身を保存、 'との報告書の単語をマタイ: [ 、聖マットです。 xxvii. 27 。 42] He saved others, Himself He cannot save. 42 ]彼は他の保存、彼は自分自身を保存することはできません。 He [2 The word 'if' (if He) in our AV is spurious.] is the King of Israel!彼は[ 2という言葉'の場合' (もし彼)を私たちは、スプリアスav 。 ]は、ザキングオブイスラエル! Let Him now come down from the Cross, and we will believe on Him!'彼に今すぐ十字架から降りてくる、と我々は信じててね! ' These are the words of the Sanhedrists, and they seem to respond to those of the soldiers, as reported by St. Luke, and to carry them further.これらの言葉は、 sanhedrists 、およびそれらに対応しているように見えますが、兵士たちに、聖ルカ報告されたとして、およびそれらを運ぶより詳細です。 The 'if' of the soldiers: 'If Thou art the King of the Jews,' now becomes a direct blasphemous challenge. 'もし'は、兵士: 'の場合、ユダヤ人ザキングオブなた、 'になるように直接冒とく的な挑戦です。 As we think of it, they seem to re-echo, and now with the laughter of hellish triumph, the former Jewish challenge for an outward, infallible sign to demonstrate His Messiahship.私たちと考えることとして、彼らように再エコー、および使用して今すぐ地獄のような笑いの勝利は、元ユダヤ人の挑戦を外側に、彼のmessiahship絶対確実なサインを示す。

But they also take up, and re-echo, what Satan had set before Jesus in the Temptation of the wilderness.しかし、彼らも取り上げる、と再エコー、どのような悪魔の誘惑ではイエスキリストを設定する前に、大自然のです。 At the beginning of His Work, the Tempter had suggested that the Christ should achieve absolute victory by an act of presumptuous self-assertion, utterly opposed to the spirit of the Christ, but which Satan represented as an act of trust in God, such as He would assuredly own.彼の作品の冒頭には、誘惑する人が示唆されたイエスキリストは絶対的な勝利を達成するための無遠慮な自己主張する行為は、全くの精神には、イエスキリストに反対して、しかし、どの悪魔として表現され、神の存在を信頼する行為など、確かに彼は自身のです。 And now, at the close of His Messianic Work, the Tempter suggested, in the challenge of the Sanhedrists, that Jesus had suffered absolute defeat, and that God had publicly disowned the trust which the Christ had put in Him.そして今、彼の救世主は、閉じる機能するには、誘惑する提案は、 sanhedristsの挑戦をし、そのイエスキリストは絶対的な敗北に苦しんており、その神の信頼が公然とは、イエスキリストがdisownedにしていた。 'He trusteth in God: let Him deliver Him now, if He will have Him.' '彼は、神の存在をtrusteth :今すぐ惜しんだ配信彼は、もし彼には彼します。 [3 This is the literal rendering. [ 3これは、逐語訳です。

The 'will have Him' has pleasure in Him, like the German: 'Wenn Er Ihn will.'] Here, as in the Temptation of the Wilderness, the words misapplied were those of Holy Scripture, in the present instance those of Ps. 'には彼'は喜びを彼のように、ドイツ語: ' wenn er ihnがします。 ' ]ここでは、荒野のように、誘惑には、これらの言葉の教典misappliedが、それらのpsは、現在のインスタンスです。 xxii. xxii 。 8. 8 。 And the quotation, as made by the Sanhedrists, is the more remarkable, that, contrary to what is generally asserted by writers, this Psalm [b Ps.と二重引用、 sanhedrists作られるとして、注目すべきは、他の、それに反してどのような作家は一般的にアサートされ、この詩篇第B詳細psのです。 xxii.] was Messianically applied by the ancient Synagogue. xxii 。 ]は、古代のシナゴーグmessianicallyに適用される。 [1 See Appendix IX.] [ 1詳細については、付録9 。 ]

More especially was this verse, [a Ps.他の特にこの詩は、 [ 、 psのです。 xxii. xxii 。 7] which precedes the mocking quotation of the Sanhedrists, expressly applied to the sufferings and the derision which Messiah was to undergo from His enemies: 'All they that see Me laugh Me to scorn: they shoot out the lip, they shake the head.' 7 ]をあざけるような見積書をsanhedristsの前に、明示的に適用されるとの物笑いの種にメシアの苦しみを受けてからは、彼の敵: 'すべての人を見てるのに笑う私を軽蔑:彼ら唇をとがらす、彼らの頭を振る。 ' [b Yalkut on Is. B詳細をyalkutです。 lx. lx 。 vol. !です。 ii. Ⅱ 。 p. 56 d, lines 12 &c, from bottom] [2 Meyer actually commits himself to the statement, that Ps. 56 d 、行12 & c 、より下部] [ 2マイヤー、実際に自分自身をコミットして声明で、そのpsのです。 xxii. xxii 。 was not Messianically applied by the Jews. messianicallyが適用されたユダヤ人です。 Other writers follow his lead.他の作家以下彼のリードします。 The objection, that the Sanhedrists could not have quoted this verse, as it would have branded them as the wicked persons described in the Psalm, has no force when we remember the loose way in which the Jews were in the habit of quoting the Old Testament.]の異議申立、 sanhedristsは、この詩を引用できませんでしたが、それらをブランドとしてそれは邪悪な人の詩編に記載されて、力がないときに私たちゆるいように覚えているのは、ユダヤ人は、旧約聖書の言葉を引用するのが癖に。 ]

The derision of the Sanhedrists under the Cross was, as previously stated, not entirely spontaneous, but had a special motive. sanhedristsの物笑いの種は、十字架の下には、前述のではなく、完全に自発的、しかし、特別な動機いた。 The place of Crucifixion was close to the great road which led from the North to Jerusalem.はりつけの場所の近くには、偉大な道路を北にエルサレムを主導からです。 On that Feast-day, when, as there was no law to limit, as on the weekly day of rest, locomotion to a 'Sabbath day's journey,' many would pass in and out of the City, and the crowd would naturally be arrested by the spectacle of the three Crosses.その日の祝宴を、いつ、さを制限する法律はない、として、 1週間の日に残り、歩行して下さい'安息日の旅、 '多くが通過し、アウトは、市、および、群衆は当然で逮捕される3つの十字架の光景されたのです。 Equally naturally would they have been impressed by the titulus over the Cross of Christ.同様にすれば自然に感銘を受けても、十字架のイエスキリストのタイトルです。 The words, describing the Sufferer as 'the King of the Jews,' might, when taken in connection with what was known of Jesus, have raised most dangerous questions.という言葉は、苦しんでいる人として記述する'ザキングオブ、ユダヤ人、 'かもしれない、接続時に撮影さイエスキリストに何が知られ、最も危険な質問が高まっています。

And this the presence of the Sanhedrists was intended to prevent, by turning the popular mind in a totally different direction.これが存在するのを防止する意図sanhedristsは、人々の心を旋回し、完全に別の方向にします。 It was just such a taunt and argumentation as would appeal to that coarse realism of the common people, which is too often misnamed 'common sense.'とにかくこのような討論を愚弄するとリアリズムの粗控訴して、一般の人々 、これはあまりにも頻繁にmisnamed 'の常識です。 ' St. Luke significantly ascribes the derision of Jesus only to the Rulers, [3 The words, 'with them,' in St. Luke xxiii.聖ルカの物笑いの種を大きくascribesイエスキリストの支配者にのみ、 [ 3の言葉、 'にして、 'で聖ルカXXIII近くにございます。 35, are spurious.] and we repeat, that that of the passers by, recorded by St. Matthew and St. Mark, was excited by them. 35は、スプリアスです。 ]と私たちを繰り返し、通行人されていることを、記録され、サンマルコマタイが励起されています。 Thus here also the main guilt rested on the leaders of the people.したがってここで休んでも、メインの罪悪感は、人々の指導者です。 [4 St. Mark introduces the mocking speeches (xv. 29) by the particle ova ('Ah') which occurs only here in the NT It is evidently the Latin 'Vah,' an exclamation of ironical admiration. [ 4サンマルコ紹介してあざけるようなスピーチ( xv. 29 )された粒子の卵子( 'ああ' )でのみ発生しますNTのことが明らかにしているのラテン語'バーハ川、 'に感嘆の皮肉な感心しています。 (See Bengel and Nebe, ad loc.) The words literally were: 'Ha! ( nebeベンゲルと、広告の掲載て下さい。 )という言葉は文字通り: 'ハ! the downbreaker of the sanctuary and upbuilding it in three days, save Thyself.' upbuildingのdownbreakerは、聖域として3日間、自分自身を保存します。 Except the introductory particle and the order of the words, the words are the same in St. Matthew.入門粒子との順序を除いて、言葉は、マタイの言葉では、同じです。 The is used in the sense of a substantive (comp. Winer, Gram. p. 122, and especially p. 316).]感覚で使用されるのは、実質的( comp.ワイナー、グラムです。 p. 122 、および、特にp. 316 ) 。 ]

One other trait comes to us from St. Luke, confirming our impression that his account was derived from one who had stood quite close to the Cross, probably taken official part in the Crucifixion.他の形質を1つの問い合わせから聖ルカは、自分のアカウントを確認印象を私たちは、 whoが立っていたから派生した1つのクロスを非常に近い、おそらく撮影の正式な一部分は、はりつけのです。 St. Matthew and St. Mark merely remark in general, that the derision of the Sanhedrists and people was joined in by the thieves on the Cross.マタイの発言とサンマルコ単に一般的には、 sanhedristsとは、人々の物笑いの種には、メンバー登録された十字架上の泥棒です。 [5 The language of St. Matthew and St. Mark is quite general, and refers to 'the thieves;' that of St. Luke is precise and detailed. [ 5の言語の聖マシューとサンマルコは非常に一般的に、とを参照して'の泥棒; 'には、正確かつ詳細な聖ルカです。 But I cannot agree with those who, for the sake of 'harmony,' represent the penitent thief as joining in his comrade's blasphemy before turning to Christ.しかし、私に同意することはできませんこれらのwhoのために、 '調和、 '代表して後悔して泥棒として参加する前に彼の同志の転換をイエスキリストの神への冒とくです。

I do not deny, that such a sudden change might have taken place; but there is no evidence for it in the text, and the supposition of the penitent thief first blaspheming gives rise to many incongruities, and does not seem to fit into the text.] A trait this, which we feel to be not only psychologically true, but the more likely of occurrence, that any sympathy or possible alleviation of their sufferings might best be secured by joining in the scorn of the leaders, and concentrating popular indignation upon Jesus.私は否定する、そのような急激な変化かもしれないが行わ;しかし、証拠がないことには、テキスト、および最初の泥棒の仮定を後悔して多くのblaspheming湧いてくる。 incongruities 、およびされないようにフィットして、テキストです。 ]形質には、これだけではない私たちを心理的にtrueの場合、しかしそれ以上に高いの発生、または可能性の緩和に同情することが最良の苦しみかもしれないが加わることで保護されたのは軽蔑の指導者、および集中する人気の憤りイエスキリストです。 But St. Luke also records a vital difference between the two 'robbers' on the Cross.しかし、聖ルカを記録するにも極めて重要な2つの違いは'盗賊の十字架上のです。 [1 Tradition names the impenitent thief Gestas, which Keim identifies with, silenced, hardened, although the derivation seems to me forced. [ 1伝統の名前が改心泥棒gestas 、これを識別カイムで、サイレンサーを、硬化、私は、導出ように強制します。

The penitent thief is called Dysmas, which I would propose to derive from in the sense of 'the setting,' viz, of the sun: he who turns to the setting sun.泥棒と呼ばdysmas 、後悔して、それを提案するという意味から派生する'の設定、 ' viz 、太陽:彼whoターンして夕日です。 Sepp very fancifully regards the penitent thief as a Greek (Japhetisch), the impenitent as a negro.] The impenitent thief takes up the jeer of the Sanhedrists: 'Art Thou not the Christ?ゼップに関しては非常に後悔して泥棒としてfancifullyギリシャ語( japhetisch )は、黒人として改心します。 ]改心泥棒を取り上げるとやじを飛ばすsanhedrists : '芸術なたは、イエスキリストですか? [2 So according to the right reading.] Save Thyself and us!' [ 2ようによると、右側の読書。 ]保存自分自身と問い合わせ! ' The words are the more significant, alike in their bearing on the majestic calm and pitying love of the Saviour on the Cross, and on the utterance of the 'penitent thief,' that, strange as it may sound, it seems to have been a terrible phenomenon, noted by historians, [3 See the quotations in Nebe, ii.という言葉は、他の重要な、その軸受に似ていると憐憫の雄大な静かな愛の十字架上の救い主の上でも、発話は、 '後悔して泥棒、 'は、奇妙に聞こえるかもしれませんが、それもするように恐ろしい現象は、記載され史家、 [ 3を参照して引用さnebe 、 Ⅱ 。 258.] that those on the cross were wont to utter insults and imprecations on the onlookers, goaded nature perhaps seeking relief in such outbursts. 258 。 ]これらの十字架上のことはいつもと全くの侮辱を検索するimprecations onlookers 、おそらくgoaded自然救済を求めるような暴発します。 Not so when the heart was touched in true repentance.心臓がそれほどに触れたときに、真の悔い改めです。

If a more close study of the words of the 'penitent thief' may seem to diminish the fulness of meaning which the traditional view attaches to them, they gain all the more as we perceive their historic reality.研究の場合、他の人の言葉を閉じる'後悔して泥棒のように思えるかもしれませんが低下するのは、伝統的な意味のfulness対象にアタッチして、彼らの他のすべての利得として私たちの歴史的な現実認識します。 His first words were of reproof to his comrade.彼の最初の言葉が彼の同志を非難します。 In that terrible hour, amidst the tortures of a slow death, did not the fear of God creep over him, at least so far as to prevent his joining in the vile jeers of those who insulted the dying agonies of the Sufferer?あの恐ろしい時間で、拷問の中でゆっくりと死んでいくのは、神のクリープしなかった以上の恐怖彼は、少なくともこれまでの彼の参加を防止するとしては、これらのwho侮辱する下劣なやじ死にかけている患者の苦しみのですか? [4 'Dost not thou even fear God, seeing thou art in the same condemnation?' [ 4 'ドーストなたは神を恐れるも、見てなたの非難と同じですか? ' Condemnation here means that to which one is condemned: the sufferings of the cross; and the expostulation is: Suffering as thou art like Him and me, canst thou join in the jeers of the crowd?非難を意味し、ここに1つは死刑囚:苦しみの十字架;と諭しは:苦しみとしてなたのような彼と私は、なたは参加して、群衆のやじですか? Dost thou not even fear God, should not fear of Him now creep over thy soul, or at least prevent thee from insulting the dying Sufferer?神を恐れるなたさえ、彼の恐れはないなたの魂を今すぐクリープか、または少なくとも死にかけている患者の侮辱を防ぐなたからですか? And this all the more, since the circumstances are as immediately afterwards described.]この他のすべてのため、その後の状況には、すぐに説明します。 ]

And this all the more, in the peculiar circumstances.この他のすべてのは、奇妙な状況です。 They were all three sufferers; but they two justly, while He Whom he insulted had done nothing amiss.彼らは3つすべての患者;しかし、それら2つの公正、御心に適う侮辱ながら彼は何も気を悪くする。 From this basis of fact, the penitent rapidly rose to the height of faith.この基礎から実際には、後悔して信仰の最盛期に急速に上昇しています。 This is not uncommon, when a mind is learning the lessons of truth in the school of grace.これはまれではない、ときには気持ちに余裕が真理の教訓を学習は、学校の恵みを受けています。 Only, it stands out here the more sharply, because of the dark background against which it is traced in such broad and brightly shining outlines.のみ、それが目立つここでは他の鋭く、暗い背景のための反対をトレースすることが広範かつ明るく輝くような概要を紹介します。 The hour of the deepest abasement of the Christ was, as all the moments of His greatest Humiliation, to be marked by a manifestation of His Glory and Divine Character, as it were, by God's testimony to Him in history, if not by the Voice of God from heaven.最も深い屈辱の時には、イエスキリストは、すべての瞬間に彼の最大の屈辱、発現されるスパムされた彼の栄光と神のキャラクター、言ってみれば、神の証言によって彼の歴史を、そうでない場合は、声神からの贈り物です。 And, as regarded the 'penitent' himself, we notice the progression in his soul.と、考え、 '後悔して'自分自身、彼の魂に私たちに注意して進行します。

No one could have been ignorant, least of all those who were led forth with Him to crucifixion, that Jesus did not suffer for any crime, nor for any political movement, but because He professed to embody the great hope of Israel, and was rejected by its leaders.誰も知らないが、最低でwhoが主導いるすべての人々に彼をはりつけ、イエスキリストのすべての犯罪に苦しむしなかった、またいかなる政治運動ではなく、彼を体現する大きな希望を公言し、イスラエル、およびが拒否されましたその指導者です。 And, if any had been ignorant, the 'title' over the Cross and the bitter enmity of the Sanhedrists, which followed Him with jeers and jibes, where even ordinary humanity, and still more Jewish feeling, would have enjoined silence, if not pity, must have shown what had been the motives of 'the condemnation' of Jesus.そして、もしあればいた無知は、 'タイトル'のクロスとの激しい敵意をsanhedrists 、彼とのやじが続くとjibes 、普通の人間でさえ、まだ他のユダヤ人の感情は、差し止めの沈黙が、そうでない場合は残念は、どのように示す必要があります。いたの動機を'非難'イエスです。 But, once the mind was opened to perceive all these facts, the progress would be rapid.しかし、一度の心が開かれたすべてのこれらの事実を認識し、その進捗状況は急速にします。 In hours of extremity a man may deceive himself and fatally mistake fear for the fear of God, and the remembrance of certain external knowledge for spiritual experience.四肢の時間の5月欺く男は自分自身と致命的なミスを恐れて、神への恐怖や精神的な訓戒の特定の外部の知識を経験します。 But, if a man really learns in such seasons, the teaching of years may be compressed into moments, and the dying thief on the Cross might outdistance the knowledge gained by Apostles in their years of following Christ.しかし、そのような場合、男本当に学ぶシーズンズ、年間の授業の5月に圧縮される瞬間、泥棒と十字架上の死で得られた知識を独走するかもしれないがその年の次のキリストの使徒です。

One thing stood out before the mind of the 'penitent thief,' who in that hour did fear God.一つアウトの前に立っていた心の中で'後悔して泥棒、 ' who 、その時間は神を恐れる。 Jesus had done nothing amiss.イエスキリストは何も気を悪くする。 And this surrounded with a halo of moral glory the inscription on the Cross, long before its words acquired a new meaning.これに囲まれ、ハローの十字架上の道徳的な栄光の碑文は、ずっと前からその言葉に新たな意味を取得する。 But how did this Innocent One bear Himself in suffering?しかし、この無実の1つのクマはどのように自分自身の苦しみですか? Right royally, not in an earthly sense, but in that in which alone He claimed the Kingdom.右王らしく、この世にないの意味では、しかし、これだけだと主張して王国です。 He had so spoken to the women who had lamented Him, as His faint form could no longer bear the burden of the Cross; and He had so refused the draught that would have deadened consciousness and sensibility.彼はwhoいたので、女性に話し掛けたことが惜しまれる彼に、彼のかすかなフォームの苦しみに耐えることは、もはや十字架;と彼はこれを拒否したドラフトの意識と感性がdeadened 。

Then, as they three were stretched on the transverse beam, and, in the first and sharpest agony of pain, the nails were driven with cruel stroke of hammer through the quivering flesh, and, in the nameless agony that followed the first moments of the Crucifixion, only a prayer for those who in ignorance, were the instruments of His torture, had passed His lips.それから、彼ら3つの横梁が引き伸ばさを検索すると、まず第一と激しい痛みの苦しみは、残酷なストロークの爪がハンマー駆動震える肉を通じて、および、無名の苦しみは、その後の最初の瞬間は、はりつけ、 whoでのみそれらの無知を祈りの言葉を、彼の楽器は、拷問、彼の唇が渡される。 And yet He was innocent, Who so cruelly suffered.彼は罪のないにもかかわらず、残酷にも苦しんwhoようです。 All that followed must have only deepened the impression.すべての深化その後の印象を与える必要があります。のみです。 With what calm of endurance and majesty of silence He had borne the insult and jeers of those who, even to the spiritual unenlightened eye, must have seemed so infinitely far beneath Him!陛下にどのような穏やかな沈黙の持久力と負担の侮辱とジーア彼はそれらのwhoも、精神的な無知蒙昧な目をし、下にいる必要がありますように無限にまで彼! This man did feel the 'fear' of God, who now learned the new lesson in which the fear of God was truly the beginning of wisdom.この男は感じる'恐怖'の神、 who今すぐ新たな教訓を学んだのは、神への恐怖は本当に知恵の初めにします。 And, once he gave place to the moral element, when under the fear of God he reproved his comrade, this new moral decision because to him, as so often, the beginning of spiritual life.と、彼は一度の道徳的な要素の場所を、彼は神のときに恐怖の下にreproved彼の同志は、この新たな道徳的な意思決定のために彼のように多くの場合、精神的な人生の始まりです。 Rapidly he now passed into the light, and onwards and upwards: 'Lord, remember me, when Thou comest in Thy Kingdom!'彼は今、急速に渡される光、および以降と上向き: '主よ、次回から入力を省略、なたのときになたcomest王国! '

The familiar words of our Authorised Version, 'When Thou comest into Thy Kingdom', convey the idea of what we might call a more spiritual meaning of the petition.おなじみの言葉を、私たちの正規版との比較、 ' comestをなたなたの王国' 、伝えるという考えを請求するかもしれない私たちの請願書の他の精神的な意味します。 But we can scarcely believe, that at that moment it implied either that Christ was then going into His Kingdom, or that the 'patient thief' looked to Christ for admission into the Heavenly Kingdom.しかし、私たちは、ほとんど信じ、その瞬間にそれが暗黙のいずれかを入力し、イエスキリストは、彼の王国に入るか、またはは、 '患者泥棒'の眼差しがイエスキリストの入場料を天の王国です。 The words are true to the Jewish point of vision of the man.の言葉に該当するポイントを、ユダヤ人の男のビジョンを示す。 He recognised and owned Jesus as the Messiah, and he did so, by a wonderful forthgoing of faith, even in the utmost Humiliation of Christ.彼は救世主として認め、イエスキリストが所有し、彼はそこで、素晴らしいforthgoing信仰され、キリストのであって、最大限の屈辱です。 And this immediately passed beyond the Jewish standpoint, for he expected Jesus soon to come back in His Kingly might and power, when he asked to be remembered by Him in mercy.すぐに渡されたユダヤ人を超え、この観点から、イエスキリストを彼は期待をすぐに彼の王に戻ってくるかもしれないとパワー、彼はこう尋ねたときに彼の慈悲に記憶されるようにします。

And here we have again to bear in mind that, during the Life of Christ upon earth, and, indeed, before the outpouring of the Holy Ghost, men always first learned to believe in the Person of the Christ, and then to know His teaching and His Mission in the forgiveness of sins.そしてここで私たちが再びクマを念頭に置いては、イエスキリストの一生の間に地球の時、および、実際のところ、聖霊のほとばしるする前に、男性は常に最初に学んだ人は、イエスキリストを信じる、と入力し、彼の教えを知ってと彼のミッションは罪の赦しをします。 It was so in this case also.この場合もそれはとてもです。 If the 'penitent thief' had learned to know the Christ, and to ask for gracious recognition in His coming Kingdom, the answering assurance of the Lord conveyed not only the comfort that his prayer was answered, but the teaching of spiritual things which he knew not yet, and so much needed to know.の場合、 '後悔して泥棒'が学んだイエスキリストを知っている、との認識を求めるの優雅な彼の来る王国は、保証の応答の主の快適度を伝えるだけでなく、彼の祈りは答えたが、精神的なものを彼は知っていた教育まだ、および必要に応じてこれを知ってくらいです。

The 'patient' had spoken of the future, Christ spoke of 'to-day'; the penitent had prayed about that Messianic Kingdom which was to come, Christ assured him in regard to the state of the disembodied spirits, and conveyed to him the promise that he would be there in the abode of the blessed, 'Paradise', and that through means of Himself as the Messiah: 'Amen, I say unto thee, To-day with Me shalt thou be in the Paradise.' (Luke 23:43) Thus did Christ give him that spiritual knowledge which he did not yet process, the teaching concerning the 'to-day,' the need of gracious admission into Paradise, and that with and through Himself, in other words, concerning the forgiveness of sins and the opening of the Kingdom of Heaven to all believers. '患者'が話さの将来的には、イエスキリストのスポーク'日' ;て祈ったについては後悔していた救世主に来る王国は、イエスキリストについて安心して彼の肉体のない精神状態を、伝えられると、彼は約束が彼の住まいがあるのは、神の祝福を、 'パラダイス' 、およびを通してそのことを自分自身の手段として、メシア: 'アーメン、私言ってやるが、かれなた、なたをshalt日に私には、楽園です。 ' (ルーク23:43 )このようにイエスキリストは彼を精神的な知識を与える彼はまだありませんプロセスでは、教育に関する'日、 'の必要性の優雅な入場料をパラダイスており、その経由し、自分自身、言い換えれば、問題の罪の許しとキングダムオブヘブン開口部をすべての信者たちです。 This, as the first and foundation-creed of the soul, was the first and foundation-fact concerning the Messiah.これは、財団が信条の最初のと、魂は、最初の財団が事実の救世主とします。

This was the Second Utterance from the Cross.これは2番目の発話からのクロス。 The first had been of utter self-forgetfullness; the second of deepest, wisest, most gracious spiritual teaching.全くの最初の自己forgetfullnessていたのを、 2番目の最深、賢明な、慈悲深き精神的指導します。 And, had He spoken none other than these, He would have been proved to be the Son of God.と、彼はこの他にも音声なし、彼は、まだ立証される神の息子です。 [1 Fully to understand it, we ought to realise what would be the Jewish ideas of the 'penitent thief,' and what his understanding of the words of Christ. [ 1に完全に理解することは、私たちは何を実現したい場合に使います。ユダヤ人のアイデアのは、 '後悔して泥棒、 'とどのような彼のイエスキリストの言葉を理解します。 Broadly, one would say, that as a Jew he would expect that his 'death would be expiation of his sins.'大まかに、 1つは言ってやるが、それを期待して彼はユダヤ人として彼の死は自分の罪の償いです。 ' Thoughts of need of forgiveness through the Messiah would not therefore come to him.許しを必要とする考えはないしたがって来るメシアしている。 But the words of Christ must have supplied all this.しかし、イエスキリストの言葉をすべて提供する必要があります。 Again when Christ spoke of 'Paradise,'再び時にイエスキリストのスポークの楽園、 '

His hearer would naturally understand that part of Hades in which the spirits of the righteous dwelt till the Resurrection.彼の全聴には当然理解してハデス部分では正義の魂は力説するまでの復活です。 On both these points there are so many passengers in Rabbinic writings that it is needless to quote (see for ex. Westein, ad loc., and our remarks on the Parable of Lazarus and Dives).これらの点の両方が非常にたくさんの乗客ラビ文章を引用符で不必要なことは(例を確認します。 westein 、広告の掲載て下さい。 、と私たちのために発言をラザロとダイブ)です。 Indeed, the prayer: let my death be the expiation of my sins, is still in the Jewish office for the dying, and the underlying dogma is firmly rooted in Rabbinic belief.確かに、祈り:自分の死が私の罪の償いは、ユダヤ人は、まだ事務所は、末期患者のための、独断的な考えが根底にしっかりと信念に根差したラビです。 The words of our Lord, so far from encouraging this belief, would teach him that admission to Paradise was to be granted by Christ.わたしたちの主の言葉を、これまでのところ、この信念から励まし、彼を教えることは入場料を天国には、イエスキリストを与えられた。 It is scarcely necessary to add, that Christ's words in no way encouraged the realistic conceptions which Judaism attached to Paradise.を追加することが必要なほとんどは、イエスキリストの言葉ではありませんが、現実的概念を奨励ユダヤ教の楽園に接続されています。 In Biblical Hebrew the word is used for a choice garden: in Eccl.ヘブライ語で聖書の言葉が使われて庭を選択: eccl 。 ii. Ⅱ 。 5; Cant. 5 ;できない。 iv. Ⅳ 。 13; Nehem. 13 ; nehemです。 ii. Ⅱ 。 8. 8 。 But in the LXX.しかし、 70です。 and the Apocr.とapocrです。 the word is already used in our sense of Paradise.という言葉は既に使用されて感覚を私たちの楽園です。 Lastly, nothing which our Lord had said to the 'penitent thief' about being 'to-day' with Him in Paradise, is in any way inconsistent with, rather confirms, the doctrine of the Descent into Hades.]最後に、何もわたしたちの主はこれによると、 '後悔して泥棒'については'日'と彼の楽園は、いかなる方法で矛盾して、むしろを確認、その学説は、降下をハデスです。 ]

Nothing more would require to be said to the 'penitent' on the Cross.それ以上が必要とされるによると、 '後悔'十字架上のです。 The events which followed, and the words which Jesus would still speak, would teach him more fully than could otherwise have been done.のイベントが続く、との言葉を話すイエスキリストはまだ、と教えるが他よりも、彼にもっと完全に行われていないが。 Some hours, probably two, had passed since Jesus had been nailed to the Cross.いくつかの時、おそらく2つは、イエスキリストが経過していたくぎを横断します。 We wonder how it came that St. John, who tells us some of the incidents with such exceeding particularity, and relates all with the vivid realisation of a most deeply interested eyewitness, should have been silent as to others, especially as to those hours of derision, as well as to the conversion of the penitent thief.私たちがどのように不思議に聖ヨハネ、 whoを教えてくれるようないくつかの事件を超える特殊、および関連するすべての鮮やかな実現に非常に深く興味の目撃者は、サイレントはずだったのを他の、特にそれらの時間に物笑いの種だけでなく、泥棒を後悔しての変換を行う。 His silence seems to us to have been due to absence from the scene.彼の沈黙のように問い合わせのために欠席されたシーンからです。 We part company with him after his detailed account of the last scene before Pilate.私たちと意見を異にするのあと、彼と彼の詳細な説明をする前の最後のシーンpilateです。 [a St. John xix. [聖ヨハネ19 。 2-16] 2-16 ]

The final sentence pronounced, we suppose him to have hurried into the City, and to have acquainted such of the disciples as he might find, but especially those faithful women and the Virgin-Mother, with the terrible scenes that had passed since the previous evening.発音の最後の文章は、私たちには急いで彼を仮定市と知り合いにはこのような彼の弟子として見つけるかもしれないが、特に忠実な女性とのバージン-母親は、恐ろしいシーンていたその前の晩に経ちました。です。 Thence he returned to Golgotha, just in time to witness the Crucifixion, which he again describes with peculiar fulness of details.そこからゴルゴタに帰国し、ジャストインタイムを目の当たりにするはりつけ、これが彼独特のfulnessの詳細を再度説明します。 [b vv. B詳細のVVです。 17-24] When the Saviour was nailed to the Cross, St. John seems once more to have returned to the City, this time, to bring back with him those women, in company of whom we now find him standing close to the Cross. 17-24 ]ときにくぎを救い主は十字架、聖ヨハネは一度に返された都市の他には、この時点で、これらの女性に戻すと彼は、会社の誰に近い私たちは今すぐに彼が立っ横断検索です。 A more delicate, tender, loving service could not have been rendered than this.もっと繊細な、優しい、愛情のこもったサービスよりも、このレンダリングができませんでした。 Alone, of all the disciples, he is there, not afraid to be near Christ, in the Palace of the High-Priest, before Pilate, and now under the Cross.だけでも、のすべての弟子、彼は、イエスキリストを恐れないの近くには、高司祭の宮殿の前に、 pilate 、十字架の下に、今すぐです。

And alone he renders to Christ this tender service of bringing the women and Mary to the Cross, and to them the protection of his guidance and company.とだけ彼は、この入札サービスのレンダリングをもたらすイエスキリストの十字架を女性とメアリーとして彼の指導と企業の保護をします。 He loved Jesus best; and it was fitting that to his manliness and affection should be entrusted the unspeakable privilege of Christ's dangerous inheritance.彼はイエスキリストベスト愛し、それは彼の男らしさと愛情を継手に委託すべきであるイエスキリストの言葉では表せないの危険な特権を継承します。 [1 The first impression left is, of course, that the 'brothers' of Jesus were not yet, at least in the full sense, believers. [ 1左の第一印象は、もちろん、それは'兄弟'のイエスキリストはまだありませんが、少なくとも完全な意味では、信仰する者よ。 But this does not by any means necessarily follow, since both the presence of John under the Cross, and even his outward circumstances, might point him out as the most fit custodian of the Virgin-Mother.しかし、これは必ずしも次はどんな手段ではなく、ジョンされて以来の両方が存在するのクロスは、外面的な状況さえも、彼かもしれないポイントとして、最もフィットカストディアンは、ヴァージン-母親です。 At the same time it seems the more likely supposition, that the brothers of Jesus were converted by the appearance to James of the Risen One (1 Cor. xv. 7).]それと同時に、他のありそうな仮定ように、イエスキリストの兄弟は、変換されたジェームズは、上昇の外観を1つ( 1コーです。 15 。 7 ) 。 ]

The narrative [a St. John xix.の物語[聖ヨハネ19 。 25-27] leaves the impression that with the beloved disciple these four women were standing close to the Cross: the Mother of Jesus, the Sister of His Mother, Mary the wife of Clopas, and Mary of Magdala. 25-27 ]の葉の最愛の弟子との印象をこれらの4つの女性が近くに立って十字架:イエスキリストの母は、彼の母親の姉、メアリーの妻のclopas 、とメアリーを運ぶ。 [2 This view is now generally adopted.] A comparison with what is related by St. Matthew [b St. Matt. [ 2このビューは、現在一般的に採択された。 ]を比較してどのように関連されマタイB詳細聖マットです。 xxvii. 27 。 55] and St. Mark [c St. Mark xv. 55 ]とサンマルコ[ C言語聖マルコ15 。 40, 41] supplies further important particulars. 40 、 41 ]電源より詳細な重要な明細です。 We read there of only three women, the name of the Mother of our Lord being omitted.私たち3人の女性だけを読むには、母の名前を、わたしたちの主が省略している。 But then it must be remembered that this refers to a later period in the history of the Crucifixion.しかし、記憶しなければならない入力し、これを参照して、後の時代の歴史の中のはりつけです。 It seems as if John had fulfilled to the letter the Lord's command: 'Behold thy mother,' (John 19:26-27) and literally 'from that very hour' taken her to his own home.ジョンが果たさているように、文字の場合、主のコマンド: '見よなたの母、 ' (ジョン19:26-27 )と、文字通り'からは非常に時間'に彼女を自分のホームです。 If we are right in this supposition, then, in the absence of St. John, who led away the Virgin-Mother from that scene of horror, the other three women would withdraw to a distance, where we find them at the end, not 'by the Cross,' as in St. John xix.この場合には、右の仮定、その後、聖ヨハネの不在、 who主導込むバージン-母親からそのシーンのホラー、その他の3つの女性が距離を撤回して、ここで私たちの最後に見つけることではなく、 'されたクロス、 'のように聖ヨハネ19 。 25, but 'beholding from afar,' and now joined by others also, who had loved and followed Christ. 25日、しかし、 ' beholding遠方から、 '今すぐメンバー登録され、その他にも、イエスキリストwhoは愛され続けています。

We further notice that, the name of the Virgin-Mother being omitted, the other 'three are the same as mentioned by St. John; only, Mary of Clopas is now described as 'the mother of James and Jose,' [3 There is, of course, the difficulty that Judas (Lebbaeus) and Simon Zelotes are not here mentioned as her sons.私たちより詳細に注意して、バージン-母親の名前が省略された場合に、他の'と同じ3つは言及され聖ヨハネ;のみ、メアリーの説明としては、現在clopas 'の母のジェームズとホセ、 ' [ 3あるが、もちろん、そのユダの難しさ( lebbaeus )とサイモンzelotes彼女の息子がここで取り上げられています。 But they may have been her stepsons, or there may have other reasons for the omission.しかし、彼らが彼女のstepsons年5月か、またはその他の理由がある場合は、不作為です。 'Judas of James' could scarcely have been the son of James, and Simon is expressly mentioned by Hegesippus as the son of Clopas.] and Christ's Mother's Sister' as 'Salome' [d St. Mark] and 'the mother of Zebedee's children.' 'ユダのジェームス'がほとんどの息子のジェームズが、とSimonは、明示的に記載されhegesippusとしての息子のclopasです。 ]とイエスキリストの母親の妹'と'サロメ' 【オサンマルコ]と'ゼベダイの子供たちの母です。 ' [e St. Matthew] Thus Salome, the wife of Zebedee and St.John's mother, was the sister of the Virgin, and the beloved disciple the cousin (on the mother's side) of Jesus, and the nephew of the Virgin. [メール聖マシュー]こうしてサロメ、ゼベダイの妻とst.john 'の母親、妹のは、ヴァージン、と最愛の弟子のいとこ(上、母親の側)のイエスキリストや聖母の甥である。 This also helps to explain why the care of the Mother had been entrusted to him.この理由を説明するにも役立ちます母親の注意をもっていた委託している。

Nor was Mary the wife of Clopas unconnected with Jesus.またメアリーは、イエスキリストの妻がclopasに接続されていない。 What we have every reason to regard as a trustworthy account [f Hegesippus in Euseb.私たちはどのような点としては正当な理由が信頼できるアカウントの[ ♀ hegesippusでeusebです。 HE iii.彼は3世です。 11 and iv. 11日、 Ⅳ 。 22] describes Clopas as the brother of Joseph, the husband of the Virgin. 22 ]説明clopasとしての兄のジョゼフは、夫は、ヴァージンです。 Thus, not only Salome as the sister of the Virgin, but Mary also as the wife of Clopas, would, in a certain sense, have been His aunt, and her sons His cousins.したがって、サロメとしてだけでなく、ヴァージンの妹が、メアリーもclopasの妻として、は、ある意味、彼の叔母が、彼のいとこと彼女の息子です。

And so we notice among the twelve Apostles five cousins of the Lord: the two sons of Salome and Zebedee, and the three sons of Alphaeus or Clopas [1 Alphaeus and Clopas are the same name.だから僕らは、 12使徒のうち5つのいとこの通知は、主:サロメとゼベダイの二人の息子との3つのサンズオブalphaeusまたはclopas [ 1 alphaeusとclopasは、同じ名前のです。 The first occurs in the Babylon Talmud as Ilphai, or Ilpha [ ] as in R. haSh.バビロンの最初のタルムードとしてilphaiが発生するか、またはilpha [ ] r.ハッシュのようにします。 17 b, and often; the other in the Jerusalem Talmud as Chilphai [ ] , as for ex. 17 B 、および多くの場合、他のは、エルサレムタルムードとしてchilphai [ ] 、例としてはです。 in Jer.でjerです。 B. Kama 7 a.] and Mary: James, Judas surnamed Lebbaeus and Thaddaeus, and Simon surnamed Zelotes or Cananaean. b.カーマ7 a. ]とメアリー:ジェームス、ユダsurnamed lebbaeusとサディーアス、およびサイモンsurnamed zelotesまたはcananaeanです。 [2 I regard the Simon Zelotes of the list of Apostles as the Simon son of Clopas, or Alphaeus, of Hegesippus, first, because of his position in the lists of the Apostles along with the two other sons of Alphaeus; secondly, because, as there were only two prominent Simons in the NT (the brother of the Lord, and Zelotes), and Hegesippus mentions him as the son of Clopas, it follows that the Simon son of Clopas was Simon Zelotes. [ 2私のサイモンzelotesに関しては、使徒としてのリストをclopasサイモンの息子であるか、またはalphaeus 、 hegesippus 、第一に、彼の位置を表示しているため、使徒のリストを他の人の息子と一緒に2つのalphaeus ;第二に、なぜなら、 2つの著名なシモンズがあったとしてだけではNT (の兄は、主よ、とzelotes ) 、およびhegesippusとして彼の息子のclopas言及し、それ以下の通りclopasの息子は、サイモンはサイモンzelotesです。 Levi Matthew was, indeed, also a son of Alphaeus, but we regard this as another Clopas than the husband of Mary.]レヴィマシューは、実際のところ、息子のalphaeusもあるが、これは私たちよりも別のclopasメアリーの夫です。 ]

We can now in some measure realise events.私たち実現できるようになりましたいくつかのイベントを測定します。 When St. John had seen the Saviour nailed to the Cross, he had gone to the City and brought with him for a last mournful farewell the Virgin, accompanied by those who, as most nearly connected with her, would naturally be with her: her own sister Salome, the sister-in-law of Joseph and wife (or more probably widow) of Clopas, and her who of all others had experienced most of His blessed power to save, Mary of Magdala.聖ヨハネ見たときにくぎを十字架の救い主、彼が行ってしまうと、都市とによって生じた彼は、最後の別れを告げるの死を悼むヴァージン、同行者who 、彼女の最も近くに接続し、彼女は当然のことながら:彼女自分の妹サロメは、義理の姉のジョゼフと妻(もしくはそれ以上、おそらく未亡人) clopas 、と彼女のwhoのすべての他の祝福のほとんどが、彼は経験豊富な電力を節約する、メアリーを運ぶ。 Once more we reverently mark His Divine calm of utter self-forgetfulness and His human thoughtfulness for others.うやうやしくマーク彼の神の一度の他の私たちの全くの穏やかな自己忘却と彼の人間の心遣いを他のです。 As they stood under the Cross, He committed His Mother to the disciple whom He loved, and established a new human relationship between him and her who was nearest to Himself.彼ら十字架の下に立っていたとして、彼は彼の母親にコミットして弟子御心に適う愛し、新しい人間関係を設立したと彼と彼女のwhoは、最寄りの間に自分自身です。 [3 Incongruous though the interruption be, we cannot help noticing that the introduction of such a scene seems inconsistent with the whole theory of an Ephesian authorship of the Fourth Gospel. [ 3ちぐはぐなかかわらず、中断は、ヘルプに気付かれずにすることはできませんの導入は、このようなシーンは矛盾して全体の理論の福音書第4 ephesian原作者です。

On the other hand, it displays evidence of the true human interest of an actor in the scene.] And calmly, earnestly, and immediately did that disciple undertake the sacred charge, and bring her, whose soul the sword had pierced, away from the scene of unutterable woe to the shelter of his home.その一方で、それが表示されます人間の真の利益のための証拠を俳優にして下さい。 ]と冷静に、真剣に、そしてすぐに弟子〜するのに参考に神聖な電荷、およびを持って、その魂の剣はピアスを離れ言いようのないシーンの悲痛な避難所を彼のホームです。 [4 Nothing is really known of the later history of the Blessed Virgin.] And this temporary absence of John from the Cross may account for the want of all detail in his narrative till quite the closing scene. [ 4は本当に何も知られ、聖母マリアへの歴史を、です。 ]ジョン一時不在なので、この5月からのクロスをしたいアカウントのすべての詳細については、かなりの閉会シーンまで彼の物語です。 [a St. John xix. [聖ヨハネ19 。 28.] 28 。 ]

Now at last all that concerned the earthward aspect of His Mission, so far as it had to be done on the Cross, was ended.今すぐ地球最後のすべての側面を懸念して彼のミッションは、これまでのところに十字架上のにしなければならなかったが終了します。 He had prayed for those who had nailed Him to it, in ignorance of what they did; He had given the comfort of assurance to the penitent, who had owned His Glory in His Humiliation; and He had made the last provision of love in regard to those nearest to Him.彼はそれらのwhoはくぎを祈った彼にそれは、彼らの無知さを参考;彼は与えられたの快適度を保証して後悔して、彼の栄光の中古whoいた彼の屈辱;と彼は愛の最後の規定に係るこれらの最寄りをしている。 So to speak, the relations of His Humanity, that which touched His Human Nature in any direction, had been fully met.これを話すと、彼の人間関係、それが彼の人間の本性を任意の方向に触れ、完全に満たしていた。 He had done with the Human aspect of His Work and with earth.彼は、人間の側面を行うと、地球の彼の仕事です。 And, appropriately, Nature seemed now to take sad farewell of Him, and mourned its departing Lord, Who, by His Personal connection with it, had once more lifted it from the abasement of the Fall into the region of the Divine, making it the dwelling-place, the vehicle for the manifestation, and the obedient messenger of the Divine.と、適切な、自然の悲しい別れを取るよう今すぐ彼は、その出発と悲嘆に暮れる主よ、 who 、彼の個人的なつながりをし、一度は他の解除することを確認して屈辱のは神の領域に転落する、名実共に住居は、車両を発現し、従順は、神のメッセンジャーです。

For three hours had the Saviour hung on the Cross. 3時間は、十字架上の救い主ハングアップします。 It was midday.それは真昼のです。 And now the Sun was craped in darkness from the sixth to the ninth hour.そして今、太陽は、暗闇のcraped 9時間から6番目にします。 No purpose can be served by attempting to trace the source of this darkness.いいえしようとする目的で提供されるトレースのソースは、次の闇のです。 It could not have been an eclipse, since it was the time of full moon; nor can we place reliance on the later reports on this subject of ecclesiastical writers.エクリプスもすることができなかったので、それは、時間の満月の夜;も依存しては、私たちはこの問題の報告書を、後の教会の作家です。 [1 I do not think the testimony of Phlegon, as quoted by Eusebius, is available (see the discussion in Wieseler's Synopse, p. 387, note 1). [ 1とは思わないの証言をphlegon 、ユーセビアスとして引用され、が入手可能です(詳細については、議論をwieselerのsynopse 、 p. 387 、注1 ) 。 Still, if the astronomical calculations of Ideler and Wurm are correct, 'the eclipse' recorded by Phlegon [whether 'eclipse' in the scientific sense, or 'darkness,'] would have taken place in the very year of our Lord's death, AD 29, but, as they reckon, on November 24.それでも、天文計算の場合、 idelerとウームが正しい場合は、 ' 、 Eclipseの'記録さphlegon [かどうか'エクリプス'は、科学的な意味で、または'闇、 ' ]が開催され、非常にわたしたちの主の死の年に、広告の掲載29日、しかし、彼らレコンとしては、 11月24日です。

I do not possess the special knowledge requisite to verify these calculations; but that it is described by Phlegon as an 'eclipse', which this could not have been, does not necessarily invalidate the argument, since he might have used the term inaccurately.私は特別な知識が必要なことを確認するには、これらの計算; phlegonで記述されていることとしては'エクリプス' 、このできませんでしたが、引数は、必ずしも無効にするので、彼の言葉が間違って使われるかもしれない。 It is in this sense that St. Luke (xxiii. 45) uses the verb, that is, if we adopt the amended reading.これはこの意味において、聖ルカ( xxiii. 45 )を使用して動詞、それは、もし私たち読書改正を採択する。 What Nebe writes on this subject (vol. ii. p. 301), and the illustrations of the popular use of the word from Pliny and Plutarch, deserve the most serious consideration.どのような書き込みをnebeこのアジ研(日本語Ⅱ 。 p. 301 ) 、および、イラストの使用には、人気プリニウスとプルタルコスという言葉から、最も深刻な検討に値する。 But, I repeat, I cannot attach weight in this argument to such testimonies, nor yet to the sayings of Origen, Tertullian, &c., nor to the Acta Pilati (the ecclesiastical testimonies are discussed by Nebe, usp 299).]しかし、私を繰り返し、私の重量を添付することはできませんが、このような証言の引数を、また、ことわざの原産地はまだありませんが、テルトゥリアヌス、 &通性、またログをpilati ( nebe教会の証言が議論され、 USPの299 ) 。 ]

It seems only in accordance with the Evangelic narrative to regard the occurrence of the event as supernatural, while the event itself might have been brought about by natural causes; and among these we must call special attention to the earthquake in which this darkness terminated.ようevangelicだけで物語に基づいて、イベントが発生した点として超自然的、イベント自体が、もたらされるかもしれない自然な原因、およびこれらの間に特別の注意を請求しなければならないの地震では、この暗闇の終了します。 [a St. Matt. [ 、聖マットです。 xxvii. 27 。 51.] For, it is a well-known phenomenon that such darkness not infrequently precedes earthquakes. 51 。 ]では、よく知られた現象地震の前に、そのような闇往々にしています。 On the other hand, it must be freely admitted, that the language of the Evangelists seems to imply that this darkness extended, not only over the land of Israel, but over the inhabited earth.その一方で、自由にしなければならないことを認め、そのように伝道者の言語を意味するもので、この暗闇の拡張だけでなく、イスラエルの土地が、地球の生息しています。 The expression must, of course, not be pressed to its full literality, but explained as meaning that it extended far beyond Judaea and to other lands.という表現しなければ、もちろん、文字どおりの意味を完全に押されたが、しかし、説明したことを意味して拡張としてjudaeaや、その他の土地をはるかに超えています。

No reasonable objection can be raised from the circumstance, that neither the earthquake nor the preceding darkness are mentioned by any profane writer whose works have been preserved, since it would surely not be maintained that an historical record must have been preserved of every earthquake that occurred, and of every darkness that may have preceded it.異議申立に対する合理的な事情から提起できる、そのどちらも、上記の地震の闇に記載され任意の不敬な作家の作品の中には保存されているので、それを維持できないことは確かにある歴史的な記録保存されている必要がありますのすべての地震が発生しました、とのすべての闇のことがありますが先行してください。 [2 There are frequent notices in classical writers of eclipses preceding disastrous events or the death of great men, such as of Caesar (Nebe, usp 300). [ 2古典的には、頻繁に通知さeclipsisの複数の作家の死を前に悲惨なイベントや偉人伝などのシーザー( nebe 、 USPの300 ) 。 But these were, if correctly related, eclipses in the true sense, and, as such, natural events, having in no way a supernatural bearing, and hence in no sense analogous to this 'darkness' at the Crucifixion.] But the most unfair argument is that, which tries to establish the unhistorical character of this narrative by an appeal to what are described as Jewish sayings expressive of similar expectancy.しかし、これらは、正常に関連した場合、 eclipsisの複数形での真の意味では、と、このように、自然のイベント、超自然的軸受することではありませんし、それゆえに類似して、この意味ではない'暗闇'は、はりつけのです。 ]しかし、ほとんどの不公正な引数は、これを確立しようとする歴史的でない文字は、次の物語の魅力をどのように記載されたユダヤ人のことわざとして同様の表現を誇っています。

[1 So Strauss (after Wetstein) and even Keim. [ 1ようシュトラウス( wetsteinした後)ともカイムです。 Painful as controversy is in connection with the last hours of Jesus, I would not have shrunk from contesting the positions of Keim, if I had not felt that every unprejudiced person must see, that most of them are mere assertions, without an attempt at anything like historical evidence.] It is quite true that in old Testament prophecy, whether figuratively or really, the darkening, though not only of the sun, but also of the moon and stars, is sometimes connected, not with the Coming of Messiah, still less with His Death, but with the final Judgement.痛みを伴うとして論争に関連してはイエスキリストの最後の時間を、私はないが萎縮係争としての地位を確立カイムから、もし私が感じていないすべての偏見のない人を参照しなければ、それは単なるアサーションかれらの多くは、何もなしでの試みのような歴史的証拠です。 ]それは非常に真の旧約聖書予言して、比喩的または本当にかどうかは、暗く、太陽だけではありませんが、こちらも、月や星印は、時には接続ではなく、メシアの到来に伴い、依然として以下に彼の死は、しかし、最終的な判断です。 [2 Strauss (ii. p. 556), and more fully Keim (iii. p. 438, Note 3), quote Joel ii. [ 2シュトラウス( ii. p. 556 ) 、および他の完全カイム( iii. p. 438 、注3 ) 、引用符ジョエルⅡ 。 10, 31; Amos viii. 10 、 31 ;アモスⅧ 。 9; Is. 9 ;です。 xiii. 13 。 10; 1. 10 ; 1 。 3; Job ix. 3 ;仕事9 。 7; Jer. 7 ; jerです。 xv. 15 。 9. 9 。 Of these passages some have no bearing, however remote, on the subject, while the others refer not to the Messiah but to the final judgement.]これらの通路がないいくつかの軸受、しかし、リモート、上の件名は、参照しないようにしながら、他のメシアしかし、最終的な判断をします。 ]

But Jewish tradition never speaks of such an event in connection with Messiah, or even with the Messianic judgments, and the quotations from Rabbinic writings made by negative critics must be characterised as not only inapplicable but even unfair.しかし、ユダヤ教の伝統を決してそのようなイベントで話すの接続を救世主か、またはても、救世主的な判断をし、ラビの文章からの引用句の批評家は否定的な特徴としてだけでなく、不適用しなければならないしかし、フェアではない。 [3 To be quite fair, I will refer to all the passages quoted in connection with the darkening of the sun as a token of mourning. [ 3公平に見て、私はすべての通路を参照して接続を引用さを暗く、太陽をトークンの喪に服している。

The first (quoted by Wetstein) is from the Midrash on Lament.の最初の(引用さwetstein )は、上からのミドラーシュ嘆く。 iii. Ⅲ 。 28 (ed. Warsh. p. 72 a). 28 (編warsh 。 p. 72 ) 。 But the passage, evidently a highly figurative one, refers to the destruction of Jerusalem and the dispersion of Israel, and, besides the darkening of the sun, moon, and stars (not the sun only), refers to a realistic fulfilment of Nah.しかし、通路、明らかに、高度に比喩1つ、エルサレムの破壊を参照して、イスラエルとの分散と、だんだん暗くなるのに加えて、太陽、月、および星印(特定の太陽のみ) 、ナを参照して、現実的履行のです。 i.わたし。 3 and Lament. 3と嘆く。 iii. Ⅲ 。 28 in God's walking in dust and keeping silence. 28日、神のほこりや黙秘を歩く。 The second quotation of Wetstein, that when a great Rabbi dies it is as portentous as if the sun went down at midday, has manifestly no bearing whatever on the matter in hand (though Strauss adduces it). 2番目の見積書のwetstein 、そのときに大きなラビとしてもったいぶったとして死ぬことが落ちた場合は、太陽の正午に、はっきりとは何ら関係はどのようにこの問題を手に(ただしシュトラウスadducesこと) 。 The last and only quotation really worth mention is from Sukk.本当に価値のみの最後の言及はより引用sukkです。 29 a. 29 a. In a somewhat lengthened statement there, the meaning of an obscuration of the sun or moon is discussed.これとはやや長く声明は、掩蔽の意味で、太陽や月が話し合われた。 I have here to remark (1) that these phenomena are regarded as 'signs' in the sense of betokening coming judgments, such as war, famine, &c., and that these are supposed to affect various nations according as the eclipse is towards the rising or setting of the sun.私はここを見ては( 1 )は、これらの現象は見なされて'標識' betokening来るという意味の判断など、戦争、飢餓、 &通性、および、これらの様々な国に影響を及ぼすことは仮定によると、 Eclipseはに向かって上昇や、太陽の設定をします。

The passage therefore can have no possible connection with such a phenomenon as the death of Messiah.そのための通過に接続できる可能性がないとして、このような現象が死亡した救世主です。 (2) This is further confirmed by the enumeration of certain sins for which heavenly luminaries are eclipsed. ( 2 )これは、より詳細な確認されたの列挙を天国の知名人が特定の罪を隠蔽します。 Some are not fit for mention, while others are such as false witness-bearing, the needless cutting down of fruit-trees, &c.いくつかの言及は適していないし、偽証するなど、他の人のベアリングは、不必要な切削ダウンの果物の木、 & c. (3) But the unfairness, as well as the inaptitude, of the quotation appears from this, that only the beginning of the passage is quoted (Strauss and Keim): 'At a time when the sun is obscured, it is an evil sign to all the world,' while what follows is omitted: 'When the sun is obscured, it is an evil sign to the nations of the world; when the moon is obscured, it is an evil sign to Israel, because Israel reckons according to the moon, the nations of the world according to the sun.' ( 3 )が、不公平、だけでなく、不向き、からの引用が表示されたら、それはそれは、最初の通過には引用符(シュトラウスとカイム) : 'しているときに、太陽が不明瞭な場合、それは、邪悪なサインのすべての世界を、 'ながら何を省略した場合は以下の通り: 'とき、太陽が不明瞭な場合、それは、邪悪なサインして、世界の国;ときにムーンが不明瞭な場合、それは、邪悪なサインを、イスラエル、 reckonsため、イスラエルによると、月面に、世界の国々によると、太陽のです。 ' And yet Wunsche (Erlauter. pp. 355, 356) quotes both that which precedes and that which follows this passage, but leaves out this passage itself.とはまだありませんビュンシェ( erlauter. pp 。 355 、 356 )の両方に引用符を前に、次のように、この通路が、しかし、この通路の葉そのものです。 (Comp. Mechilta, p. 3 b.] ( comp. mechilta 、ポールポジションb. ]

But to return from this painful digression.しかし、この痛みを伴う脱線から戻ってくる。 The three hours' darkness was such not only to Nature; Jesus, also, entered into darkness: Body, Soul, and Spirit.の3つの時間の闇だけでは、このような自然;イエスキリストは、また、入力すると闇:体、魂と精神をします。 It was now, not as before, a contest, but suffering.それはいまや、特定の前に、コンテストは、しかし、苦しみです。 Into this, to us, fathomless depth of the mystery of His Sufferings, we dare not, as indeed we cannot, enter.して、参考にさせ彼の測り知れないほどの苦しみの深さの謎を、私たち思い切っは、実際ことはできないとして、 Enterキーを押します。 It was of the Body; yet not of the Body only, but of physical life.それは、ボディ;はまだありませんが、ボディのみが、物理的な生活です。 And it was of the Soul and Spirit; yet not of them alone, but in their conscious relation to man and to God.とは、魂と精神;はまだありませんことだけではなく、しかし、その男との関係を意識し、神です。 And it was not of the Human only in Christ, but in its indissoluble connection with the Divine: of the Human, where it reached the utmost verge of humiliation to body, soul, and spirit, and in it of the Divine, to utmost self-examination.とそれだけではないが、人間のイエスキリストではなく、永続的接続を神:は、人間が、ここは、屈辱を目前に達し、最大限の身体、魂と精神を、そしてそれは、神の、自己を最大限-審査します。

The increasing, nameless agonies of the Crucifixion were deepening into the bitterness of death.の増加は、無名の苦しみをはりつけ死の苦味が深化する。 All nature shrinks from death, and there is a physical horror of the separation between body and soul which, as a purely natural phenomenon, is in every instance and overcome, and that only by a higher principle.すべての自然死が縮むから、とには、物理的なホラーの体と心の間の分離は、純粋な自然現象としては、すべてのインスタンスと克服ており、その原理だけで高いです。 And we conceive that the purer the being the greater the violence of the tearing asunder of the bond with which God Almighty originally bound together body and soul.と私たちが想像するのは、 purer大の暴力をバラバラに引き裂くようなきずなで結ばれ、神の全能の神がもともと体と心を結ばれている。 In the Perfect Man this must have reached the highest degree.完璧な男は、最高度に達してこの必要があります。 So, also, had in those dark hours the sense of man-forsakenness and His own isolation from man; so, also, had the intense silence of God, the withdrawal of God, the sense of His God-forsakenness and absolute loneliness.そのため、また、暗い時間いたという意味ではこれらの男- forsakennessと自分自身の孤立から男;ので、また、強烈な沈黙は、神は、神の撤退は、彼のセンスと絶対的な孤独の神- forsakennessです。

We dare not here speak of punitive suffering, but of forsakenness and loneliness.私たちはここで話すの懲罰的な苦しみを誰が、寂しさのforsakennessとします。 And yet as we ask ourselves how this forsakeness can be though of as so complete in view of His Divine consciousness, which at least could not have been wholly extinguished by His Self-examination, we feel that yet another element must be taken into account.私たちはまだありませんか自問する方法として、このforsakeness完了できるようにする対象としては彼の神の意識ができませんでしたが、少なくとも彼の自己検査を完全に消滅され、私たちはまだありませんと思われるもう1つの要素を考慮しなければならない。 Christ on the Cross suffered for man; He offered Himself a sacrifice; He died as the Representative of man, for man and in room of man; He obtained for man 'eternal redemption, ' [a Hebr.十字架上のキリストに苦しんで男;彼は自分自身を犠牲に提供;彼が死亡した男の代表として、バスルームの男と男;彼のために採取さ男'永遠の償還、 ' [ hebrです。 ix. 9 。 12] having given His Life 'a ransom,[b St. Matt. 12 ]が与えられた彼の人生'の身代金、 B詳細聖マットです。 xx.イグゼクスです。 28] for many. 28 ] 、多くのです。 For, men were 'redeemed' with the 'precious Blood of Christ, as of a Lamb without blemish and without spot;' [c 1 Pet.は、男性が'換金' 、 '貴重なキリストの血としては、子羊の汚点とせずにスポット; ' [ C言語1のペットです。 i.わたし。 19] and Christ 'gave Himself for us, that He might "redeem" us from all iniquity; [d Tit. 19 ]とイエスキリスト'は自分自身を問い合わせ、その彼かもしれない"交換"先からのすべての巣; 【直駿馬がいるところ。 ii. Ⅱ 。 14] He 'gave Himself "a ransom" for all;' [e 1 Tim. 14 ]彼'は自分自身"身代金"のすべての; ' [メール1ティムです。 ii. Ⅱ 。 6.] Christ died for all;' [f2 Cor. 6 。 ]イエスキリストのすべての死亡; ' [ F2をコーです。 v. 15.] Him, Who knew no sin, God 'made sin for us;' 'Christ redeemed us from the curse of the Law, having become a curse for us', and this, with express reference to the Crucifixion. v. 15 。 ]彼は、 whoを知っていたの罪、神'は罪問い合わせ; ' 'イエスキリストの換金法の呪いからの問い合わせ、呪いの問い合わせになること' 、 、これは、はりつけの参照を表現します。

[g Ga. iii. [グラムGa 。 Ⅲ 。 13.] This sacrificial, vicarious, expiatory, and redemptive character of His Death, if it does not explain to us, yet helps us to understand, Christ's sense of God-forsakenness in the supreme moment of the Cross; if one might so word it, the passive character of His activeness through the active character of His passiveness. 13 。 ]この犠牲、代償、償いをする、彼の死と贖いの文字を、表示されない場合は問い合わせを説明するのは、まだありませんを理解するに役立って、イエスキリストのセンスオブゴッド- forsakennessは、最高の瞬間のクロス;場合に1つの単語かもしれないのでそれは、彼の積極性の文字をパッシブ、アクティブな文字を通して彼のpassiveness 。

It was this combination of the Old Testament idea of sacrifice, and of the Old Testament ideal of willing suffering as the Servant of Jehovah, now fulfilled in Christ, which found its fullest expression in the language of the twenty-second Psalm.この組み合わせは、旧約聖書の考えを犠牲にし、今後、旧約聖書の理想的な苦痛をエホバの使用人として、今すぐにイエスキリスト果たされる、これが見つかりました最大限に表現された言語は、詩篇第20 - 2番目です。 It was fitting, rather, it was true, that the willing suffering of the true Sacrifice should now find vent in its opening words: 'My God, My God, why hast Thou forsaken Me?', Eli, Eli, lema sabachthanei? (Matthew 27:46)[1 So in St. matthew, according to the best reading.それは、継手、むしろ、それが本当だと、今後は、苦しみのはけ口を見いだすの真の犠牲は、今すぐは、開会の言葉: '私の神様、私の神よ、なぜ見捨てられたなたですか? ' 、エリエリエリエリlema sabachthaneiですか? (マタイ27:46 ) [ 1ので、マタイによると、最高の読書です。 In St. Mark, Eloi, Eloi [apparently the Syriac form], lema sabachthanei? (Mark 15:34).でサンマルコ、 エロイ、エロイ[どうやら、シリアフォーム] 、 lema sabachthaneiですか (マーク15:34 )です。 Might it be that St. Matthew represents the current Judaean or Galilean dialect, and St. Mark the Syrian, and that this casts light alike on the dialects in Palestine at the time of Christ, and even, to some extent, on the composition of the Gospels, and the land in which they were written?マタイかもしれないことを表すことが、現在のガリラヤjudaeanや方言、およびサンマルコはシリアの、光と同じでキャストして、パレスチナの方言時点で、イエスキリスト、さらには、ある程度の組成を検索するの福音書、およびその土地を判別できないことが書かれたのか? The Targum renders Ps.レンダリングのターガムpsのです。 xxii. xxii 。 2: Eli, Eli, metul mah shebhaqtani? 2 :エリエリエリエリmetul mah shebhaqtaniですか? ('On account of what hast Thou forsaken me?').] ( '上のアカウントを見捨ててきた私は何なた?').]

These words, cried with a loud voice [2 This in the extreme agony of soul, not to mark His Divinity.] at the close of the period of extreme agony, [3 'About the ninth hour.'これらの言葉は、大きな声で叫んだ[ 2本は、極端な苦しみの魂ではなく、彼の神性をマークします。 ]は、その時代に近い極度の苦痛、 [ 3 'については、 9時間です。 ' I cannot bring myself here to discuss the supposed analogous quotations of Ps.私自身はここをもたらすことはできません。類似の見積書のps議論するはずです。 xxii. xxii 。 1 in Rabbinic writings.ラビに1作品を紹介します。 The comparison is equally inapt and irreverent.] marked the climax and the end of this suffering of Christ, of which the utmost compass was the withdrawal of God and the felt loneliness of the Sufferer.平等にふさわしくないとの比較は、不遜な。 ]スパムのクライマックスとイエスキリストの最後には、次の苦しみ、そのうちの撤退を、最大限のコンパスは、神との寂しさを感じ苦しんでいる人です。 But they that stood by the Cross, misinterpreting the meaning, and mistaking the opening words for the name Elias, imagined that the Sufferer had called for Elias.しかし、彼らが立っていたのクロス、 misinterpretingの意味、およびmistakingエリアスの名前の開会の言葉を、想像していた患者のエリアスと呼ばれる。 We can scarcely doubt, that these were the soldiers who stood by the Cross.私たちは、ほとんど疑い、 who立っていた兵士たちは、これらのは、クロスされた。 They were not necessarily Romans; on the contrary, as we have seen, these Legions were generally recruited from Provincials.彼らは必ずしもローマ人への手紙;それとは逆でもあるように、これらの多数が通常よりprovincials募集します。

On the other hand, no Jew would have mistaken Eli for the name of Elijah, not yet misinterpreted a quotation of Psalm xxii.その一方で、ユダヤ人の名前が間違ってイーライのイライジャ、まだ誤解を引用文の賛美歌xxii 。 1 as a call for that prophet. 1として、その預言者を呼び出しています。 And it must be remembered, that the words were not whispered, but cried with a loud voice.記憶しなければならないと、その言葉をささやいたないが、大きな声で叫んだ。 But all entirely accords with the misunderstanding of non-Jewish soldiers, who, as the whole history shows, had learned from His accusers and the infuriated mob snatches of a distorted story of the Christ.しかし、すべての合意を完全に誤解の非ユダヤ人の兵士、 who 、全体としての歴史を示し、彼の告発から学んだと断片的に歪んだ激怒した群衆はイエスキリストの物語です。

And presently the Sufferer emerged on the other side.現在の患者との反対側に出現します。 It can scarcely have been a minute or two from the time that the cry from the twenty-second Psalm marked the high-point of His Agony, when the words 'I thirst' [a St. John xix.一分もほとんどことができますつまたは2つの時間は、似ても似つかないスパム詩篇第21 - 2番目の高ポイントの彼の苦しみは、時の言葉'私のどの渇き' [ 、聖ヨハネ19 。 28.] seem to indicate, by the prevalence of the merely human aspect of the suffering, that the other and more terrible aspect of sin-bearing and God-forsakenness was past. 28 。 ]を示すように、人間の有病率は、側面だけの苦しみに、それをもっとひどいの側面と、他の罪-軸受と神- forsakennessは、過去のです。 To us, therefore, this seems the beginning, if not of Victory, yet of Rest, of the End.を問い合わせ、このため、このように始まり、勝利ていない場合は、残りはまだありませんが、終了します。 St. John alone records this Utterance, prefacing it with this distinctive statement, that Jesus so surrendered Himself to the human feeling, seeking the bodily relief by expressing His thirst: 'knowing that all things were now finished, that the Scripture might be fulfilled.'聖ヨハネだけでレコードのこの発言は、この独特の声明prefacingして、それを自ら放棄イエスキリストので、人間の感情、肉体的救済を求めて、彼の喉の渇きを表現: 'を知っているすべてのものが今すぐ終了したら、啓典は、果たされるかもしれない。 '

[1 The words last quoted can, of course, and have by most writers been connected with the thirst of Christ, as the fulfilment of Ps. [ 1の最後の言葉を引用符では、もちろん、これはほとんどの作家が喉の渇きをイエスキリストに接続しても、個人としてのpsです。 lxix. 69 。 21. 21 。 But the structure of the sentence leads rather to the punctuation adopted in the text, while I have the greatest difficulty in applying Ps.しかし、文の構造をリードして句読点というには、テキストを採用し、私はpsの適用の最大の難しさです。 lxix. 69 。 21 in the manner proposed, and still more grave objection to the idea that Christ uttered the words in order to fulfil the Psalm, although the word 'that' must, as previously shown (p. 503), not be taken in the sense of 'in order that.' 21された方法を提案し、まだ他の重大な異議申立をするというアイデアにイエスキリストの言葉を口に賛美歌を達成するために、この言葉'が'必要がありますとして、以前は次の表示( p. 503 )ではなく、感覚が取られて'を注文していません。 ' There is, of course, a tertium quid, and the Evangelist may be supposed to have expressed only his own sense that the Scripture was fulfilled, when he saw the thirst of the Saviour quenched in the 'vinegar' of the soldiers.には、もちろん、第3のものを、 5月〜するはずの伝道者には自分自身の感覚だけを表明して啓典が果たされる、のどの渇きを見たとき、彼は、救い主急冷'酢'は、兵士たちです。 But in that case we should expect the words 'that the Scripture might be fulfilled,' placed after the 'I thirst.']しかし、その場合は期待して言葉をしなければならない'は、啓典が果たされるかもしれない、 '配置した後、 '私のどの渇きです。 ' ]

In other words, the climax of Theanthropic Suffering in His feeling of God-forsakenness, which had led to the utterance of Psalm xxii.換言すれば、彼の苦しみのクライマックスの神人両性神- forsakenness感じていたの賛美歌xxii主導して発話します。 1, was now, to His consciousness, the end of all which in accordance with Scripture-prediction He had to bear. 1日は、今すぐに彼の意識は、これに基づいてエンドのすべての啓典に耐えていた予測します。 He now could and did yield Himself to the mere physical wants of His Body.彼は今とは収率が自分自身を彼の体の単なる物理的な希望です。

It seems as if St. John, having perhaps just returned to the scene, and standing with the women 'afar off,' beholding these things, [a St. Luke xxiii.聖ヨハネているよう場合、おそらくだけが返されたシーン、と立って、女性の'遠く離れて、 ' beholding 、これらのこと、 [ 、聖ルカXXIII近くにございます。 49.] had hastened forward on the cry from Psalm xxii., [2 Whether or not he heard the words of the cry.] and heard Him express the feeling of thirst, which immediately followed. 49 。 ]急いで進むのは似ても似つかない詩篇第xxii 。 、 [ 2かどうかは彼の言葉を聞いたの叫びです。 ]と聞いて感情を表現してのどの渇き、どのすぐ後に続く。 And so St. John alone supplies the link between that cry and the movement on the part of the soldiers, which St. Matthew and St. Mark, as well as St. John, report.聖ヨハネだけの供給などが泣くとの間のリンクの部分の動きを、兵士たちに、これとサンマルコマタイだけでなく、聖ヨハネ、報告書です。 For, it would be impossible to understand why, on what the soldiers regarded as a call for Elijah, one of them should have hastened to relieve His thirst, but for the Utterance recorded in the Fourth Gospel.は、を理解することが不可能な理由は、兵士たちは何を求めると見なされるイライジャは、それらの1つを解消する必要が急い彼ののどの渇き、発話が、第4福音書に記録されています。 But we can quite understand it, if the Utterance, 'I thirst,' followed immediately on the previous cry.しかし、私たちは非常に理解し、発話の場合、 、 '私のどの渇き、 'の後すぐに、前の叫びです。

One of the soldiers, may we not be allowed to believe, one who either had already learned from that Cross, or was about to learn, to own Him Lord, moved by sympathy, now ran to offer some slight refreshment to the Sufferer by filling a sponge with the rough wine of the soldiers and putting it to His lips, having first fastened it to the stem ('reed') of the caper ('hyssop'), which is said to grow to the height of even two or three feet.のいずれかの兵士たちは、 5月私たちは信じることができるように、 whoのいずれか1つはすでにそのクロスを学んだか、またはは約を学び、彼を自分の主よ、感動した共感を得て、今すぐ実行を提供するいくつかのわずかな回復を充填して苦しんでいる人スポンジの大まかなワインと、兵士たちに移すことを口元には、幹が、それを最初に固定( 'リード' )は、ケッパー( 'ヒソップ' ) 、これはによると、高さを拡充しても2つまたは3つのフィート。 [3 Comp. [ 3のCOMPです。 Tristram Nat.トリストラムNATのです。 Hist.履歴です。 of the Bible, p.聖書の、 p. 457.] But, even so, this act of humanity was not allowed to pass unchallenged by the coarse jibes of the others who would bid him leave the relief of the Sufferer to the agency of Elijah, which in their opinion He had invoked. 457 。 ]しかし、たとえそうであって、この法律を通過さ人類は、比類のないご遠慮された粗jibesの彼のまま、他のwhoは入札価格の救援に苦しんでいる人は、代理店のイライジャ、これは、自分の意見呼び出されていた。 Nor should we perhaps wonder at the weakness of that soldier himself, who, though he would not be hindered in his good deed, yet averted the opposition of the others by apparently joining in their mockery.たぶんワンダーもすれば、その兵士の弱点は、自分自身、 who 、かかわらず、彼はない彼の善行に妨げられるでしょうが、まだありませんそらし、他の野党の参加を明らかに嘲笑されています。 [b St. Matt. B詳細聖マットです。 xxvii. 27 。 48, 49; St. Mark xv. 48 、 49 ;サンマルコ15 。 36.] 36 。 ]

By accepting the physical refreshment offered Him, the Lord once more indicated the completion of the work of His Passion.彼の物理的な回復の提供を受け入れ、一度、主に示さの他の仕事を完了した彼の情熱です。 For, as He would not enter on it with His senses and physical consciousness lulled by narcotised wine, so He would not pass out of it with senses and physical consciousness dulled by the absolute failure of life-power.で、彼はないと入力して自分の感覚や物理的な意識narcotisedワインを穏やかになるので、彼の視界から消えることはないとの意識の感覚と物理的な故障の生活dulledされた絶対的なパワーです。 Hence He took what for the moment restored the physical balance, needful for thought and word.したがって彼は何のために復元の瞬間の物理的なバランス、入用の思想と言葉です。 And so He immediately passed on to 'taste death for every man.'とすぐに渡されるので、彼に'味の死をすべての人です。 ' For, the two last 'sayings' of the Saviour now followed in rapid succession: first, that with a loud voice, which expressed it, that the work given Him to do, as far as concerned His Passion, was 'finished;' (John 19:30) [a St. John.] and then, that in the words of Psalm xxxi.で、最後の2つの'ことわざ'は、今すぐその後矢継ぎ早に救い主:第一に、大きな声では、これを表明し、与えられた仕事は、これを行うには、彼の情熱を懸念限りでは'完了したら; ' (ジョン19:30 ) [聖ヨハネ。 ]と入力し、詩篇第31回の言葉をしています。 5, in which He commended His Spirit into the Hands of the Father. (Luke 23:46) [b St. Luke.] 5 、 彼の精神を表彰では彼の父の手にします。 (ルカ23:46 ) B詳細聖ルカです。 ]

Attempts at comment could only weaken the solemn thoughts which the words awaken.コメントの試みを弱体化させるだけの言葉は、目を覚まさせる厳粛な考えです。 Yet some points should be noted for our teaching.まだいくつかの点に留意すべきである私たち指導します。 His last cry 'with a loud voice' was not like that of one dying.彼の最後の叫び'と大きな声'はない死にかけているような1つです。 St. Mark notes, that this made such deep impression on the Centurion.サンマルコノート、このような深い印象を与えるのはセンチュリオンです。 [c St. Mark xv. [ C言語聖マルコ15 。 39.] In the language of the early Christian hymn, it was not Death which approached Christ, but Christ Death: He died without death. 39 。 ]初期キリスト教の言語では、賛美歌、それはないイエスキリストの死に近づいて、しかし、イエスキリストの死:彼が死亡したと死に至る。 [1 En pessima, non tu Pervenis ad Christum, sed Christus pervenit ad te, Cui licuit sine morte mori. [ 1アンpessima 、 pervenis広告以外の火christum 、 sedクリストゥスpervenit広告te 、崔licuit正弦波の死森です。 Sedulius.] Christ encountered Death, not as conquered, but as the Conqueror.セドゥリウス。 ]イエスキリスト遭遇死ではなく、征服として、しかし、勝利する。 And this also was part of His work, and for us: now the beginning of His Triumph.とこれも彼の作品の一部、および問い合わせ:今すぐ彼の勝利の始まりです。 And with this agrees the peculiar language of St. John, that He 'bowed the Head, and gave up the Spirit'.同意すると、この奇妙な言語の聖ヨハネの、その彼は'頭を下げたの頭を、とあきらめたの精神に' 。

Nor should we fail to mark the peculiarities of His last Utterance.もすれば失敗するのを記念して彼の最後の発話の特性です。 The 'My God' of the fourth Utterance had again passed into the 'Father' of conscious fellowship. '私の神'の第4回発話が再び渡される'父'の意識フェローシップです。 And yet neither in the Hebrew original of this Psalm, nor in its Greek rendering by the LXX., does the word 'Father' occur.とはまだありませんどちらもオリジナルは、次の詩編は、ヘブライ語、ギリシャ語のレンダリングされるも、その70 。 、言葉は、 '父'が発生します。 Again, in the LXX.再び、は、 70です。 translation of the Hebrew text this word expressive of entrustment, the commending, is in the future tense; on the lips of our Lord it is in the present tense.この単語の翻訳は、ヘブライ語のテキスト表現の委託の貢献は、今後時制;を口にすることがわたしたちの主は、現在の緊張します。 [2 So according to the better reading.] And the word, in its New Testament sense, means not merely commending: it is to deposit, to commit for safe keeping. [ 2ようによれば、より良い読書です。 ]との言葉は、新約聖書その意味では、単なる手段に貢献:に預けることが、安全に保管するためにコミットします。 [3 Comp. [ 3のCOMPです。 the use of the verb in such passages as St. Luke xii.動詞の使用は、そのような通路として聖ルカ12 。 48; Acts xiv. 48 ;行為14 。 23; xx. 23 ;イグゼクスです。 32; 1 Tim. 32 ; 1ティムです。 i.わたし。 18; 2 Tim. 18 ; 2ティムです。 ii. Ⅱ 。 2.] That in dying, or rather meeting and overcoming Death, He chose and adapted these words, is matter for deepest thankfulness to the Church. 2 。 ]して死にかけている、というかむしろ会議室と死を乗り越え、彼を選んだと適応これらの言葉は、教会の問題を深く感謝しています。

He spoke them for His people in a twofold sense: on their behalf, that they might be able to speak them; and 'for them,' that henceforth they might speak them after Him.彼はそれらを彼の人々に、二重の意味:して代わって、かれらを話すことができるかもしれません;と'をして、 'をあげた後、彼にして話すかもしれない。 How many thousands have pillowed their heads on them when going to rest!どのように多くの数千人が妊娠されて頭を休ませるときに行く! They were the last words of a Polycarp, a Bernard, Huss, Luther, and Melanchthon.彼らは最後の言葉は、 polycarpは、バーナード、フス、ルターとメランヒトンです。 And to us also they may be the fittest and the softest lullaby.との問い合わせも彼らかもしれないと柔らかい子守唄お似合いです。 And in 'the Spirit' which He had committed to God did He now descend into Hades, 'and preached unto the spirits in prison.'とは'の精神に'コミットしていた彼は今すぐに下りていくの神ハデス、 'と説教かれらの魂の判決を受けました。 ' [a 1 Pet. [ 1ペットです。 iii. Ⅲ 。 18, 19.] But behind this great mystery have closed the two-leaved gates of brass, which only the Hand of the Conqueror could burst open. 18日、 19 。 ]しかし、この偉大な謎の背後には以下の通り真ちゅう製の2つの葉の門を、これだけの手は、征服者がバースト開いています。

And now a shudder ran through Nature, as its Sun had set.今では自然と身震い実行を通じて、その太陽が設定されます。 We dare not do more than follow the rapid outlines of the Evangelic narrative.他の誰よりもない私たちの急速な概要は、以下のevangelic物語です。 As the first token, it records the rending of the Temple-Veil in two from the top downward to the bottom; as the second, the quaking of the earth, the rending of the rocks and the opening of the graves.としての最初のトークン、それを記録して胸が張り裂けるよう寺-ベールの最上部から下方に2つの下に;として2番目のは、地球の震えているのは、胸が張り裂けるように、石や墓の開口部です。 Although most writers have regarded this as indicating the strictly chronological succession, there is nothing in the text to bind us to such a conclusion.現在、ほとんどの作家が、厳密に年代を示すと考え、この後継者として、何も表示されたテキストには問い合わせしてみて結論をバインドする。 Thus, while the rending of the Veil is recorded first, as being the most significant token to Israel, it may have been connected with the earthquake, although this alone might scarcely account for the tearing of so heavy a Veil from the top to the bottom.したがって、ベールが、胸が張り裂けるように記録を第一に、トークンをされてイスラエルの最も重要なことも地震に接続して、これだけで泣いているのかもしれないので、ほとんどアカウントを大量にベールの底からのトップへ戻るです。

Even the latter circumstance has its significance.後者はさえ、その意義状況です。 That some great catastrophe, betokening the impending destruction of the Temple, had occurred in the Sanctuary about this very time, is confirmed by not less than four mutually independent testimonies: those of Tacitus, [1 Hist.そのいくつかの大惨事は、間近に迫ったbetokening 、同寺の破壊は、発生していたこの非常に時間の聖域については、相互に確認されない未満の4つの独立した証言:これらのタキトゥス、 [ 1履歴です。 v. 13.] of Josephus, [2 Jew. v. 13 。 ]ヨセフス、 [ 2ユダヤ人である。 War vi.戦争Ⅵ 。 5, 3.] of the Talmud, [3 Jer. 5 、 3 。 ]は、タルムード、 [ 3 jerです。 Yoma 43 c; Yoma 39 b.] and of earliest Christian tradition. yoma 43 c ; yoma 39 b. ]最古とキリスト教の伝統です。 [4 So in the Gospel according to the Hebrews, from which St. Jerome quotes (in Matt. xxvii. 51, and in a letter to Hedibia) to the effect, that the huge lintel of the Temple was broken and splintered, and fell. [ 4これは、福音書によると、ヘブル人への手紙、聖ジェロームから引用符(のマットです。 27 。 51 、およびhedibiaに手紙を)への影響は、巨大なまぐさのは、同寺は、壊れたと細、および下落です。 St. Jerome connects the rending of the Veil with this, and it would seem an obvious inference to connect again this breaking of the lintel with an earthquake.]聖ジェロームベールに接続して、胸が張り裂けるようには、明白な推論とそれに接続すると思わ再びこの地震による破壊は、まぐさにします。 ]

The most important of these are, of course, the Talmud and Josephus.これらの最も重要なのは、もちろん、タルムードとヨセフスのです。 The latter speaks of the mysterious extinction of the middle and chief light in the Golden Candlestick, forty years before the destruction of the Temple; and both he and the Talmud refer to a supernatural opening by themselves of the great Temple-gates that had been previously closed, which was regarded as a portent of the coming destruction of the Temple.後者の神秘に話すの絶滅の真ん中の黄金の燭台兼最高の光を、 40年前に同寺の破壊;とタルムードの両方を参照して、彼とのオープニングを自身の超自然の偉大されていた寺-ゲイツ会長、以前は次の閉鎖されたと見なされて、今後の破壊を判断するの寺です。 We can scarcely doubt, that some historical fact must underlie so peculiar and widespread a tradition, and we cannot help feeling that it may be a distorted version of the occurrence of the rending of the Temple-Veil (or of its report) at the Crucifixion of Christ.私たちは、ほとんど疑い、その根底にあるいくつかの歴史的事実必要がありますので、広範な独特の伝統、およびヘルプことはできないような感じがするかもしれないのバージョンの歪曲が発生した場合に、胸が張り裂けるよう寺-ベール(またはその報告書)は、はりつけキリストです。 [5 A story is told in Jewish tradition (Gitt, 56 b, about the middle; Ber. R. 10; Vayyik. R. 22, and in other places) to the effect that, among other vilenesses, 'Titus the wicked' had penetrated into the Sanctuary, and cut through the Veil of the Most Holy Place with his sword, when blood dropped down. [ 5の物語は、ユダヤ人は伝統( gitt 、 56 b 、については、中間; BERを計算します。 r. 10 ; vayyik 。 r. 22日、およびその他の場所)への影響は、他のvilenessesのうち、 'タイタスの邪悪な'聖域に侵入するが、ベールを切って進むと、最も神聖な場所での彼の剣を抜き、ドロップダウン時に血液です。

I mention the legend to express my emphatic protest against the manner in which Dr. Joel (Blicke in d. Religionsgesch. i. pp. 7, 8, treating of the passage in the Midr. on Lam. ii. 17) has made use of it.私の意を表したいとの伝説に言及断固たる態度では博士に抗議するジョエル( blicke 、 d. religionsgesch 。 i. pp 。 7日、 8日、治療の通過には、 midrのです。上ラムです。 Ⅱ 。 17 )が使用のことです。 He represents it, as if the Veil had been rent (Zerreissen des Vorhanges bei d. Tempelzerstorung), not cut through by Titus, and on the basis of this misrepresentation has the boldness to set a legend about Titus side by side with the Evangelic account of the rending of the Temple-Veil!彼はそれを表し、ベールていた場合は、家賃( zerreissenデvorhangesバイd. tempelzerstorung )ではなく、カットされタイタスを通じて、およびこれに基づいて虚偽の陳述には、大胆さを設定するに伝説と並んで、約タイタスevangelicアカウント胸が張り裂けるように、同寺-ベール! I write thus strongly because I am sorry to say that this is by no means the only instance in which Jewish writers adapt their quotations to controversial purposes.このように書いている今強くごめんを言うためではありませんが、このインスタンスを意味するだけでは適応系ユダヤ人の作家が物議を醸すの目的を引用します。 Joel refers to Dr. Sachs, Beitr.ジョエルを参照してドクターマンサックス、 beitrです。 ip 29, but that learned writer draws no such inference from the passage in question.] IPの29日、しかし、そのような推論から学んだ作家の通過に分けてください。 ]

But even if the rending of the Temple-Veil had commenced with the earthquake, and, according to the Gospel to the Hebrews, with the breaking of the great lintel over the entrance, it could not be wholly accounted for in this manner.しかし、たとえ、胸が張り裂けるように寺-ベールは、地震の開始、および、福音書によると、ヘブル人への手紙を、偉大なまぐさの破壊の入り口の上の、それの割合はできませんでしたこのような方法で完全にします。 According to Jewish tradition, there were, indeed, two Veils before the entrance to the Most Holy Place.ユダヤ教の伝統によると、あるが、実際のところ、スカーフの前に2つの入口に、最も神聖な場所です。 [a Yoma v.] The Talmud explains this on the ground that it was not known, whether in the former Temple the Veil had hung inside or outside the entrance and whether the partition-wall had stood in the Holy or Most Holy Place. [ yoma v. ]タルムードこれを説明することはない地面に知られ、前者のかどうかにかこつけていた寺の内部または外部の入り口とハングアップ、パーティションの壁が立っていたかどうかは、神聖なまたは最も神聖な場所です。 [b Yoma 51 b.] Hence (according to Maimonides) [c Hilkh. B詳細yoma 51 b. ]したがって、 ( maimonidesによると) [ C言語hilkhです。 Beth ha-Bech, iv.ベスハ-ベック、 Ⅳ 。 2, ed. 2 、エドです。 Amst vol. amst !です。 iii. Ⅲ 。 p. 149 b.] there was not any wall between the Holy and Most Holy Place, but the space of one cubit, assigned to it in the former Temple, was left unoccupied, and one Veil hung on the side of the Holy, the other on that of the Most Holy Place. 149 b. ]があったの壁の間にはない神聖な、最も神聖な場所は、 1つの空間が、腕尺、それを元に割り当てられている寺は、左の空いている、と1つのベールの側面にハングアップし、神聖な、他の上が、最も神聖な場所です。 According to an account dating from Temple-times, there were altogether thirteen Veils used in various parts of the Temple, two new ones being made every year.寺によると、アカウントのデートより倍、スカーフがあった全部で13の寺のさまざまな部分で使用され、 2つの新しいものは毎年行われています。

[d Yoma 54 a Kethub. 【直yoma 54をkethubです。 106 a; Sheqal. 106 、 ; sheqalです。 viii. Ⅷ 。 5.] The Veils before the Most Holy Place were 40 cubits (60 feet) long, and 20 (30 feet) wide, of the thickness of the palm of the hand, and wrought in 72 squares, which were joined together; and these Veils were so heavy, that, in the exaggerated language of the time, it needed 3000 priests to manipulate each. 5 。 ]スカーフの前に最も神聖な場所が40腕尺( 60フィート)長く、および20 ( 30フィート)幅、厚さは、手のひらの手、および鍛造で72正方形、一緒にされたメンバー登録、およびこれらのスカーフが重いので、それは、誇張された言語の時間になると、 3000司祭を操作する必要に応じてそれぞれのです。 If the Veil was at all such as is described in the Talmud, it could not have been rent in twain by a mere earthquake or the fall of the lintel, although its composition in squares fastened together might explain, how the rent might be as described in the Gospel.ベールはこのような場合は、すべてに記載されてタルムードには、家賃ことができなかったのもほんのトゥエインの秋には、地震やまぐさが、その組成が一緒に正方形しっかり説明するかもしれない、どのように記述して家賃かもしれないは、福音です。

Indeed, everything seems to indicate that, although the earthquake might furnish the physical basis, the rent of the Temple-Veil was, with reverence be it said, really made by the Hand of God.確かに、すべてのようことを示すために、提供するかもしれないが、地震の物理的な根拠は、家賃の同寺-ベールは、敬意をもってそれによると、本当に神の手によって行われた。 As we compute, it may just have been the time when, at the Evening-Sacrifice, the officiating Priesthood entered the Holy Place, either to burn the incense or to do other sacred service there.として私たちの計算、ことがありますときだけの時間も、夕方には、犠牲に、聖職に就くの司会の聖地入力して、線香のいずれかを焼くまたはこれを行うにある他の神聖なサービスです。 To see before them, not as the aged Zacharias at the beginning of this history the Angel Gabriel, but the Veil of the Holy Place rent from top to bottom, that beyond it they could scarcely have seen, and hanging in two parts from its fastenings above and at the side, was, indeed, a terrible portent, which would soon become generally known, and must, in some form or other, have been preserved in tradition.するまでに確認することではなく、高齢者としてツァハリアスの冒頭には、次の履歴の天使ガブリエルが、家賃の神聖な場所にかこつけて、上から下、それを超えてはほとんどが見られること、および2つの部分からつりテープ上記との側面には、実際のところ、ひどい驚異的なもの、これは一般的に知られすぐになる、としなければ、いくつかのフォームまたはその他の、伝統が保存されているのです。

And they all must have understood, that it meant that God's Own Hand had rent the Veil, and for ever deserted and thrown open that Most Holy Place where He had so long dwelt in the mysterious gloom, only lit up once a year by the glow of the censer of him, who made atonement for the sins of the people.かれらのすべての人たちは理解しなければ、それ自身の手つまり神の家賃にかこつけていたし、永遠に捨てられたとスローに最も神聖な場所に開いていたので長いの神秘に薄っすらと力説し、 1年に1回のみライトアップされたグロー彼の香炉、 whoは、人々の罪の償いをします。 [1 May this phenomenon account for the early conversion of so many priests recorded in Acts vi. [アカウントを5月1日にこの現象の変換を非常に多くの早期行為六司祭に記録されています。 7?] 7ですか? ]

Other tokens were not wanting.他のトークンが欠けています。 In the earthquake the rocks were rent, and their tombs opened.家賃は、地震の岩が、およびそれらの墓にオープンします。 This, as Christ descended into Hades.この、イエスキリストの子孫をハデスです。 And when He ascended on the third day, it was with victorious saints who had left those open graves.との3日目に登るときは、それは、それらの左に開いていた勝利の聖人who墓です。 To many in the Holy City on that ever-memorable first day, and in the week that followed, appeared the bodies of many of those saints who had fallen on sleep in the sweet hope of that which had now become reality.聖地を上の多くは、最初の日が刻々と記憶に残るし、 1週間では、出演者の多くは聖人の遺体の上で寝るwhoが低下していたの甘い希望を抱いて今すぐ現実になる。 [2 I dare express myself dogmatically on the precise import of St. Matt. [ 2やってみろdogmaticallyを自分の正確なインポートエキスプレス聖マットです。 xxvii. 27 。 52, 53. 52 、 53 。 Does it mean that they were actually clothed with the Resurrection-body, or with the body which they had formerly borne, or that many saints from out Hades appeared to those who loved them, and with them had waited for the Kingdom, in the forms which they had known?ことを意味していたが、実際に服を着て、体の復活か、または以前の体に負担ていたか、またはより多くの聖人が登場するハデスwho愛しているし、待っていたとしていたの王国は、フォーム知られていたのですか? We know too little of the connection between the other world and this, and the mode in which the departed may communicate with those here, to venture on any decided statement, especially as we take into account the unique circumstances of the occasion.]私たちの間の接続を知らな過ぎる、他の世界とは、とのモードではそれらの通信にディパーテッド年5月ここでは、任意の決定文をベンチャー企業、特に私たちのユニークな状況を考慮に入れるの機会です。 ]

But on those who stood under the Cross, and near it, did all that was witnessed make the deepest and most lasting impression.しかし、これらのwho十字架の下に立っていた、と近くには、参考に目撃されたすべての最深で最も消えない印象です。 Among them we specially mark the Centurion under whose command the soldiers had been.その中に私たちの特別なコマンドを記念して、兵士たちにセンチュリオンされていた。 Many a scene of horror must he have witnessed in those sad times of the Crucifixion, but none like this.ホラーに多くの場面ではこれらの目撃必要があります。彼は悲しい回をはりつけ、しかし、このようなしです。 Only one conclusion could force itself on his mind.力そのものを1つだけが彼の心の結論です。 It was that which, we cannot doubt, had made its impression on his heart and conscience.それは、これは、疑うことはできない、その印象を与えるていた彼の心と良心です。 Jesus was not what the Jews, His infuriated enemies, had described Him.イエスキリストはユダヤ人ではない、彼の激怒の敵、彼は説明します。 He was what He professed to be, what His bearing on the Cross and His Death attested Him to be: 'righteous,' and hence, 'the Son of God.'彼はどのような公言される彼は、どのような彼と彼の十字架上の死軸受彼を証言: '正義、 ' 、それゆえ、 '神の息子です。 ' From this there was only a step to personal allegiance to Him, and, as previously suggested, we may possibly owe to him some of those details which St. Luke alone has preserved.この一歩があっただけに個人的な忠誠をしてしまったら、と、以前は次の提案として、彼を借りていることがありますいくつかの可能性の詳細を聖ルカだけが保持されます。

The brief spring-day was verging towards the 'evening of the Sabbath.'簡単な春の日はvergingに向かって'の夜には、安息日です。 ' In general, the Law ordered that the body of a criminal should not be left hanging unburied over night.一般的には、法の指示をした犯罪者は、体の左側のつり埋葬されていないことはできませんの部屋です。 [a Deut. [ deutです。 xxi. xxi 。 23; comp. 23 ;のCOMPです。 Jos. Wariv. jos. warivです。 5, 2] Perhaps in ordinary circumstances the Jews might not have appealed so confidently to Pilate as actually to ask [3 'ask,' St. John xix. 5 、 2 ]たぶん普通の状況においては、ユダヤ人がない可能性がpilateとして控訴するので、実際に自信を求める[ 3 'が要請すれば、 '聖ヨハネ19 。 31.] him to shorten the sufferings of those on the Cross, since the punishment of crucifixion often lasted not only for hours but days, ere death ensued. 31 。 ]彼を短縮するこれらの十字架上の苦しみ、以来、処罰だけでなく、何時間も続いたはりつけしばしばしかし、日中に、やがて死ensued 。 But here was a special occasion.しかし、ここでは、特別な機会です。 The Sabbath about to open was a 'high-day', it was both a Sabbath and the second Paschal Day, which was regarded as in every respect equally sacred with the first, nay, more so, since the so-called Wavesheaf was then offered to the Lord.会社の安息日を開くには、 '高-日' 、それは安息日の両方を2番目の復活祭の日、すべての点では平等と見なされると、最初の神聖な、いや、もっとので、以来、いわゆる当時wavesheafを提供する主です。

And what the Jews now proposed to Pilate was, indeed, a shortening, but not in any sense a mitigation, of the punishment.今すぐ、ユダヤ人とどのような提案してpilateは、確かに、短縮、しかし意味するわけではないの軽減、懲罰です。 Sometimes there was added to the punishment of crucifixion that of breaking the bones (crucifragium) by means of a club or hammer.時にはがあったの懲罰のはりつけに追加されましたが、骨の破壊( crucifragium )は、クラブやハンマーを意味します。 This would not itself bring death, but the breaking of the bones was always followed by a coup de grace, by sword, lance, or stroke (the perforatio or percussio sub alas), which immediately put an end to what remained of life.死をもたらす、このようなこと自体が、破るのに続いて、骨のはいつもとどめの一撃、剣を抜き、ランスか、または脳梗塞( perforatioまたはサブpercussioああ) 、すぐに終止符を打つことにどのような人生のままです。 [1 Comp. [ 1のCOMPです。 Friedlieb, Archaeol. friedlieb 、 archaeol 。 d. Leidensgesch. leidensgeschです。 pp.163-168; but especially Nebe, us ii. pp.163 - 168 ;しかし、特にnebe 、問い合わせⅡ 。 pp. pp 。 394, 395.] Thus the 'breaking of the bones' was a sort of increase of punishment, by way of compensation for its shortening by the final stroke that followed. 394 、 395 。 ]したがって、 '破壊の骨の髄まで'は、刑の執行の並べ替えの増加、その道の補償金の最後のストロークが短縮され続けています。

It were unjust to suppose, that in their anxiety to fulfil the letter of the Law as to burial on the eve of that high Sabbath, the Jews had sought to intensify the sufferings of Jesus.不当なことを仮定が、彼らに不安を達成して、同法の手紙を埋葬の前夜に、その高安息日は、ユダヤ人の苦しみはイエスキリストの強化を模索してきた。 The text gives no indication of this; and they could not have asked for the final stroke to be inflicted without the 'breaking of the bones,' which always preceded it.この兆候はないのテキスト、および彼らができませんでした要求されるの最後の行程を招いたのは、骨の破壊、 'が常に先行してください。 The irony of this punctilious care for the letter of the Law about burial and high Sabbath by those who had betrayed and crucified their Messiah on the first Passover-day is sufficiently great, and, let us add, terrible, without importing fictitious elements.皮肉は、次の堅苦しいの世話をするの手紙を埋葬法については、高安息日whoが裏切られると十字架にメシアの最初の過ぎ越しの日が十分に大きな、および、ご連絡の追加、ひどい、架空の要素をインポートします。 St. John, who, perhaps, immediately on the death of Christ, left the Cross, alone reports circumstance.聖ヨハネ、 who 、おそらく、すぐにイエスキリストの死は、左のクロス、一人の状況を報告します。

Perhaps it was when he concerted with Joseph of Arimathaea, with Nicodemus, or the two Marys, measures for the burning of Christ, that he learned of the Jewish deputation to Pilate, followed it to Praetorium, and then watched how it was all carried out on Golgotha.たぶん彼は協調性ていたときのジョセフarimathaea 、ニコデモか、または2つのメアリーは、キリストの燃焼対策を実施するため、その彼を知ったのはユダヤ人の代表pilate 、その後それをpraetorium 、と入力し、すべての実施はどのように見て上ゴルゴタです。 He records, how Pilate acceded to the Jewish demand, and gave directions for the crucifragium, and permission for the after-removal of the dead bodies, which otherwise might have been left to hang, till putrescence or birds of prey had destroyed them.彼は記録によりますと、ユダヤ人の需要をどのようpilate同意とは方向をcrucifragium 、およびアクセス許可を除去した後、遺体を他の左がハングアップするかもしれない、またはputrescenceまで猛禽類がかれらを滅ぼした。 But St. John also tells us what he evidently regards as so great a prodigy that he specially vouches for it, pledging his own veracity, as an eyewitness, and grounding on it an appeal to the faith of those to whom his Gospel is addressed.しかし、聖ヨハネも彼は明らかにどのような点を教えてくれるように特別に大きなvouchesの天才が彼には、彼自身の信憑約束は、目撃者として、および接地してこれらの信仰の訴えを込めて彼の福音書は誰に対処します。

It is, that certain 'things came to pass [not as in our AV, 'were done'] that the Scripture should be fulfilled,' or, to put it otherwise, by which the Scripture was fulfilled.これは、ある特定の'物事が下った時、 [特定のように私たちAVだけでなく、 'が行わ' ]は、啓典が果たされるが、 'または、他に言えば、啓典が果たされるのです。 These things were two, to which a third phenomenon, not less remarkable, must be added.これらのものが2つ、 3番目の現象ではなく、あまり注目すべきは、しなければならない追加されました。 For, first, when, in the crucifragium, the soldiers had broken the bones of two malefactors, and then came to the Cross of Jesus, they found that He was dead already, and so 'a bone of Him' was 'not broken.'は、第一に、ときには、 crucifragium 、兵士たちの2つの骨が壊れてmalefactors 、と入力し、イエスキリストの十字架が来て、彼らは既に死亡していたが見つかりましたなどの骨の彼'は'は壊れています。 ' Had it been otherwise, the Scripture concerning the Paschal Lamb, [a Ex.はそれもそうでなければ、この啓典の過ぎ越しの小羊、 [する例です。 xii. 12 。 46; Numb. 46 ;感覚を失った。 ix. 9 。 12] as well that concerning the Righteous Suffering Servant of Jehovah, [b Ps. 12 ]としての苦しみを与えているよう使用人に関する正しいエホバ、 B詳細psのです。 xxxiv. 34 。 20] would have been broken. 20 ]とも壊れています。 In Christ alone these two ideas of the Paschal Lamb and the Righteous Suffering Servant of Jehovah are combined into a unity and fulfilled in their highest meaning.これらの2つのアイデアだけで、キリストの復活祭の子羊のエホバの使用人と正義の苦しみが果たされるの団結とを組み合わせて、最高の意味を持つ。 And when, by a strange concurrence of circumstances, it 'came to pass' that, contrary to what might have been expected, 'a bone of Him' was 'not broken' this outward fact served as the finger to point to the predictions which were fulfilled of Him.とときに、奇妙な状況の同意を得ること'が下った時、 'は、どのようなかもしれない予想に反して、 'に骨の彼'は'は壊れて'この外側に指を事実として、これをポイントして、予測彼が果たされるのです。

Not less remarkable is the second fact.あまり注目すべきなのは2番目のない事実です。 If, on the Cross of Christ, these two fundamental ideas in the prophetic description of the work of the Messiah had been set forth: the fulfilment of the Paschal Sacrifice, which, as that of the Covenant, underlay all sacrifices, and the fulfilment of the ideal of the Righteous Servant of God, suffering in a world that hated God, and yet proclaimed and realising His Kingdom, a third truth remained to be exhibited.もし、キリストの十字架上の、これら2つの基本的なアイデアは、予言の説明をメシアの仕事をしていた定める:復活祭の犠牲の履行として、これは、と思われる契約は、アンダーレイのすべての犠牲を払う、との遂行正義の理想的な神のしもべ、苦しみを世界に嫌われ、神となり、実現はまだありません宣言と彼の王国は、 3番目の真実を引き続き展示される。 It was not in regard to the character, but the effects, of the Work of Christ, its reception, alike in the present and in the future.これと関連しての文字はないが、効果は、イエスキリストの仕事を、そのレセプションは、現在の似ていると考えています。 This had been indicated in the prophecies of Zechariah, [c Zech.この予言が示されていたゼカリヤ、 [ C言語ツェッヒです。 xii. 12 。 10] which foretold how, in the day of Israel's final deliverance and national conversion, God would pour out the spirit of grace and of supplication, and as 'they shall look on Him Whom they pierced,' the spirit of true repentance would be granted them, alike nationally and individually. 10 ]をforetellの過去過去分詞方法については、その日、イスラエルの最後の救出と国家のコンバージョン、神がドッと出て来るの精神の恵みを受けてと懇願し、 'かれらはかれらに見て彼に穴を開け、 'の精神を真の悔い改めが付与それらは、全国と個別に似ています。

The application of this to Christ is the more striking, that even the Talmud refers the prophecy to the Messiah.イエスキリストのアプリケーションは、次のには、他の印象、それさえ、タルムードを参照してメシアの予言です。 [d Sukk. 【直sukkです。 52 a] And as these two things really applied to Christ, alike in His rejection and in His future return, [e Rev. i. 52 ]と、これら2つのものとして実際に適用さイエスキリストは、彼の拒絶反応が似ていると、彼の将来に戻り、 [メール改訂i. 7] so did the strange historical occurrence at His Crucifixion once more point to it as the fulfilment of Scripture prophecy. 7 ]そうだった彼のはりつけの奇妙な歴史的な出来事として一度の履行をポイントして他の啓典を予言します。 For, although the soldiers, on finding Jesus dead, broke not one of His Bones, yet, as it was necessary to make sure of His Death, one of them, with a lance, 'pierced His Side, with a wound so deep, that Thomas might afterwards have thrust his hand into His Side.は、は、兵士たちは、イエスキリストを見つける死んで、彼の骨broke特定の1つは、まだ、それは彼の死を確かめる必要がある、それらの1つで、ランス、 'ピアス彼のサイドでは、深い傷ので、その後はトーマスかもしれないが彼の手を自分の側の推力です。 [f St. John xx. [ ♀聖ヨハネのXXです。 27] 27 ]

And with these two, as fulfilling Holy Scripture, yet a third phenomenon was associated, symbolic of both.と、これらの2つは、充実した教典として、 3番目の現象はまだありませんが関連付けられた、象徴の両方のです。 As the soldier pierced the side of the Dead Christ, 'forthwith came there out Blood and Water.'兵士としての側面にピアスオブザデッドイエスキリスト、 '即座に来たの血と水がアウトです。 ' It has been thought by some, [1 So, with various modifications, which need not here be detailed, first, Dr. Gruner (Comment. Antiq. Med. de Jesu Christ Morte, Hal. 1805), who, however, regarded Jesus as not quite dead when the lance pierced the heart, and, of late, Dr. Stroud (The Physical Cause of the Death of Christ, 1871), and many interpreters (see Nebe, us pp. 400, 401).] that there was physical cause for this, that Christ had literally died of a broken heart, and that, when the lance pierced first the lung filled with blood and then the pericardium filled with serous fluid, [2 But certainly not through a separation of the serum and the cruor, which is the mark of beginning putrefaction.] there flowed from the wound this double stream.いくつかの考えをされ、 [ 1ので、様々な変更をする必要はない、ここでの詳細は、第一に、博士グラナー( comment. antiq 。中です。デ主イエスキリストの死、ハル。 1805 ) 、 who 、しかし、イエスキリストと考えランスとしてはかなり死んだときに心臓に穴を開け、と、最近、博士ストラウド(の物理的な原因で発生するイエスキリストの死を、 1871 ) 、および多くの通訳( nebe 、問い合わせpp 。 400 、 401 ) 。 ]がある物理的な原因は、このためには、文字通りにイエスキリストが死亡した失恋する、とし、耳たぶに穴を開けたときに、最初のランス肺いっぱいに満ちている血液と入力し、漿液性心膜液、 [ 2しかし、確かに分離して血清を介していないとの血は、腐敗のマークの始まりです。 ]傷口からの流れがこの二重のストリームに出力します。 [3 The fullest and most satisfactory physical explanation is that given by the Rev. S. Haughton, MD, and reprinted in the Speaker's Commentary on 1 John, pp. [ 3 、全力を尽くすべきで最も満足のいく物理的な説明は、与えられた改訂s.ホートン、メリーランド、および転載は、話者の解説を1ジョン、 pp 。 349, 350. 349 、 350 。

It demonstrates, that this phenomenon would take place, but only if a person who was also being crucified died of rupture of the heart.] In such cases, the lesson would be that reproach had literally broken His Heart.ことを示し、この現象が行われるが、 who場合にのみ人は、十字架も心臓破裂で死亡した。 ]そのような場合、その教訓として非難する彼の心は、文字通り壊れた。 [a Ps. [ psのです。 ixix. ixixです。 20.] But we can scarcely believe that St. John could have wished to convey this without clearly setting it forth, thus assuming on the part of his readers knowledge of an obscure, and, it must be added, a scientifically doubtful phenomenon. 20 。 ]しかし、ほとんどと思われることを希望して聖ヨハネがこれを明確に設定することを伝えるもの、と仮定上の部分をこのように彼の無名の読者の知識を、そして、それに追加しなければならない、現象を科学的に疑わしい。 Accordingly, we rather believe that to St. John, as to most of us, the significance of the fact lay in this, that out of the Body of One dead had flowed Blood and Water, that corruption had not fastened on Him.したがって、私たちというと思われるの聖ヨハネ、ほとんどの問い合わせに、レイアウトの重要性を事実では、 1つが死んでから体外に排出する血液と水が流れ、その腐敗しっかりと固定さなかった彼です。 Then, there would be the symbolic meaning conveyed by the Water (from the pericardium) and the Blood (from the heart), a symbolism most true, if corruption had no power nor hold on Him, if in Death He was not dead, if He vanquished Death and Corruption, and in this respect also fulfilled the prophetic ideal of not seeing corruption.次に、象徴的な意味が伝えられたのは、水(心膜)との血液(心臓)は、ほとんどの象徴trueの場合、腐敗がない場合にパワーもしっかりつかまって彼は、彼はまだ死んで死の場合は、もし彼は打ち負かさ死と腐敗し、この点でも満たされない理想的な腐敗の予言です。 [b Ps. B詳細psのです。 xvi. 16 。 10.] 10 。 ]

To this symbolic bearing of the flowing of Water and Blood from His pierced side, on which the Evangelist dwells in his Epistle, [c 1 John v. 6.] and to its external expression in the symbolism of the two Sacraments, we can only point the thoughtful Christian.この象徴的軸受の血液から流れる水と彼のピアス側では、伝道者には、彼の信徒の棲むところ、 [ C言語1ジョンv. 6 。 ]と象徴性を発現させた後、その外付けの2つの秘跡ことができるのみキリスト教の時点での思慮深いです。 For, the two Sacraments mean that Christ had come; that over Him, Who was crucified for us and loved us unto death with His broken heart, Death and Corruption had no power; and that He liveth for us with the pardoning and cleansing power of His offered Sacrifice.ために、イエスキリストが来たということで2つの秘跡;ことを彼は、 whoが十字架を愛し問い合わせ先と彼の死に至る失恋、死と破壊力はない、と彼は我々の赦免をlivethとクレンジング力彼の犠牲に提供します。

Excerpts from Book 5, Chapter 15, Life and Times of Jesus the Messiah書籍の抜粋5 、第15章は、 イエスキリストの人生と時代の救世主
by Alfred Edersheim, 1886アルフレッドedersheimされ、 1886


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheim多くのリファレンスを参照してソースに彼の作品です。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.書誌事項のリソースとして、当社は、別の作成edersheim参考文献リストです。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼のすべての括弧内の参考文献を示すの作品のページ番号を参照している。


Also, see:また、参照してください:
Cross クロス
Crucifix 十字架
Words Inscribed on the Cross 十字架上の言葉を内接
The Arising of Jesus イエスキリストの発生

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです