Scholasticismスコラ

Advanced Information 高度情報

The term scholasticism (from the Latin schola, "school") refers properly both to the doctrine and method of teaching in the medieval European schools and to their successive revivals to the present day.という用語はスコラ(ラテン語scholaから、 "学校" )を参照の教義とメソッドの両方に適切な授業では中世のヨーロッパの学校やrevivalsを連続して、現在の日です。 As a method, scholasticism involves (1) the close, detailed reading (lectio) of a particular book recognized as a great or authoritative work of human or divine origin--for example, Aristotle in logic, Euclid in geometry, Cicero in rhetoric, Avicenna and Galen in medicine, the Bible in theology-- and (2) the open discussion (disputatio) in strict logical form of a relevant question (quaestio) arising from the text.する方法として、スコラ学は、 ( 1 )に近い、詳細な読書(読書)として認識され、特定の書籍や権限の大きな仕事を、人間や神の起源-たとえば、アリストテレスの論理は、ユークリッド幾何学、キケロの修辞学、ガレンavicennaと医学のは、聖書の神学-と( 2 )の公開討論( d isputatio)の形で厳格な論理に、関連する質問( q uaestio)のテキストから生じた。 As a doctrine, scholasticism refers to the kind of philosophy, theology, medicine, and law (canon and civil) taught by the faculties responsible for these disciplines.教義として、スコラ学を参照して、種の哲学、神学、医学、と法(キヤノンと市民)に教わって、これらの分野の学部責任を負う。 These four faculties constituted the medieval universities that began to be organized in the 12th century, beginning in Bologna, Paris, and Oxford.これらの4つの学部構成される中世の大学で開催されたが始まった12世紀の初めにボローニャ、パリ、とオックスフォードです。

The most important faculties, however, were arts (philosophy) and theology, and the term scholasticism is usually understood in the context of those disciplines.学部の最も重要な、しかし、が芸術(哲学)と神学、スコラ学の用語は通常、これらの規律のコンテキストで解釈されています。

The basic philosophy of the faculty of arts was Aristotelian because the greatest and most authoritative books in philosophy were believed to be Aristotle's.の基本的な哲学は、アリストテレスの教養学部のための最大のと最も権威の書籍をアリストテレスの哲学が考えられています。 Aristotle, however, was interpreted differently by different professors depending on the commentaries used, notably those of "the Commentator," Averroes; the Christian Neoplatonist, Saint Augustine; or the pagan Neoplatonist, Avicenna.アリストテレスは、しかし、教授は、解釈が異なる別の論評に応じて使用する場合、特にそれらの"のコメンテーター、 " averroes ;は、キリスト教neoplatonist 、セントオーガスティン;か、異教のneoplatonist 、 avicennaです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Similarly in theology, the Bible was variously interpreted depending on the kind of philosophy used to understand the Christian faith systematically.同様に、神学、聖書の解釈は、さまざまな種類の哲学に応じて、キリスト教の信仰を理解して系統的に使われています。 Among the numerous ways of systematizing the faith, certain schools of theology stand out as particularly notable and viable throughout the Middle Ages and to the present day.のうち、多くの方法の体系化の信仰、特定の学校の神学生として頭角を現すと、特に注目に値するとして中世から現代までです。 The most important of these scholastic theologies were Thomism, developed from the teaching of Saint Thomas Aquinas; Augustinism, developed from Saint Augustine; Scotism, from John Duns Scotus; Nominalism, from William of Occam; and Suarazianism, formulated by Francisco Suarez, a 16th-century Jesuit who tried to synthesize various schools.これらの最も重要なthomism修学theologiesは、開発者の指導の聖トマスアクィナス; augustinism 、開発よりSaint Augustine ; scotism 、よりジョンドゥンススコトゥス;唯名論、よりウィリアムoccam ;とsuarazianism 、定式化したフランシスコスアレスは、 16日世紀のイエズス会の様々な学校を合成するwhoしようとします。 The basic principle underlying all forms of scholasticism was rational consistency with the Christian faith as taught in the Bible and as understood by the living Church of Rome through the writings of the ancient Greek and Latin Fathers, the rulings of the ecumenical councils, the liturgy, and the continuing teaching and practice of the church.すべての形態の根底に、基本的な原則は、合理的整合性をスコラとしては、キリスト教の信仰は、聖書の教えを理解させるとの生活を通じてローマ教会の記述は、古代ギリシャとラテンの祖先は、判決は、エキュメニカル協議会は、典礼、との継続教育と実践の教会です。

Scholasticism is generally divided into three periods: medieval scholasticism, extending from Boethius (5th-6th century) to the 16th century, with its Golden Age in the 13th century; "second scholasticism," beginning in the 16th century with Thomas de Vio Cajetan, Conrad Koellin, Peter Crokert, Francesco de Vittoria, and Francisco Suarez; and neoscholasticism, beginning in the early 19th century, given impetus by the encyclical Aeterni Patris (1879) of Pope Leo XIII, and continuing at least until the Second Vatican Council (1962-65).スコラは一般に分けて3つのピリオド:中世のスコラ、延長よりboethius ( 5 - 6世紀)には16世紀に、その黄金時代は、 13世紀に; " 2番目スコラ、 " 16世紀の初めには、トマスデvio cajetan 、コンラッドkoellin 、ピーターcrokert 、フランチェスコデヴィットリア、およびフランシスコスアレス;とneoscholasticism 、 19世紀初めに開始し、弾みを与えられた回勅aeterni patris ( 1879 )の教皇レオ13世、および継続するまで、少なくとも第二バチカン公会議( 1962 -65 ) 。

Medieval Scholasticism中世のスコラ

Boethius is generally called "the first scholastic" because he provided the first Latin translations of Aristotle's logic and other basic works used in the schools of the early Middle Ages as a prerequisite to understanding the Bible and the Latin Church Fathers and to becoming an educated person. boethiusは一般的に呼ばれる"の最初の修学"彼の最初のラテン語の翻訳を提供アリストテレスの論理およびその他の基本的な作品で使用されて学校の早期中世の前提条件として、聖書を理解すると、父とローマカトリック教会の教育を受けた人になるです。 In this early period, however, the dominant philosophical influence was Platonism or NeoPlatonism, particularly as it was reflected in the work of Saint Augustine.初めに、この期間中、しかし、支配的な哲学的に影響を与えるのは、プラトン哲学やネオプラトニズム、特にとしての仕事のことはセントオーガスティンに反映されています。 Augustine formulated the maxim "Understand so that you may believe, believe so that you may understand"--an approach that lay at the heart of scholasticism--and urged the use of dialectics in examining Christian doctrine.アウグスティヌス策定のマキシム"理解することがありますようにと信じ、信じるように理解することがあります" -のアプローチを中心部にレイアウトは、スコラ-とd i alecticsでの使用を求めたキリスト教の教義を検討します。 His principles were applied with rigor by such early scholastics as John Scotus Erigena, Saint Anselm, Peter Abelard, Alan of Lille, and numerous teachers in the cathedral schools of Laon, Chartres, Paris, Poitiers, and the abbey school of Saint- Victor in Paris.彼の原則が適用され、このような初期の硬直scotusエリゲナジョンscholasticsとして、聖アンセルムス、ピーターアベラード、アランのリール、および多数の教師は、学校のラン大聖堂、シャルトル、パリ、ポワティエ、とアビースクールオブサン-ビクターでパリです。

In a stricter sense, scholasticism began with the Sentences (c.1150) of Peter Lombard, the Decretum (c.1150) of Gratian, and the flood of new Latin translations of classical philosophers, including all of Aristotle, made from Greek and Arabic throughout the second half of the 12th century.で、厳密な意味では、スコラが始まったの文章( c.1150 )のピーターロンバードは、 decretum ( c.1150 ) gratian 、との洪水の中の新しいラテン語の翻訳を古典的哲学者、アリストテレスのすべてのを含め、ギリシャ語とアラビア語から作られる全体の半分を2番目の12世紀です。 Assimilation of this new learning took place in the universities of the 13th century through the genius of the Dominicans Saint Albertus Magnus and his great pupil Thomas Aquinas, whose Summa Theologicae is widely regarded as the pinnacle of scholastic theology; and of the Franciscans Saint Bonaventure, John Duns Scotus, and William of Occam (early 14th century), who challenged the Dominican school.同化は、次の新たなラーニングの大学で開催された13世紀の天才を通じてdominicansサンアルベルトゥスマグヌスと、彼の偉大な瞳トマスアクィナス、その総合的研究論文が広く見なされてtheologicaeの頂点に修学神学;とは、 franciscansサンbonaventure 、ジョンドゥンススコトゥス、およびウィリアムoccam (初期の14世紀) 、 who障害者のドミニカ学校です。

With the multiplication of universities between the 14th and 16th centuries came a decline in the standard of teaching and the caliber of teachers, and a "logicism" or formalism of thought that aroused the animosity of a new humanism that arose mainly outside university circles.乗算の大学で14日と16世紀の間に来たが低下することに、標準の口径の授業と教員、および"論理"または憎悪定式化を考えて興奮し、新しいヒューマニズムを主に外部大学のサークルが生じた。 The term scholasticism then began to be used in a derogatory sense.スコラ学用語を入力し、開始される軽蔑的な意味で使用されています。

Second Scholasticism 2番目スコラ

The Protestant Reformation in the 16th century stimulated a revival of theology by a return to the language of the Bible, the Fathers of the Church, and the great scholastics of the 13th century.プロテスタントの改革は、 16世紀の復活に刺激された神学の言語に戻って、聖書は、教会の長老たち、および13世紀の偉大なscholasticsです。 This second scholasticism was aided by the founding (1540) of the Society of Jesus (the Jesuits) by Saint Ignatius Loyola with the approval of Pope Paul III.この2番目のスコラ学は、創立の追い風を受ける( 1540 )は、イエズス会(イエズス会)の承認をイグナチオロヨラの法王パウロ3世です。 Foremost among the Jesuit scholastics of this period were Saint Robert Bellarmine, Francisco Suarez, and Gabriel Vazquez.イエズス会のscholastics真っ先に挙げられるものは、次の時代に注目されたサンのロバートベラルミーノ、フランシスコスアレス、とガブリエルバスケスです。 Due largely to the scientific revolution of the 17th century (beginning with Galileo), the quest for philosophic originality (beginning with Rene Descartes), the rise of nationalism and colonization, and the splintering of Protestant religions, second scholasticism declined.主として〜のためには、 17世紀の科学技術革命(初めにガリレオ) 、独創性の探求を哲学(始まりルネデカルト)は、民族主義の台頭と植民地化、分裂とプロテスタントの宗教、 2番目スコラ承認されませんでした。 Some forms of schoolbook scholasticism, however, remained for a time in Catholic countries, particularly Spain and Latin America.いくつかの形態の教科書スコラ、しかし、時間をカトリックの国では依然、特にスペインとラテンアメリカです。 By the 18th century, scholasticism had again become a derogatory term, especially in non-Catholic countries.された18世紀、スコラが再び蔑称になる、特に非カトリック教徒の国です。

Neoscholasticism neoscholasticism

Early in the 19th century in Italy certain Catholic professors of philosophy began to see in Aquinas's teaching basic principles that might resolve the problems associated with Kantian and Hegelian Idealism, British Empiricism, current Rationalism, Skepticism, and Liberalism. 19世紀のイタリアの早い段階で特定のカトリック哲学教授の授業が始まったアクィナスに表示さを基本的な原則の問題を解決することが関連付けられてカント哲学とヘーゲル観念論、イギリス経験主義、現在の合理主義、懐疑的な態度、および自由主義です。 By 1850, neo-Thomism or neoscholasticism began to be heard through the writings of Gaetano Sanseverino in Naples, Matteo Liberatore in Rome, and the Jesuit periodical Civilita Cattolica founded in Naples in 1850.を1850年、ネオthomismまたはneoscholasticismが始まったの文章を聞いたガエターノを通じてsanseverinoにはナポリ、ローマのマッテオリベラトーレ、およびcivilitaカットーリカのイエズス会の定期的なナポリは1850年に設立された。 These efforts were brought to a head by Josef Kleutgen in Germany, Henri LaCordaire in France, Zeferino Gonzales in the Philippines and Spain, and Tommaso Zigliara and Pope Leo XIII in Italy.これらの努力が連れて来らクロイトゲンヨーゼフして頭をドイツでは、アンリラコルデールフランスでは、ゴンザレスzeferino 、フィリピン、スペイン、およびトンマーゾzigliaraと教皇レオ13世はイタリアです。 The charter of this neo-Thomism was Leo's Aeterni Patris (1879).憲章は、次のネオ- thomismは、レオのaeterni patris ( 1879 ) 。 Through subsequent encyclicals, Leo exemplified the applicability of Thomistic ideas to contemporary problems.後続のencyclicalsを通じて、レオの適用を例示thomisticのアイデアを現代の問題が発生します。 All subsequent popes, including John Paul II, reiterated the need for a Christian philosophy based on Thomistic principles.それ以降のすべての教皇、ヨハネパウロ2世を含め、キリスト教の必要性を改めて強調哲学thomisticの原則に基づいています。

The rise of Modernism in the Roman Catholic church after 1900, however, resulted in a multiplicity of ecclesiastical condemnations, a legislated Thomism, and a failure to realize the hopes of Leo XIII.モダニズムの台頭は、ローマカトリック教会の後、 1900年、しかし、多様な結果に教会の非難は、法制化thomism 、との期待を実現するのに失敗したレオ13世です。 Despite this and two world wars, much fruitful work was accomplished by outstanding scholars, numerous periodicals, and editors of historical texts, including the critical edition of the works of Aquinas (the Leonine Edition).にもかかわらず、この2つの世界大戦と、多くの学者実りある優秀な仕事が達成され、数多くの定期刊行物、との歴史的なテキストエディターなどの重要な版の作品をアクィナス(レオニー版)です。 Among the great number of modern scholars who called themselves Thomists (but not neo-Thomists or neoscholastics) were Jacques Maritain, Etienne Gilson, Martin Grabmann, and Yves Congar.うちの大多数は現代の学者と呼ばれる自身who thomists (ネオthomistsまたはneoscholasticsはできません)がジャックマリ、エティエンヌジルソン、マーティングラープマン、とイヴコンガールです。

For reasons still not fully understood, a decided reaction against Aquinas and neoscholasticism occurred in the 1960s.まだ完全には理解を理由に、反対することを決めたアクィナスとneoscholasticism反応が発生したのは1960年代です。 Some have erroneously associated this with the Second Vatican Council, which turned people's minds toward social rather than doctrinal issues.これは、誤って関連付けられたいくつかのが第二バチカン公会議、これが人々の心教義上の問題ではなく、社会に向かっています。 Aquinas was, however, the only scholastic doctor mentioned by name in all the conciliar documents.アクィナスは、しかし、唯一の修学医師の名前を記載した書類のすべてのconciliarです。 The real reasons for the decline of neoscholasticism must be sought in the wider sociological and psychological concerns of contemporary society.本当の理由をneoscholasticismしなければならないの衰退を求められて広く社会学や心理学、現代社会の懸念をします。

James A. WeisheiplジェームズA. weisheipl

Bibliography 書誌事項
Cassidy, Frank P., Molders of the Medieval Mind (1944; repr., 1966); Congar, Yves, A History of Theology (1968); Gilson, Etienne, The Christian Philosophy of Saint Thomas Aquinas (1957) and History of Christian Philosophy in the Middle Ages (1955); McInerny, RM, ed., New Themes in Christian Philosophy (1968); Pieper, Josef, Scholasticism: Personalities and Problems of Medieval Philosophy, trans.キャシディ、フランクp. 、メルダースのは中世の心( 1944 ; repr 。 、 1966 ) ;コンガール、イヴは、歴史の神学( 1968 ) ;ジルソン、エティエン、聖トマスアクィナスは、キリスト教の哲学( 1957 )とキリスト教の歴史中世哲学は、 ( 1955 ) ; mcinerny 、 rm 、エド。 、新しいテーマをキリスト教哲学( 1968 ) ;ピーパー、ヨゼフ、スコラ:個性や中世哲学の問題を、トランスです。 by Richard and Clara Winston (1960); Smalley, Beryl, The Becket Conflict and the Schools: A Study of Intellectuals in Politics (1973); Weinberg, JR, A Short History of Medieval Philosophy (1964).ウィンストンリチャードとクララ( 1960 ) ;スモーリー、ベリルは、紛争とベケットの学校:勉強の知識人の政治( 1973 ) ;ワインバーグ、 JRバスは、短い歴史の中中世哲学( 1964 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです