Amenアーメン

General Information 総合情報

This Hebrew word means firm, and hence also faithful (Rev. 3:14). この言葉の意味会社ヘブライ語、およびそれゆえにも忠実 (改訂3:14 ) 。 In Isa. ISAのです。 65:16, the Authorized Version has "the God of truth," which in Hebrew is "the God of Amen." It is frequently used by our Saviour to give emphasis to his words, where it is translated "verily." 65:16に、正規版には"神の真理をもって、 "これはヘブライ語は"アーメンの神のです。 " 頻繁に使用されることが私たちの重要性を彼の言葉を与える救い主、ここでは翻訳"本当に。 " Sometimes, only, however, in John's Gospel, it is repeated, "Verily, verily."ときには、のみ、しかし、ジョンの福音、それは繰り返されると、 "本当に、本当に。 " It is used as an epithet of the Lord Jesus Christ (Rev. 3:14).形容辞として使用されることは、主イエスキリスト(改訂3:14 ) 。 It is found singly and sometimes doubly at the end of prayers (Ps. 41:13; 72:19; 89:52), to confirm the words and invoke the fulfilment of them.単独で、時にはそれが見つかったの終わりに二重の祈り( ps. 41:13 ; 72:19 ; 89:52 ) 、を確認して起動するに履行の言葉とします。 It is used in token of being bound by an oath (Num. 5:22; Deut. 27:15-26; Neh. 5:13; 8:6; 1 Chr. 16:36).それが使われてトークンが拘束され、宣誓書( num. 5:22 ; deut 。 27:15-26 ; neh 。 5:13 ;午前8時06分; 1 chrします。 16:36 )です。 In the primitive churches it was common for the general audience to say "Amen" at the close of the prayer (1 Cor. 14:16).それは、原始教会のためには、共通の観客を言う"アーメン"は、祈りに近い、 ( 1コーです。 14:16 )です。 The promises of God are Amen; ie, they are all true and sure (2 Cor. 1:20).神の約束はアーメン;つまり、彼らはすべてtrueにと確認( 2コーです。 1:20 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Amenアーメン

Advanced Information 高度情報

This Hebrew word originally was an adjective meaning "reliable, sure, true."もともとこのヘブライ語の形容詞を意味する"信頼性が高く、確かに、真のです。 " or an adjectival verb, "it is reliable or true."または、動詞形容詞、 "これは信頼性、またはtrueです。 " The related verb 'aman meant "to support, sustain"; in the niphal stem: "prove oneself steady, reliable, loyal"; in the hiphil stem: "to regard someone as reliable, trustworthy, or truthful," and hence, "to believe." 、関連する動詞' aman意味"をサポートする、維持する" ;は、 niphal幹: "着実に頭角を現す、信頼性、忠実な" ;は、 hiphil幹: "と見なす信頼性が高く、信頼できるか、または真実" 、およびそれゆえ、 "を信じる。 " 'Amen by itself was used as a formula ("Surely!" "In very truth!") at the end of (a) a doxology, such as: "Blessed be Jehovah forever" (where the Amen signifies: "Yes indeed!" or, "May it be so in very truth!"); cf. 'アーメンを単独では使用されて式( "本当に! " "は非常に真実を! " )の末尾の( a ) 、頌栄など: "エホバ永遠に祝福される" (ここでのアーメン意味: "はい確かに! "または、 " 5月には非常に真実がある! " ) ;継続前誌です。 Pss. PSSのです。 41:13; 72:19; 89:52; 106:48; also 1 Chr. 41:13 、 72:19 、 89:52 ; 106:48 ;も1 chrです。 16:36 and Neh. 16:36とnehです。 8:6, where the audience assents to and adopts their leader's praise of God; (b) a decree or expression of royal purpose, where the obedient listener indicates his hearty assent and cooperation (1 Kings 1:36; Jer. 11:5). 8時06分、ここで、観客assentsその指導者の称賛を採用し、神のこと、 ( b ) 、法令や表現のロイヤル目的のために、リスナーは、素直な同意と協力を示して彼の心のこもった( 1王1:36 ; jer 。 11時05分) 。 The one who prays or asseverates or joins in the prayer or asseveration of another, by the use of "Amen," puts himself into the statement with all earnestness of faith and intensity of desire. who祈りをささげるの1つまたは結合asseveratesまたは別の断言は、祈りや、使用された"アーメン、 "すべてのステートメントによって自分自身を熱心に信仰と願望の強さです。 The usage is the same in the NT.の利用方法には、同じで、 NTのです。 Isa. ISAのです。 65:16 speaks of Jehovah as the God of Amen, meaning that he speaks the truth and carries out his word. 65:16話すエホバの神のアーメンとして、真理を意味して口を開くと、彼と彼の言葉を行っています。 The same is implied by the Lord Christ when he calls himself "The Amen" in Rev. 3:14.同じことが暗示され、主イエスキリストの呼び出し時に彼は自分自身"アーメン"の改訂3:14です。

It is significant that Jesus introduces matters of importance with a solemn amen, lego hymin (Truly, I say unto you), thus affirming the truthfulness of what he is about to say.イエスキリストを紹介ことは意義深いことの重要事項の厳粛なアーメン、レゴhymin (本当に、私言ってやるがなたがたに) 、このように肯定の真実性について彼は何と言ってよい。 This is peculiar to Jesus in the NT and probably reflects his divine self-consciousness.これは、イエスキリストに特有のは、神のNTと、おそらく彼の自己意識を反映します。 He does not need to wait until after he has spoken to ratify what is said; all that he says has the mark of certain truth.彼はくるのを待つ必要はありません彼は話さを批准した後によるとは何です;すべてが彼の言うには、マークの特定の真理です。

GL Archer, Jr. glアーチャー、ジュニア

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
H. Bietenhard, NIDNTT,I, 97ff.; H. Schlier, TDNT,I, 335ff.; HW Hogg, "Amen," JQR 9:1ff.; G. Dalman, The Words of Jesus.笠原bietenhard 、 nidntt 、私は、 97ff 。 ;笠原シュリール、 tdnt 、私は、 335ff 。 ;ハードウェアホッグ、 "アーメン、 " jqr 9時01 FFを指定します。 ; g.ダルマンは、イエスキリストの言葉をします。


Amenアーメン

Advanced Information 高度情報

Amen is transliterated from Hebrew into both Greek and English.アーメンはヘブライ語を音訳からギリシャ語と英語の両方です。 "Its meanings may be seen in such passages as Deut. 7:9, 'the faithful (the Amen) God,' Isa. 49:7, 'Jehovah that is faithful.' "その意味を5月に見られるような通路としてdeut 。 7時09分、 'の忠実な(アーメン)神、 ' ISAのです。 49:7 、 'エホバには忠実だ。 ' 65:16, 'the God of truth,' marg., 'the God of Amen.' 65:16 、 'の神の真理、 'マーガリン。 、 'の神のアーメン。 ' And if God is faithful His testimonies and precepts are "sure (amen)," Ps. 19:7; 111:7, as are also His warnings, Hos. 5:9, and promises, Isa. 33:16; 55:3. 'Amen' is used of men also, eg, Prov. 25:13. "There are cases where the people used it to express their assent to a law and their willingness to submit to the penalty attached to the breach of it, Deut.もし神は彼の証言と忠実な教訓は、 "もちろん(アーメン) 、 " psのです。 19 : 07 ; 111:7 、彼の警告にも、 hosです。 5時09分、との約束と、 ISAです。 33:16 ; 55 : 3 。 'アーメン'が使用され、男性も、例えば、地方25:13です。 "には、使用される場合には、人々を表現することに同意して法とする意欲を添付して提出して罰則違反したこと、 deutです。 27:15, cf. 27:15 、継続前誌です。 Neh. nehです。 5:13. 5:13です。 It is also used to express acquiescence in another's prayer, 1 Kings 1:36, where it is defined as "(let) God say so too," or in another's thanksgiving, 1 Chron.を表現することも使用されるの祈りを別の黙認、 1王1:36 、ここで定義されることは" ( let )あまりにも神に言うことができる" 、または、別のの感謝祭、 1 chron 。 16:36, whether by an individual, Jer. 16:36 、かどうかによって、個々の、 jerです。 11:5, or by the congregation, Ps. 11時05分、またはされた集会、 psのです。 106:48. 106:48です。 "Thus 'Amen' said by God 'it is and shall be so,' and by men, 'so let it be.'" "Once in the NT 'Amen' is a title of Christ, Rev. 3:14, because through Him the purposes of God are established, 2 Cor. 1:20 " "このように'アーメン'によると神'これはとしなければならないので、 'とは男性が、 'のでほっておくよ。 ' " "一度は、 NTの'アーメン'は、イエスキリストのタイトルを、改訂3:14ため、を通じて、彼は神の目的が確立されると、 2コーです。 1:20 "

The early Christian churches followed the example of Israel in associating themselves audibly with the prayers and thanksgivings offered on their behalf, 1 Cor.初期キリスト教の教会の後、イスラエルの例を聞き取れるように自身の祈りとの関連付けthanksgivings提供して代わって、 1コーです。 14:16, where the article 'the' points to a common practice. 14:16 、ここでの文書' 、 'を指して、共通の練習します。 Moreover this custom conforms to the pattern of things in the Heavens, see Rev. 5:14, etc. "The individual also said 'Amen' to express his 'let it be so' in response to the Divine 'thus it shall be,' Rev. 22:20. Frequently the speaker adds 'Amen' to his own prayers and doxologies, as is the case at Eph. 3:21, eg "The Lord Jesus often used 'Amen,' translated 'verily,' to introduce new revelations of the mind of God.また、このカスタムに適合しては、パターンのことを、天を参照してください5:14改訂等"によると、個々のも'アーメン'を表現する彼の'レットイットビーよう'に対応して、神の'このようにしなければならないこと、 '改訂22:20です。頻繁にスピーカーを追加'アーメン'を自分自身の祈りとdoxologies 、 ephとしては、ケースにします。 3:21 、例えば"主イエスキリストにしばしば使われる'アーメン、 '翻訳'本当に、 'を導入する神の心の中の新たな真相解明のです。 In John's Gospel it is always repeated, 'Amen, Amen,' but not elsewhere.ジョンの福音書で繰り返されることは、常に、 'アーメン、アーメン、 'はできませんている。 Luke does not use it at all, but where Matthew, 16:28, and Mark, 9:1, have 'Amen,' Luke has 'of a truth'; thus by varying the translation of what the Lord said, Luke throws light on His meaning."ルークが使用されないことはすべて、でもどこでマシュー、 16:28 、およびマーク、 9時01分、が'アーメン、 'ルークは'は、真理' ;このように、さまざまな翻訳をどうするのが主によると、ルカによる例外光彼の意味しています。 "

(From Notes on Galatians, by Hogg and Vine, pp. 26, 27.) (ガラテヤ人への手紙からノートを、ホッグとつる、 pp 。 26 、 27 。 )


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです