アレクサンドリアの神学

アレクサンドリアのクレメント

総合情報

アレクサンドリアのクレメント、その完全な名前は、ティトゥスフラウィウスクレメンス( 150ですか? -215ですか? ) 、神学者とは、ギリシャ語の早期の父の教会です。

彼はおそらく生まれ、アテネ、ギリシャ、とは、学校で教育を受けては、問答式のアレクサンドリア、ここで彼は、キリスト教哲学pantaenus検討されています。

クレメントした後のコンバージョンからいくつかの時間ペイガニズム、彼は、長老命じられる。

彼は成功したpantaenusで約190頭の問答式の学校として、彼のリーダーシップの下に有名になった。

原産地、 whoへ達成作家としての区別、教師、および神学者は、 5月の生徒もクレメントの1つです。

迫害の中には、キリスト教徒の統治のセプティミウスセウェルス、ローマ皇帝、アレキサンドリアのクレメントから移動caesarea ( mazaca )でカッパドキアです。

彼のその後の活動はほとんど知られています。

先回、彼は考えられているサン; martyrologies初期キリスト教彼の名前が掲載されています。

クレメントに関して多くの学者は、アレクサンドリアの創始者として大学院神学、 神の性質強調し、イエスキリストです。アレクサンドリアの神学者のようなことは、サンシリルと聖アタナシウスwho養子論に反対主導したとネストリウス派、どちらキリストの人間性を強調彼の神性を犠牲にしています。

クレメントのシステムのロジックによると、神の思想との意志をexhorts 、啓発活動をし、キリスト教の真のパーフェクトに仕上げる。

このプロセスは、 アドレスを激励に記載されて、ギリシア人家庭教師、およびmiscellanies 、クレメントの主な著作物です。

アドレスの最初の仕事は教育の公共性をキリスト教に興味を持つ;ことが激励のアドレスをモデルにして、アリストテレス、アリストテレスは、紛失した、仕事では対処全般に興味を持つ読者を哲学の家庭教師に設計さを広げると深めるキリスト教の信仰の基盤の洗礼命令を付与します。 miscellaniesは、議論の様々なポイントの教義神学、キリスト教に設計されガイドの中高年の知識を完璧に遂行する。

クレメントはまた、著者は、いくつかのパンフレットや論文など、誹謗中傷、断食、忍耐力、およびwhoは、金持ちの男には保存さですか?

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール

アレクサンドリアのクレメント

高度情報

(約150 -カリフォルニア。 215 )

ティトゥスフラウィウスクレメンス、ギリシャ語神学者や作家が、最初の重要なアレクサンドリアの神学的伝統を代表する。

生まれの異教の両親にはアテネ、クレメント行ったアレキサンドリア、ここで彼は教師pantaenusとして成功した彼の頭の問答式の学校です。

彼の迫害を余儀なくさを残す202アレキサンドリア、明らかに帰ってこない。

クレメントの文章の4つは、保存完了: protreptikos (ギリシアするよう促す勧告宛てに変換) ; paedagogos (キリストの描写として、教師の指示に忠実な行為) ; stromaの複数形(雑感信仰の関係について、主に哲学) ; " whoは、金持ちの男には保存さですか? "

(博覧会のマーク10:17-31 、と主張して富を、正当に使用される場合、国連-キリスト教ではない) 。

の他の作品の断片のみ残る、特に、 hypotyposes 、経典の解説をします。

クレメントが重要なのが彼の家の積極的なアプローチを哲学のための基盤をキリスト教のヒューマニズムや哲学のアイデアを"お手伝いさん"を神学です。

ロゴのアイデアを支配していた。

神のロゴ、創作のすべてのものは、ガイドのすべてのすべての権利が原因で善良な人たちと考えています。

ギリシャ哲学は、したがって、ギリシアの部分を準備してキリストの啓示と同じように、法律を準備してヘブル人への手紙です。

イエスキリストを通して人の化身のロゴは、完璧な男と真の霊知を実現する。

反対するgnostics who disparaged信仰、クレメント考慮するために必要な信仰の基盤を第一原理と知識、それ自体は、完璧な信仰です。

男が、 "真のグノーシス主義の"愛と熟考されています。

セルフコントロールを通じて自分自身の情熱と愛男のRID 、そこに到達impassibilityの状態を最後に、彼は神の肖像を実現します。

この考えに深く影響を受けたクレメントギリシャ語キリスト教の精神です。

トイレバインリヒ


(エルウェル福音辞書)

書誌事項


efオズボーンは、アレクサンドリアの哲学クレメント; srcリラ、アレクサンドリアのクレモン:プラトン哲学とキリスト教の研究でグノーシス主義; tollington rb 、アレクサンドリアのクレモン:キリスト教の自由主義を研究し、 2 vols学です。 ; molland e. 、という概念は、福音書は、アレクサンドリアの神学; j. quasten 、教父学、 2世:エイレナイオスした後、事前-ニカイア文学; whワグナーは、 " paideiaクレメントモチーフは、アレクサンドリアの神学" ( diss. 、ドリュー大学、 1968 ) ; Wegのフロイド、アレクサンドリアのクレメントの治療の悪の問題; djmブラッドリーは、 "禁欲的な倫理の変容は、アレクサンドリアのクレメント、 " 08月14:41-66 ; j.ファーガソン、 "アレクサンドリアのクレメント達成するための、 "家族12:59 -80です。

アレクサンドリアの神学

高度情報

キリスト教のことが予想さアレキサンドリアでローマ教皇の回来て、かかわらず、伝統をもたらしたことが初めてであることが確認さジョンマークすることはできません。

の兆候としては、キリスト教はよく真ん中に設立されたエジプトアレキサンドリア広告は、そのポート150およびその支持基盤のエントリとします。

アレクサンドリアのクレメントは約190頭の問答式の学校です。

彼の人生哲学を通して、ギリシャ哲学として見たクレモンイエスキリストの準備も、神の真理を証人としての役目をします。

プラトンは、大切なガイドをご覧ください。 接地に罪は人間の自由意志です。

enlightementされた知識のロゴをもたらす男です。

知識の結果を右側の意思決定します。

これらの描画する男に向かっ神に同化されるまで彼は神 ( stromaの複数Ⅳ 。 23 ) 。

愛は、キリスト教の生活を、無料より情熱です。

彼の人生は、定数の祈りです。

クレメント規定は、そのパターンを緻密にpaedagogosです。

彼は将来を楽観するのすべての男性、しかし、世界の知識が報わしています。

啓典の寓話の評釈のサポート、これらの再生回数です。

成功すると、約202クレモンは問答式の学校abler原産地されるくらいです。 exegete 、聖書の偉大な能力の学生や、原産地のテキストを制作し、 6カ国語対訳書、 otです。

論評を書いた、 scholiumの複数形か、または上のすべての聖書の書籍を発する;しかし、彼らは3つの感覚の啓典に基づいて、リテラル、道徳的、および寓話です。

聖書は、インスピレーション、役に立つ、該当するすべての文字を、リテラルが、 1つの解釈が正しいとは限りません。

債務のようなクレメント、ギリシア、原産地はないとしてadmiringlyに依存します。

彼の大きな精神的な宇宙の概念は、慈悲深き主宰される、賢明な、と個人ている。

アレクサンドリアchristology原産地をその始まりとします。

を通じて世代の永遠の息子に、ロゴ、自分自身からのすべての永遠の神と通信します。 には、道徳的、父との間の意志の結束の息子ではなく、本質的な結束は疑問がある

センスの世界を提供して劇場の生き物の特典交換who範囲から落ちた男性を悪魔の天使たちを通してです。 されたロゴは、調停の化身の特典交換します。

彼は、人間の魂を自分自身ですることは、 henosis組合です。

それは、したがって、適切なことを言ってやるが神の息子が生まれたの乳児、その彼が死亡した(デprincです。 Ⅱ 。 Ⅵ 。 2-3 ) 。 を教え、例では、犠牲者を提供し、自らを神の機嫌取り、身代金を要求する悪魔を払って、イエスキリストの男性に保存します。

徐々に男性土臭いから無料で瞑想し、禁欲、神のビジョンです。

火災をパージする過程が必要な場合があります。

この世界はどちらも、最初のも、シリーズの最後の、あるが最終的に来るの復元のすべてのものです。

肉、問題が消え、精神だけは引き続き、そして神はすべてのすべての。

人間の自由はどのくらいの生産力を保持するには、別の破局明らかではありませんが、最終的に確認されたすべての善良される神の愛の力をされています。

原産地の出発した後弟子よりAlexandriaそれた。

永遠の傾向を否定して1つのグループの世代のロゴです。

ディオニュシオス、アレクサンドリアの司教(二百四十七から六十五) 、同調、この党と宣言し、ロゴを作成することは、父親が、アレキサンドリアの中で、未来に属して反対の翼、これ神の属性を強調して、ロゴです。

パーティーのサベリウス主義に強いcyrenaicaは、リビア、影響を受けると、このアレキサンドリアに影響を与える。 アリウス祭司が始まったときに、おそらく約317 、ロゴにあることを宣言するのは、創作の時間、異なるの父にしているから、彼の弟子に魅力が、司教アリウスアレクサンダーに反対します。

皇帝コンスタンティヌスが見つかりましたとして復元することはできないとの調和を勧告と影響力を、彼は、総会の司教と呼ばれる。

その結果325ニカイア公会議に代表団が出席されたアレクサンドリアの助祭アタナシウスに含まれるものです。

彼の人生の残りの年のチャンピオンのニカイアをアタナシウスは、結論にhomoousiosの息子は、父親の養子縁組は、次の用語にもかかわらず、その数奇なグノーシス主義とサベリウス主義の背景は、仕事の摂理の天才です。

アレクサンダーに成功したとして、 328アレクサンドリアの司教アタナシウスです。

いくつかの独裁傾向にもかかわらず、彼の才能を組み合わせて保有する優れた管理者で大成功の神学的洞察力の深さからです。

この時間を、 精力的にアレクサンドリアのアイデンティティにしていると強調、父と息子です。アタナシウス提示、彼の化身のロゴを検索するのに必須であることが真の労働組合の真の神の救いのために男性は、キリスト教の教義生と死のイエスキリストです。 100神と100人の救い主しなければならない。を通して多くの偽の請求額と5つの期間の亡命者アタナシウス彼の主張を維持する1つの神、父と息子と同じ物質は、同研究所の救いの教会ではなく、アジ研干渉して、市民状態です。 アタナシウスも定めるとの見解をhomoousiosの精神には、父と息子と同様に、このように、数式の道を準備してmiaousia 、 treis hypostaseis 。

完全に神のものである必要はありませんがイエスキリストと完全に人間は、対象をラオディケアアポリナリスの締結に成功しなかった時アレキサンドリアにもかかわらず、彼の努力にその方向です。

彼の対象は、霊のロゴに置き換え、人間の精神が拒否された。

彼の人格の結束を強調するキリストの、しかし、アレクサンドリアがますます重要視するとシリルが強く強調され、 whoなった司教は412です。 のロゴは完全な人間の本性に自分自身、 henosis physikeしかし、結果は、およびシリル愛しの数式miaphysis 、 1つのにもかかわらず当初ekデュオです。

の化身の最後には救いです。 神なった男が私たちの神になるかもしれない。

シリルサポートするには、啓典の両方の寓話に付随するtestaments 、特に、五します。

アレゴリーの驚異的収率は、基本に設計され、実体の意味です。

彼の最も有名な書き込みが彼のシリーズの12 anathemas反対nestorius 、どのような攻撃が登場し、彼を否定し、キリストとの団結と、完全な神のはりつけと復活という言葉です。

シリルは433 受け入れられなくても、指導者のアンティオキアは、職業の信仰を宣言して団結の2つの性質をイエスキリストが来たの存在( henosis gegone )とシリル用語を使用していたので積極的に反対nestoriusに対し、神の母、聖母マリアて説明しています。

継続的に重点を置いてdioscurusユニティcyrillianの人は、イエスキリストがそれを極端なプッシュします。は、カルケドン公会議( 451 ) 、アレクサンドリアの養子縁組の敗北に苦しんで過激派のカルケドンアンdyo physesinという言葉で定義されています。

分裂した後の最後のアレクサンドリアchalcedon生産の傾向です。 キリスト教の大部分を拒否エジプトchalcedonとなったキリスト単性論者です。

キリスト単のみ証明される一時的な熱意をアレキサンドリアのご到着予定のイスラムルールを終了します。

プラトニックを強調するがアレクサンドリア派は、人気の学校の時間をします。 、そのほかの穏健なフォームchristologicalに設定してパターンを何世紀にもわたっています。の愛の寓話の解釈が特徴です。

の介入は、神は、頭が強調し、 キリストの労働組合の性質を超える-乗馬を重視し、神のコンポーネントが危険なアクセントです。

pウーリー


(エルウェル福音辞書)

書誌事項


er耐寒性、ジュニア、キリスト教のエジプト; e. molland 、という概念は、福音書は、アレクサンドリアの神学; efオズボーンは、アレクサンドリアの哲学クレメント; rb tollinton 、アレクサンドリアのクレメント; j.ダニエルー、原産地; a.ロバートソン、文章やアタナシウス文字を選択し、 npnf第2シリーズ、 4 ; oulton jelと笠原チャドウィック、のEDS 。 、アレクサンドリアキリスト教; er耐寒性、エド。 、 christologyへの父親の、 lcc 、 3世;右心室売り手、 2つの古代christologies ; cです。ビッグ、アレクサンドリアのプラトン学派は、キリスト教; rb tollinton 、アレクサンドリア、宇宙教育をします。


また、参照してください:


原産地


サベリウス主義


アリウス主義


ニカイア公会議


アタナシウス


ニカイア


apollinarianism


ネストリウス派


養子論


カルケドン公会議


キリスト単


キリスト単

で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです