キリスト教哲学の対象

高度情報

特定のギリシャの思想家で7番目と紀元前6世紀の哲学者が自身の最初のを呼び出すには、文字通り"恋人たちの知恵です。 "

割引、従来の神話、教説は、司祭と、常識を持って、古典ギリシャの詩人、哲学者の最初の開催は、最も重要な質問に答える必要なすべての人間は、それらの起源に関する社会の秩序と、自然と開発の素材世界。

これらの質問に接近する方法の批判的な精査を疑う余地も含まれるものは人間の理論については、自然界の秩序です。

神々の疑惑で提供されてからの啓示の宗教指導者が明示的に否認します。

すべての哲学は古代ギリシャ以来の最初のものでantisupernaturalistsも、かれら関係者が採用されて主に、最も基本的な質問に共通するすべての人間、と彼らは法を採択した。しようとするすべての主張に批判的であるとの仮定の背後それ。

に焦点を当て、一般的な問題に直面する最も基本的な人類は、哲学者伝統的にはすべての知識を合成する試みをコヒーレント、一貫したシステムです。

科学者や科学者のグループのタスクを達成するために、彼らは彼らのすべての捜査の範囲を限定され部品や、特定の側面だけを、経験豊富な世界です。

科学的方法での優位性をもたらし、現代の時代に多くのことを懐疑的には、いくつかの学者で哲学を含め、約越えた科学を記述する方法現実です。

その結果、総観の関数の合成未満の哲学は達成できると考えられたいくつかの哲学者です。

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
現在の他の流行は、他の哲学者の特性に関連付けられてからの時間は、古代ギリシア以降、すなわち、彼らの試みを分析します。

この役割は、哲学者でリーダーシップを発揮し、慎重な評価は、アサーション、コンセプト、前提条件、メソッド、および結論を誰who請求の範囲や処方される現実の人間の行動を記述します。

の4つの種類の哲学的問題

ロジック

良い悪い区別することはできないことから推論科学的には、この区別する能力が前提にすべての思想家、科学的または他のです。

シークの哲学を解明する分野の論理思考パターンを1つの原則を現実にしたい場合に使います。以下の場合は、適切に反映されるかの場合に反映される現実が意図的には自分の考えや発言です。

このようにロジックは、規範的推論としての規律正しいようです。

理論の知識

任意の領域では同じくらい重要だとの哲学では、その理論の知識、認識論も指定は、驚くべきことに、ほとんど進展は見られるの移動中には過去の問題提起されたとの最初の2つの哲学者の半分以上千年前です。

これらの問題には、定義されて、基準、およびソースの知識です。

等しく重要なのかどうかは、基本構造を直接には、既知の原則に基づいて作られ推論の証拠を構築します。

また、この問題の決定には上の条件が存在するためにしなければならないの発言は本当だ。

形而上学とオントロジー

この法律において"形而上学"が最初に使用されるアリストテレスを参照するにはどのような主張を"科学の調査がされている属性に属するとこれを独自の自然の美徳。 "

彼は著名なこの"科学"からのすべての"特別な科学いわゆる"をなしに処理"され、通常でいることです。 "

語源および繁体字の使用は、この法律において"オントロジー"と同義であることを"形而上学、 "その意味で現代哲学狭くなっています。

このくびれが始まったとの分離をイマヌエルカントの理論的な現実の外観をより現実と人間の知識の限界を、後者です。

カントの前によく理解されるの理論上の形而上学は、全体の構造を把握する現実です。

次のカントの形而上学の外観現実との区別され多く見られるの幻想を抱い覆うとして知られ、現実で何ができるのは、人間の能力を超越すると仮定しての領域に出現します。

解析指向の哲学は、今日の英語圏の世界形而上学金額して厳格な審査を参照する場合は、その概念に使われる基本的なカテゴリーである。

この法律において"オントロジー"は、通常プリファード、残し"形而上学"は、投機筋のアカウントの信用を大きく全体としての現実です。

手段としては対照的に、欧州大陸の哲学オントロジー考慮されるの開示これは現実の世界に出現します。

多くの哲学者、しかし、カント哲学を拒否するの外観と現実との区別を現実を把握する努力コヒーレントシステムとしての人間の思考が進んで向かっています。

かれらは、伝統的な意味で形而上学は理解されています。

価値説

第4回主要な倫理や哲学科の美学が含まれています。

の主な焦点は、時の美学の研究の美しさは、相対的かどうかの問題を監視しています。

その答えには、直接関係するかどうかの基準の実用的な問題を課したの創造すべきである、感謝、との批判を芸術作品です。

倫理は、主に懸念して人間の行動の理由warranting正しいか間違って判断される、と人とのイベントいいか悪いです。

ethicists who取る道徳的な意味を持つと認知されるステートメントwho見つけるの客観的な基礎を分けて2つの値は、倫理的な観点での理論としてはどのような人間の行動を道徳的に正しいか間違っている。

目的論的アプローチは、道徳的な品質を探して、その傾向を持つアクションをもたらす本質的に良好な状態の問題です。

このような状態のインスタンスを含めることが提案されて最大規模の最大の喜びを多くの人々は、 1つの完全な発展の可能性として合理的にし、永遠の平和を達成します。

競合するのは義務論は、倫理的な観点、これを維持して不正行為を正しまたはいくつかの人間の行動ではないこれらの行動の結果に基づいています。

維持を約束、たとえば、どんな状況には考え権利は、それが自分の義務だとか、神が命じられた。

キリスト教の倫理観てきた伝統的な目的論と義務論の両方の要素です。

哲学は、キリスト教な態度を取る

使徒パウロの警告をクリアcolossian信者たちは: "を参照して1つのことがない獲物の方には、空の哲学と詐欺は、人間の伝統によると、スピリッツによると、元素の宇宙ではなく、イエスキリストによると、 " ( Col 。 2時08分) 。

このような警告が予想されるために照らしてどのような哲学を渡されたポールの時間です。

しかし、彼は自分自身を継続的には哲学的主張と同じことを指摘して、キリストの通路"身体全体の棲むところfulnessの神"であり、イエスキリストは、 "頭のすべてのルールと権限" ( Col 。 8:9-10 )です。

どうやらポールいくつかの問題を考え、少なくとも彼の1日の哲学者の関心が相当アドレッシングです。

例えば、 "イエスキリスト"と"スピリッツの元素の宇宙"が撮影されるポールの回答を代替する重要な哲学的問題と考えています。

世俗の哲学者思想家が始まったキリスト教のイニシアチブを失うことなく、数世紀後にポールの死のです。

確かに、中、千年の前に、現代の時代のほぼすべての欧州の哲学者がキリスト教徒です。

彼らは真剣に解釈する必要性を提供することで自然の神の啓示は、イエスキリスト、および啓典は、文化の枠組みの構築された古代ギリシャの哲学者です。

すべての人間の基本的な質問を明確にしなければ関節要求されていたので、ギリシアの哲学者は、キリスト教の定式化を模索してきた平等の観点からは、説得力の回答や特別な神の啓示の全般的です。

世俗の哲学では、しばしば反キリスト教、現代は、回復期のリーダーシップを発揮します。

取引の哲学の根本問題が変更されていませんが、その具体的な配合との最後の数世紀ソリューションを提案されていないと互換性が常にキリスト教のです。

したがって、必要性には大きな神の啓示の真理の洞察や再確立されるに値する哲学的考察されています。

この目標を達成することはできません現代キリスト教哲学の助けを借りて聖書の奨学金は別に、神学、しかし。

正統派キリスト教は、接地時以来、とに整合性を目的とし、解釈されるイベント記録して、啓典は、キリスト教哲学として啓典を理解する必要があります。来ること自体を理解します。

特定のアシスタンスは啓典の解釈を神学的に制限されている問題を扱って、神のインスピレーション預言者と使徒です。

哲学は、ビルド時には、キリスト教神学的枠組みしかし、このことは決してsupplantです。

より多くを学んだとされて以来の両方について、神の創造的な仕事と人類の起源以来、人間のレースでは、キリスト教思想家沈思黙考する必要があります以上の問題を懸念して、聖書の作家です。

また、できるだけ多くの包含するために、神の真理から可能な限り自然の啓示に、宇宙の包括的なビューを作成し、持続的にして慈悲深く、愛情のこもった神の啓典は、キリスト教の哲学的思索に従事する必要があります。

これは啓典を伴うOutlookの矛盾しています。

具体的には、否認する必要はありません、奇跡的、歴史的なイベントには、キリスト教の信仰休符です。

賢者の合成を世俗的な観点ではない、反キリスト教のはるかに少ないにもかかわらず、このように、最初の哲学とは、主に戻しましたが始まったこの姿勢は、現代の時代です。

すべては、キリスト教哲学を追求する必要がありますが決定的に適切な発見を精査し、洞察力、および理論を持つ私たちの知識を、神の宇宙の増加、およびコヒーレントに十分な知識を織りこの啓典全体の整合性です。

これにより、関与を検討、評価、および評価の観点からの聖書のすべての事項を、人間の知識の追求をコントロールする環境は、人間のガバナンス、および芸術的表現します。

哲学者は、キリスト教の神の愛のオーバーライドを目的にして全体を1つに、心を含む。

加えて、哲学者の欲望は、キリスト教神学者を支援する2つの重要な方法があります。

1つはリーダーシップを発揮する厳格な発展途上のテクニックを、重要な分析の両方の文化や神学的な前提条件、コンセプト、と教説とその意義です。

アシスタンスは、他の線は、総観計画の策定や思想を合成するためには、系統神学者、特に、啓典を示すことができるとされる現代の生活に関連する考えです。

単純な事実を任意の哲学体系を採用する必要があります。 theologicanシステムを構築して重要なことは、キリスト教哲学者の選択を利用できるよう指導して使用する1つの整合性が啓典を教えています。

sr obitts


(エルウェル福音辞書)

書誌事項


rmチザムら、哲学;メリーランドhunnex 、哲学、哲学者;ハウォルフソンは、父親の教会の哲学; blヘブルスウェイトは、問題の神学; r.ナッシュは、神との心の中の単語男;ワットcorduan 、神学のお手伝いをします。

で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです