Positive Thinking肯定的な思考

Advanced Information 高度情報

Over the last decade or so a host of best-selling books have urged people to take a "positive" attitude to life.または過去10年間で最も売れているので、多くの人々を取るよう求めたの書籍は、 "肯定的"な態度を取るの生活です。 Some of these have been written from an explicitly Christian perspective, but the majority have been clearly secular.これらのいくつかを明示的に書き込まれ、キリスト教の観点から、大多数が、明確にも世俗的です。 Titles such as Robert Ringer's Looking Out for No. 1 (1978), David Schwartz's The Magic of Self-Direction (1975), and Wayne Dyer's Pulling Your Own Strings (1978) are typical of this genre of literature in its secular guise.リンガーロバートのタイトルなどを見てナンバー1 ( 1978 ) 、デビッドシュワルツの魔法を自己の方向( 1975 ) 、およびウェインダイアーのけん引して、文字列( 1978 )は、このジャンルの典型的な文学は、世俗を装っています。 The most popular religious writer in the new wave of positive thinkers is Robert Schuller with books such as Move Ahead with Possibility Thinking (1967) and his numerous seminars for church leaders and members.宗教的な作家で最も人気の波に肯定的な思想家、新しい書籍はロバートシュラーの道を歩むような可能性を考えて( 1967 )と彼の数多くのセミナーを教会の指導者やメンバーです。

Still popular today and a classic of its type is Dale Carnegie's How to Win Friends and Influence People (1936).今日と今でも人気のクラシックタイプはデールカーネギーの友達と影響力を人々に勝つ方法についての( 1936年)です。 Here the secular brand of positive thinking is seen at its best.ここでは世俗のブランドの肯定的な思考が見られる最善です。 Norman Vincent Peale represents the best of the older tradition of religiously motivated positive thinkers.ノーマンビンセントピールは、最高の宗教的動機に基づいた、古い伝統の肯定的な思想家です。 Although he published several books in the 1930s, his first success was A Guide to Confident Living (1948), which was followed by his even more successful the Power of Positive Thinking (1952).彼はいくつかの書籍を公開、 1930年代に、彼の最初の成功は自信の生活ガイド( 1948 ) 、これは、続いて彼の成功のパワーをもっと前向きな思考( 1952 ) 。 In the writing of these works Peale's mentor was the liberal theologian Harry Emerson Fosdick, whose On Being a Real Person (1943) expresses his mature thought on the subject.これらの作品は、書面でのメンターは、リベラル派の神学者ピールハリーエマーソンフォスディック、その上に、実在の人物( 1943 )彼の中高年考えで、被写体を表現します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The religious roots of positive thinking can be traced back to the revivalism of Charles G. Finney, whose emphasis on the human element in conversion and the ability of men to create revivals broke with the Calvinist heritage of New England.肯定的な思考の宗教的ルーツをさかのぼることがリバイバルのチャールズg.フィニー、その要素に重点を置いて、人間の能力の男性のコンバージョン、およびrevivals brokeを作成し、カルビン派の遺産のニューイングランドです。 As the inventor of "high pressure revivalism" Finney psychologized conversion and in his Lectures on Revivals of Religion (1854) gave his readers techniques for success.発明家としての"高圧力リバイバル"フィニーpsychologizedコンバージョン、および彼の講義をrevivals宗教( 1854 )の読者は彼の成功のための技術です。

The secular roots of positive thinking are found in New England transcendentalism, especially the works of Henry David Thoreau.世俗の根を肯定的な思考が見つかりましたニューイングランド超越論的、特にヘンリーデイヴィッドソローの作品です。 His now classic Walden or Life in the Woods (1854) develops a vision of faith as a psychological faculty which expresses a profound self-confidence in the ability of men and women to triumph in the ability of men and women to triumph against all odds.彼の今すぐクラシックウォールデンや生活では、森( 1854 )の開発をビジョンとして信仰深い心理的な教員が自己表現の能力に自信があるに勝利を収める男性と女性を男性と女性の能力をあらゆる予想を覆しての勝利です。

This faith in the will found expression in New Thought and Frank Haddock's best seller, Power of will, published in 1906.この信仰を表現する意志が見つかりました、新しい思想とフランクタラのベストセラー、パワーのは、 1906年に公開します。 Traces of it are also to be found in Christian Science and a host of other nineteenth century new religious movements.の痕跡を発見されることにも、クリスチャンサイエンスとホストの他の19世紀の新しい宗教的な動きをします。

Today the popularity of books like Napoleon Hill's Think and Grow Rich, first published in 1937, shows the continuity of this tradition.今日の人気の書籍のような豊かなナポレオンヒルの考えと成長を、 1937年に初版が刊行され、この伝統の連続性を示しています。 At the same time a host of television evangelists and other preachers offer the public encouragement through books and cassette tapes that assure them of their self-worth and need to believe in themselves.それと同時に、ホストのテレビ説教師の伝道者やその他の公共の奨励を通じて提供して書籍やカセットテープを確保して自己自身を信じるの価値とする必要があります。

Several systems of counseling have developed along these lines, such as the Psycho-Cybernetics (1960) of Maxwell Maltz and various techniques of inner healing associated with the charismatic movement.いくつかのシステムを開発この線に沿ってカウンセリングなどのサイコ-サイバネティックス( 1960 )のマックスウェルモルツと様々な癒しのテクニックを内側に関連付けられてカリスマ的な運動です。

Psychologically, the need to think in positive ways has been severely criticized by Richard Lazarus in his book Psychological Stress and the Coping Process (1966).心理的には、肯定的な方法を考える必要が深刻な批判を受けてきた彼の予約リチャードラザロと精神的ストレス対処法( 1966 ) 。 Sociologically, a telling critique of the trends found in positive thinking is presented in Christopher Lasch's The Culture of Narcissism (1979). sociologically 、批判の動向が見つかりました痛に肯定的な思考が提示さの文化のクリストファーラッシュのナルシシズム( 1979 ) 。

Theologically, positive thinking encourages a form of humanism that has often led to the development of heretical movements along the lines of New Though, Christian Science, and a variety of semi-Christian groups today. theologically 、肯定的な思考を奨励する形のヒューマニズムではしばしば異端の発展につながって動き線に沿って新しいかかわらず、クリスチャンサイエンス、および様々な半キリスト教団体です。 It overlooks biblical teachings about sin and the sovereignty of God to emphasize the essential goodness of humanity and the ability of people to solve their own problems through faith in their own abilities.聖書の教えが見渡せるの主権については罪と神の善良さを強調して人間の本質的な能力の人々と自分の問題を解決するために自分の能力を信じているからです。 In its Christianized form this self-faith is mediated through reference to Christian symbols, which upon closer examination are devoid of their original meaning. christianizedフォームは、この自己信仰は、キリスト教のシンボルの参照を媒介を通じて、これを綿密に検討するのが本来の意味を欠いている。

I Hexham私hexham
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
D. Meyer, The Positive Thinkers; PC Vitz, Psychology as Religion. d.マイヤーは、肯定的な思想家;パソコンヴィッツ、心理学、宗教です。


Positivism実証

Catholic Information カトリックの情報

Positivism is a system of philosophical and religious doctrines elaborated by Auguste Comte.実証は、システムの哲学や宗教上の教義によって産生されたオーギュストコントです。 As a philosophical system or method, Positivism denies the validity of metaphysical speculations, and maintains that the data of sense experience are the only object and the supreme criterion of human knowledge; as a religious system, it denies the existence of a personal God and takes humanity, "the great being", as the object of its veneration and cult.哲学のシステムや方法として、形而上的な思索の有効性を実証主義を否定して、感覚を維持してのデータをオブジェクトとするだけの経験は、人間の知識の最高基準;として、宗教上のシステムに関しては、個人的な神の存在を否定して、所要時間人類は、 "偉大な人間"は、そのオブジェクトとしての尊敬と教団です。 We shall give a brief historical sketch of Positivism, an exposition of its fundamental principles, and a criticism of them.我々は歴史的なスケッチの実証手短に説明すると、博覧会の基本的な原則、との批判をします。

HISTORY OF POSITIVISMの歴史を実証

The founder of Positivism was Auguste Comte (born at Montpellier, 19 Jan., 1798; died at Paris, 5 Sept., 1857).実証主義の創始者は、オーギュストコント(モンペリエ生まれで、 1798年1月19日;死亡したパリ、 1857年9月5日) 。 He entered the Ecole polytechnique at Paris in 1814, was a disciple of Saint-Simon until 1824, and began to publish his course of philosophy in 1826.彼はパリで入力して理工科学校は1814年、弟子のは、サン-シモンまで、 1824 、および始めたコースを公開する彼の哲学は1826です。 About this period he became temporarily deranged (1826-27).彼はこの期間については、一時的に異常を来す( 1826年から1827年) 。 After recovering, he was appointed instructor (1832-52) and examiner in mathematics (1837-44) at the Ecole polytechnique, giving meanwhile a course of public lectures on astronomy.回復した後、彼はインストラクターに任命( 1832年から1852年)と数学の試験官( 1837年から1844年)は、理工科学校、コースの公開講座を与える一方で天文学です。 The unhappiness of his married life and his strange infatuation for Mme Clotilde de Vaux (1845-46) greatly influenced his naturally sentimental character.彼の不幸な結婚生活を夢中にさせるものと彼の奇妙なmme clotildeドヴォー( 1845年から1846年)彼の自然に多大な影響を与えました感傷的文字です。 He realized that mere intellectual development is insufficient for life, and, having presented Positivism as the scientific doctrine and method, he aimed at making it a religion, the religion of humanity.彼は単なる実感して知的生命の開発では不十分と、科学的な教義を提示やメソッドの実証として、彼はそれを狙った宗教、人類の宗教です。 Comte's chief works are his "Cours de philosophie positive" [6 vols.: Phiosophie mathématique (1830), astronomique et physique (1835), chimique et biologique (1838), partie dogmatique de la philosophie sociale (1839), partie historique (1840), complément de la philosophie sociale et conclusions (1842); translated by Harriet Martineau (London, 1853)] and his "Cours de politique positive" (3 vols., Paris 1815-54).コントの最高作品は彼の" coursデ哲学肯定的" [ 6 vols学です。 : phiosophie mathématique ( 1830 ) 、 astronomique et体格( 1835 ) 、 chimique et biologique ( 1838 ) 、党dogmatiqueデラ哲学sociale ( 1839 ) 、党historique ( 1840 ) 、哲学sociale et結論complémentデラ( 1842 ) ;翻訳さハリエットマーティノー(ロンドン、 1853 ) ]と彼の" coursデpolitique肯定的" ( 3 vols学です。 、パリの1815年から1854年) 。 Various influences concurred to form Comte's system of thought: the Empiricism of Locke and the Scepticism of Hume, the Sensism of the eighteenth century and the Criticism of Kant, the Mysticism of the Middle Ages, the Traditionalism of De Maistre and de Bonald, and the Philanthropy of Saint-Simon.様々な影響を受けた一致コントのシステムを形成する思想:経験主義のロックとヒュームscepticismのは、 18世紀のsensismとの批判をカントは、神秘主義の中世の時代には、伝統のドメーストルとデボナルド、および、慈善事業のサン-シモンです。 He maintains as a law manifested by history that every science passes through three successive stages, the theological, the metaphysical, and the positive; that the positive stage, which rejects the validity of metaphysical speculation, the existence of final causes, and the knowableness of the absolute, and confines itself to the study of experimental facts and their relations, represents the perfection of human knowledge.彼として維持され歴史を明らかにする法律を通過するすべての科学3つの連続する段階は、神学は、形而上学的、との肯定的;は、正の段階では、これを拒否形而上学的思索の妥当性を、最終的原因が存在する、とのknowableness絶対、および閉じ込め自分自身のことを勉強し、実験的事実とその関係は、人間の知識は、完璧です。 Classifying the sciences according to their degree of increasing complexity, he reduces them to six in the following order: mathematics, astronomy, physics, chemistry, biology, and sociology.分類学によると、彼らの複雑度、彼に低減して、次の順序で6 :数学、天文学、物理学、化学、生物学、および社会学です。 Religion has for its object the "great being" (humanity), the "great medium" (world-space), and the "great fetich" (the earth), which form the positivist trinity.宗教は、そのオブジェクトの"偉大される" (人間)は、 "偉大な媒体" (世界的にスペース) 、および、 "偉大なfetich " (地球)を形成して実証主義トリニティです。 This religion has its hierarchical priesthood, its positive dogmas, its organized cult, and even its calendar on the model of Catholicism (cf. Comte, "Catéchisme positiviste").この宗教には、階層的な聖職に就く、その肯定的教義、教団の組織化、さらにはそのカレンダーを検索するモデルのカトリック( cf.コント、 " catéchisme positiviste " ) 。

At the death of Comte, a division arose among the Positivists, the dissident group being formed with Littré as its leader, and the orthodox group under the direction of Pierre Laffitte.は、死亡したコントは、実証主義間の分裂が生じたの反体制派グループが結成さlittréその指導者として、正統派グループとの方向にピエールラフィットされています。 Emile Littré (qv) accepted Positivism in its scientific aspect: for him Positivism was essentially a method, viz, that method which limits human knowledge to the study of experimental facts and neither affirms nor denies anything concerning what may exist outside of experience.エミールlittré ( qv )利用実証は、科学的な面:彼は、本質的に実証する方法、 viz 、そのメソッドを人間の知識の限界を研究する実験事実と肯定も否定も何かが存在する場合に就いて外部の経験をします。 He rejected as unreal the religious organization and cult of Positivism.彼は非現実的、宗教的な組織として拒否されたと教団の実証します。 He considered all religions from the philosophical point of view, to be equally vain, while he confessed that, from the historical point of view, Catholicism was superior to all other religions.彼はすべての宗教哲学の観点から、無駄に等しく、彼は告白しながら、歴史的観点から、すべてのカトリックは、他の宗教に優れている。 The true end of man, he maintained, was to work for the progress of humanity by studying it (science and education), loving it (religion), beautifying it (fine arts), and enriching it (industry).男の真の終わりに、彼は維持し、進歩のために働くのは、人類を勉強したことを(科学教育) 、好きなこと(宗教) 、美化こと(美術) 、および濃縮こと(産業)です。 The official successor of Comte and leader of the orthodox group of Postivists was Pierre Laffitte, who became professor of the general history of sciences in the Collège de France in 1892.公式の後継者と指導者の正統派コントグループのpostivistsは、ピエールラフィット、 whoなった教授は、科学全般の歴史をコレージュドフランスで1892年です。 He maintained both the scientific and the religious teaching of Positivism with its cult, sacraments, and ceremonies.彼は科学技術の両方の維持と実証主義のカルト宗教的な教えを、秘跡、および儀式です。 Other orthodox groups were formed in England with Harrison as its leader and Congreve, Elliot, Hutton, Morrison etc. as its chief adherents; in Sweden with A. Nystrom.他の正統派グループが結成さとその指導者としてイングランドとハリソンコングリーブ、エリオット、ハットン、モリソン等のチーフとして支持; 、スウェーデン、 a.ニストロムです。 An active and influential group was also founded in Brazil and Chile with Benjamin Constant and Miguel Lemos as leaders and a temple of humanity was built at Rio Janeiro in 1891.と影響力をグループに積極的にも、ブラジルやチリとベンジャミンに設立された定数とミゲルlemos寺と人類の指導者としては、リオジャネイロで1891年に建てられた。 The principles of Positivism as a philosophical system were accepted and applied in England by J. Stuart Mill, who had been in correspondence with Comte (cf. "Lettres d'Aug. Comte à John Stuart Mill, 1841-1844", Paris, 1877), Spencer, Bain, Lewes, Maudsley, Sully, Romanes, Huxley, Tyndall etc.; in France by Taine, Ribot, de Roberty etc.; in Germany by Dühring, Avenarius etc. Thus, the principles and spirit of Positivism pervaded the scientific and philosophical thought of the nineteenth century and exercised a pernicious influence in every sphere.実証主義の原則の哲学としては、英国のシステムが認められ、適用されj.スチュアートミル、 who文通していたコント( cf. " lettres d'年08月。コントàジョンスチュアートミル、 1841-1844 " 、パリ、 1877 ) 、スペンサー、ベイン、ルイス、モーズリー、シュリー、ローマーネズ、ハクスリー、チンダル等;にフランスをテーヌ、リボー、ドロベルティ等; dühringでドイツ語をされ、 avenarius等のこのように、実証主義の精神を原則とするpervaded科学技術と19世紀の哲学的思想や有害な影響力を行使するあらゆる分野です。 They had their practical consequences in the systems of positive or so-called scientific morality and utilitarianism in ethics, of neutrality and naturalism in religion.彼らは彼らのシステムの実用的な結果にプラスになるかいわゆる功利主義に科学的なモラルと倫理、中立性と自然主義の宗教です。

PRINCIPLES OF POSITIVISM実証主義の原則

The fundamental principle of Positivism is, as already said, that sense experience is the only object of human knowledge as well as its sole and supreme criterion.実証主義の基本的な原理は、すでに述べたようによると、その意味での経験は、人間の知識としてだけでなく、オブジェクトの独自の基準と最高です。 Hence abstract notions or general ideas are nothing more than collective notions; judgments are mere empirical colligations of facts.それゆえ抽象的な概念や一般的なアイデアは何もない集団の概念を超える; colligationsの基本的な判断は、単なる実証します。 Reasoning includes induction and the syllogism: induction has for its conclusion a proposition which contains nothing more than the collection of a certain number of sense experiences, and the syllogism, taking this conclusion as its major proposition is necessarily sterile or even results in a vicious circle.推論含まれて帰納法と三段論法:帰納法は、その結論が含まれ、命題のコレクション以上のなにもので、特定の数の意味での経験、および、三段論法、今回の結論として、主要な命題は必ずしも滅菌または悪循環の結果をもです。 Thus, according to Positivism, science cannot be, as Aristotle conceived it, the knowledge of things through their ultimate causes, since material and formal causes are unknowable, final causes illusions, and efficient causes simply invariable antecedents, while metaphysics, under any form, is illegitimate.したがって、実証主義によると、科学することはできませんが、アリストテレスなこととしては、究極の知識を通じて物事が原因で、以来素材と正式な原因は、不可知の、最後のが原因で幻想、かつ効率的に不変の素性が原因で、単に、形而上学、任意のフォームの下に、は、非嫡出です。 Positivism is thus a continuation of crude Empiricism, Associationism, and Nominalism.したがって、原油の継続を実証経験主義は、連合、および唯名論です。 The arguments advanced by Positivism, besides the assertion that sense experiences are the only object of human knowledge, are chiefly two: the first is that psychological analysis shows that all human knowledge can be ultimately reduced to sense experiences and empirical associations; the second, insisted upon by Comte, is historical, and is based on his famous "law of the three stages", according to which the human mind in its progress is supposed to have been successively influenced by theological preoccupations and metaphysical speculation, and to have finally reached at the present time the positive stage, which marks, according to Comte, its full and perfect development (cf. "Cours de philosophie positive", II, 15 sqq.).引数の詳細を実証、その意味での経験に加えて、アサーションのオブジェクトをのみ、人類の知識は主に2つの:最初のは、心理的な分析が表示されたすべての人間の知識が最終的に減少して経験的な意味での経験との関連付けを、 2番目、と主張コント時には、歴史的、とに基づいて彼の有名な"の3つの段階の法則"によれば、これは人間の心、その進捗状況は仮定された時間を相次いで影響を受けると神学的形而上学的思索、および連絡先は最後には現在の時刻の正の段階では、どのマルクによると、コント、その全面的かつ完全な開発( cf. " coursデ哲学肯定的" 、 2世、 15 sqq 。 ) 。

CRITICISM批判

Positivism asserts that sense experiences are the only object of human knowledge, but does not prove its assertion.その意味で実証アサート経験は、人間の知識だけのオブジェクトを、その主張を証明することはできません。 It is true that all our knowledge has its starting point in sense experience, but it is not proved that knowledge stops there.それは事実だが、我々の知識のすべての意味での経験は、その出発点に、それが立証された知識ではないが停止する。 Positivism fails to demonstrate that, above particular facts and contingent relations, there are not abstract notions, general laws universal and necessary principles, or that we cannot know them.実証主義が失敗したことを証明し、上記の特定の事実と不測の関係には、抽象的な概念は、普遍的かつ必要な一般的な法の原則か、またはそれらを知ることはできません。 Nor does it prove that material and corporeal things constitute the whole order of existing beings, and that our knowledge is limited to them.またそれが証明して全体を構成する材料と肉体物事の順序を、既存の生き物ており、その豊富な知識に限定しています。 Concrete beings and individual relations are not only perceptible by our senses, but they have also their causes and laws of existence and constitution; they are intelligible.具体的な存在と個々の関係は私たちの感覚だけでなく、知覚され、しかし、彼らはその原因にも憲法と法律の存在と、彼らは理解できる。 These causes and laws pass beyond the particularness and contingency of individual facts, and are elements as fundamentally real as the individual facts which they produce and control.これらの原因および法令を渡すとparticularness超えて有事の個々の事実とは根本的にリアルとしての要素として、個々の事実を生産して制御します。 They cannot be perceived by our senses, but why can they not be explained by our intelligence?知覚されることはできません私たちの感覚だが、どうして私たちは、かれらは知能が説明さですか? Again, immaterial beings cannot be perceived by sense experience, it is true, but their existence is not contradictory to our intelligence, and, if their existence is required as a cause and a condition of the actual existence of material things, they certainly exist.繰り返しますが、軽微な生き物感覚知覚されることはできませんの経験、それが事実なら、しかし、その存在を我が諜報矛盾ではない、と、その存在が必要な場合を原因とする条件としては、実際の素材ものの存在を、彼ら確かに存在します。 We can infer their existence and know something of their nature.私たちはその存在を知って何かを推測その性質です。 They cannot indeed be known in the same way as material things, but this is no reason for declaring them unknowable to our intelligence (see AGNOSTICISM; ANALOGY).確かにすることはできませんが知られている素材と同じように物事が、これは不可知のない理由を宣言して我が諜報(不可知論;類推) 。 According to Positivism, our abstract concepts or general ideas are mere collective representations of the experimental order - for example, the idea of "man" is a kind of blended image of all the men observed in our experience.実証によると、私たちのアイデアは単なる抽象的な概念や一般的な集団的表現のための実験-の例では、アイデアを"男"は、ある種のブレンドのイメージで観測さ我々の経験のすべての男性です。 This is a fundamental error.これは、根本的なエラーが発生します。 Every image bears individual characters; an image of man is always an image of a particular man and can represent only that one man.すべての画像のクマは、個々の文字;のイメージを人には常に、特定の男とのイメージを表現できることだけが一人の男です。 What is called a collective image is nothing more than a collection of divers images succeeding one another, each representing an individual and concrete object, as may be seen by attentive observation.と呼ばれる集団のイメージは何です以上は何もない成功のコレクションを1つの画像を別のダイバー、それぞれの代表と、個々の具体的なオブジェクトを、行き届いた観測されることがあります見られる。 An idea, on the contrary, abstracts from any concrete determination, and may be applied identically to an indefinite number of objects of the same class.アイデアは、その反対に、 1160から任意の具体的な決定、および不定が適用されることを完全に同じように、同じクラスのオブジェクトの数です。 Collective images are more or less confused, and are the more so as the collection represented is larger; an idea remains always clear.集団の画像は多かれ少なかれ、混乱させ、および他のためには、コレクションの表現が大きい;のアイデアは常にはっきりしている。 There are objects which we cannot imagine (eg a myriagon, a substance, a principle), and which we can nevertheless distinctly conceive.には、オブジェクトを想像することはできません(例えば、 myriagon 、物質は、原則) 、およびこれにもかかわらずはっきりと想像することです。 Nor is the general idea a name substituted as a sign for all the individual objects of the same class, as stated by Taine (De l'Intelligence, I, 26).また、名前に置換さは、基本的な考えとして、個々のメンバーのすべての同じクラスのオブジェクトを、に記載されテーヌ(デl'知能、私は、 26 ) 。 If a certain perception, says Taine, always coincides with or follows another perception (eg the perception of smoke and that of fire, the smell of a sweet odour and the sight of a rose), then the one becomes the sign of the other in such a way that, when we perceive one, we instinctively anticipate the presence of the other.もし、特定の知覚、言うテーヌ、次のように、常に同一になった場合や別の知覚(例えば、との認識が火災の煙のにおいがするとその光景を見て甘い臭のバラ) 、その後、 1つで、他のメンバーが、このような方法で、 1つの知覚するときに私たちは、私たちの存在を、他の本能を予測する。 So it is, Taine adds, with our general ideas.これは、テーヌ追加で、私たち一般的な考え方です。 When we have perceived a number of different trees, there remains in our memory a certain image made up of the characters common to all trees, namely the image of a trunk with branches.知覚ときは、いくつかの異なる木、メモリ、特定のイメージのままに私たちは共通してすべての文字の上の木、すなわち枝のイメージをトランクにします。 We call it "tree", and this word becomes the exclusive sign of the class "tree"; it evokes the image of the individual objects of that class as the perception of every one of these evokes the image of the sign substituted for the whole class.私たちはこれ"カテゴリ" 、およびこの言葉が、排他的なメンバーは、クラスの"カテゴリ" ;ことのイメージを連想させる、そのクラスのオブジェクトを、個々の知覚のすべてのとしてのイメージを連想させるのいずれかの置換は、全体のサインクラスです。

Cardinal Mercier rightly remarks that this theory rests upon a confusion between experimental analogy and abstraction (Critériologie générale l, III c. iii, 2, pp. 237 sqq.).当然メルシエ枢機卿発言をする時、この理論休符の間に混乱を実験的類推と抽象化( critériologie駭駻ale左、 3世c. 3 、 2 、 pp 。 237 sqq 。 ) 。 Experimental analogy plays indeed a large part in our practical life, and is an important factor in the education of our senses (cf. St. Thomas, "Anal. post.", II, xv).実験的類推プレーで私たちの大部分を実際に実用的な生活とは、私たちの教育に重要な要因の感覚( cf.セントトーマス、 "肛門。ポストを作成。 " 、 2世、 15 ) 。 But it should be remarked that experimental analogy is limited to the individual objects observed, to particular and similar objects; its generality is essentially relative.しかし、それを実験的には似ているのは、個々のオブジェクトの観測に制限され、特定のと同じようなオブジェクト;その普遍性は本質的に相対的です。 Again, the words which designate the objects correspond to the characters of these objects, and we cannot speak of "abstract names" when only individual objects are given, Such is not the case with our general ideas.繰り返しになりますが、オブジェクトの単語を指定して、これらのオブジェクトの文字に対応して、話すことはできない"抽象的名前を"個々のオブジェクトが与えられたときにのみ、このように私たちの場合ではない一般的な考え方です。 They are the result of an abstraction, not of a mere perception of individual objects, however numerous; they are the conception of a type applicable in its unity and identity to an indefinite number of the objects of which it is the type.彼らはその結果を抽象化ではなく、単なる知覚の個々のオブジェクトの、しかし多くの;彼らは、その概念は、団結とアイデンティティのタイプに適用さを不定のオブジェクトの数は、それがこのタイプです。 They thus have a generality without limit and independent of any concrete determination.このように無制限に彼らは、普遍性と独立した任意の具体的な決定します。 If the words which signify them can be the sign of all the individual objects of the same class, it is because that same class has first been conceived in its type; these names are abstract because they signify an abstract concept.言葉の意味の場合、それらのすべてのメンバーができるので、同じクラスのオブジェクトを、個々の、それは同じクラスには第一に考え、そのタイプを意味するため、これらの名前は、抽象的抽象的な概念です。 Hence mere experience is insufficient to account for our general ideas.それゆえ単なる経験では不十分一般的な考え方を説明するために私たちです。 A careful study of Taine's theory and the illustrations given shows that the apparent plausibility of this theory comes precisely from the fact that Taine unconsciously introduces and employs abstraction.入念な調査を開始するとイラストテーヌの理論によると、見かけの妥当性を与えられたこの理論は正確にテーヌという事実から、無意識のうちに、従業員の抽象化を紹介します。 Again, Positivism, and this is the point especially developed by John Stuart Mill (following Hume), maintains that what we call "necessary truths" (even mathematical truths, axioms, principles) are merely the result of experience, a generalization of our experiences.再度、実証し、これは、ポイント、特に開発されたジョンスチュアートミル(次のヒューム) 、維持ということを私たちは"必要な真理" (さえ数学的真理、公理、原則)は、単にその結果の経験を、弊社の経験を概括です。 We are conscious, eg that we cannot at the same time affirm and deny a certain proposition, that one state of mind excludes the other; then we generalize our observation and express as a general principle that a proposition cannot be true and false at the same time.我々は意識し、例えばことはできませんがそれと同時に、特定の命題を否定する断言すると、その1つの心の状態を除く、他の;入力し、私たち一般的に私たちの観測を表現して一般的な原則として提案することはできませんtrueとfalseは、同じ時間。 Such a principle is simply the result of a subjective necessity based on experience.このような原則は、単にその結果、主観的経験に基づいて必要です。 Now, it is true that experience furnishes us with the matter out of which our judgments are formed, and with the occasion to formulate them.今すぐ、それは事実だが、経験furnishes問い合わせの件についての当社の判断を形成し、それらの機会を利用して策定します。 But mere experience does not afford either the proof or the confirmation of our certitude concerning their truth.しかし、単なる経験はありませんか、余裕のいずれかの確認の証拠に関する私たちに真実を確信します。 If it were so, our certitude should increase with every new experience, and such is not the case, and we could not account for the absolute character of this certitude in all men, nor for the identical application of this certitude to the same propositions by all men.もしそれがそのため、私たちは確信に伴って増加するごとに新たな体験をし、このようなケースではない、と私たちの絶対できませんでした文字は、次のアカウントを確実にすべての人、また、同一のアプリケーションは、次の確信を同じ命題をすべての男性です。 In reality we affirm the truth and necessity of a proposition, not because we cannot subjectively deny it or conceive its contradictory, but because of its objective evidence, which is the manifestation of the absolute, universal, and objective truth of the proposition, the source of our certitude, and the reason of the subjective necessity in us.現実に私たちの必要性を確認して、真実と命題ではなく、主観を否定することはできませんので、思い付くその矛盾したり、その目的のために証拠しかし、これは、絶対的な症状を、普遍的、かつ客観的真理の命題は、ソース弊社の確信し、その理由は、主観的必要性に問い合わせください。

As to the so-called "law of the three stages", it is not borne out by a careful study of history.また、いわゆる"の3つの段階の法則"が、これは負担を慎重に検討の歴史をアウトされています。 It is true that we meet with certain epochs more particularly characterized by the influence of faith, or metaphysical tendencies, or enthusiasm for natural science.私たちに会うことは事実だが、特定の時代の他の特徴としては、特に信仰に影響を与えるか、または形而上学的傾向か、または自然科学に対する熱意です。 But even then we do not see that these characteristics realize the order expressed in Comte's law.しかし、私たちも入力し、表示されていないため、これらの特性を実現するコントの法則で表現されます。 Aristotle was a close student of natural science, while after him the neo-Platonic School was almost exclusively given to metaphysical speculation.アリストテレスは、自然科学系の学生に近い、ネオした後、彼はプラトニックな学校は、ほぼ例外形而上学的思索を与えられた。 In the sixteenth century there was a great revival of experimental sciences; yet it was followed by the metaphysical speculation of the German idealistic school.は、 16世紀の復活があった大きな実験科学;はまだありませんそれは、形而上学的思索のに続いて、ドイツの理想的な学校です。 The nineteenth century beheld a wonderful development of the natural sciences, but we are now witnessing a revival of the study of metaphysics. 19世紀beholdの過去過去分詞素晴らしい発展を自然科学、しかし、我々は今すぐ復活を目の当たりにするの研究の形而上学です。 Nor is it true that these divers tendencies cannot exist during the same epoch.また、これらのことは事実だが、ダイバーの傾向と同じエポック中に存在することはできない。 Aristotle was a metaphysician as well as a scientist.アリストテレスは、形而上学だけでなく、科学者です。 Even in the Middle Ages, which are so generally considered as exclusively given to a priori metaphysics, observation and experiment had a large place, as is shown by the works of Roger Bacon and Albertus Magnus.中世のであって、これは非常に一般的に考えられて先験的な形而上学を排他的に与えられた、大規模な観察や実験場所は、示されている作品としては、ロジャーベーコンとアルベルトゥスマグヌスです。 St. Thomas himself manifests a remarkably keen spirit of psychological observation in his "Commentaries" and in his "Summa theologica", especially in his admirable treatise on the passions.セントトーマス自身のマニフェストの精神を心理的な観測が非常に鋭い彼の"解説"と、彼の"総合的研究論文theologica " 、特に彼の立派な論文を検索する熱中している。 Finally, we see a harmonious combination of faith, metaphysical reasoning, and experimental observation in such men as Kepler, Descartes, Leibniz, Paschal etc. The so-called "law of the three stages" is a gratuitous assumption, not a law of history.最後に、私たちの信仰を参照の組み合わせ、調和のとれた、形而上学的推論、および実験観察このような男性としてケプラー、デカルト、ライプニッツ、復活祭などのいわゆる"の3つの段階の法則"は、根拠のない仮定ではなく、法の歴史です。

The positivist religion is a logical consequence of the principles of Positivism.宗教は、論理的帰結として、実証主義の原則を実証します。 In reality human reason can prove the existence of a personal God and of His providence, and the moral necessity of revelation, while history proves the existence of such a revelation.現実に人間の理性は、個人的な神の存在を証明して、彼のプロビデンス、とのモラルの必要性を啓示し、このような歴史啓示の存在を証明します。 The establishment of a religion by Positivism simply shows that for man religion is a necessity.宗教の確立を実証するため、単に男性によると宗教は、必要です。

Publication information Written by George M. Sauvage.出版物の情報執筆者ジョージ男性ソバージュです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XII.専用のは、イエスキリストの神聖なのは、カトリックの中心部に百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

ROBINET, Notice sur l'œuvre et la vie d' A. Comte (Paris, 1860); Testament d' A. Comte (Paris, 1884); MILL, A. Comte and Positivism (London. 1867, 1882); CARE, Littré et le positivisme (Paris, 1883); CAIRD, The Social Philosophy and Religion of Comte (Glasgow, 1885); LAURENT, La philos.ロビネ、通知シュールl' œuvreとラ対抗dは' a.コント(パリ、 1860 ) ;遺言dは' a.コント(パリ、 1884 ) ;ミル、 a.コントと実証( london. 1867 、 1882 ) ;ケア、 littré etルpositivisme (パリ、 1883 ) ;ケアード、社会の哲学と宗教のコント(グラスゴー、 1885 ) ;ローラン、ラ理念です。 de Stuart Mill (Paris. 1886); GRUBER, A Comte, der Begrunder d.デスチュアートミル( paris. 1886 ) ;グルーバーは、コント、 der begrunder d. Positivismus (Freiburg, 1889); IDEM, Der Positivismus vom Tode A. Comte's bis auf unsere Tage (Freiburg, 1891); Stimmen aus Maria-Laach, supplements xiv and lii; RAVAISSON, La philos. positivismus (フライブルク、 1889 ) ;同じ、 der positivismus vomコントtode a. '秒bis auf unsere tage (フライブルク、 1891 ) ; stimmenオーストラリアマリア- laach 、サプリメント14と52 ; ravaisson 、ラ理念です。 en France, au XIXe Siécle (Paris, 1894); MERCIER, Psychologie (6th ed., Louvain, 1894); IDEM, Critériologie générale (4th ed., Louvain, 1900); PEILLLAUBE, La théorie des concepts (Paris, 1895); PIAT, L'idée (Paris, 1901); MAHER, Psychology (5th ed., London, 1903); BALFOUR, Defense of Philosophic Doubt (London, 1895); TURNER, Hist.アンフランス、オー19世紀siécle (パリ、 1894 ) ;メルシエ、 psychologie (第6回エド。 、ルーベン、 1894 ) ;同じ、 critériologie駭駻ale (第4エド。 、ルーベン、 1900 ) ; peilllaube 、ラthéorieデ概念(パリ、 1895 ) ;携帯型対戦車兵器、 l' id馥(パリ、 1901 ) ;マーハー、心理学(第5版です。 、ロンドン、 1903 ) ;バルフォー、防衛の哲学疑い(ロンドン、 1895 ) ;ターナー、履歴です。 of Philos.の理念です。 (Boston, 1903); DEHERME, A. Comte et son œuvre (Paris, 1909). (ボストン、 1903 ) ; deherme 、 a.コントet息子œuvre (パリ、 1909 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです