Apostolic Fathersローマ教皇の父親

General Information 総合情報

The Apostolic Fathers were authors of nonbiblical church writings of the 1st and early 2nd centuries.父親がnonbiblical使徒教会の作者の文章は、第1および第2世紀初めにします。 These works are important because their authors presumably knew the Apostles or their associates.これらの作品は、重要なのは、おそらくその作者やその使徒を知っていると言えます。 The first list of the Apostolic Fathers was made by 17th-century scholars; it comprised Clement I, Hermas, Ignatius of Antioch, Polycarp, and the author of the Epistle of Barnabas.使徒のリストの最初の祖先がなされた17世紀の学者;て構成さクレメント私は、 hermas 、イグナティウスのアンティオキア、 polycarp 、とし、著者は、信徒のバルナバです。 Later, other writers such as Papias of Hierapolis and the authors of the Epistle to Diognetus and of the Didache were also considered Apostolic Fathers.その後、他の作家などの作者のpapiasのヒエラポリスとの信徒へのdiognetusとは、新約聖書のローマ教皇の父親も考慮します。 Expressing pastoral concern, their writings are similar in style to the New Testament.牧歌的懸念を表明、彼らの作品は、新約聖書のスタイルをよく似ています。 Some of their writings, in fact, were venerated as Scripture before the official canon was decided.いくつかの記述は、実際には、尊敬された啓典の前に公式キヤノンが決定します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 書誌事項
Staniforth, Maxwell, trans., Early Christian Writings: The Apostolic Fathers (1975); Willis, John R., A History of Christian Thought: From Apostolic Times to Saint Augustine (1976).スタニフォース、マクスウェル、トランスです。 、初期キリスト教記述:父親の使徒( 1975 ) ;ウィリス、ジョンr. 、キリスト教の歴史を考える:ローマ教皇の回からセントオーガスティン( 1976 ) 。


. です。

The Patristic Era時代のpatristic

General Information 総合情報

This interval extended from about 100 to 170 AD, when the Apostolic Fathers had replaced the apostles.この間隔の延長から約百から百七十広告、 ローマ教皇のときに父親が使徒に置き換えています。 This group of individuals included a number of teachers and bishops: eg Clement of Alexandria, Irenaeus, Origen, Polycarp, Tertullian.このグループに含まれるもの、いくつかの個人教師と司教:例:アレクサンドリアのクレメント、エイレナイオス、原産地、 polycarp 、テルトゥリアヌスです。

Early in this era, the church evolved into a more formal organization, the monarchial episcopate, in which bishops were recognized as having authority over the leaders of the individual congregations.この時代の早い段階で、正式な教会の進化を他の組織では、 君主のbishopの地位では司教として認識されたの指導者の権限を持つが、個々の集会です。 The bishops decided matters of belief and practice within their jurisdiction.決定事項の司教の信念と実践にその管轄下にあります。


Fathers of the Church父親の教会

General Information 総合情報

During the first three centuries of Christian history, only bishops were called Fathers of the Church.世紀の最初の3つの中キリスト教の歴史は、父親の司教が教会と呼ばれる。 The title was later extended to all learned church writers of antiquity recognized for their orthodoxy of doctrine and holiness of life.へ拡張しては、すべてのタイトルを学んだ作家の古代教会の教義を認識してその正統性とホーリネスの生活です。 The last of the fathers are generally considered to be Saint Isidore of Seville (d. 636) in the West and Saint John Damascene (dc750) in the East.最後には、父のは一般に考えられてサンチジドールのセビリア(民主党636 )は、西側とセントジョンダマシン( dc750 )は、東です。 Some of the preeminent fathers have also been designated as Doctors of the Church, a title of later origin.いくつかの傑出した医師の父親として指定されても、教会は、タイトルへの起源です。


Fathers of the Church父親の教会

General Information 総合情報

Fathers of the Church, name given by the Christian church to the writers who established Christian doctrine before the 8th century.父親は、教会、キリスト教の教会に与えられた名前のライターwhoキリスト教の教義を確立する前に8世紀です。 The writings of the Fathers, or patristic literature, synthesized Christian doctrine as found in the Bible, especially the Gospels, the writings of the Apostolic Fathers, ecclesiastical dictums, and decisions of church councils (see Council).の文章には、父のか、またはpatristic文学、キリスト教の教義として発見された合成聖書、特に福音書は、文章は、ローマ教皇の父親は、教会の格言、および意思決定の教会協議会(協議会)です。 They provided a standardized body of Christian teaching for transmission to the peoples of the Roman Empire.彼らは、この標準化団体への伝送のためキリスト教の教えは、ローマ帝国の人々です。 The so-called Doctors of the Church consist of four Western Fathers, including Saints Ambrose, Augustine, Pope Gregory I, and Jerome, and four Eastern Fathers, including Saints Athanasius, Basil, John Chrysostom, and Gregory of Nazianzus. The earlier Eastern Fathers, including Clement of Alexandria, St. Justin Martyr, and Origen, were strongly influenced by Greek philosophy.いわゆる医師は、欧米の父親の4つの教会の構成など、 聖人のアンブローズ、アウグスティヌス、グレゴリウスiとジェローム、および4つの東の祖先は、 聖人のアタナシウスを含め、バジル、ジョンクリュソストモス、およびナジアンゾスの聖グレゴリオします。 、以前の東部の祖先、アレクサンドリアのクレメントを含め、聖ジャスティン殉教者、および原産地、ギリシャ哲学が強く影響されています。 The Western Fathers, however, including Tertullian and Saints Gregory I and Jerome, generally avoided the synthesis of pagan and Christian thought.西洋の父親は、しかし、私を含めグレゴリーテルトゥリアヌスと聖人とジェローム、通常の合成を避け異教とキリスト教は思いました。

The church established four qualifications for bestowing the honorary title of church father on an early writer.教会の4つの資格を設立bestowingのタイトルを教会の名誉上で早期の作家の父です。 In addition to belonging to the early period of the church, a Father of the Church must have led a holy life.に加えて、初期の期間に所属する教会は、教会の父神聖な生活が中心にいる必要があります。 His writings must be generally free from doctrinal error and must contain an outstanding defense or explanation of Christian doctrine.彼の記述しなければなりませんから無料教義エラーが発生し、通常の残高を含む必要があります。キリスト教の教義防衛や説明します。 Finally, his writings must have received the approval of the church.最後に、彼の記述する必要があります教会の承認を受けています。


Fathers of the Church父親の教会

Advanced Information 高度情報

Ecclesiastically, the fathers are those who have preceded us in the faith, and are thus able to instruct us in it. ecclesiastically 、 who 、父親のは、それらの問い合わせは、信仰が先行し、問い合わせには、このように指示できるようにしてください。 In this sense, ministers and particularly bishops are often referred to as fathers.その意味では、閣僚と呼ばれることも多く、特に司教は、父親です。 More particularly, however, the term has come to be applied to the first Christian writers of acknowledged eminence.他の特に、しかし、という用語が来てキリスト教に適用される作家の最初の隆起を認めた。 Already in the fourth century it was used in this way of the teachers of the preceding epoch, and later all the outstanding theologians of at least the first six centuries have come to be regarded as fathers.すでに第4世紀にはこの方法で使用され、教師は、上記のエポック、およびそれ以降のすべての未少なくとも神学者が来て、最初の6世紀の祖先と見なされる。 This is the normal usage of the term today, although sometimes the patristic era is extended and Protestants may also speak of the Reformation fathers (eg, Luther, Zwingli, and Calvin).これは、通常の用語を使用する際の今日、この場合によっては、 patristic時代とプロテスタントが延長されることも話す父親の改革(例えば、ルター、ツウィングリ、およびカルヴィン) 。

The question arises how a given author may be classified as a father.という質問があればどのように与えられた著者年5月、父親として分類される。 The mere survival of his work is not enough, for many heretical writings have come down to us, together with others of doubtful value.彼の作品の単なる生存の十分ではない、多くの異端の記述が先に降りてくる、と一緒にその他の疑わしい値です。 Four main characteristics have been suggested as necessary qualifications: first, substantial orthodoxy; second, holiness of life; third, widespread approval; and fourth, antiquity. 4つの主要な特性が提案され、必要に応じて資格:第一に、実質的正統性;第二に、ホーリネスの生活;第三に、広範な承認、および第四に、古代です。 It is allowed that fathers may be in error on individual points, as neccessitated by the many disagreements, but they can still be counted and read as fathers so long as they satisfy these general requirements (cf. esp. the cases of Origen and Tertullian).これは父親の許可を個々のエラーが発生する場合があります点、 neccessitatedとして、多くの意見の相違が、それらを読んとしてカウントされることも父親のため、これらの全般の要件を満たす限り、彼ら( cf. ESPのです。例の原産地とテルトゥリアヌス)です。

Various answers may be given to the question of patristic authority.様々な回答を5月に与えられた権限の問題をpatristicです。 From the Roman Catholic standpoint, the fathers are infallible where they display unanimous consent, although even in this regard Aquinas clearly ranks them below Scripture.ローマカトリックの観点から、どこに表示する、父親の全会一致の同意が絶対に正しいが、この点についてもアクィナス啓典を明確にランク付けしてください。 Otherwise they may err, but are always to be read with respect.他にエラーがありますが、読むには、常に尊重される。 Protestants naturally insist that the fathers too are subject to the supreme norm of Scripture, so that their statements or interpretations may call for rejection, correction, or amplification.あまりにも当然主張して、父親のプロテスタントは予告なしに啓典の最高規範のように、そのステートメントまたは拒否の解釈を求める年5月、訂正、または増幅します。 On the other hand, they deserve serious consideration as those who have preceded us in faith and made a serious attempt to express biblical and apostolic truth.その一方で、彼らに値する真剣に検討されたが先行who問い合わせは、深刻な信仰とは、聖書の、ローマ教皇の真実を表現する試みです。 Their support is thus valuable, their opinions demand careful study, they are to be set aside only for good reason, and their work constitutes no less a challenge to us than ours to them.彼らの貴重なサポートは、このように、自分の意見を入念な調査を要求、彼らのみを設定する正当な理由はさておき、およびそれらのない仕事を構成するよりも私たちの挑戦を問い合わせしています。

To list the fathers is hardly possible in so brief a compass, nor is it easy to classify them except perhaps in terms of the broad distinction between Greek and Latin.のリストは、父親の可能性はほとんどして簡単なコンパス、またそれらを分類することは簡単にご利用の部分を除いて恐らくギリシャ語とラテン語の区別します。 Mention may be made of the immediate postapostolic fathers who have given us our earliest Christian literature outside the NT (eg, Clement of Rome, Ignatius of Antioch, and Polycarp).即時に言及することができる、 who postapostolicの祖先が我々に与えられた最古のキリスト教の文学外のNTの(例えば、ローマのクレメント、イグナティウスのアンティオキア、およびpolycarp ) 。 The Alexandrian school (Clement and Origen) at the end of the second and early in the third century deserves notice, as do such writers as Irenaeus, Tertullian, Hippolytus, and Cyprian.学校のアレクサンドリア(クレメントと原産地)年末の早い段階で2番目と3番目の世紀にふさわしい通知は、このような作家としてエイレナイオスとしては、テルトゥリアヌス、ヒッポリュトス、およびチプリアーノです。 The fourth century, which was already referring to the fathers, provides us with some of the greatest of all in men like Athanasius, Hilary, Basil, Gregory of Nyssa, Gregory of Nazianzus, Ambrose, Augustine, Chrysostom, and Jerome.第4世紀に、これはすでに参照して、父親の、いくつかの最大の提供先とのすべての男性のようなアタナシウス、ヒラリー、バジル、グレゴリーのnyssa 、ナジアンゾスの聖グレゴリオ、アンブローズ、アウグスティヌス、クリュソストモス、およびジェロームです。 Among others who may be mentioned are the Cyrils, Theodoret, the two popes Leo I and Gregory I, and at the very end of the patristic period John of Damascus and Isidore of Seville.その他who年5月の間に記載されたcyrils 、 theodoret 、 2つの教皇レオグレゴリー私と私とは、非常にpatristic期間の終わりにジョンのダマスカスとISIDOREにセビリアのです。 But these are only a selection from the great company of writers who over a wide and complex front gave to the church its earliest magnificent attempt in theology.しかし、これらは大企業のみを選択からの作家who 、広いと複雑なフロントに渡したの最古の教会で神学の壮大な試みです。

GW Bromiley gw bromiley
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
LCCI-VIII; ANF and NPNF; GW Bromiley, Historical Theology, Pt. lcci - viii ; anfとnpnf ; gw bromiley 、歴史的な神学、 pt 。 I; GWH Lampe in A History of Christian Doctrine, ed.私;億kWh lampe 、キリスト教の教義の歴史を、エドです。 H. Cunliffe-Jones; JND Kelley, Early Christian Doctrines; B. Altaner, Patrology.笠原カンリフ-ジョーンズ; jndケリー、早いキリスト教の教義; b. altaner 、教父学です。


The Apostolic Fathers父親の使徒

Catholic Information カトリックの情報

Christian writers of the first and second centuries who are known, or are considered, to have had personal relations with some of the Apostles, or to have been so influenced by them that their writings may be held as echoes of genuine Apostolic teaching.キリスト教の作家は、最初と2番目世紀whoことが知られ、またはは、個人的な関係をしていたいくつかの使徒か、または影響を受けていたので記述しており、 5月に行われたエコーの真の使徒として教えています。 Though restricted by some to those who were actually disciples of the Apostles, the term applies by extension to certain writers who were previously believed to have been such, and virtually embraces all the remains of primitive Christian literature antedating the great apologies of the second century, and forming the link of tradition that binds these latter writings to those of the New Testament. whoかかわらず制限されているが、実際にいくつかの弟子たちは、使徒は、項が適用され、特定の作家の拡張子をwhoと考えられているが、以前は次のような、実質的に取り入れ、キリスト教の文学のすべての原始遺跡事前日付の2番目の世紀の偉大な謝罪、とのリンクを形成して、これらの後者の伝統をバインド新約聖書の記述している。

The name was apparently unknown in Christian literature before the end of the seventeenth century.キリスト教の名前は明らかに知られて文学の前に、 17世紀の終わりです。 The term Apostolic, however, was commonly used to qualify Churches, persons, writings, etc. from the early second century, when St. Ignatius, in the exordium of his Epistle to the Trallians, saluted their Church "after the Apostolic manner."という用語はローマ教皇の、しかし、教会を修飾するがよく使われて、人、文章などの2番目世紀の初めから、聖イグナチオときは、彼のexordiumの信徒へのtrallians 、あいさつの教会"の後にローマ教皇のようにします。 " In 1672 Jean Baptiste Cotelier (Cotelerius) published his "SS. Patrum qui temporibus apostolicis floruerunt opera", which title was abbreviated to "Bibliotheca Patrum Apostolicorum" by LJ Ittig in his edition (Leipzig, 1699) of the same writings. 1672ジャンバティストでcotelier ( cotelerius )で公開彼の" ssです。 patrumホームtemporibus apostolicis florueruntオペラ" 、これタイトルは略して"蔵書patrum apostolicorum " lj ittig彼の盤(ライプチヒ、 1699 )と同じ作品を紹介します。 Since then the term has been universally used.それ以来、広く使用される用語されています。

The list of Fathers included under this title has varied, literary criticism having removed some who were formerly considered as second-century writers, while the publication (Constantinople, 1883) of the Didache has added one to the list.父親のリストに含まれるものの下に、このタイトルは、さまざまな、文芸批評を削除すると考えられていたいくつかの2番目who世紀の作家が、出版物(コンスタンティノープル、 1883 )は、新約聖書の1つのリストが追加されました。 Chief in importance are the three first-century Bishops: St. Clement of Rome, St. Ignatius of Antioch, and St. Polycarp of Smyrna, of whose intimate personal relations with the Apostles there is no doubt.長さの3つの重要なのは第一世紀の司教:聖クレメントのローマ、聖イグナチオのアンティオキア、と聖polycarpのスマーナ、その使徒との関係を親密な個人的な疑いの余地はない。 Clement, Bishop of Rome and third successor of St. Peter in the Papacy, "had seen the blessed Apostles [Peter and Paul] and had been conversant with them" (Irenaeus, Adv. Haer., III, iii, 3).クレメント、ローマと3番目の大主教は、ローマ教皇の聖ペテロの後継者、 "神の祝福を見た使徒[ピーター、ポール]と通じているとしていた" (エイレナイオス、前売します。 haer 。 、 3世、 3世、 3 ) 。 Ignatius was the second successor of St. Peter in the See of Antioch (Eusebius, Hist. Eccl., III, 36) and during his life in that centre of Christian activity may have met with others of the Apostolic band.イグナティウスは、 2番目の聖ペテロの後継者は、参照のアンティオキア(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 36 )と彼の人生の中で中心部に会ってキリスト教の活動がありますが、その他のローマ教皇のバンドです。 An accepted tradition, substantiated by the similarity of Ignatius's thought with the ideas of the Johannine writings, declares him a disciple of St. John.伝統的に受け入れ、裏付けされた類似のイグナティウスの考えを文章のアイデアは、使徒ヨハネは、弟子の聖ヨハネの彼を宣言します。 Polycarp was "instructed by Apostles" (Irenaeus, op. cit., III, iii, 4) and had been a disciple of St. John (Eusebius, op. cit., III, 36; V, 20) whose contemporary he was for nearly twenty years. polycarpは"指示された使徒" (エイレナイオス、営業します。 〜 Cit 。 、 3世、 3世、 4 )と弟子の聖ヨハネのあった(ユーセビアス、営業します。 〜 Cit 。 、 3世、 36 ; V電源、 20 )の現代彼は20年近くです。

Besides these, whose rank as Apostolic Fathers in the strictest sense is undisputed, there are two first-century writers whose place with them is generally conceded: the author of the Didache and the author of the "Epistle of Barnabas".このほか、ローマ教皇の父親としてのランクは、厳しい意味では議論の余地のない、第一世紀の作家には、 2つの場所にそれらは一般的に譲歩:新約聖書の著者であるとし、著者は、 "信徒のバルナバ"です。 The former affirms that his teaching is that of the Apostles, and his work, perhaps the earliest extant piece of uninspired Christian literature, gives colour to his claim; the latter, even if he be not the Apostle and companion of St. Paul, is held by many to have written during the last decade of the first century, and may have come under direct Apostolic influence, though his Epistle does not clearly suggest it.前者を肯定している彼の教えは、使徒、と彼の作品は、おそらく、現存する最古の平凡なキリスト教の文学作品は、彼の主張は、色をし、後者の場合でも、彼の仲間ではないと聖パウロ使徒は、開かれた多くの中には書かの最初の世紀の最後の10年間、および5月が来る使徒の下に直接影響を与えるが、彼の手紙を明確に提案することはありません。

By extension of the term to comprise the extant extra-canonical literature of the sub-Apostolic age, it is made to include the "Shepherd" of Hermas, the New Testament prophet, who was believed to be the one referred to by St. Paul (Rom. xvi, 14), but whom a safer tradition makes a brother of Pope Pius I (c. 140-150); the meagre fragments of the "Expositions of the Discourses of the Lord", by Papias, who may have been a disciple of St. John (Irenaeus, Adv. Haer., V, 331-334), though more probably he received his teaching at second hand from a "presbyter" of that name (Eusebius, Hist. Eccl., III, 39); the "Letter to Diognetus", the unknown author of which affirms his discipleship with the Apostles, but his claim must be taken in the broad sense of conformity in spirit and teaching.拡張子は、構成され、現存の項を追加すると、サブ正規文学ローマ教皇の年齢、それが行われるようにには、 "羊飼い" hermas 、新約聖書の預言者、 whoは考えられていることによって参照される1つの聖パウロ(ローマ16 、 14 ) 、しかし、誰に安全な伝統的には私の兄のピウス( c.百四十〜百五十) ;のmeagreの断片を、 "展示は、談話の主" 、 papias 、 whoかもしれないの弟子の聖ヨハネの(エイレナイオス、前売します。 haer 。 、 V電源、 331から334まで)が、彼の指導を受けたほか、おそらく彼の手から2番目の"長老"そのような名前の(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 39 ) ;の"手紙をdiognetus " 、未知の著者である彼の弟子の使徒を肯定、しかし、彼の主張しなければならないの広義に解釈すると教育の精神に適合します。 In addition to these there were formerly included apocryphal writings of some of the above Fathers, the "Constitutions" and "Canons of the Apostles" and the works accredited to Dionysius the Areopagite, who, though himself a disciple of the Apostles, was not the author of the works bearing his name.に加えて、これらの記述があった旧含まれるもののいくつかの作り話には上の父親は、 "憲法"と"参事は、使徒"と認定さの作品をディオニシウスアレオパギタ、 who 、かかわらず、自らを弟子の使徒はない軸受彼の作品の著者名を入力します。 Though generally rejected, the homily of Pseudo-Clement (Epistola secunda Clementis) is by some considered as being as worthy of a place among the Apostolic Fathers, as is its contemporary, the "Shepherd" of Hermas.拒否されたかかわらず、通常の説教の擬似クレメント( epistola secundaクレメンティス)は考慮されていくつかの場所として価値のある父親の間の使徒としては、現代は、 "羊飼い" hermasです。

The period of time covered by these writings extends from the last two decades of the first century for the Didache (80-100), Clement (c. 97), and probably Pseudo-Barnabas (96-98), through the first half of the second century, the approximate chronology being Ignatius, 110-117; Polycarp, 110-120; Hermas, in its present form, c.150; Papias, c.150.期間内に覆われ、これらの記述を拡張し、最初の数十年に及ぶ最後の2つの世紀には、新約聖書( 80-100 ) 、クレメント( c. 97 ) 、そしておそらく疑似バルナバ(九六から九八まで) 、経由の最初の半分2番目の世紀には、おおよその年表がイグナティウス、百十〜百十七; polycarp 、一一〇から一二〇まで; hermas 、その現在の形に、 c.150 ; papias 、 c.150 。 Geographically, Rome is represented by Clement and Hermas; Polycarp wrote from Smyrna, whence also Ignatius sent four of the seven epistles which he wrote on his way from Antioch through Asia Minor; Papias was Bishop of Hierapolis in Phrygia; the Didache was written in Egypt or Syria; the letter of Barnabas in Alexandria.地理的に、ローマが表さクレメントとhermas ; polycarp書いたよりSmyrna 、そこからも送られる4つのイグナティウスの7つの書簡を書いたを通じて、家に帰る途中、小アジアよりAntioch ; papiasは、ヒエラポリスの司教のphrygia ;の新約聖書は、エジプトで書かれてまたはシリア;バルナバの手紙を、アレキサンドリアのです。

The writings of the Apostolic Fathers are generally epistolary in form, after the fashion of the canonical Epistles, and were written, for the greater part, not for the purpose of instructing Christians at large, but for the guidance of individuals or local churches in some passing need.父親の記述は、使徒書簡の形は一般的に、ファッションをした後、正規の書簡、およびが書かれた、大部分のためではなく、指示の目的はキリスト教徒で大規模な、しかし、個人や地元の教会の指導のいくつかの渡す必要があります。 Happily, the writers so amplified their theme that they combine to give a precious picture of the Christian community in the age which follows the death of St. John.幸せは、作家がテーマのように増幅して、貴重な画像を与えるの組み合わせは、キリスト教社会での年齢の聖ヨハネの死を以下の通りです。 Thus Clement, in paternal solicitude for the Churches committed to his care, endeavours to heal a dissension at Corinth and insists on the principles of unity and submission to authority, as best conducive to peace; Ignatius, fervent in his gratitude to the Churches which solaced him on his way to martyrdom, sends back letters of recognition, filled with admonitions against the prevailing heresy and highly spiritual exhortations to keep unity of faith in submission to the bishops; Polycarp, in forwarding Ignatian letters to Philippi, sends, as requested, a simple letter of advice and encouragement.したがってクレメントは、父方の抑留者の教会を彼のケア、治癒するよう努力してコリントとのあつれきを主張して団結との原則を提出する権限を、ベストを助長するための平和;イグナティウス、熱烈な彼の教会に感謝の意をsolaced彼は彼の方法を殉教、文字の認識を送り返す、 admonitions反対する有力な異端満ちていると非常に精神的な結束を維持exhortationsの信仰を提出して司教; polycarpは、手紙を転送ignatianフィリッピ、送信、要求としては、単純なアドバイスや励ましの手紙をします。 The letter of Pseudo-Barnabas and that to Diognetus, the one polemical, the other apologetic in tone, while retaining the same form, seem to have in view a wider circle of readers.バルナバとの手紙をすることを疑似diognetusは、 1つの論争は、申し訳なさそうに、他のトーン、同じフォームを維持しながら、広いように見えるを表示するには、サークルの読者です。 The other three are in the form of treatises: the Didache, a manual of moral and liturgical instruction; the "Shepherd", a book of edification, apocalyptic in form, is an allegorical representation of the Church, the faults of her children and their need of penance; the "Expositions" of Papias, an exegetical commentary on the Gospels.その他の3つの論文は、形式:新約聖書、典礼命令を手動での道徳とし、 "羊飼い"は、予約の教化、絶望的に形態では、教会の寓意で表現したものは、自分の子供たちとその欠点苦行を必要とし、 "展示" papias 、福音書の解釈の解説をします。

Written under such circumstances, the works of the Apostolic Fathers are not characterized by systematic expositions of doctrine or brilliancy of style.書かれたような状況の下、ローマ教皇の父親の作品の展示はないの体系を特徴とする学説やブリリアンシーのスタイルです。 "Diognetus" alone evidences literary skill and refinement. " diognetus "文芸の技と洗練さ証拠だけです。 Ignatius stands out in relief by his striking personality and depth of view.イグナチオに救援が目立つ彼の印象的な性格と深さを表示します。 Each writes for his present purpose, with a view primarily to the actual needs of his auditors, but, in the exuberance of primitive charity and enthusiasm, his heart pours out its message of fidelity to the glorious Apostolic heritage, of encouragement in present difficulties, of solicitude for the future with its threatening dangers.彼の現在の書き込みをそれぞれの目的のために、主に対象とする彼の監査役の実際のニーズに、しかし、あふれんばかりの原始の慈善団体と熱意を、彼の心のメッセージをけってその忠誠を栄光のローマ教皇の遺産、現在の困難を激励し、抑留者の将来を脅かす危険性のです。 The dominant tone is that of fervent devotion to the brethren in the Faith, revealing the depth and breadth of the zeal which was imparted to the writers by the Apostles.の支配的なトーンは、同胞の熱烈な献身的な愛情を信仰して、明らかに熱意の深さと幅は、作家が付与された使徒をします。 The letters of the three bishops, together with the Didache, voice sincerest praise of the Apostles, whose memory the writers hold in deep filial devotion; but their recognition of the unapproachable superiority of their masters is equally well borne out by the absence in their letters of that distinctly inspired tone that marks the Apostles' writings.の3つの司教の手紙と一緒に、新約聖書の、心からの称賛の声の使徒、そのメモリの深い作家開催して親孝行;しかし、その認識は、無類の優位性も同様に効果的負担のマスターズは不在でアウトにされた手紙インスピレーションのトーンをはっきりとマルクの使徒の作品を紹介します。 More abrupt, however, is the transition between the unpretentious style of the Apostolic Fathers and the scientific form of the treatises of the Fathers of the subsequent periods.他の急激な、しかし、気取らないスタイルへの移行の間に、父と、科学の使徒の形式の論文には、父のは、その後の期間です。 The fervent piety, the afterglow of the day of Apostolic spirituality, was not to be found again in such fullness and simplicity.の熱烈な信心深さは、その日の日没後のローマ教皇の霊が見つからない再びこのような膨満とシンプルです。 Letters breathing such sympathy and solicitude were held in high esteem by the early Christians and by some were given an authority little inferior to that of the Scriptures.手紙の呼吸が行われたような共感と配慮を重んじるされた初期のキリスト教徒とするいくつかの権限が与えられた、聖書はほとんど劣っている。 The Epistle of Clement was read in the Sunday assemblies at Corinth during the second century and later (Eusebius, Hist. Eccl., III, xvi; IV, xxiii); the letter of Barnabas was similarly honoured at Alexandria; Hermas was popular throughout Christendom, but particularly in the West.クレメントの書簡の日曜日は、アセンブリの続きを読むコリント中で2番目の世紀およびそれ以降(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 16世、 4世、 23 ) ;のバルナバの手紙を光栄には、同様にアレキサンドリア; hermasは、世界中で人気を集めキリスト教、しかし、特に、西です。 Clement of Alexandria quoted the Didache as "Scripture".アレクサンドリアのクレメントによると、新約聖書の"啓典" 。 Some of the Apostolic Fathers are found in the oldest manuscripts of the New Testament at the end of the canonical writings: Clement was first made known through the "Codex Alexandrinus"; similarly, Hermas and Pseudo-Barnabas are appended to the canonical books in the "Codex Sinaiticus".いくつかのローマ教皇の父親には発見された最古の写本は、新約聖書の最後には、正規の記述:クレメントが最初に作らを通じて知られ、 "コーデックスアレクサンドリア写本" ;同様に、擬似hermasとバルナバが付加された正規の書籍をする"コーデックスsinaiticus "です。 Standing between the New Testament era and the literary efflorescence of the late second century, these writers represent the original elements of Christian tradition.新約聖書の間に立って発しんの時代と文学世紀後半に2番目は、これらの作家オリジナルの要素を代表してキリスト教の伝統です。 They make no pretension to treat of Christian doctrine and practice in a complete and scholarly manner and cannot, therefore, be expected to answer all the problems concerning Christian origins.彼らの主張を治療することはキリスト教の教義と実践を完了し、学術的な態度とすることはできません、したがって、すべての答えが予想されるキリスト教の起源に関する問題が発生します。 Their silence on any point does not imply their ignorance of it, much less its denial; nor do their assertions tell all that might be known.その沈黙上の任意の時点で彼らの無知さを実現することはできませんが、はるかに少ないの拒否;もがすべてを物語るように主張される可能性が知られている。 The dogmatic value of their teaching is, however, of the highest order, considering the high antiquity of the documents and the competence of the authors to transmit the purest Apostolic doctrine.彼らの独断的な価値を教えるのは、しかし、最高のため、大昔の考慮して、ドキュメントや作家の能力を最も純粋なローマ教皇の教義を送信する。 This fact did not receive its due appreciation even during the period of medieval theological activity.そのためこのような事実を受け取っていないにも感謝の期間中に中世の神学的活動です。 The increased enthusiasm for positive theology which marked the seventeenth century centred attention on the Apostolic Fathers; since then they have been the eagerly-questioned witnesses to the beliefs and practice of the Church during the first half of the second century.肯定的神学に対する熱意の増加を中心に注意をスパムの17世紀のローマ教皇の父親;それ以来、彼らは熱心に証人尋問を信念と実践は、教会の中に、最初の2番目の世紀の半分をします。 Their teaching is based on the Scriptures, ie the Old Testament, and on the words of Jesus Christ and His Apostles.その教えは、聖書に基づいて、すなわち、旧約聖書の、そして彼の言葉をイエスキリストと使徒です。 The authority of the latter was decisive.の権威を、後者は決定的です。 Though the New Testament canon was not yet, to judge from these writings, definitively fixed, it is significant that with the exception of the Third Epistle of St. John and possibly that of St. Paul to Philemon, every book of the New Testament is quoted or alluded to more or less clearly by one or another of the Apostolic Fathers, while the citations from the "apocrypha."新約聖書かかわらず、キヤノンはまだ、これらの記述を判断するから、断定的に固定、それは意義深いことを除いて3番目の信徒の聖ヨハネと聖パウロのピレモンへの手紙の可能性を、すべての予約は、新約聖書は、それとなく触れられたように引用符または多かれ少なかれ明確にされ、 1つまたは別のは、ローマ教皇の父親が、引用からの"外典。 " are extremely rare.は非常にまれです。 Of equal authority with the written word is that of oral tradition (Eusebius, Hist. Eccl., III, xxxix; I Clem., vii), to which must be traced certain citations of the "Sayings" of Our Lord and the Apostles not found in the Scriptures.同等の権限を、昔からの言い伝えが書かれた言葉は(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 39 ;私クレム。 、 7 )は、特定の引用を追跡しなければならないの"ことわざ"わたしたちの主の使徒ない発見された経典です。

Meagre as they necessarily are in their testimony, the Apostolic Fathers bear witness to the faith of Christians in the chief mysteries of the Divine Unity and Trinity. meagreとしては、必然的に彼らの証言は、ローマ教皇の父親の証言をキリスト教徒の信仰の長さは神の謎の団結とトリニティです。 The Trinitarian formula occurs frequently.の三位一体説を信奉する数式が頻繁に発生します。 If the Divinity of the Holy Ghost is but once obscurely alluded to in Hermas, it must be remembered that the Church was as yet undisturbed by anti-Trinitarian heresies.の場合、聖霊の神性のは、しかし、一度にそれとなく触れられたようにひっそりとhermas 、記憶しなければならないとしては、教会が反三位一体説を信奉する乱さないheresiesはまだありません。 The dominant error of the period was Docetism, and its refutation furnishes these writers with an occasion to deal at greater length with the Person of Jesus Christ.その時代の支配的なエラーが発生は、キリスト仮現説は、これらの作家とその反論の機会を利用してfurnishes取引先の人よりイエスキリストの長さです。 He is the Redeemer of whom men stood in need.彼は、救い主立っていた人の男性が必要です。 Ignatius unhesitatingly calls Him God (Trall., vii; Eph., i, and passim).ちゅうちょなく彼の呼び出しイグナティウス神( trall. 、 7 ; eph 。 、私し、ここかしこに) 。 The soteriology of the Epistles to the Hebrews forms the basis of their teaching.の救済論を形成してヘブル人への手紙の書簡をベースに指導します。 Jesus Christ is our high-priest (I Clem., xxxvi-lxiv) in whose suffering and death is our redemption (Ignat., Eph., i, Magnes., ix; Barnab., v).イエスキリストは私たちの高い僧侶(私クレム。 、 36 - 64 )で、その苦しみと死が私たちの償還( ignat. 、 eph 。 、私は、マグネス。 、 9世; barnab 。 、 v )を使います。 Diog., ix); whose blood is our ransom (I Clem., xii-xxi). diog 。 、 9世) ;その血液が私たちの身代金を要求する(私クレム。 、 12 - xxi ) 。 The fruits of Redemption, while not scientifically treated, are in a general way the destruction of death or of sin, the gift to man of immortal life, and the knowledge of God (Barnab., iv-v, vii, xiv; Did., xvl; I Clem., xxiv-xxv; Hermas, Simil., v, 6).特典交換の成果を、科学的に処理ではありませんが、一般的に死の破壊または罪は、不滅の贈り物を生活の男、との知識を神( barnab. 、四- V電源、 7 、 14 ;でした。 、 xvl ;私クレム。 、 24 - 25 ; hermas 、 simil 。 、 V電源、 6 ) 。 Justification is received by faith and by works as well; and so clearly is the efficacy of good works insisted upon that it is futile to represent the Apostolic Fathers as failing to comprehend the pertinent teaching of St. Paul.正当な理由は、受信した作品としても信仰とされ、これを明確には、善行の有効性を主張することは無益な使徒を代表して、父親としての適切な指導を理解するのに失敗する聖パウロです。 The points of view of both St. Paul and St. James are cited and considered complementary (I Clem., xxxi, xxxiii, xxxv; Ignat. to Polyc., vi).ポイントの対象の両方のセントポールとセントジェームズは、引用と見なさ補完(私クレム。 、 31 、 33 、 35 ; ignatします。 polyc 。 、 6 ) 。 Good works are insisted on by Hermas (Vis., iii, 1 Simil., v, 3), and Barnabas proclaims (c. xix) their necessity for salvation.良い作品が主張してさhermas ( vis. 、 3世、 1 simil 。 、 V電源、 3 ) 、およびバルナバproclaims ( c. 19 )彼ら救世の必要性をします。 The Church, the "Catholic" Church, as Ignatius for the first time calls it (Smyrn., viii), takes the place of the chosen people; is the mystical body of Christ, the faithful being the members thereof, united by oneness of faith and hope, and by a charity which prompts to mutual assistance.その教会は、 "カトリック"教会、イグナチオを呼び出して、最初の時間( smyrn. 、 viii )在庫は、人々は、選択した場所には、 ;は、神秘的なキリストの体は、忠実なメンバーが、その中での一体性信仰と希望し、要求された慈善団体が相互援助をします。 This unity is secured by the hierarchical organization of the ministry and the due submission of inferiors to authority.この階層的な組織の結束が確保されるため、同省とinferiorsに権限を提出します。 On this point the teaching of the Apostolic Fathers seems to stand for a marked development in advance of the practice of the Apostolic period.この点についての教育は、ローマ教皇の父親のようにスタンドは、スパムの開発に事前にローマ教皇の期間の練習をします。 But it is to be noted that the familiar tone in which episcopal authority is treated precludes the possibility of its being a novelty.しかし、これは、おなじみのトーンに注意してからでは米国聖公会の機関が治療の可能性を除外するのが目新しい。 The Didache may yet deal with "prophets", "Apostles", and itinerant missionaries (x-xi, xiii-xiv), but this is not a stage in development.新約聖書の5月に対処するのはまだありません"預言者" 、 "使徒"と遍歴宣教師( - xi 、 13 - 14 )が、これは開発段階にない。 It is anomalous, outside the current of development.異常なことは、外部の現在の開発です。 Clement and Ignatius present the hierarchy, organized and complete, with its orders of bishops, priests, and deacons, ministers of the Eucharistic liturgy and administrators of temporalities.クレメントとイグナティウス現在の階層は、組織的かつ完全に、その命令の司教、司祭、およびdeacons 、閣僚は、 eucharistic典礼temporalitiesの管理者を対象とします。 Clement's Epistle is the philosophy of "Apostolicity," and its corollary, episcopal succession.クレメントの書簡は、哲学の" apostolicity 、 "とその当然の結果、米国聖公会の承継します。 Ignatius gives in abundance practical illustrations of what Clement sets forth in principle.イグナティウスは、実用的なイラストを豊富に原則としてどのようなクレメント送付します。 For Ignatius the bishop is the centre of unity (Ephesians 4), the authority whom all must obey as they would God, in whose place the bishop rules (Ignat. to Polyc., vi; Magnes., vi, xiii; Smyrn., viii, xi; Trail., xii); for unity with and submission to the bishop is the only security of faith.のイグナチオ司教は、中心部の団結(エペソ人への手紙4 ) 、すべての人の権威に従う必要があります同じように、神は、その場所の司教のルール( ignat.にpolyc 。 、六;マグネス。 、 6 、 13 ; smyrn 。 、 viii 、西;歩道です。 、 12 ) ;のために団結し、発表申込のではなくては、安全保障の信仰のみです。 Supreme in the Church is he who holds the seat of St. Peter at Rome.最高は、教会は彼の座席who保持してローマのサンピエトロ大聖堂で。 The intervention of Clement in the affairs of Corinth and the language of Ignatius in speaking of the Church of Rome in the exordium of his Epistle to the Romans must be understood in the light of Christ's charge to St. Peter.クレメントの介入は、担当のコリントとの言語を話すことイグナティウスはローマの教会のは、彼のexordiumの信徒へのローマ人への手紙に照らして理解しなければならないキリストのサンピエトロ大聖堂の請求をします。 One rounds out the other.ラウンドアウト、他の1つです。 The deepest reverence for the memory of St. Peter is visible in the writings of Clement and Ignatius.最も深い崇敬の念を表すのメモリのサンピエトロ大聖堂に表示される文章のクレメントとイグナティウスです。 They couple his name with that of St. Paul, and this effectually disproves the antagonism between these two Apostles which the Tübingen theory postulated in tracing the pretended development of a united church from the discordant Petrine and Pauline factions.彼らカップル彼の名前なっていると聖パウロ、およびこれに効果的disprovesの使徒の対立は、これらの2つの仮定をトレーステュービンゲン理論の発展のふりを合同教会からの耳障りな使徒ペテロとポーリン派閥です。 Among the sacraments alluded to is Baptism, to which Ignatius refers (Polyc., ii; Smyrn., viii), and of which Hermas speaks as the necessary way of entrance to the Church and to salvation (Vis., iii, 3, 5; Simil., ix, 16), the way from death to life (Simil., viii, 6), while the Didache deals with it liturgically (vii).間の秘跡は洗礼それとなく触れられたように、イグナティウスを指します( polyc. 、 2世; smyrn 。 、 8 ) 、およびhermas話すとしての道の入り口にするために必要な教会や救世( vis. 、 3世、 3 、 5 ; simil 。 、 9世、 16 )は、死を人生の道から( simil. 、 viii 、 6 ) 、扱うことが、新約聖書のliturgically ( 7 )です。 The Eucharist is mentioned in the Didache (xiv) and by Ignatius, who uses the term to signify the "flesh of Our Saviour Jesus Christ" (Smyrn., vii; Eph., xx; Philad., iv).聖体は、新約聖書に記載されて、 ( 14 )とされイグナティウス、 whoを使用しての項を意味する"肉の救い主イエスキリスト" ( smyrn. 、 7 ; eph 。 、イグゼクス; philad 。 、 4 ) 。 Penance is the theme of Hermas, and is urged as a necessary and a possible recourse for him who sins once after baptism (Vis., iii, 7; Simil., viii, 6, 8, 9, I1).贖罪のテーマは、 hermas 、と促したとしては、必要とする可能性が彼の頼みの綱who罪を一度洗礼した後( vis. 、 3 、 7 ; simil 。 、 viii 、 6 、 8 、 9日、 i1 ) 。 The Didache refers to a confession of sins (iv, xiv) as does Barnabas (xix).を参照して、新約聖書の罪を告白( 4 、 14 )と同じ効果がバルナバ( 19 )です。 An exposition of the dogmatic teaching of individual Fathers will be found under their respective names.独断的に付随するが、個々の指導の下に、それぞれの父親の名前が可能になったことです。

The Apostolic Fathers, as a group, are found in no one manuscript.使徒の祖先は、グループとして、 1つの原稿が発見さはない。 The literary history of each will be found in connection with the individual studies.文学史の各接続が可能になったことで、個々の研究です。 The first edition was that of Cotelerius, above referred to (Paris, 1672). coteleriusが、最初の版は、上記の言及を(パリ、 1672 ) 。 It contained Barnabas, Clement, Hermas, Ignatius, and Polycarp.それに含まれるバルナバ、クレメント、 hermas 、イグナティウス、およびpolycarpです。 A reprint (Antwerp, 1698-1700; Amsterdam, 1724), by Jean Leclerc (Clericus), contained much additional matter.を再版(アントワープ、 1698-1700 ;アムステルダム、 1724 ) 、ジャンルクレール(クレリクス) 、その他の物質に含まれるくらいです。 The latest editions are those of the Anglican Bishop, JB Lightfoot, "The Apostolic Fathers" (5 vols., London, 1889-1890); abbreviated edition, Lightfoot-Harmer, London, I vol., 1893; Gebhardt, Harnack, and Zahn, "Patrum Apostolicorum Opera" (Leipzig, 1901); and FX von Funk, "Patres Apostolici" (2d ed., Tübingen, 1901), in all of which abundant reference will be found to the literature of the two preceding centuries.これらの最新のエディションは、聖公会の司教、 jbライトフット、 "父親の使徒" ( 5 vols学です。 、ロンドン、 1889-1890 ) ;簡略版、ライトフット- harmer 、ロンドン、 i 1集です。 、 1893 ;ゲプハルト、ハルナック、およびザーン、 " patrum apostolicorumオペラ" (ライプチヒ、 1901 ) ;およびFXフォンファンク、 " patres apostolici " (二次元エド。 、テュービンゲン、 1901 ) 、すべての豊富な検索が可能になったことをして前の2つの世紀文学のです。 The last named work first appeared (Tübingen, vol. I, 1878, 1887; vol. II,,1881) as a fifth edition of Hefele's "Opera Patr. Apostolicorum" (Tübingen, 1839; 4th ed., 1855) enriched with notes (critical, exegetical, historical), prolegomena, indexes, and a Latin version.仕事の最後の名前が初めて登場(テュービンゲン、 !です。私、 1878 、 1887 ; !します。 2世、 、 1881 )第5版のヘーフェレとしての"オペラpatr 。 apostolicorum " (テュービンゲン、 1839 ;第4エド。 、 1855 )で強化されたノート(重要な、解釈、歴史) 、 prolegomenonの複数形、インデックス、および、ラテンバージョンです。 The second edition meets all just demands of a critical presentation of these ancient and important writings, and in its introduction and notes offers the best Catholic treatise on the subject. 2番目の版だけの要求をすべて満たして、これらの古代の重要なプレゼンテーションや重要な文書、および、その導入やメモを提供して最高のカトリックの論文の件名です。

Publication information Written by John B. Peterson.出版物の情報執筆者ジョンB.ピーターソンです。 Transcribed by Nicolette Ormsbee.ニコレットormsbee転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

PG (Paris, 1857), I, II, V; Eng. pg (パリ、 1857 ) 、 Ⅰ 、 Ⅱ 、 v ;工学 tr. tr 。 in Ante-Nicene Library (Edinburgh, 1866), I, and American ed.に事前-ニカイアライブラリ(エジンバラ、 1866 ) 、私、および米国のエドです。 (New York, 1903), I, 1-158; Freppel, Les Peres Apostoliques et leur époque (Paris, 1885); Batiffol, La litt. (ニューヨーク、 1903 ) 、私は、一から百五十八;フレペル、レペレスapostoliques et leur époque (パリ、 1885 ) ; batiffol 、ラリットです。 eccl. eccl 。 grecque (Paris, 1901); Holland, The Apostolic Fathers (London, 1897); Wake, The Genuine Epistles of the Apostolic Fathers (London, 1893); Fleming, Early Christian Witnesses (London, 1878); Crutwell, A Literary History of Early Christianity (London, 1893), I, 21-127; Oxford Society of Historical Theology, The New Testament in the Apostolic Fathers (Oxford, 1905); Lightfoot in Dict. grecque (パリ、 1901 ) ;オランダは、ローマ教皇の父親(ロンドン、 1897 ) ; wake 、 、正規の書簡は、ローマ教皇の父親(ロンドン、 1893 ) ;フレミング、初期キリスト教の目撃者(ロンドン、 1878 ) ; crutwellは、文学史の初めに、キリスト教(ロンドン、 1893 ) 、私は、二一〜一二七;オックスフォード社会の歴史的神学は、新約聖書は、ローマ教皇の父親(オックスフォード、 1905 ) ;ライトフットでdictのです。 of Chr.のchrです。 Biog., sv; for the doctrine, see Tixeront, Histoire des dogmes (Paris, 1905), I, 115-163; Bareille in Dict. biog 。 、 sv文書;は、教義を参照してくださいtixeront 、 histoireデdogmes (パリ、 1905 ) 、私は、 115から163 ; bareilleでdictのです。 de theol.デtheol 。 cath.猫です。 (Paris, 1903), I, 1634-46; Bardenhewer, Geschichte d. (パリ、 1903 ) 、私は、 1634年から1646年; bardenhewer 、 geschichte d. altkirchl. altkirchlです。 Litt., I.リットです。 、 i.


Fathers of the Church父親の教会

Catholic Information カトリックの情報

The Appeal to the Fathersの魅力を、父親の

Classification of Patristic Writings分類patristic記述

Apostolic Fathers and the Second Centuryローマ教皇の父親と2番目の世紀

Third Century第3世紀

Fourth Century 4世紀

Fifth Century 5世紀

Sixth Century 6世紀

Characteristics of Patristic Writings patristic特性を記述

Commentaries論評

Preachers説教師

Writers作家

East and West東と西

theology">Theology神学" >神学

Discipline, Liturgy, Ascetics規律、典礼、 ascetics

Historical Materials歴史的な材料

Patristic Study patristic研究

The word Father is used in the New Testament to mean a teacher of spiritual things, by whose means the soul of man is born again into the likeness of Christ: "For if you have ten thousand instructors in Christ, yet not many fathers. For in Christ Jesus, by the gospel, I have begotten you. Wherefore I beseech you, be ye followers of me, as I also am of Christ" (1 Corinthians 4:15, 16; cf. Galatians 4:19).という言葉で使用されて新約聖書の父は教師の精神的なものを意味し、その魂を意味するのに似ている人はキリストの誕生を再度: "万インストラクターをすれば、キリストは、多くの父親に対するレビューはまだないです。イエスキリストは、福音を、私はbegetの過去分詞形です。どうして私嘆願を、なたがた信者にしてくれて、私も時としてイエスキリスト" ( 1コリンチャンス4:15 、 16 ;継続前誌です。ガラテヤ人への手紙4:19 ) 。 The first teachers of Christianity seem to be collectively spoken of as "the Fathers" (2 Peter 3:4).キリスト教の最初の教師として話さ総称されるように見える" 、父親の" ( 2ピーター3時04分) 。

Thus St. Irenæus defines that a teacher is a father, and a disciple is a son (iv, 41,2), and so says Clement of Alexandria (Strom., I, i, 1).このように定義されてirenæus聖は、父は、教師と弟子は、息子( 4 、 41,2 ) 、と言うのでアレクサンドリアのクレメント( strom. 、私、私は、 1 ) 。 A bishop is emphatically a "father in Christ", both because it was he, in early times, who baptized all his flock, and because he is the chief teacher of his church.司教は、きっぱりと、 "父親はイエスキリスト" 、両方のため、彼は、初めに倍、 who洗礼を受けたすべての彼の群れ、およびなぜなら、彼は彼の教会の主任教師です。 But he is also regarded by the early Fathers, such as Hegesippus, Irenaeus, and Tertullian as the recipient of the tradition of his predecessors in the see, and consequently as the witness and representative of the faith of his Church before Catholicity and the world.しかし、彼はまた、初期の祖先と考え、このようとしてhegesippus 、エイレナイオス、およびテルトゥリアヌスとしての伝統は、受信者の彼の前任者は、参照、およびその結果の代表者としての信仰の証人と彼の普遍性と世界の教会の前です。 Hence the expression "the Fathers" comes naturally to be applied to the holy bishops of a preceding age, whether of the last generation or further back, since they are the parents at whose knee the Church of today was taught her belief.それゆえの表現" 、父親の"自然には神聖な司教に適用されるのは、上記の年齢、かどうかの最後の世代の先頭またはより詳細なので、彼らは、親は、その膝の教会の教え今日は彼女の信念です。 It is also applicable in an eminent way to bishops sitting in council, "the Fathers of Nicaea", "the Fathers of Trent".にも適用することは著名な方法を司教会議に座って、 "父親のイズニク" 、 " 、父親のトレント"です。 Thus Fathers have learnt from Fathers, and in the last resort from the Apostles, who are sometimes called Fathers in this sense: "They are your Fathers", says St. Leo, of the Princes of the Apostles, speaking to the Romans; St. Hilary of Arles calls them sancti patres; Clement of Alexandria says that his teachers, from Greece, Ionia, Coele-Syria, Egypt, the Orient, Assyria, Palestine, respectively, had handed on to him the tradition of blessed teaching from Peter, and James, and John, and Paul, receiving it "as son from father".したがって、父親は父親から学び、そして、最後の手段からの使徒、 whoは、この意味での父とも呼ばれる: "彼らはあなたの父" 、レオは言う通り、王侯は、使徒、スピーキングは、ローマ人への手紙;セントです。ヒラリーアルルで呼び出してサンクティpatres ;クレメントのアレキサンドリアによると、彼の教師、よりギリシャ、イオニア、 coele -シリア、エジプト、オリエント、アッシリア、パレスチナ、それぞれ、利きしていた、彼は祝福の伝統を教えるよりピーター、とジェームズ、ジョンとポールは、受信側が"父親として息子から"です。

It follows that, as our own Fathers are the predecessors who have taught us, so the Fathers of the whole Church are especially the earlier teachers, who instructed her in the teaching of the Apostles, during her infancy and first growth.それ以下の通りで、私たちの祖先は、前任者として教えた経験who問い合わせは、父親のため、全体の教会は特に、以前の教師、 who指示彼女の授業は、使徒は、彼女の中に最初の乳児期と成長します。 It is difficult to define the first age of the Church, or the age of the Fathers.を定義することは難しい時代の最初の教会のか、またはの年齢には、父のです。 It is a common habit to stop the study of the early Church at the Council of Chalcedon in 451.これは、共通の習慣の初期の研究を停止するには、カルケドン公会議で教会451 。 "The Fathers" must undoubtedly include, in the West, St. Gregory the Great (d. 604), and in the East, St. John Damascene (d. about 754). " 、父親の"確かに含める必要があります、西に、聖グレゴリーの大(民主党604 ) 、および東、聖ヨハネダマシン(民主党約754 ) 。 It is frequently said that St. Bernard (d. 1153) was the last of the Fathers, and Migne's "Patrologia Latina" extends to Innocent III, halting only on the verge of the thirteenth century, while his "Patrologia Graeca" goes as far as the Council of Florence (1438-9).これは頻繁によると、セントバーナード(民主党1153 )は、最後には、父の、およびミーニュの" patrologiaラティーナ"拡張され無実の3世、たどたどしいだけで13世紀を目前にしながら彼の" patrologia graeca "が限りフィレンツェの評議会(一千四百三十八から九) 。 These limits are evidently too wide, It will be best to consider that the great merit of St. Bernard as a writer lies in his resemblance in style and matter to the greatest among the Fathers, in spite of the difference of period.これらの制限は明らかにあまり幅が広い、それはその偉大な功績を検討する最良のセントバーナードは作家としての彼のスタイルと似ているが、父親の間の最大の問題を、期間の違いにもかかわらずです。 St. Isidore of Seville (d. 636) and the Venerable Bede (d. 735) are to be classed among the Fathers, but they may be said to have been born out of due time, as St. Theodore the Studite was in the East.聖ISIDOREにはセビリア(民主党636 )と、由緒あるビード(民主党735 )のうち、父親の分類されるが、かれらによると5月に誕生されたタイムアウトの項目が存在として聖studiteは、セオドアのは、東です。

I. THE APPEAL TO THE FATHERS第父親に訴えるものがある

Thus the use of the term Fathers has been continuous, yet it could not at first he employed in precisely the modern sense of Fathers of the Church.このように、父親という用語の使用を継続され、まだありませんことができなかった最初彼は採用され、モダンな感覚を正確には、教会の父親です。 In early days the expression referred to writers who were then quite recent.初めに日中の表現作家whoは言及を入力し、かなり最近のことです。 It is still applied to those writers who are to us the ancients, but no longer in the same way to writers who are now recent.これはまだ適用されるこれらの作家を問い合わせwhoは、昔の、しかし、もはや作家と同じ方法を今すぐwhoは、最近のことです。 Appeals to the Fathers are a subdivision of appeals to tradition.訴えに、父親のは、伝統の訴えを細分のです。 In the first half of the second century begin the appeals to the sub-Apostolic age: Papias appeals to the presbyters, and through them to the Apostles.で、最初の2番目の世紀の半分を開始するに控訴してサブ使徒年齢: papias控訴してpresbyters 、および経由して、使徒です。 Half a century later St. Irenæus supplements this method by an appeal to the tradition handed down in every Church by the succession of its bishops (Adv. Haer., III, i-iii), and Tertullian clinches this argument by the observation that as all the Churches agree, their tradition is secure, for they could not all have strayed by chance into the same error (Praescr., xxviii).聖irenæusサプリメント半世紀への訴えを込めて、この方法の伝統を後世に継承されたすべての教会の司教( adv. haer 。 、 3世、私- 3 ) 、およびテルトゥリアヌスclinchesこの引数として観測される同意のすべての教会、自分たちの伝統はセキュリティで保護さ、かれらのすべてができませんでしたstrayed偶然にも、同じエラー( praescr. 、 28 ) 。 The appeal is thus to Churches and their bishops, none but bishops being the authoritative exponents of the doctrine of their Churches.そのために教会の魅力とその司教は、司教が権限なししかし、指数の教会の教義のです。 As late as 341 the bishops of the Dedication Council at Antioch declared: "We are not followers of Arius; for how could we, who are bishops, be disciples of a priest?"遅ければ、 341の司教会議でアンティオキア献身宣言: "我々は特定の信者のアリウス;のはどのよう我々は、 whoは、司教、司祭に弟子のですか? "

Yet slowly, as the appeals to the presbyters died out, there was arising by the side of appeals to the Churches a third method: the custom of appealing to Christian teachers who were not necessarily bishops.まだゆっくりと、死亡したとして控訴してpresbytersアウト、があったの訴えを提起され、教会の側面に3番目の方法:カスタムの魅力をキリスト教の教師が、必ずしもwho司教です。 While, without the Church, Gnostic schools were substituted for churches, within the Church, Catholic schools were growing up.一方、教会は、グノーシス主義の学校が教会の代わりに、内の教会、カトリック系の学校が育っています。 Philosophers like Justin and most of the numerous second-century apologists were reasoning about religion, and the great catechetical school of Alexandria was gathering renown.哲学者のような、多くのジャスティンと2番目の大部分世紀の擁護派が宗教的推論については、偉大な問答式のスクールオブアレキサンドリアは、名声の集まりです。 Great bishops and saints like Dionysius of Alexandria, Gregory Thaumaturgus of Pontus, Firmilian of Cappadocia, and Alexander of Jerusalem were proud to be disciples of the priest Origen.聖人のような大きな司教とアレクサンドリアのディオニュシオス、グレゴリー奇跡を行う人のポントス、 firmilianのカッパドキア、エルサレムとアレクサンデルの弟子たちが自信を持って、司祭が原産地です。 The bishop Cyprian called daily for the works of the priest Tertullian with the words "Give me the master".毎日の司教チプリアーノと呼ばれる僧侶の作品は、テルトゥリアヌスの言葉で"私のマスター"です。 The Patriarch Athanasius refers for the ancient use of the word homoousios, not merely to the two Dionysii, but to the priest Theognostus.古代の総主教アタナシウスを指しますhomoousiosという言葉の使用ではなく、単に2つのdionysiiして、しかし、司祭theognostusしています。 Yet these priest-teachers are not yet called Fathers, and the greatest among them, Tertullian, Clement, Origen, Hippolytus, Novatian, Lucian, happen to be tinged with heresy; two became antipopes; one is the father of Arianism; another was condemned by a general council.これらの司祭はまだありません-教師はまだ父親と呼ばれる、との最大のこのうち、テルトゥリアヌス、クレメント、原産地、ヒッポリュトス、 novatian 、ルシアン、たまたま混じっている異端;なった2つのantipopes ;アリウス主義の父親の1つは、もう一つは、死刑囚された総務会です。 In each case we might apply the words used by St. Hilary of Tertullian: "Sequenti errore detraxit scriptis probabilibus auctoritatem" (Comm. in Matt., v, 1, cited by Vincent of Lérins, 2.4).いずれの場合も私たちの言葉適用して使用されるかもしれないセントヒラリーのテルトゥリアヌス: " sequenti errore detraxit scriptis probabilibus auctoritatem " ( comm.のマットです。 、 V電源、 1 、引用元のヴァンサンlérins 、 2.4 ) 。

A fourth form of appeal was better founded and of enduring value.アピールは、より良い形で4番目の設立と永続的な値です。 Eventually it appeared that bishops as well as priests were fallible.結局それだけでなく司教が登場し司祭は当てにならない。 In the second century the bishops were orthodox. 2番目の世紀の司教が正統派です。 In the third they were often found wanting.第三にしばしば見欠けていた。 In the fourth they were the leaders of schisms, and heresies, in the Meletian and Donatist troubles and in the long Arian struggle, in which few were found to stand firm against the insidious persecution of Constantius.第4 schismsていたため、これらの指導者、およびheresies 、 donatistは、 meletianと牡羊座生まれのトラブルや、長期の闘争ではいくつかのが見つかった陰湿な迫害に断固反対するのコンスタンティウスです。 It came to be seen that the true Fathers of the Church are those Catholic teachers who have persevered in her communion, and whose teaching has been recognized as orthodox.話をしてそれで見たことがあるの真の父親は、これらのカトリック教会は、教師who perseveredでは彼女の聖体拝領し、正統派として認識され、その指導されています。 So it came to pass that out of the four "Latin Doctors" one is not a bishop.パスをするので、来て、 4つの"ラテン医師"司教の1つではない。 Two other Fathers who were not bishops have been declared to be Doctors of the Church, Bede and John Damascene, while among the Doctors outside the patristic period we find two more priests, the incomparable St. Bernard and the greatest of all theologians, St. Thomas Aquinas. 2つの父親は司教who宣言している医師も、教会、ビードとジョンダマシン、外部の医師のうちの2つのpatristic期間を見つけるの他の司祭は、セントバーナードとの最大の無類のすべての神学者、聖トマスアクィナスです。 Nay, few writers had such great authority in the Schools of the Middle Ages as the layman Boethius, many of whose definitions are still commonplaces of theology.いや、いくつかの作家がこのような強大な権力は、中世の時代に学校boethius素人として、多くの神学commonplaces 、その定義はまだです。

Similarly (we may notice in passing) the name "Father", which originally belonged to bishops, has been as it were delegated to priests, especially as ministers of the Sacrament of Penance.同様に(私たちに渡すことがあります)の名前"父" 、これに属して司教もともと、されに委任することが司祭として、特に閣僚は、聖餐式の苦行です。 it is now a form of address to all priests in Spain, in Ireland, and, of recent years, in England and the United States.それは今ではフォームのアドレスをすべての司祭、スペイン、アイルランド、および、近年では、と米国は、英国のです。

Papas or Pappas, Pope, was a term of respect for eminent bishops (eg in letters to St. Cyprian and to St. Augustine -- neither of these writers seems to use it in addressing other bishops, except when St. Augustine writes to Rome).パパスまたはpappas 、教皇は司教の任期を全うする著名なの尊重を(例えば、手紙を聖チプリアーノと聖アウグスティヌス-どちらも、これらの作家に取り組むように使用して他の司教、聖アウグスティヌスの書き込みをローマ場合を除き、 ) 。 Eventually the term was reserved to the bishops of Rome and Alexandria; yet in the East today every priest is a "pope".結局、この言葉は予約され、ローマとアレクサンドリアの司教;はまだありませんが、東今日のすべての司祭は、 "法王"です。 The Aramaic abbe was used from early times for the superiors of religious houses.アッベアラム語が使われ、早い時期から、上司の宗教家です。 But through the abuse of granting abbeys in commendam to seculars, it has become a polite title for all secular clerics, even seminarists in Italy, and especially in France, whereas all religious who are priests are addressed as "Father".しかし、大修道院に付与を通じてcommendamの乱用をseculars 、丁寧のタイトルを持っていることがすべての世俗の聖職者も、 seminaristsイタリアで、特にフランスでは、宗教的な一方、すべての司祭としてアドレス指定さwhoは、 "父"です。

We receive only, says St. Basil, what we have been taught by the holy Fathers; and he adds that in his Church of Caesarea the faith of the holy Fathers of Nicaea has long been implanted (Ep. cxl, 2).私たち受信のみ、バジルは言う通り、我々はどのように教わって、聖なる父;と彼はまた、彼の教会の信仰は、神聖なcaesareaイズニクは長年にわたり、父親の注入( ep. cxl 、 2 ) 。 St. Gregory Nazianzen declares that he holds fast the teaching which he heard from the holy Oracles, and was taught by the holy Fathers.聖グレゴリー高速nazianzen保持を宣言し、教育を彼から聞いた彼は神聖なoracles 、と教えられたのは、神聖な父親です。 These Cappadocian saints seem to be the first to appeal to a real catena of Fathers.これらのcappadocian聖人にアピールするようにしても、最初の本当のカテナの父親です。 The appeal to one or two was already common enough; but not even the learned Eusebius had thought of a long string of authorities.の魅力を1つまたは2つは既に共通のに十分な;しかしすら考えていたのを学んだユーセビアス当局に長い文字列です。 St. Basil, for example (De Spir. S., ii, 29), cites for the formula "with the Holy Ghost" in the doxology, the example of Irenaeus, Clement and Dionysius of Alexandria, Dionysius of Rome, Eusebius of Caesarea, Origen, Africanus, the preces lucerariae said at the lighting of lamps, Athenagoras, Gregory Thaumaturgus, Firmilian, Meletius.聖バジル、例えば(デスピール米、 2世、 29 ) 、数式を引き合いに出して"は、聖霊"は、頌栄、エイレナイオスの例を、アレクサンドリアのディオニュシオスクレメントと、ローマのディオニュシオス、ユーセビアスのcaesarea 、原産地、アフリカヌスは、 preces lucerariaeは、照明のランプによると、アテナゴラス、グレゴリー奇跡を行う人、 firmilian 、メレチウスです。

In the fifth century this method became a stereotyped custom.このメソッドは、 5世紀になった紋切り型のカスタムです。 St. Jerome is perhaps the first writer to try to establish his interpretation of a text by a string of exegetes (Ep. cxii, ad Aug.).聖ジェロームは、おそらく、最初の執筆者を自分の解釈を確立しようとされるテキスト文字列をexegetes ( ep. cxii 、広告の掲載8月) 。 Paulinus, the deacon and biographer of St. Ambrose, in the libellus he presented against the Pelagians to Pope Zosimus in 417, quotes Cyprian, Ambrose, Gregory Nazianzen, and the decrees of the late Pope Innocent.パウリヌスは、伝記作家の聖アンブローズ助祭と、彼は、 libellusを提示pelagians法王ゾシモスに反対する417 、引用符チプリアーノ、アンブローズ、グレゴリーnazianzen 、との政令の後半インノケンティウスです。 In 420 St. Augustine quotes Cyprian and Ambrose against the same heretics (C. duas Epp. Pel., iv).引用符で420セントオーガスティンアンブローズ反対するチプリアーノと同じ異端( c. duasエップ。ていません。 、 4 ) 。 Julian of Eclanum quoted Chrysostom and Basil; St. Augustine replies to him in 421 (Contra Julianum, i) with Irenaeus, Cyprian, Reticius, Olympius, Hilary, Ambrose, the decrees of African councils, and above all Popes Innocent and Zosimus.ユリウス暦を引用符でeclanumクリュソストモスとバジル;聖アウグスティヌスの返信を彼に421 (コントラjulianum 、私)をエイレナイオス、チプリアーノ、 reticius 、 olympius 、ヒラリー、アンブローズは、アフリカの審議会令、および上記のすべての罪なき人の教皇とゾシモスです。 In a celebrated passage he argues that these Western writers are more than sufficient, but as Julian had appealed to the East, to the East, he shall go, and the saint adds Gregory Nazianzen, Basil, Synod of Diospolis, Chrysostom.彼が通過すると主張し、これらの欧米の著名な作家を超える十分な、しかし、ユリウス暦の控訴していた東の東に、彼は行くと、サンに追加グレゴリーnazianzen 、バジル、会議のdiospolis 、クリュソストモスです。 To these he adds Jerome (c. xxxiv): "Nor should you think Jerome, because he was a priest, is to be despised", and adds a eulogy.これらの彼はジェローム( c. 34 ) : "も必要ジェローム思うので、彼は、司祭は、軽蔑される"と賛美を追加する。 This is amusing, when we remember that Jerome in a fit of irritation, fifteen before, had written to Augustine (Ep. cxlii) "Do not excite against me the silly crowd of the ignorant, who venerate you as a bishop, and receive you with the honour due to a prelate when you declaim in the Church, whereas they think little of me, an old man, nearly decrepit, in my monastery in the solitude of the country."これは面白い、ジェローム覚えているときに私たちの刺激に駆られ、 15前に、アウグスティヌスが書き込ま( ep. cxlii ) "はありませんエキサイト私の愚かな群衆に対して、無知、 who尊敬する司教として、および受信するの名誉のために朗読するときには、教会の高位聖職者が、彼らのことを軽視してくれて、老人は、近くの老朽化、私の修道院がその国の孤独です。 "

In the second book "Contra Julianum", St. Augustine again cites Ambrose frequently, and Cyprian, Gregory Nazianzen, Hilary, Chrysostom; in ii, 37, he recapitulates the nine names (omitting councils and popes), adding (iii, 32) Innocent and Jerome. 2番目の本"コントラjulianum " 、聖オーガスティン再びアンブローズ頻繁に引き合いに出して、とチプリアーノ、グレゴリーnazianzen 、ヒラリー、クリュソストモス;の2世、 37 、彼recapitulatesの9名(省略審議会、教皇の代など) 、追加( 3世、 32 )無実とジェロームです。 A few years later the Semipelagians of Southern Gaul, who were led by St. Hilary of Arles, St. Vincent of Lérins, and Bl.数年後、南部のsemipelagiansガウル、 whoが率いるセントヒラリーアルル、セントビンセントのlérins 、およびbl 。 Cassian, refuse to accept St. Augustine's severe view of predestination because "contrarium putant patrum opinioni et ecclesiastico sensui".カッシア、聖アウグスティヌスの重度の受入を拒否する対象の宿命のため" contrarium putant et patrum opinioni ecclesiastico sensui "です。 Their opponent St. Prosper, who was trying to convert them to Augustinianism, complains: "Obstinationem suam vetustate defendunt" (Ep. inter Atig. ccxxv, 2), and they said that no ecclesiastical writer had ever before interpreted Romans quite as St. Augustine did -- which was probably true enough.その対戦相手セント繁栄、 whoはaugustinianismしようとして変換して、不満: " obstinationem suam vetustate defendunt " ( ep.間atigです。 ccxxv 、 2 ) 、およびかれらは言ったことは絶対にありません教会の作家はこれまで通り解釈として非常にローマ人への手紙アウグスティヌスは-これはおそらく真の十分ではありません。 The interest of this attitude lies in the fact that it was, if not new at least more definite than any earlier appeal to antiquity.このような態度の利益のために嘘という事実は、そうでない場合は、少なくとも他の新しいよりも以前のように明確な古代です。 Through most of the fourth century, the controversy with the Arians had turned upon Scripture, and appeals to past authority were few.第4世紀の大半を、その論争を有効に啓典ariansいた、との訴えを過去の権威ではなかった。 But the appeal to the Fathers was never the most imposing locus theologicus, for they could not easily be assembled so as to form an absolutely conclusive test.しかし、国会を解散していたことは、最も印象的な遺伝子座の祖先theologicus 、かれらに簡単に組み立てできませんでしたを形成するために確実に決定的なテストです。 On the other hand up to the end of the fourth century, there were practically no infallible definitions available, except condemnations of heresies, chiefly by popes.その一方で最大の4世紀の終わりに、実質的に何の絶対確実な定義がご利用には、非難のheresiesを除いて、主に教皇です。 By the time that the Arian reaction under Valens caused the Eastern conservatives to draw towards the orthodox, and prepared the restoration of orthodoxy to power by Theodosius, the Nicene decisions were beginning to be looked upon as sacrosanct, and that council to be preferred to a unique position above all others.反応時間は、お金をヴァレンスの原因とされて東に向かって正統派の保守派を描画し、正統派からの回復を準備して力をテオドシウスは、意思決定が起こり始めてニカイアとして極めて神聖な時に顔ており、その理事会には優先して他のすべてのユニークな地位が上です。 By 430, the date we have reached, the Creed we now say at Mass was revered in the East, whether rightly or wrongly, as the work of the 150 Fathers of Constantinople in 381, and there were also new papal decisions, especially the tractoria of Pope Zosimus, which in 418 had been sent to all the bishops of the world to be signed.を430 、日付の私たちに達し、大量の信条は、今で言う崇敬の東、良かれ悪しかれかどうか、父親としての仕事をするコンスタンティノープルの150で381 、および新しいローマ法王の意思決定があったにも、特にtractoria教皇ゾシモス、これで送信される418ていた、世界のすべての司教が署名をします。

It is to living authority, the idea of which had thus come to the fore, that St. Prosper was appealing in his controversy with the Lerinese school.これは生活権威、という考えを前面に来ていたので、その通りに魅力的繁栄は、彼の論争をlerinese学校です。 When he went to Gaul, in 431, as papal envoy, just after St. Augustine's death, he replied to their difficulties, not by reiterating that saint's hardest arguments, but by taking with him a letter from Pope St. Celestine, in which St. Augustine is extolled as having been held by the pope's predecessors to be "inter magistros optimos".ガウル行ったときは、 431 、ローマ法王の特使として、聖アウグスティヌスの死の直後、彼はこう答えた。困難にして、サンの難しいことではなく、引数reiterating 、しかし彼からの手紙を撮影法王聖セレスティンではセントです。アウグスティヌスは、毎年開催されてextolledされている法王の前任者される"インターmagistros optimos "です。 No one is to be allowed to depreciate him, but it is not said that every word of his is to be followed.誰も彼を軽視することができるように、それではないによると、彼のすべての単語をれるようになります。 The disturbers had appealed to the Holy See, and the reply is "Desinat incessere novitas vetustatem" (Let novelty cease to attack antiquity!).控訴していたのdisturbersローマ教皇庁、との回答は" desinat incessere novitas vetustatem " ( letノベルティ古代への攻撃をやめる! )です。 An appendix is added, not of the opinions of ancient Fathers, but of recent popes, since the very same monks who thought St. Augustine went too far, professed (says the appendix) "that they followed and approved only what the most holy See of the Blessed Apostle Peter sanctioned and taught by the ministry of its prelates".付録が追加されますが、古代の父親の意見を聞いていないのが、最近の教皇、修道僧who以来、非常に同じ考え過ぎる聖アウグスティヌスは、本職(によると、この付録) "を承認して、追跡と、最も神聖なものだけを参照使徒の祝福されたピーター省の認可とその教えprelates "です。 A list therefore follows of "the judgments of the rulers of the Roman Church", to which are added some sentences of African councils, "which indeed the Apostolic bishops made their own when they approved them".したがって次のようにリストを表示"の判断は、支配者は、カトリック教会" 、いくつかの文章が追加されましたがアフリカの会"は、実際のローマ教皇の司教は自分のときに承認して"です。 To these inviolabiles sanctiones (we might roughly render "infallible utterances") prayers used in the sacraments are appended "ut legem credendi lex statuat supplicandi" -- a frequently misquoted phrase -- and in conclusion, it is declared that these testimonies of the Apostolic See are sufficient, "so that we consider not to be Catholic at all whatever shall appear to be contrary to the decisions we have cited".これらのinviolabiles sanctiones (約レンダリング私たちかもしれない"絶対確実な発言" )の祈りが付加さで使用されて秘跡"ユタcredendiの法律に従ってstatuat supplicandi " -、頻繁にm isquotedフレーズ-と結論として、それは使徒を宣言して、これらの証言を参照のに十分な、 "ですから、私たちはすべてのカトリックを考慮しないようにどのように表示されるものの決定に反して私たちが引用"です。 Thus the decisions of the Apostolic See are put on a very different level from the views of St. Augustine, just as that saint always drew a sharp distinction between the resolutions of African councils or the extracts from the Fathers, on the one hand, and the decrees of Popes Innocent and Zosimus on the other.したがって、意思決定は、ローマ教皇の参照をつけるとは非常に異なるレベルでは、再生回数の聖アウグスティヌスは、いつもと同じようにサンの間の区別が大幅にドリューアフリカの解像度の抽出物から、父親の審議会、または、 1つの手を検索する、とローマ教皇の無実とゾシモスの政令で、他のです。

Three years later a famous document on tradition and its use emanated from the Lerinese school, the "Commonitorium" of St. Vincent. 3年後の有名な文書を放ってからの伝統とその使用lerinese学校は、 " commonitorium "のセントビンセントです。 He whole-heartedly accepted the letter of Pope Celestine, and he quoted it as an authoritative and irresistible witness to his own doctrine that where quod ubique, or universitas, is uncertain, we must turn to quod semper, or antiquitas.彼は全体のような心で受け入れ、ローマ教皇の手紙をセレスティン、と彼は引用符でそれを証人として非常に魅力的権威と自分自身の教義をubiqueそしてどこか、または世界では、は定かではなく、有効にしなければならないおよびゼンパーか、またはantiquitasです。 Nothing could be more to his purpose than the pope's: "Desinat incessere novitas vetustatem."彼の目的のものがないほどに、法王のより: " desinat incessere novitas vetustatem 。 " The Œcumenical Council of Ephesus had been held in the same year that Celestine wrote.評議会のエフェソスœcumenicalていたのと同じ年に開催されたセレスティンに記している。 Its Acts were before St. Vincent, and it is clear that he looked upon both pope and council as decisive authorities.その行為が前にセントビンセント、と彼は顔を明確にすることは教皇と会議の両方に決定的な著者です。 It was necessary to establish this, before turning to his famous canon, quod ubique, quod semper, quod ab omnibus otherwise universitas, antiquitas, consensio.これを確立することが必要、前を向いて彼の有名な、キヤノン、およびubique 、およびゼンパー、そして世界の他のアルバータオムニバス、 antiquitas 、 consensioです。 It was not a new criterion, else it would have committed suicide by its very expression.新しい基準ではない、他のことは、非常に表現されて自殺した。 But never had the doctrine been so admirably phrased, so limpidly explained, so adequately exemplified.しかし、決してこれが見事には、教義的に言えば、これlimpidly説明したので、十分に例示します。 Even the law of the evolution of dogma is defined by Vincent in language which can hardly be surpassed for exactness and vigour.さえ、上の教義の進化の法則によって定義されることは到底ヴァンサンの言語の正確さと活力を突破した。 St. Vincent's triple test is wholly misunderstood if it is taken to be the ordinary rule of faith.セントビンセントのトリプルテストは完全に誤解されて撮影される場合には、通常のルールの信仰です。 Like all Catholics he took the ordinary rule to be the living magisterium of the Church, and he assumes that the formal decision in cases of doubt lies with the Apostolic See, or with a general council.すべてのカトリック教徒のようなルールを、彼は普通の生活にmagisterium 、教会、と彼は、正式な意思決定を前提としてうその疑いでローマ教皇の例を参照、または一般的な会議です。 But cases of doubt arise when no such decision is forthcoming.しかし、疑い例発生時にそのような意思決定が近日出版されます。 Then it is that the three tests are to be applied, not simultaneously, but, if necessary, in succession.入力し、それは適用されるの3つのテストではなく、同時に、しかし、必要に応じて、連続しています。

When an error is found in one corner of the Church, then the first test, universitas, quod ubique, is an unanswerable refutation, nor is there any need to examine further (iii, 7, 8).ときにエラーが発見さの角を1つの教会、その後、最初のテストは、世界の、そしてubique 、反論は、反論の余地のない、またより詳細を調べる必要がある( 3 、 7 、 8 ) 。 But if an error attacks the whole Church, then antiquitas, quod semper is to be appealed to, that is, a consensus existing before the novelty arose.しかし、全体の教会の場合は、エラーが発生攻撃して、次にantiquitas 、およびゼンパーを不服として、それは、目新しさの前に、既存のコンセンサスが起こりました。 Still, in the previous period one or two teachers, even men of great fame, may have erred.とはいえ、 1つまたは2つは、前の期間教師、偉大な名声を得る男性も、過ちを犯すことがあります。 Then we betake ourselves to quod ab omnibus, consensio, to the many against the few (if possible to a general council; if not, to an examination of writings).そして私たちを行かせる入力し、自分アルバータオムニバス、 consensio 、数多くの反対する(可能ならして総務会;ていない場合は、審査の文章を) 。 Those few are a trial of faith "ut tentet vos Dominus Deus vester" (Deuteronomy 13:1 sqq.).それらのいくつかは、裁判の信仰"あなたユタtentetフェステル主デウス" (申命記13時01 sqq 。 ) 。 So Tertullian was a magna tentatio; so was Origen -- indeed the greatest temptation of all.マグナは、試験のためテルトゥリアヌス;これは、原産地-実際の最大の誘惑のすべてのです。 We must know that whenever what is new or unheard before is introduced by one man beyond or against all the saints, it pertains not to religion but to temptation (xx, 49).しなければならないときに知っているかで何が新しく導入された一人の男は前に知られていないか反対かのすべての聖人を超え、それを特定の宗教に関するしかし誘惑(イグゼクス、 49 ) 。

Who are the "Saints" to whom we appeal? whoは、 "聖人"を誰にアピールですか? The reply is a definition of "Fathers of the Church" given with all St. Vincent's inimitable accuracy: "Inter se majorem consulat interrogetque sententias, eorum dumtaxat qui, diversis licet temporibus et locis, in unius tamen ecclesiae Catholicae communione et fide permanentes, magistri probabiles exstiterunt; et quicquid non unus aut duo tantum, sed omnes pariter uno eodemque consensu aperte, frequenter, perseveranter tenuisse, scripsisse, docuisse cognoverit, id sibi quoque intelligat absque ulla dubitatione credendum" (iii, 8).の定義を、返信は、 "父親の教会"に与えられたすべてのセントビンセントの独特の精度: "彼らの間だけでmajorem consulat interrogetque sententias 、 eorum dumtaxatホーム、 temporibus et diversisに違反しlocisは、 ecclesiaの複数形uniusしかしcatholicae communione et fide permanentes 、 magistri probabiles exstiterunt ; et quicquid以外のどちらか1つだけデュオ、 sed全pariterウノーeodemque consensu率直に、 frequenter 、 perseveranter tenuisse 、 scripsisse 、 docuisse cognoverit 、番号シビintelligat absqueウッラdubitatione credendumまた" ( 3世、 8 ) 。 This unambiguous sentence defines for us what is the right way of appealing to the Fathers, and the italicized words perfectly explain what is a "Father": "Those alone who, though in diverse times and places, yet persevering in time, communion and faith of the one Catholic Church, have been approved teachers."この先何が明白な文章で定義されて右側の道の魅力を、父親の、何かを説明すると、イタリック体の言葉を完全には、 "父" : "これらの単独who 、かかわらず、多様な時間と場所、時間はまだありません辛抱強い、聖体拝領と信仰は、 1つのカトリック教会は、教師が承認されています。 "

The same result is obtained by modern theologians, in their definitions; eg Fessler thus defines what constitutes a "Father":同じ結果が得られた近代的神学者は、その定義;例えば、このように定義されてfesslerを構成するもの"父" :

orthodox doctrine and learning;正統派の教義と学習;

holiness of life;ホーリネスの生活;

(at the present day) a certain antiquity. (現今では) 、特定の古代です。

The criteria by which we judge whether a writer is a "Father" or not are:私たちの基準で判断するのかどうかを作家は、 "父"かどうかは:

citation by a general council, or総務引用されたか、または

in public Acts of popes addressed to the Church or concerning Faith;ローマ教皇の公共の行為に関する対処して教会や信仰;

encomium in the Roman Martyrology as "sanctitate et doctrina insignis"; encomiumは、ローマの殉教者名簿として" sanctitate et doctrina insignis " ;

public reading in Churches in early centuries;公共世紀初めに読んで教会;

citations, with praise, as an authority as to the Faith by some of the more celebrated Fathers.引用は、褒め言葉としての権威として信仰され、いくつかの他の有名な父親です。

Early authors, though belonging to the Church, who fail to reach this standard are simply ecclesiastical writers ("Patrologia", ed. Jungmann, ch. i, #11).早期の作家、教会に所属するかかわらず、この基準に達するwhoに失敗する作家は、単に教会( " patrologia " 、エドです。ユングマン、あなたのです。私は、 # 11 ) 。 On the other hand, where the appeal is not to the authority of the writer, but his testimony is merely required to the belief of his time, one writer is as good as another, and if a Father is cited for this purpose, it is not as a Father that he is cited, but merely as a witness to facts well known to him.その一方で、ここでの魅力は、その作家の権威をしないように、しかし、彼の証言は単に彼の信念に必要な時間を、 1つの別の作家としては良い、と指摘場合、父はこの目的のために、それは彼は父親としてではなく引用し、しかし、事実だけを証人としての役目を彼によく知られています。 For the history of dogma, therefore, the works of ecclesiastical writers who are not only not approved, but even heretical, are often just as valuable as those of the Fathers.ドグマの歴史のため、したがって、教会の作家の作品をwhoだけではありませんが承認されると、異端だが、同じように貴重なとしては、しばしばそれらには、父のです。 On the other hand, the witness of one Father is occasionally of great weight for doctrine when taken singly, if he is teaching a subject on which he is recognized by the Church as an especial authority, eg, St. Athanasius on the Divinity of the Son, St. Augustine on the Holy Trinity, etc.その一方で、父は時折、目撃者の1つの偉大な教義の重量を取るときに単独、もし彼が指導するアジ研上で彼は教会として認識される特別な権限を、例えば、聖アタナシウスの神性を検索する息子、聖アウグスティヌスは三位一体など

There are a few cases in which a general council has given approbation to the work of a Father, the most important being the two letters of St. Cyril of Alexandria which were read at the Council of Ephesus.は、いくつかのケースでは、一般理事会が賛同して与えられた仕事をする父、最も重要な2つの文字がアレクサンドリアの聖シリルは、評議会がエフェソスを読む。 But the authority of single Fathers considered in itself, says Franzelin (De traditione, thesis xv), "is not infallible or peremptory; though piety and sound reason agree that the theological opinions of such individuals should not be treated lightly, and should not without great caution be interpreted in a sense which clashes with the common doctrine of other Fathers."しかし、父親の権威をシングルに考慮さ自体は言うfranzelin (デtraditione 、論文15 ) 、 "絶対に正しいかではない有無を言わせぬ;かかわらず信心深さと音神学上の理由で同意するものとし、個人の意見をこのように扱われる軽くはない、と必要がないわけではある意味で解釈される大きな注意が衝突して共通の教義の他の父親です。 " The reason is plain enough; they were holy men, who are not to be presumed to have intended to stray from the doctrine of the Church, and their doubtful utterances are therefore to be taken in the best sense of which they are capable.その理由は明らかに十分な;彼らは神聖な男性、 whoはないと推定されるには教義を目的とし、教会から外れると、その不確かな発言は、そのために服用して最高の感覚をされている可能です。 If they cannot be explained in an orthodox sense, we have to admit that not the greatest is immune from ignorance or accidental error or obscurity.で説明される場合にすることはできません。正統派の意味では、認めざるを得ないいるわけではない私たちの最大のは、無知や不慮のエラーや免疫から無名のままです。 But on the use of the Fathers in theological questions, the article TRADITION and the ordinary dogmatic treatises on that subject must be consulted, as it is proper here only to deal with the historical development of their use.しかし、上での使用には、父の神学的な点がございましたら、この資料の伝統と、通常の独断的な論文を対象に相談しなければならないように適切に対処するには、ここだけの歴史的発展を使用します。

The subject was never treated as a part of dogmatic theology until the rise of what is now commonly called "Theologia fundamentalis", in the sixteenth century, the founders of which are Melchior Canus and Bellarmine.の件名は決して独断的な神学の一部として扱われて上昇するまで、今すぐ何が通称" theologia fundamentalis "は、 16世紀は、創業者がベラルミーノメルヒオールcanusとします。 The former has a discussion of the use of the Fathers in deciding questions of faith (De locis theologicis, vii).議論を元には、使用するには、父の信仰を決める際の質問(デlocis theologicis 、 7 ) 。 The Protestant Reformers attacked the authority of the Fathers.プロテスタントの宗教改革の権威を攻撃するには、父のです。 The most famous of these opponents is Dalbeus (Jean Daillé, 1594-1670, "Traité de l'emploi des saints Pères", 1632; in Latin "De usu Patrum", 1656).これらの反対派は最も有名なdalbeus (ジャンdaillé 、 1594-1670 、 " traitéデl'雇用デ聖人pères " 、 1632 ;はラテン語"デ有珠patrum " 、 1656 ) 。

But their objections are long since forgotten.しかし、その反対は忘れて久しい。

Having traced the development of the use of the Fathers up to the period of its frequent employment, and of its formal statement by St. Vincent of Lérins, it will be well to give a glance at the continuation of the practice.トレースの開発に使用するには、父の最大の頻繁な雇用の期間、およびその正式な声明の中でのセントビンセントlérins 、それはよくを与えるの継続を一目見て、練習します。 We saw that, in 431, it was possible for St. Vincent (in a book which has been most unreasonably taken to be a mere polemic against St. Augustine -- a notion which is amply refuted by the use made in it of St. Celestine's letter) to define the meaning and method of patristic appeals.私たち見たことは、 431 、セントビンセントことが可能です(予約をされ、不当に撮影されるほとんどの論客に対して、単なる聖アウグスティヌス-これは十分に反論する考えを使用することメイドイン聖セレスティンの手紙)の意味とメソッドを定義するpatristic控訴します。 From that time onward they are very common.その時以降から彼らは非常に共通です。 In the Council of Ephesus, 431, as St. Vincent points out, St. Cyril presented a series of quotations from the Fathers, tôn hagiôtatôn kai hosiôtatôn paterôn kai episkopôn diaphorôn marturôn, which were read on the motion of Flavian, Bishop of Philippi.評議会は、エフェソス、 431 、セントビンセントとして指摘するように、聖シリル提示したシリーズの父親からの引用、 tôn hagiôtatôn甲斐hosiôtatôn paterôn甲斐episkopôn diaphorôn marturôn 、これは読んで、モーションのフラウィウス、司教のフィリッピです。 They were from Peter I of Alexandria, Martyr, Athanasius, Popes Julius and Felix (forgeries), Theophilus, Cyprian, Ambrose, Gregory Nazianzen, Basil, Gregory of Nyssa, Atticus, Amphilochius.彼らは私よりピーターアレクサンドリアの、殉教者、アタナシウス、教皇ユリウスとフェリックス(偽造) 、テオフィロス、チプリアーノ、アンブローズ、グレゴリーnazianzen 、バジル、グレゴリーのnyssa 、アッティクス、 amphilochiusです。 On the other hand Eutyches, when tried at Constantinople by St. Flavian, in 449, refused to accept either Fathers or councils as authorities, confining himself to Holy Scripture, a position which horrified his judges (see EUTYCHES).その一方でeutyches 、コンスタンティノープルを聖フラウィウスを試みたときには、 449 、受け入れを拒否して当局のいずれかの父または協議会としては、自分自身を閉じ込め教典は、彼の立場を恐怖の審査員( eutychesを参照) 。 In the following year St. Leo sent his legates, Abundius and Asterius, to Constantinople with a list of testimonies from Hilary, Athanasius, Ambrose, Augustine, Chrysostom, Theophilus, Gregory Nazianzen, Basil, Cyril of Alexandria.聖レオは、次の年に送ったlegates 、 abundiusとasterius 、証言者のリストをコンスタンティノープルとヒラリー、アタナシウス、アンブローズ、アウグスティヌス、クリュソストモス、テオフィロス、グレゴリーnazianzen 、バジル、シリルアレクサンドリアのです。 They were signed in that city, but were not produced at the Council of Chalcedon in the following year.彼らはその都市で調印さが、生産はカルケドン公会議では、次の年です。 Thenceforward the custom is fixed, and it is unnecessary to give examples.その時以来、カスタムは固定し、例を与えることは不要です。 However, that of the sixth council in 680 is important: Pope St. Agatho sent a long series of extracts from Rome, and the leader of the Monothelites, Macarius of Antioch, presented another.しかし、 6番目に重要な会議には680 :法王聖agatho長いシリーズの抽出物から送られるローマ、との指導者は、 monothelites 、マカリウスのアンティオキア、別の提示します。 Both sets were carefully verified from the library of the Patriarchate of Constantinople, and sealed.両方のセットを慎重に確認されたライブラリは、家長の位からコンスタンティノープル、および密封します。

It should be noted that it was never in such cases thought necessary to trace a doctrine back to the earliest times; St. Vincent demanded the proof of the Church's belief before a doubt arose -- this is his notion of antiquitas; and in conformity with this view, the Fathers quoted by councils and popes and Fathers are for the most part recent (Petavius, De Incarn., XIV, 15, 2-5).注意すべき点は、それは決してそのような場合に必要な思考をトレースする教義を省略している最古回;セントビンセント要求して証明書の信念の教会の前に疑いが生じた-これは彼の概念をa ntiquitas;との適合性このビューを表示する、引用され、父親の審議会、教皇の代などと父親には、ほとんどの部分を最近の(ペタヴィウス、デincarn 。 、 14 、 15 、 2-5 ) 。

In the last years of the fifth century a famous document, attributed to Popes Gelasius and Hormisdas, adds to decrees of St. Damasus of 382 a list of books which are approved, and another of those disapproved.での最後の年の5世紀の有名な文書で、教皇の代などに起因するとgelasiusホルミスダス、政令に拍車を382聖ダマソの書籍のリストが承認されると、それらの不承認と別のです。 In its present form the list of approved Fathers comprises Cyprian, Gregory Nazianzen, Basil, Athanasius, Chrysostom, Theophilus, Hilary, Cyril of Alexandria (wanting in one manuscript), Ambrose, Augustine, Jerome, Prosper, Leo ("every iota" of the tome to Flavian is to be accepted under anathema), and "also the treatises of all orthodox Fathers, who deviated in nothing from the fellowship of the holy Roman Church, and were not separated from her faith and preaching, but were participators through the grace of God until the end of their life in her communion; also the decretal letters, which most blessed popes have given at various times when consulted by various Fathers, are to be received with veneration".フォームの現在の構成のリストを承認父親チプリアーノ、グレゴリーnazianzen 、バジル、アタナシウス、クリュソストモス、テオフィロス、ヒラリー、シリルアレクサンドリアの( 1つの原稿に欠けている) 、アンブローズ、アウグスティヌス、ジェローム、繁栄、レオ( "すべてのイオタ"フラウィウスのトメには利用されて破門される) 、および"また、論文のすべての正統派の父、 who偏がないよりは旅の仲間は、神聖ローマ帝国の教会、そして彼女の信仰とは説教から分離さですが、 participatorsを通じて神の恩寵までの人生の最後に彼女の聖体拝領;また、法令の手紙、これはほとんどの祝福教皇様々な時に与えられた様々な父親に相談され、尊敬される受信されると"です。 Orosius, Sedulius, and Juvencus are praised.オロシウス、セドゥリウス、およびユーベンクスは賞賛します。

Rufinus and Origen are rejected.ルフィヌスと原産地が拒否されました。 Eusebius's "History" and "Chronicle" are not to be condemned altogether, though in another part of the list they appear as "apocrypha" with Tertullian, Lactantius, Africanus, Commodian, Clement of Alexandria, Arnobius, Cassian, Victorinus of Pettau, Faustus, and the works of heretics, and forged Scriptural documents.ユーセビアスの"歴史"と"クロニクル"は完全に非難しないように、かかわらず、彼らの別の部分のリストとして表示される"外典"とテルトゥリアヌス、ラクタンティウス、アフリカヌス、 commodian 、アレクサンドリアのクレメント、 arnobius 、カッシア、 victorinusのpettau 、ファウスト、および異端の作品を、聖書や偽造書類です。

The later Fathers constantly used the writings of the earlier.父親の後を常に使用して、以前の記述です。 For instance, St. Caesarius of Arles drew freely on St. Augustine's sermons, and embodied them in collections of his own; St. Gregory the Great has largely founded himself on St. Augustine; St. Isidore rests upon all his predecessors; St. John Damascene's great work is a synthesis of patristic theology.例えば、アルルのドリューcaesariusセントで自由に聖アウグスティヌスの説教し、彼自身のコレクションを体現して;聖グレゴリーの大が大きく自分自身を設立聖アウグスティヌス;聖ISIDOREに休息時のすべての彼の前任者;セントジョンダマシンさんの素晴らしい仕事は、合成patristic神学です。 St. Bede's sermons are a cento from the greater Fathers.聖ビードの説教は、父親の大チェントからです。 Eugippius made a selection from St. Augustine's writings, which had an immense vogue.セレクションeugippiusは、聖アウグスティヌスの記述から、これは、巨大な流行します。 Cassiodorus made a collection of select commentaries by various writers on all the books of Holy Scripture.カッシオドルスは、コレクションの論評を選択し、さまざまな作家の教典のすべての書籍です。 St. Benedict especially recommended patristic study, and his sons have observed his advice: "Ad perfectionem conversationis qui festinat, sunt doctrinae sanctorum Patrum, quarum observatio perducat hominem ad celsitudinem perfectionis . . . quis liber sanctorum catholicorum Patrum hoc non resonat, ut recto cursu perveniamus ad creatorem nostrum?"聖ベネディクト特にお勧めpatristic研究では、と彼の息子たちが彼のアドバイスを観測: "広告perfectionem conversationisホームfestinat 、 sunt doctrinae sanctorum patrum 、 quarum observatio perducat人に広告celsitudinem perfectionis 。 。 。 。 。 sanctorum catholicorum patrum独立した特別以外の何resonat 、ユタ直腸cursu perveniamus広告creatorem私達のですか? " (Sanet Regula, lxxiii). ( sanetレギュレーション、 73 ) 。 Florilegia and catenae became common from the fifth century onwards. florilegiumの複数形となったcatenaの複数形から5世紀以降の共通です。 They are mostly anonymous, but those in the East which go under the name Œcumenius are well known.彼らは大半が匿名が、それらの名の下に、東に行くœcumeniusはよく知られています。 Most famous of all throughout the Middle Ages was the "Glossa ordinaria" attributed to Walafrid Strabo.全体のすべての最も有名な中世の時代には、 "舌ordinaria " walafridストラボンに起因する。 The "Catena aurea" of St. Thomas Aquinas is still in use. "カテナアウレア"聖トマスアクィナスはまだ使用中です。 (See CATENAE, and the valuable matter collected by Turner in Hastings, Dict. of the Bible, V, 521.) St. Augustine was early recognized as the first of the Western Fathers, with St. Ambrose and St. Jerome by his side. (参照catenaの複数形、との貴重な物質によって収集さヘイスティングスターナーが、 dictのです。は、聖書、 V電源、 521 。 )聖アウグスティヌスは、最初の早期として認識され、欧米の父親は、彼の聖アンブローズと聖ジェローム側です。 St. Gregory the Great was added, and these four became "the Latin Doctors".聖グレゴリーの大が追加されました、およびこれらの4つは"医師のラテン語" 。 St. Leo, in some ways the greatest of theologians, was excluded, both on account of the paucity of his writings, and by the fact that his letters had a far higher authority as papal utterances.聖レオは、いくつかの点での最大の神学者は除外すると、アカウントの両方での彼の作品の不足、および彼の手紙という事実をはるかに高い権威としてはローマ法王の発言です。 In the East St. John Chrysostom has always been the most popular, as he is the most voluminous, of the Fathers.は、東聖ヨハネクリュソストモスは常に最も人気の、彼は、ほとんどの膨大な、には、父のです。 With the great St. Basil, the father of monachism, and St. Gregory Nazianzen, famous for the purity of his faith, he made up the triumvirate called "the three hierarchs", familiar up to the present day in Eastern art.との大聖バジル、修道の父、およびセントグレゴリーnazianzen 、彼の信仰の純度で有名な、彼は上の3人組と呼ばれる"の3つの高僧" 、おなじみの、現在の1日最大東部のアートです。 St. Athanasius was added to these by the Westerns, so that four might answer to four.聖アタナシウスされたこれらの西部劇が追加されましたので、 4つの回答を4つのかもしれない。 (See DOCTORS OF THE CHURCH.) (医師は、教会を参照。 )

It will be observed that many of the writers rejected in the Gelasian list lived and died in Catholic communion, but incorrectness in some part of their writings, eg the Semipelagian error attributed to Cassian and Faustus, the chiliasm of the conclusion of Victorinus's commentary on the Apocalypse (St. Jerome issued an expurgated edition, the only one in print as yet), the unsoundness of the lost "Hypotyposes" of Clement, and so forth, prevented such writers from being spoken of, as Hilary was by Jerome, "inoffenso pede percurritur".観測されることの多くは、作家のリストゲラシアン住んで否決されると死亡したカトリックの聖体拝領、いくつかの部分が不正確に記述、例えば、カッシアsemipelagianに起因するとエラーが発生ファウストゥスは、 1000年至福の結論の解説をvictorinusアポカリプス(聖ジェローム発行の削除修正版は、 1つだけを印刷としてはまだありません)は、不健康の失われた" hypotyposes "のクレメントなど、このような作家からといって話を妨げ、ジェロームとしてヒラリーがされ、 " inoffenso pede percurritur "です。 As all the more important doctrines of the Church (except that of the Canon and the inspiration of Scripture) may be proved, or at least illustrated, from Scripture, the widest office of tradition is the interpretation of Scripture, and the authority of the Fathers is here of very great importance.他のすべての重要な教義として、教会(を除いては、キヤノンとインスピレーションの啓典)年5月であることが立証か、または少なくともイラストレイティッド、より啓典は、広いオフィスの啓典の解釈の伝統は、との権威には、父のがここに、非常に重要である。 Nevertheless it is only then necessarily to be followed when all are of one mind: "Nemo . . . contra unanimum consensum Patrum ipsam Scripturam sacram interpretari audeat", says the Council of Trent; and the Creed of Pius IV has similarly: ". . . nec eam unquam nisi juxta unanimum consensum Patrum accipiam et interpretabor".にもかかわらずされることが続くときにのみ入力し、必ずしもすべての人は、 1つの心: "ニモ。 。 。 。 。コントラunanimum consensum patrum ipsam scripturam sacram interpretari audeat " 、評議会によると、トレント;や信条のピオ4世は、同様に: " 。 。 。 。です。 unquamそうでなかったらそばに当社プライズアセットunanimum consensum patrum accipiam et interpretabor "です。 The Vatican Council echoes Trent: "nemini licere . . . contra unanimum sensum Patrum ipsam Scripturam sacram interpretari."バチカン公会議のエコートレント: " neminiてください。 。 。 。 。コントラunanimum sensum patrum ipsam scripturam sacram interpretari 。 "

A consensus of the Fathers is not, of course, to be expected in very small matters: "Quae tamen antiqua sanctorum patrum consensio non in omnibus divinae legis quaestiunculis, sed solum certe praecipue in fidei regula magno nobis studio et investiganda est et sequenda" (Vincent, xxviii, 72).コンセンサスには、父のではない、もちろん、予想される非常に小さな問題があります: " quaeしかしsanctorum patrum consensio旧divinae以外の法令のオムニバスquaestiunculis 、 sed certe praecipue 、信仰のレギュレーションマグノSolumのスタジオet investigandaはnobis et sequenda " (ヴァンサン、 28 、 72 ) 。 This is not the method, adds St. Vincent, against widespread and inveterate heresies, but rather against novelties, to be applied directly they appear.このメソッドではない、追加セントビンセント、根っからの反対と広範なheresiesではなく、むしろ反対ノベルティ、彼らに直接適用されるが表示されます。 A better instance could hardly be given than the way in which Adoptionism was met by the Council of Frankfort in 794, nor could the principle be better expressed than by the Fathers of the Council:ほとんどが与えられるのインスタンスがより良い方法を養子論よりも達成して評議会は794フランクフォートに、またの原則がより表明され、父親のが良いの評議会:

"Tenete vos intra terminos Patrum, et nolite novas versare quaestiunculas; ad nihilum enim valent nisi ad subversionem audientium. Sufficit enim vobis sanctorum Patrum vestigia sequi, et illorum dicta firma tenere fide. Illi enim in Domino nostri exstiterunt doctores in fide et ductores ad vitam; quorum et sapientia Spiritu Dei plena libris legitur inscripta, et vita meritorum miraculis clara et sanctissima; quorum animae apud Deum Dei Filium, DNJC pro magno pietatis labore regnant in caelis. Hos ergo tota animi virtute, toto caritatis affectu sequimini, beatissimi fratres, ut horum inconcussa firmitate doctrinis adhaerentes, consortium aeternae beatitudinis . . . cum illis habere mereamini in caelis" ("Synodica ad Episc." in Mansi, XIII, 897-8). "あなたイントラterminos tenete patrum 、他noliteノversare quaestiunculas ;広告nihilum enimそうでなかったら広告subversionem価audientiumです。 sufficit enim sanctorum patrum vestigia sequiあなたのため、他これらの会社テネレfide dictumの複数形です。 enim illi 、ドミノ達のexstiterunt fide et doctoresで終身ductores ;クォーラムet sapientia spirituデイ全libris legitur inscripta 、他生命meritorum miraculisクララet sanctissima ;クォーラムanimaeアプドdeumデイfilium 、マグノdnjcプロpietatis labore caelis君臨しています。 hosエルゴご喪失virtute 、トトcaritatis affectu sequimini 、 beatissimi fratres 、ユタhorum inconcussa firmitate doctrinis adhaerentes 、コンソーシアムaeternae beatitudinis 。 。 。 。 。 mereaminiでごっillisアベールcaelis " ( " synodica広告episc 。 " mansi 、 13 、八九七から八まで) 。

And an excellent act of faith in the tradition of the Church is that of Charlemagne (ibid., 902) made on the same occasion:優れた行為と信仰の伝統の中の教会は、シャルルマーニュ( ibid. 、 902 )は、同じ行事:

"Apostolicae sedi et antiquis ab initio nascentis ecclesiae et catholicis traditionibus tota mentis intentione, tota cordis alacritate, me conjungo. Quicquid in illorum legitur libris, qui divino Spiritu afflati, toti orbi a Deo Christo dati sunt doctores, indubitanter teneo; hoc ad salutem animae meae sufficere credens, quod sacratissimae evangelicae veritatis pandit historia, quod apostolica in suis epistolis confirmat auctoritas, quod eximii Sacrae Scripturae tractatores et praecipui Christianae fidei doctores ad perpetuam posteris scriptum reliquerunt memoriam." " antiquisのab initio apostolicae sedi et nascentis ecclesiaの複数et traditionibusごcatholicis正気intentione 、心臓のごalacritate 、私conjungoです。 quicquid 、これらのlegitur libris 、ホーム神のspiritu afflati 、全部のクリスト以前sunt doctores deo orbiを、知ってindubitanter ;特別広告salutem animae meae sufficere credens, quod sacratissimae evangelicae veritatis pandit historia, quod apostolica in suis epistolis confirmat auctoritas, quod eximii Sacrae Scripturae tractatores et praecipui Christianae fidei doctores ad perpetuam posteris scriptum reliquerunt memoriam."

II. Ⅱ 。 CLASSIFICATION OF PATRISTIC WRITINGS分類patristic記述

In order to get a good view of the patristic period, the Fathers may be divided in various ways.良い対象を得るために、 patristic期間中、 5月に分かれて、父親の様々な方法があります。 One favourite method is by periods; the Ante-Nicene Fathers till 325; the Great Fathers of the fourth century and half the fifth (325-451); and the later Fathers.好きなメソッドは、 1つのピリオド;アンティ-ニカイア父親まで325 ;第4世紀の偉大な父親との半分の5番目(三二五〜四五一) ;と、後の父親です。 A more obvious division is into Easterns and Westerns, and the Easterns will comprise writers in Greek, Syriac, Armenian, and Coptic.もっと明白な課は、西部劇をeasternsとし、構成作家のeasternsはギリシャ語、シリア語、アルメニア語、およびコプト語です。 A convenient division into smaller groups will be by periods, nationalities and character of writings; for in the East and West there were many races, and some of the ecclesiastical writers are apologists, some preachers, some historians, some commentators, and so forth.便利な課を細分化されるグループをピリオド、国籍や文字の文章;のは、東と西のレースが多かった、といくつかの教会の擁護派作家は、いくつかの説教師、いくつかの歴史学者、いくつかのコメンテーターなどに最適です。

A. After (1) the Apostolic Fathers come in the second century (2) the Greek apologists, followed by (3) the Western apologists somewhat later, (4) the Gnostic and Marcionite heretics with their apocryphal Scriptures, and (5) the Catholic replies to them. a.した後( 1 ) 、 2番目の世紀にはローマ教皇の父親( 2 ) 、ギリシャの擁護者で、次いで( 3 )の西側擁護ややへ、 ( 4 ) 、グノーシス主義と異端マルキオン主義者にうその経典、および( 5 )カトリックの返信しています。

B. The third century gives us (1) the Alexandrian writers of the catechetical school, (2) the writers of Asia Minor and (3) Palestine, and the first Western writers, (4) at Rome, Hippolytus (in Greek), and Novatian, (5) the great African writers, and a few others. Bの第3世紀に与えてくれる( 1 )アレクサンドリア作家は、問答式のスクール、 ( 2 ) 、作家のアジアの未成年者と( 3 )パレスチナ、との最初の西洋作家、 ( 4 )はローマ、ヒッポリュトス(ギリシャ) 、とnovatian 、 ( 5 )偉大なアフリカの作家、とのいくつかのです。

C. The fourth century opens with (1) the apologetic and the historical works of Eusebius of Caesarea, with whom we may class St. Cyril of Jerusalem and St. Epiphanius, (2) the Alexandrian writers Athanasius, Didymus, and others, (3) the Cappadocians, (4) the Antiochenes, (5) the Syriac writers. Cに4世紀のポップアップを( 1 ) 、申し訳なさそうとの歴史的なcaesareaユーセビアス作品を、誰することがありますクラスの聖エルサレムの聖キュリロスと聖聖エピファニオス、 ( 2 ) 、アレクサンドリア作家アタナシウス、 didymus 、およびその他、 ( 3 ) cappadocians 、 ( 4 ) antiochenes 、 ( 5 ) 、シリア作家です。 In the West we have (6) the opponents of Arianism, (7) the Italians, including Jerome, (8) the Africans, and (9) the Spanish and Gallic writers.西は、私たちは( 6 ) 、反対派のアリウス主義、 ( 7 )は、イタリア人、ジェロームを含め、 ( 8 ) 、アフリカ、および( 9 ) 、スペイン語、没食子作家です。

D. The fifth century gives us (1) the Nestorian controversy, (2) the Eutychian controversy, including the Western St. Leo; (3) the historians. Dの5世紀与えてくれる( 1 ) 、ネストリウス派の論争、 ( 2 )のエウテュケス派の論争を含め、欧米の聖レオ; ( 3 )の歴史です。 In the West (4) the school of Lérins, (5) the letters of the popes.は、西( 4 ) 、学校のlérins 、 ( 5 )の文字は、ローマ教皇のです。

E. The sixth century and the seventh give us less important names and they must be grouped in a more mechanical way. e.本と第7回6世紀あまり重要な名前と連絡先グループをしなければならない彼らを他の機械的な方法です。

A 1つの

(1) If we now take these groups in detail we find the letters of the chief Apostolic Fathers, St. Clement, St. Ignatius, and St. Polycarp, venerable not merely for their antiquity, but for a certain simplicity and nobility of thought and style which is very moving to the reader. ( 1 )の場合、これらのグループを詳細に取る今の私たちの祖先の手紙の使徒の長、聖クレメント、聖イグナチオ、聖polycarpと、単にその古代由緒あるが、シンプルさと気高さを、特定の思想これは非常に移動するとスタイルのリーダーです。 Their quotations from the New Testament are quite free.その新約聖書からの引用はかなり無料です。 They offer most important information to the historian, though in somewhat homoeopathic quantities.彼らの情報を提供する最も重要な歴史学者が、量がややhomoeopathicです。 To these we add the Didache, probably the earliest of all; the curious allegorizing anti-Jewish epistle which goes under the name of Barnabas; the Shepherd of Hermas, a rather dull series of visions chiefly connected with penance and pardon, composed by the brother of Pope Pius I, and long appended to the New Testament as of almost canonical importance.新約聖書を追加して、これらの私たちは、おそらく最古のすべての; allegorizingの好奇心が反ユダヤ主義の名の下に手紙をバルナバ; hermas羊飼いは、主に、やや退屈なシリーズのビジョンとつながって苦行恩赦、弟で構成される私のピウス、と長い付加された新約聖書の重要性をほぼ標準です。 The works of Papias, the disciple of St. John and Aristion, are lost, all but a few precious fragments.の作品をpapiasは、弟子の聖ヨハネのとaristion 、変更は失われ、すべてのではなく、いくつかの貴重な断片です。

(2) The apologists are most of them philosophic in their treatment of Christianity. ( 2 )の擁護者は、かれらの多くはその治療の哲学がキリスト教です。 Some of their works were presented to emperors in order to disarm persecutions.いくつかの作品が提示さ皇帝の武装解除のために迫害します。 We must not always accept the view given to outsiders by the apologists, as representing the whole of the Christianity they knew and practised.しなければならないとは限らない同意して部外者の擁護者を対象与えられた、全体としては、キリスト教を代表する彼らを知っていたと実践します。 The apologies of Quadratus to Hadrian, of Aristo of Pella to the Jews, of Miltiades, of Apollinaris of Hierapolis, and of Melito of Sardis are lost to us.ハドリアヌスの謝罪の方形に、貴族のペラを、ユダヤ人、ミルティアデス、アポリナリスのヒエラポリス、とのメリートが失われるのサルディスしてください。 But we still possess several of greater importance.しかし、我々はまだいくつかの大きな重要性を保有します。 That of Aristides of Athens was presented to Antoninus Pius, and deals principally with the knowledge of the true God.アテネのaristidesには、提示さアントニヌスピウス、および取引の知識を主との真の神です。 The fine apology of St. Justin with its appendix is above all interesting for its description of the liturgy at Rome c.ジャスティンセントの罰金謝罪を要求したの付録は、上記のすべての興味深いの説明をするのはローマ典礼c. 150. 150 。 His arguments against the Jews are found in the well-composed "Dialogue with Trypho", where he speaks of the Apostolic authorship of the Apocalypse in a manner which is of first-rate importance in the mouth of a man who was converted at Ephesus some time before the year 132.彼の引数を反対するユダヤ人が発見されたよく構成"対話をtrypho " 、ここで彼は話すのは、ローマ教皇の黙示録の原作者がする方法の第一級の重要性を口に男whoは、いくつかの変換をエフェソス132年前の時間です。 The "Apology" of Justin's Syrian disciple Tatian is a less conciliatory work, and its author fell into heresy. "謝罪"のジャスティンのシリアの弟子tatianは融和的な仕事を減らすこと、およびその著者に落ちた異端です。 Athenagoras, an Athenian (c. 177), addressed to Marcus Aurelius and Commodus an eloquent refutation of the absurd calumnies against Christians.アテナゴラス、アテナイ( c. 177 ) 、マルクスアウレリウスとコンモドゥス宛てに反対calumnies雄弁な反論は、不合理なキリスト教徒です。 Theophilus, Bishop of Antioch, about the same date, wrote three books of apology addressed to a certain Autolycus.テオフィロス、司教のアンティオキア、については、同じ日に、 3つの書籍の謝罪を書いた対処して特定のアウトリュコスです。

(3) All these works are of considerable literary ability. ( 3 )すべてのこれらの作品はかなりの文学的能力です。 This is not the case with the great Latin apology which closely follows them in date, the "Apologeticus" of Tertullian, which is in the uncouth and untranslatable language affected by its author.これは偉大なラテンていない場合は、次のように謝罪を密接にして日には、 " apologeticus "のテルトゥリアヌス、これは言語に翻訳することのできない、洗練されていないとその著者の影響を受けています。 Nevertheless it is a work of extraordinary genius, in interest and value far above all the rest, and for energy and boldness it is incomparable.にもかかわらず仕事をすることが不世出の天才は、金利と値のはるか上のすべての残り、および比類のないことがエネルギーと大胆さです。 His fierce "Ad Scapulam" is a warning addressed to a persecuting proconsul.彼の激しい"広告scapulam "は、迫害総督警告して対処します。 "Adversus Judaeos" is a title which explains itself. "反対judaeos "は、タイトル自体を説明します。 The other Latin apologists are later.擁護派は、他のラテンへ。 The "Octavios" of Minucius Felix is as polished and gentle as Tertullian is rough. " octavios "ミヌキウスフェリクスとしては洗練さと穏やかなテルトゥリアヌスが粗雑である。 Its date is uncertain.その日は不透明だ。 If the "Apologeticus "was well calculated to infuse courage into the persecuted Christian, the "Octavius" was more likely to impress the inquiring pagan, if so be that more flies are caught with honey than with vinegar.の場合、 " apologeticus "はよく計算さ勇気を吹き込むキリスト教の迫害は、 "オクタウィウス"は、他の異教の探究を感心させるように、もしそうなら他のハエが摘発されるとハチミツに比べて、酢です。 With these works we may mention the much later Lactantius, the most perfect of all in literary form ("Divinae Institutiones", c. 305-10, and "De Mortibus persecutorum", c. 314).これらの作品の多くへラクタンティウスに言及することがありますが、最も完璧に文学のすべてのフォーム( " divinae institutiones " 、 c. 305から10し、 "デmortibus persecutorum " 、 c. 314 ) 。 Greek apologies probably later than the second century are the "Irrisiones" of Hermias, and the very beautiful "Epistle" to Diognetus.ギリシャ語の謝罪おそらくそれ以降も2番目の世紀には" irrisiones " hermias 、との非常に美しい"手紙"をdiognetusです。

(4) The heretical writings of the second century are mostly lost. ( 4 )の2番目の世紀の異端の文章は大半が失われてしまいます。 The Gnostics had schools and philosophized; their writers were numerous. gnosticsは、学校やphilosophized ;彼らは多くの作家です。 Some curious works have come down to us in Coptic.好奇心に降りてくるいくつかの作品の中には先にコプト語です。 The letter of Ptolemeus to Flora in Epiphanius is almost the only Greek fragment of real importance.フローラは、聖エピファニオスの手紙をptolemeusをギリシャ語の断片は、ほとんどの本当の重要性のみです。 Marcion founded not a school but a Church, and his New Testament, consisting of St. Luke and St. Paul, is preserved to some extent in the works written against him by Tertullian and Epiphanius. marcion設立学校ではなく、教会のない、と彼の新約聖書、聖ルカ、聖パウロ構成は、保存にある程度の作品に書かれた彼のことをテルトゥリアヌスと聖エピファニオス反対です。 Of the writings of Greek Montanists and of other early heretics, almost nothing remains.ギリシャ語の文章の他の早期異端montanistsと、ほとんど何も残っています。 The Gnostics composed a quantity of apocryphal Gospels amid Acts of individual Apostles, large portions of which are preserved, mostly in fragments, in Latin revisions, or in Syriac, Coptic, Arabic, or Slavonic versions. gnostics量の作り話の福音書の中で構成する行為の個々の使徒、大部分が保持さが、そのほとんどが破片は、ラテン語の改訂、またはシリア語、コプト語、アラビア語、またはスラヴ語バージョンです。 To these are to be added such well-known forgeries as the letters of Paul to Seneca, and the Apocalypse of Peter, of which a fragment was recently found in the Fayûm.これらのは、このように追加の文字としてよく知られてポールを偽造セネカ、アポカリプスのピーターと、そのうちの断片fayûmがこのほど発見された。

(5) Replies to the attacks of heretics form, next to the apologetic against heathen persecutors on the one hand and Jews on the other, the characteristic Catholic literature of the second century. ( 5 )返信への攻撃の異端フォームに隣接しており、異教徒persecutors申し訳なさそうに反対するユダヤ人を、他の1つの手と、カトリックの文学の特性の2番目の世紀です。 The "Syntagma" of St. Justin against all heresies is lost. "シンタグマ"聖ジャスティンに対するすべてのheresiesは失われます。 Earlier yet, St. Papias (already mentioned) had directed his efforts to the refutation of the rising errors, and the same preoccupation is seen in St. Ignatius and St. Polycarp.以前はまだありません、聖papias (前述)は彼の努力をする反論の監督の立ち上がりエラーが発生し、同じに見られる最大の関心事は、聖イグナチオ、聖polycarpです。 Hegesippus, a converted Jew of Palestine, journeyed to Corinth and Rome, where he stayed from the episcopate of Anicetus till that of Eleutherius (c. 160-180), with the intention of refuting the novelties of the Gnostics and Marcionites by an appeal to tradition. hegesippus 、変換したユダヤ人のパレスチナ、旅をコリントとローマ、ここで彼の聖アニケトゥスbishopの地位から宿泊までのeleutherius ( c.一六〇から一八〇 ) 、との意図を、反論のノベルティをgnosticsとの訴えを込めてmarcionites伝統です。 His work is lost.彼の作品では失われてしまいます。 But the great work of St. Irenæus (c. 180) against heresies is founded on Papias, Hegesippus, and Justin, and gives from careful investigation an account of many Gnostic systems, together with their refutation.しかし、偉大な作品の聖irenæus ( c. 180 )に設立さpapias反対heresiesは、 hegesippus 、およびジャスティンし、慎重に捜査を持つアカウントは、より多くのグノーシス主義のシステムでは、彼らと一緒に反論します。 His appeal is less to Scripture than to the tradition which the whole Catholic Church has received and handed down from the Apostles, through the ministry of successive bishops, and particularly to the tradition of the Roman Church founded by Peter and Paul.彼の魅力が少ないの伝統を啓典は、全体よりもカトリック教会は、使徒から受領し、受け継がれ、歴代の司教部を通じて、特に、カトリック教会の伝統の中に設立されたピーターとポールです。

By the side of Irenaeus must be put the Latin Tertullian, whose book "Of the Prescriptions Against Heretics" is not only a masterpiece of argument, but is almost as effective against modern heresies as against those of the early Church.エイレナイオスされる側のラテンテルトゥリアヌスにしなければならない、その予約"は、処方薬に対する異端"の傑作の議論だけではないが、現代は、ほぼ同じくらいの効果heresiesとして反対の反対者の早期教会です。 It is a witness of extraordinary importance to the principles of unvarying tradition which the Catholic Church has always professed, and to the primitive belief that Holy Scripture must be interpreted by the Church and not by private industry.これは臨時の証人を選んでの重要性をunvaryingの原則の伝統を公言したのは、カトリック教会は常に、として教典原始的な信仰をしなければならないと解釈される教会ではなく、民間産業です。 He uses Irenaeus in this work, and his polemical books against the Valentinians and the Marcionites borrow freely from that saint.彼はこの作品では、エイレナイオス、と彼の論争の書籍valentinians反対すると、そのサンmarcionites借りて自由にします。 He is the less persuasive of the two, because he is too abrupt, too clever, too anxious for the slightest controversial advantage, without thought of the easy replies that might be made.彼は、あまり説得力の2つのため、彼はあまりにも突然、あまりにも気の利いた、あまりにも心配して物議を醸すのわずかな優位性を考えると、簡単に返信される可能性が作られます。 He sometimes prefers wit or hard hitting to solid argument.彼は時々またはハード打撃を好んで機知に富んだ固体の引数です。 At this period controversies were beginning within the Church, the most important being the question whether Easter could be celebrated on a weekday.この時期に教会の論争が始まり、最も重要なのか、という疑問が復活祭が平日に祝われています。 Another burning question at Rome, at the turn of the century, was the doubt whether the prophesying of the Montanists could be approved, and yet another, in the first years of the third century, was the controversy with a group of opponents of Montanism (so it seems), who denied the authenticity of the writings of St. John, an error then quite new.別の火急の問題でローマ、世紀の変わり目に、 prophesyingのかどうかは、疑問のmontanistsが承認されると、とはまだありません別のは、 3番目の世紀の最初の年は、論争には、反対派のグループがモンタヌス(そう) 、 who信ぴょう性を否定して、文章の聖ヨハネのと、エラー入力し、非常に新しい。

B b

(1) The Church of Alexandria already in the second century showed the note of learning, together with a habit borrowed from the Alexandrian Jews, especially Philo, of an allegorizing interpretation of Scripture. ( 1 )アレクサンドリアの教会の2番目の世紀には既に見せての注意事項を学習する癖がつくと一緒にアレクサンドリアのユダヤ人から借りた、特にフィロ、啓典のallegorizingの解釈です。 The latter characteristic is already found in the "Epistle of Barnabas", which may be of Alexandrian origin.後者の特性は、既に発見された"信徒のバルナバ"ことがありますアレクサンドリアの起源である。 Pantamus was the first to make the Catechetical school of the city famous. pantamusは、最初の問答式のを作るの学校については、シティ有名です。 No writings of his are extant, but his pupil Clement, who taught in the school with Pantamus, c.彼の著作は、現存ないが、彼の瞳孔クレメント、 who教えは、学校に持ってpantamus 、 c. 180, and as its head, c. 180 、と、その頭、 c. 180-202 (died c. 214), has left a considerable amount of rather lengthy disquisitions dealing with mythology, mystical theology, education, social observances, and all other things in heaven and on earth.一八〇から二〇二まで(死亡したc. 214 ) 、左にするにはかなりの量のかなり長いdisquisitions対処神話、神秘的な神学、教育、社会的な慣例、およびその他すべてのものを地球上で天国とします。 He was followed by the great Origen, whose fame spread far and wide even among the heathen.彼は素晴らしい原産地に続いて、その名声も遠くまで広がる異教徒間のです。 The remains of his works, though they fill several volumes, are to a great extent only in free Latin translations, and bear but a small ratio to the vast amount that has perished.彼の作品の遺骨を、かれら埋めるいくつかの巻号は、大きな範囲でのみ参照して下さい無料ラテン語の翻訳、およびベアではなく、膨大な量の比率を小さくして亡くなりました。 The Alexandrians held as firmly as any Catholics to tradition as the rule of faith, at least in theory, but beyond tradition they allowed themselves to speculate, so that the "Hypotyposes" of Clement have been almost entirely lost on account of the errors which found a place in them, and Origen's works fell under the ban of the Church, though their author lived the life of a saint, and died, shortly after the Decian persecution, of the sufferings he had undergone in it. alexandriansとして、しっかりと開かれた任意のカトリック教徒として信仰を伝統のルールとして、少なくとも理論的には、それ以上の伝統と推測して許可されるので、 " hypotyposes "のクレメントがほぼ完全に失われた上でのエラーのアカウントが見つかりましたの場所にし、原産地の作品を禁止するのは教会の下に落ち、かれらの著者住んでの生活をするサン、および死亡し、迫害の直後にdecian 、苦しみを受けていたにしてください。

The disciples of Origen were many and eminent.弟子の原産地とする多くの著名な。 The library founded by one of them, St. Alexander of Jerusalem, was precious later on to Eusebius.それらの1つのライブラリによって設立された、聖アレクサンダーのエルサレム、しては、貴重なへユーセビアスです。 The most celebrated of the school were St. Dionysius "the Great" of Alexandria and St. Gregory of Neocaesarea in Pontus, known as the Wonder-Worker, who, like St. Nonnosus in the West, was said to have moved a mountain for short distance by his prayers.その学校の最も有名なのが聖ディオニシウス"偉大な"と聖グレゴリーのアレキサンドリアポントゥスneocaesareaで、労働者として知られてワンダー、 who 、 nonnosusは、西のようなセントだったによると、山を移動するには短い距離で彼の祈りです。 Of the writings of these two saints not very much is extant.これらの2つの聖人の文章は非常に現存しない。

(2) Montanism and the paschal question brought Asia Minor down from the leading position it held in the second century into a very inferior rank in the third. ( 2 )モンタヌスと復活祭の質問brought小アジアの指導的地位から2番目世紀で開催されたことを非常に下のランクで3番目のです。 Besides St. Gregory, St. Methodius at the end of that century was a polished writer and an opponent of Origenism -- his name is consequently passed over without mention by the Origenist historian Eusebius.聖グレゴリーのほか、聖methodius世紀末には、洗練さと対戦相手の作家origenism -彼の名前はその結果を通過せずに言及されたo rigenist史家ユーセビアスです。 We have his "Banquet" in Greek, and some smaller works in Old Slavonic.私たちは彼の"パーティ"とギリシャ語、およびいくつかの小規模な作品を古いスラヴ語です。

(3) Antioch was the head see over the "Orient" including Syria and Mesopotamia as well as Palestine and Phoenicia, but at no time did this form a compact patriarchate like that of Alexandria. ( 3 )アンティオキアは、頭を参照する"オリエント"を含め、シリアとパレスチナとフェニキアメソポタミアだけでなく、時間はないしかし、このコンパクトな家長の位を形成するようにアレクサンドリアのです。 We must group here writers who have no connection with one another in matter or style.ここにしなければならないグループwhoがない作家の接続を1つの別の物質またはスタイルです。 Julius Africanus lived at Emmaus and composed a chronography, out of which the episcopal lists of Rome, Alexandria, and Antioch, and a great deal of other matter, have been preserved for us in St. Jerome's version of the Chronicle of Eusebius, and in Byzantine chronographers.ユリウスアフリカヌスに住んで構成さエマオchronographyと、米国聖公会のリストのうち、ローマ、アレクサンドリア、およびアンティオキア、およびその他の問題を非常に多くの、問い合わせが保存されているために、聖ジェロームのバージョンのユーセビアスクロニクル、およびビザンチンchronographersです。 Two letters of his are of interest, but the fragments of his "Kestoi" or "Girdles" are of no ecclesiastical value; they contain much curious matter and much that is objectionable.彼の2つの文字の関心は、断片化したが、彼の" kestoi "または" girdles "は、教会の価値のない;彼らを含む多くの問題と好奇心には不愉快なくらいです。 In the second half of the third century, perhaps towards the end of it, a great school was established at Antioch by Lucian, who was martyred at Nicomedia in 312. 2番目3番目の世紀の半分を、おそらくそれに向かって最後には、大学校が設立されアンティオキアルシアンは、 whoが殉教したニコメディアでは312です。 He is said to have been excommunicated under three bishops, but if this is true he had been long restored at the time of his martyrdom.彼はexcommunicatedによるとされている3つの司教には、しかし、もしこれが真の長い復元されていた時点で、彼の殉教です。 It is quite uncertain whether he shared the errors of Paul of Samosata (Bishop of Antioch, deposed for heresy in 268-9).それは非常に不確実なのかどうか彼は共有さサモサタのパウロスのエラー(アンティオキア大主教は、異端の退陣を二百六十八から九まで) 。 At all events he was -- however unintentionally -- the father of Arianism, and his pupils were the leaders of that heresy: Eusebius of Nicomedia, Arius himself, with Menophantus of Ephesus, Athanasius of Anazarbus, and the only two bishops who refused to sign the new creed at the Council of Nicaea, Theognis of Nicaea and Maris of Chalcedon, besides the scandalous bishop Leontius of Antioch and the Sophist Asterius.すべてのイベントで彼は-しかし無意識-アリウス主義の父、と彼は、指導者の生徒に異端:ニコメディアのエウセビオス、アリウス自身、m e nophantusのエフェソス、アタナシウスのa n azarbusし、 2つの司教だけを拒否してw h o新たな信条に署名しては、ニカイア公会議、 theognisのイズニクとマリスのchalcedon 、レオンティオスの司教に加えて、スキャンダラスな詭弁asteriusアンティオキアとします。 At Caesarea, an Origenist centre, flourished under another martyr, St. Pamphilus, who with his friend Eusebius, a certain Ammonius, and others, collected the works of Origen in a long-famous library, corrected Origen's "Hexapla", and did much editing of the text both of the Old and the New Testaments.先caesarea 、 origenistセンター、開花されて別の殉教者、聖pamphilus 、 whoている友人のユーセビアス、特定のammonius 、およびその他、原産地で収集した作品を長期的に有名な図書館、修正原産地の" 6カ国語対訳書"とは多くテキストの編集の古さと新しさの両方のtestamentsです。

(4) We hear of no writings at Rome except in Greek, until the mention of some small works in Latin, by Pope St. Victor, which still existed in Jerome's day. ( 4 )わたしたちは聞くのない文章でローマを除いて、ギリシャ語、言及するまで、いくつかの小さな作品でラテン語、ローマ教皇聖ビクター、これまだ存在してジェロームの日です。 Hippolytus, a Roman priest, wrote from c.ヒッポリュトスは、ローマの司祭、書いたからc. 200 to 235, and always in Greek, though at Carthage Tertullian had been writing before this in Latin.二百から二百三十五、および、常にギリシャ語、カルタゴテルトゥリアヌスかかわらずで書く前にこれをラテン語ていた。 If Hippolytus is the author of the "Philosophumena" he was an antipope, and full of unreasoning enmity to his rival St. Callistus; his theology makes the Word proceed from God by His Will, distinct from Him in substance, and becoming Son by becoming man.ヒッポリュトスは、著者の場合は、 " philosophumena "彼は対立教皇、およびいっぱいの理不尽な恨みをカリスツスライバル聖;彼の神学から神の手順により、彼の言葉は、彼が異なる物質は、息子になることとなる男。 There is nothing Roman in the theology of this work; it rather connects itself with the Greek apologists.ローマではないの神学は、次の仕事;それ自体というと、ギリシャの擁護に接続します。 A great part of a large commentary on Daniel and a work against Noetus are the only other important remains of this writer, who was soon forgotten in the West, though fragments of his works turn up in all the Eastern languages.の大部分は、大規模な解説をnoetusダニエルと仕事に対しては、他の重要な遺跡は、次の作家にのみ、 whoはすぐに忘れては、西側が、彼の作品の断片を東部のすべての言語での音量を上げる。 Parts of his chronography, perhaps his last work, have survived.彼の部品chronography 、おそらく彼の最後の仕事が生き残った。 Another Roman antipope, Novatian, wrote in ponderous and studied prose with metrical endings.別のローマの対立教皇、 novatian 、散文を書いたの膨大な韻律と語尾勉強します。 Some of his works have come down to us under the name of St. Cyprian.彼の作品の中にはいくつかの問い合わせに降りてくるの名の下に聖チプリアーノです。 Like Hippolytus, he made his rigorist views the pretext for his schism.ヒッポリュトスように、彼は彼のrigorist再生回数にかこつけて彼の分裂です。 Unlike Hippolytus, he is quite orthodox in his principal work, "De Trinitate".ヒッポリュトスとは異なり、彼は非常にオーソドックスな彼の主な仕事は、 "デtrinitate "です。

(5) The apologetic works of Tertullian have been mentioned. ( 5 ) 、申し訳なさそうな作品をテルトゥリアヌスも言及。 The earlier were written by him when a priest of the Church of Carthage, but about the year 200 he was led to believe in the Montanist prophets of Phrygia, and he headed a Montanist schism at Carthage.以前のバージョンによって書かれたときに彼の教会の司祭のカルタゴが、 200年については、リードを信じて、彼は預言者のphrygiaモンタヌス主義者、モンタヌス主義と分裂に向かって、カルタゴです。 Many of his treatises are written to defend his position and his rigorist doctrines, and he does so with considerable violence and with the clever and hasty argumentation which is natural to him.彼の論文の多くは自分の立場を守るために書き込まrigoristと彼の教説、と彼はかなりのようで気が利いて、性急な暴力と、これは自然な論証している。 The placid flow of St. Cyprian's eloquence (Bishop of Carthage, 249-58) is a great contrast to that of his "master".穏やかな流れの聖チプリアーノの雄弁(司教のカルタゴ、 249から58 )は、大きな対照的には彼の"マスター"です。 The short treatises and large correspondence of this saint are all concerned with local questions and needs, and he eschews all speculative theology.短い論文や大量のやりとりは、次のサンは、関係するすべてのローカルな質問やニーズを、彼のすべての投機的神学eschewsです。 From this we gain the more light on the state of the Church, on its government, and on a number of interesting ecclesiastical and social matters.この他に光を得るために私たちの状態を、教会は、その政府、および、いくつかの興味深い教会と社会の問題です。 In all the patristic period there is nothing, with the exception of Eusebius's history, which tells us so much about the early Church as the small volume which contains St. Cyprian's works. patristicのすべての期間ではない、ユーセビアスの歴史を除いて、これを教えてくれるので多くの教会については、早期の小さなボリュームとして聖チプリアーノの作品が含まれています。 At the end of the century Arnobius, like Cyprian a convert in middle age, and like other Africans, Tertullian, Cyprian, Lactantius, and Augustine, a former rhetorician, composed a dull apology. arnobius世紀の終わりに、チプリアーノに変換するような中年期に、他のアフリカと同様に、テルトゥリアヌス、チプリアーノ、ラクタンティウス、とアウグスティヌスは、旧修辞家、作曲退屈な謝罪します。 Lactantius carries us into the fourth century. 4世紀のラクタンティウス私たちを運ぶ。 He was an elegant and eloquent writer, but like Arnobius was not a well-instructed Christian.彼は、エレガントで説得力の作家が、 arnobiusのような指示はないキリスト教をよくします。

C c

(1) The fourth century is the great age of the Fathers. ( 1 ) 、第4世紀の偉大な時代には、父のです。 It was twelve years old when Constantine published his edict of toleration, and a new era for the Christian religion began.コンスタンティンは、 12歳の時に彼の勅令寛容で公開し、新たな時代には、キリスト教の宗教が始まった。 It is ushered in by Eusebius of Caesarea, with his great apologetic works "Praeparatio Evangelica" and "Demonstratio Evangelica", which show the transcendent merit of Christianity, and his still greater historical works, the "Chronicle" (the Greek original is lost) and the "History", which has gathered up the fragments of the age of persecutions, and has preserved to us more than half of all we know about the heroic ages of the Faith.これはユーセビアスのcaesareaを案内し、彼の偉大な申し訳なさそうな作品" praeparatio evangelica "と" demonstratio evangelica " 、キリスト教の価値を表示する並外れた、と彼は大きな歴史的な作品は、 "クロニクル" (ギリシャ語オリジナルが失われる)と"歴史"は、断片化したのが集まったの年齢を迫害し、保存には、すべての問い合わせの半分以上を知って私たちの信仰歳の英雄です。 In theology Eusebius was a follower of Origen, but he rejected the eternity of Creation and of the Logos, so that he was able to regard the Arians with considerable cordiality.ユーセビアス神学の信奉者では、原産地が、彼を拒絶して、ロゴの作成と永遠のように、彼はかなりできるように真心ariansとみなしています。 The original form of the pseudo-Clementine romance, with its long and tiresome dialogues, seems to be a work of the very beginning of the century against the new developments of heathenism, and it was written either on the Phoenician coast or not far inland in the Syrian neighbourhood. 、元の形のクレメンタインの疑似恋愛には長くて退屈な対話は、仕事と思われる世紀の初めに、非常に反対する新たな展開の異教の信仰、それが書かれたかどうかのどちらかではるか内陸部の海岸でフェニキアシリアの近隣です。 Replies to the greatest of the pagan attacks, that of Porphyry, become more frequent after the pagan revival under Julian (361-3), and they occupied the labours of many celebrated writers.に返信すると、異教の最大の攻撃は、斑岩が、ますます頻繁にされて復活した後、異教のジュリアン(三百六十一〜三) 、および労働彼らが占領して、多くの著名な作家です。 St. Cyril of Jerusalem has left us a complete series of instructions to catechumens and the baptized, thus supplying us with an exact knowledge of the religious teaching imparted to the people in an important Church of the East in the middle of the fourth century.聖エルサレムの聖キュリロスは、左の問い合わせを完全シリーズの洗礼を受けたとcatechumensの指示に従って、このように供給先の正確な知識を有する人々の宗教的な教えを付与して、重要な教会の真ん中に、東は、 4世紀です。 A Palestinian of the second half of the century, St. Epiphanius, became Bishop of Salamis in Cyprus, and wrote a learned history of all the heresies. 2番目の半分をパレスチナの世紀、聖聖エピファニオス、サラミスの司教になったキプロス、と書いたのすべての履歴をheresiesを学んだ。 He is unfortunately inaccurate, and has further made great difficulties for us by not naming his authorities.彼は残念ながら不正確な、とは、より詳細な情報は大きな困難を自分の当局命名されないようです。 He was a friend of St. Jerome, and an uncompromising opponent of Origenism.彼は友人の聖ジェローム、対戦相手との妥協のないorigenismです。

(2) The Alexandrian priest Arius was not a product of the catechetical school of that city, but of the Lucianic school of Antioch. ( 2 ) 、アレクサンドリアの司祭アリウスはない製品は、問答式の学校に、その都市は、しかし、学校のアンティオキアlucianicです。 The Alexandrian tendency was quite opposite to the Antiochene, and the Alexandrian bishop, Alexander, condemned Arius in letters still extant, in which we gather the tradition of the Alexandrian Church.この傾向は、かなりの反対側にアレクサンドリアアンティオキア学派、アレクサンドリアの司教と、アレクサンダーは、死刑囚の手紙アリウスはまだ現存では私たちのアレクサンドリア教会の伝統を収集しています。 There is no trace in them of Origenism, the head-quarters of which had long been at Caesarea in Palestine, in the succession Theoctistus, Pamphilus, Eusebius.かれらのトレースではないorigenism 、頭の4分のcaesareaていたパレスチナでは長年、後継者は、 theoctistus 、 pamphilus 、ユーセビアスです。 The tradition of Alexandria was rather that which Dionysius the Great had received from Pope Dionysius.アレクサンドリアのは、むしろその伝統を受けたから偉大な教皇ディオニシウスディオニシウスです。 Three years after the Nicene Council (325), St. Athanasius began his long episcopate of forty-five years.ニカイア公会議の後に3年( 325 ) 、聖アタナシウスbishopの地位を始めた彼の長い45年間です。 His writings are not very voluminous, being either controversial theology or apologetic memoirs of his own troubles, but their theological and historical value is enormous, on account of the leading part taken by this truly great man in the fifty years of fight with Arianism.彼の著作はない非常に膨大な、物議を醸すのいずれかが申し訳なさそうな思い出の神学や自分自身のトラブルが、その膨大な神学的、歴史的な値は、アカウントの主要な部分を取らされ、この50年間、本当に偉大な男がけんかをするのアリウス主義です。 The head of the catechetical school during this half-century was Didymus the Blind, an Athanasian in his doctrine of the Son, and rather clearer even than his patriarch in his doctrine of the Trinity, but in many other points carrying on the Origenistic tradition.問答式の学校の頭の中に、この半世紀は、 didymus 、視覚障害者は、彼の教義のアタナシウスの息子、というよりも彼の家長も明確に彼の教義は、トリニティ、しかし、他の多くのポイントを帳簿上のorigenistic伝統です。 Here may be also mentioned by the way a rather later writer, Synesius of Cyrene, a man of philosophical and literary habits, who showed energy and sincere piety as a bishop, in spite of the rather pagan character of his culture.ここに記載された方法年5月にも、ややへの作家、シネシオスをcyreneでは、男性の哲学や文学の習慣、 whoエネルギーと誠実な信心深さを示して司教は、むしろ異教の文字にもかかわらず、彼の文化です。 His letters are of great interest.彼の手紙は大きな関心です。

(3) The second half of the century is illustrated by an illustrious triad in Cappadocia, St. Basil, his friend St. Gregory Nazianzen, and his brother St. Gregory of Nyssa. ( 3 ) 2番目の半分を、世紀が示されるには輝かしい三つ組カッパドキア、聖バジル、彼の友人に送るセントグレゴリーnazianzen 、とその弟の聖グレゴリーnyssaです。 They were the main workers in the return of the East to orthodoxy.彼らは労働者のメインの東に正統性の返還をします。 Their doctrine of the Trinity is an advance even upon that of Didymus, and is very near indeed to the Roman doctrine which was later embodied in the Athanasian creed.その教義は、トリニティ時には、事前にさえdidymusし、実際には非常に近く、ローマの教義はアファナシイ信経へに体現されています。 But it had taken a long while for the East to assimilate the entire meaning of the orthodox view.しかし、それは長い間をとって、東に同化全体の正統派の意味を表示します。 St. Basil showed great patience with those who had advanced less far on the right road than himself, and he even tempered his language so as to conciliate them.聖バジル大きな忍耐力を示していたこれらの高度な少ないwho右側の道路よりもはるかに自分自身、彼さえなだめるために自分の言語で鍛えている。 For fame of sanctity scarcely any of the Fathers, save St. Gregory the Wonder-Worker, or St. Augustine, has ever equalled him.高潔な名声のために、父親のほとんどのいずれか、保存聖グレゴリーの不思議-労働者か、または聖アウグスティヌスは、今までequalledていた。 He practised extraordinary asceticism, and his family were all saints.彼は臨時実践禁欲主義、と彼の家族は諸聖人のです。 He composed a rule for monks which has remained practically the only one in the East.彼のルールを構成する事実上の僧侶たちが1つだけでは依然、東です。 St. Gregory had far less character, but equal abilities and learning, with greater eloquence.聖グレゴリーの文字がはるかに少ないが、同等の能力や学習、雄弁に大きいです。 The love of Origen which persuaded the friends in their youth to publish a book of extracts from his writings had little influence on their later theology; that of St. Gregory in particular is renowned for its accuracy or even inerrancy.の愛の原産地を説得している友人に、若者の本を出版する彼の文章からの抽出物にはほとんど影響を与えるへの神学;聖グレゴリーが特に有名ですが、正確性やも間違いのないことです。 St. Gregory of Nyssa is, on the other hand, full of Origenism.聖グレゴリーのnyssaは、その一方で、フルのorigenismです。 The classical culture and literary form of the Cappadocians, united to sanctity and orthodoxy, makes them a unique group in the history of the Church.古典の文化や文学の形式のcappadocians 、団結して神聖と正統、かれらにユニークなグループでの歴史の中の教会です。

(4) The Antiochene school of the fourth century seemed given over to Arianism, until the time when the great Alexandrians, Athanasius and Didymus, were dying, when it was just reviving not merely into orthodoxy, but into an efflorescence by which the recent glory of Alexandria and even of Cappadocia was to be surpassed. ( 4 )の学校については、 4世紀のアンティオキア学派のように与えられた以上アリウス主義は、偉大されるまでに時間がalexandrians 、アタナシウスとdidymus 、死にかけているが、単にれたときには復活を正統性だけが、これを風化され、最近の栄光カッパドキアは、アレクサンドリアのとさえ突破される。 Diodorus, a monk at Antioch and then Bishop of Tarsus, was a noble supporter of Nicene doctrine and a great writer, though the larger part of his works has perished. diodorusは、修道士はアンティオキアと入力し、司教のタルスス、ニカイアは、崇高な教義の支持者と偉大な作家、かかわらず、彼の作品の大部分が亡くなりました。 His friend Theodore of Mopsuestia was a learned and judicious commentator in the literal Antiochene style, but unfortunately his opposition to the heresy of Apollinarius of Laodicea carried him into the opposite extreme of Nestorianism -- indeed the pupil Nestorius scarcely went so far as the master Theodore.彼の友人に送るモプスエスティアのテオドロスは、賢明な評論家は、リテラルを学んだとアンティオキア学派のスタイルが、残念ながら彼の異端の反対の立場を彼に運ばラオディケアapollinariusの極端なのネストリウス派の反対-実際にはこれまでのところほとんどn estorius瞳孔のマスターとしてセオドアです。 But then Nestorius resisted the judgment of the Church, whereas Theodore died in Catholic communion, and was the friend of saints, including that crowning glory of the Antiochene school, St. John Chrysostom, whose greatest sermons were preached at Antioch, before he became Bishop of Constantinople.しかし、抵抗の判断を入力し、その教会nestoriusが、カトリックの聖体拝領セオドア死亡した、とは、聖人の友人も含めて最高の栄光のアンティオキア学派の学校、聖ヨハネクリュソストモス、その偉大な説教がアンティオキア説教を前に、彼は司教コンスタンティノープルのです。 Chrysostom is of course the chief of the Greek Fathers, the first of all commentators, and the first of all orators whether in East or West.クリュソストモスはもちろん、主任は、ギリシャ語の祖先は、まず第一に解説し、 oratorsかどうかをまず第一に、東または西。 He was for a time a hermit, and remained ascetic in his life; he was also a fervent social reformer.隠者の時間を、彼は、彼の人生とは禁欲主義者;彼は熱心な社会改革もある。 His grandeur of character makes him worthy of a place beside St. Basil and St. Athanasius.彼の偉大さの文字の横には彼にふさわしい場所聖バジルと聖アタナシウスです。

As Basil and Gregory were formed to oratory by the Christian Prohaeresius, so was Chrysostom by the heathen orator Libanius.としてバジルとグレゴリーが形成されたキリスト教の礼拝堂をprohaeresius 、これがクリュソストモスlibaniusされた異教徒の雄弁家です。 In the classical Gregory we may sometimes find the rhetorician; in Chrysostom never; his amazing natural talent prevents his needing the assistance of art, and though training had preceded, it has been lost in the flow of energetic thought and the torrent of words.グレゴリーは、古典的に感じることがあります修辞家;は決してクリュソストモス;彼の素晴らしい才能を防ぐ自然の助けを借りて彼の芸術を必要とし、訓練が先行かかわらず、ロストインされて精力的思考の流れを激流の言葉とします。 He is not afraid of repeating himself and of neglecting the rules, for he never wishes to be admired, but only to instruct or to persuade.彼は自分自身との繰り返しを恐れないルールを無視して、彼は決して望んで称賛される、またはを説得するに指示するだけです。 But even so great a man has his limitations.しかし、たとえそうであって大きな男は自分の限界です。 He has no speculative interest in philosophy or theology, though he is learned enough to be absolutely orthodox.彼には投機の哲学や神学に関心を、十分にもかかわらず、彼は確実に正統派を学んだ。 He is a holy man and a practical man, so that his thoughts are full of piety and beauty and wisdom; but he is not a thinker.彼は、神聖な男と男の実用的なので、彼の想いがいっぱいの信心深さと美しさと英知;しかし彼の思想家ではない。 None of the Fathers has been more imitated or more read; but there is little in his writings which can be said to have moulded his own or future times, and he cannot come for an instant into competition with Origen or Augustine for the first place among ecclesiastical writers.なしには、父の他のまねされまたは複数の読み取り;しかし、彼の記述がほとんどないことが言えるの成型には彼自身または将来の倍、と彼は来ることはできません。競争では、インスタントを原産地やアウグスティヌスの間の最初の開催地教会の作家です。

(5) Syria in the fourth century produced one great writer, St. Ephraem, deacon of Edessa (306-73). ( 5 )第4世紀に作らシリア1つの偉大な作家、聖ephraem 、助祭のエデッサ(三〇六〜七三) 。 Most of his writings are poetry; his commentaries are in prose, but the remains of these are scantier.ほとんどが、彼の著作は、詩;彼の論評は、散文で、遺跡が、これらはscantierです。 His homilies and hymns are all in metre, and are of very great beauty.彼はすべてのメートルの賛美歌を発すると、非常に大きいと私たちの美しさです。 Such tender and loving piety is hardly found elsewhere in the Fathers.このような入札し、とても気に入って信心深さの別の場所では、父親のほとんどが見つかりました。 The twenty-three homilies of Aphraates (326-7), a Mesopotamian bishop, are of great interest.を発するのは23 aphraates (三百二十六〜七)は、メソポタミアの司教、私たちの大きな関心です。

(6) St. Hilary of Poitiers is the most famous of the earlier opponents of Arianism in the West. ( 6 )聖ヒラリーのポワティエで最も有名なのは、以前の反対派のアリウス主義は、西です。 He wrote commentaries and polemical works, including the great treatise "De Trinitate" and a lost historical work.論争を書いた作品の解説と、偉大な論文を含む"デtrinitate "とは、紛失した、歴史的な仕事です。 His style is affectedly involved and obscure, but he is nevertheless a theologian of considerable merit.彼のスタイルは、無名のaffectedly関わると、しかし、彼はかなりのメリットにもかかわらず、神学者です。 The very name of his treatise on the Trinity shows that he approached the dogma from the Western point of view of a Trinity in Unity, but he has largely employed the works of Origen, Athanasius, and other Easterns.彼の名前を、非常に論文を検索するトリニティ近づいてドグマによると彼は欧米の観点から、トリニティの団結が、彼はほとんどの作品を採用原産地、アタナシウス、およびその他のeasternsです。 His exegesis is of the allegorical type.彼の解釈は、寓話のタイプです。 Until his day, the only great Latin Father was St. Cyprian, and Hilary had no rival in his own generation.彼の1日までの唯一の大きなラテン語の父親は聖チプリアーノ、とヒラリーは、自分自身の世代のライバルはない。 Lucifer, Bishop of Calaris in Sardinia, was a very rude controversialist, who wrote in a popular and almost uneducated manner.明けの明星、司教のcalarisサルデーニャのは、非常に失礼な論客は、 who書いたのとほぼ無学な態度に人気のです。 The Spaniards Gregory of Illiberis, in Southern Spain, is only now beginning to receive his due, since Dom A. Wilmart restored to him in 1908 the important so-called "Tractatus Origenis de libris SS. Scripturae", which he and Batiffol had published in 1900, as genuine works of Origen translated by Victorinus of Pettau.グレゴリーのilliberis 、スペイン、スペイン南部では、彼のためにのみ今すぐ開始を受信するので、 DOMのa.彼は1908年に復元さwilmartの重要ないわゆる" tractatus origenisデlibris ssです。 scripturae " 、これは、彼とbatiffol公開が1900年に、本物の作品を原産地としてvictorinusのpettau訳です。 The commentaries and anti-Arian works of the converted rhetorician, Marius Victorinus, were not successful.と反アリウス主義の作品を論評して、変換した修辞家、マリウスvictorinusが正常に完了します。 St. Eusebius of Vercellae has left us only a few letters.聖ユーセビアスのvercellaeにはいくつかの文字だけを残してくれた。 The date of the short discourses of Zeno of Verona is uncertain.短い談話で、この評価をするのゼノンのヴェローナは不透明だ。 The fine letter of Pope Julius I to the Arians and a few letters of Liberius and Damasus are of great interest.ローマ教皇ユリウスの罰金の手紙をariansとして私に文字をいくつかの大きな関心がliberiusとダマソです。

The greatest of the opponents of Arianism in the West is St. Ambrose (d. 397).アリウス主義の最大のは、反対派は、西はセントアンブローズ(民主党397 )です。 His sanctity and his great actions make him one of the most imposing figures in the patristic period.彼の神聖さと彼の偉大な行動の1つに彼の最も印象的な数字は、 patristic期間です。 Unfortunately the style of his writings is often unpleasant, being affected and intricate, without being correct or artistic.残念ながら彼の文章のスタイルは、しばしば不愉快な、複雑に影響を受けると、正しいや芸術しているのです。 His exegesis is not merely of the most extreme allegorical kind, but so fanciful as to be sometimes positively absurd.彼の解釈ではないだけに、最も極端な寓話の種類は、架空のしかし、これを積極的に不合理な場合もある。 And yet, when off his guard, he speaks with genuine and touching eloquence; he produces apophthegms of admirable brevity, and without being a deep theologian, he shows a wonderful profundity of thought on ascetical, moral, and devotional matters.にもかかわらず、彼の警備隊オフ時に、彼と話すと、正規の雄弁に触れる;彼は立派な生産apophthegmsを簡潔にするため、としているのに深い神学者、彼は素晴らしい考えの深さを示して禁欲的、道徳的、および敬けんな事柄です。 Just as his character demands our enthusiastic admiration, so his writings gain our affectionate respect, in spite of their very irritating defects.当社の要求同様に熱狂的な称賛彼の性格のため、彼の文章利得の愛情を尊重、にもかかわらず、非常に刺激性の欠陥です。 It is easy to see that he is very well read in the classics and in Christian writers of East and West, but his best thoughts are all his own.これは簡単なのを見て彼は非常によく読まれ、クラシックと、キリスト教の作家の東と西、しかし、彼の考えはすべて自分自身のベストです。

(7) At Rome an original, odd, and learned writer composed a commentary on St. Paul's Epistles and a series of questions on the Old and New Testaments. ( 7 )はローマのオリジナル、奇数、作家や作曲を学んだ聖パウロの書簡を解説すると、一連の質問を旧約聖書と新約です。 He is usually spoken of as Ambrosiaster, and may perhaps be a converted Jew named Isaac, who later apostatized.彼としては、通常話さambrosiaster 、および5月ユダヤ人の名前に変換アイザックは、おそらく、 whoへapostatizedです。 St. Damasus wrote verses which are poor poetry but interesting where they give us information about the martyrs and the catacombs.聖ダマソ書いた詩が非常に悪い詩しかし、興味深いどこに連絡先情報を参照するにカタコンベ殉教者とします。 His secretary for a time was St. Jerome, a Pannonian by birth, a Roman by baptism.彼の秘書を一度には、聖ジェロームは、出生パンノニアされ、バプテスマにはローマのされています。 This learned Father, "Doctor maximus in Sacris Scripturis", is very well known to us, for almost all that he wrote is a revelation of himself.この学んだの父、 "医師マクシムスでsacris scripturis " 、問い合わせは非常によく知られて、ほぼすべてのことを書いたのは自分自身を啓示します。 He tells the reader of his inclinations and his antipathies, his enthusiasms and his irritations, his friendships and his enmities.と彼は言うが、彼の性向と彼のリーダーantipathies 、彼と彼の炎症を抑えるenthusiasms 、彼の友情と彼のenmities 。 If he is often out of temper, he is most human, most affectionate, most ascetic, most devoted to orthodoxy, and in many ways a very lovable character; for if he is quick to take offence, he is easily appeased, he is laborious beyond ordinary endurance, and it is against heresy that his anger is usually kindled.もし彼がよくかんしゃくを起こして、彼はほとんどの人間は、ほとんど愛情は、ほとんどの苦行者、ほとんどの正統性をテーマにし、多くの点で非常に愛すべき人物;を取る彼はすぐに犯罪の場合、彼は簡単にappeased 、彼は骨の折れる普通の持久力を超え、それが彼の怒りは異端に対しては、通常点火します。 He lived all the latter part of his life in a retreat at Bethlehem, surrounded by loving disciples, whose untiring devotion shows that the saint was by no means such a rough diamond, one might say such an ogre, as he is often represented.彼のすべての住んで彼の人生の後半を後退でベツレヘム、愛する弟子たちに囲まれて、その不屈の献身的な愛情によると、サンは、このような磨けば光るものではない、 1つの言うような鬼かもしれない、と彼はよく表現します。 He had no taste for philosophy, and seldom gave himself time to think, but he read and wrote ceaselessly.彼は全くの趣味を哲学では、時間を考えると、めったに自分自身は、絶え間なくしかし、彼の読み取りと書いた。 His many commentaries are brief and to the point, full of information, and the product of wide reading.彼の多くの論評は、簡単なポイントとして、フルの情報を、およびその製品の広範な読書です。 His greatest work was the translation of the Old Testament from the Hebrew into Latin.彼の最大の仕事は、旧約聖書の翻訳は、ヘブライ語をラテン語からです。 He carried on the textual labours of Origen, Pamphilus, and Eusebius, and his revision of the Latin Gospels shows the use of admirably pure Greek manuscripts, though he seems to have expended less pains on the rest of the New Testament.彼は乗って運ばれるのは、テキスト版と労働原産地、 pamphilus 、およびユーセビアス、と彼のリビジョンは、ラテン語福音書の使用を示して見事に純粋なギリシャ語原稿が、彼はあまりの痛みには支出を、新約聖書の残りの部分です。 He attacked heretics with much of the cleverness, all the vivacity, and much more than the eloquence and effectiveness of Tertullian.彼は異端の攻撃に多くの賢さは、すべての快活、およびはるかに超えるとの有効性を雄弁テルトゥリアヌスのです。 He used the like weapons against any who attacked him, and especially against his friend Rufinus during their passing period of hostility.彼のような兵器を使用して任意のwho攻撃彼は、彼の友人に送ると、特に反対ルフィヌス期間中に敵意を通過します。

If he is only "perhaps" the most learned of the Fathers, he is beyond doubt the greatest of prose writers among them all.もし彼は"たぶん"最も学んだには、父の、彼は疑いの余地の最大の散文作家のうちのすべてです。 We cannot compare his energy and wit with the originality and polish of Cicero, or with the delicate perfection of Plato, but neither can they or any other writer be compared with Jerome in his own sphere.彼のエネルギーと比較することはできないの独創性と機知に富んだポーランド語のキケロか、またはプラトンの完成度の微妙な、しかし、どちらのことはまたは他の作家に比べるとジェロームは、自分自身の球です。 He does not attempt flights of imagination, musical intonation, word-painting; he has no flow of honeyed language like Cyprian, no torrent of phrases like Chrysostom; he is a writer, not an orator, and a learned and classical writer.彼の想像力はありません便の試み、ミュージカルイントネーション、単語-絵画;彼には言語のような甘いの流れをチプリアーノ、フレーズの奔流のようなクリュソストモス;彼は作家ではなく、雄弁家、作家と古典を学んだとします。 But such letters as his, for astonishing force and liveliness, for point, and wit, and terse expression, were never written before or since.しかし、そのような文字を彼は、驚くべき力と活気をポイントし、機知に富んだ、と簡潔な表現は決して書か前または以来です。 There is no sense of effort, and though we feel that the language must have been studied, we are rarely tempted to call it studied language, for Jerome knows the strange secret of polishing his steel weapons while they are still at a white heat, and of hurling them before they cool.の努力に意味はない、とは私たちの言語と思われる必要がありますが検討されて、私たちは勉強を呼び出すにはほとんどの言語の誘惑、ジェローム奇妙な秘密を知っている彼の鋼製の武器を研磨彼らはまだ白い熱、およびそれらを投げつける前にクールです。 He was a dangerous adversary, and had few scruples in taking every possible advantage.彼は、危険な敵と平気で悪いことで撮影が可能な限りのあらゆる利点です。 He has the unfortunate defect of his extraordinary swiftness, that he is extremely inaccurate, and his historical statements need careful control.彼には、彼の不幸な欠陥臨時迅速、その彼は非常に不正確な、と彼の歴史的なステートメントを慎重にコントロールが必要です。 His biographies of the hermits, his words about monastic life, virginity, Roman faith, our Blessed Lady, relics of saints, have exercised great influence.彼の経歴は、隠修士、彼の言葉については禁欲生活、処女、ローマの信仰、私たちを祝福レディー、聖者の遺物が大きな影響力を行使しています。 It has only been known of late years that Jerome was a preacher; the little extempore discourses published by Dom Mona are full of his irrepressible personality and his careless learning.それ以降の年には既知のことのみ確認されてジェロームは、説教師;の小さな即興的な談話で公開されDOMのモナは彼の手に負えない完全な人格と彼の不注意な学習します。

(8) Africa was a stranger to the Arian struggle, being occupied with a battle of its own. ( 8 )アフリカは、見知らぬ牡羊座生まれの闘争を、占領との戦いに、独自のです。 Donatism (311-411) was for a long time paramount in Numidia, and sometimes in other parts.ドナトゥス派の教義(三一一から四一一)は、パラマウントのために長い時間ヌミディア、時には内の他の部分です。 The writings of the Donatists have mostly perished.ほとんどの文章は、 donatistsが亡くなりました。 About 370 St. Optatus published an effective controversial work against them.約370セントの効果的な物議を醸す仕事optatusで公開している。 The attack was carried on by a yet greater controversialist, St. Augustine, with a marvellous success, so that the inveterate schism was practically at an end twenty years before that saint's death.乗って運ばれるの攻撃はまだありません大論客、聖アウグスティヌスは、見事な成功は、根っからの分裂して、 20年に終止符が実質的にはその前にサンの死のです。 So happy an event turned the eyes of all Christendom to the brilliant protagonist of the African Catholics, who had already dealt crushing blows at the Latin Manichaean writers.とても幸せの目のすべてのイベントがキリスト教を主人公は、アフリカのカトリック教徒の輝かしい、 whoはすでに粉砕処理が吹くとは、ラテン語マニ教の作家です。 From 417 till his death in 431, he was engaged in an even greater conflict with the philosophical and naturalistic heresy of Pelagius and Caelestius.彼の死は431から417まで、彼が婚約したと競合する可能性は、さらに大きな異端の哲学と自然のままのcaelestiusペラギウスとします。 In this he was at first assisted by the aged Jerome; the popes condemned the innovators and the emperor legislated against them.この彼は最初の援助を受けて高齢者のジェローム;の教皇のイノベーターと天皇の法制化を非難している。 If St. Augustine has the unique fame of having prostrated three heresies, it is because he was as anxious to persuade as to refute.聖アウグスティヌスの場合には、ユニークな名声を持つprostrated 3つのheresies 、それは彼は、不安を説得するために反論します。 He was perhaps the greatest controversialist the world has ever seen.彼はおそらく、世界の最大の論客で見た。 Besides this he was not merely the greatest philosopher among the Fathers, but he was the only great philosopher.それを除けば、彼は単に、父親の間の最大の哲学者、しかし彼は大哲学者のみです。 His purely theological works, especially his "De Trinitate", are unsurpassed for depth, grasp, and clearness, among early ecclesiastical writers, whether Eastern or Western.彼の純粋な神学的な作品を、特に彼の"デtrinitate " 、深さは比類ないため、把握し、透明性、教会の間の早期作家、東部や欧米のかどうかです。 As a philosophical theologian he has no superior, except his own son and disciple, St. Thomas Aquinas.哲学的神学者として彼がない上、彼自身の息子と弟子を除いて、聖トマスアクィナスです。 It is probably correct to say that no one, except Aristotle, has exercised so vast, so profound, and so beneficial an influence on European thought.それはおそらく正しいことを言うことは絶対にありません1つを除いてアリストテレスは、行使するためには広大なので、深遠な、と欧州の考えに影響を与えるために有益です。

Augustine was himself a Platonist through and through.アウグスティヌスは、自らを徹底的にplatonistです。 As a commentator he cared little for the letter, and everything for the spirit, but his harmony of the Gospels shows that he could attend to history and detail.コメンテーターとしての彼の手紙面倒リトル、およびすべてのための精神に、しかし、彼の調和の福音書によると彼は歴史と詳細の世話をする。 The allegorizing tendencies he inherited from his spiritual father, Ambrose, carry him now and then into extravagances, but more often he rather soars than commentates, and his "In Genesim ad litteram", and his treatises on the Psalms and on St. John, are works of extraordinary power and interest, and quite worthy, in a totally different style, to rank with Chrysostom on Matthew.彼のallegorizing傾向から継承した彼の精神的な父、アンブローズ、今すぐと入力し、彼を運ぶextravagances 、しかし、より頻繁に彼というよりもcommentatesが上昇し、と彼の"とgenesim文字どおり" 、と彼の論文を検索するとは詩篇を授けた聖ヨハネ、臨時電力および利息が作品を、と非常に立派な、とは全く別のスタイル、クリュソストモス上にマシューと肩を並べる。 St. Augustine was a professor of rhetoric before his wonderful conversion; but like St. Cyprian, and even more than St. Cyprian, he put aside, as a Christian, all the artifices of oratory which he knew so well.聖アウグスティヌスは、彼の素晴らしい変換する前に修辞学教授;しかし、聖チプリアーノのような、聖チプリアーノを超えるとさえ、彼は棚上げにするとして、キリスト教は、すべてのartificesの礼拝堂に彼を知っていたようです。 He retained correctness of grammar and perfect good taste, together with the power of speaking and writing with ease in a style of masterly simplicity and of dignified though almost colloquial plainness.彼は正確に保持完璧な文法や味の良さ、と一緒に言えば、書面でのパワーを容易にするの威厳のあるスタイルの見事なシンプルさとほぼ口語かかわらず質素です。 Nothing could be more individual than this style of St. Augustine's, in which he talks to the reader or to God with perfect openness and with an astonishing, often almost exasperating, subtlety of thought.個々のものがないほどの聖アウグスティヌスのもこのスタイルでは彼と話をしたり、読者を神に完全に開放性と驚くほど、多くの場合、ほとんど成果が上がらない、繊細な思考です。 He had the power of seeing all round a subject and through and through it, and he was too conscientious not to use this gift to the uttermost.彼はすべての力を見て徹底的にラウンドを対象とし、彼はあまりにも良心を使用しないように遠く離れたこの贈り物をします。 Large-minded and far-seeing, he was also very learned.遠くまで度量の大きいと見て、彼はまた非常に学んだ。 He mastered Greek only in later life, in order to make himself familiar with the works of the Eastern Fathers.彼はギリシャ語習得への生活だけで、自分自身を行うために精通している作品は、東部の父親です。 His "De Civitate Dei" shows vast stores of reading; still more, it puts him in the first place among apologists.彼の"デcivitateデイ"を示し広大な店舗の読書;まだ他、それによって彼の擁護者のうち、最初の場所です。 Before his death (431) he was the object of extraordinary veneration.前に彼の死( 431 )オブジェクトの臨時彼は尊敬します。 He had founded a monastery at Tagaste, which supplied Africa with bishops, and he lived at Hippo with his clergy in a common life, to which the Regular Canons of later days have always looked as their model.彼は修道院を設立tagaste 、アフリカに司教を供給し、カバに住んで彼は彼の聖職者は、共通の生命、にして、定期的に参事会以降の日中にはいつも彼らのモデルとして顔です。 The great Dominican Order, the Augustinians, and numberless congregations of nuns still look to him as their father and legislator.偉大なドミニコ会は、 augustiniansし、無数の集会の修道女をまだ見て彼の父と国会議員としてです。 His devotional works have had a vogue second only to that of another of his spiritual sons, Thomas à Kempis.彼の信心の作品の中には2番目のみが流行して彼の精神的な別の人の息子、トーマスàケンピスです。 He had in his lifetime a reputation for miracles, and his sanctity is felt in all his writings, and breathes in the story of his life.彼は彼の生涯に定評が奇跡、と彼の神聖さが感じられるすべての彼の文章、および呼吸は、彼の人生の物語です。 It has been remarked that there is about this many-sided bishop a certain symmetry which makes him an almost faultless model of a holy, wise, and active man.されて多くの関係者はこの辺には、特定の対称性を司教は彼にほぼ完全無欠のモデルは、神聖な、賢明な、とアクティブな男です。 It is well to remember that he was essentially a penitent.これはよく覚えている彼は、本質的には後悔しています。

(9) In Spain, the great poet Prudentius surpassed all his predecessors, of whom the best had been Juvencus and the almost pagan rhetorician Ausonius. ( 9 ) 、スペイン、彼の偉大な詩人プルデンティウス突破したすべての前任者、最高の人とほぼユーベンクスていた異教の修辞家アウソニウスです。 The curious treatises of the Spanish heretic Priscillian were discovered only in 1889.論文は、スペイン語の好奇心が見つかっただけで1889年異端priscillianです。 In Gaul Rufinus of Aquileia must be mentioned as the very free translator of Origen, etc., and of Eusebius's "History", which he continued up to his own date.ガウルルフィヌスのアクイレイアに記載しなければならないの原産地として非常に無料の翻訳などとユーセビアスの"履歴" 、これを自分自身の日付と彼は続けた。 In South Italy his friend Paulinus of Nola has left us pious poems and elaborate letters.南イタリアでの彼の友人に送るパウリヌスNolaのは、信心深い詩や手の込んだ左の問い合わせの手紙です。

D d

(1) The fragments of Nestorius's writings have been collected by Loofs. ( 1 )の記述が断片化したnestoriusローフスによって収集されています。 Some of them were preserved by a disciple of St. Augustine, Marius Mercator, who made two collections of documents, concerning Nestorianism and Pelagianism respectively.かれらの多くは保持されるいくつかの弟子の聖アウグスティヌス、マリウスメルカトル、 whoは2つのドキュメントのコレクションを、それぞれペラギウス主義に関するネストリウス派とします。 The great adversary of Nestorius, St. Cyril of Alexandria, was opposed by a yet greater writer, Theodoret, Bishop of Cyrus.偉大な敵のnestorius 、聖シリルアレクサンドリアのは、まだありませんが大反対された作家、 theodoret 、キュロスの司教のです。 Cyril is a very voluminous writer, and his long commentaries in the mystical Alexandrian vein do not much interest modern readers.シリルは非常に膨大な数の作家、と彼の長い静脈アレクサンドリアの神秘的な論評を行うにはあまり関心現代の読者です。 But his principal letters and treatises on the Nestorian question show him as a theologian who has a deep spiritual insight into the meaning of the Incarnation and its effect upon the human race -- the lifting up of man to union with God.しかし、彼の主要な手紙や論文を検索するネストリウス派の神学者who質問詳細は彼を精神的には、深い意味を洞察して化身とその効果をもたらす、人間のレース-の男を持ち上げるのを神に労働組合です。 We see here the influence of Egyptian asceticism, from Anthony the Great (whose life St. Athanasius wrote), and the Macarii (one of whom left some valuable works in Greek), and Pachomius, to his own time.私たちエジプトの詳細については、こちら禁欲主義の影響を受けて、よりアンソニーの大(聖アタナシウス書いた人生) 、およびmacarii (左のいくつかの貴重な作品の1つで誰ギリシャ語) 、およびpachomius 、自分自身の時間です。 In their ascetical systems, the union with God by contemplation was naturally the end in view, but one is surprised how little is made by them of meditation on the life and Passion of Christ.禁欲的に彼らのシステムでは、神を熟考する労働組合は、自然の最後に、ビューで、しかし、 1つは作られることには驚きました。かれらのほとんどは、瞑想をキリストの受難の生涯とします。 It is not omitted, but the tendency as with St. Cyril and with the Monophysites who believed they followed him, is to think rather of the Godhead than of the Manhood.省略された場合ではないが、傾向と同様に、聖シリルと考えられてmonophysites whoその後彼は、神格を考えるというよりも、男らしさのです。 The Antiochene school had exaggerated the contrary tendency, out of opposition to Apollinarianism, which made Christ's Manhood incomplete, and they thought more of man united to God than of God made man.アンティオキア学派の学校を誇張していたの傾向に反し、アウトの反対の立場をapollinarianism 、イエスキリストの男らしさには不完全な、と彼らは団結して他の人よりも神の神は男です。

Theodoret undoubtedly avoided the excesses of Theodore and Nestorius, and his doctrine was accepted at last by St. Leo as orthodox, in spite of his earlier persistent defence of Nestorius.セオドアは避けられたのは間違いないtheodoret行き過ぎとnestorius 、と彼の教義は受け入れられた聖レオとしては最後の正統派、にもかかわらず、彼の以前の永続的な防衛のnestoriusです。 His history of the monks is less valuable than the earlier writings of eyewitnesses -- Palladius in the East, and Rufinus and afterwards Cassian in the West.彼の歴史を貴重な修道士が少ないの目撃者よりも、以前の記述-パラディウスは、東と西にルフィヌスその後カッシアです。 But Theodoret's "History" in continuation of Eusebius contains valuable information.しかし、 theodoretの"歴史"での継続をユーセビアス貴重な情報が含まれています。 His apologetic and controversial writings are the works of a good theologian.申し訳なさそうな、物議を醸す彼の著作は神学者の作品が良いです。 His masterpieces are his exegetical works, which are neither oratory like those of Chrysostom, nor exaggeratedly literal like those of Theodore.彼の名曲の解釈は、彼の作品は、どちらの礼拝堂のようなクリュソストモス、またそれらのセオドアexaggeratedlyリテラルのようです。 With him the great Antiochene school worthily closes, as the Alexandrian does with St. Cyril.アンティオキア学派の学校にふさわしく、彼は素晴らしいが閉じ、アレクサンドリアとしては、聖シリルです。 Together with these great men may be mentioned St. Cyril's spiritual adviser, St. Isidore of Pelusium, whose 2000 letters deal chiefly with allegorical exegesis, the commentary on St. Mark by Victor of Antioch, and the introduction to the interpretation of Scripture by the monk Hadrian, a manual of the Antiochene method.これらの偉い人たちと一緒に5月に言及聖シリルの精神的なアドバイザー、聖ペルシウムISIDOREには、主に2000文字に対応寓話釈義は、ビクターの解説にアンティオキアサンマルコられた、と紹介して解釈された啓典僧ハドリアヌスは、マニュアルは、アンティオキア学派のメソッドを使用します。

(2) The Eutychian controversy produced no great works in the East. ( 2 )の素晴らしい作品を制作エウテュケス派の論争の東です。 Such works of the Monophysites as have survived are in Syriac or Coptic versions.このような作品が生き残ったのmonophysitesとしては、シリアやコプト語バージョンです。

(3) The two Constantinopolitan historians, Socrates and Sozomen, in spite of errors, contain some data which are precious, since many of the sources which they used are lost to us. ( 3 )の2つのconstantinopolitan史家、 sozomenソクラテスと、エラーにもかかわらず、これは、貴重なデータが含まれているので、彼らの多くは、ソースが使用されるが失われるしてください。 With Theodoret, their contemporary, they form a triad just in the middle of the century.おtheodoret 、彼らの現代、それらを形成する三世紀の真ん中だけです。 St. Nilus of Sinai is the chief among many ascetical writers.シナイ半島の聖nilusの間では、多くの禁欲的な作家の長です。

(4) St. Sulpicius Severus, a Gallic noble, disciple and biographer of the great St. Martin of Tours, was a classical scholar, and showed himself an elegant writer in his "Ecclesiastical History". ( 4 )聖スルピキウスセウェルスは、高貴な没食子、弟子と伝記作家の偉大な聖マルティンのツアーは、古典的な学者は、エレガントな作家自身を示し、彼の"教会史"です。 The school of Lérins produced many writers besides St. Vincent.その学校のlérinsセントビンセント以外に、数多くの作家です。 We may mention Eucherius, Faustus, and the great St. Caesarius of Arles (543). eucheriusに言及することがあります、ファウスト、との大聖caesariusアルル( 543 ) 。 Other Gallic writers are Salvian, St. Sidonius Apollinaris, Gennadius, St. Avitus of Vienne, and Julianus Pomerius.他の没食子salvian作家は、聖シドニウスアポリナリス、 gennadius 、聖avitusのヴィエンヌ、およびユリアヌスpomeriusです。

(5) In the West, the series of papal decretals begins with Pope Siricius (384-98). ( 5 )の西、このシリーズのローマ教皇ローマ法王decretalsから始まりますsiricius ( 384から98まで) 。 Of the more important popes large numbers of letters have been preserved.教皇は、もっと重要な大量の手紙が保存されている。 Those of the wise St. Innocent I (401-17), the hot-headed St. Zosimus (417-8), and the severe St. Celestine are perhaps the most important in the first half of the century; in the second half those of Hilarus, Simplicius, and above all the learned St. Gelasius (492-6).聖して英明でられるこれらの罪のない私(四百一〜十七)は、頭の聖ホットゾシモス( 417から8まで) 、および、重度の聖セレスティンは、おそらく最も重要な世紀の最初の半分;で2番目の半分これらのhilarus 、 simplicius 、および上記のすべての学んだ聖gelasius (四九二から六まで) 。 Midway in the century stands St. Leo, the greatest of the early popes, whose steadfastness and sanctity saved Rome from Attila, and the Romans from Genseric.ミッドウェイは、世紀のスタンドセントレオは、ローマ教皇の最大のは、初めに、そのしっかりしていると神聖ローマからアッティラに保存し、ローマ人への手紙からgensericです。 He could be unbending in the enunciation of principle; he was condescending in the condoning of breaches of discipline for the sake of peace, and he was a skilful diplomatist.彼が曲がらないは、発声の原則; condoningのは、彼は人を見下すような規律違反の平和のために、と彼は、熟練diplomatistです。 His sermons and the dogmatic letters in his large correspondence show him to us as the most lucid of all theologians.彼の説教と独断的な手紙を彼の大規模な文通詳細彼を先として、最も明快なのすべての神学者です。 He is clear in his expression, not because he is superficial, but because he has thought clearly and deeply.彼は彼の表現を明確にさではなく、彼はうわべだけのためではなく、彼ははっきりと深く考えています。 He steers between Nestorianism and Eutychianism, not by using subtle distinctions or elaborate arguments, but by stating plain definitions in accurate words.ネストリウス派との間に彼はステアリングeutychianismではなく、微妙な区別や精巧な引数を使用して、しかし正確な言葉の定義を記載平野です。 He condemned Monothelitism by anticipation.キリスト単を見越して彼を非難します。 His style is careful, with metrical cadences.彼のスタイルは慎重に、韻律cadencesです。 Its majestic rhythms and its sonorous closes have invested the Latin language with a new splendour and dignity.その雄大なリズムとその仰々しい明日はラテン語の言語に投資し、新しい豪華と尊厳です。

Eメール

(1) In the sixth century the large correspondence of Pope Hormisdas is of the highest interest. ( 1 )は、 6世紀のローマ教皇ホルミスダス大量のやりとりの関心が最も高い。 That century closes with St. Gregory the Great, whose celebrated "Registrum" exceeds in volume many times over the collections of the letters of other early popes.明日には聖グレゴリー世紀の偉大な、その有名な" registrum "を超えて、ボリュームのコレクションを、多くの倍以上の文字の他の初期の教皇です。 The Epistles are of great variety and throw light on the varied interests of the great pope's life and the varied events in the East and West of his time.この書簡は非常に多様性と、さまざまな光を投じるの利益を偉大な法王の生涯と、さまざまなイベントは、東と西の彼の時間です。 His "Morals on the Book of Job" is not a literal commentary, but pretends only to illustrate the moral sense underlying the text.彼の"道徳上の書籍の仕事"をリテラルの解説ではないが、道徳的な意味で明らかにするふりだけを基礎のテキストです。 With all the strangeness it presents to modern notions, it is a work full of wisdom and instruction.すべてのストレンジネスことにプレゼントを近代的概念、それは、仕事いっぱいの知恵と命令します。 The remarks of St. Gregory on the spiritual life and on contemplation are of special interest.聖グレゴリーの発言を検索する精神的な生活とは特別な関心を熟考する。 As a theologian he is original only in that he combines all the traditional theology of the West without adding to it.神学者として彼はオリジナルの組み合わせだけでは彼のすべての伝統的な神学の西を追加しています。 He commonly follows Augustine as a theologian, a commentator and a preacher.彼は次のようによくアウグスティヌス神学者としては、解説者と説教師です。 His sermons are admirably practical; they are models of what a good sermon should be.彼の説教は、見事に実用的な;彼らはどのようなモデルの良い説教すべきである。 After St. Gregory there are some great popes whose letters are worthy of study, such as Nicholas I and John VIII; but these and the many other late writers of the West belong properly to the medieval period.聖グレゴリーした後、その手紙には、いくつか大きな教皇は、価値のある研究では、私のようなニコラスとジョンviii ;しかし、これらの作家との欧米の数多くの後半は中世の時代に適切に属しています。 St. Gregory of Tours is certainly medieval, but the learned Bede is quite patristic.中世の聖グレゴリーのツアーは、確かに、しかし、ビードは非常にpatristicを学んだ。 His great history is the most faithful and perfect history to be found in the early centuries.彼の偉大な歴史は、最も忠実で完璧な履歴を早期に発見された世紀です。

(2) In the East, the latter half of the fifth century is very barren. ( 2 ) 、東は、 5世紀後半には非常に不毛の地です。 The sixth century is not much better. 6世紀ではないがずっと良かったよ。 The importance of Leontius of Byzantium (died c. 543) for the history of dogma has only lately been realized.の重要性をレオンティオスのビュザンティオン(死亡したc. 543 )の最近の歴史のドグマには実現されています。 Poets and hagiographers, chroniclers, canonists, and ascetical writers succeed each other.詩人とhagiographers 、 chroniclers 、 canonists 、お互いに成功すると禁欲的な作家です。 Catenas by way of commentaries are the order of the day.道の論評をcatenasは、順序がわかります。 St. Maximus Confessor, Anastasius of Mount Sinai, and Andrew of Caesarea must be named.聖マクシムス懺悔、アナスタシオスのマウントサイナイ、とアンドリューの名前caesareaしなければならない。 The first of these commented on the works of the pseudo-Dionysius the Areopagite, which had probably first seen the light towards the end of the fifth century.これらのコメント上の最初の作品は、偽ディオニシウスアレオパギタ、おそらく最初に見ていたの光に向かって、 5世紀の終わりです。 St. John of Damascus (c. 750) closes the patristic period with his polemics against heresies, his exegetical and ascetical writings, his beautiful hymns, and above all his "Fountain of Wisdom", which is a compendium of patristic theology and a kind of anticipation of scholasticism.聖ヨハネのダマスカス( c. 750 )明日の彼の論争術期patristic反対heresies 、彼の解釈と禁欲的な文章、彼の美しい賛美歌、および上記のすべての彼の"知恵の泉" 、これは、ある種の神学関するpatristicスコラを期待します。 Indeed, the "Summae Theologicae" of the Middle Ages were founded on the "Sentences" of Peter Lombard, who had taken the skeleton of his work from this last of the Greek Fathers.確かに、 " summaのtheologicae "は、中世に設立された"文"のピーターロンバード、 who骨格を取っていた彼の作品から、この最後の、ギリシャの父親です。

III. Ⅲ 。 CHARACTERISTICS OF PATRISTIC WRITINGS patristic特性を記述

A. Commentaries a.解説

It has been seen that the literal school of exegesis had its home at Antioch, while the allegorical school was Alexandrian, and the entire West, on the whole, followed the allegorical method, mingling literalism with it in various degrees.リテラルされて学校で見たことがあるが、ホームでの釈義アンティオキア、アレクサンドリアが、寓話の学校は、全体の西側は、全体の、その後の寓意法は、文字どおりに解釈することにして様々な度が入り交じった。 The suspicion of Arianism has lost to us the fourth-century writers of the Antiochene school, such as Theodore of Heraclea and Eusebius of Emesa, and the charge of Nestorianism has caused the commentaries of Diodorus and Theodore of Mopsuestia (for the most part) to disappear.アリウス主義の疑いで失われている情報は、第4世紀の作家の学校アンティオキア学派など、セオドアのheracleaとユーセビアスのemesa 、との論評を担当ネストリウス派が原因とのdiodorusモプスエスティアのテオドロス(ため、ほとんどの部分)を消えます。 The Alexandrian school has lost yet more heavily, for little of the great Origen remains except in fragments and in unreliable versions.アレクサンドリアの他の学校には失われるのはまだありません大きく、ほとんどの偉大な原産地遺跡の破片を除いては信頼できないとのバージョンです。 The great Antiochenes, Chrysostom and Theodoret, have a real grasp of the sense of the sacred text.偉大なantiochenes 、クリュソストモスとtheodoret 、把握するのは、本当の意味での神聖なテキストです。 They treat it with reverence and love, and their explanations are of deep value, because the language of the New Testament was their own tongue, so that we moderns cannot afford to neglect their comments.かれらはそれを畏敬の念と愛、およびそれらの値の深い説明は、新約聖書のための言語を自分の舌は、ですから、私たち現代余裕をほっておかないようにコメントすることはできません。 On the contrary, Origen, the moulder of the allegorizing type of commentary, who had inherited the Philonic tradition of the Alexandrian Jews, was essentially irreverent to the inspired authors.それどころか、原産地は、モルダーは、 allegorizingタイプの解説、 who philonicの伝統を継承していたのアレクサンドリアのユダヤ人、は、本質的に不遜なインスピレーションを作者に帰属します。 The Old Testament was to him full of errors, lies, and blasphemies, so far as the letter was concerned, and his defence of it against the pagans, the Gnostics, and especially the Marcionites, was to point only to the spiritual meaning.旧約聖書は間違いだらけの彼と嘘とblasphemies 、これまでのところ省庁の手紙は、反対することと彼の防衛の多神教徒は、 gnosticsし、特にmarcionitesだっただけに、精神的な意味をポイントします。 Theoretically he distinguished a triple sense, the somatic, the psychic, and the pneumatic, following St. Paul's trichotomy; but in practice he mainly gives the spiritual, as opposed to the corporal or literal.理論的に彼はトリプル識別する意味では、身体的、精神的、との空気は、次の聖パウロの三分;しかし、実際に彼は主に与える精神的、肉体的またはリテラルとして反対している。

St. Augustine sometimes defends the Old Testament against the Manichæans in the same style, and occasionally in a most unconvincing manner, but with great moderation and restraint.聖アウグスティヌス時には、旧約聖書の擁護と同じスタイルmanichæans反対する、とし、場合によっては非常に納得がいかないように、しかし、非常に節度と自制します。 In his "De Genesi ad litteram" he has evolved a far more effective method, with his usual brilliant originality, and he shows that the objections brought against the truth of the first chapters of the book invariably rest upon the baseless assumption that the objector has found the true meaning of the text.彼の"デGenesiに文字どおり"彼は進化をはるかに効果的な方法で、彼のいつもの輝かしい独創性、および彼に対する異議申し立てによると、最初の章の真実性を常に残りの予約時の根拠と仮定し、兵役拒否者は、見つかったの真の意味のテキストです。 But Origen applied his method, though partially, even to the New Testament, and regarded the Evangelists as sometimes false in the letter, but as saving the truth in the hidden spiritual meaning.しかし、彼の法適用原産地、かかわらず部分も、新約聖書を、と考え、時にはfalseに、文字の伝道者としてではなく、隠された真実を保存して精神的な意味を持つ。 In this point the good feeling of Christians prevented his being followed.この時点で、いい感じで阻止彼のキリスト教徒が続いた。 But the brilliant example he gave, of running riot in the fantastic exegesis which his method encouraged, had an unfortunate influence.しかし、彼は立派な例は、実行中の暴動は、彼の素晴らしい釈義法を奨励、不幸な影響を与えるいた。 He is fond of giving a variety of applications to a single text, and his promise to hold nothing but what can be proved from Scripture becomes illusory when he shows by example that any part of Scripture may mean anything he pleases.彼は好きな与え、さまざまなアプリケーションを、 1つのテキスト、および彼の約束を保持するに過ぎない啓典が何ができるからであることが立証され架空の時に彼の例を示して啓典のいかなる部分彼は喜ばせる何か意味があります。 The reverent temper of later writers, and especially of the Westerns, preferred to represent as the true meaning of the sacred writer the allegory which appeared to them to be the most obvious.敬けんな気性の以降の作家、特に、西部劇、希望を表すとしての真の意味は、神聖な作家の登場にして寓喩の中で最も明白です。 St. Ambrose and St. Augustine in their beautiful works on the Psalms rather spiritualize, or moralize, than allegorize, and their imaginative interpretations are chiefly of events, actions, numbers, etc. But almost all allegorical interpretation is so arbitrary and depends so much on the caprice of the exegete that it is difficult to conciliate it with reverence, however one may he dazzled by the beauty of much of it.聖アンブローズと聖アウグスティヌスはその美しい作品をspiritualizeに詩篇を授けたというか、または道を説く、より寓話を用いると、その想像力の解釈のイベントは主に、アクション、数字、等しかし、ほぼすべての寓話とによって、任意のような解釈は非常に多く気まぐれにexegeteを検索することは困難をなだめることに敬意をもって、しかし彼は圧倒された1つの美しさがあります多くのことです。 An alternative way of defending the Old Testament was excogitated by the ingenious author of the pseudo-Clementines; he asserts that it has been depraved and interpolated.代替手段を守るには、旧約聖書のexcogitatedされた独創的な著者は、疑似clementines ;彼は堕落したと主張補間されています。 St. Jerome's learning has made his exegesis unique; he frequently gives alternative explanations and refers to the authors who have adopted them.聖ジェロームの学習は彼の釈義ユニークな;彼は頻繁には、別の説明や作者を参照してwhoを採用します。 From the middle of the fifth century onwards, second-hand commentaries are universal in East and West, and originality almost entirely disappears.世紀半ばからの第5回以降、 2番目-手の論評は、普遍的に東と西、ほぼ完全に独自性が消えます。 Andrew of Caesarea is perhaps an exception, for he commented on a book which was scarcely at all read in the East, the Apocalypse.アンドリューの例外caesareaは、おそらく、彼のコメントは、書籍ではほとんどすべての続きを読むの東、黙示録のです。

Discussions of method are not wanting.議論を特定する方法には欠けています。 Clement of Alexandria gives "traditional methods", the literal, typical, moral, and prophetical.アレクサンドリアのクレメントは、 "伝統的な方法"の場合、リテラル、典型的、道徳的、および机上のです。 The tradition is obviously from Rabbinism.ラビの教義からの伝統は、明らかにします。 We must admit that it has in its favour the practice of St. Matthew and St. Paul.しなければならないが、その恩恵を認めることの実践は、マタイと聖パウロです。 Even more than Origen, St. Augustine theorized on this subject.原産地を超えるも、聖アウグスティヌス理論上、このアジ研です。 In his "De Doctrina Christiana" he gives elaborate rules of exegesis.彼の"デdoctrinaクリスティアナ"と彼は、手の込んだ評釈のルールです。 Elsewhere he distinguishes four senses of Scripture: historical, aetiological (economic), analogical (where NT explains OT), and allegorical ("De Util. Cred.", 3; cf. "De Vera Rel.", 50).彼は他の4つの感覚の区別啓典:歴史的建造物、 aetiological (経済) 、類推(ここでNTの説明ot ) 、および寓話( "デ使用率です。信用性です。 " 、 3 ;継続前誌です。 "デヴェラバージョンです。 " 、 50 ) 。 The book of rules composed by the Donatist Tichonius has an analogy in the smaller "canons" of St. Paul's Epistles by Priscillian.この本のルールで構成されたdonatist tichoniusには、類推は、小さい"参事会"の聖パウロの書簡をpriscillianです。 Hadrian of Antioch was mentioned above.アンティオキアは、上述のハドリアヌスのです。 St. Gregory the Great compares Scripture to a river so shallow that a lamb can walk in it, so deep that an elephant can float.聖グレゴリー啓典を比較して偉大なので浅い川の中を歩くことは、子羊のことので、深さ象はfloat型です。 (Pref. to "Morals on Job"). ( pref.を"道徳上の仕事" ) 。 He distinguishes the historical or literal sense, the moral, and the allegorical or typical.彼またはリテラルを区別して歴史的な意味では、道徳的、または典型的な寓話とします。 If the Western Fathers are fanciful, yet this is better than the extreme literalism of Theodore of Mopsuestia, who refused to allegorize even the Canticle of Canticles.架空の場合は、欧米の父親には、これよりはましはまだありませんが、極端な直訳モプスエスティアのテオドロス、 whoを拒否しても、賛美歌の寓話を用いるソロモンの歌です。

B. Preachers b.説教師

We have sermons from the Greek Church much earlier than from the Latin.私たちは説教よりもかなり早い時期から、ギリシャの教会からのラテン語です。 Indeed, Sozomen tells us that, up to his time (c. 450), there were no public sermons in the churches at Rome.確かに、 sozomenを教えてくれるが、最大で自分の時間( c. 450 ) 、公共の説教ではないローマの教会で。 This seems almost incredible.このほとんど信じられないようです。 St. Leo's sermons are, however, the first sermons certainly preached at Rome which have reached us, for those of Hippolytus were all in Greek; unless the homily "Adversus Alcatores" be a sermon by a Novatian antipope.聖レオの説教には、しかし、確かに説教はローマの最初の説教を先に達し、すべての方のためにはギリシャ語ヒッポリュトス;ていない限り、説教"反対alcatores " novatian対立教皇は、説教された。 The series of Latin preachers begins in the middle of the fourth century.このシリーズのラテン語説教師を開始、 4世紀の真ん中です。 The so-called "Second Epistle of St. Clement" is a homily belonging possibly to the second century.いわゆる" 2番目の信徒の聖クレメント"は、説教を2番目の世紀に属する可能性があります。 Many of the commentaries of Origen are a series of sermons, as is the case later with all Chrysostom's commentaries and most of Augustine's.原産地の多くは、論評は、一連の説教のと同じように、すべてのクリュソストモスの場合への解説とほとんどのアウグスティヌスのです。

In many cases treatises are composed of a course of sermons, as, for instance, is the case for some of those of Ambrose, who seems to have rewritten his sermons after delivery.多くの場合、論文は、コースの説教を構成する、として、例えば、それらのいくつかは、ケースのアンブローズ、 whoようには彼の説教した後に書き直さ配信します。 The "De Sacramentis" may possibly be the version by a shorthand-writer of the course which the saint himself edited under the title "De Mysteriis". "デsacramentis " 5月のバージョンされる可能性があります速記-作家のこのコースは、サン自身編集タイトルの下に"デmysteriis "です。 In any case the "De Sacramentis" (whether by Ambrose or not) has a freshness and naiveté which is wanting in the certainly authentic "De Mysteriis".いずれにせよ、 "デsacramentis " (かどうかをアンブローズかどうか)には、新鮮さとnaivetéに欠けているのは確かに本物の"デmysteriis "です。 Similarly the great courses of sermons preached by St. Chrysostom at Antioch were evidently written or corrected by his own hand, but those he delivered at Constantinople were either hurriedly corrected, or not at all.同様に、素晴らしいコースの説教説教が明らかにされアンティオキア聖クリュソストモスは彼自身の手で書かまたは修正され、コンスタンティノープルだが彼は配達先のいずれかを急いで修正されたか、またはまったくです。 His sermons on Acts, which have come down to us in two quite distinct texts in the manuscripts, are probably known to us only in the forms in which they were taken down by two different tachygraphers.彼の説教する行為は、先に降りてくるのが非常に異なる2つの文章は、原稿、問い合わせだけでは、おそらく知られてフォームを判別できないことが異なる2つのtachygraphersにダウンされています。 St. Gregory Nazianzen complains of the importunity of these shorthand-writers (Orat. xxxii), as St. Jerome does of their incapacity (Ep. lxxi, 5).聖グレゴリーnazianzen不満は、これらの速記importunity -作家( orat. 32 ) 、聖ジェローム機能としての無能力( ep. 71 、 5 ) 。 Their art was evidently highly perfected, and specimens of it have come down to us.その芸術は明らかに高度に完成し、移動先に降りてくることがあります。 They were officially employed at councils (eg at the great conference with the Donatists at Carthage, in 411, we hear of them).彼らは正式に従業員協議会(例えば、大会議では、カルタゴdonatistsでは、 411 、私たちを耳にして) 。 It appears that many or most of the bishops at the Council of Ephesus, in 449, had their own shorthand-writers with them.多くのことが表示さまたはほとんどのエフェソス司教は、評議会は、 449 、ライターが独自の速記します。 The method of taking notes and of amplifying receives illustration from the Acts of the Council of Constantinople of 27 April, 449, at which the minutes were examined which had been taken down by tachygraphers at the council held a few weeks earlier.このメソッドの撮影ノートやイラストの増幅を受信する行為から27コンスタンティノポリス4月、 449 、では、分が検討されていたダウンを取らtachygraphersは、会議を開き、数週間前です。

Many of St. Augustine's sermons are certainly from shorthand notes.多くの聖アウグスティヌスの説教は確かに速記録からです。 As to others we are uncertain, for the style of the written ones is often so colloquial that it is difficult to get a criterion.不確実さを他の我々は、のスタイルを書かれたものが多いので、口語で基準を取得することは困難です。 The sermons of St. Jerome at Bethlehem, published by Dom Morin, are from shorthand reports, and the discourses themselves were unprepared conferences on those portions of the Psalms or of the Gospels which had been sung in the liturgy.ベツレヘムの説教の聖ジェロームは、公開されDOMのモランは、速記からレポートを作成し、即席の会議のディス自身がこれらの部分を上に詩篇を授けたまたは、福音書の典礼で歌われていた。 The speaker has clearly often been preceded by another priest, and on the Western Christmas Day, which his community alone is keeping, the bishop is present and will speak last.多くの場合、スピーカーは明らかに別の僧侶が先行し、西洋のクリスマスの日に、これだけでは彼のコミュニティの維持は、司教が存在し、最終更新は話す。 In fact the pilgrim Ætheria tells us that at Jerusalem, in the fourth century, all the priests present spoke in turn, if they chose, and the bishop last of all.実際にはエルサレムの巡礼者ætheriaを教えてくれるものとは、第4世紀に、現在のスポークのすべての司祭になり、彼らを選んだ場合、最後のすべての司教とします。 Such improvised comments are far indeed from the oratorical discourses of St. Gregory Nazianzen, from the lofty flights of Chrysostom, from the torrent of iteration that characterizes the short sermons of Peter Chrysologus, from the neat phrases of Maximus of Turin, and the ponderous rhythms of Leo the Great.このような即興のコメントを実際よりはるかに雄弁家の談話では聖グレゴリーnazianzen 、高尚な便のクリュソストモスから、その特徴からの激流の繰り返しの短い説教のピータークリソログス、より重要なのトリノの巧妙な表現をし、膨大なリズムレオの大です。 The eloquence of these Fathers need not be here described.これらの父親の雄弁がここに記載する必要はありません。 In the West we may add in the fourth century Gaudentius of Brescia; several small collections of interesting sermons appear in the fifth century; the sixth opens with the numerous collections made by St. Caesarius for the use of preachers.西は、第4世紀に追加することがありますgaudentiusのブレーシャ;いくつかの小さなコレクションの興味深い説教に表示される5世紀;第6回ポップアップで、多くのコレクションを作られる聖caesariusの利用のために説教師です。 There is practically no edition of the works of this eminent and practical bishop.実質的に何の盤には、実用的な作品は、次の著名な司教とします。 St. Gregory (apart from some fanciful exegesis) is the most practical preacher of the West.聖グレゴリー(いくつかの架空の離れ評釈)は、最も実用的な説教師は、西です。 Nothing could be more admirable for imitation than St. Chrysostom.ものがないほど見事に模倣よりも聖クリュソストモスです。 The more ornate writers are less safe to copy.華美な作家が少なく、他の金庫にコピーします。 St. Augustine's style is too personal to be an example, and few are so learned, so great, and so ready, that they can venture to speak as simply as he often does.聖アウグスティヌスのスタイルはあまりにも個人的にも例を挙げると、およびいくつかのは非常に学んだので、素晴らしいなどの準備、それを話すことができますベンチャーとしては単に彼はしばしばです。

C. Writers c.作家

The Fathers do not belong to the strictly classical period of either the Greek or the Latin language; but this does not imply that they wrote bad Latin or Greek.に属していないし、父親の期間のいずれかの厳密に古典的か、ラテン語、ギリシャの言語;だがこれは、必ずしも悪いこと書いたラテン語やギリシャ語です。 The conversational form of the Koiné or common dialect of Greek, which is found in the New Testament and in many papyri, is not the language of the Fathers, except of the very earliest. koinéの会話や共通の形式の方言のギリシア語、新約聖書が発見されたとの多くのpapyrusの複数形ではないの言語には、父のを除いて、非常に早い。 For the Greek Fathers write in a more classicizing style than most of the New Testament writers; none of them uses quite a vulgar or ungrammatical Greek, while some Atticize, eg the Cappadocians and Synesius.父親は、ギリシャ語で書くよりも、他のほとんどのスタイルclassicizing新約聖書作家;なしでは、かなりの下品な人やギリシャ語文法にのっとって、いくつかのアテネ風に、例えば、シネシオスcappadociansとします。 The Latin Fathers are often less classical.古典のラテン語の祖先は、しばしば少ないです。

Tertullian is a Latin Carlyle; he knew Greek, and wrote books in that language, and tried to introduce ecclesiastical terms into Latin.テルトゥリアヌスは、ラテン語カーライル;彼を知っていたギリシャ語、と書いたの書籍をその言語には、教会の用語を導入しようとするとラテン語です。 St. Cyprian's "Ad Donatum", probably his first Christian writing, shows an Apuleian preciosity which he eschewed in all his other works, but which his biographer Pontius has imitated and exaggerated.聖チプリアーノの"広告donatum " 、おそらく彼の最初のキリスト教の書き込み、表示するすべてのapuleian気取りの彼は控えめな彼の他の作品は、彼の伝記作家pontiusしかし、これは誇張された模造とします。 Men like Jerome and Augustine, who had a thorough knowledge of classical literature, would not employ tricks of style, and cultivated a manner which should be correct, but simple and straightforward; yet their style could not have been what it was but for their previous study.男性のようなジェロームとオーガスティン、 who古典文学の知識を徹底的にいたものではないトリックのスタイルを採用し、どのように栽培する必要が正しければ、しかし、シンプルでわかりやすい;に対するレビューはまだそのスタイルがどのようなことはできませんでしたが、その前の勉強します。 For the spoken Latin of all the patristic centuries was very different from the written.は、ラテン語のすべての音声は、非常に異なるpatristic世紀に書かれたからです。 We get examples of the vulgar tongue here and there in the letters of Pope Cornelius as edited by Mercati, for the third century, or in the Rule of St. Benedict in Wölfflin's or Dom Mona's editions, for the sixth.私たちの例を得るの低俗な舌の手紙のあちこちで、ローマ教皇コルネリウスmercatiとして編集され、第3世紀、またはルールの聖ベネディクトにwölfflinのかDOMモナのエディションは、 6番目です。 In the latter we get such modernisms as cor murmurantem, post quibus, cum responsoria sua, which show how the confusing genders and cases of the classics were disappearing into the more reasonable simplicity of Italian.後者のようなmodernisms得コーmurmurantemとして、郵便quibus 、ごっresponsoriaログインし、これをどのように混乱の性別やクラシックが消えつつある例をイタリア語の他の合理的なシンプルです。 Some of the Fathers use the rhythmical endings of the "cursus" in their prose; some have the later accented endings which were corruptions of the correct prosodical ones.いくつかのには、父のリズミカルな語尾を使用して、 " cursus "を含むものは散文;いくつかのは、不正へのアクセントの語尾が正しい韻律的なものです。 Familiar examples of the former are in the older Collects of the Mass; of the latter the Te Deum is an obvious instance.身近な例を元には、過去の収集は、質量;は、後者のテデウムは、明白なインスタンスです。

D. East and West d.東と西

Before speaking of the theological characteristics of the Fathers, we have to take into account the great division of the Roman Empire into two languages.神学の話をする前には、父の特性では、アカウントを考慮に入れる部が実施してローマ帝国の偉大な2つの言語をします。 Language is the great separator.言語は、大きな区切りです。 When two emperors divided the Empire, it was not quite according to language; nor were the ecclesiastical divisions more exact, since the great province of Illyricum, including Macedonia and all Greece, was attached to the West through at least a large part of the patristic period, and was governed by the archbishop of Thessalonica, not as its exarch or patriarch, but as papal legate. 2つの帝国の皇帝ときに分かれ、それは非常によると、特定の言語;も教会の部門は、もっと正確に言うと、偉大な州のイリュリクム以来、マケドニアを含むすべてのギリシャ、西は、添付されてから少なくとも1の大部分を介してpatristic期間中、大司教の支配されるとはテッサロニキではなく、その外原型または家長としてではなく、ローマ法王の使節です。 But in considering the literary productions of the age, we must class them as Latin or Greek, and this is what will be meant here by Western and Eastern.しかし、文学作品は、年齢を考慮し、それらをしなければならないクラスラテン語やギリシャ語、これはここでどのような意味では西部と東部です。

The understanding of the relations between Greeks and Latins is often obscured by certain prepossessions.の理解を深めてギリシア人とラテン系の間の関係は、しばしば特定のprepossessions隠される。 We talk of the "unchanging East", of the philosophical Greeks as opposed to the practical Romans, of the reposeful thought of the Oriental mind over against the rapidity and orderly classification which characterizes Western intelligence.私たちトークは、 "不変の東"は、ギリシアの哲学とは対照的に、実用的なローマ人への手紙、心の平静を考えると、東洋の速さと秩序の分類に反対する欧米の諜報特徴です。 All this is very misleading, and it is important to go back to the facts.すべてこれは非常に誤解を招く、とすることが重要に戻るには事実です。 In the first place, the East was converted far more rapidly than the West.まず第一に、東は西に変換さよりもはるかに急速にします。 When Constantine made Christianity the established religion of both empires from 323 onwards, there was a striking contrast between the two.コンスタンティンは、キリスト教の宗教の設立時の両方の帝国から323以降では、 2つの間に著しい対照をします。 In the West paganism had everywhere a very large majority, except possibly in Africa.西ペイガニズムはどこに非常に大多数は、アフリカの可能性を除いています。 But in the Greek world Christianity was quite the equal of the old religions in influence and numbers; in the great cities it might even be predominant, and some towns were practically Christian.しかし、キリスト教、ギリシャの世界の平等なのは、非常に古い宗教に影響を与えると、数字;は、大きな都市の支配的なことかもしれないこともありえますし、実際にいくつかの町がキリスト教のです。 The story told of St. Gregory the Wonder-Worker, that he found but seventeen Christians in Neocæsarea when he became bishop, and that he left but seventeen pagans in the same city when he died (c. 270-5), must be substantially true.その物語は聖グレゴリーの不思議-労働者、その彼が見つかりましたしかし、キリスト教徒は17 neocæsareaときに彼は司教ており、その17多神教徒しかし、彼が去った後で彼が死亡した時と同じ市( c. 270から5 ) 、大幅にしなければならない真。 Such a story in the West would be absurd.このような不条理な物語は、西がします。 The villages of the Latin countries held out for long, and the pagani retained the worship of the old gods even after they were all nominally Christianized.ラテンの国の村には、長い間開催する、とpagani保持の神々を崇拝した後、古いchristianized彼らはすべての公称です。 In Phrygia, on the contrary, entire villages were Christian long before Constantine, though it is true that elsewhere some towns were still heathen in Julian's day -- Gaza in Palestine is an example; but then Maiouma, the port of Gaza, was Christian.でphrygia 、逆に、村全体がキリスト教のずっと前コンスタンティノス、それは事実だが、他のいくつかの町ではまだ異教徒ユリウス暦の日-ガザ地区でパレスチナの例; m aioumaその後、ガザ地区のポートがキリスト教のです。

Two consequences, amongst others, of this swift evangelization of the East must be noticed. 2つの結果、他の間、この迅速な福音伝道の気づいたの東しなければならない。 In the first place, while the slow progress of the West was favourable to the preservation of the unchanged tradition, the quick conversion of the East was accompanied by a rapid development which, in the sphere of dogma, was hasty, unequal, and fruitful of error.まず第一に、遅いが、西側は、良好な進捗状況については、変わらずの伝統を保存、クイックに変換されるの東は、同行の急速な発展には、球の上の教義のは性急な、不平等な、と実りのエラーが発生します。 Secondly, the Eastern religion partook, even during the heroic age of persecution, of the evil which the West felt so deeply after Constantine, that is to say, of the crowding into the Church of multitudes who were only half Christianized, because it was the fashionable thing to do, or because a part of the beauties of the new religion and of the absurdities of the old were seen.第二に、 partakeの東洋の宗教にも、迫害の中に英雄時代、西感じたので、悪を深くした後は、コンスタンティン、つまりは、数多くの教会の込み合いを半分しかchristianized whoが、それが、ファッショナブルなことを行うか、または部分の美しさのため、新しい宗教とは、古いが見られるの不条理を明らかにします。 We have actually Christian writers, in East and West, such as Arnobius, and to some extent Lactantius and Julius Africanus, who show that they are only half instructed in the Faith.われわれは実際キリスト教の作家は、東と西のようなarnobius 、とにある程度のラクタンティウスとユリウスアフリカヌス、 whoを表示することが指示さ半分だけの信仰です。 This must have been largely the case among the people in the East.ほとんどの場合、この必要がありますが、人々の間の東です。 Tradition in the East was less regarded, and faith was less deep than in the smaller Western communities.伝統的に、東は少ないと考え、と深い信仰が少ない欧米に比べて小さいコミュニティです。 Again, the Latin writers begin in Africa with Tertullian, just before the third century, at Rome with Novatian, just in the middle of the third century, and in Spain and Gaul not till the fourth.繰り返しになりますが、アフリカで開始されるラテン語作家テルトゥリアヌス、 3世紀の直前に、ローマにnovatianは、 3番目の世紀の真ん中、およびスペインとガウルまでは4番目です。 But the East had writers in the first century, and numbers in the second; there were Gnostic and Christian schools in the second and third.しかし、東は第一世紀の作家、との数値が2番目の;があったグノーシス主義とキリスト教の学校で2番目と3番目のです。 There had been, indeed, Greek writers at Rome in the first and second centuries and part of the third.があった、実際のところ、ギリシャの作家で何世紀にローマでの最初のと2番目と3番目の部分です。 But when the Roman Church became Latin they were forgotten; the Latin writers did not cite Clement and Hermas; they totally forgot Hippolytus, except his chronicle, and his name became merely a theme for legend.しかし、カトリック教会はラテン語を忘れていたし、ラテン作家クレメントを挙げるとしなかったhermas ;彼ら完全に忘れてしまったヒッポリュトス、彼のクロニクルを除いて、彼の名前となったのテーマを単なる伝説です。

Though Rome was powerful and venerated in the second century, and though her tradition remained unbroken, the break in her literature is complete.ローマは、強力で尊敬にかかわらず2番目の世紀に、彼女の伝統は壊れていないとかかわらず、彼女の文学が完了するには、区切りのです。 Latin literature is thus a century and a half younger than the Greek; indeed it is practically two centuries and a half younger.ラテン文学は、このように一世紀半、ギリシャの年下;実際には実際に2つの半世紀と若いです。 Tertullian stands alone, and he became a heretic.テルトゥリアヌススタンドだけでも、と彼は異端者です。 Until the middle of the fourth century there had appeared but one Latin Father for the spiritual reading of the educated Latin Christian, and it is natural that the stichometry, edited (perhaps semi-officially) under Pope Liberius for the control of booksellers' prices, gives the works of St. Cyprian as well as the books of the Latin Bible.第4世紀半ばまでの出演があったしかし、 1つのラテン語の父は、キリスト教の精神的な読書は、ラテン語教育を受けて、それは自然なstichometryして、編集(おそらく半公式)されてローマ教皇の管理のための書店liberius '価格は、聖チプリアーノの作品を与えるだけでなく、書籍は、ラテン語聖書です。 This unique position of St. Cyprian was still recognized at the beginning of the fifth century.このユニークな立場の聖チプリアーノはまだ認識の冒頭には、 5世紀です。 From Cyprian (d. 258) to Hilary there was scarcely a Latin book that could be recommended for popular reading except Lactantius's "De mortibus persecutorum", and there was no theology at all.よりチプリアーノ(民主党258 )をヒラリーがあったことがほとんど予約をお勧めラテン人気の読書を除いてラクタンティウスの"デmortibus persecutorum " 、およびすべての神学はなかった。 Even a little later, the commentaries of Victorinus the Rhetorician were valueless, and those of Isaac the Jew (?) were odd.ほんの少し後、修辞家がvictorinusの論評の価値、およびそれらのアイザックのユダヤ人( ? )が奇数です。 The one vigorous period of Latin literature is the bare century which ends with Leo (d. 461).ラテン文学の1つの積極的な期間が終わる世紀は、むき出しのレオ(民主党461 ) 。 During that century Rome had been repeatedly captured or threatened by barbarians; Arian Vandals, besides devastating Italy and Gaul, had almost destroyed the Catholicism of Spain and Africa; the Christian British had been murdered in the English invasion.世紀のローマ中で繰り返していたキャプチャや脅迫を受けたと野蛮人;アリウス主義の破壊、壊滅的なイタリアとガウルのほか、カトリックのスペインはほぼ破壊するとアフリカ;は、キリスト教英国殺害されていた英語の侵攻です。 Yet the West had been able to rival the East in output and in eloquence and even to surpass it in learning, depth, and variety.西はまだありませんていたライバルの東に出力できるようにと、雄弁を超えるとも学習して、深さ、および様々です。 The elder sister knew little of these productions, but the West was supplied with a considerable body of translations from the Greek, even in the fourth century.ほとんどのお姉さん、これらのプロダクションを知っていたが、西は、付属のボディにかなりのギリシャ語からの翻訳も、第4世紀 In the sixth, Cassiodorus took care that the amount should be increased.は、 6番目、カッシオドルスの量に注意してすべきであるが増加している。 This gave the Latins a larger outlook, and even the decay of learning which Cassiodorus and Agapetus could not remedy, and which Pope Agatho deplored so humbly in his letter to the Greek council of 680, was resisted with a certain persistent vigour.これは、ラテン系に大きな見通し、とさえ、崩壊の学習ができませんでした。 agapetusカッシオドルスや救済策や、どのよう謙虚彼のdeplored agathoローマ法王に手紙を680 、ギリシャの評議会は、特定の持続的な力に抵抗性です。

At Constantinople the means of learning were abundant, and there were many authors; yet there is a gradual decline till the fifteenth century.コンスタンティノープルの手段での学習が豊富な、と多くの作家があった;はまだありませんには15世紀まで緩やかに下降する。 The more notable writers are like flickers amid dying embers.のような他の著名な作家ちらつきますは燃えさしの中で死にかけている。 There were chroniclers and chronographers, but with little originality. chroniclersとchronographersがあったが、独創性がほとんどです。 Even the monastery of Studium is hardly a literary revival. studium修道院も、文学の復活はほとんどです。 There is in the East no enthusiasm like that of Cassiodorus, of Isidore, of Alcuin, amid a barbarian world.熱意があるのだろうと、東のようなカッシオドルス、 ISIDOREに、 alcuin 、世界の中で野蛮です。 Photius had wonderful libraries at his disposal, yet Bede had wider learning, and probably knew more of the East than Photius did of the West.彼は素晴らしいライブラリphotiusの処分、まだありませんビードが広い学習、そしておそらく他のを知っていたのは、東、西よりもphotiusです。 The industrious Irish schools which propagated learning in every part of Europe had no parallel in the Oriental world.勤勉な学習の伝播アイルランドの学校をヨーロッパのすべての部分の並列は、東洋の世界はない。 It was after the fifth century that the East began to be "unchanging".それは、 5世紀の後に開始される東は、 "不変"です。 And as the bond with the West grew less and less continuous, her theology and literature became more and more mummified; whereas the Latin world blossomed anew with an Anselm, subtle as Augustine, a Bernard, rival to Chrysostom, an Aquinas, prince of theologians.きずなで結ばれており、成長率の西連続減って、彼女の神学と文学はますます多くのミイラ化した;が、新たにラテン世界花開いたアンセルム、アウグスティヌスの微妙なとしては、バーナード、ライバルをクリュソストモス、アクィナス、プリンスオブ神学です。

Hence we observe in the early centuries a twofold movement, which must be spoken of separately: an Eastward movement of theology, by which the West imposed her dogmas on the reluctant East, and a Westward movement in most practical things -- organization, liturgy, ascetics, devotion -- by which the West assimilated the swifter evolution of the Greeks.それゆえ私たちを観察する二重の運動世紀の初め、これを別々に話さしなければならない:神学の動きを、東、西課せられた彼女は、消極的教義上の東と西の動きが最も実用的なもの-組織、典礼、 ascetics 、献身-は、西同化されて、ギリシア軍の迅速な進化します。 We take first the theological movement.私たちに、最初の神学的運動です。

E. Theology e.神学

Throughout the second century the Greek portion of Christendom bred heresies. 2番目の世紀を通してキリスト教、ギリシャの部分heresies育ちです。 The multitude of Gnostic schools tried to introduce all kinds of foreign elements into Christianity.グノーシス主義の多くの学校を導入しようとキリスト教の要素をすべての種類の外国人です。 Those who taught and believed them did not start from a belief in the Trinity and the Incarnation such as we are accustomed to. who教えと信じられていることからスタート]ボタンをしなかったの信念は、トリニティと化身のような我々は慣れている。 Marcion formed not a school, but a Church; his Christology was very far removed from tradition. marcion形成は、学校ではなく、教会;彼は非常にchristology伝統から懸け離れている。 The Montanists made a schism which retained the traditional beliefs and practices, but asserted a new revelation. montanistsは、分裂を保持し、従来の信念や慣行が、新たな啓示を主張します。 The leaders of all the new views came to Rome, and tried to gain a footing there; all were condemned and excommunicated.再生回数の指導者が来て、すべての新しいローマ、としようとした地歩を占めるある; excommunicatedすべてが死刑囚とします。 At the end of the century, Rome got all the East to agree with her traditional rule that Easter should be kept on Sunday.世紀の終わりに、ローマは東からのすべての伝統的なルールが彼女に同意すべきである復活祭の日曜日のです。 The Churches of Asia Minor had a different custom.小アジアの教会のは、別のカスタムです。 One of their bishops protested. 1つの司教に抗議します。 But they seem to have submitted almost at once.しかし、彼女たちの気持ちがほとんどを一度に提出します。 In the first decades of the third century, Rome impartially repelled opposing heresies, those which identified the three Persons of the Holy Trinity with only a modal distinction (Monarchians, Sabellians, "Patripassians"), and those who, on the contrary, made Christ a mere man, or seemed to ascribe to the Word of God a distinct being from that of the Father.で3番目の世紀の最初の数十年に及ぶ、ローマの公平に反発反対heresies 、それらを発見の3つの人を区別ホーリートリニティーだけで、モーダル( monarchians 、 sabellians 、 " patripassians " ) 、およびそれらのwho 、逆に、イエスキリストは単なる人間か、またはものとみなすようにして、神の言葉がよりはっきりしている父です。 This last conception, to our amazement, is assumed, it would appear, by the early Greek apologists, though in varying language; Athenagoras (who as an Athenian may have been in relation with the West) is the only one who asserts the Unity of the Trinity.この最後の概念は、驚きを私たちは、仮定し、それが表示され、ギリシャ語、初期の擁護派が、さまざまな言語;アテナゴラス( whoとして、アテナイの関係も5月の西)は、 1つだけの結束を主張してwhoのトリニティです。 Hippolytus (somewhat diversely in the "Contra Noetum" and in the "Philosophumena," if they are both his) taught the same division of the Son from the Father as traditional, and he records that Pope Callistus condemned him as a Ditheist.ヒッポリュトス(やや多彩な、 "コントラnoetum "とは、 " philosophumena 、 "もし彼らはどちらも彼の)指導部が実施して、同じ父親として息子からの伝統的な、と彼はレコードを法王は彼を非難カリスツスditheistです。

Origen, like many of the others, makes the procession of the Word depend upon His office of Creator; and if he is orthodox enough to make the procession an eternal and necessary one, this is only because he regards Creation itself as necessary and eternal.原産地は、他の多くのように、行列の言葉により、彼の事務所に依存創作;ともし彼が行列を作るのに十分な正統派と永遠に必要な1つ、これは創造自体に関してのみのため、必要に応じて彼と永遠のです。 His pupil, Dionysius of Alexandria, in combating the Sabellians, who admitted no real distinctions in the Godhead, manifested the characteristic weakness of the Greek theology, but some of his own Egyptians were more correct than their patriarch, and appealed to Rome.彼の瞳は、アレクサンドリアのディオニュシオスは、闘いのsabellians 、 whoない本物の区別を認めたの神性、明らかに、ギリシャの神学の特性の弱さが、いくつかの彼自身のエジプト人が他よりも正しい家長、ローマとアピールします。 The Alexandrian listened to the Roman Dionysius, for all respected the unchanging tradition and unblemished orthodoxy of the See of Peter; his apology accepts the word "consubstantial", and he explains, no doubt sincerely, that he had never meant anything else; but he had learnt to see more clearly, without recognizing how unfortunately worded were his earlier arguments.ローマのアレクサンドリアのディオニュシオスを聞いて、すべての尊敬の伝統と汚点のない不変の正統性を参照のピーター;彼の謝罪を受け入れるという言葉"同本質"と彼は説明し、間違いなくよろしくお願いいたします。決して意味していたそれ以外;しかし、彼は学びをより明確には、どのように認識し残念ながら彼の以前の言葉で表現された引数です。 He was not present when a council, mainly of Origenists, justly condemned Paul of Samosata (268); and these bishops, holding the traditional Eastern view, refused to use the word "consubstantial" as being too like Sabellianism.彼は存在しないときに会議を中心としたorigenists 、妥当な刑を宣告サモサタのパウロス( 268 ) 、およびこれらの司教、保持して東洋の伝統的ビューで、言葉を拒否して使用して"同本質"あまりにもされてサベリウス主義のようです。 The Arians, disciples of Lucian, rejected (as did the more moderate Eusebius of Caesarea) the eternity of Creation, and they were logical enough to argue that consequently "there was (before time was) when the Word was not", and that He was a creature.のarians 、弟子のルシアン、拒否されました(ユーセビアスの穏健派としては、他のcaesarea )の永遠の創出、と彼らは主張してその結果を論理的に十分な"があった(前に時間が)という言葉はない" 、と彼は、生き物です。 All Christendom was horrified; but the East was soon appeased by vague explanations, and after Nicaea, real, undisguised Arianism hardly showed its head for nearly forty years.キリスト教は、すべての恐怖; appeasedられたが、東はすぐにあいまいな説明、およびイズニクした後、本物の、あからさまなアリウス主義はほとんど40年近くその頭を示しています。 The highest point of orthodoxy that the East could reach is shown in the admirable lectures of St. Cyril of Jerusalem.最高のポイントは、東の正統性が示されている可能性がある立派な講義の聖エルサレムの聖キュリロスです。 There is one God, he teaches, that is the Father, and His Son is equal to Him in all things, and the Holy Ghost is adored with Them; we cannot separate Them in our worship. 1つの神には、彼は教えて、それは、父は、彼と彼の息子はすべてのものに等しい、と聖霊は、尊敬され、それら;私たちは私たちを崇拝することはできません区切ります。 But he does not ask himself how there are not three Gods; he will not use the Nicene word "consubstantial", and he never suggests that there is one Godhead common to the three Persons.しかし、彼は自分自身のことは望めない3つの神々をどのようにはしない;彼はニカイア単語を使用していない"同本質"と彼は決して示唆して神格には1つの3つの人に共通しています。

If we turn to the Latins all is different.すべての電源をすれば、ラテン系が異なっています。 The essential Monotheism of Christianity is not saved in the West by saying there is "one God the Father", as in all the Eastern creeds, but the theologians teach the unity of the Divine essence, in which subsist three Persons.キリスト教の本質的な一神教ではないと言って保存されて西には" 1つの神の父" 、東部のすべての信条のように、しかし、神学者の団結を教えるのは神の本質的に、三人では生計を立てる。 If Tertullian and Novatian use subordinationist language of the Son (perhaps borrowed from the East), it is of little consequence in comparison with their main doctrine, that there is one substance of the Father and of the Son.もしテルトゥリアヌスsubordinationist言語を使用するとnovatianの息子(多分借りたから東) 、それはほとんどが主な教義の結果と比較して、それには1つの物質は、父と子です。 Callistus excommunicates equally those who deny the distinction of Persons, and those who refuse to assert the unity of substance.カリスツスwho excommunicates同様にこれらの区別を否定する人は、 whoを拒否するとこれらの物質の結束を主張する。 Pope Dionysius is shocked that his namesake did not use the word "consubstantial" -- this is more than sixty years before Nicaea.教皇ディオニシウスは、ショックを受けた彼の名前をしなかったという言葉を使う"同本質" -これは前に6 0年以上に渡りイズニクです。 At that great council a Western bishop has the first place, with two Roman priests, and the result of the discussion is that the Roman word "consubstantial" is imposed up on all.その大会議、西部劇の司教には、第1位、 2つのローマの司祭、との議論の結果は、ローマの単語"同本質"が課せすべてのアップです。 In the East the council is succeeded by a conspiracy of silence; the Orientals will not use the word.評議会は、東の沈黙の陰謀が成功する; orientalsはないという言葉を使うのです。 Even Alexandria, which had kept to the doctrine of Dionysius of Rome, is not convinced that the policy was good and Athanasius spends his life in fighting for Nicaea, yet rarely uses the crucial word.さらにアレキサンドリア、保管していたローマのディオニュシオスの原則ではないと確信しアタナシウスの政策は良いとの戦いに彼の人生を費やしてイズニク、めったに使用して重要な単語はまだありません。 It takes half a century for the Easterns to digest it; and when they do so, they do not make the most of its meaning.半世紀がかかりますeasternsをダイジェストことを、そしてときに行うには、彼らはありませんその意味を最大限に活用する。 It is curious how little interest even Athanasius shows in the Unity of the Trinity, which he scarcely mentions except when quoting the Dionysii; it is Didymus and the Cappadocians who word Trinitarian doctrine in the manner since consecrated by the centuries -- three hypostases, one usia; but this is merely the conventional translation of the ancient Latin formula, though it was new to the East.不思議なことはほとんど関心をどのように表示されたの結束もアタナシウス、トリニティ、これを引用する場合を除き、彼はほとんど言及dionysii ;ことがdidymusとcappadocians who単語三位一体説を信奉する教義された方法で聖体拝領されて以来世紀にもわたって-3つのh ypostasisの複数形、 1つusia ;しかし、これは単に、従来のラテン語の翻訳は、古代の数式、それは、新たに東です。

If we look back at the three centuries, second, third, and fourth of which we have been speaking, we shall see that the Greek-speaking Church taught the Divinity of the Son, and Three inseparable Persons, and one God the Father, without being able philosophically to harmonize these conceptions.もし私たちの3つの世紀を振り返る、 2番目、 3番目、 4分の1ていきたいと考えていると言えば、わたしたちはギリシャ語を話せるかどうかは、神の教会の教えの息子、と3つの切っても切れない人、および1つの神の父、なし哲学的に整合すること、これらの概念です。 The attempts which were made were sometimes condemned as heresy in the one direction or the other, or at best arrived at unsatisfactory and erroneous explanations, such as the distinction of the logos endiathetos and the logos prophorikos or the assertion of the eternity of Creation.の試みが行われたのは、異端として非難が時には1つの方向や、他のか、またはせいぜい到着不満足なと誤った説明などの区別は、ロゴのロゴprophorikosまたはendiathetosとの主張は、永遠の創出します。 The Latin Church preserved always the simple tradition of three distinct Persons and one divine Essence.ローマカトリック教会の伝統の3つの簡単な保存常に人と1つの神の本質的に異なる。 We must judge the Easterns to have started from a less perfect tradition, for it would be too harsh to accuse them of wilfully perverting it. easternsしなければならないが始まって判断するよりも少ない完璧な伝統は、あまりにも過酷なことがらを非難するwilfully pervertingしてください。 But they show their love of subtle distinctions at the same time that they lay bare their want of philosophical grasp.しかし、彼らの微妙な愛を詳細には、同じ時間の区別をむき出しにして哲学的に把握したいのです。 The common people talked theology in the streets; but the professional theologians did not see that the root of religion is the unity of God, and that, so far, it is better to be a Sabellian than a Semi-Arian.神学、一般の人々の話の通り;しかし、プロの神学者のルートをしなかったかどうかは、神の宗教のための統一、とし、これまでのところ、それは良いサベリウス主義は、お金よりも半です。 There is something mythological about their conceptions, even in the case of Origen, however important a thinker he may be in comparison with other ancients.神話には何かの概念については、原産地でも例の、しかし重要なの思想家と比較して彼は5月に他の昔のです。 His conceptions of Christianity dominated the East for some time, but an Origenist Christianity would never have influenced the modern world.キリスト教の概念を独占して東彼のいくつかの時間ではなく、キリスト教は決してorigenistが影響を受けた現代の世界です。

The Latin conception of theological doctrine, on the other hand, was by no means a mere adherence to an uncomprehended tradition.神学上の教義のラテン語の構想を、その一方では決して理解されていない、単なる伝統に固執することです。 The Latins in each controversy of these early centuries seized the main point, and preserved it at all hazards.これらの論争のラテン系の各世紀初めの主なポイントを摘発し、どんな危険を冒して保存します。 Never for an instant did they allow the unity of God to be obscured.インスタント決してかれらの神の結束を可能にする不明瞭な場合があります。 The equality of the Son and his consubstantiality were seen to be necessary to that unity.と彼の息子の平等をconsubstantialityが見られるとされるが団結する必要があります。 The Platonist idea of the need of a mediator between the transcendent God and Creation does not entangle them, for they were too clear-headed to suppose that there could be anything half-way between the finite and the infinite.のplatonistの必要性を仲介する考えを超越神との間に創作されない動きが取れなくて、彼らはあまりにも頭脳明晰な何かを仮定して半分の方法があるかもしれないとの間の有限無限です。 In a word, the Latins are philosophers, and the Easterns are not.一言で言えば、ラテン系の哲学者、およびeasternsではない。 The East can speculate and wrangle about theology, but it cannot grasp a large view.東は推測や神学論争については、それを理解することはできない大規模な対象です。 It is in accordance with this that it was in the West, after all the struggle was over, that the Trinitarian doctrine was completely systematized by Augustine; in the West, that the Athanasian creed was formulated.これはそれに応じて、このことは、西は、後のすべての闘争が終わると、三位一体説を信奉する教義は、アウグスティヌスは完全に体系化され;は、西、アタナシウス信条が策定しています。 The same story repeats itself in the fifth century.同じ話を繰り返し自体は、 5世紀です。 The philosophical heresy of Pelagius arose in the West, and in the West only could it have been exorcized.ペラギウス異端の哲学が生じたのは、西部、および西のみがexorcizedこともあります。 The schools of Antioch and Alexandria each insisted on one side of the question as to the union of the two Natures in the Incarnation; the one School fell into Nestorianism, the other into Eutychianism, though the leaders were orthodox.アンティオキアとアレクサンドリアの学校側にそれぞれ1つの質問を主張して、労働組合としては、 2つの性質の化身;ネストリウス派の1つの学校に落ちて、他のをeutychianismが、正統派の指導者がします。 But neither Cyril nor the great Theodoret was able to rise above the controversy, and express the two complementary truths in one consistent doctrine.しかし、どちらも偉大なシリルtheodoretことができたの上の論争が上昇し、 2つの相補的真理と表現して1つの整合性の原則です。 They held what St. Leo held; but, omitting their interminable arguments and proofs, the Latin writer words the true doctrine once for all, because he sees it philosophically.彼らは何セントレオ開かれた開かれた;しかし、引数と果てしのない証拠を欠く彼らは、ラテン語の作家の言葉の真の教義を一度のすべてのため、彼は少しも動じずに見たところです。 No wonder that the most popular of the Eastern Fathers has always been untheological Chrysostom, whereas the most popular of the Western Fathers is the philosopher Augustine.最も人気のも不思議では、東部の祖先は常にuntheologicalクリュソストモスが、最も人気の西側の父親は、哲学者アウグスティヌスです。 Whenever the East was severed from the West, it contributed nothing to the elucidation and development of dogma, and when united, its contribution was mostly to make difficulties for the West to unravel.いつの東は西から切断さ、それに貢献して何もドグマ解明と開発、および時ユナイテッド、その貢献は、ほとんどを解明するために西部へ難色を示す。

But the West has continued without ceasing its work of exposition and evolution.しかし、西は続いてその仕事を休みなく博覧会と進化します。 After the fifth century there is not much development or definition in the patristic period; the dogmas defined needed only a reference to antiquity.した後、 5世紀にはそれほどで定義されては、開発やpatristic期間;の教義への参照を古代にのみ必要に応じて定義されています。 But again and again Rome had to impose her dogmas on Byzantium -- 519, 680, and 786 are famous dates, when the whole Eastern Church had to accept a papal document for the sake of reunion, and the intervals between these dates supply lesser instances.しかし、何度も繰り返してローマは彼女の教義を課すことをビザンチウム-5 19、 6 80、および有名な七八六アール日、東部全体のときに教会を受け入れることは、ローマ法王の再会のためのドキュメント、およびこれらの日程の合間に小のインスタンスを供給です。 The Eastern Church had always possessed a traditional belief in Roman tradition and in the duty of recourse to the See of Peter; the Arians expressed it when they wrote to Pope Julius to deprecate interference -- Rome, they said, was "the metropolis of the faith from the beginning".東部の教会が保有する伝統的な信念に、常に伝統とロマンを償還する義務がピーターを参照して; ariansを表明することを書いたときにローマ教皇ユリウスを見下す干渉-ローマ、かれらは言ったが"メトロポリスは、信仰の始まりから" 。 In the sixth, seventh, and eighth centuries the lesson had been learnt thoroughly, and the East proclaimed the papal prerogatives, and appealed to them with a fervour which experience had taught to be in place.第6 、 7 、 8世紀の教訓を徹底的に学びていた、と宣言、教皇のお膝元の東の特権、とアピールするには経験が教えfervourにされている。 In such a sketch as this, all elements cannot be taken into consideration.このようなスケッチとして、すべての要素を考慮することはできません。 It is obvious that Eastern theology had a great and varied influence on Latin Christendom.東部神学いたことが明らかに大きな影響を与えると様々なラテンキリスト教です。 But the essential truth remains that the West thought more clearly than the East, while preserving with greater faithfulness a more explicit tradition as to cardinal dogmas, and that the West imposed her doctrines and her definitions on the East, and repeatedly, if necessary, reasserted and reimposed them.しかし、本質的な真理遺跡は、西、東よりもより明確に考え、より忠実性を保ちながら、より明示的な伝統として教義を枢機卿ており、その教説の西課せ彼女と彼女の東部で用語の定義を、と繰り返して、必要に応じて、 reassertedとreimposedします。

F. Discipline, Liturgy, Ascetics女性の規律、典礼、 ascetics

According to tradition, the multiplication of bishoprics, so that each city had its own bishop, began in the province of Asia, under the direction of St. John.伝統によると、 bishopricsの乗算のように、各都市は、独自の司教は、アジアの道が始まったのは、聖ヨハネの方向にされています。 The development was uneven.の開発は、でこぼこのです。 There may have been but one see in Egypt at the end of the second century, though there were large numbers in all the provinces of Asia Minor, and a great many in Phoenicia and Palestine.あるかもしれないしかし、 1つのエジプトに表示さ2番目の世紀の終わりに、大規模な数字があったにかかわらずすべての地方の小アジア、および非常に多くのでフェニキアとパレスチナのです。 Groupings under metropolitan sees began in that century in the East, and in the third century this organization was recognized as a matter of course.グループ分けされてから始まったこと世紀には首都圏の東、および3番目の世紀の問題として認識され、この組織はもちろんです。 Over metropolitans are the patriarchs. metropolitansは、 patriarchs以上です。 This method of grouping spread to the West.このメソッドのグループの西に広がっています。 At first Africa had the most numerous sees; in the middle of the third century there were about a hundred, and they quickly increased to more than four times that number.最初のアフリカは、最も多く見;は、 3番目の世紀半ばには約100人、および彼ら迅速に増加してその数を4倍以上です。 But each province of Africa had not a metropolitan see; only a presidency was accorded to the senior bishop, except in Proconsularis, where Carthage was the metropolis of the province and her bishop was the first of all Africa.しかし、アフリカの各道、首都圏を参照なかった;のみをして〜にふさわしい大統領は、上級聖職者、 proconsularisを除いて、ここでは、大都市のカルタゴの省と彼女の司教は、まず第一にアフリカです。 His rights are undefined, though his influence was great.彼の権利が定義されて、彼の影響力は素晴らしいです。 But Rome was near, and the pope had certainly far more actual power, as well as more recognized right, than the primate; we see this in Tertullian's time, and it remains true in spite of the resistance of Cyprian.しかし、ローマは近い、と教皇は確かにはるかに実際の電力だけでなく、他の公認された権利、より霊長類;私たちの時間をテルトゥリアヌスこれを参照し、それが真の抵抗にもかかわらず、チプリアーノです。 The other countries, Italy, Spain, Gaul, were gradually organized according to the Greek model, and the Greek metropolis, patriarch, were adapted.の他の国、イタリア、スペイン、ガウル、徐々に組織化されたモデルによると、ギリシャ語、および、ギリシャのメトロポリス、家長が適応します。 Councils were held early in the West.西の早い段階で審議会が行われた。 But disciplinary canons were first enacted in the East.しかし、懲戒参事は、最初に制定されたの東です。 St. Cyprian's large councils passed no canons, and that saint considered that each bishop is answerable to God alone for the government of his diocese; in other words, he knows no canon law.聖チプリアーノのない大規模な協議会に渡さ参事ており、その各司教サンに考えられるように釈明を神は、政府だけで彼の教区;換言すれば、彼は知って宗規ない。 The foundation of Latin canon law is in the canons of Eastern councils, which open the Western collections.ラテン語法の基礎をキヤノンは、東部協議会参事、これを開いて欧米のコレクションです。 in spite of this, we need not suppose the East was more regular, or better governed, than the West, where the popes guarded order and justice.にもかかわらず、私たちの東仮定する必要はありませんが他の定期的な、あるいはより良い統治、西よりも、ここでの教皇と正義のために警備します。 But the East had larger communities, and they had developed more fully, and therefore the need arose earlier there to commit definite rules to writing.しかし、東は大きなコミュニティ、と彼らは他の完全に開発、およびそのため、以前のそこにコミットする必要が生じた明確なルールを作成します。 The florid taste of the East soon decorated the liturgy with beautiful excrescences.すぐに、血色の良い味の東の美しい装飾の典礼excrescencesです。 Many such excellent practices moved Westward; the Latin rites borrowed prayers and songs, antiphons, antiphonal singing, the use of the alleluia, of the doxology, etc. If the East adopted the Latin Christmas Day, the West imported not merely the Greek Epiphany, but feast after feast, in the fourth, fifth, sixth, and seventh centuries.多くの西方へ移動するような優れた実践し、ラテン語の儀式借り物の祈りと歌、 antiphons 、交唱歌を歌うこと、の使用は、ハレルヤ、 、頌栄などを採用してラテン語の場合、クリスマスの日に東、西、ギリシャのインポート単にエピファニー、しかし、ごちそうごちそうした後、第4 、 5 、 6 、および7世紀です。 The West joined in devotion to Eastern martyrs.東部の西に参加し、献身的な愛情を殉教者です。 The special honour and love of Our Lady is at first characteristic of the East (except Antioch), and then conquers the West.特別名誉と愛を第一の特徴は、聖母の東(アンティオキアを除く)と入力し、西部を征服します。 The parcelling of the bodies of the saints as relics for devotional purposes, spread all over the West from the East; only Rome held out, until the time of St. Gregory the Great, against what might be thought an irreverence rather than an honour to the saints.のparcellingの遺物としての遺体は、聖人の祈りのために、すべての普及の東から西へ;のみローマ開かれたアウトまでの時間の聖グレゴリーの大、反対どのような考えかもしれないのではなく、名誉を不敬の聖人のです。

If the first three centuries are full of pilgrimages to Rome from the East, yet from the fourth century onward West joins with East in making Jerusalem the principal goal of such pious journeys; and these voyagers brought back much knowledge of the East to the most distant parts of the West.がいっぱいの場合、最初の3つの世紀のローマからの巡礼を東、西はまだありませんから、 4世紀以降の製作に参加、東エルサレムの主要な目標のような敬けんな旅; voyagers帰されると、これらの多くの知識を、東から最も遠い西側の部分です。 Monasticism began in Egypt with Paul and Anthony, and spread from Egypt to Syria; St. Athanasius brought the knowledge of it to the West, and the Western monachism of Jerome and Augustine, of Honoratus and Martin, of Benedict and Columba, always looked to the East, to Anthony and Pachomius and Hilarion, and above all to Basil, for its most perfect models.修道院生活が始まったエジプトでポールとアンソニー、および普及をよりエジプトシリア;聖アタナシウスの知識を、それをきっかけに、西、と西洋修道のジェロームとオーガスティン、 honoratusとマーティンは、ベネディクトとコルンバは、常に顔を東、アンソニーとpachomiusとhilarion 、および上記のすべてをバジル、その最も完璧なモデルです。 Edifying literature in the form of the lives of the saints began with Athanasius, and was imitated by Jerome.啓発的な文学の形での生活を始めたの聖人とアタナシウス、ジェロームとは、まねされています。 But the Latin writers, Rufinus and Cassian, gave accounts of Eastern monachism, and Palladius and the later Greek writers were early translated into Latin.しかし、ラテン作家、ルフィヌスとカッシア、アカウントの東部は修道、およびパラディウスと、後の作家がギリシャ語の早期ラテン語に翻訳されています。 Soon indeed there were lives of Latin saints, of which that of St. Martin was the most famous, but the year 600 had almost come when St. Gregory the Great felt it still necessary to protest that as good might be found in Italy as in Egypt and Syria, and published his dialogues to prove his point, by supplying edifying stories of his own country to put beside the older histories of the monks.実際にはラテン語の命をすぐに聖人、そのうちの聖マルティンは、最も有名な、しかし、 600年はほとんど来聖グレゴリーの大感じたときに必要なことに抗議するとしても良いかもしれないが見つかりました、イタリアのようにエジプトとシリア、および公開彼の対話を証明する彼の時点で、啓発的な物語を提供することにより、自分自身の国を置く修道士の横にある古い歴史をします。 It would be out of place here to go more into detail in these subjects.場違いなことが、ここに行くの他の詳細については、これらの科目をします。 Enough has been said to show that the West borrowed, with open-minded simplicity and humility, from the elder East all kinds of practical and useful ways in ecclesiastical affairs and in the Christian life.十分なされ借りたの西によるとに表示することは、開放的なシンプルさと謙虚さ、東からの高齢者のすべての種類の実用的で便利な方法で問題とは、キリスト教の教会生活です。 The converse influence in practical matters of West on East was naturally very small.実用的な事柄の影響力のコンバース東西には、自然に非常に小さい。

G. Historical Materials g.歴史的な材料

The principal ancient historians of the patristic period were mentioned above.古代の歴史の主要なpatristic期間は上述のです。 They cannot always be completely trusted.常に完全に信頼することはできません。 The continuators of Eusebius, that is, Rufinus, Socrates, Sozomen, Theodoret, are not to be compared to Eusebius himself, for that industrious prelate has fortunately bequeathed to us rather a collection of invaluable materials than a history.のcontinuatorsのユーセビアス、それは、ルフィヌス、ソクラテス、 sozomen 、 theodoretではない自分自身をユーセビアスに比べて、勤勉な高位聖職者は、幸いなことに問い合わせbequeathedのコレクションというよりも、歴史の貴重な材料です。 His "Life" or rather "Panegyric of Constantine" is less remarkable for its contents than for its politic omissions.彼の"ライフ"というより"賛辞のコンスタンティン"が少ないため、その内容よりも注目すべきは政治脱落します。 Eusebius found his materials in the library of Pamphilus at Caesarea, and still more in that left by Bishop Alexander at Jerusalem.彼の材料が見つかりましたユーセビアスpamphilus先には、ライブラリのcaesarea 、およびまだ司教の他のアレクサンダーはエルサレムに残された。 He cites earlier collections of documents, the letters of Dionysius of Corinth, Dionysius of Alexandria, Serapion of Antioch, some of the epistles sent to Pope Victor by councils throughout the Church, besides employing earlier writers of history or memoirs such as Papias, Hegesippus, Apollonius, an anonymous opponent of the Montanists, the "Little Labyrinth" of Hippolytus (?), etc.以前の彼のコレクションを引き合いに出して書類は、コリントの手紙のディオニュシオス、アレクサンドリアのディオニュシオス、セラピオーンのアンティオキア、いくつかの書簡を送信して教会協議会ローマ教皇ビクターされ、またそれ以前の採用など、作家の歴史や回顧録papias 、 hegesippus 、アポロニオスは、対戦相手は、匿名montanistsは、 "リトル迷路"のヒッポリュトス( ? )など。

The principal additions we can still make to these precious remnants are, first, St. Irenæus on the heresies; then the works of Tertullian, full of valuable information about the controversies of his own time and place and the customs of the Western Church, and containing also some less valuable information about earlier matters -- less valuable, because Tertullian is singularly careless and deficient in historical sense.私たちの主な追加機能に合わせて作ることができますこれらの貴重な残党には、第一に、聖irenæusを検索するheresies ;テルトゥリアヌスの作品を入力し、フルの貴重な情報については、論争の自分自身の時間と場所と税関の西側の教会、およびまた、いくつかの貴重な情報については以下を含むそれ以前の問題-少ない貴重な、テルトゥリアヌスは、非常に不注意と欠乏のための歴史的意味します。 Next, we possess the correspondence of St. Cyprian, comprising letters of African councils, of St. Cornelius and others, besides those of the saint himself.次に、私たちには、通信の聖チプリアーノ、アフリカの文字から成る協議会、聖コルネリウスおよびその他、これらに加え、サン自身です。 To all this fragmentary information we can add much from St. Epiphanius, something from St. Jerome and also from Photius and Byzantine chronographers.この断片的な情報をすべて追加することくらいから聖聖エピファニオス、何か、またよりSt 。ジェロームphotiusとビザンチン様式のchronographersからです。 The whole Ante-Nicene evidence has been catalogued with wonderful industry by Harnack, with the help of Preuschen and others, in a book of 1021 pages, the first volume of his invaluable "History of Early Christian Literature".全体のアンティ-ニカイアの証拠とされカタログハルナック素晴らしい業界では、他人の助けを借りてpreuschenとは、 1021ページの本を、彼の最初の巻に貴重な"歴史の初期キリスト教文学"です。 In the middle of the fourth century, St. Epiphanius's book on heresies is learned but confused; it is most annoying to think how useful it would have been had its pious author quoted his authorities by name, as Eusebius did.第4世紀の真ん中で、聖聖エピファニオスの本を学んだしかし、 heresiesは混乱;迷惑を考えることが最も役に立つことはどのように引用されてしまった彼の著者で、信心深い著者名、ユーセビアスでした。 As it is, we can with difficulty, if at all, discover whether his sources are to be depended on or not.としてこれは、私たちは、困難な、すべての場合は、彼のソースには発見されるかどうかかどうかに依存しています。 St. Jerome's lives of illustrious men are carelessly put together, mainly from Eusebius, but with additional information of great value, where we can trust its accuracy.聖ジェロームの生活の著名な男性がぞんざいにまとめるのは、主からユーセビアスではなく、非常に価値の関連情報を、ここで私たちが信頼できるの精度で動作します。 Gennadius of Marseilles continued this work with great profit to us.マルセイユgennadiusのこの仕事に大きな利益を継続してください。 The Western cataloguers of heresies, such as Philastrius, Praedestinatus, and St. Augustine, are less useful.西洋のcataloguersのheresiesなどphilastrius 、 praedestinatus 、と聖アウグスティヌス、はあまり便利です。

Collections of documents are the most important matter of all.コレクションのドキュメントのは、最も重要な問題のすべてのです。 In the Arian controversy the collections published by St. Athanasius in his apologetic works are first-rate authorities.アリウス主義論争は、聖アタナシウス、彼のコレクションで公開され申し訳なさそうな作品は第一級の著者です。 Of those put together by St. Hilary only fragments survive.ヒラリーセントまとめられたそれらの断片生き残るのみです。 Another dossier by the Homoiousian Sabinus, Bishop of Heraclea, was known to Socrates, and we can trace its use by him.別の関係書類をhomoiousianサビヌス、司教のheraclea 、ソクラテスはわかっている、と私たちは、トレースの使用されていた。 A collection of documents connected with the origins of Donatism was made towards the beginning of the fourth century, and was appended by St. Optatus to his great work.ドキュメントのコレクションを起源に接続してドナトゥス派の教義が行われた4世紀の初めに向かって、付加さとは、彼の偉大な仕事をoptatus通りです。 Unfortunately only a part is preserved; but much of the lost matter is quoted by Optatus and Augustine.残念ながら一部のみが保存さ;しかし、失われた多くの問題が引用されるアウグスティヌスoptatusとします。 A pupil of St. Augustine, Marius Mercator, happened to be at Constantinople during the Nestorian controversy, and he formed an interesting collection of pièces justificatives.瞳孔の聖アウグスティヌスは、マリウスメルカトル、コンスタンティノープルが起こったのはネストリウス派の論争の中に、彼のコレクションに形成さpièces justificatives興味深いです。 He put together a corresponding set of papers bearing on the Pelagian controversy.彼の論文をまとめる設定に対応する軸受を検索するペラギウス論争です。 Irenaeus, Bishop of Tyre, amassed documents bearing on Nestorianism, as a brief in his own defence.エイレナイオス、司教のタイヤは、ドキュメントの蓄積を有してネストリウス派としては、自分自身の防衛を簡単にします。 These have been preserved to us in the reply of an opponent, who has added a great number.これらの情報が保存されているのは、対戦相手は、返信、 whoが追加されました大きな番号です。 Another kind of collection is that of letters.別の種類のコレクションはその手紙です。 St. Isidore's and St. Augustine's are immensely numerous, but bear little upon history.聖ISIDOREには、聖アウグスティヌスのは、非常に多くの、しかし、クマリトル時の歴史です。 There is far more historical matter in those (for instance) of Ambrose and Jerome, Basil and Chrysostom.にははるかに歴史的な問題ではこれらの(例えば)のアンブローズとジェローム、バジルとクリュソストモスです。 Those of the popes are numerous, and of first-rate value; and the large collections of them also contain letters addressed to the popes.それらは、教皇は非常に多くの、そして第一級の値、およびそれらの大規模なコレクションの教皇宛ての手紙も含まれています。 The correspondence of Leo and of Hormisdas is very complete.レオとホルミスダスの対応は非常に完了します。 Besides these collections of papal letters and the decretals, we have separate collections, of which two are important, the Collectio Avellana, and that of Stephen of Larissa.これらのコレクションに加えdecretalsのローマ法王の手紙と、私たちは別々のコレクション、そのうち2つは重要であるが、このcollectio avellanaており、そのラリッサのスティーブンのです。

Councils supply another great historical source.協議会の供給源別の偉大な歴史的です。 Those of Nicaea, Sardica, Constantinople, have left us no Acts, only some letters and canons.これらのイズニク、 sardica 、コンスタンティノープル、左の問い合わせの行為は、いくつかの手紙や参事会のみです。 Of the later œcumenical councils we have not only the detailed Acts, but also numbers of letters connected with them.協議会は、 œcumenicalへの詳細な行為だけでなく、私たちは、数字の文字だけでなく、接続している。 Many smaller councils have also been preserved in the later collections; those made by Ferrandus of Carthage and Dionysius the Little deserve special mention.保存されている数多くの小さな会でも、後のコレクション; ferrandus作られるこれらのカルタゴとディオニシウスの小さな特別な言及に値する。 In many cases the Acts of one council are preserved by another at which they were read.多くの場合、行為の1つの会議が保持されていた別の先を読む。 For example, in 418, a Council of Carthage recited all the canons of former African plenary council in the presence of a papal legate; the Council of Chalcedon embodies all the Acts of the first session of the Robber Council of Ephesus, and the Acts of that session contained the Acts of two synods of Constantinople.たとえば、 418 、カルタゴ読誦する評議会の元参事アフリカのすべての本会議では、ローマ法王の使節が存在するし、カルケドン公会議のすべての行為を体現、最初のセッションは、エフェソス強盗評議会、および、行為のそのセッションに含まれる行為の2つのsynodsコンスタンティノープルのです。 The later sessions of the Robber Council (preserved only in Syriac) contain a number of documents concerning inquiries and trials of prelates.強盗、後のセッションは、評議会(保存だけでシリア)には、コードのドキュメントのprelatesに関するお問い合わせとトライアルのです。 Much information of various kinds has been derived of late years from Syriac and Coptic sources, and even from the Arabic, Armenian, Persian, Ethiopia and Slavonic.多くの情報を様々な種類の派生され近年のソースからのシリア語とコプト語、さらには、アラビア語、アルメニア語、ペルシャ語、エチオピア、スラヴ語です。 It is not necessary to speak here of the patristic writings as sources for our knowledge of Church organization, ecclesiastical geography, liturgies.ここではないことを話すのに必要なpatristicソースの記述として私たちの知識を教会の組織、教会の地理、 liturgies 。 canon law and procedure, archaeology, etc. The sources are, however, much the same for all these branches as for history proper.キヤノン法と手続き、考古学などのソースには、しかし、ほぼ同じ歴史のすべてのこれらの支店としては適切です。

IV. Ⅳ 。 PATRISTIC STUDY patristic研究

A. Editors of the Fathers a.エディターには、父の

The earliest histories of patristic literature are those contained in Eusebius and in Jerome's "De viris illustribus". patristic最古の歴史と文学では、それらに含まれてユーセビアスジェロームの"デviris illustribus "です。 They were followed by Gennadius, who continued Eusebius, by St. Isidore of Seville, and by St. Ildephonsus of Toledo.彼らは続いてgennadius 、 who継続ユーセビアス、セビリアの聖ISIDOREに、聖ildephonsusのトレドとします。 In the Middle Ages the best known are Sigebert of the monastery of Gembloux (d. 1112), and Trithemius, Abbot of Sponheim and of Würzburg (d. 1516).最もよく知られ、中世の修道院がsigebertは、ガンブルー(民主党1112 ) 、およびtrithemius 、アボットのsponheimとヴュルツブルク(民主党1516年)です。 Between these come an anonymous monk of Melk (Mellicensis, c. 1135) and Honorius of Autun (1122-5).これらのは、匿名の修道士の間でmelk ( mellicensis 、 c. 1135 )とホノリウスのオータン(一一二二から五まで) 。 Ancient editors are not wanting; for instance, many anonymous works, like the Pseudo-Clementines and Apostolic Constitutions, have been remodelled more than once; the translators of Origen (Jerome, Rufinus, and unknown persons) cut out, altered, added; St. Jerome published an expurgated edition of Victorinus "On the Apocalypse".古代のエディターが欠け;例えば、多くの匿名の作品のように、ローマ教皇の憲法疑似clementinesと、 2回以上も改装し、翻訳者の原産地(ジェローム、ルフィヌス、および未知の人)カットアウト、変更、追加されました;セントです。ジェローム削除修正版を公開するvictorinus "をアポカリプス"です。 Pamphilus made a list of Origen's writings, and Possidius did the same for those of Augustine. pamphilusのは、原産地のリストを記述し、それらのpossidiusアウグスティヌスは同じです。 The great editions of the Fathers began when printing had become common.偉大なエディションには、父の印刷が始まったときには共通になる。 One of the earliest editors was Faber Stapulensis (Lefèvre d'Estaples), whose edition of Dionysius the Areopagite was published in 1498.最古のいずれかのエディターがフェーバーstapulensis ( lefèvre d' estaples )で、その版が公開さディオニシウスアレオパギタ1498 。 The Belgian Pamèle (1536-87) published much.に、ベルギーのpamèle ( 1536年から1587年)で公開くらいです。 The controversialist Feuardent, a Franciscan (1539-1610) did some good editing. feuardentの論客は、フランシスコ( 1539-1610 )はいくつかの良い編集します。 The sixteenth century produced gigantic works of history. 16世紀の巨大な作品の歴史を生成します。 The Protestant "Centuriators" of Magdeburg described thirteen centuries in as many volumes (1559-74).プロテスタントの" centuriators " 13世紀には多くの説明マクデブルク巻号( 1559年から1574年) 。 Cardinal Baronius (1538-1607) replied with his famous "Annales Ecclesiastici", reaching to the year 1198 (12 vols., 1588-1607).バロニウス枢機卿( 1538-1607 )はこう答えた彼の有名な"学派ecclesiastici " 、 1198年に到達して( 12 vols学です。 、 1588年から1607年) 。 Marguerin de la Bigne, a doctor of the Sorbonne (1546-89), published his "Bibliotheca veterum Patrum" (9 vols., 1577-9) to assist in refuting the Centuriators. marguerinデラbigne 、医者は、ソルボンヌ( 1546年から1589年) 、公開彼の"蔵書veterum patrum " ( 9 vols学です。 、一五七七〜九)を支援するcenturiators反論しています。

The great Jesuit editors were almost in the seventeenth century; Gretserus (1562-1625), Fronto Ducaeus (Fronton du Duc, 1558-1624), Andreas Schott (1552-1629), were diligent editors of the Greek Fathers.偉大なイエズス会のエディターがほぼは、 17世紀; gretserus ( 1562-1625 ) 、前線のducaeus (ハイアライ球技場デュデュック、 1558-1624 ) 、アンドレアスショット( 1552-1629 ) 、勤勉な編集者は、ギリシャの父親です。 The celebrated Sirmond (1559-1651) continued to publish Greek Fathers and councils and much else, from the age of 51 to 92. sirmondのお祝い( 1559-1651 )ギリシャ語、父と協議会の継続を公開すると他の多くは、 51から92まで歳からです。 Denis Pétau (Petavius, 1583-1652) edited Greek Fathers, wrote on chronology, and produced an incomparable book of historical theology, "De theologicis dogmatibus" (1044).ドニpétau (ペタヴィウス、 1583-1652 )編集ギリシャ語の父、書いて年表、および生産に比類のない書籍の歴史的神学、 "デtheologicis dogmatibus " ( 1044 ) 。 To these may be added the ascetic Halloix (1572-1656), the uncritical Chifflet (1592-1682), and Jean Garnier, the historian of the Pelagians (d. 1681).禁欲的に、これらのhalloix年5月に追加されました( 1572-1656 )は、無批判chifflet ( 1592-1682 ) 、およびジャンガルニエは、歴史学者のpelagians (民主党1681 ) 。 The greatest work of the Society of Jesus is the publication of the "Acta Sanctorum", which has now reached the beginning of November, in 64 volumes.社会の最大の仕事は、イエスキリストは、出版物の"聖人伝集" 、これは、今すぐに達した年11月の初めには、 64巻号です。 It was planned by Rosweyde (1570-1629) as a large collection of lives of saints; but the founder of the work as we have it is the famous John van Bolland (1596-1665).それが予定されrosweyde ( 1570-1629 )として、大規模なコレクションの命を奪うの聖人;しかし、創始者としての仕事を私たちがこれは、有名なジョンヴァンBolland氏( 1596年から1665年) 。 He was joined in 1643 by Henschenius and Papebrochius (1628-1714), and thus the Society of Bollandists began, and continued, in spite of the suppression of the Jesuits, until the French Revolution, 1794.彼は1643年にメンバー登録henscheniusとpapebrochius ( 1628-1714 ) 、およびしたがって、社会のbollandists始めた、と続き、にもかかわらず、対策は、イエズス会は、フランス革命までは、 1794です。 It was happily revived in 1836 (see BOLLANDISTS).それは、喜んで復活さ1836 ( bollandistsを参照) 。 Other Catholic editors were Gerhard Voss (d. 1609), Albaspinaeus (De l'Aubespine, Bishop of Orléans, 1579-1630), Rigault (1577-1654), and the Sorbonne doctor Cotelier (1629-86).他のカトリックのエディターがゲルハルトヴォス(民主党1609 ) 、 albaspinaeus (デl' aubespine 、司教のオルレアン、 1579-1630 ) 、 rigault ( 1577-1654 ) 、および、ソルボンヌ医師cotelier ( 1629年から1686年) 。 The Dominican Combéfis (1605-79) edited Greek Fathers, added two volumes to de la Bigne's collection, and made collections of patristic sermons.ドミニカcombéfis ( 1605年から1679年)編集ギリシャ語の祖先は、追加されました2つのボリュームをデラbigneのコレクション、およびpatristicのコレクションを作ら説教します。 The layman Valesius (de Valois, 1603-70) was of great eminence. valesiusの素人(ドヴァロワは、 1603年から1670年)は、偉大な隆起します。

Among Protestants may be mentioned the controversialist Clericus (Le Clerc, 1657-1736); Bishop Fell of Oxford (1625-86), the editor of Cyprian, with whom must be classed Bishop Pearson and Dodwell; Grabe (1666-1711), a Prussian who settled in England; the Calvinist Basnage (1653-1723).プロテスタント年5月の間に言及して論客クレリクス(ルクレール、 1657-1736 ) ;司教落ちたのオックスフォード( 1625年から1686年)は、エディタのチプリアーノ、誰司教ピアソン分類しなければならないとドッドウェル; grabe ( 1666-1711 )は、プロイセンwhoは、英国の定住し、カルビン派のバナージュ( 1653年から1723年) 。 The famous Gallican Etienne Baluze (1630-1718), was an editor of great industry.有名な条項テティエンヌbaluze ( 1630-1718 )は、偉大な産業は、エディタです。 The Provençal Franciscan, Pagi, published an invaluable commentary on Baronius in 1689-1705.フランシスコのプロヴァンス、 pagi 、公開するバロニウスで1689年から1705年の貴重な解説をします。 But the greatest historical achievement was that of a secular priest, Louis Le Nain de Tillemont, whose "Histoire des Empereurs" (6 vols., 1690) and "Mémoires pour servir à l'histoire ecclésiastique des six premiers siècles" (16 vols., 1693) have never been superseded or equalled.しかし、最大の歴史的な偉業には、世俗司祭、ルイルナンデティユモン、その" histoireデempereurs " ( 6 vols学です。 、 1690 )と" mémoires pourをサポートà l' histoire ecclésiastiqueデ6総理siècles " ( 16 vols学です。 、 1693 )になってきてequalled置き換えたりします。 Other historians are Cardinal H. Noris (1631-1704); Natalis Alexander (1639-1725), a Dominican; Fleury (in French, 1690-1719).他の歴史学者は、枢機卿笠原noris ( 1631-1704 ) ; natalisアレクサンダー( 1639-1725 )は、ドミニカ;フルーリ(フランス語、 1690年から1719年) 。 To these must be added the Protestant Archbishop Ussher of Dublin (1580-1656), and many canonists, such as Van Espen, Du Pin, La Marca, and Christianus Lupus.これらのussherしなければならないが追加されましたダブリンのプロテスタント大司教( 1580-1656 ) 、および多くのcanonistsなど、ヴァンespen 、ドュパン、ラマルカ、およびchristianus狼瘡です。 The Oratorian Thomassin wrote on Christian antiquities (1619-95); the English Bingham composed a great work on the same subject (1708-22).オラトリオ会士thomassin書いて、キリスト教の古美術( 1619から1695 ) ;の英語ビンガム構成する偉大な作品を同じアジ研( 1708年から1722年) 。 Holstein (1596-1661), a convert from Protestantism, was librarian at the Vatican, and published collections of documents.ホルスタイン( 1596-1661 )は、プロテスタントの変換から、司書は、バチカンは、およびドキュメントのコレクションを公開します。 The Oratorian J. Morin (1597-1659) published a famous work on the history of Holy orders, and a confused one on that of penance. j.モランのオラトリオ会士( 1597-1659 )公開の歴史のある有名な神聖な仕事を受注し、 1つ上の混乱苦行です。 The chief patristic theologian among English Protestants is Bishop Bull, who wrote a reply to Petavius's views on the development of dogma, entitled "Defensio fidei Nicaenae" (1685).英語patristicプロテスタント神学者の間の長は雄牛の司教、 who書いて返信してペタヴィウスの再生回数のドグマの開発、権利" defensio信仰のnicaenae " ( 1685 ) 。 The Greek Leo Allatius (1586-1669), custos of the Vatican Library, was almost a second Bessarion. allatius 、ギリシャのレオ( 1586-1669 )は、管理人は、バチカン図書館、 2番目のベッサリオンがほとんどです。 He wrote on dogma and on the ecclesiastical books of the Greeks.彼は書いて教会の教義の書籍を検索すると、ギリシア人です。 A century later the Maronite JS Assemani (1687-1768) published amongst other works a "Bibliotheca Orientalis" and an edition of Ephrem Syrus. jsアッセマーニ一世紀へのマロン( 1687-1768 )で公開中の他の作品を"蔵書東洋"とsyrus ephrem版です。 His nephew edited an immense collection of liturgies.膨大なコレクションを編集する甥liturgies 。 The chief liturgiologist of the seventeenth century is the Blessed Cardinal Tommasi, a Theatine (1649-1713, beatified 1803), the type of a saintly savant. 17世紀の首席liturgiologistの枢機卿は、祝福さtommasiは、 theatine ( 1649-1713 、 beatified 1803 )は、聖人のようなタイプのをSavant社です。

The great Benedictines form a group by themselves, for (apart from Dom Calmet, a Biblical scholar, and Dom Ceillier, who belonged to the Congregation of St-Vannes) all were of the Congregation of St-Maur, the learned men of which were drafted into the Abbey of St-Germain-des-Prés at Paris.偉大なbenedictinesグループを形成すること、 ( DOMのカルメ離れは、聖書学者、とDOM ceillier 、 whoに属して会衆のセント-ヴァンヌ)すべての信徒らは、聖-モールは、男性が学んだ召集されるアビーのセント-ジェルマンデプレ地区はパリです。 Dom Luc d'Achéry (1605-85) is the founder ("Spicilegium", 13 vols.); Dom Mabillon (1632-1707) is the greatest name, but he was mainly occupied with the early Middle Ages. DOMのリュックd' achéry ( 1605年から1685年)は、創立者(以下" spicilegium " 、 13 vols学です。 ) ; DOMのマビヨン( 1632-1707 )の最大の名は、しかし彼は主に中世の早期占領とします。 Bernard de Montfaucon (1655-1741) has almost equal fame (Athanasius, Hexapla of Origen, Chrysostom, Antiquities, Palaeography).ベルナールドモンフォコン( 1655-1741 )はほぼ同等の名声を得る(アタナシウス、 6カ国語対訳書の原産地、クリュソストモス、骨董品、古文書) 。 Dom Coustant (1654-1721) was the principal collaborator, it seems, in the great edition of St. Augustine (1679-1700; also letters of the Popes, Hilary). DOMのcoustant ( 1654-1721 )は、主要な協力、どうやら、聖アウグスティヌスの大版( 1679-1700 ;も、ローマ教皇の手紙、ヒラリー) 。 Dom Garet (Cassiodorus, 1679), Du Friche (St. Ambrose, 1686-90), Martianay (St. Jerome, 1693-1706, less successful), Delarue (Origen, 1733-59), Maran (with Toutée, Cyril of Jerusalem, 1720; alone, the Apologists, 1742; Gregory Nazianzen, unfinished), Massuet (Irenaeus, 1710), Ste-Marthe (Gregory the Great, 1705), Julien Garnier (St. Basil, 1721-2), Ruinart (Acta Martyrum sincera, 1689, Victor Vitensis, 1694, and Gregory of Tours and Fredegar, 1699), are all well-known names. DOMのgaret (カッシオドルス、 1679 ) 、デュフリーチェ(聖アンブローズ、 1686年から1690年) 、 martianay (聖ジェローム、 1693-1706 、あまり成功) 、ドラリュ(原産地、 1733年から1759年) 、マラン( toutée 、シリルのエルサレム、 1720 ;だけでは、擁護者、 1742 ;グレゴリーnazianzen 、未完) 、 massuet (エイレナイオス、 1710 ) 、サント-マーテ(グレゴリーの大、 1705 ) 、ジュリアン座(聖バジル、 1721から2まで) 、 ruinart (ログmartyrum sincera 、 1689 、ビクターvitensis 、 1694 、およびグレゴリーのツアーとfredegar 、 1699 )は、すべてのよく知られて名を表示します。 The works of Martène (1654-1739) on ecclesiastical and monastic rites (1690 and 1700-2) and his collections of anecdota (1700, 1717, and 1724-33) are most voluminous; he was assisted by Durand.の作品をmartène ( 1654-1739 )は教会や修道院の儀式( 1690と一千七百から二)と彼のコレクションをanecdoteの複数形( 1700 、 1717 、および1724年から1733年)は、ほとんどの膨大な;彼はデュランの援助を受けています。 The great historical works of the Benedictines of St-Maur need not be mentioned here, but Dom Sabatier's edition of the Old Latin Bible, and the new editions of Du Cange's glossaries must be noted.偉大な歴史的な作品をbenedictinesセント- Maurにて、ここに記載する必要はありませんが、しかし、 DOMのサバティエの古ラテン語聖書の版、および新しい用語のエディションデュカンジュの留意しなければならない。 For the great editors of collections of councils see under the names mentioned in the bibliography of the article on COUNCILS.偉大な編集者のためのコレクションを協議会の名称に記載されて表示されて書誌事項は、評議会の記事があります。

In the eighteenth century may be noted Archbishop Potter (1674-1747, Clement of Alexandria). 18世紀は、 5月に注意ポッター大司教( 1674-1747 、クレメントアレクサンドリアの)です。 At Rome Arévalo (Isidore of Seville, 1797-1803); Gallandi, a Venetian Oratorian (Bibliotheca veterum Patrum, 1765-81).先ローマarévalo ( ISIDOREにはセビリア、 1797-1803 ) ; gallandiは、ヴェネチアオラトリオ会士(蔵書veterum patrum 、 1765年から1781年) 。 The Veronese scholars form a remarkable group.ヴェロネーゼ学者の顕著なグループを形成する。 The historian Maffei (for our purpose his "anecdota of Cassiodorus" are to be noted, 1702), Vallarsi (St. Jerome, 1734-42, a great work, and Rufinus, 1745), the brothers Ballerini (St. Zeno, 1739; St. Leo, 1753-7, a most remarkable production), not to speak of Bianchini, who published codices of the Old Latin Gospels, and the Dominican Mansi, Archbishop of Lucca, who re-edited Baronius, Fabricius, Thomassinus, Baluze, etc., as well as the "Collectio Amplissima" of councils.マッフェイの歴史学者(私たちの目的は彼の" anecdoteの複数のカッシオドルス"が指摘される、 1702 ) 、 vallarsi (聖ジェローム、 1734年から1742年は、偉大な作品、およびルフィヌス、 1745 )は、兄弟ballerini (聖ゼーノ、 1739 ;セントレオ、 1753〜7は、最も注目すべき生産)ではなく、取り立てて言うほどのビアンキーニ、 who公開codexの複数の古ラテン語の福音書、および、ドミニカmansi 、大司教のルッカ、 who再編集バロニウス、ファブリツィウス、 thomassinus 、 baluzeなどだけでなく、 " collectio amplissima "の審議会です。 A general conspectus shows us the Jesuits taking the lead c.一般的な概観を示し問い合わせのイエズス会主導c. 1590-1650, and the Benedictines working about 1680-1750. 1590-1650 、 1680年から1750年の約benedictines作業です。 The French are always in the first place. 、フランスのはいつもの最初の場所です。 There are some sparse names of eminence in Protestant England; a few in Germany; Italy takes the lead in the second half of the eighteenth century.まばらには、いくつかの名前を隆起さプロテスタントイングランド;数でドイツ語を;イタリアには、 2番目の半分をリードして、 18世紀です。 The great literary histories of Bellarmine, Fabricius, Du Pin, Cave, Oudin, Schram, Lumper, Ziegelbauer, and Schoenemann will be found below in the bibliography.偉大な文学史のベラルミーノ、ファブリツィウス、ドュパン、洞窟、オーディン、シュラム、港湾労働者、 ziegelbauer 、および以下のschoenemannの構造が可能になったことです。 The first half of the nineteenth century was singularly barren of patristic study; nevertheless there were marks of the commencement of the new era in which Germany takes the head. 19世紀の最初の半分は、非常に不毛のpatristic研究;マルクの開始があったにもかかわらず、新たな時代ではドイツには、頭です。 The second half of the nineteenth was exceptionally and increasingly prolific. 2番目の半分の19は、非常に、ますます多作のです。 It is impossible to enumerate the chief editors and critics.を列挙することは不可能であると批評家のチーフエディターです。 New matter was poured forth by Cardinal Mai (1782-1854) and Cardinal Pitra (1812-89), both prefects of the Vatican Library.問題は枢機卿の新しいルーズ記載され舞( 1782-1854 )とカーディナルピトラ( 1812年から1889年) 、両方のprefects 、バチカン図書館です。 Inedita in such quantities seem to be found no more, but isolated discoveries have come frequently and still come; Eastern libraries, such as those of Mount Athos and Patmos, Constantinople, and Jerusalem, and Mount Sinai, have yielded unknown treasures, while the Syriac, Coptic, Armenian, etc., have supplied many losses supposed to be irrecoverable. ineditaは見つかっていないと思われるような量の他、しかし、孤立の発見が頻繁に来るとまだ来;東部図書館、アトス山のような、パトモス島、コンスタンティノープル、およびエルサレム、とマウントサイナイ、未知の宝物が屈したが、シリア、コプト語、アルメニア語など、多くの損失が供給取り返しのつかないはずです。 The sands of Egypt have given something, but not much, to patrology.エジプトの砂の何かが与えられたが、あまり、教父学です。

The greatest boon in the way of editing has been the two great patrologies of the Abbé Migne (1800-75).の最大の恩恵の道のために編集され、 2つの大きなpatrologiesミーニュabbé ( 1800年から1875年) 。 This energetic man put the works of all the Greek and Latin Fathers within easy reach by the "Patrologia Latina" (222 vols., including 4 vols. of indexes) and the "Patrologia Graeca" (161 vols).このエネルギッシュな人の作品を置くのすべてのギリシャ語とラテン語の祖先に簡単にアクセスし、 " patrologiaラティーナ" ( 222 vols学です。 、 4 vols学を含む。のインデックス)と" patrologia graeca " ( 161 vols学) 。 The Ateliers Catholiques which he founded produced wood-carving, pictures, organs, etc., but printing was the special work.彼のアトリエを設立catholiques木彫制作、写真、臓器などが、印刷は、特別な作業です。 The workshops were destroyed by a disastrous fire in 1868, and the recommencement of the work was made impossible by the Franco-German war.のワークショップが破壊された悲惨な火災で1868 、との仕事を再開されたが行われたフランコ-ドイツ語戦争不可能です。 The "Monumenta Germaniae", begun by the Berlin librarian Pertz, was continued with vigour under the most celebrated scholar of the century, Theodor Mommsen. " monumenta germaniae " 、開始され、ベルリンの司書ペルツ、強勢の下には、継続的に世紀の最も著名な学者、テオドールモムゼン。 Small collections of patristic works are catalogued below.小型のコレクションをpatristic作品はカタログには以下のとおり。 A new edition of the Latin Fathers was undertaken in the sixties by the Academy of Vienna.新しい版は、ラテン語の祖先は、 1960年代に実施されたアカデミーオブウィーンです。 The volumes published up till now have been uniformly creditable works which call up no particular enthusiasm.今までの巻号で公開立派な作品も一様に特段の熱意を呼び出す。 At the present rate of progress some centuries will be needed for the great work.現在の速度で進行される必要に応じていくつかの世紀の偉大な作品です。 The Berlin Academy has commenced a more modest task, the re-editing of the Greek Ante-Nicene writers, and the energy of Adolf Harnack is ensuring rapid publication and real success.アカデミーは、ベルリンのささやかなタスクを開始するほか、再編集、ギリシャのアンティ-ニカイア作家、とのエネルギーを確保アドルフハルナックは、真の成功と急速な出版物です。 The same indefatigable student, with von Gebhardt, edits a series of "Texte und Untersuchungen", which have for a part of their object to be the organ of the Berlin editors of the Fathers.不屈の学生と同じで、フォンゲプハルト、編集、一連の" texte und untersuchungen " 、これは、そのオブジェクトの一部の器官を、ベルリンのエディターには、父のです。 The series contains many valuable studies, with much that would hardly have been published in other countries.このシリーズを含む数多くの貴重な研究は、非常にそれは他の国ではほとんどが公表されています。 The Cambridge series of "Texts and Studies" is younger and proceeds more slowly, but keeps at a rather higher level.ケンブリッジシリーズの"テキストと研究"は若い収益もっとゆっくりと、しかし、かなり高いレベルを保持します。 There should be mentioned also the Italian "Studii e Testi", in which Mercati and Pio Franchi de' Cavalieri collaborate.また、イタリア語言及存在する必要があります" studiiメールテスティ" 、 mercatiとpioではフランキデ' cavalieri共同作業です。 In England, in spite of the slight revival of interest in patristic studies caused by the Oxford Movement, the amount of work has not been great.は、英国のは、にもかかわらず、若干の復活が原因で発生する研究に関心をpatristicオックスフォード運動は、量の仕事されていない素晴らしいです。 For learning perhaps Newman is really first in the theological questions.ニューマン氏は本当に学習おそらく最初は、神学的な質問です。 As critics the Cambridge School, Westcott, Hort, and above all Lightfoot, are second to none.批評家として、ケンブリッジ学校、ウェストコット、ホルト、および上記のすべてのライトフット、 2番目にはなし。 But the amount edited has been very small, and the excellent "Dictionary of Christian Biography" is the only great work published.編集された金額が、非常に小さい、との優れた"辞書キリスト教の伝記"には、偉大な作品のみを公開します。 Until 1898 there was absolutely no organ for patristic studies, and the "Journal of Theological Studies" founded in that year would have found it difficult to survive financially without the help of the Oxford University Press. 1898年まで確実にない器官があったためpatristic研究、および"ジャーナル神学研究"に設立されたその年には財政的に発見が困難に生き残るための助けを借りずには、 Oxford University Press学です。 But there has been an increase of interest in these subjects of late years, both among Protestants and Catholics, in England and in the United States.しかし増加したことに関心をされ、これらの科目の後半年間、プロテスタントとカトリックの両方の間、および米国は、英国のです。 Catholic France has lately been coming once more to the fore, and is very nearly level with Germany even in output.カトリックのフランスは最近の他のを前面に一度も来るとは非常に近いレベルでドイツでも出力します。 In the last fifty years, archaeology has added much to patristic studies; in this sphere the greatest name is that of De Rossi.での最後の50年間、考古学研究が追加されました多くをpatristic ;では、この球の最大の名のデロッシです。

B. The Study of the Fathers Bの研究には、父の

The helps to study, such as Patrologies, lexical information, literary histories, are mentioned below.を勉強するのに役立ちますなどpatrologies 、語彙情報については、文学史、以下に記載します。

Publication information出版情報

Written by John Chapman.書かれたジョンチャップマンです。 Transcribed by Kevin Cawley.ケビンコーリー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VI.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅥ 。 Published 1909.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認、 1909年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 書誌事項
COLLECTIONS:-- The chief collections of the Fathers are the following: DE LA BIGNE, Bibliotheca SS.コレクション: -の長には、父のコレクションは以下の通りです:デラb igne、蔵書s sです。 PP. pp 。 (5 vols. fol., Paris, 1575, and App., 1579; 4th ed., 10 vols., 1624, with Auctarium, 2 vols., 1624, and Suppl., 1639, 5th and 6th edd., 17 vols. fol., 1644 and 1654); this great work is a supplement of over 200 writings to the editions till then published of the Fathers; enlarged ed. ( 5 vols学です。 fol 。 、パリ、 1575 、およびアプリケーションです。 、 1579 ;第4エド。 、 10 vols学です。 、 1624 、 auctarium 、 2 vols学です。 、 1624 、およびsuppl 。 、 1639 、 5日と6日エッド。 、 17 vols学です。 fol 。 、 1644 、 1654 ) ;この偉大な仕事は、サプリメントの200以上の文章を入力し、公開までには、父のエディション;拡大エドです。 hy UNIV.なぜ大です。 OF COLOGNE (Cologne, 1618, 14 vols., and App., 1622); the Cologne ed.のケルン(ケルン、 1618 、 14 vols学です。 、およびアプリケーションです。 、 1622 ) ;のケルンエドです。 enlarged by 100 writings, in 27 folio vols.拡大さ100文章は、二つ折り27 vols学です。 (Lyons, 1677). (ライアンズ、 1677 ) 。 COMBEFIS, Graeco-Latinae Patrum Bibliothecae novum Auctarium (2 vols., Paris, 1648), and Auctarium novissimum (2 vols., Paris, 1672); D'Achéry, Veterum aliquot scriptorum Spicilegium (13 vols. 4to, Paris, 1655-77, and 3 vols. fol., 1723), mostly of writings later than patristic period, as is also the case with BALUZE, Miscellanea (7 vols. 8vo, Paris, 1678-1715); re-ed. combefis 、グレコlatinae patrum bibliothecae novum auctarium ( 2 vols学です。 、パリ、 1648 ) 、およびauctarium novissimum ( 2 vols学です。 、パリ、 1672 ) ; d' achéry 、 veterum約数scriptorum spicilegium ( 13 vols学です。 4to 、パリ、 1655 - 77 、および3 vols学です。 fol 。 、 1723 ) 、ほとんどの文章へpatristic期間よりも、 baluzeとしてもそうなのだが、いろいろ( 7 vols学です。 8vo 、パリ、 1678-1715 ) ;再エドです。 by MANSI (4 vols. fol., Lucca, 1761-4); SIRMOND, Opera varia nunc primum collecta (5 vols. fol., Paris, 1696, and Venice, 1728); MURATORI, Anecdota from the Ambrosian Libr.さmansi ( 4 vols学です。 fol 。 、ルッカ、千七百六十一から四まで) ; sirmond 、オペラ雑やがて一次collecta ( 5 vols学です。 fol 。 、パリ、 1696 、およびベニス、 1728 ) ;ムラトーリ、アンブロジオlibr anecdoteの複数形からです。 at Milan (4 vols. 4to, Milan, 1697-8; Padua, 1713); IDEM, Anecdota graeca (Padua, 1709); GRABE, Spicilegium of Fathers of the first and second centuries (Oxford, 1698-9, 1700, and enlarged, 1714); GALLANDI, Bibl.先ミラノ( 4 vols学です。 4to 、ミラノ、千六百九十七〜八;パドヴァ、 1713 ) ;同じ、 anecdoteの複数graeca (パドヴァ、 1709 ) ; grabe 、 spicilegiumの父親と2番目の最初の世紀(オックスフォード、一六九八〜九、 1700 、および拡大、 1714 ) ; gallandi 、 bibl 。 vet.獣医です。 PP., an enlarged edition of the Lyons ed. pp 。 、リヨンの拡大版のエドです。 of de la Bigne (14 vols. fol., Venice, 1765-88, and index puhl. at Bologna, 1863) -- nearly all the contents are reprinted in MIGNE; OBERTHÜR, SS.のデラbigne ( 14 vols学です。 fol 。 、ベニス、 1765年から1788年、およびインデックスpuhlでボローニャ、 1863 ) -ほぼすべての内容は、転載、ミーニュ; o berthür、 s s。 Patrum opera polemica de veriate religionis christ.イエスキリストveriate religionis polemicaデpatrumオペラです。 c. Gent.ゲントです。 et Jud. etユートです。 (21 vols. 8vo, Würzburg, 1777-94); IDEM, Opera omnia SS. ( 21 vols学です。 8vo 、ヴュルツブルク、 1777年から1794年) ;同じ、オペラ愛はすべてssです。 Patrum Latinorum (13 vols., Würzburg, 1789-91); ROUTH, Reliquiae sacrae, second and third centuries (4 vols., Oxford, 1814-18; in 5 vols., 1846-8); IDEM, Scriptorum eccl. patrum latinorum ( 13 vols学です。 、ヴュルツブルク、 1789年から1791年) ;ラウス、遺骸sacrae 、 2番目と3番目の世紀( 4 vols学です。 、オックスフォード、 1814年から1818年;は5 vols学です。 、 1846から8 ) ;同じ、 scriptorum eccl 。 opuscula praeipua (2 vols., Oxford, 1832, 3rd vol., 1858); MAT, Scriptorum veterum nova collectio (unpubl. matter from Vatican MSS., 10 vols. 4to, 1825-38); IDEM, Spicileqium Romanum (10 vols. Svo, Rome, 1839-44); IDEM, Nova Patrum Bibtiotheca (7 vols. 4to, Rome, 1844-54; vol. 8 completed by COZZA-LUZI, 1871, vol. 9 by COZZA-LUZI, 1888, App. ad opera ed. ab A. Maio, Rome, 1871, App. altera, 1871). opusculumの複数praeipua ( 2 vols学です。 、オックスフォード、 1832 、 3日!します。 、 1858 ) ;マット、新星scriptorum veterum collectio (バチカンmss unpubl.問題からです。 、 10 vols学です。 4to 、 1825年から1838年) ;同じ、 spicileqium romanum ( 10 vols学です。そう、ローマ、 1839年から1844年) ;同じ、新星patrum bibtiotheca ( 7 vols学です。 4to 、ローマ、 1844年から1854年; !します。 8完成さcozza -ルーツィ、 1871年No 。 9日by cozza -ルーツィ、 1888 、アプリケーションです。広告オペラエドです。アルバータa. 05月、ローマ、 1871年、アプリケーションです。アルテラ、 1871 ) 。 A few eccl.数eccl 。 writings in MAI's Classici auctores (10 vols., Rome, 1828-38); CAILLAU, Collectio selecta SS. 5月の文章をclassici auctores ( 10 vols学です。 、ローマ、 1828年から1838年) ; caillau 、 collectio selecta ssです。 Ecclesia Patrum (133 vols. em. 8vo, Paris, 1829-42); GERSDORF, Bibl. ecclesia patrum ( 133 vols学です。日です。 8vo 、パリ、 1829年から1842年) ; gersdorf 、 bibl 。 Patrum eccl. patrum eccl 。 lat.されています。 selecta (13 vols., Leipzig, 1838-47); the Oxford Bibliotheca Patrum reached 10 vols. selecta ( 13 vols学です。 、ライプチヒ、 1838年から1847年) ; patrum蔵書のオックスフォードに達した10 vols学です。 (Oxford, 1838-55); PITRA, Spicilegium Solesmense (4 vols. 4to, Paris, 1852-8). (オックスフォード、 1838年から1855年) ;ピトラ、 spicilegium solesmense ( 4 vols学です。 4to 、パリ、千八百五十二から八) 。 The number of these various collections, in addition to the works of the great Fathers, made it difficult to obtain a complete set of patristic writings.これらの様々なコレクションの数に加えて、偉大な父親の作品を、作らを入手することは難しいの完全な集合をpatristic作品を紹介します。 MIGNE supplied the want by collecting almost all the foregoing (except the end of the last mentioned work, and Mais later volumes) into his complete editions: Patrologiae cursus completus, Series latine (to Innocent III, AD 1300, 221 vols. 4to, including four vols. of indexes, 1844-55), Series graeco-latine (to the Council of Florence, AD 1438-9, 161 vols. 4to, 1857-66, and another rare vol. of additions, 1866); the Series graece was also published, in Latin only, in 81 vols.; there is no index in the Series grace; an alphabetical list of contents by SCHOLAREOS (Athens, 1879, useful); other publications, not included in Migne, by PITRA, are Juris ecclesiastici Graecarum hist.ミーニュ提供したいを集め、前述のほぼすべて(の最後の最後に記載以外の作業、および続きへ巻号)を自分の完全版: patrologiae cursus completus 、シリーズラテン語(無実の3世、広告の掲載1300 、 221 vols学です。 4toを含む4つのvols学です。のインデックスは、 1844年から1855年) 、シリーズグレコ-ラテン語(評議会フィレンツェ、広告の掲載一千四百三十八から九まで、 161 vols学です。 4to 、 1857年から1866年、および別の珍しい!の追加、 1866 ) ;このシリーズgraeceも公開は、ラテン語だけは、 81 vols学です。 ;はないインデックスは、シリーズの猶予;にアルファベット順のリストの内容をscholareos (アテネ、 1879 、役に立つ) ;その他の出版物ではなく、ミーニュ含まれるもので、ピトラは、法務ecclesiastici graecarum履歴です。 et monum. et monumです。 (2 vols., Rome, 1864-8); Analecta sacra (6 vols., numbered I, II, III, IV, VI, VIII, Paris, 1876-84); Analecta sacra et classica (Paris, 1888); Analecta novissima, medieval (2 vols., 1885-8); the new edition of Latin Fathers is called Corpus scriptorum ecclesiasticorum latinorum, editum consilio et impensis Academiae litterarum Caesarea Vindobonensis (Vienna, 1866, 8vo, in progress); and of the Greek Fathers: Die griechischen christlichen Schriftsteller der ersten drei Jahrhunderten, herausgegeben von der Kirchenvätter-Kommission den Königl. ( 2 vols学です。 、ローマ、一千八百六十四から八まで) ; analecta sacrumの複数形( 6 vols学です。 、番号私は、 2世、 3世、 4世、六、 viii 、パリ、 1876年から1884年) ; analecta sacrumの複数形et classica (パリ、 1888 ) ; analecta novissima 、中世( 2 vols学です。 、 1885から8まで) ;の新しい版のラテン語の父と呼ばコーパスscriptorum ecclesiasticorum latinorum 、 editum consilio et impensis academiae litterarum caesarea vindobonensis (ウィーン、 1866年、 8vo 、進行中) ;と、ギリシャの父親:死ぬgriechischen christlichen schriftsteller der ersten drei jahrhunderten 、 herausgegebenフォンder kirchenvätter - kommissionデンkönigl 。 preussiechen Akad. preussiechen akad 。 den Wise.デンて英明でられる。 (Berlin, 1897, large 8vo, in progress). (ベルリン、 1897年、大規模な8vo 、進行中) 。 Of the Monumenta Germaniae historica, one portion, the Auctores antiquissimi (Berlin, 1877-98), contains works of the sixth century which connect themselves with patrology. monumenta germaniaeのhistorica 、 1つの部分に、 auctores antiquissimi (ベルリン、 1877年から1898年) 、が含まれ、 6世紀の作品そのものを教父学を接続します。 Small modern collections are HURTER, SS.小モダンコレクションは保護するもの、 ss 。 Patrum opuscula selecta, with a few good notes (Innebruck, 1st series, 48 vols., 1868-85, 2nd series, 6 vols.. 1884-92) -- these little books have been deservedly popular; KRÜGER, Semmlung ausgewählter kirchen- und dogmengeschichtlicher Quellenechriften (Freiburg, 1891-); RAUSCHEN, Florilegium patristicum, of first and second centuries (3 fasc., Bonn, 1904-5); Cambridge patristic texts (I, The Five Theol. Orat. of Greg. Naz., ed. MASON, 1899; II, The Catech. Or. of Greg. Nyssen., ed. SRAWLEY, 1903; Dionysius Alex., ed. FELTRE, 1904, in progress); VIZZINI, Bibl. patrum opusculumの複数selecta 、少数の良いノート( innebruck 、第1シリーズ、 48 vols学です。 、 1868年から1885年、第2シリーズ、 6 vols学.. 1884年から1892年) -これらのほとんどの書籍も当然人気; k rüger、 s emmlunga usgewählterk irchen- und dogmengeschichtlicher quellenechriften (フライブルク、 1891 -) ; r auschen、名詩選p atristicum、世紀の最初と2番目( 3 f asc。 、ボン、一千九百四から五) ;ケンブリッジp atristicテキスト(私、の5つのt heol。 o rat。のグレッグです。 n az。 、エドです。メイソン、 1899 ; 2世は、 catechします。または。のグレッグです。ニッサンします。 、エドです。 srawley 、 1903 ;ディオニシウスアレックス。 、エドです。フェルトレ、 1904年、進行中) ;ビッツィーニ、 bibl 。 SS. ssです。 PP. pp 。 Theologiae tironibus et universo clero accomodata (Rome, 1901- in progress); LIETZMANN, Kleine Texte, für theol. theologiae tironibus et universo clero accomodata (ローマ、 1901 -進行中) ;リーツマン、 、 п ервыйt exte、 f ürt heol。 Vorlesungen und Uebungen (twenty-five numbers have appeared of about 16 pp. each, Bonn, 1902- in progress); an English ed. vorlesungen und uebungen ( 25数字が現れて約16 pp 。それぞれ、ボン、 1902 -進行中) ;は英語版です。 of the same (Cambridge, 1903-); Textes et documents pour l'étude historique du chrietienisme, ed.と同じ(ケンブリッジ、 1903 -2 007) ; t extese t書類p ourl '練習h istoriqueデュc hrietienisme、エドです。 HEMMER AND LEJAY (texts, French tr., and notes, Paris, in progress -- an admirable series).ヘンメルとlejay (テキスト、フランス語tr 。 、およびメモ、パリ、進行中-の見事なシリーズ) 。

INITIA:-- For Greek and Latin writers up to Eusebius, the index to HARNACK, Gesch.初期: -ギリシャ語とラテン語をユーセビアス作家は、インデックスをハルナック、 g esch。 der altchr. der altchrです。 Litt., I; for the Latin writers of first six centuries, AUMERS, Initia libronum PP.リットです。 、私;は、ラテン語の最初の6世紀の作家、 aumers 、初期libronum pp 。 lat.されています。 (Vienna, 1865); and up to 1200, VATASSO, Initia PP. (ウィーン、 1865 ) ;と最大1200 、 vatasso 、初期pp 。 aliorumque scriptorum sect, lat. aliorumque scriptorum宗派、されています。 (2 vols., Vatican press, 1906-8). ( 2 vols学です。 、バチカンプレス、千九百六から八) 。

LITERARY HISTORIES:-- The first is BELLARMINE, De Scriptoribus ecclesiasticis (Rome, 1613, often reprinted; with additions by LABBE, Paris, 1660, and by OUDEN, Paris, 1686); DE PIN, Bibliothèque universelle des auteurs eccles.文学史: -の最初のは、ベラルミーノ、デs criptoribuse cclesiasticis(ローマ、 1 613、しばしば転載;ラベー静脈に追加され、パリ、 1 660、およびo uden、パリ、 1 686) ;デピン、 b ibliothèqueu niverselleデa uteursエクルズです。 (61 vols. 8vo, or 19 vols. 4to, Paris, 1686, etc.); this was severely criticized by the Benedictine PETITDIDIER and by the Oratorian SIMON (Critique de la Bibl. des auteurs eccl. publ. pen ill. E. Dupin, Paris, 1730), and Du Pin's work was put on the Index in 1757; FABACCEUS, Bibliotheca Graece, sive edititia Scriptorum veterum Graecorum (Hamburg, 1705-28, 14 vols.; new ed. by HARLES, Hamburg, 1790-1809, 12 vols., embraces not quite 11 vole, of the original ed.; index to this ed., Leipzig, 1838) -- this great work is really a vast collection of materials; Fabricius was a Protestant (d. 1736); he made a smaller collection of the Latin lit. ( 61 vols学です。 8voか、または19 vols学です。 4to 、パリ、 1686など) ;これは厳しく批判されたとされるベネディクトpetitdidierオラトリオ会士サイモン(批評デラbibl 。デauteurs eccl 。出版します。ペン病気です。 e.デュパン、パリ、 1730 ) 、およびドュパンの仕事をつけるのインデックスでは、 1757 ; fabacceus 、蔵書graece 、しかしedititia scriptorum veterum graecorum (ハンブルク、 1705年から1728年、 14 vols学です。 ;新しいエドです。られたharles 、ハンブルク、 1790 - 1809 、 12 vols学です。 、抱擁は非常に11ハタネズミ、は、元のエドです。 ;のインデックスをこのエド。 、ライプチヒ、 1838 ) -この偉大な仕事は、実際には膨大なコレクションの材料;ファブリツィウスは、プロテスタント(民主党1 736) ;彼は小規模なコレクションに加え、ラテン語点灯します。 hist., Bibl.履歴です。 、 bibl 。 Latina, sive non.ラティーナ、しかし以外のです。 scr. SCR出ています。 vett, latt. vett 、 lattです。 (1697, 1708, 1712, etc., ed. by ERNESTI, 3 vols., Leipzig, 1773-4), and a continuation for the Middle Ages (1734-6, 5 vols.); the whole was re-edited by MANSI (6 vols., Padua, 1754, and Florence, 1858-9); LE NOURRY, Apparatus ad Biblioth. ( 1697 、 1708 、 1712 、等、エドです。られたエルネスティ、 3 vols学です。 、ライプチヒ、千七百七十三から四) 、及び継続を中世の時代に(千七百三十四〜六、 5 vols学です。 ) ;全体が再編集されmansi ( 6 vols学です。 、パドヴァ、 1754 、およびフィレンツェ、千八百五十八〜九) ;ルnourry 、装置の広告bibliothです。 Max.マックスです。 vett. vett 。 Patr. patrです。 (2 vols. fol., Paris, 1703-15), deals with Greek Fathers of the second century and with Latin apologists; CEILLIER, Hist. ( 2 vols学です。 fol 。 、パリ、 1703年から1715年) 、ギリシャ語の祖先を扱う2番目の世紀とはラテン語擁護; ceillier 、履歴です。 générale des auteurs sacrés et ecclés.駭駻aleデauteurs sacrés et ecclésです。 (from Moses to 1248, 23 vols., Paris, 1729-63; Table gén. des Met., by RONDET, Paris, 1782; new ed. 16 vols., Paris, 1858-69); SCHRAM, Analysis Operum SS. (ムーサー〜 1248 、 23 vols学です。 、パリ、 1729年から1763年;テーブルgén 。デ会った。 、 rondet 、パリ、 1782 ;新しいエドです。 16 vols学です。 、パリ、 1858年から1869年) ;シュラム、分析operum ssです。 PP. pp 。 et Scriptorum eccles. et scriptorumエクルズです。 (Vienna, 1780-96, 18 vols., a valuable work); LUMPER, Hist. (ウィーン、 1780年から1796年、 18 vols学です。は、貴重な作業) ;港湾労働者、履歴です。 Theologico-critica de vitâ scriptis atque doctrina SS. theologico - criticaデvitâ scriptis atque doctrina ssです。 PP. pp 。 at scr.先SCR出ています。 eccl. eccl 。 trium primorum saec. trium primorum saec 。 (Vienna, 1783-99, 13 vols.; a compilation, but good); the Anglican CAVE published a fine work, Scriptorum eccl. (ウィーン、 1783年から1799年、 13 vols学です。 ;をコンパイル、しかし、良い) ;の聖公会の洞窟で公開する細かい仕事は、 scriptorum eccl 。 historia literaria (London, 1688; best ed., Oxford, 1740-3); OUDIN, a Premonstratensian, who became a Protestant, Commentarius de Scriptoribus eccl.歴史literaria (ロンドン、 1688 ;最高のエドです。 、オックスフォード、 1740から3 ) ;オーディンは、プレモントレ修道会、 whoになったプロテスタント、 commentariusデscriptoribus eccl 。 (founded on Bellarmine, 3 vols. fol., Leipzig, 1722). (に設立さベラルミーノ、 3 vols学です。 fol 。 、ライプチヒ、 1722 )です。 On the editions of the Latin Fathers, SCHOENEMANN, Bibliotheca historico-litteraria Patrum Latinorum a Tert, ad Greg.上のエディションは、ラテン語の父、 schoenemann 、蔵書歴史をlatinorum tert - litteraria patrum 、広告の掲載グレッグです。 M. at Isid.男性はisidです。 Hisp. hispです。 (2 vols., Leipzig, 1792-4). ( 2 vols学です。 、ライプチヒ、 1792〜4 ) 。

PATROLOGIES (smaller works):-- GERHARD, Patrologia (Jena, 1653); HÜLSEMANN, Patrologia (Leipzig, 1670); OLEARIUS, Abacus Patrologicus (Jena, 1673); these are old-fashioned Protestant books. patrologies (小作品) : -ゲルハルト、 p atrologia(イエナ、 1 653) ; h ülsemann、 p atrologia(ライプチヒ、 1 670) ;オレアリウス、そろばんp atrologicus(イエナ、 1 673) ;これらは古風なプロテスタントの書籍です。 German Catholic works are: GOLDWITZER, Bibliographie der Kirchenväter und Kirchenlehrer (Landshut, 1828); IDEM, Patrologie verbunden mi Patristik (Nuremberg, 1833-4); the older distinction in Germany between patrology, the knowledge of the Fathers and their use, and patristic, the science of the theology of the Fathers, is now somewhat antiquated; BUSSE, Grundriss der chr.ドイツ語カトリックの作品は: goldwitzer 、 bibliographie kirchenväter und der kirchenlehrer (ランツフート、 1828 ) ;同じ、ミシガンpatrologie verbunden patristik (ニュルンベルグ、一千八百三十三から四) ;の古い教父学の間でドイツ語を区別は、知識には、父のとその使用方法、およびpatristicは、科学の神学には、父のは、今すぐやや時代遅れの; busse 、 grundriss der chrです。 Lit.点灯します。 (Münster, 1828-9); MÖHLER, Patrologie, an important posthumous work of this great man, giving the first three centuries (Ratisbon, 1840); PERMANEDER, Bibliotheca patristica (2 vols., Landshut, 1841-4); FESSLER, Institutiones Patrologiae (Innsbruck, 1851), a new ed. (ミュンスター、千八百二十八から九まで) ; möhler 、 patrologie 、死後の重要な仕事は、次の偉大な人物は、最初の3つの世紀に与える( ratisbon 、 1840 ) ; permaneder 、蔵書patristica ( 2 vols学です。 、ランツフート、千八百四十一から四まで) ; fessler 、 institutiones patrologiae (インスブルック、 1851 )に、新しいエドです。 by JUNGMANN is most valuable (Innsbruck, 1890-6); ALZOG, Grundriss der Patrologie (Freiburg im Br., 1866 and 1888); same in French by BELET (Paris, 1867); NIRSCHL, Handbuch der Patrologie und Patristik (Mainz, 1881-5); RESBÁNYAY, Compendium Patrologiae et Patristicae (Funfkirchen in Hungary, 1894); CARVAJAL, Institutiones Patrologiae (Oviedo, 1906); BARDENHEWER, Patrologie (Freiburg im Br., 1894; new ed. 1901) -- this is at present by far the best handbook; the author is a professor in the Cath.をユングマンが最も貴重な(インスブルック、一八九〇から六) ; alzog 、 grundriss der patrologie (フライブルクイムしました。 、 1866 、 1888 ) ;と同じでスペイン語をbelet (パリ、 1867 ) ; nirschl 、 patrologie und handbuch der patristik (マインツ、 1881から5 ) ; resbányay 、大要patrologiae et patristicae ( funfkirchenは、ハンガリーで、 1894 ) ;カルバハル、 institutiones patrologiae (オビエド、 1906 ) ; bardenhewer 、 patrologie (フライブルクイムしました。 、 1894 ;新しいエドです。 1901年) -これには現在のハンドブックずば抜けて良いし、著者は、教授は、猫です。 theo.テオです。 faculty of the Univ.教員は、大学です。 of Munich; a French tr.のミュンヘン;を語スペイン語tr 。 by GODET AND VERSCHAFFEL, Les Pères de l'Église (3 vols., Paris, 1899); an Italian tr. verschaffelゴデとされ、レpèresデl' église ( 3 vols学です。 、パリ、 1899 ) ;のイタリア語tr 。 by A. MERCATI (Rome, 1903); and an English tr. mercatiされa. (ローマ、 1903 ) ;と英語のtr 。 with the bibliography brought up to date, by SHAHAN (Freiburg im Br. and St. Louis, 1908); smaller works, insufficient for advanced students, but excellent for ordinary purposes, are: SCHMID, Grundlinien der Patrologie (1879; 4th ed., Freiburg im Br., 1895); an Engl.日付の構造育てられて、シャーハン(フライブルクイムしました。 、ミズーリ州セントルイス、 1908 ) ;小規模な作品は、不十分な、高度な学生、それは、優れた、普通の目的では:シュミット、 grundlinien der patrologie ( 1879 ;第4エド。 、フライブルクイムしました。 、 1895 ) ;のengl 。 tr. tr 。 revised by SCHOBEL (Freiburg, 1900); SWETE of Cambridge, Patristic Study (London, 1902).改正されベル(フライブルク、 1900 ) ;スウィートのケンブリッジ、 patristic研究(ロンドン、 1902 ) 。

HISTORIES OF THE FATHERS:-- It is unnecessary to catalogue here all the general histories of the Church, large and small, from Baronius onwards; it will be sufficient to give some of those which deal specially with the Fathers and with ecclesiastical literature.履歴には、父の: -それは不要のすべての一般的な歴史をカタログにここには、教会、規模の大小に、よりバロニウス以降;それは十分な対応を与えるいくつかの特別なものに、父親の教会や文学です。 The first and chief is the incomparable work of TILLEMONT, Mémoires pour servir à l'histoire eccl.兼最高の最初の仕事は、比類のないティユモン、 mémoires pour à l' histoire ecclをサポートします。 des six premiers siècles (Paris, 1693-1712, 16 vols., and other editions); MARÉCHAL, Concordance des SS.デ6総理siècles (パリ、 1693-1712 、 16 vols学です。 、およびその他のエディション) ; maréchal 、コンコーダンスデssです。 Pères de l'Eglise, Grecs at Latins, a harmony of their theology (2 vols., Paris, 1739); BÄHR, Die christlich-römische Litteratur (4th vol. of Gesch. der römischen Litt., Karlsruhe, 1837; a new ed. of the first portion, 1872); SCHANZ, Gesch. pèresドレグリーズ、ラテン系grecsでは、調和の神学( 2 vols学です。 、パリ、 1739 ) ; bähr 、死ぬのキリスト教- römischeアレイ( 4 !のgesch 。 der römischenリット。 、カールスルーエ、 1837 ;に新しいエドです。の最初の部分、 1872 ) ;シャンツ、 gesch 。 der röm. der röm 。 Litt., Part III (Munich, 1896), 117-324; EBERT, Gech.リットです。 、パートIII (ミュンヘン、 1896 ) 、一一七から三二四まで;エバート、 gechです。 der christlich-lateinischen Litt. der lateinischenリットのキリスト教です。 (Leipzig, 1874; 2nd ed., 1889); Anciennes littératunes chrétiennes (in Bibliothèque de l'enseignement de l'hist. eccl., Paris): I; BATIFFOL, La littérature grecque, a useful sketch (4th ed., 1908), II; DUVAL, La littérature syriaque (3rd ed., 1908); LECLERCQ, L'Afrique chrétienne (in same Bibl. de l'ens. da l'h. eccl., 2nd ed., Paris, 1904); IDEM, L'Espagne chrétienne (2nd ed., 1906); BATIFFOL, L'église naissante et le Catholicisme, a fine apologetic account of the development of the Church, from the witness of the Fathers of the first three centuries (Paris, 1909); of general histories the best is Ducesesrese, Hist. (ライプチヒ、 1874 ;第2版、 1889 ) ; anciennes littératunes chrétiennes ( bibliothèqueデl' enseignementデl'履歴です。 eccl 。 、パリ) :私; batiffol 、ラlittérature grecque 、有益なスケッチ(第4エド。 、 1908 ) 、 2世;デュバル、ラlittérature syriaque (第3版、 1908 ) ; leclercq 、アフリカchrétienne ( biblと同じです。デl'存在します。ダl' hです。 eccl 。 、第2版です。 、パリ、 1904 ) ;同上、 l' espagne chrétienne (第2版、 1906 ) ; batiffol 、 l' église naissante etルcatholicisme 、罰金の発展に申し訳なさそうなアカウントの教会からの目撃者には、父の最初の3つの世紀(パリ、 1909 ) ; ducesesreseの全般の履歴のベストは、履歴です。 ancienne eta tEglisa (2 vols. have appeared, Paris, 1906-7); finally, the first place is being taken among histories of the Fathers by a work to be completed in six volumes, BARDENHEWER, Geschichte der altkirchlichen Litteratur (I, to AD 200, Freiburg im Br., 1902; II, to AD 300, 1903).昔のエータteglisa ( 2 vols学です。が現れて、パリ、一千九百六から七まで) ;最後に、第1位はとられるの履歴には、父の間には完成された作品の6つの巻号、 bardenhewer 、 geschichte der altkirchlichenアレイ(私、広告200 、フライブルクイムしました。 、 1902 ;二、して、広告、 300 、 1903 ) 。 The following are Protestant: NEWMAN, The Church of the Fathers (London, 1840, etc.); DONALDSON, A critical history of Christian lit.プロテスタントは次のとおりです:ニューマン氏は、教会には、父の(ロンドン、 1840 、等) ;ドナルドソン、キリスト教の歴史を、重要な点灯します。 .です。 .です。 .です。 to the Nicene Council: I; The Apostolic Fathers, II and III; The Apologists (London, 1864-6 -- unsympathetic); BRICHY, The Age of the Fathers (2 vols., London, 1903); ZÖCKLER, Gesch.してニカイア公会議:私;のローマ教皇の父親、 IIおよびIII ;の擁護者(ロンドン、 1864から6 -思いやりがない) ; b richyは、年齢には、父の( 2 v ols学です。 、ロンドン、 1 903) ; z öckler、 g esch。 der theologischen Litt. der theologischenリットです。 (Patristik) (Nördlingen, 1889); CRUTTWELL, A Literary History of Early Christianity . ( patristik ) ( nördlingen 、 1889 ) ; cruttwellは、キリスト教の文学史の早期です。 .です。 .です。 Nicene Period (2 vols., London, 1893); KRÜGER, Gesch.ニカイア期間( 2 vols学です。 、ロンドン、 1893 ) ; krüger 、 gesch 。 der altchristlichen Litt, in den ersten 3 Jahrh. der altchristlichenリットは、デンersten 3 jahrhです。 (Freiburg im Br. and Leipzig, 1895-7); tr. (フライブルクイムしました。 、ライプチヒ、一八九五から七まで) ; tr 。 GILLET (New York, 1897) -- this is the beet modern German Prot.ジレ(ニューヨーク、 1897年) -これは、ビート現代ドイツ語のp rotのです。 history.歴史です。 The following consists of materials: A. HARNACK, Gechichte der altchr.は、次の構成材料: a.ハルナック、 gechichte der altchrです。 Litt, bis Eusebius, I, Die Ueberlieferung (Leipzig, 1893; this vol. enumerates all the known works of each writer, and all ancient references to them, and notices the MSS.); II, 1 (1897), and II, 2 (1904), Die Chronologie, discussing the date of each writing; the latter Greek period is dealt with by KRUMBACHER, Geschichte der byzantinischen Litt.リット、 bisユーセビアス、私は、死ぬueberlieferung (ライプチヒ、 1893 ;この!します。列挙のすべての既知のそれぞれの作家の作品、およびすべての古代の参照をし、注意事項、 mss 。 ) ;二、 1 ( 1897 ) 、およびII 、 2 ( 1904 ) 、死ぬchronologie 、この評価を議論して、各書き込み;後者の対処をクルムバハー期間は、ギリシャ語、 geschichte der byzantinischenリットです。 527-1453 (2nd ed. with assistance from EHRHARD, Munich, 1897).五二七〜一四五三(第2版です。とアシスタンスからエールハルト、ミュンヘン、 1897 ) 。 The following collected series of studies must be added: Textd und Untersuschungen zur Geschichte der altchristlichen Litt., ed.シリーズの研究は、次の収集しなければならない追加日: textd und untersuschungen zur geschichte der altchristlichenリット。 、エドです。 VON GEBHARDT AND A. HARNAcK (1st series, 15 vols., Leipzig, 1883-97, 2nd series, Neue Folge, 14 vols., 1897-1907, in progress) -- the editors are now HARNACK AND SCHMIDT; ROBINSON, Texts and Studies (Cambridge, 1891 -- in progress); EHRHARD AND MÜLLER, Strassburger theologische Studien (12 vols., Freiburg im Br., 1894 -- in progress); EHRHARD AND KIRSCH, Forschungen zur christl.フォンゲプハルトとA.ハルナック(第1シリーズ、 15 vols学です。 、ライプチヒ、 1883年から1897年、第2シリーズ、ノイエfolge 、 14 vols学です。 、 1897-1907 、進行中) -のエディターは、今すぐハルナックとシュミット;ロビンソン、文章と研究(ケンブリッジ、 1891 -進行中) ;エールハルトとミュラー、 s trassburgert heologisches tudien( 1 2v ols学です。 、フライブルクイムしました。 、 1 894-進行中) ;エールハルトとキルシュ、f o rschungenzu rch ristlです。 Litt.リットです。 und Dogmengeschichte (7 vols., Paderborn, in progress); La Pensée chrétienne (Paris, in progress); Studii e Testi (Vatican press, in progress). und dogmengeschichte ( 7 vols学です。 、パーダーボルン、進行中) ;ラpensée chrétienne (パリ、進行中) ; studiiメールテスティ(バチカン報道は、進行中) 。 Of histories of development of dogma, HARNACK, Dogmengeschichte (3 vols., 3rd ed., 1894-7, a new ed. is in the press; French tr., Paris, 1898; Engl. tr., 7 vols., Edinburgh, 1894-9), a very clever and rather "viewy" work; LOOFS, Leitfaden zum Studium der DG (Halle, 1889; 3rd ed., 1893); SEEBERG, Lehrb.ドグマの開発の歴史、ハルナック、 dogmengeschichte ( 3 vols学です。 、第3版です。 、 1894〜7に、新しいエドです。は、プレス;語スペイン語tr 。 、パリ、 1898 ; engl 。 tr 。 、 7 vols学です。 、エジンバラ、 1894から9 )は、非常に利口なという"派手な"仕事;ローフス、 leitfaden zum studium der dg (ハレ、 1889 ;第3版、 1893 ) ;ゼーベルク、 lehrbです。 der DG (2 vols., Erlangen, 1895), conservative Protestant; IDEM, Grundriss der DG (1900; 2nd ed., 1905), a smaller work: SCHWANE, Dogmengeschichte, Catholic (2nd ed., 1892, etc.; French tr., Paris, 1903-4); BETHUNE-BAKER, Introduction to early History of Doctrine (London, 1903); TIXERONT, Histoire des Dogmas: I, La théologie anti-nicéenne (Paris, 1905 -- excellent); and others. der dg ( 2 vols学です。 、エルランゲン、 1895 ) 、保守的プロテスタント;同じ、 grundriss der dg ( 1900 ;第2版、 1905 )は、小規模な作品: schwane 、 dogmengeschichte 、カトリック(第2版、 1892 、等;語スペイン語tr 。 、パリ、千九百三から四) ;ベトゥーン-ベイカーは、早期の歴史を紹介ドクトリン(ロンドン、 1903 ) ; tixeront 、 histoireデ教義:私、ラthéologie抗nicéenne (パリ、 1905 -素晴らしい) ;およびその他です。

PHILOLOGICAL:-- On the common Greek of the early period see MOULTON, Grammar of NT Greek: I, Prolegomena (3rd ed., Edinburgh, 1909), and references; on the literary Greek, AD 1-250, SCHMIDT, Den Atticismus von Dion.言語学: -ギリシャ語の共通参照M oultonの早い時期に、文法のN Tのギリシャ語:私、 p rolegomenonの複数形(第3版です。 、エジンバラ、 1 909) 、および参考文献;上の文学ギリシャ語、広告の掲載一から二百五十まで、シュミット、デンa tticismusフォンディオンです。 Hal. HALのです。 bis auf den zweiten Philostratus (4 vols., Stuttgart, 1887-9); THUMB, Die griechieche Sprache im Zeitalter des Hellenismus (Strasburg, 1901).デンzweiten bis auf philostratus ( 4 vols学です。 、シュトゥットガルト、千八百八十七から九まで) ;親指、死ぬgriechieche sprache zeitalterデイムhellenismus (ストラスブルグ、 1901 ) 。 Besides the Thesaurus of STEPHANUS (latest ed., 8 vols., fol., Paris, 1831-65) and lexicons of classical and Biblical Greek, special dictionaries of later Greek are DU CANGE, Glossarium ad scriptores mediae et infimae graecitatis (2 vols., Lyons, 1688, and new ed., Breslan, 1890-1); SOPHOCLES, Greek Lexicon of the Roman and Byzantine Periods, 146-1100 (3rd ed., New York, 1888); words wanting in Stephanus and in Sophocles are collected by KUMANUDES (SA Koumanoudes), Sunagôgê lexeôn athêsauristôn en tois heggênikois lexikois (Athens, 1883); general remarks on Byzantine Greek in KNUMBACHER, op.に加えて、シソーラスのステファヌス(最新版です。 、 8 vols学です。 、 fol 。 、パリ、 1831年から1865年)と辞書の古典と聖書のギリシャ語、ギリシャ語以降の特別な辞書はデュカンジュ、 glossarium広告scriptores mediae et infimae graecitatis ( 2 vols学です。 、ライアンズ、 1688 、および新しいエド。 、 breslan 、一八九〇 〜一) ;ソフォクレス、ギリシャ語の語彙は、ローマとビザンチン様式の期間、百四十六〜一千百(第3版です。 、ニューヨーク、 1888 ) ;言葉に欠けているとさステファヌスソフォクレスは、収集されたkumanudes (土koumanoudes ) 、 sunagôgê lexeôn athêsauristônアンtois heggênikois lexikois (アテネ、 1883 ) ;一般的な発言をknumbacherビザンチン様式のギリシャ語で、営業です。 cit.千葉工大です。 On patristic Latin, KOFFMANE, Gesch.上patristicラテン語、 koffmane 、 gesch 。 des Kinchenlateins: I, Entstehung .デkinchenlateins :私は、 entstehungです。 .です。 .です。 bis auf Augustinus-Hieronymus (Breslau, 1879-81); NORDEN, Die antika Kunstprosa (Leipzig, 1898), II; there is an immense number of studies of the language of particular Fathers [eg HOPPE on Tertullian (1897); WATSON (1896) and BAYARD (1902) on Cyprian; GOELTZER on Jerome (1884); REGNER on Augustine (1886), etc.], and indices latinitatis to the volumes of the Vienna Corpus PP. bis auf augustinus -ヒエロニムス(ブレスラウ、 1879年から1881年) ;ノルデン、死ぬantika kunstprosa (ライプチヒ、 1898 ) 、 2世;には莫大な数の研究は、特定の言語の祖先[例ホッピーをテルトゥリアヌス( 1897 ) ;ワトソン( 1896 )と鹿毛の馬( 1902 )をチプリアーノ; goeltzerをジェローム( 1884 ) ; regnerをアウグスティヌス( 1886 )等] 、およびインデックスlatinitatisをコーパスには、ウィーンの巻次のpp 。 latt.; TRAUBE, Quellen and Untensuchungen zur lat. latt 。 ;トラウベ、 untensuchungen zur quellenとされています。 Phil.フィルします。 des Mittelalters, I (Munich, 1906); much will be found in Archiv für lat.デmittelalters 、私(ミュンヘン、 1906 ) ;多くは、過去のfürに発見されています。 Lexicographie, ed. lexicographie 、エドです。 WÖLFFLIN (Munich, began 1884). wölfflin (ミュンヘン、 1884年が始まった) 。

TRANSLATIONS:-- Library of the Fathers of the Holy Catholic Church, translated by members of the English Ch.技術情報の翻訳: -ライブラリには、父のは、神聖なカトリック教会は、あなたの英語訳のメンバーです。 (by PUSEY, NEWMAN, etc.), (45 vols., Oxford, 1832-). (ピュージー、ニューマン、等) 、 ( 45 vols学です。 、オックスフォード、 1832 -2 007) 。 ROBERTS AND DONALDSON, The Ante-Nicene Christian Library (24 vols., Edinburgh, 1866-72; new ed. by COXE, Buffalo, 1884-6, with RICHARDSON's excellent Bibliographical Synopsis as a Suppl., 1887); SCHAFF AND WAGE, A Select Library of Nicene and post-Nicene Fathers of the Chr.ロバーツとドナルドソンは、事前-ニカイアキリスト教のライブラリ( 24 vols学です。 、エジンバラ、 1866年から1872年;新しいエドです。られたコクス、バッファロー、 1884から6まで、リチャードソンの優れた書誌ストーリーとしてsuppl 。 、 1887 ) ;シャフと賃金、ニカイアのライブラリを選択すると、父親は、 chrニカイアポストです。 Ch., with good notes (14 vols., Buffalo and New York, 1886-90, and 2nd series, 1900, in progress).あなたのです。 、良いノート( 14 vols学です。 、バッファロー、ニューヨーク、 1886年から1890年、および第2シリーズは、 1900年、進行中) 。 ENCYCLOPEDIAS AND DICTIONARIES:-- SUICER, Thesaurus ecclesiasticus, a patribus graecis ordine alphabetico exhibens quaecumqua phrases, ritus, dogmata, haereses et hujusmodi alia spectant (2 vols., Amsterdam, 1682; again 1728; and Utrecht, 1746); HOFFMANNS, Bibliographisches Lexicon der gesammten Litt.百科事典や辞書: -s uicer、シソーラス集会の書は、 p atribusg raecisオルディーヌa lphabeticoe xhibensq uaecumquaフレーズ、使用法、 d ogmata、 h aeresese th ujusmodiアリアs pectant( 2 v ols学です。 、アムステルダム、 1 682;再び1 728;とユトレヒト、 1 746) ; h offmanns、 b ibliographisches辞書der gesammtenリットです。 der Griechen (3 vols., 2nd ed., Leipzig, 1838-45); the articles on early Fathers and heresies in the Encyclopadia Britannica (8th ed.) are, many of them, by Harnack and still worth reading; WETZER AND WELTE, Kirchenlex., ed. der griechen ( 3 vols学です。 、第2版です。 、ライプチヒ、 1838年から1845年) ; heresies 、父との記事を早期encyclopadiaは、ブリタニカ( 8エド。 )には、それらの多くは、まだ読む価値があるとされハルナック;ヴェッツァーとwelte 、 kirchenlex 。 、エドです。 HERGENRÖTHER, and then by KAULEN and others, 12 vols., one vol. hergenröther 、と入力し、さkaulenおよびその他、 12 vols学です。 、 1つ!です。 of index (Freiburg im Br., 1882-1903); HERZOG, Realencylopädie für prot.インデックス(フライブルクイムしました。 、 1882-1903 ) ;ヘルツォーク、 realencylopädie für protのです。 Theol. theol 。 und Kirche, 3rd ed. und kirche 、第3版です。 by HAUCK (21 vols., 1896-1908); VACANT AND MANGENOT, Dict.をハウク( 21 vols学です。 、 1896-1908 ) ;空席とmangenot 、 dictのです。 de Théol.デthéolです。 cath.猫です。 (Paris, in progress); CABROL, Dict. (パリ、進行中) ;カブロル、 dictのです。 d'archéologie chr. d' archéologie chrです。 et de liturgie (Paris, in progress); BAUDRILLART, Dict. etデliturgie (パリ、進行中) ; baudrillart 、 dictのです。 d'hist. d'履歴です。 at de géogr.先デgéogrです。 ecclésiastiques (Paris, in progress); SMITH AND WACE, A Dictionary of Christian Biography, is very full and valuable (4 vols., London, 1877-87). ecclésiastiques (パリ、進行中) ;スミスとウェイス、キリスト教の辞書バイオグラフィー、完全とは非常に貴重な( 4 vols学です。 、ロンドン、 1877年から1887年) 。

GENERAL BOOKS OF REFERENCE:-- ITTIG, De Bibliothecis et Catenis Patrum, gives the contents of the older collections of Fathers which were enumerated above (Leipzig, 1707); IDEM, Schediasma de auctoribus qui de scriptoribus ecclesiasticis egerunt (Leipzig, 1711); DOWLING, Notitia scriptorum SS.一般的な書籍を参照形: -i ttig、デb ibliothecise tc atenisp atrum、古いコレクションの内容を与えるの父親に列挙された上記の(ライプチヒ、 1 707) ;同じ、 s chediasmaデa uctoribusホームデs criptoribuse cclesiasticise gerunt(ライプチヒ、 1 711) ;ダウリング、データscriptorum ssです。 PP. pp 。 .です。 .です。 .です。 quae in collectionibus Anecdotorum post annum MDCC in lucem editis continentur (a continuation of ITTIG's De Bibl. et Cat., Oxford, 1839); an admirable modern work is EHRHARD, Die alt christliche Litt, und ihre Erforschung seit 1880: I, Allgemeine Uebersicht, 1880-4 (Freiburg im Br., 1894); II, Ante-Nicene lit., 1884-1900 (1900); the bibliographies in the works of HARNACK and of BARDENHEWER (see above) are excellent; for Ante-Nicene period, RICHARDSON, Bibliographical Synopsis (in extra vol. of Ante-Nicene. Fathers, Buffalo, 1887); for the whole period. quae年間でcollectionibus anecdotorumポストmdccでlucem editis continentur ( ittigの継続をするのデbibl 。 et猫です。 、オックスフォード、 1839 ) ;に立派なモダンな作品はエールハルト、死ぬalt christlicheリット、 undイーレerforschung seit 1880 :私は、アルゲマイネuebersicht 、一八八〇 〜四(フライブルクイムしました。 、 1894 ) ;二、アンティ-ニカイア点灯します。 、 1884年から1900年( 1900 ) ;の書誌しているのハルナックとbardenhewer (上記参照)は、優れた;を事前-ニカイア期間、リチャードソン、書誌シノプシス(に余分な!のアンティ-ニカイア。祖先、バッファロー、 1887 ) ;は、全期間です。 CHEVALIER, Répertoire des sources historiques du moyen-âge: Bio-bibliographie, gives names of persons (2nd ed., Paris, 1905-07); Topo-bibliographie gives names of places and subjects (2nd ed., Paris, 1894-1903); progress each year is recorded in HOLTZMANN AND KRÜGER's Theologischer Jahresbericht from 1881; KROLL AND GURLITT, Jahresbericht für kleseische Alterthumewissenschaft (both Protestant); BIHLMEYER, Hagiagraphischer Jahresbericht for 1904-6 (Kempten and Munich, 1908).シュヴァリエ、 répertoireデソースhistoriquesデュmoyen - âge :バイオ- bibliographie 、人の名前を与える(第2版です。 、パリ、 1905年から1907年) ;トポ- bibliographie場所や科目の名前を与える(第2版です。 、パリ、 1894-1903 ) ;進捗状況が記録され、毎年krügerホルツマンと1881年からのtheologischer jahresbericht ;クロル、グルリット、 jahresbericht für kleseische alterthumewissenschaft (両方のプロテスタント) ; bihlmeyer 、 hagiagraphischer jahresberichtを1904から6 (ケンプテン、ミュンヘン、 1908 ) 。 A very complete bibliography appears quarterly in the Revue d'hist.非常に完全な書誌事項が表示されたら四半期は、刊行物Revue d'履歴です。 eccl. eccl 。 (Louvain, since 1900), with index at end of year; in this publ. (ルー、以来1900 ) 、インデックス期末; 、この出版します。 the names of all Reviews dealing with patristic matters will be found.の名前をpatristic問題を扱うすべてのレビューは見つかりませんでした。


Church Fathers教会の父

Jewish Perspective ユダヤ人の視点

Their Importance to Judaism.彼らの重要性をユダヤ教です。

The early teachers and defenders of Christianity.キリスト教の初期の教師と守備です。 The most important of the fathers lived and worked in a period when Christianity still had many points of contact with Judaism, and they found that the latter was a splendid support in the contest against paganism, although it had to be combated in the development of Christian doctrine.には、父の最も重要な期間住んで働いていたときにまだ多くの点で、キリスト教、ユダヤ教の連絡先、および彼らが見つかりましたが、後者は、このコンテスト反対ペイガニズム素晴らしいサポートされ、これの開発にしなければなりませんcombatedキリスト教ドクトリンです。 So the Fathers of the Church are seen at one time holding to a Jewish conception of the universe and making use of Jewish arguments, at another rejecting a part of such teaching and formulating a new one.ので、父親のは、教会が所蔵して一度に見られるユダヤ人の概念を利用した宇宙とユダヤ人の引数は、別の部分を拒否するような教育を策定する新たな1つです。 In the contest of Christianity against paganism the Church Fathers employ the language of the Hellenistic literature as found in Philo, Josephus, the Apocrypha, and the Sibylline Books, all of which draw upon the Prophets of the Old Testament.コンテストは、キリスト教の教会の反対ペイガニズムの祖先の言語を採用するヘレニズム文学として発見さフィロ、ヨセフスは、外典、みこの書籍と、すべてを頼るのは、旧約聖書の預言者です。 Thus, practically, only the polemic features in the activity of the Church Fathers directed against Judaism can be considered as new and original.したがって、事実上、論客の機能のみの活動を監督するユダヤ教の教会の父親としての新しい、オリジナルと考えることができます。 But in order to wage successful war against paganism, they, as well as Christians in general, had to acquaint themselves with the religious documents of Judaism; and this was possible only if they entered into personal relations with the Jews: through these personal relations the Church Fathers become of signal importance to Judaism.しかし、賃金の成功のために戦争をペイガニズム、彼らは、キリスト教徒だけでなく一般的には、自身から解放はユダヤ教の宗教的なドキュメント、およびこれは個人的な可能性を入力する場合にのみ、ユダヤ人との関係を:を通じて、これらの個人的な関係の教会のユダヤ教の重要性を父親になるの信号です。 The contemporaries and, in part, the coworkers of those men who are known from the Talmud and the Midrash as the depositaries of the Jewish doctrine, were the instructors who transmitted this doctrine to the Church Fathers also.のコンテンポラリーと、部分的に、これらの男性の同僚からwhoが知られてタルムードとミドラーシュdepositariesは、ユダヤ教の教義として、この学説は、インストラクターwho転送して、父親も教会です。 Hence such a mass of haggadic material is found in the work of the fathers as to constitute an important part of Jewish theological lore.したがってこのような大量のhaggadic物質が発見されたとして、父親の仕事の重要な部分を構成するユダヤ人の神学的言い伝えです。 This article is primarily concerned with their interpreration of the texts of the Bible and of the Apocrypha, which differs in essential points from those of the Jews.この記事は主に、関係者にinterprerationの文章は、聖書と外典、これは異なりますが、これらは、ユダヤ人の重要なポイントです。

Personal Relations with Jews:個人的な関係をユダヤ人:

Justin Martyr.ジャスティン殉教者です。

After the Bar Kokba war against the Romans, Ariston of Pella, a converted Jew, wrote, as is generally accepted, a dialogue in which the Christian Jason and the Jew Papiscus are made the speakers, and in which the nature of Jesus is discussed (Ιάσουος ιαμ Παπίσκου ἀυτιλογία Χριστοῦ).戦争の後に、ローマ人への手紙バーkokba 、アリストンのペラ、変換したユダヤ人、書いたとしては一般的に受け入れられなくても、対話では、ユダヤ人とキリスト教のジェイソンpapiscusは、スピーカー、および性質は、イエスキリストは、議論( ιάσουος ιαμ παπίσκου ἀυτιλογία χριστοῦ ) 。 This dialogue, already mentioned by Celsus, may be wholly imaginary and without historical basis.この対話は、すでに言及されケルスス、 5月に完全に虚と歴史的な根拠なしです。 But the famous dialogue of Justin Martyr with the Jew Tryphon, which took place at Ephesus (Eusebius, "Historia Ecclesiastica," iv. 18) at the time of the Bar Kokba war, is strictly historical, as certain details show; for instance, the statement that on the first day no strangers were present, while on the second day some Jews of Ephesus accompanied Tryphon and took part in the discussion (Justin, "Dialogus cum Tryphone," cxviii.), a certain Mnaseas being expressly mentioned (ib. lxxxv.).しかし、有名なユダヤ人との対話のジャスティン殉教者tryphon 、これ行わエフェソス(ユーセビアス、 "歴史ecclesiastica 、 " Ⅳ 。 18 )は、戦争時のkokbaのバーは、厳密に歴史的建造物、として、特定の詳細詳細;例えば、その声明の最初の日にすると、見知らぬ人が存在する場合、 2番目の日中にいくつかのユダヤ人のエフェソスtryphonと同行が議論に参加しました(ジャスティン、 " dialogusごっtryphone 、 " cxviiiです。 ) 、 mnaseas特定が明示的に記載( ① -イ。 85 。 ) 。 The Jewish auditors are not only able to follow the intricate discussion intelligently, but their demeanor also is seemly; Tryphon especially proves himself a true disciple of Greek philosophy, and his scholarship is freely acknowledged by Justin (ib. lxxx.).ユダヤ人だけでなく、監査役は以下の複雑な議論をインテリジェントにできるように、その態度も上品な; tryphon特に自分自身を証明ギリシャ哲学、真の弟子である、と彼の奨学金が自由に認定されジャスティン( ib. 80です。 ) 。 At the close of, the debate, Jew and Christian confess that they have learned much from each other, and part with expressions of mutual good-will (ib. at the end).は、閉じるのは、議論は、ユダヤ人とキリスト教を告白してお互いから多くを学んだし、相互の良い部分を表現したものでは、 ( ib.の末尾)です。 Justin was born and reared in proximity to Jews; for he calls himself a Samaritan (ib. cxx.), meaning thereby probably not that he professed the religion of the Samaritans, but that he came from Samaria.ジャスティンの近くに生まれ育てられたユダヤ人;を自称する彼はサマリア人( ib.にCXXです。 ) 、意味がないが、おそらく彼のサマリア人の宗教を公言したが、その彼がよりサマリアです。 Of the relations of Clement of Alexandria to Judaism nothing positive is known.アレクサンドリアのクレメントの関係を肯定的にユダヤ教は何も知られている。 During the persecutions of the Christians of Alexandria, in 202 or 203, Clement sought refuge for a short time in Syria (Eusebius, lc vi. 11).キリスト教徒迫害の中にアレクサンドリアのは、 202または203 、クレメント求められて避難所をため、短時間でシリア(ユーセビアス、液晶Ⅵ 。 11 ) 。 Here he may have learned much at first hand from the Jews.ここで多くを学んだ彼は5月に最初の手からのユダヤ人です。 He knew a little Hebrew, also some Jewish traditions; both of 'which facts point to personal relations with Jews.少しは知っていたヘブライ語、また、いくつかのユダヤ人の伝統;の両方の'個人的な関係をどの事実をポイントして、ユダヤ人です。

Clement's contemporary, Origen, probably also born in Alexandria about 185, may possibly have been on his mother's side of Jewish descent, if one may judge from the fact that while his father is mentioned as Leonides, the name of his mother is passed over in silence.クレメントの現代、原産地、おそらくアレキサンドリアも生まれ、約185 、続けている可能性がある彼の母親の側のユダヤ人の子孫は、 5月の場合1つの中から判断するという事実が取り上げられてleonides父親、母親の名前が渡されたの向こうの沈黙のです。 A Jewish mother could readily have taught her son the Hebrew language, so that they might sing the Psalms together (Jerome, "Epistola xxxix. ad Paulam").ユダヤ人の母親が容易に彼女の息子のヘブライ語が教え、それでかれらに詩篇を授けた一緒に歌うかもしれない(ジェローム、 " epistola 39 。広告paulam " ) 。 [Both his father and his motherwere, however, Christian in faith.T. [ motherwereの両方と彼の父親は、しかし、キリスト教のfaith.tです。

Clement and Origen.クレメントと原産地です。

In his capacity of presbyter at Cæsarea in Palestine, Origen must have come into frequent contact with learned Jews, as indeed appears from his writings.長老は彼の能力をcæsarea 、パレスチナ、原産地に入る必要があります。学んだ頻繁に接触し、ユダヤ人、実際に表示されるから彼の作品を紹介します。 He mentions again and again his "magister Hebræus" (ὁ Εβραῖος in the Greek fragment), on whose authority he gives several haggadot ("De Principiis," i. 3, 4; iv. 26).彼は何度も繰り返し言及した彼の"マジスターhebræus " ( ὁ εβραῖοςは、ギリシャ語の断片)は、その権限を与える彼はいくつかのhaggadot ( "デprincipiis 、 "の経験I.クリチバ3 、 4 ; Ⅳ 。 26 ) 。 His dependence on the Jews is sufficiently emphasized by Jerome ("Adversus Rufinum," I. xiii.) in the passage wherein Clement and Eusebius are named among those who did not disdain to learn from Jews.彼の依存度が十分に強調され、ユダヤ人ジェローム( "反対rufinum 、 "の経験I.クリチバ13です。 )での通過とユーセビアスクレメントの名前はそこのうちから学ぶwhoユダヤ人蔑視しなかった。 Origen often mentions the views of Jews, meaning thereby not the teaching of certain individuals, but the method of exegesis prevalent among the Jews of his time.原産地しばしば言及し、再生回数のユダヤ人、意味がないの特定の個人指導は、法の解釈が、ユダヤ人の間で流行して自分の時間です。 The Jews with whom he maintained personal intercourse were men of distinguished scientific attainments.ユダヤ人に個人的な交流を維持御心に適うの著名な科学上の業績が男性です。 The one Jew whom he mentions by name was no less a personage than Hillel, the patriarch's son, or "Jullos," as Origen calls him (Grätz,"Monatsschrift," 1881, xxx. 433 et seq.). 1つのユダヤ人の心に適う言及されほかならぬ〜その人の名前はヒレルは、家長の息子、または" jullos 、 "彼の呼び出しとして原産地( grätz 、 " monatsschrift 、 " 1881年、 xxx 。 433頁以降を参照。 ) 。 His other Jewish acquaintances either were closely related to the patriarch's family, or occupied high positions on account of their erudition.彼の他のユダヤ人の知人のいずれかが密接に関連しての家族の家長か、またはアカウントの立場を占領下の高博学です。 Grätz ("Gesch. der Juden," 3d ed., iv. 231) thinks indeed that some passages in Origen's writings are directed against the contemporary amora of Palestine, Simlaï. grätz ( " gesch 。 der juden 、 " 3次元エド。 、 Ⅳ 。 231 )原産地と考え実際にいくつかの通路に反対する監督の作品は、現代のアモラパレスチナ、 simlaïです。 Origen seems, moreover, to have had intercourse with Hoshaya of Cæsarea (Bacher, "Agada der Palästinensischen. Amoräer," i. 92).原産地よう、また、性交をしていたhoshayaのcæsarea ( bacher 、 " agada der palästinensischenです。 amoräer 、 "の経験I.クリチバ92 ) 。

Eusebius, Ephraem Syrus, Epiphanius.ユーセビアス、シリアの聖エフラエム、聖エピファニオスです。

Eusebius, the celebrated Church historian, also learned from the Jews, as has already been mentioned, and was under the influence of Jewish tradition.ユーセビアス、教会の著名な歴史学者、ユダヤ人よりも学んだとしては、既に述べたように、とは、ユダヤ教の伝統の影響を受けています。 In Cæsarea, where he lived, he met many Jews, with whom he had discussions.でcæsareaが、そこに住んで、彼は会った多くのユダヤ人は、誰彼は議論します。 Nevertheless he uses the word "Jew" as a term of reproach, calling his opponent, Marcellus, "a Jew" ("De Ecclesiastica Theologia," ii. 2, 3).しかし彼は言葉では、 "ユダヤ人"として非難の言葉は、彼の対戦相手を呼び出す、マルケッルスは、 "ユダヤ人" ( "デecclesiastica theologia 、 " Ⅱ 。 2 、 3 ) 。 He likewise thinks it a disgrace to be one of the "circumcised" (τις τῶυ ἐκ περιτομῆς, "Demonstratio Evangelica," i. 6).彼は同様に恥をかかされる1つのことを考え、 "割礼" ( τις τῶυ ἐκ περιτομῆς 、 " demonstratio evangelica 、 "の経験I.クリチバ6 ) 。 This last expression is also used regularly by Ephraem Syrus to designate Jews (, "Opera Syriaca," ii. 469).この最後の表現が定期的にも使用され、ユダヤ人を指定するシリアの聖エフラエム( 、 "オペラsyriaca 、 " Ⅱ 。 469 ) 。 Ephraem distances all his ecclesiasticalpredecessors in his hatred of the Jews, displaying a bitterness that is explicable only on the ground that he at one time had personal relations with them, and had formed an adverse opinion of them.彼のephraem距離ecclesiasticalpredecessors彼の憎しみの念を抱くのすべてのユダヤ人、苦味を表示するには説明だけで、地上にいた彼は個人的な関係を一度にかれらとは逆の意見を形成することです。 Epiphanius, too, shows his dependence on the Jews, especially in the book, perhaps wrongly ascribed to him, "De Prophetarum Vitis"; which contains, besides many extraneous inventions, numerous Jewish traditions of the lives of the Prophets.聖エピファニオス、あまりにも、彼の依存度を示して、ユダヤ人、特にこの本は、おそらく誤って生得をしてしまったら、 "デprophetarumヴィティス" ;が含まれ、多くの無関係な発明のほか、多数のユダヤ人の伝統は、預言者の生活をします。 In this it was followed by a Syrian work ("The Book of the Bee," published in "Auecdota Oxoniensia," Semitic series, i., part 2).続いて、このことは、シリアの仕事( "この本は、ハチ、 "公開さ" auecdota oxoniensia 、 "ユダヤ人シリーズ、 i. 、パート2 )です。

Jerome.ジェロームです。

Jerome surpasses all other Church Fathers in his erudition as well as in his importance for Judaism.ジェローム上回っ彼の父親のすべての教会博学に重要なのは彼だけでなく、ユダヤ教です。 It must be emphasized, in spite of Christian assertions to the contrary (eg, B. Baue, "Vorlesungen," ii. 36), that he learned much not only from baptized but also from loyal Jews.強調しなければならないことは、キリスト教の主張とは反対にもかかわらず、 (例えば、 b. baue 、 " vorlesungen 、 " Ⅱ 。 36 ) 、それだけでなく、より多くを学んだだけでなく、より忠実なユダヤ人の洗礼を受けた。 He sought his information in many quarters, especially among the educated Jews (Preface to Hosea; compare "Epistola lxxiii. ad Evangelum").彼は彼の情報を求められて多くの宿舎、特に、教育を受けたユダヤ人(序文をホセア書;比較" epistola 73 。広告evangelum " ) 。 Hence he always cites the opinions of several Jews ("quidam Hebræorum"), not that of one Jew; and these Jewish friends of his accompany him on his journeys (Preface to I Chronicles), though he has one particular guide ("circumducens," Preface to Nahum).したがって彼はいつもの意見を引き合いに出して、いくつかのユダヤ人( "種類のhebræorum " )ではなく、ユダヤ人が1つ、およびこれらのユダヤ人の友達と彼の同行、彼に彼の旅(序文を私クロニクル) 、かかわらず、彼は1つの特定のガイド( " circumducens 、 "序文をナホム) 。 Of only three of his Jewish teachers is anything known.彼のユダヤ人だけで3つの教師は何も知られている。 A Jew from Lydda, whom Jerome calls "Lyddæus," explained to him the Book of Job, translating it into Greek, and expounding it in Latin. lyddaからのユダヤ人は、誰ジェローム呼び出し" lyddæus 、 "予約の仕事を説明し、彼は、それを翻訳ギリシャ語、ラテン語と説明しています。 Although he has much to say in praise of this man, Jerome will not admit that he learned much from him (Preface to Job), designating him often as one who merely read the Scriptures to him ("Onomastica Sacra," xc. 12; commentary on Eccles. iv. 14, v. 3).彼には多くの称賛を言うには、次の男、ジェロームを認めることはないから多くを学んだ彼(序文での仕事) 、指定した頻度で1つの経典を読んでwho単に彼( " onomastica sacrumの複数形、 " xc 。 12 ;エクルズ解説しています。 Ⅳ 。 14 、 v. 3学) 。 But from this Lyddan Jerome acquired not only the material for his philological notes, but also the Hebrew pronunciation that gives him a unique importance for Old Testament criticism (Siegfried, in Stade's "Zeitschrift," 1884, p. 34; Krauss, in "Magyár Zsidó Szémle," 1900, vii. 513).しかし、このlyddanジェローム後天性の素材だけでなく、彼の言語学ノートは、ヘブライ語発音を与えるだけでなく、彼に固有の重要なのは旧約聖書の批判(ジークフリートは、シュターデの" zeitschrift 、 " 1884年、 p. 34 ;クラウス、 " magyár zsidó szémle 、 " 1900年、 Ⅶ 。 513 ) 。

Jerome was more attached to his second teacher, Bar Ḥanina, who, however, can not be identical with R. Ḥama b.ジェロームは彼の2番目の先生の他に接続され、バーḥanina 、 who 、しかし、同じにすることはできませんr. b. ḥama Ḥanina, as Rahmer insists (compare Weiss, in "Bet-Talmud," i. 131, note 3); nor can he possibly be identified until his Midrashim, quoted by Jerome, have been compared with the known sayings of the authors of the Talmud and the Midrash. ḥanina 、 rahmer主張(比較ワイス氏は、 "ベット-タルムード、 "の経験I.クリチバ131 、注3 ) ;もできる可能性が発見されるまで彼は彼のmidrashim 、ジェローム引用され、既知のことわざと比較しても、作者は、タルムードとミドラーシュです。 This Bar Ḥanina must have been an eminent teacher of the Law, for Jerome spent much time and money before he could secure him as teacher.このバーḥanina必要がありますが、著名な教師は、法では、使用済みのジェロームに多くの時間とお金を前に彼が彼をセキュリティで保護さ教師です。 Since Jerome would not visit his teacher by day, for fear of the Jews, he went to Bar Ḥanina, by night ("Epistola lxxxiv. ad Pammachium et Occanum").以来ジェロームはない彼の教師を訪問日、ユダヤ人を見るのを恐れ、彼はバーḥanina 、夜( " epistola 84 。広告pammachium et occanum " ) 。 Bar Ḥanina came from Tiberias, as is shown by the Hebrew traditions communicated by him to Jerome; for one particular prophecy was held to apply to Tiberias (Jerome, "Quæstiones Hebraicæ in Genesin," xlix. 21).バーティベリアḥanina来たから、ヘブライ語の伝統には示されている彼に伝達されジェローム;を1つの特定の予言が行われたに適用するティベリア(ジェローム、 " quæstiones hebraicæでgenesin 、 " 49 。 21 ) 。 Jerome's third teacher, whom he required especially for the Aramaic portions of the Bible, knew both Hebrew and Aramaic, and was considered by the Jewish scribes as a "Chaldæus" (Preface to Tobit; compare "Epistola xviii. ad Damasum").ジェロームの3番目の先生は、御心に適うが必要となります。特に、アラム語聖書の部分を、ヘブライ語とアラム語の両方を知っていたと考えられてscribesのユダヤ人を" chaldæus " (序文をトビト書;比較" epistola 18 。広告damasum " ) 。

Jerome lived about forty years in Palestine, apparently studying all the time under Jews (commentary on Nahum ii. 1: "a quibus non modico tempore eruditus").ジェローム住んで約40年間、パレスチナ、明らかにされて勉強時間のすべてのユダヤ人(ナホム2世を解説します。 1 : " quibus以外のmodico tempore eruditus " ) 。 His enemies severely censured him for his intercourse with the Jews, but he was proud of it.彼の敵で深刻な非難彼のユダヤ人と交際するが、彼はそれを誇りに思う。 He asks how it could be held to impugn his faith in the Church, that he informs his readers in how many ways the Jews construe a single error.彼がどのように要求をimpugnで開かれる彼の信念は、教会、その彼は彼のニュースの読者がユダヤ人を解釈する方法について多くの方法の1つのエラーが発生します。 ("Adversus Rufinum," book i.). ( "反対rufinum 、 "予約i. ) 。 "Why should I not be permitted to inform the Latins of what I have learned from the Hebrews. . . . It is most useful to cross the threshold of the masters, and to learn the art directly from the artists" (ib.). "どうして私は許されないことをお知らせするラテン系のヘブル人への手紙から何を学んだ。 。 。 。 。 。 。 。これが最も便利マスターズのしきい値を横断し、アートを学ぶためのアーティストから直接" ( ib. ) 。

Augustine.アウグスティヌスです。

Jerome's contemporary, the great teacher Augustine, did not fare so well in Africa.ジェロームの現代は、偉大な教師アウグスティヌスは、とてもうまくしなかったアフリカの運賃です。 When he questioned the Jews on Biblical matters, they often either did not answer at all, or, at least from the standpoint of the Church Fathers, "lied" (Jerome, "Epistola cxii. ad Augustinum"), meaning probably that they gave an answer different from what the Christians desired ("Epistola civ. Augustini ad Hieronymum").聖書のユダヤ人を尋問するときに彼の問題は、たいていのいずれかのすべての返事をしなかったか、または、少なくとも、教会の観点からは、父親は、 "うそをついた" (ジェローム、 " epistola cxii 。広告augustinum " ) 、おそらく意味してはキリスト教徒からどのような回答を希望する別の( " epistola civ 。 augustini広告hieronymum " ) 。 An alleged letter from Jerome, probably forged by Rufinus, was sent to the Christian communities in Africa, in which Jerome professed to admit that, misled by the Jews, he had translated erroneously ("Adversus Rufinum," book iii., ii. 554, ed. Vallarsi).ジェロームの疑惑からの手紙、おそらくルフィヌス偽造され、送信されたキリスト教社会は、アフリカでは、本職のジェロームを認めることでは、ユダヤ人惑わされる、彼は誤って翻訳( "反対rufinum 、 "予約Ⅲ 。 、 Ⅱ 。 554 、エドです。 vallarsi ) 。 It mortified Jerome that his translation of the Bible, the Vulgate, so famous later on, should be passed over in silence by all the Jews, and that there was no one who knew enough Hebrew to appreciate the merits of the new translation ("Epistola cxii. ad Augustinum").彼のことを恥ずかしいと思うの翻訳は、聖書のジェロームは、一般的なので、有名な後に、必要以上に渡さのすべてのユダヤ人を沈黙されており、その1つはなかったwho感謝のメリットを知っていたのに十分なヘブライ語の新しい翻訳( " epistola cxii 。広告augustinum " ) 。 He even believed that all the Jews of Africa had conspired to oppose him, as actually happened in one place.彼も考えられていたアフリカのすべてのユダヤ人の共謀に反対する彼は、 1つの場所として実際に起こったのです。 In a certain African town-so Augustine wrote to Jerome (Jerome's works, "Epistola civ. Augustini ad Hieronymum")-the new translation was read in the church, by order of the bishop.これは、ある特定のアフリカの町-アウグスティヌスに手紙をジェローム(ジェロームの作品、 " epistola civ 。 augustini広告hieronymum " ) -の新しい翻訳が続きを読むの教会、司教の順序をされています。 When they came to the passage in Jonah containing the word "ḳiḳayon" (iv. 6), which differed from the interpretation hitherto accepted, such a tumult arose that the bishop had to ask the Jews for a verification, and they declared, to the great annoyance of both Jerome and Augustine, that Jerome's rendering did not agree with the He brew, or Greek, or (old) Latin codices.彼らの通過時に来て、その単語を含むヨナ" ḳiḳayon " ( iv. 6 ) 、これまでの解釈が異なる受け入れられなくても、このような騒動が起きたのは、司教はユダヤ人で確認を求める、と彼ら宣言してひんしゅくをアウグスティヌスの両方のジェロームと、ジェロームのレンダリングをしなかった彼のBREWに同意するか、またはギリシャ語、または(旧)ラテン語のCODECです。 The bishop had to strike it out as "a lie," being in danger of losing his congregation.ストライキの司教をしていたとして" 、嘘を言って、 "彼の信徒が奪われる危機にさらされています。 Before this, Tertullian of Carthage (165-245) had spoken of the impertinence and derision shown by a Jew ("Apologia," xvi.; "Ad Nationes," i. 11; compare Assworship).これに先立ち、テルトゥリアヌスのカルタゴ( 165から245まで)は、見当違いと話さ物笑いの種に表示されたユダヤ人( "弁明、 " 16です。 ; "広告nationes 、 "の経験I.クリチバ11 ;比較assworship ) 。

Chrysostom, Cyril, and Ambrose.クリュソストモス、シリル、およびアンブローズします。

Among the Greek Church Fathers, Basil the Great hardly knew Hebrew (H. Weiss, "Die Grossen Kappadocier Exegeten," p. 32, Braunsberg, 1872); yet his ability to distinguish between Amos, the prophet, and Amoz, the father of Isaiah (whose names are written alike in the Septuagint), as well as other similar facts, points to his having received oral instruction from Jews [or from some one who knew Hebrew.-T.].父親の間、ギリシャの教会、バジルの大ほとんどを知っていたヘブライ語(笠原ワイス、 "死ぬグロッセンkappadocier exegeten 、 " p. 32 、 braunsberg 、 1872 ) ;はまだありませんアモスを区別する彼の能力は、預言者、およびamozは、父親のイザヤ書(その名前が書かのセプトゥアギンタが似ている)だけでなく、他の類似事実、彼のことを指して経口からの命令を受けたユダヤ人[または1つのwhoを知っていたからいくつかのhebrew. - tです。 ] 。 Gregory of Nyssa (c. 331-396), who did not recognize the rending of the garments on the occasion of a death as being a Jewish custom (περὶ τοῦ βίου τῆς Μακαρίας Μακαρίνης, in Oehler, "Bibliothek der Kirchenväter," i. 188), does not seem to have known much about Judaism.グレゴリーのnyssa ( c.三百三十一から三百九十六まで) 、 whoしなかった認識して、胸が張り裂けるように衣を契機にユダヤ人の死されてカスタム( περὶ τοῦ βίου τῆς μακαρίας μακαρίνηςは、オーラー、 "文庫der kirchenväter 、 "の経験I.クリチバ188 ) 、知られていない多くのことを知るにはユダヤ教のように見える。 The same maybe said of the other Church Fathers who lived in Europe; that is, in sections sparsely settled by Jews.多分、同じ父親によると、他の教会ヨーロッパに住んでwho ;それは、ユダヤ人によって解決されるのセクションにまばらです。 Irenæus, for instance, who suffered as a martyr in 202 in Lyons, knew nothing of Judaism outside of the Scriptures, although he was reared in Asia Minor. irenæus 、例えば、 whoに苦しんで202のライアンズの殉教者として、ユダヤ教の外に何も知りませんでしたので、聖書は、アジアで育てられた彼はマイナーです。 In the paschal controversy he advocated separation from Judaism.復活祭の論争は、彼はユダヤ教からの分離を提唱します。 But the Greek fathers John Chrysostom and Cyril of Alexandria (see Byzantine Empire) potently affected the fate of the Jewish people, as did Bishop Ambrose of Milan (c. 340-397).しかし、ギリシャの父親ジョンクリュソストモスとアレクサンドリアのシリル(ビザンチン帝国を参照) 、ユダヤ人の運命を強く影響を受ける人々は、アンブローズの司教としてはミラノ( c.三四〇 〜三九七) 。

The Syrian Church, on the whole, was even in the fourth century dependent upon Jewish traditions (Wellhausen, in Bleek's "Einleitung in das Alte Testament," 4th ed., p. 601).シリアの教会で、 [全体的には、 4世紀は、依存しても、ユダヤ人の伝統(ヴェルハウゼンは、 bleekの"アルテ遺言das einleitungで、 "第4エド。 、 p. 601 ) 。 This appears especially in the "Homilies" of Aphraates (c. 337-345).これが表示されたら、特に"を発する" aphraates ( c.三百三十七から三百四十五) 。 He complains (Hom. xix.) that the monks are led astray and ensnared by the Jewish arguments; he himself had a disputation with one "who is called a wise man among the Jews."彼は文句( 19 hom.です。 )は、僧侶たちが主導ensnaredされたユダヤ人の道に迷って、引数;彼自身は1つの論争" whoは、賢い者の間で、ユダヤ人と呼ばれる。 " Aphraates, who, under the name "Mar-Jacob," was abbot of the monastery of Mar Mattai, and a bishop, gives such a number of Jewish traditions as to place him, in this regard, beside Ephraem Syrus (see Aphraates). aphraates 、 who 、下の名前を" 03 -ジェイコブ"は、アボットは、修道院のマルmattai 、と司教は、ユダヤ人の数は、このような彼を置くの伝統として、この点に関し、シリアの聖エフラエムの横に( aphraatesを参照) 。

The Haggadah:のhaggadah :

The Church Fathers adopted from the Jews a mass of interpolations, interpretations, and illustrative anecdotes, which may best be designated by the well-known term, "Haggadah," but which they themselves called variously.教会の父親から養子縁組されたユダヤ人を大量のinterpolations 、解釈、および説明の逸話、これが最高によく知られて指定された期間、 " haggadah 、 "しかし、これを自分たちと呼ばれるさまざまです。 Goldfahn has counted in Justin Martyr ("Dialogus cum Tryphone") twenty-six Hebrew traditions and six polemico-apologetic Haggadot.ジャスティンはカウントさgoldfahn殉教者( " dialogusごっtryphone " ) 2006年6 polemico -申し訳なさそうな伝統とヘブライ語haggadotです。 Among these may be mentioned: the eating by the three angels who appeared to Abraham; the Messiah's concealment and anointment by Elijah; the violent death of Isaiah (a Haggadah found already in the oldest apocrypha, and in nearly all the earlier fathers); Melchizedek's identity with Shem (compare especially Epiphanius, "Adversus Hæreses," xxxv., and the Syriac "Cave of Treasures," translated by Bezold, p. 36).これらの5月の間に言及:食べられたの3つの天使たちをアブラハムwhoが登場し、メシアの塗油を隠ぺいとイライジャ;の非業の死をイザヤ書( haggadahが見つかりました既にしている最も古い外典、およびそれ以前のほぼすべての父親) ;メルキゼデクのアイデンティティーをshem (聖エピファニオス比較特に、 "反対hæreses 、 " 35 。 、シリアと"洞窟の宝物、 "訳bezold 、 p. 36 ) 。

Clement and Origen.クレメントと原産地です。

Clement calls the Jewish haggadists "mystæ" (μύσται "persons initiated"), a term that was probably current in Alexandria; for the writings of all the Church Fathers agree in regarding Jewish tradition as a kind of esoteric doctrine understood only by the initiated.クレメント呼び出して、ユダヤ人haggadists " mystæ " ( μύσται "人を開始" )は、現在の任期は、おそらくアレキサンドリア;は、文章のすべての教会のユダヤ人の祖先について同意するような難解な教義、伝統を理解するだけで開始します。 Clement is acquainted with the old Haggadah to Ex.クレメントはhaggadahを元の古い知り合いにします。 ii. Ⅱ 。 14, according to which Moses killed the Egyptian by merely pronouncing the name of God. 14日、これによると、エジプトのモーゼ殺害され、神の名前を発音だけです。 Moses is called also "Joiakim" and "Melch" by the mystæ ("Stromata," ed. Migne, viii. 897), and "Melchiel" in Pseudo-Philo, "Antiq. Bibl."ムーサーが呼び出さも" joiakim "と" melch "されたmystæ ( " stromaの複数形、 "エドです。ミーニュ、 Ⅷ 。 897 ) 、および" melchiel "を疑似フィロ、 " antiq 。 bibl 。 " ("Jewish Quarterly Review," x. 228; compare x. 726). ( "ユダヤ人の四半期した日、 " Xの228 ;比較Xの726 ) 。 A relation between Clement and the Seder 'Olam Rabba is shown by the fact that both give the same figure, sixty years, as the period of the prophet Elisha's activity (ib. v. 138).クレメントとの間の関係セダー' olam rabbaの両方が示されている事実を与えるのと同じ図は、 60年、預言者としての期間は、エリシャの活動( ib. v. 138 ) 。

Origen's Debt to the Haggadah.原産地の債務をhaggadahです。

Origen derives still more from the Haggadot.まだ他からの派生haggadot原産地です。 For instance: the Garden of Eden is the center of the world ("Selecta in Genesin," ii. 8; compare 'Erub. 19a; Zion is so called in Enoch, xxvi. 1, 2; and Jubilees, viii.); division of the Red Sea into twelve parts (homily to Ex. v. 5; see also Eusebius, commentary on Ps. lxxvii. 13, and Epiphanius, in the notes to "Adversus Hæreses," pp. 262 et seq.; compare Mekilta on Ex. xiv. 16, and other Jewish sources ["Jewish Quarterly Review," v. 151], and Ḳimḥi on Ps. cxxxvi.); repentance of the sons of Korah (commentary on the Epistle to the Romans x. 7; compare Midrash on Ps. xlv. 4); Israel's strength lies in prayer (homily on Num. xiii. 5; compare Sifre, Num. 157); Phineas and Elijah are identical (com. on John vi. 7; Jerome adopts the same opinion from the Apocrypha [v. 813, ed. Vallarsi; compare Yalḳ., Num. 772, but the earliest sources are lacking]); Daniel, Hananiah, Michael, and Azariah are eunuchs (commentary on Matt. xv. 5; compare homily on Ezek. iv. 8; catena on Ezek. xiv. 5; Jerome, "Adversus Jovin," book i., xxv.; com. on Dan. i. 3; Epiphanius, "De Vitis Prophetarum," ed. Migne, xliv. 424; further Sanh. 93b; Gen. R. xcix.); Moses is the author of eleven Psalms ("Selecta" to Ps. xii., ed. Migne, p. 1055; so also Jerome ["Adversus Rufinum," xiii.; compare Pesiḳ., ed. Buber, p. 198a]); wild beasts are the instruments of divine punishment, as in II Kings xvii.例えば:エデンの園は、世界の中心で、 ( " selectaでgenesin 、 " Ⅱ 。 8 ;比較' erub 。 19a ;ザイオンは非常にイノックを呼んで、二十六です。 1 、 2 、およびjubilees 、 Ⅷ 。 ) ;紅海を12部が実施して部品(説教を例です。 v. 5 ;も参照くださいユーセビアス、 psの解説をします。 77 。 13日、と聖エピファニオスは、メモを残すことが"反対hæreses 、 " pp 。 262頁以降を参照。 ;比較mekilta上例です。 14 。 16 、およびその他のユダヤ人の源[ "ユダヤ人の四半期した日、 " v. 151 ] 、およびḳimḥiをpsのです。 cxxxviです。 ) ;後悔は、サンズオブカールーン(ローマ人への手紙の信徒への解説をXの7 ; psのミドラーシュを比較します。 45 。 4 ) ;イスラエルの強みは祈り( NUM件の説教をします。 13 。 5 ;比較sifre 、 NUM件です。 157 ) ;フィニアスとイライジャは同じ( com.上ジョンⅥ 。 7 ;ジェローム採用して同じ世論からの外典[ v. 813 、エドです。 vallarsi ; yalḳを比較します。 、 NUM件です。 772 、しかし、最古のソースには欠け] ) ;ダニエル、 hananiah 、マイケル、およびazariahはeunuchs (マット解説をします。 15 。 5 ;比較ezek説教をします。 Ⅳ 。 8 ;カテナをezekします。 14 。 5 ;ジェローム、 "反対jovin 、 "予約i. 、 25 。 ;入力してください。上ダン。 i. 3 ;聖エピファニオス、 "デヴィティスprophetarum 、 "エドです。ミーニュ、 44 。 424 ;より詳細なsanhです。 93b ; Gen 。とr.九十九です。 ) ;ムーサーは、著者の11の詩篇を授けた( " selecta "をpsのです。 12 。 、エドです。ミーニュ、 p. 1055 ;ためにもジェローム[ "反対rufinum 、 " 13です。 ; pesiḳを比較します。 、エドです。ブーバー、 p. 198a ] ) ;野生動物たちは、楽器の神の罰、 17のように2世の王です。 2 (homily on Ezek. iv. 7, xiv. 4; compare Mishnah Ta'anit iii. 6; Shab. 33a). 2 (説教をezek 。 Ⅳ 。 7日、 14 。 4 ;比較ミシュナーta'anit Ⅲ 。 6 ; shabです。 33a ) 。

Eusebius.ユーセビアスです。

Eusebius recognizes Jewish tradition as an authority almost equal to the Scriptures, and calls it ἅγρσΦος παράδοσις; ie, "unwritten tradition" ("Historia Ecclesiastica," iv. 22).ユダヤ教の伝統の権威として認識さユーセビアスほぼ等しい、聖書は、それを呼び出すとἅγρσφος παράδοσις ;すなわち、 "不文律の伝統" ( "歴史ecclesiastica 、 " Ⅳ 。 22 ) 。 Its depositaries he terms "deuterotæ" (δευτερωταί, "Præparatio Evangelica," xi. 5), and he characterizes them aptly as men of an uncommon strength of intellect, whose faculties have been trained to penetrate to the very heart of Scripture. depositaries彼はその用語" deuterotæ " ( δευτερωταί 、 " præparatio evangelica 、 " XI 。の5 ) 、と彼は男性の特徴としては、珍しいこと適切知性の強さ、その能力を訓練を受けてきました啓典のまさに中心部にまで浸透する。 The Hebrews, he says, call them δευτερωταί (ie, "tannaim"), because they expound Holy Writ (ib. xii. 1).のヘブル人への手紙、と彼は言います、コールしてδευτερωταί (すなわち、 " tannaim " ) 、神聖なので詳しく説明令状( ib. 12 。 1 )です。 "Deuterosis" (δευτύρωσις, "mishnah") is commonly used by the ecclesiastical writers for the Jewish tradition, and is also found in Justinian's novellæ. " deuterosis " ( δευτύρωσις 、 "ミシュナー" )は、よく使用される作家は、ユダヤ教の教会の伝統、とも発見さnovellæユスティニアヌスのです。

Eusebius makes a distinction between esoteric and exoteric exegesis; the Haggadot he often classes with the exoteric interpretation, contrary to Clement and others, who see therein a secret doctrine.難解なとの間に差別をユーセビアスに釈義公開し、彼はよくhaggadotクラスの平凡な解釈では、クレメントおよびその他に反して、そこに、秘密の教義whoを参照します。 Among his Haggadot may be mentioned the following: Abraham observed the precepts of the Torah before it had been revealed ("Demonstratio Evangelica," i. 6; compare Yoma 28b); King Hezekiah's sin in omitting a hymn of praise to God after Sennacherib's defeat (commentary on Isa. xxxix. 1; Jerome, ad loc., quotes the same tradition; compare Sanh. 94a; Cant. R. iv. 8; Lam. R. iv. 15); Merodach-baladan's relations to Hezekiah (com. on Isa. xxxix. 1; the same Haggadah is given in Ephraem Syrus' commentary on II Kings xx. 10 ["Opera Syriaca," i. 562], as in one of Jacob of Edessa's scholia; compare Sanh. 96a).彼のhaggadot年5月の間に言及して以下の通りです:アブラハム観測教訓は、律法の前に明らかにいた( " demonstratio evangelica 、 "の経験I.クリチバ6 ;比較yoma 28b ) ;キングhezekiahの罪で賛美歌の褒め言葉を省略する神の敗北した後sennacherib ( ISAの解説をします。 39 。 1 ;ジェローム、広告の掲載て下さい。 、引用符と同じ伝統; sanhを比較します。 94a ;できない。 r. Ⅳ 。 8 ;ラムです。 r. Ⅳ 。 15 ) ; merodach - baladanとの関係をhezekiah (のCOMです。上のISAです。 39 。 1 ;と同じhaggadahが与えられ、シリアの聖エフラエムの解説2世王のXXです。 10 [ "オペラsyriaca 、 "の経験I.クリチバ562 ] 、ジェイコブのように1つのエデッサのscholiumの複数形; sanhを比較します。 96a ) 。 The traitor Shebna was a high priest (compare Lev. R. v.), treacherous (compare Sanh. 26a) and sensual (ib.), as Eusebius asserts in the name of δ Εβραῖος (com. on Isa. xii. 10, 11; Jerome makes the same statement ad loc.). shebnaの裏切り者は、高い司祭(レフ比較します。のR. V. ) 、裏切り( sanhを比較します。 26a )と官能的な( ib. ) 、アサートの名の下にユーセビアスδ εβραῖος ( com.上のISAです。 12 。 10 、 11 ;ジェロームにより、同じ声明の広告て下さい。 ) 。 The passage Zech.ツェッヒの通過にします。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 8 received very early the following Christological interpretation: After the advent of Jesus, the three powerful estates, kings, priests, and prophets, disappeared from Israel ("Demonstratio Evangelica," x. 1). 8受け取った非常に初期のは、次のchristological解釈:イエスキリストの後に出現した、の3つの強力な財産、キングスと坊さんと預言者、姿を消したよりイスラエル( " demonstratio evangelica 、 " Xの1 ) 。 Jerome, on Zech.ジェロームは、ツェッヒです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 8, quotes it only to reject it, preferring the Jewishexegesis, which applies the text to Moses, Aaron, and Miriam; but he does not credit it to the Jews; compare also Pseudo-Philo ("Jewish Quarterly Review," x. 321), and Mekilta xvi. 8日、引用符を拒否することだけは、好むのjewishexegesis 、これにテキストを適用して、ムーサー、ハールーンを、とミリアム;しかし、彼は信用して、ユダヤ人;比較も疑似フィロ( "ユダヤ人の四半期した日、 " Xの321 ) 、および16 mekiltaです。 35; Seder 'Olam Rabba x.; Ta'anit 9a. 35 ;セダー' olam rabba Xの; ta'anit 9aです。 Something similar is found in Aphraates on Num.上のような何かが発見さaphraates NUM件です。 xx.イグゼクスです。 1. 1 。

Acceptance by Church Fathers of Haggadot. haggadot教会の長老たちに受け入れられるようです。

Aphraates gives the above as a self-evident exegesis without mentioning its Jewish origin. aphraatesは自明として、上記の解釈に言及せず、ユダヤ人の起源です。 He does the same with his numerous other Haggadot, which were doubtless derived from the Jews.彼は、彼の数多くの他のhaggadot同じで、これは、ユダヤ人から派生した疑い。 Ephraem Syrus likewise gives his Haggadot in the name of scholars (, expounders , etc., but never in the name of Jews. The Haggadot, however, were so generally accepted, that their Jewish origin gradually came to be forgotten. Ephraem Syrus, for instance, says, on Gen. xi. 29, that Sarah was called "Iscah" on account of her beauty; but this Haggadah is already found in Seder 'Olam R. ii. His explanation of Gen. xxxvi. 24 is similar to that found in Onkelos and the Samaritan Version. On II Kings iv. he has the same Haggadah about Obadiah's wife that is found in the Targum Yerushalmi and in part in Ex. R. xxxi. These and similar passages prove Ephraem's knowledge of Hebrew-a knowledge which many investigators have unjustly disputed.シリアの聖エフラエムhaggadotは、同様に彼の名前を与える学者( 、 expoundersなど、決しては、ユダヤ人の名前を。 haggadot 、しかし、これは一般に公正妥当と認め、その起源はユダヤ人の話をして徐々に忘れてしまった。シリアの聖エフラエム、インスタンスは、言うは、 Gen 。とXI 。の29日、そのサラが呼び出された" iscah "をアカウントの彼女の美しさ;しかし、これはすでに発見さhaggadahセダー' olam r. Ⅱ 。彼の説明は36 Gen 。とします。 24と似ている発見さオンケロスとサマリア人のバージョンです。上2世王Ⅳ 。 haggadahについて彼には、同じオバデヤの妻には発見されたターガムyerushalmiと部分的に例です。 r. 31 。これらのと同じような通路ヘブライ語の知識を証明- ephraemの知識捜査当局は不当に多くの係争中です。

Jerome's Wide Knowledge of Hebrew Tradition.ジェロームの幅広い知識をヘブライ語の伝統です。

But the one most conversant with Jewish traditions, and their greatest admirer, is Jerome.しかし、 1つのほとんどのユダヤ人の伝統に通じていると、その最大の崇拝者は、ジェロームです。 His "Quæstiones Hebraicæ in Genesin" form an almost uninterrupted series of such traditions; and he quotes them frequently in his other writings also.彼の" quæstiones hebraicæでgenesin "を形成するような伝統ほぼ延々と続くシリーズ、およびそれらに頻繁に引用符で彼は彼の他の作品も。 They are mostly historical episodes as additions to Bible history, which he calls either "traditiones" or frequently "fabulæ."彼らは大半が聖書の歴史に新たに歴史的なエピソードとして、呼び出しのいずれかを彼は" traditiones "または頻繁に" fabulæ 。 " These Haggadot were not only imparted to him orally by his Jewish teachers, but, remarkably enough, he also read Midrashic works himself.これらのhaggadotが付与だけでなく、彼のユダヤ人の教師を経口彼は、しかし、非常に十分な、彼自身の作品も読んでmidrashicです。 He says, for example, on Jer.彼の言う、たとえば、 jerです。 xxix. 29 。 21: "Nec legitur in synagogis corum"; on Zech. 21 :以下" NEC legiturでsynagogisチョルム" ;上ツェッヒです。 iv. Ⅳ 。 2: "Hæc ab Hebrís dicta reperimus." 2 : " hæcアルバータhebrís dictumの複数形reperimus 。 " Yet he speaks of these traditions as if they were a secret doctrine, "arcanæ eruditionis Hebraicæ et magistrorum synagogæ recondita disciplina" (Zech. vi. 9).これらの伝統はまだありません彼は話すが、秘密の教義を使用すれば、 " arcanæ eruditionis hebraicæ et magistrorum synagogæ recondita disciplina " ( zech. Ⅵ 。 9 ) 。 He is also the only Church Father who is acquainted with the technical terms of the Hebrew tradition; for instance: "hoc Scriptura nunc dicit" ; "hoc est quod dicitur" ; "non debemus legere," or "non legi potest" .彼はまた、教会の父のみwhoは、知り合いの専門用語は、ヘブライ語の伝統;例えば: "特別scripturaやがてdicit " ; "特別は又dicitur " ; "以外のdebemus legere " 、または"以外のlegi potest "です。 He knows and applies the method of "notarikon" or "gemaṭria" (on Nahum iii. 8, on Haggai i. 1).彼はよく知っていて適用して法の"ノタリコン"または" gemaṭria " (上ナホムⅢ 。 8日、上ハガイi. 1 ) 。 This technical knowledge has so far been noted only in Barnabas' writings.この技術的な知識だけでは、これまでにされてバルナバ'作品を紹介します。

The haggadic elements in Jerome are so numerous that they would fill volumes; some of the more noteworthy ones may be mentioned here. haggadicジェロームのは非常に多くの要素を満たすことに巻号;いくつかの他の注目に値するものがありますが、ここに記載します。 On Eccles.上エクルズです。 iv. Ⅳ 。 13 he quotes a lost Midrash of R. Akiba, which has come down only anonymously (compare Eccl. R. iv. 13; Abot de-R. Nathan, version ii., ch. 4; Midr. Ps. ix. 5) and in secondary sources. 13彼は引用符では、紛失した、ミドラーシュのr.秋場が降りてくるだけ匿名( ecclを比較します。 r. Ⅳ 。 13 ; abotデ-研究します。ネイサンは、バージョン2世です。 、あなたのです。 4 ; midr 。 psのです。 Ⅸ 。 5 )と二次ソースです。 He is entirely unsupported, however, in his view that Elihu (in Job) and Balaam are identical ("Quæst. Hebr. in Gen." xxii. 21).彼は完全にサポートされていない、しかし、彼の見解をelihu (の仕事)と埋め草は同じ( " quæstです。 hebr 。 、 Gen 。と" xxii 。 21 ) 。 On Ezek.上ezekです。 xlv. 45 。 13, 14 Jerome quotes a halakic Midrash which treats of the heave-offering (compare Yer. Terumot vi. 1, 42d). 13日、 14ジェロームhalakicミドラーシュを引用符で扱わは、吐き気を催す-提供(比較yer 。 terumot Ⅵ 。 1 、 42d ) 。 Epiphanius also knew this; the Pharisees are said to have offered τριακοντάδες τε καὶ πεντηκοντάδες (Hilgenfeld, "Judenthum und Juden-Christenthum," p. 73, Leipsic, 1886).この聖エピファニオスも知っていたし、提供しているといわれpharisees τριακοντάδες τε καὶ πεντηκοντάδες (ヒルゲンフェルト、 " judenthum und juden - christenthum 、 " p. 73 、リプシック、 1886 ) 。 On Zech.上ツェッヒです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 13 he has a curious Haggadah on the number of the affirmative and negative precepts; a closer investigation shows that he has preserved this Haggadah more correctly than it is found in Jewish sources ("Jewish Quarterly Review," vi. 258; Jacob Bernays, "Abhandlungen," i. 252). 13彼には、好奇心をhaggadahの数は、肯定的と否定的な教訓;を保持緊密な調査によると彼はこのhaggadahことが発見さよりももっと正確にユダヤ人のソース( "ユダヤ人の四半期した日、 " Ⅵ 。 258 ;ジェイコブベルナイス、 " abhandlungen 、 "の経験I.クリチバ252 )です。 The Church Fathers who lived after Jerome knew less and less about Judaism, so that, the history of the later periods is no longer of any interest in this connection.ジェロームwho住んした後、父親の教会を知っていたユダヤ教減って約ので、 、 、後の時代の歴史に興味があるのは、もはやこの接続します。

Polemics:論争術:

The dialogue between Justin and the Jew Tryphon is remarkable for the politeness with which Jews and Christians speak of one another; later on, however, examples are not wanting of passionate and bitter language used by Christians and Jews in their disputations.ユダヤ人との間の対話のジャスティンtryphon顕著なのは、ユダヤ人とキリスト教徒の礼儀正しさを話すのが1つの別の;へは、しかし、欠けのない例としては、情熱的で辛らつな言葉が使用されてdisputationsキリスト教徒とユダヤ人です。 Origen complains of the stubbornness of the Jews (Homily x., on Jer. viii.), and accuses them of no longer possessing sound knowledge (lc iii.).原産地の頑固さに不満のユダヤ人( Xの説教で、 [ jer 。 Ⅷ 。 ) 、と非難し、かれらの健全な知識を所持、もはや(液晶Ⅲ 。 ) 。 Ephraem Syrus assumes a very insulting tone toward the Jews; he calls them by opprobrious names, and sees in them the worthless vineyard that bears no good fruit.シリアの聖エフラエム想定して非常に失礼な口調に向かってユダヤ人;彼は不名誉な名前をコールして、それらを追っていると、クマはないworthlessぶどう畑が良い果実です。 Like Eusebius, who used the misfortunes of the Jews for polemic purposes (com. on Ps. lviii. 7-12), Ephraem sees in their wretched condition the visitation of God (on Gen. xlix. 8); because the Jews "betrayed Christ," they were driven from their country and condemned to perpetual wandering (on II Kings ii., toward the end).のようなユーセビアス、 who使われ、ユダヤ人の論客の不幸を目的( com.をpsのです。 58 。 7-12 ) 、悲惨な状態にephraemの面会を追っている神(上Gen 。と49です。 8 ) ;は、ユダヤ人の"裏切らイエスキリストは、 "彼らは自分たちの国と非難を駆動パーペチュアル徘徊(オン2世王2世です。 、終わりに向かって) 。 After Jerome has enumerated all the countries whither the Jews had been dispersed, he exclaims: "Hæe est, Judæe, tuarum longitudo et latitudo terrarum" ("Epistola cxxix. ad Dardanum").ジェロームのすべての国を列挙した後はどこに分散していたユダヤ人、彼exclaims : " hæeは、 judæe 、 tuarum longitudo et latitudo terrarum " ( " epistola cxxix 。広告dardanum " ) 。

What especially angered the Christians was the fact that the Jews persisted in their Messianic hopes.特にキリスト教徒の怒りがどのような事実は、ユダヤ人の救世主のような永続化を期待します。 In his sermon against the Jews Ephraem says: "Behold! this people fancies that it will return; after having provoked God by all its ways, it awaits and expects a time when it shall be comforted."彼の説教ephraem反対するユダヤ人は言う: "本当にこの人々が想像してリターン;神を挑発した後、すべての方法がありますが、それを待っと時間を見込んで慰めときにしなければならない。 " Ephraem, as well as Justin and Origen, mentions that at this period Judaism was receiving numerous accessions from the ranks of paganism, a phenomenon ascribed by the Church Fathers to the machinations of Satan. ephraem 、ジャスティンと原産地だけでなく、ユダヤ教のこの時期には言及し受理書より多くのペイガニズムの仲間入りをする、生得的な現象で、父親の教会をサタンの陰謀です。

Jerome, on the other hand, speaks with great eloquence of the Messianic hopes of the Jews.ジェローム、その一方で、雄弁に話すと大きな期待を寄せて、ユダヤ人の救世主です。 Many Messianic passages of the Bible were applied by the latter to the emperor Julian, others to the distant future, differences which resulted in interminable polemics.聖書の多くの救世主のような通路が適用され、後者の天皇をユリウス暦は、他のユーザーが、遠い将来、果てしのない論争術の違いにつながった。 The Church Fathers looked upon the Jews as demons, upon their synagogues as houses of Satan; Rufinus mockingly styles Bar Ḥanina, Jerome's Jewish teacher, "Barabbas," and Jerome himself a rabbi.教会の父親の顔に、ユダヤ人として悪魔は、かれらのシナゴーグとして住宅の悪魔;ルフィヌススタイルのバーからかってḥanina 、ジェロームのユダヤ人の教師は、 "バラバ"と、自らをジェロームラビです。 The one word "circumcisio" was used to condemn the whole of Judaism; the Jews, they said, took everything carnally (σωματικῶς), the Christians took all things spiritually (πνευματικῶς). 1つの単語の" circumcisio "を使用して非難して全体のユダヤ教、ユダヤ人、彼らによると、すべてがcarnally ( σωματικῶς ) 、キリスト教徒は精神的にすべてのもの( πνευματικῶς ) 。

Disputations Between Jews and Christians.ユダヤ人とキリスト教徒の間にdisputationsです。

The writings of Jerome vividly portray the character of the polemics of that period.この文章のジェロームのキャラクターを生き生きと描く、その期間の論争術です。 The Christian who should undertake to dispute with the Jews hadto be learned in doctrine (Preface to Psalms). whoは、紛争は、キリスト教、ユダヤ人を承諾しhadto教義に学んで(序文に詩篇を授けた) 。 But these disputations must be held lest the Jews should consider the Christians ignorant (on Isa. vii. 14).しかし、これらのdisputationsしないようにしなければならない開かれたキリスト教、ユダヤ人は、無知を考慮して(上のISAです。 Ⅶ 。 14 ) 。 The proceedings were very lively.の手続きが非常に活発です。 Reference is made, even if only figuratively, to the planting of the feet against each other, to the pulling of the rope, etc. (lc).に言及がなされ、たとえ比喩的にのみ、植栽をしてお互いに反対の足を引っ張り、ロープ、等(液晶) 。 It is incredible that the Jews were so frantic as to "scream with unbridled tongues, foaming at the mouth, and hoarse of voice" (on the Epistle to Titus, iii. 9).これは信じられないよう必死としては、ユダヤ人は"舌で大声を抑えのきかない、発泡は、口の中、としわがれた声" (上の信徒へのタイタス、 Ⅲ 。 9 ) 。 Nor is it probable that the Jews "regretted when they had no opportunity to slander and vilify the Christians" (Preface to Joshua), although the Jews of that age show no diffidence in sustaining their part in these discussions.ユダヤ人のことは予想しても"後悔はないときに悪口を言う機会を誹謗中傷やキリスト教徒" (序文をジョシュア) 、ユダヤ人は、年齢を全く見せない自信のなさを維持して、これらの議論に参加します。 They were accused of avoiding questions that arose on the more difficult passages of the Bible (on Isa. xliv. 6), which proved simply that they wanted to avoid disputations altogether.彼らは被告人質問で出たのを避けるため、他の困難な通路の聖書(上のISAです。 44 。 6 ) 、これを証明して指名手配を避けるために、単にdisputations完全にします。 But the Jews had allies in their opinions; for pagans and Christian sectaries agreed with them on many points, drawing upon themselves the polemics of the Church Fathers.しかし、ユダヤ人は、自分の意見を同盟国;の多神教徒とキリスト教sectaries多くの点で合意したとして、描画時の教会自身が、論争術の父親です。

Avowed Attacks on Jews.ユダヤ人の攻撃を公言した。

Of the numerous polemical works directed against the Jews, only a few can be mentioned here.監督の作品を、多くの論争反対するユダヤ人は、ほんの数ここで挙げることができる。 Of Clement's work, "Canon of the Church, or Against the Judaizers" (Κανὼν 'Εκκλησιαστικὸς ἢ Πρὸς τονς 'Ιουδαιζοντας; Eusebius, "Historia Ecclesiastica," vi. 13), only a few fragments have been preserved.クレメントの仕事は、 "キヤノンは、教会のか、または反対するjudaizers " ( κανὼν ' εκκλησιαστικὸς ἢ πρὸς τονς ' ιουδαιζοντας ;ユーセビアス、 "歴史ecclesiastica 、 " Ⅵ 。 13 )は、わずか数の破片が保存されている。 Origen's famous work, "Contra Celsum," is directed no less against the Jews than against the pagans, since Celsus had brought forward many Jewish doctrines.原産地の有名な作品、 "コントラcelsum 、 "ユダヤ人に対しては、監督よりも劣らず多神教徒反対するため、多くのユダヤ教説繰越セルサスいた。 Eusebius' "Demonstratio Evangelica" was avowedly a direct attack on the Jews (see i. 1, 11).ユーセビアス' " demonstratio evangelica "が直接攻撃を公然とユダヤ人( i. 1 、 11 ) 。 Aphraates' Homily xix. aphraates '説教19 。 is largely directed against the Jews, and Homilies xi., xiii., xv.反対するユダヤ人の監督が大きい、と発するXI 。のは、 13です。 、 15 。 denounce circumcision, the Sabbath, and the discrimination between clean and unclean food, "of which they are proud."公然と非難割礼は、安息日は、差別との間に清いものと清くない食品、 "彼らは誇りに思うのです。 "

A little work of Novatian, formerly ascribed to Tertullian ("Epistola de Cibis Judaicis," Leipsie, 1898, ed. G. Landgraf and C. Weyman, reprinted from "Archiv für Lateinische Lexicographie und Grammatik," xi.), is also directed against the Jewish dietary laws.仕事を少しnovatianは、以前生得的にテルトゥリアヌス( " epistolaデcibis judaicis 、 " leipsie 、 1898 、エドします。 g. landgrafとC.ワイマン、転載から"過去のfür lateinische lexicographie und文法、 " XI 。の)は、監督も反対するユダヤ教の食事法です。 Isidore of Seville has copied this work almost verbatim in his "Quæstiones in Leviticum," ix.セビリアのISIDOREにこの仕事はほぼ逐語的にコピーする彼の" quæstionesでleviticum 、 " 9 。 Presumably also by Novatian, and thus of the fourth century, is the treatise "Adversus Judæos," often ascribed to Cyprian; this is, however, somewhat conciliatory in tone (Landgraf, in "Archiv," xi. 1897).おそらくnovatianもされており、 4世紀、論文は、 "反対judæos 、 "頻繁に生得的にチプリアーノ;これは、しかし、やや融和的にトーン( landgraf 、 "過去、 " XI 。の1897 ) 。 In Tertullian's works there is also found a treatise, "Adversus Judæos," similar in many ways to Cyprian's "Testimonia," both having drawn upon the older work, "Altercatio Simonis Judæi et Theophili Christiani" (P. Corssen, Berlin, 1890); in the "Altercatio" the Jew is converted.テルトゥリアヌスの作品でも発見した論文には、 "反対judæos 、 "多くの点で似てチプリアーノの" testimonia 、 "両方の描画時に、古い作品、 " judæi et altercatio " Simonis " theophili christiani " ( p.コルセン、ベルリン、 1890 ) ;は、 " altercatio "のユダヤ人に変換します。

After Julian's death Ephraem composed four hymns: against Emperor Julian the Apostate, against heresies, and against the Jews (in "S. Ephraemi Syri Carmina Nisibena," ed. Bickell, Latin transl., Leipsic, 1866; and Overbeck, "S. Ephraemi Syri Aliorumque Opera Selecta," Syriac text, Oxford, 1865).ジュリアンの死の後、 4つの賛美歌ephraem作曲:ジュリアンの背教者に対する天皇、反対heresies 、と反対するユダヤ人(の"サンタephraemi syriカルミナnisibena 、 "エドです。 bickell 、ラテン語transl 。 、リプシック、 1866 ;とオーヴァーベック、 "サンタephraemi syri aliorumqueオペラselecta 、 "シリア語のテキスト、オックスフォード、 1865 ) 。 Connected with these in time as well as in subject are the six sermons of John Chrysostom against the Jews ("Homilies," i.).接続するだけでなく、これらのに時間が件名には、 6つの説教のジョンクリュソストモス反対するユダヤ人( "を発する、 "の経験I.クリチバ) 。 In these he bitterly complains of the Christians for still clinging to Jewish customs, a circumstance mentioned by other Church Fathers as well.これらの彼はひどく不満のユダヤ人のキリスト教徒を税関にしがみついても、他の教会の父親な状況に記載されています。 Jerome gives striking examples in his commentaries on Matt.ジェロームに著しいマットの例では彼に解説する。 xxiii. 23 。 5 and on Ezek. ezek 5としています。 xxxiii., and more characteristic still are the following words of his: "The Jewish laws appear to the ignorant and the common people as the very ideals of wisdom and human reason" ("Epistola cxxi. ad Algasiam"). 33 。 、および他の特性の言葉をまだ彼は以下の通りです: "法律に表示されたユダヤ人の無知な人々との共通の理想としては非常に知恵と人間の理性" ( " epistola cxxi 。広告algasiam " ) 。 This attitude of the multitude was of course earnestly combated by the Church Fathers; thus an anonymous work mentioned by Photius ("Myriobiblion," ed. Migne, p. 390) is directed against the Jews and against those who, like the Jews, celebrated Easter on the 14th of Nisan.このような態度はもちろん、多くの教会を真剣にcombated父親;したがって、匿名の仕事に記載されphotius ( " myriobiblion 、 "エドです。ミーニュ、 p. 390 )は、それらの指示に対して反対するユダヤ人とwhoは、ユダヤ人のように、著名なニッサンは14日、復活祭のです。 Epiphanius' celebrated work "Adversus Hæreses," as also his "Ancoratus," treats of the Jewish faith; regarding it only as a third religious system, to be reckoned alongside of Scythism and Hellenisin, while the only divine revelation is Christianity.聖エピファニオス'有名な作品"反対hæreses 、 "としても彼の" ancoratus 、 "では、ユダヤ教;に関することのみを3番目の宗教的なシステムとして、スキタイと並んで侮れないhellenisin 、神の啓示は、キリスト教の中だけです。 The founder of Christian dogmatics, Augustine, in defiance of all dogmatic principles of classification, groups Jews, heathens, and Arians in one class ("Concio ad Catechumenos").キリスト教の教義学の創始者、アウグスティヌスは、反抗的な態度のすべての独断的な原則を分類、グループのユダヤ人、 heathens 、および1つのクラスarians ( " concio広告catechumenos " ) 。

The points animadverted upon by the Church Fathers are manifold; they include such fundamental laws as those of the Sabbath, concerning the transfer of which to Sunday Justin already treats ("Dialogue," ch. 24)-a change which was opposed by Origen (compare Diestel, "Geschichte des Alten Testaments," p. 37), and which Origen (commentary on Rom. vi. 2) and Jerome ("Epistola cxxi. ad Algasiam") seek to prove to be impossible of observance ("Grätz Jubelschrift," p. 191).教会のポイントanimadvertedされた時、父親は、多様;が含まれているような基本的な法則として、安息日、日曜日のジャスティンすでに移転を扱う( "対話、 "あなたのです。 24 ) -の変化に反対したが原産地(比較diestel 、 " geschichteデアルテンtestaments 、 " p. 37学) 、およびどの原産地( ROMとの互換性を解説します。 Ⅵ 。 2 ) 、およびジェローム( " epistola cxxi 。広告algasiam " )を求める不可能であることを証明するの遵守( " grätz jubelschrift 、 " p. 191 ) 。 Circumcision, which is also violently assailed by Origen (see Diestel, "Gesch. des Alten Testaments," p. 37), the dietary laws, and many minor matters, such, for instance, as the washing of the hands, are made in turn to serve as subjects of polemical writing (Origen, commentary on Matt. xi. 8).割礼、これは激しく襲われるも原産地( diestel 、 " gesch 。デアルテンtestaments 、 " p. 37学)は、食事法、および多くのマイナーな問題は、このような、例えば、洗濯の手としては、メイドイン科目の電源として論争を書面(原産地、解説をマットです。 XI 。の8 ) 。 Indeed, the Church Fathers even in the fourth century afford more information concerning the observance of the Levitical laws of purity than the rabbinical sources, Neubürger (in "Monatsschrift," 1873, p. 433) to the contrary notwithstanding.確かに、教会の父親も、他の情報について、第4世紀の余裕levitical法の遵守をより純度のラビによると、 neubürger ( " monatsschrift 、 " 1873年、 p. 433 )とは反対にもかかわらずです。

Baseless Charges Against the Jews.告発する根拠のユダヤ人です。

Jerome says ("Epistola cix. ad Riparium") that the Samaritans and the Jews considered not only the bodies of the dead as unclean, but also the utensils in the house containing a corpse.ジェロームは言う( " epistola cix 。広告riparium " )は、サマリア人とユダヤ人の遺体と考えオブザデッドだけでなく、汚れたとして、道具だけでなく、家の中で死体を含む。 Probably in consequence of the Levitical laws of purification the Jews, as well as the Samaritans and heretics, avoided contact with the Christians, a fact of which Jerome bitterly but most unjustly complains (on Isa. lxv. 4).おそらくこれに伴い、ユダヤ人levitical浄化法だけでなく、異端のサマリア人と、避けて接触すると、キリスト教徒は、ほとんどの事実を不当に不満を苦々しくジェローム(上のISAです。 65 。 4 ) 。 Equally preposterous is it when Justin accuses the Jews, even their rabbis and sages, of immorality ("Dialogus cum Tryphone," cxxxiv., cxli.).ジャスティンときに均等に非常識なことは、ユダヤ人と非難しても、彼ら律法学者や賢、不道徳( " dialogusごっtryphone 、 " cxxxiv 。 、 cxliです。 ) 。 A characteristic polemical sentence of Tertullian may well be added in this connection: "We have everything in common, except our women; you have community only in that respect" (see Hefele, "Beiträge zur Kirchengesch." i. 16, Tübingen, 1864).論争の特徴テルトゥリアヌスの判決を受けるかもしれないこの接続で追加されました: "我々はすべての共通点は、我々の女性を除いて;必要がコミュニティを尊重するだけで" (参照ヘーフェレ、 " beiträge zur kirchengeschです。 "の経験I.クリチバ16日、テュービンゲン、 1864 ) 。 Perhaps more plausible, though often discussed and denied in more recent times, is the charge of the Church Fathers Justin, Origen, Epiphanius, andJerome that the Jews revile and curse Jesus-that is, Christianity-three times a day in their prayers ("Jewish Quarterly Review," v. 130, ix. 515; compare Wulfer, "Adnot. Theriaca Judaica," p. 305; Krauss, "Das Leben Jesu," p. 254, Berlin, 1902).おそらく他のもっともらしいが、拒否さをもっと頻繁に協議し、最近では、教会の父親は、担当のジャスティン、原産地、聖エピファニオス、ユダヤ人の悪口をandjeromeと呪いは、イエスキリスト-それは、キリスト教の祈りの1日3回( "ユダヤ人の四半期した日、 " v. 130 、 9世です。 515 ;比較wulfer 、 " adnot 。テリアカジュダイカ、 " p. 305 ;クラウス、 " das生涯主イエスは、 " p. 254 、ベルリン、 1902 ) 。 Dogmatic questions, of course, were the subject of controversy-never-ending questions on the abrogation of the Mosaic law, the person of the Messiah, etc. Yet there was some agreement between Christians and Jews in such matters as Antichrist (see Irenæus, passim; Hippolytus, "De Antichristo"; compare "Revue Etudes Juives," xxxviii. 28, and Bousset, "Der Antichrist," Göttingen, 1895), chiliasm (Ephraem Syrus on II Kings iv. 35; compare Sanh. 97a; 'Ab. Zarah 9a; and other Church Fathers), angelology, the Resurrection, etc.独断的な点がございましたら、もちろん、論争は、件名に終わることのないモザイクに関する質問は、廃止は、法では、その人は、メシア、いくつかの契約書等はまだありませんがあったキリスト教徒とユダヤ人の間にこのような問題として反キリスト( irenæus 、ここかしこに;ヒッポリュトス、 "デantichristo " ;比較"レヴュー宇宙juives 、 " 38 。 28日、とbousset 、 " der反キリスト、 "ゲッティンゲン、 1895 ) 、 1000年至福(シリアの聖エフラエムを2世王Ⅳ 。 35 ;比較sanhです。 97a ; 'アルバータ。 zarah 9a ;およびその他の教会の父) 、天使の復活など

Skill of Jews in Controversy.技能のユダヤ人で物議をします。

The ability of the Jews to cope successfully with the Christians in these controversies is due to the fact that they were well versed in all the questions under discussion.ユダヤ人への対応能力を正常にキリスト教徒のためにこれらの論争は精通していたという事実のすべての質問に議論されています。 Jerome assumes that in Scriptural questions every Jew is able to give satisfactory replies (Preface to Samuel).ジェローム質問を前提としてすべてのユダヤ人が聖書満足のいく回答を与えることができます(序文をサミュエル) 。 The Jews, moreover, were acquainted not only with the original text, but also with the Septuagint, the Apocrypha, Aquila's version, and in general with all works relating to Holy Writ.ユダヤ人、また、知り合いがいないだけで、元のテキストだけでなく、セプトゥアギンタは、外典、 aquilaさんのバージョン、および一般的に神聖な令状に関連するすべての作品です。 No sooner had Apollinaris Laodicinus' writings appeared than the Jews read and discussed them (Jerome on Eccl. v. 17).早くはないアポリナリスlaodicinus '記述が登場し、議論しても、ユダヤ人を読む(ジェロームをeccl 。 v. 17 ) 。 Especially noteworthy is the fact that the Jews were as well versed in the New Testament as in the Old, being able to explain difficulties therein that puzzled even the officially appointed Christian teachers (idem on Isa. xi. 1).特に注目に値するのはという事実であるとして、ユダヤ人が精通は、新約聖書のように、古い、そこに困難を説明することを正式に任命さ当惑さえ、キリスト教の教師(同上上のISAです。 XI 。の1 ) 。 Ephraem Syrus asserts, curiously enough (Sermon xxv., in Zingerle, "Bibliothek der Kirchenväter," ii. 271), that the Jews admitted that John the Baptist really had appeared.シリアの聖エフラエムアサート、不思議なことに(説教25 。は、ツィンゲルレ、 "文庫der kirchenväter 、 " Ⅱ 。 271 ) 、ユダヤ人は、本当に洗礼者ヨハネを認めていたが現れました。 Origen relates a Jewish tradition concerning Judas Iscariot (on Matt., Com. ser., § 78).原産地関係に関する伝統的にユダヤ人のユダイスカリオテ(上マットです。場合、 COMします。サービスです。 、 § 78 ) 。 Jerome is therefore to be believed when he says that the Jews were often in a position to applaud their own champions (on Ezek. xxxiii. 33), which they did in a sensational way (ib. xxxiv. 3).ジェロームと思われるときは、そのために彼によると、ユダヤ人は頻繁に拍手する立場にある自分のチャンピオンズ(上ezekします。 33 。 33 ) 、これを参考に、扇情的な方法( ib. 34 。 3 ) 。 Chrysostom also taxes the Jews with their theatrical manner ("Opera," ed. Montfaucon, i. 656), and before him the just and cautious Justin says the same thing ("Dialogus cum Tryphone," cxxii.).ユダヤ人にも税金クリュソストモス劇場態度( "オペラ座、 "エドです。モンフォコン、 i. 656 ) 、および前に、彼は公正かつ慎重なジャスティンによると、同じこと( " dialogusごっtryphone 、 " cxxiiです。 ) 。

The Old Testament and the Apocrypha:旧約聖書と外典:

Christians and the Jewish Hellenists.キリスト教徒とユダヤ人hellenistsです。

The main object of the Christian endeavor was to wrest the Old Testament from the Jews and to make of it a Christian weapon.の主なオブジェクトを奪い取るのは、キリスト教は、旧約聖書の努力からのユダヤ人とキリスト教の武器を作ることです。 Therefore, as Jerome says (on Micah vii. 9), the Jews were hoping that in the Messianic times the Law and the Prophets would be taken away from the Christians and given to the Jews exclusively (compare the polemic passage in Ex. R. xlvii.).したがって、ジェロームは言う(オンミカⅦ 。 9 ) 、ユダヤ人は倍の救世主と期待しては、法とは、預言者が連れ去ら与えられたからのキリスト教徒とユダヤ人を排他的に(比較して通過さ論客例です。 r. 47 。 ) 。 To accomplish their purpose the Christians made use of the allegorical exegesis as developed by Philo and other Jewish Hellenists.彼らはキリスト教徒を達成する目的のために、寓話評釈として使用すると他のユダヤ人によって開発さhellenistsフィロです。 The literal meaning, says Origen, is good enough only for the Jews, in order that nothing may be applied to Jesus.文字どおりの意味は、原産地は言う、ユダヤ人は十分なだけのためにイエスキリストが適用されることがない。 Only Isidor of Pelusium had sense enough to warn against applying the whole of the Old Testament to Jesus, lest the Jews and pagans find cause for ridicule (Epistles, i., ep. cvi.; ii., ep. cxcv.).イジドールのペルシウムいただけに警鐘を鳴らす意味で十分に適用して全体のイエスキリスト旧約聖書を、ユダヤ人と多神教徒を検索しないようにする原因を嘲笑(書簡、 i. 、 epです。 CVIのです。 ; Ⅱ 。 、 epです。 cxcvです。 ) 。 Nevertheless the whole Christian Church fell into this exaggeration; and into what absurdities they were led is shown by the following examples: Sarah and Hagar, already explained allegorically by Paul (Gal. iv. 24), are, according to Clement ("Stromata," i. 5), wisdom and the world.全体のキリスト教会に落ちたにもかかわらず、この言っても過言;とする彼らはどのような不合理LEDが示されている以下の例:サラとhagarは、すでに説明した寓意的にポール(ガロンⅣ 。 24 ) 、には、によると、クレメント( " stromaの複数形、 "の経験I.クリチバ5 ) 、知恵と、世界です。 The two women who appeared before Solomon symbolize the Synagogue and the Church; to the former belongs the dead child; to the latter, the living one, that is, the Jewish faith is dead; the Christian faith is living (Ephraem Syrus on I Kings iii. 6).ソロモンwho登場する前に、 2人の女性を象徴すると教会シナゴーグ;を元に属しますザデッドチャイルド;を、後者は、 1つの生活、つまりは、ユダヤ教の信仰は死んで;は、キリスト教の信仰は、リビング(シリアの聖エフラエムを私キングスⅢ 。 6 ) 。 These might pass; but it becomes mere childishness when David is made to signify old and worn-out Israel, but Abishag Jesus (on I Kings i. 1).これらのかもしれない渡す;しかし、それは単なる子供っぽさを意味するときにデビッドが行われるように擦り切れた古いとイスラエル、日本、しかし、イエスキリストabishag (上私キングスi. 1 ) 。 Equally unnatural is the assertion of Fulgentius in his "Epistola Synodica" (in Hefele, "Conciliengesch," 2d ed., ii. 699), that Esau represents the "figura populi Judæorum," and Jacob the people destined to be saved.同様に不自然なフルゲンティウス彼の主張は、 " epistola synodica " (ヘーフェレ、 " conciliengesch 、 "二次元エド。 、 Ⅱ 。 699 ) 、そのエサウは、 "予型populi judæorum "とジェイコブの人々に保存する運命にある。 The Jews made things much more easy by looking upon themselves as Jacob, and upon the Christians as Esau or Edom.ユダヤ人ははるかに簡単なものを探す時ジェイコブ自身としては、キリスト教徒として、エサウやエドム時です。 At disputations the Christians knew in advance how the Jews would interpret certain passages. disputationsを事前に知っていたキリスト教徒のユダヤ人がどのように特定の通路を解釈します。 "If we ask the Jews who that daughter is [Ps. xlv.], I do not doubt that they will answer: the synagogue" (Jerome, "Epistola xlii. ad Principiam"). "もし、我々が求めるwhoユダヤ人の娘は[ psのです。 45 。 ] 、私は疑いのないことを答:シナゴーグ" (ジェローム、 " epistola 42 。広告principiam " ) 。 The Jews therefore not only opposed the Christian exegesis with the literal sense, but also had ready allegorical interpretations of their own.したがって、ユダヤ人だけでなく、キリスト教の釈義に反対して、リテラルの意味では、寓話の解釈を準備いただけでなく、自分のです。

Only Tertullian and Irenæus were rational enough to follow the simple literal meaning.テルトゥリアヌスとirenæusが合理的に十分なだけに従うのシンプルな文字どおりの意味です。 The so-called school of Antioch, whose most eminent representatives were Theodore of Mopsuestia and Theodoret, also taught a wholly rational exegesis; although the disciples of this school, such as Cosmas Indicopleustes, used the allegorical and typical methods extensively (Barjean, "L'Ecole Exégétique d'Antioche," Paris, 1898).いわゆる学校のアンティオキア、その最も著名な代表がtheodoretモプスエスティアのテオドロスと、完全に合理的にも教えを評釈;は、この学校の弟子など、 cosmas indicopleustes 、寓話と典型的な方法を使用して広範囲( barjean 、 "左'エコールexégétique d' antioche 、 "パリ、 1898 ) 。 Still, it can not be denied that other Church Fathers, and above all Jerome, did excellent work in simple exegesis.とはいえ、それを否定することはできませんが他の教会の父、および上記のすべてのジェローム、単純な解釈は素晴らしい仕事をしています。

Corrupted Texts of the Bible.聖書のテキストを破損しています。

Good exegesis depends upon a good text, and this the Christians did not possess; for the copies of the Bible circulating among them were corrupt in a number of passages.良い解釈によって異なります良いテキスト、およびこの保有しなかったキリスト教徒;は、聖書のコピーを循環うちでは、多くの通路が壊れています。 At a certain disputation between Jews and Christians, the former, naturally enough, referred to these mistakes, and mocked their opponents for allowing such obvious blunders.あるユダヤ人とキリスト教徒の間の論争の元、自然に十分な、これらの過ちを参照し、その相手を嘲笑できるようにこのような明らかな失敗です。 Jewish arguments of that kind are often quoted by Justin, Origen, Jerome, and other fathers.そのようなユダヤ人の引数は、しばしば引用されるジャスティン、原産地、ジェローム、およびその他の父親です。 In order to free the Church from the just reproaches of the Jews on this score, Origen undertook his gigantic work, the Hexapla (Epiphanius, "De Ponderibus et Mensuris," ii.), in which he frequently restores the Jewish reading (eg, homily on Num. xvi. 4; Com. on Rom., books ii., xiii.; compare Rufinus, "Apologia s. Invectiv. in Hieronymum," book v., chap. iv.).無料の教会のためには、ユダヤ人から非難されたばかりでこのスコアは、彼の巨大な原産地undertakeの過去過去分詞機能するには、 6カ国語対訳書(聖エピファニオス、 "デponderibus et mensuris 、 " 2世です。 ) 、頻繁に復元されたユダヤ人では彼は読書(例えば、 NUM件の説教をします。 16 。 4 ;入力してください。上ROMから起動します。 、書籍、 Ⅱ 。 、 13 。 ;比較ルフィヌス、 "弁明s. invectiv 。 hieronymum 、 "予約v. 、やつです。 Ⅳ 。 ) 。 Justin is honest enough to reject a manifest Christological gloss, the notorious ἀπῗ8 τοῦξύλου, which was said to be the reading in Ps.ジャスティンは正直なマニフェストを拒否するに十分な光沢christologicalは、悪名高いἀπῗ8 τοῦξύλουされたといわれて、読んでpsのです。 xcvi. 96 。 (xcv. 10), interpolated in the Greek version ("the Lord reigned from the wood"). ( xcv. 10 ) 、補間は、ギリシャ語バージョン( "主在位からの木材" ) 。 Aside from Justin ("Dial. cum Tryphone," lxxiii.), this interpolation is found only in the Latin fathers-Tertullian, Ambrose, Augustine, Leo, and Gregory the Great-who indulge in much nonsense concerningthe words "a ligno."別にジャスティン( "ダイヤルします。ごっtryphone 、 " 73です。 )は、この補間が見つかっただけで、ラテン語の祖先-テルトゥリアヌス、アンブローズ、アウグスティヌス、レオ、とグレゴリーの大- who concerningthe言葉をほしいままに多くのナンセンス" ligno 。 " Augustine ("De Civitate Dei," xvi. 3) had a text in Gen. x.アウグスティヌス( "デcivitateデイ、 " 16です。 3 )は、 Gen 。とXでのテキストを 2 in which not seven but eight sons of Japheth were mentioned, a reading that is found in none of the known texts.しかし、 8つのではない2人の息子の7つのジェイフェスが言及したように、読書をするのが発見さなしの既知のテキストです。 Hence the Jews rejected all translations, recognizing at most Aquila's "secunda editio," because this was correct (κατὰ U7+1F00κρίβειαν; Jerome on Ezek. iv. 15).それゆえ、ユダヤ人拒否されたすべての技術情報の翻訳は、ほとんどの認識aquilaさんの" secunda editio 、 "これは正しい( u7 +1 f00 κατὰ κρίβειαν ;ジェロームをezek 。 Ⅳ 。 15 ) 。 Jerome is the only Church Father who, as against the Septuagint, constantly refers to the "Hebraica veritas."ジェロームは、教会の父のみwho 、として反対するセプトゥアギンタ、絶えずを参照して、 " hebraica Veritasのです。 " At great cost he had a Bible copied for himself by his Jewish friend ("Adversus Rufinum," book ii.), who borrowed for him, although with "pia fraus," the copies belonging to the synagogue ("Epistola xxxvi. ad Damasum").聖書の巨費を投じて、彼には彼のユダヤ人の友人が自分自身をコピーする( "反対rufinum 、 "予約2世です。 ) 、 who借りた彼が、 "ピア欺瞞、 "のコピーに属して、シナゴーグ( " epistola 36 。広告damasum " ) 。 Nevertheless, even Jerome accuses the Jews of tampering with the text of the Bible (Mal. ii. 2); and thereafter the accusation constantly recurs.にもかかわらず、ユダヤ人を非難してもジェロームは、テキストは、聖書の改ざん( mal. Ⅱ 。 2 ) ;とその後の告発絶えず再発します。

The Christians fared no better with the Apocrypha, which they rated altogether too high, although these at times offended good taste.キリスト教徒faredが回らないの外典、これを完全に定格高すぎる場合は、これらの味の良さで気分を害した回です。 Origen fared badly at the hands of the Jews with his apocryphon Susanna ("Epistola ad Africanum de Historia Susannæ," v.) nor was Jerome's obscene legend to Jer.原産地faredひどく、ユダヤ人は、彼の手にapocryphonスザンナ( "歴史epistola広告africanumデsusannæ 、 "動)もjerは、ジェロームのわいせつな伝説をします。 xxix. 29 。 21-a legend which is evidently connected with this apocryphon (see N. Brüll's "Jahrbücher," iii. 2), favorably received by the Jews. 21 -という言い伝えに因んでこれは明らかにつながって、このapocryphon (参照名brüll '秒" jahrbücher 、 " Ⅲ 。 2 ) 、順調に受信されたユダヤ人です。 Jerome (on Matt. xxvii. 9) claims to have received an apocryphon on Jeremiah from a Jewish Nazarite, and to have found in a Hebrew book ("Epistola xxxvi. ad Damasum," "in quodam Hebræo volumine") a history of Lamech; but his Jewish teacher speaks contemptuously of the additions to Daniel, as having been written by some Greek (Preface to Daniel).ジェローム(上マットです。 27 。 9 )請求を受けてから、ユダヤ人のナジルジェレマイアapocryphon上、ヘブライ語で発見されたとして予約( " epistola 36 。広告damasum 、 " " quodam hebræo volumine " )の歴史をレメク;しかし、彼は、ユダヤ人の教師に新たに話すダニエルcontemptuously 、いくつかのことが書かれたギリシャ語(序文をダニエル)です。 See Bible Canons.聖書の参事を参照します。

The importance of the Church Fathers for Jewish learning, already recognized by David Ḳimḥi and Azariah dei Rossi, becomes evident, if one considers that many sentences of Talmud and Midrash can be brought into the right perspective only by the light of the exegesis and the polemics of these Christian writers.教会の重要性を学習ユダヤ人の祖先は、既に認識されデビッドazariahデイロッシḳimḥiと、明らかになる、多くの場合を考えると1つの文章をタルムード、ミドラーシュできる権利の視点に持ち込まれただけで、明かりの中で、釈義との論争術これらのキリスト教作家です。 Therefore modern Jewish learning turns, although not yet with sufficient eagerness, to the investigation of the works of the Church Fathers.したがって現代のユダヤ人の学習が、まだ十分な意欲はないものの、捜査をして、教会の父親の作品です。

Crawford Howell Toy, Samuel Kraussクロフォードハウエルおもちゃ、サミュエルクラウス
Jewish Encyclopediaユダヤ人の百科事典

Bibliography: M. Rahmer, Die Hebräischen Traditionen in den Werken des Hieronymos, i.: Quœstiones in Genesin, Breslau, 1861; idem, Die Hebräischen Traditionen in dem Bibelcommentar des Hieronymos, in Ben Chananja, 1864, vii.; idem, Die Hebräischen Traditionen des Hieronymos, in Frankel's Monatsschrift, 1865, 1866, 1867, 1868; in the Grätz Jubelschrift, 1887; in Monatsschrift, 1897, pp.書誌事項:男性rahmer 、ダイのデンwerken hebräischen traditionenデhieronymos 、勇: quœstionesでgenesin 、ブレスラウ、 1861 ;同じ、死ぬbibelcommentarデhieronymos dem hebräischen traditionenでは、ベンchananja 、 1864年、 Ⅶ 。 ;同じ、死ぬhebräischen traditionenデhieronymosは、フランケルのmonatsschrift 、 1865 、 1866 、 1867 、 1868 ;は、 grätz jubelschrift 、 1887 ;でmonatsschrift 、 1897 、 pp 。 625-639, 691-692; 1898, pp.六二五〜六三九、六九一から六九二まで; 1898 、 pp 。 1-16; S. Krauss, Die Juden in den Werken des Heiligen Hieronymos, in Magyár Zsidó Szémle, vii., 1890; Grätz, Haggadische Elemente bei den Kirchenvätern, in Monatsschrift, 1854, iii.; Goldfahn, Justin Martyr und die Agada, ib. 1-16 ; s.クラウス、死ぬjudenでデンwerkenデheiligen hieronymosは、 magyár zsidó szémle 、 Ⅶ 。 、 1890 ; grätz 、 haggadische elementeバイデンkirchenväternは、 monatsschrift 、 1854 、 Ⅲ 。 ; goldfahn 、ジャスティン殉教者und死ぬagadaは、 ① -イ。 1873, xxvii., and reprinted; Gerson, Die Commentarien des Ephraem Syrus im Ihrem Verhältniss zur Jüdischen Exegese, Breslau, 1868; Grünwald, Das Verhältniss der Kirchenväter zur Talmudischen und Midraschischen Literatur, in Königsberger's Monatsblätter, and reprinted, Jung-Bunzlau, 1891; S. Funk, Die Haggadischen Elemente in den Homilien des Aphraates, des Persischen Weisen, Vienna, 1891; S. Krauss, The Jews in the Works of the Church Fathers, in Jewish Quarterly Review, 1892, v. 122-157; 1893, vi. 1873年、 27 。 、および転載;ジェルソン、シリアの聖エフラエム死ぬcommentarienデイムihrem verhältniss zur jüdischen exegese 、ブレスラウ、 1868 ;グルンヴァルト、 das verhältniss der kirchenväter zur talmudischen und midraschischen literaturは、 königsbergerのmonatsblätter 、および転載、チョン-ブンツラウ、 1891 ; s.ファンク、死ぬhaggadischen elementeにデンhomilienデaphraates 、デpersischen weisen 、ウィーン、 1891 ; s.クラウスは、ユダヤ人の作品は、教会の祖先は、ユダヤ人の四半期日、 1892 、 v.百二十二〜百五十七; 1893 、 Ⅵ 。 82-99, 225-261.八十二から九十九まで、二百二十五から二百六十一です。 A very thorough investigation is the treatise of L. Ginzberg, Die Haggada bei den Kirchenvätern und in der Apokryphischen Litteratur, in Monatsschrift, 1898, xlii.非常に徹底的な調査は、論文のl.ギンズベルク、死ぬhaggadaバイデンkirchenvätern und der apokryphischenアレイでは、 monatsschrift 、 1898 、 42 。 et seq., and reprinted, Berlin, 1900; idem, Die Haggada bei den Kirchenvätern, vol.頁以降を参照。 、および転載、ベルリン、 1900 ;同じ、死ぬhaggadaバイデンkirchenvätern 、 !です。 i., Amsterdam, 1809.TS Kr. i. 、アムステルダム、 1809.ts kr 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです