Christian View of Philosophyキリスト教哲学の対象

Advanced Information 高度情報

Certain Greek thinkers in the seventh and sixth centuries BC were the first to call themselves philosophers, literally "lovers of wisdom."特定のギリシャの思想家で7番目と紀元前6世紀の哲学者が自身の最初のを呼び出すには、文字通り"恋人たちの知恵です。 " Discounting the traditional myths, doctrines, and common sense of the priests and poets of classical Greece, the first philosophers held that the most important questions all human beings need to answer are those concerning social order and the origin, nature, and development of the material world.割引、従来の神話、教説は、司祭と、常識を持って、古典ギリシャの詩人、哲学者の最初の開催は、最も重要な質問に答える必要なすべての人間は、それらの起源に関する社会の秩序と、自然と開発の素材世界。 Their method of approaching these questions included the critical scrutiny of confessedly human theories about the natural order.これらの質問に接近する方法の批判的な精査を疑う余地も含まれるものは人間の理論については、自然界の秩序です。 Alleged revelation from the gods offered by the religious leaders was explicitly repudiated.神々の疑惑で提供されてからの啓示の宗教指導者が明示的に否認します。 Not all philosophers since the first ones in ancient Greece have been antisupernaturalists, but they have all been concerned primarily with the most basic questions common to every human being, and they have adopted a method which tries to be critical of every assertion and the assumptions behind it.すべての哲学は古代ギリシャ以来の最初のものでantisupernaturalistsも、かれら関係者が採用されて主に、最も基本的な質問に共通するすべての人間、と彼らは法を採択した。しようとするすべての主張に批判的であるとの仮定の背後それ。

Focusing on the most fundamental and general issues facing mankind, philosophers traditionally have attempted to synthesize all knowledge into a coherent, consistent system.に焦点を当て、一般的な問題に直面する最も基本的な人類は、哲学者伝統的にはすべての知識を合成する試みをコヒーレント、一貫したシステムです。 No scientist or group of scientists can accomplish this task, for they are all limited in the scope of their investigations to just parts or certain aspects of the experienced world.科学者や科学者のグループのタスクを達成するために、彼らは彼らのすべての捜査の範囲を限定され部品や、特定の側面だけを、経験豊富な世界です。 The dominance of the scientific method in the modern era has brought with it a skepticism by many, including some scholars in philosophy, about going beyond the methods of science in describing reality.科学的方法での優位性をもたらし、現代の時代に多くのことを懐疑的には、いくつかの学者で哲学を含め、約越えた科学を記述する方法現実です。 Consequently the synthetic and synoptic function of philosophy is considered less than attainable by some philosophers today.その結果、総観の関数の合成未満の哲学は達成できると考えられたいくつかの哲学者です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
More in vogue presently is the other characteristic associated with the philosophers from the time of the ancient Greeks onward, namely, their attempt to be analytical.現在の他の流行は、他の哲学者の特性に関連付けられてからの時間は、古代ギリシア以降、すなわち、彼らの試みを分析します。 In this role the philosopher gives leadership in the careful evaluation of the assertions, concepts, assumptions, methods, and conclusions of anyone who claims to be describing reality or prescribing for human behavior.この役割は、哲学者でリーダーシップを発揮し、慎重な評価は、アサーション、コンセプト、前提条件、メソッド、および結論を誰who請求の範囲や処方される現実の人間の行動を記述します。

The Four Types of Philosophical Problemsの4つの種類の哲学的問題

Logicロジック

Distinguishing good reasoning from bad cannot be done scientifically, for the ability to make this distinction is presupposed by all thinkers, scientific or otherwise.良い悪い区別することはできないことから推論科学的には、この区別する能力が前提にすべての思想家、科学的または他のです。 The philosophical field of logic seeks to ascertain the principles of the thought patterns one ought to follow if reality is to be reflected adequately or if reality is intentionally not being reflected in one's thought or utterances.シークの哲学を解明する分野の論理思考パターンを1つの原則を現実にしたい場合に使います。以下の場合は、適切に反映されるかの場合に反映される現実が意図的には自分の考えや発言です。 Thus logic is the normative discipline of correct reasoning as such.このようにロジックは、規範的推論としての規律正しいようです。

Theory of Knowledge理論の知識

Although as important as any area in philosophy, the theory of knowledge, also designated epistemology, has seen surprisingly little progress in moving past the issues raised by the first philosophers over two and a half millennia ago.任意の領域では同じくらい重要だとの哲学では、その理論の知識、認識論も指定は、驚くべきことに、ほとんど進展は見られるの移動中には過去の問題提起されたとの最初の2つの哲学者の半分以上千年前です。 These issues include the definition, criteria, and sources of knowledge.これらの問題には、定義されて、基準、およびソースの知識です。 Equally significant is the question of whether there is a foundational structure of directly known principles of evidence upon which reasoning can be built.等しく重要なのかどうかは、基本構造を直接には、既知の原則に基づいて作られ推論の証拠を構築します。 Also, there is the problem of deciding on the conditions that must exist for a statement to be true.また、この問題の決定には上の条件が存在するためにしなければならないの発言は本当だ。

Metaphysics and Ontology形而上学とオントロジー

The term "metaphysics" was first used to refer to what Aristotle claimed to be "a science which investigates being as being and the attributes which belong to this in virtue of its own nature."この法律において"形而上学"が最初に使用されるアリストテレスを参照するにはどのような主張を"科学の調査がされている属性に属するとこれを独自の自然の美徳。 " He distinguished this "science" from all the "so-called special sciences," for none of them dealt "generally with being as being."彼は著名なこの"科学"からのすべての"特別な科学いわゆる"をなしに処理"され、通常でいることです。 " Although the etymology and traditional use of the term "ontology" makes it a synonym of "metaphysics," its meaning has become narrowed in contemporary philosophy.語源および繁体字の使用は、この法律において"オントロジー"と同義であることを"形而上学、 "その意味で現代哲学狭くなっています。 This constriction began with Immanuel Kant's theoretical separation of reality from the appearance of reality and the limitation of human knowledge to the latter.このくびれが始まったとの分離をイマヌエルカントの理論的な現実の外観をより現実と人間の知識の限界を、後者です。

Prior to Kant metaphysics was commonly understood as the theoretical grasp of the overall structure of reality.カントの前によく理解されるの理論上の形而上学は、全体の構造を把握する現実です。 Following Kant's distinction between reality and appearance metaphysics has been seen by many as the dispelling of illusion about what can be known of reality, assuming the human inability to transcend the realm of appearance.次のカントの形而上学の外観現実との区別され多く見られるの幻想を抱い覆うとして知られ、現実で何ができるのは、人間の能力を超越すると仮定しての領域に出現します。

In the analytically oriented philosophy of today's English-speaking world metaphysics amounts to a rigorous examination of the concepts used when referring to the basic categories of being.解析指向の哲学は、今日の英語圏の世界形而上学金額して厳格な審査を参照する場合は、その概念に使われる基本的なカテゴリーである。 The term "ontology" is usually preferred, leaving "metaphysics" for the largely discredited speculative account of reality as a whole.この法律において"オントロジー"は、通常プリファード、残し"形而上学"は、投機筋のアカウントの信用を大きく全体としての現実です。 By way of contrast, continental European philosophy considers ontology to be the disclosure of the world of appearance which is reality.手段としては対照的に、欧州大陸の哲学オントロジー考慮されるの開示これは現実の世界に出現します。 Many philosophers, however, reject the kantian distinction between appearance and reality by striving to grasp reality as a coherent system toward which human thought is advancing.多くの哲学者、しかし、カント哲学を拒否するの外観と現実との区別を現実を把握する努力コヒーレントシステムとしての人間の思考が進んで向かっています。 For them metaphysics is understood in its traditional sense.かれらは、伝統的な意味で形而上学は理解されています。

Value Theory価値説

The fourth major department of philosophy includes ethics and aesthetics.第4回主要な倫理や哲学科の美学が含まれています。 The primary focus of the study of aesthetics is upon the question of whether beauty is relative to the observer.の主な焦点は、時の美学の研究の美しさは、相対的かどうかの問題を監視しています。 The answer has a direct bearing on the practical problem of whether standards should be imposed upon the creation, appreciation, and criticism of art works.その答えには、直接関係するかどうかの基準の実用的な問題を課したの創造すべきである、感謝、との批判を芸術作品です。

Ethics is mainly concerned with the grounds warranting human actions to be judged right or wrong, and persons and events good or evil.倫理は、主に懸念して人間の行動の理由warranting正しいか間違って判断される、と人とのイベントいいか悪いです。 Ethicists who take moral statements to be cognitively meaningful and who find an objective basis for ethical values are divided into two standpoints in their theory as to what makes human behavior morally right or wrong. ethicists who取る道徳的な意味を持つと認知されるステートメントwho見つけるの客観的な基礎を分けて2つの値は、倫理的な観点での理論としてはどのような人間の行動を道徳的に正しいか間違っている。 The teleological approach looks for the moral quality of an action in its tendency to bring about an intrinsically good state of affairs.目的論的アプローチは、道徳的な品質を探して、その傾向を持つアクションをもたらす本質的に良好な状態の問題です。 Instances of such states that have been proposed include the greatest pleasure for the largest number of people, the full development of one's potential as a rational being, and the attainment of eternal peace.このような状態のインスタンスを含めることが提案されて最大規模の最大の喜びを多くの人々は、 1つの完全な発展の可能性として合理的にし、永遠の平和を達成します。 The competing standpoint is that of deontological ethics, which maintains that the rightness or wrongness of some human actions is not based on the results of those actions.競合するのは義務論は、倫理的な観点、これを維持して不正行為を正しまたはいくつかの人間の行動ではないこれらの行動の結果に基づいています。 Keeping a promise, for example, is thought right in any situation, because it is one's duty or is commanded by God.維持を約束、たとえば、どんな状況には考え権利は、それが自分の義務だとか、神が命じられた。 Traditionally Christian ethics has had both teleological and deontological elements.キリスト教の倫理観てきた伝統的な目的論と義務論の両方の要素です。

The Christian Attitude Toward Philosophy哲学は、キリスト教な態度を取る

The apostle Paul's warning to the Colossian believers is clear: "See to it that no one makes a prey of you by philosophy and empty deceit, according to human tradition, according to the elemental spirits of the universe, and not according to Christ" (Col. 2:8).使徒パウロの警告をクリアcolossian信者たちは: "を参照して1つのことがない獲物の方には、空の哲学と詐欺は、人間の伝統によると、スピリッツによると、元素の宇宙ではなく、イエスキリストによると、 " ( Col 。 2時08分) 。 Such a warning was to be expected in light of what passed for philosophy in Paul's time.このような警告が予想されるために照らしてどのような哲学を渡されたポールの時間です。 But he makes a philosophical assertion himself by continuing in the same passage to point out that in Christ "the whole fulness of deity dwells bodily" and that Christ is "the head of all rule and authority" (Col. 8:9-10).しかし、彼は自分自身を継続的には哲学的主張と同じことを指摘して、キリストの通路"身体全体の棲むところfulnessの神"であり、イエスキリストは、 "頭のすべてのルールと権限" ( Col 。 8:9-10 )です。 Apparently Paul regarded at least some problems of interest to the philosophers of his day worth addressing.どうやらポールいくつかの問題を考え、少なくとも彼の1日の哲学者の関心が相当アドレッシングです。 For instance, "Christ" and "the elemental spirits of the universe" are taken by Paul to be alternative answers to a philosophical question he considers important.例えば、 "イエスキリスト"と"スピリッツの元素の宇宙"が撮影されるポールの回答を代替する重要な哲学的問題と考えています。

Secular philosophers began losing the initiative to Christian thinkers within a few centuries after Paul's death.世俗の哲学者思想家が始まったキリスト教のイニシアチブを失うことなく、数世紀後にポールの死のです。 Indeed, during the thousand years prior to the modern era virtually all European philosophers were Christians.確かに、中、千年の前に、現代の時代のほぼすべての欧州の哲学者がキリスト教徒です。 They took seriously the need of providing an interpretation of divine revelation in nature, Christ, and Scripture for a culture built on the framework of the ancient Greek philosophers.彼らは真剣に解釈する必要性を提供することで自然の神の啓示は、イエスキリスト、および啓典は、文化の枠組みの構築された古代ギリシャの哲学者です。 The basic questions every human must ask had been so clearly articulated by the Greeks that the Christian philosophers sought to formulate equally cogent answers from the standpoint of God's general and special revelation.すべての人間の基本的な質問を明確にしなければ関節要求されていたので、ギリシアの哲学者は、キリスト教の定式化を模索してきた平等の観点からは、説得力の回答や特別な神の啓示の全般的です。

Secular philosophy, often anti-Christian, has regained the leadership in the modern period.世俗の哲学では、しばしば反キリスト教、現代は、回復期のリーダーシップを発揮します。 The foundational issues with which philosophy deals have not changed, but their specific formulations and proposed solutions in the last few centuries have not always been compatible with Christianity.取引の哲学の根本問題が変更されていませんが、その具体的な配合との最後の数世紀ソリューションを提案されていないと互換性が常にキリスト教のです。 Hence, there is a great need for the insights and truths of divine revelation to be reestablished as being worthy of philosophical consideration.したがって、必要性には大きな神の啓示の真理の洞察や再確立されるに値する哲学的考察されています。

This goal of contemporary Christian philosophy cannot be attained apart from the assistance of biblical scholarship and theology, however.この目標を達成することはできません現代キリスト教哲学の助けを借りて聖書の奨学金は別に、神学、しかし。 Since orthodox Christianity is grounded upon, and intended to be consistent with, the events recorded and interpreted in Scripture, the Christian philosopher must come to understand Scripture as it understands itself.正統派キリスト教は、接地時以来、とに整合性を目的とし、解釈されるイベント記録して、啓典は、キリスト教哲学として啓典を理解する必要があります。来ること自体を理解します。 Of particular assistance will be theological interpretations of Scripture limited to the problems dealt with by God's inspired prophets and apostles.特定のアシスタンスは啓典の解釈を神学的に制限されている問題を扱って、神のインスピレーション預言者と使徒です。 The Christian in philosophy will build upon this theological framework but will never supplant it.哲学は、ビルド時には、キリスト教神学的枠組みしかし、このことは決してsupplantです。

Since much has been learned from and about both God's and mankind's creative work since the origin of the human race, the Christian thinker must contemplate more than the problems of concern to the biblical writers.より多くを学んだとされて以来の両方について、神の創造的な仕事と人類の起源以来、人間のレースでは、キリスト教思想家沈思黙考する必要があります以上の問題を懸念して、聖書の作家です。 Moreover, in order to encompass as much of God's truth as possible from natural revelation within a comprehensive view of the universe created and sustained by the merciful, loving God of Scripture, the Christian must engage in philosophical speculation.また、できるだけ多くの包含するために、神の真理から可能な限り自然の啓示に、宇宙の包括的なビューを作成し、持続的にして慈悲深く、愛情のこもった神の啓典は、キリスト教の哲学的思索に従事する必要があります。 This does not entail an outlook inconsistent with Scripture.これは啓典を伴うOutlookの矛盾しています。 Specifically, there is no need to repudiate the miraculous, historical events upon which the Christian faith rests.具体的には、否認する必要はありません、奇跡的、歴史的なイベントには、キリスト教の信仰休符です。

A philosopher's synthetic standpoint is not necessarily secular, much less anti-Christian, even though the first philosophy began this way and has largely reverted to this stance in the modern era.賢者の合成を世俗的な観点ではない、反キリスト教のはるかに少ないにもかかわらず、このように、最初の哲学とは、主に戻しましたが始まったこの姿勢は、現代の時代です。 All that a Christian must do to pursue philosophy properly is critically to scrutinize the discoveries, insights, and theories that have increased our knowledge of God's universe, and coherently to weave this knowledge into an adequate whole consistent with Scripture.すべては、キリスト教哲学を追求する必要がありますが決定的に適切な発見を精査し、洞察力、および理論を持つ私たちの知識を、神の宇宙の増加、およびコヒーレントに十分な知識を織りこの啓典全体の整合性です。 This will involve a consideration, assessment, and evaluation from the scriptural viewpoint of every area of the human quest for knowledge, for control of the environment, for human governance, and for artistic expression.これにより、関与を検討、評価、および評価の観点からの聖書のすべての事項を、人間の知識の追求をコントロールする環境は、人間のガバナンス、および芸術的表現します。

The Christian philosopher's overriding purpose is to love God with one's entire being, including the mind.哲学者は、キリスト教の神の愛のオーバーライドを目的にして全体を1つに、心を含む。 In addition, the Christian philosopher desires to assist the theologian in two important ways.加えて、哲学者の欲望は、キリスト教神学者を支援する2つの重要な方法があります。 One is to provide leadership in developing techniques of rigorous, critical analysis of both cultural and theological assumptions, concepts, and doctrines and their implications. 1つはリーダーシップを発揮する厳格な発展途上のテクニックを、重要な分析の両方の文化や神学的な前提条件、コンセプト、と教説とその意義です。 The other line of assistance is in the formulation of a synthetic and synoptic scheme of thought in order that the systematic theologian, particularly, can show Scripture to be relevant to contemporary life and thought.アシスタンスは、他の線は、総観計画の策定や思想を合成するためには、系統神学者、特に、啓典を示すことができるとされる現代の生活に関連する考えです。 The simple fact that any systematic theologican must adopt a philosophical system makes it crucial that Christian philosophers make available guidance in the selection and use of one consistent with the teachings of Scripture.単純な事実を任意の哲学体系を採用する必要があります。 theologicanシステムを構築して重要なことは、キリスト教哲学者の選択を利用できるよう指導して使用する1つの整合性が啓典を教えています。

SR Obitts sr obitts
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
RM Chisholm et al., Philosophy; MD Hunnex, Philosophies and Philosophers; HA Wolfson, The Philosophy of the Church Fathers; BL Hebblethwaite, The Problems of Theology; R. Nash, The Word of God and the Mind of Man; W. Corduan, Handmaid to Theology. rmチザムら、哲学;メリーランドhunnex 、哲学、哲学者;ハウォルフソンは、父親の教会の哲学; blヘブルスウェイトは、問題の神学; r.ナッシュは、神との心の中の単語男;ワットcorduan 、神学のお手伝いをします。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです