Process Theology, Process Theismプロセス神学、プロセスの有神論

Advanced Information 高度情報

Process Theology is a contemporary movement of theologians who teach that God is dipolar, or has two natures, and that he is integrally involved in the endless process of the world.プロセス神学は、現代の動きを教えること神学who神は双極子、またはには2つの性質、彼は完全に関与して世界の終わりのないプロセスです。 God has a "primordial" or transcendent nature, his timeless perfection of character, and he has a "consequent" or immanent nature by which he is part of the cosmic process itself.神には、 "原始"または並外れた自然、彼の人格の完成時代を超えた、と彼には、 "結果"または内在的な自然さを彼は宇宙の過程自体の部分です。 This process is "epochal," ie, not according to the motion of atoms or changeless substances but by events or units of creative experience which influence one another in temporal sequence.このプロセスは"画期的な、 "つまり、特定によると、モーションの不変の原子や物質の単位ではなく、創造的な体験イベントや別の時間に影響を与える1つの配列です。

The method of process theology is more philosophically than biblically or confessionally based, though many of its proponents use process thought as a contemporary way of expressing traditional Christian teachings or seek to relate biblical themes to process concepts.このメソッドのプロセスは、他の哲学的神学biblicallyまたはconfessionallyベースよりも、かかわらず多くの支持を現代的な方法として使用すると考えられる過程を表現する伝統的な関係を求めるキリスト教の教えや聖書のテーマを処理する概念です。 Also the method emphasizes the importance of the sciences in theological formulation.また、メソッドの重要性を強調して、科学の神学的定式化します。 Thus process theology generally stands in the tradition of natural theology, and in particular is associated with the empirical theology tradition in America (Shailer Mathews, DC Macintosh, Henry Nelson Wieman) which championed the inductive, scientific approach in liberal theology.したがって、通常のプロセスが立っている神学の伝統を自然神学、特に経験的神学の伝統が関連付けられているアメリカの( shailerマシューズ、直流Macintosh版では、ヘンリーネルソンウィーマン)を注いできたの誘導、科学的なアプローチでリベラルな神学です。 Also process theology has some philosophical kinship with the evolutionary thinking of H. Bergson, S. Alexander, C. Lloyd Morgan, and P. Teilhard de Chardin.神学もプロセスにはいくつかの共通性を感じるの進化の哲学的思考の笠原ベルクソン、 s.アレクサンダー、 c.ロイドモーガン、とP.テイヤールドシャルダンです。 But its true fountainhead is Whiteheadian philosophy.しかし、真の根源は哲学whiteheadianです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

The Influence of Whiteheadホワイトヘッドの影響を受けて

Alfred North Whitehead (1861-1947), the famed mathematician-philosopher, sought a set of metaphysical concepts that would be able to explain all individual beings, from God to the most insignificant thing.アルフレッドノースホワイトヘッド( 1861-1947 )は、有名な数学者-哲学者、求められて、一連の形而上学的な概念を説明することができることのすべての個々の生き物は、神に最も取るに足りないことです。 Through philosophical speculation in interaction with science he developed his notable model of the basic unit of reality, which he called the "actual occasion" or "actual entity."科学哲学的思索の相互作用を通じて、彼は彼の顕著なモデルの開発の基本的な単位の現実に、これと呼ばれる彼は"実際の機会"または"実際のエンティティです。 " All things can be explained as processes of actual occasions, interrelated and varying in degree of complexity.すべてのものが実際のプロセスを説明する機会として、相互に関係の複雑さの度合いや、さまざまなのです。 Each actual occasion is a momentary event which is partially self-created and partially influenced by other actual occasions.各イベントの実際の機会は、瞬間的には自己作成し、部分部分の他の影響を受けて実際の機会です。

Every actual occasion or entity is dipolar, having both physical and mental functions.双極子ごとに実際の機会またはエンティティは、これら両方の物理的および精神的な機能です。 With its physical pole the actual entity feels or "prehends" the physical reality of other actual entities, and with the mental pole it prehends the "eternal objects" by which actual entities have conceptual definiteness.その物理的な極点を感じて、実際のエンティティまたは" prehends "の物理的な現実の他の実際のエンティティ、精神的な柱とすることprehendsの"永遠のオブジェクト"の概念を実際のエンティティが定性です。 The eternal objects are the abstract possibilities of the universe, and actual entities are distinct from each other according to the way they realize or actualize these possibilities.永遠のオブジェクトは、宇宙の抽象の可能性を、よりはっきりと実際の実体は彼らのやり方にお互いに実現するかによると、これらの可能性を実現します。

Whitehead uses the term "prehend" to refer to a feeling or grasping of the physical and conceptual data of actual entities.ホワイトヘッドを使用して用語" prehend "を参照するには、感情や把持の概念の物理的およびデータの実際のエンティティです。 By prehending each other actual entities are internally related (instead of externally related, as in materialistic or mechanistic philosophies).実際のエンティティをprehendingは、内部でお互いに関連した(外部からの代わりに関連した、または機械的唯物論哲学のように) 。 This means that the entities are not isolated or independent beings but are present in other actual entities as interrelated moments of an ongoing process.これは、その実体はない独立した絶縁または他の生き物しかし、実際のエンティティが存在するとして、現在進行中のプロセスの相互瞬間です。 This characteristic of prehension or feeling is not a conscious or intelligent act except with higher forms of life, but the dipolar structure and the prehensive function are there to some degree in every actual entity, however elementary or complex its level of existence.この特性をつかむことや感情を意識的にまたはインテリジェントな行為ではないが高いフォームの生活を除いて、しかし、双極子構造とすることをある程度prehensive機能があるすべての実際のエンティティ、しかしそのレベルの小学校や複雑な存在です。

Creativity is another of Whitehead's universal concepts; every actual entity has a measure of freedom which is expressed in an individual "subjective aim."ホワイトヘッドの創造性は別の普遍的概念;ごとに実際のエンティティには、測定の自由が表現され、個々の"主観的目的です。 " The self-creative process by which an actual entity realizes its subjective aim includes unifying its many prehensions of the past and adding to them something new which is the entity's own creative contribution to the cosmic process.クリエイティブなプロセスの自己実現が行われた実際のエンティティの主観的目的が含まれ、多くのprehensionsの統合編集して項目を追加して何か新しいことには、エンティティの自身の創造に貢献して宇宙のプロセスです。 When the actual entity has realized its subjective aim, it attains "satisfaction," and thereafter ceases to exist as an experiencing subject, becoming instead the object or datum of the prehensions of subsequent actual entities.そのときの実際のエンティティには主観的目的を実現、それ実現する"満足感"が停止し、その体験件名に存在するとして、基準になる代わりに、このオブジェクトまたはそれ以降の実際のエンティティのprehensionsのです。 Thus the "life" of an actual entity is completed in the moment, and process in the world must be seen as a succession of organically related occasions or momentary experiences.したがって、 "生命"の実際のエンティティが完了するその瞬間、およびプロセスで、世界しなければならないと見られる有機的関連した回連続の経験や瞬間です。

Hence what traditional philosophy would call an enduring substance, Whitehead calls a succession or "route" of actual occasions with a common characteristic.したがってどのような伝統的な哲学を呼んで永続的な物質は、ホワイトヘッドをコールする承継または"ルート"の実際の機会に、共通の特徴です。 Change is explained by the creative contribution of each occasion in the series, and endurance is explained by common qualities which are inherited from antecedent occasions.変更が説明される機会は、創造的な貢献の各シリーズ、および耐久性が説明される共通の資質が先行詞回から継承した。 The flux and stability of all things are explained in this way, whether they be electrons, rocks, plants, mammals, or men.の流束と安定性のすべての物事がこのように説明され、電子れるかどうか、岩石学、植物、哺乳類のか、または男性です。 Man is an extremely complex route or "nexus" of occasions with memory, imagination, and heightened conceptual feelings.男は、非常に複雑なルートや"ネクサス"の機会をメモリ、想像力、および概念的な感情の高まりです。

God is the supreme actual entity, and as such he perfectly exhibits all the functions of the actual entity.実際のエンティティの最高神は、そのような彼のすべての機能を完全に展示の実際のエンティティです。 Whitehead contends that metaphysical coherence cannot be had by seeing God as an exception to the rules; on the contrary, he is the chief exemplification of the metaphysical principles by which all things are to be explained.ホワイトヘッド形而上学的コヒーレンスの主張をすることはできません見ていたの例外として、神のルールに従って;それどころか、彼は形而上学的原則の長さを例証は、すべての物事がされると説明した。 Thus God perfectly prehends all entities in the universe and is prehended in part by them.このように、神prehendsすべてのエンティティを完全に宇宙とは部分的にprehendedします。 He also has the supreme influence on all actual entities, setting the limits of their creativity and influencing their subjective aims by supplying each one with an ideal "initial aim."彼はまた実際には、最高影響を及ぼすすべてのエンティティ、彼らの創造力との限界を設定して、主観的に影響を及ぼす目的で提供することにより、それぞれ1つの理想的な"当初の目的です。 " God does this by virtue of his mental pole or "primordial nature" in which he envisions all the eternal objects and their graded values relevant to the actual world.これを、神が彼の精神的な美徳極または"原初の自然"があり、彼は永遠の想定のすべてのオブジェクトとその関連して、実際の世界等級の値です。

In arguing for the existence of God, Whitehead contends that without the eternal objects there would be no definite rational possibilities or values to be actualized, and yet only that which is actual is able to affect actual entities.神の存在を主張するために、毛穴に詰まったなく、永遠の都ローマオブジェクトの主張は合理的ではない可能性や価値観を明確に顕在化し、これは実際にはまだありませんことだけが実際のエンティティに影響を及ぼすことができる。 Therefore there must be some actual entity which grasps and valuates all of the eternal objects and can act as the universal agent and transcendent source of order and value in the world.そのためいくつかの実際のエンティティが存在しなければなりませんvaluates graspsと、永遠の都ローマのすべてのオブジェクトとは、普遍的エージェントとしての役目を果たすと並外れたソースの値を、世界の秩序とします。 For Whitehead, then, without God the cosmic process would not be an orderly, creative process, but only a chaos.毛穴に詰まったため、その後、宇宙のプロセスを神のもとに整然と言っても、クリエイティブプロセスは、カオスにすぎないことを承認します。 God, by his primordial nature, acts as the "principle of limitation" or "concretion," enabling the world to become concretely determinate by aiming at certain values within divinely given limits of freedom.神よ、彼の原初の自然、としても活動して"の原則の制限"または"コンクリーション、 "有効にする世界になることを目指して具体的に確定され、特定の値に自由の限界を神に与えられた。

God, as dipolar, also has a physical pole, or "consequent nature," by which he feels the completed actuality of each occasion.神は、双極子として、物理的には、極、または"帰結性は、 "実際に完了すると感じているそれぞれの機会です。 (Remember that "physical" does not mean physical substance, as in materialism.) He actually takes the complete entities into his divine life as objects of his perfect prehension and gives them "objective immortality" in his consequent being by his valuation of their achievements. (覚えている"物理的な"物理的な物質わけではありません、唯物論のようにします。 )彼は実際には、完全な実体としてのオブジェクトの人生を自分の神の彼の完璧な理解を与えて"客観的不死"彼のその帰結が彼の業績の評価です。 (No actual entity has subjective immortality except God; finite living beings continue subjectively only by virtue of a continuing succession of actual occasions.) Moreover, God "gives back" to the world the data of the objectified entities he has prehended so that the world process will continue and be enriched by the past. (実際のエンティティは、主観的不朽の名声を除いて、神;有限生物の美徳を続けるだけで主観的継続的継承の実際の機会です。 )また、神"に戻る"を、世界のデータをobjectifiedエンティティのように、彼は世界prehendedプロセスが編集して項目を続行して、に濃縮されています。

Thus God, by prehending and being prehended, interacts with every being in the world, in every momentary event in the succession of occasions that constitute the "life" of that being.このように、神、 prehendedがprehendingと、すべての相互作用をし、世界が、すべての瞬間のイベントは、承継の機会を構成する"生命"のことだ。 In this way God is radically immanent in the world process itself, leading it on toward greater value and aesthetic intensity, not by coercion but by sympathetic persuasion.このように根本的内在する神は、世界の過程自体、大手それに向かって突き進む大きな価値と美的強度ではなく、交感神経を強制的にでも説得されています。 And although God in his primordial nature transcends the world, he as actual entity includes the world consequently within himself, and suffers and grows along with it through the creativity which he and the world possess.神は彼の原初の自然と超越の世界、彼はその結果を実際のエンティティには、世界に自分自身、および受けると成長とともに、それを通じて、彼との世界の創造を保有します。

The Contributions of Hartshorneハーツホーンの貢献をする

Though Whitehead's philosophy had already reached maturity with the publication of Process and Reality in 1929, only a few used Whitehead as a source for theological thought before the 1950s.ホワイトヘッドの哲学はすでにかかわらず、出版物のプロセスの成熟度に達したと現実とは1929年に、ほんの数のソースとして使用されるホワイトヘッドは1950年代の神学的に考えてからです。 Most theologians in the intervening years were preoccupied with the rise of neo-orthodoxy, which tended to reject natural theology and compartmentalize theology and science.年間の間にはほとんどの神学者で頭がいっぱいの新正統主義の台頭、これを拒否する傾向自然神学と神学と科学区切ることです。 One notable exception was Charles Hartshorne (1897-), who developed the theological implications of Whitehead's thought and acted as the chief catalyst for the process theology movement of the 60s and 70s. 1つの注目すべき例外がチャールズハーツホーン( 1897 -) 、 w ho開発して神学的意味をホワイトヘッドの思想と行動のプロセスの触媒としての首席、 6 0年代と7 0年代の神学の動きをします。

Like Whitehead, Hartshorne was interested in metaphysics as the study of those general principles by which all particulars of experience are to be explained.ホワイトヘッドのような、形而上学に興味がハーツホーンは、これらの研究の一般原則としてすべての明細の経験をされると説明した。 But Hartshorne was more rationalistic about this study.しかし、他の合理ハーツホーンは、この研究についてです。 For him metaphysics deals with what is externally necessary, or with "a priori statements about existence," ie, statements which are necessarily true of any state of affairs regardless of the circumstances.彼の形而上学扱う外部から何が必要か、または、 "先験的な存在ステートメントについては、 "すなわち、ステートメントでは、必ずしも真のあらゆる状況に関係なく、現状です。

Hartshorne took up Whitehead's metaphysical system and, with some modifications, defended it as the most coherent and viable alternative.ホワイトヘッドの形而上学的に取り上げてハーツホーンシステムと、いくつかの変更、守って実行可能な代案として、最もコヒーレントとします。 He agreed with Whitehead on the primacy of becoming (which is inclusive of being, in contrast to classical philosophy), and he emphasized even more than Whitehead the category of feeling as a quality of every entity (panpsychism).ホワイトヘッドを検索するだろうとの同意を優位になる(これは包括的である、とは対照的に古典的哲学) 、と彼は強調したホワイトヘッドのカテゴリーを超えるのも感情としての品質のすべてのエンティティ(汎心)です。

In accordance with the "law of polarity" Hartshorne developed his dipolar view of God, though somewhat differently from Whitehead.に基づき、 "法の極性"彼の双極子ハーツホーン開発対象の神、ホワイトヘッドは多少異なる。 Rejecting Whitehead's notion of eternal objects, Hartshorne called the mental pole of God the "abstract nature" of God, which is simply the character through all the stretches of time.ホワイトヘッドの考え方を拒否する永遠のオブジェクト、ハーツホーンと呼ばれる精神的な柱の神のもとに"抽象的自然の"神の、これは、単にその文字内のすべての伸びの時間です。 The consequent nature Hartshorne called God's "concrete nature," which is God in his actual existence in any given concrete state, with all the wealth of accumulated values of the world up to that present state.ハーツホーンの帰結性と呼ばれる神の"具体的な性質、 "これは神の存在彼の実際の所定の具体的な状態で、全世界の富の蓄積の値を最大で現在の状態です。 The attributes of God's abstract nature are those divine qualities that are eternally, necessarily true of God regardless of the circumstances; whereas the qualities of God's concrete nature are those particulars of God's being which he has gained by his interaction with the world in accordance with the circumstances.の属性の神の抽象的性質は、それらの神の永遠の特質は、必然的に関係なく、神の真の事情;が、神の具体的な資質は、これらの自然の神の証明が得られるが彼には彼の相互作用の世界に基づいて状況です。 God in his concrete actuality is a "living person," in process; his life consists of an everlasting succession of divine events or occasions.神が彼の具体的な現実は、 "生きている人間は、 "インプロセス;彼の人生は、神の永遠の承継のイベントや機会です。 (Here again Hartshorne differs from Whitehead, who viewed God as a single everlasting actual entity.) (ここで再びハーツホーン異なるホワイトヘッド、 who人気の神として、 1つの永遠の実際のエンティティです。 )

The polar opposites in God, therefore, mean that God is necessary according to his abstract nature but contingent according to his concrete nature, and, again, that he is independent in his abstract nature but dependent in his concrete nature.対極に、神の存在は、したがって、神が必要ということで彼の抽象的性質によると、臨時によると、しかし、彼の具体的な自然と、再度、その彼は独立して自分の抽象的性質しかし、彼の具体的な性質に依存します。 God is independent in the sense that nothing can threaten his existence or cause him to cease acting according to his loving and righteous character, but God is dependent in that what the creatures do affects his response, his feelings, and the content of his divine life.神は独立してその意味では彼の存在を脅かすまたは原因は何も彼によれば、彼は愛情のこもった演技をやめると正義の文字、しかし、神は、その依存性の生き物はどのような影響を及ぼす彼の反応は、彼の気持ちを、彼の神の生活とそのコンテンツです。

According to Hartshorne, God's perfection should not be seen exclusively in terms of absoluteness, necessity, independence, infinity, and immutability wholly in contrast to the relatively, contingency, dependence, finitude, and changeability of the creatures.ハーツホーンによると、神の完璧な排他的に見られることはできませんご利用absoluteness 、必要性、独立性、無限遠、およびimmutability完全とは対照的に、比較的、有事、依存性、有限性、および可変は、生き物です。 For Hartshorne this is the great mistake of classical theism (of such theologians as Thomas Aquinas), resulting in all sorts of problems like the contradiction of God's necessary knowledge of a contingent world, or God's timeless act of creating and governing a world which is temporal, or God's love for man which supposedly involves God in history yet in no way makes him relative to or dependent on man.をハーツホーンこれは、大きな間違いの古典的有神論(このような神学者としてトマスアクィナス) 、その結果、あらゆる種類の問題のように矛盾の知識を必要とする神の不測の世界か、または、神の永遠の法の支配の世界を作成し、これは時間か、または神の愛の男は、神の歴史はまだありませんが恐らくではありませんが彼に依存して相対的にまたは男です。 Hartshorne contends that if temporal process and creativity are ultimately real, then God himself must be in process in some sense and must be dependent upon the free decisions of the creatures.ハーツホーンの主張と創造性の場合は、最終的に実時間プロセスは、自分自身を神にしなければならない過程で、いくつかの意味に依存して無料で意思決定しなければならないの生き物です。

In opposition to classical theism, then, Hartshorne develops his "neoclassical" theism in which perfection is understood to mean that God is unsurpassable in social relatedness.古典的有神論に反対して、その後、開発ハーツホーン彼の"新古典主義"有神論では完璧に理解を上回ることができないということで、神は社会的関連性です。 If God really is perfect love, then he perfectly feels or has total sympathetic understanding of every creature and responds appropriately to every creature in every event.もし神が本当に完全な愛、それから彼は完全に感じたりは交感神経の理解をトータルに適切に応答するすべてのクリーチャーとすべての生き物すべてのイベントです。 Thus God is supremely absolute in his abstract nature but supremely relative in his concrete nature.このように絶対的な神は彼の極めて抽象的相対的に極めて自然しかし、彼の具体的な性質です。 No one can surpass him in the supremacy of his social relatedness to every creature.は誰も彼を上回るの覇権を握るのは彼の社会的関連性をすべての生き物です。 But God can surpass himself, ie, he can and does "grow," not to become morally better or more perfect, but to grow in the joy and feeling of the world, in knowledge of actual events, and in the experience of the values created by the world.しかし、神は自分自身を上回る、すなわち、彼はできることとは"成長"になることは道徳的に良い以上の完璧な、しかし、成長は、喜びと感じ、世界は、実際の出来事の知識を、とは、経験値世界で作成された。 (Note that for Hartshorne, God cannot foreknow future contingent events, and so his knowledge, which is complete of what can be known, nevertheless continues to grow with the process of the world.) Thus God is the "self-surpassing surpasser of all." (注意してください。ハーツホーン、神〜を予知することはできません将来の不測のイベント、およびだから彼の知識、これが完了したら、どのようなことで知られる、とは伸び続けているにもかかわらず、世界のプロセスです。 )このように、神は、 "自己のすべての1,551億surpasser 。 "

God is more than just the world in its totality (contra pantheism) because he has his own transcedent self-identity; yet God includes the world within himself (contra classical theism) by his knowledge and love, which are simply his perfect prehension or taking in of the creative events of the world.神はというだけの世界、その全体(コントラ汎神論) transcedentため、彼は彼自身の自己アイデンティティー;はまだありません神には、世界に自分自身(コントラ古典的有神論)彼の知識と愛、これは単に彼の完璧な把握や撮影クリエイティブのイベントでは、世界のです。 Such a view of God is thus termed "panentheism" (all-in-God-ism).このような対象の神はこのように呼ばれる"万有内在" (オールイン-神- ISM )を開きます。

With the panentheistic view of God, Hartshorne has become one of the chief protagonists in the twentieth century reassertion of the ontological argument.神の対象とpanentheistic 、ハーツホーンは、主人公の長さの1つになるのは、 20世紀の存在論reassertionの引数です。 He says that the medieval Anselm really discovered something which was fundamental to the theistic proofs, namely the idea of "perfection" and its uniqueness among concepts.彼によると、発見さは中世のアンセルム本当に何かが根本的な証拠を有神論、すなわち、アイデアを"完璧"と、独自の間の概念です。 But Anselm's argument lacked cogency because it depended on a classical theistic view of perfection.しかし、アンセルムの引数の欠けて説得力に依存して古典的有神論ので、対象の完ぺきです。 The neoclassical view of perfection, Hartshorne contends, overcomes the objection of modern philosophers that perfection cannot be consistently defined.対象の新古典派の完成、ハーツホーンcontends 、現代哲学を克服し、異議申立をすることはできません常に完璧な定義します。 The thrust of Hartshorne's argument, then, is that perfection or "most perfect being" by definition either exists necessarily or is necessarily nonexistent, and since only the self-contradictory is necessarily nonexistent, perfect being, if it is self-consistent to speak of such, is in reality necessarily existent.ハーツホーンの引数の推力をし、その後、完全またはは、 "ほとんど完璧に"必ずしも定義が存在するかのどちらかは必ずしも存在しない、と以降は、自己矛盾は必ずしも存在しない、完璧が、場合には自己無撞着を話すのこのような、必ずしも現実には存在しない。

Most philosophers still hold that such an argument is defining God into existence by confusing logical necessity with existential necessity.ほとんどの哲学者の引数はまだそのようなホールドを定義する神の存在を混乱さ実存主義の論理的必然性が必要です。 But Hartshorne argues that the relation of logic to existence is unique in the case of perfection; ie, perfection, if it really is perfection, exists necessarily as the logically required ground of all existence and thought.しかし、ハーツホーンの関係のロジックを主張して存在するユニークな例は完ぺき;すなわち、完璧な、もし本当にそうなんです完璧な、存在する場合に必要な論理的必然として地上のすべての存在と考えています。

Here one can see Hartshorne's aprioristic approach to metaphysics very much at work, and the philosophical debate on that issue continues.ここで1つのアプローチをご覧aprioristicハーツホーンの職場で非常に形而上学と哲学的議論を続けてその問題を解決します。 Nevertheless philosophers (eg, even a nontheist like JN Findlay) admit that Hartshorne has made the concept of perfection rationally conceivable and has reopened the ontological argument which before seemed closed.にもかかわらず哲学者(例えば、日本人のようなさえnontheistフィンドレー)ハーツホーンを認めることが考えられるとの概念を合理的には完璧な存在論的議論をする前に再オープンするよう閉じられます。

Christian Process Thoughtキリスト教のプロセスを考え

After 1960, as the influence of neo-orthodoxy was waning, an increasing number of theologians turned to Whitehead and Hartshorne as new philosophical sources for a contemporary expression of Christian faith. 1960した後、新正統主義の影響を受けては衰えてきて、電源を神学者が増えて新しい哲学としてハーツホーンホワイトヘッドと現代の表現のソースをキリスト教の信仰です。 Beginning with the doctrine of God, such theologians as John Cobb, Schubert Ogden, Daniel D. Williams, and Norman Pittenger sought to show that the process view of God is more in accord with the biblical view of God (as dynamically related to human history) than is the more traditional Christian view of classical theism.神の教義を始めとした、このような神学者としてのジョンコッブ、シューベルトオグデン、ダニエルd.ウィリアムズ、およびノーマンpittenger詳細は、プロセスを模索してきた対象の神は聖書の他の協定の対象神(人類の歴史として動的に関連して)よりは、キリスト教の対象の他伝統的な古典有神論です。 They argued that the monopolar conception of God as timeless, immutable, impassible, and in every sense independent was more hellenistic than biblical.彼らの構想を単極と主張し、永遠の神として、不変、無感覚、および他のヘレニズムよりもあらゆる意味では、聖書の独立です。 Williams analyzed the biblical, Christian theme of love and argued that Whitehead's metaphysics helps the theologian to explain God's loving action in ways not possible with classical notions of God as being-itself or absolute predestinator.聖書のウィリアムズ分析して、キリスト教のテーマの愛とホワイトヘッドの形而上学と主張して神学を説明するのに役立ちます神の愛のアクションを可能に古典的な方法は神の概念自体または絶対predestinatorされています。

Ogden argued that the "new theism" of process thought, with its world-affirming emphasis, expresses the relevance of Christian faith to secular man, who needs an ultimate ground for his "ineradicable confidence" in the final worth of human existence.オグデンと主張し、 "新しい有神論"のプロセスを考え、その世界的に肯定強調、キリスト教信仰の関連性を表現して世俗男、 whoが必要な場合に究極の地面を彼の"根深い自信"での最後の相当の人間の存在です。 Cobb showed how Whiteheadian philosophy can be the basis of a new Christian natural theology, a theology which by philosophical means demonstrates that the peculiar vision of the Christian community of faith illuminates the general experience of mankind.コッブ示してどのようwhiteheadian哲学の基礎をできる新しいキリスト教の自然神学は、神学を哲学的手段によって特異なビジョンを示しているコミュニティは、キリスト教信仰明らかにして人類の一般的な経験です。

Process theologians then began to concentrate on Christology, especially in the 70s, though Pittenger led the way by writing several works on the subject from a process view, the first in 1959.神学者に専念するプロセスが始まったchristology入力し、特に70年代、かかわらずpittengerに先駆けて、いくつかの作品を書く過程で、被写体からのビューで、 1959年の最初のです。 For Pittenger the uniqueness of Christ is seen in the way he actualized the divine aim for his life.イエスキリストの独自性をpittengerが見られるの道を目指す彼は彼の人生は神の顕在化します。 Sin is "deviation of aim"; man in his subjective aim distorts or deviates from God's initial aim.罪は"偏移の目的" ;男が彼の主観的目的を歪曲または神の当初の目的から乖離します。 In his subjective aims Christ actualized the ideal aim of God (as the cosmic Lover) with such intensity that Christ became the supreme human embodiment of "love-in-action."彼の主観的理想的な目標の実現を目指し、キリストの神(宇宙愛好家としての)強度がキリストのような人間の実施の態様は、最高の"ラブイン-アクションです。 " The deity of Jesus does not mean that he is an eternally preexistent person, but refers to God's act in and through the life of Jesus, who incarnated and transformed the whole of Israel's religion and became the eminent example of God's creative love which is at work universally.イエスキリストの神わけではない彼は永遠に元からある人が、神の法を参照しての生活をし、イエスキリストを通して、 who転生と、全体の形質転換したイスラエルの宗教となったの著名な例として、神の創造的愛これは、職場普遍的です。

David Griffin has spoken similarly, suggesting that Jesus actualized God's decisive revelation; ie, the "vision of reality" shown in his words and actions was the supreme expression of God's eternal character and purpose.デビッドグリフィンが話さ同様に、イエスキリスト顕在化ということを示唆する決定的な神の啓示;すなわち、 "ビジョンを現実の"彼の言葉や行動を示され、最高の発現は、神の永遠の文字と目的です。

Cobb emphasizes a Logos Christology.コッブchristologyロゴを強調する。 The Logos as the primordial nature of God is present (incarnate) in all things in the form of initial aims for creatures.原始の自然を神のロゴが存在する(化身)でのフォームのすべてのことを最初の目標の生き物です。 But Jesus is the fullest incarnation of the Logos because in him there was no tension between the divine initial aim and his own self-purposes of the past.しかし、イエスキリストは、最大限の化身のロゴはなかったので、彼は神の間の緊張が当初の目的と自分自身の自己編集して項目を目的とした。 Jesus so prehended God that God's immanence was "coconstitutive" of Jesus' selfhood.イエスキリストは神のようprehended神の内在は、 "共時存在"イエス様の個性です。 Cobb thus suggests (as opposed to other process thinkers) that Jesus was different from others in his "structure of existence" not merely by degree but in kind.コッブこのように提案(他のプロセスに反対して思想家)がイエスキリストは、他人と違ったことを彼の"構造の存在"だけで学位しかし、特定の種類です。

Lewis Ford places emphasis on the resurrection as the basis for a Christology.ルイスフォード重視しての基礎としての復活をchristologyです。 According to him, what the first disciples experienced was neither a bodily appearance of Christ nor merely a hallucination, but a vision, or an encounter with a "nonperceptual reality" made perceptual by "hallucinatory means."彼によると、どのような経験豊富なの最初の弟子たちは、イエスキリストどちらにも肉体的外観を単なる幻覚ではなく、ビジョン、または遭遇して" nonperceptual現実"は知覚さ"幻覚を意味します。 " Thus the resurrection is of a spiritual kind; it is a new emergent reality, the "body of Christ," in which mankind is transformed into a new organic unity by the living spirit of Christ.したがって、精神的な種が復活することは、新しい創発的現実には、 "キリストの体は、 "どのように変換さ人びとの中には、新しい生活の精神を有機的統一されたイエスキリストです。 Ford also suggests a process view of the Trinity; the Father is the transcendent unity of God, who by a creative "nontemporal act" generates the Logos (the primordial nature) as the eternal expression of divine wisdom and valuation, and the Spirit is the consequent nature in the sense of the immanent being and providential power of God.フォードにも対象を示唆するプロセスは、トリニティ;の父は、神の並外れた結束、 whoされたクリエイティブ" nontemporal法"のロゴを生成します(原初の自然)として、永遠の神の知恵と表現の評価、との精神には、自然を満喫する必従の意味での内在的な存在と神の摂理のパワーです。

At present, process works continue to abound, dealing with various Christian concepts and concerns: sin and evil, a theodicy, the church, pastoral care, ecology, liberation, and the relation of theology to science, philosophy, and culture.現時点では、プロセスを継続してたくさんの作品は、様々なキリスト教の概念や懸念に対処する:罪と悪は、神義論は、教会、パストラルケア、生態学、解放の神学との関係を科学、哲学、文化です。 Though process theology has not yet become a major force in the church pew, it is very influential in the intellectual world of the seminaries and graduate schools, and no doubts is the most viable form of neoliberal theology now in the United States.神学かかわらずプロセスに大きな力になるにはまだ教会は、ピュー、それは非常に影響力を世界の知的、セミナーや大学院に、との疑念は、最も有望な形で新自由主義神学今すぐ、米国します。

Some other writers of Christian theology from a process perspective are Bernard Meland, Ian Barbour, Peter Hamilton, Eugene Peters, Delwin Brown, William Beardslee, Walter Stokes, Ewert Cousins, E. Baltazar, and Bernard Lee.いくつかの他の作家のプロセスの視点からキリスト教神学は、バーナードmeland 、イアンbarbour 、ピーターハミルトン、ユージンピーターズ、 delwinブラウン、ウィリアムbeardslee 、ウォルターストークス、エバートいとこ、 e. baltazar 、およびバーナード李です。 Though process theology developed mainly within Protestantism, it now has influence also with Roman Catholic thinkers (as is evident from the last four names just mentioned).プロテスタントを中心に開発プロセスの神学かかわらず、今すぐには、ローマカトリックの影響力も思想家(としては最後の4つの名前だけをみれば明らかに記載) 。 Catholic process thinkers have been coming to grips not only with Whitehead but also with Teilhard de Chardin, whose thought is historically separate from, but has some philosophical affinity with, the Whiteheadian tradition.カトリックのプロセスの思想家に来てもグリップだけでなく、テイヤールドシャルダンホワイトヘッドだけでなく、その思想は歴史的に別の独立したが、いくつかの哲学の親和性は、伝統whiteheadianです。

Evaluation評価

By philosophical or rational standards process theology has several commendable points.哲学や神学を合理的標準化過程にはいくつかの称賛に値するポイントです。 First, it emphasizes metaphysical coherence; ie, it seeks to express a vision of God and the world by a coherent and clearly defined set of metaphysical concept.第一に、それを強調形而上学的コヒーレンス;すなわち、それを表現するにビジョンを求める世界の神とされるコヒーレントと形而上の概念セットを明確に定義されています。 Second, it integrates science and theology, and vice versa; they are together in the same universal sphere of discourse, namely, process metaphysics.第二に、科学と神学統合されると、逆に、彼らは普遍的で一緒に同じ球の談話、すなわち、プロセス形而上学です。 Consequently, and in the third place, process theology provides a tenable answer to the charge that theological language is meaningless.その結果、第3位と、プロセス神学では、批判に耐えられるの回答をチャージを神学的言語は意味がありません。

The process theologian contends that if metaphysics describes those general concepts or principles by which all particulars are to be explained, and if God is the chief exemplification of those principles, then talk about God is eminently meaningful and basic to the meaningfulness of everything else.神学者の主張の過程を説明すれ形而上学これらの全般的な概念や原理を説明されるすべての明細、およびもし神は、これらの原則を例証主任は、神は際立って入力し、有意義な話と基本的にほかのすべての意味です。 Fourth, process theology eloquently champions natural theology.第四に、自然神学プロセス神学チャンピオンズ雄弁です。 Fifth, process theology gives clear and plausible form to a dynamic, personal view of God.第五に、プロセス神学は、明確かつダイナミックなフォームをもっともらしい、個人対象の神です。 Personal qualities such as self-consciousness, creatively, knowledge, and social relatedness are attributed to God in the most literal sense.自意識過剰のような個人的な資質は、創造的、知識、および社会的関連性が最も神に起因する文字どおりの意味です。

By rational standards process theology also has its weaknesses or questionable features.神学を合理的標準化過程に、弱点や疑問にも特徴があります。 First, one may question whether the process model does justice to the self-identity of an individual person in process.第一に、 1つのプロセスモデルがありますが正義かどうか疑問視して自己のアイデンティティー、個々の人に処理します。 Second, process theology has some problems concerning the finitude and temporality of God, eg, the problem of relating God's infinite, nontemporal, primordial nature of God's finite, temporal, growing, and consequent nature, or the problem of seeing unity of experience in each moment of God's omnipresent existence in view of the teaching of relativity physics that there is no simultaneous present throughout the universe.第二に、プロセス神学にはいくつかの問題点の有限性と世俗的神の、例えば、関連の問題を、神の無限、 nontemporal 、原初の自然の神の有限、時間的、成長する、との帰結性か、またはこの問題の団結の経験を見て、各遍在する瞬間、神の存在を教える対象は、物理学の相対性理論がないこと宇宙の同時存在しています。 Third, there is the question of the religious adequacy of panentheism.第三に、宗教的には妥当性の問題は万有内在しています。 Is the most worthy object of worship of God who needs the world in order to be a complete personal being or a God who is a complete personal being prior to the world?崇拝の対象は、最も立派な神の世界でwhoを必要として完了するためには、個人的に、またはwhoは、完全に個人的に神の前に世界のですか?

In addition to these philosophical problems, there are some characteristics of process theology which, from the viewpoint of evangelical theology, are contrary to Scripture.これらの哲学的問題に加えて、いくつかの特性のプロセス神学は、福音主義の観点から、神学は、啓典に反しています。 These include a nontripersonal view of the Trinity, a Nestorian or Ebionite tendency in Christology, a nonsupernaturalistic view of the Bible and of Christ's works, the denial of divine foreknowledge and predestination, and a weak view of human depravity.これらのnontripersonalには、対象は、トリニティは、ネストリウス派やエビオン派の傾向がchristologyは、 nonsupernaturalistic対象は、聖書とキリストの作品は、神の先見と宿命の否定を、対象と弱い人間の堕落です。

DW Diehl社殿向ディール

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
JB Cobb, Jr., A Christian Natural Theology; LS Ford, The Lure of God; D. Griffin, A Process Christology; C. Hartshorne, The Divine Relativity, The Logic of Perfection, and Creative Synthesis and Philosophic Method; S. Ogden, The Reality of God; N. Pittenger, Christology Reconsidered and Process Thought and Christian Faith; AN Whitehead, Process and Reality; D. Brown, R. James, and G. Reeves, eds., Process Philosophy and Christian Thought; W. Christian, An Interpretation of Whitehead's Metaphysics; JB Cobb, Jr., and D. Griffin, Process Theology: An Introductory Exposition; N. Geisler, "Process Theology," in Tensions in Contemporary Theology, ed. jbコッブ、ジュニアは、キリスト教の自然神学; lsフォードは、神のルアー; d.グリフィン氏は、プロセスchristology ; c.ハーツホーンは、神の相対性理論は、ロジックの完璧な、と創造の合成と哲学の方法; s.オグデンは、神の実在;名pittenger 、 christologyを再検討するとプロセスの思想とキリスト教の信仰;のホワイトヘッドは、プロセスと現実と; d.ブラウン、 r.ジェームズ、およびg.リーブス、のEDS 。 、プロセス哲学とキリスト教の思想;ワットキリスト教は、ホワイトヘッドの形而上学の解釈; jbコッブ、ジュニア、とDとグリフィン氏は、プロセス神学:を紹介する博覧会;名ガイスラー、 "プロセス神学、 "現代の神学の緊張を、エドです。 SN Gundry and AF Johnson. snガンドレーと心房細動ジョンソンです。


Also, see:また、参照してください:
Pantheism 汎神論
Theism 有神論
Rationalism 合理主義
Agnosticism 不可知論
Panentheism 万有内在

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです