Relativism相対

Advanced Information 高度情報

Totalistic relativism is (1) an epistemological theory denying any objective, universally valid human knowledge and affirming that meaning and truth vary from person to person, culture to culture, and time to time; (2) a metaphysical theory denying any changeless realities such as energy, space, time, natural laws, persons, or God and affirming that all conceivable meaning rests on activities, happenings, events, processes, or relationships, in which observers are changing participants; and (3) an ethical theory denying any changeless moral principles normative for all people in every situation and so of limited validity. 相対totalisticとは、 ( 1 )任意の客観的に認識論的理論否定し、人間の普遍的な知識や有効な意味を肯定して人から人へと真理によって、文化の文化を、時間を短縮し、 ( 2 )形而上学的理論を否定するなど、任意の不変の現実エネルギー、空間、時間、自然法則、人か、またはすべての考えを肯定し、神との意味に依拠活動、出来事、イベント、プロセス、または関係ではオブザーバー参加者は、変更、および( 3 )任意の不変の道徳的倫理的な説を否定原則規範のすべての人々の初回限定の妥当性などあらゆる状況です。 From these three fields relativism pervades every field of meaningful human experience and knowledge.これらの3つのフィールドからの相対pervadesのあらゆる分野で人間の経験や知識を意味します。

Limited relativism considers totalistic relativism self-contradictory and wrong in its absolute denials of any absolute truth, and yet accurate in its assertion that much human knowledge is conditioned and slanted by innumerable variables.相対主義totalistic 初回限定相対考えて自己矛盾と間違って、その絶対的な否定の任意の絶対的な真理であり、その主張をより正確にはまだありません人間の知識は斜めに無数の変数を条件とします。 However, general divine revelation makes clearly known to all people the changeless truths about God's nature and particularly God's changeless plans for changing people in changing cultures in history.しかし、一般的な神の啓示を明確に知られ不変の真理をすべての人々は神の性質については、特に、神の不変の計画を変更する人々の文化の歴史を変更します。 Although finite, fallen people may not be able to invent changeless truths, they can discover and receive them through divine revelation and enablement.有限ものの、倒れた人々ことができない場合が不変の真理を発明し、それらを受け取ることができます発見し、神様のお告げで、使用可能です。 In this way they can know not only changeless principles, plans, and purposes but also the meaning of unique, once-for-all events with objective validity.この方法でのみことができます不変の原則を知らないことを知って、計画、との意味の固有の目的のためだけでなく、一度にすべてのイベントを客観的妥当性をします。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Human cognition does take place in the midst of countless cultural variables: subjectively (Kierkegaard), economically (Marx), politically (Reinhold Niebuhr), historically (H. Richard Niebuhr, W. Dilthey), educationally (Dewey), religiously (Cobb, Starcke, Watts), anthropologically (Kraft), and stylistically (Ricoeur).人間の認知で開催さの真っただ中には無数の文化的な変数:主観(キルケゴール) 、経済的に(マルクス) 、政治(ラインホルトニーバー) 、歴史的に(笠原リチャードニーバー、ワットディルタイ) 、教育(デューイ) 、宗教(コッブ、 starcke 、ワット) 、 anthropologically (クラフト) 、およびスタイル(リクール) 。 As a result of the kaleidoscopic impact of these and other influential variables, totalistic relativists have denied any invariable, absolute truth about things in themselves.万華鏡のような結果として、これらの影響や他の有力な変数は、任意のtotalistic relativistsが拒否されました不変、絶対的な真実を知ることではありません。

Increased consciousness of these cultural variables has generally been of significant value to the fields of interpretation and communication.これらの文化の意識の増加もおおむね、非常に重要な変数の値を、フィールドの解釈と通信します。 To grasp the meaning of people from other cultures interpreters now realize how crucial it is to seek sympathetic identification with them in terms of their own presuppositions and historical roots.の意味を把握するの人々から他の文化の通訳を実現する重要なことはどのよう交感神経の身分証明書を求めて利用していますが、自分のルーツや歴史presuppositions 。 Such cross-cultural understanding is equally indispensable if one seeks to communicate to those of other cultures in terms of their own categories of thought and verbal expressions.このような異文化理解に不可欠な場合は同様に1つのシークと通信している他の文化の点で独自のカテゴリーの思想と口頭で表現します。 Improved ways of grasping and communicating meaning, however, do not settles issues of objective validity.コミュニケーションの改善方法の意味を把握し、しかし、客観的妥当性の問題はありませんが決定します。

Agreement has not been reached in regard to the degree of influence the cultural variables bring to bear upon human knowers.契約書にされていない点に到達するのにある程度の影響力を持ってクマに人間の文化的な変数knowersです。 According to determinists, given a specific set of conditions present to a person's brain, nothing else could happen. deterministsによると、与えられた、特定のセットの人の脳の条件を提示して、何も他のも起こり得る。 All knowledge is relative to and determined by these situations (Skinner).すべての知識が相対的に決定されるとこのような状況(スキナー) 。 For others, although all of human knowledge and behavior is predisposed to habitual responses by given sets of stimuli, this conditioning "falls somewhat short of total determination."他人が、人間の知識や行動のすべての習慣的な傾向があるレスポンスが与えられたのセットを刺激され、この調節"の滝やや短いの合計決意。 " All propositional assertions are nevertheless held to be time- and culture-bound (Kraft).アサーションはすべての命題にもかかわらず時間行われたとされる文化結合(クラフト)です。

Others view persons not only as physical organisms but also as minds, souls, or spirits, with the powers of self-determination and self-transcendence.他の対象者としてだけでなく、物理的な生物としてだけでなく、心、魂か、またはスピリッツ、自己決定の権限をすると自己超越です。 Hence their knowledge is not all time-bound and they are agents responsible for their own actions (Thomas Reid, J. Oliver Buswell, Jr.).それゆえにすべての時間に縛られた知識ではないと彼らは自分の責任を負うエージェントのアクション(トーマスリード、 j.オリバーbuswellは、ジュニア)です。 Existentialists affirm that mankind is free from both external determination and internal self-determination by a self with a given, unchangeable nature. existentialists断言する人びとの中には無料で外付けの決定と内部の両方から自己決定された自己に与えられた、不変の自然です。 To be authentically free a person must, in fact, exercise an arbitrary freedom independent of cultural predispositions and past habitual choices.無料で人を忠実にしなければ、実際には、任意の自由権を行使する独立した文化的なpredispositionsおよび過去の習慣的な選択肢です。 It seems more likely that some knowledge is predisposed by one's cultural influences and creative knowledge simply occasioned by one's situation.他の可能性がいくつかのような知識が1つの文化の影響を受けた傾向と創造の知識だけで引き起こされる1つの状況です。

Totalistic Relativism相対totalistic

Wheter the cultural and psychological variables determine, predispose, or occasion certain metaphysical beliefs, totalistic relativists know little about the nature of persons or things as terms or entities in themselves, and much about relationships, functions, and processes. wheterの文化的、心理的な変数を決定、傾かせるか、または特定の形而上学的信念の機会、 totalistic relativistsについてほとんど知らない人や物事の性質をそれ自体として実体的な用語や、多くのことを知るとの関係、関数、およびプロセスです。 Things and persons are what they do.人々がどのように行うものとします。 Distinct, unique persons are reduced to influences, relations, events, or happenings (Arthur F. Bentley).はっきりと、ユニークな影響を受けた人が減少して、関係、イベント、または出来事(アーサー女性ベントレー) 。 Relational theology also intends to free people from the tyranny of absolutes, but may diminish the value of a person as such.リレーショナル神学も自由な人々を専制政治の原理から、しかし、 5月としての価値を下げるような人です。

In Eastern monistic relativism persons are not real, but mere maya insofar as they are distingishable from the One.相対主義者ではない本物の東部monistic 、しかし、彼らは単なるマヤ知る限りdistingishableからの1つです。 Differentiations of distinct persons with whom to have relationships are said to be made, not by nature, but by human conceptual assertions distinguishing subjects from predicates. differentiationsのはっきりした人には関係者によるとされるのではなく、自然ではなく、人間の概念的なアサーション科目から区別する述語です。 Hence all propositions are illusory and relative to the viewpoints of those who assert them.それゆえ、相対的にすべての命題は、架空の人の視点who主張します。 In "reality" persons, like dew drops, slip into the shining sea, the part never again to be differentiated from the whole.での"現実"人は、露のように知らせてください、スッと入るの輝く海、 2度の部分全体から分化される。 Since all that can be conceived is relative, no permanent objective remains for which to strive and nihilism results.以降のすべてのことができる構想は、相対的、客観的遺跡を永久に努めるとニヒリズム結果です。 No self-nature can stand by itself, and no lasting distinction can be made between right and wrong.自然のセルフスタンドを単独では、との永続的権利との間の区別ことが間違っている。 Moral conflicts are a sickness of the mind which should have cultivated a bland indifference.道徳的な葛藤は、心の病を栽培する必要が当たり障りのない無関心です。 Decisions are to be made without having the faintest understanding of how one decides (Alan Watts).意思決定がされることなく、 1つの決定方法についての理解をfaintest (アランワット)です。

Totalistic relativism, relationalism, or contextualization ends in amorality, "Asiatic fatalism," meaninglessness, and nihilism.相対totalistic 、 relationalismか、または文脈で終わる超道徳性、 "アジアの運命論、 "無意味さ、とニヒリズムです。 Furthermore radical relativism is self-contradictory.さらに過激な相対主義は自己矛盾です。 Every human assertion is said to be time-bound and culture-bound, but the assertion that "all is relative" is taken to be universal and necessary.すべての人間のアサーションは、時間に縛られたといわれていると文化に縛られた、しかし、主張を"すべては、相対的"が撮影される普遍的かつ必要です。 Total relativism absolutely denies any absolutes, and it absolutizes relativity.総相対確実に任意の原理を否定し、 absolutizes相対性理論ことです。

Limited Relativism初回限定相対

Less reductive and more open approaches to meaningful human existence acknowledge not only differences among cultures but also similarities.少ない還元的アプローチを開いて、他の有意義な人間の存在を認めるだけでなく、文化の違いだけでなく、類似点がある。 Kraft alludes to over seventy-three constants in human societies in a chapter on human commonality, but concludes the chapter with only one criterion for evaluating cultural systems: their efficiency or adequacy in meeting people's personal, social, and spiritual needs.クラフトalludesを超える定数73章を、人間社会では人間の共通点は、しかし、最後の章に1つの基準を評価するだけで文化的なシステム:その効率性や妥当性を会議室の人々の個人的、社会的、精神的なニーズとします。 The forms of a culture, including the Christian missionary's culture, are judged solely in terms of their pragmatic usefulness.フォームは、文化、日本の文化など、キリスト教の宣教師は、実用面での判断のみ有用です。 Usefulness for what?有用性を何ですか? It sounds good to say, "for properly relating human beings to God."それを言ってやるがいい、 "人間関係を適切に神です。 " But having held that a hundred percent of human conceptual thought is time-bound, Kraft has no changeless criteria by which to distinguish counterfeit religious experience from authentic conversion to Christ.しかしが行われたことを100%人間の概念的思考は時間に縛られた、クラフトはない不変の偽造を区別する基準をどの宗教的な経験から本物のイエスキリストのコンバージョンを達成します。 Apparently dynamically equivalent experiences may be of Satan, who changes himself into an angel of light.明らかに悪魔を動的に同等の経験がありますが、自分自身whoの変化を光の天使です。

The tests of authentic Christian experience, according to Scripture, include conceptually equivalent assertions about the nature of Christ, the eternal Word who became flesh (John 1:1-18; 20:31; I John 4:1-3; II John 9).キリスト教の経験の本物のテストによると、啓典、含まれて概念的に相当するアサーションの性質については、イエスキリストは、永遠の言葉whoなった肉(ジョン1:1-18 ; 20:31 ;ヨハネ4:1-3 ;二ジョン9 ) 。 Relational and functional theologians, succumbing to relativism, undermine the changeless conceptual validity of God's universal revelation in nature and special revelation in the teaching of the incarnate Christ and inspired prophetic and apostolic spokesmen.リレーショナルで機能的神学者、 succumbingを相対、不変の概念的な妥当性を弱体化させるの普遍的啓示神の啓示は、自然界や特別な教育は、イエスキリストの化身と予言とローマ教皇のスポークスマンインスピレーションです。

What transcultural truths, then, are known through general revelation?どのような異文化間の真理は、その後、ことが知られまでの総合的な啓示ですか? (1) People are human. ( 1 )の人々が人間です。 Persons everywhere in all cultures have been, are, and will be human.すべての文化人が至る所では、とされる人間です。 Dehumanizing and depersonalizing tendencies to the contrary, persons are subjects, not mere objects, and as agents responsibly participate in communities to achieve common, objective goals.非人間的とdepersonalizing傾向とは反対に、人は、科目ではなく、単なるオブジェクト、および代理店として責任を持って参加して共通のコミュニティを達成するために、客観的目標です。 (2) People have inalienable human rights and responsibilities. ( 2 )人々が不可分の人間の権利と責任です。 However different physically, economically, educationally, politically, socially, or religiously, people have a right to equal concern and respect.しかし別の物理的、経済的、教育、政治的、社会的、または宗教的に、人々は、平等な権利を懸念し、尊重します。 (3) People deserve justice. ( 3 )正義の人々に値する。 Whatever the situation, and whenever people are treated unjustly, they cry out against injustice.どのような状況では、と不当に扱われるときに人々は、彼らに対して反対を叫ぶ不公平です。 (4) Unjust people need a just amnesty and forgiving, holy love. ( 4 )不当な人々と寛容に恩赦を必要とするだけ、神聖な愛です。 (5) People ought to be intellectually honest and faithful to the given data of reality. ( 5 )知的正直な人々れるべきだとのデータを忠実に与えられた現実です。 They ought not bear false witness against others.クマ虚偽不利な証言をする彼らは他人するべきです。 (6) If human society, mutual trust, and communication is to be meaningful, people ought to be logically noncontradictory in their thought, speech, and writing. ( 6 )人間社会の場合、相互の信頼関係、および通信が意味を持つが、人々 noncontradictoryされるべきだ論理的に考え、音声、および書き込みします。 Human knowledge and experience are related not only to cultural variables but also to these invariables of mortality, fact, and logic.人間の知識や経験は、関連しただけでなく、文化的な変数をこれらのinvariablesの死亡率だけでなく、実際には、およびロジックです。

To argue for but one absolute, love, as did Joseph Fletcher, is to ignore the breadth of the Creator's intelligence and wisdom.しかし、 1つの絶対的に議論するため、愛、ジョセフフレッチャーは参考としては、創作の幅を無視しての知性と知恵です。 To argue for the absoluteness of factual data alone, as with scientism and positivism in their varied forms, overlooks the faithful words of the Logos regarding morality, sin, and salvation, and his own integrity as one who cannot deny himself or contradict himself. absolutenessに議論するのは、事実のデータだけでも、科学や実証主義と同じように、さまざまな形で、忠実なの言葉を見下ろす道徳のロゴについて、罪、と救い、と彼自身の整合性として1つの矛盾who自分や自分自身を否定することはできません。 But to argue for logical absolutes alone, as rationalists may, blinds one to the given data of experience, the danger of autism, injustice, and irresponsibility in a day of nuclear proliferation.しかし、論理的に議論するの原理だけで、合理年5月、ブラインドを与えられた1つのデータの経験を、自閉症の危険性を、不正、と無責任には、 1日の核拡散します。

The Need for Absolutesの必要性を原理

Claims to truth, as distinct from mere uninformed opinion, must be justified on the basis of something more than subjective or community feelings of certitude.真実と主張し、異なる単なる無知な意見として、正当化しなければならない何かに基づいて、またはコミュニティを超える主観的感情を確信します。 As Gordon Kaufman has argued, any claim to truth involves the claim to objective validity.ゴードンカウフマン主張としては、真実では、任意の主張を客観的妥当性と主張しています。 Although hesitating to affirm belief in absolutes, Kaufman admits the objectively valid knowledge transcends actual thinking and feeling in three directions, givenness, universality, and logical interconnectedness.原理の信仰をちゅうちょを断言するものの、有効な知識を超越カウフマン認め、実際の客観的な思考や感情の3つの方向、 givenness 、普遍性、および論理的相互関連性です。 These he calls "functioning absolutes."これらの彼の呼び出し"機能原理です。 " Since they function as absolutes along with justice and love, intellectual honesty, and human worth to make life possible and meaningful, why not call them absolutes?以来彼ら原理として機能するとともに、正義と愛、知的誠実さ、人間の価値と可能性と有意義な人生を作る、なぜ原理と呼んでいないですか?

To acknowledge changeless truths in the midst of changing human experiences, as Augustine realized, is to acknowledge their changeless source and referent, ontologically.不変の真理を認める変化の真っただ中に人間の経験を、実感としてアウグスティヌスは、その変化のないことを認識するソースと指示、存在論的です。 Paul Tillich also saw that all such absolutes point beyond themselves to an all-inclusive Absolute.ポールティリヒも見たような原理のすべてのポイントを超えして、すべて込みの絶対的です。 Unfortunately, Tillich's concept of Being itself depersonalized the living and dynamic Logos of Scripture.残念ながら、ティリヒの概念自体がdepersonalizedの生活や動的なロゴの啓典です。

The most coherent account of both the variables and the invariables in meaningful human experience, Christians may argue, is the personal, living, moral, just, loving, faithful, and true God revealed not only in the world, history, and human nature, but even more significantly in the Jesus of history and the teachings of Scripture.最もコヒーレントアカウントの両方の変数とinvariablesで有意義な人間の経験、キリスト教徒年5月議論は、個人、生活、道徳的、わずか、愛する、忠実な、神の啓示と、真の世界だけでなく、歴史、人間の本性と、しかし、さらに大幅には、イエスキリストの教えを啓典の歴史とします。 Although finite, fallen people may not discover objectively valid, normative truths for themselves, as divine image bearers they may be enabled by common or special grace to receive them.有限ものの、客観的に倒れた人々発見することはできません有効な場合は、規範的真理を自分自身、神としてのイメージがありますが有効になって彼らを担ぎ、または特別な恩恵を受ける共通です。 Through general revelation from the absolute God, people find out about God's moral principles for justice in society and, through special revelation, about God's loving plans and purposes for unjust people.までの総合的な絶対的な神からの啓示は、人々は神の道徳的な原則をしよう社会正義のために、特別な啓示を通して、神の愛についての計画との目的を不当な人々です。 The living God is not determined by the relative processes of time, space, energy, and humanity.神の生活ではないの相対的プロセスによって決定さの時間、空間、エネルギー、と人類のです。 People and nature are relative to, dependent upon, and conditioned by God.人と自然とが相対的には、依存して、神と条件です。

It is commonplace for radical religious relativists to affirm that people can experience God even though no conceptual or propositional truth about God is possible. relativists過激な宗教的なことは当たり前のことを断言する人々が神の経験の概念や命題ていなくても神の真実を知ることが可能です。 Even the words of Jesus and the Bible, they hold, are time-bound and culture-bound.さえ、イエスキリストと聖書の言葉を、彼らホールド、バインドや文化には時間がバインドが必要です。 They can be taken only noncognitively, as pointers.しかならないことができますnoncognitively 、ポインタです。 Such religious relativism, however pious, misses the mark because it fails to take adequate account of mankind's creation in the image of God and renewal in the divine image to know God conceptually (Col. 3:10).このような宗教的な相対は、信心深いしかし、外れているため、適切なアカウントを取ることに失敗し、人類の創造のイメージを、神と神のイメージを知ってリニューアルは、神の概念的( Col 。 3:10 ) 。 Because they are created to know and commune with the Creator and Redeemer who is changeless in essence, attributes, and plans for space and time, humans in a sea of relativism can receive some effable absolutes by divine revelation and illumination.彼らは作成のための創造を知って、コミューンと身請けwhoは不変の本質は、属性、および計画を空間と時間を、人間が海の相対する原理を受けることができるいくつかの言葉で表せる神の啓示と照明されています。

Denials of propositional revelation may also result from a failure to grasp the relatedness of everything in changing and changeless experience to the Logos of God (John 1:1-3).否定の命題啓示年5月の結果よりも関連性を把握するのに失敗したのすべてのロゴを変更すると、神の不変の経験を(ジョン1:1-3 ) 。 The divine Logos is eternal and distinct from the universe but not limited to an intellectually other eternity as in Eastern mysticism.永遠の神のロゴは宇宙からのおよびDISTINCTこれに限定される他の永遠の知的東洋的神秘主義のようにします。 The divine Logos is immanent, governing nature and people, but not limited to natural processes as in liberalism.内在する神のロゴは、統治自然と人々 、これに限定される自由主義のように自然なプロセスです。 The divine Logos became incarnate as a truly human person but is not limited to noncognitive personal encounters as in neo-orthodoxy.神の化身のロゴが真に人間としてこれに限定されませんnoncognitive新正統主義のように個人的に遭遇します。 The divine Logos was inscripturated, but is not limited to a mere biblicism as in some extreme fundamentalism. inscripturatedは神のロゴは、これに限定されません単なる聖書主義のようにいくつかの極端な原理主義です。 In sum, the Logos of God is transcendent and immanent, incarnate, and inscripturated as in classical orthodox theology.要するに、このロゴを超越と内在する神は、人間の姿をし、正統的な神学古典inscripturatedのようにします。

A verificational apologetic for the absolutes of the divine Logos, general revelation, incarnate revelation, and inscripturated revelation is not itself another absolute.申し訳なさそうにverificationalは、原理は、神のロゴ、一般的な啓示は、啓示の化身、およびinscripturated啓示そのものではない別の絶対的です。 It is not necessary to be divine or an inerrant spokesman for God to verify God's wisdom, power, and morality in the world, divine sinlessness in Christ, or divine revelation in Scripture.必要とされる神ではないか、間違いのないことを確認する神のスポークスマンは、神の知恵、低消費電力、および道徳の世界、神のsinlessness 、キリストか、または神の啓示で啓典です。 The Israelites did not make themselves autonomous by distinguishing between true and false prophets.イスラエル自体自律されていないことを区別するtrueとfalse預言者です。 To check the credentials of one's surgeon is not to presume oneself more wise and capable in practicing surgery than the specialist. 1つの資格情報を確認するに外科医を生意気にも〜する自分の意見をもっと賢明ではないとして、スペシャリストより有能な外科手術で練習します。 Acquainted with the countless variables every human knower faces, we are not surprised that Christian apologists frankly claim no more than an overwhelming probability beyond reasonable doubt.知り合いに、無数の変数を知っておられるすべての人間の顔、私たちはキリスト教の擁護者は驚きを率直に主張以上の確率で圧倒的に合理的疑いを越えています。

Similarly, Christians claim only degrees of probability for their interpretations and applications of divinely revealed propositional truths.同様に、キリスト教徒の主張のみの程度の確率解釈やアプリケーションの命題の真理神の啓示です。 To affirm the absoluteness of God's understanding in eternity is not to affirm the absoluteness of any believer's understanding of revelation at any given time in his growth in knowledge and grace.神のを確認してabsolutenessの理解は永遠ではないのを確認してabsolutenessの理解を任意の信者の啓示をいつ彼の成長に与えられた時間の猶予の知識とします。 Precisely the opposite result follows.正確には反対の結果以下の通りです。 To assert the absoluteness of divine revelation in terms of its intended purpose and the standards of accuracy when written for that end is to deny absoluteness to the pronouncements of governments, public schools, the United Nations, and religious institutions.神の啓示を主張するabsolutenessの意図的な基準の精度を目的とするときにそのために書かれたabsolutenessを拒否するには、政府の公式見解を、公立学校は、国連、および宗教的な機関です。 Divine illumination does not result in inerrancy.結果的に間違いのない神の照明はありません。

Although no interpretation of the Scriptures as given can be regarded as absolute, some interpretations are better informed than others by relevant data, valid hermeneutical principles, and sound criteria of truth.解釈ていないにもかかわらず、聖書は絶対に与えられたことと見なされる、いくつかの解釈がより良いインフォームドコンセントなど、関連するデータを、有効なhermeneutical原則、およびサウンドの基準を真理です。 The most reliable checks and balances upon varied interpretive hypotheses are criteria drawn from the invariables found in general revelation: its grammar, literary context, author's purpose, historical and cultural setting, and broader theological context.最も信頼性のチェックアンドバランスの時から引き出される様々な解釈基準の仮説は、一般的に啓示が見つかりましたinvariables :その文法、文学的文脈において、著者の目的のために、歴史的、文化的に設定し、より広範な神学的コンテキストです。 Furthermore, one must be able to live by that interpretation with integrity while treating people as persons, not things, respecting their rights, treating them justly, and forgiving their injustices.また、 1つのライブをできるようにしなければならないの解釈との整合性を治療中の人々人ではなく、物事は、自分たちの権利を尊重、公正として扱われること、およびその史寛容です。

Untold harm has been done in the name of Christianity by people who have absolutized their relative interpretations of life or of Scripture.莫大な害は行われていない人々は、キリスト教の名前をwho absolutized 、相対的に生きるかの啓典の解釈をします。 Presumptuous prophets who claimed to speak God's word to people, without divine authorization, in the OT administration were subject to the most severe penalities.思い上がった預言者who主張して神の言葉を話す人々は、神の承認なく、 otは、政権が対象に、最も重度のpenalitiesです。 May God deliver evangelicals today from prophetic ministries not validly drawn from divine revelation.今日から5月神の予言省庁がevangelicals配信正当神の啓示から引き出される。 This case for revealed absolutes must not be taken to justify absolutizing merely human ideas, however good.このケースは明らかに原理を正当化しなければならないabsolutizingは単に人間のアイデア、しかし良いです。

Similarly, inestimable damage has been done the cause of Christ and Scripture by those who relativize divinely revealed absolutes, which have objective validity for all people of all cultures.同様に、計り知れないほどの損傷は行われていないのが原因で発生する、キリストと啓典を明らかにそれらの原理who relativize神、これは客観的妥当性をすべての人のすべての文化です。 Either Christianity is true for all people, or it is true for no one.キリスト教のすべての人々のいずれかに該当するか、または1つのことは事実はありません。 We can be assured of our view of the major doctrines of Christianity and the realities to which they refer when our interpretations are based on numerous relevant and extensive passages of Scripture, supported by interpreters throughout the history of the church, and attested to us personally by the internal witness of the Holy Spirit to the teaching of the Word.私たちのことを保証される当社の主要な対象とキリスト教の教義を彼らの現実には、参照時に私たちの解釈に基づいて数多くの関連性と大規模な通路の啓典、同時通訳でサポートされ、教会の歴史を通して、および個人を証明するように問い合わせ聖霊の内部の目撃者は、その単語を教えています。 Then we can confidently relate to the realities designated and preach the great doctrines of the faith with joy.私たちは自信を入力し、指定さと説教の現実に関連しての大教説の信仰のお喜びです。

In a day when radical relativism reigns, disciples of the Lord, who is the same yesterday, today, and forever, stand guard against attacks upon the cognitive faith once for all entrusted to the saints (Jude 3) with gentleness, respect, and a clear conscience (I Pet. 3:15-16).相対主義過激派には、 1日に満ちていたときに、弟子たちは、主よ、 whoは、同じ昨日、今日、と永遠に、スタンド警備隊の認知信仰の対イラク攻撃に委託して一度のすべての聖人(ジュード3 )優しさ、尊敬、とやましいところが(私のペットです。 3:15-16 ) 。

GR Lewisグラムルイス

Bibliography 書誌事項
AF Bentley, Relativity in Man and Society; GW Bromiley, "The Limits of Theological Relativism," CT, May 24, 1968, 6-7; JB Cobb, Jr., Christ in a Pluralistic Age; RJ Coleman, Issues in Theological Conflict; BA Demarest, General Revelation; JW Dixon, Jr., The Physiology of Faith: A Theory of Theological Relativity; CFH Henry, Christian Personal Ethics; G. Kaufman, Relativism, Knowledge and Faith; CH Kraft, Christianity in Culture; M. Kransz and JW Meiland, eds., Relativism Cognitive and Moral; GR Lewis, "Categories in Collision?"心房細動ベントレー、相対性理論の人間と社会; gw bromiley 、 "神学的相対主義の限界を、 "コネチカット、 1968年5月24日、 6-7 ; jbコッブ、ジュニア、イエスキリストは、多元的年齢;のRJコールマン、神学的紛争の問題; ba demarest 、一般的な啓示; jwディクソン、ジュニアは、生理学的な信仰:神学理論相対性理論; cfhヘンリーは、キリスト教の個人的な倫理; g.カウフマン、相対主義、知識と信仰;あなたのクラフト、キリスト教の文化;男性jwメイランドkranszと、のEDS 。 、相対認知と道徳的な;グラムルイス氏は、 "より作成カテゴリに衝突ですか? " in Perspectives on Evangelical Theology, and Testing Christianity's Truth-Claims; F. Schaeffer, How Should We Then Live?福音主義神学の視点で、キリスト教の真理とテストを主張;女性シェフェール、どのように入力し、住んでいますか? BF Skinner, Back to Freedom and Dignity; JS Spong, "Evangelism When Certainty Is an Illusion," CCen, Jan. 6-13, 1982, 11-16; W. Starcke, The Gospel of Relativity; P. Tillich, My Search for Absolutes; D. Turner, The Autonomous Man. bfのスキナー、省略して自由と尊厳; jsスポング、 "伝道ときは、確実な錯覚、 " ccen 、 1月6-13 、 1982 、 11-16 ;ワットstarckeは、相対性理論による福音書; p.ティルリッヒ、私の検索の原理; d.ターナーは、自律男です。


Relativism相対

Catholic Information カトリックの情報

Any doctrine which denies, universally or in regard to some restricted sphere of being, the existence of absolute values, may be termed Relativism.任意の教義を否定し、普遍的、またはいくつかの制限については球が、絶対値が存在する、相対表現があります。

Thus one form of Relativism asserts that we are conscious only of difference or change (Hobbes, Bain, Höffding, Wundt. Cf. Maher, "Psychology", 6th ed., p. 91).このように1つの形式の相対評価さ我々は意識の違いのみ、または変更(ホッブズ、ベイン、 höffdingは、ブントします。継続前誌です。マーハー、 "心理学" 、第6回エド。 、 p. 91 ) 。

Another asserts that truth is relative, either (a) because judgments are held (i) to have no meaning in isolation and (ii) to be subject to indefinite modification before they can become embodied in the one coherent system of ideal truth (Joachim and Hegelians generally), or else (b) because truth is conceived as a peculiar property of ideas whereby they enable us to deal with our environment more or less successfully (Pragmatists).真実を別の主張は、相対的は、 ( a )判断が行われるため、 ( i )から隔離の意味を持たないおよび( ii )を対象に無期限の変更前に体現され、 1つになることができますコヒーレントシステムの理想的な真理(ヨアヒムとhegelians通常) 、または他の結果( b )として考えられたため、真実は私有財産のアイデアですが私たちの環境への対処を有効に問い合わせ多かれ少なかれ正常に( pragmatists ) 。

A third affirms moral worth to be essentially relative and to emerge only when motives are in conflict (Martineau). 3番目の肯定と道徳的価値を相対的に本質的な動機をemergeするときにのみ、紛争は(マーティノー) 。 (See ETHICS, PRAGMATISM, TRUTH.) The term Relativism, however, is more commonly applied to theories which treat of the nature of knowledge and reality, and it is in this sense that we shall discuss it here. (参照倫理、プラグマティズムは、真理です。 )という用語は相対、しかし、これはもっと広く適用される治療の理論と現実との性質の知識、およびそれは、この意味において、私たちはここで話し合うことです。

The Relativity of Knowledge相対性理論の知識の

Whatever may be the real and primary significance of Protagoras's famous dictum, "Man is the measure of all things" (anthropos metron panton kai ton syton kai ton me onton, Plato, "Theæt.", 152 A; in "Mind", XIX, 473, Mr. Gillespie maintains that the dictum has an ethical significance), it has ordinarily been understood in an epistemological sense, and a statement of the relativity of all human knowledge, of the impossibility of penetrating beyond the appearances of things.どんなことが実際に原発の意義とプロタゴラスの有名な格言、 "男は、測定のすべてのもの" ( anthropos metronすべてsyton甲斐甲斐トントン私ontonは、プラトン、 " theæt 。 " 、 152 、 ;は"心" 、 19 、 473 、ミスターギレスピーを維持してことわざには、倫理的な意義)が、これは通常の認識論的意味で解釈されている、とする声明は、相対性理論のすべての人間の知識、洞察力、不可能なことは外見のことを超えています。 And this interpretation is in conformity with the general tendency of the age in which Protagoras lived.この解釈に適合するように一般的な傾向は、年齢ではプロタゴラス住んでいます。 Heraclitus's doctrine of a perpetual and universal flux, Parmedides's view that plurality and change are but the semblance of reality, futile attempts to explain the nature of sense-perception and to account for illusion and false judgment, together with a dawning consciousness (evident in Democritus) of a subjective factor in the perceptual process - all this tended to make philosophers distrust the deliverances of their senses and rely solely upon reason or intelligence.ヘラクレイトスの教義は、パーペチュアルとユニバーサル流束、 parmedidesの見方が複数と変更は、しかし、うわべだけのリアリティーを、無益な試みの意味を説明するの性質を説明するために-知覚と錯覚とfalseの判断では、夜明けと一緒に、意識(で明らかにデモクリトス)は、主観的要因は、知覚プロセス-全てのこのd eliverances傾向を作るの哲学者の不信感や信頼だけの時の感覚や知能の理由です。 Reflection, however, soon made it clear that rational theories were no more consistent than the data of perceptional experience, and the inevitable result of this was that the Relativism of Protagoras and his followers eventually passed into the Scepticism of the Middle Academy (see Scepticism).反射、しかし、すぐには合理的理論はないことを明確にした他の整合性よりも経験のデータを認識し、これは避けられない結果は、相対主義の最終プロタゴラスとその部下の真ん中を渡されるscepticismアカデミー( scepticism )です。

Modern Relativism, on the other hand, though it too tends to pass into Scepticism, was in its origin a reaction against Scepticism.現代の相対主義、その一方で、あまりにも傾向を渡すことをscepticism 、反応に対しては、その起源をscepticism 。 To dispel the doubt which Hume had cast on the validity of universal judgments of a synthetic character, Kant proposed that we should regard them as arising not from any apprehension of the nature of real things, but from the constitution of our won minds.ヒュームの疑念を払しょくするには普遍的判断の妥当性をギプスでの合成文字、カントと提案してしなければならないことについての不安はないとして生じる実際の物事の本質が、弊社のウォンの心からの憲法です。 He maintained that the mental factor in experience, hitherto neglected, is really of paramount importance: to it are due space, time, the categories, and every form of synthesis.彼は、精神的な要因と経験を維持し、これまで無視された、最も重要なものは本当に:ために宇宙には、時刻、カテゴリ、およびすべての形式の合成です。 It is the formal element arising from the structure of the mind itself that constitutes knowledge and makes it what it is.これは、正式な要素の構造から生じる自分自身の心の知識を構成して、それがどのようなことです。 Hume erred in supposing that knowledge is an attempt to copy reality.ヒュームと仮定して過ちを犯すことにする試みをコピーする知識が現実です。 It is nothing of the kind.そのようなことは何もないです。 The world as we know it, the world of experience, is essentially relative to the human mind, whence it derives all that it has of unity, order and form.私たちの世界を知って、世界の経験を、相対的には人間の心は本質的に、そこから派生したすべてのことは、団結して、順番、およびフォームです。 The obvious objection to a Relativism of this kind is the outstanding thing-in-itself, which is not, and can never become, and object of knowledge.相対して、明らかにこの種の異議申立は、優れた物自体、これではない、とは絶対になる、とオブジェクトの知識です。 We are thus shut up with a world of appearances, the nature of which is constituted by our minds.我々はこのように、世界の出演黙れ、その性質は私たちの心で構成されます。 What reality is in itself we can never know.現実とはいったい何それ自体は分からないことです。 Yet this is, as Kant admitted, precisely what we wish to know.まだこれは、カントを認めたとして、正確に何を知って願っています。 The fascination of Kant's philosophy lay in the fact that it gave full value to the activity, as opposed to the passivity or receptivity of mind; but the unknowable Ding-an-sich was an abomination, fatal alike to its consistency and to its power to solve the problem of human cognition.カントの哲学の魅力をレイアウトされていることをその活動は完全な値をとは反対に、心の受容性の受動または;しかし、不可知の丁- 、 - sichは、醜態、致命的な整合性と同じにその力を問題解決のために人間の認知です。 It must be got rid of at all costs; and the simplest plan was to abolish it altogether, thus leaving us with a reality knowable because knowledge and reality are one, and in the making of it mind, human or absolute, plays an overwhelmingly important part.処分しなければならないことはすべての費用は、これを廃止する最も単純な計画はまた、このように残しますを実現するための知識と現実とは、 1つの知り得る、と心を作って、人間または絶対、演劇、圧倒的に重要な部分です。

The Relativity of Reality現実の相対性理論

The relativity of reality, which thus took the place of the relativity of knowledge, has been variously conceived.現実の相対性理論、これはつまり、相対性理論の知識の代わりに、さまざまな構想されています。 Sometimes, as with Fichte and Hegel, Nature is opposed to Mind or Spirit as a twofold aspect of one and the same ground - of Intelligence, of Will, or even of unconscious Mind.ときには、フィヒテとヘーゲルと同じように、自然は心や精神に反対して二重の側面として1つのと同じ地上-の知性を、遺言のか、または無意識の精神さえします。 Sometimes, as with Green and Bradley, Reality is conceived as one organic whole that somehow manifests itself in finite centers of experience, which strive to reproduce in themselves Reality as it is, but fail so utterly that what they assert, even when contradictory, must be held somehow to be true - true like other truths in that they attempt to express Reality, but are subject to indefinite reinterpretation before they can become identical with the real to which they refer.ときには、緑とブラッドリーと同じように、現実は1つの有機的全体として構想そのものに何らかのマニフェスト有限センターでの経験を、それ自体が現実として努力を再現することは、失敗するので全くしかし、彼らがどのような主張も、矛盾したときに、必要があります。何となくで開催される真の-真のような他の真理にして現実を表現する試みが、解釈は予告なしに無期限前と同じになることができます彼らには実際のを参照します。 Still more modern Absolutists (eg, Mackenzie and Taylor), appreciating to some extent the inadequacy of this view, have restored some sort of independence to the physical order, which, says Taylor (Elem. of Metaph., 198), "does not depend for its existence upon the fact of my actually perceiving it," but "does depend upon my perception for all the qualities and relations which I find in it".まだabsolutistsの他現代(例えば、マッケンジーとテイラー) 、鑑賞にある程度の不備は、次のビューで、いくつかの並べ替えが独立を回復するための物理的な、これは、言うテイラー( elem.のmetaph 。 、 198 ) 、 "されないその存在に依存するため、実際に知覚したという事実を私には、 "しかし、 "私の知覚機能に依存するのが私のすべての資質や関係を見つけること"です。 In other words, the "what" of the real world is relative to our perceiving organs (ibid.); or, as a recent writer (Murray in "Mind", new series, XIX, 232) puts it, Reality, anterior to being known, is mere hyle (raw material), while what we call the "thing" or the object of knowledge is this hyle as transformed by an appropriate mental process, and thus endowed with the attributes of spatiality and the like.言い換えれば、 "どのような"と、現実の世界は、相対的に知覚器官( ibid. ) ;や、最近の作家(マーレー、 "心" 、新シリーズ、 19 、 232 )曰く、現実には、前にが既知のは、単なる質料因(原料) 、中は何と呼ぶている"もの"やオブジェクトの知識は、この質料因として変換され、適切な精神的なプロセス、およびそのための属性のspatialityに恵まれているとのようです。 Knowing is, therefore, "superinducing form upon the matter of knowledge" (J. Grote, "Explor. Phil.", I, 13).知っては、したがって、 " superinducingフォーム時の問題の知識" ( j.グロート、 " explor 。フィル。 " 、私は、 13 ) 。 Riehl, though usually classed as a Realist, holds a similar view.リールが、現実主義者として分類される通常、同様の表示を保持します。 He distinguishes the being of an object (das Sein der Objekte) from its being as an object (Objektsein).彼が区別して、オブジェクト( das sein der objekte )より、オブジェクトとしてのが( objektsein ) 。 The former is the real being of the object and is independent of consciousness; the latter is its being or nature as conceived by us, and is something wholly relative to our faculties (cf. Rickert, "Der Gegenstand der Erkenntnis", 2nd ed., pp. 17 sq., where the inconsistency of this view is clearly indicated).前者は実際には、オブジェクトとは独立した意識;や自然が、後者はその先として構想され、相対的に私たちとは何か100学部( cf.リッケルト、 " der gegenstand der erkenntnis " 、第2版です。 、 pp 。 17平方、ここでの矛盾は、次の対象は明らかに示さ) 。

The relativity of Reality as thus conceived really involves a return to the position of Kant, except that for the thing-in-itself with its unknowable character and properties is substituted a kind of materia prima, without qualities, attributes, or determinations, and therefore as unknowable as the thing-in-itself, but unknowable now because there is nothing to be known.相対性理論の現実として、実際には、このような位置に戻ってカントを除いては、物自体は不可知の文字とプロパティを置換するような材料はprima 、資質、属性、または決定し、したがってとして不可知の物自体として、しかし、不可知するためには何もないことで知られています。 On this point modern Idealism is at one with Pragmatism or Humanism, which also insist that reality must be regarded epistemologically as raw material, wholly propertyless and wholly indeterminate.この点については、 1つは近代的観念論プラグマティズムやヒューマニズム、これも認識論的主張して現実を認識しなければならない原料として、完全に無産と完全に不定です。 The difference between the two views lies in this, that for the Idealist, form is imposed upon matter by the very act by which we know it, while for the Pragmatist, it is imposed only after a long process of postulation and experiment. 2つの再生回数の違いはあるが、それはそれは、理想主義者、フォームが課した問題を私たちは非常に法を知って、中は、プラグマティスト、それは長い過程を課せした後にのみ、仮定と実験です。

Criticism批判

M. Fonsegrive in his "Essais sur la connaissance" has discussed the question of Relativism at considerable length, and is opinion that we must in some sense grant that knowledge is relative to our faculties.男性fonsegrive彼の" essaisシュールラconnaissance "は相対主義の問題を議論にはかなりの長さとは、いくつかの意味での意見を付与しなければならない知識が相対的に私たちの能力をします。 But, while in principle he grants this universally, as a matter of fact in his own theory it is only our knowledge of corporeal objects that is regarded as strictly relative.しかし、彼は助成金この中に普遍的原理として、実際のところは、自分自身の理論これは私たちの知識を肉体のみと見なされるオブジェクトを厳密には相対的です。 We can know other minds as they really are, because we ourselves are thinking beings, and the external manifestation of our mentality and theirs is similar in character.私たちが知って他の心を実際にあるが、私たち自身が考えているので、私たちの考え方と外部の現れとかれらには似ている文字です。 But "we do not know the essence of things, but the essence of our relations with things; of the laws of nature in themselves we know much less than we do of our dealings with nature" (pp. 85, 86).しかし、 "我々はありません物事の本質を知っているが、私たちの関係を物事の本質;は、それ自体は、自然法則を知ってはるかに少ない私たちよりも我々の自然との取引" ( pp. 85 、 86 ) 。 "Whatever we know, is known in terms of the self" (p. 125; cf. pp. 184 sq.). "何を知って、自己条件が知られて" ( p. 125 ;継続前誌です。 pp 。 184 ㎡ ) 。 The principal argument upon which this Relativism rests, is fundamentally the same as that used by Berkeley in his famous "Dialogue between Hylas and Philonus".校長の引数には、この相対休符、とは根本的にする場合と同じでバークレー校で使用されて彼の有名な" hylasとphilonus間の対話"です。 As stated by Fonsegrive, it si as follows: "the concept of an object which should be at the same time in-itself and an object of knowledge is clearly contradictory. . . For 'object of knowledge' means 'known', . . . but it is quite evident that the known, qua known, is not in-itself, since it is qua known" (p. 186). fonsegriveに記載され、それ以下のとおりsi : "の概念を、オブジェクトには、同じ時間をすべきであるとするオブジェクトの知識自体は明らかに矛盾する。 。 。 。 。 'オブジェクトの知識'は'既知' 、 。 。 。 。 。しかし、それは非常に明らかにして知られ、 06月の既知のではないが-自体は、 06月以来ことが知られ" ( p. 186 ) 。 Hence what we know is never the object as it is in itself, but only as it is in our knowledge of it.それゆえ私たちは決して、オブジェクトとして知ることはそれ自体、それは、我々としてだけの知識をしてください。 Of course, if the notions "being in itself" and "being as known" are mutually exclusive, the above argument is valid; but as conceived by the Realist or the anti-Relativist, this is not so.もちろん、概念の場合、 "それ自体が"と"として知らが"はお互いに排他的に、上記の引数が有効な;しかし、現実主義者として構想された、または反相対主義、これはそうではありません。 Being in-itself merely means being as it exists, whether it be known or not.が、それ自体として意味が存在する場合、またはことで知られていないかどうかです。 It implies therefore that the nature and existence of being is prior to our knowledge of it (a fact which, by the way, Fonsegrive stoutly maintains); but it does not imply that being as it exists cannot be known.したがってそれは、自然と意味が存在する前には、私たちの知識を(実際には、ところで、頑強に維持fonsegrive ) ;しかし、それが意味するものではありませんが存在することはできませんとして知られている。 Forsegrive's argument proves nothing against the view that the real nature of objects is knowable; for, though in the abstract the thing qua existent is not the thing qua known, in the concrete there is no reason why its really existing nature cannot become known, or, in other words, why it cannot be known as it is. forsegriveの引数の証明何も反対する対象は、本物の自然のオブジェクトが知り得る;のが、 06月は、抽象的に存在しないものではないこと年06月の既知のは、具体的な理由がないのはなぜ、本当に既存の自然になることはできません。既知のか、または、言い換えれば、なぜそれがとして知られるようにすることはできません。

The argument by which absolutists seek to prove the relativity of Reality is precisely similar to the above. absolutistsさを求めるの引数の相対性を証明するのに似て、上記の現実が正確にします。 We cannot thing of real things, says Taylor ("elem. of Metaph.", 23, 69, 70; cf. Bradley, "Appearance and Reality", 144-45), except as objects of experience; hence it is in connection with mind that their reality lies.本当のことをすることはできませんもの、言うテイラー( " elem 。のmetaph 。 " 、 23 、 69 、 70 ;継続前誌です。ブラッドリー、 "外見と現実と" 、一四四から四五)を除き、オブジェクトの経験を;したがってこれは、接続現実に注意して彼らは嘘つきだ。 Surely this argument is fallacious.確かに、この引数は、人を惑わす。 All that it proves is that things must either be or else become objects of experience in order to be thought of by mind, not that they must be of their very essence objects of experience.すべての証明しては、他のものになる必要がありますまたはオブジェクトのいずれかでの経験をするためには思われる心のではなく、しなければならないことに非常に本質的にオブジェクトの経験をします。 Unless reality is intelligible and can enter into experience, it cannot become the object of thought; but in no other sense does the possibility of knowing it suppose its "connection with mind".しない限り、現実に入ることは理解できると経験、それの対象になることはできません。思想;しかし、他の意味ではない可能性を知ることは、仮定の"接続性心"です。 True, to conceive anything is "eo ipso to bring it into consciousness", but from this it follows merely that to be conceivable things must be capable of becoming objects of consciousness. trueの場合、何かを思い付くは"イプソのEOを意識させること" 、しかしこれだけで次のように物事を考えられる必要がありますのオブジェクトを意識することができることになる。 Psychological considerations force us to admit that Reality, when it enters experience, becomes, or better is reproduced as psychical fact; but we cannot conclude from this that Reality itself, the reality which is the object of experience and to which our experience refers as to something other than itself, is of necessity psychical fact.問い合わせを認めざるを強制的心理的な配慮が現実には、経験に入るときに、なればなるほど、またはそれ以上は精神的事実として再現;しかし、結論からすることはできませんこの現実そのものが、これは、オブジェクトのが現実の経験と我々の経験を参照に自分自身以外の何かは、必要に迫られ精神的事実です。 Experience or perception is doubtless a condition without which we could not think of things at all, still less think of them as existing, but it is not a condition without which things could not exist.経験や知覚は、疑いの条件なしに私たちはすべてのことを考えるできませんでした、まだあまり考えることとして、既存の、それではないことを条件なしに存在できませんでした。 Nor again, when we think, do we ordinarily think of things as objects of experience; we think of them simply as "things", real or imaginary, and the properties which we predicate of them we think of as belonging to them, not as "superinduced by our minds".また再び、ときに私たちが思うに、物事をやって、通常のオブジェクトの経験;私たちのことだけを考える"もの" 、本物か想像し、それらのプロパティが私たちの考えとして述語に所属して、特定として"私たちの心をsuperinduced "です。

Our natural way of thinking may, however, conceivably be wrong.私たちの自然的な考え方年5月、しかし、ひょっとするとは間違っている。 Granted that what "appears" is reality, appearances may none the less be fallacious.与えていること"が表示されたら"が現実には、出演なしの少ない年5月に虚偽のです。 It is possible that they are due wholly or in part to our minds, and so do not reveal to us the nature of reality, but rather its relation to our perceiving selves, our faculties and our organs.これは可能性があるため彼らは私たちの心を全額または一部などを問い合わせていないの性質を明らかに現実ではなく、むしろその関連して自分の知覚、私たちの学部や私たちの臓器です。 Most of the arguments advanced in support of this view are based on psychology, and though the psychology is good enough, the arguments are hardly conclusive.ほとんどの先進のサポートを引数に基づいてこのビューは、心理学、心理学が良いとかかわらず、十分な、決定的なの引数はほとんどです。 It is urged, for instance, that abstraction and generalization are subjective processes which enter into every act of knowledge, and essentially modify its content.促したことは、例えば、主観的プロセスを抽象化と汎化はすべての行為に入る知識、および本質的にその内容を変更します。 Yet abstraction is not falsification, unless we assume that what we are considering in the abstract exists as such in the concrete - that is, exists not in connection with and in mutual dependence upon other things, but in isolation and independence just as we conceive it.改ざんはまだありません抽象化ではない、と仮定していない限り私たちは何を検討し、我々はこのような抽象的な存在としては、具体的な-つまり、存在していないとの相互依存関係の接続時に他のものではなく、独立の分離と同様に思い付くことです。 Nor is generalization fallacious, unless we assume, without proof, that the particulars to which our concept potentially applies actually exist.また、概括誤った、と仮定しない限り、証拠は、私たちのコンセプトは、明細を実際に存在する潜在的に適用します。 In a word, neither these nor any other of the subjective processes and forms of thought destroy the validity of knowledge, provided what is purely formal and subjective be distinguished, as it should be, from what pertains to objective content and refers to the real order of causes and purposes.一言で言えば、どちらも、これらのものも、他のフォームは、主観的思考のプロセスや知識の有効性を台無しにする、と正式に提供は、純粋にどのような主観的に著名な、と思いますが、どのような関係をより客観的コンテンツとを参照して本当の注文の原因と目的です。

A further argument is derived from the alleged relativity of sensation, whence in the Scholastic theory all knowledge is derived.より詳細な議論は、疑惑の相対性理論の感覚から派生して、そこからは、修学理論のすべての知識が派生した。 The quality of sensation, it is said, is determined largely by the character of our nervous system, and in particular by the end-organs of the different senses.の質の感覚、それはによると、大部分が決定された文字の神経系、特に年末までにして、それぞれの感覚器官です。 It is at least equally probable, however, that the quality of sensation is determined by the stimulus; and in any case the objection is beside the point, for we do not in judgment refer our sensation as such to the object, but rather as qualities, the nature of which we do not know, though we do know that they differ from one another in varying degrees.概ことは、少なくとも等しく、しかし、それによって決定さの質の感覚の刺激に、そしていずれにせよ、異議申立の横にある点は、私たちを参照に判断を下すことはありませんようにしてオブジェクトとしての感覚ではなく、むしろ資質としては、その性質を知ることはありませんが、私たちは知ってして別の異なるさまざまな度合いで1つです。 Even granted then that sensation is relative to our specialized organs of sense, it by no means follows that the knowledge which comes through sensation in any way involves subjective determination.その感覚さえ与え私たちは、相対的に特殊な器官の意味では、以下の通りではないことについてくるを通じて知識は、いかなる方法では主観的な感覚で決定します。 Secondly, sense-data do not give us merely qualitative differences, but also spatial forms and magnitudes, distance, motion, velocity, direction; and upon these data are based not only mathematics but also physical science, in so far as the latter is concerned with quantitative, in distinction from qualitative, variations.第二に、センス-データの質的な違いはありません連絡先だけ、空間だけでなく、フォームや大きさ、距離、モーション、速度、方向、およびこれらのデータを基に数学だけでなく物理的な科学だけでなく、これまでのところとして、後者は、懸念お量的、質的な〜と区別し、パターンです。

Thirdly, sense-data, even if they be in part subjective, suppose as their condition an objective cause.第三に、センス-データを、たとえ彼らは部分的主観的、客観的仮定条件としてその原因です。 Hence, a theory which explains sense-data satisfactorily assigns to them conditions which are no less real than the effects to which in part at least they give rise.したがって、データの意味を説明する理論に代入して満足のいく条件ではない本物よりも少ないの影響を少なくとも部分的に生じさせることです。 Lastly, if knowledge really is relative in the sense above explained, though it may satisfy our practical, it can never satisfy our speculative strivings.最後に、もし本当に知識という意味では、相対的に上記の説明は、私たちは実用的な満足させることがあります、それは決して満足させる当社の投機的strivings 。 The aim of speculative research is to know Reality as it is.投機を目的として研究では現実を知ってそうです。 But knowledge, if it be of appearances only, is without real meaning and significance, and as conceived in an Idealism of the a priori type, also it would seem without purpose.しかし、知識、外見である場合にのみ、本当の意味と意義はなし、との考えを先験的という理想のタイプ、またそれを目的と思われます。

Experience as a System of Relationsシステムとしての経験との関係

It is commonly taught by neo-Kantians that relation is the Category of categories (cf. Renouvier, "Le perdisguise (Caird, "The Phil. of Kant", 329; Green, "Prolegom.", 20). Matter and motion "consist of" relations (Prolegom., 9). In fact Reality, as we know it, is nothing but a system of relations, for "the nature of mind is such that no knowledge can be acquired or expressed, and consequently no real existence conceived, except by means of relation and as a system of relations" (Renouvier, "Les dilemmes de la metaph.", 11). This form of Relativism may be called objective to distinguish it from the Relativism which we have been discussing above, and with which, as a matter of fact, it is generally combined. Primarily it is a theory of the nature of knowledge, but with Green and others (eg, Abel Rey, "La théorie de la physique", VI, 2), who identify knowledge and reality, it is also a metaphysic. Such a view supposes a theory of the nature of relation very different from that of the Scholastics. For the latter relation is essentially a pros ti schesis, an ordo ad, which implies (1) a subject to which it belongs, (23) a special something in that subject on account of which it is predicated, and (3) a term, other than itself, to which it refers. A relation, in other words, as the moderns would put it, presupposes its "terms". It is not a mysterious and invisible link which somehow joins up two aspects of a thing and makes them one. A relation may be mutual; but if so, there are really two relations (eg, paternity and sonship) belonging to different subjects, or, if to the same subject, arising from different fundamentals. True, in science as in other matters, we may know a relation without being able to discover the nature of the entities it relates. We may know, for instance, that pressure and temperature vary proportionately in a given mass of gas and which the volume is kept constant, without knowing precisely and for certain the ultimate nature of either pressure or temperature. Nevertheless we do know something about them. We know that they exist, that they each have a certain nature, and that it is on account of this nature that the relation between them arises. We cannot know a relation, therefore, without knowing something of the things which it relates, for a relation presupposes its "terms". Hence the universe cannot consist of relations only, but must be composed of things in relation.教えられたことはよくネオkantiansに関係は、カテゴリのカテゴリー( cf.ルヌヴィエ、 "ルperdisguise (ケアードは、 "フィル。のカント" 、 329 ;緑、 " prolegomです。 " 、 20 ) 。物質とモーション"構成"の関係( prolegom. 、 9 )です。実際現実には、知ってのとおり、ではなく、システムとの関係は何もない、 "心の性質は、このようなことは絶対にありません知識を取得できるかを表明し、その結果は実在して構想は、手段の関係を除いすると、システムの関係" (ルヌヴィエ、 "レdilemmesデラmetaphています。 " 、 11 ) 。このフォームの相対年5月と呼ばれる相対客観的に区別するために、話し合っていきたいと考えているように、と、これは、事実として、それは一般的に結合します。主なことは、自然の知識を理論ではなく、緑とその他(例えば、アベルレイ、 "ラthéorieデラ体格" 、 6 、 2 ) 、 who特定の知識と現実と、それはまた、 metaphysic 。このような理論を対象supposes関係の性質をしているscholastics非常に異なるからです。後者の長所ti schesis関係は、基本的に、広告のランク付け、という意味( 1 )を対象にはそれが属する、 ( 23 ) 、特別な何か、その件名でのアカウントのそれが前提、および( 3 )項、他よりも自分自身、それを参照して関連して、言い換えれば、として、現代と言えば、その前提"規約"といいます。ではないと目に見えないリンクを何となく不思議な2つの側面を結合することにより1つのものとします。 5月に相互の関係;しかし、もしそうならば、実際には2つの関係(例: 、父親と息子であること)を別の科目に属するか、または、同じ件名の場合に、別のファンダメンタルズに起因します。 trueの場合、他の問題を科学のように、することがありますことを知っている関係なく、エンティティの性質を発見することに関係します。することがあります知って、例えば、圧力と温度変化に比例して、与えられた大量のガスや定数は、ボリュームが保持されて、特定のを知らずに的確かつ、究極の自然のいずれかの圧力や温度です。にもかかわらず我々をある程度知っていることです。私たちが存在する知っている、かれらは各々 、特定の自然、られていることは、アカウントは、次の性質は、それらの間の関係が発生します。私たちの関係を知っていることはできない、したがって、物事を知っているのはそれに関連、 、関係前提の"規約"といいます。それゆえ、宇宙との関係のみで構成することはできませんが、構成しなければならないことに関連します。

Publication information Written by Leslie J. Walker.出版物の情報執筆者レスリーj.ウォーカーです。 Transcribed by Jim McCann.ジムマッキャン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XII.のは、カトリックの百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Epistemological and Metaphysical - Caird, The Critical Philosophy of Kant (Glasgow, 1889); Fonsegrive, Essais sur la connaissance (Paris, 1909); Green, Prolegomena to Ethics (3rd ed., Oxford, 1890); Grote, Exploratio philosophica (Cambridge, 1900); Hamilton, Discussions (London, 1854); Idem, Metaphysics (London, 1871); Herbart, Metaphysics (Leipzig, 1850); Hobhouse, The Theory of Knowledge (London, 1896); Mill, Examination of Hamilton (4th ed., London, 1872); Prichard, Kant's Theory of Knowledge (Oxford, 1910); Renouvier, Les dilemmes de la metaph.認識論と形而上学-ケアード、カント哲学の重要な(グラスゴー、 1 889) ; f onsegrive、 e ssaisシュールラc onnaissance(パリ、 1 909) ;緑、 p rolegomenonの複数形を倫理(第3版です。 、オックスフォード、 1 890) ;グロート、 e xploratiop hilosophica(ケンブリッジ、 1900 ) ;ハミルトン、ディスカッション(ロンドン、 1854 ) ;同じ、形而上学(ロンドン、 1871 ) ;ヘルバルト、形而上学(ライプチヒ、 1850 ) ;ホブハウス、その理論の知識(ロンドン、 1896 ) ;ミル、審査のハミルトン(第4回エドします。 、ロンドン、 1872 ) ;プリチャード、カントの理論の知識(オックスフォード、 1910 ) ;ルヌヴィエ、レdilemmesデラmetaphです。 pure (Paris, 1891); Idem, Le personnalisme (1903); Ray, La Théorie de la physique (Paris, 1907); Rickert Der Gegenstand der Erkenntnis (2nd ed., Tübingen, and Leipzig 1904); Riehl, Der philosoph.純粋な(パリ、 1891 ) ;同じ、ルpersonnalisme ( 1903 ) ;レイ、ラthéorieデラ体格(パリ、 1907 ) ;リッケルトder gegenstand der erkenntnis (第2版です。 、テュービンゲン、およびライプチヒ1904 ) ;リール、 der philosoph 。 Kriticismus (Leipzig, 1887); Schiller, Humanism (London, 1903); Idem, Studies in Humanism (1907); Seth, Scottish Philosophy (London, 1885); Simmel, Philosophie des Geldes (Leipzig, 1890); Spencer, First Principles (6th ed., London, 1900); Veitch, Knowing and Being (Edinburgh, 1889); Walker, Theories of Knowledge (London, 1910). kriticismus (ライプチヒ、 1887 ) ;シラー、ヒューマニズム(ロンドン、 1903 ) ;同上、人文主義の研究( 1907 ) ;セス、スコットランドの哲学(ロンドン、 1885 ) ;ジンメル、哲学デgeldes (ライプチヒ、 1890 ) ;スペンサー、第一原理(第6回エド。 、ロンドン、 1900 ) ;ビーチ、知らないとは(エジンバラ、 1889 ) ;ウォーカー、理論の知識(ロンドン、 1910 ) 。 Psychological - Bain, Mental and Moral Science (3rd ed., London, 1884); Höffding, Outlines of Psychology (London, 1891); Maher, Psychology (6th ed., London, 1905); Wundt, Human and Animal Psychology, tr.心理学-ベイン、精神的、道徳的な科学(第3版です。 、ロンドン、 1 884) ; h öffding、心理学の概要(ロンドン、 1 891) ;マーハー、心理学(第6回エド。 、ロンドン、 1 905) ;ブント、人間と動物心理学、 t rです。 (London, 1894); Idem, Grundzüge d. (ロンドン、 1894 ) ;同じ、 grundzüge d. physiologischen Psychologie (5th ed., Leipzig, 1903). physiologischen psychologie (第5版です。 、ライプチヒ、 1903 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです