Pacifism平和主義

Advanced Information 高度情報

Pacifism is a term, derived from the Latin word for peacemaking, that has been applied to a spectrum of positions covering nearly all attitudes toward war.平和主義という言葉は、ラテン語から派生して言葉を和平、それが適用されたスペクトルのポジションをカバーしてほぼすべての戦争に対する人々の態度です。 On one extreme pacifist designates any person who desires peace, thus describing those who wage war as much as those who refuse participation in war. 1つの極端な平和主義者を何人who欲望の平和を指定、これらの記述who賃金戦争したがってできるだけ多くの参加を拒否されたwho戦争です。 On the other extreme pacifism also describes renunciation of force and coercion in all forms.極端な平和主義も説明し、他の放棄を強制力とすべてのフォームです。 A mediating definition sometimes distinguishes nonresistance, which renounces force in all forms, from pacifism, which rejects participation in war but allows the use of nonviolent kinds of force.無抵抗時には区別を調停で定義されて、強制的にすべてのフォームを放棄、平和主義、戦争の参加を拒否するしかし、これを使用すると、非暴力の種類の力を使用します。 It makes most sense to reserve the term "pacifism" for that part of the spectrum which includes at least a refusal to participate in war.ほとんどの感覚を予約することによりこの法律において"平和主義"をその部分のスペクトルが含まれて拒絶少なくとも戦争に参加しています。 Those individuals who refuse to do this are called conscientious objectors.これらの個人who拒否これを行うには良心的兵役拒否者と呼ばれています。

History履歴

Pacifism is one of three historic attitudes of the church toward war.平和主義は、次の3つの戦争の歴史的な態度は、教会に向かっています。 In some form it has existed throughout the entire history of the Christian church.何らかの形で存在することが全体の歴史を、キリスト教会もあります。 Since the fourth century it has often been overshadowed by the just war theory and the concept of crusade, or aggressive war for a holy cause. 4世紀以来、覆いされることがしばしばだけの概念を十字軍戦争の理論とか、または積極的に神聖な大義のための戦争です。 The early church was pacifist.初期の教会は平和主義者です。 Prior to AD 170-80 there are no records of soldiers in the Roman army.広告の前にレコードが存在しない170から80までは、ローマ軍の兵士のです。 Following that epoch there are both Christians in the army and also writings which opposed the practice from church fathers such as Tertullian.エポックには、次のように両方のキリスト教徒は、軍との練習よりも記述が教会に反対して父親のようなテルトゥリアヌスです。 Some Christian writers sanctioned police functions and military service, provided these did not entail bloodshed and killing.いくつかの機能とキリスト教の作家の軍事警察の認可サービス、提供、これらの流血を伴うと殺害しなかった。 Under Emperor Constantine, who closely identified the interests of the empire with the interests of Christianity, Christian soldiers were common.皇帝コンスタンティヌスされて、 who密接な帝国の利益を発見するの利益を、キリスト教、キリスト教の兵士が共通です。 During the rule of Theodosius II only Christians could serve as soldiers.テオドシウス2世の支配の中にはキリスト教徒としての兵士のみです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
When confronted by the barbarian invasions that seemed to threaten Roman civilization and thus the Christianity identified with it, Augustine of Hippo developed the idea, rooted in Roman Stoic philosophy and first given a Christian formulation by Ambrose, which has come to be called the just war theory.野蛮人の侵略に直面したときに、したがってローマ文明を脅かすように、キリスト教の識別には、アウグスティヌスのカバを開発しており、第一に根差したローマン禁欲的な哲学とアンブローズ与えられたキリスト教の定式化され、これが来て戦争と呼ばれるだけ理論です。 It intended not to advocate war but to limit the conditions under which Christians could participate in war, accepting it as an unfortunately necessary tool for preserving the civilization to which Christianity belonged.しかし、戦争を提唱することを意図しないように条件を制限して戦争に参加されてキリスト教徒が、残念ながら必要なツールとして受け入れることを保持するために、キリスト教文明に属しています。 Since Augustine some form of the just war theory has been the majority position of most Christian traditions.アウグスティヌス以来いくつかの形式の理論だけ戦争のほとんどがキリスト教の伝統の大多数の位置です。

In the Middle Ages the idea of the crusade developed from another attempt by the church to limit warfare.は、中世の十字軍という考えから開発された教会を制限する別の試み戦です。 The peace of God and the truce of God limited times for fighting and banned clerical participation in war.停戦協定の平和の神と神の限られた時間と戦って、戦争の参加を禁止事務です。 To enforce these limitations the church itself came to conduct warring activity.これらの制限を強制的に適用自体が教会の活動を実施するいがみあっているのです。 This act associated war with a holy cause, namely the enforcement of peace.この法律戦争に関連付けられた神聖な原因、すなわち平和の施行のです。 This association developed into the crusades, the holy cause of rescuing the Holy Land from the Moslems.この協会に発展し、十字軍は、神聖な救済が原因で発生するイスラム教徒の聖地からです。 Pope Urban II preached the first crusade in 1095.ウルバヌス2世の最初の十字軍の説教1095 。 In either religious or secular versions the crusade has been a part of the church's tradition ever since.宗教や世俗のいずれかのバージョンの一部の十字軍されて以来、教会の伝統です。

During the Middle Ages it was the sectarians who kept alive the pacifist tradition.中世の間に生かさwho sectariansそれは、平和主義の伝統のです。 Groups of Waldensians and Franciscan Tertiaries refused military service.グループのワルドー派とフランシスコtertiaries兵役を拒否した。 The Cathari were pacifist.平和主義者のcathariがします。 The Hussite movement developed two branches, a crusading one under blind general Jan Zizka and a pacifist one under Peter Chelciky.フス運動を開発する2つの支店は、 1つの追及を続ける盲目の総合1月ジシュカとされて1つの平和主義者ピーターchelcikyされています。

The period of the Renaissance and Reformation saw assertions of all three attitudes toward war.改革の期間とのこぎりのルネサンスアサーションのすべての3つの戦争に対する人々の態度です。 Renaissance humanism developed a pacifist impulse, of which Erasmus is one of the most important examples.ルネサンスヒューマニズム平和主義者の衝動を開発した、そのうちの1つエラスムスは、最も重要な例を紹介します。 Humanist pacifism appealed to such philosophical and theological principles as the common humanity and brotherhood of all persons as children of God, the follies of war, and the ability of rational individuals to govern themselves and their states on the basis of reason.ヒューマニストこのような哲学と神学を訴え平和主義の原則として共通の人類と兄弟愛のすべての人として、神の子供たちは、戦争の愚行、および個人の能力を合理的に支配する国に基づいて、自分自身との理由です。

All Protestant churches except the Anabaptists accepted the inherited tradition of the just war. Luther identified two kingdoms, of God and of the world. anabaptists受け入れを除いてすべてのプロテスタント教会の伝統を継承戦争の正当します。ルーサー発見2つの国、神との世界です。 While he rejected the idea of crusade, his respect for the state as ordained by God to preserve order and to punish evil in the worldly realm made him a firm supporter of the just war approach.十字軍アイデアを拒否しながら、彼の尊重を命じられる神としての状態を保存すると悪を罰するためには、世俗的領域の企業が彼を支持して戦争のアプローチだけです。 The Reformed tradition accepted the crusade concept, seeing the state not only as the preserver of order but also as a means of furthering the cause of true religion.十字軍の伝統を受け入れたの改革のコンセプト、見ての状態としてだけでなく、救助のために促進する手段としてだけでなく、真の宗教が原因で発生します。 Zwingli died in a religious war; Calvin left the door open to rebellion against an unjust ruler; and Beza developed not only the right but the duty of Christians to revolt against tyranny.ツウィングリ死亡し、宗教上の戦争;カルバン左側のドアを開けて、不当な支配者に反乱を起こす;とベザだけでなく、開発する権利義務のキリスト教徒が、専制政治に反抗しています。 Cromwell's pronouncement of divine blessing on the massacre of Catholics at Drogheda illustrates the crusade idea in English Puritanism.クロムウェルの宣告神の恵みがあらんことをドロイダカトリック教徒の大虐殺の考えを示して英語で十字軍清教徒の信仰です。

Alongside the wars of religion of the sixteenth and seventeenth centuries arose the pacifist traditions which for the most part have preserved their opposition to war until the present time.並行して宗教戦争が起きたのは16番目と17世紀の平和主義の伝統を守りながら、ほとんどの部分は戦争反対の立場を、現在の時間までです。 Pacifism emerged as the dominant position of the Anabaptists, who rejected not only the sword of war but also refused to engage in political life.平和主義の支配的な地位として浮上し、 anabaptists 、 who拒否されたかのように剣だけでなく、戦争に従事するだけでなく、政治生命を拒否しています。 Although their identification of two kingdoms paralleled Luther's analysis closely, the Anabaptists denied that Christians could in any way exercise the sword of the magistrate in the worldly kingdom.並列かかわらず、身分証明書の2つの国の分析ルーサー密接には、キリスト教徒がanabaptists否定して剣を行使するいかなる方法では、治安判事は、現世の王国です。 When Alexander Mack organized the Church of the Brethren in 1708, Anabaptism was the major impulse in dialectic with pietism.アレクサンダーマックときに教会を組織して、兄弟で1708 、 anabaptism弁証法的には、主要な衝動にpietismです。 While Quakers, who emerged in the midseventeenth century, distinguished the kingdom of God from that of the world, they did not utterly despair of the world and involved themselves in its political processes up to the point of war.クエーカー教徒間、 who midseventeenth世紀に登場して、神の王国を識別している世界から、彼らに絶望しなかったの世界と全く関係の政治的プロセスにそれ自身を戦争の最大のポイントです。 Appeals to individual conscience played an important role in Quaker nonviolent political activity on behalf of justice and peace.控訴を個々の良心に重要な役割を果たすクエーカー教徒の非暴力の政治活動に代わって正義と平和です。 Anabaptists, the immediate predecessors of the Mennonites, were the most withdrawn from participation in government, with the Quakers the least separated. anabaptistsは、前任者の即時mennonites 、ほとんどの廃止は、政府からの参加を、最低のクエーカー教徒の分離します。 The Brethren occupied a median position.占領下の中央の位置の兄弟です。

Wars in North America, from Puritan conflicts with the Indians through the Revolutionary War to the world wars, have all been defended in religious and secular versions of the just war theory or the crusade idea.ウォーズ北米では、インディアンの競合を回避するより清教徒革命戦争を通じて世界大戦して、が採用されて、宗教と世俗のバージョンの弁護されたばかりの十字軍戦争の理論や考えです。 For example, World War I, fought "to make the world safe for democracy," was a secular crusade.たとえば、次世界大戦で戦った"世界の安全を作る民主主義、 "十字軍は、世俗的です。 Throughout the North American experience Mennonites, Brethren, and Quakers maintained a continuing if at times uneven witness against war as well as a refusal to participate in it.北アメリカの経験を通してmennonites 、兄弟、およびクエーカー教徒の継続維持して戦争に反対する場合は回だけでなくでこぼこの証人への参加を拒否してください。 In the twentieth century they have come to be called the historic peace churches.のは、 20世紀に来てと呼ばれる彼らは歴史的な平和教会です。

The nineteenth century saw the formation of a number of national and international pacifist societies. 19世紀の形成を見た、いくつかの国内および国際社会の平和主義者です。 The Fellowship of Reconciliation was founded as an interdenominational and international religious pacifist organization on the eve of World War I and established in the United States in 1915.旅の仲間として設立宗派間の和解と国際組織の宗教的な平和主義者の第一次世界大戦の前夜と、米国で1915年に設立されています。 It continues today as an interfaith activist force for peace.異教徒間のこととして続けて今日の平和のための活動力です。 In reaction to the horror of World War I and buttressed by an optimistic belief in the rationality of humanity, the period between the world wars saw another wave of pacifist sentiment, both inside and outside the churches.での反応を次世界大戦の恐怖をbuttressedされると楽観的な考え方は、人類の合理性、世界大戦の期間の間に別の波の平和主義者のセンチメントは、内部と外部の両方の教会です。 These efforts to create peace included political means such as the League of Nations and nonviolent pressure such as the activities of Mohandas Gandhi to influence British withdrawal from India.これらの努力の平和含まれるものを作成するなどの政治的な手段リーグの国と非暴力の圧力などの活動に影響を与える英国モハンダスガンジーインドから撤退します。

Spurred by the growing possibility of a nuclear holocaust and the realization that military solutions do not fundamentally resolve conflicts, the era begun in the late 1960s is experiencing another round of increasing attention to pacifist perspectives.成長の可能性を駆り立てられて、核による大量殺りくやソリューションの実現にはありません根本的に解決するための軍事紛争の時代には1960年代後半に開始され別のラウンドの増加が発生平和主義者の視点に注意をします。 In addition to the historic peace churches, denominations which have traditionally accepted the just war theory or the crusade idea have also issued declarations accepting pacifist positions within their traditions.に加えて、歴史的な平和教会、宗派が伝統的に承認されたばかりの十字軍戦争の理論やアイデアも発行平和宣言を受け入れる彼らの伝統のポジションにします。 Two significant examples are Vatican II's Pastoral Constitution on the Church in the Modern World, which for the first time endorsed pacifism as compatible with Catholic teaching, and the declaration of the United Presbyterian Church (USA), Peacemaking: The Believer's Calling.バチカン2世の2つの重要な例としては、憲法上の教会の牧師は、現代の世界、これを承認平和主義としての最初の時間と互換性がカトリックの教えを、と宣言した米長老教会(アメリカ合衆国) 、和平:信者の呼び出しです。

Intellectual Basis for Pacifism平和主義の基礎を知的

Pacifism encompasses many kinds of oppositions to war, deriving support from a variety of overlapping philosophical, theological, and biblical sources, not all of which are explicitly Christian.平和主義には多くの種類の戦争反対勢力を、さまざまな支援を導出重複哲学、神学、および聖書によると、これが明示的に特定のすべてのキリスト教です。

Pacifism may proceed from various pragmatic and utitarian arguments. 5月より様々な実用主義と平和主義utitarian引数を続行します。 Consideration of the destructiveness of modern warfare and the realization that it fails to resolve conflicts can lead to the conclusion that avoidance of war best serves the interests of humanity at all levels, from the individual person to the human race as a whole.ダメージを考慮しての実現に現代の戦争や紛争を解決することに失敗することにつながる、という結論に最高の戦争を回避することは人類の利益をあらゆるレベルで、より、個々の人を全体として、人間のレースです。 The threat of nuclear war has given these arguments particular weight in recent times, resulting in what has been called nuclear pacifism.核戦争の脅威を与えられたこれらの引数は、特定の重量は最近のことであり、その結果、どのような核の平和主義と呼ばれるされています。

Varying individual and collective impulses may support these arguments.さまざまな個人や集団的衝動がありますこれらの引数をサポートします。 Pacifism can appear as the only logical extension of the categorical imperative.平和主義の論理だけの拡張子として表示されることは、絶対不可欠です。 Convictions concerning the uniqueness or sanctity of human life, whether based on intuition, logic, or divine revelation, proscribe war.有罪判決の独自性や人間の命の尊厳、直感かどうかに基づいて、ロジックか、または神の啓示は、戦争禁止します。 Others may adopt pacifist suffering not only as a means of unilaterally breaking the chain of violence which more violent acts will only prolong but also as an instrument to touch the conscience of the oppressors and turn them into friends. 5月の平和主義を採用するだけでなく、他の苦しみを一方的に破壊する手段として、暴力の連鎖は、他の暴力行為にのみこれを長引かせるだけでなく、楽器に触れるとしての良心をして友達と抑圧者と有効です。

Pacifism informs or is an outgrowth of a number of social and political strategies.平和主義は、伸長の通知や、いくつかの社会的および政治的な戦略です。 Some argue that political measures such as the negotiation of nuclear weapons bans and promotion of international cooperation are more effective than war in promoting peace.いくつかの政治的な措置と主張して核兵器の交渉などの禁止と国際協力の推進は、より効果的な戦争よりも平和を促進します。 Nonviolent techniques attempt not only to prevent the outbreak of violence but also to move society, even against its will, toward a more just disposition.非暴力のテクニックを試みるの発生を防ぐだけでなく、暴力を移動するだけでなく、社会でも反対の意志は、より公正な処分に向かっています。 Notable examples are the efforts of Gandhi and the movement of Martin Luther King, Jr., in the United States to acquire civil rights for black people.顕著な例としては、ガンジーの努力をするとの動きをマーティンルーサーキング牧師、米国の黒人公民権を取得する人々です。

As the dominant view of the early church pacifism stands squarely within the Christian tradition and has theological and biblical bases more specific to Christianity.支配的な見解として、初期の教会の平和主義スタンド正面には、キリスト教の伝統とは、より具体的に神学とキリスト教の聖書の基地です。 Pacifists appeal to the authority of the Bible, using specific texts such as the Decalogue and the Sermon on the Mount.平和主義の聖書の権威をアピールする、などのテキストを使用して特定の十戒と山上の垂訓です。 The incarnation and the priestly office of Jesus make his specific teachings authoritative and therefore binding on his followers.聖職者の事務所の化身とイエスキリストの教えに彼の固有の権限とその部下を拘束するためです。 Pacifism also finds support in broader biblical injunctions such as the call to express God's love to all persons or to witness to the presence of the Kingdom of God on earth.聖書の広範な平和主義もサポートされ見つかったの命令への呼び出しを表現するなど、神の愛をすべての人の目撃者が存在するかを、地球上で神の王国です。

The examples of Jesus and of the early church also support Christian pacifism.その例として、初期のイエスキリスト教会とキリスト教の平和主義もサポートします。 The incarnation defines Jesus' action as reflective of the will of God.イエスキリストの化身定義されて'アクションとして反射の神の意志です。 The ideas of imitation of Christ and obedience to his command to "follow me" then demand pacifism of those who understand Christians as followers of Jesus.のアイデアの模倣の服従を、キリストと彼のコマンドを"フォローミー"入力し、需要の平和主義の信奉者としてイエスキリスト教徒who理解しています。 Following includes specifically the idea that with Jesus they will endure suffering for the kingdom of God without violent resistance.次のように考えを具体的には含まれてイエスキリストの苦しみに耐えるため彼らは神の王国に暴力的な抵抗を実現します。 Beginning with the generation that experienced Jesus' personal headship, the church of the first century exemplifies obedience to the pacifist example of Jesus.イエスキリストを始めとした経験豊富な世代が'個人的な指導的地位は、教会の最初の世紀を代表する平和主義者の服従をイエスキリストの例です。

Theological motifs central to Christianity also support pacifism.キリスト教神学的なモチーフの中心に平和主義もサポートします。 For one, since life is sacred and a gift from God, no individual has the right to take it.その1つは、神聖にして以来人生は神からの賜物、個々には、権利を持っています。 This divine source of life leads directly to the brotherhood of all persons and their divinely given purpose of living for God as his children.この神の元の生活に直結すると、同胞団のすべての人の生活を神に与えられた神の目的として自分の子供たちです。 With every human being then either actually or potentially a child of God, no Christian may take the life of a fellow member of the family of God.すべての人間性や潜在的に実際のいずれかを入力し、神の子と、キリスト教がかかる場合があります員の生活をする神の家族の一員のようです。 The presence of the kingdom of God on earth similarly links all persons under God's rule and therefore proscribes violence toward anyone.神の王国が存在する地球上ですべての人同様にリンクされて、神の支配と暴力proscribesしたがって誰に向かっています。

JD Weaver米国JDウィーバー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
RH Bainton, Christian Attitudes Toward War and Peace; P. Brock, Pacifism in the United States; RG Clouse, ed., War: Four Christian Views; JG Davies, Christians, Politics and Violent Revolution; V. Eller, War and Peace from Genesis to Revelation; J. Ellul, Violence: Reflections from a Christian Perspective; J. Ferguson, The Politics of Love; E. Guinan, ed., Peace and Nonviolence; GF Hershberger, War, Peace, and Nonresistance; AF Holmes, ed., War and Christian Ethics; J.-M. rh bainton 、キリスト教的な姿勢を戦争と平和; p.ブロック、平和主義、米国;のRGクラウズ、エド。 、戦争: 4つのキリスト教の再生回数; jgデイビス、キリスト教徒は、政治と暴力革命; v.エッレル、戦争と平和から創世記の啓示; j.エリュール、暴力:キリスト教の視点からの反射; j.ファーガソンは、政治への愛; e.ガイナン、エド。 、平和と非暴力; gfのhershberger 、戦争、平和、および無抵抗;心房細動ホームズ、エドです。 、戦争とキリスト教の倫理; j.-m. Hornus, It Is Not Lawful for Me to Fight; J. Lassere, War and the Gospel; MC Lind, Yahweh Is a Warrior; GHC Macgregor, The NT Basis of Pacifism; R. McSorley, NT Basis of Peace Making; P. Mayer, ed., The Pacifist Conscience; WR Miller, Non-Violence: A Christian Interpretation; G. Nuttall, Christian Pacifism in History; hornus 、合法的ではない、私には戦う; j. lassere 、戦争と福音をカセットリンド、ヤハウェは、戦士; GHCのマグレガーは、 NTの基礎と平和主義; r. mcsorley 、 NTの基礎と平和のメーカー; p.メイヤー、エドです。は、平和主義者の良心; wrミラー、非暴力:キリスト教の解釈; g.ナトール、キリスト教平和主義の歴史;

CG Rutenber, The Dagger and the Cross; G. Sharp, Exploring Nonviolent Alternatives and The Politics of Nonviolent Action; RJ Sider, Christ and Violence; RK Ullman, Between God and History; A. Weinberg and L. Weinberg, ed., Instead of Violence; JC Wenger, Pacifism and Biblical Nonresistance; JH Yoder, Nevertheless: Varieties of Religious Pacifism, The Original Revolution, and The Politics of Jesus. cg rutenberは、ダガーとクロス; g.シャープ、探索非暴力の代替案と非暴力の政治行動;のRJサイダー、イエスキリストと暴力; rkウルマン、神との間の歴史; a.ワインバーグとl.ワインバーグ、エド。 、代わりに暴力; jcウェンガー、平和主義と聖書の無抵抗;公団yoder 、にもかかわらず:種類の宗教的な平和主義は、元の革命は、イエスキリストの政治とします。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです