Secularism, Secular Humanism世俗主義、世俗的ヒューマニズム

Advanced Information 高度情報

A way of life and thought that is pursued without reference to God or religion.生き方と思ったことは、神や宗教を参照することを追求します。 The Latin root saeculum referred to a generation or an age. saeculum 、ラテン語のルートに言及して世代や年齢です。 "Secular" came to mean "belonging to this age, worldly." "世俗"来たことを意味する"に所属するこの時代、世俗的です。 " In general terms, secularism involves an affirmation of immanent, this-wordly realities, along with a denial or exclusion of transcendent, other-wordly realities.大まかに言えば、世俗主義を肯定することに内在するには、この- wordly現実には、拒否または除外するとともに、並外れた、他- wordly現実です。 It is a world view and life style oriented to the profane rather than the sacred, the natural rather than the supernatural.これは世界観と生活様式を指向して不敬ではなく、神聖な、自然ではなく、超自然的です。 Secularism is a nonreligious approach to individual and social life.世俗主義は、宗教とは関係や社会生活を個々のアプローチです。

Historically, "secularization" first referred to the process of transferring property from ecclesiastical jurisdiction to that of the state or other nonecclesiastical authority.歴史的に、 "世俗"最初に言及しているプロセスのプロパティから教会の管轄権を転送している状態や他のnonecclesiastical権威です。 In this institutional sense, "secularization" still means the reduction of formal religious authority (eg, in education).この制度の意味では、 "世俗"まだ正式な宗教的権威の削減を意味する(例えば、教育の)です。 Institutional secularization has been fueled by the breakdown of a unified Christendom since the Reformation, on the one hand, and by the increasing rationalization of society and culture from the Enlightenment to modern technological society, on the other.世俗てきた制度の崩壊によって煽られて以来、キリスト教の統合再編は、 [ 1つの手、および合理化された社会や文化から増加し、現代の技術社会の啓蒙には、他のです。 Some analysts prefer the term "laicization" to describe this institutional secularization of society, that is, the replacement of official religious control by nonecclesiastical authority.いくつかのアナリストを好むという用語は" laicization "この制度を説明する世俗化社会、それは、宗教的なコントロールを置換の公式nonecclesiastical権威です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
A second sense in which secularization is to be understood has to do with a shift in ways of thinking and living, away from God and toward this world.世俗は2番目の感覚では理解されるべきでは、この操作を行うとの考え方にシフトすると生活を離れ、神とこの世界に向かっています。 Renaissance humanism, Enlightenment rationalism, the rising power and influence of science, the breakdown of traditional structures (eg, the family, the church, the neighborhood), the technicization of society, and the competition offered by nationalism, evolutionism, and Marxism have all contributed to what Max Weber termed the "disenchantment" of the modern world.ルネサンスヒューマニズム、啓蒙合理主義、科学の権力と影響力の上昇は、伝統的な構造の内訳(例えば、ご家族、教会、近所の)は、社会のtechnicization 、ナショナリズムとの競争に提供され、進化論、マルクス主義がすべてマックスヴェーバーどのような表現に貢献し、 "幻滅"は、現代の世界です。

While institutional secularization and ideological secularization have proceeded simultaneously over the past few centuries, the relationship between the two is not causally exact or necessary.イデオロギー的な世俗ながら制度が進め世俗と同時に、過去数世紀は、 2つのではないの間の因果関係の正確なまたは必要です。 Thus, even in a medieval, Constantinian setting, formally religious in character, men and women were not immune from having their life, thought, and work shaped by secular, this-worldly considerations.したがって、中世のであって、コンスタンティヌス設定では、正式に宗教的に文字、男性と女性の免疫を持つことが彼らの生活、思想、世俗形作られると仕事は、この-世俗的考慮します。 Likewise, in an institutionally secular (laicized) society it is possible for individuals and groups to live, think, and work in ways that are motivated and guided by God and religious considerations.同様に、世俗の制度( laicized )社会のことも可能ですが、個人やグループを生きる、考える、と仕事の方法では、宗教的な動機と、神との配慮に導かれています。

Secularization, then, is itself a fact of history and a mixed blessing.世俗、次に、実際の歴史はそれ自身が混在すると祝福します。 Secularism, however, as a comprehensive philosophy of life expresses an unqualified enthusiasm for the process of secularization in all spheres of life.世俗主義は、しかし、包括的な人生哲学としての情熱を表現する過程で修飾されていないすべての分野での生活世俗します。 Secularism is fatally flawed by its reductionist view of reality, denying and excluding God and the supernatural in a myopic fixation on the immanent and the natural.致命的な欠陥があるの世俗主義は、その還元主義者対象の現実には、神との否定とを除いた超自然的で、近視眼的に内在すると自然に固定します。 In contemporary discussion, secularism and humanism are often seen in tandem as secular humanism, an approach to life and thought, individual and society, which glorifies the creature and rejects the Creator.現代的ディスカッションでは、世俗主義とヒューマニズムタンデムとしては、しばしば見られる世俗的ヒューマニズム、人生とするアプローチを考え、個人と社会、これを拒否美化の創造とその生き物です。 As such, secularism constitutes a rival to Christianity.このように、ライバルをキリスト教に世俗主義を構成するものです。

Christian theologians and philosophers have grappled in various ways with the meaning and impact of secularization.キリスト教神学者と哲学者はさまざまな方法をgrappledの意味と世俗への影響です。 Friedrich Schleiermacher was the first theologian to attempt a radical restatement of Christianity in terms of the Renaissance and Enlightenment humanist and rationalist motifs.フリードリヒシュライエルマッハーを試みるのは、最初の神学者キリスト教するには根本的に再利用と啓発のルネサンスヒューマニストと合理主義をモチーフにします。 While his efforts were brilliant and extremely influential in the development of theology, critics charged that rather than salvaging Christianity, Schleiermacher betrayed crucial aspects of the faith in his redefinition of religion in terms of the human feeling of dependence.彼の努力は輝かしいながら、神学の発展に非常に影響力を、批評家の立て直し課金ではなく、キリスト教、シュライエルマッハー裏切られた彼の重要な側面を再定義の宗教の信仰の点で、人間の感情の依存します。

No contemporary discussion of Christianity and secularism can escape dealing with the provocative Letters and Papers from Prison penned by Dietrich Bonhoeffer.キリスト教と世俗主義の現代的な議論を逃れること挑発的に対処する刑務所から手紙や論文作成したディートリッヒボンヘッファーです。 Primarily because the work is fragmentary and incomplete, Bonhoeffer's concepts such as "Christian worldliness," "man-come-of-age," the world's arrival at "adulthood," and the need for a "non-religious interpretation of Biblical terminology" have been subject to heated debate about their meaning and implication.主なため、作業が不完全な断片と、ボンヘッファーの概念など、 "キリスト教の世俗" 、 "男の来るの年齢、 "ご到着予定で、世界の"成人"との必要性を、 "非宗教的な解釈を聖書の用語集"アジ研にもその意味と意義について熱い議論が交わさです。 Friedrich Gogarten (The Reality of Faith, 1959), Paul van Buren (The Secular Meaning of the Gospel, 1963), Harvey Cox (The Secular City, 1965), Ronald Gregor Smith (Secular Christianity, 1966), and the "death-of-God" theologians are examples of those who have pursued one possible course by restating Christianity in terms of a secular world.フリードリヒゴーガル(信仰の現実を、 1959 ) 、ポールヴァンビューレン(世俗的意味を、ゴスペル、 1963 ) 、ハーベイコックス(世俗市、 1965 ) 、ロナルドグレゴールスミス(世俗、キリスト教、 1966 ) 、および、 "死-の神様"神学者は、これらの例を1つの可能なコースwhoが追求されrestating世俗の世界をキリスト教にご利用ください。 Kenneth Hamilton (Life in One's Stride, 1968) denies that this is the best way to interpret Bonhoeffer and argues that the German theologian never wavered in his basic, orthodox stance.ケネスハミルトン( 1つの大股での生活、 1968 )を否定する最良の方法はこの主張を解釈すると、ドイツの神学者ボンヘッファーwavered決して彼の基本的な、正統的な姿勢です。

While discussions among theologians during the 1950s and 1960s tended to focus on adapting Christian theology to secularization, the 1970s and 1980s saw a vigorous new resistance to secularism in many quarters.神学者の間で議論中の1950年代と1960年代に焦点を当てる適応する傾向がキリスト教神学を世俗、のこぎりを精力的には1970年代と1980年代の多くの世俗主義に抵抗する新しい宿舎です。 Jacques Ellul (The New Demons, 1975) was among several voices arguing that secularism was itself a form of religion and was antagonistic both to Christianity and to a true Christian humanism.ジャックエリュール(新しい悪魔、 1975 )は、世俗主義のうちいくつかは、自分自身の声と主張して、フォームの宗教とは拮抗して真の両方に、キリスト教とキリスト教のヒューマニズムです。 Francis A. Schaeffer (How Should We Then Live? 1976) and other fundamentalists and conservative evangelicals attacked secular humanism as the great contemporary enemy of Christian faith.フランシスa.シェフェール(どのように入力し、住んでいますか? 1976 )およびその他の原理主義者と世俗的ヒューマニズムとして保守的なevangelicals攻撃キリスト教信仰の偉大な現代の敵です。

From the perspective of biblical Christian theology, secularism is guilty for having "exchanged the truth of God for a lie, and worshiped and served the creature rather than the Creator" (Rom. 1:25).キリスト教の聖書の観点から、神学、世俗主義は、有罪を得て"神の真実性を交換するため、嘘を言って、その生き物というよりworshipedとサービスの創造" (ローマ1:25 ) 。 Having excluded the transcendent God as the absolute and the object of worship, the secularist inexorably makes the world of man and nature absolute and the object of worship.並外れた除外することは絶対的な神として崇拝の対象とは、世俗主義の世界を無情に絶対的な人間と自然崇拝の対象とします。 In biblical terms, the supernatural God has created the world and sustains its existence.聖書用語で、世界の超神が作成してその存在を支えています。 This world (the saeculum) has value because God has created it, continues to preserve it, and has acted to redeem it.この世界( saeculum )は、値のため、神が作成し、継続を維持し、行動には、特典交換してください。 While God is Lord of history and the universe, he is not identifiable with either (pantheism).神は主に、宇宙の歴史と、彼のいずれかを特定できるようではない(汎神論)です。 Men and women exist in freedom and responsibility before God and for the world.男性と女性が存在する前に、神との自由と責任の世界です。 Stewardship and partnership define man's relationship to God and the world.世話役を務めることとパートナーシップの関係を定義する男の神との世界です。

The sacral, theocratic character of ancient Israel is modified with the coming of Christ.の仙骨、神政の文字を古代イスラエルはイエスキリストが来ると更新します。 With the work of Christ, the city and the nation are secularized (desacralized), and the church as the temple of the Holy Spirit is what is now sacralized.イエスキリストの仕事を、市や国がsecularized ( desacralized ) 、およびその教会は、聖霊の寺としては、今すぐsacralizedは何です。 The relationship of the church to the society around it is not defined in terms of a mission to resacralize it by imposing ecclesiastical rule upon it.教会の関係を周りではないが、社会で定義されて利用することによって印象的な教会の使命をresacralizeルールに生えています。 The relationship is one of loving service and witness, proclamation and healing.関係があるのは愛情のこもったサービスとの目撃者の1つ、と治癒を宣言します。 In this sense, then, secularization of society is a Christian calling.その意味では、その後、世俗化社会は、キリスト教の呼び出しです。 That is, society must not be divinized or absolutized, but viewed as something historical and relative.それは、社会divinizedまたはabsolutized必要がありますが、何か歴史との相対として人気です。 Only God is finally sacred and absolute.最後に絶対的な神は神聖にしてのみです。 Reestablishing the sacredness of God will, however, imply the proper, relative valuation of this world.神の再構築の神聖さは、しかし、適切な意味、相対的評価は、次の世界です。

In no sense, of course, is the distinction between the sacred and the secular an unbridgeable gap.はない意味では、もちろん、区別は、世俗との間の神聖なギャップの橋渡しできない。 In the same way that God speaks and acts in the saeculum, Christians must speak and act creatively and redemptively.のと同じように、神の行為は、 saeculum話すと、キリスト教徒と法創造とredemptively話す必要があります。 This means that the secular world must not be abandoned to secularism.これは、世俗の世界を捨ててはならない世俗主義です。 In all cases, Christian life in the secular world is to be carried out under the Lordship of Jesus Christ and in obedience to the will of God rather than the will of the world.すべてのケースにおいて、キリスト教の世俗の世界での生活を支配下に行われると、イエスキリストの服従を神の意志ではなく、世界の意志です。 And in situations, such as the United States, where the general populace is enfranchised and invited to have a voice in public policy, public education, social services, and so on, Christians may work to ensure that the Word of God is heard and is given room among the many other voices which will constitute the heterogenous whole.とされる状況に、このように米国では、どこの一般民衆が招待されenfranchisedとの声が公共政策には、公教育、社会サービス、およびするためには、キリスト教徒年5月仕事を確保するための言葉は、神は聞いたとは与えられた部屋の中の数多くの声が全体を構成する異種です。 To insist that the Word of God be imposed on all without exception is to fall once again into an unbiblical authoritarianism.という言葉を主張して神に課せられたすべてのせずに例外が再び下落を非聖書的権威主義です。 To fail to articulate the Word of God in the saeculum, however, is to acquiesce in a secularism which, by excluding the Creator, can lead only to death.を明確に失敗するという言葉は、神のsaeculum 、しかし、これは、世俗主義を言いなりには、創作者を除いて、死を招くだけにします。

DW Gill社殿向鰓
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
PL Berger, The Sacred Canopy; K. Hamilton, DCE, 609-10.ポーランド語ベルガーは、神聖な天蓋; k.ハミルトン、 DCEのは、 609から10です。


Secularism世俗

Catholic Information カトリックの情報

A term used for the first time about 1846 by George Jacob Holyoake to denote "a form of opinion which concerns itself only with questions, the issues of which can be tested by the experience of this life" (English Secularism, 60).時間に使用される用語については1846年の最初のジョージジェイコブホリオークさを示す"フォームの意見を懸念そのものだけで点がございましたら、この問題をユーザーが自由にテストされた経験は、次の人生" (英語の世俗主義、 60 ) 。 More explicitly, "Secularism is that which seeks the development of the physical, moral, and intellectual nature of man to the highest possible point, as the immediate duty of life - which inculcates the practical sufficiency of natural morality apart from Atheism, Theism or the Bible - which selects as its methods of procedure the promotion of human improvement by material means, and proposes these positive agreements as the common bond of union, to all who would regulate life by reason and ennoble it by service" (Principles of Secularism, 17).他の明示的に、 "世俗主義の発展を求めるのは、物理的、道徳的、知的な自然と人間の中で最も高い可能な時点で、当面の義務としての生活-i nculcatesの実用的な食料自給率の自然を離れ無神論的な道徳、有神論か、聖書-そのメソッドのプロシージャを選択として人間の改善を促進物質を意味し、前向きな協定を提案、これらの労働組合としての共通のきずなを、すべての生命を理由に規制するとw hoはe nnobleことによってサービス" (世俗主義の原則、 1 7 ) 。 And again, "Secularism is a code of duty pertaining to this life founded on considerations purely human, and intended mainly for those who find theology indefinite or inadequate, unreliable or unbelievable. Its essential principles are three:と再び、 "世俗主義は、コードオブデューティーの考慮事項に係るこの純粋な人間の生活に設立さ、およびそれらの主who見つける神学不定または不十分な、信頼性が低く、信じられないほどです。その本質的な原則は、 3つ:

The improvement of this life by material means.材料の改善には、次の人生を意味します。

That science is the available Providence of man.その科学は、利用可能なプロビデンスの男です。

That it is good to do good.これを行うに良いことは良いことです。 "Whether there be other good or not, the good of the present life is good, and it is good to seek that good" (English Secularism, 35). "かどうか他の良いかどうかは、現在の生活の良いのが良い、と良いことは良いことを求める" (英語の世俗主義、 35 ) 。

I. HISTORY i.履歴

The origin of Secularism is associated especially with the names of Holyoake and Bradlaugh.世俗主義の起源は特に名前は、関連付けられたブラッドローホリオークとします。 George Jacob Holyoake (born at Birmingham, 13 April, 1817; died at Brighton, 22 January, 1906) met Robert Owen in 1837, became his friend, and began to lecture and write articles advocating socialism or co-operation.ジョージジェイコブホリオーク(バーミンガム生まれで、 1817年4月13日;死亡したブライトン、 1月22日、 1906 )のロバートオーウェンに会った1837 、彼の友達になった、と講義を始めたとの記事を書いたり、社会主義の協力を提唱します。 In 1841, with Southwell, Ryall, and Chilton, he founded a magazine called "The Oracle of which was succeeded by "The Movement" (1843), and by "The Reasoner" (1846). In 1861 the publication of the latter was discontinued, and Holyoake founded "The Counsellor" which later on, was merged with Bradlaugh's "National Reformer". Owing to differences between Bradlaugh and Holyoake, the latter withdrew from "The National Reformer," started the publication of "The Secular World and Social Economist" (1862-64), and in 1883 of "The Present Day". Among the political and economical agitations in which Holyoake took a leading part may be mentioned those for the repeal of the law prohibiting the use of unstamped paper for periodical publications, for the abolition of all oaths required by law, for the secularization of education in the public schools, for the disestablishment of the Church, for the promotion of the co-operative movement among the working classes, etc. 1841年、サウスウェル、リアル、およびチルトン、彼を設立したマガジンと呼ばれる"は、 Oracleのに成功したが、 "運動" ( 1843 ) 、および"の判断を下す" ( 1846年) 。 1861年の出版物を、後者は、生産を終了し、ホリオーク設立"カウンセラー"の後に、合併してブラッドローのは、 "国家的な改革"です。ブラッドローとの違いのためにホリオーク、後者の撤退"国民改質、 "開始して出版の"世界と世俗社会エコノミスト" ( 1862年から1864年) 、および1883年の"現在の日"です。間の政治的、経済的ホリオークagitationsでは5月に言及するが、それらの主要部分の廃止のための使用を禁止する法律は切手が貼られていない紙の定期刊行物は、すべての誓いの廃止を法律で義務付けられて、教育の世俗化は、公立学校、 disestablishmentのは、教会の促進のための協同組合運動の労働者階級の間など

Charles Bradlaugh (born at Hoxton, London, 26 September, 1833; died 30 January, 1891) was a zealous Sunday school teacher in the Church of England, when Rev. Mr. Packer, the incumbent of St. Peter's, Hackney Road, asked him to prepare for confirmation which was to be administered by the Bishop of London.チャールズブラッドロー( hoxton生まれで、ロンドン、 1833年9月26日;死亡した1月30日、 1891 )は、熱心な教会の日曜学校の教師は、イングランド、改訂時にパッカー氏は、現職のサンピエトロ大聖堂の、ハックニー道路、要請彼に確認の準備をされるのは、ロンドン大主教が管理しています。 "I studied a little", writes Bradlaugh, "the Thirty-nine Articles of the Church of England, and the four Gospels, and came to the conclusion that they differed" (Autobiography, 6). "少し勉強" 、書き込みブラッドローは、 " 39の記事は、教会のイングランド、との4つの福音書、との結論にたどり着きましたして異なる" (自伝、 6 ) 。 He wrote this to Rev. Mr. Packer, who hastily denounced him as an atheist.彼はこれを改訂書いたパッカー氏、 who急いで彼を非難する無神論者です。 His views, which at this time were deistical later on reached extreme Atheism.彼の再生回数、これdeistical後にこの時点では極端な無神論に達しています。 From 1853 till 1868 he wrote a great number of articles under the pseudonym of "Iconoclast", gave many lectures, and held many public debates. 1868年から1853年まで書いた記事の下に、多くのペンネームの"因習打破" 、多くの講義は、数多くの公共の討論会を開催します。 In 1858 he edited "The Investigator", and in 1859 founded "The National Reformer".彼は1858編集"の捜査官" 、および1859年に設立"国民改質装置"です。 Elected by Northampton as a member of the House of Commons in 1880, he refused to take the required oath, and was not allowed to sit in the House.ノーサンプトンのメンバーとして選出さハウスオブコモンズに、 1880年、彼を拒否して取るのに必要な宣誓書、およびが特定できるように座って、家中のです。 Re-elected the following year, he consented to take the oath, but this was refused on account of his Atheism.再選は、次の年、彼は同意を取るの宣誓書が、これが彼の無神論のアカウントを拒否する。 Finally, in 1886, the new Speaker allowed him to take the oath and sit in Parliament.最後に、 1886年に創業、彼の新しいスピーカーの許可を取るの宣誓書を議会に座る。 In 1858 Bradlaugh succeeded Holyoake as president of the London Secular Society, and in 1866 enlarged the scope of this association by founding the National Secular Society, over which he presided until 1890, when he was succeeded by Mr. GW Foote, the actual president. 1858ブラッドローホリオークに成功したロンドンの世俗主義の社会の会長として、および1866年の範囲を拡大し、この協会によって設立された国立世俗主義の社会は、大統領まで以上に彼は1890年、彼は成功したときにgwフート氏が、実際の大統領です。 The following words from Bradlaugh's farewell speech are significant: "One element of danger in Europe is the approach of the Roman Catholic Church towards meddling in political life. . . . Beware when that great Church, whose power none can deny, the capacity of whose leading men is marked, tries to use the democracy as its weapon. There is danger to freedom of thought, to freedom of speech, to freedom of action. The great struggle in this country will not be between Freethought and the Church of England, not between Freethought and Dissent, but - as I have long taught, and now repeat - between Freethought and Rome" (Charles Bradlaugh, II, 412).は、次の単語からの送別の辞には、かなりのブラッドロー: " 1つの要素の危険が近づくと、ヨーロッパは、ローマカトリック教会の政治生命に向け干渉。 。 。 。 。 。 。 。用心際に、それを大きな教会で、そのパワーを否定することなしに、その能力を大手の男性は、スパムは、民主主義をしようとするその武器を使用しています。には危険を思想の自由、言論の自由を、行動の自由をします。偉大な闘争の間にこの国ではできませんfreethoughtとイングランドの教会のではなく、 freethoughtとの間に意見の相違、しかし-私は長いとして教え、そして今を繰り返します- fr eethoughtとローマの間に" (チャールズブラッドロー、2世、 4 1 2)。

In the United States, the American Secular Union and Freethought Federation, presided over by Mr. EP Peacock, with many affiliated local societies, has for its object the separation of Church and State, and for its platform the nine demands of Liberalism, namely:は、米国、米国の世俗的労働組合連合会とfreethought 、 epピーコック氏主宰、多くの関係、地域社会、そのオブジェクトには教会と国家の分離、およびそのプラットフォームの9つの要求を自由主義、すなわち:

that churches and other ecclesiastical property shall be no longer exempt from taxation;教会やその他の教会の財産をしなければならない課税免除されなくなりました;

that the employment of chaplains in Congress, in state legislatures, in the army and navy, and in prisons, asylums, and all institutions supported by public money, shall be discontinued, and that all religious services maintained by national, state, or municipal governments shall be abolished; that all public appropriations for educational and charitable institutions of a sectarian character shall cease; chaplainsして雇用することが議会では、州議会は、陸軍と海軍、および刑務所、 asylums 、およびすべての機関に公的資金でサポートされ、しなければならない生産を終了し、全国のすべての宗教的なサービスを維持され、都道府県、または市町村廃止しなければならない;がすべての公共歳出の教育、および、慈善機関は、宗派間の文字は中止;

that, while advocating the loftiest instruction in morals and the inculcation of the strictest uprightness of conduct, religious teaching and the use of the Bible for religious purposes in public schools shall be prohibited; that the appointment by the President of the United States and the governors of the various states of religious festivals, fasts, and days of prayer and thanksgiving shall be discontinued;は、 loftiest命令を主張しながら道徳と説くことは、厳しい垂直の行動は、宗教的な教えと聖書の宗教的な目的に使用する公立学校で禁止されてしなければならない;は、任命された社長は、米国との知事様々な国の宗教的な祭り、断食、および日間の祈りと感謝祭の中止しなければならない;

that the theological oath in the courts and in other departments of government shall be abolished, and simple affirmation under the pains and penalties of perjury, established in its stead;宣誓書は、裁判所は、神学的およびその他の政府部門を廃止しなければならない、と単純な痛みや罰則を肯定の偽証罪の下に、その代わりに設立され;

that all laws directly or indirectly enforcing in any degree the religious and theological dogma of Sunday or Sabbath observance shall be repealed;すべての法律の施行に直接または間接的にどの程度の宗教や神学上の教義を遵守しなければならない安息日の日曜日または廃止;

that all laws looking to the enforcement of Christian morality as such shall be abrogated, and that all laws shall be conformed to the requirements of natural morality, equal rights and impartial justice;そのすべての法律の施行に注目してキリスト教道徳廃棄しなければならないなど、そのすべての法律に適合しなければならないの要件に応じて、自然の道徳、平等な権利と公正な裁き;

that, in harmony with the Constitution of the United States and the constitutions of the several states, no special privileges or advantages shall be conceded to Christianity or any other religion; that our entire political system shall be conducted and administered on a purely secular basis; and that whatever changes are necessary to this end shall be consistently, unflinchingly, and promptly made.が、さと調和して合衆国憲法と憲法は、いくつかの州、または特別な権限をキリスト教に譲歩しなければならないの利点やその他の宗教;が私たちの政治システム全体を実施しなければならないと、純粋に世俗的に投与する;とはどのような変更が必要にしなければならないそのためには常に、果敢に、かつ迅速に行われます。

Although the name Secularism is of recent origin, its various doctrines have been taught by free-thinkers of all ages, and, in fact, Secularism claims to be only an extension of free-thought.世俗主義の名の最近の起源は、その様々な説が教えられた自由思想家のすべての年齢層、および、実際には、世俗主義を拡張したものにすぎないと主張し自由に考えています。 "The term Secularism was chosen to express the extension of freethought to ethics" (English Secularism, 34). "という用語を表現する世俗主義が選ばれたの拡張子をfreethought倫理" (英語の世俗主義、 34 ) 。 With regard to the question of the existence of God, Bradlaugh was an atheist, Holyoake an agnostic.に関しては、以下の問題が存在する神、ブラッドローは、無神論者、ホリオーク、不可知論者です。 The latter held that Secularism is based simply on the study of nature and has nothing to do with religion, while Bradlaugh claimed that Secularism should start with the disproof of religion.世俗主義が開かれたが、後者の研究のベースだけでは何の関係も自然と宗教、世俗主義をブラッドローと主張して反証がスタートしたのは宗教です。 In a public debate held in 1870 between these two secularists, Bradlaugh said: "Although at present it may be perfectly true that all men who are Secularists are not Atheists, I put it that in my opinion the logical consequence of the acceptance of Secularism must be that the man gets to Atheism if he has brains enough to comprehend.公開討論会が開催された1870年の間に、これら2つのsecularists 、ブラッドローによると: "ものの、現在は完全に該当することがありますが、すべての男性who secularistsはないが、無神論、私が私の意見で言えば、世俗主義の論理的帰結としての受け入れの必要があります。無神論を取得するには、人間の脳の場合彼は十分に理解します。

"You cannot have a scheme of morality without Atheism. The Utilitarian scheme is a defiance of the doctrine of Providence and a protest against God". "することはできません。スキームは、道徳的に無神論のスキームが功利主義の原則を無視して神の摂理との抗議行動を行う"です。

On the other hand, Holyoake affirmed that "Secularism is not an argument against Christianity, it is one independent of it. It does not question the pretensions of Christianity; it advances others. Secularism does not say there is no light or guidance elsewhere, but maintains that there is light and guidance in secular truth, whose conditions and sanctions exist independently, and act forever. Secular knowledge is manifestly that kind of knowledge which is founded in this life, which relates to the conduct of this life, conduces to the welfare of this life, and is capable of being tested by the experience of this life" (Charles Bradlaugh, I, 334, 336).その一方で、ホリオークアファームドは、 "キリスト教の反対論世俗主義ではない、それは1つの独立したします。 pretensionsを疑問視することはありませんキリスト教;ことその他の進歩です。世俗主義はありません言ってやるが光や指導の他にはない、しかし、光明と導きを維持し、世俗的には真実で、その条件と制裁措置を自主的に存在し、永久に行動します。世俗的知識はそのような知識が明らかに設立されたこの生活は、これを行うに関係しては、次の生活、福祉をconducesは、次の人生、能力が試されるとは、その経験は、次の人生" (チャールズブラッドロー、私、 334 、 336 ) 。 But in many passages of his writings, Holyoake goes much further and seeks to disprove Christian truths.しかし、彼の作品の多くの通路、ホリオークが多くより詳細な反証とキリスト教の真理を求めています。 To the criticism of theology, Secularism adds a great concern for culture, social progress, and the improvement of the material conditions of life, especially for the working classes.神学の批判をして、世俗主義を追加する大きな懸念を培養のために、社会の進歩、および、材料の条件の改善に人生の、特にワーキングクラスです。 In ethics it is utilitarian, and seeks only the greatest good of the present life, since the existence of a future life, as well as the existence of God, "belong to the debatable ground of speculation" (English Secularism, 37).これは功利主義の倫理、およびシークの最大の良いだけの、現在の生活、以来、将来の生活が存在するだけでなく、神の存在を、 "に所属し、係争地の投機" (英語の世俗主義、 37 ) 。 It tends to substitute "the piety of useful men for the usefulness of piety" (ibid., 8).それ傾向に置き換えて"男性のための有用な信心深さの有用性を信心深さ" ( ibid. 、 8 ) 。

II. Ⅱ 。 CRITICISM批判

The fundamental principle of Secularism is that, in his whole conduct, man should be guided exclusively by considerations derived from the present life itself.世俗主義の基本的な原理は、彼の全体の行為、男を排他的に考慮すべきであるガイドから派生した、現在の生活そのものです。 Anything that is above or beyond the present life should be entirely overlooked.何かを超えることは、現在の生活の上または完全に見落とさすべきである。 Whether God exists or not, whether the soul is immortal or not, are questions which at best cannot be answered, and on which consequently no motives of action can be based.神が存在するかどうかかどうか、魂は不滅のかどうかかどうかは、どの質問に回答することはできませんし、その結果上での行動の動機がベースです。 A fortiori all motives derived from the Christian religion are worthless.さらには、キリスト教の宗教から派生したすべての動機は無価値だ。 "Things Secular are as separate from the Church as land from the ocean" (English Secularism, 1). "物事は世俗的には、別々の土地からの教会からの海" (英語の世俗主義、 1 ) 。 This principle is in strict opposition to essential Catholic doctrines.この原理は、カトリック教義に厳格な反対の立場を欠かせない。 The Church is as intent as Secularism on the improvement of this life, as respectful of scientific achievements, as eager for the fulfilment of all duties pertaining to the present life.その教会は、世俗主義の意図としては、次の生活上の改善に、敬意を表するの科学技術の成果として、個人としてのすべての職務を熱心に求めるのであれば、現在の生活です。 But the present life cannot be looked upon as an end in itself, and independent of the future life.しかし、現在の生活することはできません顔を終わらせる時はそれ自体、および将来の生活から独立しています。 The knowledge of the material world leads to the knowledge of the spiritual world, and among the duties of the present life must be reckoned those which arise from the existence and nature of God, the fact of a Divine Revelation, and the necessity of preparing, for the future life.世界の素材の知識をリードして、精神世界の知識がある、との間のような任務を、現在の生活から発生する必要があります。侮れないものが存在すると自然と神の、神の啓示したという事実を、との準備の必要性を、将来の生活をします。 If God exists, how can Secularism inculcate the practical sufficiency of natural morality?" If "Secularism does not say there is no light or guidance elsewhere" how can it command us to follow exclusively the light and guidance of secular truth? Only the Atheist can be a consistent Secularist.もし神が存在する場合、どうすれば世俗主義を鼓吹する自然の道徳性の実用的な食料自給率ですか?の" if "世俗主義はありません言ってやるが光や指導の他にはない"コマンドの問い合わせはどうすればそれに従うだけの光明と導きの世俗的真理ですか?は、無神論者は、整合性は、世俗主義者です。

According as man makes present happiness the only criterion of the value of life, or on the contrary admits the existence of God and the fact of a Divine Revelation and of a future life, the whole aspect of the present life changes.幸せによると、男は現在の生活には、値のみを基準か、またはそれとは逆の存在を認め、神と神の啓示したという事実を、将来の生活と、全体の側面に、現在の生活に変更します。 These questions cannot be ignored, for on them depends the right conduct of life and "the development of the moral and intellectual nature of man to the highest possible point".これらの質問を無視することはできませんが、左右されて生活する権利を行うと"の開発は、道徳的かつ知的な自然の中で最も高い可能性をポイント男"です。 If anything can be known about God and a future life, duties to be fulfilled in the present life are thereby imposed on "all who would regulate life by reason and ennoble it by service".どちらかといえばできることで知られ、神と、将来の生活については、義務を負うのが果たされるため、現在の生活が課せられた"すべての生命を理由に、 whoはennobleを規制することによってサービス"です。 "Considerations purely human" become inadequate, and the "light and guidance" found in secular truth must be referred to and judged from a higher point of view. "純粋な人間の注意事項"になるの不十分な、と"光明と導き"世俗的真実を発見さ言及し、判断しなければならないより高いポイントが表示されます。 Hence the present life in itself cannot be looked upon as the only standard of man's worth.したがって、現在の自分自身の生活をすることはできません顔の男だけの価値の標準です。 The Church would fail in her Divine mission if she did not insist on the insufficiency of a life conducted exclusively along secular lines, and therefore on the falsity of the main assumption of Secularism彼女の神の教会の使命が失敗しなかった場合彼女の機能不全を主張する排他的に実施する生命線に沿っ世俗、偽りの言葉を検索するための主要な仮定の世俗主義

Again, the Catholic Church does not admit that religion is simply a private affair.繰り返しになりますが、カトリック教会はありません宗教を認めることは、単に民間件です。 God is the author and ruler not only of individuals, but also of societies.神は、著者との支配者の個人だけでなく、社会だけでなくのです。 Hence the State should not be indifferent to religious matters (see ETHICS).それゆえ、国家宗教的な事柄に無関心であることはできません(倫理学) 。 How far in practice Church and State should go together depends on a number of circumstances and cannot be determined by any general rule, but the principle remains true that religion is a social as well as an individual duty.実際にどの程度まで教会と国家は切っても切れない関係に依存して、いくつかの事情とすることはできません任意の一般的なルールによって決定されるが、原理は事実だが、宗教は社会的なだけでなく、個々の責務です。 In practice again, owing to special circumstances, a secular education in the public schools may be the only possible one.実際に再度、特別の事情のためには、世俗的教育の公立学校の1つのみ可能なことかもしれない。 At the same time, this is a serious defect which must be supplied otherwise.それと同時に、これは、他の重大な欠陥を供給しなければならない。 It is not enough for the child to be taught the various human sciences, he must also be given the knowledge of the necessary means of salvation.子供のために十分ではないの様々な人間科学を教え、彼はしなければならないの知識を与えられた救済するために必要な手段です。 The Church cannot renounce her mission to teach the truths she has received from her Divine Founder.彼女の使命を放棄することはできません教会の真理を教える彼女は彼女の神の創始者から受け取った。 Not only as individuals, but also as citizens, all men have the right to perform the religious duties which their conscience dictates.個人としてだけでなく、一市民としてだけでなく、すべての人は、右側にその職務を行うには、宗教的良心のおもむくままにします。 The complete secularization of all public institutions in a Christian nation is therefore inadmissible.公共機関の完全な世俗のすべての国はそのために、キリスト教の証拠です。 Man must not only be learned in human science; his whole life must be directed to the higher and nobler pursuits of morality and religion, to God Himself.男必要があります。のみで学んでいない人間科学;彼の全人生を監督しなければならないが高いと崇高な職業道徳と宗教は、神様に気に入らです。 While fully recognizing the value of the present life, the Church cannot look upon it as an end in itself, but only as a movement toward a future life for which preparation must be made by compliance with the laws of nature and the laws of God.の値を十分に認識しながら、現在の生活は、教会にして探すことはできませんそれ自体を終わらせるだけの動きとして、今後の人生を準備中を遵守しなければならないの法律に基づいて自然と神の法律に基づいています。 Hence there is no possible compromise between the Church and Secularism, since Secularism would stifle in man that which, for the Church, constitutes the highest and truest motives of action, and the noblest human aspirations.それゆえの間の妥協の可能性はない教会と世俗主義、世俗主義を抑圧して以来の男が、教会の、本当の動機を構成すると最高のアクション、および最も気高い人間の願望です。

Publication information Written by CA Dubray.出版物の情報執筆者カリフォルニアdubrayです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.専用のは、イエスキリストの神聖なのは、カトリックの中心部に百科事典、第20巻13 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認、 1912年2月1日です。 Remy Lafort, DD, Censor.レミlafort 、 DDの、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

HOLYOAKE, The Principles of Secularism (London, 1860); IDEM, Sixty Years of an Agitator's Life (London, 1892), autobiography; IDEM, The Origin and Nature of Secularism (London, 1896); published simultaneously in America under the title English Secularism, A Confession of Belief (Chicago, 1896); McCABE, Life and Letters of George Jacob Holyoake (London, 1908); GOSS, A Descriptive Bibliography of the Writings of George Jacob Holyoake, with a Brief Sketch of his Life (London, 1908); The Autobiography of Mr. Bradlaugh (London, sd); BONNER, Charles Bradlaugh (7th ed., London, 1908); FLINT, Anti-Theistic Theories (5th ed., Edinburgh, 1894).ホリオーク、世俗主義の原則を(ロンドン、 1860 ) ;同じ、 60年の人生の扇動者(ロンドン、 1892 ) 、自伝;同上、世俗主義の起源と自然との(ロンドン、 1896 ) ;同時に、アメリカで公開されて英語のタイトル世俗主義は、信仰の告白(シカゴ、 1896 ) ;マッケーブ、日本での生活や手紙をジョージジェイコブホリオーク(ロンドン、 1908 ) ;ゴス、わかりやすい文章の構造は、ジョージジェイコブホリオーク、彼の人生のスケッチを簡単に(ロンドン、 1908 ) ;氏の自伝ブラッドロー(ロンドン、サウスダコタ) ;ボナー、チャールズブラッドロー( 7エド。 、ロンドン、 1908 ) ;フリント、反有神論理論(第5版です。 、エジンバラ、 1894 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです